カスタムロボ(64)二次創作

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:夕暮れ ◆fv/c:2013/04/06(土) 12:08 ID:YQ6

主人公達はオリキャラです。

2:夕暮れ ◆fv/c:2013/04/06(土) 12:48 ID:nFo

世界中でカスタムロボという玩具が流行っている。
大人も子供も関係なく。
東京にある電子工学専門の高校に転校生が来るという噂が流れていた。
「ねえ、恵子。聞いた〜?噂の転校生、男の子だって〜」
「マジぃ?カッコよくないとこのカスタムロボでいじめちゃうよー?」
「恵子、マジ鬼だね」
生徒達が噂話で盛り上がっていると、先生が転校生を連れて教室に入ってきた。
「あー、みんな、こいつが木本卓郎(きもとたくろう)だ。仲良くしてやってくれ」
「せんせー、木本くんとー、カスタムロボで勝負してもいいー?」
生徒達のひそひそ話が聞こえる。
「まーた、恵子のいじめが始まったよ……」
「あいつが苛められてくれれば俺らに被害はねーんだからよ」
木本はカスタムロボを出し、勝負を受けると言う。
「あいつ、女型だぜ。マジきめぇ」
クラスの生徒は彼を嘲笑う。
「へー、バネッサかー。二度と使えないようにトラウマを植え付けてあげる」
「バネッサは僕の愛機なんだ。ぜ、絶対に負けない!」
木本は恵子を睨み付けた。
「それでは恵子とフレア、木本とバネッサの一本勝負を行う。」
彼らは合図とともにフィールドにキューブ状になったカスタムロボを投げ入れた。


書き込む 最新10 サイトマップ