あやかし緋扇の小説ぜよ★

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ろろ:2013/04/14(日) 16:21 ID:cqo

すいません。小説を
書かせてください。
でも文章力ないから変だけど…。
お許しを!!
〜*ルール*〜
雑談&喧嘩&荒し禁止!!
でもお返事待ってます。
多少エロくなるかもしれません。
そうゆうのが平気な人来てください。
でわでわGO!!

2:まーこ:2013/04/14(日) 16:56 ID:0lc

はい^^みたいなーー^^

3:ろろ:2013/04/15(月) 18:24 ID:cqo

ピリリリリリリ
目覚まし時計が鳴る。
未来「ふぁぁぁぁぁぁぁまだ眠いぃ」
あくびをしながらベッドから起きた。
しかし、のんびりしてる暇もなく、
時計を見ると陵との待ち合わせ時間
10分前!!
「やっば!!間に合わない!!」
急いでパンを口に放り込み、
学校に行く準備をした。
ふと、カレンダーを見ると
こう書いてあった。
『〜1月1日陵の誕生日〜』
未来「うっそ!!陵の誕生日
明日じゃん!!どうしょう……
何も考えてない……プレゼントでも
あげようかな……手作りケーキとか?……でも、恥ずかしいしな……
って悩んでる暇ない!!待ち合わせ時間過ぎてる!!」
バタバタ
未来「行ってきます!!」
元気よく玄関のとびらを
開けた。
マンションを出ると陵が
立っていた。私を見つけた陵は
にこやかな顔で
陵「おはようございます!未来さん。

                       今はここまでにします!
      すいません。

4:まーこ:2013/04/15(月) 22:41 ID:0lc

気になるぜよ!!

5:ろろ:2013/05/08(水) 22:26 ID:BdI

すいません!!!
最近時間がなくて
小説書けません……。
時間があったらまた書きますね♪
本当にすいません。
どうか気長に待っていて
くださると嬉しいです。

6:rena:2013/05/08(水) 22:41 ID:vBM

いつかかいていい?

7:もえ 5月9日:2013/05/09(木) 15:38 ID:qVo

こんにちわ、仲間に入れて

8:ろろ:2013/05/09(木) 17:25 ID:BdI

陵「おはようございます!未来さん」
にこっと笑顔を見せながら陵は
いつもどうり未来に挨拶をしてきた。
………うぅっ
未来は陵の笑顔で顔を
そむけてしまった。
(うぅっ…あんな笑顔反則だよ……)
顔を赤らめていいると陵が、
陵「大丈夫ですか?何かあったのです
  か?」
っと聞かれ、とっさに
未来「うっううん!何でもない!」
と首を横に振った。
(あ、今あの事聞こうかな)
未来「り、陵!陵ってもうすぐ
誕生日だよね?なっ何か欲しいもの
ある?たっ高い物はだめだからね!」
と言うと陵はびっくりしたみたい
だった。そして顔を赤くして、
陵「未来さんがそんなことを考えて
くださるなんて!嬉しすぎます。\\\」
(そっそんなに喜ばないでよ…
こっちまで恥ずかしくなる\\\)
すると陵がいきなり顔をあたしの
耳に近づけて
ボソボソボソ……
何かしゃべった。そして顔をあげて
陵「プレゼントそれでもいいでしょうか?」
と言った。
未来「うっうん!」
       
        〜続く〜

久しぶりに書きました!
何かよくわからなくてすいません!
さぁ、陵は未来に何と言ったのでしょうか?※エロようそはありません。

お?新しい人が来てくださっている!
ありがとうございます!!
どうぞ入ってください!!

9:まーこ:2013/05/09(木) 19:22 ID:fjc

何何何何何何何何何なに?!!!!?!!?!?
気になるー!!!!!!!

10:ろろ:2013/05/09(木) 23:40 ID:BdI

こんばんはぜよ★
よし!今ひまだから小説書くぜよ♪
でわでわスタート★

放課後、あたしは家でケーキ作りに
励んでいた。
未来「陵、喜んでくれるかな?
美味しくなかったらどうしよう?
でも、陵の誕生日だ!大好きって
伝えなきゃ!よし、頑張ろう!!」
うでをまくり、鼻歌を歌いながら
作る。ニヤニヤ……すると顔がにやける。
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
ボソボソと、あの時陵が言ったのは
「未来さんと、遊園地デートに
行きたいです///」
とゆうことだった。
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
未来「明日が楽しみだな……♪♪」

〜続く〜

11:まーこ:2013/05/10(金) 16:20 ID:fjc

うきゃー!!!!////////きになるー!!!!!

12:ろろ:2013/07/01(月) 03:02 ID:A4w

朝、あたしはいつもより
早く起きた。そう、今日は
陵の誕生日なのだ。つまり、
陵とのデートでもあるということ。
あたしはばばっと朝食を済ませ、
デートに行く準備をした。
携帯、財布、もちろんケーキも
入れて準備が終わった時には
まだ陵との待ち合わせまで
1時間はあった。
ふと、あたしはあることに気付いた。
(まだあたしパジャマのままだ!!)
デートをする女の子はみんなそうだと
思うが、好きな人、陵には
デートにオシャレをして
『可愛い』って言ってもらいたい。
(うっぅぅっーオシャレなんて
苦手だ…。さくらちゃんを呼ぼうか?
いやいや「ウチも行っていい?」って
ついてくるかもしれないし……。)

ジィーー……………

モヤモヤ考えていると、背後から
何か視線を感じた。
後ろを振り返ってみるとドアを半分
開けたお母さんがこっちを見ていた。
未「おおおおおおおお母さん!?」
母「ちょっと、こっちに来なさい」
ニヤニヤしながらお母さんは手招きを
している。お母さんのところへ
行くとあたしは高速で何かに
着せられた。
よく見ると真っ白のワンピース
だった。
母「白って陵君の好きな色なんでしょ?だったらデートで可愛い格好して
陵をメロメロにしちゃえっ!」
未「おっお母さん………
でもありがとう!!」
やけにテンションが高いお母さんに
お礼をし、あたしは玄関を出た。

13:ろろ:2013/07/01(月) 03:11 ID:A4w

訂正!上↑の小説で
お母さんのセリフで
「陵をメロメロにしちゃえっ!」
ってのがあったと思うのですが
「陵君をメロメロにしちゃえっ!」
が正解です。すいません…。
未来が今まで『陵』って呼び捨て
なので、お母さんにも間違えて
『陵』と呼び捨てにさせてしまい
ました。これからも誤字脱字が
何ヵ所もあると思いますが
よろしくお願いします!!

14:香奈:2013/07/01(月) 19:42 ID:Sjs

入れてください!!
小説面白いです!!

15:ろろ:2013/07/01(月) 22:25 ID:A4w

香奈さん、ありがとうございます!
小説を書くなんて初めてなので
文章力ないのですが
よろしくお願いします!


書き込む 最新10 サイトマップ