銀魂×薄桜鬼〜2つの江戸幕府〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/05/06(月) 16:50 ID:ez-GI2

駄小説作家の若宮が、銀魂×薄桜鬼の小説を書きます。

ルール

・荒らし退場
・悪口書き込み禁止
・コメント頂けたら嬉しいです

尚、作品に登場したい方は名前・読み・性別・性格・容姿・備考(呼び名など)を書いてください。
先着二名までとします。
どうしても出たいと言う方は考えます。
銀魂は少ししか知らないので、間違ってるとこがあれば指摘してくださって結構です。((荒らしたくないので優しいお言葉で

2:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/05/06(月) 18:51 ID:ez-xMo

.*+登場人物+*.

【銀魂】

・坂田銀時(サカタ ギントキ)
・神楽(カグラ)
・志村新八(シムラシンパチ)
・土方十四郎(ヒジカタトウシロウ)
・沖田総悟(オキタソウゴ)

【薄桜鬼】

・雪村千鶴(ユキムラチヅル)
・土方歳三(ヒジカタトシゾウ)
・沖田総司(オキタソウジ)
・永倉新八(ナガクラシンパチ)
・斎藤一(サイトウハジメ)
・藤堂平助(トウドウヘイスケ)
・原田左之助(ハラダサノスケ)

※あくまでも主な登場人物なので他の人物もまれに出てきます。
出たい人は銀魂から二人、薄桜鬼から二人募集します。

3:c~co ◆uqvA:2013/05/06(月) 19:22 ID:g12

銀魂から・・

名前: 羅姫(あみひめ

性別:女

性格:冷徹非道でドS
いつも怪しく笑っていて
敵か味方か分からない人物
殺そうとする直前には
「死になさぁい」
戦う前には
「とっとっと去ればジワジワ痛くしてやらないわよぉ?」

と言う

だが、鬼兵隊にだけは味方はしない

備考:羅姫さん(新八)
羅姫(銀時 神楽 沖田 土方)

4:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/05/06(月) 19:46 ID:ez-0PI

>>3

参加ありがとうございます。
OKです。

※【銀魂】後、一人
【薄桜鬼】二人

5:c~co ◆uqvA:2013/05/06(月) 20:04 ID:g12

さっそく書いて欲しいです

6:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/05/06(月) 20:14 ID:ez-ZBY

では、書きます。


*千鶴side*

屯所に住み込んでから1ヶ月が絶つ―…

「春……か」

と、お庭のお掃除をしていた時だった。

「ここはどこアルかー?」

「神楽ちゃん!!僕たちタイムスリップしてますよォォ!?」

……袴を着た男性と凄く綺麗な服……チャイナ服?を着ている女のコが立っていた。

7:c~co ◆uqvA:2013/05/06(月) 20:27 ID:g12

すいません!!
容姿書くの忘れてました!!

容姿:紺色の髪を一つ括り
赤と黒のオッドアイ
着物は白で模様は黒薔薇

8:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/05/06(月) 20:30 ID:ez-dcU

>>7

私自体も気づいてませんでした...
ありがとうございます^ ^
めっちゃ想像出来ました...ww(笑)

9:c~co ◆uqvA:2013/05/06(月) 20:32 ID:g12

それに冷徹非道ですから・・
余計ですね・・・ww

10:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/05/06(月) 20:39 ID:ez-GI2

いえいえ^ ^
余計ではありませんよ。

*新八side*

ヤバい……ヤバい……と思った僕は、近くで僕らを見ていた女性に尋ね寄った。

「あの……ここはいつの時代何でしょうか?」

「え、江戸時代ですが……」

江戸時代!?
だけど、この風景は見たことがない!!
じゃあ……タイムスリップじゃないのか!?

「新八ー、ここ面白いネー!!」

「って、何やってんですか神楽ちゃん!!」

神楽ちゃんのペット、定晴に乗りながらそこら中を暴れ回っていた。

11:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/05/06(月) 21:01 ID:ez-ZBY

*千鶴side*

この人たち―…
ただ者ではないことを察知した私は、土方さんの元に掛けていった。

「土方さん!!」

「あぁ?何だ、返事もしないで勝手に入って来て……」

「そ、それより大変なんです!!」

私は、すぐに土方さんを彼らの元へ案内した。

「っ!!何してんだ、てめェら!!」

「わわっ、す、すいませんっ!!」

土方さんが怒り気味で言うと彼らは土下座して謝った。

「庭がメチャクチャじゃねぇか……」

……私がもっと対処していたら……

「ひ、土方さんすいません……!!私のせいです……」

「い、いえ!!僕らのせいです!!すいません!!」

と言いつつも、チャイナ服を着た彼女は謝らず、酢昆布を食べることを一向にやめようとはしなかった。

12:c~co ◆uqvA:2013/05/06(月) 21:27 ID:g12

はやく出てきて欲しいです!!

13:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/05/06(月) 22:02 ID:ez-lSg

遅くてすいません><。
もう少しかかるんですが...いいでしょうか...?

14:c~co ◆uqvA:2013/05/06(月) 22:12 ID:g12

yas!!

15:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/05/06(月) 22:33 ID:ez-xMo

ありがとうございます!!

16:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/05/11(土) 23:58 ID:ez-lSg

更新します!

17:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/05/12(日) 00:12 ID:ez-GI2

*新八side*

「はぁ……まぁいい。が、お前らは一体誰なんだ?」

み、眉間に皺が寄った長身で長髪の怖そうな男性。
身の安全のためにも個人情報を言ってもいいのか……!!

「私は神楽アル。で、そっちのメガネが新八ネ」

「って、神楽ちゃァァァん!!!!」

また余計な事をォォォ……

「その通り、僕は志村新八です……」

この最悪な状況に涙が止まらない……

18:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/05/12(日) 01:05 ID:ez-xMo

*千鶴side*

「神楽さんに新八さん……あれ?新八って……」

"新八"という名前に思い当たる人物がいた。

「どういうことだ?うちにも新八がいるんだが……」

土方さんの言う通り、私、除く新選組の二番組組長"永倉新八"さんと同じ名前。

「ま、まぁ同じ名前の方はたくさんいらっしゃるんじゃないですか……?」

「そ、そうですね……」

私は一瞬ホッとした。
だけど……皆さんの発言でここまで一緒だとは思わなかった、という悲劇を目の当たりにすることになる。


書き込む 最新10 サイトマップ