【カゲプロ】†カノxキド†

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:生狐。 ◆B5O.:2013/05/21(火) 21:35 ID:wY2


  如月アテンション((
*別にカノキドcpだけじゃ無い
*下手くそw
*間が空くw
*NL.BL.GL行きまs(




-キドside-


カチャ……


食器を洗い終わったキドはいつものアジトの安らぎの場___……と言うと大袈裟だが引き抜きに適切な白いソファに腰を掛け、長く一つに束ねた髪の毛を下ろす時だった。



 ガチャリと言うドアの開く
と思うと同時に相手の口が開いた様だった
……まぁ予想はしていたが

「ね〜キドー。皐月ちゃん迎えに行ってよー」

 見なくても声の主は分かった。カノだ
恐らく一ヶ月もこいつといれば声を聞けば誰かは分かるだろう

「誰だ?皐月って」

面倒事に巻き込まれるのはごめんだぞ。と口を入れた


 と___カノは肩をがくっと落とした様だった
ここでようやく俺は顔を上げた
話の意図が全く読めない
そもそも聞いたこともない名前だ


 「昨日話した新しい団員ちゃんの事だよ」

       区切るよ区切るw

2:生狐。 ◆B5O.:2013/05/21(火) 21:38 ID:wY2

   
*訂正*

食器を洗い終わったキドはいつものアジトの安らぎの場___……と言うと大袈裟だが引き抜きに
    ⇒息抜き


 ガチャリと言うドアの開く
⇒ガチャリと言うドアの開く音と同時に

3:まーこ:2013/05/23(木) 02:34 ID:c3E

いれて!
まだまだ未熟だけど
もっとしりたいから!《なまえとかでも!

4:生狐。:2013/05/23(木) 22:59 ID:wY2



>>まーこさん

どうもです!
宜しく*

5:まーこ:2013/05/23(木) 23:05 ID:c3E

よろしくね☆
あとタメでいいよ^^

6:MEKAKUSHI:2013/05/24(金) 18:28 ID:PeQ

いれてくださーい!
私もカゲプロ大好きなので!!

7:まーこ:2013/05/24(金) 18:44 ID:c3E

よろしくね☆

8:*.☆.+°☆.ゆっちゃん*.☆.+°☆.:2013/05/25(土) 12:00 ID:Oi6

いれてぇ!!!!
カゲプロloveなゆっちゃんですッ!!
よろしくです('ω^⌒☆

9:まーこ:2013/05/25(土) 13:53 ID:c3E

よろしくね☆
ためでokだよ!

10:MEKAKUSHI:2013/05/25(土) 22:32 ID:PeQ

よろしく〜♪

11:まーこ:2013/05/25(土) 22:45 ID:c3E

よろしくね!

12:bake:2013/05/26(日) 10:27 ID:wY2


ごめんなさい!!遅くなりました。



-キドsidi-


「・・・・新人!?聞いて無いぞ!!」
 
キサラギの時と同じく嘘なのか?
だとしても…
兎に角、新人何て話全く聞いていない。

「もーっ 言ったけどキドが音楽聴いてただけじゃん じゃあ僕迎えに行ってくるよ。可愛い子だと良いなーっ」

カノは小尾に音符でも浮かべる足取りでドアへと足が向く……



_____可愛い子だと良いなーっ


ギュ……
無意識のうちにカノの服を引っ張っていた。
 行かせられる訳無いだろ……
誰かも知れない奴の所に何か

「お……俺も行く……」

 やっとの事で喉の奥からつかみ出してきた声だった
何言ってるんだ……自分で自分の事が恥ずかしくなる。


「ちょ、キド?」

行くの?と言う意外そうにでも笑みを浮かべるカノ

「でもさぁ。顔真っ赤だよ?熱あるんじゃないの?」

ニヤニヤしながら顔を近づけて来たカノ
きっと分かっててやってるんだ
 あぁ……もう。



     変になったn(    続く(?

13:まーこ:2013/05/26(日) 10:40 ID:c3E

カノS

14:MEKAKUSHI:2013/05/26(日) 18:56 ID:PeQ

キドs可愛いーね!

15:生狐。:2013/05/26(日) 22:11 ID:wY2



どうもです!!
カゲプロ好きすぐる((^P^

16:まーこ:2013/05/26(日) 22:28 ID:c3E

よろちく!

17:生狐。:2013/05/26(日) 23:18 ID:wY2



宜しくです!
出来れば明日更新します

18:まーこ:2013/05/26(日) 23:58 ID:c3E

うん!

19:生狐。 ◆B5O.:2013/06/02(日) 11:52 ID:wY2

すいません遅くなりましたlll

■ ■


「キド、行くんでしょ。立って」

グイっと力強く引っ張られる
一瞬の出来事に驚いた
子供の頃は力だって同じ位で____……。

「……キド?行くよ」
「あ、あぁ……」


何だろう____。



この感じ。


「カノ___」

20:まーこ:2013/06/02(日) 12:02 ID:c3E

おひさっ!
すごい展開的な!?

21:生狐。 ◆B5O.:2013/06/02(日) 13:19 ID:wY2



*まーこsama*

どうもっ!!((^ω^
もうs((ゲフン
毎回ありがとうございますb

22:まーこ:2013/06/02(日) 15:00 ID:c3E

どーもー!
ありがとうはいらんよ(^O^)
面白いしカゲプロスキダシ(≧∇≦)
続き早くみたい

23:生狐。 ◆B5O.:2013/06/02(日) 17:42 ID:wY2


嬉しいな(´ω`*)

■ ■


「キド?どうしたの?さっきから本当に様子可笑しいよ?」


顔を除かせたカノは言った
 ……何をいいかけたんだ、俺。
本当にどうかしてしまったんじゃ無いだろうか


「あ……いや、何でも……その皐月ってのはどんな能力なんだ?」

話を紛らわす。こうするしか無かったから。
顔を背け言った

「ん〜僕にも良く分かんないんだよね」

カノは苦笑した。
まぁ、例えどんな能力を持って居ようとどんな変わった奴でも……拒否はしない。
このメカクシ団の決まりだ。
昔からの___。


ゴンゴン……

ドアの向こうからドアを叩く音が聞こえた
どうやらアジトでもたもたしている内に来てしまった様だった。


             続く


書き込む 最新10 サイトマップ