ボカロ曲解釈小説

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:cat song:2013/06/29(土) 17:15 ID:bzg

ボカロの曲を私流に解釈した小説です。

掛け持ちです。

今書いている小説の宣伝ですスミマセン。
≪殺し合いの館≫
です。

良かったら読んでください

と、まあ早速宣伝しちゃったんですが
よろしくです。ハイ。

2:cat song:2013/06/29(土) 17:46 ID:bzg

ローリンガール
1話

いつも一人ぼっちの女子≪初音 美紅≫は、近所の人からロンリーガールと呼ばれていた。
そして、病気で足が使えなかった。
だから学校に行けなかった。

美紅は、足を使って歩きたいという届かない夢を見ていた。
だが、それはかなわない事だった。

美紅には、そのことが分かっていた。
だからいつも頭をかきまわして、書きまわして。

「問題ない」
毎日そうつぶやいていた。
でも、正直辛かった。


勉強とかでは皆に追いつきたいと思っていたので
美紅は人一倍必死で努力した。

───普通に歩ければ楽な道も、私には転がることしかできない。

「もういいんじゃない?」

美紅の母が言った。

「そんなに無理しないほうが良いぞ」

父も言った。

「まだ。こんなんじゃみんなに追いつけないんだから」


そう言って、息を止めるような
苦しい勉強に励んだ。

3:cat song:2013/06/29(土) 17:54 ID:bzg

ローリンガール
2話

──今頃みんなは教室で勉強しているかな。
──…でも、私はそこへはいけない。

精神的にも肉体的にも、美紅は疲れ切っていた。

──そうか、もう努力したって報われないんだ…

「もういいや、私の人生だもん。諦めたって…」

間違いだっておこしちゃおう。
そう言って、泣いた。

声を出さずに。


書き込む 最新10 サイトマップ