SKET DANCE〜スケット団への依頼〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/06/30(日) 21:02 ID:ez-xMo

以前の「SKET DANCE☆二次創作☆」は削除させていただきました。
理由は新しく書き直したいとのこと...

こちら、SKET DANCEカップリング小説↓
http://ha10.net/test/read.cgi/ss/1371649295/

>>2【キャラ紹介】

2:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/06/30(日) 21:57 ID:ez-dcU

_*登場人物*_

*藤崎佑助(フジサキユウスケ)

開盟学園に通う男生徒。
正式名称「学園生活支援部」を改名した「スケット団」を結成し、生徒が抱える悩みやトラブルを解決する。
また、部長であり、みんなからは"ボッスン"と呼ばれている。

*鬼塚一愛(オニヅカヒメ)

開盟学園に通う女生徒。
ボッスンと同じく、スケット団で副部長をしている。
好きなものはペロリポップキャンディ。

*笛吹和義(ウスイカズヨシ)
開盟学園に通う男生徒。
ボッスンとヒメコと同じく、スケット団で書記をしている。
極度のヲタクで、音声合成ソフトを使用し、パソコンで喋っている。

*吉備津百香(キビツモモカ)

日本一工業高校に通う女生徒。(女番長)
「ずらかるよ」など古臭い言葉を使う、今時のヤンキーとは一味違ったロングスカートを履いていたりしている。
声優をしていたが、テレビで自分はヤンキーだと言ってから、声優から女優へと転職した。
歌手としても活躍している。


>>【小説スタート】

3:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/06/30(日) 22:13 ID:ez-J/6

#1「ペロキャンガールの悩み」

*ヒメコside*

「なぁなぁ、ボッスン」

アタシらはいつも通り部室に来て、依頼を待つ。

そんな今日……
アタシにもこの二人……ボッスンとスイッチにお世話になることになった。

「何だ?」

「実はな、アタシ悩み事あるねん」

アタシの発言に二人は唖然とする。

『ヒメコが悩み事とはな。ペロキャンの食べ過ぎではないのか?』

「アタシはそんなんでおかしならへん!!」

アタシの悩み……
それは……

4:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/06/30(日) 22:27 ID:ez-R4A

*ボッスンside*

「はぁ?縄跳びが出来ない?」

ヒメコの悩み……
それは縄跳びが出来ないという、ヒメコにしては予想外の悩み事だった。

「そうやねん。アタシ、縄跳びだけはごっつ苦手やねん……」

元ヤンキーという筋書きを持つヒメコは運動神経が良いはず。

それなのに何でだ……?

『ヒメコにしては意外だな』

「実はな、アタシが通てた小学校で運動会があるんやけど、従姉弟のオカンが行かれへんくなってな……」

「それと縄跳びが何の関係があるんだよ」

「PTAでな、大縄があるんやけどアタシが代わりに出ることになってん……」

「ええ!?マジか、おい!!」

ヒメコは仮にも高校生……
若奥さんに見られないだろうか……
と何故か心配してしまう俺。

「と、とにかく今から特訓だ!!」

『「おー!!」』

そして、俺とヒメコ、スイッチの猛烈熱血特訓が始まった。

5:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/07/06(土) 17:43 ID:ez-Y/A


『まずは俺の"あれ"で個人練習をしよう』

「出るで……"あれ"がまた出るで……」

「あぁ……また"あれ"が出るな……」

ヒメコとボッスンが気にしているのはスイッチの変な発明品。
特に使うことのない不必要なスイッチの発明品だが、彼の発明品の数々は様々な歴史を残している。
……ある意味。

『子供用の縄跳びで』

「「って、真面目か!!」」

今回のスイッチはごく普通。
市販の子供用の縄跳びを使い、個人練習をする。

「んじゃ、俺に合わせて入ってこいよ」

「お、おう……」


書き込む 最新10 サイトマップ