東方の学校探索

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:あ―とする人 909:2013/07/03(水) 17:06 ID:9TA

設定は、こんなんです。
霊香(霊夢)
テストで、100点を取ってばかり。
将来は、小説家。

魔理奈(魔理沙)
バスケが得意。
だけど、優しい一面もある。

妖子(妖夢)
クール
霊香と魔理奈と親友

チルキ(チルノ)

優しくて、イケメン

2:あ―とする人 909:2013/07/03(水) 17:28 ID:9TA

そして、これは、TRPGです。

霊子「今日も、授業終わったわね。」
魔理奈「じゃあ、部活へ、行ってくるよ。」
妖子「霊子、本読んでいましょう。」
霊子「うん・・。」
KP「それから、時間がたった。」

チルキ「おっ、霊子。」

3:あ―とする人 909:2013/07/03(水) 17:42 ID:9TA

魔理奈「おっ、霊子、妖子、チルキセンパイ。」
チルキ「今から、ぼく、買い物行くんだけど・・いい?」
霊子「あっ、忘れ物したっ!」
チルキ「うわっ、ぼくもだっ。」
KP「では、幸運をどうぞ。」
霊子、60-09、クリティカル
チルキ50-89、失敗

霊子「えっと、教室に、スマートフォン。」
チルキ「なんだっけ・・」
魔理奈「チルキセンパイは…、ノーパソじゃないか?」

4:あ―とする人 909:2013/07/03(水) 20:41 ID:9TA

チルキ「そうか。」
妖子「さっさと取って、帰りましょ。」

KP「教室に着いた、もう、7時で、生徒は、誰もいない。」
霊香「あ、あった!よかったあーっ。」
KP「霊香は、スマートフォンにメールが来ていたことを気付いた。」
霊香「メールが来てる・・。」

5:あ―とする人 909:2013/07/06(土) 10:08 ID:9TA

???「きゃあああああっ」
霊香「誰?」
???「わたっ・・しは・・・このっは・・・です・・。」
チルキ「小野葉ちゃん?」
小野葉「チルキ君!」
KP「小野葉は、チルキと同級生だった。」
小野葉「職員室へいきましょう!」
魔理奈「なんでだ?」
小野葉「生徒が5人消えたんです!」

6:あ―とする人 909:2013/07/06(土) 10:46 ID:9TA

キャラ追加
フラミ
料理が上手。

レミリノ
フラミとおさなじみ

では、続きから!
霊香「いやああああっ」
KP「霊香は、窓を壊し、外へ、出た。」
魔理奈「よし、ここから出よう。」
KP「そして、みんな出た。」

次の日
霊香「はあ、窓壊しちゃった。」

7:フラン:2013/07/06(土) 12:58 ID:e0U

おお!東方小説書いてるんですか!!
頑張ってください!!

8:あ―とする人 909:2013/07/13(土) 21:43 ID:PPg

フランさん
応援
ありがとうございます!

9:あ―とする人 909:2013/07/13(土) 22:10 ID:PPg

霊香「あれ?職員室のドアが開いてる。」
KP「のぞくか?のぞかないか決めないと、強制的にのぞくということになる。」
霊夢「私は、やめておくわ、何か起こりそうだし。」

10:あ―とする人 909:2013/07/13(土) 22:25 ID:PPg

魔理沙「私もやめておくぜ。」
フランと妖夢とレミリア「のぞきません。」
チルノ「あたいは、のっぞくよーん」
KP「チルキは、職員室の中をのぞいた。」
チルキ「うわあああああっ」
KP「チルキは、叫んだ。」
魔理奈「私のぞいてくる。」
霊香「私も」

11:あ―とする人 909:2013/07/13(土) 22:39 ID:PPg

KP「魔理奈と霊香は、職員室へ入った。」
霊香「きゃああああっ」

12:あ―とする人 909:2013/07/13(土) 22:49 ID:PPg

KP「そこには、血だらけだった。」
KP「では、二人とも、SA値−1だ。」
霊香18−17
魔理奈20−19

KP「二人には、目星をどうぞ。」
霊香〈目星〉68−74失敗
魔理奈〈目星〉70−23成功

KP「霊香は、いたずらだと思ったが、魔理奈は、本当だと思った。」
霊香「多分、肝試しっぽい事してるんでしょ。」
魔利奈「本当・・。」

13:あ―とする人 909:2013/07/13(土) 22:59 ID:PPg

霊夢「KP、軽くみんなとこの部屋を探索するわ。」
KP「よし、霊香達は、職員室を探索していると、震えている一人の先生を見つけた。」
霊香「吉乃先生!どうしたんですか?」
吉乃「実は、とある化け物に・・先生・・達が・・殺されて・・。」
フラミ「先生は、帰ってください。もう、犠牲を増やしたくないので・・」
吉乃「じゃあ、村上先生と帰るよ。」
KP「吉乃先生は、村上先生と小野葉と帰った。」

フラン「今、何時?」
KP「そうだな・・6時にしておこう。」

14:あ―とする人 909:2013/07/13(土) 23:22 ID:PPg

霊夢「これからどうする?」
レミリノ「私は、医者になりたいから、保健室に行きましょう。」

霊香「いたっ!」
KP「霊香は、軽傷を負っていた。」
レミリノ「じゃあ、するわね。」
レミリノ〈応急手当〉89−02クリティカル
KP「霊香の傷は、治せたが、チルキがあたまからすこし、血を流していることに気がついた。
チルキ「うう・・・」
レミリア「もう一回応急手当て。」
レミリア〈応急手当〉80−72成功
KP「チルキの傷は、治せた。」
妖夢「ここも、軽く、探索と武器探し。」
KP「探索をしていると、ガラスの棚を見つけた。中には、使えそうなものが、7個ぐらいあった。」
魔理沙「よし、バスケットボールで破壊するぜ。」
魔理沙〈破壊〉60+20−80成功
チルノ「すげえ・・。」
魔理奈「うおりゃあっ!」
KP「ガラスが壊れ、使えそうなものが出できた。」

15:あ―とする人 909:2013/07/13(土) 23:30 ID:PPg

KP「でも、何かは、わからない。全員、知識をどうぞ。」
霊香〈知識〉80−90失敗
魔理奈〈知識〉50−42成功
チルキ〈知識〉30−30成功
フラミ〈知識〉80−70成功
レミリノ〈知識〉20−30失敗
KP「フラミとチルキと魔理奈は、何かがわかった。」
魔理奈「えっと・・マシンガン・・」

16:あ―とする人 909:2013/07/14(日) 08:11 ID:PPg

霊香「注射器・・。」

17:あ―とする人 909:2013/07/14(日) 08:29 ID:PPg

フラン「サブマシンガンに、ショットガン。」
チルキ「これは…血の付いたナイフ?」
レミリノ「カッターナイフに、木刀・・。」
KP「誰が何か持つか決まったか?」
霊夢「私は、カッターナイフを使うわ。」
魔理沙「じゃあ、マシンガンにするぜ。」
レミリア「注射器にするわ。」
フラン「血の付いたナイフにしようかしら」
妖夢「木刀にするわ。」
チルノ「サブマシンガンとショットガンにするわ。」
KP「じゃあこれからお前らは、どうする?」
チルノ「そういえば、あのメールのことを考えようよ。」
KP「霊香は、昨日のメールを見るのを忘れていたことに気がついた。」
霊香「昨日のメール見てみよ…。」
KP「メールの内容は、こうだった。『職員室へ来い、先生たちがこ』」

18:あ―とする人 909:2013/07/14(日) 08:41 ID:PPg

霊夢「KP、アイデアちょうだい。」
KP「では、アイデアをどうぞ。」

霊香〈アイデア〉90−80、成功

KP「霊香は、少し震えていた。」
霊香「まさか・・。」
KP「霊香以外は、アイデアを、霊香は、SAチェックだ。」

霊香17−15
魔理奈〈アイデア〉60−50成功
チルキ〈アイデア〉30−45失敗
妖子〈アイデア〉80−70成功
フラミ〈アイデア〉60−80失敗
レミリノ〈アイデア〉90−80成功

19:あ―とする人 909:2013/07/14(日) 09:00 ID:PPg

KP「ふむ、レミリノと妖子と魔理奈は、霊香が震えていることの原因が分かった。」
魔理奈「あのメールが送られた時点で、先生たちは、殺されていたんだ!」
妖子「つまり、小野葉さんが来ていなかったら、私たちは、殺されていた。」
霊香「私が暴走していなかったら・・みんな殺されていた・・。」
KP「では、霊香以外SA値−2だ。」
KP「霊香は、おなかがすいていたし、恐怖で動けなかった。」
チルノ「霊香を、背負うよ、KP。」
KP「なら、背負うをどうぞ。」

チルキ〈背負う〉70+10,07クリティカル

KP「ほう、チルキは、霊香を背負った。」

20:あ―とする人 909:2013/07/14(日) 09:29 ID:PPg

チルキ「もう一回、職員室へ行こう。」
KP「では、チルキ達は、職員室へ行く、職員室には、多数の人の姿があった。」
霊香「なんで?吉野先生と村上先生は、帰ったのに・・。」
魔理奈「みんな、武器を持て、敵かもしれない。」
KP「チルキ達は、職員室の中に入ったが、だれもいなかった。」

21:ひろにい 908:2013/07/14(日) 22:19 ID:PPg

妖子「なんで?」
霊香「しんわせいぶつかなあ?」
魔理奈「霊香?」
霊香「しししししんわわわわせいぶつだだだよ、あはははは」
魔理奈「お前、霊香じゃないな・・。」
霊香にとりついた化け物「そうだよお、よく分かったね、じゃあ、神話生物を呼ぶわねえ。」
摩理奈「そうは、させないぞ!」

魔理奈〈組みつき〉70−68成功

KP「霊香からは、何かが消えた、先生たちもよみがえった。」



次の物語もありまーす

22:ひろにい 908:2013/07/14(日) 22:33 ID:PPg

瑠雅未霊奈〈るがみれいな〉
親友思いの子
誰にでも優しい

亜霧輪魔理瑠〈あむわまりる〉
正義感の強い子
運動が得意

オリキャラ、夢海イキ〈男子〉
頭が偉い
もてる

夢見昨夜〈むかいさくや〉
イキのメイド
礼儀正しい

また次回だします

23:ひろにい 908:2013/07/14(日) 22:46 ID:PPg

理来留オリン〈りくるおりん〉
猫が大好き
本も大好き

竜宮レナ〈りゅうぐうれな〉ひぐらしキャラ
可愛いモノ集めが大好き

KANNA〈かんな〉
英語が読める
あんまりしゃべらない

ぐらいですっ
多分

24:ひろにい 908:2013/07/14(日) 23:06 ID:PPg

KP「日蔵町では、行方不明事件が多発していた。」
オリン「ふわああああ」
KP「オリンは、パンを食べながらニュースを見ていた。すると、スマホから、電話が鳴った。」
オリン「もしもし、」
??「オリンちゃん?」
オリン「杏のお母さんですか?どうしたんですか?」
杏の母「案が帰ってこないの・・。」
オリン「杏が!?」
KP「あんは、−1だ。」
霊奈「おーりーんっ」
オリン「あ、霊奈」
霊奈「キスメから・・パチュリーが・・」

25:あ―とする人 908:2013/07/15(月) 08:06 ID:PPg

トモダチがっ、まあいいけど

魔理瑠「学校休みだがどうする?」
霊奈「まずは、食べ物を買いに行くことかしら」
KP「霊奈達は、コンビニへ行った。」
(KP役は、早苗)

KP「コンビニの中に入ると、誰もいなかった。」
霊奈「誰もいなね・・。」


書き込む 最新10 サイトマップ