カゲプロ アヤノオリジナル小説

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:葉野:2013/07/19(金) 11:48 ID:hws

アヤノが大好きな葉野です!

アヤノの出てくる歌のオリジル
小説をかいていきます!

自己解釈があります。
ではスタートです!

2:七瀬遥:2013/07/19(金) 13:50 ID:kD2

頑張ってください!

3:サーヤ ◆iTew:2013/07/19(金) 15:53 ID:IDk

入れてください!!

4:葉野:2013/07/19(金) 17:46 ID:hws

お、ありがとうございます!!
>七瀬さん

サーヤさんどうぞ!



あ、まずは手始めに一番好きなアヤノの幸福理論
でいきます!

5:葉野:2013/07/19(金) 19:15 ID:hws






「アヤノーただいまー!」

母の声にアヤノは顔をあげた。

辺りには遊んでいたクレヨンやブロックなど
がちらっばっていた。

それを踏まないようにして玄関へと向った。

「その人だーれ?」

アヤノはそう言って首をかしげた。

それもそうだろう。なにしろ

母の横には見知らぬ子供が三人いるのだから。

6:葉野:2013/07/19(金) 20:27 ID:hws


「あのね、アヤノ。この子達は今日から家族よ」

そう言って母はアヤノの肩に手をかけた。

アヤノはポカンと口をあけた。

なんのことだか分からない。幼いアヤノは必死に
考えたが、やっぱりわからなかった。

「アヤノはお姉ちゃんだからみんなのことよろしくね」

母がアヤノの頭にぽんっと手を乗っけた

「うん!」

アヤノは笑顔で大きくうなづいた。

「この子は娘のアヤノよ。」

母はくるっと向きをかえて三人の子たちに
言っていた。

アヤノは、あれ?なんでしたみてるの?

と思った。

あの三人はずっと地面を見つめている。

7:葉野:2013/07/19(金) 21:08 ID:hws

「えーと…よろしくね?」
アヤノは困り果てながらも挨拶してみた。
三人は黙ったまま下を見ている。

しかも、

「アヤノは遊んでてね?」なんて言われ追い出されちゃった。

つまんない、遊びたかったのにと思いながらも、言われたとおり
一人でおままごとして遊んでた。

でも気になって仕方ない。

どんな子なのか、優しい子だといいな、だとか。

アヤノはトイレへ行くため立ち上がった。

8:葉野:2013/07/19(金) 21:34 ID:hws

「…なのよ?…でも…だから…」

アヤノはトイレの横の寝室から声がしてきたので
覗いてみた。

さっきの三人と母が向かい合って何かいっている。


アヤノにはわからなかったので、軽く首をすくめ
トイレへ入った。

その夜になっても一言も喋らない三人は真っ赤な目をしていて
その目をよく見せてはくれなかった。

9:葉野:2013/07/20(土) 08:07 ID:hws

次の日から母や父は忙しそうなので、四人で遊んでいた。

いや、三人はうずくまった感じで座っていた。

赤煉瓦の家の中で四人は座っていたけどやがてアヤノが口をひらいた。

「ひそひそ話そう。秘密の作戦みたいに。」

三人はうずくまってただ首を横に降るだけだった。

三人の真っ赤な目には何かしら能力があるらしい。

そしてその三人の真っ赤な目には大人に隠していた過去がある。

でもそんなこと関係ないから、アヤノは遊びたかった。

「…ダメだよ…」

一人の男の子が泣きそうな顔でつぶやくように言った。

そしてその顔はとてもとても怯えた顔に変わった。


「僕は化け物だから」

そんなかすれた声がした。

10:葉野:2013/07/20(土) 08:46 ID:hws

化け物…?

アヤノは考えた。目が真っ赤だから化け物?

そんなのおかしいよ、絶対おかしい。

そんなことを考えていた。

でもどう伝えていいのか…どう言おうか。

分からない。

と、その時ある雑誌が目に入った。

「そんなことないよ。」

アヤノは雑誌の漫画、アニメのページを開いた。

そこにはヒーローが載っていた。

青、黄色、ピンク、ミドリ…

そして主人公はいつだって赤だった。

だから…

「真っ赤な色は主人公の色だから怯えていなくても
いいんだよ」

男の子の顔がポカンとなった。

「僕が主人公…?」

今度ははっきりとした声だった。

それから三人は前を向けるようになった。

前を向いてちょっとだけだけどおしゃべりも
できるようになった。

アヤノは嬉しかった。

そして、今度は笑って欲しいと思うようになった。

あの三人はちょっとも笑ってくれないのだ。

面白いテレビでも、漫画でも。

11:葉野:2013/07/20(土) 11:45 ID:hws

アヤノは必死に考えた。

家でも学校でも。

遊びの本だって図書館で一杯借りたりして
頑張った。

まず、面白い紙芝居で笑わせようとした。

「ねー、来て、来て」

そうして読み始めたんだが

読めない漢字がいっぱいで読めない。

教えてもらうはめになってしまった。


夕食の時、アヤノは三人をよく観察した。

それでも分からない。

でもお姉さんだから、ちゃんとしなくちゃ!

「ねーねー…」


また実行したけど失敗…か。

アヤノは笑わせるわざと大きくかかれた
本を開き今日やったものにばつじるしを
つけた。

12:サーヤ ◆iTew:2013/07/20(土) 11:51 ID:IDk

すごく面白いです!!
どうしたらこんなふうに
うまくできるんですか?

13:葉野:2013/07/20(土) 12:23 ID:hws

いや、上手く無いですし、逆に下手ですよーσ(^_^;)

はあー神様、私に文章力を下さい(>_<)

14:サーヤ ◆iTew:2013/07/20(土) 12:53 ID:IDk

イヤ!本当にうまいですよ!!
下手なんかじゃありません!!

15:葉野:2013/07/20(土) 13:14 ID:hws

私を褒めてもいいこと無いですよ?(T . T)

でもありがとうございます!*\(^o^)/*

16:葉野:2013/07/20(土) 14:02 ID:hws



「興味ありそうな物…か。」

次の項目をつぶやいた。

興味ありそうな物なんて知らないよ…

って思いかけたけど、すぐあっ!って思いついた。

ヒーローがあるじゃんってさ。

赤が一番好きなはず!よーし!

ヒーローの赤には赤いものが必要だから
アヤノはまず、タンスを探した。

赤いものなんて無かった。

アヤノは諦めて次へとうつろうとしたとき
ひらりと何かがあたまにのった。

「…ん。」

アヤノがとってみるとそれは赤いマフラーだった。

「あ!あった。万歳!」

そう叫んで巻きつけてみた。

そして鏡で見てみたらかなり良かった。

17:葉野:2013/07/20(土) 16:06 ID:hws


「ねーね!」

ドアを勢いよく開けた。

「ほらみていて赤いマフラー巻きつけた秘密
組織みたい!」

アヤノはあの雑誌の決めポーズを決めた。

そして三人の顔はみるみるうちに

笑顔になった。


「秘密組織だ!!」

そう言って赤いマフラーをねだった。

だから、マフラーの代わりにフード
つきのパーカーを渡した。

それから色々した。

四人で決めポーズを決めたり…

家中に壁紙をはって回ったりした。

18:ミーナ ◆Gm9I:2013/07/21(日) 20:58 ID:wr6

葉野ー!来たよ♪

19:葉野:2013/07/21(日) 21:12 ID:hws

あ、ミーナ!
ってなんで見つかったんだぁあ!

20:サーヤ ◆iTew rina131122:2013/07/21(日) 21:22 ID:IDk

ウチが教えました
ごめんなさい

21:葉野:2013/07/21(日) 21:42 ID:hws

あ、別におこってませんよー

てか怒ることなんて少ないんで大丈夫です( ´ ▽ ` )ノ

22:サーヤ ◆iTew rina131122:2013/07/21(日) 21:52 ID:IDk

え!怒ってないなかったんですか!
勝手に思い込んしまって
すみませんでした!

23:サーヤ ◆iTew rina131122:2013/07/22(月) 13:29 ID:IDk

また、サーヤの家に遊びに来ました!
あれ?は、入ったらダメだった?
入ってもよかったら応答願います!!
               ミーナより

24: 葉野:2013/07/22(月) 15:31 ID:hws

怒るのは妹しかいないから謝らなくていいよー( ´ ▽ ` )ノ
ミーナさんには決して怒らないし(*^o^*)


入っていいよー( ´ ▽ ` )ノ
こんな駄作で良かったらミーナさん応援して欲しいです( *`ω´)

25:サーヤ ◆iTew rina131122:2013/07/22(月) 16:20 ID:IDk

応援するする〜!
さん付けなくていいよ!
頑張って頑張って〜!
           ミーナより

26:黄泉 ◆iTew rina131122:2013/07/22(月) 17:07 ID:IDk

名前変えました!
元サーヤです!!

27:ミーナ ◆Gm9I:2013/07/22(月) 21:09 ID:wr6

よかったー!入らせていただきまーす

28:黄泉 ◆/z.w:2013/07/22(月) 21:23 ID:IDk

よかったね〜入れて!!

29:ミーナ ◆Gm9I:2013/07/23(火) 21:04 ID:wr6

うん!

30:ミーナ ◆Gm9I:2013/07/30(火) 20:23 ID:wr6

おぅい!
誰かいない?

31:オツキミリサイタル♪ ◆HcBo rina1311111:2013/07/30(火) 20:25 ID:IDk

いるよ!!

32:空乃マイ:2013/07/30(火) 20:34 ID:GeY

初めまして!いきなりすみません!空乃マイと申します!

33:ミーナ ◆Gm9I:2013/07/30(火) 22:16 ID:wr6

マイだぁ!
ウチのスレにもいたよね?

34:空乃マイ:2013/07/30(火) 22:39 ID:GeY

うん!いたいた!カゲプロが大好きなもんでw

35:ミーナ ◆Gm9I:2013/07/30(火) 23:24 ID:wr6

カゲプロ大好き〜♪

36:オツキミリサイタル♪ ◆HcBo rina1311111:2013/07/30(火) 23:30 ID:IDk

ウチも超大好き!!

37:空飛ぶ101歳のおばあちゃん ◆kPEc:2013/08/05(月) 19:57 ID:IDk

葉野さんの小説見たい!!!

38:葉野:2013/08/05(月) 20:06 ID:hws

う、うん、かくよ…^ ^

39:空飛ぶ101歳のおばあちゃん ◆kPEc:2013/08/05(月) 20:13 ID:IDk

なんかすいません(><;)

40:葉野:2013/08/05(月) 20:16 ID:hws


この三人の未来は多分決して幸せとは言えないと思う。

あの赤い目のせいで。

でも、アヤノはスヤスヤと眠る三人の顔をみてにっこりと笑った。

私は願いたい。この幸せが続くことを。

アヤノはそう思いながら窓をみる。

眠る前は、ジリジリとやきつけていた太陽が
沈みはじめた。

「もう、楽しいかったのに終わっちゃうのか。」

そう呟やくと立ち上がってリビングへとはしりさった。

41:レン:2013/08/05(月) 20:56 ID:LK.

レンです私も入れてください

42:レン:2013/08/05(月) 20:57 ID:LK.

返事してください悲しいです

43:葉野:2013/08/05(月) 21:05 ID:hws

あ、レンさんOKですよ、とゆうか大歓迎です!

44:空飛ぶ101歳のおばあちゃん ◆kPEc:2013/08/05(月) 21:46 ID:IDk


次がすっごくたのしみです!!!

初めましてレンさん!!
よろしくお願いします!!

45:ミーナ ◆Gm9I:2013/08/05(月) 22:23 ID:wr6

レンよろしく!
あ、いきなりタメとかでごめんなさい、ミーナです!
呼びタメでOKですよ!

葉野面白いよ!
次が楽しみ!!

46:レン:2013/08/08(木) 12:20 ID:LK.

返事遅れてごめんなさいタメOkです

47:レン:2013/08/08(木) 12:22 ID:LK.

誰もいませんか〜

48:ミーナ ◆Gm9I:2013/08/08(木) 13:40 ID:wr6

いるよ〜♪

49:口裂け女 ◆kPEc:2013/08/08(木) 14:20 ID:IDk

うちもいます!!!

50:レン:2013/08/08(木) 20:24 ID:LK.

初めましてミーナさん口避け女さん

51:あああああああ ◆kPEc:2013/08/08(木) 21:52 ID:IDk

口避け女じゃなくて
サーヤでいいよ

52:ミーナ ◆Gm9I:2013/08/08(木) 23:26 ID:wr6

うん、皆サーヤって呼ぶし、口避け女じゃなんかあれでしょ...怖いと言うかなんと言うか...う〜ん

53:あああああああ ◆kPEc:2013/08/08(木) 23:33 ID:IDk

マスクをした若い女性が、学校帰りの子供に「わたし、きれい?」と訊ねてくる。
「きれい」と答えると、「……これでも……?」と言いながらマスクを外す。
するとその口は耳元まで大きく裂けていた。
「きれいじゃない」と答えると鎌や鋏で斬り殺される。

54:あああああああ ◆kPEc:2013/08/08(木) 23:35 ID:IDk

あと、口避け女じゃなくて口裂け女だよ

55:ミーナ ◆Gm9I:2013/08/09(金) 00:24 ID:wr6

うぎゃあぁあぁああぁぁぁぁあああああぁぁぁあああぁぁぁぁ!!!!!!
こ、こ、こ、こ、怖いことい、言わないでよ...(泣)
後、漢字違った...サーヤごめん名前間違えて

56:・・・・・・・・・・.・・・.・・・・・..ノ rina131122:2013/08/09(金) 00:30 ID:IDk

本当に、怖いにがてだねwww
・・・・・・・・

57:葉野:2013/08/09(金) 08:24 ID:hws

うわーお!次は怖い名前だねー…
サーヤこえーwww


ミーナ、怖がりなんだー可愛い!


レン、うちもタメいいよー

58:ミーナ ◆Gm9I:2013/08/09(金) 11:56 ID:wr6

怖がりです...
レン、よければウチのスレも来て、
「カゲプロ小説を書こう」ってやつ。
最近ウチとサーヤ以外来ないの...

59:ミーナ ◆Gm9I:2013/08/09(金) 12:21 ID:wr6

ウチのスレで口裂け女が出てくる小説書いた〜!怖がりなのにね...
貴音とシンタローがビビりまくり!

60:ミーナ ◆Gm9I:2013/08/09(金) 12:22 ID:wr6

口裂け女の情報、サーヤが上に書いてくれてて助かった〜!
ウチじゃどうにもなんない!てか調べたくない!!!

61:絶叫学級 ◆kPEc:2013/08/09(金) 12:27 ID:IDk

口裂け女って打つと
映画の口裂け女の画像が・・・

62:ミーナ ◆Gm9I:2013/08/09(金) 19:15 ID:wr6

うぎゃあああぁぁああぁぁああぁあ!!!!!!!!!!!!
さ、さ、さ、サーヤやめてやめてやめてぇぇぇぇぇぇ!!!!!!(泣)

63:絶叫学級 ◆kPEc:2013/08/09(金) 19:27 ID:IDk

http://www.google.co.jp/search?aq=&hl=ja&q=%E5%8F%A3%E8%A3%82%E3%81%91%E5%A5%B3&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=li&biw=1920&bih=892&sei=FMQEUpD0DsPvkQWd64GYCQ

64:ミーナ ◆Gm9I:2013/08/09(金) 20:31 ID:wr6

うぎゃああぁぁあああぁぁあ!!!!
くっ、口裂け女ぁぁぁ!!!!!!!
怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い!

65:絶叫学級 ◆kPEc:2013/08/09(金) 21:57 ID:IDk

wwwwww

66:レン:2013/08/09(金) 22:30 ID:LK.

ミーナわかったいくね!

67:ミーナ ◆Gm9I:2013/08/09(金) 23:36 ID:wr6

レン、待ってます!!!

68:つっきー:2013/08/10(土) 13:38 ID:6gg

えっと…、
ここは小説を書くスレ…ですよね?
あまりチャット化するのはよくないことかと…

69:絶叫学級 ◆kPEc:2013/08/10(土) 13:42 ID:IDk

チャット化ってなんですか?

70:つっきー:2013/08/10(土) 13:49 ID:6gg

まぁ、色々と話すことですかね…。

71:つっきー:2013/08/10(土) 13:53 ID:6gg

小説の感想などはいいと思いますが、
関係のない話をするのは…ということです。
貴方達以外にも、
小説の更新を楽しみにしている人は沢山いるのです。

その人たちに迷惑だと思わないのですか?

72:絶叫学級 ◆kPEc:2013/08/10(土) 14:01 ID:IDk

関係のない話は良くないですよね。
すいませんでした。
これから関係ない話はやめます。

73:つっきー:2013/08/10(土) 14:05 ID:6gg

話がしたいのなら、
他の掲示板でスレを作ればいいと思いますよ!

74:絶叫学級 ◆kPEc:2013/08/10(土) 14:08 ID:IDk

そうですね!!!

75:つっきー:2013/08/10(土) 14:11 ID:6gg

交流・仲良し板などがありますから!

76:絶叫学級 ◆kPEc:2013/08/10(土) 14:18 ID:IDk

なんか面白そう・・・
教えてくれてありがとうございます!!!

77:つっきー:2013/08/10(土) 14:21 ID:6gg

いえいえ。

78:葉野:2013/08/12(月) 16:08 ID:hws

つっきーさんありがとうございます。
そうですよね!いけないですよね…気をつけます!
今度シンタロー君も出しますよ←

79:絶叫学級 ◆kPEc:2013/08/12(月) 16:24 ID:IDk

おー!楽しみにしてます!!

80:陽炎:2015/01/24(土) 14:03 ID:T66

シンアヤ小説書いても良いですか?

81:陽炎:2015/01/24(土) 14:04 ID:T66

てか書きますね

82:陽炎:2015/01/24(土) 20:02 ID:T66

カゲロウデイズ攻略後の話です
ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーー
アヤノ「ねーシンタローここわかんない」
遥「僕教えようか?シンタロー君?」
貴音「おいご主じ、じゃなくてシンタロー」
シンタロー(いきなりだが今日は遥先輩とエネ、じゃなくて貴音とアヤノで勉強会をしている」
アヤノ「シンタローねぇってばー」
シンタロー「え!?あ、あぁここはなこうやってこうしてこうして
ーーー10分後ツボミチャーンッテイタイヨキドーー
アヤノ「あ、そう言うことか!ありがと!シンタロー」ニコッ

83:陽炎:2015/01/24(土) 20:17 ID:T66

シンタロー「どういたしまして」(何この笑顔マリーぐらいに可愛い)///
アヤノ「よーしじゃあ今回はこれでお開きでーす!」
遥「うんそうだね丁度いい時間だし」
貴音「よしじゃあ一緒に帰ろ遥」
遥「うんそうだね」
貴音「アヤノちゃんはアンタ送りなさいよシンタロー」
遥「(シンタロー君の事好きなんでしょ?)」
アヤノ「アリガトウゴサイマス」カァァ////
シンタロー「はぁ〜しゃーねーなほら行くぞアヤノ」
アヤノ「うん」////
シンタロー「顔、赤いぞお前どうしたんだ?」
アヤノ「何でもないよ」
遥・貴音、ニヤニヤ

84:陽炎:2015/01/24(土) 22:05 ID:T66

オジャマシマシター
シンタロー「はぁ疲れたー」
アヤノ「そうかな?私はすごく楽しかったよ」
シンタロー「あ、ところでお前さ」
アヤノ「?」
シンタロー「今日お前の家泊まれるか?」
アヤノ「えっなっなんで!?」///
シンタロー「いや今日モモ母さんもいねぇし前ならエネがいたからいいんだけど今は居ねぇからなんか暇なんだよ」
シンタロー「あとセトとかとも会いたいしな」
アヤノ「べっ別に良いけど」///
シンタロー「ありがとな」
こうして二人は歩いていたこのあと起こる悲劇も知らずに
アヤノ「じゃじゃあさ」
シンタロー「なんだ…よ?」
シンタローは目を疑った………トラックがアヤノを襲おうとしていたからだ
シンタロー「アヤノ危ねぇ!」
アヤノ「え!?」バーン!
アヤノが気づいた時にはもう遅かったアヤノ「シ、ンタロー?誰か、誰か救急車をだれか!」
シンタロー「ア………ヤ…ノやべぇお…れ死に、そうだ」
アヤノ「シンタロー死んじゃやだよ!また前みたいに私のこと怒ったりしてよ!」
シンタロー「あぁ俺いっつもハァハァアヤノの事…怒ってハァハァばっかだったな」
アヤノ「シンタローもうしゃべっちゃダメ…血が」
キュウキュウシャデースノイテクダサーイ!
シンタロー「生きて帰って欲しかったらこれに賭け…ろ」グデ

85:陽炎:2015/01/24(土) 22:24 ID:T66

病室の中は沈黙でうまる
アヤノ「…………」
シンタロー「     」ピッピッ
心電図の音だけが病室になり響く
ガラッ
モモ「お、お兄ちゃん!」
カノ「姉ちゃんシンタロー君は!?」
セト「大丈夫じ、無いっすよね…」
マリー「シンタローどうしたの?」
キド「お姉ちゃん何が会った!?」
アヤノ「…………」
ヒビヤ「おじさん?」
誰が問いかけてもシンタローは何も答えない
セト「今日はとにかく皆休もうっす」
頷くことしかできなかった
ーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーー
???『生き返りたいか?少年よ』
シンタロー「アンタ誰だよ?」
???『私か?私の名はアザミだ』

86:陽炎:2015/01/24(土) 22:27 ID:T66

誰か誤字脱字が合ったら教えてください後感想もよろしくお願いします

87:コノハ:2015/01/24(土) 23:11 ID:T66

続きが見たかったら仲良し・交流掲示板の集まれ☆メカクシ団っていうスレに来てください。ちなみに今はコノハっていう名前で活動してあます


書き込む 最新10 サイトマップ