名のないシシャ

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:りな ◆snuQ:2013/07/19(金) 15:31 ID:T8Y

既存するキャラクターを使用する場合、
二次創作板に建てるというのが原則なので、
ここに建てさせて頂きました。

ちなみに、「名のないシシャ」と言うのは、山田悠介さんの本です。

気になる方は、近くの図書館や学校の図書室で探してみて下さい。

*ルール*

◇誹謗・中傷はいけません
◆なりすましはいけません
◇荒らしは来ないで下さい
◆コメント大歓迎です

私は、二次創作板に初めて板を建てました。
だから、至らない所もたくさんあると思います。

でも、そういう時は優しく教えて下さい。

2:りな ◆snuQ:2013/07/19(金) 15:43 ID:T8Y

*登場人物*

ハル(♂)HARU
 …使者

秋桜(♀)KOSUMO
 …玖美と賢(事故で亡くなった)の娘

立岡 玖美(♀)KUMI TATEOKA
 …秋桜の母


一応、これくらいです。

「名のないシシャ」の続編だと思って下さい。

読んだことのある方は、理解出来ると思います。
読んだことのない方にも理解出来るよう、
がんばります。

3:りな ◆snuQ:2013/07/19(金) 19:43 ID:hwg


*prologue*

 5年前の俺は、人の恐怖に怯える顔を好物とし、人を陥れたりする毎日を送っていた。


 だが、俺の人生は変わったんだ。


 目の前の少女を微笑んで見つめる女性を命を掛けて助けた少年によって____。

4:りな ◆snuQ:2013/07/21(日) 06:43 ID:eFM

第一幕「出会い」

 君と初めて出会ってから、もう何年の月日が経っただろう。

 50年、いやもっと前の話だ。
でも、今でもあの時の光景が蘇る。
俺たちは、ふと目を覚ますと時計台の下に居たんだ。
俺と君以外にも8人居た。
でも、君以外の事なんてうろ覚えだ。
何故か、君には運命を感じたから。

 そして、その時、覚えてたのは____自分が“使者”だと言うこと。

5:りな ◆snuQ:2013/07/21(日) 23:19 ID:VbA

 そして、数年後に再開したよね。
君を俺を見つけて最初は笑って手を振ってくれた。
俺は、君に笑って手を振り返すことはなかったっけ。

 そして、50年程経った時に岬公園で逢ったよね。
その時、人間に寿命を伝えて金を貰ってた俺を見て、君は蔑んだ目で俺を見ていた。
でも、そんなことも懐かしい。

 今では、“いい”思い出だ。

 その数年後、君は大切な人に出会ったのだから。
 そして、君の大切な人を大事にしようって決めたから。

 君の大切な人に対して、少し興味があったんだ。

 でも、これは恋とかじゃない。

 だって俺は…………使者だから。

6:りな ◆snuQ hoge:2013/07/22(月) 19:53 ID:usY

身勝手ですが、やめさせて頂きます。


書き込む 最新10 サイトマップ