リリカルなのはZ―迷いこんできた超戦士―

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ポポ:2013/07/21(日) 17:03 ID:vQ6

 皆さん初めましてポポと申します。
 僕はこれからここで小説を書いていこうと思いますので何卒宜しくお願いします。
 さてこれから書くのはドラゴンボールZと魔法少女リリカルなのはのクロスオーバー作品です。
 また、悟飯の妹などオリジナルキャラクターも沢山出てきますので御了承を…。
 感想など歓迎しますが、苦情などは受け付けません…。
 面白い小説にしていく様に頑張りますのでお付き合いをお願いします。
 

2:ポポ:2013/07/21(日) 17:29 ID:vQ6

オリジナルキャラクター紹介その一
「ほら簿さっとしてないで…。行くわよ、悟飯」
「私が女の子だから…」
「見せてあげるわよ、スーパーサイヤ人の力をね…」
名前 孫 シオン
性別 女
年齢 9
人物 悟空とチチの間に出来たハーフのサイヤ人であり、悟飯の双子の妹。
   性格は好戦的で戦いを好む部分が有る為、小さい頃から悟空やピッコロから修行をつけて貰ってきた。
   セルゲームに向けてピッコロと精神と時の部屋で修行に励んでいた時にスーパーサイヤ人へと覚醒し、悟空達を驚かせる。
   だが、セルゲームの時にスーパーサイヤ人の壁を越えたスーパーサイヤ人2へと変身を遂げた悟飯に軽いコンプレックスを持つ。
   強気で勝気な性格だが、お化けが苦手など女の子らしい部分もある。
   技は悟空から教わったかめはめ波、元気玉とピッコロから教わった魔貫光殺砲の三つ。
   その高い戦闘能力を有しているも今まで修行に付き合って貰う事はできたが、女の子だからと言う理由でセルゲームへの参加やナメック星についていく事を許されずにいた。

3:ポポ:2013/07/22(月) 06:39 ID:vQ6

 プロローグ
 うす暗い個室の中で一つの眩い光…。
 「ふふっ…」
 その光を放つパソコンを見つめ、不気味な笑い声を上げる白衣を着た一人の赤い髪の男―サイ・コトブキ。
 彼はパソコンの画面上に映し出された幾つもの戦闘データを眺めていた。
 その全ての戦闘データには必ず黄金の気のオーラを身に纏い戦う戦士の姿が映し出された。
 「いいね、実にいいよ…」
 サイは魅了されていた。
 彼らの戦闘スタイルに、凛々しくもどこかに美しさを感じるらせる姿に―そして、その完全なる強さに…。
 ―欲しい…―
 サイは心の中で欲する様になっていく―その絶対的な彼らの力を…。
 彼にはそれだけ必要な力であった。
 あの目的を達成する為には…。
 「そうだ、だからこそ手に入れなければならない―この絶対的な力を。だから、力を貸してくれるよね、――――」
 一人の男の名を呼ぶ。
 それは同じ科学者であり、唯一の信用できる親友であった。
 「ククッ、そうだね。じゃぁ…、折角だからあれを向かわせ様かサイ。その戦闘データを元に私達が今まで培ってきた知識をフル活用して作りだした人造生命体を…」
 青い髪をした金色の瞳の青年がフッと口元に不敵な笑みを作るとサイの言葉に応じて、ドアの向こう側へと消えていく。
 サイはパソコンの隣に置いてあった写真立てを手に取り、懐かしむ様にその中に入った写真に映る一人の男性を見詰めた。
 「そろそろだよ…父さん。後、もう少しで…」
 独り言の様に言っていった。
 だが、その声にはなぜか一抹の寂しさが感じれるのであった…。


書き込む 最新10 サイトマップ