わがまま☆フェアリーミルモでポン!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:梨々香:2013/07/27(土) 19:55 ID:b/w

これからミルモでポン!の小説書いていきます!ドキドキ!
緊張するな……

2:梨々香:2013/07/29(月) 09:19 ID:b/w

結木は歩いていた。横には楓、肩にはリルムをのせて。
10cm程のリルムは正しく妖精だ。
楓には、妖精はいない。…と思いきや、水色の小さな後ろ姿が見えた。
ミルモは、何かから必死に逃げているような様子だった。
リルムははっとした様にギロッとゆっくり後ろを向いた。
そして、ポン!と弁当をどこからか出してきた。
大きな、大きなお弁当。
ミルモはビクゥゥゥッとなった。
そして、不気味そうにるっくり顔を後ろに向けると
ギロッとした目つきで大きなデカ盛り弁当を持ったリルムが、
いや妖怪と言ってもいいだろうか、結木の肩のうえに立っていた。
ミルモは又してもビビってしまった。
ミルモは、ハンパじゃないくらいオドオドして、そのままゴキィィィと、
サビのついた機械のように顔を前にように戻すと、ミルモはササササササッと飛んでいってしまった。
リルムはその妖怪のような目つきと、おおきなデカ盛り弁当を抱えたまま、ミルモを追いかけていった。
これでもう、楓と結木、本当の二人きりだ。
楓も結木もドキドキしていた。二人とも赤面している。
結木と楓のラブラブ物語が始まる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうでしたか?初なので緊張しました><
早く皆様のように上手く二次創作を書けるようになりたいです!

3:林檎:2013/08/03(土) 08:56 ID:Ygw

効果音が多い気がします。
小説には余り向いて無いので、少な目にして下さい。


書き込む 最新10 サイトマップ