【マイペースな】ボカロとか☆色々二次創作【ミチルの】

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ミチル:2013/08/16(金) 17:45 ID:QUw

初めまして!
ミチルと申します。

昔ここでボカロ小説書いていました、勉強も落ち着いたのでまた書こうかな〜と思い
はじめさせていただきます!

☆お願いごと☆
☆荒らしはやめてください
☆マイペースですいません!
☆アドバイスなどください!

ボカロ曲つまり、カゲプロとか終焉とかいろいろなきょくをかいていきます
リクエスとかしていただければうれしいです☆

どうか僕のわがままにおつきあい下さい。

2:ミチル:2013/08/17(土) 15:25 ID:QUw

有名な作品から書かせていただきたいと思います

曲名  ロストタイムメモリー
歌   IA
作詞・作曲 じん(自然の敵p)様

3:ミチル:2013/08/17(土) 15:28 ID:QUw

上      ロストタイムメモリー× となっておりますが
正しくは   ロスタイムメモリー○  です。
すみません(-_-;)

4:ミチル:2013/08/17(土) 15:42 ID:QUw

あくまで僕の解釈です

5:ミチル:2013/08/17(土) 16:03 ID:QUw

〜序章〜

「ごめん、アヤノ・・・・」

『なんでシンタローが誤るのよ・・』

「いやだって、俺のせいで・・」

『シンタロー・・ごめんね・・』

「なっ、なんでお前が誤るんだよ‼」

『あーあっ!・・・ずっと、そばにいたかったなぁ〜・・・』

「何言ってんだよ!おっお前は俺の前に・・・今!」

『ごっ・・・め・・・n・・もうっ・・時・・間・・み・・い』

「おっ、おい・・嘘だろ」

『あ・・の・・ねっ  最・・・後にっ・・・お願い・・が・・あるっno』

「なっ、なんだよ‼」

『               』

「えっ・・・・」

そして彼女は消えた――――・・・・。

6:ミチル:2013/08/17(土) 16:27 ID:QUw

〜第一話〜  メカクシ団

「はぁぁああ〜」
いつものようにパソコンに向かいため息をつく


『俺は・・何しているのだろか・・』
自問自答を繰り返しても答えはでない 無駄な人生だ

いくら聡明でもこの自問自答のループは廻り続ける
数年経っても彼女の影は消えるっことなく

むしろ鮮明に映像を見るかのように目を閉じれば流れてくる

あの日の俺は、バカで、無能で、無価値で、
認めることができなくて

嗚呼、ホント・・・・

「巻き戻ってくれればいいのにな。」
ふとコーラを片手につぶやく

「何がですかぁ〜?ご主人!」
画面に現れたツインテールの青い少女
初めて彼女(?)にあった時俺は不覚にもかわいいとか思った、

しかも、不覚にも「勇者よ。」的ななにかつまり主人公ポジに立てるかとふと考えてしまった・・・

だがその夢は1週間もたたないうちに崩れ去りこの青いやつ(エネ)は俺のパソコンをめちゃくちゃに
しやがったのだ、アンインストールしてもいつの間にか戻ってきてるしどうやら彼女は

何度でも生き返るらしい・・・

今はわりかし普通に接することができるようにはなってきた。


「なんでもねぇ・・・」
俺がめんどくさそうに答えると「ふ〜ん、そうですか。」と彼女も急に興味がなくなったように答えた

「そ・れ・よ・り」
急にエネが顔を近づけきらきら瞳を輝かせながら俺にいった

「メカクシ団!行きましょうよ‼」
きゃっきゃとアピールしてくる彼女をみて俺はめんどくさくなり視線をそらそうとしたその時

「ご主人の恥ずかしいデータネットに公開しますよぉ〜」

「・・えっ、ちょ!?オイ!!!((「公開まで5秒前・・5、4、3、ni((「わっ、わかった!行く‼行きます」
確実に俺を脅し俺に行くといわせて満足げな顔で俺を見る。

最低だ・・・

7:ミチル:2013/08/17(土) 17:38 ID:QUw

昔書いていた小説です

VOCALO中心↓秘密〜黒の誓い〜
http://ha10.net/ss/1333413623.html

鏡音リン・レン中心↓soundless voice ロミオとシンデレラ 右肩の蝶 など・・
http://ha10.net/novel/1309426323.html

8:ミチル:2013/08/17(土) 20:40 ID:QUw

〜第二話〜パラレルワールド

炎天下坂道の上俺は歩きながら思い出していた・・・

彼女のことを、あの頃の出来事を・・・




「シンタロー‼」

「!?」
ふと驚いて前を見るとそこにはアヤノが目の前にいた

「もおっ!シンタローってばさっきから呼んでるのにさっなんかうわの空でさっ
ぐちぐちとふてくされながら文句をいう

「・・・今何時間目?」
おれはアヤノの文句をかるく流して聞く

「・・・もぉ!シンタローはっ!今は5時間目!次数学です」
ぷりぷりと怒りながら彼女は答える

「ありがとう、じゃあ寝る」
というとシンタローはだるそうに机の上にうつ伏せになった

「っておい!?」
アヤノはその行動に驚き「もー成績わるくなるよ!」などとぐちぐち俺に言うが
その声は徐々に遠くなっいきいつの間にか俺は寝ていた。

9:ほわわ:2013/08/18(日) 20:39 ID:VtU

おお!
面白いです♪
ミチルさんですよね?7≫の小説から読んでました♪
続き楽しみにしてます!
あと、リクなんですが、終焉ノ栞プロの「完全犯罪ラブレター」お願いしていいですか?

10:黒猫P 907:2013/08/19(月) 10:30 ID:PPg

僕もリクエストで
リモコン
お願いします
上手いですね

11:ミチル:2013/09/15(日) 21:57 ID:otM

すいませんパソコンが壊れてなかなか来れませんでした!

新しいの買ったのでほぼ毎日更新できます!!


了解です!ありがとうございます(*^_^*)>ほわわさん

リモコンですねわかりました!>黒猫Pさん

12:みーにゃん ◆N8C2:2013/09/15(日) 22:04 ID:xPk

ウチも...リクエストしていいですか?
カゲプロの人造エネミーを。
いつでもOKなので!

13:みーにゃん ◆N8C2:2013/09/15(日) 22:51 ID:xPk

自己紹介忘れてましたww
みーにゃんです!
女子で小六です!!

14:ミチル:2013/09/16(月) 17:43 ID:i9Y

ありがとうございます!
はい!
わかりましたちなみに私は中2ですがタメで気軽に話してくださるとうれしいです>みーにゃんさん

15:みーにゃん ◆N8C2:2013/09/16(月) 22:25 ID:xPk

ミチルさん、わかった!!

16:桜みく:2013/09/17(火) 11:47 ID:Ztw

すごいお上手ですね☆
私は、インビジブルをリクエストしますね。もちろん、いつでもいいですので。

17:ミチル:2013/09/17(火) 12:39 ID:i9Y

了解です!!>桜みく

18:ミチル:2013/09/17(火) 18:41 ID:i9Y

ああ、そうこの日々が日常で何も変わらない


普通に淡々と流れるこの時間が・・・・


「バイバイシンタロー・・・・」


「!?」
ふと流れたビジョンはアヤノが屋上から飛び降りる姿

そこで映像は砂嵐がかかり終わった、と同時に目が覚めた


「あっ、起きた!授業おわったよ〜もう
 、なんでかな〜そんなサボってんのに成績いいとか卑怯・・・シンタロー?」

 アヤノは不思議そうに俺に問いかけた。
 たぶんこの時の俺の表情は強張っていた、だってアヤノの死ぬ姿を見てしまったから


なんとなく気まずくなった、俺が勝手にあんな夢を見ただけなのに

とても不吉な夢だった、だが夢は夢現実ではない・・・・・なのに



          なぜにこんなにも胸騒ぎがするのだろ



その日の帰りもいつもどうりアヤノと帰っていた

坂道に差し掛かった時かアヤノは俺に話しかけた

「ねえ、シンタローなんか・・あった?」

「別に・・何もないけど」
お前の死ぬ夢も見たなんて、なぜか胸騒ぎがするなんて言えるわけがない


「ねえ、うそつかな「もう、構うなよ!、どっかえ行ってくれくれ!」
彼女は俺の手を握ったが俺はその手を振り払った

「いかないよ」
なんていって君は俺の手を掴んだ

「うるさいな‼」
俺は彼女の手をまた振り払い、ちょっとの先を振り返ずに歩いた



    ほんとの・・・・心は。

19:ミチル:2013/09/19(木) 08:48 ID:i9Y

一旦ロスメモ休憩です!
「完全犯罪ラブレター」書きます

20:ミチル:2013/09/20(金) 18:35 ID:i9Y


  曲名『完全犯罪ラブレター』
  歌 IA
  作詞/作曲 150p様


書き込む 最新10 サイトマップ