マギ小説を書こう!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:うさぎ♪ mekakusidan-no246@ezweb.ne.jp:2013/08/17(土) 13:16 ID:2JM

はじめまして!
うさぎ♪です!
このスレは、
*荒らしは禁止!
*雑話は、なるべくしない!
これを、守れる人は入ってOK!!
それでは……スタート!!

2:うさぎ♪ mekakusidan-no246@ezweb.ne.jp:2013/08/17(土) 13:29 ID:2JM

アラジン
「誰も来ないねぇ、アリババくん…
モルさん…」
モルジアナ
「そうですね。アラジン。」
アリババ
「……………」
アラジン
「アリババく……!?」

3:うさぎ♪ mekakusidan-no246@ezweb.ne.jp:2013/08/17(土) 15:48 ID:2JM

アリババ
「あ、アラジン!これ、めっちゃ
うまいぞ!」
アラジン
「何してるの!アリババくん!
誰も来ないからって、ご飯食べてるの!ずるいよ!」
アリババ
「仕方ねーだろ!来ないんだから!」

4:うさぎ♪ mekakusidan-no246@ezweb.ne.jp:2013/08/18(日) 11:38 ID:2JM

アラジン
「ハルハール・インフィガール!」
アリババ
「うおっと!……すまん…アラジン
やり過ぎた!」
アラジン
「分かればいいのさ!アリババ君!」
ドーーーン!!!!
アリババ、アラジン
「!?」
モルジアナ
「……私を忘れないで下さい…」
アラジン
「ご…ごめんよモルさん…」
アリババ
「そうだぞ!モルジアナ!気にすんなって!」

5:うさぎ♪ mekakusidan-no246@ezweb.ne.jp:2013/08/18(日) 11:54 ID:2JM

アラジン
「皆、僕達の事あまり好きじゃないの
かなぁ?」
モルジアナ
「はぁ…そうなんでしょうか?」
アリババ
「こういう事もあるさ!三人で、飯
食おーぜ!」
アラジン
「そうだね!」
モルジアナ
「アラジン!アリババさん!あれを
見て下さい!」
アラジン
「あっ!あの船は……!」
アリババ
「えっ!?」
アラジン
「紅覇君の船じゃないか!おーい!
紅覇くーん!!」
練 紅覇
「あ!アラジンだ!おーい!」

6:うさぎ♪ mekakusidan-no246@ezweb.ne.jp:2013/08/18(日) 17:25 ID:2JM

アラジン
「紅覇君!どうしたんだい?」
練 紅覇
「アラジンー久しぶりーお前こそ
どうしたのー?」
アラジン
「僕達は、誰も来ないから海の上を
ただよっていたのさ!」
練 紅覇
「ふーん……僕達は、親父が死んじゃったから自分の国に帰るところなんだよ」
アリババ
「……!?アラジン!?こいつの事
知ってるのかよ!?」
アラジン
「うん!マグノシュタットに行く時に
一緒に馬車に乗せてもらったのさ!」

7:うさぎ♪ mekakusidan-no246@ezweb.ne.jp:2013/08/18(日) 17:50 ID:2JM

アラジン
「……そうだ!!紅覇君!僕達の船に
乗って行かないかい!?」
練 紅覇
「えー…!?アラジンの所、こんなに
いっぱい乗せられないでしょ?(約百億人)」
アリババ
「!?無理だろそんなにたくさん!」
アラジン
「大丈夫さ!アリババ君!えっとね………………」
アリババ
「おぉー!!それいいな!!アラジン!!」
アラジン
「でしょ!でしょ!」
モルジアナ・練 紅覇
「……!?」
アラジン
「モルさんにも、教えてあげるね!………………」
モルジアナ
「……あぁ!そういう事ですか!」
アラジン
「うん!!」

8:うさぎ♪ mekakusidan-no246@ezweb.ne.jp:2013/08/24(土) 13:23 ID:2JM

練 紅覇
「………やっぱり無理でしょ?」
アラジン
「大丈夫さ!紅覇君!」
アリババ
「じゃあ、行くぞ!アラジン!モルジアナ!」
アラジン
「うん!」
モルジアナ
「はい!」
〜紅覇の船にて〜
アラジン
「わぁ!アリババ君!モルさん!
人がいっぱいいるね!」
モルジアナ
「そうですね。アラジン。」
アリババ
「よし!作戦開始だっ!アラジン!
モルジアナ!」
アラジン
「うん!」
モルジアナ
「はい!」

9:うさぎ♪ mekakusidan-no246@ezweb.ne.jp:2013/08/24(土) 22:16 ID:2JM

アラジン
「はいはいー押さないでよ!並んでね!」
アリババ
「じゃあ、いくぞー!」
…ゴゴゴゴゴゴゴ!!!
ザバーン!ドーン!バッシャーン!
練 紅覇の船の船員
「あーーーっ!涼しーい!」
練 紅覇
「……?」
アラジン
「あのね!紅覇君!こういう事なの!
船員の人を皆、海におろして泳いで
もらったんだ!」
練 紅覇
「へぇー…アラジンって頭良いんだね!」
アラジン
「ちがうよ!前ヤムさんが、言ってたから今回の参考にしたんだ!」
〜こうていこくにて〜
アラジン
「じゃあ、僕達はこれで……」
練 紅覇
「じゃあねーアラジン!…と愉快な仲間達!」
アリババ・モルジアナ
『最後の余計ですっ!』

10:うさぎ♪ mekakusidan-no246@ezweb.ne.jp:2013/08/25(日) 15:45 ID:2JM

アラジン
「……やっぱり誰も来ないねぇ…」
アリババ
「………………」
アラジン
「アリババ君!また、一人でご飯食べてるの……」
モルジアナ
「……寝てますね…アリババさん」
アラジン
「!!今度は、違う船が…!」
???
「あ!おーい!アラジーンくーん!」
アラジン
「あ!今度はヤムさんだ!」
アリババ
「ヤムさんて、八人集のヤムライハさんか?」
アラジン
「うん!そうだよ!ってアリババ君!
いつ、起きたの!?」
アリババ
「んーーと……ついさっきだぜ!」

11:うさぎ♪:2013/09/29(日) 11:56 ID:2JM

ヤムライハ
「で?アラジン君は何をしていたの?こんな所で?」
アラジン
「えーっと…誰も来ないから海をただよっていたのさ!」
アリババ
「という事は…あー!師匠!お久しぶりです!」
シャルルカン
「よぉアリババ!久しぶりだな!」
モルジアナ
「久しぶりです。マスルールさん。」
マスルール
「久しぶりだな。モルジアナ。」
アラジン
「あ!そういえば!マスルールさん!ファナリス兵団って知っているかい?」

12:水梨:2013/11/30(土) 16:45 ID:zVQ

続きが見たいです。

13: ◆iTkE:2014/03/10(月) 16:06 ID:uc2

あげる笑

>>9
さりげひどいことしちょるしwww
そこで納得する紅覇くんかわいい(〃∀〃)笑←

14:凛:2014/05/29(木) 00:06 ID:ggU

続き見たいです


書き込む 最新10 サイトマップ