あやかし緋扇の小説を書いて下さいっ!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:冬花:2013/08/30(金) 14:23 ID:uKE

あやかし緋扇が好きな、6年です!
書いて書いて書きまくって下さい!!
ルール
・雑談は控えて下さい!
・小説を書いてくださいね!
・喧嘩、悪口は禁止です!
みんなで書きましょう
よろしくお願いします!

2:実里 ◆XL8M:2013/08/30(金) 14:25 ID:Y8Q

こんにちは!

かかせてもらっていいですか!?

3:冬花:2013/08/30(金) 14:26 ID:uKE

実里さん
書いて書いて下さい!!!!
ありがとうございます!

4:実里 ◆XL8M:2013/08/30(金) 14:27 ID:Y8Q

ありがとうございます♪( ´▽`)
今は時間ないので明日から書かさせてもらいますね♪

5:冬花:2013/08/30(金) 14:28 ID:uKE

はいっ!
楽しみにしてます!

6:冬花:2013/08/30(金) 14:29 ID:uKE

リクエストあれば、書いておきますよ?

7:冬花:2013/08/30(金) 14:35 ID:uKE

だれか入って来て下さい!!!

8:冬花:2013/08/31(土) 18:29 ID:uKE

書いちゃいますね!
〜デート編〜
ある日の昼休み
さくら「未来〜〜!」
未来「さくらちゃん?どうしたの?」
さくらちゃんはポケットからチケットを取り出した
さくら「遊園地のチケットを親戚からもらったんや 陵くんといってきぃ」
未来「え!?陵と!?」
さくら「いかへんの?」
陵と…デート…考えただけで心臓が!
行きたいかな…
未来「いっ…行く〜!」
さくら「なら、陵くんに言ってきいや」
未来「う…うん」
緊張する…陵とは別のクラスだから、隣までいかないといけない
スタ…スタ…
???「未来さん?」
       続く!

9:冬花:2013/08/31(土) 21:10 ID:uKE

続きです!
???「未来さん?」
前から聞きなれた声が聞こえた
未来「え?陵?」
前を見ると、陵がいた
陵「未来さん どうしたんですか?」
はっ…!デートの事いわなきゃ!
未来「えーとー…陵!」
陵「はいっ!?」
言うんだ言うんだ…
未来「りょりょりょ陵!!土曜日…遊園地でデートひよっ!」
あぁ〜///噛んだ〜〜〜…
陵はおどろいて目を見開いた が、
陵「え!?いいんですか!?ありがとうございます!!!!//////」
言えてよかった〜…噛んだけど…w

次は、陵と未来のデートです!

10:冬花:2013/09/01(日) 09:48 ID:xGE

続きです!
〜家〜
未来「服どうしようかな…」
なんか忘れてると思ったら、服かぁ〜…
陵が喜んでくれる服……恥っ////
未来「だ〜〜〜!もう!!!決まらん!!!」
未来母「未来、どうしたの?もしかして…デート…?ニヤニヤ」
げっ!バレた!!
未来「え〜と〜…ちがっ…未来母「いいのよ!この時のために服は買ってあるわ♪」
お母さんは、服を取り出して
未来母「ほら!かわいいわ♪服♪」
お母さんがとってきたのは白いワンピースに青い半袖上着…可愛すぎっ!!!///////
でも、服ないし…しょうがないっ!
未来「分かった!あたし、それでいく!」
未来母「あら、がんばってね♪」
ハァ…明日楽しみかも…////

デートのはずが、服選びになってしまいました!
ごめんなさい〜〜〜!
続く!

11:冬花:2013/09/01(日) 17:31 ID:xGE

続き!
~次の日~
未来「ふぁ〜ぁ よく寝た〜…って…え!?」
時計を見ると、もう9時20分
陵との約束の時間は、10時。
未来「やば〜い!!!ピーンチ!!」
ダッシュでご飯を食べて、服を着る
そして、家をでる
未来「行ってきまーす!!!!」
今の時間は、9時46分 あと14分だ
マンションの外に出たら、陵がいた
未来「おはよ〜〜〜!はぁはぁ…」
陵「おはようございま…っ!」
陵はあたしの服を見て、顔を真っ赤にさせた
陵「とても可愛いですね//////」
未来「なっ……/////」
陵ってスラッというな〜…/////
未来「ありがとう……////行こうか」陵「はい」
続く!

12:冬花:2013/09/02(月) 18:52 ID:xGE

続き!
遊園地
未来「着いた〜〜!!!」
結構遠かった〜…
陵「では、行きましょうか」
未来「うん!」
陵「まず、何乗りますか?」
うーん…遊園地といったら…
未来「ジェットコースターでしょ!」
ふふーん 楽しみ〜♪
陵「はい」
ジェットコースターのところへ向かって歩き出した
よそ見していたら 隣に陵がいない!
未来「げっ…!迷子だ…あたしが…」
どうしよう!!ヤバイ!
とりあえず、ジェットコースターのところいけばいっかな…歩き出したら
目の前に…霊がいた
未来「おぇーっ!?こんなときに!?」
迷子だよ〜〜!あたし!どうしよう!
とりあえず…陵いないし…
未来「うん!にげよう!!!」
ジェットコースターとは違う方向へ走り出した でも10分後
未来「はぁ…はぁ…も…う…はしれない…はぁっ…」
霊がすぐ後ろにいる でも、もう走れない…
未来「陵!助け…て…」
「鎮守の神よこの緋扇に宿れ」
続く!

13:冬花:2013/09/03(火) 19:00 ID:xGE

だれも来ないですね…(しゅーん…)
このスレって私だけなのですかね…
誰か来ないかな…
悲しいですが続けますね…
陵「鎮守の神よ この緋扇に宿れ」
え…陵…?
陵「未来さん、大丈夫ですか!?」
疲れて…声がでない…
未来「りょ…あり…が……と…」
あたしはその時、意識がとぎれた
そのあと陵が未来さん!未来さん!と言っていた

未来「ん…?」
あたしは起きた 上に見えるのは、大きな木だ
陵「未来さん!大丈夫ですか!?!?」
未来「うん…ありがとう」
あたしが倒れたら、多分ベンチに運んでくれたんだよね
陵「いえ!未来さんが心配でしたから、大丈夫でなによりです」
未来「ほんとにありがとう」
陵「はい♪」
そう言えば…デート中だった!!!
未来「陵!デート中だよ!続けよう!!」
陵「はい!!」

次は改めて陵と未来のデートです
誰か入ってきて〜…

14:扇:2013/09/04(水) 14:50 ID:vVc

い、いいですね!!
きゅんきゅんします!

15:-miku- ◆0w8k:2013/09/04(水) 15:38 ID:Z8.

ほえ〜、いいねぇ

16:冬花:2013/09/04(水) 16:57 ID:xGE

扇さん、mikuさんはいってくれるのですか!?!?
わ〜!うれしいです!!

17:冬花:2013/09/04(水) 19:23 ID:xGE

続きです!!!!!
未来「何乗る?」
陵「ジェットコースターに乗りますか?
さっき乗ってないので」
未来「やっぱいいや」
陵苦手そうだもんね…
陵「僕に気を使わなくてもいいんですよ
乗りましょう!」
え…でも…あ!そうだ!!
いま…6時…あたしが寝てたらいつのまにかこんな時間にw
未来「陵!観覧車のろ!」
観覧車…あんま乗らないしね
陵「え!?いいんですか!?」
陵、なにあせってんのw怖いのかなww
未来「いいからいいから♪」
未来は、密室だことを分かっていない
陵「え!は…はいぃ」

~観覧車~
未来「綺麗だね!ながめ!」
今はライトアップされていてとってもきれい!
陵「未来さんのほうが綺麗ですよ」
未来「なっ…!///」
陵ってばはずかしいこと言うんだから!
未来「あたしは綺麗じゃない!!!!」
陵「綺麗です!!!」
未来「綺麗じゃない!」
陵「綺麗です!」
未来「綺麗じゃない!!」
陵「もう!」
未来「綺麗じゃないっん!?」

さぁ!未来は何をされたのでしょうか
続く!!

18:冬花:2013/09/04(水) 20:51 ID:xGE

続き!
未来「んっ!?」
陵の顔が近くにあって…唇に暖かい何かが………………って!
これ!キス…!?!?
未来「んっ…ふっ…//////」
くるし…っ
陵「は…んっ…ふ……」
ぷはぁっ
未来「ちょ!陵!なにすんの!?////」
陵「だって未来さんが綺麗じゃないとうるさいので」
未来「わざわざ口でとめなくてもいいでしょ…ま、いいけど…ボソ」
陵「え?いいのですか?」
未来「は!え!?いいよ…/////」
「………………////////」
陵「未来さん…もう一回して…いいですか?」
なっ…///聞くなっ!
未来「いい…ょ…////」
はずっ!
ちゅ…
未来「はぁっ…」
陵「ふぅ…」
未来「あっ!下に着いたよ!」
陵「はい」
降りた
~出た~
未来「陵、今日は楽しかった ありがとう!」
陵「いえ ぼくも楽しかったです でも……」
ん?
ちゅっ…
未来「!?りょ…」
陵「あれでは、足りません!」
なっ!!!!!!!
陵「では、帰りましょうか!」
未来「うん」
そして今日のデートは終わった
そして最後にキスをしてから別れた
終わり
どうでしたか!?
初でしたが……
リクエストあったら、ください!

19:冬花:2013/09/05(木) 20:04 ID:xGE

文化祭編です!!
先生「今年の文化祭は、お化け屋敷をやるぞ〜〜〜!!!!!」
HA?お化け屋敷?
未来「お化け屋敷って…何すればいいの?」
先生「お化け役をすればいいのだ!もちろん衣装は自分たちで作れよ」
だるい〜
”というわけで”
友達「未来、裁縫上手いんだ〜!」
未来「まぁね〜…」
ただいま、衣装づくり中……
あたしは白い着物を作っている
さくら「あんたはうまくてええな〜…うち苦手や」
(これは勝手に作りました!ごめんなさい)
未来「ははは〜…」
友達「じゃ、未来、その着物きてお化け役してね!」
未来「え!?」
がびーんw
次は文化祭当日です!
陵とは、別なクラスです!
次にでてきますよ!!
続く!

20:冬花:2013/09/05(木) 20:19 ID:xGE

続きです!
~その放課後~
陵「未来さんのクラスは、お化け屋敷をするんですね」
未来「うん 陵のクラスは?」
陵「僕のクラスは、執事カフェです」
執事カフェねぇ…モテないか心配……
未来「そっ…か」
モテたら、はなれていくのかな…
陵「大丈夫ですよ 僕には未来さんだけですから」
うそっ!?心読まれた!?!?
未来「うん…ありがとう…」

そして当日
未来「ウウアアアアアアアアア!!」
1年「ひゃああああああっ!!」
ふぅ…貞子のまね♪怖がりすぎ…

休憩
未来「疲れた〜…」
さくら「お疲れさまやんな」
未来「ありがと」
さくら「未来 今日はあんたと回るつもりやったけどな 陵くんといってきぃや」
未来「ああああありがとう!!じゃあね!」
たたたたたたたた…
〜陵のクラス〜
うひょ〜…盛り上がってるな〜…
陵「未来さん?ここで何をしているんですか?」
未来「あ、え、えと〜………その…」
えーい!言っちゃえ〜!> <
未来「陵!一緒に回ろ!!!」
陵「はい!もちろんです!」
これから陵と回ります!
続く!!
誰も来なくなっちゃったな……
さみしい…

21:冬花:2013/09/06(金) 06:13 ID:xGE

だ〜れ〜か〜!き〜て〜く〜だ〜さい!!!!!!!!!!!!!
続きです
未来「どこいく〜?」
陵「では、お化け屋敷行きましょう!」
お化け屋敷…あたしのクラスか…
未来「行こう!」
続く!
時間がないのでごめんなさい!!
誰か来てくださいよ〜〜!!!!泣き泣き

22:冬花:2013/09/06(金) 20:50 ID:xGE

やっぱりここのスレって…来ないのですか…誰も…?
私しかいないです…
続きです…
お化け「うひひひひひひひひひっ」
未来「全然怖くない〜」
陵「ですね〜」
もうお化けって、幼稚だな〜
未来「あ〜つまんなかったぁああああ!?!?」
お化け?「ウヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!!!!」
未来「うぎゃ〜っ!!!!!!!!」
びっくりした!!
さくら「うちやてうち」
未来「ひびった〜…」
陵「出ましょう」
未来「うん」
出た
未来「どこいく〜?「コスプレ大会で〜す!あ、唐沢出ろ」
未来「はああああああっ!?」
コスプレって…いやあああああっ!
男子「早く〜!」グイッ
手を引っ張られる
~その後~
男子「次は、唐沢のコスプレだ〜!お題はなんと!猫ミミメイドだ!!!」
「きゃ〜〜!未来かわいい!!!」
陵「…………」
あれ?陵静か…変かな?
10分後 ぱっぽーぱっぽー
未来「陵、静かだったね どうしたの?」
陵「…………」
未来「陵!!!!!!!!」
グイッ!!!
未来「!?!?」
未来はどうしたのですかね…
続く…
誰も来ないな………
みんな誰かいるのに…

23:冬花:2013/09/07(土) 14:43 ID:xGE

誰も来ない!!来て!
続きです!!!!!!!
未来「!?!?りょ…!?」
ちゅ…
ん〜!!長い!
陵は角度を変えてなんかいもキスしてくる
未来「ん…ふ…は…ぁ…」
陵「ふ…」
ぷはぁっ
未来「ちょ…!陵…!んっ!?」
また陵がキスしてくる
未来「りょ…っ…はな…っし…て…」
伝えられたかな?
ぷはっ
未来「陵!何!?」
陵「未来さんが可愛すぎるからですよ」
は!?
陵「未来さんの可愛い姿を皆さんに見られたくなかったのです!!!」
ななななな!?
未来「ちょ…なにいってるの!?」
陵「未来さんは、僕だけを見てください」
未来「な…」(カアアアアアアッ//////)
陵「未来さんは、僕のものです」
それって、妬きもちだよね
うれしいな…
未来「うん あたしは、陵のものだよ だから妬かないで」
陵が妬いて、あたしから離れていくのが、嫌だから…
陵「では、キスさせてください…」
なっ!?
未来「い…いよ…」
ちゅ…
さっきより激しくて、優しいキス…
未来「は…ふ…」
また、角度を変えて、キスを繰り返す
それから10分?わかんないけど熱いキスを繰り返した
あたしは、陵のものだよ…
終わり
来てくださいよ…

24:冬花:2013/09/07(土) 16:54 ID:xGE

誰も来ないのは、何でですか?
理由を教えてください…
前までいた人が来なくなったのは何でですか…?
誰もなぜ来ないのですか?
おしえてください
入ってきてください…

25:桜月すずか:2013/09/07(土) 18:04 ID:il2

入っていいですか!?
私もあやかし緋扇大好きです。
でもあと3話で最終回らしいですね。
小説上手ですね!
えーとリクエストは
学校で未来が男子一人と仲良くしているところを陵に見られてしまう。陵は怒ったけど陵の誤解で未来にはある理由があって男子と話てただけだった。
(例えば日直がどうのこうのみたいな)
えーと分かりにくいと思いますので
陵がヤキモチをやいたはなしでも。
タメはokです

26:冬花:2013/09/07(土) 22:34 ID:xGE

わ〜!桜月すずかさん!
入ってくれるのですか!?わ〜い!
うれしいです!
リクエスト、ありがとうございます!
すずかさんがかいていいんですよ〜♪
嬉しすぎます♪
あ、タメ&呼び捨てokです!

27:梨花 ◆sEZk:2013/09/08(日) 11:22 ID:LXA

>>冬花さん
今まで、影ながら応援させていただきました^^
そこで、少しアドバイスです

☆『!』や『?』が入りすぎていて見づらいです
少し減らしましょう

☆キスの音はあまり、入れない方がいいです
嫌な人もいますので

こんぐらいですね
頑張ってくださいね
ちょくちょく来ますので^^

あと、人が来ないのは二次創作にはあまり人が居ないからじゃないでしょうか?
だからといって、小説板に書くのは駄目ですよ?

長文失礼しました

28:冬花:2013/09/08(日) 14:10 ID:xGE

梨花さん〜?入るのですか〜?
アドバイスありがとうございます〜

知らなかったんですよ!
そんなこと…!

29:梨花 ◆sEZk:2013/09/08(日) 16:55 ID:LXA

それはそうですか・・・
あ、いい忘れてました!
入ります・・・入ってもいいですか?

あたしも小説書いてるのでよかったら見てください!

『あやかし緋扇〜大好きな人がいるから〜』
『あやかし緋扇〜大好きな人がそばにいる〜』
です!

30:冬花:2013/09/08(日) 18:48 ID:xGE

梨花さん、見に行きますね♪
ありがとうございます

31:-miku-:2013/09/09(月) 18:51 ID:Z8.

ふあああーー!

来たよ!
頑張れー!!


ふあああああーーー

32:冬花:2013/09/09(月) 18:57 ID:xGE

mikuさん!
来てくれてありがとうございます!!
はい!がんばります!

33:梨花 ◆sEZk:2013/09/10(火) 21:17 ID:LXA

ありがとうございます^^
訂正
×『あやかし緋扇〜大好きな人がそばにいる〜』
○『あやかし緋扇〜大好きだからそばにいたい〜』

34:冬花:2013/09/10(火) 21:59 ID:xGE

はい!
いってみます!

35:冬花:2013/09/12(木) 16:45 ID:xGE

こんにちは!
何かリクエストありませんか?
それと、自分で書いてくださる方いませんか?
リクエストあったら書きますよ?
^ ^

36:冬花:2013/09/12(木) 17:23 ID:xGE

書きます!
〜陵、嫉妬編〜(3年生です!)
放課後
未来「陵、ごめん 今日先帰ってて」
陵「え…何でですか…?」
未来「ま〜いいから〜…じゃね!」
陵「え!待ってください!」
陵が言ったのは遅く、未来は教室へ帰って行った
未来視点
未来「あ〜最悪だね木下〜」
木下「まったく最悪だよな〜!日直なんてな」
木下は、あたしの席のとなりの男子。いつもの男子と違い、あたしのよき理解者
その時、黒板消しが落ちた
未来木下「あ……」
あたしは、そこにあったチョークでころっとなり、こけた
未来「あ…わわわっ!木下危ない!」
ドサッ
目を開けると目の前に木下の顔が…
近くて…唇がやけに感触が…
未来「ん!?」
すると…
ドサッ

陵がドアのところで目を見開いて…
走った
未来「陵待って!」
続く!

37:冬花:2013/09/12(木) 20:22 ID:xGE

続きです!
未来「陵!待って!」
木下「唐沢!待て!」
未来「何?」
木下「俺にキスされたとこ、消毒してもらえよ!俺は、残すけど(小声)」
未来「うん!ありがとう」
タタタタタタタ…
陵いた!
未来「陵!」
陵「未来さんは…」
未来「何…」
陵「未来さんは、僕のことがほんとうに好きですか!?」
未来「陵 なにいってんの!」
バシンッ!
陵の頬を叩く
未来「あたしは、陵だけだよ!信じてよ!前、信じるって言ってたじゃん!」
陵「……すみません…嫉妬してただけでした…」
嫉妬!?妬いてくれたの?
未来「そうか…とりあえずかえ…あ!」
陵「どうしましたか?」
木下にキスされたとこ消毒してもらわなきゃ
未来「陵!消毒して!唇」
陵「え!?はい…」
そしてキスをして帰ったのであった
終わり

38:梨花 ◆sEZk:2013/09/12(木) 21:28 ID:LXA

明日書いてもいいですか?

39:冬花:2013/09/13(金) 06:08 ID:xGE

梨花さん
もちろんいいですよ!

40:冬花:2013/09/13(金) 17:27 ID:xGE

書きます!
〜旅館でお泊まり編〜
ある日の事
さくら「未来!陵くん!ちょっときぃ」
あたしは、さくらちゃんによばれた
未来「何?」
陵「どうしましたか?」
さくら「あのなぁ…旅館券が当たったんや!いっしょにいかへん?」
旅館…
陵「ぼくは未来さんがいくならいきます」
未来「なん部屋あるの?」
さくら「2部屋や」
未来「いこうかな〜」
さくら「ほな!決まりやな!龍にも行っとくで〜〜!!」
さくらちゃんは嬉しそうに教室を出ていった
続く!
未来と陵を同じ部屋にした方がいいですか?
意見お願いします!

41:梨花 ◆sEZk:2013/09/13(金) 20:38 ID:LXA

>>40
そこは、やっぱり!同じ部屋でしょう!(`∀´)どやぁ

42:冬花:2013/09/13(金) 20:59 ID:xGE

ですよね!
明日書きます!!

43:冬花:2013/09/13(金) 21:12 ID:xGE

書きましょうかね…
少し書きます!!
続き!
到着
さくら「部屋は、どうするん?おみくじできめるでぇー」
未来「おみくじ!?運が悪いかも…」
さくら「ボソッだいじょうぶや うちが龍と一緒になるで 陵くんとラブラブしてきぃ!」
未来「な…!」
陵「引きますね」
龍「あぁ」
陵が引いたのは…
陵「未来さん!?」
ということは…
あたしと陵は、同じ部屋…
カアアアアアッ
さくら「な?いったやろ じゃ、楽しんでや!」
ええええぇ〜…
続く!

44:冬花:2013/09/14(土) 07:51 ID:xGE

おはようございます!
続きです!
〜部屋到着〜
未来陵「………………」
沈黙…ポーン…
それを破ったのは…
陵「未来さん、すみません…
こんな僕と同じ部屋なんて…」
未来「はぁっ!?何言ってんの!」
バカだ…伝わってない!
未来「あたしは、陵と同じ部屋で嬉しいから!」
陵「え…」
未来「分かった!?」
陵「はい…」
陵は顔を真っ赤にして言った
未来「あ!寝るのどうする?ベッド2つあるから、
どっちに陵寝たい?」
陵「僕はどっちでもいいですよ」
未来「じゃ、あたしこっちー」
ボフッ ゴトンッ
HA?
ゴトン?
未来「これ!壊れてるー!?」
陵「下を見てみます!」
未来「どう?」
陵「壊れてます!」
未来「ええーっ!?」
ということは…
続く!

45:冬花:2013/09/14(土) 09:13 ID:xGE

続きです!!!
ということは…
陵と一緒に寝る!?
未来「えぇーっ!?」
陵「どうしますか…?」
うーん…陵の意見を聞こう
未来「陵は、どうしたらいいと思う?」
陵「……えーとー…」
未来「何ー?」
陵「えーとー…」
陵はなにかいいたいみたい
未来「陵何?」
陵「ぼくは未来さんと隣で寝たいです!!」
未来「なっ!?」
陵それを言いたかったのか!
隣か…
未来「いい…よ…あたしも隣で寝たいし…」
あたしは多分顔は真っ赤だと思う…
陵「ありがとうございます!」
未来「今何時!?」
午後7時30分…
ここには温泉がない
未来「あたしお風呂入ってくるね」
陵「はい」
続く!
ちょっとハプニングあってもいいですか?
意見下さい!

46:ゆめ:2013/09/14(土) 11:44 ID:qr2

はじめまして(≧∀≦)♪
冬花さんの小説おもしろいです!!
入ってもいいですか?

47:冬花:2013/09/14(土) 12:09 ID:xGE

ゆめさん!
もちろんどうぞ!!!

48:ゆめ:2013/09/14(土) 12:29 ID:qr2

ありがとうございます!!
ちなみに、私も6年なんです!
同じ6年なのに小説上手ですね〜
尊敬しますo(^◇^)o

49:冬花:2013/09/14(土) 14:21 ID:xGE

そうなんですか!
尊敬だなんて…
たいしたことありませんよ!

50:冬花:2013/09/14(土) 16:22 ID:xGE

書きます!!
ハプニングありで!
続き
ジャー…
ただいまお風呂入り中です…
未来「ふぅ…」
広いなぁ…
上がろうかなー
ガチャ
出た
ガチャ
ん?
未来「陵!?」
陵「未来さああああああぁ!!?!?」
ダッ
あたしはいま、素っ裸…
未来「見られた……?」
うそーーっ!?
未来「最悪だ…見られたなんて…
まぁ…いつか…こうなるし…
いいの…かな…」
カアアアアッ
着替えて、出た
陵「すみません…見てしまいました…」
未来「う…ううん 気にしないで…
いつかああなるし…(小声)」
だが、陵には聞こえたようで…
陵「ははははいっ!」
未来「とりあえず、陵は、お風呂いってきていいよ」
陵「はい」
続く!
どうでしたか?
ハプニングありです♪
次をお楽しみにー

51:ニーちゃん ◆wij6:2013/09/14(土) 16:58 ID:qYg

おもしろい!次はなんだろ?きになるー!

52:冬花:2013/09/14(土) 17:21 ID:xGE

ニーちゃんさん!
入ってくれるのですか?
はい♪続きを後で書きますね♪

53:冬花:2013/09/14(土) 19:14 ID:xGE

続きです!
暇だな〜…
陵は今お風呂にはいっているから、あたしは一人
未来「あ!髪乾かしてないや」
ドライヤーは、洗面所だっけ?
ガラッ
よかった…陵まだ上がってない
ドライヤー…ドライヤーっと…
未来「あった!」
ガチャ
んん?
陵「未来さん!?」
げっ!またこのパターン…
未来「ゴメン!陵!!」
ダッ…
未来「髪が濡れた陵…かっこよかった…」
って、なにいってんだ!!
陵「未来さんも綺麗でしたよ」
!?
未来「え…陵!?」
いつの間に!?
陵「未来さんは、綺麗だといっているんですよ」
…っ!!真っ赤っかー///
陵「未来さん…キスさせてください…
いいえ!します!」
未来「え!?っ!!」
陵の顔が目の前に…
未来「ん…」
唇…柔らかいな…
陵「ありがとうございます…」
あれ?もう終わり?
未来「もう終わり?」
陵「え?」
はっ!つい口から…
陵「では、ありがたく…」
そしてまたキスをした
続く!
1日目終わりました!
次は帰ります!
1泊2日です
書き忘れてました…
では、お楽しみに♪

54:梨花 ◆sEZk:2013/09/14(土) 22:10 ID:LXA

書けなくてごめん><
試合前日で『早く寝ろっ!』って親から言われて書けなかった!

次レスで書くね♪

55: ◆sEZk:2013/09/14(土) 22:24 ID:LXA

小説〜お泊まり編〜
さくら「なぁなぁ!今度の土日、みんなでお泊まり会しぃひん?」
未来「いいね!楽しそ〜♪♪」
陵「未来さんが参加するなら僕も行きます^^」
龍「じゃあ、決定だな・・・」
さくら「場所はどないするん?」
未来「うーん・・・あたしんちは無理だし〜・・・さくらちゃんちは・・・毎回だから迷惑だろうし・・・」
陵「あの・・・もしよかったら僕の家に泊まりませんか?客間も一応あるので・・・」
さくら「え!えぇの?」
陵「はい」
あたしは開いた口を閉じることが出来なかった
だって、陵の家に泊まるんだよ!?
陵の家だよ!?
陵「未来さん?」
未来「! な、何?」
陵「顔、赤いですけど大丈夫ですか?」
未来「だ、大丈夫!」
さくら「未来、あんた変な妄想しとったやろ・・・」
未来「してないよ!!」
龍「さくら・・・変な勘ぐりはしない方がいいと思うぞ・・・」
さくら「未来、ホントか?なら良いんやけど!」
さくらちゃん、切り換えはやっ!?

とにかく、お泊まり会スタート?の前日だった

*続く*

56:冬花:2013/09/14(土) 22:43 ID:xGE

あやまらくていいんですよ♪
書いてくれてありがとうございます!
いいですね!お泊まり会♪
(わたしのは、旅館…)
明日もがんばってください!

57:梨花 ◆sEZk:2013/09/15(日) 07:32 ID:LXA

今日も試合・・・
けど午前中で終わりだから、1時半には書けるかも!

58:ニーちゃん ◆oaNM:2013/09/15(日) 08:27 ID:qYg

うん♪いれて*(^v^)*/
これって、私もかいていいの?

59:冬花:2013/09/15(日) 10:12 ID:xGE

梨花さん>はい!ありがとうございます!
楽しみにしてます
ニーちゃんさん>いいですよ♪
書いてください!

60:冬花:2013/09/15(日) 10:21 ID:xGE

続きです!
〜そして次の日〜ロビーにて
さくら「未来、おはよ!陵くんもおはようさん!」
陵「おはようございます」
龍「未来、おはよう」
未来「龍!おはよ!」
さくら「朝の9時の飛行機に乗るで」
ただいま、6時
未来「早くいかないとね」
陵「ですね」
さくら「でよか」
未来「うん」
泊まり…楽しかったな…
陵と同じ部屋だったし…
キスできたし…////
まだ、一緒に泊まりたかったな
ってなにいってんの!!
陵「未来さん、どうしましたか?顔、赤いですよ?」
未来「はっ!何でもないよ!」
また、いつか来るよね 陵と一緒に寝るときが…
結婚したらね
陵といつか、寝れたらいいな…
終わり
どうでしたか!?
変な終わり方でごめんなさい!

61:ニーちゃん ◆0ieQ:2013/09/15(日) 10:27 ID:qYg

冬花s、ありがとう!
じゃあ、かかせていただきます!

62:ニーちゃん ◆DoEI:2013/09/15(日) 10:45 ID:qYg

〜ライバル登場!?〜
*未来目線*
「ふぁぁぁぁ。」
今日何回あくびしたかな。でも、凄くねむい。
実は昨日、さくらちゃんから電話があって、色々(半分はおこられてたかな)話してたら、日にち変わってて。
さくらちゃんも多分眠いとおもうんだよね。
ヴィーーーー
マンションのエントランスからでると、陵がいた。
「陵、おはよー。」
陵はこっちを向いて、わらってくれた。
「未来さん、おはようございます!」
ドキッ
多分私は今、顔が真っ赤だ。
「未来さん、どうかしましたか?顔が赤いですよ?」
「なんでもない!さっ、行くよ」
私は、スタスタといってしまう。そしたら、急に私の手にぬくもりがふってきた。
「学校まで、このままでいさせてください」
陵が、手をつないできたのである。
「ちょっ!はなしてよ!!」
「何が何でもはなしません♪」
かぁぁぁぁ////////
せっかく、顔の赤みがとれてきたのに、また真っ赤になる。
陵は、普通のことみたいにニコニコしてる。
陵は私をどんだけドキドキさせれば、気がすむの?
そうおもいながら、学校へむかった。

な、何か凄く下手くそですいません!!

63:冬花:2013/09/15(日) 12:48 ID:xGE

上手ですよ!
続き頑張ってください!

64:梨花 ◆sEZk:2013/09/15(日) 16:23 ID:LXA

*続き*

はぁ〜・・・
今日から陵の家でお泊まりか〜・・・
どうしよう・・・
あたしは、さっきからあることで悩んでいる
それは、
『可愛い服がない』
と言うこと
陵の家でお泊まり会なのに〜!
服装で悩んでいたら、携帯がなった
メールだ・・・
『To 未来
未来!
あんた、かわええ服もってへんやろ?
ウチの服貸すから今からウチんち来ぃや!
さくら』
げっ!ばれてる・・・
・・・しょーがない、行くか・・・
ぶつぶつ言いながらもさくらちゃん家にやって来たらインターホンも鳴らしてないのにドアが開いた
未来「龍!何してるの?」
龍「未来、今から買い出しに行こうと思ってたんだ・・・
未来も行くか?・・・」
未来「あ〜・・・あたしはいいや!
さくらちゃんに用があるし・・・」
龍「そうか・・・じゃあ、また後で」
未来「うん、またね!」
あたしは、誰かにつけられてるのも知らずにお泊まり会を楽しみにしていた・・・

続く

65:由真:2013/09/15(日) 16:29 ID:wmc

私も入れてください!あとタメOKたがら。それとニーちゃんとっても小説上手だね!
長文ごめんなさい↓

66:冬花:2013/09/15(日) 16:57 ID:xGE

由真さん、こんにちは
いいですよ
梨花さん>書いてくれてありがとうございます!

67:冬花:2013/09/15(日) 17:20 ID:xGE

書きます!
〜未来、風邪を引く〜
未来母「未来、大丈夫?」
ただいま、風邪を引いてしまいました〜…
声出したいけど、喉が痛くて出ない
未来母「熱はかろうか」
こくり
ピピッピピッ38:7度
未来母「あら!熱高いわね…
でも、お母さん、お仕事なのよね…」
一人でいーよ…
未来母「そうだ!陵くんに頼みましょう!」
!?陵?
未来母「もしもし陵くん?あのね、未来が風邪引いちゃって…
看病してくれない?」
まじで電話してる……
未来母「陵くん、来るってよ じゃあ行ってきまーす」
来るのか…
かぁぁぁぁぁ//////
お母さん行っちゃったし…
陵すぐ来るよね
続く!
皆さん、私のこと冬花でいいですからね♪

68:ニーちゃん ◆3ipo:2013/09/15(日) 17:25 ID:qYg

冬花、由真、そ、そんなことないです(>_<)////

69:冬花:2013/09/15(日) 17:39 ID:xGE

私の方が…たいしたことありません…

70:ニーちゃん ◆INOM:2013/09/15(日) 17:42 ID:qYg

いや、そんなことないです!!年もそんなかわんないのに凄いとおもいはす!!!!

71:-miku-:2013/09/15(日) 17:49 ID:Z8.

あわわわ!
未来たんが風邪!?

私も小説書いていい?

72:ニーちゃん ◆X2M2:2013/09/15(日) 18:00 ID:qYg

+続き+
「そうだ!未来さんしってます?」
「なにが?」
学校が見えてきたころ、陵がおもいだしたかんじにいうけど主語がないからわかりませんよ?陵……。
「あっ!すみません!!!……えっとー、転校生が僕達のクラスに来るっていう噂を昨日きいたんですよ」
えっ!?まじ?しらなかった……。
その子、女の子なのかな??
「噂ですけど、そうらしいです。どんな人がくるんでしょうね?」
「ねっ!」
私は、これから、何が起こるかもしらずに陵とはなしていた。

73:-miku- ◆0w8k:2013/09/15(日) 18:04 ID:Z8.

うまっ!!!

74:ニーちゃん ◆jMew:2013/09/15(日) 18:06 ID:qYg

うまくないー!!

75:-miku- ◆0w8k:2013/09/15(日) 18:06 ID:Z8.

うまいよー!

何歳?
私13

76:ニーちゃん ◆pa4g:2013/09/15(日) 18:08 ID:qYg

同い年だぁ!!!!*(°o°)///

77:-miku- ◆0w8k:2013/09/15(日) 18:09 ID:Z8.

え、まじかー!!

偶然!

78:ニーちゃん ◆Jr8Q:2013/09/15(日) 18:11 ID:qYg

ねっ!なんとおよびすれば?

79:-miku- ◆0w8k:2013/09/15(日) 18:12 ID:Z8.

「きさらん」で。
「みく」でもいいお!

ニーちゃんって呼んでもいい?

80:ニーちゃん ◆7eWg:2013/09/15(日) 18:15 ID:qYg

じゃあ、きさらんで!よろしくっっ!
いいよん

81:-miku- ◆0w8k:2013/09/15(日) 18:16 ID:Z8.

ありがとー!


私もスレつくろうかな〜

82:ニーちゃん ◆eh2I:2013/09/15(日) 18:17 ID:qYg

えっ!つくったらいくよ!そっち

83:-miku- ◆0w8k:2013/09/15(日) 18:18 ID:Z8.

え、来てくれるの!?
ありがとー!

じゃあ、私つくるね!

84:うん!:2013/09/15(日) 18:19 ID:qYg

なまえおしえてれ!

85:-miku- ◆0w8k:2013/09/15(日) 18:22 ID:Z8.

1、あやかし緋扇小説

2、あやかし緋扇気ままな小説


どっちがいい?

86:ニーちゃん ◆ZwNg:2013/09/15(日) 18:22 ID:qYg

1で!

87:-miku- ◆0w8k:2013/09/15(日) 18:23 ID:Z8.

らじゃ!

つくってくるね!!

88:はーい!:2013/09/15(日) 18:25 ID:qYg

ニーちゃん

89:ニーちゃん ◆k0Ts:2013/09/15(日) 18:37 ID:qYg

+続き+
あっ!さくらちゃん!
「未来、陵くん、おはよーさん!」
「おはよぉ!」
「さくらさん、龍羽くん、おはようごさいます」
「おはよう」
「あっ!未来達きいたかー?転校生きるっちゅーはなし」
うっ。もしかして、しらなかったのつて私だけ!?

90:-miku- ◆0w8k:2013/09/15(日) 18:37 ID:Z8.

ああああああ、ミスった。
間違えて、書き込み押してもーた。

91:冬花:2013/09/15(日) 19:13 ID:xGE

私もいっていいですか!?
きさらんさん!

92:-miku- ◆0w8k:2013/09/15(日) 19:20 ID:Z8.

さんずけ、いいお

いいお〜

93:ゆめ:2013/09/15(日) 19:36 ID:qr2

冬花さん、ニーちゃんさん、梨花さん、
超うまいです!!!!
小説発売できるんじゃないんですかo(^◇^)o
続き楽しみにしてます!

94:ニーちゃん ◆AgnM:2013/09/15(日) 19:38 ID:qYg

出来ないよ!冬花と、梨花はできるね♪

95:冬花:2013/09/15(日) 19:42 ID:xGE

そんなにうまくありませんよ〜!

96:ニーちゃん ◆AgnM:2013/09/15(日) 19:57 ID:qYg

+続き+
「では、転校生を紹介する!はいってこい!」
どんな子だろ?ワクワクするなぁ。
教室にはいってきたのは、黒髪でロングの女の子だった。
「かわいいー!」
「俺、惚れたかも!」
なんて言葉が教室をとびかっている。

[えっと、転校生の名前何がいいですかね?みよじなんですけど。名前は、麻未(あさみ)です。]

97:冬花:2013/09/15(日) 20:01 ID:xGE

未来、風邪編の続きです!
ピンポーン
来た!
走って、玄関に行く
あ 声出ないんだった!メモメモ……
ガチャ(開けた音)
陵「未来さん!大丈夫ですか!?」
陵…心配してくれてる…しなくていのに…
未来メモ(陵、心配しなくていいよ)
あたしはメモに書く
陵「だめです!心配しますよ!
早く部屋にいきましょう!」
陵はあたしをお姫様だっこする
未来メモ(陵!大丈夫!歩けるよ!)
陵は抱く力を強くして
陵「心配なんです!!」
なっ…!!かああああぁっ//////
部屋到着
未来メモ(陵、ありがとう)
陵「いえ、心配でしたから
とりあえず、寝てください」
うん…ってえええぇ!?
陵の目の前で寝れるかっつーの!
未来メモ(無理だよ!陵の前でねれない!!)
陵「じゃあ、僕は、おかゆ作ります!
台所借りますね」
未来メモ(ありがとう おやすみ)
陵「はい」
10分後
寝れない…喉痛いし、頭いたい…
未来「ううぅぅ…」
あたしは唸った 陵がそばにいなくてなんか寂しくて…
陵「未来さん 大丈夫ですよ 僕がいます」
その言葉であたしの体は軽くなった
陵、ありがとう…
未来「陵、大好きだよ…」
すぅ…
あたしは寝た 今度はすぐに
陵「……うぅっ…未来さん…可愛いすぎです……/////」
そして陵は未来にキスした

次の日
あたしは陵のおかげでなんとかなった
起きたとき、陵の顔が赤かったのは、分かんないけど、やっぱり
陵がそばにいないと、あたしはだめだな…
終わり
どうですか…?
短くてすみません!

98:冬花:2013/09/15(日) 20:04 ID:xGE

ニーちゃん>麻未 秋(あき)はどうですか?

99:いいね!ありがとぉ!:2013/09/15(日) 20:11 ID:qYg

ニーちゃん

100:冬花:2013/09/15(日) 20:12 ID:xGE

使ってもらえますか?^ ^

101:冬花:2013/09/15(日) 20:13 ID:xGE

☆★祝!100!!★☆
皆さんありがとうございます!!

102:ニーちゃん ◆WE4I:2013/09/15(日) 20:16 ID:qYg

放課後
「未来ちゃん!一緒にかえろ?」
転校生……じゃなかった。麻未秋ちゃんと友達になった。
「あっ……ごめん。陵と帰るから」
「じゃあ、私も一緒に帰っていい?神山くん!」
「ええ。いいですよ^^」
えっ、陵okしちゃうの?ちょっと、かなしいかも。
「じゃあ、いこー!」
そういいながら、私をみてきたその目は自信に満ちた顔だった。

103:ニーちゃん ◆NF76:2013/09/15(日) 20:17 ID:qYg

おめでとう!!!

104:ニーちゃん ◆NF76:2013/09/15(日) 20:17 ID:qYg

おめでとう!!!

105:冬花:2013/09/15(日) 20:19 ID:xGE

使ってくれてありがとう!!
敬語じゃなくていいかな?

106:冬花:2013/09/15(日) 20:21 ID:xGE

お風呂いってくるね
30分には来るね!

107:うん!:2013/09/15(日) 20:25 ID:qYg

ニーちゃん

108:冬花:2013/09/15(日) 20:33 ID:xGE

ちぃーっす
何か書いてほしいリクエストない?

109:さくらの恋の話!:2013/09/15(日) 20:34 ID:qYg

ニー

110:冬花:2013/09/15(日) 20:34 ID:xGE

ok!
ちょっと髪乾かすから、待ってて!

111:ニーちゃん ◆fsmg:2013/09/15(日) 20:35 ID:qYg

返信はやっ!
ok

112:冬花:2013/09/15(日) 20:36 ID:xGE

だはは…
さくらの彼氏の名前はどうすればいいかな?
うーん…
ニーちゃん考えてくれない?

113:ニーちゃん ◆VsVc:2013/09/15(日) 20:52 ID:qYg

高塚 隼人(たかづか はやと)は?
妹に聞いたら、こういったんで。

114:冬花:2013/09/15(日) 20:53 ID:xGE

ニーちゃんok!
次に書くね!

115:ニーちゃん ◆kFtc:2013/09/15(日) 20:55 ID:qYg

たのしみ〜♪ワクワク

116:冬花:2013/09/15(日) 21:07 ID:xGE

書きます!さくら目線だよ
〜さくら恋をする〜
うちは、さくら
うちなんかに彼氏なんかできるわけないと思ってたんや
別にいらなかったんや
でも、あの男子にあってからー…
未来「陵!帰ろ!」
陵「はい!さくらさん、また明日」
さくら「うん ほなまた明日」
2人は、付き合っているんや
うちは、恋なんか…
「さくらざき」

後ろから声がした
男子が立っていた
その男子は、高塚 隼人
黒の髪の毛に、青色の瞳
今年に転入してきた男子
さくら「なんや?」
隼人「今日、日直だよな」
さくら「せや!そうやったわ!!」
黒板をダッシュで消して、窓のところで黒板消しをポンポンしていた
その時
ヅルッ
え…
窓から落ちそうになった
隼人「さくらざき!パシッ(腕をつかんだ)」
なんか、暖かいわ…
!?抱き締められてるんか!?
かあああぁっ////
バッ
さくら「ごめんな!助けてくれてありがとさん!!」
いま、うちドキッてした?
なんか、心が熱い…
続く!
こんなんでいいかな?
ニーちゃん、どう!?

117:-miku-:2013/09/15(日) 21:09 ID:Z8.

うまああああああああ、いね!!

118:冬花:2013/09/15(日) 21:09 ID:xGE

きさらんさん、ありがとう!

119:-miku-:2013/09/15(日) 21:10 ID:Z8.

きさらんでいいよ
さんはいらないok?

120:冬花:2013/09/15(日) 21:11 ID:xGE

うん!
きさらんも、冬花でいいよ♪

121:-miku-:2013/09/15(日) 21:13 ID:Z8.

らじゃーゞ
冬花、何歳?

122:ニーちゃん ◆YciM:2013/09/15(日) 21:13 ID:qYg

すごぉぉぉい!!!続きみたい!どうなるの??

123:冬花:2013/09/15(日) 21:16 ID:xGE

わたしは、11さいだよ!
次に続き書くね!

124:ニーちゃん ◆ZwNg:2013/09/15(日) 21:17 ID:qYg

そうなんだー!年下っすね

125:-miku-:2013/09/15(日) 21:23 ID:Z8.

後輩だー!

126:冬花:2013/09/15(日) 21:27 ID:xGE

続き!
〜次の日〜
隼人だっけ?あの人になんか会いたいわ…
なんでやろ…いつもそんなこと考えとらんのに…
隼人「さくらざき」
さくら「なななななんやっ!?」
緊張しすぎや!
隼人「昨日はごめん 抱き締めちゃって」
え…嫌だったんか?って当たり前やん
すきでもない人を抱き締めちゃったんやもんな…
さくら「うちこそ…ごめんな」
笑顔でごまかして逃げた
うちは、何を悲しんどるんや!別にええやん…
未来「さくらちゃーん どうしたの?」
さくら「未来ぅ!?」
未来「なんか悲しそうだったから」
別に気にせんでええのになぁ…
さくら「なんでもあらへんのや」
未来「そう…でも!あたしたちは、親友でしょ!
何でもいっていいんだよ!」
未来…なんてて優しいんや
さくら「あのな…うち、昨日窓から落ちそうになったんや
やけど、隼人が助けてくれていつの間にか抱き締められとって…
でも、それがなんか嬉しくて…
今日の朝、ごめんと言われて悲しかったんや…」
未来「さくらちゃん!それってもしかして!!」
さくら「なんや!?」
未来「隼人に恋したんだ!」
えええぇっ!?
続く!
こんな感じでいいのかな?

127:冬花:2013/09/15(日) 21:28 ID:xGE

年下だったんだ…わたし…
じゃあ、ニーちゃん先輩と、きさらん先輩!だね!

128:-miku-:2013/09/15(日) 21:36 ID:Z8.

あ、なんか、ピーンときたww
きさらん先輩かぁー…
いいねっb

129:ニーちゃん ◆U6ak:2013/09/15(日) 21:39 ID:qYg

先輩ってよばれるのはじめて!

130:冬花:2013/09/15(日) 21:45 ID:xGE

先輩2人さん!さっきの小説どうですか!?
あってますか?さくらの恋で…

131:ニーちゃん ◆6G7.:2013/09/15(日) 21:47 ID:qYg

うん!おもしろい♪あってるとおもうよ!

132:冬花:2013/09/15(日) 21:52 ID:xGE

ニーちゃん先輩!ありがとうございます!
明日の朝続き書くね!

133:冬花:2013/09/15(日) 21:56 ID:xGE

ニーちゃん、きさらん
おやすみ!!また明日ね!

134:ニーちゃん* ◆JPkE:2013/09/15(日) 22:01 ID:qYg

おやすみ!明日!

135:-miku-:2013/09/15(日) 22:07 ID:Z8.

おやすみ!

136:冬花:2013/09/16(月) 06:25 ID:xGE

おはようー!
続きだよ!
うちは、恋をしたんか?
でも…うちなんか…好かれへんのや…
さくら「でもな、未来 うちは、好かれへんのや」
未来「大丈夫!いつも通り話しかけて!」
さくら「分かったわ…」
〜教室〜
隼人「さくらざき!どうしたんだ!?
さっき、逃げて…」
げっ!今聞かれたら> <
さくら「ごめんな なんかうち、変になってしもたんや…」
隼人「体調悪いのか!?保健室いくぞ!」
隼人、なにいうとんのや!
隼人は、うちをお姫様だっこする
さくら「隼人!うちはあるけるけぇ!」
隼人「だめだ!つれていく!」
バカや…隼人…
うちは、本当に隼人のこと好きになってしもたんやな…
さくら「隼人、ありがとな…」
さくらは、隼人に向けて笑った
隼人「なっ!別に…(かあぁぁぁっ)///////
そんなことをいっていると、保健室についた
隼人「さくらざき、ここで寝ていろよ」
さくら「そんな!うちはだいじょうぶやけぇ」
隼人「だめだ!寝ていろ!」
心配してくれてるんかな
でも、うちなんかに…
さくら「じゃあ、ねさしてもらうで……」
寝た
隼人「寝顔…可愛い…
さっきも、さくらざきの笑顔見て、ドキッとしたよな…」
もしかして…
続く!

137:由真:2013/09/16(月) 07:34 ID:wmc

冬花s
昨日ミナsのスレにいた由真です
覚えていますか?
あと、うちも入れてください。

138:冬花:2013/09/16(月) 08:36 ID:xGE

由真さん!
覚えてるよ!
入って入って!!

139:冬花:2013/09/16(月) 08:49 ID:xGE

わたしのこと、冬花でいいからね〜

140:由真:2013/09/16(月) 08:51 ID:wmc

冬花s
覚えててくれてありがとう
あと皆さん
うちは、タメでいいからね♪

141:由真:2013/09/16(月) 08:55 ID:wmc

冬花
早く小説の続きがみたいよー!
(焦らせたらごめん)

142:冬花:2013/09/16(月) 10:00 ID:xGE

うん!いまから書くね!

143:冬花:2013/09/16(月) 10:18 ID:xGE

続きだよ!
隼人目線
もしかして…
いやいや!俺がそんなこと…
とりあえず、授業あるから教室戻ろう
〜教室〜
先生「数学の授業を始める!」
なんか頭にさくらざきのことしかない…
先生「高塚!聞いてるのか!!」
隼人「あ!えーと…」
やべぇ…聞いてない…
先生「聞いとけ!」
隼人「はい…」
久しぶりだ 怒られたの…
さくらざき…
ー休み時間ー
保健室いこうかな…
ガラッ
さくら「隼人?いたんか」
隼人「さくらざき!?大丈夫か!?」
さくら「大丈夫やで ありがとな 隼人」ニコ
っ!!かあああぁっ/////
だめだ…やっぱり…
好きなのかも…さくらざきの事…
さくら「どうしたんか?隼人」
隼人「なんでもない!教室戻ろう」
さくら「うん いくけぇ」
〜昼休み〜
はぁ…本当に好きなのか?
俺は…さくらざきのことを…
陵「隼人さん」
隼人「うっわわわっ!!」
なぜこいつが?
陵「なんか悩んでいるような気がして」
そうか…わかったのか…
隼人「あのな…俺、さくらざきに会いたいって思うんだ…
だから恋なのかって…」
陵「好きということですね それ」
隼人「おそらく」
陵「では、気持ちを伝えた方がいいです!!」
隼人「告白ってことか!?」
陵「そうです」
隼人「どうやって?」
陵「自分なりに」
はぁっ!?自分なりって…
まぁ、考えよう
隼人「ありがとう 神山」
陵「はい 頑張ってくださいね」
続く!
多分次で最後かも!
こんなんでいいかな?

144:由真:2013/09/16(月) 11:14 ID:wmc

冬花
めっちや小説上手いね!
次も頑張ってね!ファイト!

145:冬花:2013/09/16(月) 11:18 ID:xGE

ありがとう!!
1時頃にかくね!

146:ニーちゃん ◆t0os:2013/09/16(月) 11:20 ID:qYg

こんにちはだね!
まさかの両思い!?どうなるのー?たのしみ**(^v^)*//////
由真よろしくね!あっ!ためokだからねー!

147:冬花:2013/09/16(月) 11:21 ID:xGE

ニーちゃん、おはよ!

148:ニーちゃん ◆It7A:2013/09/16(月) 11:31 ID:qYg

おはよ!なのかなぁ?

149:由真:2013/09/16(月) 11:32 ID:wmc

ニーちゃん
4649ね〜♪
うちも、タメでいいからね!

150:冬花:2013/09/16(月) 11:32 ID:xGE

あ!こんにちはかも…
ニーちゃん、由真
こんにちは!!

151:& ◆kv9.:2013/09/16(月) 11:47 ID:qYg

+続き+
うー。暇だよ……。
いつもは陵と話してるんだけど、今日は秋ちゃんと喋ってるから……。
つてか、秋ちゃんがときより、こっちみて、ニヤニヤしてるだよねー。
「秋ちゃん、何?」
意を決して聞いてみた。
「なにがぁ?」
「未来さん?どうかしましたか」
「秋ちゃん、さっきから私みて、ニヤニヤしてるでしょ?」
そういったら、泣き出した。
「ニヤニヤしてるのは、そっちでしょ!?私、ずっと神山くんと話してたの!!」
「そうですよ。」
「未来ちゃんは、私達がお似合いだとおもってるんでしょ!?」
「「えっ」」
私と陵のこえが揃った。
なにいってるわけ!?私はそんなこと……。
「未来さんは……」
陵…………?
「未来さんは、僕をきらいなんですね!」
なんで……?そんなこといってないのに。
秋ちゃんは、陵にみてないような感じでわらっていた。

152:ニーちゃん ◆spAQ:2013/09/16(月) 11:48 ID:qYg

ok♪

153:冬花:2013/09/16(月) 12:10 ID:xGE

暇だから、書くね!
続き!
さくらざき…さくらざき…
いた!
唐沢と話してるな…でーい!
隼人「ごめん 唐沢 さくらざき借りるぜ」
グッ腕を掴む
未来「あ!じゃあね!さくらちゃんがんばれ(小声)」
さくら「隼人!?どしたんか!?」
隼人「さくらざき…」
プールの横
ここは人通りがないため、誰にも見られない
隼人「あのな…さくらざき」
さくら「なっなんや?」
隼人「俺、さくらざきのことが好きだ」
さくら「!?」かあぁっ/////
隼人「俺は、人を好きになることはなかった
けど…さくらざきの心を知ってお前を好きになれた」
さくら「隼人…」
隼人「だから、俺と付き合ってくれないか?さくら…」
さくら「っ!」
ギュウッ!
さくら「うちも、隼人のことが好きや!」
そして抱き合った
そして…キスをした
さくら「これからずっと一緒やて」
隼人「あぁ!もちろん!」
ガサッ
未来陵「おめでとう!!」
さくら「未来!?陵くん!?おったんか!?」
隼人「神山!?見てたのかよ…」
未来「とりあえず、おめでとう!」
陵「はい♪おめでとうございます」
さくら「未来ぅ!後で説教や!!」
未来「ごめん〜〜!!」
陵「隼人さんよかったですね」
隼人「あぁ お前たちのおかげだ」
陵「お幸せに!」
終わり!
どうだった?
リクエストあったら書くよ〜

154:冬花:2013/09/16(月) 12:14 ID:xGE

昼ご飯食べてくるね

155:ニーちゃん ◆Jr8Q:2013/09/16(月) 12:16 ID:qYg

きゃー♪ついにくっ付いた!龍一人じゃんwwリクエストねぇ。かんがとく

156:冬花:2013/09/16(月) 12:34 ID:xGE

龍1人…かわいそう…
でも、龍は未来が好きだよね

157:さくら ◆dI9.:2013/09/16(月) 12:38 ID:qYg

じゃあ、龍と未来がいい!

158:ニーちゃん ◆FcVA:2013/09/16(月) 12:38 ID:qYg

↑うちね!なりのままだった

159:冬花:2013/09/16(月) 12:41 ID:xGE

龍と未来が付き合う話?

160:ニーちゃん ◆8b7M:2013/09/16(月) 12:44 ID:qYg

うん。

161:由真:2013/09/16(月) 12:53 ID:wmc

うちも、龍と未来が付き合う話みたい

162:冬花:2013/09/16(月) 12:54 ID:xGE

陵はどうなるの?

163:ニーちゃん ◆CgQA:2013/09/16(月) 12:56 ID:qYg

さくらとつきあうとか!
理由つきで!

164:冬花:2013/09/16(月) 13:02 ID:xGE

ok!最後はどうなればいい?

165:冬花:2013/09/16(月) 13:38 ID:xGE

書くよ!
龍目線で
〜龍、未来と付き合う〜
俺は、龍 龍羽だ
未来が好きだけど、未来は振り向いてくれない
だから俺は好かれるように努力している
今日は、未来を誘って水族館へ来た
未来「龍!見てみて!イルカがいるよ
かわいい!」
龍「だな でも未来の方が可愛いぞ」
未来「なっ!龍なにいってんの!次行くよ!!」
つい口から…
まぁいいか 未来ちょっと顔赤くなってたしな
未来「龍!早く〜!イルカのショー見に行こうよー」
龍「あぁ」
未来の方が可愛いのにな…
〜座った〜
陵「あ 龍くんこんにちは
偶然ですね」
げっ!こいつらここに来ていたのかよ…
さくら「龍もきとったんか〜」
こいつら2人は、ラブラブ2人組だ
未来「あ 神山…とさくらちゃん!」
さくら「未来!イルカのショーきとったんか」
未来「神山となんで…あ!付き合ってるんだったね!」
陵「はい 未来さんも来てたんですね」
龍「まぁな 今、未来とデート中だ」
未来「ちょっ龍!」
未来が陵と話しているのを見るとムカつくからな…
続く!
こんなんでどうかな!?
あってる…?

166:由真:2013/09/16(月) 13:50 ID:wmc

冬花
めっちゃじょうず
続き楽しみにしてるね!

167:karenn:2013/09/16(月) 13:50 ID:vBM

いーれーてっ!

168:冬花:2013/09/16(月) 13:57 ID:xGE

karennさん>いいよ!入って!
由真>うん!ありがとう!

169:由真:2013/09/16(月) 14:07 ID:wmc

karennさん
よろしくね!うちは、タメでいいからね♪

170:冬花:2013/09/16(月) 14:16 ID:xGE

karennさん、わたしも、タメokだよ!
冬花でいいからね♪

171:ニーちゃん ◆ud.6:2013/09/16(月) 14:53 ID:qYg

karennさん、宜しくね!
あっ、呼びタメでいいよん

172:冬花:2013/09/16(月) 14:53 ID:xGE

続き!
未来「あ!龍!イルカのショーが始まったよ!」
龍「おい!未来前にいきすぎだっ!」
未来「え?」
バシャン!イルカが跳ねた音
未来「水がかかる!!」
ギュッ!未来を抱き締める
未来「え?龍?」
龍「大丈夫か?ぬれなかったか?」
龍はビッショビショ
未来「っ!…ありがとう/////龍、着替えどうするの?」
あ、考えてなかった
龍「このままで…」未来「だめっ!」
龍「え?」
未来「いえ帰ろっ!早く!」
龍「………ありがとう未来」
ドキッ!
未来「ととととりあえず!いえ帰るよ!」
龍「あぁ」
〜桜咲家到着〜
未来「龍は、シャワー浴びてきて
服洗うからさ」
龍「ありがとう」
〜お風呂〜かぽーんw
やっぱり俺は未来が好きだな…
優しい…未来は、どうなんだろう…
洗面所
ふぅ…洗い終わったぁ〜
あたし、さっき龍の笑顔にドキッてしたっけ…
もしかして…好きなのかな…
続く!
こんな感じでいいかな?

173:karenn:2013/09/16(月) 14:58 ID:vBM

たまにしかこれません

174:ニーちゃん ◆Lh3o:2013/09/16(月) 14:59 ID:qYg

グッチョブ!

175:ニーちゃん ◆Lh3o:2013/09/16(月) 15:00 ID:qYg

okだぜ!

176:冬花:2013/09/16(月) 15:02 ID:xGE

ニーちゃんありがとう!

177:冬花:2013/09/16(月) 15:03 ID:xGE

karennさんok!

178:冬花:2013/09/16(月) 15:21 ID:xGE

後で続き書くね!

179:karenn:2013/09/16(月) 15:25 ID:vBM

OK

180:由真:2013/09/16(月) 15:33 ID:wmc

誰かいますか?

181:karenn:2013/09/16(月) 15:38 ID:vBM

いますよ

182:ニーちゃん ◆dNro:2013/09/16(月) 15:41 ID:qYg

お昼ご飯タベテタw
いっるよーん!

183:冬花:2013/09/16(月) 15:43 ID:xGE

いるよーーっ!

184:由真:2013/09/16(月) 15:54 ID:wmc

みんなは何年生?

185:冬花:2013/09/16(月) 15:58 ID:xGE

わたしは、小学6年生だよ!

186:karenn:2013/09/16(月) 15:59 ID:vBM

5

187:ニーちゃん ◆l7Vw:2013/09/16(月) 16:14 ID:qYg

中1

188:由真:2013/09/16(月) 16:20 ID:wmc

うちは、karennと同じ小5だよ!

189:冬花:2013/09/16(月) 16:28 ID:xGE

みんなほぼバラバラだね

190:ニーちゃん ◆5isU:2013/09/16(月) 16:31 ID:qYg

私だけ、中学生!?

191:冬花:2013/09/16(月) 16:34 ID:xGE

かもねw

192:冬花:2013/09/16(月) 16:39 ID:xGE

続きかいていい?

193:ニーちゃん ◆Y8mI:2013/09/16(月) 16:42 ID:qYg

(._. )シクシク
いいよ!

194:由真:2013/09/16(月) 16:43 ID:wmc

いいよ!ていうか、早く書いてほしい

195:冬花:2013/09/16(月) 16:46 ID:xGE

ニーちゃん>泣いてるの!?どうした!?
由真>次に書くね〜!

196:R^:2013/09/16(月) 16:47 ID:wmc

ニーちゃん
一人だけ中学生だけど皆、年は近いからきにしなくていいよ!
冬花
小説楽しみにしてるね!

197:冬花:2013/09/16(月) 16:48 ID:xGE

うん!
小説かくね〜

198:由真:2013/09/16(月) 16:49 ID:wmc

196はうちです。

199:冬花:2013/09/16(月) 17:00 ID:xGE

続きだよ☆
龍目線
俺…未来に想いを伝えた方がいいのか…
いや!言わなければ!!
ダッシュで着替えて未来のところへいく
龍「未来!」
未来「うわっわわわっ!どうしたの?」
龍「俺…」
未来「何?もしかして寒い?もっと厚いものを…」
龍「俺は、未来のことが好きだ」
未来「龍…」
龍「俺は小さい頃から己の意志を捨ててきた
だからこんな感情を知らなかったんだ」
未来「龍…大変だったんだ…」
龍「でも、未来にあってから好きという気持ちを持った」
未来「あたし…?」
龍「あぁ だから未来は優しい 付き合ってほしいんだ」
ぎゅ…っ(未来を抱き締める)
未来「りゅ…」
俺は我慢できず…キスをしてしまった
未来「ん…」
龍「未来…」
未来「あたしも、龍のことが好きだよ」
未来は、思いっきり笑っていった
未来はやっぱりすごく綺麗だ…
終わり
どうかな!?
うまくいった…?

200:冬花:2013/09/16(月) 17:01 ID:xGE

★○祝200!○★
みんなここまでありがとう!!

201:瑛莉 ◆4JjM:2013/09/16(月) 17:07 ID:tJg


>>1 

初めまして*

入っても良いですか。

202:冬花:2013/09/16(月) 17:27 ID:xGE

いいよ〜!!

203:由真:2013/09/16(月) 17:33 ID:wmc

200おめ(\\嬉//)

204:冬花:2013/09/16(月) 17:34 ID:xGE

由真〜〜!
リクエストない〜?

205:由真:2013/09/16(月) 17:40 ID:wmc

冬花
リクエストあるよ。あのね未来と陵の結婚式

206:由真:2013/09/16(月) 17:45 ID:wmc

リクエスト
未来(みらい)編
205番で書いたリクエストか今書いたリクエストがいいな?

207:ニーちゃん ◆/5i.:2013/09/16(月) 17:50 ID:qYg

200おめ!
冬花、ありがとぉ!
≫由真
結婚式いいね!

208:冬花:2013/09/16(月) 17:56 ID:xGE

じゃあ、まず結婚式書いて、未来編書こうかな?

209:由真:2013/09/16(月) 18:04 ID:wmc

冬花
リクエスト聞いてくれてありがとう♪

210:瑛莉 ◆4JjM:2013/09/16(月) 18:07 ID:tJg


>>202

有難う御座います*

211:冬花:2013/09/16(月) 18:17 ID:xGE

6時半頃でいいかな?書くの
210>>何て読むの?難しい…

212:-miku- ◆0w8k:2013/09/16(月) 18:18 ID:Z8.

やほー!

213:冬花:2013/09/16(月) 18:22 ID:xGE

あ!きさらん!
やっほー!

214:-miku- ◆0w8k:2013/09/16(月) 18:25 ID:Z8.

きさらんだよっ☆←

215:冬花:2013/09/16(月) 18:39 ID:xGE

やほっ!
小説かくねー

216:ニーちゃん ◆/5i.:2013/09/16(月) 18:42 ID:qYg

楽しみだな!

217:ニーちゃん ◆/5i.:2013/09/16(月) 18:42 ID:qYg

楽しみだな!

218:由真:2013/09/16(月) 18:42 ID:wmc

冬花
小説楽しみ〜!

219:冬花:2013/09/16(月) 18:50 ID:xGE

書くよっ!
〜未来と陵の結婚式〜
未来「陵〜〜!そろそろ着替える時間だよ〜!」
陵「はい!今行き来ます」
今日は、あたしたちの結婚式!
お金を稼いで稼ぎまくって
やっとできた〜…
未来「早く!」
陵「はい!!」
さくらちゃんも龍も来てくれるみたいで、緊張するけど陵もいるからね
〜更衣室〜
美容師「神山さん 綺麗ですね ドレス♪」
未来「あ、ありがとうございます…」
今頭には陵のことしか思いつかない
陵絶対かっこいいよな〜…
美容師「終わりましたよ神山さん」
髪は、横に高く結んでもらった
綺麗…
美容師「神山さん、陵さんに会いに行きますよ」
未来「はっ…はい!」
続く!
こんな感じでいい?
由真いい?

220:ニーちゃん#:2013/09/16(月) 18:53 ID:qYg

きゃ〜〜〜〜!!!!神山未来!?めちゃめちゃいい〜!!!!!

221:冬花:2013/09/16(月) 18:54 ID:xGE

ニーちゃんありがとう!!
お風呂入って来るね!

222:ニーちゃん ◆vmeg:2013/09/16(月) 19:08 ID:qYg

はーい!私も、ご飯たべてくる。

223:冬花:2013/09/16(月) 19:20 ID:xGE

ただいまーっ!

224:R^:2013/09/16(月) 19:24 ID:wmc

冬花>めっちや×100じょうず!
続きも頑張って(ファイト!)
みんな、何県に住んでる?

225:由真:2013/09/16(月) 19:26 ID:wmc

224うちです

226:ニーちゃん ◆nuuE:2013/09/16(月) 19:47 ID:qYg

ただいまなのだ!
えっと、神奈川県かな。

227:冬花:2013/09/16(月) 19:53 ID:xGE

由真ありがとう!
鹿児島県だよ!
続き次にかくね!

228:由真:2013/09/16(月) 20:03 ID:wmc

ちなみにうちは、愛知県だよ!

229:ニーちゃん ◆G0a.:2013/09/16(月) 20:03 ID:qYg

以外と遠いのね!

230:冬花:2013/09/16(月) 20:12 ID:xGE

続きだよーん←?
カチャ…
陵がきた
陵「未来さ…綺麗です!!すごくすっごく!!!/////」
未来「あ…ありがとう…/////」
担当さん「神山さん そろそろお時間ですよ」
未来陵「はーい」
あたしが行こうとすると…
ガシッ
!?
未来「りょ…」
顔が近づいて…キス!?
未来「りょぉ…早いよ…」
陵「つまみ食いです♪」
なっ…!
陵「いきましょう!未来!」
未来…初めて言われた…陵に…
未来「うん!」
リンゴーン リンゴーン リンゴーン
男の人(わかんない…)「新郎・神山陵殿 病のときも苦しいときも未来を妻として愛することを誓いますか?」
陵「誓います…」
男の人「新婦・唐沢未来殿 あなたは病の時も苦しいときも陵を夫として愛することを誓いますか?」
未来「誓います」
男の人「では、誓いのキスを…」
陵「はい」
キスをして
外へ出る
さくら「未来!陵くん!結婚おめでとう!!」
龍「おめでとう…」
未来「ありがとう!」
未来母「未来!幸せになってね!」
未来「うん!お母さん!」
未来父「未来っ…幸せになっ…」
未来「ありがとう!」
陵母「陵!美人お嫁さんとお幸せに!」
陵「母さん…」
陵父「はっはっはっ!おめでとう陵!」
陵「ありがとうございます!」
ブーケを投げる
「わああああぁっ」
さくらちゃんがゲット☆
さくら「未来!幸せにな!!」
そして、楽しい結婚式が終わった
続く!
けど次は未来編だよ☆
明日?書くね!

231:ニーちゃん ◆0wEQ:2013/09/16(月) 20:17 ID:qYg

未来はいかに!!

232:冬花:2013/09/16(月) 20:28 ID:xGE

あしたもお楽しみにっ!w

233:ニーちゃん ◆wuEE:2013/09/16(月) 20:42 ID:qYg

明日、19:00ぐらいかな。くるの

234:~:2013/09/16(月) 20:46 ID:xGE

うん!待ってるよ〜!

235:冬花:2013/09/16(月) 20:47 ID:xGE

上の私だよーw

236:ニーちゃん ◆P19o:2013/09/16(月) 20:57 ID:qYg

ありがと!

237:冬花:2013/09/16(月) 21:04 ID:xGE

また明日ね!!

238:ニーちゃん ◆il0U:2013/09/16(月) 21:09 ID:qYg

うん!また明日♪

239:冬花:2013/09/16(月) 21:12 ID:xGE

おやすみなさ〜いっ!!

240:おやすみぃー:2013/09/16(月) 21:13 ID:qYg

ニーちゃん

241:おやすみぃー:2013/09/16(月) 21:14 ID:qYg

ニーちゃん♪

242:由真:2013/09/16(月) 21:51 ID:wmc

うちも寝るね♪おやすみ〜♪

243:ニーちゃん ◆LEOs:2013/09/16(月) 21:57 ID:qYg

お休み♪

244:冬花:2013/09/17(火) 06:19 ID:xGE

学校だけど、ダッシュでかくよ!
〜未来編〜
未奈「お母さん〜!外で遊んでくるね〜!」
未来「いってらっしゃい!」
陵とあたしは結婚して、子供がいます
1人目は、未奈(みな)
性格は、あたしに似たw
涼馬「お父さん!僕も行ってきます!」
陵「行ってらっしゃい」
ガチャ…
ということは…陵と2人きり!?
続く!
ごめん!学校だから、帰って来てから書くね!!

245:ニーちゃん ◆RXjA:2013/09/17(火) 06:43 ID:qYg

おはよ!了解ですぜ!!!
えっ。仕事いってないの?まさかのこども!

246:由真:2013/09/17(火) 07:01 ID:wmc

おはよ♪
冬花>学校行く前に書いてくれて
ありがとう♪

247:-miku- ◆0w8k:2013/09/17(火) 08:35 ID:Z8.

陵ニート!?

248:由真:2013/09/17(火) 16:56 ID:wmc

ヤッホー
学校終わったから来たよ!

249:由真:2013/09/17(火) 17:46 ID:wmc

誰か来て

250:ニーちゃん ◆Jr8Q:2013/09/17(火) 18:49 ID:qYg

はい…来ました…

251:冬花:2013/09/17(火) 18:53 ID:xGE

ニーちゃん!由真!
やっほー!!

252:ニーちゃん ◆OKcg:2013/09/17(火) 19:27 ID:qYg

やっほー!

253:冬花:2013/09/17(火) 19:33 ID:xGE

ねぇ、続き書いた方がいい?

254:ゆめ:2013/09/17(火) 19:37 ID:qr2

ヤッホー
いないうちにたくさん小説が(笑)

>>冬花
 どっちでもいいよ〜

255:ニーちゃん ◆Jr8Q:2013/09/17(火) 19:40 ID:qYg

かいて!

256:由真:2013/09/17(火) 19:48 ID:wmc

冬花小説書いて!

257:冬花:2013/09/17(火) 19:58 ID:xGE

ok!
前のは、少し間違えたから、もう一度最初からね♪
(未来編ね)

258:ゆめ:2013/09/17(火) 20:16 ID:qr2

キャー(嬉)
小説楽しみ!!

259:ゆめ:2013/09/17(火) 20:18 ID:qr2

頑張ってください♪

260:冬花:2013/09/17(火) 20:19 ID:xGE

ゆめさん>やほ〜!
みんな!
続きかくよっ!!
〜未来編〜
未奈「ママ!お腹空いた!」
未来「また〜?未奈、今日おやつ何個目?」
未奈「いいでしょ!!あ〜ポテチポテチ♪♪」
あたしと陵は、20歳で結婚した
竜馬「お姉ちゃん!食べすぎると太りますよ!」
未奈「竜馬!私は太らない!」
陵「未奈」
未奈「パッパパ!!」
陵「たべすぎはいけませんよ!」
未奈「はぁ〜い…」
女の子は、未奈(みな)
男の子は、竜馬(りゅうま)
どっちもあたしたち2人の1文字をとって作った
相変わらず、陵と未奈は仲良しで陵は最近あたしのことなんかほったらかし…ちょっと妬ける…
竜馬「神社の掃除をしてきます!!」
未来「竜馬!ありがとう!」
あたしは夜ご飯の準備中
今日のご飯は、親子どんぶり!
竜馬が好きなんだよね…
未奈「パパ!!いっしょに遊ぼう〜!」
陵「はい 行きましょう未奈」
なんかあたしだけ1人…
シャッ…(料理中)
???「未来…」
続く!
どう?こんな感じでいい!?

261:由真:2013/09/17(火) 20:29 ID:wmc

冬花続き気になる〜!

262:冬花:2013/09/17(火) 20:38 ID:xGE

続き書いちゃっていい?

263:R^:2013/09/17(火) 20:48 ID:wmc

いいとも!

264:由真:2013/09/17(火) 20:49 ID:wmc

263うち

265:冬花:2013/09/17(火) 21:08 ID:xGE

書くよ〜〜!!
???「未来…」
!?
未来「誰!?」
振り替えると、陵がいた
未来「陵…?未奈と遊んでるんじゃ…」
陵「断りました」
え!?
未来「陵?どうしたの?いきなりあたしのとこにっ!?」
陵が抱きついてきた
未来「陵!?」
陵「すみません…未来を一人にして…」
未来「べっ…別に…」
陵「分かります!未来が悲しい顔をしているのは!
何年一緒に暮らしてると思っているんですか!」
そういえば…あたしたちは30歳だよね…10年か…
未来「悲しかったよ…陵はあたしのこと嫌いになったのかと思って!」
陵「僕が未来を嫌いになることはありません!!」
未来「りょ…」かああぁっ/////
顔が近づいて…キス……
未来「こんなときに…」
陵「未来と一緒なら、別に誰に見られたっていいです」
未来「陵…」
また、キスをした
10分後…
未奈「ママ!パパ!一緒に遊ばない?」
未来「うん!陵もね!」
陵「はい!」
竜馬「ボールで遊びましょう!」
あたしは、悲しくても、これだけは分かる
あたしは、陵に愛されている
だから何ごとも怖がらずに
これからも陵と一緒に歩いていく…
終わり!
こんなんでよかった?
リクエストあったらお願い!><

266:由真:2013/09/17(火) 21:12 ID:wmc

リクエスト
未来のやきもち
陵のやきもち
できたら上の2つかいて!

267:ニーちゃん ◆Jr8Q:2013/09/17(火) 21:12 ID:qYg

ラブゥラブゥ!
面白かったー!

268:冬花:2013/09/17(火) 21:12 ID:xGE

ok!
今日は、未来のやきもちを書くね!

269:冬花:2013/09/17(火) 21:13 ID:xGE

ライバルは誰にした方がいい?

270:冬花:2013/09/17(火) 21:28 ID:xGE

でーい!
書くよ!!
〜未来のやきもち編〜
あ〜…次科学かよ…めんどくさい〜!
??あれは?
陵「あははっ!ですね!」
あれ…陵だよね…すごく…笑ってる
さくら「未来〜?何見とんのや」
未来「……………」
あたしはただそれを眺めていた
さくら「あ〜あれやんな 陵くんの心霊研究同好会の先輩やな 女子の」
でもなんでそんなに笑うの?
あたしの前ではあんな笑顔出さないのに……
その女の人は背が高くてスタイルも良くて美人な人…
あれじゃ、陵が好きになるのも目の前だよね…
ううっ…
それしか考えられない!!
続く!
また明日書くね!

271:冬花:2013/09/17(火) 21:30 ID:xGE

おやすみ!
また明日ね☆

272:ニーちゃん ◆.mcE:2013/09/17(火) 21:40 ID:qYg

おやすみ♪明日〜♪

273:冬花:2013/09/18(水) 06:07 ID:xGE

続きは学校から帰って来てから書くね

274:冬花:2013/09/18(水) 18:23 ID:xGE

みんな!続きかいていい?

275:ニーちゃん ◆.mcE:2013/09/18(水) 18:26 ID:qYg

いいよ!

276:冬花:2013/09/18(水) 19:07 ID:xGE

あ!ご飯!
後でね!

277:冬花:2013/09/18(水) 20:13 ID:xGE

続きかくよん←?w
聖「おい 未来 何かんがえてんだよ」
未来「…………」
陵…あたしから離れていくの…?
そうなったらあたしはどうなるの?

龍と付き合う?
でも陵じゃないとだめ!
でも…離れていくのかな……
聖「未来!!」
未来「わわわっ!!聖!?」
聖「なにぼーっとしてんだよ」
未来「あははっ ごめん…」
陵のことしか考えられない…っ
(陵は別のクラス)
〜休み時間〜
陵「そうですね!!あはははっ!!」
やっぱり陵は女の人と話してる
離れていくのかな…!
未来「ううっ…陵っ…」
あたしは校舎の裏で泣いた
未来「っ…ひっく…っ…」
もうあたしは泣くことしかできなかった
そこに…

???「未来…なんで泣いているんだ…」
続く!
未来のやきもちから陵のやきもちへと繋がっていくよ〜!
明日続きはかくね★★

278:冬花:2013/09/18(水) 21:12 ID:xGE

おやすみ〜!

279:ニーちゃん ◆Jr8Q:2013/09/18(水) 23:42 ID:qYg

未来のはおもしろいねっ!おやすみ!続きゃが気になるわぁ。

280:冬花:2013/09/19(木) 06:06 ID:xGE

学校から帰ってきてからダッシュで書くからね!!!

281:-miku- ◆0w8k:2013/09/19(木) 15:53 ID:Z8.

おもろいやんっ!
昨日は、ありがと!

また通信しよーねー!

あと、続き早く早く!!

282:由真:2013/09/19(木) 16:58 ID:wmc

みんなってとびだせどうぶつの森って持ってる?

283:冬花:2013/09/19(木) 17:40 ID:xGE

きさらん!うん!
ごめん!宿題が!!
由真!
うん!!

284:冬花:2013/09/19(木) 19:15 ID:xGE

書くよ!!
未来「龍っ……」
ぎゅぅぅぅっ
龍「!?未来!?」
龍はすごく優しいな…
陵みたいに浮気しないし…
未来「龍っ…付き合って…っ」
龍「未来…?」
未来「あたしっ…陵に捨てられたっ」
龍「未来…あぁ もちろんだ…」
あぁ…もういっそ龍のことを好きになってしまいたい
陵のことなんか忘れたい
〜帰り〜
陵「未来さん!かえりま…」未来「龍!帰ろ!あ、おなかすいたからどっか食べにいこ!」
龍「あぁ カフェいくか」
未来「うん!いこっ☆」
陵「え…」
未来「さくらちゃん!また明日ね」
さくら「じゃあな未来」
そうして陵を無視し、教室を出た

〜カフェ〜
龍「未来本当によかったのか?」
未来「うん 龍といれてすっきりしたから…」
龍「そうか…ありがとう」
顔を近づけてキスをした
長い長い…
もう…陵なんか忘れてやる
未来「あたし、陵を忘れる 龍協力お願いね」
龍「あぁ」
続く!!
こんな感じでいいよね!?

285:-miku-:2013/09/19(木) 20:09 ID:Z8.

ああああああああ!!

こんなの、こんなのを見たかったよーー!
ふゆか!ありがと!

286:冬花:2013/09/19(木) 20:11 ID:xGE

きさらんありがとう!
お風呂入るから待ててw

287:-miku-:2013/09/19(木) 20:16 ID:Z8.

らじゃー><ゞ

288:-miku-:2013/09/19(木) 20:19 ID:Z8.

由真たんもってるよぉ〜!

289:冬花:2013/09/19(木) 21:25 ID:xGE

続き書くよ!
ー次の日ー
ウィーン…
未来「龍おは…」
陵「未来さんの送り迎えをしていたのはぼくです!!」
龍「お前は浮気をしたんだ
俺が未来を幸せにするんだ」
龍…陵と喧嘩してる…
未来「龍!行くよ!!」
龍「未来 おはよう」
陵「未来さん…?」
陵にはまた無視をして、学校へいった

〜学校〜
さくら「未来おはようさん」
未来「おはよー」
陵は別のクラスでよかった…
(龍とは同じ)
龍「未来…」
未来「龍!いいの!陵のことは気にしなくて!!
陵はあたしを捨てたの!」
龍「あぁ…」
龍は満足しないような顔をした
龍は、あたしと陵にまた付き合ってほしいのかな…
でもあたしは陵に捨てられた
陵を忘れなければならない!!

〜帰り〜
今日…陵を忘れられなかった
陵…今頃どうなってるんだろ…
またあの女の人と話してるのかな…

これって、あたしのやきもちじゃん…
うずうずしてていいのかな…
〜陵視点〜
未来さん…なぜ龍くんと?
龍くんのことが好き?
そう考えるとムカついてきます…

これって僕のやきもちでしょうか?
このままでは未来さんを奪われてしまいます…

陵&未来
だめだ
はっきり陵(未来さん)に言おう
続く!
短いかな?
次で終わるよ!

290:由真:2013/09/19(木) 21:33 ID:wmc

冬花
早く続き書いて!
あと自慢になっちゃうと思うけどうち児童会っていって学校の代表になったんだ!めっちゃうれしい♪

291:ニーちゃん ◆3WM2:2013/09/19(木) 21:38 ID:qYg

気になる〜(^v^)″/

292:冬花:2013/09/20(金) 06:07 ID:xGE

由真!今から書くよ!
すごい!!頑張ってね!
ニーちゃん次で終わるよ!

293:冬花:2013/09/20(金) 06:18 ID:xGE

続き!
はっきり言わないと…
陵…(未来さん)どこだろう…
〜庭〜
さすがにここにはいないよね…
人が少ないから…
スタスタ…
ん?
陵「未来さ…ん?」
未来「陵…」
陵「未来さん!僕のことをきらいになったんですか!?」
未来「違う!!陵が…陵が…っ」
陵「僕が?」
未来「他の女の人と一緒に
   すごく笑っていたから!!
   あたしなんかに見せない笑顔で!」
陵「それでしたか!すみません…
  それで龍羽くんと付き合ったのですね」
未来「あたしが陵に嫌われたかと思ったの!!」
陵「僕は未来さんを嫌いになりません」
未来「う…あたし…妬いてただけだったっ…ごめん」
陵「いいんです…僕も妬いてただけでした」
そしてキスをした
もうあたしは、陵から離れたりしない
終わり
学校行かないと!

294:冬花:2013/09/20(金) 18:44 ID:xGE

続き書こうかな〜…

295:冬花:2013/09/20(金) 18:44 ID:xGE

あ!続きじゃなくて、新しいのだったww
リクエストなーい?

296:ユリア:2013/09/20(金) 18:48 ID:JCI

あの、入って良いですか?あやかし緋扇知りませんが、よんで見たら、すごく面白いです!未来ちゃん可愛いね!

297:ニーちゃん ◆JPkE:2013/09/20(金) 19:58 ID:qYg

あるー!未来と陵のこどもの話かいてー!

298:ユリア:2013/09/20(金) 20:26 ID:JCI

ウンウン(*\∀/*)

299:ニーちゃん ◆.mcE:2013/09/20(金) 20:53 ID:qYg

ユリアsよろしく!ユリアってよんでいい?

300:ユリア:2013/09/20(金) 21:23 ID:JCI

いいよ!

301:ニーちゃん ◆Y8mI:2013/09/20(金) 21:31 ID:qYg

ありがとぉ!

302:冬花:2013/09/20(金) 22:27 ID:xGE

祝!300!いつの間にw
みんなありがとう!!
ユリアさん>うん!入っていいよ!
子供編書くね!
(明日)
子供て、未来と陵の小さい頃の?

303:ユリア:2013/09/20(金) 22:29 ID:JCI

多分そうだと思うけど…?

304:冬花:2013/09/20(金) 22:33 ID:xGE

明日書くね!
早朝からw

305:冬花:2013/09/21(土) 07:16 ID:xGE

書くよ!
いい?

306:ニーちゃん ◆JPkE:2013/09/21(土) 07:27 ID:qYg

いいよ!

307:冬花:2013/09/21(土) 07:53 ID:xGE

書くよ!
〜小さい頃編〜
小さい頃、陵とあたしは同じ幼稚園だった
多分あたしは、幼稚園の頃から陵が好きだったんだ
友達「未来ちゃん!お外であそぼ〜♪」
未来「うん!行こう!」
あたしはまだ泣き虫で弱かった
〜外〜
外で、友達とブランコで遊んでいた時だった
前に霊がいて、すごくビックリして
ブランコから落ちた しかも頭から
未来「ひぅぁぁぁぁぁ!!!」
あたしは泣き出した
友達は滑り台で遊びに行っていてあたしは1人だった
もういたくて立てなくて そんなとき

陵「未来ちゃん 大丈夫?」
といって肩を貸してくれた
未来「ありがとう陵くん…」

その恩を返したくて…
先生から聞いた 陵は体が弱いと
だから、あたしは陵を助けることにした
陵「うぅっ」
あれ?気分悪いのかな…
未来「陵くん 大丈夫?」
陵「大丈夫…っだよ」
全然大丈夫じゃないじゃん
未来「トイレまで我慢できるよね?」
陵「うん…」
未来「行こう!」
続く!
こんな感じでいい?

308:由真:2013/09/21(土) 08:58 ID:wmc

おはよう♪
冬花
冬花の小説いつ見ても飽きないよ♪
みんなは、今号のShoーComiかった?
あやかしひせんは、今号を合わせてあと3かいで最終回になるんだよ。
いやだよ〜↓

309:冬花:2013/09/21(土) 09:58 ID:xGE

由真>ありがとう!
買ったよ…終わるって悲しいね…
でも、この小説を書くのわたしはやめないよ!
あやかし緋扇小説は、まだまだ続くよ!

310:ユリア:2013/09/21(土) 17:47 ID:JCI

あの…未来役やりたいです…!良いですか!?

311:冬花:2013/09/21(土) 17:57 ID:xGE

ユリアさん
いいですよ!!

312:由真:2013/09/21(土) 18:38 ID:wmc

冬花
続きが、気になる〜

313:冬花:2013/09/21(土) 19:24 ID:xGE

由真かこうかーー?

314:由真:2013/09/21(土) 19:55 ID:wmc

冬花
かいて〜!!

315:冬花:2013/09/21(土) 20:13 ID:xGE

書くよ〜〜!
そしてあたしは陵をトイレへ連れていった
未来「陵くん 行ってきて
   大丈夫 あたしはここにいるよ」
陵「未来ちゃん…ありがとうっ…」
恩返しなんだけどなぁ…
陵がトイレへ行った
その時!!!
霊が現れた
未来「ひっ…!」
まだ4才のため、霊が見える
未来「助けてっ!!」

ガシッ
え…
未来「え…?」
陵「未来ちゃん!大丈夫!?」
未来「陵くん!?気分が…」
うげろぉぉ(吐いた)
未来「うぎゃぁぁぁ!!」

陵「未来ちゃん…ごめんなさい…」
未来「いいよ別に 陵くんへの恩返しだよ」
陵(きゅぅぅぅぅん/////////)

陵くんどうしたのかな?
まぁ、いっか!
終わり!!
終わるの早すぎたかな?
リクエストない!!??

316:ニーちゃん ◆Jr8Q:2013/09/21(土) 20:19 ID:qYg

陵の子供の時、好き〜〜〜♪♪♪♪♪
かわいいんだもんっ!
あやかしおわっちゃうなんて〜!!!絶対いやだけど、次のもきになるんだよね。

317:由真:2013/09/21(土) 20:53 ID:wmc

冬花
リクエスト
文化祭編

318:冬花:2013/09/21(土) 21:07 ID:xGE

ニーちゃん>だよね!!かわいいよね!
終わっちゃっても、あたしはずっとあやかし緋扇を好きでいる!!

由真>ok!今日書こうか?

319:由真:2013/09/21(土) 21:18 ID:wmc

冬花
今日書いてー!

320:冬花:2013/09/21(土) 21:54 ID:xGE

あ 聞き忘れた!!
文化祭で何すればいい?

321:由真:2013/09/22(日) 09:36 ID:wmc

おはよ♪
冬花
男女逆のコスプレ大会

322:由真:2013/09/22(日) 12:04 ID:wmc

誰か来ないかな?

323:冬花:2013/09/22(日) 12:46 ID:xGE

由真ok!!
今から書くよ!!

324:冬花:2013/09/22(日) 12:57 ID:xGE

書くよ!
〜文化祭〜
先生「今年の文化祭は男女逆コスプレ大会がある!!
全員参加しろよ!」
は?男女逆コスプレ大会?
ということは…

陵は女の格好!?
あたしは男…まぁ男みたいだけどw

陵がモテてしまったらどうすればいいのかな…
〜休み時間〜
さくら「未来!!うちが男の格好て、間違っとるよな!!」
未来「え…うん……」
陵「僕が女の子の格好ですか…」
未来「陵なら似合うよ!」
陵「そうですかね…」
未来「あたしは男の方が似合うから丁度いいんだけどね」
陵「未来さんは女の子のほうが似合いますよ!」
なっ!!
未来「似合わないよ!男の方が似合うから!!」
陵「いいえ!女の子が似合います!」
/////////かああぁっ
さくら「まぁ、いちゃいちゃするのは後にしときぃ」
未来「いちゃいちゃじゃない!」
ちょっと楽しみ…陵の女の子の姿…

続く!
由真こんなのでいい?

325:ニーちゃん ◆Jr8Q:2013/09/22(日) 19:57 ID:qYg

陵の女装姿……。
楽しみすぎる〜〜〜〜〜♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
続ききになるよー!

326:由真:2013/09/22(日) 20:17 ID:wmc

うちも、続きがきになる〜!
冬花
小説めっちゃ上手!

327:冬花:2013/09/22(日) 21:21 ID:xGE

ニーちゃん&由真ありがとう!
明日書くね!!

328:ニーちゃん ◆U6ak:2013/09/22(日) 21:30 ID:qYg

楽しみにしてるけぇ!byさくら*

329:冬花:2013/09/22(日) 22:09 ID:xGE

うん!!!
おやすみ!!

330:ニーちゃん ◆JOLY:2013/09/22(日) 22:52 ID:qYg

おやすみ!

331:由真:2013/09/23(月) 08:35 ID:wmc

おはよ♪
誰かきて

332:冬花:2013/09/23(月) 08:56 ID:xGE

おはよ!
書こうかな…どうしようかな…

333:由真:2013/09/23(月) 09:34 ID:wmc

小説の続きかいて!

334:冬花:2013/09/23(月) 14:00 ID:xGE

ごめん!
用事できた!!!
夜書くね><

335:冬花:2013/09/23(月) 15:04 ID:xGE

誰かいる?
書いていいかなーと思ったんだけど…

336:ニーちゃん ◆Jr8Q:2013/09/23(月) 18:16 ID:qYg

書いて!

337:冬花:2013/09/23(月) 18:41 ID:xGE

続きというかおまけ♪
〜夜〜
陵の女装可愛いだろうなー…
陵モテたりして……
うぅ…
陵の女装は気になるけどモテたら困る………
そんなとき
ピルルルルルルッピルルルルルルッ
??何かな?電話だ
未来「はいもしもし」
陵「未来さん!僕です!」
未来「陵何…?」
あたしいま陵の事で悩んでるのに…
陵「未来さん、僕は告白されても断ります」
未来「え?い…いきなり…」
陵「僕が愛するのは未来さんだけです」
未来「っ……!」
言われたかったことを言われてあたしは涙がポロポロとでてきた
陵「未来さん…今から会いましょう」
未来「ええっ!?でも夜だよ?」
陵「いいですから 迎えに行きます」
未来「え…ちょ…陵っ!!」
プッ
あぁ〜…切れたぁ…
まぁ行かなきゃ…
未来「お母さん ちょっと外いくね」
未来母「未来?どうしたの?いってらっしゃい」
ガチャ

ウィーン(出た)
未来「陵…」
陵「未来さん 大丈夫です 僕が愛するのは未来さんだけです!」
陵が思いっきり抱きついてきた

未来「陵っ……」
キスをあたしからした
陵「僕は未来さんの男の子姿を見るのは嫌です
  が、委員長と約束しました」
未来「え?」
陵「文化祭逆コスプレ大会頑張ったら好きなだけ文化祭をサボり、未来さんとラブラブしていいと」
陵!!なんてやくそくしてんのよ…
未来「ははっ じゃあ頑張ろうね…」
はっ!!勝手に口から出た…っ

陵「はい!僕はすごく頑張ります」
未来「うん…」
続く!
ごめん!おまけ♪
明日?に続き書くよ!

338:ニーちゃん ◆JPkE:2013/09/23(月) 19:14 ID:qYg

陵…どんな約束を…。
続きがきになるよ!

339:冬花:2013/09/23(月) 19:25 ID:xGE

陵は男女逆コスプレ大会をがんばれば文化祭をサボって未来と遊んでいいと約束しちゃって☆
明日か今日?書くからね!!

340:冬花:2013/09/23(月) 20:18 ID:xGE

誰かいるかな?
続きは明日になる!!
ごめんね!!(>ι<)

341:ニーちゃん ◆Jr8Q:2013/09/23(月) 20:30 ID:qYg

いるよ!
了解です♪
平気だよん!

342:冬花:2013/09/24(火) 19:37 ID:xGE

続き書くよ!
〜文化祭当日〜
あーーーいやだな…
友達「未来!こんなところに!行くよ!」
はぁ…来たよ…これ…
未来「うん…」
友達「未来にきてもらうのは☆
   男と女の格好をしてもらうよっ☆」
HA?
なんち?w
未来「え!?!?」
友達「男子が一人休んじゃってぇ」
未来「そういうことね…」
友達「いいから!早く!」
未来「あ!!待ってよー…」
続く!
ごめん!ご飯来ちゃった…
また明日?ね!

343:リオン* ◆Jr8Q:2013/09/24(火) 20:30 ID:qYg

未来の男装も気になるけど、女の子の方も気になる〜

344:冬花:2013/09/24(火) 20:33 ID:xGE

リオンて、ニーちゃん?
明日書くね!!
未来の女装はまさかまさかの…
ウェディングだよ☆

345:リオン* ◆Jr8Q:2013/09/24(火) 21:41 ID:qYg

そうだよん!
えっ……?
ウエディングですと……!?

346:梨花 ◆sEZk:2013/09/24(火) 21:45 ID:LXA

>>冬花
全然来れなくてごめんね!><
このスレ、進むのが速すぎてあたしが書いていた小説がわかんなくなっちゃって・・・アハハ←

347:冬花:2013/09/24(火) 21:56 ID:xGE

暇になったから、書くよっ!
友達「未来!これ来て!」
未来「え…ちょっとこれって…」
この服って…
未来「白雪姫の王子の格好!?」
友達「うん♪白雪姫の格好をした男子もいるらしくて♪」
未来「あぁ、そう…」
友達「さ!未来!そろそろだよ!」
未来「は…はぁ…」

司会「さー!次は3-Aによる、コスプレ大会でぇーっす☆
司会は俺、高塚隼人です!」
(隼人…再び…w隼人だよね!?)
隼人…司会だし…w
隼人「まずさいしょは…シンデレラ!」
シンデレラはさくらちゃんが王子
龍がシンデレラ…w
似合わん!
〜10分後〜
隼人「さてさて!次は白雪姫!」
げっ!あたしだ!
友達「未来…相手は神山だからね☆」
未来「え!?」
友達「いってらっしゃーい♪」
陵と一緒におされる
陵「未来さん かっこいいです…
惚れちゃいます…」
未来「はっ!?バカ!陵だって可愛い…あたしよりすごく…」
陵「そんなことありませんよ!すごく未来さんは可愛いです!!」
未来「わかったから!!」
隼人「おーっと!これは逆になってないような素晴らしさ!!」
陵「そんなことありません!
未来さんは男でも女の子です!!」
未来「バカ!大きな声で言うな!」
陵「すみません…」


♪そして最後♪
智美「さーて司会は変わりまして智美でーす!」
智美…
最後ってあたし女装だっけ?
続く!

348:冬花:2013/09/24(火) 21:58 ID:xGE

梨花さん>ごめんね!進むのが早くて!
これからもっと更新少なくするよっ
> <

349:リオン* ◆O3Ok:2013/09/24(火) 22:05 ID:qYg

未来の女装(°v°)//ワクワク

350:由真:2013/09/25(水) 05:25 ID:wmc

おはよう♪(いっても誰も起きてないとおもうけど↓)
冬花
小説めっちゃ×100上手
未来のウェディング姿楽しみ!

351:冬花:2013/09/25(水) 06:07 ID:xGE

起きてるよ♪
帰って来るのが5時頃だから、7時頃にくるかな♪
じゃーねーー!

352:冬花:2013/09/25(水) 18:06 ID:xGE

続きかいてい〜い?

353:リオン* ◆Jr8Q:2013/09/25(水) 18:34 ID:qYg

いいよ!

354:冬花:2013/09/25(水) 18:45 ID:xGE

んじゃ、書かせてもらうよっ☆

355:冬花:2013/09/25(水) 18:54 ID:xGE

続き!
次あたしだよね…
友達「未来!お待ちかねの女装のじかんだよーん♪」
未来「なんの格好なの?」
友達「それは…」
それは?なんだろう…
友達「ウェディング♪♪♪」
未来「はぁぁっ!?」
友達「うん♪相手は隼人だよ☆」
げっ!!最悪っ!!!
友達「ささっ未来着替えて♪」
未来「いいゃぁぁ!!」

〜3分後〜
未来「…………」
隼人「どうした唐沢」
未来「いや…ちょっとね…はは…」
隼人「ごめんな こんな俺と…」
未来「ううん 別にいいよ」
智美「次は最後に…
   ウェディングでぇーっす♪
   でてらっしゃーい♪」
スッ…
「きゃぁぁぁぁぁ!!!!!!」
予想通り…
「未来可愛い!!」
「唐沢きれーだな…」
さくら「あれが未来やったんか…」
龍「綺麗だな」
陵「……なぜ…」
続く!
ごめん!!ちょいまって!

356:リオン* ◆AYlM:2013/09/25(水) 18:55 ID:qYg

陵?どうしたんだ!?
okです

357:冬花:2013/09/25(水) 19:23 ID:xGE

陵はね…次の話でわかるよっ!

358:由真:2013/09/25(水) 19:30 ID:wmc

やっほ〜!
冬花
早く小説の続きが見たいよ〜!

359:冬花:2013/09/25(水) 19:35 ID:xGE

続き書くよ!
陵「……なぜ………」
さくら「??陵くん?」
陵「なぜ隼人さんがいるんですか…」
さくら「え?陵くんなにいっとるん?」
陵「あそこで未来さんと立つのは僕のはずです」
さくら「え?でも…」
陵「何か呼ばれないと思ったら…っ!」
さくら「陵くん…」
〜未来〜
はぁ…隼人を見てもどうも思わないや
隼人「唐沢 俺はお前とここにたてて嬉しい」
未来「は?隼人何いってるの
   無理矢理じゃないの?」
隼人「無理矢理じゃない 俺が決めた」
未来「!?」
隼人「俺はお前が好きだった!付き合ってくれ!!」
未来「え…えと…」
ダンッ!!
!?
未来「陵!?」
ガシッ(未来の腕を掴む)
タタタタタタタタタ…

未来「陵何?」
陵「あそこで未来さんと立つのは僕だったんです」
未来「え…」
続く!!

360:karenn:2013/09/25(水) 19:52 ID:vBM

面白い

361:由真:2013/09/25(水) 20:03 ID:wmc

冬花
続きが早くみたいよ〜!

362:冬花:2013/09/25(水) 21:10 ID:xGE

ありがとう!!
また明日書くね!

363:冬花:2013/09/25(水) 21:31 ID:xGE

みんな起きてる〜〜?

364:karenn:2013/09/25(水) 21:38 ID:vBM

います

365:冬花:2013/09/25(水) 21:45 ID:xGE

karennさん!
暇だから書いていい?

366:karenn:2013/09/25(水) 21:45 ID:vBM

いいよ

367:冬花:2013/09/25(水) 21:52 ID:xGE

次から書くよっ!

368:karenn:2013/09/25(水) 21:54 ID:vBM

うちすれきて

369:冬花:2013/09/25(水) 21:59 ID:xGE

続きだよ♪
陵「あそこで未来さんとたつのは僕だったんです」
未来「え…」

陵「隼人さんからなかなか呼ばれないと思ったのは
未来さんと一緒にいたかったんですね」
未来「隼人がそんなことを…」

それって隼人があたしのことを好き……?
未来「うそだああああああっ!」
陵「未来さん??」
未来「あっ…いや…」


陵「未来さん…」
未来「ふぇ?」
陵「ウェディングドレス綺麗です」
未来「え?あぁ ありがとう」
陵「いつかは未来さんと結婚式できるでしょうか」
未来「ちょ…陵!」
陵「僕はしたいです」
未来「大丈夫 ちゃーんと出来るよ」
陵「はい!」
そしてキスをした

そして波乱の文化祭
男女逆コスプレ大会は終了した
終わり
リクエストない?

370:リオン* ◆Jr8Q:2013/09/25(水) 22:19 ID:qYg

いるよ!
隼人がでてきたw
うーん。リクエストかぁ。
あっ!旅行かいてぇ!

371:冬花:2013/09/25(水) 22:22 ID:xGE

ok!
陵と未来は一緒の部屋で
陵がぐいぐいいってもいい?w(キスしまくりとかw)
キスの音はかいちゃだめだよね……

372:karenn:2013/09/25(水) 22:25 ID:vBM

いいね

373: 冬花:2013/09/25(水) 22:33 ID:xGE

明日書いてみる!!
おやすみ!!

374:リオン* ◆eifE:2013/09/26(木) 18:36 ID:qYg

それ、いいねっ!

375:由真:2013/09/26(木) 19:39 ID:wmc

やっほ〜♪
いきなり小学生の人に質問するよ! 学芸会ってきまった?
決まった子は、できたら教えてくれない?

376:冬花:2013/09/26(木) 19:57 ID:xGE

リオン*ぐいぐいいっていい?マジで
由真学芸会ないや わたしの学校
続きかいていい?

377:由真:2013/09/26(木) 20:40 ID:wmc

冬花
小説の続き書いてok!というよりかいて!

378:冬花:2013/09/26(木) 21:04 ID:xGE

ok!!
陵がぐいぐいいくよっ!!

379:冬花:2013/09/26(木) 21:13 ID:xGE

〜旅行編〜
さくら「なぁなぁ未来〜」
未来「な,何?」
さくらちゃんから呼ばれると
いい感じがしない…
さくら「今回は未来たちのキューピットやて」
未来「?」
さくら「あんたと陵くんの初ピーのためむぐっ!!」
未来「なんでそうくるかなぁ!?」
さくら「ななななんや!キューピットや!!」
未来「初ピーなんて!!無理よ!」

さくら「ええやん!旅行いっといでや!」
未来「はい…」
ことわれないよ…

〜放課後〜
陵「未来さん、明日旅行ですね♪」
あ…もう聞いてたんだ…
未来「だね…」
陵「僕はすっごーく楽しみです!」
ふーん…
あたしは期待と心配だな…
陵「未来さん大丈夫ですか?
顔赤いですよ??」
未来「だだだだ…大丈夫!!」
波乱の旅行の始まりだ………
続く!!
こんな感じでいいよね?

380:リオン* ◆h7Yc:2013/09/26(木) 22:36 ID:qYg

さ、さくらちゃんよ……。
うん!続きが気になった♪

381:冬花:2013/09/27(金) 19:55 ID:xGE

ごめん!
今日忙しくて書けないかも!
また明日ね!!

382:由真:2013/09/28(土) 06:28 ID:wmc

おはよ♪

383:アイリス:2013/09/28(土) 15:28 ID:u.c

アイリスやで、
よろしゅうな(≧▽≦)
入ってもええか?

384:冬花:2013/09/28(土) 17:31 ID:xGE

いいよ!!
よろしくね!!

385:リオン* ◆VyNU:2013/09/28(土) 17:38 ID:qYg

にゃほー!

386:由真:2013/09/29(日) 17:05 ID:wmc

やっほ〜♪
誰か来ないかな?
冬花
続きが、きになるよ〜!

387:冬花:2013/09/29(日) 22:55 ID:xGE

ごめん!!
今日忙しくて、明日も忙しい!!
みんな小説かいていいんだよ!
自分の!
おやすみ♪

388:冬花:2013/09/30(月) 20:12 ID:xGE

誰かいるかな?
続き書くよ!!
続き
〜家にて〜
いよいよ旅行かぁ……
陵……スルのかな…
でも結婚するまでしないっていってたよね……

だ〜〜!さくらちゃんがあんなこと言うから!!
未来「とりあえず準備しなきゃ…」
確か、2泊3日のはず
2日も陵と寝るんだ…
ぼぼっ//////
未来「りょ…陵がするわけない!!
   気をとりなおして、準備!」

〜〜次の日〜〜
ついに来た…////
陵「未来さん、おはようございます♪」
未来「おっ、おはよぉぉ!!!」
緊張しすぎて、声がぁ!!
さくら「あんたらはよ乗りぃや」
未来「あ、ごめん」
陵「はい!行きましょう」
続く!

389:冬花:2013/10/01(火) 21:35 ID:xGE

続きやでえーーー
〜車の中〜
ドキドキドキドキドキドキ……
陵…わかってないのかな?
さくらちゃんにいわれてないのかな…
でも、緊張するよ!!

陵「未来さん?顔真っ赤ですよ!?
   大丈夫ですか!?」
未来「へ!?あ!大丈夫…」
陵「ならいいんですが…」
ううっ…心臓ヤバイ……

〜ホテル〜
さくら「ほんなら、部屋は、未来と陵くんな」
未来「え!?そんな さくら「じゃぁなー♪」
ううっ!!強制だ!
陵「未来さん、部屋にいきましょう?」
未来「っ…うん」
だあああああっ!!
緊張する…
続く!
みんな、忙しいのかな?
最近来ないね…

390:冬花:2013/10/01(火) 21:55 ID:xGE

続き!!
♪部屋♪
シーン……
あれ?静か……
陵「あの…」
未来「!?何っ……?」
陵「ぼぼぼ…僕…」
未来「な何……?」
陵「お風呂入ってきます!!」
未来「いっ…行ってらっしゃい!!」
緊張しすぎ!陵も

荷物とか置いて、10分後……
陵「未来さん、入っていいですよ」
未来「あ、うん」

〜お風呂場〜
やっぱり、陵がするわけないよね
でもなんかちょっとされたいような…
でーい!!あたしは何を考えて!!
早く上がろう!


陵「未来さん…」
未来「どうしたの…?」
陵「濡れた髪綺麗です……」
未来「ふぇ!?あ、ありがとう…っ」
陵「あの…今僕…」
未来「?」
陵「未来さんに、キスしたいです…」
続く!!
次は、キスラッシュだよ☆
(キスの音なしで
なんとか表現してみる!!)
おやすみ♪♪

391:リオン*#:2013/10/01(火) 23:43 ID:qYg

おっひさぁ!
陵が鈍感…っ。
続きみたいです!

392:冬花:2013/10/02(水) 06:09 ID:xGE

今日も、夜に書かせてもらうよっ!!

393:karenn:2013/10/02(水) 20:13 ID:vBM

やほ

394:由真:2013/10/02(水) 20:35 ID:wmc

やっほ〜♪

395:冬花:2013/10/02(水) 20:45 ID:xGE

ねぇねぇ、続きかいていい?
キスの山をww

396:karenn:2013/10/02(水) 20:50 ID:vBM

おっけ

397:冬花:2013/10/02(水) 21:20 ID:xGE

次に書くでーーー

398:karenn:2013/10/02(水) 21:33 ID:vBM

いえー

399:由真:2013/10/02(水) 21:39 ID:wmc

書いて書いて!

400: 冬花:2013/10/02(水) 21:39 ID:xGE

キスの山だから、みんな!!覚悟を!w
続き!
未来「え…ちょ…陵っ!?」
陵がいきなりキスをしてきた
未来「ん…////」
やっぱり、陵しちゃうの?
陵「ふ…」
そんなことを考えていたら……
ちゅるっと音がして、陵の舌が入ってきた
今の状況…ヤバくね?

陵かあたしを押し倒して、もう動けない…
未来「ん…あ…ふぁ…//////」
すごく気持ちいい…
そしていつもより激しくなった
未来「んふっ!」
陵「ふ…う…」
変な声が出る
未来「りょ…おっ…」
陵「み…くっさ…」
そしてあたしたちはまた、キスを何度も繰り返す

陵の唇は、すごく柔らかくて気持ちいい……
もっと求めちゃう……
未来「陵…もっ…として…」
すごく甘い声が出た
陵「はい…僕もです…」
陵も、すごい甘い声を出して、甘い空気になった

ちゅぅ…
今、陵のことが愛しくて…
もう、正直シてもよかった
けど……
陵「未来さん…ぼくは、今、未来さんとしてはいけません」

…え……?
あたしとしたくないってこと……?
未来「そんな!」
陵「続きは、大人になってからしましょう」
そういうことね…
陵「ぼくは、未来さんとシたいです!!
でも、まだ早いので」
未来「ありがとう……
   あたしも陵とシたいよ」
陵「では、大人になってから、絶対しましょう!」
未来「うん!!」
そして、笑いあって、また深く熱く優しいキスを繰り返した……
続く!!
どう?
覚悟いるっしょ…
次は、抑える!カモ……

401:karenn:2013/10/02(水) 21:39 ID:vBM

まだ?

402:karenn:2013/10/02(水) 21:41 ID:vBM

あった

403:冬花:2013/10/02(水) 21:42 ID:xGE

○●★♪祝!!400!!♪★●○

みんなありがとう!!
これからも、よろしく!

404:karenn:2013/10/02(水) 21:45 ID:vBM

よろ

405:冬花:2013/10/02(水) 21:47 ID:xGE

わたし、そろそろ寝るね♪
みんな、おやすみ♪

406:冬花:2013/10/04(金) 19:54 ID:xGE

明日、続きかきまっせぇ〜
また明日♪♪

407:リオン* ◆vmeg:2013/10/04(金) 22:49 ID:qYg

おひさぁ!
キスラッシュだったねぇw
400おめでとう♪これからもがんばってね!

408:美玉:2013/10/05(土) 06:46 ID:MaI

初めまして!!
美玉と申します。
小説、おもしろいです(*^_^*)
またきますね☆

409:美玉:2013/10/05(土) 07:05 ID:MaI

私も小説、ここで書いてもいいですか?
私が書くと長くなっちゃうのですが……
書くのも遅いし……
だめだったら言ってくださいね(>_<)

410:冬花:2013/10/05(土) 07:22 ID:xGE

美玉さん!
いいよ!!
長くなっても、いいんだよ!
気にしないで!

411:由真:2013/10/05(土) 09:49 ID:wmc

やっほ〜♪
美玉s4649ね♪
よびタメokだから!

412:美玉:2013/10/05(土) 13:18 ID:MaI

わかった!
呼びタメだね☆
もう少し時間がかかるかも……
まだ考えてなくて(^_^;)
あ、私は驚いている時とか嬉しい時は敬語になります。
なぜかしら(笑

413:美玉:2013/10/05(土) 13:55 ID:MaI

じゃあ、書くよー。
下手なので読みづらいかも……(>_<)
つき合い始めた頃のお話。

ーー


だるい。
朝、起きると体が重くて、熱い。
やばいな、これ。
……絶対に熱がある。



学校へ行く用意をしなくちゃ。
いつもなら行きたくないのに、こういう時だけ行きたいと思ってしまう。
“陵がいるから”。
つき合い始めてから陵の傍にいたいと思うことがある。
こんなの声で言うと、熱が上がってしまうだろう。
思うことでも恥ずかしいのに。
これでも熱が上がってしまう。
「うぅ、考えるな!」
自分の頭にそう言い聞かせて制服を着る。

準備完了。
あまり食べられないので、ヨーグルトなどの軽いものですませた。
風邪の錠剤も飲んでおく。
お母さんに気づかれないように。
幸い、声にはなんの変化もなかったので、声では気づかれない。
「いってきまーす」
「あ、未来、いってらっしゃい」
キッチンにいたお母さんが言ってくれた。
玄関のドアを閉める。
脱出成功。
……一番の問題は“陵”なんだよな。

414:冬花:2013/10/05(土) 14:51 ID:xGE

続ききになる〜!
私も、次に小説書くよっ!

415:冬花:2013/10/05(土) 14:59 ID:xGE

続き!!
〜次の日〜
はぁ…
ヤバイ…
昨日ので、熱すぎて、熱出ちゃった…
まだ、陵は、起きてない…
だって、まだ5時前
陵に気づかれないように熱下げなきゃ…
とりあえず、冷やそう うん
あ、アクエリアスあった
冷やそうーっと
ガタン!!(ペットボトルが落ちた)
けげ!!

陵「ん……?」
あーーーっ!!
こういうときは……
ねねね、ねたふりじゃぁーっ!!
陵「あれ?なんか音がしたんですが…」
気づかれてない!!ホッ…
陵「未来さん?なんか熱そう…」
気づくな!!熱があること!
陵「もしかして、未来さん熱がありますね!?」
ガーーン…
陵「未来さん、起きてますよね?」
気づかれた…もうここは…
未来「………ハイ……」
続く!

416:由真:2013/10/05(土) 15:22 ID:wmc

やっほ〜♪
美玉、冬花
小説がめっちゃ上手で、続きが気になるよ〜!
質問
みんなは、誕生日いつ?

417:冬花:2013/10/05(土) 16:43 ID:xGE

わたしは、2月13日だよ☆
そんなぁ〜たいしたことないよ!
美玉さんは、上手いよ

418:美玉:2013/10/05(土) 17:56 ID:MaI

ごめん!
そういうのは教えられないの。
一応ね。

ありがとう(^o^)
そういうふうに言ってくれてうれしい。
あれ…?
冬花ちゃんとかぶっちゃっかもしれない……(-_-;)
あ、私はちゃん付けで言うから。
ご勘弁を(笑
私のことは呼びすてでいいよ♪

あ、私、[小説カキコ]っていうところの、二時創作板であやかし緋扇の小説書いてるから。
よかったら来てね☆

419:冬花:2013/10/05(土) 18:40 ID:xGE

え、あ、ごめん!!
そんなつもりはなくて…
新しいの書くね…

420:美玉:2013/10/05(土) 18:47 ID:MaI

#続き#


陵をどうすればいいか。
うんうん唸りながら考えていると、すぐに自動ドアの前につく。
外には、髪が茶色の学ランを着た男子が立っていた。
陵…!
後ろ姿を見てもすぐに分かる。
それだけ意識しているということだろう。
あたしは、いつもは持ち歩いていない手鏡を鞄から取り出すと、顔が赤くなっていないか確かめる。
……大丈夫、これなら気づかれない。
いつもと同じ顔。
体調が悪いだけだ。
ついでに前髪を直していく。
陵を意識し始めてからは、身だしなみをきちんと整えている。
これも、陵がいたから。
彼が変えてくれた。
少しは女の子らしくなったかな?
自動ドアが横に動く。
「おはよー」
「あ、未来さん。おはようございます」
彼はにこっと笑った。

421:美玉:2013/10/05(土) 18:49 ID:MaI

え!?
新しく書き直さなくていいよ?
最後まで見たい!!

422:冬花:2013/10/05(土) 18:54 ID:xGE

ううん しょうがないから、書き直すね

なんかリクエストない…?

423:美玉:2013/10/05(土) 19:30 ID:MaI

無理しなくてもいいのに……
ほんと、ごめんなさい!!<(_ _)>
リクエストね……
じゃあ、定番だけど陵のヤキモチがいいな。

424:美玉:2013/10/05(土) 19:32 ID:MaI

あ、言い忘れてたけど。私中二だよー
さっきそういうことは言えないって自分で言ってたのにね……

425:冬花:2013/10/05(土) 19:56 ID:xGE

美玉さん小説頑張ってね!
でも、陵のヤキモチは、2回も書いた……
お風呂だから、8時半頃書くね!

426:由真:2013/10/05(土) 20:03 ID:wmc

やっほ〜♪
冬花、美玉
小説書くのがんばって!(\>∀</)
うちは、今日誕生日なんだ〜♪

427:冬花:2013/10/05(土) 20:14 ID:xGE

由真!!
○○★★お誕生日おめでとう☆☆●●

陵のヤキモチどうしよ……

428:美玉:2013/10/05(土) 20:28 ID:MaI

由真ちゃん、おめでとう!
今日で何歳なん?
あ、ヤキモチ、無理だったらいいよー。

429:冬花:2013/10/05(土) 20:32 ID:xGE

んじゃさ、美玉さんか、由真!
リクエスト考えて!
頼む!!

430:美玉:2013/10/05(土) 20:34 ID:MaI

んー。
聖がらみのやつとか…?
具体的じゃなくてごめんね。

431:由真:2013/10/05(土) 20:36 ID:wmc

美玉、冬花
ありがとう!今日で、11さいだよ!
リクエスト
未来か陵の記憶喪失は?

432:美玉:2013/10/05(土) 20:41 ID:MaI

おぉ!!
いいね、それ(^^)
少しかわいそうだけど。

433:冬花:2013/10/05(土) 20:42 ID:xGE

そやね〜…
んじゃあ、未来の記憶喪失書くね!
美玉さんは、また次に新しいリクエスト出してね♪
9時頃になるかも!!
ごめんねっ!><

434:冬花:2013/10/05(土) 21:15 ID:xGE

はじまり〜♪
〜未来、記憶喪失になる〜
友達「未来〜!いっけぇ!!」
今日は、バスケの助っ人に来た
ピピーッ!
バスケはあたしの得意競技♪
楽しい♪

更衣室
友達「未来!今日もおつかれさま!」
未来「ありがと」
その時!

シャワー室のドアが倒れてきた(おいwしっかり点検しろよw)

未来「うわぁぁっ!?」
そう気づいたときはもう遅かった
あたしは、ドアの下敷きになったのだ
ピーポーピーポー
続く!
こんな感じでいい?

435:冬花:2013/10/05(土) 21:28 ID:xGE

あれ?みんないないね〜
じゃあ、続きは明日にするね

436:美玉:2013/10/05(土) 21:39 ID:MaI

了解!
#続き#


陵の笑顔……好きだなぁ。
と、いけない。
顔を変えてはだめだ。
ぐっと堪える。
「りょ、陵! 早く行こっ!」
歩き始めた。
「あ、歩くの早いです!」
彼は早めに歩く。
「今日は何か用事が…?」
「うん……!?」
突然声をかけられたので、間違えてしまった。
「分かりました。じゃあ、早く行かないとですね」
「う、うん」
陵の傍にいたいけど、気づかれたら絶対に家に帰らされる。
そして、絶対に怒られる。
結構デンジャラスな登校だ。

437:美玉:2013/10/05(土) 21:40 ID:MaI

あわわわ!
未来が下敷きに…!

438:冬花:2013/10/05(土) 21:55 ID:xGE

いたいた
続きかくよ!陵視点
陵「あ、未来さんですか?どうしま…」

〜病院〜
陵「未来さんは!?」
さくら「未来は、治療室や……」
そんな…
未来さんが、下敷きなんて…
ありえない…信じられない!!!
陵「これは夢だ!!早く覚めてください!!」
さくら「陵くん…落ち着いてや…?」
陵「愛する人が下敷きになって、落ち着いていられるもんですか!!
これは夢だ!!夢なんです!!」
龍「陵 落ち着け… みんな悲しいんだ…」
……っ……
陵「………はい…」
さくら「医者によると…頭と体全体を強くうったらしいんや…
手術が失敗すると…」
陵「未来さん…!!」
ウィーン……
はっ!
医者「命に異常はありませんが…」
陵 龍 さくら「が…?」
医者「記憶が空っぽです…」
陵「え…」
さくら「そんな!うちらのこと分からんのか!?」
医者「はい… そのうち目が覚めると思います…
なるべく一緒にいてあげてください」
記憶がないなんて…
僕のこともですよね…
さくら「未来が目覚めるのを待とうや」
龍「あぁ…」
陵「……はい」

〜未来の病室〜
本当に未来さんの記憶はないんでしょうか…
目が覚めていつもみたいに僕に笑いかけて下さいよ…
未来「ん…?」
陵「未来さん!」
さくら「未来!」
龍「未来!!」
未来「えっと…誰…かな?」
続く!
続きは明日書くね♪
おやすみ^∀^

439:美玉:2013/10/06(日) 06:21 ID:MaI

部活あるから書いちゃうねー(^o^)


   + + +

今日の彼女は何か変だ。
学校についたらすぐにどこかに行ってしまった。
気のせいなのかな。
……少し様子を見よう。

HRが終わった後、彼女は青ざめていた。
「未来ー! 今日、未来の大好きな体育があるよー!」
「え…?」
動揺している。
初めて知ったような顔だ。
「今日、体育あるの…?」
「もぅ、さっき言ったじゃん!」
おかしい。
いつもなら、喜んでいるのに。
「未来さ「未来ー、行こっ!」
クラスの女子に背中を押されて教室から出ていってしまった。
彼女は慌てながらも押されているので進んでしまう。
言うタイミングを失った。
どうしよう……

440:冬花:2013/10/06(日) 12:33 ID:xGE

やほ〜♪
続き書くよ♪
未来「えっと…誰かな…?」
さくら「え…」
龍「嘘…」
陵「そんな…」
僕は、本当に信じられなかった
あまりにも悲しすぎて
陵「未来さん!本当に僕のことわかりませんか!?」
未来「へぇ…あたし未来っていうんだ…」
さくら「本当…みたいやな…」
龍「……」
陵「っ……」

医者「やはり…記憶喪失でしたね…
記憶は頭の調子がよくなれば戻ると思います」
陵「それはいつなんですか!?」
僕は焦ってしまう
もし、戻らなかったらと考えるだけで情けないが涙が出そうになる

医者「なるべく一緒にいてあげてください…」
さくら 龍「はい…」
陵「……」
未来「えと…名前は…?」
さくら「うちは、桜咲さくらや!」
龍「俺は、桜咲龍羽だ」
陵「……」
未来「えっと…あなたは?」
陵「僕は神山陵です…」
未来「さくらさん、龍羽さん、陵さんね
  よろしくね」
さくら「早くもどってほしいわ…ボソ」
未来「?」
さくら「あ!もう6時や!うちら、帰らんと!」
未来「うん ありがとう」
さくら「じゃあな」

〜そして2人になった〜
陵「……」
未来「陵さん?どうしたの?」
陵「あ、いえ…」
僕は、嘘笑いする
未来「あたしのことだよね…ごめんなさい」
陵「いえ…しょうがないので…」
未来「わかんないけどきっと記憶は戻るよ!ね☆」
未来さんは、前と同じ…
ちゃんと前に進もうとしている
そんなところで、僕と未来さんの愛がとぎれるものですか!!
陵「はい!」
続く!

441:華♯miZ.:2013/10/06(日) 14:53 ID:LXA

冬香!
全然来れなくてごめん(>_<)
3DSから来てたんだけど、捨てられたから来れなかった!
これからも時々しか来れないけどよろしくね(*^_^*)

442:冬花:2013/10/06(日) 15:44 ID:xGE

えっと〜…
誰だっけ?
ごめん!><
名前変わったかな?

443:冬花:2013/10/06(日) 18:53 ID:xGE

続きかいていい?
誰かいたら書くよ?

444:由真:2013/10/06(日) 20:09 ID:wmc

冬花
続きかいて

445:冬花:2013/10/06(日) 20:50 ID:xGE

それじゃ、次にかくよ!

446:冬花:2013/10/06(日) 21:09 ID:xGE

続き!!
〜次の日〜
今日は土曜日
僕は早々と未来さんの病室へと急ぐ
もしかしたら、未来さんの記憶が戻ってるかも…
なんて、つい思ってしまう

ガラッ!
未来「あ 陵さん!おはよう」
陵「おはようございます…」
戻ってなかった…
当たり前ですが…
未来「陵さん?体調悪いの?」
陵「いえ!!未来さん!出掛けませんか?」
未来「え…」
確か医者さんには、命に異常なしらしいから、出掛けていいと言っていた
未来「うん」
陵「では、プールへ行きましょう」
未来「??なぜ?」
陵「まぁ、いいですから」

〜プール〜
陵「未来さん、僕がここへつれてきた訳は…」
未来「何?」
陵「ここは、僕と未来さんが初めてデートとして来た場所なので」
未来「え!?そうだったんだ!」
陵「ここに来たら、少しは戻ると思って…」
未来「そっか…ありがとっ!?」
陵「未来さん!?」
未来さんが急に頭を押さえた
未来「つっ!!」
陵「未来さん!」
ぎゅっ!(抱き締める)
未来「あり…がと…」ドキ///
陵「大丈夫ですか?」
未来「うん…なんかいまので、少し思い出したような…」
陵「そうですか…少しずつ思い出していきましょうね」
未来「うん!ありがとう」
やっぱり未来さんは、記憶がなくたって悲しまず、笑顔で接してくれる

僕は、未来さんが好きだ

記憶がなくたって
記憶戻ってほしい
戻ったら、精一杯抱きしめたい

続く!!
おやすみ♪

447:美玉:2013/10/07(月) 05:01 ID:MaI

ごめん!(>.人)
忙しくてこれなかった。


ーー

今日の体育はバスケだった。
当然、未来さんは点を何回もいれている。
僕も当然、得点係などの目立たないところへ。
出しゃばらないために。
……まぁ、色々とあるんです。
でもなぜだろう。
クラスの人とハイタッチをしている未来さんには笑みがない。
顔もきつそうな感じだし、息切れも早い。
調子悪いのだろうか。
授業が終わったら聞いてみよう。


「おいっ、唐沢!」
男子生徒の声が聞こえる。
その声と同時にざわざわと辺りが騒がしくなってきた。
みんな、一カ所のところに群がる。
「大丈夫か…?」
何があったのでしょう。
僕は人混み(?)をわけていって中心へ行く。
「大丈夫だよっ……」
か細い声が聞こえる。
見ると未来さんは倒れていた。
「未来さん…!」
上半身を起こそうとしているが、今は無理だろう。
息が荒くて顔も赤い。
「ちょっと失礼しますね」
僕は彼女の額に触れる。
熱い。
「保険室に連れていきますので。誰か職員に連絡しておいてください」
僕は彼女の脇の間に手を入れ、足を持ち上げた。
支えて体を浮かせる。
体育館から出ていった。
みんな、驚いていた。

448:冬花:2013/10/07(月) 06:09 ID:xGE

夜に続き書くね!
ばーいばーい♪
美玉さんありがとう♪

449:美玉:2013/10/07(月) 18:31 ID:MaI

はーい!!
私は今帰ってきてお風呂はいるからその後書くねー。
あと私……ラブが書けないんだけど!!
想像できるのに!(変態メ!!)
……よし。
頑張ろう…!

450:冬花:2013/10/07(月) 19:54 ID:xGE

ガンばれ!
私もお風呂だから、後でね☆

451:由真:2013/10/07(月) 21:12 ID:wmc

やっほ〜♪
誰か来て!
あと、今日ShoーConi買ったらあやかしひせん来号で最終回になるんだよね
うち、それ見て泣いたよ(=∀=)
でも、表紙とふろくになるから
プチラッキー

452:冬花:2013/10/07(月) 21:22 ID:xGE

続き!
〜次の日〜
今日も未来さんの病室へと急ぐ
未来さんに会うのが楽しみだ

ガラッ!
え……?
その病室には、誰もいなかった
ここの病室は、ちゃんと [唐沢未来]
と書いてあるのに

なんで…?まさか…?
死んだ……?
ありえない
こんなこと…

手術中?
出掛けた?

でも今は6時
お出掛けするには早い
その時……!
医者「あ…キミ…」
陵「未来さんはどこですか!?
   何でいないんですか!?」

医者「キミ!落ち着いて!」
陵「すみません…」
医者「唐沢さんは、手術室にいるよ…」
陵「どうしてですか!?」
医者「頭に激痛が走ったらしく…」
陵「そんな…!」

医者「もしかすると…」
陵「と…?」
医者「頭の激痛で、しんでっ!?むぐっ!」
陵「そこから先は…」
医者「ムグムグ!」
陵「そこから先は言わないでください!!」
医者「っ… すまない…」

未来さん…
僕は信じています
未来さんとまた笑いあえること
未来さんとデートにいけること
また、生きているあなたを抱き締めること
そのすべてを信じている
だから、頑張って生きていてほしい
続く!
おやすみ♪
また夜ね〜♪

453:美玉:2013/10/07(月) 21:29 ID:MaI

ごめん、遅くなった…!

ーー


ガラッ………

保険室の扉を開けても誰もいない。
先生は……職員室かな?
まぁ、この部屋にいないということには変わりはない。
僕はベッドの上に彼女をおろす。
「えーっと、体温計は…?」
薬などが入っている棚を探す。
あった。
見つけた温度計を手に取り、彼女のところまで持っていった。
……どうしようか。
どうやって計ろう。
さすがにこれはやってはだめだろうな。
先生が来るまで待っていようか。
ベッドの近くにあったイスを寄せて近くに座る。
未来さん、きつそうだなぁ。
彼女の額に手をおいた。
すると、彼女の顔は緩んできた。
よかったと思って手を離そうとすると、彼女は僕の手に頬を寄せていきすりつける。
かわいい。
触れたいと思うのはなぜだろう。
僕はベッドに手をつく。
ギシッと音が鳴った。
体重をそこにのせる。

454:美玉:2013/10/07(月) 21:39 ID:MaI

由真ちゃん
私も泣いた!
しかも声を上げて……
前、ファンレターを書いたとき、泣いちゃって紙が少し歪んじゃった。(-_-;)


未来、死なないよね…?
大丈夫だよね?
いやー、未来ー! 陵ー!(ToT)

455:冬花:2013/10/08(火) 06:15 ID:xGE

泣きはしなかったけど、悲しいよね…
でも、ふろくが楽しみ♪
連載おわっても、1月15日発売の増刊に、
エピローグが載るんだって!
楽しみ♪

未来…死なないよ!
未来が死んだら、陵も死にそうw
じゃあ、また夜にね〜♪

456:冬花:2013/10/08(火) 19:04 ID:xGE

続きかくよ〜〜!
今日は、学校だ
お見舞いにいけない
未来さんは入院中だから、会えない
朝、迎えにいってもいない
昨日の事は、わからない
どうなったのか…全く…
今日は一人で歩く…

〜学校〜
さくら「なぁなぁ 陵くん? 顔色悪いで?」
龍「大丈夫か?珍しいな」
陵「そうですか…?」
さくら「そうや!!大丈夫?
    未来んことか…?」
陵「はい…
  昨日手術してて…」
龍「本当か?」
陵「はい…頭の激痛で…
   し…だめです…
こっから先は言えません…」
龍 さくら「………」
本当に死んでしまったら、僕は…
ピルルルルルルッ
電話?緊急連絡?
まさか!!
陵「…っ…はい…神山です…」
未来さんが…?


え……?
うそ…ですよね…
陵「うそですよね…
そんなっ!!」
続く!!
何の知らせでしょぉーか☆←星ってw

457:美玉:2013/10/08(火) 20:20 ID:MaI

どうかいいことであるように!どうかいいことであるように!どうかいいことであるように…!
祈りまくる!!! ノД`)・゜・。

458:冬花:2013/10/08(火) 20:52 ID:xGE

……いいことか…悪いことか…
どっちでしょーか!
続きは明日になる!!

459:冬花:2013/10/08(火) 21:54 ID:xGE

みんな、おやすみ!!

460:karenn:2013/10/09(水) 19:07 ID:vBM

続き

461:冬花:2013/10/09(水) 19:41 ID:xGE

後で書く!!
お風呂!!

462:karenn:2013/10/09(水) 19:52 ID:vBM

OK

463:冬花:2013/10/09(水) 20:38 ID:xGE

続き次に書くよ!!

464:karenn:2013/10/09(水) 20:46 ID:vBM

おー

465:冬花:2013/10/09(水) 20:51 ID:xGE

続き!!

陵「え…う…うそ…ですよね……?」
そんな…
未来さんが…死……?
そんな…そんな!!
陵「未来さん!!!!!!!!!」
僕の頬からは涙がこぼれ落ちた
さくら「陵くん…本当なんか……?」
龍「未来が…?」
今…意識が途切れそうらしい…
僕は、未来さんの病室へと走った
涙が流れ落ちるのも気にせず懸命に走った

今の状況は、自分の目で見なければ!!
ガラッ!
未来さんの病室は、医者や、未来さんのお母さんやお父さんが並んでいた

もう…遅かったのか……?
僕は未来さんを見た
顔が真っ青だった
その横に、ピッピッピッピッと心臓の音を表す機械が置いてある
ピッピッピッピッピー…
え?
止まった……?

もう僕は何も考えられなくなった

続く……
悲しい……チャラリーン

466:冬花:2013/10/09(水) 21:11 ID:xGE

私、そろそろ寝るね♪
おやすみ♪
夜にまた来るね☆☆

467:冬花:2013/10/10(木) 17:28 ID:xGE

次に続き書くね♪♪

468:冬花:2013/10/10(木) 22:22 ID:xGE

みんな、来ないなぁ…
続き!

未来さんが…死んだ…?
陵「そんなっ!そんなあああぁっ!!!」
僕の頬から、涙が大量に流れ出る
もう、こらえきれない

もう、なにも考えられない
医者「○月△日 午後3時…
残念ながら…」
医者が、未来さんに、白い布をかけようとしたとき!!

パシッ!
僕は、医者の手を掴んだ
陵「待ってください!ちょっと、時間をください」
医者「……あぁ…」

未来さん…本当に……?

そんなことあり得ませんよね…?
僕が守れなかったんでしょうか…

陵「未来さん、ごめんなさいっ!!」
そして、冷えきった唇にキスをした

みんなが見ていたけど、気にしなかった

陵「未来さんっ……!」

未来さん…未来さん…未来さん!
病室に響いた

ピクッ
今…未来さんの手が動いた…?
ピッピッピッピッ
また動き始めた

医者「すごい!!奇跡だ!!」
未来母「未来っ!!」
未来父「未来!!」
陵「……未来さん…?未来さん!!!」

続く!
おやすみ♪

469:ウエンデイ♪:2013/10/11(金) 03:25 ID:O4M

こ、こんにちは!
あやかしが好きできました!
(省略しました…すみません…(汗))

470:冬花:2013/10/11(金) 06:06 ID:xGE

ウエンディさん!
入ってくれるの!?

よろしくね♪
タメでいいからね♪

471:美玉:2013/10/11(金) 06:12 ID:MaI

ごめん…!
大会で来れなかった。
今日書くと思うよー
み、未来が生き返った…!

472:karenn:2013/10/11(金) 15:05 ID:vBM

おーい

473:冬花:2013/10/11(金) 19:59 ID:xGE

美玉さん!
お久しぶり!

karennさん!
続き…月曜日になる!!

誰も、このスレ忘れないでね!!
旅行にいくから!

ごめんね!!>.<

474:美玉:2013/10/11(金) 21:24 ID:MaI

未来が生き返ったああぁぁあ!!
陵、凄っ!?
よかったー!(T^T)

書くね。

ーー


僕は彼女の頬を触る。
顔を少しずつ近づけていく。

そのとき、保健室の扉が開いた。
ガラララッ…………
すぐに離れた。
カーテンが、シャーっと音をたてて、薄暗かったベッドにはちょっとだけ光が射し込む。
「神山君、ありがとう。クラスの子達から聞いたわよ。唐沢さんが倒れたって……どうしたの?」
僕を見て、先生は疑問が浮かんだようだ。
「いや、なんでもありませんよ…?」
ニコリと作り笑いをする。
「顔、赤いけど……」
「な、なんでもないです…!」
さっきより、顔にかかっていた熱が上がる。
恥ずかしい!
なんで、したいとおもったんだろう。
時と場所を考えなくては。
「……まぁいいや。体温計は、と」
「あ、そこのテーブルの上にあります」
先生が取りに行こうと棚の方に行ったので声をかけた。
その体温計を掴むと未来さんに向かってくる。
「唐沢さん、ちょっとごめんねー」
僕は思わず後ろを向く。
「よし、待つだけだな」
先生は作業が終わった後、カーテンを開けたままにして室内にあったソファに座る。
その姿を見ていると顔が見えた。

475:冬花:2013/10/11(金) 21:56 ID:xGE

今、続き書ける!
〜続き〜
ピッピッピッピッ
機械が、絶えず、動いている
未来さん…生きててくれたんですね…

医者「君のおかげだ すごいな!」
陵「いえ…僕の愛する人ですから…ボソ」
医者「え?君?」
陵「いえ!なんでもありません!!」
僕は嬉しくて、涙が止まらなかった
未来さん…早く目覚めてください…


〜未来目線〜
あぁ…ここはどこだろう…
真っ暗な世界…
誰か…いないの…?
誰も、いないの…?
陵!!助けて!!
「未来さん」
そう考えてると、陵の柔らかい声が聞こえた
大好きな…あの声
未来「りょ…陵!!」
ふわっ…
体が軽い…
何かに包み込まれていく…
陵…

ぱちっ
??ここは?
目の前には、陵の寝ている顔と、病室の白い天井

未来「陵?」
続く!!
明日から、いない!!
日曜日まで!
本当にごめん!!
ばーい♪

476:冬花:2013/10/13(日) 18:56 ID:xGE

お久しぶり!!
みんな、元気??

今日は、疲れたから、また明日続き書くね♪

477:美玉:2013/10/14(月) 05:45 ID:MaI

お久しぶり♪
演奏会があって来れなかった……(-_-;)
私も書くね!
期待してないと思うけど。

478:美玉:2013/10/14(月) 06:13 ID:MaI

その顔はにやりと笑った。
「若いっていいわー」
呟くように言う。
「だ、だから変なことしてませんって!!」
僕は反論。
「誰も変なことって言ってないけど?」
「あ……」
しまったと思い声を漏らす。
「ふーん、変なことしてたんだー」
「いや! してま……せん……よ…?」
どんどん小さくなっていく。
しかも疑問系。

ピピ…ピピ…ピピッ……

体温計が鳴った。
はかり終わったようだ。
先生は未来さんのところに向かう。
「はい」
先生が僕に向かって体温計を投げた。
「っと……だめですよ! 学校の備品を投げちゃ!」
先生はこの言葉に反応しない。
黙々と作業をしている。
僕は体温計の表示を見た。
“38.7 `C”。
こんなに熱があったなんて。
未来さん……
少しだけ怒りがこみ上げてくる。
無理しないでくださいよ……
僕を頼ってください…!
「じゃあ、私は早退するって先生方に言ってくるから。待ってて」
「はい」
僕はまた未来さんが寝ているベッドの近くのイスに腰を下ろした。

479:冬花:2013/10/14(月) 08:57 ID:xGE

未来目線で!
続き!
未来「陵……?」
陵…寝てる…?

陵「すー…すー…未来さ…すー…」
おい…あたしの名前言って寝てるとかw
起こしたほうがいいのかなぁ…
寝かせておけばいいかなぁ…
陵の事だから、疲れてるだろうし、
寝かしておこう!うん!
陵…ずっといてくれたのかな…
今、午後9時半だから、もう夜…
陵…優しいな…
あたしとは、本当に大違い…
そう思っていると…

陵「ん…」
わわっ!陵!?
起きちゃった…
陵「未来…さ…?」
まだ、寝ぼけてる…
未来「あたしだよー未来未来」
陵「本当に未来さんですか…?」
未来「陵なにいってんの!あたしだよ!
   唐沢未来!!」
陵「未来さ…未来さんっ!!」
未来「わわわっ!陵!どうしたの!?」
陵が急に抱きついてきた
未来「ちょっ…ちちょっ…
離して…んっ!」
陵がキスしてきた
今のたいせいはあたしに陵が乗っている というか、抱きつかれてる…
未来「んっ…りょ…」
話そうとしたら、キスで、口を塞がれる
ぷはっ
陵「未来さん、僕は誰か分かりますか?」
未来「陵 でしょ?」
陵「記憶が戻ったんですね…
   よかった…!!」
未来「陵…ありがとう…」
陵「でも、記憶がなくても、未来さんは、未来さんでした」
未来「え?」
陵「やっぱり、記憶がなくても、僕はあなたが好きです」
未来「ありがとう…あたしもだよ…
    陵の記憶がなくたって」
陵「はい!!」
そしてあたしたちは、また深くキスをした

♪終わり♪
どうだったー??
リクエストあったら、お願い!!

480:美玉:2013/10/14(月) 13:54 ID:MaI

おもしろかったー♪
やっぱし、陵は未来の性格とかは変わっても好きだったね!
一途だ…!
Happy End(*^_^*)
じゃあ、力をもった敵が出てきてバトル、ていうのはどうかな…?
だめだったらいいよ!

481:冬花:2013/10/14(月) 14:12 ID:xGE

うん!
それにするね♪
リクエストありがとう!
夜でいいかな??

482:美玉:2013/10/14(月) 15:19 ID:MaI

ありがとう♪
よろしくネ☆
私は他の小説もあるから遅くなる…!

483:冬花:2013/10/14(月) 17:32 ID:xGE

ごめん!!
9時頃かも!!

484:冬花:2013/10/14(月) 21:44 ID:xGE

ごめん!!
明日になる!!
美玉さん、本当にごめん!
じゃ、おやすみ!!

485:美玉:2013/10/14(月) 21:58 ID:MaI

大丈夫だよ。
私もごめん!
時間がなくて……(>_<。
おやすみー♪

486:冬花:2013/10/15(火) 21:23 ID:xGE

はじまり〜♪
〜敵、あらわる〜
ある日のことだった
あたしはいつも通りに起きた
そしてご飯を食べた
そして、家を出て、陵と一緒に行く
それが、あたしの日課だった
のに……

ウィーン…
あれ……?
陵いない?
なんでいないの?
いつもの時間だよね?
……いつもの時間…
陵…どうしたんだろう…
続く!!
こんな感じで、大変なことになりますよーん♪
続きは、明日ね☆
おやすみ♪

487:冬花:2013/10/16(水) 20:50 ID:xGE

続き!
陵…いない…
もう、学校行ったのかな
まぁ、行こうかな……

〜到着〜
っ!?
あれは…あたし…!?
あたしが二人!?
陵「み…未来さん…近いですよぉ…」
未来?「ふふっ…陵かわいぃ♪」
!?
どうなってるの!?
あたし一体…何?
陵の近くへ行く
すぅっ…
え…
あたし、陵の体を透き通った!?
あたし、霊体になっちゃったの!?
うそっ!!
あいつ…何者だ!!
あたしの体が消えて、あいつがあたしの体奪ったってこと!?
続く!!
大変なことに!!
続きは、お楽しみに♪
おやすみ♪

488:リオン* ◆Jr8Q:2013/10/16(水) 23:19 ID:qYg

おひさぁ!私誰かわかります?
えっ?未来幽霊になっちゃったの!?
どうなっちゃうのかな〜。
きになるよー!!(>_<)//

489:冬花:2013/10/17(木) 06:06 ID:xGE

ニーちゃんだよね??
お久しぶり〜!!!!
大変なことになっちゃうよ☆
続きは、夜に☆

490:karenn:2013/10/17(木) 15:37 ID:vBM

早く

491:karenn:2013/10/17(木) 19:11 ID:vBM

まだ?

492:冬花:2013/10/17(木) 20:50 ID:xGE

続きだよ
そんな…そんなわけない!!
あり得ないよ…っ!!

その日はずっと陵の後ろにいた
でも陵は全く気づいてくれなかった
陵は、偽物のあたしとラブ×2していた
陵…気づいてよ!!
その時、あたしの頬から涙が溢れた
ポタン…
陵の机へ涙が落ちた…

陵視点
あれ?なんで僕の机に水が…?
僕の汗でしょうか?
でも汗かいていない…
なぜ?
それに…今日の未来さん、なんかいつもと…
違うような気もします…
なぜでしょう…
続く
おやすみ♪

493:リオン* ◆3ipo:2013/10/17(木) 22:22 ID:qYg

そうだよ!
陵!!!!!!
早くきづきなさい!!!!!!

494:冬花:2013/10/17(木) 22:24 ID:xGE

リオン>ww
続きは、明日☆☆
じゃ、寝るね!
おやすみー♪

495:冬花:2013/10/18(金) 20:20 ID:xGE

続き書くのは、ごめん!><
明日になる!!

496:冬花:2013/10/19(土) 14:34 ID:xGE

続きやて♪
陵視点
なんか、いつもより変…
なんかあったんでしょうか…
この水…なんでしょう…
僕の席は、一番後ろなので、誰も後ろにいない…
のに…
これは…涙…?
でも、誰の…?
そう考えていると…
『陵…陵…きづ…いて…』
この声…
『陵…おね…が…きづ…気づいて…」
この声…未来さん!?
なぜ?
未来さんは授業を受けているはず…
なのに、なぜ声が…
そして、未来さんを見た
そしたら、笑ってきた
でも…おかしい
未来さんの顔は笑ってるとは思えない
やっぱり…変だ
続く!

497:冬花:2013/10/19(土) 18:14 ID:xGE

最終回…読んだ?
終わるの本当に悲しいよね…
エピローグあるみたいだし、楽しみ♪
暇だから、続きかくね!

変です…
未来さん…?
もしかして…!!

授業終了
ここで試すのはちょっと…
僕が歩いたら、ついてきますかね…
ま、物は試しです!

裏庭
ここなら、大丈夫…です
陵「鎮守の神よ この緋扇に宿れ」
ふわぁ…
『りょ…う…』
陵「未来さん!?」
『あたし…霊体になっちゃつた…』
陵「そん…な!!」
『陵…おねが…ぃ…たす…けて…』
すぅぅっ……
未来さん!!
なぜ…あんなことに…
透けていた…
くそっ!!
護りきれなかった…
でも、まだまだです!!
陵「ぜったいに…
   助け出します!!」
未来さん!
待っててください!
僕が助け出します!

その頃…<未来>
ここは…どこ?
あたしは…さっき陵のところにいたのに…
真っ暗…
??「お目覚めかい?やぁ
    わたしは、愛姫だ」
未来「……愛…姫…?」
誰だろう…
愛姫「お前を滅ぼすために、連れてきた」
未来「あたしを滅ぼす!?なんで!?」
愛姫「大丈夫だ すぐに殺すのではない」
未来「!」
愛姫「一週間のうちにお前を他の人が救えなかったら、
   お前の体を消す」
えっ!?そんな!!
続く!!

498:おとは:2013/10/19(土) 23:16 ID:fKA

面白いですね!
ぜひ最後まで書いてください。

499:冬花:2013/10/20(日) 06:17 ID:xGE

おとはさん、ありがとうございます!
絶対最後まで書かせていただきます!

500:リオン* ◆Jr8Q:2013/10/20(日) 10:32 ID:qYg

がんばって!
どうなっちゃうの〜

501:karenn:2013/10/20(日) 13:30 ID:vBM

祝500

502:冬花:2013/10/20(日) 17:02 ID:xGE

みんなの期待を裏切りたくないから、続き!!
なんで!?
なんでよ!
あたし、何かしたの?
愛姫って…聞き覚えあるけど…
未来「あたし…何したの!?」
愛姫「それは…お前が!!
   時雨様を奪ったのだ!」
時雨…?
あたし…時雨のこと好きじゃないのに…
愛姫「私は時雨様の妻だった
   のに、お前が現れて時雨様は私を捨てたのよ!!」
未来「そんな…」
そういえば、時雨は未桜が好きだったんだっけ…?
愛姫「だから私は…あなたを殺すために霊体にして、未来に化けた!!」
そんな…陵…陵…陵!!
助けて!!

〜陵視点〜
どこにいるんでしょう…
未来さん…
異空間ですかね…
あ!!龍羽くんと、さくらさん!!
知ってるかもです!
教室
いますかね…
いました!!
陵「龍羽くん!さくらさん!!」
龍「陵 どうした?」
さくら「どしたん?」
陵「未来さんが…霊体になっちゃったんです!!」
龍「そんな!」
さくら「未来が!?」
陵「なので、助けにいきましょう!!」
龍 さくら「あたりまえだ!!(や!)」
続く!!

503:アンナ:2013/10/20(日) 19:19 ID:1HE

あやかし緋扇大好きです!!
いれてくださーい!
あと、タメ☆呼び捨てOKでーす!

504:& ◆K.8s:2013/10/20(日) 19:21 ID:1HE

中1ですー!
これから 文化祭や大会などで忙しくなるので
あんまり来なくなると思いますが宜しくです!
部活もあるから もぉ、本当これないかもだけど……

505:アンナ:2013/10/20(日) 19:22 ID:1HE

上アンナ!うちね!

506:冬花:2013/10/20(日) 19:53 ID:xGE

アンナさん、よろしくお願いします♪
来れなくても、大丈夫!
入ってくれて、ありがとう♪

みんな続きは明日書くね!
えっと…お知らせね☆
22日(火曜日)から、23日(水曜日)まで、
修学旅行だから、来れない!!
ごめん!!
帰ってきたら、すぐ小説更新するから!
明日、できるだけ、書くね!
本当にごめんね><

507:冬花:2013/10/21(月) 18:36 ID:xGE

ごめん!!
遅くなった!
続き!!
〜陵視点〜
龍「未来は、きっと異空間に閉じ込められている」
陵「どうやって入るんですか?」
さくら「それはな…」
龍「この町(?)にその異空間に入れる入り口があるんだ」
さくら「残念なんやけど…それがどこか分からんくてな〜…」
陵「……それなら、もう一から探す…
    ということですか…」
さくら「でも、未来助けるなら、うちは一から探すで!」
陵「はい!!当たり前です!!」
龍「もちろんだ」

こうして、僕たちは異空間への入り口を探すことになった
が……
さくら「……どこから探すん?」
龍「そうだな…
  どこかに扉があるはずなんだ…」
すると……!!

愛姫「君たち やあ」
陵「誰ですか!!」
龍「誰だ」

龍羽くんは日本刀を構える
愛姫「私は愛姫だ
   未来を助けたいか?」
さくら「あ…当たり前やん!」
愛姫「なら、一週間のうちに異空間に入り、助けにこい」
陵「一週間?」
愛姫「あぁ じゃないと…
未来をこの世から消す」
陵 龍 さくら「!?」
続く!!
明日は、書けない!!
忘れないでね!
じゃ、またね〜♪

508:美玉:2013/10/21(月) 20:48 ID:mCs

ごめん!<(_ _)>
最近来れなくて……
小説読んだよ☆
やっぱりすごいね!
もう少ししたら書くから。
ほんとごめん!(T^T)
修学旅行楽しんできてネ♪
アンナさん、よろしくです!

509:美玉:2013/10/21(月) 22:22 ID:mCs





「お待たせー、唐沢さんを連れてきて。昇降口の方に車まわすから」
「わかりました」
彼女を持ち上げた。
羽のように軽い。
僕の手に触れた肌から、じわっと熱が伝わる。
……そういえば、これって姫だっこって言うんでしたっけ。
未来さんに知られたら騒ぎだすでしょうね。
叫びだすかも。
言わないでおこう。
鞄は先生が持っていってしまった。
僕(達)は昇降口に向かう。


「助かったわ、ありがとね」
「大丈夫ですよ。では、僕はこれで。未来さんをよろしくお願いします」
未来さんは心配だが学校をさぼるわけにはいかない。
……本当は彼女の隣にいたいのだけど。
僕は教室に戻ろうとする。
すると、がっちり腕を掴まれた。
「……先生、どうしたのですか?」
「大丈夫なんだよね。もう少しいいかな…? まぁ、強制だけどね」
明るい声が聞こえる。
この先生……

510:アンナ:2013/10/21(月) 23:22 ID:e0U

皆ヨロシク〜ー!
皆 年齢?とか何年生とか教えてー!
ちなみに、うちゎ中1 !!!

511:美玉:2013/10/22(火) 05:40 ID:mCs




「先生……これっていいのですか!?」
ちゃっかり車に乗せられてるのですが!
「お手伝いね。大丈夫、学校には言ってあるから」
「よく許可取れましたね…!」
この学校……大丈夫なのか?
「神山君、じゃあさぁ……」
「はい?」

「私がどうやって唐沢さんを家に運ぶっていうの?」

疑問が浮かぶ。
「なぜですか? 未来さん、軽いですよ?」
「君が思っていても女性は違うの。それに今日はお母さんが留守みたいだから部屋まで運ばないといけない。で、私は家の中がどうなってるか知らないし、部屋すらも」
「はぁ……」
大体分かる。
「『彼氏だから』」
その言葉が出てくると思っていた。
「部屋ぐらい行ったことあるでしょ?」
「まぁ……そうですけど」
「あとこれ、はい」
何か大きいものを後ろに投げる。
「だから、投げてはだめです!」
キャッチして見てみると僕の鞄だった。
「なぜ僕の鞄があるのですか…!?」
教室にあったはずだが……
彼女を部屋に運ぶだけじゃないのか?
いやな予感しかしない。
「看病もよろしく。許可はとってあるよ」
本当に大丈夫か…?
この学校……
僕は頭を抱えた。
少し嬉しかったけど。

512:美玉:2013/10/22(火) 05:42 ID:mCs

私は中2だよ☆

513:アンナ:2013/10/23(水) 16:52 ID:T7k

おぉ!先輩!w
タメでぉk?

514:由真:2013/10/23(水) 17:44 ID:wmc

お久しぶり〜(>∀<)
覚えてる?

515:冬花:2013/10/23(水) 20:05 ID:xGE

アンナさん>>先輩!?w
okだよ☆
由真>>覚えてるよ!!
   お久しぶり〜♪♪
続きは明日!!

516:美玉:2013/10/24(木) 06:50 ID:mCs

冬花ちゃん、お久しぶりー☆
修学旅行どうだった?
アンナちゃんタメOKだよっ♪

517:冬花:2013/10/24(木) 08:54 ID:xGE

美玉さん、お久しぶり〜!!
熊本に行って、すっごーく楽しかった!!
続きは夜になる!!

518:美玉:2013/10/24(木) 19:46 ID:mCs

熊本っ!?
いいなー。
私は東京だった。
小説ね……今回も遅くなる!
ごめんね(T^T)

519:冬花:2013/10/24(木) 20:21 ID:xGE

続き!
陵「そ…んな!!」
さくら「そんな…未来が何をしたというんや!?」
愛姫「とりあえず、一週間だ
   はっはっはっ!!」
シュウゥッ
消え…た…
未来さんー!!
龍「探すぞ!!未来の為に!」
 「オー!!」

〜次の日〜
今日は学校をサボり、扉探しです!
さくら「ヒントはつかんだけぇ」
陵「本当ですか!?」
龍「あぁ きっと…未来の大切な人との思い出の場所だ」

大切な…人…?
さくら「うちら的に…陵くんやと思うんやけど」
龍「絶対陵だ」
陵「僕との…思い出の場所…?」
ありましたかね…
出逢った…公園…?
陵「公園…?ですかね…」
さくら「そこや!!行くで!!」
陵「はい!!」

〜公園〜
ここですか…
龍「鎮守の神を使え」
陵「はい」
すぅっ…
陵「鎮守の神よ この緋扇に宿れ」
すっ…
扉…!!
さくら「あったわ!」
龍「入るぞ 準備はいいか」
陵「はいっ…!」
するとー!!
霊「はーっはっはっは!!」
陵「なっ!!」
扉の前に霊が現れた
霊「まずたたかえええぇ!!!」
さくら「うわぁっ!!」
炎!?
あ…つ…い!!
熱い!!


はっ!?
ここは…!?
続く!!

520:美玉:2013/10/24(木) 21:06 ID:mCs

扉を見つけた!
霊とのバトル……
陵達…頑張れっ!!(>_<)

521:冬花:2013/10/24(木) 21:35 ID:xGE

今日は修学旅行の分として、もう一回☆
続き!!
ここは…
さくらさん家…?
なぜ?
未来さん…?
さくら「陵くん!?大丈夫なんか!?」
龍「大丈夫か」
陵「は…い…」
さくら「時間を無駄にしてしもた…」
陵「え…?」
龍「あと…4日しかない…」
陵「え!」

スマホを見ると、○月20日
確かに、残り4日!?
陵「あの霊に勝たなければ!!」
龍「火には火が合うらしいぞ
   弱点は水だ」
陵「はい!行きましょう!」

〜またまた公園〜
霊「まだくじけないか」
陵「当たり前です!!」
霊「さぁいくぞ」
ぼうっ!
炎には炎…弱点は水!!
陵「火之伽具土神よ
   この風と共に
    天高く空へ 舞い上がれ!」
ぼわぁぁっ!!
霊「くっ…!!」
弱った…とどめだ!!
陵「水分神よ
   こやつにとどめをさしたまえ!」
((これは勝手に考えた…
 気にくわなかったら、教えてくださーい><))
霊「くっ…通っていいぞ…」
しゅうぅぅっ
よし!!
通れる!!
龍「陵、ありがとう 行くか」
さくら「行くで!!」
陵「はい!!」
未来さんの為に…
この扉をくぐり、未来さんを助け出して見せます!!
      すぅっ…
続く!!
また明日☆
   

522:美玉:2013/10/24(木) 22:33 ID:mCs

きにくわないわけじゃありませんよ!
思いついたので。
水分神、霊だから
『汚れた御霊を清めたまえ(けがれたみたまをきよめたまえ)』
とかかなー?
あ、勝手に考えただけだからね!?
気にしないで…!(>_<)
続き楽しみにしてるよー(*^_^*)

523:冬花:2013/10/24(木) 22:48 ID:xGE

訂正ね
陵「水分神よ
   こやつにとどめをさしたまえ!」
を、
陵「水分神よ 汚れた御霊を清めたまえ!」
に訂正します

楽しみにしててくれて、ありがとう!!
じゃ、おやすみ〜♪

524:おとは:2013/10/25(金) 04:19 ID:ACg

やっぱり冬花さん小説書くのが上手
ですね。続き楽しみにしています。

525:冬花:2013/10/25(金) 06:04 ID:xGE

そんなことないよ!!
私…まだ初心者だし…
これから頑張るね!
応援してくれてありがとう♪

526:美玉:2013/10/25(金) 06:17 ID:mCs




ここ、どこだろう?
真っ暗な闇の中。
あたしは1人立っていた。
わけも分からず心に恐怖の感情が芽生える。
なんであたしはここにいるの…?
……怖い、陵…!
大切な人の名前を思い浮かべる。
お兄ちゃんも大切だけど……変わらなきゃいけないって思った。

すると、暗い闇の中に、ぽつりと小さな白い光が。
あたしはその光に向かっていく。
何かあるかもしれない。
この真っ黒の世界から抜け出せるかもしれない。


ーー
短いね……ごめん!
時間なくて。
分かりづらかったかもしれないけど、未来の夢の中です。

527:美玉:2013/10/25(金) 06:18 ID:mCs

いや、ほんとうまいよ!
凄いっ!!

528:冬花:2013/10/25(金) 17:31 ID:xGE

いやいや、初心者だってば…
下手ったら下手なんすよ…↓↓
続き、宿題終わってから書くよ☆
期待するなよ…↓

529:おとは:2013/10/25(金) 19:12 ID:dLA

本当に上手です。
自分で下手だと思ってるのに
上手に書けるなんてすごいですよ!
冬花さんが下手だと思っていても
私の心はなごみましたよ。

530:冬花:2013/10/25(金) 20:42 ID:xGE

そ…そんなことないって!!
誉めてくれて…ありがとう!
続きは次に☆

531:冬花:2013/10/25(金) 20:51 ID:xGE

続き!
すうっ…
あれ?ここは…
異空間?でも見覚えが…
時雨の屋敷?

龍「ここのどこかに、愛姫と未来がいるはずだ」
さくら「未来〜!!どこや〜〜!」
陵「広いですね…」
これじゃ…どこにいるのか分かりません…
龍「探すぞ!!」
さくら「うちは、こっちへ行くわ!」
陵「はい!僕はこっちに行きます!」

未来さん…どこでしょう…
あれ…?なんかすごい眩しい…
!?あれは!!
愛姫「チッ 来たか」
そこには、
氷の中に入れられて、目を閉じている未来さんがいた
陵「未来さんを返せ!!」
続く!!
なんか…これ長い…

532:匿名さん:2013/10/25(金) 21:32 ID:JKk

そういえば冬花さんは6年でしたね。
私は5年です。
1つ違うだけで文章の書き方の
違いがすぐわかる。
上手だから自信もって続けてー

533:冬花:2013/10/25(金) 22:14 ID:xGE

五年生なんだ〜!
文章の書き方なんて…
おとはさんの方がうまいよ!?

そんなに誉めてくれて…
ありがとう!

534:冬花:2013/10/26(土) 10:41 ID:xGE

続き!
陵「未来さんを返せ!!」
愛姫「なら、わたしに勝てるかな?」
((あ、この話は時雨との対決
  つまり、時雨との決戦が終わった後です))
陵「勝ってみせます!!」

下から、蛇がたくさん出てきた
陵「木の神 句句廼駿 我に力を」
ザアッ!
蛇は全て消えた が…
!?愛姫が刀を!?
ぴっ!
ぐうっ!!
陵「うっ…!」
手をちょっと刺された
痛い!!
さくら「陵くん!!」
龍「陵!!」
さくらさん…龍羽くん…
愛姫「お前たちも刺してやる」
ぐさっ!
さくらさんを、龍羽くんがかばった
さくら「龍っ!!!」
龍「さくら…逃げろ…!」
愛姫「さぁ、お前もだ」

さくら「っ!!」
龍「逃げろ!!」
さくらさんは逃げた
僕たちは動けない…
愛姫「さぁ、そろそろ未来を殺そうかな〜♪」
陵「だめ…だ!」
愛姫「さぁ…ここが未来の墓場だ!」

      「愛姫!!」
愛姫「!?だれだ!!」
え……?
続く!!

535:美玉:2013/10/26(土) 13:04 ID:mCs

誰が愛姫を呼んだんだろう……
未来?
それとも…?
ドキドキ…!!(>_<#)

536:おとは:2013/10/26(土) 18:26 ID:Br.

続き気になる!頑張って

537:匿名さん:2013/10/26(土) 22:36 ID:3q2

あの、あやかし緋扇の小説書いちゃおー♪
みましたか?
見てないなら見てコメントください。

538:冬花:2013/10/26(土) 22:36 ID:xGE

明日書くね!!
そろそろ寝なきゃ!!
みんな、ありがとう♪

539:おとは:2013/10/27(日) 06:56 ID:nrE

コメントありがとう。
小説頑張って!

540:冬花:2013/10/27(日) 15:01 ID:xGE

続き!!
     『愛姫!!』
え…?

???「未来は殺してはいけない
     何をしているんだ!」
愛姫「!!時雨様!!」
時…雨?
時雨の横は…
未桜!?
未桜「未来を返しなさい 愛姫」
愛姫「…っ!!もう、殺してやる!!」
未来さん!!
目をつぶった
この場面は見たくない!!
続く!!
ごめん!
短くて!!
お腹いたくてさ…↓↓

541:冬花:2013/10/27(日) 17:06 ID:xGE

回復!!
続き!
未来さん!!
ざしゅっ!!
っ…?
愛姫「時雨様!!」
時雨に刺さっている
時雨「ぐ…うぅ…愛…ひ…め…」

未桜「時雨!!
    舞います!!
『君をー初めて見る折りはー
 千代も 経ぬべし 姫小松ー…』

時雨の傷が治った…
それと同時に、僕たちの傷も治ってゆく…
未桜の舞いは、すごい力だ…
続く!

542:冬花:2013/10/28(月) 19:50 ID:xGE

ごめん!
今日は書けない!!
また明日♪

543:冬花:2013/10/29(火) 20:33 ID:xGE

続き

…はっ!
傷が治ったんでした!!
さあ、今です!!
陵「未来さんを返してください!!」
愛姫「くっ…」

時雨「愛姫…
   お前は、バカだ」
愛姫「!?」
時雨「私はお前を、忘れたことはなかった」
愛姫「そん…な!」
時雨「お前が自殺したと知り、私は
    お前を失ったことを後悔した」
愛姫「時雨…様…」
時雨…そんなことを…
時雨「今…言っても遅いが、また、来世がある」
愛姫「…来世では…愛してくださいますか……?」
時雨「もちろんだ 本当はお前も愛していたんだ…」
愛姫「時雨様っ!!」
ぎゅぅぅぅう…
抱き締めあっている
あぁ…何て幸せそう…
未来さん!!
陵「龍羽くん!!刀を貸してください!!」
続く!

544:美玉:2013/10/29(火) 20:51 ID:mCs

久しぶり!
愛姫と時雨、くっついたんだね…!
感動。よかったー(T^T)
陵、刀は何に使うの!?

545:美玉:2013/10/29(火) 20:57 ID:mCs

あ、言うの忘れてたんだけど……
私、小説書くの遅いからね。
前からそうだったけど。
時間がないのもあるし、小説カキコの方の小説の方を優先したいの。
ごめんね……(>_<。
感想とかはちゃんとするから!
もしよかったら、カキコの方も読みにきてくださいな。
宣伝みたいになっちゃった……
本当に色々とごめんなさい。

546:冬花:2013/10/30(水) 06:13 ID:xGE

美玉さん、来てくれるだけで
嬉しいよ!
書くの遅くてもいいよ!
見に行ってみようかなー。

続きは、夜に書く!!

547:冬花:2013/10/30(水) 20:06 ID:xGE

続き!
陵「龍羽くん!!刀貸してください!」
龍「あぁ!」
ふぅ…
僕は、未来さんの氷の近くへ行く
そう、僕はこの氷を破り、未来さんを助けるのだ
未来さんを切りつけないように…
そぉっ…
ざしっ!!
パリン…!
破れた!!
陵「未来さん!!」
ふわ…
ホッ…ナイスキャッチ…
体…冷たい…

ぐらぁっ
陵・龍「!?」
龍「!!まずい!!異空間が消滅する!!」
陵「そんな!!」
龍「俺は、さくらを探す!!
   お前は、この穴から未来と降りろ!!」
陵「はい!!」
時雨「気をつけてな!」
愛姫「お気をつけて!」
未桜「嶺羽様…」
陵「未桜…」
未桜「また…来世で…!!」
陵「はい!!」

穴!!
しゅぅぅぅぅっ!!
続く!!

548:美玉:2013/10/30(水) 22:26 ID:mCs

やっと未来が陵の元に…!
かっこよかった♪
刀にそんな使い方があったとは。
これからはどうなるんだろう?(>_<)

あ、カキコの方では“敬語”で話すからね。
色々とあるから。
よろしくお願いします<(_ _)>わ

549:冬花:2013/10/30(水) 22:45 ID:xGE

ok♪
また明日♪

550:美玉:2013/10/30(水) 22:52 ID:mCs

おやすみです♪
また明日。(*^^*)

551:冬花:2013/10/31(木) 18:51 ID:xGE

続き!!
どんどん落ちて行く…
大丈夫…未来さんは、僕の腕の中にいます…
ホッ…
そして、僕は気を失った


???ここは…
僕の家?
未来さん!!

腕に暖かい感じがした
あぁ…
未来さん…
僕は、あなたを救えたんですね…

陵「よかった…」
すると…

未来「ん…」
続く!!

552:-miku-:2013/10/31(木) 19:02 ID:50o

最近来てなくて、ごめん!!(>人<)
いや、ほんとに、すみません……。


き、キス…ですよね…?
未来と陵、キス?
リア充ですかい!未来ちゃん陵にトゥンク!←←←←

553:冬花:2013/10/31(木) 19:46 ID:xGE

ううん、来てくれて、ありがとう♪
ww

554:美玉:2013/10/31(木) 21:17 ID:mCs

未来、よかったねー(*^^*)
起きたかな…?
まぁ、リア充だよね♪
いいな……(-_-;)

555:桜奈 ないり:2013/10/31(木) 23:35 ID:EqU

初めまして。ないりです。
面白いですね。

556:冬花:2013/11/01(金) 17:29 ID:xGE

美玉さん、ww
桜奈 ないりさんありがとうございます♪

557:おとは:2013/11/01(金) 22:24 ID:Fpc

がんばれ!

558:冬花:2013/11/02(土) 07:06 ID:xGE

おとはさん、ありがとう♪♪
続き!

未来「ん…」
ん??
って…え!?
腕に、キスされてる!?
かああぁぁぁ ///////
陵「み…未来さ…」
未来「スヤスヤ…スピー……」
寝てる…

とりあえず、未来さんを僕の部屋へと移動させましょう

陵「よっこらしょっと…」
軽い…
大丈夫ですかね…
未来「りょ…ぉ?」
陵「未来さん!!」
未来「ここ…どこ…?
    陵の…家…?」
陵「はい」
未来「そっか 陵 助けてくれて…ありがとう」
陵「僕は、あなたを救えて、よかったです」
未来「え…あり…がとっ!?」
そして僕は、未来さんにキスをした

ぷはっ
未来「まだ…たりないよ?」
未来さんは、くすくす笑いながら言う

陵「では…」

僕はまた、未来さんと深いキスをした

      ♪終わり♪


おわたーー!!
長かったw
リクエスト、あったら、教えてね☆☆

559:冬花:2013/11/02(土) 17:12 ID:xGE

……誰も来ないから……

勝手にかくでw
(12月としてw 11月だけどw)
〜クリスマス.デート〜

今日は、クリスマス!!(イブ)
だから、昨日、約束したんだ

「一緒に、クリスマス、デートしよう」
って!
初めてだから、すごく緊張する…
クリスマスでデートなんて、100%!
恋人がするんだよね…

いや、恋人だよねw
あっ!!
もうこんな時間!!
未来「ヤバイ!!服ー!!」
続く!

560:美玉:2013/11/02(土) 20:37 ID:mCs

ごめん!
文化祭で来れなかった(T_T)
最後は甘くだね♪
いいなー。
ラブが書けるようになりたい……
クリスマス、サンタは陵かなー?(^^)

ないりさん、来ていたのですね!
ここでもよろしくお願いします♪

561:冬花:2013/11/02(土) 20:59 ID:xGE

美玉さん、ないりさんと知り合いなの?

562:美玉:2013/11/02(土) 22:08 ID:mCs

うん!
カキコの方の、私の小説を見てくれる人(*^_^*)

563:美玉:2013/11/03(日) 06:42 ID:mCs

遅くなってごめん!
#続き#



「未来!」
いきなり大きな声が聞こえた。
「あ、おにいちゃん……」
「どうしたんだ?」
お兄ちゃんが心配そうにあたしの顔をのぞき込む。
「だいじょうぶだよ、ぼーっとしてただけ」
「よかった。だめだからな、ブランコに乗ってるときによそ見してちゃ」
「はーいっ!」
いつも通りお兄ちゃんと公園で遊んでいた。
今はブランコをしている。
キーコーキーコー鳴っているのは少々気になるが、揺らすと風がふいて気持ちいい。
天気も良くてぽかぽかと暖かい。

お兄ちゃんと遊んでいるときは本当に楽しかった。
一緒に過ごした時間は長いようで短いようで。
1日があっという間だった。
……これからもずっと一緒にいるのかと思っていた。


ある日ー…‥。

「おにいちゃん、おそいなぁ……」
1人で遊んでいた。
何か用事があるのかな?
砂場で歌を歌いながらお兄ちゃんを待つ。
すると、公園の門の辺りに人影が見えた。
「おにいちゃん!?」
笑顔で走っていく。
でも、門まで行ってもお兄ちゃんの姿はなかった。
「ちがったのかな……」
そう思いながら砂場に戻ろうとする。
しかし誰かに腕を掴まれた。

564:美玉:2013/11/03(日) 07:00 ID:mCs

「あ……」
頭なども掴まれて、道路に引きずり込まれる。
車が自分に向かって走っているのが目に入った。
「やああぁ!!」
叫ぶと地面に頭を打ちつけられた。
「うっ」
じわりと痛みがきても後から刺すように強くなっていく。
薄れていく意識の中で、
「おにぃ……ちゃん……」
と言葉を発した。


ーー
事故の時の記憶の夢です。
演奏会があるので、たぶん16時ごろに書きます……と思います。(^_^;)
文化祭の次の日に演奏会とか……(怒

565:冬花:2013/11/03(日) 11:10 ID:xGE

おぉー!
頑張って!!

続き!!
服ー!!
うーん…
こんなんでいいかな…

あたしが選んだのは、
白いワンピース(長袖)
に、青いコート
未来「いい…よね…」
はっ!!
もうこんな時間!!
(この話で2回目w)

急いで着替えて、家を出た

ウィーン…
未来「陵…」
陵居ない…?
珍しい…

陵「未来さん!!遅れてすみません!」
未来「いい…けど、どうしたの?」
陵「いえ 電車の時刻を調べていたんです」
未来「そっか ありがとう」
陵「はい!!行きましょう♪」
続く!!

566:美玉:2013/11/03(日) 16:32 ID:mCs

おぉー!
頑張ります☆

567:美玉:2013/11/03(日) 16:34 ID:mCs

あ……
もう終わってたね……(-_-;)

568:美玉:2013/11/03(日) 21:04 ID:mCs




べッドの上で目が覚めた。
いつもとは違う天井。
ここ……どこだろう…?
起きあがると、お母さんの泣いている姿が見える。
「おかあさん…?」
「未来…!」
気づいたようで顔をあたしの方に向ける。
「おにいちゃんは…?」
いつも隣にいてくれた人がいないということが不自然に思えた。
「……」
あたしはベッドの下にあった自分の靴を履き、何も言わないお母さんに近づいていく。
すると、お母さんは静かに隣のカーテンを開けた。
カーテンの奥にあるもう1つのベッドにお兄ちゃんが横たわっていた。
しかし違う。
お兄ちゃんは傷だらけで、冷たくなっていて……
あたしにはお兄ちゃんの表情と、頬にまでかかっている真っ赤で鮮やかな血の色しか見えなかった。
「お、おにぃ……ちゃん……は…?」
お母さんの方を向いて答えを求める。
お母さんはただただ首を降って、あたしを腕で包み込んでくれた。
自然と目に涙がたまっていく。
泣くしかなかった。
声を上げて。
まだ小さい自分にはこの感情をこらえることはできない。
すぐに分かった。
お兄ちゃんはあたしのせいで死んじゃったんだ、って。

569:美玉:2013/11/04(月) 07:14 ID:mCs




「未来さん!!」
はっと目を覚ます。
揺れていて、エンジン音がする。
周りのシートからして、ここは車の中なんだろう。
「大丈夫ですか!? うなされていたようですが……」
いつの間にかあたしの頬は濡れていて、目から1滴の涙がつたる。
あたしの大切な人……陵の顔が前にある。
膝枕状態だけど今はそれどころではなかった。
彼は優しく指の背であたしの涙を拭う。
「りょ、陵……」
「はい?」
あたしは彼に手をのばした。
「え……未来さん…?」
そのまま彼の胴のところに腕をまわし、抱き寄せる。
彼の胸に顔をうずめた。
「えっと……」
いきなり自分を抱きしめたあたしに動揺しているのだろう。
でも、何も言わずあたしの首のところに腕をまわし、抱きしめ返してくれた。
「……寝ている間に何があったかは分かりませんが、安心してください」
あたしは何も言わない。
今の感情が声に出てしまうから。
「僕がそばにいますよ」
彼が言ったその言葉がとても嬉しかった。
力強く言ってくれた彼の言葉。
「あ、唐沢さん。起きたの?」
「あ……はい!」
いきなり聞こえた先生の声。
陵は小声で耳元で、未来さん、とあたしの名前を呼んだが、離す気はない。

570:冬花:2013/11/04(月) 14:21 ID:xGE

………やっぱりさぁ………
クリスマスデートやめる…

リクエスト待ってるよ〜♪

571:美玉:2013/11/04(月) 14:40 ID:mCs

えっ……
やめちゃうの?
残念(>_<)
リクエストねぇ。
ラブが入っていればそれでいいかな。
甘甘で……(*^_^*)
お散歩デートがいいな。
だめだったらいいけど……

572:美玉:2013/11/04(月) 14:44 ID:mCs

それか、見せつけるためにクラスのみんなの前でキス……とか?
きゃー!!
できればこっちがいい(^o^)

573:美玉:2013/11/04(月) 17:54 ID:mCs

「……何があったかは知らないけど、もうすぐつくからね」
彼はあたしを離す。
「やぁ…!」
あたしは腕の力を強めた。
「そうですか……」
もう何を言っても離してくれないことをさとったらしい。




「さぁ、ついたわ。後はよろしくね!」
先生の車が未来さんの住んでいるマンションの前に止まる。
僕は渋々彼女を抱き上げ、車から降りた。
今は寝ていて、手を離してくれた。
少し残念かもしれない。
「では、ありがとうございました」
軽く会釈をする。
すると、車の中にいる先生は
「グッジョブ!」
と手の親指を上にたてた。
そのまま、車は走り出す。
キャラが分からない……固定されていないのか…?

彼女の自宅前。
「未来さん、鍵は…?」
「……鞄の中」
「では、ちょっと失礼しますね」
彼女の鞄の中から鍵を探す。
少し気がひけたが。
「あった」
見つけた鍵を取り出し、鍵穴に差し込む。
カチャ……ガチャ……
鍵を抜いて、ドアを開ける。
「っと……」
中に入って靴をぬぎ、彼女の部屋に行った。
ベッドに彼女を下ろす。
ふぅ……氷枕とかないかな?
探しに行こうとして部屋の扉に向くと、腕を掴まれた。


ーー
途中から陵視点です。

574:おとは:2013/11/04(月) 19:18 ID:tSU

応援してるよ!
これからもガンバ!

575:リオン*:2013/11/04(月) 20:33 ID:qYg

こんばんは!
お久しぶりっす〜!!
あっ!はじめましての人もいるよね??
冬花おぼえとる?リオンだよ〜♪←分かるよね…
まぁ、これからちょくちょくきます!

576:冬花:2013/11/06(水) 21:03 ID:xGE

美玉さんありがとう!!
     見せつけるためにキスにするよw

おとはさんありがとう!!

リオンお久しぶり〜〜!!
    来ないからビクッたよ〜!
明日かいていい??
ごめん><
んじゃ!!

577:美玉:2013/11/07(木) 17:15 ID:mCs

ありがとう!
明日っていうことは……今日か。
楽しみにしてるね☆

リオン*さん、初めましてですよね…?
よろしくお願いしますっ!

578:冬花:2013/11/08(金) 20:34 ID:xGE

ごめん!!
かくゼ!

〜未来.モテ期到来!?〜
*陵視点*
最近、僕は困っていることがある
なぜなら……

未来さんが、モテまくっているから!!
モテ期ですかね…
最近…
一緒に帰ってくれません…
デートしてるんですかね…

っ…
未来「陵〜!一緒に食べよ〜っ!?」

どどどどどどどど…
Aさん「唐沢あああああぁ!!
    昼食一緒に食べようよ〜!!」
Bさん「唐沢さん!!食べましょう!!」
Cさん「いいものくれてやるから、一緒に食べようよ〜〜!!」
う…
僕は3年になってから未来さんの姿に
慣れていない…
それは…
未来さんが、2年と違い、
後ろに髪の毛を結んでいるから。

髪の毛も長くなり、とても可愛い
(昔からですが)
僕…
自信がなくなって来ました……
続く!!

579:美玉:2013/11/08(金) 20:52 ID:mCs

大丈夫だよ!
うおー! きたー!
ありがとう(*^^*)

未来にモテき!?
いつもかわいいのに……

580:おとは:2013/11/08(金) 23:54 ID:BXo

面白い!頑張って!
陵、自信持たないと未来に
怒られるよ?

581:冬花:2013/11/09(土) 10:49 ID:xGE

美玉さん>>未来にモテ期ww
     いつも可愛いよね〜♪

おとはさん>>ありがとう!!
       ww

582:由真>ω<:2013/11/10(日) 07:46 ID:wmc

お久しぶり!初めまして?の人もいるかな?
美玉、冬花めっちゃ小説上手!
これからも楽しみ!
昨日セントレア行ってきたよ♪
ほっぺちゃんいっぱい買っちゃた!
●∀●

583:美玉:2013/11/10(日) 08:00 ID:mCs

由真ちゃん、ひさしぶり!
ありがとう(^^)
でも、また遅くなりそう……

584:冬花:2013/11/10(日) 16:27 ID:xGE

由真!!
お久しぶり〜!!

美玉さんは上手いけど、私は全く!!
私は下手だよぉ〜…
みんな、優しすぎだってば!!w

585:冬花:2013/11/10(日) 16:37 ID:xGE

続き!

自信がなくなってきました…
あの中に学校一のイケメン??がいます

未来さんがあの人を好きになれば…
さくら「僕は、どうしましょう」キリッ

カチーン
さくら「まぁ、そんなところやろ」
陵「さ…さくらさん!!
   エスパーですか!?」
さくら「当たったみたいやね♪」
龍「あぁ」
陵「………」
何でこんなときに…w
さくら「悩みなら、うちらがなんとかしてやるで?」
陵「ほ…ほんとうですか!?」
さくら「どうせ、未来のことやろ」

うっ…
さくら「まず、あの固まりに入り込むんや!!」
陵「はいいぃ!?無理です!!」
さくら「えーから えーから!!」
陵「…ハイ…」

僕は未来さんのことろへ行く
緊張するなぁ…
……えーい!!
陵「あのっ…「唐沢あああぁ!!」
……
もう一度!!
陵「あのっ…「今日さぁ〜デートしよーぜ!!」
……

さくら「なんや…無理みたいやな」
龍「…あぁ(可哀想…)」
……
無理ですー!!
さくら「じゃあ……次や次ぃ!!」
続く!!

586:由真>ω<:2013/11/10(日) 16:54 ID:wmc

おぉー未来のもて期!
ちょーたのしみ>∀<
小説書くのがんば!

587:美玉:2013/11/10(日) 18:56 ID:mCs

いや、冬花ちゃんの方が上手だよ!
おもしろいし……
自分の小説に自信をもって!
げんに「上手!」っていってる人、いっぱいいるよ?

588:おとは:2013/11/10(日) 19:39 ID:mFw

美玉さんもそう思う?
冬花さんもっと自信持って!
私も上手と思う人の中の一人だし!

589:冬花:2013/11/10(日) 20:07 ID:xGE

美玉さん…
おとはさん…
ありがとう!!
自信持つことにするよ!!

これからも応援よろしくね!!

でも、美玉さんも上手いし!
おとはさんも書けば上手いとおもうよ!?
自信持ってね!!

590:由真>ω<:2013/11/10(日) 20:52 ID:wmc

こん
美玉とおとはsが言ってるように
もっと自信持って!
自信持って書いた方が面白いと思う!
それに冬花らしいよ

591:冬花:2013/11/10(日) 20:59 ID:xGE

由真まで……
ありがとう…!!
自信…すごく出たよ!
ありがとう!!
本当にありがとう!!

592:冬花:2013/11/11(月) 06:02 ID:xGE

おはよう♪
続きは夜にね〜☆

593:由真>ω<:2013/11/11(月) 08:36 ID:wmc

*おはよ*
今日学校お休み。
おとはs呼び捨てか、ずけでいい?
4649ネ!

594:美玉:2013/11/11(月) 12:37 ID:mCs

由真ちゃん休みなの?
私は今部活から帰ってきた(^^)

595:由真>ω<:2013/11/11(月) 17:10 ID:wmc

こん
美玉今日学芸会の代休でお休みだよ
おとはs呼び捨てか、cずけでいい?
(ずけになっていたので直しました)

596:美玉:2013/11/11(月) 17:25 ID:mCs

私は土曜日が授業だったから(*^_^*)

597:冬花:2013/11/11(月) 20:33 ID:xGE

全部消えた…
ごめん…
書く気がなくなっちゃった…↓
また明日…↓↓

598:美玉:2013/11/11(月) 20:49 ID:mCs

え、そうなの…?
残念……(;_;)
また明日か、楽しみにしてるよ♪

599:冬花:2013/11/12(火) 21:44 ID:xGE

ごめん!!
今日忙しかった!!
明日絶対書くから!!
ごめんなさい!!

600:美玉:2013/11/12(火) 21:49 ID:mCs

大丈夫だよー!
誰にでも忙しいときはあるからね。
気長に待ってます♪

601:おとは:2013/11/13(水) 11:48 ID:sGU

私が書いてる
あやかし緋扇の小説書いちゃおー♪
が更新したので見てコメ下さい。

602:冬花:2013/11/13(水) 19:25 ID:xGE

美玉さん、ありがとう!
おとはさん、okっ!!
夜ご飯の後書く!!

あと、
・*#♪祝600っ!!♪#*・
ありがとう!

603:冬花:2013/11/13(水) 20:33 ID:xGE

続き!!
さくら「次は、あの中にどっかーんや!!」
陵「ど…どっかーん!?」
無理ですよ〜!!
さくら「ええから!!ハイハイ!!」
さくらさんに押される
え……

さくら「じゃあな〜♪」
えええええっ!!

陵「……」
取られたくはないので…
陵「あの…「唐沢!!好きだ!!」
……
陵「その…「愛してるぜ!!」
っ……
さくら「無理やね…」
龍「……」
さくら「次ぃー!!」
陵「ハイ!!」
ドキドキ…

さくら「未来を取り返すんや!」
!?
陵「え!?
   どうやってですか!?」
さくら「…聞きたいか?」
陵「ハイ…」
さくら「抱き締めて、キスや!」
!?ハイー!?
陵「そんなっ…「いいんか?取られても??」
っ…
未来さん……
陵「いいえ!!行きます!!」
さくら「頑張ってな!」

続く!

604:美玉:2013/11/13(水) 21:27 ID:mCs

次で……////かも!
おとはさん、見に行くね♪
あ、気づかなかった。
600おめでとう!(*^_^*)

605:-miku-:2013/11/13(水) 21:37 ID:50o

600おめー☆

つ、続き早く!!
ちょっと…じゃないかもしれないけど…陵キャラ崩壊してる…

と、思いたい((yr←

606:おとは:2013/11/14(木) 17:00 ID:oHE

コメくれてありがとう!
頑張れ!

607:冬花:2013/11/14(木) 17:19 ID:xGE

きさらん>ごっ…ごめんなさい…っ
     やっぱり私…小説書くの…
       だめですかね…(;-;)

おとはさん>いえいえ
        ありがとう!

608:-miku-:2013/11/14(木) 17:42 ID:50o

そんなことないよっ!!


ちょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、上手い!!!!
天才中の天才!!!!!
いや、天才じゃない!神様!!

続き早くー!!o(>_<)o

609:冬花:2013/11/15(金) 06:19 ID:xGE

きさらん>ありがとう!!
じゃ、続き〜
……スタ…スタ……
未来さん…
ヤンキー「唐沢!!今日一緒にカラオケにいこーぜ!」
未来「え!?今日は〜…」
あ…
カラオケに行くんですかね…?
チク…
さくら「陵くん、いかんかい!!」
陵「あっ…はい!」

ヤンキー「ああ?神山?なんだよ」
ヤンキー2「唐沢は俺のものだよ」
未来「は!?」
陵「………僕のものです…」
ヤンキー「あ?」
陵「未来さんは、僕のものです!!」
未来「!?りょ…!?」
ぎゅっ…
陵「未来さんは、僕のものですよ…」
ちゅっ
未来「!?」
続く!
と思う…

610:美玉:2013/11/15(金) 19:14 ID:mCs

陵が、やった…!
(私がリクしたんだけどね)
続けてー!(>_<)

611:-miku-:2013/11/15(金) 19:53 ID:50o

いえいえ♪

続き早く、早くー!(´・ω・`)

612:冬花:2013/11/15(金) 20:07 ID:xGE

続き〜!!
ちゅっ…
  「きゃ〜!!!!」
(クラスの女子)
未来「りょ…」
陵「未来さん、いきますよ」
ヤンキー「まっ…待てよ!」
イケメン「唐沢さん!!」
未来「ん…」

タタタタタタ…
*屋上*
陵「ここまでくれば大丈夫です…」
未来「陵…」
陵「あっ…
   ごめんなさい…勝手なことを…」
未来さんは僕のものですと…
言ってしまいました…
未来「え!?いや…その…」
??
陵「ハイ?」
未来「あたしは…陵のものだから…」
!!
陵「未来さん!!」
ぎゅ…
未来「陵!」
陵「僕…嬉しすぎます…」
未来「あたしも嬉しいよ」
ちゅ…
僕たちは、またキスをした
空が、キスをする僕たちを、そっと
見守っていた…

終わり

リクエストー!w

613:冬花:2013/11/15(金) 21:59 ID:xGE

早く書きたい!
だから…
明日の夜までで締め切るよ!
頼むー!
リクエストォォォー!!
下さい。

614:美玉:2013/11/16(土) 01:21 ID:mCs

おもしろかったよ♪
リクエスト!!
雨の中でトラブルがあり、ずぶ濡れになってる陵達が色々なことを……/////
みたいなのをお願いします!!
真面目に、具体的に言うとキスなどだよ。
まぁ、妄想だねww

615:美玉:2013/11/16(土) 06:56 ID:mCs

追加。
陵はちょっと、未来に無理矢理してるかな…?
けっこう、強く激しくキスをする。

616:おとは:2013/11/16(土) 07:13 ID:o9w

面白かったよ!
リクエストねぇ・・・
陵の前世が時雨だと思い込んでたときの陵と未来がいいかな?
そこから思いが伝わってまた付き合うようになる。
てきな感じかな?
お願いします!

617:冬花:2013/11/16(土) 07:24 ID:xGE

ありがとう!!
そうだねぇ…
ずぶ濡れ?w
にしよーかな♪
おとはさんのは、美玉さんの次書くねっ!
後で書く!

618:冬花:2013/11/16(土) 07:59 ID:xGE

〜雨〜
今日は、陵とデートです!
公園でボート乗るんだー
楽しみ!!
そろそろ家でなきゃ…
服は決まってるしね!
未来「行ってきまーす!!」
未来母「未来っ!待って…」
タタタタ…
あ…陵!
未来「陵!おはよう!」
陵「未来さん!おはようございます!」
かっこいいな…
なんて…w
あ、天気見るの忘れてた!
ま、いいか!
未来「陵!行こっ!」
陵「はい!」
続く!

619:美玉:2013/11/16(土) 08:32 ID:mCs

冬花ちゃん、ありがとう!
陵、ボート……ちゃんとこげるといいなww
1時ぐらいに学校から帰ってくるから。
いっぱい書いちゃって(>v<*)
楽しみにしてるよ☆

620:おとは:2013/11/16(土) 09:45 ID:bnc

美玉さん土曜日学校?

621:美玉:2013/11/16(土) 14:00 ID:mCs

帰ってきたー!
部活だよ☆

622:由真>ω<:2013/11/16(土) 15:59 ID:wmc

お久しぶり!初めまして?
最近来れなくてごめんなさい(>ー<)
いつも冬花の小説楽しみにしてるよ!

623:美玉:2013/11/16(土) 17:14 ID:mCs

遅くなりました!
続きです。

ーー

いつのまにか、上半身を起こしている。
「……いかないで」
上目使い+顔真っ赤+おねだり=やばい。
かわいすぎる…!
僕はあいている方の手で口を押さえる。
「いっちゃやだ」
涙を浮かべ僕の腕を抱いている姿は、本当に行ってほしくないことがよくわかる。
でも、これはしてはだめなこと。
抑えようとしても、欲がでてくる。
自然と僕は未来さんを抱きしめ、彼女の後頭部を押さえた。
「りょ…?」
顔を彼女の顔に近づけて、唇を目元に寄せる。
涙をなめ取った。
「ひゃ……」
くすぐったかったようで、少し体がビクッと動く。
そして、唇を移動させる。
僕と彼女の唇が重なった。
押しつけているだけの不器用なキス。
なのでリップ音はならない。
離すと、はぁっと苦しそうな声が聞こえた。

624:冬花:2013/11/16(土) 19:30 ID:xGE

ありがとう!!
続きは、明日っ!!

625:美玉:2013/11/16(土) 19:33 ID:mCs

了解!
待ってるよ☆

626:由真:2013/11/21(木) 19:30 ID:wmc

こん
酷いこと言っちゃうかもだけど
放置してる?

627:冬花:2013/11/22(金) 21:28 ID:xGE

ごめん!
お久しぶり!
なかなかこれなくて、ごめんなさい!
続き、書きます!
シーン…
何この…

沈黙!!

陵…なんか話してこないかな…
手…繋ぎたいよ
デートなんだから…

未来「りょ…」
ポツン…
ポツン…
ん??

ザー…
陵「あ…雨ですね…」
ガーン!!

せっかくのデートなのに…
陵「どうしますか?
   中止しますか…?」
陵…なんか…
目がうるんじょる…w
未来「ど…どっか行くとこ探そ!」
陵「は…はい!」
でもな…寒いよな…
続く!

628:美玉:2013/11/22(金) 22:58 ID:mCs

ごめんなさい!
明日、たぶんこれると思います。

629:美玉:2013/11/23(土) 17:36 ID:mCs

冬花ちゃん、今日は書かない…?

630:冬花:2013/11/23(土) 20:46 ID:xGE

書くね!次に!

631:冬花:2013/11/23(土) 21:10 ID:xGE

さ、続き!

ザー
雨は、どんどん降ってくる
止む気配がない

寒い…
びゅぅぅっ
未来「さっ…寒い…」
陵「寒いですね…」

どっか…入ろう…
あ、ここは…?
未来「陵!!ここは?」
陵「はっ…はい!!」
カフェ…でいっか…

カラン…
定員「いらっしゃいませ!ですが…」
陵「はい?」
定員「今日は、閉店なので…」
え…
陵「失礼しました!」
どこも行けない!!
陵「未来さん…」
??
未来「何?」
陵「あの…僕のうちに来ますか?
   今日は、誰もいないので…」
ん??
誰もいない?
えええええええーっ!?
続く!

632:冬花:2013/11/25(月) 20:49 ID:xGE

誰も…来ないの?
続き

陵視点
だ…大胆発言を!
でも…
未来さんの、濡れている姿をみると…
欲望が込み上げてきて…
ついに!

困ってますよね…?
チラ…
顔真っ赤!/////
で…ですよね…
陵「あっあの…」
未来「行くっ!」
!?
いくんですか!?
陵「は…はい…」


カラ…
陵「た…ただいまです…」
未来「お邪魔します…」
ふぅ…

未来「……むい」
陵「え?」
未来「寒い!」
陵「お風呂使いますか?
   あたたまりますよ?」
デートだったのに、風邪を引かれると…
困るので…
続く

633:美玉:2013/11/25(月) 21:56 ID:mCs

ごめん!!(人<。)
テスト勉強してて。
おぅ!
陵、大胆発言だね…!
危険だ危険だ。
私の脳内が危険だww

634:冬花:2013/11/26(火) 20:57 ID:xGE

ううん、別にいいよ!
脳内ww

続き!
未来視点
お 風 呂ぉぉ!?
陵の家のお風呂!?
陵が入ったお風呂…
かあああぁぁ//////

陵「…入りませんか…?」
陵が見つめてきた
未来「っ…!
    入らなくて…いい」
陵「なら…」
体、冷たいかも…
陵「僕が、あなたを温めます」
未来「え…りょ…」
ちゅっ
っ!?
陵が激しくキスをしてくる
未来「ふ…ぅう…」
続く
次、キスラッシュ!ww

635:冬花:2013/11/27(水) 20:53 ID:xGE

続き、明日になるね!
ごめん!

636:美玉:2013/11/27(水) 20:55 ID:mCs

大丈夫だよ!
楽しみにしてるね☆

637:奥 彩佳:2013/11/28(木) 17:13 ID:zg2

あの・・・。いれてもらってもいいでしょうか。あとぷろふはかいたほうがいいでしょうか・・・

638:奥 彩佳:2013/11/28(木) 17:14 ID:zg2

あの・・・。いれてもらってもいいでしょうか。あとぷろふはかいたほうがいいでしょうか・・・

639:由真:2013/11/28(木) 21:09 ID:wmc

こん!久しぶり!
奥 彩佳c?初めて >∀<4649ね!
呼び捨てで良いよ!あとタメで良いよ
冬花今日は、小説書かないの?

640:冬花:2013/11/30(土) 11:01 ID:xGE

来れなくて、ごめんなさい!!
奥 彩佳さん、いいよ!
プロフは書かなくても、書いてもいいよ!

呼び捨てok!

続き!
はぁ…
さっきから…キスが激しい…
未来「りょ…あたし…だい…じょうぶ!っ…」
ちゅ…
陵「まだ冷たいので」
っ…
はぁ…
はぁ…
苦しい…
抱き締めて、キスされたり…
座ってしたり…
どさっ

ん!?
押し倒された!?
未来「陵…?」
そしてまた、キスをしてくる
たしかに、暖かい
陵の温もりが、すごく
でも、熱すぎて
おかしくなりそう…
あ…

もう…ダメ…
はー…
はー…
あたしはそこで意識が途切れた
続く!

641:カノ:2013/11/30(土) 11:18 ID:lwA

入っていいですか?
あやかし緋扇大好きです!

642:冬花:2013/11/30(土) 16:47 ID:xGE

ありがとう!!
大歓迎だよ!
ため口と呼び捨てokだよ!
よろしく!

643:由真:2013/11/30(土) 17:11 ID:wmc

やっほー
カノs4649ね♪
ためでいいよ

644:カノ:2013/11/30(土) 17:45 ID:lwA

ありがとう!
よろしくね〜!
>>冬花、由真

645:由真:2013/11/30(土) 17:58 ID:wmc

4649ねー!
カノs
呼び捨てでもいい?

646:冬花:2013/11/30(土) 20:18 ID:xGE

うん!!
よろしくね!
私も呼び捨てでいい?

647:カノ:2013/11/30(土) 20:28 ID:lwA

いいよ!
陵ってカッコいいよね♪

648:まりな:2013/12/01(日) 11:04 ID:T0o

まりなで〜す
入れてください

649:まりな:2013/12/01(日) 11:30 ID:T0o

誰か、いませんか〜(*・*)

650:由真:2013/12/01(日) 19:15 ID:wmc

来ました!
まりなs
よろしくね♪

651:冬花:2013/12/01(日) 21:31 ID:xGE

カノ>>うん!!かっこいいよね!
   
そんな人が現実にいてほしいよね!

まりなさん>よろしくお願いします!

652:由真:2013/12/01(日) 21:39 ID:wmc

ハローです!
うちも、陵みたいな男の人と付き合いたいな♪

653:まりな:2013/12/01(日) 22:32 ID:T0o

私も陵みたいな人と付き合いたいです
入れてくださりありがとうございます

654:由真:2013/12/02(月) 08:22 ID:wmc

おはよ!
まりなc
敬語じゃなくて
タメでいいよ

655:まりな:2013/12/02(月) 17:43 ID:T0o

ありがとう。
でも多分私、年下だよ?
いいの?
あっ、私はタメ&呼び捨てOKだから

656:冬花:2013/12/02(月) 18:44 ID:xGE

いいよ!
年下でも、大歓迎!!

657:まりな:2013/12/02(月) 18:59 ID:T0o

じゃあ、あらためて、よろしく♪
私もスレ作ってるから来てね
まだ誰も来てないからよろしくね〜
あやかし緋扇〜希望〜どんどん書いてね
ってのです始めたばかりでまだ全然書けないんですが、よろしく♪

658:まりな:2013/12/02(月) 18:59 ID:T0o

じゃあ、あらためて、よろしく♪
私もスレ作ってるから来てね
まだ誰も来てないからよろしくね〜
あやかし緋扇〜希望〜どんどん書いてね
ってのです始めたばかりでまだ全然書けないんですが、よろしく♪

659:由真:2013/12/02(月) 19:19 ID:wmc

ヤッホー!
まりなc何年生?

660:冬花:2013/12/02(月) 19:50 ID:xGE

続きー

陵視点
陵「未来さん!?」
僕がキスを繰り返していたら、未来さんはぐったりと倒れてしまった


どうしましょう…
とりあえず、僕の部屋で寝かせておきますか…

ふぅ…
布団…布団…と…
ありました…
未来「うう…ん?」
あ…

未来「陵…あり…がと」
陵「はい」
続く!!

661:まりな:2013/12/02(月) 20:23 ID:T0o

5年です

662:由真:2013/12/02(月) 20:26 ID:wmc

まりなc
同じ年だね♪
これからも仲良くしてね♪
冬花
小説書くのガンバ!

663:冬花:2013/12/02(月) 20:30 ID:xGE

由真<<ありがとう!!
これからも応援よろしく!!

664:美玉:2013/12/02(月) 21:30 ID:mCs

ほんと、これなくてごめん!
あともうひとつ、謝りたいことが……(T_T)
これからテストとかで忙しくなるので、書いていた小説、時間がなくなってしまったので書けなくなりました。
ごめんなさい。
またちょこちょこきますね。

665:冬花:2013/12/03(火) 11:16 ID:xGE

美玉さん>>いいよ!
      テスト頑張って!!
      来てくれるだけで嬉しいよ!
    

続き夜ね!

666:冬花:2013/12/05(木) 20:57 ID:xGE

私…
これからあまりこれないかも!!
でも、ちょこちょこ来るから!!
ごめんねっ!!><;

667:由真:2013/12/07(土) 06:45 ID:wmc

おはよう
放置してる?
冬花の小説楽しみにしてるよ
本当に、誰か来て!

668:美玉:2013/12/11(水) 17:05 ID:mCs

テスト終わりました! 頑張ったよ!
……でもまた1週間後にまたテストが(T_T)
冬花ちゃん、更新頑張ってね!

669:由真:2013/12/14(土) 16:59 ID:wmc

お久しぶり
ねぇ、誰か来て!
お願い>○<

670:美玉:2013/12/15(日) 10:18 ID:mCs

由真ちゃん、お久しぶり♪

671:美玉:2013/12/29(日) 13:31 ID:mCs

冬花ちゃーん、由真ちゃーん。(/^;)
……来ないの?

672:音羽:2013/12/29(日) 21:22 ID:stQ

最近これなくてごめんなさい。
頑張って!!
放置は駄目だよ。
続き待ってる人たくさんいるよ!!
私もその中の1人。
放置じゃなかったらごめん!!
あと・・・年下なのにごめんね。
長文ごめんね!

673:奥綾香:2013/12/30(月) 16:33 ID:hD6

そいやあずっとこれなくて本当にすいません。
プロフきたいのでかきます。
性別:女
年齢:8歳(4年)
悩み:マークが打てないこと
好きな色:紫
出身地:広島県
血液型:ab型≪英語で打てませんでした≫
タメ口おっけいです。
(マークのうち方誰か教えてー)
質問があったら何でもこたえますのでよろしくおねがいします。

674:レン:2014/01/04(土) 13:31 ID:LK.

レンですよろしくおねがいします

675:あやかし緋扇だいファン:2014/02/09(日) 19:23 ID:S0w

〔陵 わたしあななのこどがすき

676:未来:2014/02/09(日) 19:25 ID:S0w

ほんとうの名前は違いますがニックネームが未来です よろしくです

677:未来:2014/02/09(日) 19:26 ID:S0w

これから書きます

678:未来:2014/02/09(日) 19:37 ID:S0w

さくら〔明日ホテルいくねんいっしょにいかへん〕
未来〔いくいく〕
陵〔僕も行きたいですか〕
すみません短くて京都弁がまちがっていると思うのですみません

679:未来:2014/02/09(日) 19:42 ID:S0w

未来〔陵ゲームセンター行こう〕
陵〔行きます〕
ゲームセンター到着
未来〔陵のみものかってくるね〕
陵〔はい〕

680:未来 あやかし:2014/02/09(日) 19:46 ID:S0w

未来〔陵ゲームセンター行こう〕
陵〔はい〕
ゲームセンター到着
未来〔のみものかってくるね〕
陵〔わかりました〕

681:未来:2014/02/09(日) 20:27 ID:S0w

すみませんおんなじの書いちゃいました

682:未来:2014/02/09(日) 20:29 ID:S0w

おんなじのかいちゃいました

683:未来:2014/02/09(日) 20:30 ID:S0w

↑のやつまちがえました

684:未来:2014/02/09(日) 20:31 ID:S0w

上のまちがえました

685:未来:2014/02/09(日) 20:32 ID:S0w

上のまちがいました

686:未来:2014/02/09(日) 20:33 ID:S0w

なんかなんこもおんなじのかいちゃった

687:未来:2014/02/09(日) 20:39 ID:S0w

かいていいんですよね

688:未来:2014/02/09(日) 20:41 ID:S0w

こんばんは

689:未来:2014/02/09(日) 20:45 ID:S0w

↑おんなじの書いちゃった

690:未来:2014/02/09(日) 20:50 ID:S0w

もうかけなくなりました いままでありがとうございました

691:未来:2014/02/10(月) 18:02 ID:ahc

すみません無理ってかいたんですけれどもかけるようになりました やったー

692:未来:2014/02/10(月) 18:04 ID:ahc

自己紹介まだあんまりしてませんでした わたしもいれてくれませんか あやかし緋扇の大ファンなんです

693:未来:2014/02/10(月) 18:28 ID:ahc

さくら〔じゃあ明日の6時しゅうごうな〕
未来〔わかった〕
朝・・・
未来〔うわ ねぼうしちゃう〕
未来〔おまたせ〕
さくら〔未来おそい〕

694:未来:2014/02/10(月) 18:35 ID:ahc

続き
さくら〔ほなしゅっぱつな〕
2時間後
未来〔ついたー〕
龍羽〔ついたか〕
さくら〔ほな部屋きめな未来と陵くんな〕
陵〔え わかりました〕
未来〔エッチなことしないでよね〕
陵〔しません たぶんですけど〕
そしてねるとき
未来〔おやすみ〕
陵〔はい〕
チュ
未来〔ふぁ やん〕
あさ
未来〔ねぶそく〕
陵〔すすすいません〕
そして楽しい旅行は終わった

695:未来:2014/02/10(月) 18:41 ID:ahc

タッタッタ
男b〔きみかわいいね あそばない〕
未来〔無理〕
男c〔やれ〕
未来〔やめろ〕
陵〔未来さんにさわるな〕 
男c〔ち つれがいるのかよ たいさんだ〕
タッタッタ
ぎゅ
未来〔こわかった〕
陵〔あなたにゆび一本さわらせません〕

696:未来:2014/02/10(月) 18:45 ID:ahc

↑のはゲームセンターの続きです
わたしこれからようじがあるのでかけなくなりました せっかくまたかけたのに 冬花さんありがとう
ございましたたったの二日間だったけれどまじでおもしろかったです すこしは顔出せたらいいな

697:なっち のか:2014/08/04(月) 23:21 ID:ufQ

入れてください!なっちです

698:香織:2014/08/05(火) 13:35 ID:cmg

こんにちは!香織です!
これからよろしくお願いします!

699:香織:2014/08/05(火) 14:17 ID:cmg

あのー誰かいませんか?

700:なっち:2015/04/17(金) 22:09 ID:qqs

久しぶり〜(*^o^*)

701:なっちー&◆jE:2015/04/18(土) 19:24 ID:x3U

入れてください。
突然ですが、小説を書きます。

第一章
「未来さん、待ってくださいよ。
あの時のことは謝ります。ですから・・。」
なぜこんなことになったのか、説明するね。
それは一昨日のこと。
陵ったら、龍と勉強会に行くって言っておいて、後輩の田中弥奈ちゃんと、仲良く歩いていくところを、発見したからなんだ。
「知らないっ。」
だから、無視して歩いてるってわけ。
ちょっとは、言い訳して欲しい。
それが本心だったりする。
でも、ずっと誤ってばっかりだから、私は陵の話を全く聞いていなかった。
「そうですか・・・。」
そういっただけで、ついては来なかった。
陵は、女の気持ちがわかってない。
本当は追いかけてきて、言い訳して欲しかった。自分のやって欲しいことばかり言って、陵の言うことを聞いてない自分が悪いのに・・・。
「・・・ハァー」
このあと、陵の話を聞かなかったことを後悔するともしらず。


書き込む 最新10 サイトマップ