カゲロウプロジェクト~夏の短編集〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:鴉葉まる ◆Orws:2013/10/12(土) 05:20 ID:aLc

______コレは、ある少年少女の
8月14日と15日の夏の物語________


の、短編集ですw今回は、短編集を
書きますよー!!!あ、遅れて申し訳ない、
鴉葉まると申します。まるはん、と
でも呼んでくださいwwでは、
ルールですよー!!!!

1.荒し、悪口、中傷は、お断りです。
2.短編なら誰でも書いていいですよー
CPとかでもオッケーです!
3.感想、アドバイスは大歓迎!!


このぐらい、ですかね!!ちなみに、
私は、ギャグ系が得意です((
いや、シリアスも書けますよ?
れ、恋愛とかだって書けますよ?
ただ、どこかしらでギャグに
変わっちゃうだけで……!!!((
あ、プロローグなどは、なくても
良いですよー!唐突的に入って
唐突に小説書いて、忍者如く
去っていくもアリです!!楽しければ
それで、良いです!それでは、
スタートですぜー!!!!!!!\(°▽°)/

2:鴉葉まる ◆Orws:2013/10/12(土) 06:03 ID:aLc

んでは、小説、ちょっくら書いてから
落ちますねー!!!ギャグっスよ、イェイ←

第一話+プロローグ『夏と言ったら…
海/プール/暇(?)/退屈(←)だ。』

______8月15日。今日も晴天。
真夏日だ。『海!!』そんな、真夏日にも
関わらず赤いジャージを着こなすのが、
俺、「如月シンタロー」だ。何処から
どうみても、ただの一般人。
『行きましょうよ、海!!!!』
一般人から見れば、少し変わってる。
何処がだって?それは____________
シ(シンタロー略)「さっきから、
海とか海とか海とかうるせぇよ!!
少しは、黙れないのかお前は!!!」

スマホに向かって怒鳴っているからだ。

エ(エネ略)『三回も言ってませんよ!
二回です!!ご主人は、バカなんですか!?』


画面越しから聞こえる逆ギレと
俺に浴びせてくる罵声。その声の
持ち主は_____『エネ』だ。
ある日、突然、送られてきた
謎のメールを開いたらコイツが急に
現れた。今、思えば開かなければ
良かったと、凄く後悔をしている。
エネは、所謂、電脳少女だ。何故か
足が少々消えている。胸は…………
やめておこう。後が、怖い。
そんな、イタズラ好きの電脳少女に、
日々悩ませれつつも平凡な生活を
過ごして_______『海行きましょうよ、
皆さんで!!楽しいですよ!ね、ご主人!』
居るのかは分からない。いや、
明らかに平凡ではないのだ。説明が
遅れたが、今、俺が居る所は
家ではない。むしろ家に帰りたい位だ。
『メカクシ団』と言う中二病の集まr
…ゴホゴホッ、謎の集団のアジトに
俺は居る。俺は、そのメカクシ団の
団員.7番と言うことにされている。
ちなみに、エネは、6番だ。……あ、
ちょっと、失礼。

……は?もう書くのにエネルギーが
ないから寝る?…ふざけるなよ、
急に始めといて急に終わらせるなよ、
ちょっ、まだ、喋ることがッ!!!まt((

---------------強制終了--------------


いや、強制終了させてしまい
申し訳ない;;いや、もう、限界です…
シンタローの必死さに、胸キュン
して、眠たくなりました((
多分、この短編は、シンタローと
エネがグダグダやりながらも
遊びに行くお話ですwwモモちゃんは
少し出るかもです!シンタローの、
回想のシーンとかで((
そして、お休みなさい。起きたら、
また書きますwwそれでは、
お元気でー!!!!!!((

3:みーにゃん ◆N8C2:2013/10/12(土) 10:16 ID:0Jg

小説、お上手ですね!
あ、みーにゃんと言います!
呼びタメOKです!

4:鴉葉まる ◆Orws:2013/10/12(土) 17:30 ID:aLc

はっ!!読者さん第一号さんですね!!
ありがとうございます!

いえいえ、上手くないですよ;;
ギャグしか書けませんから;;
あ、私も呼びタメokですよー!!!



第二話『夏と言ったら…
海/プール/暇(?)/退屈(←)だ。2』

先程は、強制終了させてしまい
申し訳ない。さて、本題に戻ろう。

あの後、結局エネが、『海!!海!!』
と、うるさかったので気晴らしに
行くことにした、のだがそこで、
問題が生じた訳だ。他の奴等は、
行けない、との事だ。モモ辺りは、
来ると思っていたのだが__________

「私は、今日限定で発売する
スーパー炭酸おしるこ買いに行くから
無理!!ごめんね!二人で楽しんできて!」

いや、何だよ、スーパー炭酸おしるこ
って。エネ並みにネーミングセンスが
可笑しいんじゃないか、考えた奴。

と、それを聞いていたカノが________

「おっ?デートにでも行くの?
二人っきりで?ヒューヒューwwww」

______殴っていいか?
このスマイル猫目野郎が!!((

今にでも、キレそうな位だったが
やめた。こんな奴、相手にしてたら
時間が無駄になる。さっさと、
海に行って来よう。帰ってきたら、
殴ってやるからな。
待ってろ、カノ。(笑顔)←


と、まぁ、死にそうになりながらも
無事に海に着いた訳だ。暑い。
ジャージの中がまるでサウナ状態に、
なっている。汗だくになりながらも
画面を覗いてみると____________

エ『海ー!!!ご主人遊びましょう!!
遊びましょうよ!!!』

まるで、子供の様にはしゃいで
いるではないか。いや、ちょっと、
待て……………………

シ「一人で海で遊ぶって、
悲しすぎるだろ!!だいたい、お前、
海で遊べないのに、何で行こうって
言ったんだよ!!!?」

……一人で遊ぶなんて嫌だ。
ただの変人じゃないか。そんな、
事を思っていると、

エ『一人じゃないですよ!私が、居る
じゃないですか!…そ、それはー……』

満面の笑みで言った後、すぐに、
しょんぼりして、もじもじとして居る
訳だ。考えてなかったんだな…………

シ「あっ、いや、えーっと……」

自分で言ったは良いが、相手の
反応になんて言えば分からない。

エ『い、いえっ……いや、でも
気晴らしになるかなーって、
思ったんです!!遊びましょう!!!
一人より二人の方が、楽しいじゃ
ないですか!!えと、それに………』


コイツもコイツなりに必死になって
居る。不覚にも、可愛い…と…
思っていることもなくはない。

シ「まぁ、遊ぶのも……たまには、
いいか………………」ボソッ

エ『え?何か、言いましたか…??』

シ「別に、何も言ってねーよっ!!」

______でもまぁ、たまには
構ってやるのも良いだろう。後、
カノ、首洗って待ってろよ。お前も、
構ってやるからな(笑顔)_____________


-------------------------------------

取り合えず、『夏と言ったら…
海/プール/暇(?)/退屈。』は、
終わりですwシンエネになりそうで
ならないと言うか……カノも
出しましたwww多分、この後、
カノは、モモちゃんが買ってきた
スーパー炭酸おしるこをシンタローに
無理矢理飲まされて再起不能に
なったと思われますww
スマイル猫目さん、ドンマイっスw

5:みーにゃーーーー:2013/10/12(土) 18:07 ID:qVo

わーおもしろいですね

6:銀:2013/10/12(土) 18:47 ID:pII

エネかわええッス!

ね?お久しぶり。

7:鴉葉まる ◆Orws:2013/10/12(土) 19:09 ID:aLc

おっ、ありがとうございます(´∀`*)
>みーにゃーーーー様


ぎ、銀さあぁぁぁん!!!!!!!((
お久しぶりwwエネちゃん、
可愛いよね(´∀`*)ヤバすヤバす(´∀`*)
>銀さん

8:鴉葉まる ◆Orws:2013/10/13(日) 00:45 ID:aLc

と、たまには、オリキャラちゃんとか
番外編で出してみる。((

番外編『何度も聞いた蝉の声』

____後何回、この蝉の鳴き声を聞けば
良いのだろう。後何回、僕は
後悔の繰り返しをしたら良いのだろう。
もう僕なんか、生きてる『意味』なんて
ないんでしょう?なんで、君は
笑って許してくれるの?僕が犯した
罪は消えないのに。

夏はまだまだ終わらない。明日が
来ない。僕の心は曇ったままだ。
天気に合わないな。晴天が君なら
僕は雨。黒くなってしまった心は
変わらない。それなら___________

_____ある夏の日。僕はナイフで
自分の『心臓』を突き刺した。
繰り返す生と死。こんな日々は、
変わらない。いつからだろう。
鏡を見て気付いたんだ。目が赤く
血のような色をしていた。あぁ、
僕は『化け物』になっちゃったんだ。
この物語は、僕だけの秘密______

__君と笑っていた日々に、楽しかった
日々に、『別れ』を告げた_____


-------------------------------------
なんででしょうか。ダークに……!!!
あ、僕とか言ってるけど
女の子ですからね!?僕っ娘なんです。
番外編なので、これ以上続きませんw
wもしかしたら、他の短編に
通りすがりの人役で出るかもですww
続きが見たい!!と、言う方が居たら
書くかもでs((

勿論、名前も決まってません。
なんとなく、暇で書いた様な物でs((蹴

9:みーにゃん ◆N8C2:2013/10/13(日) 08:07 ID:ZoQ

まるはん、小説上手すぎ!
ウチ、何度書いても駄作になるよw

10:鴉葉まる ◆Orws:2013/10/13(日) 18:00 ID:aLc

上手くないよwwもう妄想したことを、
書いてるだけですよ;;駄作だなんて
言ったら駄目だぜ!!本当に、
なっちゃうからね、私みたいに((

11:みーにゃん ◆N8C2:2013/10/13(日) 18:25 ID:ZoQ

ウチも小説書いていい?

12:鴉葉まる ◆Orws:2013/10/13(日) 19:20 ID:aLc

勿論!!書いていいよー!!(・ω・´)
>みーにゃん

うむ。団長とカノでも絡ませて
みるかー……後、シンタローも((

-------------------------------------プロローグ『ヒキニートと猫目と
団長と。』

やぁ、皆さんこんにちは!!
え?誰だって?あぁ、僕は、皆大好き
カノさんだy「「早くしろ。」」

急かさないでよ、全く!!二人共
頑固だなぁ…あ、今回のお話はね。
僕とキドとシンタローくんが、
メインのお話だよ!にしても、
あのお化けに怯えてる二人の顔wwww
もう、ヤバいよwwあぁっ、
脇腹が痛i「「早くしろ!!!!」」

と、まぁこんな感じにグダグダと
話進めてくから是非とも見てね!!
僕が大活躍するからねっ!!!(笑顔)

舞台裏では_____________________

キ(キド略)「アイツ、殴るか。
こっちに戻ってきたら殴り飛ばすか。」

シ「あぁ、そうだな。一回、痛い目に
あった方が良いんだよ、アイツは。」

キ「そ、それに、俺は
怯えてなど………!!!」

シ「はいはい、分かったよ。」

------------------------------------
と言う話をしていたのでしたw
さて、次回はいよいよ、カノさんが
殴られ_____いえっ、何でもないですw
今度は、もうギャグですwお得意の!!
そんで、最後は、団長とシンタローが
話していると言うwwシンタローに、
「はいはい」って、呆れ気味に
言われたいですwwwwぎゅーって
したいです。シンタローをぎゅーって。
ぎゅうぅーって!!!!!((うるせぇな!!

まぁ、良いやwそれでは、
お楽しみにっー!!!(´∀`*)

13:鴉葉まる ◆Orws:2013/10/14(月) 20:44 ID:aLc

上げます!!明日あたりに
小説更新しまーすっ!!!

14:月姫ルナ ZAQ1:2013/12/03(火) 23:07 ID:ooE

入ります!ルナって読んで下さい名前は中二病こじらせてつけましたちょくちょくシンエネの短編だします

15:月姫ルナ ZAQ1:2013/12/03(火) 23:31 ID:ooE

シンエネ書きます!

『くそ!可愛過ぎだ!』
エネ廃なシンタローくんのお話

俺は爆音アラームに今日も起こされたシ「エネェ!いい加減にしろ」
エ「やっと起きましたか!何たって今日はデパートですよ!?」
シ「行きたくn(エ「秘蔵フォルダ」すっごく行きたくなりました!」
ピカッ凄く光る
シ「眩しえええええええ!?」
エ「体がある!?でもこれで普通のデートですよ!」
なデート…だと?何いってるこの娘は
シ「じゃあいこう」
移動中カット
エ「つきました!楽しみです!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
眠いので終わる

16:みーにゃん ◆N8C2:2013/12/07(土) 21:46 ID:wxY

お久しぶりです!


書き込む 最新10 サイトマップ