*恋愛秘密主義!〜フェアリーテイル〜*

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:瑠璃 ◆WUeQ:2013/10/20(日) 10:50 ID:CZU

初めまして!瑠璃デス☆
フェアリーテイルのグレルーが好きすぎて作っちゃいました!!((フハh(((
とゆうことでグレルー書きます!!

・荒らしは来ないでくださいね?
・コメントやアドバイスは大歓迎!!グレルーが好きな人も大歓g(((
・小説を書きたい人はグレルーでお願いします!それ以外はNОデス!!((←えっ

2:瑠璃 ◆vdPU:2013/10/20(日) 11:45 ID:CZU

できるだけ書くペースは早くしたいですけど多分遅いです!!((←おい

3:瑠璃 ◆WUeQ:2013/10/20(日) 11:46 ID:CZU

あれ?と、トリップが・・・・

4:瑠璃 ◆WUeQ:2013/10/21(月) 16:14 ID:5Z2


〜とある昼過ぎ〜

「ねえ、ルーシィって好きな人とかいるの?」
カウンターでいつものようにギルドのバカ騒ぎを見ているとミラさんが聞いてきた
「えっ・・・?いませんよ??」
私はいきなり何でそんな事を聞いてきたのか不思議に思い首をかしげる
「ほんとかよ?ルーシィだっているんじゃないの〜」
ひくっと言いながらカナが割り込んできた
またお酒飲んだわね・・・・
「だからいないって!!」
「ほう・・・じゃあナツとかどうだよ?」
私はチラッとナツの方を見る
・・・・・・・・・
「ないない、いつもどうりグレイと喧嘩してるじゃない・・・だいたいナツにはりサーナがいるし・・」
絶対無い、そう思いハァっとため息をつく
「別にリサーナとナツが付き合ってるわけじゃないのよ。」
クスッとミラさんコップをふきながらが笑う
「・・・それじゃあさ、グレイは?」
カナがぐいぐい顔を近づけてくる
「カナ近い・・・第一、グレイだってジュビアがいるわけだし・・・」
あいかわらずグレイに熱い視線をおくるジュビアがいる・・・とうの本人は気づいてないけど・・・
そんな話しをしているうちにナツ、グレイ、エルザ、ハッピーがきた
「おい!ルーシィ!!仕事行くぞ!!」
「あ、うん!それじゃあ!!」
取りあえず話しをうちきってみんなのもとへ向かった


「う〜ん、ルーシィはどっちとも気がないのか・・・」
「しかたないよ、あんなにライバルがいりゃあね・・・」
「でも・・・ルーシィにはなくてもあの二人は・・・」
「でもまあ、どっちも自分の気持ちに気づいてないみたいだけど?」
「・・・・大変ね・・・」
困ったように笑うミラとおもしろそうに言うカナであった

5:瑠璃 ◆WUeQ:2013/10/21(月) 16:17 ID:5Z2

すいません;;
何だかナツルーかグレルーになってしまいそうです・・・><
と、取りあえず続く(?)

6:瑠璃 ◆WUeQ:2013/10/21(月) 17:41 ID:5Z2

えっと、取りあえずグレルーにしていこうとは思います……!!

7:ユリカ アユ:2013/10/26(土) 09:47 ID:FcE

小説すごい上手です!
グレルーになってほしい!

でも小説面白いです!大変だろうけど頑張ってください!
↑慣れなれしくてすみません…

8:みーにゃん ◆N8C2:2013/10/26(土) 10:40 ID:oQ2

入っていいてすか?
みーにゃんといいます!
呼びタメOKです!

9:瑠璃 ◆WUeQ:2013/10/28(月) 08:43 ID:5FU

いえいえ!!
ありがとうございます^^
頑張ってグレルーにしようと思います!!

>ユリカ

どうぞ!!
参加してください!!
もちろん呼びタメokです^^

>みーにゃん

10:ユリカ アユ:2013/10/28(月) 13:56 ID:VaA

じゃ、『瑠璃』って呼ばせてもらいますね!
私も呼びタメokです!
みーにゃんも呼び捨てでいいですか?
↑もう、呼び捨てですみません…

11:ユリカ アユ:2013/10/28(月) 14:44 ID:VaA

私、言い忘れてたんですけど、(どうでもいい話かも…)グレルーしか
書けないです!
グレルー以外、書いた事がないんです!
ですので、私が書くやつ全てグレルーです!
それでもいいですか?

12:瑠璃 ◆WUeQ:2013/10/28(月) 16:58 ID:DvU

どうぞどうぞ!!
その方がいいです^^
私もグレルー以外あんまり書けないし…。
てかグレルーしか書いたことないんですよね;;
>ユリカ

13:ユリカ アユ:2013/10/28(月) 19:35 ID:VaA

グレルーばっか書かせて貰います!

14:瑠璃 ◆WUeQ:2013/11/22(金) 20:55 ID:ux.

(/お久しぶりにあげます!)

15:瑠璃 ◆WUeQ:2013/11/22(金) 21:07 ID:ux.


「疲れた〜…」
夜の九時過ぎ
やっと仕事が終わって帰ってる途中
もう一度言うけど疲れた…
でも今回の仕事は報酬のわりに楽だったな
ちょっと物足りない気がするけど報酬がたんまりだしいっか!!
そんなことを考えていると自分の部屋の前まで来ていた
上機嫌で鼻歌を歌いながら鍵をさしこみドアを開こうとした…のだが…
おかしい、開いている
え、ちょ…ま、まさか……
おそるおそる扉を開けると案の定…
「よっ!!遅かったなルーシィ!!!」
「あいっ!!」
……やっぱりか
イスに座ったまま二ッと笑いかけてくるナツを見てため息をつく私であった

16:瑠璃 ◆WUeQ:2013/11/23(土) 10:51 ID:mh.


「何で普通に私の部屋にいるのよ…」
本日、何度目か分からないくらいのため息をはく
だいたいさっき別れたばかりじゃない…
「ん?いやルーシィがちゃんと帰れたかなって。な、ハッピー!!」
「あい!ルーシィは油断も隙もないからねっ!!」
「あんた達は私の親かっ!!」
ダメだ…疲れが増す…
痛くなる頭を押さえてベッドにダイブした
…あれ?何か布団が動いた気が…
そっと目を開くと目の前にはグレイの顔…
……え、ちょっと待って……
「きゃあっ!!」
思わずベッドから飛びのいた
なななな、何でグレイが私のベッドで寝てんのよ!!!!

17:瑠璃 ◆WUeQ:2013/11/23(土) 11:01 ID:mh.


「どうしたんだ?ルーシィ??」
ナツが首をかしげて聞いてきた
「なな、ナツ!!何でグレイがいるの!?!?」
てゆうか何で寝てるの!!
「何でって…一緒に来たからだろ…??」
「それさきに言ってくれない!?」
心臓が止まるかと思ったわよ!!
それにグレイはまだ寝てるし…
「……あんた達だけでしょうね?まさか他にいるなんて…」
「私もいるぞ、ルーシィ」
私が説教モードに入ろうとするとさえぎられた
…この声は……

18:瑠璃 ◆WUeQ:2013/12/11(水) 20:24 ID:aDI

(/久しぶりにあげさせて頂きます。)

19:瑠璃 ◆WUeQ:2013/12/29(日) 11:29 ID:mhg

あげます。あげしかしてないな…。

20:& ◆tHAc:2014/03/02(日) 11:55 ID:Y7U

エリリです。↑の名前へんになってる?

なんかもう人いないですね。
瑠璃さん、ユリカさん、もどってきてください!

21:匿名さん エリリ:2014/03/02(日) 11:57 ID:Y7U

瑠璃さん、つづきかいてー

22:エリリ &:2014/03/02(日) 11:58 ID:Y7U

なんかまた名前へんだしー(>_<)
どうすれば…

23:エリリ &:2014/03/02(日) 11:59 ID:Y7U

もどってる!
やったー!

24:琥珀 ◆WUeQ:2014/03/02(日) 19:13 ID:sBI


うわっ、凄く懐かしいなw
元瑠璃です←
トリップは変わってないはず……。

>>エリリさん

上げていただきありがとうございます!!
また再開していきますね(´∀` )


書き込む 最新10 サイトマップ