ロックマンオールスターズ ドクターワイリーの野望を打ち消せ

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/22(金) 15:54 ID:vKQ

ロックマンのオリジナル小説書いてみました


感想よろしく

2: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/23(土) 13:42 ID:xh6



ドクターワイリー 全てのロボット愛好家に捧げる ワシは世界征服のためにココに来た


ライト博士 何だって 世界制服じゃと 辞めるんじゃ ワイリー  このままじゃ カットマン達が危ない


ロールちゃん 大変よ 博士 街中が 大騒ぎよ



熱斗くん 何だって ワールドスリーとワイリーの仕業だな



エックスさん まさか この街にイレギュラーが


ロックマン ワイリーめ 絶対に今日こそ許さないぞ









 

3: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/23(土) 19:46 ID:xh6





ワイリー シグマ 世界はワシらの物じゃ ここまで来れるかな エックス ロックマン


ワッハッワッハッ 



ロックマン エックス 待て 逃がさないぞ


コサック博士 よくもワタシの娘 カリンカに酷いことしてくれたな なんて言う人だ



熱斗くん 待て ワイリーめ 世界を破滅するだと ふざけるな



ロールちゃん なんていう酷い人なの 



勇太くん 子供達 頑張れ ロックマン・・・・・

4: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/23(土) 19:53 ID:xh6



ライト博士 何て言う事をしてくれたじゃ ワイリー・・・・・・・ 何ていう事じゃ


このままじゃ おしまいじゃ 



 アイスマン 大丈夫ですよ 博士 きっとロックマンたちが守ってくれてますよ


ロールちゃん 大丈夫よ きっと 熱斗くんたちが博士の無念を晴らしてくれるわ


信じて待ってましょうよ 


メイルちゃん 熱斗・・・・・・・



シナモンちゃん 可愛そうです ライトさん・・・・・・ 大丈夫ですよ エックスさん達を信じましょうよ

5: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/23(土) 20:15 ID:xh6



ロックマン 街が大変なこと 酷いな


熱斗くん 誰だよ こんな酷い事するの ロックマン 知らないか


ロックマン うんそうだね 熱斗くん・・・・ どうだ 見つかったかい?


熱斗くん 何だよ ディーオか




ロックマン 初代 ディーオ? 博士に 見て貰おう



エックス そんなことするの シグマ達だろ



ロールちゃん 此方ロール みんな調子はどう? 大変よ みんな

6: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/23(土) 20:16 ID:xh6



ロックマン 街が大変なこと 酷いな


熱斗くん 誰だよ こんな酷い事するの ロックマン 知らないか


ロックマン うんそうだね 熱斗くん・・・・ どうだ 見つかったかい?


熱斗くん 何だよ ディーオか




ロックマン 初代 ディーオ? 博士に 見て貰おう



エックス そんなことするの シグマ達だろ



ロールちゃん 此方ロール みんな調子はどう? 大変よ みんな


熱斗くん 何だって また ワールドスリーか


ロックマン ワイリーか

7: ヒカリ  天馬 ◆tQ4Q:2013/11/24(日) 09:40 ID:xh6



それでは続き書いてみましよう 誰か来ないかな?


ロールちゃん 初代  街中 滅茶苦茶だわ


メディちゃん 酷い 何て言う事する奴なの?


エミー どうなってるのよ これ 何て言う ヒドイ事


ライト博士 何ていうじゃ 街中が大変じゃと


ロールちゃん ええ 博士 


熱斗くん あっロールちゃんからメールだ



ロックマン 初代 エグゼ 熱斗くん ロールちゃんから ロールからメール


ロックマンX  街が大変だと シグマのやつめ 何を企んでる


ファイアーマン 何ていう事だ 私たち もしかして操られてたんですね


デカオくん 助けてくれ・・・・・



ガッツマン エグゼ  助けてくれでガッツ



ガッツマン 初代 俺が二人だと


熱斗くん デカオ ガッツマン・・・・・・大丈夫か? しっかりしろ


大変だぞ みんなに知らせないと



ワイリー 貴様の相棒はワシの物じゃ


熱斗くん ワイリー! 何てヒドイ事するんだ


ロックマン 熱斗くん ワイリー お前だな 逃げ場ないぞ 覚悟しろ


シグマ 躍いたか 諸君 世界はこれで私たちの物だよ


エックス ゼロさん シグマ 貴様 貴様らのやってる事は 破壊だ



アクセル 声 高山みなみさん  何ていうことするんだ



ロールちゃん 酷い何ていうことを



ライト博士 何て ヒドイ事をするんじゃ ロボットは道具じゃない わし等は そんな事ために

して欲しくないだけじゃ



コサック博士 何て 酷いことを 人間とロボットの中を壊し作戦 何て間違ってる



熱斗くん 今すぐ 攻撃を中止しろ



ワイリー博士 声 亡き 青野武さん  うるさい奴らだ ロボットは道具じゃないだと


ロボットは道具に過ぎんわ





アイスマン 酷すぎます 私たちを道具だなんて


ロールちゃん 酷い 酷すぎるわ 


ライト博士 何を言い出すじゃ ロボットを道具じゃと


くっ 何ていう 酷い奴じゃ


ワイリー 勝ったも 当然じゃ わっは わっは ワッハ


エッグマン これでおしまいじゃ お前たちも



ソニックさん 何ていう 酷い奴だ

8: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/24(日) 13:44 ID:xh6



ロールちゃん みんな ご飯の用意 できてるわよ 


ライト博士 ありがとうなロール


ロールちゃん 初代 どういたまして お仕事お疲れ様 博士




熱斗くん 美味しいな 今日のごはん


アイスマン 美味しいです ロールおねえちゃんの作ってくれるご飯


カリンカちゃん コサック博士 みんな 大変よ 皆さん ライトくん 大変だ 街中で


怪我人たちが続出だ しかもワイリーのロボがだぞ



エミー 何ですって



熱斗くん ロックマン 何だって 街中で 大騒ぎだと


ロールちゃん みんなテレビ付けてみてよ


熱斗くん テレビだと


ライト博士 どう言う事じゃ 全部ワシのロボットが悪いじゃと


ワイリーのやつ 何企んてるじゃ 


熱斗くん   酷い奴だな 今度会ったら 戦って やっつけてやろうぜ 博士のために

ロックマン


ロールちゃん ワイリーですって 酷いわね


アクセル ワイリーだって


ロックマンエックスのゼロさん  俺たちの開発者が 世界征服だと


熱斗くん 何て 酷い事を 許せないぜ 俺たち

9: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/24(日) 13:53 ID:xh6




ブルース 何だ 爆発音だと 博士が危ないだと 分かった ロール


ロールちゃん 一応 ブルース いやお兄ちゃんに 報せておいたわ 博士


ライト博士 ブルースじゃと 会えて嬉しいよ


それにしても 何て酷い事に ロボット使って 世界制服じゃと ワイリーのやつ 何企んでるじゃ


ボンバーマンさん 許せないですよ ロボットを悪用するなんて


ファイアーマンさん 俺も同感です 


アイスマン 僕も同感です 許せませんよ 許さないですよ ワイリーさん達


ライト博士 みんな 急ぐんじゃ ワイリーの世界征服の野望 打ち消してくれ


ロックマンたち 分かりました 行くぞ



熱斗くん 好き勝手させないぞ













 

10: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/24(日) 16:35 ID:xh6



ワイリー博士濡れ衣を着せられ ロボット改造計画の加担に器物損壊の疑いでロボット警察に逮捕されてしまう ライト博士


果たして ロックマンたち一行も ライト博士の無実を晴らし 証明すること出来るか?

11: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/24(日) 16:59 ID:xh6



春麗さん 街中が被害に遭う事件が発生 警察当局も 器物損壊の疑いありとして


調べてます 


ロールちゃん 何ですって 酷いわ 街中が大騒ぎですって 大変よ 博士 みんな


ライト博士 何じゃと ワシの作ったロボットたちが 写っておるぞ 街中が大騒ぎじゃと


街を破壊じゃと まさか こんな酷い事をさせておるのワイリーか?


何て言う 酷い事を



ロールちゃん 博士・・・・・しっかりして


アイスマン  大丈夫ですよ きっと僕たちで ワイリーさんを懲らしめに行って来てあげますから



ロボット警察 トーマス ライト氏 速やかに 自宅から出て来て下さい



ライト博士 どういう事じゃ ワシに逮捕じゃと ワシ ワイリーの悪いことに加担などしておらんよ



ロボット警察 貴方の作ったロボットが大暴れの原因ですよ 貴方に逮捕所出てますよ


ライト博士 一体 どう言う事じゃ ワシ 平和と希望を悪巧みに利用して世界征服を企む敵が嫌いでの


平和を願ってただけじゃよ 逮捕される筋合いなんて無いじゃが


どういう事ですか


ロボット警察 警察署まで 来て頂きますよ 話後で聞いてあげますよ


ロールちゃん 博士・・・・・大丈夫よ 博士 無実よ 


アイスマン  博士まで 捕まちゃったです 酷いです ワイリーさん 許さないです

博士・・・・・


ファイアーマンさん 博士・・・・・ どう言う事だ とうとう博士まで 捕まっちまうとは


ひどい人だぜ ワイリーっていう奴



カットマン ひどい人ですね・・・・・ あのワイリーってい人


ガッツマン 酷い人でガッツ 博士・・・・・


熱斗くん 許せないぜ 罪もない人を巻き込むなんて

12: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/25(月) 08:22 ID:xh6




ロールちゃん 博士・・・・・一体 何処に


エミー 何て言う ひどい奴なの?


エレキマン 何ですって 博士が誘拐されただと あの私たちを操って 世界征服を企んでる人にですか


アイスマン ワイリーさんです 酷い人です 絶対に許さないです


熱斗くん 絶対許さないぞ ワイリーのやつ


ロックマン 僕もだよ 絶対に許さないぞ


ガッツマン 許せないでガッツ 博士があんな酷い人に捕まるなんて


熱斗くん そんな 酷い奴だったなんて 許せないぜ みんなで倒しに行こうぜ ワイリーを


ロールちゃん ありがとう・・・・・・博士を助けに行ってくれる?



アイスマン 僕たちも行くです 

13: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/25(月) 20:29 ID:xh6



ワイリー ナンバーズ これで ワイリー様も大喜びですね


イレギャラー アントニオンさん これで 世界は私たちの物ですよ


カットマン お前たちの目的は一体何何っスか ライト博士を誘拐した理由聞かせてほしいッス



スネークマン  君達に聴かせる話なんてないよ 帰りたまえ


アントニオンさん 我々の邪魔をする者排除しますよ 皆さん 協力してくれますよね



ボス一同 了解です


アイスマン さあ理由を聴かせるです 覚悟しろです


エックスさん 教えろ お前たちの目的等も教えてもらうぞ


アクセルさん アントニオンさん・・・・・ 優秀だったんでしょ 何でそんな酷い事を


アントニオンさん 優秀だからって何ですか? 我々がワイリーさんと共謀してるって言いたいんですか

14: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/26(火) 18:04 ID:xh6



ライト博士の無実を証明して 晴らすために ドクターワイリー博士を探す熱斗くんたち一行


アイスマン 【 博士 一体に何処にいるですか ワイリーさんのやつ何企んでるんですか】


許さないですよ ワイリーさんめ


ガッツマン 「俺たちも行くでガッツ ライト博士の無実を証明してみせるでガッツ」


カットマン [ライト博士を助けに行くッス もう許さないッスよ ワイリー]


熱斗くん [ 何か 手かがりになりそうな物を探すぞ ロックマン]


テイルス ( よし ソニック 僕達も手伝ってあげようよ)


ソニックさん ( 分かったよ しょうがない 俺たちも協力するぜ)


熱斗くん (一反木綿さん なにかてかがりになりそうなもの探して来てくれない)


一反木綿さん [ わかったバイ おいどんも協力するバイ] 




ロックマン 【 熱斗くん達 気をつけて 何か 仕掛けてくるぞ】

15: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/26(火) 20:20 ID:xh6



熱斗くん 「 うわ 罠って とにかく 気をつけて進めってことか?」


「ロックマン 本当にライト博士が 居るって事 間違いないか」


ロックマン [ 間違いないよ きっと 罠も多いけど 気をつけて進むしかないな」


熱斗くんとロックマン [ 今度は何を企んでるんだ ワイリー]



ライト博士 【 一体 ワシのロボットを操って何をするつもりじゃ】


ワイリー博士 【  世界征服の為じゃ ワシの世界征服の野望を阻止してくれたな ライト】


ライト博士 [ 止せ 辞めるんじゃ 何故 こんな酷い事をするんじゃ]


ライト博士 〈 ハッキリ 言うが ワシは人類とロボットたちの共存を願ってるだけじゃ〉


ライト博士 [ そんな やり方 ワシは反対じゃ        ]

16: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/26(火) 20:25 ID:xh6



熱斗くん 「 うわ 罠って とにかく 気をつけて進めってことか?」


「ロックマン 本当にライト博士が 居るって事 間違いないか」


ロックマン [ 間違いないよ きっと 罠も多いけど 気をつけて進むしかないな」


熱斗くんとロックマン [ 今度は何を企んでるんだ ワイリー]



ライト博士 【 一体 ワシのロボットを操って何をするつもりじゃ】


ワイリー博士 【  世界征服の為じゃ ワシの世界征服の野望を阻止してくれたな ライト】


ライト博士 [ 止せ 辞めるんじゃ 何故 こんな酷い事をするんじゃ]


ライト博士 〈 ハッキリ 言うが ワシは人類とロボットたちの共存を願ってるだけじゃ〉


ライト博士 [ そんな やり方 ワシは反対じゃ        ]


アイスマン [ 博士 大丈夫ですか もう私たちが来たから 大丈夫ですよ]


ライト博士 [ アイスマン! 助けに来てくれたのか? ありがとうな」


カットマン { 今 ココを脱出するっス ワイリー達 オイラ達に任せるッスよ}


オイルマン { みんなに知らせるッスよ 熱斗くん達 加勢をお願いッス}

17: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/26(火) 21:11 ID:xh6

感想よろしく



熱斗くん { ロックマン カットマン達 呼んでる  俺達も助けにいこうぜ  }


ロックマン 熱斗くん { 博士が危ない 待ってて 今助けに行きます 助けに行くね}


[ もう怒ったぞ 許さないぞ] 


カットマン { もう怒ったッスよ 泣いても怒っても謝っても許さないッスよ}


アイスマン ( もう許さないですよ よくもライト博士に濡れ衣を)


オイルマン ( ライト博士の敵 許さないッスよ)


ワイリー博士 ( 貴様らの敵でも何でも無いわい イエローデビル 行け  )


イエローデビル ブモブモ 



アイスマン達 ( 何ですか これ 動けないです。 誰か助けて)


ロックマン 熱斗くん ( みんな 大丈夫? 大丈夫だよ 俺たちが相手だ)


ロックマン ( 許さないぞ ワイリー 覚悟しろ)


熱斗くん ( よくも みんなを ライト博士に濡れ衣を着せてくれたな)



熱斗くん ロックマン ( 僕たちがそんなこと許さないぞ お前の野望もこれで終わりだ)



ワイリー博士 ( うるさい奴らめ 覚悟しろ よくもワシの野望を打ち砕いてくれたな)


[ これで勝てたと思うなよ]



アイスマン ( 僕達も絶対に許さないですよ 観念して下さい 貴方の野望も これで終わりですよ  )


カットマン ( 泣いても 謝っても 許さないッスよ 僕たちロボットと博士たちの中を邪魔してくれたッスね)


カットマン [ 逃げるなッス 待てッス お前の野望もココまでッスよ]



ワイリー博士 ( くそ またしても 失敗か これで追いかけられて来れないじゃろ  )


ワイリー博士 「 貴様らにプレゼントじゃ 正是これで寝てるが良いじゃろ」



カットマン [ くそ またしても逃げられたッス  覚えてろッス」

18: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/27(水) 19:00 ID:mK.

でわでわ 続く書いていきましょう



アイスマンさん ( 待て ワイリーさん! 逃がさないですよ 観念して下さい  )


カットマンさん [ 僕達も追いかけるッス 爆破装置を止めるッス]


ボンバーマンさん [ 遅れてすまねえべらぼー 絶対に許さねえぞべらぼー 爆破装置は何処だべらぼー ]



ガッツマン 「 遅いでガッツ ボンボーマンの兄貴 手伝ってくれでガッツ」



熱斗くん [ 俺達も手伝うぞ みんな無事か 怪我はないか?]


ロックマン { 熱斗くん ありがとう 帰ったら 宿題だよ }



ロールちゃん 【 みんな 無事だったのね 博士 修理をお願いします】


ライト博士 [ みんな 無事で何よりじゃ ありがとう]


アイスマンさん

「 おまわりさん   連れてきました 犯人 ワイリーさんです」


ロボット警察官 【 ワイリーさん 貴方を器物損壊に脅迫容疑で逮捕します】



ワイリー博士 【 ちくしょう こんな所で諦めるワシでは無いわい 覚えてなさい】

19: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/28(木) 22:20 ID:mK.


ロックマン達の活躍によって ワイリーの野望も打ち砕かれてくれて

平和も戻ってきてくれた


ソニックさん [ 小学生も大変だな 頑張れよ ]


クリスくん 「 僕 教えてあげるよ 手伝ってあげようか?」

〈 熱斗さん 解らないところあったら 教えて 手伝ってあげるよ


熱斗くん 《 ありがとう クリスくん 全部だよ》


ロックマン 初代 エグゼ 『 もう熱斗くんったら 人に教えてもらってばかりじゃダメだよ』


アイスマン [ ダメですよ 自分の力でですよ]


クリスくん 〈国語とか? 僕も苦手だよ   〉 

20: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/28(木) 22:25 ID:mK.


ロックマン達の活躍によって ワイリーの野望も打ち砕かれてくれて

平和も戻ってきてくれた


ソニックさん [ 小学生も大変だな 頑張れよ ]


クリスくん 「 僕 教えてあげるよ 手伝ってあげようか?」

〈 熱斗さん 解らないところあったら 教えて 手伝ってあげるよ


熱斗くん 《 ありがとう クリスくん 全部だよ》


ロックマン 初代 エグゼ 『 もう熱斗くんったら 人に教えてもらってばかりじゃダメだよ』


アイスマン [ ダメですよ 自分の力でですよ]


クリスくん 〈国語とか? 教えてあげるよ〉


熱斗くん 「 俺 難しい漢字苦手なんだよな 算数も 」  


ライト博士 【 君たちも頑張ってるようじゃな 休憩しようか】


ロールちゃん [ みんな お茶が入ったわよ お菓子もあるから ] 


カリンカちゃん [ 熱斗くんも大変ね 頑張って ] 

21: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/28(木) 23:00 ID:mK.



クリスくん 「 算数の勉強も 僕と一緒にやろうか」


熱斗くん 「 ありがとう クリスくん 俺 六年生 君は 何年生 」


クリスくん [ 僕 三年生さ 君の後輩だね 宜しく 先輩 ]


熱斗くん [ 学校の勉強 俺イマイチでさ あんまり得意じゃないんだよな ]

「 算数とか 国語とか 感想文とか 全部難し過ぎて集中できないよ」


ロックマン [ 君が 先生の話聞いてないからだよ 授業中に居眠りばかりして]


アクセルくん ( それも当てはまるな 聞いてないな 熱斗くん  )


エイリア姐さん ( こら アクセル ごめんなさいね 君 大変ね  )


シナモン 「 大変ですね 熱斗さん」


エックスさん 「 君も勉強家 大変だな」


ゼロさん 〈 大変だな アクセル あんまり挑発するなよ」


アクセルくん 「 解ってるって 僕がする訳ないだろ」








 

22: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/30(土) 12:27 ID:mK.



それでは 前回のあらすじからです ロックマン達の活躍によって ワイリー氏の世界征服の

野望も阻止されて打ち砕かれてくれて 平和が元通りに戻って行ってくれてますね

23: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/11/30(土) 12:39 ID:mK.




熱斗くん [ 次の分数を答えなさいってどういう事だよ 全然分かんないな ]


クリスくん [ どう 熱斗さん? ぜんぜん 進んでないんですか ]


ロックマン [ もう熱斗くんったら あっち行ったり何かしてたら 全然進まないよ ]


ねずみ男 [ 私 怪しいもんじゃないですよ 熱斗くんの 家庭教師として 来ました   ]


ネコ娘 [ ねずみ男 あんた 何してるのよ 難しい問題 何かしてるのね 熱斗くん ]


アクセル君 声 高山みなみさん [ ダメじゃないか  まり子先生の言う事 聞いてなきゃ ]

24: ヒカリ  ◆tQ4Q:2013/12/02(月) 23:19 ID:Yho




熱斗くん 悟天  「 うん 全然 解らない 誰か答えを教えてよ 」


チチ ロックマン 「 まったくだ 全くだよ 大体 熱斗くん 宿題は自分の力でやらなきゃダメだよ 」


 ライト博士 「 何じゃ  地震 またしても ワイリーの仕業かの?」


熱斗くん [ 何 博士? 大丈夫ですか? ]



アイスマン [ 博士 一体 何が起こったというんですか? ]

25:魔法少女かずみ マギカ  ◆UlLI:2013/12/25(水) 16:10 ID:Ho.




『 悟天くん 』 『 クリスマスだね 僕楽しみだよ  』


「 熱斗くん 」 【 クリスマスプレゼント欲しい サンタさん 早く来ないかな 】


〔 チチさん 〕 〔 楽しみだぞ オラも 悟空さんからのプレゼント欲しいだ 〕

ロックマン 『 はしゃぎ過ぎだよ 熱斗くん それより 宿題は・・・ 』

ロールちゃん 【 宿題まだなの? 頑張って 】

26: ヒカリ  ◆j9.:2014/04/30(水) 08:32 ID:v2E

一方その頃 悪役達がロックマン達を倒そうと


ワイリー 

「 ちくしょう またしても 失敗か ロックマン達め ワシ等の邪魔しやがって。」

ハイマックス様 

「 私も協力させてください ワイリー様 」

ワイリー博士 
「 では 協力者よ ワシと一緒にロックマンを倒そうじゃ。」

シグマ 「 私も 一緒にエックス達を倒す為 協力者が必要だと思って探してた所だよ。」

ワイリー博士 

「 これこれは シグマ様 一緒に協力してロックマン達を倒そうじゃないか。」

ゲイト 「 分かりました それなら 私も協力しましょう。」

アイゾック 「 気を付けろ! やつは取ってつもない強いやつじゃ。」

27: ヒカリ  ◆j9.:2014/05/01(木) 08:10 ID:v2E




mロールちゃん 「 今日も平和で良いわね。 掃除中。」

 ロック 「 博士 お茶が入ってますよ。」

 ライト博士 「 いつもいつもありがとうな。みんな 感謝しておるよ 」

 カーネル エグゼ 「 すまん 俺のせいで お前達に感謝するぜ。」

 熱斗君 

「 俺達こそ 助けてくれてありがとう。助けに来なかったら 俺もロックマンも苦戦してたぜ。 」

 エックスさん ロックマンX 

 「 気を付けろ シグマ達 きっと何か企んでるに違いないぞ。」

 ゼロさん 「 倒しても倒してもまた現れるやつだ。」

 ライト博士 「  わたし達 人類とロック達ロボットたちの戦いいつまで続くんじゃ。」

 

28: 雲雀  ◆j9.:2014/05/01(木) 17:00 ID:v2E



ロールちゃん 「 博士 気にしないで 悪いのは全部ワイリー何だから。」

ライト博士 

 「 ロール・・・・・・・みんな ありがとうな 私は元気じゃよ。」

コサック博士 

 「 気にしないでくれたまえ 悪いの私を騙してカリンカを誘拐したのワイリー何ですから。」

カットマン 

「 気にしないで下さい おいら達もワイリーさんに操られて戦わせられてるうちに

助けに来てくれた事もあるですから。」

ライト博士 「 ありがとう みんな・・・・・ ワイリーの奴 何企んでるんじゃ。」

「 ロボットたちが世界征服の道具として扱われてなきゃ大丈夫じゃがの 心配じゃ。」

29: ヒカリ 雲雀  ◆j9.:2014/05/01(木) 22:20 ID:v2E


カットマン 「 博士 大変ッス ロールちゃん達が居ないっす 」

ライト博士 「 何じゃと ロールが居ないじゃと タイムマシンも盗まれてるぞ。」

熱斗君 「 何だって ロールちゃんやメイルちゃん達も 分かった。」

ロックマン 「 熱斗君 誰から 。」

熱斗君 「 何だよ こんな朝っぱらから 何だ デカオか メイルちゃんが居ない?。」

「 解った 今 行くから待ってろ。」

デカオくん゜ 「 光 大変だ メイルちゃんが居ない?。」

熱斗君 「 何だって ロールちゃんに続いてメイルちゃんまで居ないってどういう事だよ。」

「 まさか ワイリーの仕業か 」

ライト博士 「 ワシが作ったタイムマシンまで盗まれて ロールまで 居なくなるとはな。」

ロックマン 「 ワイリーの仕業だな。 どうすれば 取り戻せるか。」

30: ヒカリ  ◆j9.:2014/05/01(木) 22:38 ID:v2E


ライト博士 

 「 何ていう事じゃ ロールまで人質にされて 設計図とタイムマシンまで盗まれて。」
 
 「 大変だ すぐに皆に知らせないと 大変な事になるぞ。」

 コサック博士 「 大変だ ライト博士 うちのカリンカも居ないぞ。」

 熱斗君 「 何だってまさかカリンカちゃんも 」

 ライト博士 「 どういう事じゃ まさか これって ワイリーの仕業か 」

 ボンバーマン 「 どう言う事だべらぼ7 ロールちゃんがいないだと。」

 カットマン 「 嫌な予感するッス ワイリーさん 何を企んでるッスか。」

 エックスさん 「 シグマの奴 何を企んでるんだ。」
 
 ゼロさん 「 イレギャラ―だと 大変だ 行くぞ。」

 

31: ヒカリ  ◆j9.:2014/05/02(金) 17:34 ID:v2E



ライト博士 「 みんな すまんの いつもいつも戦ってくれてるのに ワシの責任じゃ。」

『 ワシがワイリーを被害者と信じてたせいじゃ ロールが連れ去られる事無かったのにな。』

 「 ワイリーにロボットを世界征服の道具に使って欲しくないだけじゃ。」

 コサック博士 「 気にしないで下さいよ 私も同感だよ。」

 カットマン 「 気にしないで下さいッスよ 僕たちで助け行って来るッス。」

 ガッツマン 「 ロールちゃんが危ないでガッツ 博士 俺達に任せて下さいでガッツ。」

 「 ボンバーマン 」 「 ココは俺達に任せろべらぼ ロールちゃんが危ない 」

 熱斗君 「 博士 俺達も手伝うよ メイルちゃん達が心配だ 行くぞ ロックマン! 」

 「 ロックマン 」 「 うん 行くよ 熱斗君 みんな ありがとう 」

  「 ライト博士 」 「 頼んだぞ みんな 」

32: ロック・リーひばり ◆lmw:2014/05/02(金) 22:04 ID:v2E



   『 続きです 何か誰も来ない 寂しいです 』

 ゲイトさん 「 流石だな エックス ゼロ 僕の自信作に勝つとはね。」

 エイリアさん 「 また昔の事を思い出して恨んでるの? 教えて何であんな酷いことするの?。」

 エックスさん  「 ふざけるな 今度は何を企んでるんだ?。」

 アクセルくん 「 ゲイトさん・・・・・あんた・・・・・どうして。」
 
エイリアさん 「 そんなの間違ってるわ もう妄想 辞めて どうして酷いことばかりするの。」

 「 地球の僧坊がかかってる時に争い何て・・・・・7何て酷い人なの?」

ゼロさん 「 ふざけるな 何が理想の世界だ。」

シグナスさん 「 もう 昔の奴じゃない 戦うしかないだろ。」

33: ヒカリ  ◆j9.:2014/05/02(金) 23:16 ID:v2E



ゲイトさん 「 流石だね エックス ゼロ 僕の自信作 イレギュラーを倒すなんて。」

エイリアさん 「 まだ昔の事思いだして恨んでるの? 」

「 今どんな状況か 貴方だって分かってる筈でしょ どうしてそんな酷いことばかりするの? 」

エックスさん 「 ふざけるな 何が理想だ お前 自分が 酷いことしてるのか分かってるのかよ 」

ゼロさん 「 ふざけるな 何が理想の世界だ 貴様 狂ってるぞ 」

エイリアさん 「 そんな 地球の存亡が繋った大事な時なのに 貴方だって分かってる筈でしょ 」


「 どうして 酷い妄想ばかりするの? そんなの間違ってる 」

「 私 貴方が悪い人じゃないって知ってるわ 」7

オリジナルロックマン 「 エイリアさん ・・・・・・・可哀想です。」

アクセルくん 「 エイリア コイツ 悪い人だよ 」

34: ヒカリ  天馬 ◆j9.:2014/05/03(土) 11:40 ID:v2E



ライト博士のロボット研究所

 「 その頃 一行たち 」

 コサック博士 「 大体の位置 分かってるよ 一刻も早く解決しないと カリンカ達が危ない 」
 
 ライト博士 「 ワシとアイツ ローバート大学での親友でな 中をも認め合うライバルじゃた。」

 
『 ある日 わたし達の中で溝が入ってな。 』

「 私はロボットの平和な生活利用の為の理論話を提案して 考えて来た 」

 「 私と対照的にアイツは納得できずに ワイリーの理論話し 強烈過ぎてな 」
 
 「 大学の親友達も 理解し難しい存在じゃったよ  」

 



 

35: ヒカリ  ◆j9.:2014/05/03(土) 11:57 ID:v2E




ライト博士 「 大学卒業後のわたし達は幾つかのロボットコンテストに参加し 」

「 私はワイリーと競い合うことになってな ワイリー 周囲から 理解を示され無くてな 」

 「 ある意味 私を上回る天才であったワイリーが何でそんな酷いことをするのか 」
  
  「 分からなくてな困ってる所じゃ ロボットが世界征服の道具としての利用に反対でな 」 

  コサック博士 

「 君の悩み聞いてるさ 私も反対だ ロボットが利用されるなんて 悲しすぎるよ 」 

 熱斗君 『 ロックマン ロールちゃんの居場所 分かるか? 」

 ロックマン 「 今 探してるよ 大体の位置も測定してあるよ 」
  
 コサック博士 「  何か酷い事ばかりする 悪い相手に使われて欲しくないよ ロボットを 」

 「  熱斗君達が探してくれるだろ きっと 信じよう 」

  ライト博士 「 ワイリーに抵抗できるものがあればイイんじゃっが 」

  
 



















 

36: ヒカリ  ◆j9.:2014/05/03(土) 12:00 ID:v2E




ライト博士 「 大学卒業後のわたし達は幾つかのロボットコンテストに参加し 」

「 私はワイリーと競い合うことになってな ワイリー 周囲から 理解を示され無くてな 」

 「 ある意味 私を上回る天才であったワイリーが何でそんな酷いことをするのか 」
  
  「 分からなくてな困ってる所じゃ ロボットが世界征服の道具としての利用に反対でな 」 

  コサック博士 

「 君の悩み聞いてるさ 私も反対だ ロボットが利用されるなんて 悲しすぎるよ 」 

 熱斗君 『 ロックマン ロールちゃんの居場所 分かるか? 」

 ロックマン 「 今 探してるよ 大体の位置も測定してあるよ 」
  
 コサック博士 「  何か酷い事ばかりする 悪い相手に使われて欲しくないよ ロボットを 」

 「  熱斗君達が探してくれるだろ きっと 信じよう 」

  ライト博士 「 ワイリーに抵抗できるものがあればイイんじゃっが 」

  
「 オリジナル ロックマン 」「 俺に任せて下さい 博士 俺が必ず 取り戻しに行って見せます 」

 熱斗君 ゜「 待ってろ メイルちゃん達を離せ 」

 



















 

37: ヒカリ  ◆j9.:2014/05/03(土) 15:43 ID:v2E





『 レッドさん 大塚明夫さん 』「 シグマ 貴様 私やアクセルを利用してただと。」

熱斗君 「 簡単に 命を捨てちゃ駄目だよ。」

                           

『  レッドさん 』「  わたし達の問題だ 仲間だと 関係ない 」

「 私はわたしのやり方で使命を全うするだけだよ 君は仲間の所に戻りたまえ。」
 
( ココは危険だから 逃げたまえ。)



熱斗君 「 仲間を信じて 一緒に戦うぜ お前が死んだらどうするんだよ 」

一反木綿さん 「 熱斗君・・・・・・」



 

38: ヒカリ  ◆j9.:2014/05/03(土) 18:58 ID:jd2




ロールちゃん 「 あれ ココ 何処よ わたし達をどうするつもり? 」

カリンカちゃん 「 あっ貴方は お父様を騙して ライト博士を人質に取った人。」

メイルちゃん 「 あれ 熱斗は 熱斗! わたし達をどうする気よ。 」

カリンカちゃん 「 貴方はドクターワイリー! 」

ドクターワイリー 「 地球上の諸君 お嬢さんたちが如何なっても 知らんぞ。」

熱斗君 「 あっメイルちゃん! 大丈夫か  卑怯だぞ 」

ロックマン 「 ロールちゃん! 」コサック博士 「 カリンカ 何ていう酷いことを。」

カットマン 「 ロールちゃんを離すッス 何ていう酷い奴ッスか。」

一反木綿さん 「 これじゃ近づけんバイ 」

エミーちゃん 「 ちょっと何するのよ 放しなさいよ エッグマン 」

エッグマンさん 「 地球上の諸君 助けたいなら ワシ等の所に来い 」

ソニックさん 「 エミー! エミーを離せ エッグマン 」

39: ヒカリ  ◆j9.:2014/05/04(日) 21:44 ID:jd2



ワイリー 「 わっはっはっは これでロックマン達もお終いじゃ わっはっはっはっ。」

ロールちゃん 「 熱斗君 ロック! 何すんのよ 放して 放して 放しなさいよ。」

「 今度は何を企んでるのよ そんなの勝手すぎるわよ。 そんな事させないんだから。」

メイルちゃん ゜「 そうよ 一体 何が目的で 何を企んでるのよ 放してよ 放しなさいよ。」

熱斗君 「 メイルちゃん! 卑怯だぞ メイルちゃん達を離せ!。」7

ロックマン 「 ワイリーめ 今度こそ 逃がさないぞ 熱斗君 無茶だよ。」

勇太くん 「 ロックマン・・・・・大丈夫かな 熱斗さんも無事だと良いけど。」

茜ちゃん 「 メイルさん・・・・・・ロールちゃん・・・・」

エミーちゃん 「 ちょっと 一体何なのよ 痛い 痛いじゃないの 放しなさいよ。」

ソニックさん 「 エミー! みんな  大丈夫か 」

エミーちゃん 「 ソニック! 熱斗君 みんな 遅いじゃないの。」

40: ヒカリ  ◆j9.:2014/10/24(金) 17:22 ID:pp.



熱斗君 クロスフュージョン版 

「くそ!待て 逃がさないぞ!ワイリー!メイルちゃん達を離せ!」

ファイアーマン 「そんな無茶だよ!」

カットマン 「無茶ですよ!熱斗さん!」

41: ヒカリ  ◆j9.:2015/03/13(金) 03:49 ID:Xbw


一体 地球はどうなってしまうのか? ライト博士達や熱斗君達の運命は以下に

42: ヒカリ  ◆j9.:2015/03/14(土) 17:28 ID:Bzs




ライト博士の研究所

ある日 ライト博士が神妙な顔で機械の修理に取り組んでいると

コンピュータの調子が悪いことに 気づく

「何じゃ! コンピューターの性能が悪くなっとるぞ!何が原因じゃ!」

ブライトマン 「うわー目が回る!助けて!」

ラッシュ 「博士!大丈夫かワン!」

ライト博士 「一体 どうなってるんじゃ!ロールちゃん達やタイムマシン 何処に消えたんじゃ!」

まさか ワイリーの仕業か?

コサック博士 「私も手伝わせて下さい!」

どうなってるんだ!何だってワイリーがタイムマシンを盗むとは どう言う事ですか?


書き込む 最新10 サイトマップ