ゲーム、漫画、アニメ、ラノベのキャラが入り乱れてバトスピ

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:アレイスター:2013/12/04(水) 06:07 ID:m-pH6

検索用ワード
バトルスピリッツ、プリキュア、アイカツ、セーラームーン、どれみ、デジモン、ガンダム、ヴァンガード、遊戯王、東方、カリスマ、アレイスター、シーマン

2:アレイスター:2013/12/04(水) 07:03 ID:m-hbc

ある男の行動が引き金となり、本来交わることがない世界達が混ざってしまった。

彼の影響でバトルスピリッツ。通称バトスピが世界のルールとなり、銀河バトスピ法として弱肉強食の世界になった。

そんな中、1人の少女がトップアイドルを目指して今日もバトスピに励んでいた。

自称吸血鬼の藤堂ユリカ。

彼女はアイドル屈指の紫使いとして名を馳せている。

「この藤堂ユリカ様の敵は居ないわね。私の贄になってくれる人はどこかに居ないかしら?」

「あら、この伊織様を前にしてキャラ被りとはいーい度胸ね?」

「あなたの得意な紫のデッキで相手してあげる。ターゲット、ロック!」

兎のぬいぐるみを抱いてる少女は水瀬伊織。

彼女もまたトップアイドルを目指している。

「ユリカ様に血を吸われたいようね?それで何を賭けるのかしら?」

ユリカは挑発的に笑う。

「お互いのアイドル生命でどうかしら?」

伊織の強引な提案にユリカは一度引いたものの、伊織の挑発に乗ってその勝負を承けた。

「伊織ちゃんのターン!」

先攻を取ったのは水瀬伊織。

彼女はバーストを伏せ、ストロングドローを使用。

「デッキから3枚引き、手札を2枚捨てるわ。」

彼女が破棄したのはアグラヴェイン、ネザード・バァラル。

「にししっ。順調。順調」

伊織はターンを終了することを告げた。

「吸血鬼の力を見せて差し上げましょう」

ユリカはダーク・ソードールを出し、召喚時効果で1枚カードをデッキから引いた。

「召喚時効果、貰ったわ!」

伊織は秘剣燕返しのバースト効果を発揮させたため、ユリカは手札からダーク・ソードール、デスマサカー、ヘルズバースデイを破棄。

彼女も負けじとダーク・ソードールでアタックし、伊織はライフで受けた。

「伊織ちゃんのターン!」

伊織はここを好機と見るが、バーストを伏せ、灼熱の谷を配置するに留めた。

「あらぁ?ユリカ様の迫力に恐怖を感じたのかしら?ユリカ様のターン」

ユリカはカグツチ・ドラグーンを召喚してアタック。

伊織は手札から絶甲氷盾を使い、ライフで受けて、騎士の覇王ソーディアス・アーサーを召喚。

「残念だったわね。次であなたはアイドルをやめるの。わかった?」

「伊織ちゃんのファイナルターン!」

伊織はソーディアス・アーサーに牙皇ケルベロードを合体させてレベル2に上げた。

伊織は合体スピリットでアタック、アタック時効果でデッキを上から5枚破棄して合体スピリットを回復させた。

さらに伊織はアタック時効果でネザード・バァラルを召喚。

ユリカのスピリットを全て消滅させた。

「私、まだアイドルをやめたくない!」

ユリカは叫ぶも伊織の非情な怒涛の攻撃によってユリカは敗れた。

「おーほっほっほっ!キャラ被りなんて半世紀早いのよ」

銀河バトスピ法に則り、藤堂ユリカはアイドル界から姿を消すことになった。


書き込む 最新10 サイトマップ