カゲプロ小説リレー☆

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 08:59 ID:Y96

えっと、ここのスレは、カゲプロのリレー小説をします!
ジャンルは何でもOKです!
荒らしはできれば来ないでください。
リレーの順番とかはいいです。連続じゃなければ書いてもOKですよ~
入る時は言ってくださいね。落ちる時は言ってください。

皆さん是非来てください!

2:瑠璃 ◆WUeQ:2013/12/08(日) 09:30 ID:SAI

参加希望です!

3:ヨーヨー:2013/12/08(日) 09:52 ID:LxM

参加希望です

4:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 09:58 ID:Y96

どうぞ!入ってください!
>>2>>3

5:奈々:2013/12/08(日) 10:00 ID:qVo

入れてください!少ししかわかりませんが…

6:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 10:02 ID:Y96

どうぞ!
>>奈々

皆さんジャンルとかの希望とかありますか?
>>all

7:奈々:2013/12/08(日) 10:05 ID:qVo

ありがとうございます!

8:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 10:07 ID:Y96

奈々sは希望のジャンルある?
あと呼びタメOKですか?

9:秋桜:2013/12/08(日) 10:09 ID:qVo

呼びタメokです!
んー私は書きやすいのならなんでもいい…なんかごめんっ

10:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 10:16 ID:Y96

大丈夫!じゃあ、そうだな・・・
・・・お化け屋敷ネタがいいw(←

11:奈々:2013/12/08(日) 10:19 ID:qVo

あ、いいねそれ
けっこう面白そう!

12:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 10:23 ID:Y96

じゃあ、どっちが最初書く?

13:奈々:2013/12/08(日) 10:25 ID:qVo

私、最初は少し苦手で…
マーが最初でいい?

14:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 10:26 ID:Y96

OK!じゃ書くね!ちょっと時間掛かるかも!ごめんね?

15:奈々:2013/12/08(日) 10:32 ID:qVo

ううん、大丈夫!

16:奈々:2013/12/08(日) 10:49 ID:qVo

あ、やばいです!
もしかしたら落ちるかもっ
もし、落ちてたらごめんねっ

17:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 10:49 ID:Y96

じゃあ書きまーす!
シンタロー目線

 
『皆さん!お化け屋敷行きましょう!!』

すべては、俺の妹、モモの一言から始まった・・・。

シ「・・・」
 モモがお化け屋敷に行きたいと言い、お化け屋敷に行くことになった。
 俺はそもそも行きたくなかったんだが、エネが、エネが・・・
エネ『ご主人、お化け屋敷、一緒に行かないと、妹さんにご主人の秘蔵フォルダを・・・』
 と、脅され、行くことになっちまったんだ!!
 まぁ、俺の他にもう一人、行きたくない奴がいた。メカクシ団団長のキドだ。そのキドが何故行くことになったかというと、カノが・・・
カノ『キド、もしかして怖いの~?』
 なんて言って挑発したからだ。まぁその後カノはキドにボコボコにされたけどな。

モモ「み、皆さん、早く入りましょうよ!!」
カノ「キド、大丈夫?震えてるけど・・・」
キド「も、もも問題ない・・・」
マリー「お茶、飲んどいた方がいいのかな・・・?」
セト「大丈夫っすよ!」
コノハ「ねぎま・・・」
ヒビヤ「こんなところで食べないでよ・・・;;」
 早く入りたがってるモモ、震えてるキドを少しニヤニヤしながら心配するカノ。水分補給した方がいいのかと質問したマリーに答えるセト。ねぎまを食べてるコノハに呆れ顔で注意するヒビヤ・・・アジトにいる時と変わらないな・・・
シンタロー「皆、ころそろ入るか・・・?。」
セト「いや、ちょっと待ってくださいっす。」
 入ろうとした時、セトがストップをかけた。
モモ「?どうしたんですか?セトさん?」
 モモが聞くと、セトはお化け屋敷の説明看板を見て言った。
セト「このお化け屋敷、二人一組までみたいっすよ~」
シンタロー「!・・・ってことは、俺たちは九人いるから・・・」キド「誰か一人は、一人で入るんだな。俺は一人は嫌だぞ。」
 キドがさらっと俺が思っていた事を言った。てか、キドに一人で入れとは言ってねーよ!!
 俺も一人で入るなんて絶対嫌だな・・・なんなら入らない方がまし・・・;;


では、次の人にパスです!目線とか変えていいですよ〜

18:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 10:51 ID:Y96

落ちてたら大丈夫!ということで!
次はじゃあ、今いる(?)奈々お願い!

19:奈々:2013/12/08(日) 10:58 ID:qVo

書きまーすね

20:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 11:06 ID:Y96

了解!

21:奈々:2013/12/08(日) 11:20 ID:qVo

「どうやって決めます?」
「…ここは、やっぱじゃんけんにしようか」
カノの意見に誰もが賛成。
で、じゃんけんした結果……最悪の結果になった。
理由は…俺が負けたから。
いや、よりによってなんで俺!?
他に居るだろ負けそうなやつ!てか、こんなすぐ決まるのかよ!?
俺以外全員ちょきッて…こんな漫画みたいなことあるのかよ!
「じゃあ、お兄ちゃんが一人ってことだね」
「ぇ!い…いやー俺はここで待ってるよ」
アハハと苦笑いしてぶんぶんと首を横にふる。
すると、エネはニヤニヤしながら俺を見て
「ご主人まさか、一人じゃ怖いからじゃないですよね?
やっぱ、ご主人はまだ子供なんですね―」
とか、いってきた。
その言葉にカチンときて、「入るよ!」
と、言ってしまったんだ…。

マーごめーん。
カゲロウデイズ一巻しか読んでないからあれだと思うけど
お許しください

22:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 11:24 ID:Y96

大丈夫だよ!じゃあ私次書くね!

23:奈々:2013/12/08(日) 11:27 ID:qVo

ok!

24:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 11:47 ID:Y96

書きまーす!
 モモ目線

シンタロー「わかったよ・・・行ってくるよ・・・」
モモ「お兄ちゃん、ひびって戻ってこないでねww」
シンタロー「さすがに俺もそれはないわ!!」
 ニヤニヤしながら言う私にお兄ちゃんは言うと、お化け屋敷に入ってった。

モモ「・・・さてと、私たちもペア決めちゃいましょう!」
カノ「OK!じゃあまたじゃんけんで・・・」

「じゃんけんぽんっ!」
んで、こうなりました〜♪
キドさんとカノさん!
カノ「キドと一緒かぁ〜まぁお約束ってかんじ?」
キド「どんなお約束だ・・・なんでお前なんかと・・・」
カノ「えぇ~小さい頃、一緒に入った時、『カノ~怖いよ~』ってしがみついてきた癖に~素直じゃないなキ((ドカッ ぐふっ!!」キド「〜っ//」
 キドさんに一発喰らわれたカノさん。まぁいつものことかな・・・

んじゃ次に、マリーちゃんとセトさん。
セト「マリー、宜しくっす!」
マリー「うん!宜しくねセト!」
ここもお約束かな~?

では次に、ヒビヤ君とコノハさん。
コノハ「ねぎま・・・((もぐもぐ」
ヒビヤ「だからこんなところで食べるなよ!;;」
 このペアは少し以外かも・・・!

モモ「さて!私のペアはってあれ〜!!?私のペアがいないぃぃ!!!」
 今気づいたけど、私のペアが・・・いなかった・・・!!!
カノ「シンタロー君、エネちゃんも数えちゃったんだね〜」
 キドさんのキックを一発喰らって倒れていたカノさんが起き上がってニヤニヤしながら言った。
モモ「えぇ~!?ちょっと私、お兄ちゃん追いかけて来ます〜!!」
 私は中には入ってお兄ちゃんを追いかけた。

その頃のお兄ちゃんは・・・
エネ「すみませんご主人~ちょっと聞きたいんですけど〜」
シンタロー「ん?何だ、エネ」
エネ「ご主人、私も数に入れてませんか?だって、私抜くと、八人で、ご主人一人になりませんでしたよ?」
シンタロー「・・・あぁー!!?そ、そうだったぁ・・・」


続きは誰かにパスです!

25:奈々:2013/12/08(日) 11:49 ID:qVo

んじゃ、私書きますね―

26:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 11:54 ID:Y96

お願いしまぁす♪

27:奈々:2013/12/08(日) 11:59 ID:qVo

【ごめん、落ちる!夜らへんにくるよ!)

28:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 12:00 ID:Y96

OK!了解!
じゃあ私も落ちます!

29:奈々 ◆Q4HE:2013/12/08(日) 19:16 ID:qVo

来たよ―マーいる?

30:奈々 ◆Q4HE:2013/12/08(日) 19:16 ID:qVo

来たよ―マーいる?

31:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 20:07 ID:Y96

いるよ~!
ごめん、ちょっとご飯食べてお風呂入ってた;

32:ヨーヨ:2013/12/08(日) 20:44 ID:LxM

すみません><;落ちてました。
えっと続きやってよろしいですか?

33:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 20:53 ID:Y96

ありがとうございます!続きお願いします!
呼びためOKですか?

34:ヨーヨー:2013/12/08(日) 21:27 ID:LxM

タメおっけーです!続きかいてきますね

35:ヨーヨー:2013/12/08(日) 21:45 ID:LxM

「ど、どうするんだよ?」
慌てた俺はエネに叫んでいた。エネはアハハと愉快そうに笑っている。
ああー……どうしたらいいんだよおおお((
「ん?あ、あれ。妹さんじゃないデスカ?」
エネの声で振り向くとモモがかなり怒った様子で走ってきた。
これはかなり怒ってるな。後で「クソニート」とか言われそうだ←←

「お兄ちゃん、何してるの…全くもう」
と追い付いたモモははあはあと肩で息をしながらそういった。

にしてもペアはモモ……か。
そして片手に握られている携帯にいるエネ。


ちょ……これ。ヤバイんじゃないか?




という微妙なところで回しまーす←←

36:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 21:53 ID:Y96

シンタロー目線

    ・・・
シンタロー「あ、あぁぁぁめめめめめ!!!!!」
モモ「お、お兄ちゃんびびりすぎ!てか待ってよぉ!!」
 お化けが出て全力で逃げる俺と、俺を追いかけるモモ。
シンタロー「あぁもう何なんだよぉぉぉ!!!」
モモ「もっとゆっくり回ってたいのに・・・」
 逃げる俺。と、呆れ顔のモモ。
 俺は悲鳴を上げながら、お化け屋敷を出た。
 
  もう絶対お化け屋敷には行きたくねえ!!


次はどのペアが行くのかは、皆さんに任せます♪

37:マー ◆MiBk:2013/12/08(日) 21:54 ID:Y96

シンタロー&モモ編、最後短く終わらせてごめん!

ちょっと眠いので、落ちますね・・・!

38:みーにゃん ◆N8C2:2013/12/08(日) 23:20 ID:wxY

マー>>来たよ〜♪

39:マー ◆MiBk:2013/12/09(月) 06:26 ID:Y96

みーにゃん!やっほー!

【来たけど朝なので落ち!】

40:マー ◆MiBk:2013/12/09(月) 21:07 ID:Y96

来ました〜
・・・誰かいますか・・・?

41:奈々:2013/12/10(火) 18:39 ID:qVo

こんばんはー

42:マー ◆MiBk:2013/12/10(火) 19:09 ID:Y96

奈々!続き、お願いします!♪

43:奈々:2013/12/10(火) 19:14 ID:qVo

了解です!

44:奈々:2013/12/10(火) 19:26 ID:qVo

カノ目線

「んじゃ、行ってくるねー!」
ニコニコと笑いながら僕は、手をふる。
後ろでは、キドが表情を変えずに震えている。
中に入ると普通に真っ暗だった。そりゃそうか←
「けっこう、ワクワクするもんだねー」
「どこがだ…」
きょろきょろと当たりをあたりをみるキド。
びくびくとしていてなんか面白いwwwなんてね

全然思いつかん。次の人頼みます

45:奈々:2013/12/10(火) 19:35 ID:qVo

落ちます!

46:マー ◆MiBk:2013/12/10(火) 19:43 ID:Y96

落ち了解!
>奈々

じゃあ次私書きますね〜

47:マー ◆MiBk:2013/12/10(火) 21:19 ID:Y96

闇落ちすみません!
では書きます!
カノ目線

 お化け屋敷の中には、いろんな仕掛けがあった。仕掛けが出るたんびに、キドは悲鳴を上げた。ていうか、仕掛けがリアルすぎるし・・・w
 中で歩いていって少したった。今のところ、仕掛けが出る気配もない。
カノ「キド、今のところは多分仕掛けない・・・よ・・・」
 僕は言葉が途切れた。何故って?それは・・・
 キドが僕の右手を涙目になり、顔を赤くしながら握っていたから。
キド「す、すまん。こ、怖いから・・・きょ、今日だけだからな・・・(ぼそっ」
カノ「・・・!!? ・・・うん。わかった・・・。」
キド「す、すまない・・・」
カノ「くっ、あはは!」
キド「ど、どうした?」
カノ「いや、なんか、小さい頃思い出すな~って。」
キド「 ?」


~キド『ねぇ、カノ、待って、おいてかないで~!』
カノ『もー、相変わらず怖がりだなぁ~』
キド『だ、だって・・・怖いんだもん・・・』
  泣きそうになったキド。
カノ『あぁ、ごめん。泣かないで!;; えーっと、じゃあこうしよ!』
 僕はキドの手を掴んだ。
カノ『これなら少しは怖くなくなるよ!』
キド『・・・うん。これなら怖くないかも・・・^^・・・』~


カノ「・・・あ、出口見えてきたよ、キド~」
キド「あ、じゃあ、出るか・・・。」
 ・・・ほんと、怖がりだな〜キドは・・・。
 そう思いながら、僕とキドはお化け屋敷を出た。
 
 何故がわからないけど、出て、繋いでいた手を離した後、キドの腹蹴りをくらった。何でなんだぁぁぁ!!!

キド「・・・ありがとな・・・。」


自分、カノキドが好きなので・・・長くなっちゃいました!すみません!!次のペアはお任せします!あ、(~~、『』)のところは、小さい頃の時です!

48:奈々:2013/12/12(木) 19:08 ID:qVo

こんばんはー!

49:マー ◆MiBk:2013/12/12(木) 19:17 ID:Y96

奈々!こんばんは〜♪

50:奈々:2013/12/12(木) 19:20 ID:qVo

あ、マーこんばんはー^^
昨日これなくてごめんね〜

51:マー ◆MiBk:2013/12/12(木) 19:39 ID:Y96

大丈夫だよ〜♪
では続き、お願いします!♪

52:奈々:2013/12/12(木) 19:43 ID:qVo

はーい

53:マー ◆MiBk:2013/12/12(木) 19:43 ID:Y96

続きは書く人いなかったら私書きます!
ご飯なので一旦落ちます!!

54:奈々:2013/12/13(金) 20:37 ID:qVo

ごめーん、落ちてた!

55:マー ◆MiBk:2013/12/13(金) 21:33 ID:Y96

大丈夫だよ!

56:マー ◆MiBk:2013/12/14(土) 19:18 ID:Y96

上げー!・・・

57:奈々:2013/12/14(土) 19:32 ID:qVo

来たよ―

58:マー ◆MiBk:2013/12/14(土) 21:22 ID:Y96

奈々!!続き!宜しく!!

59:奈々:2013/12/17(火) 19:04 ID:qVo

りょーかい^^

60:奈々:2013/12/17(火) 19:10 ID:qVo

 〜マリー目線〜
「じゃあ、行ってくるッすねー」
セトは、残りの人にそういいながらお化け屋敷の中に入っていく。
「わー暗いね」
「そうっすねー。ハハ、あっちからお化けがワっと飛び出してきたりってのもあるっすよねー」
少しくぼんでいる?ところを指さして声をだしながら笑うセト。

あー二人の扱い方がよく分かんない…
次の人パス!

61:穂乃香 よろしくお願いします:2015/03/27(金) 18:00 ID:mLI

佐々木穂乃香ですよろしくお願いします
よろしくお願いします、何か、ごめんなさい
ごめんなさい 

62:穂乃香 よろしくお願いします:2015/03/27(金) 18:01 ID:mLI

佐々木穂乃香ですよろしくお願いします

63:穂乃香 よろしくお願いします:2015/03/27(金) 18:02 ID:mLI

よろしくお願いします


書き込む 最新10 サイトマップ