妖精の尻尾〜ナツルー小説〜2

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ミュー:2013/12/18(水) 14:06 ID:Wyg

二つ目のスレッドを立てました!

フェアリーテイルのナツルー限定のスレです。
ナツルーはナツとルーシィのカップリングのことです。


!attention!
*荒らしはやめてください

*ナツルー限定です

*仲良くいきましょう


質問したいことがあったら言ってください。
年齢差とかは気にしないでください。
詳しいことは前スレの妖精の尻尾〜ナツルー小説〜を見てください
アドレス→http://ha10.net/ss/1348738201.html

2:ミュー:2013/12/18(水) 14:08 ID:Wyg

まだ前スレは終わっていませんが先に作っておきました

基本雑談なので新入りさん大歓迎です(^^)

3:ミカサ:2013/12/19(木) 14:13 ID:iF6

新しいスレ立てたんですね!
私が一番乗りですかね!

4:トマト:2013/12/22(日) 15:16 ID:b9w

二番乗りです!

こんにちわ。最近来てませんでした。
冬休みの宿題があるので、またしばらく来れなくなりそうです。
ごめんなさい。

5:たんたん:2013/12/22(日) 23:01 ID:PL2

3番乗りかな?
久しぶりです!たんたんめん改めたんたんです!

6:みーにゃん ◆N8C2:2013/12/22(日) 23:04 ID:JSk

お、お久しぶりですっ!
みーにゃんです!

7:ミュ一:2013/12/24(火) 00:41 ID:Wyg

こんにちは。
案外多くの方が来て下さっているようで、とても嬉しいです。

8:& ◆uRtY:2013/12/26(木) 10:24 ID:uxg

こんにちは!ジュビアですよろしくお願いし

9:みーにゃん ◆N8C2:2013/12/26(木) 22:43 ID:JSk

ジュビアさん、よろしくねっ!
あ、呼びタメOKですか?
ウチはOKです!

10:& ◆uRtY:2014/01/01(水) 13:58 ID:Fqw

みーにゃんさん!
ジュビアです。
よろしくです!

11:ジュビア:2014/01/01(水) 13:59 ID:Fqw

今のジュビアです...

12:匿名さん:2014/01/05(日) 02:56 ID:A4c

久しぶりです!
突然ですが、毎週土曜日の10時から12時ぐらいまでその週あった
出来事とかを話し合いませんか?
賛成という人は1月20日までに賛成というコメントを書き込んでください。
もしやることになったら各自自分たちで集まりましょう。
今年もよろしくお願い致します

13:ムーマ:2014/01/05(日) 02:57 ID:A4c

上のコメントは私です。

14:トマト:2014/01/05(日) 19:22 ID:.vo

来れないかもしれませんが賛成です。

15:ミカサ:2014/01/05(日) 20:50 ID:Xt.

さんせーーーい!

でも、これないかもしれないです。
できるだけきます!

16:リト:2014/01/08(水) 07:56 ID:keA

は〜〜〜〜い!
賛成です(´・ω・`*)
たくさん話して、悩みとか解決するといいですね。

17:ジュビア:2014/01/08(水) 19:01 ID:7s6

ジュビアも入れますか?

18:ジュビア:2014/01/08(水) 19:14 ID:Ssc

あと何時に集まるかきめましょう!

19:リト:2014/01/08(水) 19:39 ID:keA

私的には10時位でいいと思います(・ω・♪)
でも、皆さんの意見も聞きたいです!
教えてください!
それからフェアリーテイルシーズン2って何曜日の何時からですか?
お手数おかけしますが、回答お願いします(((>△<)))

20:ジュビア:2014/01/08(水) 21:31 ID:2RU

ジュビアも10時賛成♪
リトさん、小説ここで
書くね♪あとリトって
呼んでいい?返信ちょーだいです!

21:みーにゃん ◆gGoM:2014/01/08(水) 21:43 ID:Mu6

ウチも10時賛成ですっ!来れない時もあるかもしれないけど...!

22:ムーマ:2014/01/08(水) 21:49 ID:A4c

いろんな人が賛成してくださってる!
とってもうれしい!
せっかくだから
平日もやります?
やるって人は今日の10時30分に
ここに集まってください!
無理なら明日でもいいです。
あとここで、みんなで
話してる時は全員、タメで
敬語は使わないことにしましょう!

23:カミア:2014/01/08(水) 22:01 ID:qc2

お久しぶり・・・と言っても、あまり覚えてる方はいらっしゃらないと思うので、
初めましての方が多いと思います!改めまして、カミアでっす!
えっと、土曜日の件、10時って、お昼ですか??夜ですか??

24:ムーマ:2014/01/08(水) 22:05 ID:A4c

夜の10時だよ。

25:ジュビア:2014/01/08(水) 22:30 ID:2RU

いっちばーん!

26:カミア:2014/01/08(水) 22:34 ID:qc2

夜ですか!賛成です(=´∀`)人(´∀`=)

27:ジュビア:2014/01/08(水) 22:36 ID:2RU

誰かぁ...!!
ジュビアさみしー、リトォ
ムーマぁみーにゃん
いないれすか?

28:ミカサ:2014/01/08(水) 22:37 ID:Xt.

来たよ〜!

29:ジュビア:2014/01/08(水) 22:37 ID:2RU

カミア〜
会いたかった♪

30:ミカサ:2014/01/08(水) 22:38 ID:Xt.

カミアじゃないよ〜!!

31:ジュビア:2014/01/08(水) 22:39 ID:2RU

ミカサ〜会いたかった♪

32:ミカサ:2014/01/08(水) 22:39 ID:Xt.

んで、何話す❓

33:ジュビア:2014/01/08(水) 22:39 ID:2RU

そしてごめんね〜

34:カミア:2014/01/08(水) 22:40 ID:qc2

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
私も〜\(//∇//)\

35:ミカサ:2014/01/08(水) 22:40 ID:Xt.

ん、大丈夫。

36:ミカサ:2014/01/08(水) 22:41 ID:Xt.

何話すのー?

37:ムーマ:2014/01/08(水) 22:41 ID:A4c

ごめんね〜!
遅れちゃった!

38:ジュビア:2014/01/08(水) 22:42 ID:2RU

ん〜…
あ!そー言えばジュビア、肩甲骨が
人一倍出るよ♪

39:ミカサ:2014/01/08(水) 22:42 ID:Xt.

マジか!

40:ムーマ:2014/01/08(水) 22:43 ID:A4c

恋バナでもしよっか!

41:ミカサ:2014/01/08(水) 22:43 ID:Xt.

そーですね!

42:[}:2014/01/08(水) 22:44 ID:A4c

ジュビア、すごっ!

43:ジュビア:2014/01/08(水) 22:44 ID:2RU

恋バナ大好き〜

44:オリビア:2014/01/08(水) 22:45 ID:A4c

上の名前が不明なのは私、元ムーマです!

45:ミカサ:2014/01/08(水) 22:45 ID:Xt.

でも一応言っとくと、私は男ですよ?

46:オリビア:2014/01/08(水) 22:46 ID:A4c

あたしもー

47:ジュビア:2014/01/08(水) 22:46 ID:2RU

オリビアになってる

48:オリビア:2014/01/08(水) 22:47 ID:A4c

なんて、嘘に決まってる!
あたしは、正真正銘の女よ!

49:ミカサ:2014/01/08(水) 22:48 ID:Xt.

ですよね〜!

50:ジュビア:2014/01/08(水) 22:48 ID:2RU

あらま!
でもだーいじょーぶ!!

51:ミカサ:2014/01/08(水) 22:49 ID:Xt.

ありがとう!

52:オリビア:2014/01/08(水) 22:49 ID:A4c

ねーねー。
ジュビアのことジュビジュビって
呼んでいい?

53:ジュビア:2014/01/08(水) 22:50 ID:2RU

オッケー♪

54:オリビア:2014/01/08(水) 22:51 ID:A4c

男の子もいることだしどんどん自己紹介してこっか。
まずは名前をいってこう

55:ジュビア:2014/01/08(水) 22:52 ID:2RU

オリ〜♪オリって呼んでいい?

56:オリビア:2014/01/08(水) 22:53 ID:A4c

皆さんのアイドル、オリビアでーす♪

57:オリビア:2014/01/08(水) 22:54 ID:A4c

いいに決まってる!

58:ジュビア:2014/01/08(水) 22:55 ID:2RU

ジュビアだよ♪
小学五年
女子
クラスの男子と憎みあいしてます!
好きな人はいます♪

59:オリー:2014/01/08(水) 22:55 ID:A4c

コメントまだかなー

60:ジュビア:2014/01/08(水) 22:56 ID:2RU

オリ〜♪
愛してるよ♪

61:ミカサ:2014/01/08(水) 22:57 ID:Xt.

名前は見たとおりです。
中3受験生です。
彼女は夏に別れたのでいません。

62:オリー:2014/01/08(水) 22:57 ID:A4c

元オリビアです!
ジュビジュビ!
私も小五の女子だょ!
なんて偶然!

63:ミカサ:2014/01/08(水) 22:58 ID:Xt.

あれっ、俺だけ疎外感、、、

64:ジュビア:2014/01/08(水) 22:59 ID:2RU

これは奇跡だ!運命だ!

65:オリー:2014/01/08(水) 22:59 ID:A4c

受験生!?
ミカサ、大変そう…

66:ミカサ:2014/01/08(水) 23:00 ID:Xt.

そうなんだよね〜!
来週入試だし、、、

67:オリー:2014/01/08(水) 23:00 ID:A4c

そう!
運命なんだよ!
ジュビジュビ!
どこにすんでるの?

68:ジュビア:2014/01/08(水) 23:00 ID:2RU

ジュビア応援する〜!!
フレフレミカサ〜
フレフレミカサ〜!!

69:ジュビア:2014/01/08(水) 23:01 ID:2RU

東京

70:I[:2014/01/08(水) 23:02 ID:A4c

ミカサ、絶対勉強とか大変でしょ!?
応援してるから!
頑張って!

71:ミカサ:2014/01/08(水) 23:02 ID:Xt.

ありがとう!
ちなみに俺千葉〜!

72:ジュビア:2014/01/08(水) 23:02 ID:2RU

でも 山が好き

73:オリー:2014/01/08(水) 23:04 ID:A4c

あのイミフな、名前、あたしです!
ジュビジュビ、あたしは千葉だよ!
いつかあって一緒に、
買い物とかしたいね!

74:オリー:2014/01/08(水) 23:05 ID:A4c

ミカサ!
君、千葉のどこに住んでんの!?

75:ジュビア:2014/01/08(水) 23:06 ID:2RU

行きたあい!

76:ミカサ:2014/01/08(水) 23:06 ID:Xt.

えっ、オリーマジ?
何市なの?

77:オリー:2014/01/08(水) 23:07 ID:A4c

リオン〜!
愛してる〜!

78:ミカサ:2014/01/08(水) 23:07 ID:Xt.

俺は市原市だけど、、、

79:オリー:2014/01/08(水) 23:08 ID:A4c

あたしは、柏だよ

80:カミア:2014/01/08(水) 23:09 ID:qc2

お風呂に入ってたぁ(>人<;)
私も千葉!来年受験生です(=´∀`)人(´∀`=)

81:ミカサ:2014/01/08(水) 23:09 ID:Xt.

んー、遠いね、、、

82:ミカサ:2014/01/08(水) 23:10 ID:Xt.

えっ、カミアも!
どこ?

83:匿名さん:2014/01/08(水) 23:11 ID:qc2

柏!私八千代!意外と近いです〜\(//∇//)\

84:オリー:2014/01/08(水) 23:12 ID:A4c

みんなに、いっとくね。
私、3DSでやってるから
インターネットのスイッチ
切られたら、その瞬間に
出来なくなる。
もし、5分たってもコメントの返事が
来なかったら電源、きられたと思って

85:カミア:2014/01/08(水) 23:13 ID:qc2

りょ( ̄^ ̄)ゞ

86:オリー:2014/01/08(水) 23:15 ID:A4c

みんなで今度、会いたいね!

87:ジュビア:2014/01/08(水) 23:15 ID:2RU

あいさ

88:ミカサ:2014/01/08(水) 23:15 ID:Xt.

塾とか行ってるの〜?

89:カミア:2014/01/08(水) 23:16 ID:qc2

是非!!

90:ジュビア:2014/01/08(水) 23:17 ID:2RU

月曜日と木曜日に行ってるぉ!

91:I[:2014/01/08(水) 23:17 ID:A4c

塾っていっても公文だけ

92:オリー:2014/01/08(水) 23:18 ID:A4c

91は、あたしです!あたし!!

93:オリー:2014/01/08(水) 23:19 ID:A4c

ジュビジュビって何の塾?

94:ミカサ:2014/01/08(水) 23:20 ID:Xt.

カミアは行きたい高校とかあるの?

95:ジュビア:2014/01/08(水) 23:20 ID:2RU

そー言えばジュビア、ガジルに性格が
似てるww

96:オリー:2014/01/08(水) 23:20 ID:A4c

みんな〜

97:オリー:2014/01/08(水) 23:21 ID:A4c

ミカサは、あるの?

98:ジュビア:2014/01/08(水) 23:21 ID:2RU

エース勉強室てとこ

99:オリー:2014/01/08(水) 23:23 ID:A4c

なんか、頭良さそうな名前だね♪
ジュビジュビ!

100:ミカサ:2014/01/08(水) 23:24 ID:Xt.

一応ね、、、

101:オリー:2014/01/08(水) 23:24 ID:A4c

みんなー

102:オリー:2014/01/08(水) 23:25 ID:A4c

どこどこ?

103:ジュビア:2014/01/08(水) 23:26 ID:2RU

オリ〜?
いる?

104:カミア:2014/01/08(水) 23:26 ID:qc2

行きたい高校?私鎌ヶ谷か津田沼!
塾は、ナビ個別指導学院!

105:オリー:2014/01/08(水) 23:27 ID:A4c

1時には解散ね

106:オリー:2014/01/08(水) 23:28 ID:A4c

なんか、みんな、塾の名前が、難しそう。

107:オリー:2014/01/08(水) 23:29 ID:A4c

好きなフェアリーテイルのキャラクターって誰?

108:オリー:2014/01/08(水) 23:30 ID:A4c

明日もこの時間に集合でーす。

109:オリー:2014/01/08(水) 23:31 ID:A4c

だーれーかーいーなーいーのー?いーたーらーへーんーじーしーてー!!!!!!!!

110:ミカサ:2014/01/08(水) 23:31 ID:Xt.

俺は東邦かなー

111:ジュビア:2014/01/08(水) 23:32 ID:2RU

ジュビアはレビィちゃんとガジル

112:I[:2014/01/08(水) 23:33 ID:A4c

ミカサ!
よかった!
誰も、返事してくれないから
どうしようかと
思ってた…

113:オリー:2014/01/08(水) 23:35 ID:A4c

112は、あたしです!あたし!!
私の好きなキャラはリオン!!

114:カミア:2014/01/08(水) 23:36 ID:qc2

偏差値どの位ですか??東邦って
FTの好きなキャラゎルーシィとミラとグレイ!!

115:オリー:2014/01/08(水) 23:37 ID:A4c

ジュビジュビ〜!
一人にしないで〜!

116:ミカサ:2014/01/08(水) 23:38 ID:Xt.

俺の持ってる本だと69になってる
好きなキャラはユキノとかかなー

117:ジュビア:2014/01/08(水) 23:38 ID:2RU

ナツルーとガジレビが好き

118:オリー:2014/01/08(水) 23:38 ID:A4c

ジュビジュビ〜!
どこにいるの〜!?
出てきてー

119:ミオ:2014/01/08(水) 23:38 ID:6jU

ごめんなさーい!!これませんでした!
あと、まえのかいわのぞいたんですけど、
みんなであつまるの、私もはいっていいですか?

120:ジュビア:2014/01/08(水) 23:39 ID:2RU

オリ〜
ジュビアはここにいるよー

121:ジュビア:2014/01/08(水) 23:40 ID:2RU

大歓迎!

122:ミオ:2014/01/08(水) 23:40 ID:6jU

こんにちわー!!誰かいませんかね?

123:オリー:2014/01/08(水) 23:40 ID:A4c

みんな!
我が天使、ジュビジュビだよ!
ジュビジュビ様ー

124:ジュビア:2014/01/08(水) 23:40 ID:2RU

ハイハーイ

125:カミア:2014/01/08(水) 23:40 ID:qc2

私は全然おkだよ〜\(//∇//)\ミオさん!

126:ミオ:2014/01/08(水) 23:41 ID:6jU

わあ!!ジュビアさん!!
久しぶりですね

127:ミカサ:2014/01/08(水) 23:41 ID:Xt.

おひさ〜!

128:ミオ:2014/01/08(水) 23:42 ID:6jU

ありがとうございます!!!

129:オリー:2014/01/08(水) 23:42 ID:A4c

いいよ!
でも、入るときは
ジュビジュビ見たいに自己紹介してねー

130:ジュビア:2014/01/08(水) 23:42 ID:yY.

もう寝るよ♪
また明日ね♪
おやすみ〜!

131:ミオ:2014/01/08(水) 23:43 ID:6jU

はーい!!
えっと、ミオです。小学5年生です!!
あ、女です

132:オリー:2014/01/08(水) 23:44 ID:A4c

ジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビジュビ
はぁ、疲れた………

133:ミカサ:2014/01/08(水) 23:44 ID:Xt.

ミオはどこに住んでいるの?

134:ミオ:2014/01/08(水) 23:46 ID:6jU

はい!!おやすみなさいです!!
あの、誰か明日10じにこれませんか?
まってます!!

135:オリー:2014/01/08(水) 23:46 ID:A4c

これからよろしくね。ミオ♪
あと抜ける前にはちゃんといってからにしてね♪

136:カミア:2014/01/08(水) 23:46 ID:qc2

小5ゎうちの弟と一緒だね!
いいなぁ(=^ェ^=)小5が1番楽しかったw
でわ!おやすみなさい(^^)/~~~
明日ゎ小説投稿します!

137:ミオ:2014/01/08(水) 23:47 ID:6jU

富山です!!平和ですよ〜

138:オリー:2014/01/08(水) 23:48 ID:A4c

あたしは、明日の10時に来るよ!

139:ミオ:2014/01/08(水) 23:48 ID:6jU

明日、発育測定なんですよー!!ピンチです!! 
あの、もうそろそろねますね。

140:ミカサ:2014/01/08(水) 23:49 ID:Xt.

明日早いので寝ます。
おやすみ〜!

141:オリー:2014/01/08(水) 23:49 ID:A4c

ミオ、あたしのことは、オリって気軽に呼んでね♪

142:ミカサ:2014/01/08(水) 23:49 ID:Xt.

発育測定って何?

143:ミオ:2014/01/08(水) 23:50 ID:6jU

おやすみなさいです!!

144:オリー:2014/01/08(水) 23:51 ID:A4c

あたしも、寝ます!
明日の夜10時からやるので
また来てねー!

145:ミカサ:2014/01/08(水) 23:52 ID:Xt.

おやすみ〜!

146:ミオ:2014/01/08(水) 23:52 ID:6jU

発育測定は、体重をはかったり、
身長をはかるんです!!

147:ジュビア:2014/01/09(木) 15:52 ID:RL2

みんな、10時に
集まりまショー

148:ミカサ:2014/01/09(木) 16:28 ID:Xt.

すいませ〜ん!
10時にはこれそうにありません!
11時くらいにはこれます!

149: ミオ:2014/01/09(木) 17:28 ID:6jU

はーい!!

150:ジュビア:2014/01/09(木) 19:27 ID:zHA

あいさ!
じゃあ後から来てください!

151:ミオ:2014/01/09(木) 21:48 ID:6jU

集合は10時ですが早めにきちゃいました!!

152:リト:2014/01/09(木) 21:49 ID:keA

あ、夜でしたか?!すみません! 夜は行けそうにないです(T△T)親に聞いたらダメだと言い、隠してやろうにも私の部屋はインターネット状況が悪いので……
その代わりといってはなんですが、土日の10時位はこれますかね?
返信待ってます!!(`・∀・´)つ

153:ミオ:2014/01/09(木) 21:55 ID:6jU

もうすぐ10じだあー!!

154:ミオ:2014/01/09(木) 21:59 ID:6jU

誰かー!!

155:ミオ:2014/01/09(木) 22:01 ID:6jU

10時だあーーー!!!!

156:カミア:2014/01/09(木) 22:03 ID:qc2

ミオさん!こんばんは!

157:ミオ:2014/01/09(木) 22:04 ID:6jU

誰かぁぁーーーー???

158:ジュビア:2014/01/09(木) 22:05 ID:7Gw

こんばんは♪

159:ミオ:2014/01/09(木) 22:05 ID:6jU

カミアさん!!きてくれたんですかぁ!!!

160:ミオ:2014/01/09(木) 22:06 ID:6jU

ジュビアさんまで!!

161:カミア:2014/01/09(木) 22:06 ID:qc2

来ました〜!カミアです(*^_^*)

162:ミオ:2014/01/09(木) 22:07 ID:6jU

ミオとの約束を守ってくださって。。。
ミオは幸せですぅぅぅ!!!!!

163:ジュビア:2014/01/09(木) 22:08 ID:7Gw

あい♪
はっ! そー言えばジュビアは
今、大変だああああああああ
あああああああ!!

164:カミア:2014/01/09(木) 22:09 ID:qc2

ジュ、ジュビアさーーん!いったい何がッ!?

165:ミオ:2014/01/09(木) 22:10 ID:6jU

こんな気持ち悪いミオですが  
これからもよろしくお願い致しますうぅぅ

166:ジュビア:2014/01/09(木) 22:10 ID:7Gw

ジュビアは
男子からいじめに合ってる
らしい!
けどその男子を
今日泣かしたんだよ!

167:ミオ:2014/01/09(木) 22:11 ID:6jU

な、なんですか!?

168:ミオ:2014/01/09(木) 22:11 ID:6jU

すごいですね!!

169:ジュビア:2014/01/09(木) 22:12 ID:7Gw

と言うかクラスの男子対ジュビア
な感じ

170:カミア:2014/01/09(木) 22:12 ID:qc2

男子泣かすなんて凄いですよww
尊敬のまなざし←

171:ミオ:2014/01/09(木) 22:13 ID:6jU

私なんて、今日も男子殴りました

172:ジュビア:2014/01/09(木) 22:14 ID:7Gw

とにかくバカにしたら
怒った顔しながら
泣いてたよ!

173:ミオ:2014/01/09(木) 22:14 ID:6jU

私、キレることが無いので、キレると怖いらしいです

174:カミア:2014/01/09(木) 22:14 ID:qc2

私は、今日は男子に毒舌はきまくったらしいww

175:ジュビア:2014/01/09(木) 22:15 ID:7Gw

ミオ
かっこいい〜♪

176:ミオ:2014/01/09(木) 22:15 ID:6jU

ジュビアさんって、ケンカ強いんですか??

177:カミア:2014/01/09(木) 22:15 ID:qc2

私もキレないですよ〜!むしろキレ方を教えてほしい位です(*^_^*)

178:ジュビア:2014/01/09(木) 22:16 ID:7Gw

この話
もうやめまショーオオオオ

179:ミオ:2014/01/09(木) 22:16 ID:6jU

ジュビアさん!!ありがとうございます!!

180:ミオ:2014/01/09(木) 22:17 ID:6jU

はあい!!

181:ジュビア:2014/01/09(木) 22:17 ID:7Gw

あとさんっていらない〜

182:カミア:2014/01/09(木) 22:18 ID:qc2

誰かイメ画描いてくれないかなぁ…、なんて考えてるんです(*^_^*)

183:オリー:2014/01/09(木) 22:18 ID:A4c

もしかして、みんなして
あたしのこと
忘れてる?

184:ミオ:2014/01/09(木) 22:18 ID:6jU

私、テスト中ねましたwww

185:ジュビア:2014/01/09(木) 22:19 ID:7Gw

ジュビア、前スレで書いてた
小説読んでくれた人いる?

186:オリー:2014/01/09(木) 22:19 ID:A4c

本当に、忘れてる?

187:ミオ:2014/01/09(木) 22:20 ID:6jU

はーい!!
ってか!!オリーさん!!
勿論忘れてません!!

188:ジュビア:2014/01/09(木) 22:20 ID:7Gw

オリ〜
会いたかった♪

189:オリー:2014/01/09(木) 22:20 ID:A4c

無視されてる!?

190:カミア:2014/01/09(木) 22:20 ID:qc2

オリーさん、忘れてないですよ!(・。・;

191:ミオ:2014/01/09(木) 22:21 ID:6jU

ムシするわけないじゃないですか!!

192:ミオ:2014/01/09(木) 22:22 ID:6jU

私、ここの人たちみーんな大好きです!!

193:オリー:2014/01/09(木) 22:22 ID:A4c

覚えててくれた〜!
ありがと!
今、思い付いたんだけど
あたしと、ジュビジュビとミオで
ナツルーの学園物語書かない?

194:ジュビア:2014/01/09(木) 22:23 ID:7Gw

そーだそーだ!

195:ミオ:2014/01/09(木) 22:23 ID:6jU

全然いいですよ!!
わたしの駄作で良ければ。

196:ジュビア:2014/01/09(木) 22:23 ID:7Gw

それいい!

197:ミオ:2014/01/09(木) 22:24 ID:6jU

ほんっっとに駄作ですよ!?

198:カミア:2014/01/09(木) 22:25 ID:qc2

その小説、私も入っちゃ・・・駄目ですね・・・!

199:ジュビア:2014/01/09(木) 22:25 ID:7Gw

案はある?
一応ジュビアあるよー♪

200:ミオ:2014/01/09(木) 22:25 ID:6jU

私の駄作を見てしまったために、めがくさってしまうかも!!

201:オリー:2014/01/09(木) 22:26 ID:A4c

安心しなさい!
あたしも駄作だから!
あと一人、一人ずつオリキャラ
作ろ!

202:ミオ:2014/01/09(木) 22:27 ID:6jU

カミアさん!!
そんなことないです!!
全然いいですよ!?あ、かってですね。

203:ジュビア:2014/01/09(木) 22:27 ID:7Gw

そんな事
ない!
みんなで書けば
大丈夫なんだよーおおおおおお!

204:カミア:2014/01/09(木) 22:28 ID:qc2

ミオさんありがとっ!(^^)!

205:オリー:2014/01/09(木) 22:28 ID:A4c

誰でも、OKだよ!
だって皆友達でしょ?

206:ミオ:2014/01/09(木) 22:29 ID:6jU

ハーイ!!わたし、まえから小説かいてて、27わくらいまであるんです!
それにでてくる、アリア アーベル
っていいます!!

207:ミオ:2014/01/09(木) 22:30 ID:6jU

他にもオリキャラ、いっぱいいるんです!!

208:ミオ:2014/01/09(木) 22:31 ID:6jU

いつから?

209:オリー:2014/01/09(木) 22:32 ID:A4c

リア・バスティア
リオンの奥さん
全ての魔法が使える!

210:ジュビア:2014/01/09(木) 22:32 ID:7Gw

あれ?!
みんな?!
どこいったの?

211:ミオ:2014/01/09(木) 22:32 ID:6jU

皆さーーん??

212:カミア:2014/01/09(木) 22:33 ID:qc2

ありがとう!
私のオリキャラ!リア・ウィリス!

213:オリー:2014/01/09(木) 22:33 ID:A4c

ジュビジュビたちも早く

214:ミオ:2014/01/09(木) 22:33 ID:6jU

なんか、へりませんでしたか??

215:オリー:2014/01/09(木) 22:34 ID:A4c

なんと!
カミアと名前がかぶった!
まぁ、いいや♪

216:ミオ:2014/01/09(木) 22:35 ID:6jU

あのー、もうねむいので、ねますね。
あした、10じに来れる人はきてください!!

217:ジュビア:2014/01/09(木) 22:36 ID:7Gw

アザレア,スノードロップ
妖精学園にきた転校生。
雷の魔法
漆黒の髪とライトグリーンの目が特長

218:カミア:2014/01/09(木) 22:36 ID:qc2

ソーリー!!
じゃじゃ、ローレンに変える〜!!

219:ミオ:2014/01/09(木) 22:36 ID:6jU

おやすみなさいです♪♪

220:オリー:2014/01/09(木) 22:37 ID:A4c

減ったって何が?

221:ミオ:2014/01/09(木) 22:37 ID:6jU

あした、待ってます!!

222:カミア:2014/01/09(木) 22:38 ID:qc2

ミオさん、Goodnight!

223:ミオ:2014/01/09(木) 22:38 ID:6jU

人数。

224:ジュビア:2014/01/09(木) 22:38 ID:7Gw

ちなみにアザレアって花の名前。
花言葉は あなたに愛されて幸せ
きゃあー

225:オリー:2014/01/09(木) 22:39 ID:A4c

早速やろっか。
順番は、カミア、あたし、ジュビジュビね。

226:ジュビア:2014/01/09(木) 22:40 ID:7Gw

カミア〜
頑張って!

227:カミア:2014/01/09(木) 22:40 ID:qc2

私最初ッ!?
が、頑張ります!!

228:カミア:2014/01/09(木) 22:41 ID:qc2

えっと、皆さんのオリキャラ、使っておkですか??

229:ジュビア:2014/01/09(木) 22:42 ID:7Gw

オリ〜
いる〜?

230:ジュビア:2014/01/09(木) 22:42 ID:7Gw

もちろん

231:オリー:2014/01/09(木) 22:42 ID:A4c

いるよ〜

232:ジュビア:2014/01/09(木) 22:44 ID:7Gw

アザレアは
エルザと気が合ってる、クールな人だよ

233:オリー:2014/01/09(木) 22:44 ID:A4c

いいよ〜
リアとリオンは、ラブラブ。
誰がいようとも
イチャイチャシテマス。

234:ジュビア:2014/01/09(木) 22:45 ID:7Gw

アザレアはちょっとロキが好きみたい!

235:オリー:2014/01/09(木) 22:46 ID:A4c

リアって妖精組の先生ね♪
担任だよ♪

236:オリー:2014/01/09(木) 22:48 ID:A4c

もしかして、両想い?

237:ジュビア:2014/01/09(木) 22:49 ID:7Gw

オリ〜♪
ジュビア、ガジレビとグレジュビ
入れたい!これって大丈夫?

238:ジュビア:2014/01/09(木) 22:52 ID:7Gw

アザレアとロキは両思いだけど
空回りしてギクシャクしてるよ!

239:オリー:2014/01/09(木) 22:52 ID:A4c

今日クラスの男子と喧嘩し、ちょっと
蹴ったら、そこが青あざになってて、
先生に怒られた。
そしたら他の男子共が庇ってくれた!
その中には、好きな男子も!

240:オリー:2014/01/09(木) 22:54 ID:A4c

んー…
分かんない。
でも、ここナツルー小説だからなー。

241:ジュビア:2014/01/09(木) 22:54 ID:7Gw

ジュビビーン!

242:ジュビア:2014/01/09(木) 22:54 ID:7Gw

じゃあロキアザ入れて!

243:オリー:2014/01/09(木) 22:55 ID:A4c

グレジュビも書いちゃっおっか。
ガジレビも。

244:ジュビア:2014/01/09(木) 22:56 ID:7Gw

やったあ!!

245:オリー:2014/01/09(木) 22:56 ID:A4c

ロキアザも入れよ!
その代わり、リオリアも。

246:オリー:2014/01/09(木) 22:58 ID:A4c

リオン!
愛してる〜〜〜〜!!!!!!!!!

247:ジュビア:2014/01/09(木) 22:59 ID:7Gw

リオンかっこいいよね〜♪

248:オリー:2014/01/09(木) 23:01 ID:A4c

でも、ラクサスもいいなー。
あのツンデレなとことか。

249:カミア:2014/01/09(木) 23:01 ID:qc2

早速書きます!

昇降口がいつも通りの賑わいの中。
この妖精学園に通うルーシィは、登校してきた。
「そういえば、あたしのクラスに転校生来るんだっけ・・・。」
ポツリとつぶやきながら、下駄箱から上履きを取り出すと
「ルーちゃん!おはよ!」
同じクラスのレビィがやって来る。
「今日だね!転校生来るの!どんな子だろう、楽しみ」
今自分と同じ考えをしていたレビィに、
「あたしもそう!噂によれば・・・。」
と、色々と言いた情報を喋って盛り上がる。
「転校生は二人らしいわね」
「私も聞いたよ!楽しみだね〜!」
そして、教室へ向かっていく2人。
その二人の横を通り過ぎた、漆黒の髪の少女と、アーモンドのような
茶色い髪をした少女が通り過ぎた。
どちらも、見たことのない顔だったため
ルーシィもレビィも、転校生だろうと察しが付く。
「ルーちゃん。あの子たちかな?」
ルーシィに耳打ちをするレビィ。
「そうでしょ、きっと!」
ガッツポーズを決めるルーシィ。
いつの間にか教室の前についていた。
「おはよ〜!」
ルーシィは勢いよく扉を開けた。
そして上から降り注ぐ・・バケツをひっくり返したような
というより、本当にひっくり返ったバケツの水だった。
後ろにいたレビィは、あらら・・と、苦笑。
わなわなとふるえるルーシィ。
「なんだよ、ルーシィ!また引っかかったのかよ!」
ピンクの桜髪、ナツが何すんだよ、とため息をつく。
「何すんだよじゃないわよ!」
と、ナツにキレるルーシィ。
いつもの光景に、不思議と口元が緩むクラスメイト達。
しかし、その空気を、張り詰めされるようにして、鋭い怒声が響いた。
声の正体は・・・エルザだ。
ナツが固まる。
「ナツ・・・・・・!!」
エルザは、チョークの粉を頭にかぶっている。
ナツの顔がどんどん青ざめていく。
エルザの怒声と、ナツの悲鳴が聞こえたのはほぼ同時の事であった。


つ、次にバトンタッチ!!オリーさん、ごめんなさいィ!!

250:ジュビア:2014/01/09(木) 23:03 ID:7Gw

ミオ
すゴーい!
ジュビア感激!

251:カミア:2014/01/09(木) 23:04 ID:qc2

つ、疲れたww
あ、ローレンが、アーモンド髪の子!目の色は青!

252:ジュビア:2014/01/09(木) 23:06 ID:7Gw

これは秘密!
ジュビアは作詞作曲してるよ〜♪

253:カミア:2014/01/09(木) 23:07 ID:qc2

作詞作曲!?
ジュビアsすご〜い!!

254:ジュビア:2014/01/09(木) 23:09 ID:7Gw

だっ、だれか〜?いる?

255:カミア:2014/01/09(木) 23:10 ID:qc2

私いるよ^^

256:ミオ:2014/01/09(木) 23:13 ID:6jU

はーい!!寝れませんでした

257:カミア:2014/01/09(木) 23:14 ID:qc2

あはは!よくありますよね、寝れない事ww

258:ジュビア:2014/01/09(木) 23:19 ID:7Gw

えっと、こんな感じ

二人駆け出したあの夜に見つけた
あの星は一等星
君もあの星のように輝いてるんだ今

抜け出したパーティーの夜は
窓からこっそり逃げ出した
風になり、空になり
いつか君に伝えたい、
世界で一番好きだよって!

二人駆け出したあの夜に
見つけたあの星は一等星
あの星のように輝いてるんだ君は

ここまでだよ♪

259:カミア:2014/01/09(木) 23:22 ID:qc2

すごおおおおおお!!
すてきな歌詞〜(*^_^*)

260:ジュビア:2014/01/09(木) 23:23 ID:7Gw

だれか〜!!

261:カミア:2014/01/09(木) 23:24 ID:qc2

私そろそろ寝ます〜(*^。^*)
おやすみ〜(@^^)/~~~

262:オリー:2014/01/09(木) 23:24 ID:A4c

いつものようにみんなでバカ騒ぎをしていると先生が入ってくる。
「はい、静かに!皆さん、今日は転校生が居ます。アザレア、ローレン、入ってきて。」
ガラガラ
美少女二人が入ってくる。
え、何あの子達。めっちゃ可愛いんですけど。
「ルーシィ?どうしたの、その服。ビショビショよ?」
「リア先生。それが…」
ルーシィはリアに朝あったことを一通り話した。
「それは、ナツが悪いってことね。後で、私の部屋に来なさい。ナツ。あぁ、ごめんなさいね。アザレア、ローレン。忘れてた。じゃあ、自己紹介して。」
「アザレアです。今日からよろしくお願いします。」
少し、はにかんだように笑う、アザレアにロキが顔を赤くさせている。
へぇ、ロキでも、恋ってするんだ。



ジュビジュビにバトンタッチ!

263:ジュビア:2014/01/09(木) 23:40 ID:7Gw

そして二時間目が終わって休み時間は
みんなアザレアとローレンの周りに集まった。
ル よろしく!あたしルーシィ!
ア アザレア,スノードロップです。
ロ 私、ローレン。
レ あたしはレビィ!
エ エルザだ、よろしく頼む。
ル それにしても、二人共、目と髪が
きれいだねー
アロ ありがとう♪
ア あの、あの人は誰ですか?
アザレアの目線の先にはロキがいた。
その時ルーシィ、レビィ、エルザの
三人は目でこれからの文化祭はロキと
アザレアを応援する!!と目で会話して
いた。

264:ジュビア:2014/01/09(木) 23:49 ID:kog

誰かいませんかあああああああ!!

265:オリー:2014/01/10(金) 00:00 ID:A4c

ローレンside
うーん。どうやらアザレアってばロキ君が気になる見たい。なんか、ルーシィさんたちも応援するみたいなこと言っちゃってるし。本当に妖精学園の人達ってでしゃばりとかお節介な人達が多すぎ。リアとか言う先生もリオンって先生とイチャついてるし。生徒の前でイチャつくなっつうの。てか、アザレアってば、いつまで隠してる気なんだろ。あたしたちは、イワン・ドレアーの教え子なんですけど・・・さすがにスノーホワイトは無理だけど他の奴なら楽勝で、勝てる。でも、アザレアはもう無理かな。だってあの子は光に恋ししたんだもん。

スノーホワイト=リア

266:オリー:2014/01/10(金) 00:02 ID:A4c

次はジュビジュビ!

267:オリー:2014/01/10(金) 00:13 ID:A4c

あたし、寝るね。多分、またこれるから!

268:ジュビア:2014/01/10(金) 06:22 ID:8x2

ジュビアが入るよ

269:ジュビア:2014/01/10(金) 06:23 ID:8x2

おやすみ♪

270:リト:2014/01/10(金) 07:01 ID:keA

ジュビジュビいる?(タメ口すみません……)

271:ジュビア:2014/01/10(金) 07:37 ID:Sbg

入るよ♪

272:ジュビア:2014/01/10(金) 17:45 ID:hEI

暇なのでアザレアの
プロフィール書きまーす♪
アザレア,スノードロップ
名前の意味
アザレアは 花言葉で
あなたに愛されて幸せ
スノードロップは
希望
趣味
読書と魔法円を
書く事(上級者向け)
嫌いなもの
カエル
理由は四個
一、自分の目が転がっているように見えるから
二、動き方が気持ち悪い
三、鳴き声が終わってる
四、触りたくない

273:ジュビア:2014/01/10(金) 18:52 ID:/Nc

みんなで書いてある小説の
これからのあらすじ書きます!
ナツルー
ルーシィのメイド姿にナツが
我慢できなくなってルーシィを
拉致って独り占めする。
ガジレビ
荷物をレビィが運んでいたら
看板が倒れて来てガジルが
それを助けたあとにレビィを
抱きしめる。
グレジュビ
レストランで間接キス
ロキアザ
二人でまわっていたらアザレアの近くの
窓にカエルがいてアザレアが悲鳴をあげて
ロキに抱きついてまたアザレアが悲鳴をあげて
今度は逃げ逃げ出す。走って外にいったら
足元にカエルが五匹ぐらいいてアザレアが
腰抜かしたところにロキが来て助ける。
リオリア
リオンがリアにバラの花束を送る。
そしてイチャイチャする。

こんな感じはどう????

274:ジュビア:2014/01/10(金) 18:54 ID:/Nc

ローレンは他校のガナッシュといい感じ。

275:カミア:2014/01/10(金) 20:56 ID:qc2

うん♪いいと思うよ(*^_^*)ジュビアs!

276:ジュビア:2014/01/10(金) 21:50 ID:hKA

ありがとう♪
カミア〜!!

277:ジュビア:2014/01/10(金) 21:55 ID:hKA

五分早く来ちゃった♪
だれかいる〜♪

278:カミア:2014/01/10(金) 21:56 ID:qc2

私おります〜(*^_^*)

279:ジュビア:2014/01/10(金) 21:58 ID:hKA

だれかああああああああ
あああああああああ!!
ジュビアは待ってますうううううううう!

280:ジュビア:2014/01/10(金) 21:59 ID:hKA

カミア〜♪
会いたかった♪

281:カミア:2014/01/10(金) 22:00 ID:qc2

さっきからサイトを行ったり来たりしてたら
ジュビアsが来てくれたの〜(*^_^*)

282:ジュビア:2014/01/10(金) 22:02 ID:hKA

いえいえ♪

283:ジュビア:2014/01/10(金) 22:03 ID:hKA

あとジュビアは
タメ口オッケー♪
呼び捨てオッケー♪

284:カミア:2014/01/10(金) 22:05 ID:qc2

じゃぁ、ジュビア!!
親近感わくゥ(*^。^*)

285:ジュビア:2014/01/10(金) 22:06 ID:hKA

おーい!
だれかああ!
返信ちょーだいいい!

286:ジュビア:2014/01/10(金) 22:07 ID:hKA

きゃあーあはは!

287:ジュビア:2014/01/10(金) 22:09 ID:hKA

あらすじこんな感じでいいかな?♪

288:カミア:2014/01/10(金) 22:10 ID:qc2

良いと思うよ(*^_^*)
誰がどれを書くとか、決めるの??

289:ジュビア:2014/01/10(金) 22:11 ID:hKA

アザレアのカエル嫌い、ジュビアの
そのまんまなんだ

290:オリー:2014/01/10(金) 22:12 ID:A4c

来たよー♪
ドラマ見てたら遅くなったー!

291:ジュビア:2014/01/10(金) 22:12 ID:hKA

オリ〜!!
きゃあー!
会いたかったあ♪

292:オリー:2014/01/10(金) 22:13 ID:A4c

あたしは、リオリア書くよ!
絶対!
違うのにしたら火曜日男子をフルボッコにしちゃうよ!

293:オリー:2014/01/10(金) 22:14 ID:A4c

三連休の人?

294:ジュビア:2014/01/10(金) 22:16 ID:UFo

じゃあジュビアは
ロキアザとガジレビ
書きたい!

295:I[:2014/01/10(金) 22:16 ID:A4c

あぁ、あのあたしがきのう書いたのはローレンの夢ね。
そしてローレンは、ラクサスに恋をしてるってことでどう?

296:カミア:2014/01/10(金) 22:17 ID:qc2

私、連休お出かけしますんで
ここに来れないです 泣
うわあああん!←

297:オリー:2014/01/10(金) 22:17 ID:A4c

295はあたし!
あたし!!

298:ジュビア:2014/01/10(金) 22:17 ID:UFo

いいね!
ラクサス先輩!

299:ジュビア:2014/01/10(金) 22:18 ID:UFo

カミア〜!!
泣かないの!

300:オリー:2014/01/10(金) 22:19 ID:A4c

あたしも連休は、厳しいかな。
てか、土日は11時半くらいからにしない?
さすがにみんな用事あるし。

301:カミア:2014/01/10(金) 22:20 ID:qc2

ラクサスいい!!

302:ジュビア:2014/01/10(金) 22:20 ID:UFo

オリ〜!!
イワン、ドレアーって
誰?!

303:オリー:2014/01/10(金) 22:21 ID:A4c

ジュビジュビはこれる?
ハリポタあめぞうを見るため、三分ほど留守にする!

304:ジュビア:2014/01/10(金) 22:21 ID:UFo

あいさ!

305:オリー:2014/01/10(金) 22:22 ID:A4c

イワンはラクサスのお父さん?

306:オリー:2014/01/10(金) 22:23 ID:A4c

あめぞう、なんにも書き込みなかった・・・・

307:オリー:2014/01/10(金) 22:24 ID:A4c

占いツクールって知ってる?

308:オリー:2014/01/10(金) 22:24 ID:A4c

暑い。

309:カミア:2014/01/10(金) 22:25 ID:qc2

私やってるよ!!ツクール!

310:オリー:2014/01/10(金) 22:25 ID:A4c

皆さん?

311:オリー:2014/01/10(金) 22:25 ID:A4c

何の小説?

312:カミア:2014/01/10(金) 22:26 ID:qc2

ww更新すっぽかしてる←

313:オリー:2014/01/10(金) 22:27 ID:A4c

あたしは、フェアリーテイルだよ!
もちろん、リオンオチ!
ケイラーって名乗ってる!

314:オリー:2014/01/10(金) 22:28 ID:A4c

私もだよ♪

315:カミア:2014/01/10(金) 22:29 ID:qc2

イラストと、銀魂とフェアリーテイル!
オチは決めてないのだけどもねww

316:オリー:2014/01/10(金) 22:29 ID:A4c

更新なんてしなくても
生きてけるし…
平気!今、生きてるから!www…

317:オリー:2014/01/10(金) 22:31 ID:A4c

ジュビジュビから返事が来ない!?

318:オリー:2014/01/10(金) 22:31 ID:A4c

とうとう、見捨てられたか…

319:ジュビア:2014/01/10(金) 22:31 ID:UFo

オリ〜!!
ジュビアの書いたあらすじの
リオリアよかった?

320:オリー:2014/01/10(金) 22:32 ID:A4c

こういう時は、男子に当たるしかない!

321:ジュビア:2014/01/10(金) 22:32 ID:UFo

見捨てた扱いしないでぇ!!!!

322:I[:2014/01/10(金) 22:33 ID:A4c

まだ、見捨てられてなかった!
いいよ!
ちょっと替えてもいいんだよね?

323:ジュビア:2014/01/10(金) 22:34 ID:UFo

あくまであらすじだからね!

324:オリー:2014/01/10(金) 22:34 ID:A4c

322は、あたし!あたし!!

325:ジュビア:2014/01/10(金) 22:35 ID:UFo

わかってるってww

326:オリー:2014/01/10(金) 22:35 ID:A4c

占いツクールでみんなでFTの学パロ書きたい!

327:ジュビア:2014/01/10(金) 22:36 ID:UFo

ここで書けばいいじゃん!

328:カミア:2014/01/10(金) 22:37 ID:qc2

私はここでも、うらつくでも、pixivでもFT書いてるよん(*^_^*)
ナツルーみるなら、pixiv!

329:オリー:2014/01/10(金) 22:37 ID:A4c

ここは、ナツルーだから!

330:ジュビア:2014/01/10(金) 22:38 ID:UFo

オリ〜?
怒った?

331:ジュビア:2014/01/10(金) 22:39 ID:UFo

おーい!
オリ〜!!
カミア〜!!
置いてかないでえええええええ!!

332:オリー:2014/01/10(金) 22:40 ID:A4c

あたしってばさっきから何、書いてンだろ…イライラしてて。
好きな男子に告白してる女子がいたのさ♪
今すぐぶちのめしたい♪

333:カミア:2014/01/10(金) 22:41 ID:qc2

うふふ〜←
私も絶賛喧嘩中ww隣の男子がかまってちゃんなのさっ!

334:オリー:2014/01/10(金) 22:42 ID:A4c

間違えた。
もう、ぶちのめした。
あたし、学校だと以外と権力
あるんだ。

335:ジュビア:2014/01/10(金) 22:42 ID:UFo

これこれ♪
やっちゃダメよー♪

336:カミア:2014/01/10(金) 22:43 ID:qc2

いいなぁ・・・。権力持ってて!
私、どっちでもない方ww
どちらかと言うと、男子に絡まれるタイプww

337:ジュビア:2014/01/10(金) 22:43 ID:UFo

大変だあああああ!!

338:オリー:2014/01/10(金) 22:44 ID:A4c

火曜日になったらもう一度
ぶちのめさなきゃ♪
手を下したのは、あたしじゃなくて、
その男子の友達たちさ。

339:ジュビア:2014/01/10(金) 22:44 ID:UFo

話題変えて!
お願いです!!

340:オリー:2014/01/10(金) 22:46 ID:A4c

男子が最近、うざいんだ。
なんか、あたしの親衛隊とか作って。
なんか、一部の女子共も入ってるらしい。

341:ジュビア:2014/01/10(金) 22:46 ID:Ftg

小説書きましょー!!!!
でないとアザレアに頼んで魔法円で
ぶっ飛んでもらいます!

342:オリー:2014/01/10(金) 22:47 ID:A4c

ジュビジュビの頼みだ。
話題を変えよう!

343:ジュビア:2014/01/10(金) 22:48 ID:Ftg

ほっとしたぁ

344:オリー:2014/01/10(金) 22:50 ID:A4c

リオリア書こうっと

345:カミア:2014/01/10(金) 22:50 ID:qc2

小説誰書くの〜??
私今からお風呂入って来るから
出たら書いていい??

346:ジュビア:2014/01/10(金) 22:52 ID:Ftg

あれ?!
オリ〜?
もしかすると小説書いてくれてる?
そうだったら返信いらないから頑張って!
ジュビアも今からガジレビ書くね!

347:ジュビア:2014/01/10(金) 22:52 ID:Ftg

オッケー♪

348:オリー:2014/01/10(金) 23:10 ID:A4c

自室に入ると急にリオンが入ってくる。
「どうしたの?リオン。」
「顔が、見たくなってな。」
「本当に〜?」
「嘘だ。お前を前にすると、嘘が付けない」
「やだ〜ww」
「なんで、お前は、こんなにも綺麗なんだ?」
「私なんてブスだよ〜♪この世の中には、あたしより綺麗な人が何万人といるよ〜」
「例え、そうだろうと、オレにはお前しかいない。愛してる。」
ベットに、押し倒され、突然のことに少し、リアは、ビックリした用だった。
「もう、無理だ。理性を押さえきれん。」
そして呆れた様に、
「も〜。優しくしてね?リオン」
と言った。
「勿論だ。」
次の日の朝………


少し、リアよりも、先に起きた、リオンは、部屋中に薔薇の花びらを、撒き散らす。そしてまた呟く。
「愛してる。」
と………


end

じゃないよ!


おまけ
「ん〜」
そして何も身に付けていない自分を見て、昨晩あったことを思いだし、顔を赤くすると、さっきまで寝ていた筈のリオンが起きていた。そして、二人は、目が逢うとキスをした。
深く、長い、キスを…………

349:オリー:2014/01/10(金) 23:13 ID:A4c

おまけは本当におまけ。
リアsideかな?

350:オリー:2014/01/10(金) 23:14 ID:A4c

大変だったー

351:オリー:2014/01/10(金) 23:15 ID:A4c

ジュビジュビのガジレビ楽しみー♪

352:ジュビア:2014/01/10(金) 23:21 ID:Ftg

文化祭 当日

ル よーし♪頑張ろ!レビィちゃん!
レ うん! あたしこの荷物置いてから
接客行くね!
ル 行ってらっしゃーい♪
ルーシィはレビィを見送ると満席の
メイドカフェの接客へと格闘しに行った。
レビィサイド
ふぅ、それにしてもこの荷物重いなぁ...
そんな事を思いながらレビィは階段の下の
倉庫の扉を開けた。
ガラガラガラ
そして中に入り立て掛けてある入学式の
看板の下に荷物を置き、帰ろうとしたその時、
ぐらっ
看板がレビィの方へ傾いた。
レビィはとっさにしゃがんだが、厚い木の板
を防げない事ぐらいわかっていた。
どんなけがをするか想像がつかない。
一秒、二秒、三秒、
まだ当たらない、それどころか音もない。
いや、誰かの荒い息が聞こえる。
レビィは目を疑った、いやどこかで
気づいてた。目の前にガジルがいる事を。
ガジルは看板を置いた。そして
「馬鹿野郎!なんで逃げない!」
と叫んだ。レビィはびくっと肩を震わせた。
怒られる、そう思った時、
ぎゅっ...
ガ 世話かかせあがる
抱きしめられた。
そして十分はそのままだったと言う。

353:カミア:2014/01/10(金) 23:22 ID:qc2

私、ラクロー書く!今思いついた人はーい!w

354:ジュビア:2014/01/10(金) 23:23 ID:Ftg

どうどう????
感想ちょーだい♪

355:匿名さん:2014/01/10(金) 23:24 ID:qc2

ジュビアうますぎ!!
ラクローってさ、今オリで作成してよろしい?

356:オリー:2014/01/10(金) 23:25 ID:A4c

小5なのにあたしってば何、かんがえてんだろ。
ジュビジュビ良かったよ

357:カミア:2014/01/10(金) 23:26 ID:qc2

355私っす!

358:オリー:2014/01/10(金) 23:26 ID:A4c

匿名さんってカミア?

359:カミア:2014/01/10(金) 23:27 ID:qc2

うん、カミア!

360:オリー:2014/01/10(金) 23:27 ID:A4c

今日は、ミオが来ない。

361:カミア:2014/01/10(金) 23:28 ID:qc2

言われてみればw

362:オリー:2014/01/10(金) 23:28 ID:A4c

今日は、皆、何時まで居れそう?

363:オリー:2014/01/10(金) 23:29 ID:A4c

あたしは、最高三時まで

364:カミア:2014/01/10(金) 23:46 ID:qc2

とある日。
転校してきたばかりの私は、恋バナで盛り上がっている
女子たちの輪から外れ、教室を出た。
くだらない。第一印象は、それだけだった。
どこに行っても、そうだから。
ルーシィがこっちを少し見た。けれど私は、そそくさと
教室を出て行った。見なかった事にしよう。
「光も、闇も、私の前から消え去ればいいのに。」
ま、無理な話か、と呟いて校内をブラリ。
たまたま、通りかかった教室。そこから出てきた人と
私は危うくぶつかりそうになった。
「っと、すまねェ。」
ご丁寧に謝ってくれたのは、先輩だろう。
「こちらこそ。」
それだけ言って、顔を見ずに去ろうとしたが
それは叶わなかった。
「お前、見ねぇ顔だな。」
「転校してきたんだから、当然でしょ?」
その時初めて、彼をちゃんと見た。
大きかった。鍛えられた太い腕。
顔も、そこら片の男子に比べれば、まだいい方だろう。
「それもそうか。にしても、お前先輩
への口の聞き方考えろ。」
「…わかった。」
正直、先輩への口の聞き方なんて、
面倒なだけだ。だが、ここは従っておこう。
「名前は?」
「ローレン。貴方は?」
「ラクサスだ。」
「そ。じゃぁ、機会があったらまたね。ラクサス先輩。」
最後は嫌味を込めて言ったつもりだったが、果たしてそれが
ラクサス先輩に届いたのかどうか。私にもわからない。
ただ一つ、ラクサス先輩は気になる先輩ということ。
「楽しみだなぁ。」

知る由も無い。彼が、この先私にとって大きな存在になることは。

「あいつ、嫌いじゃないな。」
同刻。ラクサスも同じ事を考えていた。

365:オリー:2014/01/10(金) 23:46 ID:A4c

もう、誰からもコメント来ないから、寝るかも

366:カミア:2014/01/10(金) 23:48 ID:qc2

私は寝よっかなぁ
小説の感想よろしくですm(._.)m

367:オリー:2014/01/10(金) 23:48 ID:A4c

まだ続きある?
ジュビジュビが消えたんだけど…

368:カミア:2014/01/10(金) 23:49 ID:qc2

続きねぇ、考え中w

369:I[:2014/01/10(金) 23:49 ID:A4c

カミアも眠い?

370:カミア:2014/01/10(金) 23:50 ID:qc2

そうでもないけど、明日早いからなぁ(^_^;)

371:オリー:2014/01/10(金) 23:50 ID:A4c

369はあたしです……
ジュビジュビ知らない?

372:オリー:2014/01/10(金) 23:51 ID:A4c

明日なんかあんの?

373:カミア:2014/01/10(金) 23:51 ID:qc2

わからないよぉ(>人<;)

374:カミア:2014/01/10(金) 23:52 ID:qc2

うん、新潟に行くのw

375:オリー:2014/01/10(金) 23:54 ID:A4c

ジュビジュビへ

明日はテニスがあるのでもうすぐ寝ようかと思っています。

376:オリー:2014/01/10(金) 23:54 ID:A4c

遠いいね………


眠い…………

377:オリー:2014/01/10(金) 23:56 ID:A4c

もう寝る。
明日は11時半くらいにこれるかも

378:カミア:2014/01/10(金) 23:56 ID:qc2

私も寝ますね(´-`).。oO(
小説のネタ、いっぱい考えときます!
3日間来れませんが、どうか私の事を忘れないで!笑

379:ジュビア:2014/01/10(金) 23:57 ID:G6E

頑張って!
ロキアザ書くね!


ア あれ、雨だ...
アザレアは一人窓を見ながら
呟くように行った。そしてため息を
ついた。ロキ君...頭の中でロキが
自分に手を振っているロキを何度想像した
だろうか。
アザレアさん。
そう呼ばれた気がして振り向いた。
その直後、衝撃が走る。
ロキだった。今、自分を呼んだのはロキだ。
ア ロキ君、どうしたの?
ロ いや、アザレアさんと回れたらと思ったから
いいよ、そう言えば確実にデートだったが、
その声は悲鳴に変わった。
アザレアはめったに悲鳴をあげない。
アザレアは窓に張り付いているカエルに
声を上げたのだった。しかも反動でロキに
抱きついた。ロキは余地しないアザレアの
行動にしんそこ驚いていた。そしてアザレア
も驚いていた。そしてまた悲鳴を上げて今後
は逃げ出した。ロキはしばらくぽかんとして
いた。

アザレアサイド
はぁ...ロキ君ごめんなさい!私がカエルなんか
見たから...!ああ、もう 恥ずかしい!
そしてふと足元を見るとまたまた悲鳴を上げた。
足元にカエルが五匹ぐらいいた。無理もない。
あげくのはてにアザレアはぺたんとしりもちをついた。
アザレアは私はもうカエルに囲まれて死ぬんだ。
そう思った時、ロキが来てカエルを追い払ってくれた。

そのあとは二人共甘酸っぱい気持ちでいた。
それはきっとベンチで手を繋いでいたせいだ。
甘い甘い初恋の始まりだった。

380:オリー:2014/01/10(金) 23:59 ID:A4c

ジュビジュビが来たから12時までは耐える。

381:オリー:2014/01/11(土) 00:01 ID:A4c

お休み

382:リト:2014/01/11(土) 09:40 ID:keA

小説をかけないリトです。ww
だれか私のこと覚えてますか?

383:サクラ:2014/01/11(土) 12:33 ID:0cY

ちょ〜〜ぜつお久しぶりです!!
覚えてますか?
サクラです!あの時恋バナ話して以来ですね〜
いつの間にか2が立ってました…
ずっと1の中さ迷ってました…
改めて、これからも宜しくです!

384:サクラ:2014/01/11(土) 12:58 ID:0cY

小説書きます←読む係っせ言ったくせに

「ルーシィ、初詣行こうぜ!」
「いいけど、二人きりで?」
「いいや、いつものメンバーだ。」
「そっか…」
ナツが、窓から飛び出て行くのを見守りながら、ふとこんなことが頭の中をよぎった。
ナツと二人きりがよかったな…
「いや、変な意味じゃないからぁ!!」
ルーシィの叫び声が部屋中に響き渡った…

そして、初詣
いつもの5人と二匹が集まった。
「一年間、ありがとうございました」
ウェンデイが、お札を火の中に投げ込む。それに続いて、どんどん皆で投げていく。
「なんでここで燃やすんだよ。俺の魔法で燃やせばいいんじゃねえ?」
「それじゃ、逆にバチが当たるかもな」
と、ケタケタ笑う。
「ハチなんかこね〜よ!」
「ハチなんか言ってねーよ!バチだバチ!」
「んだよ!俺の魔法が不吉みたいな言い方すんじゃねー!」
「まぁ、不吉よねぇ…」
「ですね。」
「なんでも焼き尽くすからな」
「ぐぬぬ…」
「ほら、皆さんもこう言ってるぞ」
「うるせぇ露出魔!」
「黙れバチ当たり炎!」
「はぁ…じゃあ、あたし達で先におみくじ引いてこよ」
「先に行ってまーす!」
「聞こえてないだろう」

はぁ…相変わらずの駄作…桔梗(ルーチェ)sのような文才が欲しい…なんにせよ、文才が搭載されてない頭なので。続きます。一応。

385:サクラ:2014/01/11(土) 13:00 ID:0cY

よむ係っ“て”です!誤字&連投すいません!

386:みーにゃん ◆gGoM:2014/01/11(土) 13:07 ID:d02

お久しぶり(?)です!

387:& ◆XpIU:2014/01/11(土) 13:16 ID:NXU

こんにちは♪
ジュビアだぉ!
サクラ!
よろしく!
ジュビアはタメ口オッケー♪
そしてロキアザとガジレビ専門!

388:ジュビア:2014/01/11(土) 13:19 ID:NXU

今のジュビアだった...よ。
ジュビアの書いた
ガジレビどーですか?
感想ちょーだい♪

389:サクラ:2014/01/11(土) 13:35 ID:0cY

みーにゃんさん、ジュビア、はじめまして!(な、気がする)
私には、タメ口OKですよ

390:& ◆XpIU:2014/01/11(土) 16:52 ID:Jf6

こちらこそ〜♪

391:ジュビア:2014/01/11(土) 17:07 ID:0Ws

10時に集まれる?
オッケーな人は10時に集まりまショー♪

392:ジュビア:2014/01/11(土) 17:23 ID:HUs

みんな〜♪
ジュビア、名前変えようかな?
そのままでもいいし、変えると
するとジェシカにするんだけど
みんなはどっちがいい?????

393:オリー:2014/01/11(土) 21:25 ID:A4c

ジュビが変えたいと思うなら変えればいいと思うよ♪
リオリア専門のオリーです!
これからよろぴく!
ジュビ、後あの学園物語どうする?
続ける?それとも、個人の物語にしてく?

394:ジュシカ:2014/01/11(土) 21:51 ID:bU.

うーん
どうしよう?
あとジュシカにしたよ♪
元ジュビアだよ♪

395:ジュシカ:2014/01/11(土) 21:54 ID:bU.

あれ?!
オリ〜?
どこいったのおおおお?

396:オリー:2014/01/11(土) 21:59 ID:A4c

ジュビってまだ呼ぶね♪

397:ジュシカ:2014/01/11(土) 21:59 ID:bU.

みいいいいいいんんんんんなあああああああ!!
ジュシカさみしーよーおおおおおお!

398:ジュシカ:2014/01/11(土) 21:59 ID:bU.

あいさ!

399:オリー:2014/01/11(土) 22:01 ID:A4c

今日は疲れる一日だったよ…

400:ジュシカ:2014/01/11(土) 22:01 ID:bU.

ね!
オリ〜と親友になりたい!
親友になって!

401:ジュシカ:2014/01/11(土) 22:02 ID:bU.

大変だったね、

402:オリー:2014/01/11(土) 22:03 ID:A4c

いいよ♪
あたしも、ジュビと親友になりたかったんだ!

403:ジュシカ:2014/01/11(土) 22:04 ID:bU.

これからもよろしく!

404:ジュシカ:2014/01/11(土) 22:06 ID:bU.

人こないなあ〜...
誰かあ〜?

405:オリー:2014/01/11(土) 22:07 ID:A4c

よろぴく!
後さ、レビィとリアの会話みたいなのやらない?一人一行ずつ。内容は、
レビィがリアにガジルに対する気持ちを相談するみたいいな。

406:オリー:2014/01/11(土) 22:09 ID:A4c

ジュビ?

407:オリー:2014/01/11(土) 22:10 ID:A4c

ハフー

408:ジュシカ:2014/01/11(土) 22:11 ID:bU.

オリ〜?
六兆年と一夜物語って
歌知ってる?
ぐっとくる歌詞なんだよ♪

409:オリー:2014/01/11(土) 22:11 ID:A4c

ジュビ、どこにいるの?

410:ジュシカ:2014/01/11(土) 22:12 ID:bU.

ここにいるよ♪

411:オリー:2014/01/11(土) 22:12 ID:A4c

うーん………
分かんない。ゴメンね♪

412:オリー:2014/01/11(土) 22:13 ID:A4c

ハフーハフーハフーハフーハフーハフーハフーハフーハフーハフーハフーハフーハフーハフーハフーハフーハフーハフー

413:ジュシカ:2014/01/11(土) 22:13 ID:Hpc

405の賛成!

414:オリー:2014/01/11(土) 22:14 ID:A4c

ジュビは、レビィでいい?

415:オリー:2014/01/11(土) 22:15 ID:A4c

私は、リア!

416:ジュシカ:2014/01/11(土) 22:15 ID:7g2

さっそくやろやろ♪
やってる時は名前はレビィに
してもいい?

417:レビィ:2014/01/11(土) 22:17 ID:7g2

リア先生...
相談があるんですけど...

418:レビィ:2014/01/11(土) 22:21 ID:7g2

あたし、ガジルが好きなんですけど
最近ガジルが積極的って言うか...
ガジルの事でドキドキする事が
最近多くなったなあ〜って

419:レビィ:2014/01/11(土) 22:29 ID:7g2

リ、リア先生?

420:レビィ:2014/01/11(土) 22:33 ID:7g2

リーアーせーんーせーいー!
きーいーてーまーすーかー!
あーのー…リーアーせーんーせーいー!
リーアーせーんーせーいー!
リーアーせーんーせーいー!
リーアーせーんーせーいー!リーアーせーんーせーいー!
リーアーせーんーせーいー!リーアーせーんーせーいー!
リーアーせーんーせーいー!リーアーせーんーせーいー!
リーアーせーんーせーいー!リーアーせーんーせーいー!
リーアーせーんーせーいー!リーアーせーんーせーいー!

421:レビィ:2014/01/11(土) 22:38 ID:7g2

ぐったり...
あ、あのう
リ、リア先生?
寝ちゃってる??

422:オリー:2014/01/11(土) 22:40 ID:A4c

お風呂入ってた

423:リア:2014/01/11(土) 22:43 ID:A4c

レビィ、ごめんね?
もう一度、最初から、話してもらってもいい?

424:& ◆LTBM:2014/01/11(土) 22:45 ID:7g2

まぁ...
そんな感じで文化祭の時も
倒れて来た、看板から守って
くれて...そのあと...抱きしめられたんです、
あのガジルにですよ!?

425:レビィ:2014/01/11(土) 22:47 ID:7g2

まとめると最近ガジルにドキドキする
事があるんです。今まで以上に
意識しちゃって...

426:レビィ:2014/01/11(土) 22:50 ID:7g2

ああ!
もう恥ずかしい!

427:レビィ:2014/01/11(土) 22:54 ID:1Fg

リア先生、ガジルにどんな顔を
すれば...!抱きしめられた、
あとにメイド姿をスッゴい
見られて...!ああもう
どうしよう!

428:リア:2014/01/11(土) 22:58 ID:A4c

それが、恋ってものよ♪
相手を一度でも好きになってしまうと、その人を見ただけでもドキドキしちゃうの。
私とリオンの時もそうだったわ。
私、その時は蛇姫学園にいてね、先輩達にいじめられてたの。
それで、密室に閉じ込められて、どんどん、酸素が薄くなって意識が薄れかけてた所を、リオンが助けてくれて。
しかも、人工呼吸付きよ?
そのあと、付き合い始めて、結婚もして、今は、妊娠してるわ。
あっ、あとこの事は、みんなに黙っててね?

429:リア:2014/01/11(土) 23:03 ID:A4c

必ずしも、恋は実る訳ではない……か。母さん………私には、この子の幸せを予知できるのでしょうか………

430:リア:2014/01/11(土) 23:05 ID:A4c

レビィは、どうかリリーみたいには、なりませんように。

431:レビィ:2014/01/11(土) 23:06 ID:ahs

そんな事言われたらあたしがスッゴい
小さい事で悩んでるみたい...。
てゆーか先生いじめられてんですか?!
ええ!にっ、妊娠?!
えっ!えええええ!!

432:リア:2014/01/11(土) 23:08 ID:A4c

レビィは、どうかリリー見たいには、ならないでね♪

433:レビィ:2014/01/11(土) 23:09 ID:ahs

どってん、(こけた音)

434:リア:2014/01/11(土) 23:10 ID:A4c

それに、あなたの悩みは、けして、小さくは無いわ。

435:レビィ:2014/01/11(土) 23:11 ID:ahs

はぁ...。
そうなんですか。

436:リア:2014/01/11(土) 23:14 ID:A4c

レビィは、リリー・クリスティーンって知ってる?

437:レビィ:2014/01/11(土) 23:16 ID:eJE

いえ

438:リア:2014/01/11(土) 23:20 ID:A4c

リリー・クリスティーンっていう人はね、愛するが故に愛した人物を殺したって言われててね。
あなたの遠い祖先よ。

439:オリー:2014/01/11(土) 23:37 ID:A4c

眠くなってきた

440:オリー:2014/01/12(日) 00:00 ID:A4c

ジュビが居ないので寝ます

441:サクラ:2014/01/12(日) 11:33 ID:0cY

レビィちゃんきゃわわ(^∀^)
全く話についていけないんだが、誰か状況説明しておくれ…
小説の文才もおくれ…

442:ミュー:2014/01/12(日) 12:53 ID:Wyg

気付いたら400超えていた…だと

驚きのあまり声が出ません。
いや本当に。

過去ログ探ってきます

443:ミュー:2014/01/12(日) 13:01 ID:Wyg

全部読んできました

皆さん十時に集まっているんですね。
文才は無いに等しいんですが私も混ざっていいですか?

444:オリー:2014/01/12(日) 22:02 ID:pIA

ただいま、急いで風呂から出て駆けつけた所です!
誰でも参加してね♪
PS.ジュビが昨日いなくなったのは何故か、知ってる人居ない?

445:オリー:2014/01/12(日) 22:04 ID:pIA

誰か、来ないかな〜

446:オリー:2014/01/12(日) 22:05 ID:pIA

10時半頃にまた来ます!

447:オリー:2014/01/12(日) 22:37 ID:pIA

誰も来ない…

448:オリー:2014/01/12(日) 22:39 ID:pIA

危機的状況
誰一人として10時になっても来ない!
まぁ用事とか有るかも知れないけど…

449:匿名さん:2014/01/12(日) 22:39 ID:Wyg

皆さんまだいらっしゃらないんでしょうか…

450:オリー:2014/01/12(日) 22:40 ID:pIA

5分ごとに来ることにします…

451:ミュー:2014/01/12(日) 22:40 ID:Wyg

私がいますよ!

452:匿名さん:2014/01/12(日) 22:41 ID:Wyg

オリーさん?

453:オリー:2014/01/12(日) 22:44 ID:pIA

匿名さん って名前?
多分、ミューさん?
10時からここでお話してる
人は、さん付けは無しにしません?
もちろんタメで

454:ミュー:2014/01/12(日) 22:47 ID:Wyg

度々匿名ですいません…

敬語は癖なんですが、次のコメントから直させて頂きます。

455:ミュー:2014/01/12(日) 22:50 ID:Wyg

今日から参加するミューだよ!

新参者で何も分からないし、文才も無いけど…
楽しく会話できたらいいな(*'‐'*)♪

456:ミュー:2014/01/12(日) 22:52 ID:Wyg

何だかまだタメ口はまだ慣れない…

こそばゆい感じ

457:オリー:2014/01/12(日) 22:53 ID:pIA

今日は日立臨海公園?行ってきた。
サイクリングが、大変で大変で。
筋肉痛になっちゃいそうな位
明日はソラマチ行ってくる!

458:ミュー:2014/01/12(日) 22:54 ID:Wyg

ずいぶんアクティブだねぇ

今日も明日も私は家に篭って編み物してるー

459:オリー:2014/01/12(日) 22:56 ID:pIA

ミューって凄い!
敬語が癖とか…
失礼だけどミューって何歳?
あたしは、小五さ!
ついでに言うと女の子だよん!
リオン大好きだよん!

460:ミュー:2014/01/12(日) 22:57 ID:Wyg

中三だよー

女子校育ちです

461:ミュー:2014/01/12(日) 22:58 ID:Wyg

大学付属だから受験勉強しなくていいのは助かる

462:オリー:2014/01/12(日) 22:59 ID:pIA

まぁ、親同士が仲良くなくて、いつも、顔合わせないためにいろんなとこに外出してるって感じ
今日は父、明日は母に連れられ外出さ!

463:ミュー:2014/01/12(日) 23:00 ID:Wyg

うーむ…

口調が安定しない…

464:オリー:2014/01/12(日) 23:00 ID:pIA

なんか、ここって中三多い気がする…

465:ミュー:2014/01/12(日) 23:01 ID:Wyg

それはまた複雑な状況だねぇ

466:オリー:2014/01/12(日) 23:01 ID:pIA

犬が吠えててうるさい…

467:ミュー:2014/01/12(日) 23:02 ID:Wyg

話が噛み合わないよwwww

468:I[:2014/01/12(日) 23:02 ID:pIA

話が噛み合ってない気もする…

469:ミュー:2014/01/12(日) 23:03 ID:Wyg

犬って近所の犬?

470:オリー:2014/01/12(日) 23:03 ID:pIA

468はあたし。

471:オリー:2014/01/12(日) 23:03 ID:pIA

家の犬

472:ミュー:2014/01/12(日) 23:04 ID:Wyg

噛み合わないんだかシンクロしてるんだかわからない(笑)

473:オリー:2014/01/12(日) 23:05 ID:pIA

ちょっと一回ドロンする!

474:ミュー:2014/01/12(日) 23:05 ID:Wyg

犬種なに?

475:ミュー:2014/01/12(日) 23:06 ID:Wyg

あらら…

476:ミュー:2014/01/12(日) 23:07 ID:Wyg

私もちょっと失礼

477:ジュシカ:2014/01/12(日) 23:11 ID:oUI

ジュシカ、入ります!♪

478:ジュシカ:2014/01/12(日) 23:20 ID:oUI

うおおい
誰かあー〜?
オリ〜オリ〜オリ〜オリ〜
ミューミューミューミューミューミュー

479:ミュー:2014/01/12(日) 23:31 ID:Wyg

もう寝ます…

おやすみなさい

480:ミオ:2014/01/13(月) 11:25 ID:6jU

ジュシカさん、よろしくお願いします!!
私、バレーでなかなか来れなくて。
みなさん、忘れてませんか?

481:ジュシカ:2014/01/13(月) 17:03 ID:rCY

ミオ♪
ジュシカはジュビアだよ♪
桔梗さんみたいに
ジュビアでもジュシカ
でもどっちでもいいよ♪

482:ジュシカ:2014/01/13(月) 17:07 ID:rCY

今日、みんな
10時に集まれる人
は来てください♪

483:みーにゃん ◆gGoM:2014/01/13(月) 18:05 ID:d02

こんばんは♪
あっという間に500行くね♪

484:サクラ:2014/01/13(月) 18:43 ID:0cY

こんばんワン!←
サクラです!
小説続き〜

「だ、大吉…」
「ルーシィさんいいなぁ…」
「ウェンデイは?」
「うっ…うぇぇぇぇん!」
ウェンデイが泣きながら見せた紙には、凶と書かれていた。
「あ、でも、凶は滅多に出なくて、逆に縁起がいいって聞いたよ」
「本当ですか…?グスッ」
「うん、ホント!」
と言い、自分のおみくじを覗く。
恋愛のところに、二重丸のマークがついていた。
「…!『彼のことを想う者は他にもいる。その者に取られてしまう前に、想いを伝えるべし。』んにゃぁぁぁ!」
「「!?」」
(あ、やば。しゃべってた!
ナツのことを想う人って、リサーナのことか…でも、あたしあんまりおみくじ頼らないからな〜
………いや、リサーナは告白しそうだわ…よし!)
ルーシィはナツの方へ走って行った
その頃、向こうでは。
「お、ナツテメェ恋愛二重丸じゃねえか!」
「テメェこそ…」
(畜生!何であいつも恋愛二重丸なんだ!「ルーシィが取られちまう!」ルーシィが…)
「って、勝手に人の心を読むなっ!」
「俺にはそう見えたんだがな〜♪」
「__っ!」
「あ、図星?」
「むうううう!!!」
「分かりやすっ!」
「うるせぇ!テメェはルーシィに好かれてるからいいんだっ!俺は…」
「は?ルーシィが好きなのはオメーのことだろ。」
「は?」
(この鈍感…見てて気付かねえのかよ…)

ちなみにその頃ルーシィは
(……行きづらい…)
「ファイト!ルーシィさん!ボソッ」
「頑張れルーシィ!ヒソッ」
(余計に行きづらいのよーっ!)
次の日二人はお互いに告白しあったんだってさ♪
めでたしめでたし!

おしまい

ふぅ。

ふぅ。

ふぅ!終わったぁ〜!
感想くれると嬉しいです!
それじゃ、また来ま〜す!
バイバイ!ぐへへ←

485:ジュシカ:2014/01/13(月) 19:50 ID:1Fg

書きまーす♪
題名は「一つ屋根の下」

ピンポーン!
爽やかなチャイムが鳴る。
ル はいはーい!
今日はルーシィ、レビィ
アザレア、ローレンでお泊まり
をする。時間ぴったりに友達は
来た。
アロレ お邪魔しまーす!
レビィはバッまク、アザレアはキャリーケース
ローレンはリュックをパンパンにしている。
ア 疲れた...
と呟くアザレア一同をルーシィは
リビングに促した。
リビングに入り、荷物を置き、十秒。
ルーシィが、
ル 恋ばなしよー!
と声を上げた。
ルーシィが座るテーブルに座る三人。
そして文化祭であった出来事を話を始めた。
ル まずはレビィちゃん!ガジルと何があった?
唐突に聞かれ、椅子から落ちるレビィ、こんな
リアクションでは何もないと思う方がおかしい。
レ え、う、あ、えーと!ハハハ
ル さぁ!白状しろ〜♪
レ うぅ...。えーと、倒れて来た看板からガジル
守ってくれた...!あ、あと...そ、そのあとガジルに
抱きしめられた...。もう恥ずかしい
三人 ガジル(君)やる〜♪
レ もう!じゃあ次はルーちゃん!
ルーちゃんはナツに何されたの〜♪
すゅわっち!
その効果音でルーシィは紅茶の入った
カップを放り投げた。そして紅茶を
拭いて紅茶を入れ直したその時、
ぼーんぼーん
6時の時を知らせる音が鳴る。
ル わーい♪お風呂の時間だ〜♪
レビィとローレンはルーシィの
あとに続いてお風呂へと向かった。
しかし、雷の魔法を使うアザレアの耳は
数人の男の心拍数に気づいた。
アザレアはその男の心拍数の事を知らせなかった
事を後悔したことをまだ知らない。

486:カミア:2014/01/13(月) 19:58 ID:qc2

帰ってきたよ!カミアです(=´∀`)人(´∀`=)
わ、忘れてない!?っというか、
初めましての方も、いらっしゃると思われますが
よろしくですm(._.)m

487:ジュシカ:2014/01/13(月) 21:34 ID:o92

カミア〜♪
お久〜♪
あとジュビアはジュシカなったよー♪

488:カミア:2014/01/13(月) 21:46 ID:qc2

ジュビア…じゃなくて、ジュシカね!おk!
っていうかお久しぶり〜(=´∀`)人(´∀`=)

489:ジュシカ:2014/01/13(月) 21:53 ID:o92

ちょっと早めだけど
始める??

490:ジュシカ:2014/01/13(月) 21:55 ID:o92

うおおい誰もいない?
誰かあー〜あああああああ!!

491:カミア:2014/01/13(月) 22:02 ID:qc2

誰かいる??

492:オリー:2014/01/13(月) 22:06 ID:pIA

只今、戻りました!
昨日は、休憩するつもりがホントに
寝ちゃって。

493:カミア:2014/01/13(月) 22:09 ID:qc2

オリーさん、お疲れ様です!!

494:ジュシカ:2014/01/13(月) 22:10 ID:o92

きゃっは〜♪
オリ〜♪
会いたかった♪
小説どうだった?
感想ちょーだい♪

495:オリー:2014/01/13(月) 22:10 ID:pIA

ジュビ!
前やったリアとレビィの会話の続きしよっ♪

496:ジュシカ:2014/01/13(月) 22:11 ID:o92

あいさ!
あ、カミアも
ルーシィ役で来て〜♪

497:オリー:2014/01/13(月) 22:11 ID:pIA

ジュビ!
小説の感想
じょーずです!
リクエスト!
リオリア出して!

498:ジュシカ:2014/01/13(月) 22:12 ID:o92

あいさ〜!

499:カミア:2014/01/13(月) 22:13 ID:qc2

ルーシィいいのっ!?
入りまーす!

500:オリー:2014/01/13(月) 22:13 ID:pIA

今度は、ルーシィがリアとレビィが会話してる所にくる見たいな感じのやつ

501:レビィ:2014/01/13(月) 22:14 ID:o92

リア先生とルーちゃん
遅いなあ〜…
あたしが速いとか?!

502:オリー:2014/01/13(月) 22:15 ID:pIA

順番は?

503:レビィ:2014/01/13(月) 22:16 ID:o92

リア先生早くー
あたしさみしーよー!

504:リア:2014/01/13(月) 22:16 ID:pIA

ごめんね〜
リオンと今後の教育について話してたら遅くなっちゃった♪

505:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:17 ID:qc2

レビィちゃん、ごめんねー!

506:ジュシカ:2014/01/13(月) 22:17 ID:o92

えーと!
いつもみたいにリアとレビィが
話してて、そこにルーシィが来る感じ♪

507:レビィ:2014/01/13(月) 22:18 ID:o92

待ってました〜♪

508:リア:2014/01/13(月) 22:19 ID:pIA

1.半裸になった奴は校長と話し合い。
2.授業中に関係ない魔法を使った奴は校長と話し合い。

509:レビィ:2014/01/13(月) 22:20 ID:o92

ルーちゃん知ってた?
リア先生妊娠してるんだって!
大人だ〜…

510:リア:2014/01/13(月) 22:20 ID:pIA

上記の2つが今回の話し合いで、決まったこと!

511:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:21 ID:qc2

結局校長と話し合う事は避けられないわけね…

512:レビィ:2014/01/13(月) 22:22 ID:o92

校長先生
殴られたりしないかな?

513:匿名さん:2014/01/13(月) 22:22 ID:qc2

リア先生、妊娠中!?
な、何ヶ月ですか?

514:リア:2014/01/13(月) 22:22 ID:pIA

そうさ!
マカロフ校長は、世間話の相手が欲しいんだってさ!
あの、くそジジィ

515:レビィ:2014/01/13(月) 22:23 ID:o92

キャラ変わってるうううう!!!

516:リア:2014/01/13(月) 22:23 ID:pIA

妊娠三ヶ月!

517:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:24 ID:qc2

ごめん、ルーシィの名前入れ忘れましたm(._.)m)

世間話って、どんだけ暇なんですか、校長!

518:リア:2014/01/13(月) 22:25 ID:pIA

ねぇ、君達考えてごらん?
半裸ダメってリオンもじゃん!

519:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:26 ID:qc2

あはは、確かに!
グレイもですか??

520:レビィ:2014/01/13(月) 22:26 ID:o92

あわわ...

521:リア:2014/01/13(月) 22:27 ID:pIA

マカロフはねぇ、仕事を全てギルダーツ教頭にさせてるのさ!

522:レビィ:2014/01/13(月) 22:27 ID:o92

ひえぁあああああああ!!

523:みーにゃん ◆gGoM:2014/01/13(月) 22:28 ID:d02

皆小説うまいね〜!
あ、皆呼びタメOKですか?
ウチは呼びタメでOKです。

524:リア:2014/01/13(月) 22:28 ID:pIA

ギルダーツもやんないから結局、私か、リオンに回ってくるの!

525:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:29 ID:qc2

うちの校長、本当に大丈夫かなぁ?
はぁ、

526:ジュシカ:2014/01/13(月) 22:29 ID:o92

みーにゃん♪
良かったらローレン役で来て〜♪

527:オリー:2014/01/13(月) 22:29 ID:pIA

名前、リアにします!

528:カミア:2014/01/13(月) 22:30 ID:qc2

みーにゃん、よろしくです\(//∇//)\

529:リア:2014/01/13(月) 22:30 ID:pIA

マカロフは、頭が腐ってるの!

530:レビィ:2014/01/13(月) 22:30 ID:o92

ガチガチガチガチガチガチ...
(歯が鳴る音)

531:リア:2014/01/13(月) 22:31 ID:pIA

私は、タメOK

532:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:32 ID:qc2

せんせーい、仮にも校長ですから!
毒舌も程々に(苦笑)

533:リア:2014/01/13(月) 22:33 ID:pIA

頭が腐ってなきゃ、普通、自分の仕事位するの!
そう思わない?

534:レビィ:2014/01/13(月) 22:33 ID:o92

あ!!ガジル!!!
うわーん!ガジル〜!
リア先生もルーちゃんも怖いよーおおおお!

535:A:2014/01/13(月) 22:34 ID:pIA

よし!
ここまでにしよう!

536:ジュシカ:2014/01/13(月) 22:35 ID:o92

Aって誰?!

537:リア:2014/01/13(月) 22:36 ID:pIA

Aって私
レビィってそんなにガジルが
好きなんだ

538:レビィ:2014/01/13(月) 22:37 ID:o92

えええええ!!
)*(!(#$$((('(#$:'>^}\_`{}~^〈》〈÷¨^:!。゛

539:リア:2014/01/13(月) 22:37 ID:pIA

ここまでにしようって校長の悪口ね。

540:カミア:2014/01/13(月) 22:38 ID:qc2

そうであって欲しいなぁw
ガジル大好きなレビィちゃん\(//∇//)\

541:レビィ:2014/01/13(月) 22:38 ID:o92

みんなしていじらないで〜!

542:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:40 ID:qc2

今のは、あたしの分身の、独り言w

まぁ、校長の立ち位置に立ってるのも、
おそらく、歳がどうこうですよね!

543:レビィ:2014/01/13(月) 22:41 ID:o92

ガジル〜!助けってもういない!

544:リア:2014/01/13(月) 22:41 ID:pIA

まぁ、平気でしょ?
年頃の女の子なんだから恋だってするし。
ルーシィがナツのこと好きであるように。
私も、リオンとイチャついてたな〜。

545:レビィ:2014/01/13(月) 22:43 ID:o92

そーだそーだ!
ナツとルーちゃんは
もっとイチャイチャしていいじゃんか!

546:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:43 ID:qc2

なっ!!!
ち、ちょっと待って下さい!?
なんであたしが、ナツを好きになるんですか!?

547:リア:2014/01/13(月) 22:43 ID:pIA

ここで、質問!
ルーシィは、ナツが好き?嫌い?
どっち?

548:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:44 ID:qc2

レビィちゃんも!
違うってば!!

549:レビィ:2014/01/13(月) 22:44 ID:o92

いえ〜い♪

550:リア:2014/01/13(月) 22:44 ID:pIA

以外と楽しいんだよね。
生徒のイチャつく所見んの

551:リア:2014/01/13(月) 22:46 ID:pIA

さぁ、ルーシィの答えは?

552:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:46 ID:qc2

ど、どっちって…
じ、じゃあ、レビィちゃんが
もしガジルにして、同じ質問されたら、どっち!?

553:レビィ:2014/01/13(月) 22:46 ID:o92

(心の声)
あたしの方に話題変えないで〜!
絶対!!!!!!!!!

554:リア:2014/01/13(月) 22:47 ID:pIA

私なら、愛してるでも足りないくらいって答えるな〜♪

555:リア:2014/01/13(月) 22:48 ID:pIA

レビィ〜?

556:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:48 ID:qc2

先生はわかりきってます!
いいなぁ、ラブラブ夫婦!

557:レビィ:2014/01/13(月) 22:48 ID:o92

ガジルにはあたしよりいいこがいるうううう!!!
がっしゃーん!!!!!!!!!
(ちゃぶ台返し)

558:リア:2014/01/13(月) 22:49 ID:pIA

いいだろ?
ってか、ウェンディって誰が好きなんだろ?

559:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:49 ID:qc2

ちょ、レビィちゃん、落ち着いて!

560:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:50 ID:qc2

あー、きになる!

561:リア:2014/01/13(月) 22:50 ID:pIA

必殺、ちゃぶ台返し!

562:レビィ:2014/01/13(月) 22:51 ID:o92

吸って〜吐いて〜
吸って〜吐いて〜
吸って〜吸って〜吸って〜
吸って〜吸って〜……
げほげほげほげほ!

563:リア:2014/01/13(月) 22:51 ID:pIA

ここはいっそ、ガジルとナツも呼んで来よう!

564:レビィ:2014/01/13(月) 22:52 ID:o92

きゃああああああああああ!!
がっしゃーん!!!!!!!!!
(ちゃぶ台返し)

565:リア:2014/01/13(月) 22:53 ID:pIA

リオンも呼んで来よっかな…
会いたくなってきた…

566:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:53 ID:qc2

あたしもやった方がいいのかしら…ちゃぶ台返し

567:A:2014/01/13(月) 22:54 ID:pIA

また来た!
必殺、ちゃぶ台返し

568:レビィ:2014/01/13(月) 22:54 ID:o92

ひょええあええあえううえおおえお
がっしゃーん!!!!!!!!!
(ちゃぶ台返し)

569:リア:2014/01/13(月) 22:54 ID:pIA

Aは、あたしだー!

570:リア:2014/01/13(月) 22:56 ID:pIA

ねぇねぇ、今思ったんだけどこの部屋、ちゃぶ台なんて置いてあった?

571:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:56 ID:qc2

どんだけちゃぶ台返しやりたいのよ!
ナツもガジルもリオン先生も
あたしが呼んで来ます!

572:リア:2014/01/13(月) 22:57 ID:pIA

レビィってばちゃぶ台、どこから持って来たんだろ?

573:レビィ:2014/01/13(月) 22:57 ID:xSc

やめてえええええ!!
がっしゃーん!!!!!!!!!
(ちゃぶ台返し)

574:リア:2014/01/13(月) 22:58 ID:pIA

リオンが来る!?

575:リア:2014/01/13(月) 22:58 ID:pIA

リオンが来る!?

576:ルーシィ:2014/01/13(月) 22:59 ID:qc2

じゃあ、呼んで来ますね、ナツ以外!

577:レビィ:2014/01/13(月) 23:00 ID:xSc

がっしゃーん!!!!!!!!!
ガラガラガラガラガラガラ
(ちゃぶ台返し足す放り投げ)

578:リア:2014/01/13(月) 23:00 ID:pIA

ルーシィ!!!!
早く、リオン達呼んでこーい!!!!

579:リア:2014/01/13(月) 23:02 ID:pIA

レビィ!?
お願い!
落ち着いて〜!!
ここ、私とリオンの家なの〜!!

580:ルーシィ:2014/01/13(月) 23:02 ID:qc2

よんできましたー!w

581:レビィ:2014/01/13(月) 23:03 ID:xSc

ふぅ、落ち着きました〜…

582:リア:2014/01/13(月) 23:03 ID:pIA

ルーシィ、助けて!
家が、家が〜〜〜〜〜!!!!!!

583:レビィ:2014/01/13(月) 23:04 ID:xSc

って!!!!!!!!!
ガジル!!!あわわわわわわわわ......

584:ルーシィ:2014/01/13(月) 23:04 ID:qc2

ま、まぁまぁ
リオン先生も来ましたし、
ガジルももうすぐくるみたいだし(ニヤリ

585:リア:2014/01/13(月) 23:05 ID:pIA

私がナツ役やるからジュビがリオン役!カミアは、ガジル役!

586:レビィ:2014/01/13(月) 23:06 ID:xSc

あわわわわわ......
さっ!
(部屋の隅に避難)

587:リア:2014/01/13(月) 23:06 ID:pIA

リオン〜!
会いたかった〜!
あぁ、それと、ルーシィ。
ナツさっき呼んだから。
もうすぐ、来るよ!

588:ガジル:2014/01/13(月) 23:07 ID:qc2

んだよ、こんなとこに用はねぇっ!

589:リオン:2014/01/13(月) 23:07 ID:xSc

リア、会いたかったぞ...!
愛してる...!

590:リア:2014/01/13(月) 23:08 ID:pIA

ルーシィ!
ナツ来たよ♪

591:ルーシィ:2014/01/13(月) 23:09 ID:qc2

う、うん。

592:レビィ:2014/01/13(月) 23:09 ID:xSc

がっ!ガジル!!!
あわわわわわ......

593:リア:2014/01/13(月) 23:09 ID:pIA

リオンに愛してるって言われた!?
リオン〜!
愛してる!愛してる!愛してる!

594:ガジル:2014/01/13(月) 23:10 ID:qc2

レビィもいんのか?
っつーか、何焦ってんだよ。

595:リオン:2014/01/13(月) 23:10 ID:xSc

俺もだ...愛してる...!

596:ナツ:2014/01/13(月) 23:11 ID:pIA

なぁ、リア先生〜
炎とか、ねぇ?

597:レビィ:2014/01/13(月) 23:12 ID:Tw2

いやぁ、あはは...
(かっこいい!あーもーかっこいいの
頂点!)

598:リア:2014/01/13(月) 23:12 ID:pIA

あぁ、炎?
自分で出して食べてろ。
邪魔すんな、くそ炎。

599:ルーシィ:2014/01/13(月) 23:12 ID:qc2

ナツはちょっとは礼儀ってもんを知りなさいよ!

600:レビィ:2014/01/13(月) 23:14 ID:JkE

あわわわわわ......
さっ!(ガジルに隠れる)

601:A:2014/01/13(月) 23:14 ID:pIA

ルーシィ〜?
ナツの相手、してやってー。
私、今、リオンとじゃれあってるから
忙しいの〜

602:ナツ:2014/01/13(月) 23:15 ID:pIA

わっ。
ルーシィとか最悪

603:ルーシィ:2014/01/13(月) 23:15 ID:qc2

先生…
ナツ、炎はないけど、クッキー焼いてあるから。
それ食べてて?

604:レビィ:2014/01/13(月) 23:16 ID:JkE

元に戻った...
ってごめん!!!

605:ルーシィ:2014/01/13(月) 23:16 ID:qc2

ナツ?
最悪って何かしら。

606:レビィ:2014/01/13(月) 23:17 ID:JkE

再び隠れる。

607:ガジル:2014/01/13(月) 23:19 ID:qc2

おい、レビィ。
出て来いよ

608:レビィ:2014/01/13(月) 23:20 ID:JkE

あわわわわわ...

609:リア:2014/01/13(月) 23:21 ID:pIA

ほら、ナツ。
クッキーだって。
行ってこい。
ルーシィ、アリガトネー。
はい、各自、自由時間。
1.ナツは、ルーシィ。
2.レビィと、ガジル。
3.私と、リオン。
ペア組んでなんか、話したりしててー。


カミアは1のペア
ジュビは2のペア
あたしは、3のペアで書いて!

610:レビィ:2014/01/13(月) 23:23 ID:JkE

好き合ってるのに、
地獄絵巻みたいなケンカしてる......

611:リア:2014/01/13(月) 23:25 ID:pIA

ねぇ、リオン?
子どもの名前、何にする?

612:リオン:2014/01/13(月) 23:27 ID:pIA

リアは、何か、考えているのか?

613:ルーシィ:2014/01/13(月) 23:27 ID:qc2

はぁ、とりあえずこれ。
クッキーだから。食べてて?

614:ナツ:2014/01/13(月) 23:28 ID:qc2

おう、ありがとな!

615:リア:2014/01/13(月) 23:28 ID:pIA

うん!
レイアって名前!

616:リオン:2014/01/13(月) 23:30 ID:pIA

レイア………いい名前だな。

617:I:2014/01/13(月) 23:31 ID:pIA

でしょ?
お母さんの名前なんだ!

618:ルーシィ:2014/01/13(月) 23:31 ID:qc2

別にあんたのために作ったわけじゃないって、聞いてないし!

619:ナツ:2014/01/13(月) 23:32 ID:qc2

はんはっへ?(なんだって?)

620:I:2014/01/13(月) 23:32 ID:pIA

Iはあたしです。

621:ルーシィ:2014/01/13(月) 23:33 ID:qc2

も、もういいわよ
落ち着いて食べて?

622:ナツ:2014/01/13(月) 23:34 ID:qc2

ほうか?(そうか?)
美味かったぞ、ルーシィ!

623:リオン:2014/01/13(月) 23:34 ID:pIA

はぁ、本当にリアは美しいな……
思わず襲ってしまいたくなる……

624:リア:2014/01/13(月) 23:36 ID:pIA

襲うのは、ダメ。
まだ明日、授業あるもの。
でも……キスならいいよ?

625:レビィ:2014/01/13(月) 23:36 ID:JkE

大好き、
と背中文字で書くレビィ
それを読みとくガジル。
しかし
ガ あぁ?何かいてんだ
と聞く。
レビィはもう一度大好きと書く。
ガ 口で言えばいいだろ。ギヒッ
レ えっ!えええええ!!
うろたえるレビィ。そして
レ 大好き......
ガ はいはい!ギヒッ
レ 何その返事〜!
あげくのはていつもみたいにケンカした。

626:リア:2014/01/13(月) 23:40 ID:pIA

まぁ、そのあとは、キスいっぱいして眠くて寝ちゃって、気づいたらもう、夕方で。
でも、まぁ、まだ皆じゃれあってるみたいだからそっとしておいてあげた。

627:レビィ:2014/01/13(月) 23:43 ID:fBQ

ん〜…
ってえええええ!!がっ!ガジル!!!
なんであたし寝たの????!!!
なんで腕枕なの!?えーーーーー!!

628:ジュシカ:2014/01/13(月) 23:50 ID:fBQ

あれ…みんな〜〜!

629:カミア:2014/01/14(火) 00:07 ID:qc2

寝ます!!
おやすみなさい(^^)/~~~

630:ジュシカ:2014/01/14(火) 19:56 ID:PqM

みんな〜♪
今日も10時に集まろー♪
設定はレビィちゃんの家にお泊まりする
感じ♪!
リア、オリ〜
レビィ ジュシカ
ルーシィ カミア

631:リア:2014/01/14(火) 21:46 ID:WTY

来たよ!
ちょっと速かったかな?

632:リア:2014/01/14(火) 21:48 ID:WTY

もう一度言っとくけど名前、リアにしたから!オリーって呼んでいいからね♪

633:ルーシィ:2014/01/14(火) 21:49 ID:qc2

あたしも来ちゃったww

634:ジュシカ:2014/01/14(火) 21:58 ID:Jfw

みんな〜♪
いるうううう?

635:レビィ:2014/01/14(火) 21:59 ID:Jfw

会いたかった♪
さっそくやろやろ♪

636:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:00 ID:qc2

おk!

637:レビィ:2014/01/14(火) 22:02 ID:Jfw

あわわ!
もうすぐにお泊まり会が始まる!
楽しみ〜♪

638:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:02 ID:qc2

レビィちゃん来たよ〜!

639:レビィ:2014/01/14(火) 22:03 ID:Jfw

いらっしゃい♪
あがってあがって!

640:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:04 ID:qc2

おじゃましま〜す♪

641:レビィ:2014/01/14(火) 22:05 ID:Jfw

今お茶だすね!
紅茶?コーヒー?ミルクティー?

642:レビィ:2014/01/14(火) 22:07 ID:Jfw

それとも炭酸?

643:リア:2014/01/14(火) 22:07 ID:WTY

ごめん。
遅れちゃった。リオンと一緒にマカロフにお説教してたらさ♪

644:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:07 ID:qc2

ミルクティーがいいな♪

645:レビィ:2014/01/14(火) 22:08 ID:Jfw

リア先生早くーです。
ルーちゃん今ミルクティーだすね♪
先生は?

646:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:09 ID:qc2

見てないなぁ・・・。
どうしたんだろう?

647:リア:2014/01/14(火) 22:09 ID:WTY

あぁ、お知らせ
赤ちゃんの名前、レイアに決まりました。
レイラ姉さんと似てるでしょ?

648:リア:2014/01/14(火) 22:10 ID:WTY

紅茶がいいな♪

649:レビィ:2014/01/14(火) 22:10 ID:Jfw

手作りケーキと手作りクッキー
あるよ!食べる?

650:レビィ:2014/01/14(火) 22:11 ID:Jfw

紅茶とミルクティー
お待たせ〜!

651:レビィ:2014/01/14(火) 22:13 ID:Jfw

で〜♪
何話す?

652:リア:2014/01/14(火) 22:13 ID:WTY

あぁ、そうそう。
ルーシィにレイラ姉さんから伝言。
「大きくなるのを見届けられなくてごめんなさいね。あなたは、星霊たちに見守られて優しいいい子になってくださいね。」
だそうです!

653:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:13 ID:qc2

ありがと、レビィちゃん!

654:レビィ:2014/01/14(火) 22:15 ID:Jfw

先生も冷めない内に
どうぞ

655:リア:2014/01/14(火) 22:16 ID:WTY

サンキュー

656:リア:2014/01/14(火) 22:16 ID:WTY

昨日ってあのあとルーシィとナツは、どうなったの?

657:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:16 ID:qc2

リア先生、伝言ありがとう・・・!!

658:レビィ:2014/01/14(火) 22:17 ID:Hsg

ルーちゃんはナツと最近
何かあった?

659:レビィ:2014/01/14(火) 22:17 ID:Hsg

リア先生気が合いますね♪

660:リア:2014/01/14(火) 22:18 ID:WTY

レイラ姉さんも嬉しいだろーなー
ルーシィがナツ見たいにいい人と両思いで。

661:レビィ:2014/01/14(火) 22:19 ID:Hsg

ですね♪

662:レビィ:2014/01/14(火) 22:20 ID:Hsg

ルーちゃんどうだったの〜♪
きゃっは〜♪

663:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:20 ID:qc2

・・・・・。
あの・・、あたしナツが好きなんて一言も言ってないんですけどッ!!

664:レビィ:2014/01/14(火) 22:21 ID:Hsg

えー?
じゃあ嫌いなんだ!

665:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:22 ID:qc2

き、嫌いって・・・。
別に嫌いじゃないけど・・・。

666:レビィ:2014/01/14(火) 22:24 ID:Hsg

内心
愛しのサラマンダー様〜♪!
とか思ってないの?

667:レビィ:2014/01/14(火) 22:25 ID:Hsg

思ってるんだ...!
きゃっは〜♪
あっついね〜♪

668:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:26 ID:qc2

思ってるわけないでしょッ!!

669:レビィ:2014/01/14(火) 22:26 ID:Hsg

なはは!

670:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:28 ID:qc2

あ〜もう・・・。
でも別に、ナツのことは仲間意識でしか見たことないし
恋愛とか・・・あたしにとっては縁がないし・・・。

671:レビィ:2014/01/14(火) 22:29 ID:Hsg

ぽん!
(ガジルが頭に浮かぶ音)
きゃああああああああああ!!
がっしゃーん!!!!!!!!!

672:レビィ:2014/01/14(火) 22:30 ID:Hsg

ちゃぶ台返し

673:レビィ:2014/01/14(火) 22:32 ID:Hsg

吸って〜吐いて〜
吸って〜吐いて〜
吸って〜吸って〜吸って〜吸って〜……
げほげほげほげほげほげほ!!!

674:レビィ:2014/01/14(火) 22:33 ID:Hsg

ふぅ、落ち着きました〜…

675:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:33 ID:qc2

レビィちゃん、ちゃぶ台返しそんなに好きなのww

676:レビィ:2014/01/14(火) 22:35 ID:Hsg

わかんない。
気がついたら魔法でちゃぶ台
出してひっくり返してる!

677:レビィ:2014/01/14(火) 22:38 ID:Hsg

文化祭であった出来事が
忘れられない...
思い出すだけで......
きゃあああああああ!!
がっしゃーん!!!!!!!!!
(ちゃぶ台返し)

678:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:38 ID:qc2

それはそれですごいわ・・・(p・Д・;)

679:A:2014/01/14(火) 22:39 ID:WTY

ルーシィはナツじゃなくてグレイが好きなんだ!

680:レビィ:2014/01/14(火) 22:40 ID:Hsg

なるほど〜!

681:リア:2014/01/14(火) 22:40 ID:WTY

復活しました!
Aって私です!

682:リア:2014/01/14(火) 22:41 ID:WTY

でも、ジュビアに恨まれちゃう。

683:ジュビア:2014/01/14(火) 22:42 ID:Hsg

こーいーがーたーきー......
こーいーがーたーきー......
こーいーがーたーきー...!
こーいーがーたーきー...!!!!!!!!!!

684:リア:2014/01/14(火) 22:43 ID:WTY

それか、ガジル?ダメだ。レビィが…
ラクサス?ダメだ。ローレンが…
ロキ?ダメだ。アザレアが…
リオン?許さねぇ!

685:レビィ:2014/01/14(火) 22:43 ID:Hsg

ジュビア?!えっ!えええええ!!
いつの間に!!!!!!!!!!

686:レビィ:2014/01/14(火) 22:44 ID:Hsg

キャラ変わってるうううう!!!

687:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:44 ID:qc2

なんであたしの好きな人ばっか!

688:リア:2014/01/14(火) 22:45 ID:WTY

安心してね。
グレイは何だかんだいっても
一番はジュビアだから!
ルーシィ、失恋!

689:レビィ:2014/01/14(火) 22:45 ID:Hsg

ルーちゃんいじりやすいから

690:レビィ:2014/01/14(火) 22:46 ID:Hsg

あはははははははははははははは!!!

691:リア:2014/01/14(火) 22:47 ID:WTY

失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!

692:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:47 ID:qc2

・・・どっからグレイが出てきたのよ。

693:リア:2014/01/14(火) 22:48 ID:WTY

只今より、ルーシィの失恋発表会を行います!

694:レビィ:2014/01/14(火) 22:48 ID:Hsg

失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋
失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!
失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!
失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!

695:A:2014/01/14(火) 22:50 ID:WTY

レイラ姉さん!
ルーシィが失恋しちゃったよ!
『ルーシィが好きなのは、ナツ君よ?』
うっそー!ありがとう!レイラ姉さん!

696:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:51 ID:qc2

意味が分からないッ!!
あたし別に恋なんてしたことないもんッ!

697:レビィ:2014/01/14(火) 22:52 ID:Hsg

失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!し失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋!失恋

698:リア:2014/01/14(火) 22:52 ID:WTY

ルーシィ!嘘をついても無駄よ!
レイラ姉さんもルーシィが好きなのは、ナツだって言ってたわ!
※リアは幽霊と会話ができます!

699:レビィ:2014/01/14(火) 22:53 ID:Hsg

アザレアとローレンの恋は甘口みたい!

700:リア:2014/01/14(火) 22:53 ID:WTY

そうだ!
ナツとガジルとリオン、呼んでこよ。

701:リア:2014/01/14(火) 22:54 ID:WTY

呼んで来まーす。

702:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:55 ID:qc2

むぅぅ・・・。

703:リア:2014/01/14(火) 22:55 ID:WTY

やっぱ、ルーシィ呼んできて。

704:レビィ:2014/01/14(火) 22:55 ID:Hsg

やはり!!!!!!!!!
愛しのサラマンダー様とか
愛しのサラマンダー様とか
愛しのサラマンダー様とか愛しのサラマンダー様とか
愛しのサラマンダー様とか愛しのサラマンダー様とか
愛しのサラマンダー様とか思ってるんだ!

705:リア:2014/01/14(火) 22:56 ID:WTY

やっぱりいい!グレイとリオン連れてきて!

706:リア:2014/01/14(火) 22:57 ID:WTY

ルーシィハンパねぇ

707:レビィ:2014/01/14(火) 22:57 ID:Hsg

ってえええええ!!ガジルが来る!!!、????
ひょええあええあえううえおおえおおういいあう
がっしゃーん!!!!!!!!!ガラガラガラガラ
(ちゃぶ台返し足す放り投げ

708:ルーシィ:2014/01/14(火) 22:57 ID:qc2

ぐ、グレイですか?
わかりました!

709:レビィ:2014/01/14(火) 22:59 ID:Hsg

いってらっしゃーい

710:リア:2014/01/14(火) 22:59 ID:WTY

レビィ!?
来るのは、グレイとリオンだよ!
ガジルは、来ない!ってかさ。
レビィ、昨日、ガジルに大好きって言ってねぇ?

711:リア:2014/01/14(火) 23:00 ID:WTY

リオンも来るかな…

712:レビィ:2014/01/14(火) 23:00 ID:Hsg

きゃあああああああああああああああ
あああああああああああああああ
あああああああああああああ!!
がっしゃーん!!!!!!!!!
(ちゃぶ台返し)

713:ルーシィ:2014/01/14(火) 23:00 ID:qc2

連れてきました〜
グレイとリオンせんせぇ!

714:レビィ:2014/01/14(火) 23:01 ID:Hsg

あっ、どうもです!

715:リア:2014/01/14(火) 23:02 ID:WTY

リオン!!!!!
バレンタインパーティのこと考えたよ!

716:ルーシィ:2014/01/14(火) 23:02 ID:qc2

バレンタインにパーティですか??

717:レビィ:2014/01/14(火) 23:03 ID:Hsg

なんかガジルに会いたいなぁ......

718:レビィ:2014/01/14(火) 23:04 ID:Hsg

ガジルに会いたいなぁ......

719:ルーシィ:2014/01/14(火) 23:04 ID:qc2

会いたいなら呼べばいいじゃない、レビィちゃん

720:レビィ:2014/01/14(火) 23:05 ID:Hsg

はいいいいい???!!!

721:レビィ:2014/01/14(火) 23:06 ID:Hsg

どうやって?

722:リア:2014/01/14(火) 23:07 ID:WTY

ここで、発表!
バレンタインパーティのペアは、
ナツ&ルーシィ
ガジル&レビィ
グレイ&ジュビア
ロキ&アザレア
ラクサス&ローレン
ジェラール&エルザ
ギルダーツ&カナ
マカロフ&メイビス
リオン&私

723:レビィ:2014/01/14(火) 23:08 ID:Hsg

ルーちゃんどうやって?

724:レビィ:2014/01/14(火) 23:09 ID:Hsg

カナ、嫌がるじゃ......

725:リア:2014/01/14(火) 23:10 ID:WTY

リオン?疲れてるなら、帰っててもいいよ?グレイ帰っててもいいよ。

726:レビィ:2014/01/14(火) 23:10 ID:Hsg

じゃあ、アザレアとローレンに
ラクリマで伝えてときます

727:リア:2014/01/14(火) 23:11 ID:WTY

父親とで平気………だと思う!

728:ルーシィ:2014/01/14(火) 23:11 ID:qc2

あ、グレイ!
ガジル呼んできてくれる??

729:リア:2014/01/14(火) 23:12 ID:WTY

眠い!本当に寝るかも。

730:レビィ:2014/01/14(火) 23:12 ID:Hsg

超絶嫌がるじゃ......超絶嫌がるじゃ...超絶。

731:レビィ:2014/01/14(火) 23:13 ID:Hsg

えええええええええええええええええええええええええ
ええええええええええええええええええええ
えええええええええええええええええええええええええ
ええええええええええええええええええええええええええええええ!!

732:リア:2014/01/14(火) 23:13 ID:WTY

グレイってなんでここ来たんだっけ?

733:ルーシィ:2014/01/14(火) 23:13 ID:qc2

パーティの事、今更文句なんて言いませんっ!

734:リア:2014/01/14(火) 23:15 ID:WTY

ごめん!もう寝る!また来るかも知れないけど。明日はちゃんと出る!

735:ルーシィ:2014/01/14(火) 23:15 ID:qc2

おやすみっ(*^_^*)

736:レビィ:2014/01/14(火) 23:16 ID:Hsg

おやすみ〜♪

737:カミア:2014/01/14(火) 23:39 ID:qc2

雨の日

今日は雨だった。
朝からずっとやまないこの雨は
あたしにとって、憂鬱だった。
ぼんやりと書きかけの小説の原稿に
手をのせたまま、窓の外をため息をつきながら眺める。
ギルドに行こうか、とも考えたが
雨は思ったよりも酷く、突風が吹き荒れていた。
さすがのあたしも、この中を行くのは苦痛だった。
なので、今日は家にいることを決心した。
「やまないかなぁ、雨。」
ポツリとあたしは呟いた。そして
小説に目を落とす。とにかく何か書こう。
あたしはペンをとり、書き始めた。
こんこん
窓の外から、雨の当たる音とは違う音が聞こえる。
あたしは、気にせずに小説を書き続けているが
こんこん
もう一度、ノックするような音が聞こえる。
いったいこんな大雨の中、誰が家に来るのだろうか。
あたしはゆっくりと窓を見る。
そこには、雨に濡れて少しつぶれている
桜髪のツンツン頭。鱗模様のマフラーが、突風になびく。
「な、ナツっ!?」
そう、窓にへばりついていたのはナツだ。
「何してるのよ、入って!!」
あたしは窓をすぐに開けて、ナツを部屋の中へ引っ張った。
「ビショビショじゃない!あんた何考えてんのよ。」
こんな雨の中、わざわざ家まで来たというのか?
馬鹿げている。
だが、ナツの反応はなく、そのままナツは俯いた。
悪かったな、と感じたあたしは
「ナツ・・・?」
と呼びかけてみた。ナツはそれでも顔を上げないので
タオルをとってくる、と言って脱衣場に行った。
タオルをとって戻ってきても、ナツは先ほどと同じ格好のまま。
このままでは風邪をひいてしまうだろう。
あたしはナツの頭を、タオルで拭いた。
か細い声で、
「ルーシィ・・・・。」
と、聞こえた。やっと口を開いてくれた。
相手はナツだ。なのになぜ、少し口を聞いて
もらえないくらいで、こんなにも戸惑うのだろう。
ふぅ、と一つため息をつき、ナツに向き直る。
「ナツ、どうしたの?」
「なんか・・ルーシィに会いたくなった。」
即答だった。そして、あたしに会いたかったなんて
ナツには考えられない事を言い出すのだから
あたしは開いた口がふさがらない・・。
「急にどうしたのよ?」
「どうもしてねぇ。ただ、普通に。会いたかった。」
会いたかったなんて、ナツは絶対に言わない。
なおさら驚く。あのナツが・・・!
「うーーん。何だろう?病気?頭打った?」
あたしはナツのおでこに手を置いた。
もともとナツの体温は暖かいほうだった。
だが、今は暖かいなんてものじゃ無い位に
熱かったのだ。
〜続く〜

ち、力尽きたww

738:レビィ:2014/01/15(水) 07:19 ID:kBY

カミア、うますぎ

739:レビィ:2014/01/15(水) 17:57 ID:oOw

「一つ屋根の下」 中半
アザレアはルーシィ達に水を頭からかけられ
我に返った。しかしあの男達の心拍数はどこかで
聞いた事がある心拍数だったのは間違いない。
そしてついにアザレアはルーシィ達に行った
ア あの、さっき男の人の心拍数が聞こえたです。
ル えっ!まさか!...アザレア何人ぐらい?!
ア えーと、四人ぐらいです...そのうち三人は
知っている人でした!
レ ルーちゃんまさか!あいつら?!
ル かもね.........
それから四人は急いで数日前に買った、
色ちがいのネグリジェに着替えた。
アザレアはライトグリーン
ルーシィはピンク
レビィはオレンジ
ローレンはホワイト
そして走ってリビングのドアを開けると...
いた!やはりいた!!
そう、四人の意中の相手がいた!
四人 ええええええええええ!!
てか、不法侵入!!!!!!!!!!
絶叫した四人だった。
ラ よぉ、ローレン
ロ ラクサス先輩?!なんで!?
ナ よーっすルーシィ!
ル あんたねー!!!
ルーシィの回しげりがナツの顔を直撃。
ア ロキ君、不法侵入はだめです...
ロ そうだね、けど今、嵐が来て帰れないだ
レ ガジルのバカアア!!まっすぐ家に帰りなさない!
ガ 仕方ねーだろ。嵐が来てんだんよ!

740:レビィ:2014/01/15(水) 19:11 ID:OP2

「一つ屋根の下」 中半
アザレアはルーシィ達に水を頭からかけられ
我に返った。しかしあの男達の心拍数はどこかで
聞いた事がある心拍数だったのは間違いない。
そしてついにアザレアはルーシィ達に行った
ア あの、さっき男の人の心拍数が聞こえたです。
ル えっ!まさか!...アザレア何人ぐらい?!
ア えーと、四人ぐらいです...そのうち三人は
知っている人でした!
レ ルーちゃんまさか!あいつら?!
ル かもね.........
それから四人は急いで数日前に買った、
色ちがいのネグリジェに着替えた。
アザレアはライトグリーン
ルーシィはピンク
レビィはオレンジ
ローレンはホワイト
そして走ってリビングのドアを開けると...
いた!やはりいた!!
そう、四人の意中の相手がいた!
四人 ええええええええええ!!
てか、不法侵入!!!!!!!!!!
絶叫した四人だった。
ラ よぉ、ローレン
ロ ラクサス先輩?!なんで!?
ナ よーっすルーシィ!
ル あんたねー!!!
ルーシィの回しげりがナツの顔を直撃。
ア ロキ君、不法侵入はだめです...
ロ そうだね、けど今、嵐が来て帰れないだ
レ ガジルのバカアア!!まっすぐ家に帰りなさない!
ガ 仕方ねーだろ。嵐が来てんだんよ!

741:トマト:2014/01/15(水) 19:42 ID:fSk

お久しぶりです。いろいろあって来れてませんでした。
なんか新しい人たちが増えてますね。

私は小説を書かずに読むだけなんですが、よろしくお願いします。

742:カミア:2014/01/15(水) 20:39 ID:qc2

雨の日

ナツが雨の中、家にやって来た。
あたしは、びしょ濡れだったナツの体をとりあえず拭き
自分で動ける限り動いてもらって衣服を変えさせた。
そして自分のベッドに寝かせた。
男だとか、今更だ。何回不法侵入されたことか。
そして、あたしは相棒の青猫、ハッピーがいない事に気が付いた。
「もう、いったいどうしたのかしら。」
憂鬱だったさっきは、どこかへ消えた。
今は自分でもよくわからない。
不安なのか、心配なのか。今日のナツがおかしいこと。
それだけであたしは調子が狂う。それだけなのに。
「ねぇ、今日のナツ変なんだけど。何かあった?」
ベッドの中で大人しくしていてくれるのはありがたいことだ。
「別に、何もねぇ。」
布団を顔の方まで被り、あたしに顔を見せてはくれない。
「何かあったでしょ?ハッピーはどうしたのよ。」
ナツは隠し事が下手だ。ハッピーの名前を出した途端
ナツが俄かに反応した。原因はハッピーだ。
「喧嘩でもしたの?ハッピーと。」
図星だったのだろうか。ナツは喋らない。
あたしはそのまましばらく待った。
すると、ナツはポツリと
「そう・・・だよ。」
と言ったのだ。そして更に布団に潜り込んだ。
不貞腐れているのか、あたしに話すのが照れくさいのか。
良くわからないが、そんなナツについ笑みがこぼれる。
「何笑ってんだよ・・・。」
布団にもぐってはいるが、確かに聞こえるナツの声。
「別に、笑ってないわよ?ふふッ。」
「思いっきり笑ってんじゃねぇか。」
いつものナツ。それに安心しているあたしに対しても、笑ってしまう。
「なんでハッピーと喧嘩したの?」
あたしは、笑うのをやめてナツに尋ねた。
ナツは布団からもそりと顔を出すと
「・・・・・。ハッピーが・・・。」
と、語り始めた。

743:リア:2014/01/15(水) 21:39 ID:WTY

また、早く来すぎた…
五分ごとに来ます!
今日は、バレンタインパーティの準備編をやろう!
役は、いつものやつね。

744:レビィ:2014/01/15(水) 21:43 ID:7vs

誰かあー
いないのー?

745:レビィ:2014/01/15(水) 21:44 ID:7vs

きゃっは〜♪
オリ〜♪
会いたかった♪

746:ルーシィ:2014/01/15(水) 21:52 ID:qc2

了解ですっ!と言いたいところなのですが・・・
今日は遅くなります<(_ _)>

747:リア:2014/01/15(水) 21:54 ID:WTY

ジュビー!
私も会いたかった!
早速、始めよ!

748:レビィ:2014/01/15(水) 22:04 ID:7vs

えーとえーと!
ルーちゃん〜!ガジルってビターとブラック
どっちが好きかな?そもそもガジルって
チョコレート好きかな〜!

749:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:06 ID:qc2

いいんじゃないかな?
気持ちが伝われば!

750:レビィ:2014/01/15(水) 22:06 ID:7vs

リア先生は?
リオン先生にあげるんでしょ♪
てかどうやって渡せそう!?
あーもーやだ!暑い!!

751:レビィ:2014/01/15(水) 22:08 ID:7vs

きゃあああああああああああああ!!
がっしゃーん!!!!!!!!!
(ちゃぶ台返し)

752:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:10 ID:qc2

もう突っ込まないわよ…(^^;;
あたしは、みんなにあげよっかなぁ(=^ェ^=)

753:レビィ:2014/01/15(水) 22:10 ID:7vs

で〜♪
ルーちゃんは〜?
ナツにでしょ〜♪
(によによ)

754:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:13 ID:qc2

ナツにもあげるわよ?

755:レビィ:2014/01/15(水) 22:14 ID:7vs

内心
愛しのサラマンダー様とか愛しのサラマンダー様とか
愛しのサラマンダー様とか愛しのサラマンダー様とか
思ってるんでしょ〜♪
あっついね〜♪

756:レビィ:2014/01/15(水) 22:16 ID:7vs

ほ、ん、め、い♪

757:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:17 ID:qc2

そんな事思ってないわよっ!
本命は、えっと…

758:リア:2014/01/15(水) 22:20 ID:WTY

もうすぐ、バレンタインパーティかー。
楽しみ♪

759:レビィ:2014/01/15(水) 22:20 ID:7vs

によによによによによによによによによによ
によによによによによによによによによによ
によによによによによによによによによによ
によによによによによによによによによによ
によによによによによによによによによによ

760:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:20 ID:qc2

本命は、どうしよっかな…

761:レビィ:2014/01/15(水) 22:22 ID:7vs

鉄入りの方がいいかな?
ガジルの事だから

762:リア:2014/01/15(水) 22:23 ID:WTY

分かった!
ルーシィの本命はマカロフだ!

763:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:23 ID:qc2

レビィちゃんは、彼思いよね!

764:レビィ:2014/01/15(水) 22:24 ID:7vs

えええええええええええええええ
えーーーーー!!えーーーーー!!

765:レビィ:2014/01/15(水) 22:25 ID:7vs

ひょええあええあえううえおおえおおういいあう
がっしゃーん!!!!!!!!!
(ちゃぶ台返し)

766:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:26 ID:qc2

どうしたの?突然!

767:A:2014/01/15(水) 22:26 ID:WTY

うん!
新聞部に報告しなきゃ。
レビィとガシル、熱愛発覚!
見たいな感じで。

768:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:27 ID:qc2

いいですね!
おっきな見出しで、一面を飾ってもらおう!

769:リア:2014/01/15(水) 22:27 ID:WTY

マカロフとルーシィのネタでも良いけど・・

770:レビィ:2014/01/15(水) 22:28 ID:7vs

ナツとガジルを酔っぱらわせたら
どーなるかな〜?ルーちゃんやる?
たのしそー♪
(いたずらレビィ発動)

771:リア:2014/01/15(水) 22:28 ID:WTY

それか、両方とか?

772:レビィ:2014/01/15(水) 22:28 ID:D5c

新聞記事にのせないでえええええ!!

773:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:29 ID:qc2

ううっ
あたしのネタはやめてくださいっ!

774:リア:2014/01/15(水) 22:30 ID:WTY

あぁ、言っとくけど私とリオンに酒なんて飲ましたら、イチャイチャが普段の度合いを越して誰がいようと何するか分かんないよ?

775:レビィ:2014/01/15(水) 22:31 ID:D5c

ルーちゃん......
本当に校長先生が好きなの?

776:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:32 ID:qc2

あたしのネタは辞めてくださいっ!
せめて、校長の!

777:レビィ:2014/01/15(水) 22:32 ID:D5c

やってみたい!
酔っぱらい作戦

778:リア:2014/01/15(水) 22:32 ID:WTY

マカロフとルーシィがラブラブとか…………………wwww
多分、ナツが嫉妬するね♪

779:レビィ:2014/01/15(水) 22:33 ID:D5c

ねー♪
やろうよ〜?たのしそーだよ♪

780:リア:2014/01/15(水) 22:34 ID:WTY

やろっか♪
リオンも呼んで♪

781:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:35 ID:qc2

やって見たいかもっ?

782:リア:2014/01/15(水) 22:35 ID:WTY

私、妊婦でした。
テヘへ

783:リア:2014/01/15(水) 22:35 ID:WTY

つまりは、飲めないってことで。

784:レビィ:2014/01/15(水) 22:37 ID:D5c

やった〜♪
ラム酒大量にいれちゃお〜♪
それの隣にラムケーキ置いてごまかしてー
うしし♪

785:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:37 ID:qc2

レビィちゃん、やり過ぎには注意してよ?

786:レビィ:2014/01/15(水) 22:37 ID:D5c

ガジル、どーなるかな〜♪

787:レビィ:2014/01/15(水) 22:40 ID:D5c

やり過ぎたら魔法で酔い止め出すから
大丈夫大丈夫!

788:レビィ:2014/01/15(水) 22:42 ID:D5c

どばばばばばばばばばばばばば
(ラム酒)

789:匿名さん:2014/01/15(水) 22:43 ID:qc2

きゃあアアア!!
レビィちゃん!そんなに入れないでっ!?

790:レビィ:2014/01/15(水) 22:45 ID:D5c

いたずらレビィは誰にも止められないの♪

791:レビィ:2014/01/15(水) 22:47 ID:D5c

にしし♪ラム酒大量にいれちゃお〜♪

792:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:48 ID:qc2

あら、そう…(^^;;
あ、来たみたいよ?

793:レビィ:2014/01/15(水) 22:49 ID:D5c

今霧吹きでラム酒大量かけたよ♪

794:レビィ:2014/01/15(水) 22:51 ID:D5c

ガジル〜♪
これ食べる〜?
夜出すケーキの自作品♪
ナツも〜♪

795:ナツ:2014/01/15(水) 22:52 ID:D5c

マジ!?
ラッキー!♪

796:ガジル:2014/01/15(水) 22:54 ID:D5c

ケーキは好きじゃねぇ。

(と言いつつも食べる)

797:ルーシィ:2014/01/15(水) 22:55 ID:qc2

あたし、知らないわよ、

798:レビィ:2014/01/15(水) 22:56 ID:D5c

パクっ
ばたん
あっ、倒れちゃった!

799:レビィ:2014/01/15(水) 22:57 ID:D5c

ルーちゃん〜!
倒れちゃった〜!
どーなるかな〜、これから〜!

800:トマト:2014/01/16(木) 20:22 ID:vbU

すみません。今からここの空気をぶち壊すようなことを言うので先に謝っときます。

えっと、ここはキャラになりきって会話するためのサイトではありません。少なくとも私はそう思ってます。
みなさんもちゃんと小説は書いてくれてますし、私は内容も素敵だと思います。
でも、フェアリーテイルのキャラになりきって会話を楽しみたいのなら違うスレをたてるべきだと思います。

私は別にみなさんを追い出したいわけじゃありません。
キャラになりきるのだけ止めていただきたいと思ったんです。どうにも軽すぎる雰囲気だったので。

私としては前回のナツルー小説のスレを理想としてます。
なので、みなさんよろしくお願いします。

801:ゴーシュ:2014/01/16(木) 20:43 ID:Wyg

すいません。私もトマトさんと同じ意見です。
10時に集まるという意見自体はなるほど素晴らしいものです。
しかしスレッドが盛り上がれば盛り上がる程本来の意味から遠ざかっているのではないでしょうか?
ここはナツルーの小説を皆で分かち合い、感想を言い合う場所です。
フェアリーテイルの中のものであればなにをやってもいい訳ではありません。

1スレ目では訪れる人が大体決まっていました。
雑談も多かったですが、それでもかなりの数の小説が投稿されていたように思います。
前回のスレッドにはここのアドレスが貼ってあります。
前のスレが好きだった方は必ずここにたどり着くはずです。
現に最初の方は見覚えのある方達の名前が並んでいます。
しかし今はどうでしょう?
殆ど書き込みが無いのが現状です。
それには人それぞれの理由もあるでしょう。
しかしそうではない人も多いはずです。
現に私もこのスレには幻滅しました。
一言ずつ、まるでSNSのような気軽さでどんどんと使われていくのにはたえられません。
そういう使い方もあるでしょうが、ここはそういうことは求めていないように思われます。
それでもそういうことを望まれるのであれば、是非ここから出ていって下さい。

しかし私もそのような手段には出たくありません。
やはり最初に書いてあるように仲良くして行きたいのです。
自分の行動に責任を負うということを知ってください。

802:ミオ:2014/01/16(木) 21:42 ID:6jU

お久しぶりです。
先ほどのやりとりをみて、わたしも
トマトさんたちに同感いたします。
ここはナツルー小説について語り合ったり
するところなのです。誠に勝手ですが、
さいしょの注意書きを読んだのち、さんかしてください。キャラになりきりたいのであれば、違うスレをおすすめします。

803:ミオ:2014/01/16(木) 21:47 ID:6jU

ここのひとは、みなさんとてもいい人です
私はここの人たちが大好きです。
なのに皆さんがピリピリするなんてよっぽどのことです。
それをわかってください。
お願いします。

804:カミア:2014/01/16(木) 22:18 ID:qc2

この雰囲気で小説を投稿するのもどうかと思いまして・・・。
確かにこのサイト、私ももとは小説が書けると思ってやって来たのです。
もともと、小説を書くことが好きなものですから。
ですが、前のスレの時ですね。小説をほとんど書かないのだと思いました。
見る専門の方が多いからでしょうか。
仲よくしよう。そのあと、小説を書きあげていこう。
そう思いました。だから、仲よくできなかったため前のスレで
一度も小説を上げていないのです。
気を遣い、相手の機嫌を取ることに精一杯の私です。
コミュニケーション力がない、つまりは人見知りの私です。
それは、ネット上でも変わらなかった。
居づらい状況を作ったのは、お互い様ではないでしょうか・・・?
と、思うのは私くらいかもしれませんが・・・。
本来の目的を見失ってしまった。
私たちに対する批判とご意見は、誠にその通りだと思います。
この場を借りて、御詫び申し上げます。

前スレが好きだった人ではなく
私は、前スレよりいいものだと
居心地の良い場所だと期待した。
仇となったのか否や。
ここは、小説を書く場所として
出来たスレッドでした。

本当に、すみません。
調子に乗ってました。
皆様を不快に思わせ、
こんなことを書く羽目に。

言いたいことは、山ほどありますが
これ以上続けるのもあれですしね。

805:カミア:2014/01/16(木) 22:26 ID:qc2

最後に一つ。

私はこれからもここに小説を書きに来てもよろしいでしょうか。

過ちを犯した者が決める権利は何処にもない。

よっぽどのことをしでかした私は

貴方たちにとって、非常に邪魔な存在と化したはず。

なら、今後一切ここに来させないということを決めることも可能。

今更このスレが好きだと言っても、

今更ここにいさせてと言っても。

変わらない事実がそこにある。

だから、彼方方に決めてほしい。

これに、大袈裟だと文句をつけようが構わない。
これに、私がうざいと思っても仕方がない。

なので、宜しくお願いします。

806:ゴーシュ:2014/01/16(木) 22:45 ID:Wyg

カミアさん。
どうにもあなたは自己評価が極端に低いように思われます。
誰が出て行けと言いましたか?
誰が邪魔だと言いましたか?
私は自分の行動にきちんと責任を感じてほしいと、
そういう意見を投げ掛けたまでです。

私は確かにこの現状が気に入っていません。
しかし、それは個人の観点というもの。
くだらないと切り捨てるのも、偉ぶっていると軽蔑するのも自由です。
ここは良くも悪くも自由なところです。
だからこそ。
引き換えに責任だけは、どうか負ってほしい。

何度もしつこいようですが、私が主張したいのはそれだけです。


どんな人にも居心地のいい空間を作るのにはその時々で話し合えばいい。
それでいいのではないでしょうか?

807:ゴーシュ:2014/01/16(木) 22:51 ID:Wyg

それともう一つ。

ログは全て読んでいますが、カミアさんの小説はとても素晴らしいものだと感じています。

是非もっと貴方の小説を読みたいと私は思います。

808:カミア:2014/01/16(木) 23:10 ID:qc2

そうですね。
自己評価が低いのは元からです。
どうもうまく言えないですが…

小説だけ、書きに来ますね。

知っていますよ。
邪魔だと言っていないことも、
出ていけと言っていない事も。
わかっています。
だけど、そういう風に取り入れてしまうのが
私の悪い癖。それを素直に書いたのは申し訳ない。

809:ジュシカ:2014/01/17(金) 07:06 ID:uRk

あのやさしい皆さんが
注意をくれる、なんて
私達はよっぽどの事を
していたと言う事ですね
注意してくれてありがとうございます
楽しさに酔っていたみたいです。
これからは小説を書こうと思います。
怒らせてすいませんでした。
これからは小説を作る友達として
よろしくお願いいたします。
深く反省しています。

810:トマト:2014/01/17(金) 17:46 ID:b0A

カミアさんの小説はすごくいいと私も思います。
なので、できることなら出て行ってほしくないです。

最初に口火を切っているいじょう、こんなこと言っても信用されないかもしれませんが、
私は皆さんと仲良くこのスレをやっていきたいと思ってます。
なので、あんまり怒られたとか思わないでください。
私は自分の気持ちを書いただけですし。
それにあんまり出てこない人が何か言ったって響かないでしょうし。

まあ、これから仲良くやっていきましょう。

811:匿名さん:2014/01/17(金) 21:40 ID:PL2

質問です
書き込みが消されました
どんどん消されてませんか?普通ですか?教えてください

812:匿名さん:2014/01/17(金) 21:41 ID:PL2

訂正です。
普通ですか→私だけですか?

813:カミア:2014/01/17(金) 21:51 ID:qc2

匿名様
書き込みは消されてはいないはずです。
普通です!ご安心を!

814:ゴーシュ:2014/01/17(金) 21:53 ID:Wyg

消されていないはずですよ?

815:カミア:2014/01/17(金) 22:33 ID:qc2

月明かり

連載いったんストップ!
今夜の月が綺麗だったもので。

夜。ギルドの帰り道。ルーシィは凍えるような寒さの中を
歩いて自宅へ向かっている途中だった。
こんな寒さなら、雪が降ってもおかしくはない。
マグノリアの雪も、なかなか綺麗なものなのだ。

「今日は綺麗に晴れてるわね〜。星が綺麗。」

感嘆の声を漏らすルーシィは、白い吐息を吐きながら
頭上に広がる夜空と、そこに輝く光、星を眺めた。
と、ふと視線を落とした先。そこには
まだ、登り切っていない大きな月があった。
淡い赤色を帯びた今夜の月は、神秘的だった。

「月が・・・。綺麗・・。」

うっとりと見惚れてしまうほど、その輝きは美しかった。
そのままどのくらい上を見上げていただろうか。
ルーシィを呼ぶ声が、ふと遠くから聞こえてくる。

「ルーシィ!!ここに居たのかッ!」

もの凄い速さで走ってきて、もの凄い急ブレーキをかけ
若干土埃が舞った。走ってきたのはナツだった。

「ナツ?ど、どうしたの??」

「実はな、ミラがルーシィに忘れ物届けろって。」

「あ!そのバレッタ、確かにあたしの。」

忘れ物を届けに、態々こんなに猛スピードで来なくても・・・。
ルーシィは苦笑。でも、そんなナツの優しさには、いつも感謝している。

「ん!良かったな!!」

「うんッ!ありがと。」

受け取ったバレッタ。そのバレッタは今夜の月に似て輝いている。

「なぁ、あの月さ。綺麗だよな。」

ナツが指差す方向にあるのは、先ほどルーシィが見ていた月。
目の奥にまで焼きつくあの月。

「・・・る、ルーシィ。」

ナツの様子がおかしい。そうとっさに感じた。

「どうしたのよ、あんた。熱でもあんの?」

「どうもしてねェ、けど。」

けど?と、ルーシィは首を傾げる。
ナツは視線をそらして、俯いた。

「その…、ルーシィが、どんなのが好きか分からねェし、
だからその・・。こ、今夜の月が綺麗だから!」

クエスチョンマークを浮かべるルーシィ。
分からない事ばかりだ。ナツがルーシィ相手に
このような態度は一度もとったことがないからだ。

「す、好きだ!」

「へ…!?」

顔を真っ赤にして、ナツは顔を上げた。
ルーシィの顔も真っ赤で、お互い顔を見合わせたまま。硬直。
先に口を開いたのはナツだ。

「へ、返事は…その…。」

「今返す…から…!」

走り去ろうとしたナツの腕をつかみ
ルーシィなりに頑張って言ったのだ。

「あたし、ナツをそんな風に見たことないから。
今の今まで、気が付かなかったんだけど…。」

「あたしも、好きだよ。」

月明かりの下。ナツが愛したその女は
夜空に瞬く星に見つめられ、月の光を浴びながら
その笑顔とともに、輝いていた。

816:カミア:2014/01/17(金) 22:35 ID:qc2

勢いとストレスで書いたから内容訳わかんね!ってなりますよね(・。・;

817:ゴーシュ:2014/01/17(金) 22:52 ID:Wyg

夏目漱石ですか?

オシャレですねー

818:リア:2014/01/17(金) 23:04 ID:WTY

すみません

もう、このサイトには、これません。

責任を取らせて頂きます。
ミオさんの意見の通り出ていこうと
思います。

インターネット禁止にもなったので
ここには、これません。

今までありがとうございました。

そして、大変申し訳ございませんでした。

もう少しここには居たかったです。

だけれども、私の存在が皆様の迷惑になっているのならば、素直にここを、
去れます。

最後に今まで誠にありがとうございました。

とても、楽しかったです。

819:リア:2014/01/17(金) 23:12 ID:WTY

私が、キャラの会話文を考えたりしていました。

カミアさんやジェシカさん。

少ない期間でしたが、楽しかったです。

正直ここに来るのはもう辛いってこともあります。

何故か責められているように感じるんです。

私が来なくたって誰も心配しなかったし、私はもうここにいちゃいけないんです。

もう、私のせいで心優しい皆さんをピリピリしたムードにはしたくないんです。

820:リア:2014/01/17(金) 23:19 ID:WTY

やっぱり、私はいちゃいけないんです。

いつだってそうなんです。

最初は味方してても、すぐに裏切る。

ネットのサイトなんかで友達なんて出来る訳ないんだよ。

バッカ見たい。

こんな、サイトなんかに期待なんてしなきゃ良かった。

親友なんて嘘だったんじゃん!

みんなして遠回しに私のこと侮辱して!

なんにも分かってない。

言われた人の気持ちも考えてよ…

侮辱された人の気持ちなんて考えたこともないくせに!

821:A:2014/01/17(金) 23:26 ID:WTY

このサイトだけが救いだったのに…

学校では女子に恨まれて…

家に帰れば小言言われて…

このサイトに来るときにやっと自由になれたって感じてたのに!

久しぶりに来れば侮辱の嵐だよ!

人間なんて醜い生き物なんだよ!

みんなして同じ人をからかって。

何が楽しいんだよ!

822:カミア:2014/01/18(土) 00:11 ID:qc2

ミアさん。
このコメントを、貴方が見ているかはわかりません。
でも、言わせて?

侮辱しません。貴方の事を私は決して。

他の人はどうかは知りませんが。

裏切ったつもりも無いけど、貴方がそう感じたならば真実です。

ただ、それが真実ならば、私達は一体何を信じれば?

人間とは、互いに憎み合い傷つけ合い、

人を見下す事を何よりも好みそうだと私は思っている。

他人を憐れむ事のできる人間は、とても不幸な人間だけ。

人間が人間を語る事。それは、勘違いと矛盾から成り立つ。

自分をわかる事さえ困難でいる。

自分の嘘も見抜けないほどに。

このサイトに救いを求めに来たら

そこのルールに従うのが筋。

私達は、それに反した、いわゆる荒らしを
したのではないでしょうか??

義務も責任も、あるんです。

その上で成り立って行くのですから。

私も、楽しかった。
もっと一緒に居たかった。
ありがとう。

ではまた。

823:リア:2014/01/18(土) 00:17 ID:WTY

かんじがいしてない?
Aって私なんだけど。

824:カミア:2014/01/18(土) 00:34 ID:qc2

はい、存じ上げておりますよ。

825:カミア:2014/01/18(土) 11:20 ID:qc2

訂正します。
リアさん宛です。
打ち間違いが生じたこと、まことに失礼いたしました。

826:匿名さん:2014/01/18(土) 15:06 ID:Wyg

すいません。

少し胸糞悪いこと言いますので聞きたくない人は見ないでください。

私も大人じゃないんでね。怒らせていただきます。

はっきり言いますけれど、貴方の親友だといったかたは、
誰ひとり貴方のことを責めていませんよ?
前スレが好きだった一人として、こういう風にスレが使われるのが堪えられないと
言ったまで。
要するに貴方をおとしめたいわけではなく、使い方を直していただき
より快適に過ごす方法を考えようとしているのです。

だというのになんですか貴方は。
遠回しに侮辱?
注意を素直に受け取って直そうともしないんですか?
母親も、友達も、私達も。
全員違う人だということすら分からないわけではありませんよね?
同じ人をからかって?
友達はどうか知りませんけれど、私達や貴方のお母さんは
貴方の欠点を直すために注意しているだけです。
それともなにか。
お母さんがあなたをからかうために注意をしているのだと思っているのですか?
私達があなたをからかうためだけにこうやって注意をしているのだと思っているのですか?
違うはずです。
あとですね。
1番許せないことがあります。
「侮辱された人の気持ちを考えたこともないんでしょ!」
もともと侮辱するために書き込んだのでは無いことは再三言いましたけれども。
では貴方は、スレッドを久々に開いたらいつの間にか小説投稿ではなくなりきりに、
ナツルー限定と書いたはずなのにガジレビも入ってめちゃくちゃになっていたことを知った
スレ主の気持ちを考えたことありますか?
ないですよね。
考えていたらそんなことするはずがありませんしね。

例えば秋葉原の無差別殺傷事件、昔ありましたよね。
あの犯人、人間関係や進学、就職。全てうまくいっていなかったんですって。
だからといって情状酌量を求めたって誰も耳を貸しませんよね。
それは当然です。ルールを破ったのになにを言ったって意味はありません。
今の貴方はそんな状態のスケールをちいさくしたようなものです。
ルールを破ったから、逮捕され非難される。場合によってはマスコミに個人情報を暴かれる。
ルールを破ったから、皆に注意される。
なんら変わりのない社会のルールです。

自由になるためにはまもらなければならないものがある。
それがルールです。

あなたが破ったルールはとても小さいものだ。
だから皆注意するだけで、謝罪すら求めていない。
また一緒に楽しく過ごす。
そういうことしか求めていないんです。
それなのに逆上して反論して。自ら味方を減らすようなものですよ?


私は貴方の状況はとても恵まれたものだと思います。
なにを言っているんだと思いますか?
まず貴方には家庭がある。学校にも通える。健全な肉体を持っている。
さらにいえばここにアクセス出来るだけの設備もあるんでしたら経済力もあるでしょう。
後は貴方の努力次第だと思います。
友達を作りたいのなら、まずは自分をよくみつめなくてはいけません。
欠点を直さなければいけません。
小言をいうお母さんだって、注意をする私達だって。
貴方が欠点を直すことが出来ると見込んで言っているんです。
貴方に期待しているんです。

貴方は狭い範囲のことしか見えていない。
グループに友達を引き入れただけで無視されるようになったことはありません?
テストの点が悪かったから首を絞められたことはありません?
忙しくて見ることができなかったスレが当初の目的とは違った所に行ってしまっていて幻滅したことはありません?
このスレッドに癒しを求めている人間が貴方だけではないことを知ってください。





お目汚し失礼しました。
スレ主として、こんな状況になるまで止められず
非常に申し訳ございませんでした。

827:サクラ:2014/01/18(土) 15:38 ID:0cY

久しぶりでしゅ。
サクラでしゅ。
最近自分空気になってきてる気がするでしゅ。
寂しいでしゅ。
誰か私のこと話して欲しいでしゅ。
小説の感想も欲しいでしゅ。
我が儘言ってごめんなさいでしゅ。

グスン

ヒック

寂しいよぉぉぉぉぉぉ
。° (°´△ `°) °。ウワァァァン

828:サクラ:2014/01/18(土) 15:53 ID:0cY

なんか、深刻なことになってるんですね。空気を読めなくて申し訳ありません。

私は、ずっとナツルーが大好きでした。
このスレを見つけた時は、嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。

でも、こんなに皆さんが

“自分がどう思われているんだろう。”

“私はこのスレだけが頼りだった。”

“私はもう、いなくてもいい。”

と思われているんでしたら、私はここからいなくなります。

今までは、ここに皆さんが書き込みをして、皆さんで話して、楽しくて。

でも、今は、悲しくて。悲しくて。

辛くて。

なんと言えば良いのかわかりません。
ですが

先程述べたように、悲しくて、いたたまれないんです。
ここは、皆さんの愚痴を話すところではありません。
皆さんでナツルーを語り合うところです。

自分がどう思われているかなんて気にせず、皆でナツルーを語り合ってください。

長文失礼致しました。

829:翡翠:2014/01/18(土) 16:26 ID:WTY

リアの双子の姉です。
リアが皆様にしたことをとても悔やんでいます。
そのため、私が代わりにここにこさせて頂きました。
申し訳ありませんでした。
彼女、家で母と父に嫌われているんです。
テストで百点を取れなかったりするとナイフを持って追いかけ回されたり、階段から突き落とされたりしてるんです。昨日も、ずっと叩かれてたんです。
どうか、彼女を許してやってください。
そして、駄目かとは思いますが私がここで小説を書いてもいいでしょうか?
IDはリアと同じDSを使っているので同じですが、間違えないでもらいたいです。

830:匿名さん:2014/01/18(土) 16:26 ID:qc2

もう、終わりにしませんか。

私はこんなことの為にここへ来ている訳じゃない。

どうしてこんなに自分を責めるような言い方をするのですか。

それで少しは同情してくれる人がいるのではないか。

そう思ったからじゃないんですか。

私はここにコメントを書くことは初めてです。

お目にかかるのは初めてです。

でも、このような空気の中に居られるほど

私は強くありませんから。

胸が痛い。つらい。もう本当に

こんなことはやめて、純粋にナツとルーシィのカップリング

の小説を捏造する、言い方は悪いですが、そういうサイトに

戻してください。

ナツルーが、好きだから集まったんです。

ここに居るんです。

だから、お願いします。ナツルーの小説いっぱい書いてください!

これからも、そういうサイトであってください!!

831:サクラ:2014/01/18(土) 16:42 ID:0cY

もう来ないとか言っといて申し訳ありません。

もう…

やめにしましょう!

ずっとこんな愚痴をブツブツ言い合うんじゃなく!
みんなでワイワイ楽しく喋って!
そんなスレにしましょうよ!!

これ以上胸糞悪い話ばっかしないで良いじゃないですか!?
ここから>>900にいくまでに、その事をまだ言う人がいれば、本当に私はいなくなります!!!
もう一度言います。

もうやめにしてください!!!
私のことをなんと言っても良いです!
ルールにも書いてある通り、スレだけは汚さないでください!!
お願いします!!!!

832:ゴーシュ:2014/01/18(土) 19:12 ID:Wyg

明日小説書きに来ますね(*'‐'*)♪

833:カミア:2014/01/18(土) 22:57 ID:qc2

雨の日

「ハッピーが、そのな…。間違えて俺の飯を食ったんだよ。」
あたしは理由がそれかいッ!と、突っ込みたくなるのを抑えた。
でも、ナツとハッピーらしい理由に、また微笑ってしまう。
「わ、笑うなよ。だってよぉ、あの飯は・・・!」
そこまで言って、ナツはまた喋るのを止めた。
「あの飯は??どうしたの。」
「あの飯はっ!その…、上手く出来たから。」
「だから食べられちゃってケンカしたの?」
するとナツは横になっていた体を起こし、あたしの肩をつかみ
「ルーシィにあげようと思ってたんだ!!」
と、真面目な顔で言った。
外は雨だ。こんな中、家に届けようとするのも無謀だが。
ナツが料理をすること自体が珍しく感じた。
以前、あたしはナツの家に忍び込んだことがある。
その時に散らかっていた鍋の中身は、
普通の人でも食べれるものだとは思っていた。だが、
ドラゴンスレイヤーだ。毎朝ギルドでファイアパスタを食べている
あのナツが!!
「なんだよ、その顔。人がせっかく真剣に話してたのによ〜。
 あ〜もう知らね。話してやんねぇ。」
あたしが考えていたことが悟られたのか、たまたま顔に凄い出ていただけなのか。
そっぽを向いてしまったナツに
「ごめんってばぁ。お願い、教えてッ!」
腕をつかみ、ナツに訴える。
あたしはその先が気になって仕方がない、と言う顔で
ナツのことを見上げた。
「…。よく、聞けよ?」
あたしが、ナツのことを見れないようにナツの反対側を向かされた。
間を開けて、ナツはあたしの耳元で囁く。
「俺は、あの飯を渡して言いたかったことがある。
 飯がなくても言ってやる。」
妙に色っぽく感じたその声。耳元で囁かれているせいからだろうか。
「俺は、ルーシィを…」
その先を聞く前に、あたしはナツの肩に腕を回す。
ナツの体温が上がっている気がする。熱が上がっている。
「その先は、明日ね。」
「なんでだよ、俺が今・・・。」
ナツの唇に指を当て
「だって、熱が上がってるし。ゆっくり休んで、元気になった時に聞かせてよ。」
あたしはナツをベッドに横にさせ、布団をかけなおした。
「それに、熱でボーっとしてて覚えてないなんて言われたらたまらないもの。」
ナツのおでこに手を当てて、あたしは微笑んだ。
「覚えてる!だから今言うんだ!」
「剥きになってどうするの。ほら、大人しくしてる!」
むっとした顔であたしを見つめるが、今のあたしには効かない。
「それで・・・。」
それで、熱が下がったらあの続きを、聞かせてほしいな。
言いかけた言葉を飲み込む。と、ナツの手があたしの頬に触れる。
「それで、俺が復活したら、あの続き聞かせてやっから!」

〜fin〜

半強制的にしめた…。
ネタがなさ過ぎて、辛い((+_+))
終わり、というか終われみたいな感じでしたww

834:トマト:2014/01/19(日) 13:08 ID:Xq.

あいかわらず上手ですね、カミアさん。
私もこんな風に小説が書けたらいいのにと思ってます。
そういえば、フェアリーテイルのアニメっていつ復活するんでしょう?


サクラさん、翡翠さんこれからよろしくお願いします。
私はたまにしか来てませんが、これからはもう少し多めに来ようと思ってるので、
来たら一緒に会話してくれると嬉しいです。

835:トマト:2014/01/19(日) 13:11 ID:Xq.

補足です。
もし、書き込んで何日も返事がなかったとしても嫌ってるわけではなく忙しいだけです。
なるべく来れるように日程を考えようと思ってます。

836:ミッシェル:2014/01/19(日) 14:41 ID:v2.

初めまして!
ミッシェルです!私も入って良いですか?    
実は皆さんに私の作った小説を
読んで欲しくて………お願いします!

837:檸檬:2014/01/19(日) 14:46 ID:0cY

元サクラです。
名前変えました。
てへ☆←

実は実は私はですね…
21時以降は来れないんです!
なので、21時以降は、私のことを綺麗さっぱり忘れてください!

838:ミッシェル:2014/01/19(日) 16:18 ID:v2.

小説書きます!

「どうして…」

どうしてなの?
何でリサーナなの?
「ずっと一緒」って言ったのに………


私はルーシィ・ハートフィリア
ナツと付き合ってるんだ!
でも最近ナツはずっとリサーナと一緒にいる…………仕事の時も、食事の時も、ずっと一緒。

ナツ、でも私は信じてるよ。だから、また一緒に仕事行こうよ……
ル「ナツ!一緒に仕事行かない?もう家賃がヤバイのよ…」ナ「わりぃ!先にリサーナといく約束しちまった!」リ「ナツ〜!早く行かないと電車乗り過ごしちゃうよ〜」ナ「わかってるって!じゃあルーシィまたな」

リ「ナツ〜早く〜」ナ「ああ。リサーナってかまた電車かよ」
遠くでこんなやり取りが聞こえる


ねぇナツ、私はナツのこと信じてるよ  でもいつまで信じてればいいの?
分からないよ………ナツ…

ジュビア「ルーシィ、大丈夫ですか?」  ル「え、ええ!大丈夫よ!」
グレイ「あのクソ炎の事だ、またすぐ元通りになるさ」ル「うん、ありがとうね」

2人は優しい、私の様子に気づいて慰めに来てくれた…………

そんなに気にしてちゃダメよね!
ル「よし!気分転換に買い物行ってくる!」グレイ「おお、行ってらっしゃい」ジュビア「買いすぎちゃダメですよ!」ル「分かってるわよ!じゃあ行ってくる!」


この時はまだナツのことを信じていたんだ

この時は………



どうですか?凄いヘタです…
コメントやアドバイス等を下さると
嬉しいです!  

839:檸檬:2014/01/19(日) 16:45 ID:0cY

歌 日々より

出逢った日 恋に気づいた日
結婚した日 別れたいと思った日
子供を抱いた日 手を離れた日
溢れる涙よ これは幸せな日々

泣かせた日 家を出て行った日
抱き合えた日 背を向けて眠った日
希望を持たせた日 それを恨んだ日
溢れる涙よ やけにデコボコな日々

出逢った日 恋に気づいた日
結婚した日 別れたいと思った日
子供を抱いた日 手を離れた日
溢れる涙よ これは幸せな日々

涙の数だけ きっと幸せな日々

なんだかナツルーにぴったりな気がしました。

840:ミッシェル:2014/01/19(日) 17:58 ID:v2.

元サクラさん
確かにそんな感じしますね!
ルーシィ可愛い♪♪

841:檸檬:2014/01/19(日) 19:14 ID:0cY

ありがとうございます!
あ、読み方はレモンです!

842:カミア:2014/01/19(日) 20:47 ID:qc2

来るの遅くなって、すいません!!
部活の大会でした(^^;;
ミッシェルさん!続き全裸期待(((o(*゚▽゚*)o)))

843:ゴーシュ:2014/01/19(日) 22:05 ID:Wyg

こんばんは(^-^*)/

カミアさん、部活お疲れ様です

昨日の宣言通り、小説をあげたいと思います。
ですが、その小説がかなり前のやつなので再投稿します。

駄作ですが、感想を頂ければ幸いです

844:匿名さん:2014/01/19(日) 22:14 ID:Wyg

なぜか暗い話になってしまうのはご愛嬌ということで。



***

走って、走って、
涙が零れても構わない。
あそこに行きさえすれば―――――
あたしは、満たされるんだ。
綺麗なまんまのあたしに、戻れるんだ。

***


ナツへ特別な感情を抱き始めたのはいつからだった?


思い出せない。 
きっと、知らないうちからどんどん浸食されていったんだろう。
今ではもう、あたしの心の中はナツで一杯だ。
でもそれは恋心なんかじゃない。
いくら振り払おうとしてもしがみついてくる暗い感情。
嫉妬、とか独占欲、とかいくらでも表現できる。
ねっとりとしたそれは、恋心なんて生易しいもんじゃないっていう一番の証拠。

あたしがナツに似合わないっていう、一番の証拠。



そうやって思い悩むようになったあたしは、あまりみんなと交流しなくなった。
仕事にも行っていない。
こんな気持ちのまんまで魔法を使うことが憚られた。
なんだか、魔法を侮辱しているようで。

「おいルーシィ!仕事いかねぇか?」
「…んー。パス。あたしは行かない。」

最近はこんな会話ばっかりだ。
ほら、今だってそう。

今日も行かないと伝えた途端、突き刺さるのはみんなの視線。
見渡すと、怪訝な顔と心配そうな顔がずらりと並んでいた。
居心地が悪くなってギルドを飛び出す。
全部全部、自分のせいだ。
勝手にあたしが思い悩んで、みんなを心配させて。

あたしって元々馬鹿なのよね、そう独りごちた。
言葉と連動するように視界が膜を張って滲み出す。
零れないように上を向いた、そこにあったのは。


「こんなところ…あったかしら?」



ふと顔を上げると、そこにあったのは森の入り口だった。
何のことはない、普通の森。
振り向けば活発な市場の喧騒がさざめいている。
だけど言葉に言い表せないような神聖さがそこには存在していた。
あたしは何の気はなしに入っていった。
どこか一人になれる場所、落ち着いていられる場所。


汚いあたしを、見ないでいられる場所。
そんな場所を求めていたから。

845:ゴーシュ:2014/01/19(日) 22:36 ID:Wyg

街の中に突然現れたかのような森の入口。
かなり広いようで、入口から覗いても向こう側が見えない。
記憶を探ってもこんな森のようなところは無かった気がする。
(元々無かった?…いや、そんなはずはない。)
当然ながら、森は店か何かのように急に出来るはずはない。
木を成長させる魔法を使う人は世界にただ一人しかいないし、
その人自身はここより遥か離れた地で隠遁生活を送っている。

ふと回りを見回してみると、いつも御用達にしている服屋があった。
カラフルな色彩と豊富な品揃えが売りのその店は、
良くバーゲンを行って人を集めていた。
いつもこちらの店の方しか見ていなかったのでは、
という考えは胸中のわだかまりを一瞬で解いてみせた。
案の定今日もセールの日だったらしい。
思わず食指が伸びかけたがそんな気分ではなかったのでやめておいた。
とりあえず一人で落ち着ける場所が欲しいのだ。
普通であれば落ち着けるはずの自宅は不法侵入者どもの根城だ。
全くもって落ち着きもなにもあったものではない。

846:ゴーシュ:2014/01/19(日) 22:52 ID:Wyg

一歩。森に足を踏み入れる。

そこは明るい雰囲気に包まれていた。
うららかな木漏れ日が風にゆらゆらと揺れる。
小鳥達はさえずり合い、草花は日に照らされて緑を透かせている。

一歩、また一歩と足を進ませる。

なんでもっと早くにここを見つけなかったのだろう。
セールに夢中になっていた自分が馬鹿みたいだ。
今までクエストの途中で行ったことがある森は総じて薄暗く、
鬱蒼とした木ばかりが生えていた。
不気味さを象徴するようなそれらの土地のイメージに縛られて
自分の中に勝手に森の固定概念を作り上げていたことを素直に恥じた。

847:ゴーシュ:2014/01/19(日) 23:06 ID:Wyg

突如として、青い鳥が目の前に飛び出した。
驚きのあまり目を見開いて固まってしまった私を尻目に
その鳥はいっそ嫌味なほど優雅に羽ばたき、道の真ん中に着地した。
数歩ちょんちょんと跳んだあと、こちらを振り返る。

「…着いて来いって言ってるの?」
軽く羽ばたいたのは肯定と受け取っていいのだろうか。
半信半疑ながら近づくと、あっという間に飛び去ってしまった。
しかしまだ視界の中にはいる。
追いつきそうになったら飛び去り、また追いつくまで待っている。
鳥と人の奇妙な鬼ごっこはなかなかに難航を極めた。
右へ、左へ、道なき道へ。
絶対にこの道は覚えられないだろうなというのが率直な感想だった。

茂みを通り抜けたとき、私は言葉を失った。

「え……なに、これ」

848:ゴーシュ:2014/01/19(日) 23:09 ID:Wyg

すいません、今日はこれでおしまいです。

ですがまだまだ続きます。
正直言って序章すら終わっていません。
書き始めてこんなに長くなるなんて私すら予想していませんでした。

気が長い人だけお付き合い下さい。

849:カミア:2014/01/20(月) 16:53 ID:qc2

ゴーシュさんって、pixivやってらっしゃるんですか??

850:かぐら:2014/01/20(月) 18:35 ID:KOE

あの〜私も入ってよろしいでしょうか?フェアリーテイル好きです。

851:カミア:2014/01/20(月) 19:59 ID:qc2

かぐらさん!!
大歓迎です(((o(*゚▽゚*)o)))

852:翡翠:2014/01/20(月) 20:50 ID:cR6

小説書きます。



なんだろーな。ナツを見てるとドキドキする。この気持ちのこと皆に聞いても、微笑むだけで何も答えてくれないし・・・
「それは恋ね。」
「きゃっ!何ですか〜!脅かさないで下さいよ〜。本当、ミラさんって意地悪〜。」
「しょうがないでしょ。全部声に出てるんだから。」
「うっそー!!てか、コイ?コイって魚の?」
「違うわよ♪」
コイ、コイ、コイ、コイ、コイ、コイ・・・コイって恋!?

853:みーにゃん ◆gGoM:2014/01/20(月) 21:16 ID:AcA

お久しぶりですっ!
みーにゃんです!
皆さんは呼びタメOKでしょか?
ウチはOKです!

854:翡翠:2014/01/20(月) 21:27 ID:cR6

私も呼びタメはOKです。
それと、10時に集まると言うのは、未だにやってます?
リアが言いたいことがあるそうなんですけど・・・

855:かぐら:2014/01/20(月) 21:28 ID:As.

ありがとうございます(>_<)よろしくお願いいたします!

856:翡翠:2014/01/20(月) 21:28 ID:cR6

小説の感想を貰えると
うれしゅうございます。

857:かぐら:2014/01/20(月) 22:50 ID:W6Y

小説書いていいですか?
ル おはようございま〜す!!
ミ あらルーシィおはよう!今日は遅かったわね、
ル あ・・・すみません小説書いていたので、
ミ でもちょうどいい所に来てくれたわ!
ル 何ですか??ナツの遊び相手ですか?私イヤですよ!!
ミ ちがうの私が作ったジュースの味見をしてほしいの!!
ル なんだそっちですか!私でよければいいですよ!
ミ 本当!コレなんだけど>_<
ル ・・・・・・・・
ミ ルーシィ味はどおかしら??
ル う〜ん?ちょっと変わった味ですね、
ミ うぅぅうわーんルーシィが私のジュース美味しくないって!!
ル ミラさん私ジュース美味しくないとは言ってませんよ(汗)
ミ 実はねルーシィが飲んだジュースにね、、、、、、、

つづく 下手でごめんなさい!!

858:ゴーシュ:2014/01/21(火) 17:31 ID:Wyg

こんにちは。

>>849
やっていますよ。
ただ登録しかしていませんが…
ちなみにpixivでは名前も違います。



前作の続きを書きたいと思います。

859:カミア:2014/01/21(火) 17:44 ID:qc2

ゴーシュさんの書いてる小説…
何処かでみた気がするんです…。何処でしょう?ww

860:ゴーシュ:2014/01/21(火) 17:49 ID:Wyg

あの青い鳥が導いた先には、樹があった。
ただの木ではない、もっともっと太いもの。

「千年樹…」

その木はまるで千年を生きながらえてきたかのような霊妙さを漂わせていた。
ツタが絡み、苔がはびこっている。
幹は太く、何十人かで囲んでも囲み切れそうだ。
根の脈打ちは広い範囲に広がって、しっかりと地面をつかんでいる。
一つ一つの部位が自らの持つ歴史を強く主張していた。
千年樹自体は小説の中では何度か目にしたことがある。
しかし、この木には絶対に敵わないだろうなという確信があった。

ふらふらとおぼつかない足取りで千年樹に近づいた。
上を見上げると木漏れ日が緑色を帯びて目に入る。

「あっは……まぶしい、なぁ」

頬に雨がつたう。
木漏れ日は、優しく私に降り注いでいる。

861:ゴーシュ:2014/01/21(火) 17:57 ID:Wyg

本当ですか?

やっぱり誰もが考えるようなものなんでしょうか…
私pixivは登録自体はしているんですが、
実際に見たことはほとんどないんですよ

これだけは言えます。
私が他の方の作品を借りてきたなんてことは絶対にありません。
それは多分トマトさんが証明してくれると思います。

862:カミア:2014/01/21(火) 18:17 ID:qc2

真似とか盗作とかしてないこと、分かってます!
気になっただけで(^^;;

863:ゴ一シュ:2014/01/21(火) 20:01 ID:Wyg

それはよかったです。

少し八ラハラしてしまいました

864:かぐら:2014/01/21(火) 23:20 ID:D2Y

つづき
ミ 実はねルーシィが飲んだジュースにはね、何でも正直に答えてしまう薬が入っているの!!
ル ま またですか〜ミラさん〜
ミ でも今回はナツにも飲ませたの!!!ナツ〜ちょとこっちに来て!!
ナツとグレイ喧嘩中
ナ やんのかタレ目野郎!!
グ お前に言われたくねーよつり目野郎!!
ナ サラサラ頭の変態野郎!!
グ トゲトゲ頭のあつあつ野郎!!
ル なんか喧嘩のレベル低く↓↓
ハ それがナツです!!
ナ てか!グレイ服きろよ!!
グ うお!!いつの間に!
ナ そういえばミラ呼んだか?
ミ 呼んだわ!ずいぶん前にね!
ナ あ わりーわりーグレイの奴が喧嘩売ってきたから!!!!
皆 いつもお前からだろ!!
ナ で 何だ?
ミ 実はね!!
つづく 下手で申し訳ありませんアドバイスありましたらお願いいたします!!

865:リト:2014/01/22(水) 07:16 ID:keA

あの……ずいぶん前から来てなかったような気がしますが前スレからいるエミリィ、リト(お好きな方でどうぞ)です。
私から提案があります!土曜日の夕方5時位に集まりませんか?
前は夜の10時ぐらいでしたが、夜更かしするとニキビや体調不良のもとになります。
なので5時を推薦します。
賛成の方は1月29日までに『賛成』とスレに書き込んでください。

866:ジュシカ:2014/01/22(水) 07:52 ID:yEw

お久しぶり!
三世です♪

867:リト:2014/01/22(水) 14:49 ID:keA

ジュシカさん!早速書き込んでくれてありがとうございます(⌒∀⌒*)
いい忘れてましたが午後にやります!
その間はリレー小説やりませんか?

868:カミア:2014/01/22(水) 15:34 ID:qc2

賛成です(=´∀`)人(´∀`=)
リレー小説もやりたいなぁと(^^;;

869:リト:2014/01/22(水) 16:04 ID:keA

カミアさんもありがとうございます。(>∀<)仲良くしましょうね!

870:かぐら:2014/01/22(水) 16:09 ID:u6k

あの〜私もいいですか?ムリだったらいいんですけど、、

871:リト:2014/01/22(水) 18:48 ID:keA

駄目なわけないじゃないですか!
もう大歓迎ですよ!この上ないくらいに!!!本当ですってば!!
かぐらsですね 多分『はじめまして』なので自己紹介をします↓↓
・名前   リト又はエミリィ
・年齢   11歳
・性格   めっさポジティブでおおざっぱきれるとすぐに回しげりが飛びますww(相手がわr←死)
こんな私ですがよろしくお願いします。ちなみに文才は0ですね!

872:翡翠:2014/01/22(水) 20:58 ID:cR6

私もよろしいでしょうか・・・?
それとジェシカさん、カミアさん。
妹がご迷惑をおかけしまして・・・

873:ゴ一シュ:2014/01/22(水) 21:15 ID:Wyg

私もいいですか?
文才にはあまり自信がないんですけれど…

874:ゴーシュ:2014/01/22(水) 21:31 ID:Wyg

小説の続きです。

そうやって甘い感傷に浸っていると、突然見知らぬ声が響いた。

《久しぶりのお客様だね。どれ、その可愛い顔を上げてごらん。》

低くて深いその声は、恐らく初老の男性のものだ。
(っ!ここには誰もいないはずなのに!)
すぐさま動きを止め、周りの気配を探る。
…誰の気配も、感じられなかった。
今までの経験上、気配を消せる敵は総じて強い。
私でも倒せるか、わからないくらいには。

875:かぐら:2014/01/22(水) 22:05 ID:c6k

私も自己紹介わすれていました!!大変失礼しました。
名前 かぐら
性格 サラッと言っちゃうタイプです。ハイテンションなのでその時によってテンションがちがいます!とくに怒って
いる時は言葉が全部敬語になります。以外とやることがおおざっぱで、クラスの皆からは不思議ちゃんと言われて
います!!
好きな事 フェアリーテイルが好きな皆様と話す事と恋バナです♥︎
これからも仲良くお願いいたします!

876:ゴ一シュ:2014/01/22(水) 23:12 ID:Wyg

ここではまだでしたかね?
私も取り敢えず自己紹介しておきますね。

名前:ゴーシュ/ミュー
特徴:敬語がデフォです。
   体力がないので編み物に走る今日この頃です。

文才がないのに長編小説を書いています。
宜しければ感想を頂けると励みになります。

877:カミア:2014/01/23(木) 00:54 ID:qc2

私も自己紹介します\(//∇//)\

名前:カミア
性別:女(一応ね)
年齢:14(中2です)
特技:競技かるた百人一首(引いてくれちゃって構いません!)
性格:とにかく黒いと言われます。
普通がもう、酷い性格だとか…(^^;;
ここでは、そんな素の自分出さないのでご安心を!
そして普通じゃないくらいの気分屋です(((o(*゚▽゚*)o)))
よろしくですm(._.)m

878:リト:2014/01/23(木) 07:06 ID:keA

賛成の方が多いので、日曜日にもやりますか?
それから、自己紹介ありがとうございます(´∀`*♪)
これからもお願いしますッ!

879:ジュシカ:2014/01/23(木) 15:49 ID:UiM

じゃあジュシカも自己紹介を
ジュシカ
小学五年
文才マイナス150
女子
特徴
クラスの男子と仲が悪く、
内緒で作詞作曲してます!
フェアリーテイルのオタクの
一歩手前です♪

880:翡翠:2014/01/23(木) 21:48 ID:cR6

では、私も。

名前 翡翠
性別 女
年齢 11歳(小五) 
性格 いつもはおとなしいが
   キレると誰かれ構わず殴り付ける。
その他 恋人有
    意外とモテてる?
趣味 読書、テニス
異名 妖精の死刑人

   

881:翡翠:2014/01/23(木) 21:49 ID:cR6

友達募集中

882:ジュシカ:2014/01/24(金) 21:52 ID:uss

ジュシカで良ければ!
ジュシカはいつでもウェルカムです♪

883:ゴーシュ:2014/01/25(土) 01:15 ID:Wyg

今日は漢検で少し疲れました…

884:雅:2014/01/25(土) 01:17 ID:KOE

初めまして
雅って言います
基本見ることに徹することになりそうですが、仲良くしていただけるとうれしいです!

こういう掲示板?のようなものは全くの初心者なので、変なところがあったら教えてもらえると嬉しいです
こういうところって自己紹介するのかな?
一応載せておきますσ^_^;

・名前 雅
・性別 女です
・年齢 今、中学二年生です!
・性格 少し人見知りですが、慣れたらとてもお喋りです

こんな私ですがよろしくお願いします(=´∀`)人(´∀`=)

885:匿名さん:2014/01/25(土) 01:18 ID:KOg

流れを切り、申し訳ありません。

初見の者ですが、どうしても見過ごせない所があったので書き込みます。
荒しではないので安心してください。直ぐに消えますので。

前口上はこれ位にして、本題に入りますね。

翡翠さん。貴女、双子の妹であるリアさんを放っておいて大丈夫なんですか?
貴女の書き込みを拝見する限り、とても家庭環境は良好とは言い難いように感じます。リアさんに命の危機が迫っているのはほぼ確実と言っても良いでしょう。

匿名さん(ゴーシュさん?)もそうですが、リアさんの場合毎日のように、と書き込んでいる所を見ると今すぐに児童相談所が介入すべき案件だと思います。
翡翠さんの書き込みから察するに、姉妹間の仲は良好なようですね。
ということはリアさんには少なからず味方がいるということです。そこにはひとまず安心できました。

もしも事情があって児童相談所に通報できないのであればどうぞ教えて下さい。わたしが匿名で通報します。
傍目から見ても事態は逼迫しています。すぐに行動を起こさなければ人命が一つ失われるかもしれません。…私が一番心配しているのはそこです。

取り返しのつかない事態になる前にご一報下さい。

翡翠さんのお返事を待っています。

886:ゴーシュ:2014/01/25(土) 01:22 ID:Wyg

こんぱんは!

初めての人は最近珍しいですね。
もちろんです。仲良くしていきましょう!

雅さんのお喋りなすがたが早く見たいです!

887:雅:2014/01/25(土) 01:32 ID:0Jk

こんばんは

ゴーシュさん、そう言っていただけると嬉しいです(^^)


あと、こういうの詳しくわからないんですが、匿名さんの言ってるようになんか、不安とかがあったら相談にのりますよ、、、?
えっと、場違いだったらごめんなさいっ(>人<;)

888:ゴーシュ:2014/01/25(土) 01:33 ID:Wyg

全力で空気を壊してしまったようでさいません。

確かに匿名さんの言う通りですね…

翡翠さん、リアさん、見ていますか?
いまでなくてもいいのであなたたちのメッセージを聞かせて下さい!

889:ゴーシュ:2014/01/25(土) 01:35 ID:Wyg

重要な場面で誤字してすいません…

890:雅:2014/01/25(土) 02:00 ID:c3s

匿名さんの言ってたレス見てきました

お父様、お母様からのそういう行動って辛いですよね
リアさんと翡翠さんのお気持ちものすごくわかります
私には出来のいい兄がいて、私立の中学に通っているのですが、
私は受験に失敗して、両親が私の聞こえないところで
出来損ないっていってるのを聞いたことがあるんです。
それ以降、自分に自信を持てず今にいたります。
多分人見知りなのもそのせいかな、、、

もしよかったら話してくれませんか?
多分二人の辛さはこんな比じゃないし、話したことがない人にはなすのも抵抗があるかもだけど、、、

891:翡翠:2014/01/25(土) 18:49 ID:tzg

ご心配有り難うございます。
でも、別に平気です。
両親も暴力を振るわないようにしてますし…
それに彼女、以外と友達いますし…
最近になって明かされたんですけど
なんか付き合っている人が居るとか何とか
安心してください!!

892:ジュシカ:2014/01/25(土) 19:03 ID:TNA

本当!!??
オリ〜におめでとう♪って伝えてください!

893:ゴーシュ:2014/01/25(土) 20:42 ID:Wyg

それはよかったです。

本当に心配していましたから。

894:ゴーシュ:2014/01/25(土) 20:45 ID:Wyg

リレー小説は明日ですよね?
それなら今いる人達だけでも順番を決めませんか?

何番目が希望かだけ言ってください!
ちなみに私は三番目を希望します。

895:翡翠:2014/01/25(土) 21:51 ID:tzg

あの…多分、今週中に
リアここに来ます。
その時は暖かに向かいいれてあげてくれますか?
ジュシカさん、よく妹が面白い方だと言って
おりました。
友達になってもらっても…宜しいでしょうか?

896:カミア:2014/01/26(日) 00:53 ID:qc2

こんばんわm(._.)m
明日のリレー小説は4番目希望します。
最近来れなくてすいません!

897:翡翠:2014/01/26(日) 10:06 ID:cR6

今日は楽器の練習とかあって
リレー小説は無理かも知れません。
感想とかは書きます!

898:雅:2014/01/26(日) 10:16 ID:KOE

リアさんが無事ならよかったです、、、^_^
小説はかけないので皆さんの小説を楽しみにみてます!

899:ゴーシュ:2014/01/26(日) 19:01 ID:Wyg

皆さん書けない方ばかりじゃないですかぁっ!

1時間以内に誰も一番目を希望されないようでしたら私が書きます。
カミアさん、次お願いしますね。

900:ゴーシュ:2014/01/26(日) 19:03 ID:Wyg

ちなみに書くのは今日ですよ?

忘れられているんじゃないでしょうか…

901:翡翠:2014/01/26(日) 19:53 ID:cR6

スミマセンね〜
私、ジュニスマで掲示板見れないんです・・・
これたら来ますけど・・・
明後日、リアここに来るそうです!

902:翡翠:2014/01/26(日) 19:54 ID:cR6

後、質問なんですけど
どんな内容でリレー小説やるんですか?

903:カミア:2014/01/26(日) 20:43 ID:qc2

書いて大丈夫です、
私も頑張って書きます!

904:時雨:2014/01/27(月) 15:58 ID:zNc

じゅびーん!時雨だよ!(元檸檬)
ころころ名前が変わるよ!
今日学校でこう書いて、何読むゲームをやりました!んで、時雨ってでてきたので、なんかこの名前になりました。(皆「ときあめ」連呼してました)これからも、宜しくお願いします!

ところで、皆さんリレー小説やってるんですか?私も入れていただけると嬉しいです!

905:リト:2014/01/27(月) 20:15 ID:keA

時雨さん!やってますよ〜〜♪♪
土曜日の午後5時にみんなで集まってやります!!(書きます?)
暇であれば書いてみてください!
リレー小説なのですが私一番やってもいいですか??

906:ゴーシュ:2014/01/27(月) 21:30 ID:Wyg

昨日は来れなくてすいません…

リトさん、一番手どうぞよろしくお願いします

907:カミア:2014/01/27(月) 21:57 ID:qc2

私二番目に変更してもよいですかな??
リレー小説。

908:ジュシカ:2014/01/28(火) 16:23 ID:j.6

お久しぶり!

「君を傷つけるくらいなら」
ナ ルーシィ......
呆然と立ち尽くすナツ。
目線の先には目の光を忘れたルーシィ。
こんなことになってからもう一時間は立つ。
ルーシィは依頼書の亡霊に取り付かれ、
ナツにたびたび攻撃していた。
ナ くそ...!どうすれば......
ルーシィの体は自分ほど頑丈ではない。
暴力はできない。その時、
『ナツ、ナツ!!お願い、あたしを倒して!』
悲痛なルーシィの声が聞こえた。
ナ 無理だ......
ナツはルーシィが好きなのだ。
ルーシィを傷つける事は絶対にできない。
『ナツ!!お願い!!!あたし、これ以上
ナツを傷つけたくない!!!!!!!!!』
ナツは目に映る全ての景色が目苦しく回って
見えた。
ナツの行動には誰もが目を見張り、体を硬くした。
そのナツの行動とは.....................

909:ジュシカ:2014/01/28(火) 17:18 ID:QS2

時雨?でいいかな?
ときあめってもしや...
ジュシカの推測ですが、
『しぐれ』
と読むのでは!?

910:カミア:2014/01/28(火) 19:07 ID:qc2

ジュシカs!
しぐれであってますよ(*^_^*)

911:時雨:2014/01/28(火) 19:46 ID:zNc

じゅびーん!(涙)
時雨だよ!(涙)
リレー小説入れてほしいよ!(涙)

912:ゴーシュ:2014/01/28(火) 20:03 ID:Wyg

一番目、リトさんでしたっけ?

どうやら土曜日の五時まで来なさそうな予感がするのですが…

913:カミア:2014/01/28(火) 21:46 ID:qc2

始めてしまっても平気なら
始めてしまった方が良いのでしょうか?

914:ゴーシュ:2014/01/28(火) 21:57 ID:Wyg

いいと思いますよ。

さて、どんな小説が来るのやら。
とても楽しみですね

915:ジュシカ:2014/01/29(水) 17:49 ID:fBg

書きます!
「君を傷つけるくらいなら」後半

ナツはルーシィを抱きしめた。
ルーシィの強く抱きしめた。
『ナツ!!離れて!!』
その声と同時にルーシィの両手がナツの首に巻き付いた。
ナ ぐッ......!ル、ルーシィ......
ナツはそんな事は気にならない。
ナ よく聞け、ルーシィ!俺はルーシィが好きだ!
『ナツ!!そんな事行ってる場合じゃないわ!』
ナ んなもん知るか!!!!!!!!!
俺は空気読めないんだ!!と叫ぶナツ。
『お願い!!!あたし、これ以上ナツを傷つけたくない!!』
光を忘れたルーシィの目から涙がこぼれる。
ナツは意識がもうろうとする中、ルーシィを
まっすぐルーシィを見た。
ナ ルーシィ...愛してる......大好きだ!
そう言ってナツはルーシィを放した。
そして..............................
ナツは自分自身で自分を殺した。
ルーシィはその場で呆然と立ち尽くした。
ル ナツ..................!
ナ ル、ルーシィ......良かっ.........た.........
ル いやああああああああああああああああ!!
崩れる様にナツの体は倒れた。
そのナツの顔は
『これでいいんだ』
そんな顔だった。
ルーシィの声はもうナツには届かない。
儚い火竜の最後だった。しかしただただその顔は












確かに、笑っていた。
感想ください!
待ってます!

916:時雨:2014/01/29(水) 19:29 ID:zNc

ジュシカs
ううっ…
切ない… ナツなら、ルーシィの為に、自分の命を投げ捨てそうですね。それが、ルーシィの為にならないとは、知らずに。
ナツ…ルーシィの為には生きて!一緒に笑って!!

917:ゴーシュ:2014/01/29(水) 19:33 ID:Wyg

バッドエンドですか…

私こういうの好きです!
でも、ナツがそこで死を選んだとしてもルーシィが解放されるとは限りませんよね?
そこらへんの設定をしっかりしたらもっと素晴らしい作品ができると思います!


偉そうですいません…

918:時雨:2014/01/29(水) 19:48 ID:zNc

うーん…クソ小説思い浮かんだ…

月夜の四つ葉のクローバー

ナ「ルーシィ!」
桜髪の少年が、金髪の少女__ルーシィに声をかけた。
ル「なぁに?ナツ」
桜髪の少年は、ナツというらしい。
「これ」といい差し出した紙には、
【月夜に輝く“四つ葉”のクローバーを見つけ出してください。
報酬 50J】
と書かれていた。
ル「50J!?だめだめ。そんな胡散臭い仕事、止めとこ」
ルーシィが、首を横にふる
ナ「うぇ〜…行こうぜ〜」
ル「い・や!!」
ナ「ハッピー!」
ハ「あいさー!」
ル「ちょ…ええええぇぇぇぇぇ…」
青猫が、ルーシィの背を掴む。と同時に、ルーシィは、大空を舞った。無様に。

Oh☆ これはまさに…駄作だね!

919:ジュシカ:2014/01/29(水) 20:27 ID:AeY

ゴーシュさん、時雨さん、感想ありがとうございます!
ジュシカ、あとあと気づいたんですが
このまま読むと
ナツはなんで死んだ!?
ってなりますね〜!
ってことで
「君を傷つけるくらいなら」の補足
ナツが死んだのはルーシィに取り付いた
亡霊は昔、目の前で夫を殺され亡霊に
なった、その亡霊を成仏させるのが
仕事の内容だったので、ナツは自分が
同じ目に合えばルーシィの体から亡霊が
出てくると思って自分自身で自分を殺したんです。
補足なくてすいませんでした!
お分かりいただけましたでしょうか?

920:カミア:2014/01/29(水) 20:31 ID:qc2

「ねぇ〜ナツ〜。」
ルーシィはギルドのテーブルに突っ伏しながら言った。
「金欠なのよ。仕事行かない?」
「めんどくせぇな。一人で行けよ。」
手をひらひらと降り、頬杖をついたままナツが言う。
そんなナツの態度に、ルーシィはムッと頬をふくらまし
「いいでしょ?チームじゃない!大体あんたが金髪の女
なら何でもいいだけで勝手に組んだんだから!」
言葉に詰まるナツ。確かにほぼ強引に組んだのはナツだ。
正論なだけあって、余計ムカついてくる。
ナツはバンッとテーブルを叩くと
「よしわかった!俺とチームを組んでよかったと思わせてやる!」
ルーシィは吃驚したが、ニヤリと笑って
「いいわよ。じゃ、レッツゴー!」
(かかったわね…。仕事行きたいがための罠よ!こうしておけば…)
そんなルーシィの黒い笑みに気が付いたのは、
相棒のハッピーだけだろう。


ルーシィが黒いww
黒いルーシィがとにかく好きな私❤
続きます(*^_^*)

921:ゴーシュ:2014/01/30(木) 21:07 ID:Wyg

長編の続きです。



決断さえすれば行動は早い。要するに「当たって砕けろ」だ。
右手で鞭を引き抜き、左手は鍵が入っているポシェットへ潜り込ませる。
鞭はフェイクだ。始めから本命の鍵を取り出してしまえば、それはどうぞ奪って下さいと叫ぶようなものだ。

《ああ、突然声を掛けてすまない。驚かせてしまったね》
「そんなのどうだっていいわ!早く姿を見せなさい!」

余裕綽々の声に幾分か震えた声が重なる。
私の言葉に対する返答は案外と間をあけて放たれた。

《……姿もなにも、君は今わたしの目の前に居るではないか》

その1。目の前は芝生の原っぱがあり、隠れられる場所はどこにもない。
その2。相手は目の前にいる。
その3。後ろには千年樹が生えている。

その言葉を完全に理解するにはたっぷり数十秒を要した。

目の前と言える場所に存在するのはこの千年樹だという結論には至る。
しかし、それでも信じきれないことが起こっているわけで。
フェアリーテイルというギルドに入っては数年。
ファンタジー小説も顔負けの経験は幾度もしてきた自負はある。
疑念を確信へと変えるため、私はようやく口を開いた。

「まさか、あなたがこの千年樹だとでもいうわけ?」
《いかにも。》

風もないのに葉がザワザワと揺れる。
どうやら私は常識という尺度が使い物にならない森に迷い込んでしまったらしい。

922:g:2014/01/31(金) 07:10 ID:keA

ゴーシュsスゴイです!!
小説家みたいです!
あこがれちゃいます!(>∀<)
これからも書いてください!

923:リト:2014/01/31(金) 07:11 ID:keA

↑私です…

924:ゴーシュ:2014/01/31(金) 17:39 ID:Wyg

あ、ありがとうございます…

自分の小説を褒められたことがあまりないので照れますね(笑)

925:リト:2014/01/31(金) 19:35 ID:keA

ゴーシュsは才能あると思います!

リレー小説、どういった内容にしますか?

926:ジュシカ:2014/01/31(金) 20:16 ID:2pM

ジュシカの意見ですが、学パロがいいです♪
あとあと、ジュシカもリレー小説入れてください!
お願いします!!!!!!!!

927:リト:2014/01/31(金) 20:24 ID:keA

学パロですね!
私も一時期メールの見送信BOXにためてました……今となっては黒歴史ですよ(笑)
ジュシカsも入ってください!
むしろ一緒にやりましょう!!

リレー小説は学パロでいいですか?
他に意見あったら書き込んでください!!

928:ゴーシュ:2014/01/31(金) 22:59 ID:Wyg

季節ものがいいと思います!

929:リト:2014/02/01(土) 08:20 ID:keA

この季節だとバレンタインとか?

930:カミア:2014/02/01(土) 11:21 ID:qc2

バレンタイン!節分でも作れそうですよね??
私もリレー小説やりたい!です(^^;;

931:リト:2014/02/01(土) 11:22 ID:keA

その……ジュシカさんにあやまらなくちゃいけないことがあって……
かなり前ですが『リトって呼んでいいですか?』というコメントを書き込んでくださったのに気づかなくてすみません!!
それからリトって呼んでいいですよ!
それからジュシカって呼んでもいいですか?

932:G~B:2014/02/01(土) 11:51 ID:keA

じゃあいっそのこと学校でバレンタインデーがきて…節分やって……みたいな感じにします?
連続コメすみません………

933:ジュシカ:2014/02/01(土) 15:32 ID:wKU

いいっすね〜♪

934:カミア:2014/02/01(土) 16:57 ID:qc2

それいいです!ナイスアイデア(((o(*゚▽゚*)o)))

935:リト:2014/02/01(土) 17:20 ID:keA

すみません!
現在、インフルエンザで調子が悪いのでリレー小説できません(涙)
他の方にお願いします。
すみません!

936:時雨:2014/02/01(土) 19:25 ID:zNc

ども!時雨です
前も言いましたが、私もリレー小説入れていただけますか?順番は何番でもOKです

937:ゴーシュ:2014/02/01(土) 21:04 ID:Wyg

長編の続きです。


へなへなと足の力が抜け、その場に座り込む。

「し、信じられないわ…」

ただそれを言うことしか私にはできなかった。

《無理もない。》

顔はわからないが、どうやら彼は苦笑したらしいということは分かる。


《モノが百年経つと命が宿る、というだろう?
私も例外ではなくてね。
言葉を理解して操れるようになるには時間がかかったが、今ではこの通りだ》

《しかしこ此処に訪れる人はなかなかいないものでね、
つい客人に対する礼儀を忘れてしまった》

すまない、そう告げられてしまえばもう許すしか道はない。

「もういいわ、そんなこと。元はといえば私が悪いんだし。
それより客人なんてよそよそしい呼び方はやめて?」
《では、そなたの名前を聞こうではないか》
「私の名前はルーシィ。ルーシィ・ハートフィリアよ。」
《ルーシィか。いい名前だ》

名前を告げたその瞬間、森全体がざわめいた気がした。
しかし、ルーシィと響くバリトンの声は一度もあったことのない祖父を思わせ、思わず微笑みが顔に広がった。

《ああ、やっと笑ってくれたね》
「私今までそんな暗い顔してたかしら?」
《そうとも。
現れて早々泣き出したからね、何事かと焦ったよ》
「の割に声は落ち着いてたけど?」
《これはこれは。一本とられてしまったよ》

ははは、とひとしきり笑ったあと、千年樹の声はにわかに緊張感を帯びた。

《いいかい、ルーシィ。
ここに来る前何があったかは知らないが、
この森には絶対に辛いものは入ってこない。
君を追いかける悪漢だってこの場所は分からないだろう。

だから、何かあったらここに来なさい。
わたしがそれらかそなたを守ろう。》

力強い言葉は私の胸を直接揺さぶった。
悪漢ととどんな時代よとか樹のあなたがどうやって守るのとか
言いたいことは山ほどあったけれど、それらは全て言葉にならなかった。

「う、うんっ…そうね…」

笑ったまま泣き出した私の肩にちょこんと乗ったのはあの青い鳥だった。
きょときょとと私と千年樹を見比べるその姿はとても愛くるしい。

「ふふ、心配してくれるの?」

「大丈夫よ。人間はね、嬉しくても泣くものなの。」

938:リト:2014/02/02(日) 11:07 ID:keA

やっぱりゴーシュさんの小説はすごいです!これからも書いてください!

939:ジュシカ:2014/02/02(日) 19:48 ID:gHc

一時間後に会える人はジュシカと
お話、しませんか?

940:ジュシカ:2014/02/03(月) 16:10 ID:9Cg

さみしいので書きます.........
「俺と君と軽音部」

『つまらない』
何が数学だの物理だの偏差値だの授業は退屈。
頭の中に何も浮かばない、そんな時は教師に
トイレに行くと言って軽音部の扉の前に立つ。
窓から覗くと仲間が話合っていた。
ナ うーす
ガグ よーっす
全員そろえば楽器を持って歌い出す。
その時
ごとっ
扉に何かがぶつかる音がした。
ガジルが扉を開けると顔色の悪いレビィと
心配しながらレビィの顔を覗くジュビアがいた。
ガ お前ら、何してんだ?
ジ あっガジル君!レビィさん、気分悪いから
保健室まで行ってあげて?
ぶつくさ言いながらガジルはレビィを連れて行った。
グ ジュビアは教室に帰んないのか?
ジ グレイ様!あっ、ジュビアは先生に荷物を
頼まれて、それからレビィさんに会って......
グ 持ってやろうか?どこまでだ?
ジ 北校舎の二番倉庫です
グ げ!遠いな......
そう言ってグレイとジュビアは荷物を運びに行った。
ナ どぅえきてぇる♪
ぽつんと一人の部室の中で自分の声が響く。
ナ 早く帰って来ねーかな...
扉を開けてキョロキョロと廊下を見る。
ル あっ!ナツ!!そんなところにいたの?!
ナ そんなとこ言うなそんなとこ!
ル まーた、さぼり?
ナ おう!
ル 元気にこたえんな!!!
ルーシィの鉄拳が飛んでくる。
俺はさっきまでガジルとグレイが早く帰って来ねーかと
考えていたが、今は、もう一時間は帰ってくんな
と考えていた俺だった。

941:ゴーシュ:2014/02/03(月) 21:43 ID:Wyg

長編の続きです。


◆◇◆

所変わり、ここはギルド。
様々な人間が集まるこの場所は今日も賑やかだ。

群青色の髪の少女はその長い髪を揺らしつつ、ギルドの真ん中を占拠しているグループに近づきそその話の輪に加わる。
歳の差の割に随分と親しげな様子がみてとれるだろう。
どうやら少女は一通り喋った後、 緋色の髪の女性を話し相手に選んだようだ。
向いている目線からして同じギルドのメンバーを話の種にしているらしい。
どれ、詳しく聞いてみようか。

「…それにしてもルーシィさん、元気になったみたいでよかったです」
「一時期のルーシィは見ていられない程の消沈ぶりだったからな」
「一体なにがあったんでしょうか?」
「十中八九ナツのことだろう。
ルーシィは一度思い悩むとそのまま悪循環に陥る癖がある。
全く、難儀なものだ」
「私でよければ相談にのりますのに…」
「まだウエンディには早いのではないか?」
「そんなことありませんって!」
「そうかな?」
「そうです!」

「……あ、そういえばエルザさん。気づきました?」
「ルーシィの頭飾りだろう?」
「そこはヘアアクセサリーと言いましょうよ…」
「…む。どちらにしても同じことだ。」
「あのヘアアクセサリー、すごく可愛くないですか?」
「そうだな。
あの色彩、質感。まるで本物と見間違いそうだ」
「私も触らせてもらったんですけど、本当の花みたいな手触りでしたよ!」
「むしろ本物なのでは?」
「そしたらあっという間にしおれてしまいますよ?
あとルーシィさん、ある人にもらったものだって言ってました」
「ナツがそんな気配りができるとは思えん…
ロキの仕業か?」
「かもしれませんね…
ロキさんもたまにはいいことをしてくれますね」
「ああ。やはりルーシィは笑顔でなくてはな」



「はたしてそうかな?」

突然降って来たのは老人の声。
カウンターにいながら声を届かせているのはこの場の長だ。

「マスター。今のはどういう意味です?」
「何のことはない。そのままの意味じゃ」
「というと?」
「ルーシィの笑顔はもっと明るかった。
今のルーシィの顔には力が篭っていない。
それに自分すら気づいていない様子じゃ。
こういうふうに笑っている奴ほど目を離せないんじゃよ」


「今のルーシィは見ていて不安になる。」


「脆くてはかない、ガラス細工のようだ。」



「このままでは、ルーシィが壊れるのも時間の問題かもしれんのう」

942:リト:2014/02/03(月) 22:39 ID:keA

ジュシカとゴーシュさんすごいです!
続きが気になります!

943:ジュシカ:2014/02/04(火) 19:22 ID:TXc

書きます〜♪

「君と俺と軽音部」
ル ところで、文化祭のライブの曲作った?
ナ ん〜……四曲作ったけど一曲いまいちだなぁ
ル ふぅん......そう、じゃあじゃあ、あたし達の曲使ってよ!
ナ あたし達?誰と??
ル あたしとレビィちゃんとジュビア!!恋愛曲なの!
ナ へぇ〜……でもちょっと恋愛曲はなぁ......
ちょっと歌って、サビ
ル 音痴だからやだ、無理!!
ナ 音痴でもいーから!!言い出したのはルーシィだろ!
ル ........................笑わないでね?
そしてルーシィは歌いだした。

空より君を好きになって

雲より君を抱きしめたい

臆病な自分を振り切って

君のもとへとかけて行く

内気な自分を振り払い

君に好きだと伝えたい

ナ 音痴じゃねぇんじゃねぇの?
ル 自分じゃわかんないよ
ナ でも使えそうだし、男目線だから俺達も歌いやすいけど、たぶん
ル 本当に?!やった〜♪ふふっ
ナ じゃ、ガジル達に伝えとく!
ルーシィは嬉しそうにうなずいた。
ナツはルーシィのその笑顔に心臓が高鳴った。
そして赤くなりながらルーシィを見送った。
ナツのその時のひらめきは珍しく冴えた案だった。
感想ください!!!待ってます!!!!!!!!!!!!!!!

944:リト:2014/02/04(火) 19:50 ID:keA

そういえばジュシカさん前に自作の歌のせてましたよね!
ジュシカさんの歌私は大好きです!
それから小説はやっぱり上手です
続きが気になります!

945:ゴーシュ:2014/02/04(火) 22:03 ID:Wyg

長編の続きです。

◆◇◆

私はそれから足繁くあの森に通うようになった。
入口から入って少し歩くと、どこから察知したのかというようなタイミングであの青い鳥が飛んでくる。
最初こそ困惑したものの、今では二人でじゃれながら千年樹の元へ向かうのが習慣となっている。
千年樹はずっと森の中にいたというのに案外色々なことを知っていて、それをいつも私に面白おかしく伝えてくれた。
彼曰く、千年も生きていれば何もしなくとも情報が向こうからやってくるのだそうだ。
戦の話、貴族と召使いの悲恋、動物達の意外な生態、エトセトラ、エトセトラ。
それに負けず劣らず私も自分のことをよく話した。
魔法のこと。
ギルドのこと。
お父さんのこと。

そして、ナツのこと。

すべての話に頷いて耳を傾けて聞いてくれる彼には何でも話すことができた。

「ねぇ、あなたがくれたこのお花。
皆可愛い可愛いって褒めてくれたわ」
《それはよかった。プレゼントした甲斐がある》
「でもどうしてかしら?」
《?》
「ギルドにいたらなんだか疲れちゃったわ。
前はこんなこと無かったのに。
この森に居るほうが気が楽なのよ。」
《ほう。なかなか嬉しいことを言ってくれるね》

この森にいて気が楽だというのは本当だった。
森の中の非現実的な空気は悩みを忘れさせてくれる。
加えていつも日が差し込んでいるのでぽかぽかと暖かい。
こんな空間を知ってしまったが最後、もうここに来ないなんてことは考えられない。
もう一人に戻れないかもしれない。

(それもいいのかもしれない)

(この人達はずっと私のそばにいてくれる)


いつの間にか忍び寄っていた睡魔と戦っている私に千年樹は優しく声をかけた。

《わたしの愛し子よ、今は眠りなさい。
何も悩まなくていい。何も考えなくていい。
おまえを苦しめるものは全てわたしが取り払おう》

朦朧とした意識の中、どこかでガラスの軋む音がした。

946:ジュシカ:2014/02/04(火) 22:08 ID:N7Q

リトさん感想ありがとうございます!
しかーし!ナツルーを書いてるつもりが
MUTOU♪無糖だ!!!!!!!!!
まったくもって無糖だ!!!!!!!!!
最後は糖分とりますんでよろしくお願いいたします
無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖
無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖
無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖無糖

947:ゴーシュ:2014/02/04(火) 22:47 ID:Wyg

大丈夫だと思いますよ(笑)
私当分ナツ出す気あまりないですし……

私はジュシカさんにどうやったら明るい話が書けるか教えて欲しいです!

何故だか私が考える設定は全て鬱展開になってしまうんです(泣)

あ、あと私ジュシカさんに小説の感想を頂きたいです!

948:ジュシカ:2014/02/04(火) 22:53 ID:5Q6

書きます〜♪
「君と俺と軽音部」

その俺のひらめきとはルーシィ達をライブのゲストと
して出すと言う事だった。
ガ しっかしなぁ...チビが途中でぶっ倒れたら困るのはこっちだぜ?
グ ジュビアだってそうだ!実行委員だから迷惑かもしれない......
ナ どぅえきてぇる♪
グガ どぅえきてぇない!!!!!!!!!........................まだ、な
そして脱線した話題の電車を無理矢理レールにはめたのは
仮ゲストの三人だった。
そして恐ろしいくらいのシンクロ率で、
「あたし達(ジュビア達)ライブのゲストなの!!!!!!!!!!???????」
と叫び声と似た声を上げた。
男三人も恐ろしいくらいのシンクロ率で耳をふさいだ。
ナ どうだ、ルーシィ、ライブ出るか?
ル 楽しそう、だよね!レビィちゃん、ジュビア!!
レ うんうん!!スッゴい楽しそう!
ジ とてもいい案だと思います!ジュビア感激してます!!
グ そうと決まれば練習だ!!!
全 やるぞ!!!!!!!!!
こうして、文化祭までの4日、練習ざんまいだったが
誰も弱音を吐かなかった。逆に自分を極限までライブの練習を
していた。
そして文化祭前日、ルーシィはナツと一緒に
練習をしていた。
ナ なぁ、ルーシィ...俺、ルーシィの事......
ル ほぇ?!
体が硬直、共に紅潮してまるで金縛りになったようだ。
二人の視線が絡まりもはや反らす事もできない。

沈黙。

その沈黙を破ったのは、かなり裏返ったナツの声だった。
ナ やっぱいい!!明日終わったら言う!!!!!!

なんだか明日はパニックの予感。

949:ジュシカ:2014/02/04(火) 22:58 ID:gN2

ゴーシュさん、小説上手すぎです。
ジュシカとじゃ、ゴーシュさんは一等星、
ジュシカは外のどっかに転がっている石ころ
くらいの差ですよ!?
自信持ってください!
応援してます!頑張ってください!

950:& ◆/N.A:2014/02/04(火) 23:04 ID:Wyg

そんなことありませんって!いや、本当に!

私ジュシカさんのような可愛い小説を書けるようになりたいです。

951:ゴーシュ:2014/02/04(火) 23:05 ID:Wyg

上私です…

952:カミア:2014/02/05(水) 21:57 ID:qc2

そろそろ新しいレス作る頃ですか?

953:ゴーシュ:2014/02/05(水) 23:50 ID:Wyg

そうですね…

私が折を見て作っておきます!

954:ジュシカ:2014/02/06(木) 06:45 ID:CtQ

ゴーシュさん
ありがとうございます!!

955:ゴーシュ:2014/02/06(木) 17:46 ID:Wyg

http://ha10.net/ss/1391676238.html

作りました!

このスレッドを消費し終えてからの完全移住をお願いいたします。

956:カミア:2014/02/06(木) 18:10 ID:qc2

書いちゃいます!
あ、前のは続かない方向で…。


ある日のギルドでのことだった。
突然倉庫からものすごい音、爆音と言った方がいいのか。
そんな音が聞こえてきたのだ。
何事だとギルドにいた皆が倉庫の方へ視線を向けた。
と、中から誰かが出てきた。

「あらあら。やらかしちゃったわね、ルーシィ。」

「なんであたしなんですかッ!まぁ、連帯責任と言うことで。」

ミラとルーシィだ。倉庫を半壊させちゃった♪と、ミラは
反省するそぶりを全く見せずニコニコ笑っている。
ルーシィはその陰に隠れて、苦笑い。

「おいおい。何があった〜?」

グレイが2人に尋ねる。勿論半裸で。

「だから服っ!」

「うおっ!いつの間に!?」

と言うのがお決まりのパターンなのだ。
脱ぎ癖と言うのは少し厄介だ。
本人は無意識のうちでやってしまっているのだ。
幼いころの教育を怠るとこんな風になってしまうのかと、
ルーシィは溜息しか出なかった。
話を戻す。

「ミラさんが、倉庫の整理手伝ってほしいと。で、手伝ってたの。
 そしたら、なんかミラさんが・・・」

ミラはニコニコ笑って、

「この小瓶がどうしても欲しかったの。取ろうと思ったら」

「周りに合った薬が散乱して、融合しちゃって。そのまま化学反応起して…」

「ドカーンよね〜。」

ミラは面白しろそうに笑って小瓶を振っている。
さすがのルーシィも突っ込む気にはなれないらしく。
散々振り回されたルーシィを見ると、
同情の気がわいてこないわけでもない。

「はぁ、散々だった…。」

ルーシィはその場を離れ、黙々とファイアパスタを食べている
ナツのもとへ行った。相棒のハッピーの姿が見当たらないが
気にせずにナツの隣へ座った。

「ね、ナツ。ハッピーは?」

「んぁ?彼奴ならシャルルんとこだ。」

そっか、とルーシィは目線の先に
ウェンディたちと一緒にいるハッピーを見つけた。
楽しそうに話す様子を見て、ギルドに入ったころとは
全く態度も表情も柔らかくなったと実感する。
自然とほおが緩むのを感じる。
そんなルーシィの様子を、ナツはじっと見つめていた。

「なぁ、ルーシィ。」

「ん?どうしたの。」

てんこ盛りだったパスタをあっという間に平らげたナツが
ルーシィを呼んだ。

「あのさ。仕事行かね?ハッピーいねぇし、暇。」

「うん。いいわよ。丁度行こうと思ってた頃だし。」

仕事の誘いを承諾し、どれがいいかと
リクエストボードの方へ歩き出したルーシィの手をナツが掴んだ。

「どうしたのよ。何か悩み事?」

ナツはルーシィの手を、さらに強く掴む。
今日のナツは本当に様子がおかしい。
熱があるのではと、額に手を触れてはみるが平常だ。
ならばどうしたというのだろうか。

「…手。隠すなよ。」

「へ…?手がどうかしたの?」

「お前、腫れてんじゃねえか。手が!」

ルーシィはナツに掴まれた手に、違和感があることを感じ
よく見ると、若干腫れていた。さっきの倉庫の時だろう。

「このくらいなんともないって、平気よ。」

平気なわけあるか!と、ナツはルーシィの手をひいて医務室へ。
そしてベットに座らせると、ルーシィの手に湿布を張り
軽く補強するために、包帯を巻いた。

「お、大袈裟だってば。大丈夫よ。さっきまで気が付かなかったわけだし。」

「お前、鈍すぎんだろ。自分の体、大事にしろよ。」

真剣な目で訴えられれば、うんと言うしかない。
不器用だけど、一生懸命巻いてくれた。
が、ほどけそうなくらいぐちゃぐちゃな包帯。

「ナツ、ほんと不器用。」

包帯を見てルーシィが言った。

「うるせぇ。」

これでも頑張ったんだと、ナツはそっぽを向く。そんなナツに

「ありがと。」

嬉しそうにルーシィは言った。ナツも嬉しそうに

「あぁ!」

と答えたのだった。



もう力尽きた・・・。
気がむいたらおまけ感覚でその後を書きます。

957:リト:2014/02/06(木) 18:23 ID:keA

カミアさんも小説が上手ですよね

このスレッドのメンバーはみんなうまくて羨ましいかぎりですよ!
3のスレッドに行ってみます!

958:ジュシカ:2014/02/06(木) 19:31 ID:XpQ

ゴーシュさん
新しいスレをありがとうございます!
それからみんなの事をもっと知りたいので
タメ口、呼び捨ていいですか?
馴れ馴れしかったらごめんなさい!!

959:カミア:2014/02/06(木) 21:45 ID:qc2

私自身は平気ですが…(^^;;

というか、私小説下手ですよ〜!
ゴーシュさんを見習いたいです〜!

960:ゴーシュ:2014/02/06(木) 21:58 ID:Wyg

タメ口大丈夫ですよ!

カミアさんのような人に下手といわれると
なんとなく調子に乗ってしまいそうで怖いです…(笑)

961:ゴーシュ:2014/02/06(木) 21:59 ID:Wyg


◆◇◆

その日の朝は本当に2月かと疑うほどの陽気だった。
どこか湿度も高く、お出かけ日和といって差し支えない。
森へ行くこともちらっとは考えたが、今日は何だか賑やかな喧騒に紛れていたい気分だった。
食料はまだある。必要な消耗品も特にはない。
そうとなったら楽しいショッピングの時間だ。
最近は随分とご無沙汰していたがチェックしたい店はいくつかある。
そこまで考えると俄然気分は上を向く。
口から自然に漏れだしたハミングのリズムに乗りつつ服を選ぶ。
急ぐ用事は特になかったが、何かに駆り立てられたかのように部屋を出た。
(ほら、思い立ったが吉日っていうでしょ?)

片付けもそこそこに飛び出した部屋では、切り忘れたテレビ型魔水晶が誰に知らせるでもなく情報を流し続けていた。
誰もいないがらんどうの部屋で音が反響する。
「……今日の天気は文句なしの快晴となるでしょう。防寒対策も特に必要なさそうです。
ですが、所によりお昼から午後にかけて突発的な土砂降りが降る可能性があります。
折りたたみ傘などを念のため持ち歩くことをお勧めします……」

人々の集まる商店街で、私は。

「これ?…それともあっち?」
「どちらもお似合いですよー」

絶賛迷い中だった。
10時に家を飛び出してからはや4時間が過ぎているがいまだに何も買っていない。
ナツがこの場にいたら絶対ブチ切れているだろう。
(「そんな悩んで何になんだよ!」とか言いそうね…)
そんな姿を想像して思わず吹き出す。
何も買わなくたってショッピングは楽しいのだ。むしろ悩んで時間を消費するのが正しいショッピングの作法とも言えるだろう。
結局今回も何も買わずに店を出る。
次は向かいのアクセサリー店かしら、なんて目星を付けつつ髪を風に遊ばせる。

ああ、私今サイコーの気分だわ!

次に入ったアクセサリー店は品揃えが微妙なものの、可愛いものばかり揃えていた。
そろそろ新しいピアスを買わなくはいけない。そう思って私はピアス売り場へ向かった。
ピアス売り場には本物の天然石をはめ込んだものがたくさん置いてあった。
天然石自体は魔法で作り出すことができるが、魔法で作り出したものと本物ではやはり輝きが違う。
目の前にあるピアス達が持つのは本物の輝きだ。
素敵なものが多すぎて悩みに悩んだが、結果的に青と緑が溶け合ったような色のものにした。
何を連想して選んだかは言わずもがなあの二人である。
いいものを見つけたとふわふわとした幸福感に満たされていたが、同じ棚に置いてあったブレスレットを見た瞬間私は目を奪われた。
鎖のブレスレットで、どちらかというと女性よりも男性が身につけるであろうそれ。
金色のコーティングは鎖が揺れる度にキラキラと光を反射していた。
まるで燃え上がる炎のような造形のブレスレットはどうしようもなく彼を思わせた。
衝動的にそれを買いたくなったが、ピアスとブレスレットではどうにも予算オーバーだ。
仕方なく一方を諦めざるを得なかったが、できるなら両方買いたかった。
何故だかよくわからないが、一つ諦めたらもうそれが最後のような気がした。
泣く泣くピアスを手放し、ブレスレットをレジに持って行った。
レジでタグを外してもらい初めて嵌めてみたが、思ったより自分の腕にフィットした。
本当に男性用のものか怪しいが、決して私の腕が太い訳ではないと無理矢理に自分を納得させた。
存外自分が高い買い物をしてしまったと気付いたのは店を出たあとだった。

962:& ◆/N.A:2014/02/06(木) 22:02 ID:Wyg

今回は気持ち明るめにしようと意識しました!

言ってませんでしたが長編の続きたい

963:ゴーシュ:2014/02/06(木) 22:02 ID:Wyg

続きです。

964:ジュシカ:2014/02/08(土) 13:01 ID:5i2

今日は、土曜授業で退屈でした!
そして恐ろしく寒い!
みんなはどうですか?

965:カミア:2014/02/08(土) 14:59 ID:qc2

大雪で大変で…
まぁ、小学生は公園ではしゃいでおりますw

966:& ◆/N.A:2014/02/08(土) 20:58 ID:Wyg

私はに日中ずっとアル雪だるま作ってました(笑)

967:ゴーシュ:2014/02/08(土) 21:01 ID:Wyg

リアル雪だるまです

968:リト:2014/02/08(土) 21:12 ID:keA

私は鎌倉作ってました!
でも寒すぎてリタイアしました。
ストーブの前を縄張り化なうww

969:カミア:2014/02/08(土) 22:01 ID:qc2

本当は明日ディズニーランド行く予定だったんです。
でも、今日の雪のせいで道路が…ってことで
行けなくなってしまい…。しかも学年末テストが
迫ってきているので、もう大変で。
週末は疲れそうです(笑)

970:白羽:2014/02/09(日) 01:49 ID:EpA

初めまして!だよな??白羽です。
俺って言ってるけど女です。

971:白羽:2014/02/09(日) 01:51 ID:EpA

だぁれかぁー!!!

972:白羽:2014/02/09(日) 01:53 ID:EpA

いいや
また明日ヒマになったらくるぞ♪

973:白羽:2014/02/09(日) 02:03 ID:EpA

明日じゃなかった!!……今日、だなちなみに3DSからやってる★

974:リト:2014/02/09(日) 11:07 ID:keA

白羽さんよろしくお願いします!
リトっていいます!タメ口OKだよ!

975:カミア:2014/02/09(日) 11:38 ID:qc2

呼びためオッケー(((o(*゚▽゚*)o)))
白羽さん、よろしくです(=^ェ^=)

976:ジュシカ:2014/02/09(日) 12:09 ID:RSU

白羽、はじめまして!!
ジュシカだよ♪
呼び捨て、タメ口オッケーだよ♪

977:翡翠:2014/02/09(日) 15:21 ID:5nY

見ないうちに色々な小説が!
皆さん、小説お上手ですね♪
白羽さん、私も3DSからの
更新です!
良かったらフレンドになりませんか?
後、私はタメOKなので気軽に
翡翠って呼んでください♪

978:翡翠:2014/02/09(日) 15:25 ID:5nY

リア、来てませんでしたね・・・
新しい携帯買ったから
来ると思ってたんですけど・・・
それに、私リアと喧嘩しましたし・・・
リアと両親最近、仲良くなってきました♪
よかったです♪

979:白羽:2014/02/09(日) 17:05 ID:EpA

みんなよろしく!翡翠、フレンドになろーぜ!!

980:白羽:2014/02/09(日) 17:10 ID:EpA

いないっぽいから載せとく
  
4038-7338-1364
白羽

981:ジュシカ:2014/02/09(日) 17:39 ID:8Tg

翡翠さん、
オリーに
いつでも待ってるね〜!
って伝えてくれませんか?
オリーとお話したいなぁ〜
と最近思っていたので、
あと、オリーと親御さんが
仲良くなったみたいで
良かったです♪
オリー、見てる?
もう一度だけでもいーから
お話したいよおおおおおお!!!!!!!!!

982:カミア:2014/02/09(日) 18:46 ID:qc2

ジュシカさん、リアさんの間違いでは?

983:ジュシカ:2014/02/10(月) 06:38 ID:hKA

翡翠さん、そうですよ!
オリーからリアに変わって
けどジュシカそのまま
呼んでたんで...

984:ジュシカ:2014/02/10(月) 06:40 ID:hKA

カミア、ごめんなさい......
(土下座)

985:カミア:2014/02/10(月) 11:19 ID:qc2

きゃー、何で謝るんですか!?
というか、私こそごめんなさいm(._.)m

986:ゴーシュ:2014/02/10(月) 18:01 ID:Wyg

この中に鬱展開がどうしても苦手な人っていますか?

今まで散々鬱だったんですが、更に輪をかけて酷いことになるんです…
本当にダメだっていう人は言ってください。

あ、でもちゃんとハッピーエンドですよ!

987:カミア:2014/02/10(月) 19:37 ID:qc2

ゴーシュさん!基本私展開はなんでもいいです!
というか、ゴーシュさんの小説大好きですし♡

988:ゴーシュ:2014/02/10(月) 19:46 ID:Wyg

カミアさんにお許しを頂きましたので続きを投下します。



溜め息をつきながら財布を閉めて前を向くと、思ったよりも辺りが薄暗い。
そこまで時間が経っていただろうかと腕時計を覗き込むが短針はまだ3を指していた。
べとつく湿気に眉をひそめて空を見上げると、案の定雲が重く垂れ込めている。
おまけに遠くの方でゴロゴロと不穏な音が響いている。
これは一雨来そうだわ、と独りごちる。
あんなに天気が良かったのに、と唇を尖らせるが、その反面濡れて困るようなものを買わなかった自分がなんだか誇らしい。
どこか雨宿りのできそうなカフェはないか周りを見回すと、その光景はまるで見てくださいと言わんばかりに私の目に飛び込んできた。
それは私が1番見たくなかった光景だった。
気付かないこともできたはずだ。見ないフリも、もしかしたらできたかもしれない。
しかし、私はどうしても目を離すことができなかった。
体も根を張ったように動かない。


そんな私に気がつかないまま、ナツとリサーナは二人で楽しげにお揃いのリストバンドを選んでいた。
リストバンドを付けて首を傾げるナツにリサーナが何か耳打ちをする。
するとナツは途端に俯いてしまったが、その時にチラッと見えた顔は真っ赤に染まっていた。
どうしようもない優しさと愛しさを滲ませながら。


知らない。
ナツのそんな表情なんて、私知らない。
何でリサーナの前で。
何で。何で、何で何で何で何で何で!!


何で、そこにいるのが私じゃないの。




ナツが私を好きなんじゃないか、なんてことは想像することはあっても本当にそうだと思ったことはない。
でも、それでも私は彼が好きだった。大好きだった。
どうやってその気にさせようかしらといつも考えていた。
リサーナが帰ってきた時も、ただの幼なじみだと信じて疑わなかった。
でもあんな顔を見てしまったら。

(諦めるしかないじゃない…)



体が冷えている。何故だろう。
皆屋内に逃げ込んで行く。何故だろう。
服が重い。何故だろう。
空から大量の水滴が落ちてくる。何故だろう。
私の目からも水滴が流れている。何故だろう。
ああ、家に帰らなきゃ。
全てが、もうどうでもよかった。

989:ジュシカ:2014/02/10(月) 20:55 ID:2RU

ついに、最終回......
「君と俺と軽音部」

ライブ直前
ルーシィはレビィと話していた。
ル 緊張するね
レ 緊張なんてもんじゃないよ...
途中で倒れそう...
ル それはかなり困るね
レ どーせ、ライブ中の事は覚えてないよね
楽しすぎて......ルーちゃん?
ル えっ?なに?レビィちゃん?
レ 今日はずっとぼーっとしてたね
ル 考え事があって.........えへへ
レ ほぇ?まさかナツの事じゃ......
ジ あっ!ルーシィ、レビィさん!!始まりますよ!!
ルレ オッケー!!!

ナ よーっす、今日はゲストがいるぜ!!
ナツが大声を張り上げる。
そして、ここにいる全員が 全身全霊をかけた、歌が始まる。
ナツとほんの一瞬、目があった。
ルーシィとナツはウインクを交わし、マイクを持った。

空より君を好きになって

雲より君を抱きしめたい

臆病な自分を振り切って

君のもとへとかけて行く

内気な自分を振り払い

君のもとへとかけて行く


右往左往していた僕に君は笑顔で手をふった

「まるで太陽」

心の中に灯りが灯る

灯りが全てを照らし出す

気が付けば、ホラ、戻れないほど好きになる


空より君を好きになって

雲より君を抱きしめたい

まだ伝える勇気はないけど

君に伝えるその日まで

大事に大事に飾っておこう


拍手喝采、声援、スタンティングオペレーション
とにかく、ただただ自分達を褒め称える人々の騒音。
そのまま、全員はライブの裏側へ棒の様な足を無理に動かした。
その後、レビィは貧血で倒れて、ガジルに運ばれて行った。
ジュビアは衣装から着替えた直後に教師に呼ばれ、
グレイはジュビアの落としたハンカチを届けに行った。
ナ ......ルーシィ......
ル はい!!
唐突に名前を呼ばれ、自然と肩が上がる。
ナ 昨日の事......覚えてっか?
ル うん...覚えてるよ?
ナ 俺な、ルーシィの事が
ル .......................................。
間が空いた。
ナ たぶん、好きだ!!!!!
そしてまた唐突に奪われたファーストキス
キスさえしなければ返事をルーシィはするだろうに......
ル 返事してないのにキスすんな!!!!!!!!!
ルーシィの怒号と鉄拳が飛んできたのは
言うまでもない、しかし、その顔はどこか
嬉しそうだった。

990:ゴーシュ:2014/02/10(月) 21:12 ID:Wyg



どうやって家に辿り着いたのか、あまり覚えていない。
気付いたらびしょ濡れのまま玄関に座り込んでいた。
水分を含んで肌にへばりついてくる服に不快感を覚え、早く乾かさなければとは思うが頭が回らない。
仕方がなく鍵をポシェットから取り出して構える。
アリエスならどうにかしてくれるだろう。

「…アリエス。」

ぽつんと呟いた震えた声は壁に当たって跳ね返ってくるが、それ以上のことはなにも起こらない。
何を間違えたのか不審に思いつつ、もう一度挑戦してみるが結局それは徒労に終わった。
思考が停止する。
(星霊を、呼び出せない?)
ありえない。呼び出せないなどということは今までに一回も無かった。
慌ててすべての鍵で試そうとする。

「あんた、まだ気付いてないわけ?」

が、突然響いたその声に行動を封じられる。
既視感を感じつつ振り返るもそこに広がるのはがらんとした自分の部屋だ。
不審者かとは思わなかった。何故なら、その声はあまりにも聞き慣れた────



自分の声だったからだ。

「やーっと聞こえたわね。
なんかもう今さら過ぎる気もするけど…ま、しょうがないか。」
「どういうこと?何で私の声が…」
「何でって…あんたさっきからそればっかねー
あ、言っとくけどあたし人間じゃないわよ?」
「…は?」
「 特別に教えてあげるわ。
いいこと?簡単に言えばあたしはあんた、あんたはあたしなのよ。」

「あんたがギルドやなんかでイイコちゃんの皮を被ってやってる間、まあストレスやら不満やらが溜まる。
それを発散すりゃあいいものを、あんたは知らないフリをした。
溜まり溜まった不満が形になったのがあたしってわけ。
もちろんあんたの不満はあんたのもの。だからあたしの声はあんたにだけ聞こえてるの。」

あたしの声はまるで演劇の台本を読み上げるように朗々と語る。
しかし、私は恐怖に囚われたまましゃべることすらままならなかった。
聞こえてくるのは間違えようのない私自身の声。
だけれどその声に込められたねっとりとした悪意は確実に私を蝕んでいった。
必死に耳を塞ぐが、その行為をまるで嘲笑うかのように声が指の隙間をすり抜けていく。

「ほらほらすぐそうやって聞かないつもりだ。
言っとくけどね、あんたにあたしは拒否できないわよ?
あたしを拒否するってことはあんた自身の存在を否定するようなもの。
今のあんたにそんなことできるわけないじゃない」

「そうそう、本題を忘れるとこだったわね。
あんたが大事そうに抱えてるそれ、何で使えないかわかる?
まあわからないでしょうね、そんな顔してるんじゃ 」

「答えは簡単!
あんたはね、そいつらに見捨てられたのよ」
「そんなことあるわけないじゃない!!いい加減にしてよ!」
「っとっと…急に大声出さないでよ。
じゃあ聞くけど、あんたの考えてることに根拠はあるの?
長い間呼び出さない、鍵の手入れもしない、自分達と対話しようとしない、そんな愚かな主人に仕えつづける星霊なんているのかしら?」
「あの子達は私の友達よ!見捨たりなんかするはずないわ!」
「へぇ…
でもそそれ以外に呼び出せない理由は見当たらないようだけど。
信頼とか、友情とか、忠誠心とか。案外壊れやすいものよ?
少なくとも、あたしはそう思ってるわ。」

「ねぇ、よーく考えてご覧?」
声質ががらりと変わる。
それまで高飛車だった口調は甘ったるく絡み付くように。
音量はしぼられたものの、まるで耳元で囁かれているような錯覚に陥る。
悪魔の囁き。
脳裏に浮かんだのはそんな言葉だった。


「星霊に見捨てられた哀れな哀れなルーシィ。
ギルドの皆はあなたを求めるかしら?
今さら魔法を使えなくなった途端足手まといになったこと、忘れたわけじゃないわよね?
ギルドは大きくなって、強い仲間もどんどん増えた。
あなたがいなくなったところで変わることはあるのかしら?

─────どう、ルーシィ。目をつぶって。想像してみて?
足手まといのあなたは皆に白い目で見られる。ナツの隣にはもうあの子が、リサーナがいる。
今のあなたに、味方なんていないのよ。」

991:ジュシカ:2014/02/10(月) 21:56 ID:Pao

ゴーシュさん小説上手すぎですよおおおお!
ジュシカは自分の歌が超恥ずかしいです
(自分で作ったくせに...)
ゴーシュさん、とっっっっても
続きが気になります!!
頑張ってください!!!!!!!!!!
それからリレー小説、いつやります?

992:ゴーシュ:2014/02/10(月) 22:27 ID:Wyg


次々と放たれる絶望の言葉達は私をどん底に突き落とした。
もはや反論する気すら起きずにずるずると壁に身を預ける。
ふと手に触れたのは今まで頭についていたはずの青い花。
貰ったときは三分咲きだったはずのそれは、今では魅力を惜し気もなく見せつけるように咲き誇っていた。
あの優しげな低音の声が頭の中で思い出される。
投じられた光に一種の酩酊感を覚えつつも、それに近づこうともがく。
力無く立ち上がり、ふらふらとした足取りのまま唯一の味方が待つ場所へ向かう。
それまで執拗な程責め立ててきた声は意外にも何も発さなかった。



ちょっとですいません…

993:ゴーシュ:2014/02/10(月) 22:29 ID:Wyg

そんなことないですよジュシカさん!
歌詞とか絶対に私思いつきませんし!


リレー小説ですか…
次のスレッドに行ってからにしません?
ほら、此処ももう残り少ないですし。

994:ジュシカ:2014/02/10(月) 22:52 ID:Qqw

そうですね〜

995:ゴーシュ:2014/02/11(火) 00:28 ID:Wyg


ようやく、第一部、完です。
ああ長かった…とにもかくにもこのスレッドが終わる前に一段落ついて良かったです。


家主が去った部屋の中では、何の音も生まれない─────ように思われたが。
互いに実体を持たない者達がそこには存在していた。

「あーあ、行っちゃった。
にしてもあの子、どっちがおっかないのか分かってるのかしら?」


「だってその通りじゃない、あんなところで邪魔なんてして。
あれじゃあたしがただの悪役じゃない。」


「はいはい分かったわよ。あの子を傷つけた私はさっさと消えますよーっと。
あたしが消えたらせいぜいあんたがドロドロに甘やかしてあげることね。
"悪"を持たない人間程弱いものはないんだから。
まあ全部あんたの策略通りってとこかしら?」


「────────わかったわかった!
んもう、あんたの御託って聞いてるだけで頭がどうにかなっちゃいそうよ」


「じゃあ、そろそろ時間ね。

さようなら、偉大な千年樹サマ?
アン、ドゥ、トロワ!」

甲高い嗤い声は、僅かな余韻を残して静寂に溶けた。

996:ジュシカ:2014/02/11(火) 07:33 ID:6kA

さすがと言うほど
ゴーシュさんは上手いですね!
ゴーシュ師匠!!
とりあえず「君と俺と軽音部」終わって
本当に良かった......
文才0の小説で、
スレの中に書き込んで
ごめんなさい......!!

997:翡翠:2014/02/11(火) 11:36 ID:5nY

白羽ちゃん って呼ぶね♪
ありがと!
私は、
3926−5248−3123
だよ♪

998:カミア:2014/02/11(火) 18:26 ID:qc2

ゴーシュさん流石ですね!
ジュシカさんの小説も素敵ですよ!
文才無いのは私の方です笑

999:ジュシカ:2014/02/12(水) 06:58 ID:P2s

カミア、そんなことないよ!!

1000:翡翠:2014/02/12(水) 16:46 ID:Q9g

1000ゲットー!イェイ!

1001:1001:Over 1000 Thread

このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててください。


書き込む 最新10 サイトマップ