片翼のラビリンス小説☆

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:杏舞ゆう:2014/01/11(土) 21:44 ID:HSs


どうも!!
3つ目のスレです、きょーぶです!!

ここはくまがい先生の片ラビの小説をかいていくところです^^

荒らしは来ないでね――^^

ちなみに「小鳥のささやきーあやかし緋扇ー」

と、「Sho-Comi学園物語☆」

もよろしくです!!

2:美玉:2014/01/11(土) 22:03 ID:mCs

来ました!
更新楽しみです。
まだあまり物語が分からないのに書くなんて……。
チャレンジャーなのですね!
凄いです♪

3:杏舞ゆう:2014/01/11(土) 22:17 ID:HSs


トントン。
お姉ちゃんがドアをノックする。

蛍「都・・・起きて。」

都「うーーん・・・もうちょっと。。」

蛍「都――。。・・・おかーさん。都起きないよ――。」

母「困ったわねぇ。蛍、大翔くん待ってるから、もう行きなさい。」

蛍「は――い。」

―――ヒロ・・・ト?

大翔くん!?

がばっ。

は・・・早くしなきゃ。

大翔くんが、いっちゃう・・・!

都「行ってきまーーす!!」

急いで朝食を食べ、外に出ると。

都「・・・え。」

司「・・・遅ぇな。」

大翔くんじゃなく、城田くんがいた。

都「・・し、ろた、くん・・・?」

何で・・・?

司「大翔なら先にいったぞ。」

都「えぇ・・。」

100メートル程先に、お姉ちゃんと大翔くん。

都「・・・」

――そうだよ。

お姉ちゃんは、大翔くんのカノジョ。

私は、お姉ちゃんじゃないんだから。

一緒に行きたいなんて、思っちゃいけない・・・。

司「・・・なにしてんだ。おいてくぞ。」

都「へ??」

司「乗らねーのか?」

・・・・。

-Now Roding-

都「ええぇ??」

4:杏舞ゆう:2014/01/11(土) 22:19 ID:HSs


美玉>いやいや!!

ただのバカです!!

5:杏舞ゆう:2014/01/18(土) 20:47 ID:HSs



書くぞぉ!!


――。

都「・・・城田くん。」

司「ん?」

都「なん、で・・・待っててくれてたの?」

司「別に。・・・それより落ちるぞ?つかまれよ。」

都「え・・・う、うん。」

――手!!まわしちゃったけど!!

ぎゅうっ・・・。

ねえ、城田くん。

胸が・・・苦しいよ。

司「別に・・・お前がそんなムリする必要ねーんじゃねーの?」

都「え?・・・何、聞こえない。」

ゴオオォォ・・・っ

司「オレ・・・だったら、お前を泣かせたりしないのに。」

都「え??だから、聞こえない・・・。」

ガタン・・・カタン・・・

司「泣くとブスになるぞ、お前。」

――シイィーン。

都「えぇっ!?ちょっ・・・何!?」

司「都。オレは・・お前を泣かせたりしないから。」

――なに。

不意打ち。

6:ゆっきー:2014/01/30(木) 13:57 ID:Xdo

こんにちは〜!
入らせてもらってもいいですか!?

小説面白いです❤

7:杏舞ゆう:2014/02/01(土) 23:10 ID:HSs

うわあ!!

ありがとうございます!!



城田くんは、いま、どんな顔してるんだろう。

からかってるのか、本気なのか、解らない。

都「・・・どういうこと?」

司「しらね。」

都「・・・ナニソレ。」

わかんない。

わかんないよ。

でも、胸は、

今まで以上にドキドキしてる――。

都「・・・////」

ああ。

大翔くんが好きなのに。

どうしよう。

あたし・・・



城田くんが、好きなんだ――。


自分の中の、もうひとつのキモチ。

――ぎゅっ。

堕ちてきた、恋は。



あたしの心を、

わからなくする。

8:ゆっきー:2014/02/02(日) 21:01 ID:Xdo

城田君かっこいい///

私が恋しそうです〜><

9:アミ:2014/02/03(月) 08:44 ID:oi6

片翼のラビリンスもうまい…あやかし緋扇もうまい…なんでゆうはそんなに小説が上手いのっ!?
教えて〜!

10:ゆっきー:2014/02/03(月) 17:49 ID:Xdo

同じ〜

私もブログで小説書いてるけどうまく書けない〜
コツ教えて!!

11:杏舞ゆう:2014/02/09(日) 14:43 ID:HSs


コツ・・・ですか?
あたしの場合、言われて嬉しい言葉からもうそ((
してます・・ww


では、本編^^


・・・ギィッ。

司「ついたぞ。」

よかった・・間に合った。

都「ありがと、城田くん・・・///」

司「別に・・・都、」

都「?」

司「やっとこっち見たな。・・・俺、お前のこと、

好きだから。」

―――え?

好き?

城田くんが、あたしのこと――?

司「お前がまだ、司のこと好きでも。」

どきっ・・・どきっ・・・。

司「それでも、いいから。」

――心臓の音はウソを吐けない。

12:ゆっきー:2014/02/17(月) 15:57 ID:Xdo

久しぶりです!

都気づいたか!!!

お前は司くんのことが好きなのだ〜(笑)

13:ゆっきー:2014/02/20(木) 17:15 ID:Xdo

小説書いてもらってもいいですか?

14:ゆっきー:2014/02/21(金) 22:29 ID:Xdo

無理だったらいいんですが

15:ゆっきー:2014/02/26(水) 23:19 ID:Xdo

お〜い!!
みんな〜

16:杏舞ゆう:2014/03/09(日) 14:57 ID:HSs

すいません!

テストでした・・・。

来週?から2日に1回ぐらいきますので!!

17:ふる〜つぱ〜ら〜:2014/03/12(水) 19:29 ID:.3E

ゆう〜!
覚えてるかな??
元アミです☆
やっぱりゆうは恋愛もの好きだね&上手だね
では、楽しみにしてま〜す!

18:& ◆ypyw:2014/03/14(金) 20:58 ID:5.Y

<ふる~つば~ら~

えww好き?......好きです恋愛!!!!!!!!!!!

ありがとー(*^^*)

19:美玉:2014/03/14(金) 21:22 ID:6lg

お久しぶりですっ。
覚えていますでしょうか?
小説、再開しました。
更新はとても遅くなります。
コメントするのも遅くなるかもしれません。
ちょこちょこ来ますね!

20:杏舞ゆう:2014/03/16(日) 17:56 ID:HSs


更新!!


都「・・・あたし。」

わからない。

どれが『好き』のキモチなんだろう。

大翔くんが?

城田くんが?

どっちが本当の『好き』?

大翔くんへのドキドキも、城田くんへのドキドキも、全部。

嘘じゃないんだよ。

都「・・・城田くんのこと、好きだよ。好きだけど、でも、わからないの。・・・ごめん。」

整理しないといけない。

自分の心を。

司「・・・忘れられねーんだろ。いいよ、知ってるから。」

ぽんっ。

都「うん・・・うんっ・・・」





つかさああああ!!!
イケ麺っ!!・・・あ。

イケメン!!!!

21:ふる〜つぱ〜ら〜:2014/03/19(水) 13:11 ID:.3E

おぉう!
何だかドキドキの展開ッッッ❤

22:& ◆7FWypyw:2014/03/19(水) 21:51 ID:arQ

ふる~つぱ~ら~>いつもありがとう(^-^)v

23:ゆっきー:2014/03/19(水) 23:09 ID:Xdo

うわぁ〜
久しぶりの小説だ〜!

想像しただけでも司かっこよすぎ///

24:& ◆pE:2014/04/03(木) 21:58 ID:Hwc

すみませんー!!!

最近LINE初めていそがしくなって(>_<)

25:ニャンコ:2014/12/05(金) 18:03 ID:mOE

司かっこ良すぎる💕

26:未唯:2014/12/26(金) 00:55 ID:z96

司すごく、かっこいです⁉

27:美羽 はじめまして :2015/01/12(月) 21:26 ID:syo

初です
ようです。
小説が面白いですね
これからお願いします。

28:アスペルガー:2015/01/17(土) 16:35 ID:qhA

城田何で俺都を笑顔にしてやれねーんだろ.....くっそ!

29:都:2015/01/24(土) 13:30 ID:tbc

都 どうしよう・・城田くん、きずついたよねっ・・ふ・・                  

30:リイー:2015/02/04(水) 16:46 ID:qDY

城田君カッケー ていうか私ニヤニヤしすぎてキモイ
                                          

31:雅:2015/03/23(月) 17:30 ID:SzA

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちわぁ〜*。♡

私もいいですか?
ちなみにタメOKです。

32:雅:2015/03/23(月) 18:01 ID:SzA

私も書いてみます!

司目線です。

トントントン・・・・。
俺は毎日の日課である、リフティングをやっていた。

「・・・よし。そろそろ終わるか。」

手にボールを持ち、家に帰ると、かりんが飛びついてきた。

「にいに!おんな!おんなから電話!」

女?

誰だろう。華本か? いや、あいつから電話はないな。・・・てことは・・・。


「・・・もしもし?」

「もっ、もひもひ! あっ・・・もしもし!私!お、小栗都ですっ!」


俺の考えは当たっていた。

小栗か・・・。小栗から電話なんて、俺の調子が狂う。

「なんだ?何かようか?」

「あのっ。実は、ちょっとお願いがあって・・・。」

お願い?あいつからお願いだなんて・・・。

「あっあのね、来週の水曜日、お父さんの誕生日で・・・

プレゼントを買いたいんだけど、何買ったらいいかわからなくて・・・。」

「城田君に一緒に選んでくれないかなって思って・・・。」



短くてすみません!  良かったら感想ください!

また更新します!

33:優羽:2015/03/23(月) 19:00 ID:k36

面白いです!

続き楽しみです〜!

34:匿名さん :2015/03/23(月) 22:50 ID:SzA

雅です。

ID違うけど。

前のは、PCで、今は3DSです!

紛らわしくてすみません・・・・。

更新します!



「大翔といけばいいじゃないか。」

いっつもこうだ。嬉しいのに意地を張

る。

「だって・・・。大翔くんは大人っぽ

すぎて・・・。誘いにくいし・・・。

だから城田君を・・////」

・・・そういうことか。

消去法か。

「・・・まぁ、いいけど。」

もっと優しく言えないのか!俺!

「やったぁぁぁ・・・!!

ありがとう!城田君!じゃあ明日、1

0時に駅でいい?」

「・・・ああ。」

「本当にありがとう!優しい人で良か

った!じゃあまた明日ね!」

「・・・またな。」

電話を切ったときの俺はどんな顔をし

ていたかは、あとから母に聞いてわか

った。

「司、ニヤニヤして気持ち悪いわよ。」

その夜、俺はあまり眠れなかった。

     〜翌日〜

9時。

俺はリビングでマネキンのようになっ

ていた。

「ほら!司、これ着て!

・・・うーん。これじゃ、上下の組み

合わせが変ね。・・・はい!次これ着

なさい。モタモタしない!」

・・・あきれる。

普通、子供のデートにこんな全面的に

協力するか?

・・・/ / / /

自分でデートって言ってしまった・・

・。

てか、心の整理が出来ていない。

あぁ。楽しみすぎてやべぇ。


また感想下さい!!

また更新します!

35:莉愛:2015/03/24(火) 15:25 ID:4lY

わ〜!面白いです!
続き、早く読みたいです‼

36:匿名さん :2015/03/24(火) 21:20 ID:SzA

雅です!
更新します!


     〜10時〜

俺は準備が早くできすぎてしまい、10分前にきてしまっていた。

「あっ、城田くん!」

声のする方に顔を向けるとそこには・・・。

「・・・どうしたの?城田くん。」

「なっ、なんでもねぇよ。」

やべぇ。

直視できねぇ。

本当に小栗か・・・?

「かゎぃ・・・。」

可愛い。可愛いすぎる。

小栗はボブの髪の毛を二つに結わき、白い、フワッとしたポンチョみたいなやつに、赤いスカートだった。

「・・・・?」

「いっ、いくぞ。」

「あっ、うん。」





ホントに短くてごめんなさい!
あとこのあとのてんかいを質問したいんですが、皆さん、どんな展開がいいですか?どんなのでもいいです。

感想下さい!
また更新します!

37:匿名さん :2015/03/24(火) 21:25 ID:SzA

雅です!

更新するの遅くなるかもしれません!
私の小説を読んでくれて本当にありがとうございます!

次、楽しみにしていて下さい!

38:莉愛:2015/04/03(金) 22:13 ID:4lY

本家と同じくらい面白いです!
なんで、そんなに小説書くの上手なんですか?

39:杏舞ゆう:2015/04/15(水) 22:22 ID:K7Q

「はあぁ........」

あたしが城田くんへの想いに気づいた、翌日。

あたしは内心ドキドキしながら、柄にもなく城田くんがいないか、さりげなく靴箱付近を探していた。

「おっはよ、都ちゃん♪」

「うわぁっ。ひ、大翔くん....。」

なんでこのタイミングで!?

「どうしたの、なんか探してる?」

「う、ううん!?何で!?」

って、全然さりげなくなーい!!!!

「.....都....おはよ。」

し、城田くん!!!!

「お、おはようっ。」

ひゃあああっ。////////

「.....何、二人とも、なんか.....あった?」

「え....と。」

何も答えられなくて、城田くんを目で促す。

「俺が、こいつに告白した。」

「え、マジで!?」

な、なんでそうなるのっ!?

「で、どうしたの、都ちゃん!?」

「あ、えー...と。」

何て言えばいいの!?

「付き合うことになった。」

え!?

「おめでとうー!!!!!じゃあ、後は2人でごゆっくり!☆」

「あっ........」

何秒かの、沈黙。

「し、城田くん、何であんなこと」

「...やっぱり、都には俺だけを、見てて欲しいから...」

どきっ。

心臓が、きゅうってした。

胸が締め付けられる。

そんな瞳で見られたら、あたし....

「.......うん。//////」


そう答えることしか、できないよ................。

40:杏舞ゆう:2015/04/15(水) 22:27 ID:K7Q

お久しぶりです。

杏舞ゆうです(*^^*)

更新が滞っており、すいませんでした(TT)

あと、雅、さん。

小説は、ご自分のスレッドをお作りいただければ、よろしいかとおもいます。

私のサイトでは、人を集めるだけの力不足ですので。。。

作成方法が解らなければ、お教えしましょうか?

41:コバルオン:2015/04/18(土) 13:43 ID:OCw

都ちゃん…

42:Ukausa:2015/05/08(金) 19:44 ID:4dw

皆さん、私も入れてもらっていいですか?

43:ゆあー:2015/05/31(日) 10:07 ID:vAA

あの、私も入れてもらっていいですか?

44:アランオタク#:2015/06/06(土) 18:38 ID:OCw

わあっ!片ラビ大好きです!!!!!

45:りんごwxn:2015/06/30(火) 07:16 ID:wBg

片ラビ大大大好きです
Katarabi Love♥

46:夢亜:2015/08/13(木) 20:50 ID:29g

私も片翼のラビリンス好きです!小説面白いです!

47:美扇 mio:2015/08/19(水) 16:56 ID:9Kw

初めてまして美扇です
杏舞ゆうさんの小説面白いです
都と司どうなるの?("~")
ちなみに私は13歳 中学2年生です
杏舞ゆうさん小説頑張ってください

48:美扇 mio:2015/08/19(水) 17:15 ID:9Kw

杏舞ゆうさんさいきん来ていないみたいですね

49:渚:2015/08/20(木) 12:37 ID:4lY

とっても面白いです!!
杏舞ゆうさん、小説がんばってください!!
更新されるの待ってます!!

50:みいな:2015/11/01(日) 17:28 ID:pQk

小説待ってます‼️

51:みいな:2015/11/01(日) 17:29 ID:pQk

あ、申し遅れましたが、みいなです。よろしくです。

52:真瑠:2015/12/26(土) 23:21 ID:1UM

初めましてまりです。
更新待ってます!!

53:mimi.:2016/01/20(水) 17:37 ID:nqg

はじめまして!mimi.です!
入れてもらってもいいでしょうか?(≧∇≦)
杏舞ゆうさんの小説とても面白くて好きです!
更新頑張ってください!!待ってまーす!\(^▽^)/

54:美扇:2016/03/20(日) 20:25 ID:kco

ゆうさんもしかして受験生ですか?

55:チイちゃん:2016/04/16(土) 17:14 ID:5sc

私も書いてみました。

都「司君」
司「なんだ」
オレは、ドキドキしながらかっこよく言った。(多分…)
都「あのね…つ、司君のことが、好きです」
都は勇気を出して言ったんだろう。オレは……都のことが
司「ああ、オレもおまえのことが好きだ。」

56:チイちゃん:2016/04/19(火) 14:16 ID:5sc

ハロー チイちゃんです。

57:チイちゃん:2016/04/19(火) 14:42 ID:5sc

ハロー チイちゃんです。

未来の都達

都「ん、よく寝た〜」
司「よう、都。おはようのキスは?」
都「キ、キス!?つ、司君恥ずかしいよ////」
司「いつもどうりじゃん」
都「うう、し、仕方がないな〜」
司「本当はしたかったんでしょ」

チュッ❤

「ピンポーン」
蛍「みーやーこー。お姉ちゃんが来たぞー❤」
都「お姉ちゃん!久しぶり!」
コソッ
蛍「司君とはどう?💕」
都「お姉ちゃん、今聞かないで💢///」


司「おーい、お茶いれるから都来い」
都「はーい、今行くー。」


蛍「結婚して、半年!新婚旅行計画ー」
司「新婚旅行に蛍さんも来てください。結婚で、一番応援してくれたんだから」
都「いいね!4人で行こう!大翔君も誘って・・・」
蛍「わかった。一緒に行こっ!」



新婚旅行は沖縄になった。
ビーチで遊んでいる。

都「ふぎゃ!お姉ちゃん!止めて・・・・・・・・」

司「ははっ」




58:チイちゃん:2016/06/06(月) 09:33 ID:ApE

久しぶりに書きました
前回の続きです

新婚旅行は沖縄になった。

都「ぎゃーーーーーーーー!!」
司・蛍「な、何!?」
都「い、いや、、空港にいる人が「わっ」驚かされて…」
司「驚かすのが仕事なんじゃないのか? あそこ見てみろ」
都「ん?人を驚かしています」
ええーーーーとなっている都をオレは笑ってしまった。
蛍「2人とも早く行くよー」
司・都「はーい」

59:チイちゃん:2016/06/09(木) 19:08 ID:ApE

都「私のこと好き?」

オレに告白しているのか?

司「オレは…」



バッ
司「夢かよ…… 本当だったらいいのに…」

司「なんて夢、見てんだよ、オレ」



司母「司〜、友達来てるわよ〜、学校一緒に行こだって」

司「ん?大翔か?でも、大翔って言うだろ 誰だ」


都「お、おはようっ‼」

司「は?何でここにいんだよ」

司母「司‼💢」
ごめんなさい、ごめんなさいとあわあわしている都とは反対に、堂々としている華本がいる。
都だけでいいのに…

華本「ごめんなさいね、都だけじゃなくて(笑)」

何でわかんだよ


都「あっ、最近プラモデル、オリジナルを特注で頼めるんだって」

司「へ〜、最近は進化してるな」

華本「じいさんかよ」

司「おい、喧嘩売ってんのか。BLオンナ💢」
あわあわしている都

華本「感謝しなさいよ、都、結構努力したんだから」

努力?

60:チイちゃん:2016/06/11(土) 17:51 ID:ApE

華本が言っている努力とは何だ…
このことを聞いたらおこらえるだろう。

華「ここまで長かったー」

都「ごめんなさい…」

司「?」

華「あんたがかわいそうだから言ってあげる😒」

司「💢」

華「まずは、1日目、あんたん家に行くことがまぼろしよ」

司「は?うちんく普通の家だけど」

華「まあまあ、私の話を聞きなさい。一週間後、あんたん家の前まで行けたわ。でもそこで止まって家に帰って…」

都、すごく頑張ったんだな
隣に顔を真っ赤にしている都


司「ありがとう、うちんくに来てくれて」

華「おい、今なんか言ったか?」


書き込む 最新10 サイトマップ