一途な片思い、実らせたい小さな幸せ。〜ヤンデレ物語〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:零期◆HbI:2014/05/16(金) 18:53 ID:Et.

どうも!*零期が、二次創作にかえってきましたぁぁぁぁぁ

小説のことなんも知らなかった、5年生の頃の私。。。
恥ずかしいですよw

また頑張って書きたいと思います*

ルール
・コメント&応援とても嬉しいです(@−ωー´@)b単なる雑談は控えましょう。

・勝手に小説を書くことは認めません。(勝手に零期の小説の続きを書く)
↑これで前に、トラブルがあったので。。。

・暴言、人を不快にされる行動等はアク禁させていただきます。

どうぞ、応援よろしくお願いします。

2:零期◆bI:2014/05/16(金) 19:11 ID:Et.

漫画とかでよくある『ヤンデレ』の話し。

そんな人は存在しないと思っていた。

ましてや、『ヤンデレ』に惚れられるなんて思ってなかった。

しかし、俺は――。。。


ある春の出来事。少年の名前は海田 陽太。
ごくごく普通の新高校生。

「ふぁー...よく寝た...ってえぇー!?」
入学式、当日、寝坊。。。

「やべー!遅刻じゃん俺!」
焦って、陽太は支度した。

「母さん!なんで起こしてくれねえんだよ!」
机を バン!と叩いて母親に聞いた。

「なんども起こしたわよ〜」
陽太の母親、海田 麻友架。

「う〜ん。。。もー!とりあえず、いってきまぁぁぁす」
陽太はパンを咥えて全力で走り、角を曲がろうとした。そのとき――...

ドンッ

「痛ってぇ、ったくなんだ....よ...」
陽太は口を開けたまま、呆然とした。

なぜなら、ぶつかったのはすごく綺麗な顔と髪の女の子だったからだ。

(うわぁ――...可愛い...)

「すみませんっけがとかしなかったですか!?」
彼女は、おでこから血が出ているにもかかわらず、陽太の心配をした。

「大丈夫!大丈夫!...って君おでこから血出てんじゃんっ」
陽太はニカッと笑って言い、彼女の心配をした。

「大丈夫ですよ」
彼女も微笑み言った。

「本当、ごめん!あっこれ、お姉ちゃんのだけど。。。」

ピタ
「よし!」

陽太はくまのばんそうこうを彼女のおでこに貼った。

「わわ!ありがとうございます!」
また、彼女は微笑み、言った。

「あれ?同じ制服じゃん!また学校で会えるかもなっ俺、海田 陽太っじゃあさき急ぐから!」
陽太はかけあし、しながら言い、ハンカチを落として、走って行った。

「海田...陽太..くん..」
彼女は陽太のハンカチを握りしめ、ふと笑った――...。

3:凛:2014/05/18(日) 15:53 ID:ggU

とてもおもしろいので、続き書いてください。
歌の小説ですか?

4:零期:2014/05/18(日) 19:10 ID:Et.

トリップがないですが、気にしないでください。

凛さんありがとうございます(*^^*)
そういう、お言葉をもらうと頑張れます〜(*^▽^)/★*☆♪

はい!mayuの曲です!

5:凛:2014/05/19(月) 00:48 ID:ggU

頑張ってください!

知ってます、ボカロ系が好きなのでw

6:零期◆bI:2014/05/19(月) 16:15 ID:Et.

はい

では、続きを書こう*

7:零期◆bI:2014/05/19(月) 16:26 ID:Et.

陽太は、ようやく学校につくと、クラス表が書いてある掲示板が物凄くにぎやかだった。
登校した生徒が口々に「クラス表みよ!」と言うため
つられて陽太のクラス表のほうに走った。

そこには

1-4 No.4  海田 陽太

と書いてあった。

「おっ4組かあ」
陽太は呟き、教室にむかった。

「4組...4組...」
陽太は4組を探した。

「あった!」

...?誰かが、陽太と同時に言った。
ふと、振り返ると

今朝あった、可愛い女の子だった。

「あ―!君、朝の!」
陽太がびっくりした表情で彼女を指をさして
言った。

「陽太くん!私達、一緒のクラスだね!」
彼女は満面の笑みを見せた。

....なぜだろう、可愛いはずなのに少し薄気味悪い笑顔にも見えた。

「...あっ!そういえば、名前聞いてなかったね。なんていう名前なの?」
彼女に聞いた。

「梨兎 ゆまっていうの、よろしくね〜」
彼女はまた、微笑んだ。
しかし、今度は薄気味悪くなんてなかった。
普通の可愛い笑顔だ。

陽太はあのときみた、薄気味悪い笑顔は自分の思い違いだろうと思った。
だが――陽太はあの、薄気味悪い笑顔が頭から離れなかった。。。。

8:零期◆HbI:2014/05/19(月) 16:28 ID:Et.

>>5

ボカロいいですよね〜*

9:零期◆HbI:2014/05/19(月) 16:29 ID:Et.

訂正

陽太のクラス表のほうに走った ×

陽太もクラス表のほうに走った ○

10:凛:2014/05/19(月) 18:53 ID:ggU

はーい

11:凛:2014/05/28(水) 23:56 ID:ggU

続き書いてくださいー


書き込む 最新10 サイトマップ