フェアリーテイルテイルで自由に小説書きましょう!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:&◆Us:2014/06/09(月) 11:08 ID:LZQ

恋愛、オリキャラ、童話パロディ・・・
何でもありです!
自由に書きましょう!
文書くのが下手?
大丈夫!スレ主もどんだけ駄文を書いてきたか・・・
でゎでわ、どうぞ

2:&◆Us:2014/06/09(月) 11:14 ID:LZQ

早速オリキャラモノ書きます
・・・の前に、オリキャラについて

オリキャラ設定
名前:ヒナタ
性別:女の子
魔法:月の滅竜魔法
年齢:15歳
髪:クリーム色と白の間ぐらいの色のショートヘア
その他:
・ナツの妹
・グレイに好意
・男の子によく間違われる
・昔左腕を失いたまたま出会ったグレイに氷で義手を作ってもらった
次から書きます!   

3:&◆Us:2014/06/09(月) 11:42 ID:LZQ

一話
魔導士ギルドフェアリーテイル
その前に、一人の少女が立っていた。
?「ここが・・・フェアリーテイル・・・
お兄ちゃんのいるギルド・・・」

ギルドの酒場は賑やかだった。
いくつかある酒場のテーブルの一つに
ナツ、ルーシィ、ハッピー、グレイ、エルザ、ウェンディ、シャルルが座っていた。
ナ「今日は何の仕事行くか?」
ル「そうね・・・」
などと雑談していると、
ギルドの扉が開いた。
見ると、そこには少女が立っていた。
ミラが駆けていく。
ミ「あらぁ?どうしたの?ギルドに入りたいの?」
少女は頷いた。
ミ「じゃあ、こっちおいで」
ミラが少女の左手を握る。とたんにひやっとした感覚が伝わって来た。
ミ「あ、その手・・・」
?「・・・はなして!」
少女はミラの手を振り払った。
そこに、ナツ達が駆け寄ってきた。
その瞬間、グレイとウェンディはハッとした。
グ(こいつ、確か・・・)
ウ(この匂い・・・ナツさんに似てる・・・?)
ル「名前は?」
?「・・・ヒナタです・・・」
ル「魔法は何を使うの?年齢は?」
ナ「オイ、ルーシィ!質問責めはやめてやれよ!困ってんだろ」
ル「あ、そうね・・・ごめんね」
ヒ「月の、滅竜魔法です。」
一同「!!?」
ル「ホントに!?」
グ「マジか・・・」
エ「驚いたな・・・」
ナ「月だとッ!?ヒナタ(日向)なのにか!?」
ル、グ、エ「そこじゃないだろ!(でしょ!)」
エ「滅竜魔導士か・・・驚いたな・・・」
シ「どうしたの?ウェンディ?」
シャルルは、さっきから下を向いている。
ウ「ヒナタさんが・・・ナツさんの匂いに似てるの・・・」
ヒ「ナツ・・・?」 
ナ「え!?オレ!?」
途端に、ヒナタは泣き崩れた。
ル「ちょ・・・どうしたの!?」 
ヒ「やっと・・・見つけたぁ・・・」
グ「何を?」
ヒ「ナツお兄ちゃん・・・!」
一同「!??」
エ「ナツ・・・」
ル「お兄ちゃん!?」
ナ「エ?エ?」


続く
感想とかよろしくッス!

4:ルナハ◆6k:2014/06/09(月) 14:30 ID:LZQ

二話

エ「ナツ・・・」
ル「お兄ちゃん!?」
皆ポカーンとしている。
ミ「と・・・とりあえず、何か食べない?」
ヒ「あ、はい・・・」
ミ「じゃあ、お兄ちゃん達と食べたら?」
ヒ「・・・そうする」
ル「じゃあ、行こっか」
ヒナタはナツ達について行った。
間もなくして、ミラがトレーを持って来た。
ミ「はい。特製カレーライスよ」
ヒ「ありがとうございます」
そういうと、ヒナタはかばんの中から業務用サイズのケチャップを取りだし、
カレーライスにかけだした。
一同(ケ・・・ケチャラー!!!!)
恐る恐るエルザが声をかける
エ「う・・・美味いか?」
ヒ「うん。(笑顔で)」
グ「それよりも、お前、その手・・・」
ヒ「あ・・・小さい頃、人をかばって・・・」
グ「オレを覚えてるか?」
ヒ「うん。変態の人。」
途端にグレイとヒナタ以外の全員が笑い出した。
グ「なっ!何笑ってんだよ!」
ナ「だって、だって・・・wwwwwwwww」
ヒ「そういえば、お兄ちゃん。」
ヒナタが改まって口を開く。
ナ「ん?何だよ」
ヒ「お兄ちゃんとそこの金髪の人ってでぇきてぇるぅの?」
ハ「あ!オイラのネタとんないでよ!」
ル「ルーシィよ!変な事聞かないでよッ!」
ヒ「そっかぁ・・・じゃあ赤い人?」
すると、グレイが来て耳打ちした。
グ「違ぇよ。エルザにはもうキスした相手がいるんだよ」
エ「グレイ。誰の話をしている?」
後ろにエルザが立っていた。
グΣ(|||▽|||)
グレイが半殺しにされた。
ヒ「よかったぁ好きな人いたらその人に悪いかなぁって」
ルーシィがムッとなる。
ル(何なのよ!あの子!)

続く

5:&◆Us:2014/06/09(月) 17:00 ID:LZQ

はぁぁ・・・誰も来ないぉ(T-T)
感想欲しいぉ

6:ルナハ&◆Us:2014/06/09(月) 17:01 ID:LZQ

そして何故か文字化けするぉ・・・

7:ルナ覇◆e.:2014/09/27(土) 19:20 ID:kj2

超久々に上げw
3話

「「ヒナタっっ!!」」
ヒナタが食べ終わると、二人の男女がギルドに入って来た。
ヒ「シオン!アリス!」
シ「ったく!どこ行ってたんだよ!」
ア「どれだけ探し回ったと思う?」
ヒ「あははwごめんごめん」
シ「wじゃねーよ!」
エ「ん?知り合いなのか?」
ヒ「うん!あたしの旅の仲間。このうるさい金髪がシオン。で、こっちの赤いスカーフの子がアリス。
あ、シオン、アリス、この人たちはこのギルドの魔導士さん。」
シ「へぇ〜!」
ナ「俺はナツ!ヒナタの兄ちゃん!」
ル「あたしルーシィよ!」
グ「俺はグレイだ」
エ「エルザだ。よろしくな」
ウ「ウェンディです」
ハ「おいらハッピー!」
シャ「私はシャルルよ」
ナツ達は自己紹介をする。
シ「て事はやっと見つかったのか?お前のお兄ちゃん」
ヒ「うん!そうそう、ところで、二人はこれからどうする?あたしは、このギルドに入ろうと思う」
シ「俺は旅を((ア「私も入るよ!」おい、アリス!?」
ア「私ヒナタと一緒がいーい!こんな金髪野郎やだ!」
シ「おいアリス丸聞こえだぞ」
ヒ「で、シオンは…」
シ「お前らが入るなら俺((ヒ「このまま旅を続けるんだよね!一人旅になるけど頑張れ!」いや俺も入るっつーの!」



てなわけで。
マ「ふむぅ、この3人か。」
ヒ「ヒナタです!」
シ「シオンです」
ア「私はアリスです」
ル「そういえば、シオンとアリスは何の魔法を使うの?」
グ「そういや、聞いてなかったな」
シ「えと…俺は土とか、砂とかの造形魔法を使います」
造形魔法と聞いて、黙っていられるグレイではなかった。
グ「お、マジか!俺は氷の造形魔法だぜ!」
シ「そうなんですか!?」
ア「私は星霊魔法を使います!」
ルーシィもグレイ同様、星霊魔法と聞いて黙っていられない。
ル「あたしも星霊魔導士よ!わかんない事あったら聞いてねっ!」
ア「はい!よろしくお願いします!」
マ「ウム、三人とも魔導士でよかったのう。」
ギルドの紋章をつけるスタンプセットを、ミラが持って来た。
ミ「じゃー、ギルドのスタンプを押すわね。どこがいいかしら?」
ヒ「お兄ちゃんと同じ右肩でっっ!!色は…白!」
ミ「分かったわ!シオンとアリスは?」
シ「俺はグレイ先輩をリスペクトして、右胸!色は黄色でお願いします!」
グ「うわぁ…すげぇ尊敬してやがる」
ル「グレイ"先輩"だってw」
ア「私も、ルーシィさんと同じ右手がいいです!赤色でお願いしますね!」
ル「…あはは」
グ「お前も相当慕われてんなw」
ミ「いいわ。押すわよ?その場所でいいのよね?三人とも」
「「「はい!」」」
ヒナタ、シオン、アリスの三人が声を揃えて言った。
ミラは笑顔で、三人の言った場所に、言った色で紋章を押す。
ヒ「うわぁ〜」
シ「おぉ〜」
ア「はぁ〜」
三人とも、感嘆の声を漏らしている。
ナ「んじゃ、改めてよろしくな!ヒナタ!シオン!アリス!」


続く

8:はな:2014/10/07(火) 22:57 ID:m1Y

小説は、かけないんですけど、感想だけでもいいですか?

9:ルナ覇◆VQ:2014/10/07(火) 22:59 ID:kj2

全然OKです!むしろ宜しくお願いしますッ!

10:はな:2014/10/07(火) 23:04 ID:m1Y

よかっです!宜しくです。
あと、タメの方が楽なのでタメで、いいですか?

11:ルナ覇◆VQ:2014/10/07(火) 23:07 ID:kj2

はい!全然OKですよ!

12:琴那:2014/10/10(金) 18:20 ID:snk

こんちわー
じゃなくて、多分この時間はこんばんわー
外見たら暗かったんで、こんばんわでっす
ルナ覇!!
小説面白いよっ!!
(*−∀ー)ノ
私よりも面白いではないかっ
≪朝はあっさりあさりのスープ≫
(◦□◦)ノシ((ktkr!!!
あ、これは、アニメだったかネットだったか忘れたけど
あったから、言ってみましたw(ダジャレだよ)

13:ルナ覇◆VQ:2014/10/10(金) 18:25 ID:kj2

琴那様ぁぁぁぁぁぁぁ!

感想ありがとぉぉぉぉぉぁぁぁぅ!

14:琴那:2014/10/10(金) 23:43 ID:snk

ルナ覇...
様付けってww
私そこらへんの一般人なんだけどw
(*>Д<)ノ
まぁ、呼び名にはあんまりこだわりはないけどww
あ、なんかリクがあったら、もう一つのスレで書くよ
私でよければ何でもw
脳を絞って、いい小説書くからさっ
リクはここでもあっちでもいいよ

15:コゼット:2014/10/20(月) 23:36 ID:ZcE

コゼットでーす。
入って小説書いてもいいですか?

16:ルナ覇◆VQ:2014/10/30(木) 20:55 ID:kj2

いいですよ!
遅れてすみません…


書き込む 最新10 サイトマップ