Sword Art Online II

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:レイ:2014/08/14(木) 10:00 ID:.Ns

ソードアートオンラインの二次創作小説を投稿するスレッドです。
以下の条件を守れる方々のみ小説の投稿を許可します
・R-18の小説を投稿しない
・不快に思うような表現をしない
・本スレとは無関係な小説を投稿しない

それではリンクスタート!

2:レイ:2014/08/14(木) 10:36 ID:.Ns

〜Sword Art Online II 黒の剣士〜

『黒の剣士」俺が随分と懐かしいその名を聞いたのはGGO内だった。
とはいえ現在はその名で呼ばれることに若干トラウマがある。
飛び散る破片…阿鼻叫喚の声…そして…。
シノン「どうしたの…?」
キリト「あ…なんでもない」
そうだ…例えALOから離れていても
ここにだって信頼できる仲間が存在する…。
でも、その仲間を斬らなくてはいけない時が来たら?
怖い…怖いんだ。
キリト「なあ…シノン」
シノン「何?」
キリト「君は…どうして強さにこだわるんだ?」
BoBの予選会場で俺が目にしたシノン。

「今度こそ…強い奴等を全員ぶっ殺して…!」

どうにもあの言葉が離れなかった…もしシノンが死銃(デスガン)だとしたら?
俺は斬らなくてはいけないのか…シノンを。
シノン「私は…強くなりたい」
強くなりたい…か。
シノン「強くなって…」
そこまで言ってシノンの言葉が止まってしまう。
シノン「強く、なって…」
キリト「答え辛いなら無理しなくてもいいぞ…?」
シノン「ごめんなさい…もうログアウトするわ」
キリト「あ、ああ」
そう言うとシノンは行ってしまった。
キリト「はぁ…」
BoBの予選決勝で優勝した俺は瞬く間にその名を知られた。
『黒の剣士』
それに予選会場で会ったあの男…間違いなくデスガンだろう。
俺を殺す…とそう言っていた。
もし決勝の試合も見ていたならシノンにも危険が及んでるかも知れない。
「俺も戻るか…」
メニューウィンドウを開き俺はログアウトした。


書き込む 最新10 サイトマップ