学園アリス〜蜜柑最強小説〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:みかのん◆z4Q:2014/09/08(月) 15:55 ID:gvk

初めまして♪
みかのんといいます

題名通り、蜜柑が最強!的な内容のものを書きたいと思います
学アリを知っている方はもちろん知らない方大歓迎です!!

ルール

・仲良くやってきましょう

・荒らしは無視します

・読む派でも、書く派でもOK


これくらいでしょうか。

では、スタートです

2:みかのん◆xA:2014/09/08(月) 16:42 ID:gvk

登場人物

佐倉蜜柑

容姿は原作通り

性格:明るく、前向きだが、任務時は性格が変わりクールになる。実際の性格はどちらなのか不明。

制御アイテム:月型のピアス。赤色のチョーカー。

アリス:無効化・盗む・入れる・その他(盗んだアリスを自分の中に入れて、自由に使える)

備考:一人称「私」二人称「アンタ/お前/〜ちゃん/〜先輩/呼び捨て」
棗の双子の姉。だが、血の繋がりはない。本人は、自分の容姿が棗や青いと異なっていることを気にしているが、血の繋がりはあると思っている。


ほかのキャラは、原作通り
原作沿いで話を進めていくつもりです

3:みかのん◆xA:2014/09/09(火) 18:53 ID:gvk

プロローグ

「先輩....お願いです。この子を育ててください」

女性はまだ生まれたばかりであろう赤子を腕で包みながら、先輩と呼ばれる女性に言った。


「でも....」

「このこの為なんです」


赤子を抱きながら、強い視線で女性は言い切った。


「わかった」

少しの沈黙後、もう一人の女性は了承した。


「でも、約束して。柚香、いつになってもいい、必ずこの子に会いに来て」

その言葉に返事をせず、柚香と呼ばれる女性は笑って赤子を手渡した。


「蜜柑、またね」

悲しそうな顔をして柚香は消えてしまった。


今まで柚香がいた場所を眺めながら女性は一人、赤子ー蜜柑ーを第ていた。


「蜜柑ちゃん、あんたのお母ちゃんまたもどってくるって」

まだ、開かない瞳が映すのが綺麗な世界なことを祈って

「それまで、あたしがあんたのお母ちゃんや」

そう言って、女性は家の中に入ってしまった。


彼女のお腹の中にも一つの命が宿っている。


さぁ、蜜柑ともう一人の命の人生


この時にはすでに狂っていたのかもしれない。

4:憂喩:2015/02/13(金) 20:56 ID:UGQ

はいっていいですか?続きたのしみですっ!!!

5:梨香:2015/09/01(火) 00:48 ID:Nnw

続きまだですか?
気になって夜も目がパッチリです

6:しらほし:2016/06/09(木) 21:16 ID:joM

入ってもいいですか?

7:里歩:2016/07/10(日) 11:39

私も入っていいですか?

8:しらほし:2016/07/30(土) 21:28

里歩お久しぶり
これ1年前のスレで誰も来てないよ!
どうする?

9:里歩:2016/07/30(土) 21:52

おひさ!しらほし!!
マジか!誰か来てくれないかな?
どうする?ピンチダヨ!!

10:ちの:2016/08/02(火) 12:16

2人でやる?

11:里歩:2016/08/02(火) 12:39

うーん...蜜柑最強小説かー(・ー・)
3人で頑張ってやってみる?
私はいいけど...

12:しらほし:2016/08/02(火) 18:00

里歩本当にごめんなさい
ちの私なのごめんなさい
できれば小説書くね!
本当にごめんなさい

13:里歩:2016/08/02(火) 18:11

私は別にいいよ
小説書くの頑張って!
私も、頑張って書くね!

14:しらほし:2016/08/02(火) 19:23

うんありがとう
里歩もファイト!

15:里歩:2016/08/02(火) 22:42

あんがとー(*^▽^*)

16:しらほし:2016/08/03(水) 00:32

いえいえ〜〜〜〜〜♪

17:ミカナツ:2016/08/03(水) 23:35

おぉ❗これはこれは!しらほしと里歩やない!いいなぁ私も入れてくれ〜!

18:しらほし:2016/08/04(木) 00:27

いいよ
みんな小学校のとき部活あった?

19:里歩:2016/08/04(木) 12:53

ええよ〜♪ミカナツ!!

私のところは部活というか、クラブだったよ!ちなみに、4・5年ときは、家庭科クラブで、お菓子とか作ってた!6年のときは、もの作りクラブで、スライムとかをつくってたよ

20:しらほし:2016/08/04(木) 18:59

私学校 部活、委員会、クラブあったよ!
もの作りクラブ=科学クラブ
私の学校は  上みて!下も!
家庭科クラブ=調理クラブだよ!
1年に1つなの? クラブ?私は2つ

21:里歩:2016/08/04(木) 21:56

うん、1年に1つなんだ
私のとこも委員会あったよ♪
ちなみに、集会委員会だった

22:しらほし:2016/08/05(金) 09:39

私は調理クラブ
委員会はJRCだよ!

23:里歩:2016/08/05(金) 11:27

JRCって何するの?
私の行ってた学校にはなかったよ

24:しらほし:2016/08/05(金) 12:33

ボランティアだよ!

25:里歩:2016/08/05(金) 16:04

へぇ〜すげーな

26:しらほし:2016/08/05(金) 18:51

なかったの?

27:里歩:2016/08/05(金) 20:36

なかった!(゜ロ゜)

28:しらほし:2016/08/05(金) 22:31

うっそ

29:里歩:2016/08/05(金) 22:40

いや、マジで!

30:しほ:2016/08/05(金) 23:20

しらほしからしほにするね!

31:しほ:2016/08/06(土) 09:28

がんばります

32:里歩:2016/08/06(土) 12:47

ファイト!!o(^o^)o

33:しほ:2016/08/06(土) 13:41

なにをがんばろう?

34:ミカナツ:2016/08/08(月) 04:55 ID:Ob2

ごめん!なかなか来れなくて‼やけど3月まで、頑張って!私もケータイもらえるかもだから!

35:里歩:2016/08/08(月) 12:37 ID:hsg

OK(゜∇^d)!!

36:里歩:2016/08/08(月) 12:49 ID:hsg

誰か〜、小説書いて〜(´;ω;`)

37:ミカナツ:2016/08/10(水) 03:07 ID:Ob2

仕方ない!私が書いてやろう!



ここは、アリス学園。
佐倉蜜柑は、一つ大切なことを隠している。
それは、アリスの中で一番最強だと言う事を!




蜜柑:おはよう。
委員長:おはよう。
蜜柑:おはよう。委員長。皆おはよ!
鳴海:は〜い。席着いて!これから新たな取り組みを始めます。
皆:えぇ〜また風紀隊?
鳴海:違うよ。だけど君たちには、少し過酷かな。
皆:えぇ何々。
鳴海:Zが学園に襲ってくる可能性が非常に高いです。
皆:ザワザワザワザワザワ
鳴海:今学園の結界は、非常に弱まっています。
皆:えぇ〜〜。
鳴海:そこで、皆には、アリス強化習慣をしてもらいたいと思います。われわれ教師も警戒を強めますがいつでも君たちを守れる訳では、ありません。なのでここで、二人実行委員を決めてもらい。その人中しんで動いてもらいます。
皆:マジじゃん。
鳴海:一人は、棗君にやってもらいますが、もう一人を決めたいとおもいます。
皆:嘘だ〜。絶対やりたくない。
棗:ふん。だろうな。
皆:ザワ!
棗:だからこれは、一人でいいっていったろ。
鳴海:だけど、君には、少し
棗:別に裏の仕事もこなしてきたしこれぐらい平気だ。
蜜柑:うちやるよ?なんなら?
蛍:あのバカ。
ルカ:えっ。(今言おうと思ってた。)
蜜柑:いいよ。うちやるよ?
鳴海:でも、
蜜柑:ええの!はい!決定!終わり!
棗:てめぇ。何考えてんだよ!
蜜柑:そのアリス何て言ったけ?その奴の実行委員になれば委員やろ?うちちょうど入ってないしいいよやる!って言った。
棗:分かった。好きにしろ。
蜜柑:わかった!


そして蜜柑は、実行委員になった。


一旦切る!

38:里歩:2016/08/10(水) 19:27 ID:hsg

ありがとうございます!
ありがとうございます!
すごくおもしろい!
続き書いて〜♪

39:ミカナツ:2016/08/23(火) 13:10 ID:Ob2

ごめん。すごく字が変

40:蛍◆P2:2016/08/23(火) 13:17 ID:44o

ミカナツ!ひさしぶりー!!
おぼえてる?

41:ミカナツ:2016/08/23(火) 22:27 ID:Ob2

覚えてるよ♪蛍!
久しぶり!これからもよろしくな!

42:しほ:2016/08/24(水) 23:14 ID:0QU

私も明日書くー!

43:しほ:2016/08/25(木) 18:07 ID:0QU

鳴 みんな〜今日は転入生がいるよ!
蜜 蛍転入生やで
蛍 売れる子がいいわね
皆 『今売れる子って言いました!?』
鳴 転入生の吉良 かなた君でーす
がた
蜜柑が机に隠れた
鳴 蜜柑ちゃん?
  まぁ吉良かなた君入って
か はい 吉良かなたです
  よろしくお願いします
女 きゃああああああああああああ
じゃあ席は蜜柑ちゃんの隣ねパートナーも
女 いいなぁ〜蜜柑ちゃん
か 蜜柑?席はどこですか?
鳴 あそこだよ!
かなたは自分の席に行った
か 蜜柑久しぶり 元気だった?
蜜 かなた…………
皆 何々?知り合い?
か ちょとね!

44:しほ:2016/08/25(木) 18:07 ID:0QU

短くてごめんなさい

45:里歩:2016/08/25(木) 21:05 ID:hsg

最近、来れなくてゴメン!!
宿題が終わんなくて....(泣)

しほ!続き楽しみにしてるね!

46:ミカナツ:2016/08/28(日) 23:33 ID:Ob2

しほ!面白い!続きが気になる!
また書いて!

47:里歩:2016/08/29(月) 20:43 ID:hsg

蜜柑とかなたってどういう関係!?

48:里歩:2016/09/03(土) 22:10 ID:hsg

誰かおりますか〜?( ・◇・)?

49:しほ (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/09/08(木) 12:32 ID:0QU

おるおるおっるーーーーー

50:里歩:2016/09/08(木) 19:25 ID:hsg

しほ、おひさー!

51:しほ ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/09/09(金) 18:26 ID:0QU

ひさひさ、ひっさーーーーー!

52:里歩:2016/09/09(金) 23:16 ID:hsg

しほ〜、続き書いて〜!!(*≧∀≦*)

53:♪うさぎん♪:2016/09/16(金) 14:49 ID:3lY

入ってもいいですか?

54:里歩:2016/09/16(金) 19:14 ID:hsg

入っていいと思うよ

55:蛍◆P2:2016/09/17(土) 22:36 ID:0Dc

私も小説書くね!

登場人物

佐倉蜜柑
仲間思いだが先生嫌いな女の子。明るい。
クラスのリーダー的存在。危険能力系で、盗んだため、たくさんのアリスが使える。怒ると瞳の色が赤くなる。

日向棗
蜜柑の彼氏。
クラスのリーダー的存在。
炎のアリス。

今井蛍
昔からの蜜柑の親友。昔、棗と蜜柑に助けられた。
発明のアリス。

乃木ルカ
昔からの棗の親友。昔、棗と蜜柑に助けられた。
動物フェロモンのアリス。

56:蛍◆P2:2016/09/17(土) 22:42 ID:0Dc

プロローグ

3年前の今日。
私たちを狂わせたのはアリス学園だった。

私の名前は今井蛍。親とは別居中で乃木ルカと一緒に暮らしている。
3年前までは幸せだった。

四人で暮らしていたから。


もう二人の名前は佐倉蜜柑と日向棗。
蜜柑は大親友で棗くんは親友だった。

でも大好きな二人を奪ったの。
学園がーーーーー。

私はルカと一緒に蜜柑たちを助けにいく。
絶対にーーー。

57:蛍◆P2:2016/09/17(土) 23:00 ID:0Dc

第1話 辛い過去

これは、3年前の話ーー。


「蛍ー!これ見て!お花の冠やっ!」

四人で花畑に来ていた。
蜜柑はきれいに出来た冠を蛍の頭にのせる。

「蜜柑、またアリス使ったの?」

「なっ、ち、ちゃんとウチが作ったで?」

「あんたがこんなに綺麗に作れるわけないじゃない。バカ。」

「うぅ…アリスツカイマシタ。」

落ち込む蜜柑に蛍は頭を撫でる。

「ありがと。蜜柑…。」

とたんに蜜柑は満面の笑みになり、そこらじゅうを跳ね回る。
それを見て再び微笑む蛍。

本当に幸せだった。
毎日が夢のようで…。

でも、悪魔は突然やって来た。

コンコン

次のひの早朝に家がノックされた。

「はい。」

私は何も疑わずにドアをあけた。
それが間違いだったのだ。

「むぐっ…。」

入ってきた男にハンカチで口を押さえられる。

「蛍?どないしたんや?」

不思議に思ったのか蜜柑とルカと棗くんがやって来た。
私の姿を見たとたん、蜜柑の顔色は真っ青になった。私を押さえている男は言葉を発した。

「この女を殺されたくなければ佐倉蜜柑。日向棗を出せ。」

(こいつらっ…蜜柑たちに何をするき!?)

「あんた、誰や?」

蜜柑は鋭い瞳で相手を見た。
瞳の色はあかい。
怒っている。

「申し遅れました。私は学園のもの。あなたたち、二人にはアリス学園の入ってもらいたいと思いましてね。」

「今井/蛍を離せ。」

棗、ルカ、蜜柑の声が被る。

「佐倉蜜柑、日向棗。君たちが来るのなら…。」

「わかった。だから蛍は開放して。」

(ダメよっ蜜柑…!)

失いかけた意識のなか蛍はしきりに心で叫ぶ。

「お前らの言う通りにする。だから今井を開放しろ。」

棗も相手を睨み付ける。

「あの車に乗っていただこう。」

男が指差す先には青い車。
蜜柑はルカににこりとわらいかける、

「ルカぴょん、蛍をおねがいな!!」

そして、蛍の方を見ると

「また会える。それまで、さよならや。」

強く彼女は笑っていた。
棗くんと手をつなぎ、歩いていく。

そのなか、私もルカも男によって眠らされたー。

58:里歩:2016/09/18(日) 09:59 ID:hsg

続きがめっちゃ気になる〜!
蛍、続き頑張って!


書き込む 最新10 サイトマップ