東方の小説を書いていくスレ

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:神楽坂◆FI チョメチョメ:2014/10/12(日) 01:17 ID:3SA

題名の通り東方の小説を書いていくスレにございます
皆様どうぞ御自由に御書き下さいまし。

やっぱ尊敬語無理。

2:めめめ:2014/10/14(火) 14:36 ID:Ya.

誤字脱字があったら教えてください
短いです

霊夢「幻想郷に台風が来る?」
 

霊夢「名前とかは聞いたことあるけど…」
紫「あぁそっか幻想郷には台風が来たこと無いものね。
えっと簡単に言うと外の世界でよく出没してて物凄い風と雨が襲ってくるらしいわ。
家が一軒飛ぶ位のね」
霊夢「ふぅ〜ん でも結界を張ればすむことじゃない」
紫「結界は雨には通じないのよ…博麗大結界もそうでしょう?」
霊夢「言われてみれば…うちの神社も飛んでかないといいんだけど…」
紫「だから紅魔館の地下図書館に許可をもらったの。いわゆる避難所ね」
霊夢「だから人を集めてきてほしい…と?」
紫「そういうことになるわね…」
霊夢「幻想郷のためだものね 分かったわ!」
紫「ありがとう霊夢。報酬は台風が去った後に出すわ」
霊夢「いいのよ報酬なんて…これが私の仕事だもの」
紫「いいえ駄目よ私が霊夢にできることはこれ位だから」
霊夢「紫…分かったわありがたくいただくとするわ」
紫「じゃあよろしくね」
霊夢「任せといて!」
そう言うと紫は隙間を出しその中へ入っていった
霊夢「私たちは結界から外に出られないけど雨は出たり入ったりして気楽ね…
一度でいいから雨になってみたいわ…」
そうつぶやくと私は人里へ向け家を後にした


〜つづく〜

3:神楽坂◆FI チョメチョメ:2014/10/14(火) 15:31 ID:5m6

おぉ!じゃあ私も書きます
オリ×レミリア要素あります

ある月の綺麗な夜に私、
レミリア・スカーレットは歩いていた
「ん〜夜風が気持ち良いわね」
そろそろ日のでも近いし帰ろう。
そう考えた時だった
道端に人影が見えた
何となく近付いて見ると
其処には一人の男が倒れていた
普段ならば無視して帰るが
その時運命が告げていたのだ
『この男を助けろ』と。
私は言われるがままその男を担いだ
そして私は気付いたのだ
「コイツ、人妖?」

〜つづく〜

4:めめめ:2014/10/14(火) 17:41 ID:Ya.

すごい!短いながらもストーリーが詰まっていて面白いです!
レミリアも個人的に好きです!
筒気が早く読みたいです!!

5:めめめ:2014/10/14(火) 17:41 ID:Ya.

間違えましたww
続きです!!

6:めめめ:2014/10/15(水) 16:18 ID:Ya.

タイトル決めました!!
〜東方風雨伝〜
touhouhusameden

私は人里へ向かう途中ふと思った
霊夢(魔理沙達や咲夜がいないと…
私一人で里の人達を集めるなんて到底無理ね
しかもレミリアの能力は…)
霊夢「急いで紅魔館へ向かいましょう」



〜紅魔館〜
咲夜「お嬢様、伝言です」
レミ「誰から?」
咲夜「霊夢からでございます」
レミ「なんて言ってたの?」
咲夜「それが…」

〜少女説明中〜

レミ「台風か…」
咲夜「そうなんです先程霊夢が来て…それでお嬢様の
「運命を操作する能力」でなんとかならないかと…」
レミ「…咲夜私の能力は自然には効かないの」
咲夜「そうでございましたか…すいません」
レミ「あっ待って咲夜あなた霊夢の手伝いに行くんでしょ?」
咲夜「そうでございますけど何か…」
レミ「霊夢にこう伝えといて
人里に頭のいい妖怪がいるって」



〜人里〜
咲夜「と、お嬢様が」
霊夢「頭のいい妖怪ぃ〜?なにそれ誰よ」
咲夜「いや…お嬢様それだけしか言わなかったのよ」
霊夢「頭のいいかー…」
咲夜「何か分からない?」
霊夢「んっと………阿求か慧音ね」
咲夜「霊夢の勘は当たりやすいからね…
分かったじゃあ私は寺小屋に行ってみるから
霊夢は阿求の家を見てきて
二人がいたら連れてここへ戻るそれでいいわね?」
霊夢「了解」



17分後
霊夢「阿求はいなかったわ」
咲夜「慧音はいたけど歴史の授業があって抜け出せないみたい」
霊夢「歴史…」
咲夜「歴史ねえ…」
れいさく「「…………!」」
れいさく「「歴史を食べる程度の能力!!」」
霊夢「授業が終わったら慧音を捕まえるわよ」
咲夜「OK」

こうして私達は寺小屋へ向かって走り出した
台風が来る歴史を食べて貰うために…

〜続く〜

7:神楽坂◆jU チョメチョメ:2014/10/15(水) 16:42 ID:bAU

ちょっと愚痴ります小説じゃないです
タメです

よく初心者とか小学生が書いてる
フラン狂気物の小説で
レミリアが簡単に殺されたりしてるけど
レミリア吸血鬼だから顔さえあれば
一晩で体回復出来るよね?
それにパワーはフランのが上かもだけど
総合的に見るとレミリアのがうえだしさ
あと良くレミリアに「うー☆」って言わせてるけど
原作じゃ一回も言ってないよね
なのににわか共は原作で「うー☆」って
言ってると思ってるのがムカつく
「ぎゃーおー食べちゃうぞー!」しか言ってねぇよ。

すいません

8:めめめ:2014/10/15(水) 16:55 ID:Ya.

レミリアは不死身に限りなく近いですしねww
(というか不死身なのか?)
そりゃあ回復も人の500倍以上早いと思います
あとレミリアのほうがカリスマとか年とか上だしね
んで「うー☆」は東方の格ゲーでしゃがみガードから
きたらしいです
でも神楽坂さん(こう呼ばせて頂きます)
の言うと通り一回もレミリアが口に出してないので
私もにわかファンにムカつきます

あと私小5ですw

9:紅 美鈴:2014/10/15(水) 17:20 ID:Ya.

小5っての嘘ですw
中二ですよ

10:土方◆jU チョメチョメ:2014/10/15(水) 21:08 ID:bAU

共感ありがとです!私は中1です
小学生から離れると何か
あの頃幼かったな。ってww

11:めめめ:2014/10/16(木) 16:35 ID:Ya.

あらっなんか名前変わってる??

12:神楽坂◆Ic チョメチョメ:2014/10/16(木) 23:13 ID:FmE

あぁ、ごめんごめん神楽坂で良いから。

13:神楽坂◆jc:2014/10/24(金) 17:43 ID:XO.

小説続き

オリ主side
「大丈夫?」
ん?んんんん?
え、何が起きた。
えっと確か……

1.変な奴に血みたいな物を飲まされる
2.気絶
3.目が覚めたら可愛い女の子が顔を覗きこんでいた←イマココ

まとめてもわかんねぇぇぇ!!!???
「あ、あぁ大丈夫だ……」
あ、タメ口……。
「そう、ならいいのだけど
あぁ私の名前はレミリア・スカーレット
貴方の名前は?見たところ幻想郷の者では無いわよね?」
「あ、俺の名前は中口歌威」
「へぇー。カイで良いかしら?」
あ、いきなり呼び捨てですか。
「良いぞ。」
「ありがと( ニコ」
せんせー!顔が何か熱いでーす!!!
も、もしかして俺この事……!?


微妙だしワケワカメ\(^o^)/

14:不死の煙。:2014/10/26(日) 23:06 ID:YXY

では、書かせていただいてもよろしいですか?
というより勝手に書きますねw
メリー=紫説で書かせていただきます。



「ん〜っ、じゃあ、私と一緒に世界のいろいろなところを見に行こうよ。どう?」

まって、まって。私から遠ざかるのはやめて。
逆光で見えない誰かは、知っているような知らないような声で続ける。

「私とルームメイトになってさ。あ、家賃は半分こだからね?」

その声はだんだん遠ざかる。まって、おいて行かないでよ。
一緒に行こうよ。そう言ってくれたあなたはどんどん遠ざかる。
眩しく光る光の方へ、どんどん、どんどん。
私もそちらへ走るけれど、近づけない。
白と黒。

絶対に越えられない境界。

「メリー…、私と一緒にさ。また秘封倶楽部を続けましょうよ」

メリー? 違う。私はメリーなんかじゃない。
私は八雲紫。 幻想郷の管理者。
愛したものが大きい妖怪。

「メリーが嫌だったらいいよ、でもさぁ、一人じゃつまらないし」

まって。私は嫌なんかじゃない。
まって。あなたはだれ。
まって。私はだれ。


まってよ、蓮子……。


「メリー、ほら、はーやーくっ」


蓮子って誰よ。


ああ、嫌な夢。
どうせこんな夢は目覚めてしまえば忘れるんだ。




蓮子、その響きはとても懐かしく思えたけれど、何だかよく分からなかった。


〜続く〜



きゃああああ、めっちゃくちゃだふぁああああ!

でも、書かせていただきます!

15:神無月◆I6:2014/10/27(月) 02:18 ID:gnc

キャッホー!書いてくれてありがとうございます!
何この文才の塊。
>>13で脱字発見。
俺この事×
俺この子の事○

16:不死の煙。:2014/10/27(月) 21:39 ID:YXY

そんな、文才の塊だなんて…。
神無月様のお話もとても面白いですよ!!

17:神無月◆1k:2014/10/31(金) 23:28 ID:sXQ

ありがとうこざますww

18:めめめ:2014/11/04(火) 17:26 ID:Ya.

神無月さんすごい!!

台風のネタが思い浮かばないので今思いついたやつ

暗い怖い痛い
怖いのいやだ
真っ暗で何も見えない
漆黒の暗闇の中私はもがく
私の赤い、赤い目だけが光る
光は見えない
歩いても歩いても
光は見えない
痛い痛い
赤い赤い私の血が飛ぶ
私が何をしたって言うの?
そう話しかけても
妖怪は悪
人間は正義
それだけしか言わない
痛い痛い痛い
どんどん傷つく体
そして心
痛いのやめてよ
良かった巫女は去っていった
けど光は見えない
いつになったら光が見えるの?
ねぇ、何も見えないの
お願い
助けて


ルーミアが本当に目が見えてなかったら
と思い書きました

19:りまりま :2015/08/16(日) 23:15 ID:t5M

文才が無いです 百合です
霊夢 はあ 暇ねぇ
魔理沙 あ!霊夢!おはよ!
霊夢 あら 魔理沙 おはよう
魔理沙 ところで今 暇か?
霊夢 ええ 暇だけど…?
魔理沙 そうか!
いきなりなんなのかと思ったら いつの間にか手を引かれていた
霊夢 なんなのよ…
魔理沙 ふふーん!
霊夢 あれ?あの人…
魔理沙 どうした?
霊夢 いや ちょっと下にいくわよ
魔理沙 ああ分かった
霊夢 もしかして…明羅さん⁇


書き込む 最新10 サイトマップ