探偵チームkz事件ノート×らくだい魔女  コラボ!!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:真美:2014/10/18(土) 23:25 ID:86E

kzとらく魔女のコラボ小説です!
みんなで小説書きあいましょう!!

荒らし・けんかは無しでお願いします

2:真美:2014/10/19(日) 02:34 ID:86E

みんなでリレー小説や
自分のオリジナル小説を書いていきたいと思います!!

3:匿名さん:2014/10/20(月) 22:04 ID:86E

小説書き込みまーす

[魔法の国は知っている]

ー彩サイドー
「今日は秀明の日だ(ラッキー
よしいつもの道を通って・・・
んん??」

とその時通りかかった公園の
木の辺りが七色に突然光った
そしてそこには人影が見えた。

「きゃー!!!
お、お化け!」

と言い一目散に秀明への道を逃げた。

特別クラスに入ると、
もうみんなは揃っていた

「どうしたんだ??そんなに急いで」
と皆

「わ、私お化けを見ちゃったかも・・・」

すると皆に

(何言ってるんだアーヤ)
(アーヤどうしちゃったの??)
などの目で見られてしまった





何かアドバイスなどお願いします

4:真美:2014/10/20(月) 22:05 ID:86E

>>3は、私です

5:真美:2014/10/23(木) 01:30 ID:86E

更新!!
ー彩たちサイドー
と、その時私たちのクラスのの鈴山先生
が勢いよく入ってきた
すると
「今日は新しくこの特別クラスにはいる子を
紹介しま〜す」

(!?)

「水木 凛華さんで〜す」

「始めましテ みずき りんかです
よろしくお願いしまス」

「水木さんは2年間ぐらいフランスにいて
慣れないので仲良くしてあげて下さい」

『・・・はーい』

授業が終わり凛華さんは最初だったのですぐに帰ってしまった

「ね、ねえあの人はkzに入れるの??」

「新メンバーはすぐにでも入れたいが
外国人とは・・・」

(外国人なわけでは無いんだけど)

『どーすんだよ若武さん』

「俺らみたいに何か特技があればすぐに入れるんだが・・・」

「明日聞いてみてよ」

「いや、その必要はないよ」

「??なんでだよ」

「もう聞いてある」

(さすが黒木君)

「特技は・・
他の人が小さすぎて聞き取れないような音がきける
後世界史がとくいだって」

(kzに入れて良いんじゃないかなすごい特技だし・・・)

「ふうんとりあえず誘ってみるか・・
後は事件探しだな」

(私が見たあの光のこと調べてよ!!)

「あれは見間違いか何かだろ」

「いや何か事件かもしれないぜ
明日の秀明午前だからその後調べに行こうぜ!!」

『はいはい』



続く

6:ミユリン:2016/03/02(水) 16:19 ID:5sg

探偵チームKZ事件ノート、らく魔女大好き!
KZでは若武、らく魔女ではちーくん!

7:アロマ:2016/03/27(日) 12:43 ID:BBI

続きが気になります!


書き込む 最新10 サイトマップ