妖精の尻尾〜ナツルー小説〜6

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:涼幸:2014/12/28(日) 19:26 ID:CJs

フェアリーテイルのナツルー限定のスレッドです!

5→http://ha10.net/test/read.cgi/ss/1406901279/l5
4→http://ha10.net/test/read.cgi/ss/1396341586/l5
3→http://ha10.net/ss/1391676238.html
2→http://ha10.net/ss/1387343167.html
1→http://ha10.net/ss/1348738201.html


!attention!

*荒 ら し は 厳 禁 で す
*雑談OKです
*仲良くいきましょう
*投稿された小説にはなるべく感想をお願いします

新入りさん大歓迎です
お気軽に加入してください

2:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/28(日) 21:13 ID:x7U

小説書きます♪

「ナツ!!ルーシィ!!ちょっと来て!!」

そうあたしたちを呼ぶのは銀髪の美少女ミラさん

同じテーブルでグレイ(ジュビア付き)やエルザ、ウェンディを交えて話していたあたしとナツは同時に立ち上がる

「二人とも喉渇いたでしょ?全員分のドリンク!持ってって☆」

さすがミラさん

あたしたちの好みは完ペキみたい

えーと、ここにあるカップは8つ

グレイがコーラで

エルザがイチゴミルク

ウェンディはアップルジュースで

シャルルはベルガモットティー

ジュビアがアールグレイ

えーと、あたしがカフェオレで

ナツがファイヤドリンク

ハッピーは…お魚汁(何それ…)

お魚汁て…

それは置いといて、あたしはナツとお盆を運ぶ

皆に配り終えたあたしとナツは同時にそれぞれのドリンクを口に運んだ

もし…過去に戻れるのならあたしは伝えたい

それは絶対飲んじゃいけない、それが今起こってる悲劇の引き金だからって

3:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/29(月) 14:35 ID:x7U

ゴクッ

あれ?

体が熱い

って、あたし光って!?

あたしは恐る恐る目を開けた

一番最初に目に映ったのは

「ああああああたし!?」

「あんた誰よ!?」

「オメェこそ誰だよ!?」

「あたしはルーシィ・ ハートフィリアよ」

「オレはナツ・ドラグニルだ!!」

「へぇー…ってナツーーー!!」

あたしたちがパニックに陥っていると銀髪の魔人がやって来て楽しそうに笑った

「うふふ、大成功♪ルーシィのドリンクにだけ魔法薬をいれたのよ」

「 一番近くにいる異性と入れ替わるま・ほ・う☆」

バチン☆とウィンクをしてカウンターに戻っていくミラさん

もう勘弁してください(泣)

4:エネ◆eA:2014/12/29(月) 18:49 ID:8ak

そして移ってきた私。

5:コウ:2014/12/29(月) 19:53 ID:pZs

新スレおめw
そして、涼幸、お疲れさんw

そして、久しぶりww

6:クゥ natsuki.715@icloud.com:2014/12/29(月) 21:23 ID:1..

おーコウ!
久しぶり!

7:涼幸:2014/12/29(月) 22:24 ID:CJs

(`・ω・´)

8:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/30(火) 16:17 ID:r6Y

エネ様

ご心配ありがとうございます

芯は引き抜きました

無言でww

そして皆様

テスト期間に入ったのでしばらく小説の更新ができないかもしれません

9:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/30(火) 16:18 ID:r6Y

明日ディズニーシー行きます

レッツ 現実逃避!!

10:フェアリィ:2014/12/30(火) 16:39 ID:qbI

チーッス!

来たよっ☆
フェアリィさん参上☆((殴


クゥ、花火>>私もハイキュー大好きだよー♪

漫画、小説共に全巻揃えてるぜ☆

11:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/30(火) 16:41 ID:r6Y

クゥ様&フェアリィ様

ハイキューではどのキャラが好きですか?

12:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/30(火) 16:53 ID:r6Y

続きです


「一旦整理しよう。まず、ミラちゃんがルーシィのドリンクに魔法薬を入れた。一番近くにいた異性と入れ替わるヤツな。はい、エルザパス」

グレイはエルザにパスを出した

「で、ルーシィの一番近くにいた異性がルーシィの隣に座ってた…ナツ、お前だ」

ビシッとナツを指差し決まった!というドヤ顏をするエルザ

そんなエルザにナツはオロオロしながら口を開く

「あ、あのね、エルザ。あたしルーシィ」

13:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/30(火) 17:07 ID:r6Y

エルザはあたしを見て2秒間フリーズする

そして

「仲間を見た目に惑わされ間違えるなど…不覚!!とりあえず、私を殴ってくれ」

などとバカなことを言い出す始末

エルザを無視し、あたしは嘆く

「もうどーすんのよー、トイレとか、お風呂とか、それに暑いわー!!!!」

そう叫んだあたしの口からは炎が…

もう、いや…

そして、隣にいるナツも嘆いている

「なんだよ、この靴。足痛てぇし、てか、胸重めぇよ!!!」

14:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/30(火) 17:15 ID:r6Y

「まぁ、落ち着けよ。お二人さん」

とグレイがあたしたちをたしなめる

「うん。そうだね。騒いで戻る訳でもないし」

「はあ!?うっせぇよ!変態!」

「ああん?今なんつったよクソナツが!!」

事情を知っている人から見れば納得するあたしと反発するナツ

いつもどおりの光景だ

しかし、何も知らない人から見れば、グレイの言葉に納得するナツとグレイに殴りかかるあたし

なんて奇妙な光景だろうか

15:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/30(火) 18:48 ID:r6Y

と思ってたらナツがグレイに殴りかかる

そして喧嘩は白熱し、グレイがナツを殴る

そこでエルザが立ち上がった

「おい!グレイ!中はナツでも体はルーシィなのをわかっているのか?」

「げ、そうだった」

エルザの言葉にグレイが反省していると

「隙ありぃーーー!!」

ナツが足を高くあげてキックを繰り出す

…え?

ちょっと待って

あたし、今日スカートォォォ!!!

「パンツ…」

すっかり動揺したグレイはナツのキックをまともにくらい後ろに倒れた

16:クゥ natsuki.715@icloud.com:2014/12/30(火) 20:04 ID:1..

あ、てかハイキューもアニメ再開するんだよね!
楽しみだぁ〜|。´艸)

17:コウ:2014/12/30(火) 20:08 ID:NMQ

クゥ
おー、久しぶりw
3年ぶりだなw←

涼幸
その表情から何を読み取ればいいんだ?ww

じゃ、次に来るのは8年後なんでww←嘘です
さいならw

18:フェアリィ:2014/12/30(火) 20:20 ID:qbI

花火>>んー…基本皆好きだけど…敢えて言うなら影山かなぁ。

でも烏野以外だったら岩ちゃんも好きだしリエーフも…、クロも外せんし…((

19:クゥ natsuki.715@icloud.com:2014/12/30(火) 20:51 ID:1..

エネー、あたしもフェアリィと一緒で影山!
でも日向も好き!!

20:クゥ natsuki.715@icloud.com:2014/12/30(火) 20:52 ID:1..

コウ・・・次にくるのは8年後か・・・。
長いな・・・でも首を長くして待ってるぜぃw

21:涼幸:2014/12/30(火) 22:17 ID:CJs

私もハイキュー大好きです><

フェアリィさんと同じで岩ちゃん押し(*^_^*)
あと夜久さんと茂庭さんと赤葦と菅さんとb(ry

完全にハマった(^q^)
いやフェアリーテイルは疎かにしてませんけどねっ!

22:涼幸:2014/12/30(火) 22:18 ID:CJs

すいません聞かれてないのに…

23:クゥ natsuki.715@icloud.com:2014/12/31(水) 00:06 ID:1..

今日・・・転んだんだ(✿→艸←)㋒㋛㋛
それで持っていたもの4、5mぐらいまで飛んでって、右手と右足を先について反対の手と足が後からついて四つん這いに・・・。
お姉ちゃんにくそ笑われた( `・д・)
そんで怪我したとこ見せたら無視しやがったぜあいつ。
ギザウザスゥーーーー!!!!!!
顔面にボールぶつけたろか!?
フルスピードでぶつけたろか!?
・・・しばらく荒れてますた(。-ܫ-。)ムフッ
・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
それと・・・ちょっと聞きにくいんだけど腐女子の方っていますかね・・・?(°ロ°)《ドキドキ

24:アキ:2014/12/31(水) 00:36 ID:qbI

涼幸>>おぉー!同志ー!!

岩ちゃんて、及川サンの影に隠れがちじゃん?

だけどあの男前さは、誰にも負けないと思うんよ……!!!

岩ちゃん、付いて行きやすぜ!!←

25:フェアリィ:2014/12/31(水) 00:37 ID:qbI

上のはフェアリィですー

26:エネ◆eA:2014/12/31(水) 12:32 ID:4wE

>>花火
無言で!?それ大丈夫だったのか?w

そしてみなさん、お久しぶりです。

27:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/31(水) 18:47 ID:r6Y

涼幸様
聞かれてないとか気にしなくて大丈夫ですよ〜

お答えくださりありがとうございました♪

28:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/31(水) 18:54 ID:r6Y

クゥ様&涼幸様&フェアリィ様

私は西谷が好きです

あの方に憧れてリベロになりましたから♪

29:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/31(水) 18:55 ID:r6Y

エネ様

大丈夫でした♪

少し穴が空いただけで(貫通してませんよ)

30:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/31(水) 18:58 ID:r6Y

クゥ様

転んだのは大丈夫ですか!?

お姉さんは頑張って倒してください☆

そして…私は腐女子です!!

31:クゥ natsuki.715@icloud.com:2014/12/31(水) 19:18 ID:1..

花火、怪我は大丈夫だよ(。◔`◡◔+)ゞ
頑張ってお姉ちゃん倒すよ!!!!!←
それと花火腐女子だったんだね( `・д・)
良かったよ、あたしと一緒だぃ!!
いやー、あたしの周りには1人しか腐女子いないから・・・。
まぁ、1人でも心強いんだけどね!

32:涼幸:2014/12/31(水) 19:36 ID:CJs

花火さん、クゥさん…
同志!w

なんかすいません…
クゥさん、打倒お姉ちゃん頑張ってください($・・)/~~~

33:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/31(水) 20:03 ID:r6Y

クゥ様&涼幸様

私は周りに同志がいないので…

多分私が二次創作書いてることも知らないと思います…

フェアリーテイルだったらグレナツとかラクナツとかロキグレとか好きです

34:エネ◆eA:2014/12/31(水) 20:26 ID:4wE

え…ちょっと待って…

みんな腐女子なの?((ガクブル

35:ミィーコ:2014/12/31(水) 20:42 ID:puc

私は、風邪なんかひいてない。風邪をひいていることを、認めたくない・・・

36:涼幸:2014/12/31(水) 20:44 ID:CJs

>>花火さん
ロキグレ好きです>///<
グレイ受けが…すごいツボで…w


てかここ腐った人の巣窟かww
嬉しいけど(*^^)

37:クゥ natsuki.715@icloud.com:2014/12/31(水) 21:23 ID:1..

あたしはFTではないかなぁ〜。
銀魂とハイキューで腐ってしまいましたぁっ!

38:クゥ natsuki.715@icloud.com:2014/12/31(水) 21:25 ID:1..

それとあたしが小説書いてるコトは2人だけ知ってるかな。
同じ腐女子の方と親友がね。

39:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/31(水) 22:37 ID:r6Y

クゥ様

私もはじめはハイキューで腐りましたねww

40:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/31(水) 22:39 ID:r6Y

涼幸様

グレロキ萌えますよね〜

私はナツとグレイのホントは仲良いトコがいいな〜って思います

41:エネ◆eA:2014/12/31(水) 22:40 ID:4wE

みんな…腐女子なのか…

42:クゥ natsuki.715@icloud.com:2014/12/31(水) 22:41 ID:1..

マジかっ!
花火もかっ!
あたしは最初は銀魂で土銀・・・銀土も沖銀でもいけるけど。
ハイキューは影日と日影かな?
まぁだいたいはね。

43:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/31(水) 23:12 ID:r6Y

クゥ様

私も影日と日影です!

でも、やっぱり日向受けかなぁ?

44:涼幸:2014/12/31(水) 23:14 ID:CJs

私は最初はワンピですかね〜 キドロww
ハイキューはダントツで及岩ですね!w
岩ちゃんかわいいぃぃぃ(*^q^*)

最近リエ夜久、二茂にハマった次第です。。。

てゆーかエネさん大丈夫ですかww
めっちゃ怖がってるww

45:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2014/12/31(水) 23:24 ID:r6Y

クゥ様&涼幸様

私はGLもいけるクチですよw

46:エネ◆eA:2014/12/31(水) 23:24 ID:ZAw

>>涼幸さん
あ、えっと…はい。大丈夫です…たぶん。
ご心配ありがとうございます…

47:フェアリィ:2014/12/31(水) 23:25 ID:qbI

な、何事だ…!?


腐女子って、そんなにいるものなのか………!!!!?


う、受け?も、萌え?


あぁ、知恵熱出る…((

48:エネ◆eA:2014/12/31(水) 23:28 ID:ZAw

>>フェアリィ
いや、私は違うよ!?

49:涼幸:2014/12/31(水) 23:37 ID:CJs

フェアリィさんのHPがゴリゴリ削れていく…!!

>>花火さん
私もGLいけますよ!w
可愛いです(#^.^#)

いや最近妄想を三次元にも浸食させて呆れられてるんですけど…
解せぬ。。。

てか大晦日に私たち何やってるんや…!

50:クゥ natsuki.715@icloud.com:2014/12/31(水) 23:56 ID:1..

おぉ、花火!
あたしも地味にいけるぞ!!ww

51:クゥ natsuki.715@icloud.com:2014/12/31(水) 23:58 ID:1..

それと、あたしもやっぱ日向受けかな?
まぁ攻めでも可愛いんだけど(。-ܫ-。)ムフッ♥
あ、可愛いってかかっこいい?

52:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/01(木) 00:01 ID:1..

えーと、気を取り直して、あけましておめでとう!
今年もよろしく!!!

53:フェアリィ:2015/01/01(木) 10:31 ID:qbI

エ、エネ…安心して!!私も違うから!!!



涼幸たちには驚いたケド、まぁ人それぞれ好み?はあるし、それをどうこう言うつもりは無いので…えっと…(((ドッカーン

54:エネ◆eA:2015/01/01(木) 15:18 ID:ZAw

>>フェアリィ

よ、良かった…((ホッ
まぁ人それぞれだよね…私はNLしか受け付けないんだよね…

55:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/01(木) 16:40 ID:r6Y

続きです
若干、下ネタ入ります…


「ルーシィがあんな短けェの履いてるからだろ?」

「それにしてもあんなに足あげなくてもよかったじゃない!!」

あたし自分に説教してるよ…

「だいたいねぇ、グレイもグレイよ!!」

「オレ!?」

二人の喧嘩がグレイまで及んだところでエルザが止めに入る

「ナツ!ルーシィ!とりあえず、お前たちは帰れ」

その言葉にあたしは頷き、ギルドを出た

56:ミィーコ:2015/01/03(土) 18:38 ID:puc

お久しぶりです。遅いのですが、あけましておめでとうございます。

57:ミィーコ:2015/01/03(土) 19:31 ID:puc

下手なんですが、小説書きます。オリジナルの魔法も出てきます。


ここは、フェアリーテイル,楽しいギルドだったが、
ある日突然恐怖におそわれる・・・

ある日の朝、ギルドに変な男が、やってくる。
? 「こちらに、ルーシィ・ハートフィリア様が、いらっしゃいませんか?」
ルーシィは、嫌な気配がして、体が震える。
ギルドのみんなは、とっさに、ルーシィを守りに行く。
? 「あっ、そこにいらっしゃいましたか。
ルーシィ・ハートフィリア様、お迎えに上がりました。」
ナ,グ 「なんだとオラァ、ルーシィを連れて行かせるかぁ‼︎」
ナツとグレイは、いきピッタリに言った。
エ 「仲間を売るくらいなら、死んだ方がマシだ!」
ミ 「ルーシィを連れて行かせるもんですか!」
ギ皆 「そうだ!そうだ!」
ルーシィは、ギルドの皆の声で、泣いていた。
? 「あっ、そうそう私の名は、リアル・マーク。
以後お見知りおきを。」
と、男は名乗った。

58:ミィーコ:2015/01/03(土) 20:04 ID:puc

リ 「あなた方は、ルーシィ・ハートフィリア様の裏の魔法を知らないのでしょうか?」
皆は、驚いた。
リ 「その驚きようでは、ルーシィ・ハートフィリア様の裏の魔法を知らないのですね。
その裏の魔法とは、五つのドラゴンの光ですよ。」
皆 「なんだと・・・」
皆は、その魔法について、知っていた。1人は、除いて。
ナ 「なんだそれ?」
エ 「その魔法は、この世に1人しか使えない魔法ではないか。」
リ 「ご名答。では、話ばかりしていては、進みません。
それでは、ルーシィ・ハートフィリア様を、いただきますよ。」
ル 「いや、、いや〜!」
その時、ルーシィの頭の中で、プッツンと糸が切れた。
ル? 「邪魔。クズが。」
リ 「なっ・・・」
リアル・マークが、あっとゆうまに片付いた。
ル? 「ドラゴンスレイヤー、自分達のドラゴンに会いたければもし、私を
倒したら、お前達のドラゴンの場所を教えてやる。」
ナ,ウ,ガ 「なっ・・・」


あっ、五つのドラゴンの光とは、どのドラゴンの技も使える魔法です。

59:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/03(土) 21:17 ID:x7U

ミィーコ様

お久しぶりです

今年もよろしくお願い致しますね♪

皆様

超くだらない質問ですが、自分がフェアリーテイルの中の誰に似ていると思いますか?

性格、容姿などどこが似ているか理由もお願いします

ちなみに私は、ミラジェーン似です

見た目は全く違いますが性格が似てます

よく二重人格って言われる…

学校では大人しいけどキレたらグロ怖いと言う噂が広まっております←キリッ☆

友達曰く絶対に怒らせたらいけない人らしいですww

60:フェアリィ:2015/01/03(土) 21:21 ID:qbI

花火>>ん〜…容姿は全っ然似てないけど、ルーシィかな!

イジられキャラ的なポジションなとこが似てるかも!若干ね若干!


あ、でも小ささだったらレヴィかも。

61:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/03(土) 21:27 ID:x7U

フェアリィ様

くだらない質問にお答えくださりありがとうございます

私も小ささだったらレビィ…いやハッピーかもですw

62:あやだい:2015/01/03(土) 22:21 ID:epA

久しぶりで〜す
iPodが帰ってきたーと、
思えばネットで迷った(T ^ T)
やっとの思いで辿り付きました!

63:フェアリィ:2015/01/03(土) 22:21 ID:qbI

ハッピーてwwww


てか今思ったんだけどさ、花火ってユキノっぽくない?

丁寧な口調とかさ♪

64:あやだい:2015/01/03(土) 22:24 ID:epA

フェアリィ→確かにーそう思う

65:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/03(土) 22:31 ID:x7U

続きです


今はお風呂上がり

ため息をつき本を読もうとしているところ

ナツに裸を見られるのはやだけど、お風呂に入らないってのもなー

そう思いナツには目隠しをしてあたしが洗ったのだけど…

「早く帰りなさいよ」

そうこの男、見た目は女だけど!は一行に帰ろうとしない

「はあ?だってここオレの(体の)家だし」

とこんなことを言い出す始末

「それにルーシィ明日、パジャマでギルド行く気かよ?」

「う…もー今日だけよ!?」

「へいへい」

ナツの気の抜けた返事に今日、何十回目かのため息をつく

「おやすみなさーい」

そう言ってベッドに入るとモゾモゾとナツも入ってくる

「ルーシィ」

耳元で名前をささやかれる

「愛してる」

いつもより少し高いけど掠れて色っぽい声

「うん」

「それだけ言いたかった。おやすみ」

ニカッと笑い、そう言うとアイツは一瞬で眠りについた

もう!!何なのよ!?いきなり愛してるとか言っておいて…

そう思いながらあたしも後を追うように眠りについた

ー翌日

「はああ!?昨日のは何!?嘘ってこと!?」

そうギルドで叫ぶあたし

ちゃんと見た目もあたしだし、中身もあたしよ

「どーゆーことよ!?」

「えっとーミラがナツがルーシィに耳元で愛を囁けば元に戻れるっつーから」

まぁおかげで戻ったんだけれども!!

「落ち着けよ、ルーシィ。昨日のことはホントだぜ?愛してるから」

「うふふ、あの魔法薬。時間がたてば戻れたんだけどね」

カウンターの奥で悪魔が微笑んでいたことはまだ誰も知らない

そして、誰も知ることはないだろう

              end

66:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/03(土) 22:35 ID:x7U

フェアリィ様

ユキノは超嬉しいですね♪

ありがとうございます

でも、表はこうでも裏がなぁ

でも、滅多に怒りませんから

あやだい様

ものすごくお久しぶりですね

今年もよろしくお願い致します♪

67:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/03(土) 22:59 ID:x7U

暇なのでもう一個


「ルーシィ!!仕事行こうぜ!!」

「…うん」

あれ?酔ってんのか?

でもグレイが飲ませる訳ねぇし

カナもいねぇ

「おい、大丈夫か?」

そう聞くけど大丈夫じゃないよな…これ

潤んだ目、いつもより赤い頬、虚ろな目に半開きの口

まさかと思いオレはルーシィの顔の横から指を通し、額を合わせる

でも…

「熱いのか?これ…」

そう火竜に人の平熱など分かりやしなかった

とりあえず、ミラのとこに連れて行く

「あら!!すごい熱。この状態じゃあ家にも帰れないわね…とりあえず、医務室に寝かせましょう」

ミラはテキパキとタオルと水、氷を用意し、ルーシィをベッドに寝かせる

「何か欲しいものあったらナツに言ってね」

そう言うと出ていった

「ごめんね、ナツ。大丈夫だから、いいよ?行っても」

「いいんだ。ここにいる」

「でも…」

「うるさい」

ぐちゃぐちゃうるさいルーシィの口をオレの唇で塞ぐ

長く甘いキス

唇を離すとルーシィは真っ赤な顔で肩で息をしていた

「熱上がったんじゃねーの?」

「あんたのせいでしょ?」

ルーシィは苦しさと恥ずかしさで潤んだ目でキッとオレを睨む

「もう眠いの!!出てって!!!」

そう言われ、オレは部屋から追い出される

だけど、火竜は知っている

あの後、ルーシィが呟いていたのを

「眠れるわけないわよ、ナツのバカ!!」

68:蜜柑:2015/01/03(土) 23:43 ID:OBg

お久しぶりです!!蜜柑です!
覚えてますか〜?
初めての方も宜しく!!

今後ちょくちょく出てきます!
3DSでやっている人居ますか?
フレ交換しよ!

69:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/04(日) 07:51 ID:x7U

おはよう小説←なんじゃそりゃ

シリアスてす



ルーシィが死んだ

仕事中の事故だった

オレノセイデルーシィハシンタ

オレガイナケレバヨカッタノニ

オレは自分の首に刃をつきつける

「おい、ナツ止めろ!!!」

エルザに止められ刃物は床に落ちた

ああ、オレは今日も死ねなかった


次の日、ルーシィが死んでから初めてルーシィの家に行った

あの時のように窓から入るけどいつもの声はしない

ルーシィ、もう一度、一度でいいから言えよ…

不法侵入ー!!!って

ルーシィ、もう一度、一度でいいから呼べよ

オレの名前を…

「ルーシィ…会いたい…」

「ナツ!また人ん家勝手に入って!!」

聞こえた

ルーシィの声

「ルーシィ…?」

「久しぶりだね、ナツ」

見えた

ルーシィの姿

ルーシィがいる

「ルーシィ…!何で」

「あまりにもめそめそしてる子がいたからよ」

ルーシィは呆れ顔で言い、またすぐ悲しそうな顔に戻った

「でもね、ナツ。あの桜が散るまでなの…」

それだけでも嬉しかった

充分だった

オレたちはそれから一緒に仕事に行って

一緒に飯食って

一緒に寝て

毎日一緒にいた

姿は見えないが、ギルドのみんなもルーシィがいることに気づいていた

オレは死のうとすることも止めたし

ガジル曰く「お前からバニーの匂いがする」らしい

オレは楽しかった

ルーシィといることが

幸せ…だったんだ

…でも、今日で桜が全部散るだろう

「ナツ、あたしもう行かなきゃ」

「うん」

「これ、マスターに渡して」

ルーシィが取り出したのは大量の手紙

オレが寝ている間に書いたのか…

「一枚じゃ足りなかったの」

「じゃあね、ナツ」

ルーシィはそう言い消えた

オレはすぐに手紙をじっちゃんに渡す

「これ、ルーシィが…」

“ルーシィという単語にギルドは静まり返る

「手紙じゃ…」

じっちゃんは震える声で手紙を読み始めた

マスターへ

色々迷惑をかけてすいませんでした

短い間だったけどあたしはフェアリーテイルが大好きです

お世話になりました


グレイへ

グレイは優しくてあたしが悩んでいる時も相談に乗ってくれたり…

ナツとの喧嘩と脱ぎ癖改善に努めてね

あと、ジュビアをよろしく!!


エルザへ

エルザはいつもかっこよくて、でもかわいいとこもあって、女の子だなぁって思う!!

これからもナツとグレイをよろしくね


ウェンディへ

かわいくて妹みたいででもちゃんとしっかりしてる。そんなウェンディが大好きよ

ナツやエルザやグレイとあまり無茶したらダメよ!


ガジルへ

最初はムカついたけど頼りになることあるしホントは優しいことみんなも知ってるよ!

レビィちゃんと仲良くね♪


レビィちゃんへ

あたしの小説読んでくれてありがとう

これからも親友でいてくれる?

ガジルをよろしく!!!


ジュビアへ

雨女だったなんて思えないくらい今、ジュビアの周りには花が咲いてるようだよ!

日に日に恋してかわいくてなっていくジュビアをもう少し見たかったなぁ

ジュビアの恋の花も咲きますように


それから手紙は次々と読まれていった

ミラさんへ、リサーナへ、エルフマンへ、ラクサスへ、フリードへ、ロキへ

ドロイへ、ジェットへ、ラキへ、アスカちゃんへ、ビスカへ、アルザックへ

マカオへ、ワカバへ、ロメオくんへ、ラキへ、ナブへ、マックスへ


最後にナツへ

ごめんね、ナツ

ナツをおいていってしまったことが唯一の心残りです

ナツといる時間は輝いていて、楽しかった

ナツがおじいちゃんになったら迎えにいくから

大好きだよ、ナツ

     ルーシィ・ハートフィリア


             end

70:フェアリィ:2015/01/04(日) 11:54 ID:qbI

花火の小説、涙腺が(´Д`°。)


蜜柑、久しぶり!
私も3DSでやってるよ☆

71:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/04(日) 12:52 ID:1..

あたしはiPodだけど3DSも持ってるョ( `・д・)

72:エネ◆eA:2015/01/04(日) 15:54 ID:HVI

>>花火
今更花火の質問に答えるけど、((←おい
私は容姿は全く、全然似てないけど強いて言うならジュビアかな〜
あんま出しゃばんないで、遠巻きに人を見てるとことか、好きになった人とか物には
一途なとことか。あと、怒ったら手がつけられないところとか。

あと、花火同様、女子には優しくしてるけど、男子には容赦ないから、
恐れられてるんだよね☆そんな怖いことしてないのに……((

73:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/04(日) 16:54 ID:1..

あたしもわかるぞ!
なぜか男子に恐れられる・・・。
女子にだけ気を配って男子には何にもしないんだよね。
そんで持って毒舌だからさ、あたし。
あと・・・・・・凶暴?

74:エネ◆eA:2015/01/04(日) 17:37 ID:HVI

そうなんだよねー。まぁ女子にもズバッ、て言っちゃうけど。
そうすると「ひどーい」だの「さいてー」だの言われるけど、((←冗談で
「ごめん。私こういう性格なんだ☆」って言うと、おさまる((

男子に関しては毒舌の域を越している。暴言?というか罵倒?になっちゃってて…
まぁ男子が弱いだけだけどー

75:あやだい:2015/01/04(日) 17:40 ID:epA

花火→私も少しウルっときたよ!
エネ、クゥ→はぁ、カッコイイなー(≧∇≦)
私の場合は、男子は基本的に、
シカトするなーまあ、そのせい
で怒らしたら、怖いって話になっちゃて
るんだけどね〜(-_-)

76:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/04(日) 18:46 ID:1..

エネ、あやだい、まじか〜。
まぁ、基本的にあたしは暴力、暴言、毒舌かな?
それと、エネ同様。
あたしもたまに女子にもズバッと言っちゃう時がある( `・д・)
それに、男子がひょろひょろで弱いのがだめなんだからね!!!←何故にツンデレ?

77:エネ◆eA:2015/01/04(日) 18:59 ID:HVI

だよね〜
私の場合、言葉遣いが悪すぎるww
なんか、男子を睨んだだけでも「すみません…」って言ってくる〜
なんで〜?((←

78:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/04(日) 20:22 ID:1..

わかるよ、エネ!!!
あたしもそんなだよ!!!
めっちゃ謝ってくる!!w

79:涼幸:2015/01/04(日) 20:23 ID:CJs

今花火さんの小説読んできました(*^_^*)
軽く涙腺が粉砕されました^^どうしてくれるんですか((


私は、性格はエルフマンですかね( `・ω・)!
オトコ!((

80:ミィーコ:2015/01/04(日) 20:49 ID:puc

皆さんの周りには、弱い男子ばかりなんですね。
私の周りには、弱い男子が少なくて、強い男子が多いです。
なんとゆうか、集団男子で、川内軍団とかいろいろとあります。
まぁ、名前は勝手に決めているだけなんですけど・・・

81:エネ◆eA:2015/01/04(日) 21:10 ID:HVI

>>ミィーコ
ん〜…まぁなんだかんだで私が強いんだと思うけど笑
強い男子?それって、力とかが強いってこと?

82:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/04(日) 22:28 ID:1..

力ならあたしほとんどの男子に勝ってるよ!!ww
女子でも勝ってる!

83:エネ◆eA:2015/01/04(日) 22:35 ID:HVI

私は基本的暴力はしたくないから、口で論破してるな〜

口喧嘩で負けたことはないかな。男子と喧嘩になって口論になったとき、
まぁ、うん。私がズケズケ言ったので、相手の男子は涙を浮かべてました〜←

女子にもそうかな〜。

84:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/04(日) 22:59 ID:x7U

フェアリィ様&あやだい様&涼幸様

小説の感想(しかも誉め言葉)ありがとうございます♪

私の小説で泣けるとか言って下さるとは(泣)

私の涙腺が…


皆様

うちの学校は大阪なのでめちゃくちゃ荒れてますww

窓ガラスは3日に1回のペースで割れるわ

首の絞め合い(本気)はしょっちゅうあるわ

授業崩壊するわ

まぁ、女子は派手なグループ以外優しいですけど

私は元々、無口無表情キャラ(母からの遺伝)なので…

なぜか言葉に感情が入んないんです…

「ごめぇ〜ん!!」って言ったつもりでも実際「ごめーん」らしい

本能と感情で動けば棒読みだけど、理性で動けば、感情が入ります(演技ですけど…)

本能と感情で動くのは家だけですねw

演技してるときはまんまミラです(ドSは本能かも…)

85:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/04(日) 23:19 ID:x7U

皆様

超くだらない私の考察を聞いてください(ごめんなさい…)

私はこの数日、ずっと考えていたことがありました

それは、なぜミラはリサーナが死んで性格が変わったのか…

私は悩みに悩んだ末、この推論にたどり着いたのです←意味不明ww

ミラはリサーナが死ぬまで、かわいいのはリサーナ、優しいのはエルフマン

じゃあ、2人を守るのは自分

つまり、ミラは自分は好戦的で強くいなくてはと思っていたと思います

しかし、リサーナが死んで皆の心のリサーナという枠が空っぽになったのです

ミラはしっかりしているから、リサーナの枠を埋めなくてはと思ったのでしょう

皆の心にいた自分を殺し、自分の心にリサーナという枠を作ったんだと思います

リサーナのことが大好きだったから、皆にリサーナを感じてほしいから、ミラの性格は変わったんだと思いました

急に変なこといってごめんなさい…

今、フェアリーテイル好きの子がいないので…(冬休みだから)

86:ミィーコ:2015/01/05(月) 00:27 ID:puc

私の場合、友達にイラッとしても、殴るのを我慢しています。なんか、いろんな人を
殴るとめんどくさいことになるような気がして。先生とかに、ガミガミ言われそうで。まぁ、
でも、6年生の時、友達に本気?で怒ったことあるんですけどね。ある友達に、首をしめられて、
止めてと、言っても止めてくれないので、弱きで蹴りました。

87:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/05(月) 07:16 ID:x7U

おはよう小説

好き

この2文字を言うためにあたしはどれ程の犠牲を払ってると思う?

自分の心を砕き

自分の心を踏みにじり

それでもあたしはあんたが好きなの

ナツ、好きだよ

嗚呼、あたしの心はもうボロボロ

88:フェアリィ:2015/01/05(月) 08:46 ID:qbI

やっふー☆(*`З´)


皆、強いんだねぇ…(´∀`°)
姉さん嬉しいわぁ(´∀`*((殴


私は学校では基本からかわれまくりだよw


いわゆるイジられキャラってやつ?w


最近(冬休み前)は学年中に広まった私と彼氏のネタでめちゃイジられた…

さすがにあれは耐えられんくて「やめろぉぉ!!」ってなったww

89:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/05(月) 08:48 ID:x7U

暇なのでもう一個

病んでます


アナタはアタシのドレイよ

ルーシィはそう言った

オレはアイツのドレイだ

「ナツ〜?ケーキまだ?」

「ご主人様、ケーキをお持ちしました」

ナツがあたしの机にケーキを置く

「おっそい…このグズが!!!!使えないわね!!!!」

あたしはそう叫ぶとナツにケーキを投げつけた

「床が汚れちゃった。ほら、見てないで早く舐めろよ」

あたしが言うとナツはそのとおりに動く

それが面白くて、あたしは声をあげて笑う

そこにエルザとグレイが来た

「おい、ルーシィ。いい加減にしろよ」

「ナツは仲間だろう?」

何言ってんの?コイツら

「ナツが仲間?笑わせないで。ナツはあたしの所有物よ?」

「ルーシィ!!!!お前…!」

グレイが殴りかかってくる

「ナツ〜、邪魔者は消して」

「はい、仰せの通りに」

ナツはグレイの顔を思いきり殴る

呆然とするグレイとエルザ

静まり返ったギルドにルーシィの笑い声だけが響く

「ナツ、アナタはアタシのドレイでしょ?」

「はい、ルーシィ様」

end

90:あやだい:2015/01/05(月) 09:49 ID:epA

おはようです
私は友達に関しては、本当に腹が立った
ときしか怒らないなーあと悪口とかは、
あんまり好まないかなー(男子以外)
ついでに、私のクラスは、すごく男子が
生意気です!
花火→奴隷の話の続き気になる!

91:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/05(月) 10:04 ID:x7U

あやだい様

あれで終わりなんですよね…

でもせっかくなので続きを


「ルーシィ・ハートフィリア。お前を破門とする」

マスターはそう言った

「え!…まぁいいわこんなギルド。行くわよナツ」

荷物をまとめて出ていくルーシィについていくナツ

「今日は野宿か〜」

あたしたちは泊まるとこを見つけ、そこにテントを張り寝ることにした

「ナツ、あたし闇ギルドに入ろうかな」

「オレはルーシィ様の行くところならどこでも…」

「うふふ、いい子ね、ナツ」

あたしは優しく微笑むとナツの頭を撫でた


ルーシィが闇ギルドに入る

そんなの絶対に嫌だ

殴られることは分かってる

でも…

「なぁ、ルーシィ」

オレは昔のように話しかけてみた

92:あやだい:2015/01/05(月) 10:57 ID:epA

花火→ごめんわざわざかかせちゃって(-_-)

93:フェアリィ:2015/01/05(月) 11:24 ID:qbI

花火、やっぱ上手いなぁ〜♪

ストーリー性が私なんかと比べらんないもん!w

94:あげは:2015/01/05(月) 13:56 ID:kWE

はじめましてあげはです。たまにしかこれませんがよろしくお願いします。

95:ミィーコ:2015/01/05(月) 14:53 ID:puc

花火さん、上手いです。

96:ミィーコ:2015/01/05(月) 14:55 ID:puc

あげはさん、はじめまして。
私は、ミィーコ。中学1年生です。

97:あげは:2015/01/05(月) 15:09 ID:kWE

はじめまして、ミィーコさん!私は小学6年生です。

98:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/05(月) 16:00 ID:1..

あげは、よろしくね!
基本ためOK( `・д・)
あげはと同じ小6っス!!

99:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/05(月) 16:11 ID:1..

しょーせつとーかー
シリーズものっス!!
シリーズものとか行っといて続かなかったらごめん!
あたしの小説は長続きしないものでして・・・。
えっと、序章、かな?

ーーーーーーーーーーーーーー

昔々あるところに1人の可愛らしい少女が山奥に住んでいました。
少女は父も母もおらず、ずっと1人で泣いていました。
そんな少女に4人の少年少女が近づいたのです。

「仲間になろう。」

次の日から少女はその4人と共に行動をするようになりました。
しかし、一ヶ月後の夜。
少女は獣に喰われ亡くなってしまいました。
4人の仲間達は嘆き悲しみました。
そして、ある日、4人は決心します。

少女の仇をとるーー。

亡くなった少女の面影を思い浮かべながら今日も4人は歩き続けることでしょう。

100:涼幸(リョウユキ):2015/01/05(月) 16:12 ID:lSc

あげはさん、初めまして!

タメでお願いします(*^^)v
同い年なので。。。
小6デス!

101:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/05(月) 16:13 ID:1..

第1話

ゴウゴウと風が吹き付ける丘の上。
1人の少女はそこで立っていた。



ここは・・どこなの・・・?




あたしは、あたしは・・・


「あたしは・・・だ、れ・・・・・・?」



ーーー僕たちの可愛い姫君さ。



声が聞こえたその瞬間。
眩い光が少女を包み込み一瞬にしてなくなった。
光がなくなった後、少女は跡形もなく消えていた__。

102:あげは:2015/01/05(月) 16:45 ID:kWE

すごく!ヤバく!か・ん・ど・う!!!!
皆、小説上手だね♪

103:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/05(月) 16:54 ID:1..

第2話

「・・・んっ・・。」

目を覚ますと、そこは、先ほどとは違う別の場所だった。
ふわふわとするベッドから体を起こしあたりを見回す。

「・・・・・・どこ。」

立ち上がろうとしたその時、どこからか声がした。

「お目覚めのようだね。」
「・・・ここはどこ。」
「ここかい?ここは僕達、皆の居場所だよ。」
「居、場所・・・うぅっ!」

居場所と聞いて頭がズキズキと割れるように痛くなる。

“居場所”

ふと思い出す大きな建物。
そこには妖精・・・みたいな何かのマークがでかでかとあった。
あたしにも大事な居場所があった。

「あたし、あたしは・・・誰?」
「ルーシィ・・だよ。」
「るー、しぃ。」
「そ、君の名前。そして、君、ルーシィは僕達の仲間、だよ。」
「な、仲間っ・・・。いっ!ああぁ!!!!」

痛い痛い痛い痛い痛い。
頭が痛い。

“仲間”

あたしの大切な仲間。
たくさんの仲間がいてーー。
皆優しくて、大好きでーー。

「違う。君には仲間(裏切り者)などいらない。本当の仲間、それが僕達だよ。」

そう言った彼の後ろからザッと3人が出てきた。
髪の毛がふわふわした小柄な女の子。
メガネをかけた真面目そうな男の人。
そして、耳としっぽの生えた野生的な男の人。

「そう、私たちの仲間よ。」
「もちろん僕とこいつもね。」
「本当の仲間は俺たちだ。」

分からない・・分からない・・・。
本当の仲間って・・・何?
何が本当なの?
あたしには優しくて大好きな仲、間、達が・・・。

「君にはね、昔仲間がいたんだよ。君はその仲間に裏切られたんだ。あの醜い魔導師どもめに。」
「魔導師・・・。」
「そ、あんたはね、星霊魔導師よ。」
「母の形見なのだろう?」
「ほらよ。」

耳としっぽの生えた男の人から渡された金と銀の鍵。
確かに見覚えのある。
大切で、大好きな星霊たち。

「無事で・・良かったっ・・・!」

そう言ったその時。
グルルルル。
ルーシィのお腹がなった。

104:あやだい:2015/01/05(月) 16:55 ID:epA

あげはよろしく(∗•ω•∗)
あやだいです。
涼幸、クゥ、エネと同じ小6です!
ヨロ(・ω・)スク(「・ω・)「

105:あやだい:2015/01/05(月) 16:59 ID:epA

クゥ、花火、小説書くの上手いなー(›´ω`‹ )
ストーリーの芯が、やっぱしっかりしてる!

106:あげは:2015/01/05(月) 17:00 ID:kWE

うん!よろしくね♪リョウユキ、あやだい!

107:フェアリィ:2015/01/05(月) 17:22 ID:qbI

あげは、よろしく!

私は中2のフェアリィだよ!
呼びタメOKだからね〜♪

108:あげは:2015/01/05(月) 17:46 ID:kWE

タメ口にはもう慣れたよ('∀')ゞ

109:あげは:2015/01/05(月) 20:12 ID:kWE

皆、寝ちゃったのかな?
寂しいよ〜(;〜;)

110:エネ◆eA:2015/01/05(月) 21:04 ID:zfk

あげはさん、よろしくです♪同じく小6のエネです。

111:匿名さん:2015/01/05(月) 22:01 ID:epA

眠いです。みんな寝ちゃた!?

112:あやだい:2015/01/05(月) 22:02 ID:epA

あれっΣ(゚д゚;≡;゚д゚)↑の私です!!
あやだいが、書きました!!

113:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/05(月) 22:02 ID:1..

起きてる!!

114:あやだい:2015/01/05(月) 22:03 ID:epA

ID見れば分かります!!

115:あやだい:2015/01/05(月) 22:04 ID:epA

おおクゥ同類がイタ―

116:あやだい:2015/01/05(月) 22:04 ID:epA

(∩´∀`)∩ワーイ

117:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/05(月) 22:04 ID:1..

てかあやだい眠い?
あたし眠くないや・・・いつもね、寝るの3時ごろなんだ、朝の。
だからまだまだ大丈夫( `・д・)

118:あやだい:2015/01/05(月) 22:05 ID:epA

ありがとう(*´罒`*)

119:あやだい:2015/01/05(月) 22:05 ID:epA

私は、2時くらいかなー

120:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/05(月) 22:06 ID:1..

(✿→艸←)㋒㋛㋛

121:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/05(月) 22:07 ID:1..

うおっ!
2時かっ!!←人のこと言えないw
あたし最高で一日中起きてたぐらいかな?

122:あやだい:2015/01/05(月) 22:07 ID:epA

動画みてたり、アニメみてたり、他の人が作った
ナツルーみてたり、、、、

123:あやだい:2015/01/05(月) 22:09 ID:epA

私も熱の時ボーーーっとしてて、
一日起きてた時があるよ〜

124:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/05(月) 22:14 ID:1..

暇だーーーーー

125:あやだい:2015/01/05(月) 22:32 ID:epA

だねー

126:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/05(月) 23:02 ID:x7U

あやだい様&フェアリィ様&ミィーコ様

小説感想ありがとうございます♪

もう嬉しすぎて泣きそう…

あやだい様

全然いいですよ!

小説書くの大好きなので、むしろ嬉しかったです♪♪


あげは様

花火です♪

中1で、今テスト週間なので夜しか来れませんが、よろしくお願いします♪

私の様付けと敬語は気にしないで下さい(タメだとしゃべり方チャラくなるんです…)

私に対してのタメは全然OKです♪

クゥ様

クゥ様の原作とは違う感じのテイストの小説大好きです!

続き楽しみにしています♪

127:あやだい:2015/01/05(月) 23:26 ID:epA

花火って中1だったんだー(๑`・ᴗ・´๑)

128:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/05(月) 23:37 ID:x7U

あやだい様

続きです


「は?今なんて言った?」

ルーシィのオレを鋭くとらえる眼光

なぁ、昔はこんな目しなかっただろ?

「ルーシィって言った」

「ルーシィ様でしょ?」

低いトーンでそう言うとルーシィは手を振り上げる

あぁ、また殴られるんだ

ドカッ

痛いすごく痛かった

…心が

「もう止めよう、ルーシィ。オレはお前の奴隷じゃない」

「はぁ!?あんたはあたしの所有物。
あたしのペットでしょ!?」

キッとオレを睨む目

オレを殴ろうとする手

「ルーシィは!!オレの知ってるルーシィは!!こんな目しなかった。心から冒険を楽しんでいた目だった!!!
オレの知ってるルーシィは!!もっとキレイな手をしてた!!人を殴るためじゃなくて、仲間と繋ぐための手をしてた!!!」

オレの言葉にルーシィは目を大きく見開くと、血が流れるほど自分の耳を引っ掻いた

「うるさい!!うるさい!!うるさい!!」

「ルーシィの笑顔は人を嘲笑うものじゃなかっただろ?ルーシィの笑顔は仲間と笑い合うためのものだった!!!いい加減、目ぇ覚ませよ!!!ルーシィ!!!」

「黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ!!!」

ルーシィはそう言うと腰にあった鞭で自分の首を絞めた

オレはルーシィの手を掴み、言う

「ルーシィ…もう少し自分を大切にしろよ…」

「何でも一人で背負い込むなよ。助けるから、支えるから。…そのための仲間だろ?」

振り向いたルーシィの顔は涙でぐしゃぐしゃだった

「ごめんなさ…」

ルーシィの言葉を遮り、オレは口を開く

「ごめん。じゃねぇだろ」

ルーシィは涙を拭うとニコッと笑う

キレイな笑顔だった

「ありがとう」

「よし、帰ろう。妖精の尻尾へ」

オレは手を差し出す

「うん」

オレの左手と繋がる右手にまた桜色の妖精が現れる日もそう遠くはない

129:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/05(月) 23:43 ID:x7U

あやだい様

小説の方、ハッピーエンドに持っていけました♪

どうでしょうか?

それと、そうですよ〜

中1です!

クラブもバレー部だし、ハードだけど夜だけは来たいなぁって思ってます!!

130:リト◆cY:2015/01/06(火) 01:01 ID:5x2

なかなかこれなくてすみませんでした><

皆小説が上手で尊敬だよ!

私の前回書いた小説の続編なんだけど
7日から学校なのに宿題が手付かずで…((
だいたいのストーリーは決まってるんでそう遠くないうちに完結させたいです…!

>>あげはさん
どうも!小6のリトです
基本タメokです!
これからよろしくお願いします!


あ、それから皆さん明けましておめでとうございます!

131:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/06(火) 01:53 ID:1..

花火〜小説褒めてくれてありがとっ!!
あたしも花火の小説大好きー!!!
ストーリーも面白いし、その場面が頭に思い浮かぶ!((それってつまり妄想・・・
それに、小説を書くスピードもはやいし、ネタも多く持ってるし凄いと思うよ!
将来はバレーの選手と小説家に((殴

132:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/06(火) 07:43 ID:x7U

クゥ様

ありがとうございます!!

でも、将来は小学校の先生になりたいんですよね〜

小説はサイトをたてて書こうかな〜って思っています♪

133:エネ◆eA:2015/01/06(火) 11:45 ID:dtE

おぉ!!花火って将来先生になりたいんだ〜凄いね!!
小説家にもなれそうだけどね〜。とにかく頑張れ!!

134:フェアリィ:2015/01/06(火) 15:24 ID:qbI

花火、感動のラストだった〜(涙)

先生かぁ…!!なれるよきっと!頑張れ!!



リト、久しぶりだネ♪今年もよろしくー!!

135:フェアリィ:2015/01/06(火) 15:31 ID:qbI

学パロ書きます♪







あたしはルーシィ。今日から高校生だ。


もちろん通う高校は、憧れの妖精学園。

小さい頃から、マグノリアのボランティア活動や依頼をこなす先輩達を見て育ったあたしは、
絶対ここに入学するんだって決めていたのだ。




ルーシィ「よーしっ!まずはバンバン友達作ろっ!!」




一人、ガッツポーズを決めてあたしは大きな校門をくぐった。



今日からどんな日常が待っているのか、楽しみだ!!


続く
*****************


ウェーイ!

学パロってありがちだけど、フェアリィ・オリジナルを目指して書くYO☆

136:あやだい:2015/01/06(火) 16:15 ID:epA

花火とってもいいラストだった!!また、
少しうるっときちゃった(ó﹏ò。)
ありがとう!!(๑`・ᴗ・´๑)

137:あやだい:2015/01/06(火) 16:20 ID:epA

花火そっかー花火は、先生になりたいんだー
じゃあさ、先生やりながら小説かけば?
夏目漱石みたいに( ´ ▽ ` )ノ

138:あげは:2015/01/06(火) 18:14 ID:kWE

明けましておめでとう!学校で小説を思い出すだけで涙が出てしまい友達に心配されました(;・~・)でもそのくらい皆、上手です!これからもファイト!!

139:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/06(火) 22:50 ID:x7U

エネ様&フェアリィ様&あやだい様

ありがとうございます!!

夢に向かって頑張るぞ〜

140:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/06(火) 22:56 ID:x7U

リト様

リト様の小説早く読みたいです〜

楽しみにしてます♪


フェアリィ様

私はパロディ苦手なんですよね〜

学パロ今度書いてみようかなぁ

あと、小説の続きめっちゃ楽しみにしてます!

141:フェアリィ:2015/01/06(火) 23:19 ID:qbI

クラス表を確認して、早速教室に向かう。









ルーシィ「2組〜♪2組〜♪」












「ルーちゃーん!」





廊下の向こうから元気な声がした。








ルーシィ「あ!レビィちゃん!」

レビィ「おはよルーちゃん!」





レビィちゃんとは中学の頃知り合った。


趣味や話が合うから今では親友とも呼べる仲だ。





ルーシィ「レビィちゃん、何組だった?あたしは2組!」

レビィ「あっ、ホント!?私も2組なの!よかったぁ、私知り合いいないからさぁ」

ルーシィ「やったぁ!!あたしも知り合いいないから不安だったんだぁ」







ホントついてるなぁ!



レビィちゃんとあたしは教室を目指した。









続くよ!

142:あやだい:2015/01/06(火) 23:20 ID:epA

おっ一瞬花火がタメ語になった(๑`・ᴗ・´๑)
めっちゃのとこ(`・ω・´)ノ

143:あやだい:2015/01/06(火) 23:22 ID:epA

こんばんは わぁフェアリィ学パロうまーい(≧◡≦)

144:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/06(火) 23:31 ID:x7U

小説書きます!!

素直になれないナツルーのグレジュビ目線


「おい、何してんだ?」

バッと振り返った金髪の少女

「グレイ!?」

金髪の少女、ルーシィは慌てて、持っていた何か自分の後ろに隠す

「おい、今何隠したんだ?姫さんよぉ」

オレがそう言い軽く肩をこづくと動揺したルーシィはあっさりそれを落とした

オレはそれを拾う

ルーシィが持っていたのは二つのネックレス

一つは、中央に赤いドラゴンのモチーフが付いた銀のチェーンのネックレス

もう一つは、赤と黄色の四角い水晶のネックレス

それを見てオレは

「さすがルーシィ、どっちもイカしてるぜ」

と言う

「そ、そう?どっちがいいかなぁ?」

上ずった声

素直じゃねぇなぁ、全く困った姫さんだ

会計を終えたルーシィにちょっとした悪戯心が芽生える

「それ、きっとナツに似合うぜ?」

すると、ルーシィは顔を真っ赤にさせ、叫ぶ

「は、はあ!?なななななんで、ナツ!?」

オレは笑いを堪えて聞く

「ちげぇの!?」

「そ、そうだけど…」

この顔ナツに見せればいいのに…


続く

145:リト◆cY:2015/01/06(火) 23:56 ID:vus

小説です!汚いですが暇潰しにどうぞ〜
前回 5の939(多分)


「ルーシィ!」

明るい声が私の名前を呼んだ。
もうとっくに聞きなれたナツの声だった。

いつも通りに明るく答えよう。

「ん?どうしたの?」

よし、多分大丈夫だろう。 
さっきまで変なこと考えてたからな…。
ナツたまに勘が鋭いから気を付けなくちゃね。
変な心配かけたくないし。


「う〜ん…やっぱ違うんだよな…」

「え?何が?」

「ルーシィさぁ、なんかあったか?」

「え!?いきなり何!?」

まさかさっきまでの『THE・鬱』な考えが…バレた?
まさか私、黒いオーラを発してたのかな!?


どうしよう、めっちゃありえる。


別にバレてもなんともないけど!
ないけども!!
なんか恥ずかしいんだよ…気分的に…

「なんか隠してる気がするんだよな〜…」
「隠してないわよ!私は通常運転だからね!?」

何が通常運転だ。
さっきまで暗いこと考えてたくせに。

バレるのも時間のうちか?

「なんだ〜俺の勘違いだったか〜」

「あはは…そうじゃない?私は普通だよ?」

「そうだよな〜…変なこと聞いてごめんな〜」

そう言ってナツはハッピー達のいる机に戻っていった。


なんとか誤魔化せた…?
いや、油断は禁物だ。

ていうかそもそも私は何を隠してるんだ。
別に隠す必要なんてないのに。

まさか心のどこかで
さっきの結論に納得してない自分がいる…とか…?


まさかね。

あぁ、もうなんか無性に腹立ってきちゃった。


あとでレビィちゃんに相談してみようかな?

146:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/07(水) 01:50 ID:1..

第3話

ガチャと音がなり並べられた料理。
チキンにパスタにスープにデザート。
どれも美味しそうで目を輝かせる。

「美味しそう・・・。」

すると、メガネをかけた男の人が少し照れてこう言う。

「好きに食べれば良い。味の保証はできんがな。」

その様子にルーシィは少し笑いながらも「いただきます。」と手を合わせた。
料理はどれも期待してた以上に美味しく、頬が落ちそうなほどだった。
もっと食べようかとパスタに手をかけたその時、たまたま目に入った4人に目線を向けた。

「ねぇ、あなたたちの名前、何?」

頭をかしげて聞いてくるルーシィに4人は次々と名前をあげていった。

「あぁ、そうだね。自己紹介をしていなかった。僕の名前はリユーフ。」
「私はサクラ。」
「俺はダーク。」
「・・リュウだ。」

4人の名前を聞き終わった後、ルーシィは「へー。」と返事をし、再び食事を始めた。

***

食事が終わった後。
ルーシィはもじもじと言いにくそうに、顔を下げながら4人に問いかけた。

「ずっと気になってたんだけど・・・裏切り者ってどういうことなの・・・?それと、丘の上にいた時、姫君って聞こえたんだけど。」
「裏切り者・・・そうだね、君は知らないんだ。それは前の仲間たちのことだね。彼らはね、君よりも大切な仲間の命が惜しいがために君が死ぬという選択を選んだんだ。もちろん君がいない時に。」
「そ、んな・・・。嘘、でしょ・・・?」
「嘘じゃない。本当だよ。すべて真実さ。そうそう、それで姫君っていうのはね、昔僕達はあってるんだよ。君は覚えてないだろうけどね。その時君があまりにも可愛かったから姫ってことになったんだ。もちろん今もね。」
「か、かわ、可愛いって・・・!」
「ま、そんなとこかな。」

リユーフは少し伸びをして歩き出した。
しかし、リユーフの服の裾をルーシィが掴み阻止する。

「リユーフ、サクラ、ダーク、リュウ・・!あ、あなた達があたしの仲間というのならっ・・・ずっと一緒に、いてくれる?」

微かに震えるルーシィの声からはどことなく不安が読み取れた。

ーーもう、1人は嫌だっ・・・!

ルーシィの表情からひしひしとそれが伝わってくる。
4人はルーシィの言葉を聞き、フット口角をあげて笑う。

「「「「そんなの・・当たり前。」」」」

ルーシィはその言葉に思わず笑みをうかべた。



ーーーーーーーーーーーーーーーー

えーと、無駄に多くしゃべっているのがリユーフ。
髪の毛ふわふわの女の子がサクラ。
耳としっぽの生えた男の人がダーク。
メガネをかけた真面目そうな男の人がリュウ。
・・・何だけど・・分かり難かったらごめんね!

147:リト◆cY:2015/01/07(水) 07:14 ID:5x2

クゥ様めっちゃ上手です!!!!
続きが気になる!!

148:フェアリィ:2015/01/07(水) 10:46 ID:qbI

クゥテイストの小説、面白いねー♪

149:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/07(水) 13:37 ID:x7U

珍しく昼更新

続きです


「何してるんですか?」

ここはかわいいアクセサリーショップ

見覚えのある桜髪にジュビアは声をかけてみました

すると、ギクッーと一回全身を強ばらせて、恐る恐る振り向く

やっぱり、ナツさんだ

「ジュビア?」

そう言って、ナツさんは慌てて持っていた髪飾りを置いた

「何してるんですか?」

何してるもなにもないですよね

こんなかわいいアクセサリーショップで五感の鋭いナツさんが後ろから近づくジュビアに気づかないなんて

だいたいの検討はつく

でも、そう分かっていながらさっきと同じ質問を口にする

「何もしてねぇよ」

これで誤魔化そうとするなんてナツさんらしいけど

「これ、両方かわいいですね!どちらでも似合うと思いますけど」

追い討ちをかけるジュビアの言葉

「は?まだ誰もルーシィにあげるとは言ってねぇだろ」

「そうですね、ジュビアもルーシィにあげるとは言ってませんよ」

ナツさんはしばらく自分の失言を否定していたけど、観念したようで真っ赤な顔で聞いてきた

「…どっちがいいかな…?」

150:フェアリィ:2015/01/07(水) 21:19 ID:qbI

2組に辿り着いたあたしとレビィちゃん。



教室はにぎやかだった。







ルーシィ「…何かワクワクしてきた!!」

レビィ「あはは…私はちょっと不安かも」








やがて担任が来て、これからの学校生活の事などを話した。


クラス皆の自己紹介を終え、入学式が行われるアリーナへ移動することになった。







レビィ「はぁ〜…自己紹介緊張した!」

ルーシィ「だねー。あたし噛みそうになっちゃったよ」








あたし達は肩を並べて歩いていた。







ーーーードンッ








ルーシィ「わっ」







あたしの肩に何かがぶつかった。


促されるように前方を見ると…春なのにマフラーを首に巻いた桜髪の男子が走っていた。


きっとあたしにぶつかったことにも気づいていないのだろう。

振り向きもしなーーーーーーーーーーーー





「わりぃーっ!!!!」




桜髪の男子は、瞬間的に振り返り大きく手を振るとまた前を見て走っていった。







数秒ボーッと眺めていると、後ろから先生が走ってきた。






先生「こらぁぁ!!ドラグニルゥ!!!入学式から反抗とはいい度胸だなぁぁ!!!」






いかにもな体育科の先生だ。



ルーシィ「…ドラグニル…」

レビィ「?? ルーちゃん?」







あたしはなぜか、一瞬だけ見たあの桜髪の男子のことが気にかかった。




続く

151:蜜柑:2015/01/07(水) 22:46 ID:OBg

3dsでフレ交換良かったら、ミーバースで会いませんか??

妖怪ウォッチでFT見れなかった…
ユーチューブでFTのovaの学パロを思い出して…
皆さん小説聞くの上手いですね!!
私は見る方なんで日記とか書くのは得意だけど…
皆さん尊敬します!!
ナツルーで小説とか絵を取り扱ってるサイト有りますよね?それを毎日ナツルーを見てるんですけど、最近投稿が少なくて…続きを見たい小説もばったり止まっちゃいました…早く続きがみたいです!!
ナツルーLOVE!!

152:蜜柑:2015/01/07(水) 22:47 ID:OBg

フレ交換禁止なのでミバで!!

153:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/07(水) 23:37 ID:x7U

続きです


一つは大きい花柄ハートの髪飾り

もう一つは鍵のモチーフを囲むように黄色の星がついてる髪飾り

「こっち…ですかね?」

「じゃあ、こっちにする。ありがとな!ジュビア!!」

「フフッ、きっとルーシィも喜びますよ」

「だから、ルーシィじゃねぇよ!!!」

ナツさんはそういうとお会計の方に走っていく

素直じゃないですね、ナツさんも…


時が変わりここは夜のギルド

「グレイ様!!今日ナツさんが…」

とジュビアは今日の出来事を話す

するとグレイは目を丸くし口を開く

「奇遇だな!オレもルーシィと…」

グレイもルーシィとの出来事を話す

「素直じゃねぇよな、二人とも」

「そうですね、ジュビアじれったいです!!」

手を握り絞め一生懸命に話すジュビアを見て、グレイは笑いが込み上げてくる

「グレイ様、どうかなされましたか?」

「いや、なんか昔のオレらみてぇだなって。そーいやナツとルーシィはどうなったかな?」

グレイの言葉にジュビアもギルド内を見渡す

「お!発見!!」

グレイの指差す先には、プレゼントを交換するナツとルーシィ

「うまくいったみたいですね」

しばらく何かを考えていたグレイはいたずらっ子のようにニヤリと笑う

「じゃあ、オレからもプレゼント」

「え!なんで…ふぐっ!!」

ジュビアの唇はグレイの唇で塞がれる

ラブラブムード全開の二組は気づかなかっただろう

このギルドに魔人がいたことに

「フフッ、二組激写」

二枚の写真を持って笑みを浮かべるミラジェーン

「ミラ姉、趣味悪いよ〜」

「こんなとこでラブラブしてる子たちが悪いのよ、リクエストボードに貼っておこうかしら?」


end

154:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/07(水) 23:41 ID:x7U

原作ではあまりないナツとジュビアの絡みが書きたかったんです!!

ちなみに、グレイとジュビアはでぇきてる”ぅです♪

155:フェアリィ:2015/01/08(木) 07:01 ID:qbI

花火さああああん!!!

萌えたああ!!!


ナツルーもグレジュビもカワイイっ!!

156:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/08(木) 10:39 ID:x7U

今、始業式終わって帰ってきました!!

昨日塾に行った鞄で学校行ったら、携帯入ってましたww

見世物小屋パロディです

もしもナツとルーシィの出会いがこうだったら…という小説です


「皆さん、この世にも奇妙な妖術を使う女を見てください!!!」

ここは見世物小屋と呼ばれるところ

体内に魔力を持っているものはこの地域では珍しいようだ

今、舞台に立っているのは、ブロンドヘアがよく似合う女性…いや、少女と言う方が良いだろうか…そのくらいの年齢の女

少女が疲れきっているように見えるのはこの見世物小屋で毎日魔力を消費しているからだろう

「ハァ…ハァ…」

いつまでたっても魔法を使わない少女に観客はざわつき始める

それに焦った司会者は少女の尻を蹴り飛ばした

「早く魔法出せよ!!!」

「あうっ…!!」

その二人のやり取りに気づくものは一人もいなかったが、少女は力を振り絞り魔力を解放する

「ハァ…ハァ…ひら…け金牛宮の扉…タウロス…!!」

途端に客席からは歓声が上がる

「何もないところから牛が出てきたぞ!!」

「スッゲー!!!」

その歓声に司会者はにっこり笑うと

「皆さん、お楽しみいただけたでしょうか?今回はこれにて終了とさせていただきます」

ショーが終わると少女は牢屋に投げ入れられた

「次の出番は30分後だ。次はもうちょっとマシになるようにやれよ」

その少女は司会者が牢屋から出ていくと吸い込まれるように眠りについた

157:蜜柑:2015/01/08(木) 16:06 ID:OBg

小説面白い!!続きが気になります!!

158:あげは:2015/01/08(木) 16:44 ID:kWE

続き気になる!!
はやく書いて欲しい!がんばれ!

159:ミィーコ:2015/01/08(木) 17:12 ID:puc

小説とっても面白いです。続きが、気になります。

160:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/08(木) 18:39 ID:1..

第4話

一方その頃、いつも騒がしく賑わっているフェアリーテイルは、目を疑うほどに静かで沈黙に包まれていた。
みんな頭を下げ、悔しそうにしている者もいれば、悲しそうに、今にも泣き出しそうにしている者もいる。
そんな中、一人の少女が口を開いた。

「私たちがあんな選択をしたからルーちゃんがいなくなっちゃったのかなぁ・・?あんな選択をしていなければルーちゃんは今も私たちの隣で今も笑っていたのかな・・・?私、悔しいよ!!自分がとてつもなく憎いよ!!!」

沈黙を破ったのはレビィだった。
彼女の目には涙が溜まり、手をギュッと痛いほどに握りしめて、ブルブルと震えていた。

「確かに・・・そうだな。私たちの不甲斐ない選択のせいでルーシィは姿を消した。生きてるのかさえもわからない・・・。私は、私は・・・!」

レビィに続いて声を出したエルザも、悔しそうに歯を食いしばっていた。
その時、ドン!と壁を殴る音が響いた。
みんなの視線が音のした方に集まる。

「もうやめろ!!!!!悪いのは俺なんだ!!!・・・最初は、ルーシィを守っていれば大丈夫だと思ってたんだ。俺がルーシィの隣にずっと一緒にいて守ってやるんだ、って。でも!!俺のせいでルーシィが!!俺のせいでこんなことになっちまったんだ!!」
「ナツ・・・それだったら俺だって・・・!!」
「そうよ!私だって!!」
「やめんかい!!!」

マスターの声が響いた。

「ルーシィが消えてしまったのはみんなのせいではない。何をそんなくしゃれた顔をしとる。わし達の答えはただ一つ。ルーシィを助ける・・・じゃろうが。顔をあげてシャキッとせい!!」

マスターの言葉にみんなは涙をぬぐい顔を引き締めた。
その様子にマスターはいつも見たいに二カッと笑った。
エルザはそれを見てグッと腕に力を入れる。

「しかし、マスター。ルーシィの行方はわからないのでは・・・。」
「そういうことなら大丈夫じゃ。
街で派手な4人組が金髪の女を抱えていた、という情報を得た。」
「そうですか・・・。ならば、私たちの答えは決まっている。ルーシィを助けに行く!!!」
「「「「「おおぉーーー!!!!!!!」」」」」

ギルドのみんなの思いが、今、一つになった。

161:あげは:2015/01/08(木) 20:08 ID:kWE

なに?!ルーシィは騙されているだと!

162:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/08(木) 22:17 ID:x7U

クゥ様

小説もう超面白いです!!!!!

早く続きを!!!

163:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/08(木) 22:34 ID:1..

うぉーーーーーー!
花火いぃぃー!!!
今小説書いてるぜぇーーーー!!!!

164:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/08(木) 22:49 ID:x7U

続きです

「おい、起きろよ」

牢の外から声がして少女は目を覚ます

「ん…もうショーの時間ですか?」

寝起きで虚ろな目をした少女は目の前の男が司会者とは別人だということに気づかない

そう、少女に話しかけていたのは桜髪の少年だった

「しょー?お前何言ってんだ?オレたちはお前を助けに来たんだ」

「ホントだ…知らない人…」

少女は目を丸くしまじまじと少年を見る

「今助けてやる」

少年はそう言うと手で鉄格子をつかんだ

ジュッと音がし、鉄格子は溶けてドロドロになった

「魔法…?」

少女は初めて自分以外に魔法が使える人に会い喜んでいるようで、目を輝かせている

「魔法だけど…珍しいか?」

そう聞く少年に少女は首をブンブンと縦に振る

「あたし以外に魔法が使える人、いなかったから」

「へぇ〜お前魔法使えんのか〜じゃあ、オレたちのギルドに入れよ!!」

少年からの誘いにコクンと頷く少女

そこにドカーン!!!だのバキバキバキッだのすごい破壊音

「おーおー、随分派手にやるな♪グレイとエルザも」

少年がアハハと笑った瞬間聞き覚えのある声が響く

「おい!!!待て!!!」

司会者だった

「オーナーだ…」

「オレはナツ。お前は?」

「ルーシィ」

ナツはルーシィの手を取り走り出す

「逃げんぞ!!ルーシィ!!!」

「え?」

動揺するルーシィにナツは笑いかけ言った

「だってオレたちもう仲間だろ?」

「ナツー!!!見てー!!!妖精の尻尾のギルドマーク入れてもらっちゃったぁ」

「よかったな。ルイージ」

「ルーシィよ!!!!」

この二人に恋心が芽生えるのはもう少し先の話

end

165:フェアリィ:2015/01/09(金) 03:30 ID:qbI

花火、やっぱ尊敬するわ…(´∀`)


フェアリィ感激だゾ←



皆もうまいなぁ………((遠い目

166:フェアリィ:2015/01/09(金) 22:03 ID:qbI

入学式、学園長の長い話を聞いている間ずっと考えていた。








先程の桜髪の少年が頭から離れないのだ。





式が終わり、解散となったのでレビィちゃんと近くの喫茶店でお茶することにした。





レビィ「ルーちゃんっ、それって…!!」

ルーシィ「えっ!?」







あたしはレビィちゃんに話した。



先程からあの桜髪の少年が気になっていることを。





するとそれを聞くなりレビィちゃんは目をキラキラと輝かせた。



レビィ「…それはズバリ、一目惚れだよっ!!」

ルーシィ「ひと…えぇー!!?」







どう考えても一目惚れしてしまうような出会いなんかではなかった。



ただ廊下を歩いていたら走ってきたあの少年にぶつかり、気づいてないと思いきや謝られーーーーーーーーーー。





こんなシーンは別に珍しくもなければ感動的でもない。







ルーシィ「うーん、さすがにそれはないと思u((レビィ「言い切れないじゃん!一目惚れする瞬間なんて自分じゃわかんないよぉ!?」ええー……」




レビィちゃんの目は輝きを増していたーーーーー。




続くよん

ーーーーーーーーーーーーーーー

何かおかしくなってないかな…

167:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/09(金) 22:19 ID:x7U

フェアリィ様

学パロ書けて羨ましいですー

今度挑戦してみようかなぁって思うんですけどねww

ところで皆様

皆様は二次創作の他にオリジナル小説とか書いていらっしゃいますか?

私は書いてます!

短編集や長編はファンタジーを書いてますね♪

168:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/09(金) 23:24 ID:x7U

小説書きます♪


しょうがなかったんだ

だって、ルーシィは病気だったから

でも、オレがもっと早く、無理矢理でもあのばあさんのところに連れていけば…

でもな…

=ルーシィ・ハートフィリアここに眠る=

もう遅いんだ

「ナツ、あたしは大丈夫」

正直、ルーシィのこの言葉に甘えてたんだよ

オレは墓に花を供え、その場を後にする

今、思えばおかしかったんだ

日に日に青白くなっていくルーシィの顔も

異常なほど細いルーシィの腕も

でも、初めてあのばあさんのとこに行ったのはルーシィがぶっ倒れた時だった

告げられた余命は2週間

短すぎたんだ

オレはルーシィに、ルーシィの心に何も残せなかった

懐かしいルーシィの部屋

もう勝手に入っても出ていきなさいよー!!!!の声は聞こえないんだ…

ルーシィの匂いに吸い寄せられ、ベッドに入るとガサッ

何かが背中に当たった

169:エネ◆eA:2015/01/10(土) 10:23 ID:6lA

すごいね〜花火めっちゃ小説投下してる!

170:蜜柑:2015/01/10(土) 10:40 ID:OBg

今やってるFT!!OP変わった!!ちょっと驚いた!!
だってV6が歌ってるんだもん!!
あのOPの絵あれ絶対…
オリジナル小説のアニメ化だね…
私も小説買ったけどアニメ化になるとは…

171:蜜柑:2015/01/10(土) 10:48 ID:OBg

EDは…やったー!!!
西内まりや©!!
皆の憧れまりや©!!
ナツルー再起動!!

172:杏:2015/01/10(土) 14:35 ID:9G.

こんにちは!

173:杏:2015/01/10(土) 14:44 ID:9G.

杏の自己紹介をしま〜す♪

*12歳です「もうすぐで13歳です」

*好きな漫画は、フェアリーテいるとハイキューとかまだたくさんあります

*ため口、OK?

*わからないことたくさんあるので教えてくださいね♪

174:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/10(土) 15:00 ID:x7U

続きです

DIARY

ルーシィの日記だった

「人の日記見るのって趣味悪いよ、ナツ〜」

そんなハッピーの声が聞こえてきた気がするが、気のせいだ

ハッピーはまだ家で泣いているから

ということで…1ページ目を読む

『今日は憧れの妖精の尻尾に入れちゃった!!
妖精の尻尾はめちゃくちゃでぶっとんだギルドだけどあたしはここが大好きになれそう!!!』

『今日はエルザさんっていう人に会ったの!!!
妖精の尻尾最強の女で妖精女王って呼ばれてるんだって!
確かにかっこいいしキレーだけど女の子って感じのする人だったなぁ』

『今日はファントムが…』

『エルザが捕まったの!!!
ナツもね、エーテリオンを食べちゃってね…』

『色々あったけどファンタジアは楽しかった〜』

『ウェンディとシャルルがギルドに入ったの!!!ウェンディはかわいくてね…』

『ミラさんの妹のリサーナが帰ってきたんだー!!ミラさんに似ていてかわいいの!!』

『あたしたちがギルドに帰ってきたとき7年の時が過ぎていたの…』

『大魔闘演武で優勝!!!これでフィオーレ1のギルドよ!!』

最初は日々の楽しい記録が記してあったんだ

でもそれは変わっていった…

『頭がとてつもなく痛い』

『熱が38度代から下がらないよ…』

『最近、食べてないなぁ…15キロも痩せちゃった』

『もう腕が上がらないの』

見るのが辛かった

でも、オレはページをめくる

175:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/10(土) 15:06 ID:x7U

杏!!よろしく!!

知ってると思うけどタメOKだよ!!

皆様

杏は私のリア友です

いい子なので仲良くしてやって下さいww

176:杏:2015/01/10(土) 15:27 ID:9G.

杏、小説かけなないので皆のを見るだけにしときまーす (о^∀^ο)v

177:杏:2015/01/10(土) 15:32 ID:9G.

*これから習い事(そろばん)の大会にいくので、とうぶんいませーん!(大会といっても、そろばんをやっている子達と、東チームと西チームにわかれて戦うだけです。)

178:杏:2015/01/10(土) 15:33 ID:9G.

それじゃ、失礼しまーす

179:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/10(土) 16:56 ID:x7U

続きです

最後の1ページ

そこにあったのは…

『ナツへ』

ルーシィからオレ宛のメッセージ

『この日記を見つけたってことは不法侵入ね!!

しかもベッドの中にまで入って…

でも、それと同時にあたしはもういないってことだよね

ナツ、一緒に居てくれてありがとう

ナツ、あたしのご飯食べてくれてありがとう

ナツ、一緒に寝てくれてありがとう

ナツ、あたしが辛いとき励ましてくれてありがとう

ナツ、あたしが楽しいとき一緒に笑ってくれてありがとう

ナツ、“仲間って言ってくれてありがとう

ナツ、守ってくれてありがとう

ナツだったら言ってくれるよね

“ルーシィの分まで生きるんだ!!って

ナツ、たくさんの思い出をありがとう

大好きだよ

世界で一番大好きな人へ

          ルーシィより』

「当たり前だろ?ルーシィの分まで生きる」

溢れ出す涙

今、オレはこれを止める方法を知らないけどこれだけは言える

「大好きだぜ?ルーシィ」

            end

180:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/10(土) 17:25 ID:x7U



「花火よろしく!」とか言えよww

しかも、変換の仕方変だよ〜

181:ミィーコ:2015/01/10(土) 18:39 ID:puc

杏さん、よろしく。

182:杏:2015/01/10(土) 19:25 ID:9G.

変換の仕方変なの〜!!
漢字、マジで苦手だから

183:杏:2015/01/10(土) 19:26 ID:9G.

ミィーコさん、よろしくね♪

184:杏:2015/01/10(土) 19:27 ID:9G.

花火、小説書くのちょーうまいね

185:フェアリィ:2015/01/10(土) 21:12 ID:qbI

杏さん、よろしくね!

私もハイキュー好きだよー♪

186:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/10(土) 21:31 ID:x7U

杏>
ありがと〜

でも、変換もうちょいがんばれよww


小説書きます

「ルーシィ!クリームパスタ、お待たせ♪」

「美味しそう♪いただきま〜す」

ミラさんが作ったクリームパスタを口に入れようとした瞬間だった

「うっ…!!」

喉の奥から何かが込み上げて来る

突然の吐き気にあたしは慌てて手で口を塞ぐ

「ルーシィ…?」

怪訝な顔をしたミラさんにあたしは

「手、洗うの忘れてましたぁ」

と言い、席を立つ

そしてトイレに駆け込んだ


続きます

187:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/10(土) 22:20 ID:x7U

続きです

「ふぅ…」

ダメだな〜

まだ気持ち悪い

二日酔いかなぁ?

あれ?でも昨日お酒飲んだっけ?

「ルーシィ、慌てて手、洗いにいったけどどうかした?」

席に戻るとミラさんが聞いてくる

気持ち悪かったなんて言ったら心配されるに決まってる

とりあえず、嘘つこう

「い、いえ、さっき外で土触ったので…」

「そう、ならいいけど♪」

ミラさんは疑ってない

良かった…でも!食欲がないな…

残す訳にはいかないし

しょうがない!!この手を使おう

「あたし、あっちのテーブルで食べて来ますね」

そう言ってミラさんのいるカウンター
からちょうど死角になる位置

一番角のテーブルに腰を降ろした

そして…

「開け!獅子宮の扉!ロキ!」

少し小声でロキを呼ぶ

「やぁ、ルーシィ。何の用かな?」

ヘラヘラ笑うロキ

「あの…ね、このパスタ食べてくれる?」

「え?」

あたしの予想外の頼みにロキは固まる

「ちょっと、あんまり体の調子良くなくて…
気持ち悪いの
でも、ミラさんとか心配させたくないし…」

控えめに言ったあたしにロキは何かを悟ったようで、

「いいよ〜」

と笑う

あれ?いつものロキだったらルーシィ、大丈夫?とか言うはずなのに

そう思っているとロキはパスタを食べながら口を開く

「ルーシィ、おめでとう♪」

「は?」

ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待ってよ

おめでとう♪って何!?

どういうこと!?

突然のおめでとう発言に混乱してるとロキは口を開いた

「多分だけど、ルーシィそれ…妊娠してる」

「心当たりは?」

「…ある」

心当たりは大いにある

相手だって、多分アイツ

「とにかく、あんまり派手に動かない方がいい。今日は帰ろ」

「うん…」

188:あやだい:2015/01/10(土) 22:49 ID:epA

こんばんは!!(`・ω・´)ノ
杏((よろしく!えっと杏って中1?私は、
小6ダヨちなみに誕生日は、4月5日だよ〜

はい。話変わるけど私いま熱出しています( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
受験日あと一週間なのに!!

雑談ごめんなさい(ó﹏ò。)

189:杏:2015/01/10(土) 23:03 ID:9G.

フェアリィさんあやだいさんよろしくね

190:蜜柑:2015/01/10(土) 23:08 ID:OBg

花火sの小説上手い!!
憧れます…

熱出しちゃったんだね…
インフル?
とにかく頑張って直してね!!

191:杏:2015/01/10(土) 23:08 ID:9G.

あやだいさん大丈夫?  (°◇°)
早く治るといいね♪
受験頑張って!   

192:杏:2015/01/10(土) 23:13 ID:9G.

杏は、4月で中2だよ!
誕生日は、2月26日なんだ(*^ο^*)

193:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/10(土) 23:15 ID:x7U

蜜柑様

小説お褒めありがとうございます!

しかし、今回はなぜ自分が妊娠ネタを選んだのか分かりませんw

超書きにくいのですががんばります♪


あやだい様

熱大丈夫ですか!?

受験まで日数ありませんが、今は体を治すこと優先で無理し過ぎないで下さいね♪

194:杏:2015/01/10(土) 23:16 ID:9G.

花火、早く小説の続き読みたいな♪

195:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/10(土) 23:26 ID:x7U

続きです

にににに妊娠ってどーゆーこと!?

正直、あたしは混乱していた

だって、まぁ最近下半身重かったし、

気持ちも悪かったし

赤ちゃんがいると言われれば納得はいくけど…

でもコレをどうやってアイツに伝えようか?

「はぁーーー」

あたしは特大溜め息をつき、自分のベッドに潜り込む…と左半身に違和感

ま・さ・か…

そう思い、恐る恐る布団をめくり左側を見ると…やっぱり

見慣れた桜色

うちの常連。でも、それと同時にあたしに赤ちゃんが出来たことを一番に伝えなくてはならない人物だった

196:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/10(土) 23:30 ID:1..

杏、よろしく!
ヨビタメOK( `・д・)


あやだい、風邪大丈夫?
早く良くなるといいね(;_;)

197:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/10(土) 23:35 ID:x7U



はいはーい、今書きますよ

続きです

「ナツー」

あたしは熟睡するナツの頬をペシペシ叩き無理矢理起こす

「…んっ、ルーシィか?おかー」

「おかーじゃないわよ!!!」

いつものように怒鳴るけど正直、声を出すのもキツい…

そんなあたしの様子を組出すようにナツは口を開いた

「ルーシィ?顔色悪ぃぞ、大丈夫か?」

ん、もう言うんだったら今しかない!!!

「ねぇ、ナツ。まだ決まったことじゃないから落ち着いて聞いて」

どうしよう

子供なんか要らない

邪魔なだけだとか言われたら

ナツはそんなこと言わないと思うけど

喜んでもくれないとも思う

一回深呼吸をし、ナツと目を合わせる

「ナツ…あのね、赤ちゃんが出来たかもしれない」

198:杏:2015/01/10(土) 23:36 ID:9G.

クゥよろしくね♪

199:杏:2015/01/10(土) 23:38 ID:9G.

花火、めっちゃ気になるやん!

200:杏:2015/01/10(土) 23:40 ID:9G.

これって皆、何時くらいまでしてるん??

201:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/10(土) 23:41 ID:x7U



アハハ〜でしょ?

でも、もう眠いから

寝るよ

おやすみ〜

202:杏:2015/01/10(土) 23:43 ID:9G.

杏も、もう眠いから寝る。

じゃあ皆 バイバ〜イ

203:あやだい:2015/01/10(土) 23:44 ID:epA

杏 ))タメ語でいいよ(`・ω・´)ノ
あと質問に答えてくれてありがとう
中1だったんだね( ´ ▽ ` )ノ

204:あやだい:2015/01/10(土) 23:48 ID:epA

花火、杏、クゥ、蜜柑))心配ありがとう!!(๑`・ᴗ・´๑)
私、頑張ります(๑òᆺó๑)

205:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/11(日) 00:15 ID:1..

第5話


「まず、ナツにはその優れた嗅覚を活かしてルーシィの居場所を突き止めてもらう。そして、ナツ、グレイ、ウェンディ、それと私・・・で敵と戦う。これで良いな?」
「おーーっし!!!いーーくぞぉーーーーー!!!ぉ、ぶぇっ!」

話を聞いて勢い良く飛び出して行くナツをエルザはガシッとつかんで「ナツ・・・。」と鋭い目つきで睨む。
するとナツは「あ、あい。」と汗をダラダラ流しながら、ルーシィ命名、ハッピー2号に変わった。
エルザはあたりを見渡すとなにか言いたそうな顔でこちらを見てくるウォーレンが目にはいった。

「ん?何だウォーレン。」
「お、おお。そっちの様子も知りたいから俺の念話で、敵を倒した時とかルーシィを助け出した時とか伝えて欲しいんだ。」
「うむ。よかろう。ナツ、グレイ、ウェンディ、なにかあった時はウォーレンに念話で伝えてくれ。・・・では、そろそろ行くか。ナツ、ルーシィの匂いをたどれ!!」
「任せとけ!!」

ナツ、グレイ、エルザ、ウェンディ、の4人はナツを先頭にギルドを出て行った。

***

ルーシィの匂いを追ってだいぶ時間が立った頃、ナツ達はいつの間にか森に入っていた。
薄暗い森の中にはたくさんの木々と苔が生え、空にはカラスが鳴いて何度も飛び去って行く。
何だか気味が悪い。
と、その時、ナツが先ほどよりも鼻に集中を集めた。

「ルーシィの匂いが濃くなった・・・。」

ナツは鼻をクンクンとさせて「こっちだ!」と走り出す。
たどり着いた先は古くてボロボロな洋館。

「何だか、薄気味悪ぃな。」

洋館を見上げ、グレイはそう言った。
確かに、今はその言葉が一番適切にも思える。

「そうは言ってもルーシィを助けられぬと意味がない。行くぞ!」

エルザの言葉で皆が動きだした。


今、戦いの幕を開ける。



ーーーーーーーーーーーーー

ウォ、ウォ、ウォーレンの口調がわからないー!!!!!

206:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 06:54 ID:x7U

クゥ様

続きが気になりますね!!

すっごく面白いです♪

207:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 07:01 ID:x7U

「ナツ…あのね、赤ちゃんが出来たかもしれない」

しばらくの沈黙

ナツはわなわなと震え床に手をついた

そして

「オレの?」

と聞く

「当たり前じゃない」

とあたしが言うと、ガバッと起き上がり肩を掴まれる

208:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 07:40 ID:x7U

「マ、マジ…!?」

「うん、マジ」

「ポーリュシカのばあさんとこ行こう!!!もし子どもがいてもいなくてもルーシィ、結婚するぞ!!!!!」

「え?え?」

突然のプロポーズに驚いている時には手首を掴まれ部屋の外に出ていた

そして、あたしは妊娠していることが判明した

ナツはそれは大喜びで「うるさい!!!!!」ってポーリュシカさんに怒鳴られてたの

そして結婚&妊娠の報告をするためにギルドへ向かう

「ルーシィ!!!子どもだぞ!!!おい!!」

まだ言ってるし…

しまいには

「父ちゃんになるのかぁ」

とニヤけだす始末

そしてギルドに入るなり、ナツは大声で叫んだ

「おーい!!みんな聞け〜オレとルーシィは結婚する!!!」

グレイは口をポカン開け、ミラさんは微笑み、エルザは持っていたケーキを落とした

「それと!!!ルーシィは当分仕事行かせねぇから協力頼む!!」

「と言うと?」

ミラさんが微笑みながら言う

「ルーシィの腹ん中にオレの子どもがいるんだ!!!」

しばらくの沈黙のあと、エルザが立ち上がった

「るるるるるーしぃ!!!本当か!?」

ルーシィのは少し頬を赤らめはにかむとコクンと頷いた

それを合図にしたかのようにみんなは一斉に騒ぎ出す

「ルーちゃん!!!おめでとう!!!」

「ルーシィ、やっぱり?」

ロキまで出てきてるし

「結婚は驚いたけど、子どもはやっぱりね」

ミラさんは言う

うぐっ、嘘バレてたか…

ナツの方も

「やっとかよ〜遅ぇつーか、ダセェつーか」

とグレイに言われたり

「ナツ、やるじゃん」

とリサーナとカナに肩をバンバン叩かれてた

209:杏:2015/01/11(日) 09:32 ID:9G.

花火、すごいね

210:リト◆cY:2015/01/11(日) 11:11 ID:vus

杏さんはじめまして!
リトっていいます!
タメokなんで気軽に話してやってください!

211:杏:2015/01/11(日) 11:58 ID:9G.

リトさんよろしくね♪

212:杏:2015/01/11(日) 12:00 ID:9G.

クウの小説の続き、早く読みたいな♪

213:杏:2015/01/11(日) 12:04 ID:9G.

皆は、何時ぐらいにやってんの??

214:あやだい:2015/01/11(日) 12:34 ID:epA

復活しました!!(๑`・ᴗ・´๑)

215:あやだい:2015/01/11(日) 12:37 ID:epA

平日は、4:00〜5:00 8:40〜11:30くらいで、
休日は、気が向いたら来るよー

216:杏:2015/01/11(日) 12:41 ID:9G.

あやだいありがと〜!

復活、早いね

217:杏:2015/01/11(日) 12:44 ID:9G.

あやだいって、小説書かないの? 
         (・△・)

218:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 12:52 ID:x7U

はぁ〜塾のテストですよ

でも勉強できません〜

気晴らしに続きです

「ルーシィ、報酬がケーキバイキングの仕事があるんだが、一緒に行かないか?」

エルザが仕事に誘ってくれた♪

ケーキバイキングだって〜

行きたいな〜

「何の仕事?」

「自宅の書庫から指定の本を見つけ出す依頼だ」

へぇ〜それなら大丈夫ね

「じゃあ行こっか…「ルーシィィィィ!!!!」

ナツが慌てて走ってくる

「何よ、ナツ。あたしはエルザと仕事に行きたいんだけど!」

「ダメに決まってんだろ!!!仕事は禁止だ!!家の家賃だってオレが払ってやるっていってるだろ?」

「ただ本を探すだけよ?大丈夫に決まってるじゃない!!!」

「ダメったらダメだ!!!!!はしごから落ちてみろ!!どうなるかわかってんのか!?」

全く、うるさいなぁ

あたしだって…

「ナツ、うるさいぞ。ポーリュシカさんもビスカも元気なら動いた方がいいと言っているだろう?」

エルザの言葉に不服そうなナツ

「あ〜もうオレも行く!!」

そう言うナツにエルザはキッパリと

「ダメだ」

と言った

「何でだよ〜」

「お前はものを壊すだろう?私は今回どうしてもケーキバイキングに行きたいんだ!!!」

いつになく真剣なエルザ

「うー分かったよ」

やったぁ!とあたしが喜んでいるとナツがクワッと後ろを振り向き言った

「ルーシィ!!高いところには上るな!!!重いものを持つな!!!無理するな!!!」

そう叫ぶとあたしの方へ拳をつき出す

「分かってるって」

あたしはそう言うと自分の拳でナツの拳を弾く

「あぁ、それと…!!」

ナツったらまだ言ってるよ…

そんなにうるさいとエルザに…

「うるさい!!!」

ああ、やっぱり

「見送りの時くらい素直に送り出せんのか!!!」

「うん、そうだな。気を付けろよ。行ってらっしゃい、ルーシィ」

今まで見たことのないくらい優しい顔だった

「うん」

あたしはエルザと二人で外に出る

「全く、ナツの過保護っぷりには呆れるな」

「そうね、でも…」

もう少しこのままでもいいかも♪

end

219:杏:2015/01/11(日) 12:59 ID:9G.

花火まだ続きあるよね?

220:杏:2015/01/11(日) 13:01 ID:9G.

もしかして、もうないの?(endって書いてあるから)

221:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 13:04 ID:x7U

杏))えーもうないよ?

書いてほしいなら書くけど…

それと、私は火、木、金、日はpm7:00 〜12:00

月、水、土はpm10:30〜12:00ぐらい

土、日はam7:00くらいにも来るかな

222:杏:2015/01/11(日) 13:14 ID:9G.

えー。続き書いて〜!

花火ありがとう!

*たま〜に本当の名前書きそうになっちゃう  (>д<)/

223:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 13:18 ID:x7U

杏))了解(´∀`ゝ

今日の夜書くね〜

私もホントの名前書きそうになるわ〜

224:杏:2015/01/11(日) 13:21 ID:9G.

ありがとう花火

ところで、塾何時から

225:エネ◆eA:2015/01/11(日) 13:21 ID:GPU

新人の杏さんよろしく〜

えーっと、小6のエネでーす!!
もう一度、よろしくね〜

226:杏:2015/01/11(日) 13:22 ID:9G.

エネさんよろしくね♪

227:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 13:23 ID:x7U

杏))3時から7時(あんまり塾の話するなよ〜泣)

228:杏:2015/01/11(日) 13:23 ID:9G.

中1だよ!

229:エネ◆eA:2015/01/11(日) 13:24 ID:GPU

よろしくです!中一ですか…一つ上ですね。

230:杏:2015/01/11(日) 13:26 ID:9G.

ごめん m(_ _)m

話、変わるけど、バレンタインで先輩に何作る?

231:杏:2015/01/11(日) 13:27 ID:9G.

エネ、1つ上でもそんな変わらないよ♪

232:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 13:28 ID:x7U

杏))今、その話!?

スノーボールかな

233:杏:2015/01/11(日) 13:30 ID:9G.

そっか、じゃあ杏は、カップケーキにしよう!

234:杏:2015/01/11(日) 13:30 ID:9G.

でも、かぶらないかな誰かと?

235:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 13:34 ID:x7U

杏))被ってもいいんじゃない?


勉強するので落ちます…

236:杏:2015/01/11(日) 13:39 ID:9G.

杏これから、お出かけだから

バイバ〜イ  (-^○^-)/

237:フェアリィ:2015/01/11(日) 15:55 ID:vn2

花火の小説のネタの豊富さには驚いたわぁw


私も頑張る♪




学パロの続き







レビィちゃんに“一目惚れ”と断定され、家に着いてからもずっと考えていた。




これは一目惚れではない、と思う。






どこかで会った…とか?






ルーシィ「…!」


それが一番ピーンときた。




桜髪…マフラー…………






ルーシィ「…ドラグニル…だっけ…」






ついに思い出せなかったあたしは、とりあえず明日にでもあの人と話してみようと思った。




続くよ

238:杏:2015/01/11(日) 18:46 ID:9G.

フェアリー小説めっちゃうまいね

239:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 19:09 ID:x7U

今テスト終わりました

死にそうです

フェアリィ様

小説のネタは尽きないんですよww

先程もテスト中に思い付きました!!




8時くらいに来るからそのとき続き書くわ〜

240:杏:2015/01/11(日) 20:09 ID:9G.

了解  /(>~<)

241:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 20:57 ID:x7U

続きです

事件が起きたのはその日の夜だった

ちょっとお腹痛いかも…

食べ過ぎかなぁ?

気づけばこの時病院に行ってたら、よかったかもしれない

気づくのが遅すぎたのよ

ナツが肉を頬張り、あたしが本を読んでるときだった

「ぐっ!痛ッ!!!」

今まで経験したことのない桁外れの腹痛

あたしは本を落とし、床にうずくまる

「ルーシィ!?」

慌てるナツ

痛いけど心配かけたくない…

「ナツ、大丈夫よ…ちょっと食べ過ぎただけ…痛ッ!!!」

震えが止まらない手

吹き出す冷や汗

痛さのあまり、溢れる涙

「これのどこが大丈夫よ。だ!!!嘘つくな!!!」

あたしはナツに抱き抱えられ家を出た

「ばあさん!!!ルーシィは!?ルーシィは大丈夫なのか!?」

机をバンバン叩くナツにポーリュシカさんの怒号がとぶ

「うるさい!!!男は出て行きな!!!」

というポーリュシカさんの言葉にあたしを心配して集まってくれたグレイやエルフマン、ガジル、ナツまでもが放り出される

ナツが出ていく瞬間不安そうな顔をするあたしに気づいたのか気づかないのかクルッと振り向くとニカッと笑い、ナツは言う

「死ぬなよ!!ルーシィ」

242:杏:2015/01/11(日) 21:11 ID:9G.

どーなんの、ルーシー。

死んじゃうの?   (」°□°)」

243:ミィーコ:2015/01/11(日) 21:14 ID:puc

どうなるの?ルーシィ?

244:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 21:16 ID:x7U

杏))

明日部活午後?午前?

245:杏:2015/01/11(日) 22:11 ID:9G.

午後だよ!

返事遅くなってごめん

246:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/11(日) 22:20 ID:1..

第7話


「どうやら奴らが動いたようだね。」

ある一室で声が響いた。
その声の持ち主はリユーフ。
椅子に座り頬杖をしながら笑っている。

「そんなことをしても無駄なのに・・・。ルーシィは絶対に渡さない。」
「そうよ。」
「あたりまえだろ。」
「・・・何を今更。」
「そんなことをしたって負けるのは奴らなのに何でわからないのかしら?」
「そいつら本当は馬鹿なんじゃね?」
「お前ほどではないだろう。第一、お前ほど馬鹿なやつはこの世にもあの世にも天国にも地獄にもいるはずがないだろうが。」

冷たく言い放つリュウにダークは「そんなの知らねーよ!」と言い返す。
サクラはその様子を見て「まだまだ子供ね。」とつぶやいていた。
その時。

「一回黙りな。サクラ、ダーク、リュウ。」

リユーフの冷たい声で部屋がシンと静かになった。

「今はそんなことを言っている場合ではないだろう?奴らの息の根をさっさと止めて欲しいんだよ、僕は。・・・僕はルーシィを連れて最上階で待ってるよ。君たちはあいつらを始末しといてくれ。」
「「「わかりました。リユーフ様。」」」

3人はしゃがんで頭を下げた。
その様子を見てリユーフはふふっと笑う。

「じゃあ。よろしく頼むよ。」

それだけを残してリユーフは消えていった。
それと同時に3人は頭をあげ立ち上がる。

「ねえねえ。あんたら誰にするの?私はこの長い髪の女の子。」
「んじゃ俺は鎧をきた強そうなやつで。」
「・・・上半身裸の男。」
「んじゃお先に。」

サクラはそう言ってシュンと音を立てて一瞬にして消えた。
つまり、瞬間移動というやつだ。

「んじゃ俺もー。」

その後に続いてダークも瞬間移動をする。
最後に残されたリュウは「さて・・・僕も行くとするか。」そう言ってさっさと消えてしまった。
残ったのは彼らの匂いだけだった。

247:杏:2015/01/11(日) 22:28 ID:9G.

すごいすごいクゥも小説書けるんだ!
良いな〜♪

248:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/11(日) 22:29 ID:1..

第8話


「いいな?ルーシィを助け出す、それが私たちの今の目標だ。少しの気の迷いも許されん。」

エルザの言葉に皆が頷く。
それだけでも「わかってる。」と彼らからは強い意思がはっきりと見えた。
エルザはそれを見て頬を緩め少し微笑む。

「それが見れれば十分だな。」

エルザはそうつぶやいた。
しかし、その声を最後まで聞けたものは誰もいない。

「ルーシィは渡さないわよ。」

サクラがエルザが言い終える前に口を開いたからだ。
ナツ達は、いきなり現れた敵に警戒をする。

「そんなに警戒しなくて良いのに。私が用があるのはこの女の子。」
「俺はこのねーちゃん。」
「僕はこの裸野郎だ。」

さっききたばかりのダークとリュウがサクラに続いてそう言う。
サクラ、ダーク、リュウはそれぞれ目当ての3人の前に立った。
すると、ウェンディ、エルザ、グレイは先頭体系をとる。

「そんなになめてもらっちゃあ、困るぜ?」
「私達を甘く見過ぎだ。」
「絶対に負けません!」

いろんな思いが行き混じる中、ナツ1人だけが動けずにいた。
すると、エルザがナツに叫ぶ。

「ナツ!!お前はルーシィのとこへ向かえ!!」
「でも・・・!」
「ナツさん!こっちは任せといて下さい!!」
「ナツ!早く行け!!」

エルザの後に続いて言ったグレイとウェンディの言葉にナツはぐっと拳を強く握りしめる。

「ルーシィを助け出せるのはナツ、お前だけだ!!!」

エルザの最後の言葉にナツはニッと口角をあげた。

「わかってんよ。」
「行って来い!!ナツ!!」
「あぁ!」

そう答えるとナツは勢い良く走り出した。
それを見た後、エルザ、グレイ、ウェンディは口々に言う。

「かかって来い!!」
「いっちょやるか!」
「勝ってみせます!」

その言葉にサクラはふっと笑った。

「裏切り者のくせに態度がでかいのよ。私達に向かって・・そんな口を聞くとはいい度胸ねぇ。」
「“勝つ”だぁ?勝つのはこっちだっての。」
「言葉を慎め、愚民どもが。貴様らは頭が悪いのか?」

まさに売り言葉に買い言葉。
両者とも一歩も引こうとはしない。
負けは見ない、勝つために。

「勝負だ!!」

その声を合図に6人は動き出した。

249:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/11(日) 22:32 ID:1..

杏、あたしの書く小説なんてすごくないよー。
あたしなんかより、花火とか花火とか花火とか!
フェアリィとかフェアリィとかフェアリィとか、さ!!
もう天才やんけ!!
すんげぇ尊敬しとる!

250:杏:2015/01/11(日) 22:43 ID:9G.

えーそうかな

かしかに、花火とフェアリーもうまいけど、クゥも上手いと思うけど?

251:杏:2015/01/11(日) 22:45 ID:9G.

フェアリィごめん。間違ってフェアリィなのにフェアリーて書いて、本当にごめん

252:杏:2015/01/11(日) 22:46 ID:9G.

クゥの小説の続きめっちゃ気になる

253:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 22:56 ID:x7U

杏))ありがと〜

杏も小説書けばー?

クゥ様))ヤバイです!!!

小説超面白いです〜

私的にエルザ戦が気になりますね♪

あと、私もクゥ様をすごく尊敬しています!!!

様付けもその証拠ですねw

254:杏:2015/01/11(日) 23:01 ID:9G.

花火早く続き見たい

255:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 23:05 ID:x7U

続きです

「ナツー!!!!」

数時間後、息を切らして走ってきたレビィ

「ナツ…ルーちゃんが、ルーちゃんが」

涙ぐむレビィにオレは最悪の状況を思い浮かべる

ベッドで横たわるルーシィ

その目は一生開くことは無くて…

ルーシィの手を握りながら泣き叫ぶオレ

普段なら思い付きもしないことを

容易に想像出来るのはなぜ?

ルーシィが心配だから?

ルーシィが大切だから?

…それとも、これが現実だから?

とにかく、息を飲みレビィの言葉を待つ



256:杏:2015/01/11(日) 23:15 ID:9G.

何?最後のかぎかっこ気になる

257:杏:2015/01/11(日) 23:18 ID:9G.

涙ぐむレビィちゃんが気になる〜
ルーシーが赤ちゃんを産んだか、死んじゃったかどっちだろう

258:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/11(日) 23:24 ID:1..

花火ぃーーーー!!!!
小説の続きが気になりますー!!!!
それと尊敬なんてしてもらってあたしは何て幸せ者なんだぁー!
感謝感謝ですm( _ _ )mペコリ
・・・ふむ、エルザ戦ですか・・・んじゃ、エルザ戦気合入れちゃおっかな?ww

259:杏:2015/01/11(日) 23:27 ID:9G.

花火今日何時くらいに寝る?

260:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 23:36 ID:x7U

杏))最後のカギカッコは間違えたんだぜ☆

続きです

次回で終わると思います

「ルーちゃんが……元気な女の子を産んだよ!!!」

「よかった…」

今まで、全身の筋肉緊張させてたからな…

力が入んなくなって、オレはその場に座り込む

「おいおい、父ちゃんがそれでどーすんだよ!?」

周りからとぶ野次に怒鳴りながら、ルーシィの元へ急ぐ

「ルーシィ!!!!!」

ナツが飛び込むと、ルーシィはニッコリと微笑んだ

「ナツ、生きてたよ」

「よかった…よかった…よかった…」

壊れたラジオのようによかったを繰り返すナツにルーシィはケタケタ笑う

「ナツ〜そんなに心配だった?」

261:杏:2015/01/11(日) 23:40 ID:9G.

よかった今のところはハッピーエンドで終わりそう

262:リュオン:2015/01/11(日) 23:49 ID:UGQ

えっと…入っても良いですか?
邪魔だったら弾いてください…。
皆さんの小説がとても面白かったのでついつい書き込んでしまいました。

263:杏:2015/01/11(日) 23:51 ID:9G.

リュオンさんそれわかります

264:杏:2015/01/11(日) 23:51 ID:9G.

花火起きてる?

265:あやだい:2015/01/11(日) 23:55 ID:epA

こんばんは

266:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 23:56 ID:x7U

杏))これ書いたら寝るよ〜


最終回になると思う


ここは数年後の妖精の尻尾

「ノアが帰って来たって!?ノア!!!!この前の決着をつけようか」

そう叫ぶのはルーシィ…によく似た女の子

ノアと呼ばれたのは、クリクリした目はどことなくレビィに似ている黒髪の男の子

「いいぜ?かかってこいよ。クソ女」

「まーた、始まったよ。エラとノアの喧嘩」

「全く、顔はルーシィとレビィに似てかわいーっつーのにどうして二人ともに性格がナツとガジルに似たんだか…」

「でも、あっちが親父に似てたら大変だった」

あっちと指を差された先にはクルクルと巻かれた黒髪の女の子

「ノアくん、エラちゃん大丈夫?」

「いやぁ、あれがグレイ似だったら、危なかった…ジュビアに似て美人だな〜」

「はは、おめぇそりゃグレイに殺されるぜ?」

「喧嘩だぁ〜!!!!」

「フフ、喧嘩上等よ!!!!かかってこい!」

「もぉ、喧嘩しないでよぉ」

妖精の尻尾は今日もにぎやか


          end

267:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/11(日) 23:59 ID:x7U

リュオン様

はじめまして♪

花火です!!

タメOKですのでよろしくお願いします!!

268:リュオン:2015/01/12(月) 00:02 ID:UGQ

い、一応何も名乗らないのはいけないかと思うので…下記をみてほしいです。

名前 リュオン
本名は優奈

性格 男といつもいるので女子から男の子みたいと言われる性格です。
外見は女です。…中身もですよ?

好きなアニメ 境界の彼方、フェアリーテイル、翠星のガルガンティア、棺姫のチャイカ、甘城ブリリアントパーク、
七つの大罪、黒子のバスケ、ハイキュー、カゲロウデイズ、エヴァンゲリオン、マギ、…その他もろもろ

好きな音楽 フェアリーテイルopとed、約束の絆、境界の彼方、daze、ボカロ曲、などなど

その他一言 ピクシブで「Lucy」としてナツルー小説を出しています。
涙〜ナツルー〜 シリーズです。

長くてすいません

269:杏:2015/01/12(月) 00:03 ID:9G.

リュオンさん杏です。よろしく

270:あやだい:2015/01/12(月) 00:03 ID:epA

杏))私は、あまり書かないよ5の後半で書いたぐらいかなー
しかも私下手だし( ´ ▽ ` )ノでも受験終わって暇人に
なったら書くかも!!


クゥ))続き楽しみにしてるよ!!

花火))最終話頑張って!!

最後))私は、フェアリィ様、花火様、クゥ様は、
レジェンドだと思ってまーす。投稿頑張って下さい!!

おやすみです!!

271:リュオン:2015/01/12(月) 00:06 ID:UGQ

ああ、目の前に神様がいる…。
花火神が…。

私はため口で呼んで下さい。
敬語とか苦手なので…。

歳は聞いてもいいですか?

272:リュオン:2015/01/12(月) 00:07 ID:UGQ

皆様ありがとうございますっ!

273:杏:2015/01/12(月) 00:08 ID:9G.

花火

じみに、ガジル&レビィの子とグレイ&ジュビアの子が出てきたよ
とってもおもしろかったよ  (・∀・)v

274:リュオン:2015/01/12(月) 00:08 ID:UGQ

私は中学3年生です。今月に私立の受験があります。あと17日後位です。

275:リュオン:2015/01/12(月) 00:09 ID:UGQ

遅い時間に失礼しました…。
今日はもうおちます。お邪魔しました…。

276:杏:2015/01/12(月) 00:10 ID:9G.

リュオンこんなのしててもいいの?

277:あやだい:2015/01/12(月) 00:10 ID:epA

あっリュオンよろしく
あやだいです!!(๑`・ᴗ・´๑)
プロフィール↓
ニックネーム:あやだい
本名 :彩乃(あやの)って読みます
年齢 :12歳
高さ :153cm
タメ語ォヶd(▽`d*)


今までどうりあやだいで呼んで下さい(❁´ω`❁)

278:杏:2015/01/12(月) 00:11 ID:9G.

皆、寝るんだったら杏も寝る

バイバ〜イ

279:杏:2015/01/12(月) 00:13 ID:9G.

あやだいのことはじめて知った(詳しい事)

280:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 00:13 ID:x7U

リュオン様

中1です!!

ちなみに杏とは同級生です♪

神ですか…じゃあ、堂々とシェリアに倒されて来ますww

私の敬語は文を書くための練習なので、気にしないでくださいね♪

281:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 00:14 ID:x7U

あやだい様

クゥ様、フェアリィ様とならんでレジェンド…

嬉しすぎて泣きそう〜

ありがとうございます!!

282:杏:2015/01/12(月) 00:16 ID:9G.



本名は  晏那

ためでOkだよ

中1です

杏は、小説書けないから見る方だよ

283:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 00:26 ID:x7U

何かみんなプロフ公開してるので私も

名前*花火(本名ひなた)

好きな漫画*FAIRYTAIL、ONEPIECE
マギ、コナンなど

好きなcp:ナツルー、グレジュビ、ジェラエル、ガジレビ
私的には、ルー→ナツ←リサやナツルー←リサなどのドロドロ系も好きです

284:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/12(月) 01:07 ID:1..

リュオンよろしく( `・д・)
んじゃ、あたしもプロフを・・・ww

名前 クゥ
本名 夏津葵(なつき)デス。バラしちゃったよ!←今更
歳 12歳
身長 152cm
好きなアニメ フェアリーテイル、銀魂、BLEACH、ハイキュー!!、鬼灯の冷徹、ダイヤのA、月刊少女野崎くん、・・・などなど
好きな曲 曇天、修羅、バクチ・ダンサー、pray、銀色の空、ウォーアイニー、フライング、chenge、少女S、アスタリスク、・・・などなど
好きなcp ナツルー、土銀、銀土、沖銀、影日、日影、鬼白、白鬼

えっと、バリバリの完璧腐女子です。
仲良くしてね|。´艸)
あたしもpixivでここと同じクゥと言う名前でナツルー投稿してまっせw
だから、リュオンのその作品知ってるョ!

285:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 07:53 ID:x7U

小説書きます

シリーズもの!?です

序曲(オーヴァチュア)

足が痛い

もう走れない

もう靴もボロボロ

目も霞む

アッ、倒れる

あたしはそう思い身を硬くしたが痛くはなかった

掴まれた手首

目に映る黒髪

「おい、大丈夫か?」

「グレイ……」

ダメだとは思ったけど、疲れきったあたしはそのままグレイの腕の中で意識を失った

_________________

ここまでナツルーの気配0!!

どうなるのでしょうか…

286:フェアリィ:2015/01/12(月) 08:35 ID:vn2

私がちょっと放置していた間にめちゃレスが進んでたww


レジェンドだなんて褒め言葉、私にはもったいなさすぎる(*´Д`*)ゝ


皆かレジェンドッスよ!!


あ、そうだリュオンさん、よろしくお願いします!


一応プロフを




名前 フェアリィ

年齢 中2

趣味 
・小説を書くこと
・音楽を聴くこと
・バレーボール

好きなアニメなど
・FAIRYTAIL
・ハイキュー!!
・カゲプロ


って感じかな!

呼びタメオケーイ!(°▽°*)デス♪

287:フェアリィ:2015/01/12(月) 08:53 ID:vn2

学パロ続きっ






ルーシィ「おはようーレビィちゃん」

レビィ「おはよ!ルーちゃん!」







レビィちゃんに挨拶を終えたあたしは
周りを見渡した。



あの“桜髪”を探そう。




同じクラスではないことは確かなので、誰かに聞くことにした。


少し時間がかかるかもしれないが大丈夫だろう。


なぜなら今日は3時間目まで自習だから。



ルーシィ「んー…誰が知ってるかな……あ」



昨日、式の後に決めた学級委員の人に聞けば知ってるかも。


あ、でも1日しか経ってないのに他のクラスの人の名前なんて覚えてないかな。




そう思ったがとりあえず一応聞いてみることにした。








ルーシィ「あのー、スカーレットさん?」

エルザ「む、エルザでいい。君はルーシィ・ハートフィリア、だったな」

ルーシィ「(もう覚えてくれてるのね。しかもフルネーム…)そっか、ありがとエルザ。えっと聞きたいことがあって」

エルザ「何だ?」

ルーシィ「ドラグニルって人、何組かわかる?」





あたしがそう聞くと、エルザはピタッと静止した。




ルーシィ「?」

エルザ「ナ…ドラグニルなら4組だ。アイツに何か用があるのか?」

ルーシィ「えっと、まぁね!ありがとう!」

エルザ「うむ」








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さすが学級委員。


あたしは4組に向かっている途中、また少し気がかりだった。



あたしがドラグニルと言った瞬間、エルザの動きが止まった。



何でだろう。


も、もしかしてドラグニルって人、学級委員にも恐れられる不良…とか…?





そんなことを悶々と考えていると、いつの間にか4組に着いていた。





続くよ!長くてごめん!

288:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 09:07 ID:x7U

フェアリィ様

動きの止まったエルザが気になります〜

続き楽しみにしてます♪

289:リュオン:2015/01/12(月) 09:28 ID:UGQ

私も楽しみです!
それにクゥ…さん。(ダメだ呼び捨てに出来ない…涙)
ピクシブのほうみて下さって有り難うございます…涙
受験は私立は大丈夫そうなので書いちゃおうとハイテンションです。
…今家に親居ないからね(笑)

290:リュオン:2015/01/12(月) 09:29 ID:UGQ

エルザよ、なぜ止まった?!

291:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 09:37 ID:x7U

続きです

狂想曲(カプリッチオ)

「んっ…」

目が覚めたとき、あたしはギルドの医務室にいた

「ルーシィさん、気分はどうですか?」

顔を除き込んでくる青髪の少女

ずっと、看病してくれてたみたい

「おかげさまで、大丈夫よ。ありがと。ウェンディ」

あたしがお礼を言うと照れたようにあわてて

「いえっ、私は何もっ。それより疲労だと思いますのでもう少し休んでいて下さいね」

と言い、部屋を出ていった

ごめんね、ウェンディ

あたしはそう思いながらも靴を履く

ガチャ、その時医務室の扉が開いた

超バッドタイミング

入ってきたのは、レビィちゃん

「ルーちゃん倒れたんだって?」

「アハハ、そうなの〜でももう大丈夫♪」

心配されないようになるべく高いトーンで言う

「あれ、また出掛けるの?」

靴を履いているあたしを見てレビィちゃんは目を丸くした

「うん、じゃあ行ってくるね〜」

ウェンディに見つからないように窓から出ようとしたときレビィちゃんが呟く

「ルーちゃん…もう、止めてよ…」

「え?」

「ルーちゃんがどんなに一生懸命探したってナツはもう帰って来ないよ!!!このままじゃ、ルーちゃんが、ルーちゃんの体が壊れちゃう…だから、もう止めて…」

レビィちゃんの目からは涙がこぼれる

優しいな、レビィちゃんは

「そうかもしれない。確かにナツはもう帰って来ないかもしれない。でも、でもね、ここであたしが探すことを止めたら、あたしがナツを殺したことになるから…」

レビィちゃんはあたしの目を見て涙を拭うと微笑んだ

「そうだね、まだナツは生きてる!!私もナツを見つける手がかり調べてみる!!!」

ホント、いい友達を持ったよね

あたしも

「ありがとう。レビィちゃん」

そう言いあたしはギルドを出た

_________________

レビィちゃんは優しいし、物解りが良いんですよね!!

だから、モテるんですかね?

292:杏:2015/01/12(月) 10:01 ID:9G.

フェアリィと花火の小説の続き気になる

花火…たとえナツが帰って来なくても探し続けるルーシィーに感動!

フェアリィ…皆と同じく、なぜエルザが止まったのかが気になってしょうがない。

293:リュオン:2015/01/12(月) 10:07 ID:UGQ

な、涙が…。
ルーシィのナツを見つけようとする強い思いが画面越しに飛んでくる

294:リュオン:2015/01/12(月) 10:15 ID:UGQ

クゥ、ピクシブのナンバー教えてくれますか?
「クゥ」で調べたら誰が本物のクゥか分からなくて…。
私、クゥの小説楽しみです。
……私もみんなのように小説書いたほうが良いですか?
書くための材料は脳みそが勝手に出してくれるので大丈夫ですが。

それと、過去にナツルー物語 葉っぱ天国のほうでも書かせてもらってました。
同じ名前なので、もし良かったら見てみてください。

295:あやだい:2015/01/12(月) 10:19 ID:epA

こんにちは!
花火))私目線ゆるいので、なっ涙が、(ó﹏ò。)

296:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 10:20 ID:x7U

リュオン様

ぜひ書いてください!!

楽しみにしてます♪

297:あやだい:2015/01/12(月) 10:23 ID:epA

クゥ))クゥの作品って
(消しゴムから始まって)で合ってる?

298:クゥ natsuki.715@icloud.com:2015/01/12(月) 10:27 ID:1..

あってるよー!
でも、昨日?今日?未来本ってやつをナツルーのとこで投稿したからわかると思うんだけど・・・

299:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 10:43 ID:x7U

続きです


追奏曲(カノン)

そう、今から丁度1ヶ月前ナツは消えた

消えるようにとかそういうのじゃなくて消えたの

あたしたちの行っていたクエストのランクと報酬が変更されたのはその日の夜だった

依頼は森に出る鳳凰を倒してほしいというものだった

最初の報酬額は300000Jでも、変更後は1000000J

鳳凰の攻撃からあたしを守ろうとしてナツは炎の中に消えたの

_________________

次回は謎解き回になります

恋愛描写少なっ!!

ごめんなさい……

300:あやだい:2015/01/12(月) 11:01 ID:epA

クゥ))ありがとう( ´ ▽ ` )ノ

301:あやだい:2015/01/12(月) 11:04 ID:epA

花火))大丈夫、面白いから!!

302:杏:2015/01/12(月) 11:31 ID:9G.

杏もあやだいと同じ感想

303:杏:2015/01/12(月) 12:01 ID:9G.

リュオンの小説見てみたいな〜♪

304:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 12:03 ID:x7U

これから杏と私は部活です!!

いってきます♪

305:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 12:04 ID:x7U

杏&あやだい様

ありがとうございます!!

最後は甘くなると思い…ます…

306:リュオン:2015/01/12(月) 12:10 ID:UGQ

部活ガンバ!…ところで何部?
ミステリアスなとろこで切れちゃうかー。続きがたのしみ

307:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 12:14 ID:x7U

リュオン様

バレー部です!!

308:リュオン:2015/01/12(月) 13:21 ID:UGQ

肉まん食べてる なう。
うーん。わらひもらんかかこほかな。←口のなかにいれた状態で喋ってみた。
正訳私も何かかこうかな。です

309:リュオン:2015/01/12(月) 13:22 ID:UGQ

バレー部かぁ。やっぱハイキュー好きだったりして…?

310:フェアリィ:2015/01/12(月) 13:23 ID:vn2

続きだZE






ルーシィ「失礼しまーす」



4組も自習ならしく、騒がしかった。

あたしの声は誰も気づいていないだろう。


あたしがキョロキョロしていると、ふいに背中をポンポンと叩かれた。






「誰かに用?」

ルーシィ「あ!うん、えっと」

ロキ「僕はロキ。君は?綺麗な金髪だね」

ルーシィ「あ、ありがと。あたしはルーシィよ。ドラグニルって人を探してるんだけど…教室にはいないみたいね」



ロキはあたしがそう言うと、あぁ…と廊下の窓を覗いた。




ロキ「きっとまた屋上にいるんじゃないかな。行ってみたらどうだい?」

ルーシィ「屋上ね?わかった、行ってみる!ありがとうロキ!」




あたしはロキに手を振ると、屋上に向かった。




やっぱり不良なのかな。

自習の時間に屋上って。ありきたりな気がするけど。



ていうかそれを言うなら自習の時間に人探ししてるあたしも微妙よね…。







屋上のドアを開ける。


暖かい春の風が吹いていた。




ルーシィ「!」




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいた。






フェンス近くのベンチに寝転んで寝ている、ドラグニル。






マフラーを巻いたまま、腕を枕にして寝ている。

首が痛くなりそうだ、なんて思いつつ近づく。




ルーシィ「…あのー、ドラグニルくん?」




あたしはその距離を保ちつつ、声をかけた。

起こしちゃ悪いかな。

でも仕方ないよね?






「…ん………んん……」

ルーシィ「ごめんねー、起こしちゃって…」




うっすらと目を開けたドラグニルくん。



「!!!」

ルーシィ「えっ!?」





急に跳ね起きたかと思えば、あたしの両肩を掴んだ。





ルーシィ「な、何よ!!?」



















「ルーシィ!!!!」





あたしは名乗った覚えなんか無いのに、この人はあたしの名前を呼んだんだ。




続くよ!

311:リュオン:2015/01/12(月) 13:34 ID:UGQ

なんじゃ!知り合いか?!

312:リュオン:2015/01/12(月) 13:35 ID:UGQ

これが…ルーシィの思う恋ってやつだったりして…?

313:リュオン:2015/01/12(月) 13:42 ID:UGQ

続きが楽しみです!

314:クゥ:2015/01/12(月) 14:10 ID:1..

フェアリィ、続きが気になる!!
もしかして前世の記憶があるとか?
覚えてないだけで昔一緒に遊んでた幼馴染とか?

315:フェアリィ:2015/01/12(月) 15:06 ID:vn2

ルーシィ「な、何であたしの名前知ってるわけ!!?」

ナツ「オレはナツだ!!ドラグニルとかやめろよ!ナツって呼べ!!前みたいに!!!」

ルーシィ「は!?てかあたしの質問についての答えは!?てか前って何よ!?」




ドラg…ナツは、あたしの肩を掴んだまま続けた。






ナツ「お前は、忘れてんだよ!!!オレ達のこと…!!!」

ルーシィ「………へ?」






状況把握ができない。



忘れてる?あたしが?ナツ達のこと?


ていうか“達”って…





「…ナツ、それでは困惑させるだけだぞ。」

「そうだよ。ゆっくり話してあげるべきだ」










屋上に現れたのはーーーーーーーーーーーー


続くよ!


ちょっと待って、先の展開読まれるとかないよね?わかっても言わないでね

316:リュオン:2015/01/12(月) 15:24 ID:UGQ

ルーシィにいったい何が…?続きがよみたいー!

317:リュオン:2015/01/12(月) 15:26 ID:UGQ

ナツの一方通行のはなしに頭が混乱してもおかしくないよね(笑)
ルーちゃん頑張って思い出してね。
てきな感じ(笑)←私の頭の中

318:リュオン:2015/01/12(月) 15:38 ID:UGQ

私も夜になったら書こうと思います。
箇条書きでこんなのがいいってものがあれば言ってください。
やります!

319:あやだい:2015/01/12(月) 16:14 ID:epA

クゥ))未来本面白かったよーヽ(。・ω・。)ノ
フェアリィ))続きが楽しみ(❁´ω`❁)

320:あやだい:2015/01/12(月) 16:22 ID:epA

小説書きます(๑`・ᴗ・´๑)

〜エピローグ〜

ねぇ、ナツ?私達の関係は、どうして急に
遠ざかるの?どうして貴方の目には、あの子
しか写ってないの?私もあの子のことは、好き

、、、でも

321:リュオン:2015/01/12(月) 16:33 ID:UGQ

好きでも嫌いになっちゃう…。ルーシィそう考えそう…。
結構自分を追い込んじゃうから…。←キャラに感情移入しすぎな私です…。

322:リュオン:2015/01/12(月) 16:55 ID:UGQ

夜?に近くなったのでボチボチ書きます。

323:リュオン:2015/01/12(月) 17:08 ID:UGQ

プロローグ
ーmurderousー
ルーシィは空を見上げていた。

ずっとずっと…。

だが嫌と思うほど美しく澄んだ蒼の空には雲一つ見えなかった。

ルーシィ
「ナツ…こう思っちゃいけないけど、さ……酷いよ。」

登ることも降りてくることも出来ない崖の下でルーシィは呟いた。

その言葉は風に乗り、木々に伝わり、地や水を抜け自然の中に消えていった。

ザワリ…と木々が怪しげに揺れ出した。

ルーシィは…ナツの選択によりもう二度と妖精の尻尾に現れなくなった。

いや、現れることが叶わなくなった…と言うべきだろうか。

たった一言でーーーーー

ナツ
「リサーナ!!!」

今でも頭に響くその言葉。

風景が逆さまになりルーシィは落ちた。

心も体も…堕ちていった。

324:杏:2015/01/12(月) 17:23 ID:9G.

リュオン、なんでルーシィは崖の下で呟いているのかがすっごく気になるよ

325:杏:2015/01/12(月) 17:24 ID:9G.

フェアリィ、ルーシィもしかして記憶喪失!!!

326:リュオン:2015/01/12(月) 17:28 ID:UGQ

一話
ーreturnー
ギルド最強チームは今日も仕事だ。

内容は…
『闇ギルドの潰してほしい 報酬 100000万J』

と、いうものだった。どこにでもあるいつも通りの仕事のはずだった…。

ナツ
「ミラ!俺らこれ行ってくる!!」

ナツは何時ものようにミラジェーンに紙を見せ、出ていこうとする。

ミラ
「分かったわ。あ、ちょっと待ってて。リサーナ!ナツ達仕事行くみたいだからついていったら?」

ミラジェーンはそう言ってナツに一言。…買いたいものが有るらしいから、少しだけ分けてあげてちょうだい。

ナツは頷いて最強メンバーに事情を説明した。

エルザ
「別にいいが。」

グレイ
「そうだな。別にこのグループって訳でもないしな。」

ルーシィ
「…そうだねっ!リサーナだって最近クエスト行ってなかったらしいからね。」

ウェンディ
「そうですね!大勢のほうがパパッと片付きそうですもんね。」

メンバーは納得してリサーナを大歓迎した。

リサーナ
「皆、有り難う!」

リサーナは笑顔でお礼を言ってきた。

ふとナツを見たルーシィは、ナツが少し顔を赤くして笑っているのを見た。

とっさにナツを見ないようにした。…自分がナツに片想いしていることはバレたくない。

ナツは…リサーナが好きなんだから。

何度も自分に言った筈だ。諦めるしかない恋なのだと…。

ルーシィは泣きそうになったが、堪えて出来るだけ明るく努めようとした。

ルーシィの思いは誰にもバレず、6人は出発した。

後ろからついてくるハッピーのシャルルは気付いていたが…。

327:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 17:29 ID:x7U

リュオン様

めちゃくちゃ面白いです〜

まままさに、この方こそレジェンドだ〜!!

リュオン様の情景描写がすごい好きです♪

フェアリィ様

すごい!!!すごい急展開!!!

しかも今思えばちゃんと伏線が張ってある〜!!!!

続き気になります♪

328:リュオン:2015/01/12(月) 17:35 ID:UGQ

いえ…その言葉には嬉しいです!が…学校や家では本を読んでいるので友達から
「上手く書けるのって本読んでるからだもんねー。」
と皮肉めいた発言をぶつけられるんです…涙
って返す言葉が
『本を読んで何が悪い!!!』
っとまぁ…。反論や、皮肉が飛んでくるといつもこんな感じなんです。
んで男子から
「やっぱ男になれるな。」
と言われて…。
私は女だー!!って思ってるんですがね。

続き知りたいかたにご迷惑な雑談すみません。

329:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 17:51 ID:x7U

続きです


舞曲(ボレロ)

はぁ、今日もダメだった

探しても探してもナツは見つからない

もう、ギルドに帰ろう…



「なぁ、ルーシィ…さ、ナツが居なくなっても泣かなかったよな」

ポツリ言う半裸の男

「そうだな、泣きじゃくるハッピーを
励ましてるところしか記憶にない」

腕を組み、真剣な面持ちで答える女

「ねぇ、ナツが居なくなってからルーシィが何キロ痩せたか知ってる?」

そう聞くのはカウンターで皿を拭いていた銀髪の女性

「そう言えば、オレが抱えて帰ったときかなり軽かった」

「…10キロだって」

ギルド内に走る衝撃

「10キロなんて、どうやって…」

「ルーシィ、ハッピーに焼いたお魚の残りしか食べてないらしいの…」

そこにルーシィは帰ってきた

330:杏:2015/01/12(月) 18:04 ID:9G.

花火面白かったよ(今日借りた小説ね)

最後のキャラクター紹介のところのやつイメージにぴったりだったよ!でもハナビがホラー映画が好きなのが意外だった

331:リュオン:2015/01/12(月) 18:04 ID:UGQ

二話
ーselectー

着いた先の闇ギルドは既に壊滅状態だった。

エルザ
「な、何があったんだ…。」

しかし、よくみると分かる。仲間割れだ。同じギルドの紋章をつけながらも殺し合いをしているのだ。

エルザ
「これならば早くカタがつきそうだ。行くぞ!」

戦力が落ちているこの時をチャンスに6人+2匹は仲間割れの暴動に滑り込んだ。

だがどちらも誰彼構わず殴り、蹴り、斬るの繰り返しだった。

エルザ
「なんだこれは…?!」

気付いたが時既に遅し…。エルザは頬を近くに居た男に殴られた。

「「ヤバッ逃げるぞ!!エルザを怒らせやがった!!!」」
ナツとグレイが叫んだ。5人+2匹は近くの小高い丘に登った。

ルーシィ
「エルザ派手にやってるわねー。」

ウェンディ
「ですね…逃げて良かったです。」

ルーシィとウェンディはホッと息をはいた。

ナツ
「って落ち着いてる場合かよ?!こっちにも来たぞ!!」

ナツがいち早く察知し、攻撃を仕掛ける。続けてグレイとウェンディも…。

リサーナ
「キャア?!」

リサーナの悲鳴がルーシィに聞こえた。

ルーシィ
「リサーナ!!」

リサーナは闇ギルドの一人に捕まっていた。手にはナイフ。

しかし、男の死角に入っていたのでルーシィは直ぐにリサーナを助け出したのだが…

ルーシィを代わりに掴んだ男は

「俺の後ろは崖だ。ここで賭けてみよう。お前の名前をあの炎の男が叫んだら俺が落ちる。
呼ばなかったら…お前が落ちる。どうだ?楽しそうだろう?」

と、言った。それを聞いていたリサーナがルーシィを助けようと攻撃をした。

男はそれを避け、リサーナにナイフを投げつけた。

そのナイフはリサーナの肩を切った。

ルーシィ
「リサーナ!!」

ルーシィは男から抜け出そうとするが上手くいかない。

「ここからがお楽しみタイム。お前の名前は…?」

ルーシィは歯をギリッと噛み…ルーシィと言った。

「あいつは誰を呼ぶかな?」

ナツはルーシィがリサーナを呼ぶ声で振り向いた。視界に入るのは肩から出血しているリサーナの方。

ナツ
「リサーナ!!」

ナツの声が響く。

「残念でした。」

男はルーシィを突き飛ばしたーーー。

332:フェアリィ:2015/01/12(月) 18:04 ID:vn2

続きだよ






屋上に現れたのは、エルザとロキだった。




ナツ「…エルザ、ロキ!」

ルーシィ「!?エルザ達、ナツと知り合いなの!?なのにさっきは……」




あたしがナツの名前を出した時にエルザが固まったのは、ナツのことを知ってたからなの…?



ロキは…そういえばロキも何か知ってそうな顔してた…かも?







エルザ「…ルーシィ、お前と私達は昔会っているんだ」

ルーシィ「…え?」

ロキ「君は覚えているはずだよ」







昔、会っていた?





ルーシィ「え、あ…………え?」




何だろう、一瞬、頭にーーーーーーーーーー。



***********






『なぁルーシィ、オレ達はいつまでも仲間だ』







『うん………また会えるよね、絶対』







『会えるに決まってんだろ。俺達はーーーーー、ほら。アレだ』









『“家族の絆”で結ばれてる、ですよね!グレイ様!』







『あぁ。もちろんだ。きっと会える』








『僕は今度会う時は皆と同じ世界に生まれたいかな』










***********




ルーシィ「………あ、あぁ…………」





あたしの目からは、大粒の涙が溢れた。



ナツがあたしの涙を拭う。







ナツ「…思い出したのか、ルーシィ」

ルーシィ「………ナ、ツ……………、あたし………。」






一旦きるよ

333:リュオン:2015/01/12(月) 18:07 ID:UGQ

おおー!ルーシィ思い出したんだね!!良かった♪

334:杏:2015/01/12(月) 18:07 ID:9G.

えぇーーーーまさかこうくるとは思わなかった。てか続きちよー気になるんですけど

335:リュオン:2015/01/12(月) 18:08 ID:UGQ

わたしもー!!!

336:リュオン:2015/01/12(月) 18:11 ID:UGQ

花火の話も楽しみー!ルーちゃんやせすぎだ…。驚異のダイエットだ…可愛そうに…。

337:リュオン:2015/01/12(月) 18:12 ID:UGQ

326訂正 闇ギルドを潰してほしい です。

338:クゥ:2015/01/12(月) 18:16 ID:1..

すっこし息抜き〜 ( ๑´•ω•)۶
というわけで短編(?)小説ー!!



「ほら、見ろよ。あの子、今日も可愛いよなー。」

ナツ・ドラグニル、18歳。
廊下を歩いている時聞こえたその言葉。
正直言って、恋だとかそんなものには興味がない。
友達が「あの子可愛いよな。」とか「彼女にしてぇよなー。」などそんなことを言っているが俺には関係ない。
なぜなら俺は、友達曰く、恋愛のれの字もないそっちの方には疎い奴、だからだ(そうだ)。
でも、何故だろうか。
一人だけ気になる女がいる。
ルーシィ・ハートフィリア。
すぐ怒るし、煩いし、色気もねぇ女だ。
だけどあいつの笑顔はどうも嫌いにはなれない。
いや・・・寧ろ、好きだ。
ほら、今だって何かと文句をつけては絡んでくる。
本当騒がしい奴。

「ねぇ、ナツ!聞いてる?」
「おー。」

俺のその言葉にふわりと微笑むあいつ。

ドキッ

・・っんだこれ。
胸がドキドキうるせぇ。
ちょっとの仕草に可愛いなとかいちいち表情変わって面白ぇなとか思ってしまう俺。
本当どうにかしてる。


・・・あぁ、そうか。


あいつのことが好きなのかーー。


新たな気持ちに気づいた俺。
まさか自分が恋をする日がくるとは思っても見なかった。
でも、恋をしてしまったのなら仕方がない。
俺は口角をあげてふっと笑った。

「ルーシィ。」
「ん?何ナツ。」
「覚悟、してろよ?」
「・・・へっ!?」

改めましてナツ・ドラグニル、18歳。
君に恋をしました。

〜end〜

339:フェアリィ:2015/01/12(月) 18:21 ID:vn2

思い出した。





あたしは、皆と同じ妖精の尻尾の魔導士だったんだ。





あたしとナツ、グレイ、ジュビア、エルザ、ロキは世界が終わる寸前に、





また生まれ変われたら、






会えることを、





願って別れたんだ。






赤い赤い空。



淀んだ空気。




人間が姿を消した街。





唯一生き残ることができたあたし達だったけど、最後に落ちてきた悪魔の魔法弾にーーーーーーーーーーーーーーーーーー。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ルーシィ「…全部、思い出したよ…」

ナツ「!! 本当か!!よかったぁぁぁ」

ルーシィ「いたたたた」


ナツはあたしを力強く抱きしめた。






エルザ「おいナツ、ルーシィが苦しがっているだろう」

ロキ「そうだよ。女の子には優しくしてあげなきゃ」

ナツ「うおお、悪ぃ」









でも、どうして皆は昔のこと覚えていたのに、あたしは覚えてなかったんだろう。





ルーシィ「…ねえ、グレイとジュビアは?」

エルザ「もちろんいるぞ。この学校に。」

ロキ「ナツが『ルーシィの記憶はオレが戻させる!』って言うからさ、最初は僕達は知らないフリをしてたんだ。
だけど結局、ナツに任せておけなくなってね。
グレイ達も来るんじゃないかn((バァン!!!))…ほらね」






屋上の扉を開け放ったのは、グレイだった。

グレイに続きジュビアも入ってきた。










グレイ「! 思い出したみてぇだな」

ジュビア「ルーシィ…!!!」

ルーシィ「グレイ、ジュビア!わっ」





ジュビアがあたしに抱きついてきた。





ジュビア「…ルーシィィ!ジュビア、ジュビア………よかったです…!!!」








あたしは、皆に会えて、いや再会できて本当に嬉しかった。


けど、






ルーシィ「…ねぇ、レビィちゃんは?レビィちゃんの記憶は…」

エルザ「………レビィの記憶はなかった。思い出せなかったんだ、レビィは」

ルーシィ「…………そんな」








続く



結局、クゥが予測した通りデシタ…

私の小説はありきたりすぎたんでしょうかーーーーーーーーーーーーーーーーーー。(´△`川)

340:リュオン:2015/01/12(月) 18:28 ID:UGQ

三話
ーfallen angelー

落ちる、おちる、オチル…。

一瞬ナツの目を見開いた表情見たきがしたが直ぐに崖の岩肌に変わった。

岩肌にぶつかり、弾かれルーシィは落ちていく。色の線が視界を駆け巡り…途絶えた。

奈落の底とも言われる地下にルーシィは叩き付けられた。

しかし、落ちるまでに沢山の木々が落ちるスピードを和らげてくれたお陰でルーシィは生きていた。

…辛うじて。

仰向けの状態で今自分が落ちてきた場所をみる。

空の蒼しか見えない。空の蒼はルーシィの目に少し届く程度でしかなかった。

回りは薄暗い。こんなところでは動物一匹生きてはいないだろう。

ルーシィ
「ナツ…こう思っちゃいけないけど、さ…酷いよ。」

ルーシィはそう言うしかなかった。

341:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 18:29 ID:x7U

続きです

協奏曲(コンチェルト)

「ただいま〜ってみんな何かあった?」

みんながあたしを見る目がいつもと違う

しばらくの沈黙

そしてグレイが口を開いた

「あの…さ、ルーシィ…泣きたきゃ泣いていいんだぜ?」

え?泣…く…?

ナツが消えてから、考えたこともなかった

ずっと泣いちゃダメだと思ってた

目頭に込み上げる熱いもの

「あ…れ…?ごめっ…あたし何か……」

「泣いていい。弱音も吐け。そのための仲間だろう?」

何時間くらい泣いていただろう

あたしの涙が止まったのは、レビィちゃんの一言だった

342:杏:2015/01/12(月) 18:39 ID:9G.

ルーシィ記憶喪失じゃなかったんだよかった。ただ記憶がなかっただけなんだ。だけどレビィちゃんかわいそう

早く続き見た〜〜い    (>ε<)


クゥすごい!
息抜きに短編とかすごすぎ

343:リュオン:2015/01/12(月) 18:39 ID:UGQ

フェアリィと花火の話面白い+感動っ…涙

344:リュオン:2015/01/12(月) 18:41 ID:UGQ

一旦おちます。
19時位から復活すると思います。夕食作らないといけないんで…今日はすき焼き。

345:杏:2015/01/12(月) 18:46 ID:9G.

リュオンって夕食なんで自分で作るの?

花火、なに最後のレビィちゃんの一言すっごく気になるよ〜

346:リュオン:2015/01/12(月) 19:04 ID:UGQ

親が殆ど家に居ないから妹と二人で食べてるのさ…。

347:リュオン:2015/01/12(月) 19:05 ID:UGQ

お姉ちゃんってことでやってるんだ。ではまた後で。

348:杏:2015/01/12(月) 19:10 ID:9G.

リュオンえらいね

349:リュオン:2015/01/12(月) 19:40 ID:UGQ

あ、そうだ!クゥをフォローしたよ♪
未来本めちゃくちゃいい小説です!!大好きになっちゃいました!!

350:リュオン:2015/01/12(月) 19:41 ID:UGQ

皆都道府県どちらにお住まいですか?

私は宮城県です。

351:フェアリィ:2015/01/12(月) 19:49 ID:vn2

ロキ「レビィにも話してはみたんだけど…、無駄だったよ。」

ジュビア「はい…。小説のネタにいいかも、と違う形で喜ばれてしまいました」

ルーシィ「………そっ、か」





エルザ「…そう落ち込むな、ルーシィ。
レビィ自身に記憶は無くても…レビィと過ごした私達の記憶はちゃんと残っている。
それに、レビィはまた私達と同じ世界にいるんだ。」






エルザのその言葉は、すごく重かった。


また泣きそうになったあたしは、ナツのマフラーに顔を埋めた。




ナツ「…ルーシィ?」

ルーシィ「…ごめん、少しこうしいさせて…」

ナツ「お、おう」









グレイ「…んだ?俺達お邪魔じゃねぇか。」

ジュビア「ですね!グレイ様、私達も行きましょう♪」

グレイ「私達“も”って何だ」

エルザ「…ふふ。行こうか」

ロキ「あーあ。わかってはいたけど、やっぱりまた出会えてもルーシィは僕のにはならないかぁ」





ナツとあたしを残して、皆は中に入っていった。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ナツ「…なぁ、ルーシィ」

ルーシィ「…何?」




沈黙を破ったのはナツだった。







ナツ「…俺が最後に言った言葉、覚えてるか?」

ルーシィ「え…?」





ナツはあたしの髪を指ですくと、次にあたしの頬を撫でた。






ナツ「……いや!覚えてないならいいんだ!!





…………また、ちゃんと言うから」









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



『ルーシィ、また会えたらその時はーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
















結婚して、ずっと一緒にいような。』





ーENDー

352:リュオン:2015/01/12(月) 19:54 ID:UGQ

おおっいい終わり方!!!ハッピーエンドだねっ!
なんかこれから母親に怒られる感じなので21時位になるかもー。

353:クゥ:2015/01/12(月) 19:57 ID:1..

リュオン、フォロー&未来本褒めてくれてありがとう!!
あたしもフォローしとくね!
それと杏、息抜きに短編とかすごくないよー!

354:リュオン:2015/01/12(月) 19:59 ID:UGQ

怒られる前に書いちゃいます

355:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 20:04 ID:x7U

続きです

小曲(メヌエット)

「ルーちゃん…!!ハァ、ハァ。ナツの消えた理由が分かった…!!!!!」

息を乱してレビィちゃんは言う

「炎系の魔導書の中に気になる記述を見つけて、早くルーちゃんに教えなきゃって…私…」

そこまで言ってレビィちゃんは倒れた

「ちょっ…レビィちゃん!?」

あたしが慌てていると横から声をかけられる

「大丈夫。寝てるだけだ。テメェの為に魔導書読み漁ってしばらく寝てないらしいからな」

そう言うとガジルはレビィちゃんを小脇に抱えて医務室に向かう

「ギヒッ、全く世話のかかるチビだぜ」

とか何とか言いながら

レビィちゃんが医務室に運ばれた後、あたしたちは本の解読を急いだ

そして、あたしは気になる記述を見つけた

「これだ!!!禁忌魔法【カグツチ】…!!!」

その下には

「炎系統の禁忌魔法。同じく炎系統の相手に有効だが、術者は永遠の炎となり、眠り続ける」

と書いてあった

356:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 20:11 ID:x7U

フェアリィ様

感動しました!!

涙腺崩壊もいいとこですわww

リュオン様

そうですか…

それでは、頑張って怒られてきて下さい(?)

あっ、それと私は大阪住みです♪

杏とは違って関西弁は喋れないですけど…

357:杏:2015/01/12(月) 20:15 ID:9G.

術者もかわいそうな感じ

でも、術者だけが炎となり永遠に眠り続けるから、ナツは、大丈夫ってことだよね?    (*×*)↓↓

クゥすごいと杏は、思うけど?
だって小説を一回でしかも短くするのは、杏にはできないし、とってもすごいと杏は、思うよ♪

358:杏:2015/01/12(月) 20:16 ID:9G.

杏も花火と同じで、大阪だよ!

359:リュオン:2015/01/12(月) 20:23 ID:UGQ

四話
ーgambleー
ナツはルーシィが落ちていくのを見ていた。

悲しみと恐怖を混ぜたような瞳は一瞬ナツを見たが、直ぐに消えた。

ナツ
「ルーシィ!!!!」

慌てて崖まで走っていったがもうルーシィの姿など見えない。

暗闇に吸い込まれてしまったかのように。

エルザとグレイが闇ギルドの者達を倒した後駆けつけてきた。

エルザ
「…リサーナの手当てをしなければっ…。」

グレイ
「お、おいエルザ?下に…姫さんがいるんだぞ!どうにかして助けねぇと!!」

ウェンディとリサーナは泣いている。

エルザ
「分かっている!だが…ここで今生きている者の為にすることは…リサーナをギルドへ連れ帰ることだ……。」

エルザは顔を伏せ涙を堪えているようだった。

ナツ
「ルー、シィ。な、んで…。なんでだよ!!」

ナツは地面に拳を打ち付けた。ルーシィを落とした男はナツに

「お前のせいだ。炎の男よ。おれは賭けに勝っただけだ。」

と、告げた。リサーナも俯いている。

リサーナ
「あのね…ナツ。この男は賭けをしていたの。
ナツがルーシィを呼べば男が落ちて、…呼ばなかったらルーシィが落ちる…って。」

リサーナはそこまで言うとごめんなさい…と呟いた。

ナツはその男に殴りかかった。どうしても流れる涙で視界がぼやけながらもナツは男を殴っていた。

エルザ
「ナツ…もうやめろ。ルーシィはまだ死んでいないかもしれないんだぞ。お前が諦めてどうする!」

エルザはそう言ってウェンディに応急処置を施されたリサーナを抱えて崖を後にした。

グレイ
「…っ。おいナツ。……行くぞ。」

グレイはウェンディを手招きして崖を後にした。

ハッピー
「ナツゥ。今帰らないとルーシィを助けられないよ…。帰ろう。」

ハッピーは目いっぱいに涙を浮かべて言った。

ナツ
「分かってる…。行こう。」

ナツは拳で乱暴に涙を拭い、崖から去っていった。

その後ギルドに着いてからルーシィ捜索の作戦会議がギルド全体で始まった。

360:フェアリィ:2015/01/12(月) 20:28 ID:vn2

てか私、学パロ書いてたのに前世とか何か意味わかんなくなってたw

361:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 20:28 ID:x7U

交響曲(シンフォニー)

「永遠…」

その言葉が「絶望」に聞こえたのはあたしだけ?

「じゃあ、もしナツを見つけても炎からは戻れねぇってことか…」

あたしのせいだ

ここに来て自分のやってしまったことが取り返しのつかないことだと気づく

あたしのせい…

あたしのせい…

アタシノセイ…

「あ、ああ…あたしのせいだ…」

「ルーシィのせいじゃないわ!!」

「そうですよ!!ルーシィ。ナツさんがいなくなったことを誰もルーシィのせいだなんて思っていません」

ミラさんとジュビアが必死に何か言っているが、「自己嫌悪」という名の黒い塊に支配されたあたしの心には何も届かない

「あたしのせいだ…ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい…」

壊れたCDのように「ごめんなさい」を繰り返す

どうしよう…今のあたしには謝罪しかできない

「ルーシィ」

目の前に手が差し出される

「行こう。ナツのところへ。何も分からないいま、動いても無駄かもしれない。でも、動かなかったら何も始まらない」

「そうだぜ?コレはナツを探しに行くためでも何でもねぇ。ただの冒険の続き。楽に行こーぜ!!ルーシィ」

あたしの目に再び光が宿る

動かなきゃ

ナツが、大好きな人が

ー待ってる

362:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 20:31 ID:x7U

杏))

術者って言うのは術を唱えた人だから、ナツのことだよ!

363:リュオン:2015/01/12(月) 20:40 ID:UGQ

五話
ーdark nightー

ヒソヒソと話す声が聞こえる。目を覚ましたルーシィは辺りを見回そうとした。

しかし、物凄い頭痛で頭をあげることさえ出来なかった。

靴音が辺りに響く…。ギルドの誰かが見つけてくれたのではないかという期待が高まった。

「君、大丈夫?」

…知らない声だった。しかしここに人がいるなら助かったとルーシィは思った。

落ちたときのショックだったのだろうか…こんなところに人は居るわけがないのだ。

ルーシィ
「崖から落ちてしまって…。助けてくれませんか…?」

ルーシィはもう薄暗い空に指を指し言った。

「あそこから……?」

声の主の男は驚いているようだった。

ほぼ1000メートルを落下してきた少女が生きていて、話せるほどだと言うことに。

…普通なら。しかし、男は別のことで驚いていた。

「分かった。頭揺れるけど我慢してね。」

男はルーシィをお姫様だっこした。

ルーシィは既に疲れからもう一度眠りについていた。

男は少し歩いたところにある小屋のベッドにルーシィを寝かした。

「このお方が…堕天使になるお方。早く会いたいです。」

男の言葉はルーシィの一つの感情に届いた…。

364:リュオン:2015/01/12(月) 20:41 ID:UGQ

ナツ…どうなるんだ?!ハラハラドキドキですー♪

365:杏:2015/01/12(月) 20:45 ID:9G.

???

花火、だって敵が攻撃してきて、ナツがルーシィを守ろうとして、その炎の中に消えていったんでしょ

366:リュオン:2015/01/12(月) 20:52 ID:UGQ

皆さん最新話のフェアリーテイル見ましたか?こっちでは放送してないんでYouTubeやanitubeでみてます。

367:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 20:54 ID:x7U

続きです

超ハイスピードですが、ついてきて下さい

すみませんっ…

鎮魂歌(レクイエム)

「この辺だったよな、確か…」

ここはあたしたちが鳳凰と戦った場所

ナツが消えた場所

あたしは「永遠の炎となって眠り続ける」この言葉の意味を考えていた

永遠、炎、眠る

多分、この3つがキーワード

この3つに共通するもの…

永遠、炎、眠る

…ちょっと、待って

「あたし、分かったかもしれない…」

「何がわかったんだ!?ルーシィ」

バッと振り返えるグレイとエルザ

「「永遠の炎となって眠り続ける」この言葉の意味」

あたしは一呼吸置くと話し始めた

「あくまで考察なんだけど、さっきの記述の中でも怪しい単語は3つ。「永遠」と「炎」と「眠る」あたしはこれがキーワードだと思ったの。そしてこの3つに共通するもの…」

ここまで話したところでグレイはバッと顔をあげた

「…鳳凰」

「そう。この3つ全てに関係のあるもの。それは鳳凰。「炎」はそのまま、鳳凰は火を吐く鳥だから。「永遠」と「眠る」は鳳凰が「不死鳥」であることと関係してるの。不死鳥はその名のとおり、死なない鳥。つまり、「永遠」の命を持つ。そして、死なない=眠らない。ちょっと無理矢理だけど、これで3つ全てに当てはまる」

あたしたちは顔を見合わせる

「ならば、目的はただ1つ」

「「「鳳凰を封印すること」」」

368:リュオン:2015/01/12(月) 21:01 ID:UGQ

悲報 父の夜逃げ
悲報 育児放棄

嘘です。…多分。

何かお父さんに

「席座ってろ。」

と、言われ座るとお父さんは車で何処かへ…

それ以降2時間ほど音沙汰なし。

お母さんは午後に妹に無視されたことで逆ギレ。

その後口利かず。私とは喋ってるんだけどね。

3時間自室に籠りっぱなし。

夕食は結局食べずに待っているんだけどどちらの顔も見ていない。

かといってわざわざ様子を見ようとも思わない。

お父さんから

「ママが降りてくるまで食べるな。」

と、言われているので

甘い干し梅をチマチマ食べてる。

なんだこの家庭…。

369:杏:2015/01/12(月) 21:03 ID:9G.

封印したら、ナツどうなっちゃうの??

370:リュオン:2015/01/12(月) 21:04 ID:UGQ

鳳凰って懐かしい…。
FAIRY TAILでやってたよね。
「鳳凰の巫女」だったっけ?
エクレアって言う子が出てくるやつだったような。
最後がナツルーだ!っておもったわ、それ。
そうにしかみえなかった…。

371:リュオン:2015/01/12(月) 21:05 ID:UGQ

ナツ帰ってくるかな…。

372:杏:2015/01/12(月) 21:05 ID:9G.

リュオン一家おもろ〜

お母さん無視されただけで逆切れって

373:リュオン:2015/01/12(月) 21:05 ID:UGQ

続きがたのしみー!

374:リュオン:2015/01/12(月) 21:06 ID:UGQ

繊細な母親なんでしょうなぁ(笑)

375:リュオン:2015/01/12(月) 21:07 ID:UGQ

まぁ、食事が出来ないんでさっさとしてほしいんですけど(笑)
明日普通に学校だし…。

376:リュオン:2015/01/12(月) 21:11 ID:UGQ

皆のお父さんお母さんはどんな感じ?

377:杏:2015/01/12(月) 21:17 ID:9G.

どっちも怖い

378:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 21:27 ID:x7U

小夜曲(セレナーデ)

「だから、【カグツチ】は攻撃ようの魔法じゃないの。自分の炎を持って相手を封じる。いわゆる、アイスドシェルのようなものよ」

とりあえず、一回封印を解いてナツを助け出してから再び封印をする

そういうこと!!

「おーい、鳳凰。出てこい!!」

グレイがそう言った瞬間

すごい旋風

ゴゴゴゴゴゴゴ

すごい地響き

「来たか!!!行くぞ!!!!」

それから、あたしたちは戦った封印を解くことは出来たの

でも、ナツは出てこなかった

「どういうことだ!?」

「封印は解いたのに!!」

「もう一度、封印をしろと言うことか…」

大丈夫。ナツの炎自体は消えてるもん

もう一度、封印すれば…

「とりあえず、コイツを一回黙らせろ!!!アイスメイク“大槌兵”」

「換装!!!“循環の剣”」

「開け!!!金牛宮の扉!!!“タウロス”!!」

あたしたちは必死に攻撃を繰り出した

「あっ…もう魔力が…」

「クソッ…これ以上は…」

あたしたちが敗けを確信し、諦めかけたとき、一筋の希望が見えた

「おーおー、ダセェことになってんなぁ。お前ら」

_________________

杏))これで分かった?

一筋の光とは誰でしょうか?

379:杏:2015/01/12(月) 21:31 ID:9G.

ギルダーツ?

380:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 21:33 ID:x7U

リュオン様

大変ですね…

ファイトです!!

うちはお父さんが優しいけど、お母さんが…

感情がないんじゃないかと思ったこと1000000000回くらいある

何しても、「へぇ、で?」とか「あっそ、だから?」とか「続きは?ないの?オチがない話とか聞きたくないから」って言われます

友達にも容赦ないよ♪

杏とか怯えちゃってるから☆

381:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 21:34 ID:x7U

杏))違うよ〜

杏には今日、学校で言った気がするけどなぁ

382:杏:2015/01/12(月) 21:37 ID:9G.

あーーーーー

思い出したかも!!!!!
ミラとラクサスだ

383:リュオン:2015/01/12(月) 21:37 ID:UGQ

六話
ーtemptー
ナツ達は作戦決行のため、明日崖へ向かうことになった。


ルーシィは夜中にふと目が覚めた。音がしたわけではない。

ただ直感で呼ばれていると感じた。

小屋から出ても外は暗黒の世界。

でも不思議と不安は無かった。

「ごめん。起こしちゃった?」

少し先の方から声がする。

ルーシィ
「いえ、ただ…誰かに呼ばれているような気がして。」

「誰に…?」

ルーシィ
「分からないわ。感じただけ。」

ルーシィはそう言って声の主の側であろう地面に座った。

ルーシィ
「ねぇ、あなたの名前は?」

「カイドです。」

カイドはそう言ってルーシィの耳元で、

カイド
「あなたのお仲間さんは帰ったみたいですよ。あなたが死んだと思って。」

と、呟いた。ルーシィはその内容に耳を疑った。

ルーシィ
「そんな…?どうして分かるのよ?!」

ルーシィはカイドがいるであろう場所を睨んだ。

カイド
「僕には不思議な力が有るんです。それで崖を見たら皆泣いていたんですよ。
そして…さようなら。と言ってましたよ。」

カイドはそう言うとルーシィの心臓を指差した。

カイド
「本人は生きているのに…最低なギルドですね。」

ルーシィは何も言えなかった。…言わなかった。

ルーシィ
「…だから私にどうしろというのよ…。」

耳を塞ぎたい思いのルーシィは聞いてみた。

…何か解決出来るものはないのか、と。

カイド
「堕天使になってください。」

耳元で囁かれたのは悪魔の誘惑。

頭でそう分かっていても心はすんなりとそれを受け入れてしまう。

…ルーシィには黒い羽がはえた。

384:杏:2015/01/12(月) 21:39 ID:9G.

リュオン気になるよー

385:リュオン:2015/01/12(月) 21:42 ID:UGQ

ですよね。自分だけ被害者ぶっててすみません。
無事父は帰ってきました。
でも一年に一回の大喧嘩が母の自室で起こってます。
今年始まって12日目ですよー。
早すぎですよー。
っていいたくなるけど控えておかないと殺されますので…。
多分小説は六話で今日は切ります。

386:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 21:50 ID:x7U

幻想曲(ファンタジア)

「おーおー、ダセェことになってるなぁ、お前ら」

轟く雷と共にやって来た二人

「ラクサス!!」

「うふふ、お手伝いしましょうか?」

「ミラ!!」

「オラ、行くぞ。とっとと立ち上がれ」

二人の登場で活気を取り戻したあたしたちは攻撃を繰り返す

そして、鳳凰を気絶させることが出来たんだ

「おい、ミラ。いつまでやってんだ」

いつまでも攻撃を続けるミラさんにラクサスは言う

「あらぁ、ごめんなさい♪」

「コイツを封印する方法はわかるのか?ルーシィ」

とグレイに聞かれて、コクンと頷く

「今、クル爺が検索し終わった」

あたしは鳳凰に一歩近づくと唱えた

「我、汝を封じし者。永遠の炎を持つものに永遠の眠りを与えたまえ」

鳳凰の体は薄れていき、完全に消えた

それと同時に現れたのは人型の炎

387:杏:2015/01/12(月) 21:53 ID:9G.

人体の炎ってナツだね

388:あやだい:2015/01/12(月) 21:57 ID:epA

小説トーカ率今日高いねー

389:杏:2015/01/12(月) 21:59 ID:9G.

本当にそうだね

390:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 22:02 ID:x7U

ついに最終話!!

頑張ります!!(今更!?)

終曲(フィナーレ)

人型の炎はやがて人に変わって行った

桜色の髪

白い鱗柄のマフラー

「…ナ…ツ…」

「ルーシィ!!!」

「オレたちは帰ろう」

ナツとあたしを二人きりにするためにナツとあたし以外はギルドへ帰る

「もう!!!ずっと探したんだよ?」

「ごめん…」

「すごく恐かった…」

「うん…」

「淋しかった…」

「ホントにごめん…」

あたしは大好きな人の顔を見て微笑んだ

自然と溢れる涙は止まらない

焼けついたように熱い喉から言葉を絞り出す

「ナツ…やっと見つけた」



             end

391:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 22:05 ID:x7U

絶対に今日中に小説片付けたいと思ったからいっぱい投下しちゃいました♪

でもネタは尽きないのです!!

もう今この瞬間から新シリーズ始まりますよ〜

392:あげは:2015/01/12(月) 22:07 ID:kWE

うわーん(:д:)涙が止まらないよ〜
あっ!お久しぶりです!

393:杏:2015/01/12(月) 22:10 ID:9G.

ルーシィよかったね

感動の再開みたいな www.

ヤバッ!?   涙が  p(´⌒`q)

394:杏:2015/01/12(月) 22:11 ID:9G.

あげはさん、こんにちは♪

395:あやだい:2015/01/12(月) 22:13 ID:epA

続き


今日もまたナツはリサーナのとこに行って
楽しそうに話ている。

そんな二人をルーシィは、空が曇ったよう
な顔で眺めていた。


「…………ィ」
「ル…シィ」


「えっ?…あっミラさん…すいません。
ボーっとしてました。」

「あらあら大丈夫?最近いっつもその
調子よ?」

「すいません、今日は、もう帰ります。」

「そうね、気をつけて帰るのよ。」


…家…

「ハーあ最近なんかおかしいなー 」(ハァ…

…ガラッ

396:あげは:2015/01/12(月) 22:13 ID:kWE

こんばんは♪\(>▽<)/

397:あやだい:2015/01/12(月) 22:14 ID:epA

明日学力テストだー(´๑•_•๑)

398:あやだい:2015/01/12(月) 22:14 ID:epA

こんばんは

399:あげは:2015/01/12(月) 22:15 ID:kWE

頑張って!ファイト!!

400:あやだい:2015/01/12(月) 22:16 ID:epA

花火))涙)ダラダラ(( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

401:あやだい:2015/01/12(月) 22:16 ID:epA

あげはさんありがとう!!

402:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 22:18 ID:x7U

あげは様

お久しぶりです!!

感動してくれてありがとうございます♪



マジで!?涙出ちゃった?

え〜嬉しい〜

あれ?私も涙が!?

403:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 22:21 ID:x7U

あやだい様

ありがとうございます!!

こんな救いようもない小説に涙を流していただけるなど…

あと、テストファイトです!!

あー人のこと言えないわー(明後日テスト)

404:杏:2015/01/12(月) 22:22 ID:9G.

自分で書いといて自分も泣く?

405:あげは:2015/01/12(月) 22:23 ID:kWE

このスレ最初から見て
ティッシュ箱3、4個無くなってるよ!

406:杏:2015/01/12(月) 22:24 ID:9G.

ああーーーーーーーーー!!

杏も明後日テストだー↓↓↓↓

誰か、このバカな杏に勉強の方法を教えて〜!?

407:あやだい:2015/01/12(月) 22:26 ID:epA

続き


ガラッ

(え…もしかして ナ、ナツ!!)
ふわっ
(えっなんかいま心が軽くなった気が…)

「おーいルーシィ?」

「もうっナツ何度も言わせないで!
不法侵入よ!」

「ルーシィは、元気だなーまっいつも
のことだけど。」
ズキッ

「なあ、裁縫っての教えてくれよ」

408:あげは:2015/01/12(月) 22:27 ID:kWE

私も馬鹿だからついでに教えて〜!

勉強って何のためにあんの?(逆切れ)

409:杏:2015/01/12(月) 22:29 ID:9G.

それわかるあげはさん

社会に出ると絶対必要ないのあるのに

410:あげは:2015/01/12(月) 22:31 ID:kWE

うんうん!必要ないのになんで教えるの??意味不

411:あやだい:2015/01/12(月) 22:34 ID:epA

あやだい流勉強の方法講座

1 朝ごはんは、しっかり食べる!
2 すいみんは、十分にとる
3 一学期の苦手科目を復習する
4 漢字は、覚えにくい漢字、過去
自分が間違えた漢字を熟語ごと声にだし
書くことを数回行う


まずはこれくらいかなー

412:あやだい:2015/01/12(月) 22:35 ID:epA

勉強って眠くなる

413:明葉『あげはって読むよ』:2015/01/12(月) 22:36 ID:kWE

なるほどやってみよ〜!

414:杏:2015/01/12(月) 22:36 ID:9G.

特に英語いらない

英語ってどうやって覚えればええねん

415:明葉:2015/01/12(月) 22:37 ID:kWE

自分の名前「正直、本名」に変えました

416:杏:2015/01/12(月) 22:37 ID:9G.

あやだいありがとうー!

417:明葉:2015/01/12(月) 22:39 ID:kWE

わかる!私フィリピンと日本のハーフだからって英語、うまい訳じゃないのに『下手くそ』って彼氏に言われる

418:杏:2015/01/12(月) 22:40 ID:9G.

明葉さんってハーフなんだ

419:明葉:2015/01/12(月) 22:41 ID:kWE

うん!日本生まれの日本育ちだよ!

420:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 22:41 ID:x7U

小説(てか、爆弾)投下します

人生初の学園パロディです!!


第一話

「おい!!待て!!!!ドラグニルぅぅぅ!!!!!!」

ドラグニルと呼ばれているのは桜髪の少年

制服にマフラーという極めて奇抜なファッション

彼は今、眼鏡をかけていて、いかにも真面目そうな生徒指導の教師に追いかけられているところだった

「オレは勉強が嫌いなんだよ!!!学校なんて最後までいられる訳ねぇだろ?」

彼はどうやら中抜けをしようとしているらしい

「ハァ、疲れた。スカーレット!!!頼んだ!!」

少年との追いかけっこに疲れた教師は風紀委員のエルザ・スカーレットに助けを求める

「ナツ、またお前か…いい加減呆れるぞ」

エルザは最恐で最強の女と言われ、この学校の不良の敵

何回も中抜けに挑むナツにエルザは半ば呆れていた

「今日こそはお前を倒すぞ!!エル…フゴッ!!!」

言葉の途中で壁にめり込むナツ

一瞬だった

「もう少し腕を上げてから来い」

「ばい、わがりまじだ」

ボロボロになったナツはその日も教室に帰っていく

これがこの学園の生徒たちにとって当たり前の日常だった

421:あやだい:2015/01/12(月) 22:43 ID:epA

5 社会は、単語帳に書き込み繰り返すと、
いいよ(例)信長が自害したのは、何年?
A.1582年あとゴロ合わせで覚える(例)
イチゴハニー1582や、なっとうねばねば
平城京710



私は、社会が、クズやカス

422:明葉:2015/01/12(月) 22:43 ID:kWE

当たり前になっていいの!?それ!
『文句じゃないよ』ツッコミだよ

423:あやだい:2015/01/12(月) 22:44 ID:epA

英語は、もう論外

424:明葉:2015/01/12(月) 22:44 ID:kWE

イチゴハニー、、、食べたい!!

425:杏:2015/01/12(月) 22:45 ID:9G.

おぉーなるほど

426:あやだい:2015/01/12(月) 22:45 ID:epA

イイんです

427:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 22:46 ID:x7U

杏))自分で書いたやつに泣いてるんじゃないわ!!!

みんなの感想に泣いてるの!!!


明葉様

ハーフ何ですか!?

カッコいいですね〜

あげはってすごくいい名前ですね♪

かわいいなぁ〜って思いました

428:杏:2015/01/12(月) 22:46 ID:9G.

数学は?

429:あやだい:2015/01/12(月) 22:47 ID:epA

わあ、あげはさんハーフなんなんだー

430:明葉:2015/01/12(月) 22:48 ID:kWE

ありがとう!!この名前でかわいいなんて言われたの初めて!
いつも『あげはちょう』って言われて

431:明葉:2015/01/12(月) 22:50 ID:kWE

ハーフだからって仲間外れにしないでください!お願いします!

432:杏:2015/01/12(月) 22:51 ID:9G.

そんなことしないよ♪

433:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 22:52 ID:x7U

じゃあ、あやだい様にならって

リアルに勉強できない人、略してRBDの為の勉強口座〜

【英語】

*教科書の文章全暗記

*単語を覚える(日本語を書いてから英語を書く!テスト方式で!!全部合うまで繰り返し)

*洋楽を聞く(発音も自然に綺麗になるし、リスニングの練習にも!!)

434:あやだい:2015/01/12(月) 22:53 ID:epA

数学は、同じときかた、似たような問題
をたくさん解く

ただそれだけ。
苦手なとこを重点的に!!

435:明葉:2015/01/12(月) 22:53 ID:kWE

なるほど、ふむふむ

436:杏:2015/01/12(月) 22:55 ID:9G.

うんうん

で理科は

437:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 22:55 ID:x7U

【数学】

*学校の問題集はテスト3週間前には範囲まで終わらせる

*教科書の問題をひたすらやる

数学は問題演習が大事!!

438:明葉:2015/01/12(月) 22:57 ID:kWE

ごめんなさいもう寝ます。お休みなさい。

439:杏:2015/01/12(月) 22:57 ID:9G.

それじゃ、リピートけっこう役立つね

440:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 22:59 ID:x7U

【理科&社会】

*学校のプリントはもう一回やる!!

*大事なところだけを赤で書いて赤下敷きを被せて暗記

*記述問題も全暗記

441:あやだい:2015/01/12(月) 23:00 ID:epA

理科は、知識を中心的に
理科の計算は、自分の苦手なとこを
確認して、公式、解き方の復習
私の場合テコの原理のモーメントとか、

442:あやだい:2015/01/12(月) 23:01 ID:epA

6

443:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 23:02 ID:x7U

明葉様

おやすみなさい♪

ちなみに、私の従兄弟もハーフですよ!

日本とイギリスの

イギリスにすんでますけど…

英語、日本語、フランス語ペラペラ

444:杏:2015/01/12(月) 23:03 ID:9G.

あやだい『6』ってなに

445:あやだい:2015/01/12(月) 23:03 ID:epA

6 あさは、計算をやると、頭が働くよ!
7 よるは、暗記物

446:あやだい:2015/01/12(月) 23:04 ID:epA

はい。6は、間違えました

447:あやだい:2015/01/12(月) 23:04 ID:epA

なんかバグった

448:杏:2015/01/12(月) 23:04 ID:9G.

なるほど!!
うんうん

449:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 23:05 ID:x7U

【国語】

*漢字、文法、古文を重点的に!!

うちらの学校、漢字多いから30点は取れるよ

450:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 23:06 ID:x7U

あやだい様

さすが、受験生ですね!!!

451:クゥ:2015/01/12(月) 23:07 ID:1..

あ、明葉ってハーフだったんだぁー!!!
あたしハーフとかって見たことないからなんかその言葉聞くと新鮮だなぁ。
それに名前明葉っていいな ( ๑´•ω•)۶
あたしなんて夏津葵(なつき)だよ?
普通にどこにでもいる名前・・・。

452:杏:2015/01/12(月) 23:08 ID:9G.

本当に多すぎ

漢字がんばれば40点以上とれるやん

453:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 23:08 ID:x7U

杏は英語苦手でしょ?

英語って、受験でも重要な科目になってくるし、私の代から問題も英語になるから英語を頑張って!!

454:あやだい:2015/01/12(月) 23:10 ID:epA

ありがとう花火様(๑`・ᴗ・´๑)

455:杏:2015/01/12(月) 23:10 ID:9G.

クゥそんなたくさん夏津葵っていないと思うよ!漢字も珍しいし

456:リュオン:2015/01/12(月) 23:11 ID:UGQ

ごめん。気になるところで切って。
両親の余りにも子供過ぎる喧嘩に私の羞恥心が…。
心臓に悪い…。ごめんよ。
つづきは明日かくよ!絶対に!!

457:杏:2015/01/12(月) 23:12 ID:9G.

何か法律コロコロ変わりすぎ

458:あやだい:2015/01/12(月) 23:12 ID:epA

なつきって響きいいよね

459:リュオン:2015/01/12(月) 23:13 ID:UGQ

寝るしかないんだ。おちます。

460:あやだい:2015/01/12(月) 23:13 ID:epA

リュオン楽しみにしてるよ

461:杏:2015/01/12(月) 23:14 ID:9G.

わかるそれ




花火ありがとう(色々と)

462:あやだい:2015/01/12(月) 23:15 ID:epA

私も落ちる布団でやってるから、、、

463:杏:2015/01/12(月) 23:16 ID:9G.

杏も眠いからおちままーす

464:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/12(月) 23:27 ID:x7U

続きです

第2章

今日はエルザが居ない

そう、最恐で最強の風紀委員エルザ・スカーレットは休みだった

この学校の不良どもにとっては絶好の中抜け日和

「ドラグニルぅぅぅ!!!」

エルザが居ないことで教師たちの怒鳴り声もいつもの倍だった

「おい!!待て!!ドラグニル!!」

「待つかよ!!!勉強なんかクソ食らえだ
!!」

そう言いナツが窓から飛び降りようとしたその瞬間

「フルバスター!!」

校内でテストの成績が3位に入る程の優等生

グレイ・フルバスター

「おしっ!!ナツ!!!来いよ!!!」

と手招きをするが、キュッと閉まった口元が悪戯っ子のように緩んだのを合図にグレイは窓から飛び降りた

「悪ぃな、先生!!」

「ということで、さようなら!!!」

後を追うようにナツも飛び降りる

465:リト◆cY:2015/01/12(月) 23:52 ID:vus

なんだか久しぶりに来た気がするぜ…
皆小説書くの上手くて早いですね!
私も頑張らねば…

あ、リュオンsはじめまして!
一応プロフィール
・名前 リト(本名はふせますorz)
・年齢 12歳
・性別 果実(ふなっしーと同じですね)
・趣味 高速ヘッドバンキング

こんな変人ですがよろしくお願いします!><

466:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 06:41 ID:k1A

続きです

第3話

「おい!!フルバスターまで…!!」

教師は肩を落とすと諦めたように職員室に入っていく

その頃、ナツはグレイと別れ、学校の近く、病院前の公園に来ていた

「あ〜、勉強しなくていいのはいいんだけど、暇だ!!!」

そんな独り言を言いながらベンチに寝転がる

その時、強い風が吹いた

同時に鼻を掠める甘い香り

ナツが反射的に顔を上げると病院の窓から外を見ていた少女と目が合った

輝くブロンドヘア

大きい琥珀色の瞳

透き通るように白い肌

途端にナツの心臓はうるさくなる

少女はナツに気づくニコリと笑い、部屋の奥へ消えていった

467:あやだい:2015/01/13(火) 07:22 ID:epA

(´Д`)ハァ…学校やだー
眠くなる

468:あやだい:2015/01/13(火) 17:40 ID:epA

こんばんは
小説の続き


「なあ、裁縫っての教えてくれよ」

シーーーーーーーーン

「…っ…え?もっもう一度。
もっもう一度…いっ…言ってくれる?」

「ルーシィ耳わりーなー
裁縫を教えてくれって言ってるんだよ」


「ナッナツ、頭痛くなーい?
さっきどっかぶつけた?」


「なんともねー、
っていうか人の話信じろ」


「わっ分かった教えるわよ!!。」


o,+:。☆.*・+。翌日


「フーだいたいこれくらい覚えれば大丈夫
でしょ!もーナツのせいで、目の下にくま
が、出来ちゃたじゃない!!。」

「まっサンキュー」


「ドアからでてって!」


「じゃーなー」

「…フー、私も急ごー」

469:あやだい:2015/01/13(火) 17:42 ID:epA

みんなが、一番得意な、

470:あやだい:2015/01/13(火) 17:42 ID:epA

教科って何?

471:ミィーコ:2015/01/13(火) 17:53 ID:puc

今、部活終わった〜。

472:エネ◆eA:2015/01/13(火) 18:16 ID:FLQ

国語と社会!!
>>あやだい

お疲れ様〜^ ^
>>ミィーコ

473:リュオン:2015/01/13(火) 18:46 ID:UGQ

こんばんは。
わたしは国語だけだな…。
国語なら勉強しないで80点は取れるけど、
その代わり正反対の数学は勉強しても60点ぐらいしか取れない(涙)

474:リュオン:2015/01/13(火) 19:17 ID:UGQ

七話
ーcompensationー
ナツ達が出発した日、空は暗い雲に覆われていた。

ナツ
「…ルーシィ、待ってろよ。ぜってー助けるからな!」

ナツはマフラーを首に巻き、ギルドの外へ出た。

マカロフ
「出発じゃ!!」

マカロフの声で妖精の尻尾は動き出した…。


カイド
「わが主よ。御待ちしておりました。」

カイドはルーシィに頭を垂れる。

ルーシィは自分に何が起こっているか今一つ分からなかった。

ルーシィ
「どういうこと…?訳が分からないわ…。」

カイド
「あなたはもう、こちらの世界の人間です。この世界と繋がる存在なのです。」

カイドはそう言って立ち上がった。カイドの瞳は血の朱色だった。

カイド
「あなたを見捨てた、愚かで、弱いギルドにもう縁はないはずです。」

一言言う度にカイドはルーシィに近付いていく。

カイド
「あなたはこういう経験がある筈だ。
疎まれ、見捨てられ、孤独の殻に閉じ籠ることしか出来なかった幼いときに。
誰もあなたを必要としない。誰もあなたが大切だとは思わない。」

ルーシィを闇に侵食させるには十分すぎる言葉だった。

ルーシィ
「やめ…て。そんなこと…誰も、思ってない…。だって…妖精の尻尾だもん。
そんなこと…」

ルーシィはうずくまり、耳を塞いだ。

カイド
「なら何故あなたはここで一人で居るんですか。」

ルーシィ
「っ…!」

…聞こえてしまった。

ルーシィの心はズタズタだった。

それをチャンスと言わんばかりに闇はスルリと入り込む。

ルーシィは涙を流した。

ルーシィ
「……許さない。」

復讐の涙は地に落ち、黒い霧を作り出した。

ルーシィの瞳は赤く光り、髪は美しい光り輝く金髪から真っ黒な不気味な光を放つ黒髪に変わった。

黒い羽はルーシィの背よりも大きく力強かった。

…ルーシィの全てが闇に飲まれた瞬間だった。

カシャン…と星霊の鍵が地に落ち、鳴った。

カイド
「悪魔の主になるための代償…。それは、優しさや思いやりの心…。」

カイドは怪しげに笑った。

475:杏:2015/01/13(火) 19:17 ID:9G.

杏は、どれも苦手だから体育系だよ!

476:リュオン:2015/01/13(火) 19:18 ID:UGQ

ど、どうしよう…。ナツルー書くと必ずルーちゃんに酷いことが降りかかっちゃう。

477:リュオン:2015/01/13(火) 19:20 ID:UGQ

七話どうでしょうか…。
ナツの出番少ないですね。
男の口調は難しい…。
ナツルーまで先は遠い…。
なんか、いい案ないでしょうか…?

478:フェアリィ:2015/01/13(火) 19:22 ID:vn2

私は理数系は苦手なので文系です!


国語が一番得意かなー♪

あ、でも数学の図形は得意だよ!
この前の期末は80点越えだった☆

英語はスペリング(英単語)は超得意だよ☆

479:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 19:25 ID:k1A

あやだい様

国語、英語ですかね…

英語はノー勉で90ぐらいとれますけど…

数学はMYM(マジでヤバイマジで)です

480:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 19:28 ID:k1A

リュオン様

私はナツルー書こうとするとハッピーが消えますww

481:リュオン:2015/01/13(火) 19:45 ID:UGQ

私もです。ハッピー一回か二回しかしゃべってない(笑)
どうすれば全員かけるのか…。

482:リュオン:2015/01/13(火) 19:48 ID:UGQ

今日の夕飯は、ワカメとキュウリの酢の物
キャベツやらなんやらの炒めもの
ロールキャベツ
ご飯
ワカメと豆腐の味噌汁
そんな感じです。

483:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 19:58 ID:k1A

リュオン様

すごいです!!

食べに行きたい〜

484:リュオン:2015/01/13(火) 20:03 ID:UGQ

すっごい遠いよねー。会いたいなぁ

485:明葉:2015/01/13(火) 20:09 ID:kWE

どーも、、、はぁ

486:明葉:2015/01/13(火) 20:11 ID:kWE

あっ!多分、今日の夜ずっといると思います。さっき3時間ほど寝てましたから、、

487:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 20:16 ID:k1A

続きです

第5話

「病院の女の子!?」

翌日、オレは昨日見た少女が気になって、みんなに聞いてみた

「聞いたことないな」

「私は知らないぞ」

クラスメイトが次々と言うなか、一人だけ手をあげた子が居た

「私、知ってるよ!!ルーちゃんのことでしょ!?金髪の…」

そう言ったのはレビィ

「前、図書館に行ったとき知り合って、何回か会ってるんだよ!!」

「で、そいつの名前は!?」

オレは机をバンバン叩きながら叫ぶように言う

「ルーシィ。ルーシィ・ハートフィリア」

『ルーシィ』

オレはこの名前を一生忘れないと思う

もう一度、ルーシィに会いたい

今すぐ

「ありがとな!!レビィ!!!」

オレはそう言うと走って教室を出た

すぐ近くの窓から飛び降りる

オレの中抜け実行時間は昼休み

でも、今は2限だ

窓の近くはノーガード

ルーシィか…

どんな子なんだろう

自然と高鳴る心臓につられて足も軽くなる

この淡い気持ちは多分、恋

でも、はっきりするまではただの冒険心としておこう

オレはそう心に誓った

488:あやだい:2015/01/13(火) 20:38 ID:epA

花火》ナツの甘酸っぱい?恋ですねー
青春っていいですね〜

私は、理系なんですなんか、仲間外れに
なった気が、(ノ_<)

489:あやだい:2015/01/13(火) 20:42 ID:epA

私は英語が、うん。バイバイです

490:明葉:2015/01/13(火) 20:50 ID:kWE

早く続きを、続きをーー。

491:杏:2015/01/13(火) 21:03 ID:9G.

あやだいと同じ

492:ミィーコ:2015/01/13(火) 21:15 ID:puc

はぁ、明日学校やだな〜。学校、休みたい。

493:あやだい:2015/01/13(火) 21:15 ID:epA

杏))おー一緒か!嬉しい♥

494:あやだい:2015/01/13(火) 21:16 ID:epA

私もーなんか、精神的に疲れる
あそこは、

495:あやだい:2015/01/13(火) 21:19 ID:epA

でも、ココがなんか毎日みんな来てくれるから楽しいし、なんか私の休憩の場かなー(❁´ω`❁)

496:あやだい:2015/01/13(火) 21:23 ID:epA

リュオン))続きが楽しみ❤

497:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 21:26 ID:k1A

続きです

第6話

「ルーシィってここにいるか?」

ズカズカと病院に入ったナツは受付で聞く

「ルーシィ・ハートフィリア様ですか?今日は面会予定が入っていらっしゃらないんですけど…」

面会予定?

今までロクに勉強してこなかったナツは頭にクエスチョンマークを浮かべている

うーんとしばらく考えると、

「何でもいい。急用だ」

と言った

「は…はあ、ルーシィ様のお部屋は301です。」

何とか、部屋の場所を聞くことができたナツはルーシィの病室に向かった

305、303、302、301…あった!!

ナツは部屋を見つけるなりノックもせずに入っていった

「よぉ、ルーシィ」

ナツが入ってくるまで、本を読んでいたようだ

胸まで伸びたブロンドを揺らし顔をあげると、琥珀色の瞳を大きく見開いた

「昨日の…!?」

覚えていてくれた

その事実にナツの心は跳ね上がる

「暇だろ?遊びに来たんだ」

ケロッと言い放ったナツにルーシィは唖然としながらも微笑んだ

「ありがとう。でも…学校は?」

う"…

痛いトコを突かれ、ナツは固まった

その様子を見て、ルーシィはニヤリとする

「あらぁ?抜けてきたのね?」

「ごめんなさい…」

ルーシィのコロコロ変わる表情は、見ていて飽きないものだった

「いいのよ、別に。あたしだって不良を叱るほどできた人間じゃないし。ところであんた名前は?」

そういえば、名前も言わずに入ったのだった

しかし、逆に言えば、名前も知らない訪問者をルーシィは笑顔で招き入れたのだ

「ナツだ。ナツ・ドラグニル」

「あたしは…

ルーシィが言うより早くナツは言う

「ルーシィだろ?ルーシィ・ハートフィリア」

498:明葉:2015/01/13(火) 21:26 ID:kWE

家(店)の手伝い私の家、居酒屋なんだ

499:杏:2015/01/13(火) 21:30 ID:9G.

英語が…英語が…

終わってる………  (´▲`)

英語なんてこの世になければいいのだ

500:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 21:33 ID:k1A

杏))落ち着けっ!!

この世から英語がなくなった場合の私の合計点数を考えるんだ!!!

それだけはやめろ〜

501:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 21:34 ID:k1A

今、名字叫びそうになったわww

502:杏:2015/01/13(火) 21:34 ID:9G.

へー明葉の家って居酒屋なんだ!なんか意外勝手にハーフだからってすごいの想像してた

503:杏:2015/01/13(火) 21:39 ID:9G.

だって、でも杏が英語苦手なの花火も知ってるでしょ?

花火は、頭いいから英語があってもなくてもいいじゃんか!?

話変わるけど、ファイル新しくしたよ

504:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 21:42 ID:k1A

杏))いや〜、正直

私は英語に救われてる訳で…

英語がなかったら大事な95点がぁぁぁぁ!!

505:明葉:2015/01/13(火) 22:13 ID:kWE

ただいま!
やっと店の手伝い終わったよ。

506:明葉:2015/01/13(火) 22:16 ID:kWE

もうみんな寝たのかな?

507:杏:2015/01/13(火) 22:17 ID:9G.

寝てないよ

508:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 22:17 ID:k1A

明葉様

起きていますよ♪

509:明葉:2015/01/13(火) 22:25 ID:kWE

#あげはのコーナー#
暇だから

ハ「ナツー、ルーシィ」
ナ/ル「なんだ/なによ」
ハ「ナツとルーシィは付き合ってるでしょ?だから、、、」
ナ/ル「だから、、?」
ハ「キ,『できるかぁーー!!』」
あ「最近の子はいいね(^з^)」
ル「何をたくらんでるのかしら、、」

好評なら次回に続く
下手くそや〜うまいの【う】の字もない

510:明葉:2015/01/13(火) 22:27 ID:kWE

今、自分の心
<・・・下手くそ!・短い!・なんやこれ!>

511:リュオン:2015/01/13(火) 22:28 ID:UGQ

今日は寝たくないなぁ。
流石に受験生だから土日の勉強時間は16時間にも及ぶから平日は休みたい…。

512:リュオン:2015/01/13(火) 22:29 ID:UGQ

自分を追い込まないでっ!(;´д`)

513:明葉:2015/01/13(火) 22:31 ID:kWE

あっ!#あげはのコーナー#の時の
ハッピーが言った『キ』はキスしてです。一応書いておくよ

514:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 22:34 ID:k1A

続きです

第7話

「な、何であたしの名前知ってんの!?」

ルーシィは目を丸くして驚いている

まぁ、当然だろう

だって、二人は今日初めて話したのだから

「レビィから聞いた」

「へぇ〜レビィちゃんが…ってあんたレビィちゃんと知り合い!?」

ルーシィは納得したと思ったら、また目を丸くして驚く

本当に見ていて飽きないのだ

「ああ、同じクラスだ」

「ええ!?いいなぁ」

羨ましそうに目を細めるルーシィ

それから、二人はずっと話続けた

「それでな、その時エルザが…

「ルーシィ様?検診のお時間です」

病室の外から看護師の声が聞こえた

「お、こんな時間。オレ、もう帰るな〜」

「うん、ナツ。バイバイ」

この時間が終わるのを悲しむようにルーシィの顔は曇る

「ああ、また明日」

しかし、ナツのこの一言でルーシィの顔はパアァァと明るくなった

「うん!!!」

ルーシィの笑顔に背を向けオレは病室を出る

扉の前で待っていた看護師に会釈をし、ナツはその場を立ち去った

これだけ話しても、不思議だった

ルーシィはどこが悪いんだろう

一緒に笑っているときのルーシィは健康そのものだったのに…

515:あやだい:2015/01/13(火) 22:35 ID:epA

私英語勉強しなかったら、20点とか、取りそう(ó﹏ò。)

516:明葉:2015/01/13(火) 22:36 ID:kWE

確かにルーシィは、なんで病院にいるのだろうか、ムムム、、、

517:あやだい:2015/01/13(火) 22:37 ID:epA

ルーシィどこが悪いんだろー?
心臓?肝臓?肺?腎臓?

518:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 22:38 ID:k1A

明葉様

面白いですよ!!全然!!!

次回作期待します♪

リュオン様

確かに、ずっと勉強はキツいですね…

でも、睡眠はとって下さい!!

体を大事に!

リュオン様の小説が読めなくなったら困ります…

519:明葉:2015/01/13(火) 22:38 ID:kWE

ねぇ、あやだい!#あげはのコーナー#どうだった?悪いよね!悪すぎるよね!あぁ!なんであんなの書いたんだろう!

520:あやだい:2015/01/13(火) 22:40 ID:epA

うんっ
とっても面白い!!(๑`・ᴗ・´๑)

521:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 22:40 ID:k1A

ルーちゃんはどこが悪いんだろう?

ヤバイ…

自分でも分からないぜっ☆

522:あやだい:2015/01/13(火) 22:41 ID:epA

大丈夫私の小説なんより何十倍いい(∗•ω•∗)

523:あやだい:2015/01/13(火) 22:42 ID:epA

花火))おい!!
(ツッコミ)

524:明葉:2015/01/13(火) 22:42 ID:kWE

よかった(;▲;)
と言うことで次回作は書きます(明日)

525:あやだい:2015/01/13(火) 22:42 ID:epA

頑張って(๑`・ᴗ・´๑)

526:杏:2015/01/13(火) 22:44 ID:9G.

心臓が、ヤバイことにしとけ

527:明葉:2015/01/13(火) 22:47 ID:kWE

まぁ、ほとんどの病院からはじめまるストーリーが心臓が悪いからね。心臓が悪いことにしとけ(*・ω・*)

528:明葉:2015/01/13(火) 22:54 ID:kWE

眠いので寝ます。おやすみなさい
また明日♪(>ж<)

529:あやだい:2015/01/13(火) 22:58 ID:epA

続き

o,+:。☆.*・+。ギルド

「ねえミラ姉、これ!」

「リサーナどうしたの?」

「うんっナツに直して貰ったの!」

「そう良かったわね」

ガラッ
「こんにちは!」

「いらっしゃいルーシィ」
「こんにちはミラさん」

「ねぇルーシィ見て、」
「なに?リサーナ?
わあっ、可愛い刺繍どうしたの?」
「うんっナツに付けて貰ったんだー」

ズキッ

(えっなんで?………もしかして私に刺繍や、裁縫を教えてくれよっていったのは、……のため?)

(でも、なんでわたしこんなズキズキしてるのかな?)


もしかして……でっでも
そんなはずは、でもそれかもしれない
いや、確実にそれだ


私……ナツの事が…………

530:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 23:10 ID:k1A

はぁ〜 長編疲れました〜

息抜きに短編

ナツルーほのぼの、グレイ目線です

ギルドで紅茶を飲んでいたルーシィはナツに目を塞がれた

「きゃっ…!!」

「だぁ〜れだ!!!」

あーあ、分かるっての!!!

こんなことするヤツうちのギルドには一人しかいねぇだろーが

「やるとしても、せめてルーシィじゃないヤツにすればよかったのに…なぁ、ロキ」

オレは隣にいるロキに話しかけた

だって、ルーシィはこのギルドのメンバーで比較的頭が切れるし、どうせやるならもっと騙されやすそうなヤツ…エルザとか…

ロキは軽く笑うと、オレの心を読んだかのように言った

「でも、僕はボコボコにされたナツを見たくないなぁ。だって、もしエルザにやったら…」

「だぁーれ…「何奴!?」

「グハッ!!!」

あぁ、容易に想像できる…

「だぁ〜れだ!!!」

「う〜ん、グレイ?」

マジか!?明らかにナツじゃねぇか?

オレとナツは体温もかなり違うし間違えるはずが…って、

ルーシィの口元を見ると、笑ってる!?

なんだ…コイツ

わざとか…

「違うぞ!!!」

「え〜、じゃあガジル?」

「違ェよ」

いつまでたっても、答えを当てられないルーシィにナツは苛立ち始める

「エルフマ…っ!!ふぐっ…!!」

次の答えを言おうとしたルーシィの口はナツの口によって塞がれた

「んっ!!ちょ…止めてよ!!ナツぅ」

「分かってんじゃねぇか!!」

「当たり前でしよ?」

end

531:あやだい:2015/01/13(火) 23:11 ID:epA

続き

「あっミラさん私この仕事行ってきます!」

「はい分かったわ」

「ありがとうございます」

ルーシィが出発してから、十分後
「おーいナツ行くよ」
「おー」

「ミラー、リサーナと、買い物に行ってくる」
「行ってらっしゃい」


その頃ルーシィは、



続く!

532:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 23:13 ID:k1A

心臓かぁ

どーしようかな…

533:あやだい:2015/01/13(火) 23:14 ID:epA

花火))短文面白い!!ヽ(。・ω・。)ノ

534:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 23:14 ID:k1A

眠い…

寝よう…

おやすみ〜

535:あやだい:2015/01/13(火) 23:15 ID:epA

私も落ちるばーい←意味不明

536:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/13(火) 23:15 ID:k1A

あやだい様

ありがとうございます!!

何かあんな手抜きですみません…

537:あやだい:2015/01/13(火) 23:16 ID:epA

いえ本当に面白かったから!(❁´ω`❁)

538:杏:2015/01/13(火) 23:16 ID:9G.

杏寝るね

539:あやだい:2015/01/13(火) 23:20 ID:epA

杏))おやー(おやすみを略しました)

540:蜜柑:2015/01/13(火) 23:27 ID:OBg

リュオンs初めまして!
蜜柑です!!
涙シリーズ見ました!!
前から知ってたけど、此処に繰るとは…
驚きました!!
3DSでやっています!
プロフ↓↓

名前 蜜柑
本名 みさと
12歳 11月22日

好きなアニメ↓↓
・甘城ブリリアントパーク
・境界の彼方
・ソードアートオンライン
・フェアリーテイル
・魔法科高校の劣等生
・NARUTO
・物語シリーズ
他…
もっとあります!!
特に深夜アニメが多い!
皆さんも知ってますよ!

541:リュオン:2015/01/13(火) 23:29 ID:UGQ

八話
ーavengerー
ナツ達は崖で立ち止まった。

グレイ
「なんだ…?これ…。」

ナツ達が見たのは…

崖から立ち上る黒い靄だった。

その靄はナツ達の頭上を通り越し、空を黒く染めていった。

ナツ
「…ルーシィの匂いだ。」

ナツは鼻をひくつかせる。

と、その時靄の中から何かが空を裂いて出てきた。


「「「ルーシィ!!!」」」

ナツ達が見たのは今まで見たこともないルーシィの姿だったーー。

…ああ、ナツか。

ルーシィは冷たい目でナツを見た。

ルーシィ
「ナツ、元気にしてた?」

ルーシィはナツの前に降り立ち言った。

その後ろにはカイドもいる。

ナツ
「お、おう…。ルーシィどうしたんだ?その目とか髪とか。」

ナツはルーシィの何とも言えない圧力に押されていた。

カイド
「君には関係ないだろう?…ナツ・ドラグニル。」

カイドはルーシィの前に出て言った。

ルーシィはクスリ…と笑った。

その笑いはだんだん大きくなる。

ルーシィ
「あぁ可笑しい。カイド、ちょっと退いてもらえる?」

ルーシィは口に手を当て笑いを堪えていた。

カイドは一歩脇に避け、ナツとルーシィは向き合う形になった。

ルーシィ
「ナツ…。私ね、ギルドには戻らないわ。」

ナツ
「んなっ?何でだよ…。帰ろう。疲れてるんだろ?」

ルーシィ
「いや、だから帰らないよ。さっきからいってんじゃん。ナツ…あなたは私の……」

ルーシィは一息おいてこう言った。

ルーシィ
「『復讐者』だからね。」

ルーシィは拳を作った。

ルーシィの足元からはどす黒い殺気が漏れている。

その気は妖精の尻尾の仲間たちにまで届いた。

ルーシィ
「私はもう妖精の尻尾の一員ではないわ。
妖精の尻尾は…私を否定するところ。
だからすべて無くす。何もなければ私は私でいられる。」

そう言ってルーシィはナツの顔面に片手を向けた。

ナツ
「ルーシィ何言って…っ?!」

ナツは最後まで言う前に岩に激突していた。

ルーシィはナツに向かって失われた幻の魔法、

『ロストマジック ファーレン・エンジェル』

を放っていた。

誰もが呆然としただろう。

ナツが身構えることも出来ずに吹き飛んだのだ。

ルーシィには……

仲間を殺すことに躊躇がなかった。

ルーシィ
「全てを滅ぼす…。私はそうしたいだけ。」

ルーシィは風に靡く黒髪をみて言った。

ルーシィ
「私は…闇の支配者だから。」

542:リュオン:2015/01/13(火) 23:35 ID:UGQ

おお蜜柑さん!!
私、蜜柑さんがあげた好きなアニメ全ておなじく好きです!!
やったー!!!境界の彼方好きな人がいたー!!
やっぱ深夜アニメはいいですよねー!!

私、不愉快じゃないです。

栗山未来ちゃん大好きです!!

543:リュオン:2015/01/13(火) 23:40 ID:UGQ

映画の『境界の彼方 I'll be here』めちゃくちゃ楽しみです!!!
私の学校の社会の先生なんか過去編と未来編の前売り券を3枚ずつ買ったとか言ってて、
不愉快です!!!
ずるいよー。受験生終わったら高校生で料金高くなっちゃうのに!!!
今、落書きで栗山未来ちゃん書いてます!!もしかしたらぴクシブで投稿する……かも?しれません。

544:リュオン:2015/01/13(火) 23:41 ID:UGQ

今日はもうおちますー。明日の朝見るので書き込み楽しみにしてます(笑)

545:リト◆cY:2015/01/14(水) 07:37 ID:5x2

おはようございます!
最近学校が楽しくて…(笑)
でも行くまで行く気にならないんだよな…

546:杏:2015/01/14(水) 07:37 ID:9G.

おはよう♪

誰も書き込みしないの?

547:杏:2015/01/14(水) 07:38 ID:9G.

リトわかるよその気持ち

548:杏:2015/01/14(水) 07:47 ID:9G.

もうすぐ友達と約束している時間になるからおりま〜す

バイバ〜イ♭

549:リュオン:2015/01/14(水) 07:57 ID:UGQ

皆はやいねー。
私学校まで五分だからいつもも遅いんだ。

550:エネ◆eA:2015/01/14(水) 16:43 ID:sFE

私なんていつも家でるの七時半だべ…

551:あやだい:2015/01/14(水) 16:53 ID:epA

私も七時半

552:あやだい:2015/01/14(水) 16:53 ID:epA

二度寝するからね

553:あやだい:2015/01/14(水) 16:57 ID:epA

塾行ってくる

554:明葉:2015/01/14(水) 17:11 ID:kWE

ヤッホー!

555:クゥ:2015/01/14(水) 17:24 ID:1..

いいな〜七時半。
あたし七時十五分だよ(;_;)

556:杏:2015/01/14(水) 17:54 ID:9G.

みんな早いね家出るの杏は、 7時50分

557:明葉:2015/01/14(水) 18:10 ID:kWE

早く、早く小説の続きを!ルーシィはどうなるの?!

558:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/14(水) 18:22 ID:k1A

小説書きます

続きです

第9話

あれから、オレは毎日病院に通った

でも、それは突然起こったんだ

「ねぇ、ナツ。もう病院に来なくていいよ」

その言葉にオレは絶句する

「何で?…」

オレが言うと、ルーシィは最初に会ったときのように微笑んだ

「だって、ナツも毎日来るの大変でしょ?」

「でも…」

「来ないで!!!って言ってんの!!!!」

ショックだったのかムカついたのか分からないけど、オレのカッなる

「っ…!!!じゃあいいよ!!!もう二度と来ない」

そう言ってオレは病室を出た



あーあ、あんなので良かったのかな

ナツが出ていき、静かになった病室であたしは独り、考えていた

あたし、間違ってないよね?

あたしはナツが幸せならそれでいいから…



あの日から、ナツの中抜けはぱったりとなくなった

「あーあー、つまんね」

そう言いながら、ナツはちゃんと、6限まで授業を受けて帰っていく

そんな日々が当たり前となっていった

559:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/14(水) 18:24 ID:k1A

訂正します

オレのカッとなるではなくオレはカッとなるです

560:フェアリィ:2015/01/14(水) 19:05 ID:vn2

最近レスが速いよねw

ちょい留守な間にめちゃ投下されてて追い付かんww

561:エネ◆eA:2015/01/14(水) 19:27 ID:sFE

それなwwww
>>フェアリィ

562:クゥ:2015/01/14(水) 19:34 ID:1..

フェアリィ、エネ
うん、それわかるwww

563:ミィーコ:2015/01/14(水) 20:34 ID:qPI

今、おばぁさんの命日に参加していまーす。

564:杏:2015/01/14(水) 20:47 ID:9G.

えぇーー

そんなときに、SDSしててもいいの?

565:ミィーコ:2015/01/14(水) 20:58 ID:qPI

私、3DSじゃなくて、iPad。

566:あやだい:2015/01/14(水) 21:01 ID:epA

確かに、まだ、レス作ってからまだ
18日しか経ってないのに、もう、550こえる
スピードだからね!(๑`・ᴗ・´๑)

567:杏:2015/01/14(水) 21:05 ID:9G.

ごめんなさいミィーコ

568:リト◆cY:2015/01/14(水) 21:10 ID:vus

今までの続き書くの面倒になったのでリセットします☆((
なんか鬱ぽいの書きたくなったので衝動書きしてきます…
書き終わったらあげますね〜
誰も期待してないなんて言わないで!
自給自足だから!

569:杏:2015/01/14(水) 21:22 ID:9G.

杏も書いて見よっかな〜小説。

あっ!!でも作文を書いたりするのちょー苦手だし国語も苦手だからなー (×з×)

570:コウ:2015/01/14(水) 21:36 ID:zg.

フェアリイ
同感ww
正直びびったww

久しぶり!

571:あやだい:2015/01/14(水) 21:38 ID:epA

杏))頑張って!!応援してる!!

572:エネ◆eA:2015/01/14(水) 21:59 ID:sFE

コウ!!久しぶり!!

573:あやだい:2015/01/14(水) 22:18 ID:epA

続き


その頃のルーシィ

「うーん今日の仕事は、
(お屋敷の掃除を手伝って!!報酬10万J)
まあ、報酬もそこそこだからさっさと終わらせよー」




2時間後o,+:。☆.*・+。


可愛らしいカフェに寄り道したルーシィ


「ふーこうやって仕事帰りに、カフェに
よるのも、落ち着くわ〜」

「あっねぇ、ほっぺたに、クリームついてる」

「あれ?カップルかなー?」

「おっありがとうな、リサーナ」

「えっどうしてここに二人が、」

574:あやだい:2015/01/14(水) 22:23 ID:epA

コウ))初めてかもしれないので、自己紹介
を…
はい!あやだいと申します
小六で、フェアリーテイルと、カゲロウデイズと、七つの大罪が、大好きな、人間ですよろしくお願いします!!

リト))小説楽しみにしてるよ!

575:杏:2015/01/14(水) 22:29 ID:9G.

あやだい小説ってどんな感じのを書けばいいの?

576:杏:2015/01/14(水) 22:35 ID:9G.

ね・・・眠い

杏寝ます バーイ

577:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/14(水) 22:36 ID:k1A

もう学パロ疲れて来ました…

皆様から見て、つまらなかったら止めようかな…

杏))小説書くの!?

頑張れ〜

578:杏:2015/01/14(水) 22:37 ID:9G.

花火今週の土曜日空いてる?

空いていたら買い物に付き合ってよ

579:リュオン:2015/01/14(水) 22:42 ID:UGQ

遅くなりました…。
皆登校早いんだね。
私8時10分に家出てる(笑)

580:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/14(水) 22:42 ID:k1A

良いよ〜

何買うの?

581:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/14(水) 22:43 ID:k1A

杏))

ちょい待った

テニスあるかも

582:杏:2015/01/14(水) 22:44 ID:9G.

バレンタイン用のラッピングペーパーとカップケーキ用のカップ

583:蜜柑:2015/01/14(水) 22:46 ID:OBg

リュオンs私が作ったスレに来てください!!
深夜アニメについて…
と言うのに来てください!!!

584:リュオン:2015/01/14(水) 22:52 ID:UGQ

コウさんへ
はじめまして。リュオンです。
この名前の由来は……私の黒歴史の中で構成されたものです。
女です。
大雑把な性格です。
ピクシブでは『Lucy』として活動しています。
ピクシブをやっている人は腐女子が多いと言う噂がありますが、断じて違います。
というか『腐女子』の意味がよく分からないんですが……(笑)
大好きなアニメは深夜アニメなどなどです。
境界の彼方、甘城ブリリアントパーク、寄生獣、暗殺教室、黒子のバスケ、ハイキュー、七つの大罪、など。
言ってくださればその他にも知っているアニメは有ると思います。
特に、エヴァが好きです。
よろしくお願いします。
恋愛については……言っていいのか分からないので、知りたかったら聞いてほしいです。
特にヤバッとは思われない…はず。

585:リュオン:2015/01/14(水) 22:53 ID:UGQ

蜜柑へ
行ってみまーす。

586:杏:2015/01/14(水) 22:57 ID:9G.

リュオン杏もエヴァ好きだよ

587:リュオン:2015/01/14(水) 22:58 ID:UGQ

杏さんは本命にチョコを渡すのかな…?
ごめんなさい。気になってしまって…。

588:リュオン:2015/01/14(水) 23:00 ID:UGQ

エヴァ好きがすぐそばにいた!!!
なんたる偶然!!
次の映画が今年の12月とか遅いー!って思ってた。(笑)

589:あやだい:2015/01/14(水) 23:00 ID:epA

花火))学パロ楽しみにしてるから、これからも、書いて!!(๑`・ᴗ・´๑)

杏))自由に書いてみて!!きっとみんな見守ってくれるはず!!ヽ(。・ω・。)ノ

590:杏:2015/01/14(水) 23:03 ID:9G.

うーん

好きな人ちょと禁断(みんなが言うには)だし、その人好きな人がいるからあきらめようかな〜て思っているでも気持ちだけでも伝えたいような感じ

591:杏:2015/01/14(水) 23:05 ID:9G.

リュオン!?

エヴァ映画やるのーーーー!!!!

592:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/14(水) 23:07 ID:k1A

リュオン様

私もエヴァ好きです!!!

何かこの間、お父さんがDVD全部借りてきて、ハマってしまいました

杏))そーだよー

バレンタインだ!!

22人(このくらい?)は拷問だよ〜

金欠への道が今はっきりと見えた…

593:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/14(水) 23:09 ID:k1A

あやだい様

ありがとうございます!!!

じゃあ、頑張ろっかな

594:杏:2015/01/14(水) 23:12 ID:9G.

今年のバレンタイン去年めよりもお金がかかりそう

595:杏:2015/01/14(水) 23:14 ID:9G.

花火、土曜日行けるの?

596:リト◆cY:2015/01/14(水) 23:18 ID:vus

「愛迷エレジー 1」(鬱注意)



どうやら泣きすぎたみたい。
私の顔は目の下がパンパンに晴れていた。
鏡と向き合って笑顔を作るもどうにも上手く笑えない。


私は最近部屋に引きこもっている。

理由はナツが死んだからだ。

大切な人を亡くすっていうのは何回経験しても慣れなかった。

多分ナツが死んだのは私の『とある言葉』のせい。

私の脳みそもあきれていた。


布団に入り、毛布を被る。
すると案外すぐ眠れた。



真っ暗な空間。

少しだけ何かが光っていた。

足元を見るとくるぶしぐらいまで水に浸かっていた。

そして目の前には『私』がいた。

………夢か。
夢と自覚しているなんてめずらしい。

『ねえ』

目の前の私が話しかけてきた。

答える暇も与えずまた口を開いた。
『ナツはアナタのせいで死んだんだよ?』


これは夢だ。分かっているのに驚いてしまう。


『自分なんて死んじゃえばいいのにねぇ?』

相手は何がおかしいのか、クスリと笑った。

そりゃ、私のせいでナツは死んだけど。
ここで死んだらナツが悲しむんじゃないかって思うんだ。
かと言って、今まで通りには生きられる訳じゃないけど。

だけど怖いんだ。
もしナツがそんなことを思ってなかったら?
『お前も死ね』って言ってたら?
確かめようがないから分からないけど。

『ふふ…確かめてみる?』

そう言うと目の前の私は消えた。

するといつの間にか私は水中にいた。
夢なのに少しだけ息苦しかった。

溺れるんじゃないか、って少し心配だ。

どうにか目を開けて正面を見る。

「!」
かなり遠くだがナツの背中が見えた。


あそこに行きたい!



そう思っても私の体は沈んでいくだけだった。

597:杏:2015/01/14(水) 23:18 ID:9G.

おーい

誰か答えて

598:リュオン:2015/01/14(水) 23:20 ID:UGQ

エヴァ好き増えた!!!
スゴいなエヴァは…。
映画あるよー。
シン・エヴァンゲリヲン:‖
だと思う。

599:杏:2015/01/14(水) 23:21 ID:9G.

リトすっごく面白いよ♪

早く続きが気になる

600:リュオン:2015/01/14(水) 23:21 ID:UGQ

答えたぜ

601:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/14(水) 23:21 ID:k1A

杏))ごめん…テニスあった

でもちょっとならいける

部活午前?

602:リト◆cY:2015/01/14(水) 23:23 ID:vus

ふー…どうにか第1話書き終えたぜー…
1回データ飛んで絶望したけど…

気分的には0.5話だと思っていただければ…と
ちなみに「愛迷エレジー」という曲をモチーフに作りました
暇があれば聞いてみてください!

603:リュオン:2015/01/14(水) 23:23 ID:UGQ

やっぱ、ルーシィ視点とかルーシィに悲劇ってのが多いよね(笑)
そうすると小説書きやすいよね。
私、いつもそうしてる。
ごめんよ、ルーシィ。

604:杏:2015/01/14(水) 23:23 ID:9G.

そうなんだ

パパやにいちゃんから進められて、見たらすっごく面白くてはまって、ファイルも持ってる

605:リュオン:2015/01/14(水) 23:24 ID:UGQ

ごめん、もう落ちr

606:杏:2015/01/14(水) 23:25 ID:9G.

花火午前だよ

あとリュオン答えてくれてありがとう

607:杏:2015/01/14(水) 23:32 ID:9G.

ヤバイ

腹痛と吐き気におそわれてるでも今は少し楽

608:杏:2015/01/14(水) 23:33 ID:9G.

もう寝る  バーイ

609:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/14(水) 23:40 ID:k1A

続きです

第10話

オレが病院に行かなくなってから一ヶ月

4限が終わって、今は昼休み

「よっしゃ!!飯だ飯!!!」

オレはグレイやエルフマンたちと昼飯を食い、机に突っ伏した

外から吹き込んでくる春風と暖かな日差しで自然と瞼は閉じて行く

「ナツーーーー!!!!」

もう少しで寝そうだったとき、誰かに大声で名前を呼ばれた

息を切らして走ってきたのはレビィ

「ハァ…ナツ、大変だよ…ルーちゃんの容体が急変した」

え?

嘘だろ?

「今、携帯に連絡があって…うわ言でずっと、ナツの名前呼んでるんだって先生には私が言っておくから、早くいってあげて」

オレは無言で頷くと、病院へ向かった

「ルーシィ!!!!!!」

301

病室の扉を凄い勢いで開ける

ベッドに横たわったルーシィは…



息をしてなかった

「ナツ・ドラグニルさんですか?」

「ああ」

「ルーシィ様からです」

渡されたのは白い紙切れ

そこにはルーシィの字でこう書いてあった

610:フェアリィ:2015/01/14(水) 23:44 ID:vn2

眠い…今お風呂上がったよw


コウ久しぶりー!


ね、ホント速いよねレスww

611:リュオン:2015/01/15(木) 06:51 ID:UGQ

おはよー。五時起床はきついね。アニメ見てた。
ナツ…間に合わなかった。
花火…この後どーなるのか気になるっ!

612:杏:2015/01/15(木) 07:15 ID:9G.

杏も気になるよ〜!

早く見たい

613:あやだい:2015/01/15(木) 15:02 ID:epA

花火))ルーシィ死んじゃった(ó﹏ò。)

614:エネ◆eA:2015/01/15(木) 16:30 ID:rOs

>>リト
愛迷エレジー知ってる!!私も好きなんだよね〜もっと詳しく言えば、
「モザイクロール」「弱虫モンブラン」「愛迷エレジー」の三曲が好き!!

615:あやだい:2015/01/15(木) 16:39 ID:epA

リト、エネ))私も知ってる!!

616:ミィーコ:2015/01/15(木) 17:44 ID:puc

今、部活終わった〜。

花火さん))ルーシィが、死んだ・・・

617:リュオン:2015/01/15(木) 17:56 ID:UGQ

モザイクロール知ってる(笑)
学校のダンスの授業で踊った(笑)

618:杏:2015/01/15(木) 19:14 ID:9G.

今、部活終わったよ

モザイクロールって何

619:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/15(木) 19:22 ID:k1A

エネ様

「弱虫モンブラン」

私も好きです!!!

620:エネ◆eA:2015/01/15(木) 20:19 ID:rOs

>>リュオン
マジ!?良いなー!!羨ましッ!

>>杏
ボカロの曲の一つだよ。

>>花火
おぉ!!同志だね!!良いよね〜すごい良い曲!!
GUMIの声もあってるしね!!

621:杏:2015/01/15(木) 20:21 ID:9G.

へぇー

ボカロの一つなんだ

622:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/15(木) 20:27 ID:k1A

エネ様

「愛したけど重いわ」と「愛したのは誰だっけ?」というフレーズが好きです

623:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/15(木) 21:00 ID:k1A

今日は更新少ないですね…

624:あやだい:2015/01/15(木) 21:01 ID:epA

私三曲のうち弱虫モンブランが好き!!
花火》私もそこ好きだよー

625:コウ:2015/01/15(木) 21:02 ID:J3.

エネ
おうw
めっちゃ久しぶり!ww

あやだい
初めまして!w
んーと…中2の男w
あとなんか質問あったら言ってww
呼びためおk!

626:コウ:2015/01/15(木) 21:05 ID:J3.

リュオン
おうw
初めまして?w
中2の男w

恋愛かw
興味あるとも言えるしないかもしれないww←

フェアリィ
久しぶり!
それなw
新人さん、めっちゃ増えてるしww

627:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/15(木) 21:19 ID:k1A

みんな!!私は敬語を卒業するよ!!!

理由は今書いてるオリジナル小説が完結したから

主人公が敬語なんだよね

敬語って難しくてここで練習させてもらってただけだから…

ってことでこれからタメでよろしく♪

628:杏:2015/01/15(木) 21:23 ID:9G.

花火土曜日行けるの?行けないの?

629:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/15(木) 21:24 ID:k1A

杏))ごめん!!行けないわ〜

塾あるし…

630:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/15(木) 21:26 ID:k1A

明日、フェアリーテイルマガジンと47巻発売なのにクラブと塾…

泣きそう…

631:あやだい:2015/01/15(木) 21:57 ID:epA

花火))お疲れ様ー

632:あやだい:2015/01/15(木) 21:57 ID:epA

私も塾だー(ó﹏ò。)

633:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/15(木) 22:00 ID:k1A

あやだい))がんばれ!!!

あやだいは受験が終わったらenjoyだね♪

634:リュオン:2015/01/15(木) 22:06 ID:UGQ

がんばれっ!私は買う予定だよ。
全巻を2日で集めた(笑)
ケータイのホームルーシィだし(笑)

コウさん
よろしくお願いします?
部活は何か入っている?

私は中三なんで卒部しましたが、バドでした(笑)

635:コウ:2015/01/15(木) 22:09 ID:J3.

リュオン
よろしく♪
部活は野球部に入ってるよw

バドかw
今、体育でやってるw
おもしろいよな!w

あやだい
頑張れw
俺はもう終わったけどw

636:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/15(木) 22:12 ID:k1A

リュオン))いいなぁ

塾終わってから買いに行きたいけど…

あぁ…バイクでとばしたりしたい…

私は携帯のホームメイビスだよ!!

637:明葉:2015/01/15(木) 22:12 ID:kWE

!!チース!!チョリース!!デリィーシャス!!

638:明葉:2015/01/15(木) 22:17 ID:kWE

早く小説の続きが読みたい(*; ~ *)

639:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/15(木) 22:18 ID:k1A

コウさん))もしかして、はじめまして…ですかね?

分からないので一応

中1の花火です!!

本名はハイキューの主人公の名字と同じです

好きな漫画は、FAIRYTAIL、ONEPIECE、マギ、名探偵コナンなどです

下手くそな小説バンバン投下しますが、暖かい目で見守って下さい

タメOKですので、よろしくお願いします♪

640:あやだい:2015/01/15(木) 22:20 ID:epA

花火))うんああっエンジョイ!!待っていて

私ロックは、マリーで、ホームルーシィ

641:あやだい:2015/01/15(木) 22:23 ID:epA

私塾帰りに買おうかなでも、遅いし…
(´Д`)ハァ…(ó﹏ò。)

642:リト◆cY:2015/01/15(木) 22:23 ID:5x2

>>花火、エネ
おぉ!仲間がいた!(´∀`*)
私はモザイクロールが好きかな〜
あ、ちょっと違うけど罪と罰も好き!

小説はもうガンガン鬱にしていくから!

643:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/15(木) 22:25 ID:k1A

ルーちゃん殺しちゃった…

どうしよう

644:あやだい:2015/01/15(木) 22:30 ID:epA

ナツならルーシィの分もすべて俺が生きるとか言いそう

645:あやだい:2015/01/15(木) 22:33 ID:epA

ていうか、言って欲しい

646:あやだい:2015/01/15(木) 22:34 ID:epA

じゃ、そろそろ落ちるねー

647:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/15(木) 22:37 ID:k1A

続きです

第11話

『ナツへ

この手紙を読んでるってことは来ちゃったんだね…

ナツを病院から遠ざけたくてあんな言い方したのに…

実はね、あのときすでにあたしの命は、あたしの生きられる時間は後僅かだったの

ナツに迷惑をかけたくなくてあんな別れ方になっちゃった

ごめんね

ナツ、大好きよ

          ルーシィ』

とどめなく溢れる涙

オレがルーシィに最後に言ったこと

「じゃあ、いいよ!!!!もう二度と来ないからな」

クソッ、最低だ

オレ…

「ごめん…ルーシィ…ごめん」

バラバラに砕け散る心

踏みにじられた思い出

崩れゆく理性

オレはオレ自身が壊れていくのを感じた

「ルー…シィ…」

648:蜜柑:2015/01/15(木) 22:47 ID:OBg

ボカロか…
じん、ハニワとか梅とらしか知らない… でも曲は知ってる…

649:あやだい:2015/01/15(木) 23:13 ID:epA

うるうるうるうるうるうるうるうる(ó﹏ò。)

650:杏:2015/01/16(金) 00:16 ID:9G.

杏寝ます

651:フェアリィ:2015/01/16(金) 06:37 ID:vn2

花火、『とどめなく』より涙の場合は『とめどなく』の方が適してるよ!

ごめんね、変なトコ気にしちゃって((汗

652:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 06:53 ID:k1A

フェアリィ

ありがと!

了解です♪

653:エネ◆eA:2015/01/16(金) 14:24 ID:rOs

>>花火
ああ!!解る!!すごく良いよね!どこのフレーズも好きだけど私は、
「ありったけの思いは これだけの言葉に 愛したけど重いわ それだけのことなの?」って
ところが好き!

>>コウ
ほんとに久しぶりだねー、忙しかったの??

654:如月綾乃:2015/01/16(金) 15:47 ID:URg

こんにちは
ここにはあまりこれませんがよろしくお願いします

655:あやだい:2015/01/16(金) 17:48 ID:epA

綾乃さんタメ語OKですか?
よろしく
あやだいです!!
(´Д`)ハァ…48巻読みたい(๑´• ₃ •̀๑)

656:あやだい:2015/01/16(金) 17:48 ID:epA

綾乃さんカゲプロ知ってますか?

657:フェアリィ:2015/01/16(金) 19:32 ID:vn2

最近、すごく眠い…。

17時になるとスイッチ切れる…



そんなことほざきながら投下





※学パロ






ジュビア「…知ってますかルーシィ」

ルーシィ「? 何?」




あたしとジュビアは昼休み、屋上でお弁当を食べていた。




ジュビア「…一番長続きする恋は、片想いなんです」

ルーシィ「…ど、どうしたの急に」








ジュビアは薄暗いオーラを纏い、たまご焼きを口に入れた。






ジュビア「…ジュビア、そのことが頭から離れなくて…。
グレイ様に想いを伝えるべきか伝えず片想いを続けるべきか迷ってて…。」

ルーシィ「あぁ……」








ジュビアは恋をしている。




同じクラスのグレイ。






あたしとジュビア、そしてグレイは同じクラス。



ーーーーーーーーーーーー



そしてついでに言うと、ナツも同じクラス。



あたしとナツとグレイは小さい頃から一緒の幼馴染み。


ジュビアとはこの高校で出会ってからいろいろあって仲よくなった。




あたしがグレイ(てかまあナツもいたけど)と一緒にいることが多かったから恋敵?だと勘違いされてたみたいなの。




幼馴染みなことと、そういう気が全然全く無いことを伝えて、ジュビアの勘違いは解いた。



それでまぁ、ジュビアの恋を応援することになった。



あたしが手を出すまでもないと思うけど。



隙あるごとにグレイのとこ行くし、何よりジュビアは積極的だ。


あたしの出る幕はない。


…けど、応援すると言った以上、最後まで応援してあげなくちゃ!!!




続くよ

658:コウ:2015/01/16(金) 19:45 ID:woE

花火
初めまして♪
中2のコウですw

前から見てるけど、小説全然下手じゃないじゃんww
上手いと思う!

エネ
あー、ちょっとなw
部活とかー
部活とかー
部活とかー←

659:ミィーコ:2015/01/16(金) 20:15 ID:puc

今日、学校の授業中、寝てもうた〜!
明日は、試合があるから、緊張する。

660:コウ:2015/01/16(金) 20:27 ID:woE

ミィーコ
大丈夫だって、それくらいww←常習犯
マジかw
がんばw

661:あやだい:2015/01/16(金) 21:18 ID:epA

(´Д`)ハァ…緊張する!!かんばらないと

662:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 21:33 ID:k1A

フェアリーテイル47巻無事ゲット♪

夜9時のTSUTAYA超怖かった…

てか、内容がヤバイ!!!!!

ネタバレかも…

ガジレビの**が!!!!

663:杏:2015/01/16(金) 22:05 ID:9G.

花火、夜九時にTSUTAYAいったの

その20分前に杏行ったよ♪

664:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 22:28 ID:k1A

杏))そうなの〜?

てか、死ぬほどブックカバー貰ったww

665:リュオン:2015/01/16(金) 22:28 ID:UGQ

(笑)私、23時に買った。
レジの人に高校生ですか?って聞かれてビビったけど
平然とはい、そうですが。
って答えた(笑)

授業中眠いよねー。
ってか寝てる。
理科の時間クラスの半分が寝てる。
誰も話聞いてない…(笑)

666:リュオン:2015/01/16(金) 22:29 ID:UGQ

ああ今の私の精神状態が…ヤバすぎる。
ど、どうしよう…。
ヘルプミー!!

667:リュオン:2015/01/16(金) 22:30 ID:UGQ

↑はえ、と…まぁどう言えばいいんだろう(涙)

668:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 22:31 ID:k1A

リュオン

どうした!?

今、助けに行く!!!

669:リュオン:2015/01/16(金) 22:32 ID:UGQ

一言で言えば…片想いされてる?ってきなこと。
フるにはどうすれば…

670:リュオン:2015/01/16(金) 22:33 ID:UGQ

いいお断りの仕方が分からないんです。(涙)

671:リュオン:2015/01/16(金) 22:36 ID:UGQ

皆の意見を…。
アドバイスが欲しい!!
男フるなんて、
何て言えば相手が傷つかないか気にしてたらこの状態に…。

672:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 22:39 ID:k1A

続きです

第12話

「ルー…シィ…」

崩れゆくオレ自身

完全に光を失った瞳

苦しそうな顔で眠るルーシィ

オレの意識はそこで途切れた


「おい、ナツ。いつまで寝ているんだ」

エルザの声?

「ルー…シィ…」

そう呟いた瞬間にこぼれ落ちた涙

「夢…?」

そう、オレは夢を見てたんだ


_________________

うわあああ

まさかの夢オチ

ごめんなさい〜

そしてあやだい

「ルーシィの分まで生きる」は言わなかった

ごめん!!

あの時点でナツは死ぬことしか考えてなかったから…

そして短い!!!

本当に申し訳ございません

673:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 22:44 ID:k1A

リュオン

傷つけてもいい気もするけど…

それはちょっと…ってな感じなので

「ごめんね…気持ちは嬉しかった
ありがとう(超にっこり)」

とかじゃないですか?

私はすごい傷つけちゃったことがあって(最近)

申し訳なく思ってるからちゃんと考えたほうがいいかも…

674:リュオン:2015/01/16(金) 22:46 ID:UGQ

なるー。(なるほど。)
それ、三人に言うのかぁ…(笑)
気後れするなぁ

675:杏:2015/01/16(金) 22:49 ID:9G.

花火、どんだけブックカバーもらったん?

リュオン、役に立てるかどうかは、わからないけど、自分がふられるときにこの言葉なら傷つかないと思うふりかたをすればいいと思うよ♪
全然役に立ってなくてごめん

676:杏:2015/01/16(金) 22:51 ID:9G.

さっ3人から告白されたんだモテモテだね

677:リュオン:2015/01/16(金) 22:54 ID:UGQ

杏ありがとう。
うーん。複雑…。
男は何考えてるか分かんないから…どうしよう。
傷つけたら…私のせいだよな。
コウが見てくれてたら少しかアドバイスもらえると思ったけど
忙しいだろうし…。
皆のアドバイスを参考にしてみるね♪

678:リュオン:2015/01/16(金) 22:59 ID:UGQ

モテモテって言うのかなぁ。
妹に三股してんの?!とか言われて…
(あんただって二股してるでしょーが!って言い返したけど(笑))
答えを出さないでいたら勝手に彼女?になってて…。
元々私、男は苦手で…。
話してるぶんには良いけど距離が近いのは勘弁。許して。もうこれ以上近づかないで。
って思って逃げてる。
…男恐怖症?

679:リュオン:2015/01/16(金) 23:01 ID:UGQ

花火の超ニッコリ…いいかも。
スッキリして勝手に笑うかも!!

680:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 23:04 ID:k1A

さっき更新したけど流れがあるので早めに


夢…だった…

安心したのかオレの瞼は再び重くなる

眠りにつこうとした

その時だった

「ナツー!!!」

走ってきたのはレビィ

まさ…か…

そのまさかだった

「ルーちゃんの容体が急変した!!!先生には…

先生には私が言っておくからと言うレビィの台詞を遮り、オレは教室をとびだした

もっと速く

絶対に間に合わせるんだ

あの時より、もっと、もっと速く


301

オレは扉を勢いよく開けた

「ルーシィ!!!」

ベッドに横たわるルーシィは



生きていた

「間に合った…」

「ナ…ツ…?」

なんて弱々しい声

あ…れ?

ルーシィの腕こんなに細かったか?

ルーシィの顔こんなに白かったか?

ルーシィの笑い方こんなに力なかったか?

「ナツ?何で…来たの?」

「レビィが…

「ゲホッ、ゴホッ」

オレがそう言いかけた時、ルーシィは激しく咳き込み出した

近くに居た医者たちは顔を見合わせると頷いた

「今から、緊急手術を始めます。私達も全力を尽くしますが、これが…最期になると思っておいて下さい」

医者の言葉にオレは絶句した

最…期…

さ…いご…

サ…イゴ…

頭の中でその言葉だけがエコーする

「お互い言っておくことはありますか?」

681:リュオン:2015/01/16(金) 23:04 ID:UGQ

ごめんなさい。
元々ここは恋愛トークの場ではないのに…。
ナツルー書かないと。
どこまで行きましたっけ?
男はひとまず頭からほおりだして…。

明日には更新できると思う。
ピクシブと平行だと話が混じっちゃって…。

682:リュオン:2015/01/16(金) 23:06 ID:UGQ

まさかの正夢に?!
ナツの夢はすごいな。
思いを伝えるんだナツ!ルーシィ!

683:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 23:08 ID:k1A

リュオン))

いいよ〜

雑談OKだし

3人はスゲーな…

超にっこりは自己暗示の技だから!

杏))9枚

684:杏:2015/01/16(金) 23:09 ID:9G.

リュオンの顔写真を見てみたい

685:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 23:12 ID:k1A

確かに〜

かわいいんだろーなぁ

686:リュオン:2015/01/16(金) 23:13 ID:UGQ

私なんてブスブスブスブス超ドブス。
私を好きになる方が可笑しいんだよっ!!
って言うぐらいにブスなんです。
皆の方がかわいいもん。
クラスで一番ブスだってことも分かってるよ…。
私は……昔の方が可愛かったって思うくらい太っちゃったし…(涙)

687:リュオン:2015/01/16(金) 23:16 ID:UGQ

私デブだよ!
身長もそんな高くないし、体重は…言えないし、何より胸ちっさいよ!!ってか、ないよ!!!
取り柄もないデブなんだよ…(涙)

688:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 23:16 ID:k1A

えー絶対そんなことないってww

ちなみに杏はかわいいよ♪

689:リュオン:2015/01/16(金) 23:17 ID:UGQ

男装したほうがましだった…(涙)
そのぐらい胸がない私なんです…。

690:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 23:19 ID:k1A

そうなの〜?

私もフツーにブスだよww

鏡が直視できないもん←どんだけだよww

691:リュオン:2015/01/16(金) 23:19 ID:UGQ

ほらやっぱりっ!
杏さんも花火さんも可愛いに決まってる…(涙)
可愛いのレベルが高いんですよ…今時の少女は…。

692:リュオン:2015/01/16(金) 23:20 ID:UGQ

↑のは688のです

693:リュオン:2015/01/16(金) 23:22 ID:UGQ

身長がもう少しあれば…デブもましになるのに…。

694:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 23:23 ID:k1A

杏がかわいいのは否定しないけどさ〜

私はマジでヤバイ

まぁ、胸は大丈夫さ…

695:リュオン:2015/01/16(金) 23:26 ID:UGQ

女の子だあぁ!!!
鏡みて自分のからだがキモく見えて悲しくなるんだ。
胸小さい。お腹ポコリーン。…その脂肪胸に行け!!ってかんじ。

696:リュオン:2015/01/16(金) 23:29 ID:UGQ

妹より小さい胸ってなんなの?!っていつも思う。

697:リュオン:2015/01/16(金) 23:34 ID:UGQ

一人でうるさく言っててすみませんでした。

698:リュオン:2015/01/16(金) 23:36 ID:UGQ

一応、遅すぎない程度で切り上げます。
これから直視したくない鏡を通らなければならないという試練があるので。
(要するに風呂です。)
おちます。お休みなさい。

699:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/16(金) 23:38 ID:k1A

疲れたから短編を

バッドエンドで

ものすごく病んでます


「ナツー仕事行こっ!!」

そうキラキラ笑っていたルーシィはどこへ行ったんだろう

ルーシィ、好きだ

なぁ、何でだ?

好き、なはずなのに

苦しい…

なぁ、何でだ?

愛してる、のに

苦い…

これは本当に恋なのか?

今、分かったんだ

恋は甘くて、優しくて、楽しくて

でも、恋は苦くて、辛くて、苦しくて

ただ単にオレの恋は苦かった

それだけのことだって

「好き」の代償

これはオレの命では足りないのかもしれないな


その時、正面に座っていた彼女はオレの隣を見て、笑う

「大好きだよ?グレイ」

オレの心は砕け散った

彼女の心を射止められるなら、オレはもう何も要らない

end

700:蜜柑:2015/01/17(土) 00:20 ID:OBg

私も3ヶ月に一回
病院行ってるけどこれ以上
体重増えないでねって言われる…
今、キープして頑張ってる!
身長は成長期が止まって149cm
しかないから牛乳飲んで
154ぐらいまでは伸びたい!

701:フェアリィ:2015/01/17(土) 06:41 ID:vn2

リュオン、モテモテも大変ね…(´∀`*)


私は男子からよくからかわれたりするけから、多分大半の男子に恋愛対象には見られてないよww


彼氏が言うには「お前は自分が狙われてんのに気づいてない!!
俺が目ェ光らせてないといつ持ってかれるかわかんないぞ!?」

…と1時間ほどお説教されマシタw

702:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/17(土) 06:49 ID:k1A

フェアリィ

愛されてるね〜

だが、一時間は長いなww

703:フェアリィ:2015/01/17(土) 07:00 ID:vn2

花火>>wwだよね、1時間は長いww

704:杏:2015/01/17(土) 07:31 ID:9G.

杏も花火と同じ

705:杏:2015/01/17(土) 07:35 ID:9G.

杏、全然かわいくないよ

花火、本当にかわいいよでも花火、胸が大きいからバレー部の○○と○○にからかわれてる

杏も男子から、しょっちゅうからかわれる

706:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/17(土) 07:54 ID:k1A

杏))それ言うなよ!!

気にしてるんだ!!こっちは!!

707:あやだい:2015/01/17(土) 08:03 ID:ACk

はいあやだいです。
試験会場に着きました頑張ります

708:杏:2015/01/17(土) 08:09 ID:9G.

がんばれ!がんばれ!あ・や・だ・い

花火ごめん

709:リュオン:2015/01/17(土) 09:16 ID:UGQ

私も11日後に私立の入試が…。
それよりも…あやだいさん頑張れっ!!
落ち着いて落ち着いて…。

710:明葉:2015/01/17(土) 09:33 ID:kWE

!みんな!がんばれー!!

711:明葉:2015/01/17(土) 10:32 ID:kWE

みんな、いるのかな?みんな普段休みの日何してる?

712:リュオン:2015/01/17(土) 10:58 ID:UGQ

九話
ーa foolish actー
ルーシィの言葉にギルドマスターのマカロフは何かを察したようだった。

マカロフ
「ルーシィ、そちらの世界に引き込まれるでない。自我を保て。さもないと…お主の体がっ?!」

マカロフはルーシィの繰り出した魔力を避けた。

グレイ
「じぃさん。今の言葉どういうことだよ。っヤベ」

『アイスメイクシールド』で仲間たちを守りながらグレイは聞いた。

マカロフ
「闇の力は強大になるにつれて…宿主の身体を闇に染めるんじゃ。
だが、ルーシィの場合『支配者』と言っておったじゃろう。
桁違いの魔力を使う度ルーシィの魂はボロボロになるのじゃ。
食い止めなければ…ルーシィを救えずに終わるじゃろう。」

その言葉はナツにも届いた。

ナツ
「じっちゃん。なら…ルーシィをこっちに連れ戻せば大丈夫なんだろ?
俺が…連れ戻す。絶対に!!」

ナツはそう言ってルーシィに向かって突っ込んでいった。

妖精の尻尾は団結してナツの援護にまわった。

ルーシィ
「正義気取りしないでよ…。私はそうしたいわけじゃないのに…。邪魔するなぁ!!!」

ルーシィは力を増幅させ、ナツを弾き飛ばす。

ルーシィ
「っは…は…。なんなのよ。誰のせいで私がこうなったと思ってるの?!
妖精の尻尾のせいだって分かってるの?」

ナツ
「いってぇ…。なんで俺らのせいになってんだよ。」

ルーシィ
「……あっそう。分かったわよ。あんた達は何も感じないのね。
もういい。さっさと私の目の前から消え失せろ!!
形だけのくだらない仲間なんて…もううんざりなのよ!!!」

ルーシィはナツだけではなく他のものまで含めて闇の力を放った。

…カイドはルーシィの力に尊敬の瞳を向けた。

ルーシィの力は常人の力を越えていた。

ルーシィ
「ねぇ皆。…私恨んでるよ。憎んでるよ。
でもそれ以上にさ…悲しいよ。
こんな人たちに憧れていたことに。
恥をかいた気分なの。」

ルーシィは両手に力をいれた。

すぐに両手が闇の魔力に包まれた。

ルーシィは……妖精の尻尾のメンバーを崖から落とした。

ルーシィ
「そこで一人のときの不安、悲しみを知りなさいよ。
まあ、仲良く全員いれてあげたから何も感じないのでしょうけど。
私みたいに運がいいか知らないから死んでる人居るかもね。」

ルーシィは見下すように嘲笑う。

ナツ
「何笑ってんだよ?!自分の仲間をこんな風にして…ルーシィ、サイテーだぞ!!!」

ルーシィ
「へぇー。私に説教するの?私だってそう思ったんだよ!!
お前はサイテーなんだよナツ・ドラグニル!!!
その穴で一人で不安な生活をした私の気持ちを思いしれ。
私はその間に…マグノリアを破壊するわ。自力でどうにかするのね。」

そう言ってルーシィとカイドは去っていった。

残されたナツ達はルーシィの言葉を噛み締めていた。

713:リュオン:2015/01/17(土) 11:00 ID:UGQ

私はTwitterかピクシブを投稿してるなぁ。

714:リュオン:2015/01/17(土) 11:53 ID:UGQ

皆、忙しいよね…。

715:リュオン:2015/01/17(土) 11:54 ID:UGQ

フェアリーテイルみた

716:エネ◆eA:2015/01/17(土) 13:16 ID:wK.

なんか過去レス読んでれば、みんな自分ブサイクだー、とか言ってるけど、
私の方がブスだと思うから大丈夫だよ(笑)

しかもデブでキモくて…鏡なんてもうずっと見てない…。胸も小さいしさ!!
周りの子大きいのになぁ…

717:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/17(土) 13:30 ID:k1A

明葉

ほぼ部活

718:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/17(土) 13:30 ID:k1A



杏の弟見たよ〜

719:杏:2015/01/17(土) 14:02 ID:9G.

えっどこで!

杏もほぼ部活

720:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/17(土) 14:05 ID:k1A

中学校の前

サッカーボール持ってた

721:杏:2015/01/17(土) 14:14 ID:9G.

そうなんだ

じゃ、かっカーするのかな

722:フェアリィ:2015/01/17(土) 15:08 ID:vn2

私は…綺麗事じゃないけど、外見よりも中身を好きになってもらえる方が嬉しいな。



だから皆、自分の事可愛くないとか言っちゃダメだゾ☆←


ごめん私が一番変なヤツだ

723:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/17(土) 15:18 ID:k1A

は〜いフェアリィちゃん

花火ちゃん参上ダゾ♪

(ちょっと久しぶりにニルヴァーナ編読んだらエンジェルにハマッたww)

そうだね〜

内側から頑張っていきましょうか…

724:匿名さん:2015/01/17(土) 15:21 ID:9G.

花火塾何時から

725:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/17(土) 15:26 ID:k1A

匿名だけど、杏かな?

6時くらいには家に居たいけど…

726:杏:2015/01/17(土) 15:33 ID:9G.

ごめんなんか知らないけど匿名になってた

でも『杏』って書いてるところには、一回もさわってないのにな?

727:フェアリィ:2015/01/17(土) 16:45 ID:vn2

花火>>エンジェルいいよね!

星空の鍵編にも出た7年後バージョンも可愛かったよねー♪

728:クゥ:2015/01/17(土) 17:11 ID:1..

シリーズ物の小説・・・バトルのとこどう書けば良いのだ!?
バトルとかの小説ってあんま書かないし、本当わからん。
てなわけで会話文〜 ( ๑´•ω•)۶((え、どゆ意味?



「もう〜!ナツのバカ!!」
「ルーシィの方がバカだろ!?」
「なっ、何よっ・・・。ナツのくせに。」
「んなっ!んだよその顔っ!」
「あ、あたしの顔が変だとでも言いたいのかしら?ねぇ、ナツ!」
「うあっ、バカ!こっち見んな!」
「・・・え?・・・・・・な、何その顔。なんでそんな真っ赤なのよ。」
「る、ルーシィが可愛いからいけねーんだ。」
「えっ・・・・!あ、い、今こっち見ないで!」
「あ?何でだよ?」
「い、いいから!!」
「・・・?ルーシィ・・ほれっ!」
「うわっ!あ・・・。」
「ん?何でそんな真っ赤なんだ?」
「だってナツがか、かかかわ可愛い・・何て言うから。」
「〜〜っ!!ルーシィ、その顔俺以外に見せんなよ。」
「うぅ、はい・・・。」






うわぁぁぁあぁぁぁあぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!
キャラ崩壊いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!
すんませえええええええんんん!!!!!!!

729:花火:2015/01/17(土) 17:41 ID:k1A

疲れたから小説書くかぁ

第13話

最後に言っておくこと?

しばらく考えたのち先に口を開いたのはルーシィだった

「ナツ、今までありがとう。楽しかったよ。すごく。ナツを置いていってごめん…レビィちゃんによ…「ルーシィ!!!!!!!」

レビィちゃんによろしく。とルーシィが言いかけたとき、ナツはそれを遮り叫んだ

「ルーシィ!!!!!!!生きろ!!!!!!!死ぬなんて許さねぇからな!!生きるんだ!!!!!!!」

もう死ぬのかな…?

そう考えていたルーシィにその言葉を理解するのには時間がかかった

『生きる』

でも、その言葉は今のルーシィへの希望の光

そんな気がした

「うん!!」

ルーシィはそう言うとナツへ拳を差し出した

ナツはそれを自分の拳で弾くと

「約束だ」

と笑った

730:リュオン:2015/01/17(土) 18:27 ID:UGQ

ナツはすげーな!ルーシィに思いが届くなんて。

731:リュオン:2015/01/17(土) 18:28 ID:UGQ

あやだい…試験どうだったのかな…。
合格を祈っているよ!!

732:リュオン:2015/01/17(土) 18:31 ID:UGQ

今日のメニュー
ご飯
味噌汁
麻婆豆腐
里芋煮
オニオンサラダ
キュウリの酢の物
アボカドのバジルソースサラダ

デザート
フルーツパフェ

今日はこんな感じ…。

733:リュオン:2015/01/17(土) 18:36 ID:UGQ

今かいてるやつの九話やばいなぁ。
ルーシィじゃないよ…口調が。
ハッピーの出番ないし。エルザも、ミラも、リサーナも、ウェンディも、ガジルも、レヴィも、あぁどうしよう。

734:リト◆cY:2015/01/17(土) 18:39 ID:vus

リュオンさん>>晩ごはんめっちゃ豪華ですね!?
私卵焼きしか作れません((

735:リュオン:2015/01/17(土) 19:36 ID:UGQ

練習すれば上手くなるよっ!
私も沢山失敗して、やっとできたから

736:リュオン:2015/01/17(土) 20:35 ID:UGQ

今日は人少ないですね…。忙しい時期だもんね。

737:コウ:2015/01/17(土) 20:39 ID:g.I

リュオン
いるってww←今来た人

738:杏:2015/01/17(土) 21:00 ID:9G.

杏もちょこちょこいる

739:フェアリィ:2015/01/17(土) 21:09 ID:vn2

リュオン…料理ってやっぱレシピ覚えるの!?

やってれば覚えられるかな…!??

740:匿名さん:2015/01/17(土) 21:19 ID:epA

疲れ果てたあやだいです
杏、あげは、リュオン))ありがとう

はあ、みんな料理出来るんだすごい(∗•ω•∗)

741:あやだい:2015/01/17(土) 21:20 ID:epA

あっ740番あやだいです!!

742:杏:2015/01/17(土) 21:32 ID:9G.

あやだいも、匿名ってなった!!

杏もさっき勝手になっててビックリした。よかった仲間がいた

743:リュオン:2015/01/17(土) 22:09 ID:UGQ

風呂上がったー。
ワオ。皆いる(笑)
レシピは覚えたよー。
案外簡単に覚えられるよ。
単語覚えるよりも…。

長風呂してて少しのぼせたから少し休むー。

744:リュオン:2015/01/17(土) 22:13 ID:UGQ

復活!(はやっ
はやく学校いきたい。(なんでっ
暇ー。(勉強しろっ

余興はこのくらいにしといて…。

皆、風呂と夕食終わってる?ですか?

この後大丈夫な人っていますか?

745:あやだい:2015/01/17(土) 23:01 ID:epA

だい〜ジョブ!!(๑`・ᴗ・´๑)

746:あやだい:2015/01/17(土) 23:02 ID:epA

ワーんもしかしてみんないない?(๑´• ₃ •̀๑)

747:あやだい:2015/01/17(土) 23:04 ID:epA

足が筋肉痛ダーーーーー

748:花火:2015/01/17(土) 23:05 ID:k1A

あやだい))いるよ〜

今、帰って来た♪

749:あやだい:2015/01/17(土) 23:06 ID:epA

ほっ花火がいてよかった

750:花火:2015/01/17(土) 23:29 ID:k1A

続きです

そろそろ終わらせたい

第14話

あたしは生まれつき、脳に疾患があった

見つかったときは、そんなにひどくなかったし、取り除く手術をする体力も
なかったから様子を見ることにしたの

小学校も6年間皆勤賞を取るほど元気だった

でも、それは急に来た

「…痛い痛い痛い痛い!!!!!」

頭が割れるような頭痛

その時あたしは自覚した

みんなと同じように見えてあたしのハンデはかなり大きいこと

みんなと同じように見えても、病気があたしの体を蝕んでいくこと

結局、中学校には行けなかった

でも、その代わりあたしは人一倍勉強した

近くにある図書館の本は全部読み尽くし、中学3年間分の勉強を一年で終わらせた

もっと、勉強しなくちゃ

そう思ってた

この病気が治ったら、高校でみんなと一緒に勉強するんだ

そう思ってた

でも、医者に告げられた言葉はあたしの夢を打ち砕く

「もう、そろそろですね。やりたいことはやっておいて下さい」

もう、『死ぬ』んだ…

何であたしなんだろう?

何でこんなに苦しいの?

いっそのことここで死んだ方が楽かもしれない

そう思い、窓の下を覗いたとき、アイツと目が合った

ナツに会って、ナツと話してあたしは生きたいと思った

でも、あたしの命はあとわずか

ナツを悲しませられない

そう思ってあんな突き放し方したのにね…

ナツは来ちゃったの

『死なない』って約束はしたけれど、保証は出来ない

でも、あたしの気持ちは伝えないの

何でかって?

あたしが生きられたら、伝えるから

伝えたいなら生きてなきゃ




ここは手術室

麻酔が効いてきたのか、かなりの眠気に襲われ、あたしは意識を手放した

751:杏:2015/01/17(土) 23:46 ID:9G.

眠いけど、勉強!・勉強!

は〜でもやっぱり眠いよ〜

752:リュオン:2015/01/18(日) 08:07 ID:UGQ

おはよう。

753:ミィーコ:2015/01/18(日) 08:16 ID:puc

昨日の試合、負けた。1人目は、簡単だったけど、2人目は、やりにくかって、負けた。でも、楽しかった。

754:あやだい:2015/01/18(日) 09:16 ID:epA

おはよう‼︎

755:杏:2015/01/18(日) 11:09 ID:9G.

おはよう

今から習い事(そろばん)の表彰式に行ってきま〜す♪

756:フェアリィ:2015/01/18(日) 17:23 ID:vn2

今日は習い事あったんだけど、先生の事情でなくなった!ラッキー♪

757:リュオン:2015/01/18(日) 19:41 ID:UGQ

先生なんで予定入れた…(笑)

758:花火:2015/01/18(日) 19:49 ID:k1A

フェアリィ))習い事って何やってるの??

759:リュオン:2015/01/18(日) 20:05 ID:UGQ

人少ないねー。

760:あやだい:2015/01/18(日) 20:52 ID:epA

そうだね〜

761:明葉:2015/01/18(日) 20:53 ID:kWE

チース!

762:あやだい:2015/01/18(日) 20:55 ID:epA

杏》そろばんやってるんだー
あやだいも小5までやってたけどやめちゃった(´・_・`)

763:あやだい:2015/01/18(日) 20:56 ID:epA

アゲハ》ちーす(≧∇≦)

764:あやだい:2015/01/18(日) 20:58 ID:epA

はぁ、私の文字を打つスピードに
ため息がでるわ、(T ^ T)

765:花火:2015/01/18(日) 21:38 ID:k1A

10時になったら小説書きます!!

766:フェアリィ:2015/01/18(日) 22:03 ID:vn2

花火>>和太鼓習ってるYO☆

767:杏:2015/01/18(日) 22:05 ID:9G.

フェアリィ、和太鼓習ってるんだ

768:花火:2015/01/18(日) 22:08 ID:k1A

フェアリィ))和太鼓!?

すごーい!!COOOOOOL!!!!

769:杏:2015/01/18(日) 22:09 ID:9G.

杏は、ピアノとそろばんだよ♪

770:花火:2015/01/18(日) 22:26 ID:k1A

続きです


第15話

「ナツーおっそい!!!学校遅刻しちゃうでしょ!?」

オレの家の前でギャーギャー騒いでいるのは金髪の少女

そう、ルーシィだった


「奇跡としか言い様がありません」

手術室から出てきた医者はまず最初にこう言った

奇…跡…?

ルーシィは生きていた

10時間にもわたる大手術

成功する確率は8%

こう聞かされていた

ルーシィを信じてなかった訳じゃない

でも、正直不安だった

10時間、手足はずっと震えっぱなし

吹き出す汗は止まらなかったし

喉は常にカラカラ

良かった…


そして、直ぐに編入試験を受け、ルーシィはオレと同じ高校に入った

それをきっかけにオレはルーシィに気持ちを伝えた

「ルーシィ、大好きだ。だから、ずっと一緒に居てくれないか?」

「ナツ、それって…」

「好きだ。付き合おう」

「うん!!!!!」



今の時間はすごく輝いていて、ルーシィを手放さないと心に誓った

ふと、隣の少女を見ると、目が合った

オレは繋いでいた手を引っ張り少し強引にキスをした

ールーシィ、死ぬときは二人一緒だ


             end

771:杏:2015/01/18(日) 23:06 ID:9G.

わー

ハッピーエンドで終わったー

今回も面白かったよ〜♪


あと、杏ここ1週間ここに、これないやごめん(勉強しろと言われたから)

772:あやだい:2015/01/18(日) 23:06 ID:6YY

わーいい終わり方( ´ ▽ ` )ノ

773:あやだい:2015/01/18(日) 23:07 ID:6YY

杏》頑張って‼️

774:花火:2015/01/19(月) 17:10 ID:k1A

あやだい、杏

ありがと〜

775:フェアリィ:2015/01/19(月) 17:57 ID:vn2

眠いのだ…

776:あやだい:2015/01/19(月) 20:58 ID:6YY

眠い

777:花火:2015/01/19(月) 21:19 ID:k1A

みんなまだ寝ないで〜

778:明葉:2015/01/19(月) 21:20 ID:kWE

!ヤバイ!さっきコーヒー飲んだから眠くても寝れない!!

779:花火:2015/01/19(月) 21:43 ID:k1A

明葉

そのまま起きてるんだ!!

この後小説書きま〜す

780:あやだい:2015/01/19(月) 22:10 ID:6YY

花火》おお!!小説楽しみにしてるよー

781:匿名さん:2015/01/19(月) 22:30 ID:k1A

小説投下

この間の王様ゲームネタボロボロだったからリベンジ!!

何番が誰かは妄想(多分分かる)して下さい

それではどうぞ♪

King Of Fairy

ここはマグノリアにある魔導士ギルド妖精の尻尾の一室

「王様だ〜れだ!!」

数人かのメンバーがやっているのは『王様ゲーム』

ミラジェーンの提案により半ば無理矢理やらされているのだった

「ミラさんじゃありませんように、ミラさんじゃありませんように、ミラさんじゃありませんように!!!」(1番)

「ナツとミラちゃんは面倒だな」(3番)

「私に出来ないことはない!!何でも言ってみろ!!!」(4番)

「何で私が!?読みかけの本読みたかったのに〜」(5番)

「何故、オレがここに?まぁ、今日ウルティアは居ないんだ。いいだろう」(6番)

「最初からとばすとネタが尽きちゃうからチューくらいかしら?ウフフ」(7番)

「この女、自分が王様になったらどれだけエグい命令する気だよ、ギヒッ」(8番)

「ちゅ、ちゅー!?ジュビアとグレイ様が!?はぁぁぁん、ジュビア幸せ〜」(9番)

「よっしゃあ!!!燃えてきた!!!」(9番)

782:花火:2015/01/19(月) 22:31 ID:k1A


↑これ、私です

783:花火:2015/01/19(月) 22:32 ID:k1A

修正

一番下は2番です

784:リュオン:2015/01/19(月) 22:45 ID:UGQ

こんばんわんこそばです。
私もも和太鼓習ってるよー。
花火夜でも頭働くなんて凄いっ!
私だったら不可能だ…。
小説かけないよ…(笑)

785:あやだい:2015/01/20(火) 16:23 ID:6YY

こんちは!

私は、水泳と塾ダゼ☆

786:あやだい:2015/01/20(火) 18:14 ID:6YY

あれ?なんかid違うなんで!?(T ^ T)

787:あやだい:2015/01/20(火) 18:18 ID:6YY

今きずいた前のidのほうが、なんとなく好きだったのに

788:花火:2015/01/20(火) 19:40 ID:k1A

リュオン))和太鼓かぁ

すごいな〜COOLだ…

あと、私夜行性なんでww

あやだい))水泳もやってるの?

頑張るな〜

789:花火:2015/01/20(火) 19:42 ID:k1A

ちなみに私は部活(バレーボール)と塾とテニスだよ♪

790:明葉:2015/01/20(火) 20:45 ID:kWE

昨日、午前二時頃?ぐらいまでおきてた

791:花火:2015/01/20(火) 20:50 ID:k1A

明葉))何してたの??

792:明葉:2015/01/21(水) 17:20 ID:kWE

このスレを眺めてたり、フェアリーテイル見てたり、あと、、、、何したっけ?

793:花火:2015/01/21(水) 18:18 ID:k1A

明葉))私だったら暇すぎて無理だわ〜ww

今から塾行きます!!

10:45帰宅予定

794:あやだい:2015/01/21(水) 18:29 ID:6YY

花火》塾がんばれー(≧∇≦)

795:リュオン:2015/01/22(木) 16:47 ID:UGQ

久しぶりです。
今色々パニクってる。
どーしよう

796:あやだい:2015/01/22(木) 19:30 ID:6YY

こーんばーんわー

797:あやだい:2015/01/22(木) 19:30 ID:6YY

リュオン》どうした!?

798:花火:2015/01/22(木) 22:20 ID:k1A

リュオン))どうしたの??

799:花火:2015/01/22(木) 22:21 ID:k1A

小説書きます!!

みんなに変なこといっぱいさせよー♪

800:花火:2015/01/22(木) 22:39 ID:k1A

King Of Fairy

「王様だ〜れだ!!」

「あ、あたし!?」

王様は1番

ルーシィだ

「え、えーと、3番が9番に告白!!!」

「オレが3番だ…」

そう言ったのはグレイ

男だったらどうしようか…

そんなことを考えていたが、その心配は不必要だった

「え?え?9番…ジュビアです…」

わなわなと震えながら手を挙げたのはジュビア

グレイは渋々だが、ジュビアの前に立った

「っ、ジュビア好きだ。オレと付き合え…」

「うわっ、命令形!?」

「おおっ、言ったね〜グレイ」

女性陣からはキャーと歓声が上がる

そして、対するジュビアはコクンと頷いた

「あら、交際宣言?」

ミラの言葉にグレイは真っ赤になってそっぽを向くと、ジュビアに

「さっきのマジだから」

と呟いた

801:ミィーコ:2015/01/22(木) 22:46 ID:puc

花火さんの小説、面白いです。

802:リュオン:2015/01/22(木) 23:12 ID:UGQ

いや、んーと好きな人ができた…かもしんない。
恋ってなんなの、とか思ってた私が!!
揺らぐなmyheart!!!
みたいな感じになってる…。
切っ掛けはあっちなんだけど…ね。
辛いね、恋って。
ブスが乙女心になってる(涙)

803:リュオン:2015/01/22(木) 23:15 ID:UGQ

もうヤダ。
この感情を捨てたいっ!!
アイツの馬鹿!!!
全然そういうふうに見たことないのに!!!
嫌だよぉ…。

804:リュオン:2015/01/22(木) 23:16 ID:UGQ

気持ち悪いの持ってきてすみません…。

805:リュオン:2015/01/22(木) 23:25 ID:UGQ

ミィーコ様
はじめまして
リュオンです
お世話になります。
女です
ブスです
がさつです
深夜アニメ全般と普通のアニメ全般モーラしてます
いろいろ聞いて頂ければ知っているかも知れません
よろしくお願いします

806:リュオン:2015/01/22(木) 23:26 ID:UGQ

こめんなさい

悩みすぎて疲れたので

寝ます

807:あやだい:2015/01/23(金) 11:49 ID:6YY

リュオン》ゆっくり休むんだゾ!

808:ミィーコ:2015/01/23(金) 21:10 ID:puc

明日は、朝から、部活がある。朝とか、だるい・・・

809:リュオン:2015/01/23(金) 21:27 ID:UGQ

ユキノのお姉さんって誰だっけ…?

810:リュオン:2015/01/23(金) 21:32 ID:UGQ

あと四日で私立の入試だよ(涙)
いやだぁ。
やりたくないー。
そんな状態のくせに深夜番組見まくってるし、
七つの大罪みてるし、
東京グールルートAみてるし、
フェアリーテイルみるし、
(明日)
あーもう!どうしよう…。

811:花火:2015/01/23(金) 21:37 ID:k1A

ミィーコ

ありがとよ!!(面白いって言ってくれて)

私も明日8時くらいから部活だよ…

お互い頑張ろ♪

リュオン

ユキノのお姉ちゃんはエンジェル(ソラノ)だよ

受験ファイト!!受かるよ!!きっと!!

812:花火:2015/01/23(金) 21:38 ID:k1A

フェアリーテイルのイベント

「集え魔導士!ギルドの宴!!」にハズレて昨日の夜大泣きした…

813:明葉:2015/01/23(金) 22:21 ID:kWE

私、好きな人ができた。どうしよう
私と目を合わせてくれない
名前で呼んでくれない
なのに手を繋いだり
くっついてきたり
家でお泊まりの時とか抱きついてくるし、しかもその子クラスで確実1番にかっこいい子だし、、、どうしよう!!!!!!!!誰か、、!助けて!

814:花火:2015/01/23(金) 22:34 ID:k1A

明葉って彼氏居なかったっけ?

815:明葉:2015/01/24(土) 02:18 ID:kWE

居たんだけど、、、他の女の子と仲良くしてて、怒って聞いたら!彼女だって!(>з<)私は違うの?って聞いたら!何だったと思う!?『!ごめん!』だって!!その瞬間、別れた。(>ω<)イライラしない??

816:花火:2015/01/24(土) 06:31 ID:k1A

明葉

…あらら、彼氏さん酷いですな〜

私は最近まで彼氏居たんだけど別れた

実は告白されたときから好きじゃなかったんだよね…

私本気で恋したこと一回しかないからな〜

でも、明葉の好きな人は明葉に少なからずも気があると思うよ!!

817:エネ◆eA:2015/01/24(土) 09:37 ID:3mE

みなさん、今お辛い状態なんですね…。

私は、両想いだった子に告白されたんだけど、自分で告白してきたくせに
それ以降話しかけたりしてくれなかったから嫌いになってしまた…。

恋は当分いいかな〜…

818:明葉:2015/01/24(土) 12:24 ID:kWE

私、一回だけ言葉で告白したんだけど
こう言ったんだよ!
『お前ハーフだろ外国人と
付き合うとか無理無理』
だって!頑張って告白したのに、、、
ひどすぎ、、、

819:花火:2015/01/24(土) 13:38 ID:k1A

明葉

ええ〜

何その理由!?

ハーフって言っても明葉は明葉なのにね…

でもハーフと付き合ってたら自慢できるっていう理由だけでOKする人も居るらしいよ…

820:リュオン:2015/01/24(土) 13:50 ID:UGQ

腹黒い男が増えてるのかもね…。

821:リュオン:2015/01/24(土) 13:55 ID:UGQ

フェアリーテイル最新話面白かった…?と、思う。
人間がせいz(おいっ!!!
うおっほん。
はい、今のナシ。
見てない人いるかもだった。
ごめんなさい。

YouTubeにもう投稿されてたからこっちで放送局がなくっても便利だわ。
みなさんもう既に見てる…かなぁ?

822:花火:2015/01/24(土) 14:05 ID:k1A

今から杏と買い物に行ってきまーす♪

823:フェアリィ:2015/01/24(土) 14:27 ID:vn2

久しぶりー、かな?

皆もいろいろ悩みあるんだね…。

私も彼氏のことで悩んでばっかだよ、最近。

824:リュオン:2015/01/24(土) 15:30 ID:UGQ

乙女の花園(私除く)ですね
受験生になると(中学生)ほとんど別れちゃってるよ(うちの学校は)
今が一番良いときかも…?

825:リュオン:2015/01/24(土) 15:33 ID:UGQ

今月は私立の入試、
来月は私立の合格発表、
期末試験、
模試、
再来月は公立高校後期試験、
卒業式、
公立の合格発表
テストばっかり……(涙)

826:リュオン:2015/01/24(土) 15:44 ID:UGQ

最近DSにハマり直した(笑)
授業中になんでDSの話したの?!って言いたくなってきた。
それも言ったのが私が(好きなのかな?)って思ってる人なんだよね。
話スッゴい盛り上がって先生に怒られたんだ…まぁ楽しかったから別にいいんだけどさ。

827:リュオン:2015/01/24(土) 15:45 ID:UGQ

この時間は人が少ない時間帯なんだろうか…?

828:リュオン:2015/01/24(土) 15:47 ID:UGQ

私がかいたレス見てて、私を俺にしてもほとんど違和感がないことを知った。
新発見!!!…悲しくなる

829:明葉:2015/01/24(土) 16:41 ID:kWE

うっ、うぅ〜〜〜(:д:)彼氏が、彼氏が
〜〜〜!!!!!!うゎ〜〜ん(>д<)

830:リュオン:2015/01/24(土) 16:42 ID:UGQ

明葉どうしたのっ?!
なにかあったの?!

831:リュオン:2015/01/24(土) 17:04 ID:UGQ

親が錦織圭の試合見てる。
うちはテニスじゃなくてバドミントンなのに…。
誰も居なさそうなんで独り言…。

832:リュオン:2015/01/24(土) 17:07 ID:UGQ

一応志望校の過去問を解いてみた。
すべて80点越え?!
こんな遊んでるのにとれるなんてとても偏差値50以上だとは思えない…。

833:花火:2015/01/24(土) 17:24 ID:k1A

今、帰ってきた〜

塾の宿題放って杏と遊び倒しちゃった♪

834:花火:2015/01/24(土) 17:29 ID:k1A

リュオン))偏差値50!!すごい!!

きっと、知らない間に頑張ってたんだよ!!←意味不明ww

私もこの間の塾の公開テストノー勉のくせして結構良かった!!

馬渕教室って言う大阪では有名な塾だけど、偏差値62だった♪

835:エネ◆eA:2015/01/24(土) 17:36 ID:3mE

イキナリ入るようなんだけど、私、行きたい高校が決まってて、
その高校が偏差値58なんだよね…。どうしよう。合格できるかな…。
まだ先だけど心配…。

836:花火:2015/01/24(土) 17:39 ID:k1A

エネならいける!!←無責任なこと言ってごめん

私は北野高校(知ってる?)を目指す特別クラスに上がる予定なんだけど、ついていけなくなりそうで怖い…

837:エネ◆eA:2015/01/24(土) 17:50 ID:3mE

そう言ってくれると嬉しいんだけど…自信が…。私めちゃくちゃ算数と理科の成績悪いから…。
北野高校?知らないな…。どういう事をする高校なの?でも、花火だったら大丈夫!!←こっちも無責任だ。ごめん…。

ちなみに私は都立工芸高校を目指しています…。

838:花火:2015/01/24(土) 17:56 ID:k1A

北野高校は大阪の高校だよ!

調べてみてね〜

工芸?エネは何になりたいの?

839:エネ◆eA:2015/01/24(土) 18:01 ID:3mE

大阪かぁ〜。調べてみたけど、偏差値高くてビックリ!!花火は
凄いね…。私は絶対無理だ…。

えと、私は、ボカロとかのPVつまり動画を作る人、花火はカゲプロ知ってるっけ?
それの動画作ってる「しづさん」みたいな人になりたい!!
または、アニメ、アニメーションを作る人になりたい!!どんなアニメっていうのは、
「フェアリーテイル」「銀魂」「進撃の巨人」みたいな、少年漫画(?)が元の
アニメを作りたい!!

840:花火:2015/01/24(土) 18:09 ID:k1A

エネ))すごい!!!

私はあんまり北野に行きたくないから、茨木高校ってとこがいいんだけど、北野高校を目指すクラスで果たしてそれは許されるのか…

841:花火:2015/01/24(土) 18:10 ID:k1A

エネは何県に住んでるの?

842:エネ◆eA:2015/01/24(土) 18:14 ID:3mE

すごくないよ!!まだ入れるか解らないし…。その高校じゃなくてもアニメーションの
事を学べる所ならどこでも大丈夫なんだけどね…。

大変だね…。そこの高校行きたくないけどそこの高校目指すクラス、って…

えと、私は東京都に住んでます!!花火は??

843:杏:2015/01/24(土) 18:18 ID:9G.

杏と花火は大阪だよ

844:花火:2015/01/24(土) 18:52 ID:k1A

おおっ

杏復活!?久しぶり〜(つい2時間前会ったじゃんww)

エネ、私は大阪だよ♪

バリバリ標準語だけど…

話変わって、皆に相談が…

弟の脱ぎ癖がグレイ並みにヤバイんだけど、どうしよう!?

気づいたときにはパン一ですww

845:エネ◆eA:2015/01/24(土) 19:01 ID:3mE

そうなんだ〜確かに標準語だね!!勝手に関西弁想像してたよ…。
>>杏、花火

マジ!!?あ、でも安心してw私の兄なんか風呂上りに全裸で部屋うろついてるし
全裸で踊ってることもあるよww家ではいつも夏は上半身裸だしねw
でももう大人も同然なんだからちょっと…ね…。
>>花火

846:リュオン:2015/01/24(土) 20:03 ID:UGQ

…皆さんやばいですね…。
私はまだましな方だよ。
まぁ、身内も糞も関係ない同じクラスの男子の半裸は日常茶飯事なのです。(うちの学校では)
でもさ…いつも朝イチでクラスの皆に挨拶しようとして教室入ると筋肉自慢大会してる男しかいないんだ。
私たちのクラスは予鈴がなってから登校(教室にはいる)するから早い方なんだ。
決して不良がいる訳じゃないんだけどさ…。
皆朝から男の半裸10人見てからやる気でる?
今日一日頑張るぞー!って…。
でないよ。
この学校ヤダ(涙)

847:リュオン:2015/01/24(土) 20:06 ID:UGQ

エネの将来の夢が叶ってほしい!!
いつかエネの動画がでたらふおおおお!!!ってなると思う。

その前に全裸のお兄ちゃん何とかしないとね…(笑)

境界の彼方知ってる人いる?

848:リュオン:2015/01/24(土) 20:09 ID:UGQ

私の偏差値糞ですね…。
皆の方が高いじゃん!!!頭いいんだね、凄い!!!!

849:エネ◆eA:2015/01/24(土) 20:10 ID:3mE

うわぁぁあああ!!!ありがとうリォオンンンンン!!!
うん、頑張る!!めっちゃ頑張る!!立派なアニメ(動画)作れるように頑張るよー!!!!!

…そうなんだよ。もう高1なのに…。みっともないよ。

>>リュオン

850:リュオン:2015/01/24(土) 20:45 ID:UGQ

素朴な疑問です
皆どう呼んでる?居ない場合は想像で居た場合を考えてほしいなぁ
(彼氏、彼女は自分の性別から考えてほしいなぁ)

私の場合
兄→お兄ちゃん
姉→お姉ちゃん
弟→呼び捨て
妹→呼び捨て
彼氏→呼び捨て
彼女→……。
父→お父さん パパ
母→お母さん ママ
同級生→呼び捨て 〇〇ちゃん 〇〇君

です

851:フェアリィ:2015/01/24(土) 21:55 ID:vn2

リュオン、私は

兄(いたとしたら)→お兄ちゃん
姉(いたとしたら)→お姉ちゃん
弟(いたとしたら)→呼び捨て
妹(いる)→呼び捨て
彼氏(いる)→呼び捨て(まぁ名字だが)
父・母→パパ・ママ
同級生→呼び捨て(男子は名字、女子は皆名前)


…だよ!


ほとんど同じかな!

852:エネ◆eA:2015/01/24(土) 22:13 ID:3mE

私は、

兄(いる)→あだ名
姉(いたとしたら)→名前
弟(いたとしたら)→名前
妹(いたとしたら)→名前
彼氏→………。
母→お母さん
同級生→呼び捨て、〜ちゃん

です!!私はお父さんがいないので書いてませんが、いたとしたらお父さんです。

853:花火:2015/01/24(土) 22:30 ID:k1A

私は

兄(いたとしたら)→兄さん
姉(いたとしたら)→姉さん
弟→○○君、君、ねぇ
妹(いたとしたら)→○○ちゃん
母→母さん
父→父さん
彼氏(いたとしたら)→呼び捨て(名字)
友達→呼び捨て、あだ名

あだ名として委員長って呼んでる子がいるんだ〜

みんなの前ではお父さん、お母さんだよ

854:花火:2015/01/24(土) 22:34 ID:k1A

男どもの脱ぎ癖困りるよね〜

さっき、弟に脱ぎ癖直しなよって言ったら、「○○ちゃん、それは、誤解だ!!!脱いだんじゃない!!!!着ていないんだ!!!!!!」と超ドヤ顔で言われた…

姉としての私の立場って…

855:花火:2015/01/24(土) 22:34 ID:k1A

困りるじゃなくて困るだった

856:花火:2015/01/24(土) 23:26 ID:k1A

続き

グレイからジュビアへの告白で盛り上がったところでクジを引き直し、番号を変え、第2ラウンド

「王様だ〜れだ!!」

「オレか…ギヒッ」

王様はガジル

不敵な笑みを浮かべ、少し考えるとニヤリと笑い口を開いた

「1番と7番がポッキーゲーム」

1番と7番は…

「1番…オレだ」

「私が7番だ」

ジェラールとエルザだった

「エルザ、嫌なら折ってもいいから」

そう言い、ジェラールはエルザの口にポッキーを運んだ

ヒュッと息を吸うと、顔を少し傾け、目を瞑り、ジェラールはポッキーを食べ進める

そして、唇が触れそうになってもエルザはポッキーを折らなかった

チュッ…と軽いリップ音がし、エルザの唇は奪われる

「ごちそうさま」

ジェラールがそう言うとエルザは照れたように微笑んだ

「ウフフ、面白くなってきたわ♪」

857:明葉:2015/01/25(日) 02:19 ID:kWE

はいっ!はじまりました
 #あげはの一句#

ミラさんは
いつでもどこでも
おそろしい

一文字余っちゃった(・ω・;)
暇、、、だったのです。
投稿した時間が、、、
お目目ぱっちり!!(оωо)

858:明葉:2015/01/25(日) 02:24 ID:kWE

ワァーー!久しぶりの小説だ〜!
し・か・も !一番続きが気になってた
! 王様ゲーム ! 待ってました!!!
 早く他の小説も読みたいね
みんな!頑張って!ファイト!オー!

859:杏:2015/01/25(日) 05:27 ID:9G.

久しぶりに見てみたらすっごく進んでいてビックリした

兄(いる)お兄ちゃん
姉(いない)お姉ちゃん
弟(いる)呼び捨て
妹(いる)呼び捨て
彼氏(いたら)呼び捨て
彼女(まず、ないねいたら怖いよ)
父(いる)パパ
母(いる)ママ
友達(いる)呼び捨てか○○ちゃん

花火面白いよ王様ゲーム

今日、ユニバに行って来まーす

860:花火:2015/01/25(日) 05:50 ID:k1A



ありがとう!!

USJ楽しんで!!(関東の人ってユニバって言っても分からないよ)

861:杏:2015/01/25(日) 06:04 ID:9G.

そうなんだ

杏は、大阪弁だよ♪

862:花火:2015/01/25(日) 06:16 ID:k1A

私は引っ越して来たばっかだから…

杏も文章にしたらどうしても標準語寄りになるよね

863:杏:2015/01/25(日) 06:29 ID:9G.

それわかるわー

しゃべると大阪弁で、文章とかは、ちょい標準語になるねん

864:フェアリィ:2015/01/25(日) 08:36 ID:vn2

花火>>別に関東人でもユニバでわかるよ〜

865:花火:2015/01/25(日) 08:47 ID:k1A

フェアリィ

そうなの?

私は分からなかったから…

ごめんネ☆((殴

866:フェアリィ:2015/01/25(日) 11:19 ID:vn2

花火>>何か及川サンみたi(((うへぺろ☆


うん、気にしないでね〜!

867:花火:2015/01/25(日) 12:04 ID:k1A

大王様ねぇー

岩ちゃんはオレのお母さんですか?

ってヤツ超笑ったわ〜

868:フェアリィ:2015/01/25(日) 13:04 ID:vn2

花火>>wwwアレは笑った!

阿吽コンビ面白いよねー♪

869:ミィーコ:2015/01/25(日) 17:11 ID:puc

今日、香川県に行って来ました。うどんを食べに。親が、うどん好きなので・・・

870:リュオン:2015/01/25(日) 17:31 ID:UGQ

お出掛けいいなぁー。
私は昨日は一日家に缶詰だったんで、今日カツ丼を食べるために外界の空気を吸ってきました。
明日はまた学校だ…。
明明後日には私立高校入試があるのに!!!

871:あやだい:2015/01/25(日) 21:46 ID:6YY

おひさ☆

はい、忙しくてこれなかったよー(T ^ T)


リュオン》私は、
兄 いない)お兄ちゃん
頼り無かったら呼び捨て
姉 いない)お姉ちゃん
弟 いる)呼び捨て
妹 いない)呼び捨て
母 いる)ママ人がいると、お母さん
父 いる)パパ人がいると、お父さん

872:あやだい:2015/01/25(日) 21:47 ID:6YY

リュオン》私は今日あったよ!

873:あやだい:2015/01/25(日) 21:49 ID:6YY

ところでみんな動物飼ってる?

私は、ねこを一匹

874:花火:2015/01/25(日) 22:00 ID:k1A

あやだい))お久〜

私は犬を一匹

875:ミィーコ:2015/01/25(日) 22:20 ID:puc

私は、猫2匹飼っているよ〜。本当は、猫3匹だったんだけど、いなくなっちゃって・・・

876:フェアリィ:2015/01/26(月) 07:09 ID:vn2

私は何も飼ってないよ!

877:あやだい:2015/01/26(月) 15:28 ID:6YY

受かったーーーーー(≧∇≦)
(試験)わーい

878:リュオン:2015/01/26(月) 16:38 ID:UGQ

おめでとう!!!
凄い!!!!

試験前ってやっぱり緊張するよね。
わぁどーしよう?!

879:エネ◆eA:2015/01/26(月) 16:53 ID:Vvw

>>あやだい
全部兄が買ってるけど、カブトムシ&クワガタ数十匹くらい、トカゲ(ヤモリ?)を一匹、
だよ。犬とか猫がいないよぉ〜泣

あと、おめっとさーん!

880:リュオン:2015/01/26(月) 17:41 ID:UGQ

エネの家凄いね(笑)
大自然だ…アマゾン?…熱帯地域?

881:エネ◆eA:2015/01/26(月) 17:45 ID:Vvw

いやいやそんなんじゃないよ笑 全部兄のペットだからねWW
でも犬とか猫とかが良かった〜笑

882:リュオン:2015/01/26(月) 18:13 ID:UGQ

まぁ女の子は好んでカブトムシとか飼わないからね。
お兄ちゃんは好きなんだろうね。
いつかお兄ちゃんの回りには昆虫がとびかっt(殴

そんな想像はやめときます。

皆はマガジンのほうのフェアリーテイルってみてる?

883:花火:2015/01/26(月) 18:24 ID:k1A

あやだい))おめでとう!!!

リュオン))見てるよ!!
今、ヤバイ展開だよね!!!!!

884:リュオン:2015/01/26(月) 18:30 ID:UGQ

おおー!
〇〇〇の本ってさ、〇〇の頭文字と同じだよね。
あれって何か意味してるのかな?

885:杏:2015/01/26(月) 18:31 ID:zuQ

あやだいおめでとう♪
受験したことないからよくわからないけどすごいね

杏は、何も飼っていない!

886:リュオン:2015/01/26(月) 18:31 ID:UGQ

↑〇〇の本名の

887:リュオン:2015/01/26(月) 18:32 ID:UGQ

〇〇さぁ、一人旅とか〇〇〇〇連れてけっての。って思った。

888:リュオン:2015/01/26(月) 18:33 ID:UGQ

一応見てない人のために名前は伏せておきました

889:リュオン:2015/01/26(月) 18:38 ID:UGQ

アニメの方さぁもろナツルー、グレジュビ、ガジレビになってた。
いつ星霊王は元に戻るんだろう。

最新話見てて思ったことがあった。

『デイダラボッチ?なんで?』

も〇のけ姫かってのって思ってた(笑)

890:リュオン:2015/01/26(月) 18:39 ID:UGQ

ごめんなさい。
一人で書きすぎた…。

891:あやだい:2015/01/26(月) 18:55 ID:6YY

リュオン)頑張って‼️(≧∇≦)
みんな)ありがとう‼️中学も頑張ります
カブト虫について)私長野生まれだから
小さくてまだそこまで虫キモいとか思ってない頃獲ってたなww
あっもちろん今は、虫は大っ嫌いだからね
リュオン)書き過ぎてないから大丈夫❗️

892:あやだい:2015/01/26(月) 18:56 ID:6YY

今は、関東の方に住んでます( ´ ▽ ` )ノ

893:花火:2015/01/26(月) 18:56 ID:k1A

今日、友達とグレエルはありかなしかで超盛り上がった

私はあってもいいかな…とは思うけどね〜

894:花火:2015/01/26(月) 18:58 ID:k1A

でも!!!!!ジュビアがかわいそう…

ジェラールはあそこで寸止めしたおまえが悪い!!

895:クゥ:2015/01/26(月) 19:29 ID:1..

ペットかぁ〜。
あたしは二匹飼ってたなぁ。
一匹は途中でどっかいっちゃって、もう一匹は一昨年死んじゃったんだよね・・・。
等分ペットとかはいいや。

それよりみなさん、8点6秒バズーカ知ってる?
うちの学校でプチ流行中ッス!

896:エネ◆eA:2015/01/26(月) 19:41 ID:Vvw

>>クゥ
知ってる!!私の学校ではもうめっちゃ流行ってる!!ヤバい!!!
女子が「♪ラッスンゴレライ」って歌ってる!!「いやちょっと待ってちょっと待ってお兄さ〜ん」
とかWWWWもうヤバイくらいはやってる!!クマムシの「あったかいんだからぁ〜」も流行ってるよ!!

897:あんぱんまん:2015/01/26(月) 20:30 ID:6YY

エネ》分かる!!それうちの学校でも密かに流行ってる
あとダンソンも!

898:あんぱんまん:2015/01/26(月) 20:31 ID:6YY

ダンソン知ってる?

899:あやだい:2015/01/26(月) 20:33 ID:6YY

ごめん弟のアカ?になってた897.898
は、あやだいです!

900:あやだい:2015/01/26(月) 20:34 ID:6YY

IDみれば分かります!

901:杏:2015/01/26(月) 20:54 ID:zuQ

了解!!(*∀*)\

902:リュオン:2015/01/26(月) 21:05 ID:UGQ

凄い!なんか凄い!!
大阪や東京や長野で流行ってるんだ?!
(皆の住んでる都道府県合ってる??)
こっちでもバリバリ流行ってる!!!
ラッスンゴレライとかクマムシ。
朝からグラサンつけて男子が遊んでる(笑)(なぜグラサンをわざわざ着けるんだよ
給食中も、昼休みも…。
今がブームなのか?!

私が知らなかったのは流行の波にのれていないからか?!

903:あやだい:2015/01/26(月) 21:13 ID:6YY

リュオン》ごめん私千葉(T ^ T)

904:花火:2015/01/26(月) 21:19 ID:k1A

うちもめっちゃ流行ってる!!!

私も友達とずっと言ってる

「キャビア、フォアグラ、トリュフ、
スパイダーフラッシュローリングサンダー!!!」とか

「ダンソン、フィーザキー、ドゥーザディーサーザ、コンサ!!!」とか…

905:リュオン:2015/01/26(月) 21:26 ID:UGQ

あやだいごめんなさい。
あやだいの思う一番無様な土下座をしていると思ってください…。


余談
私が好きな漫画が本当は去年(先月)の12月に出る筈だったのに

『発売日は未定です。』

ってなってて、ずっとそのまま…。

それも最終巻なのに!!

まぁ最終巻じゃ収まりきらないぐらい謎があるから増やしてるのかも…?
って思ってたけどいくらなんでも遅すぎる。

そんなことってあるのかな?

906:リュオン:2015/01/26(月) 21:30 ID:UGQ

900おめでとうございます!!!
12/28から始まって30日程でここまでって凄いですね!!!
あと95ですね♪

907:リュオン:2015/01/26(月) 21:31 ID:UGQ

↑過ぎてますね(笑)

908:リュオン:2015/01/26(月) 21:33 ID:UGQ

なんか、結構前にやってたスレは700位で
スレッドがおおきすぎます。これ以上は書き込めません。
ってでて

『はっ?!』

ってなってたんです。

何故なのでしょう…(涙)

909:花火:2015/01/26(月) 21:33 ID:k1A

私、もしそんなことがあったら耐えられないよー

新聞に載るわ…

『書店にて女子中学生が暴走』ってww

でもあり得るんじゃない?

そんな謎を一巻で読者に理解しろったって難しいからね…

910:あやだい:2015/01/26(月) 21:41 ID:6YY

私も漫画なげつけそう(-_-)

911:あやだい:2015/01/26(月) 21:42 ID:6YY

まあスレは色々あるからねー

912:リュオン:2015/01/26(月) 21:47 ID:UGQ

うん…。
友達にも貸したりしたことがあって、その子から

『まだぁ?』

って言われてる。

私も新聞にのるかも(笑)

『少女が学校で窓ガラス47枚破壊。同クラスの生徒22名重軽傷。』

とか書かれるかも。

『〇〇市立〇〇中学校三年女子生徒が27日午後2時頃クラスの窓ガラス等を割る事件があった。
女子生徒はその日の朝から普段とは様子が異なっていた、と女子生徒の友人が語った。
女子生徒は好きな漫画家が新刊発売を未定にしたことから窓ガラスを割り怒りを静めようとした。
女子生徒は自らの椅子を持ち上げ振り回した、と捜査の警官は語った。
被害を受けた同クラスの生徒の親は訴えの声を挙げている。
詳しいことは明日、会見で明らかになる。』

みたいな?(笑)

913:リュオン:2015/01/26(月) 21:49 ID:UGQ

新スレはもうある感じ?
なんか以外に今週で終わりそう(笑)

914:花火:2015/01/26(月) 21:58 ID:k1A

涼幸が来ないと作れないよ〜

915:リュオン:2015/01/26(月) 21:58 ID:UGQ

ねむーん。
チョコアイス食べてる(笑)

916:リュオン:2015/01/26(月) 21:59 ID:UGQ

ヤバくない?!
涼幸さんお願いしますっ!!

917:リュオン:2015/01/26(月) 22:00 ID:UGQ

誰かいます…?

918:花火:2015/01/26(月) 22:02 ID:k1A

花火はいるよ〜

919:リュオン:2015/01/26(月) 22:05 ID:UGQ

花火〜(抱っ((殴殴
ゴルパ…。
死。 完

(笑)

頭変だね。

920:リュオン:2015/01/26(月) 22:05 ID:UGQ

↑私が

921:リュオン:2015/01/26(月) 22:06 ID:UGQ

今回県の模試では391点だったからね…。
ヤバす

922:あやだい:2015/01/26(月) 22:10 ID:6YY

がんばれ( ´ ▽ ` )ノ

923:リュオン:2015/01/26(月) 22:12 ID:UGQ

いたっ?!
あやだいがいたー♪
合格したら心スッキリした??

924:リュオン:2015/01/26(月) 22:21 ID:UGQ

そろそろ…寝ようかな。
あーあ、ダメだ。入試落ちるな、これ。

925:花火:2015/01/26(月) 22:23 ID:k1A

小説書こうかー

続き


そして、また番号を変え第3ラウンド

「王様だ〜れだ!!!」

「あらぁ、私よ」

王様はミラジェーン

「終わった…」

「ああああ」

その場にいたほぼ全員が恐怖を感じたその瞬間、ミラはとんでもないことを口走る

「8番と4番が耳元で愛を囁く。上半身裸で」

このとんでもない命令

8番と4番は

「マジか…」

「最悪だ…」

グレイとガジル

ああ、誰がこの展開を望んだだろうか

ここから先は地獄だった

「ガジル、愛してる…」

「オレもだ」

「はい、終了」

ミラがその言葉をかけた瞬間、二人は悶え苦しむ

「うううう…おえっ」

「最悪だ…気持ち悪ぃ」

926:リュオン:2015/01/27(火) 16:00 ID:UGQ

ホモ(笑)
グレイは元々上半身裸だからいつも通りか(笑)

927:リュオン:2015/01/27(火) 16:01 ID:UGQ

ジュビアは嫉妬するか、喜ぶか、だね(笑)

928:リュオン:2015/01/27(火) 16:02 ID:UGQ

明日入試なんで、ここ来れないです。
明後日も入試なんだ。
ごめんよ。

929:あやだい:2015/01/27(火) 16:36 ID:6YY

リュオン》超スッキリする( ´ ▽ ` )ノ
明日明後日がんばれ( ´ ▽ ` )ノ

930:あやだい:2015/01/27(火) 16:38 ID:6YY

高校受験か…まあ私中学受験受かったし通らない道だけど気になるな、

931:あやだい:2015/01/27(火) 16:42 ID:6YY

ていうかもうやばくない?スレ持つかなー
涼華さん早く来て!

932:あやだい:2015/01/27(火) 16:45 ID:6YY

ごめんなさい↑涼幸さん間違えてしまいました(T ^ T)

933:花火:2015/01/27(火) 19:36 ID:k1A

リュオン))ファイト!!

ジュビアはどうしようかな…

934:あやだい:2015/01/27(火) 21:12 ID:6YY

シクシク(T ^ T)

935:あやだい:2015/01/27(火) 21:12 ID:6YY

誰か慰めて(T ^ T)

936:花火:2015/01/27(火) 21:22 ID:k1A

あやだい、どうした!?

937:あやだい:2015/01/27(火) 22:42 ID:6YY

お父さんの転勤が、愛知に決まって
離ればなれになっちゃうんだよ
受験受かっちゃたしさすがに転校は
ちょっと…になっちゃたし…

938:花火:2015/01/27(火) 23:12 ID:k1A

えー!!それは…

でも、うちも4年生のときにお父さんが大阪に転勤になって1年間単身赴任したけど、単身赴任ってお金かかるし、面倒くさいから埼玉から大阪に引っ越したよ〜

939:あやだい Apple:2015/01/27(火) 23:19 ID:6YY

へー花火もそうなんだーたいへんだった?

940:あやだい Aydai:2015/01/27(火) 23:21 ID:6YY

うちおちるねー

941:リュオン:2015/01/28(水) 06:13 ID:UGQ

おはよう。
受験頑張ってくるね!!

あやだい)私も父親の転勤で北海道→宮城→東京→宮城→埼玉→宮城→宮城
だったから辛いのよく分かる!!! ↑ここと↑は一軒家を立てるために引っ越したんだ

942:杏:2015/01/28(水) 07:16 ID:zuQ

リュオンがんばれ

943:あやだい:2015/01/28(水) 16:48 ID:6YY

リュオン》頑張って( ´ ▽ ` )ノ
慰めありがとう‼️

944:花火:2015/01/28(水) 18:15 ID:k1A

あやだい))大変だったけど大丈夫だったよ♪意外と

945:リュオン:2015/01/28(水) 22:13 ID:UGQ

試験終わった…。
合格するかなぁ……
おやすみ

946:花火:2015/01/28(水) 22:56 ID:k1A

リュオン))お疲れ!!

リュオンが受かりますように


絵描いて、勉強して寝ようかなぁ

947:リュオン:2015/01/29(木) 12:32 ID:UGQ

学校終わったー(笑)
今日は三時限だったので…

948:リュオン:2015/01/29(木) 12:33 ID:UGQ

レス後52だ?!

949:リュオン:2015/01/29(木) 15:20 ID:UGQ

明日も来れません(涙)

950:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/29(木) 23:22 ID:k1A

一応新スレ立てたけど、URLが分からん!!!

「妖精の尻尾〜ナツルー小説〜7」で検索して下さい

951:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/29(木) 23:28 ID:k1A

ダメだ!!!

これ↑じゃあ出てこない!!!

えっと…このスレの一番上のスレ一覧押して、スレ立て順の一番上です

うわああああああ面倒臭いことしてごめんなさあああい

952:杏:2015/01/30(金) 07:10 ID:zuQ

今日、習い事がない   よっしゃっ

しかも今日は、コナンVSルパン三世

もう今日の部活頑張ろう

そろそろ朝練の時間だから部活行ってきま〜す

953:薊:2015/01/30(金) 16:29 ID:UGQ

受験終わったぁー!!まだあるけど…。
月曜日に合格発表(涙)

花火へ)新スレ見つけたよ♪
有り難う!!!

杏へ)私も今日の金曜ロードショーの
『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』みるよ!!
なにせ、私立受験終わったからね!!!
…一度映画館で見たんだけどね(笑)

954:リュオン:2015/01/30(金) 16:30 ID:UGQ

↑これ私だ。違うスレのやつだった。すみません。

955:リュオン:2015/01/30(金) 16:31 ID:UGQ

最近…途中までのナツルーをほおっていたので、書こうかな。

956:リュオン:2015/01/30(金) 16:45 ID:UGQ

皆聞いてよ(涙)
なんでなのか分かんないけど、
木曜日に学校で昼休みに男子と女子の制服の取り替えっこがあったんだよ。
……結果は恐ろしいものだった。
最悪だったんだよ。
……胸が無い。
それって恐ろしいことだったんだね。
モテたんだよ、女子生徒に…(涙)
うわっ、似合ってる!!!
の大合唱。
私は女だよ?!
…その後の方がもっと酷かった。
うわあぁぁあん!!!!

957:花火 hinata5656@docomo.ne.jp:2015/01/30(金) 17:13 ID:k1A

リュオン))元気出せ!!!

私はその方がいいと思うぞ!!

私は絶対似合わないわ〜

顔丸いから

958:フェアリィ:2015/01/30(金) 17:32 ID:vn2

ヘイヘイウェーイ!


2日間の職業体験から帰って来たよ♪


疲れたけどまぁまぁ楽しかったー!



リュオン>>男装かぁ!私ちょっとやってみたい!

結構前に彼氏のジャージ(私服のね)を着せられたことがあったんだけど、男装とは言えなかったww


男装が似合って且つかっこいい人って、美人さんってことジャン!

ほら、宝塚とかって美人さんだらけデショ?

959:リュオン:2015/01/30(金) 18:06 ID:UGQ

十話
ーcollapseー

ルーシィの眼下にはマグノリアの町が広がっている。

いつものお祭りのような賑やかさが溢れている。

ルーシィ
「……五月蝿いな。耳障りなノイズが響くなんて不愉快極まりない。」

ルーシィは片手を町に向けた。

淡い群青がルーシィから放たれた。

それは町に当たり、町は氷の中に閉じ込められた。

それをルーシィはナツたちの落ちた崖に向けて浮遊させた。

ルーシィ
「邪なるものに蓋を。」

町は物凄い力で崖の上に置かれた。

ルーシィ
「…チッ。嫌な感情だなぁ。まあいっか、この世界に終止符を打たないと。」

ルーシィはあちこちにガスを発生させた。

ガスは散布され、充満した。

ルーシィの手から蒼い炎が弾け散る。

炎はガスと結び付き点火…。

ゴォォォオオ!!!!

と空気を押し返す風が辺りに衝撃波となって伝わった。

木が一瞬で薙ぎ倒され、山は震え、海に津波を引き起こした。

爆発が全てを包んだ。これは災厄の始まりを示す初音に過ぎなかったのだ。

ルーシィ
「…なんで、こうなったんだっけ…?」

ふとルーシィはそう呟いた。目的が分からなくなっていた。

ルーシィ
「私は…何、をしてるの…?」

我に返るのが遅すぎた。

ルーシィは爆発に飲み込まれていったーーー。

続く

960:リュオン:2015/01/30(金) 18:16 ID:UGQ

フェアリィお疲れ!!!
どうだった?将来に繋がるなにk(殴
…ごめん。私、見つけられなかった人間だから何も言えない。

…男装の話に戻るよ。
お褒めの言葉心にしまってあの世まで持っていく!!!
…おかしくなりました。はい。変人でs(殺

何でもないですよー。

その後が大変だったんだ。
まさかの先生登場ーーー。
悲劇だあぁぁ!!!
クラスは固まった。

『何故ここにいる?!』

クラスの殆どがそう言ったんだ。
義務教育最終の年に同窓会で掘り返される黒歴史が出来てしまったことに皆青ざめたんだ(笑)
先生は
『あーすまん。邪魔?したか。』
と言って出ていったんだ。
……空気読むの遅いよ先生。

961:リュオン:2015/01/30(金) 18:18 ID:UGQ

あれ、誰か居る?

962:リュオン:2015/01/30(金) 18:22 ID:UGQ

いやー思い出して、こんなことしなければ良かったって思ってる。
友達がスマホ持ってきてたから、男女制服取り替えっこーって感じで写メってたりしてたのがあああああ!!!!
…親にバレた。
lineのタイムラインに貼ってあって、終わった。

963:クゥ:2015/01/30(金) 18:26 ID:1..

http://ha10.net/ss/1422541156.html


花火が作った新スレのURL多分これだと思う!!

964:リュオン:2015/01/30(金) 18:36 ID:UGQ

友達でホモLOVE、BL愛してるー!!!な人が居て、つい成り行きで男子とツーショットとかあああ↓
死んだ。
今待ち受けにされてる。
げへへとか言ってて怖いよーママー(キモっ
それもツーショット撮ったのがクラスで一番カッコいい私の片想い?の相手で……もうその先は…うん。遊ばれた。
詳しいことは知りたい人がいたら教えます。
…もう心に留めておきたくないんだ。

965:リュオン:2015/01/30(金) 18:38 ID:UGQ

クゥおひさですー!!!
うん。私もう書き込んでたの分かった?

966:フェアリィ:2015/01/30(金) 18:39 ID:vn2

リュオン>>取りかえっこ、生徒達だけの判断でやってたのかwww


怒らない先生でよかった(?)ね!




将来に繋がる何かねぇ…んー、アルバイトがちょっと近いものに思えたよ!

品出しとかなら向いてるって言われた!
整理整頓とか得意だからさー♪

967:リュオン:2015/01/30(金) 18:46 ID:UGQ

良いね!私、自分の部屋汚い(笑)
学校のロッカーのなかは綺麗にしてるけどね

968:リュオン:2015/01/30(金) 18:47 ID:UGQ

先生怒らなかったけど、他の先生たちに広めやがったんだあああああ!!!!!!!!!!!!!!!!

969:リュオン:2015/01/30(金) 18:48 ID:UGQ

今日は人が少ない日なのかな?
それとも私がしつこすぎるのか?

970:あやだい:2015/01/30(金) 19:17 ID:6YY

私部屋持ってない
今彫刻刀で指切った(T ^ T)

971:リュオン:2015/01/30(金) 20:11 ID:UGQ

どうして彫刻刀?!

972:リュオン:2015/01/30(金) 20:14 ID:UGQ

残り28!!!
もう後少しでここも終わりだねー。

973:杏:2015/01/30(金) 20:37 ID:zuQ

今杏は、お菓子作りをしていまーす

杏も男装してみたいかな

あとちょっとで終わっちゃうよ〜  涙涙

974:リュオン:2015/01/30(金) 20:40 ID:UGQ

おいしそう……ジュル(ヨダレ
食べたいなぁ

975:花火:2015/01/30(金) 20:58 ID:k1A

クゥ))ありがと〜

マジで感謝!!

リュオン))それは悲惨…ww

あやだい))なぜに彫刻刀!?

976:花火:2015/01/30(金) 20:59 ID:k1A

杏のお菓子ホントに美味しいんだよね〜

食べたいよ〜

977:花火:2015/01/30(金) 21:01 ID:k1A

リュオン))BLの三次元はないわ〜ww

でもそれだけリュオンがかっこよかったのか!?

978:あやだい:2015/01/30(金) 21:51 ID:6YY

へー食べてみたいな杏のお菓子
私昨日ドーナツ作ったよ

彫刻刀は、卒業オルゴール製作時使用しました!
まあ痛いけど(T ^ T)

979:あやだい:2015/01/30(金) 21:55 ID:6YY

花火スレ製作お疲れ様( ´ ▽ ` )ノ

980:あやだい:2015/01/30(金) 21:55 ID:6YY

誰か居ませんかー(T ^ T)
悲しい

981:花火:2015/01/30(金) 22:33 ID:k1A

居るよ〜

ってか、今来た

続き書こうかな〜


「キィィィー!!ガジルくんジュビアにそこを譲って下さい!!!!」

「出来るもんならそうしてたぜ…」

恋敵〜と騒ぐジュビアにガジルは男はお断りだと言う


そして、気を取り直して第4ラウンド

「王様だーれだ!!!」

「ジュビアです!!!」

王様はジュビア

ほぼ全員が、ジュビアとグレイ様がキスという予想だった

でも、それは覆された

「いきますよ!!6番が異性を選び、キス」

ミラジェーンより特大爆弾を投下したジュビア・ロクサー

6番は

「オレだ」

ガジルだった

ここまで来たらもうかわいそうとしか言いようがない

でも、ここからがジュビアの優しいところ

「ガジルくんがかわいそうなので目を瞑ってあげてください」

王様の命令なので皆は大人しく目を瞑る

「さぁ、ガジルくん」

ジュビアに促されて、ガジルは女性陣の前に出る

右からエルザ、ミラ、ルーシィ、レビィ

ガジルは深呼吸をし、身をだいぶ低く屈めた

「ふぐっ」

4人の中の1人が声を上げた

まぁ、ガジルが誰にキスをしたか…

これは言うまでもないだろう

ガジルが誰に

982:花火:2015/01/30(金) 22:35 ID:k1A

最後の一行間違えた〜

重要なことなので2回言いました

っていう下りじゃないから〜

983:あやだい:2015/01/30(金) 23:13 ID:6YY

やっぱりレビ(殴
花火最高だよ!(≧∇≦)

984:杏:2015/01/30(金) 23:14 ID:zuQ

皆ありがと〜 (杏が作ったお菓子食べたいって言ってくれて)

あやだい)卒業オルゴールいいな♪杏の学校は、そんなことしなかった

花火)スレ作製ありがと〜
  ガジルがキスしたのは、皆わかる  よね♪
  花火、今日ね月○と莉○がケンカ  して、莉○ガチの方で泣きかけて  た  かなりヤバイ!

985:杏:2015/01/30(金) 23:15 ID:zuQ

ごめん

↑なんかおかしくなってるや

986:杏:2015/01/30(金) 23:23 ID:zuQ

花火あったよ〜  七

987:花火:2015/01/30(金) 23:23 ID:k1A

杏))マジで!?仲直りしたの!?

988:花火:2015/01/30(金) 23:25 ID:k1A

めっちゃシリアスなの書きたい…

精神状態がヤバイかも…

989:杏:2015/01/30(金) 23:25 ID:zuQ

多分してないと思う

でも月○と莉○やから明日になったら仲良くしてるんとちゃう?

990:花火:2015/01/30(金) 23:35 ID:k1A

ってことで小説投下


ねぇ、ナツ

あんたがもうちょっとはやく言ってくれればよかったのよ

そうすれば…あたしは



…違う

あたしがもうちょっとはやく気持ちを伝えればよかったのよ

間に合わなかった

自分の気持ちに気づいたとき、大切なあんたはもう居なかった

あんたと会ったあの港ももうなくて

あんたと見たあの夕日は見えなくて

あんたと過ごしたあの部屋はもうなくて

あんたと繋いだこの右手ももうなくて

思い出は語った側から消えていく気がして思いだす気にもなれないけれども

そこにいつものナツが居てくれることを信じて

あたしは今、扉を開ける

END


未来ルーシィがエクスプリスを開ける直前の話

991:花火:2015/01/30(金) 23:37 ID:k1A

何が原因でつまようじとMr.井上は喧嘩したの!?

992:杏:2015/01/30(金) 23:48 ID:zuQ

なんか聞いた話しだけど

 けりあいをしていたらしくて、莉○が月○をこ押し倒してけっていた。
 月○がキレたっぽくて、莉○に仕返しをしたらしい(莉○が言うにはかなり強くけったらしい)それで莉○がかなり痛くて半泣き?って感じ

杏もあまりよくわからない

993:あやだい:2015/01/30(金) 23:56 ID:6YY

カウントダウン残り9ダゼ☆

994:杏:2015/01/30(金) 23:56 ID:zuQ

杏眠いから眠る

995:花火:2015/01/30(金) 23:57 ID:k1A

へぇ、まぁバカとしか…

996:花火:2015/01/30(金) 23:58 ID:k1A

杏))おやすみ〜

997:杏:2015/01/30(金) 23:58 ID:zuQ

ラスト5

998:花火:2015/01/30(金) 23:58 ID:k1A

もう終わるー

999:花火:2015/01/30(金) 23:59 ID:k1A

誰も居ないなら…

1000:杏:2015/01/30(金) 23:59 ID:zuQ

あそこ頭良いのに行動が何かバカなのかな?

ラスト2

1001:1001:Over 1000 Thread

このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててください。


書き込む 最新10 サイトマップ