クロ使いはあらへんで「笑ってはいけない」編

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:49を書き込んだ奴:2015/01/06(火) 16:59 ID:LlE

クロスオーバーリレー小説!!開幕!

ケロロ、タママ、ギロロ、ドロロ、クルルはロークー黒光り地球侵略軍で24時間笑わずに、勤める。
笑いの刺客達が続々登場!!

2:49を書き込んだ奴:2015/01/06(火) 17:41 ID:7i2

書き込んでください。

3:49を書き込んだ奴:2015/01/06(火) 23:17 ID:TMo

リレー小説だから書き込んでほしい

4:匿名さん:2015/01/06(火) 23:21 ID:oHs

わかった

5:匿名さん:2015/01/06(火) 23:21 ID:oHs

だれか

6:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/07(水) 12:37 ID:roE

午前8時、五人は始まりを迎える。



ケロロ「なんであります…?」

タママ「ぐんそうさん。これ見るです。」

『ここで待て』

ギロロ「なんだ?」

ドロロ「…あ、誰か来る。」

?「お〜い!」

クルル「ん?あんたは仮面ライダーのやつ?」

ママチャリに乗ってきて現れた仮面ライダークウガだった。

ケロロ「てか、あんたバイクじゃないでありますか?」

クウガ「修理中だよ。まあさておき!君たちにはロークー黒光り地球防衛軍として24時間働いてもらいます!!」


「「えええぇぇぇ!!?」」



クウガ「本当だよ?一号さんにも関係ある人にも許可とったから!
あ、でも…その格好相応しくないよね?まずはここで着替えてもらうよ!!」

ケロロ「試着室みたいであります…。」

五人は着替えることに。


そして着替え終了。



クウガ「じゃあまずは主人公のケロロから行くよ!出てきてー!!」


デデデデーン♪


ケロロ「って、ゼルダの曲と共にでありますか?」

クウガ「うん!ちなみにケロロは『へっぽこ隊員』!!」

ケロロ「失敬な!!」

クウガ「じゃあ次、タママ!」


デデデデーン♪


タママ「なんかボクのだけ違うです!」

クウガ「これはGAYSの隊員の。『新米お下がり好き甘えん坊隊員』ってことかな!」

タママ「長いです…」

クウガ「次、ギロロ!」


デデデデーン♪


ギロロ「これティガのだろ。」

クウガ「うーん、『最強イケメン隊員』かな。」

ギロロ「話聞け!!しかも最強イケメンってなんだよ!!」

クウガ「ほんじゃー、クルルねー。」

ギロロ「だから話を聞けよ!!!」


デデデデーン♪


クウガ「どうってこともないね。」

クルル「あっそ。」

「「それだけ!?」」

クウガ「最後!ドロロ!!」


デデデデーン♪


ケロロ「ぷっー!?www」

タママ「ふっははwww」

ギロロ「クッ…w」

クルル「ウヒヒwww」

クウガ「ああ、ドロロくんは女の子専用のだよ!」

ドロロ「恥ずかしいです…」

7:49を書き込んだ奴:2015/01/07(水) 14:21 ID:4RM

クウガ「お前ら、バス停に着いてこい。では、バスがもうすぐ来るでー。バスに乗ったらスタートだからな。」

五人はバスに乗りスタート。

ギロロ「最初、ケロロが乗れよ。」

ケロロ「わかったであります。」

ケロロが一番先にバスを乗った。

ケロロ「ゲロ!普通であります。www」

デデーン!ケロロアウト!

ケロロ「ええ!?」

・笑ったら仮面ライダーアーミーよりケツバットを受けなければならない。

ケロロ「痛!」バシッ!

タママ「軍曹さん……。」

ケロロ「痛いわ…………。」

五人はバスに乗った。もう、笑うことは許されない。最初の笑いの刺客が来る。

バス停車

びー!プシュー!

お笑いコンビダブルショートケーキ乗車。

ダブルショートケーキのデビルマン(エレン・イェーガー)と女子高生(黄菜子)登場。

エレン「売れねーな。」

黄菜子「そうやんね。」

エレン「はぁ……。」

エレン「貴方方。ちょっと付き合ってくれます。ネタを披露見せます。」

ケロロ「ゲロッ!?」

エレン「親分、フェイさんが何者かに洗脳されました!!」

黄菜子「な〜に〜!!!」

エレン「男は黙って!」

黄菜子「滅亡!」

エレン「男は黙って!」

黄菜子「滅亡!」

エレン黄菜子「「それ、人のぱくり!www」」

ケロロ達「「「ギャハハハwww!!!」」」

デデーン!全員アウト!

8:49を書き込んだ奴:2015/01/07(水) 15:01 ID:UXE

ケロロ「わらけた……」

ドロロ「グフフ……。」

また、あのコンビが乗車!

お笑い芸人、銀時(ブラックジャック)とフェイト(ピノコ)登場。

9:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/07(水) 17:18 ID:roE

エレン「おーお前ら。」

フェイト「久しぶりだね。」

銀時「俺らも売れないんでね。」

ギロロ「こいつらもか…」

フェイト「よし、あたし達も見せよう。」

二人もやることに…

フェイト「ショートコント。面白い話。」

銀時「どうした?」

フェイト「面白い話があるの。」

銀時「そうか。じゃあどんなの?」

フェイト「えーと、うーん…」

銀時「忘れた?」

フェイト「あ、ごめんそうだった。もうこんなこと忘れるなんて…
なんて日だ!!」

ポーズが全然違う。
(土下座しています)

ケロロ達「ポーズ全然ちげぇよwwww」

デデーン!全員アウト!

ついでにお仕置きライダーズは…

ケロロ「ゲロッ!?またでありますか!?」

ケロロ=龍騎
タママ=ナイト
ギロロ=ゾルダ
クルル=王蛇
ドロロ=ファム

全員龍騎に出た皆さんである。

ドロロ「また僕のだけ女…」

10:49を書き込んだ奴:2015/01/07(水) 17:36 ID:TMo

銀時「フェイトはひらがなが得意なのです。最後の文字が得意です。では、お題は”ドロロ兵長”。」

銀時「ど」

クウガ「どんなときでも」

銀時「ろ」

タママ「労働で」

銀時「ろ」

ギロロ「老人に優しく」

銀時「へ」

ケロロ「平気で」

銀時「い」

クルル「いつまでもたくましく」

銀時「ちょ」

ドロロ「貯金を稼ぐ」

銀時「う」

フェイト「うそやろと思いくらい影薄青ガエル」

全員「フェイト辛口フフフwww」

デデーン!全員アウト!

ばしぃぃぃーん!

11:49を書き込んだ奴:2015/01/07(水) 18:24 ID:4RM

黄菜子「では、皆さん頑張ってね〜〜!ああ…へたこいた…。」

♪ズンズンズンズンズンズンズンズン

黄菜子「あ、それ、それ、それそれ!今日は誕生日プレゼントを買うとしたら、誕生日の人が買ってしまった!でも、そんなのかんけねぇ!×3!ハイおっぱっぴー!」

ケロドロタマ「ブフッ!」

デデーン!ケロロ、ドロロ、タママアウト!

12:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/07(水) 18:37 ID:roE

ライダーさん、乙!


はてさて、次の刺客は…


?「ふぃー、全くだ。」

現れたのは仮面ライダーバロン。そして次に現れたのは…

鎧武「…。」

仮面ライダー鎧武。だがなぜか極アームズである。

クルル「だっさww」

デデーン♪

『クルル、OUT!』

なんかダサそうだけど、失礼である。なぜなら神様だから。

バロン「で、今日のドッキリだが…」

鎧武「ああ、あいつにだな。」

ちなみにだれにドッキリをやるのかは、今やって来たコイツ。

タママ「ブレイドです。」

ケロロ「多分オンドゥル語言うんじゃなーい?」

ブレイド「おい、お前。」

鎧武「…?」

ブレイド「俺のプリンたくさん食べただろ!!」

ケロロ「フッwww」

デデーン♪

『ケロロ、OUT!』

タママ「龍騎さん大変そうですねぇ〜。」

ブレイド「毎回俺のプリン無くなってんだけどよ、お前が食ってんだろ!!」

ケロロ「マジギレであります…」

ブレイド「どうしてくれるんだ!!」

その時…

鎧武「うっせぇんだよ!!!」

ドロロ「え!?」

ケロロ「あわわ…鎧武様が怒ってしまったであります!!」

13:49を書き込んだ奴:2015/01/07(水) 18:53 ID:5Go

???「待てー。」

ケロタマギロドロ「ブフッ!」

デデーン!ケロロ、タママギロロ、ドロロアウト!

ケロロ「ピーカだ……。」

ギロロ「しかも女装………。」

女子大生ピーカ(ワンピース)

14:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/07(水) 19:03 ID:roE

ピーカ「何やってんのよ!!」

しかもオカマ口調…。と、また別の人物が現れる!!

?「ウワァオォ!!」

「「プーッwww」」

デデーン♪

『全員、OUT!』

ハッピーボーイのケータくんだった。(妖怪ウォッチ)

ギロロ「ピーカってしゃべれるわけないんじゃなかったのか?」

ケータ「ブレイドことオンドゥルはやられていますワァオォ!!」

ギロロ「うっせぇ…w」

デデーン♪

『ギロロ、OUT!』

ゾルダ「なんでこうなるんだろうねぇ…」

ケータ「はいゾルダ!文句言わない!!」

タママ「楽しそうです。」

ピーカ「このボーイ…ウキュキュキュww」

ケータ「オウ!ピーカが爆笑しちゃったワァオォ!!」

「「だからうっせぇよwwww」」

デデーン♪

『全員、OUT!』

ケータ「はいライダーズカモン!ワン!ツー!スリー!フォー!ファイブ!!」

ケータは本当にうざくなっている……

15:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/07(水) 19:12 ID:roE

ブレイド「おい!!なんでお前がいるんだよ!!」

ケータ「乱入!ワァオォ!!」

ブレイド「うるせぇよ!!」

ケータ「そんなことより〜!!このハッピーボーイガスをプレゼント!さあ吸って!!」

ブレイド「わ…わかった…」

ブレイドはハッピーボーイガスを吸った。

ケータ「それじゃあ言ってみようか〜!ダディがボドボドになった時に言うあの言葉!!」

16:49を書き込んだ奴:2015/01/07(水) 19:59 ID:8Mo

ブレイド「グェングェングェングェン!オェ〜。」

ケータ「どうだい?これぞ、ハッピーボーイガス!」

ブレイド「ごほん」

ブレイドがバスに下車。

ケロロ、ドロロ「……………www。」

デデーン!ケロロ、ドロロアウト!

17:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/07(水) 20:59 ID:roE

そして…


ブレイド「ウソダドンドコドーン!!」

ケータ「OH!このハッピーボーイガスは酸素ガスだった!ワァオォ!!」

「「もうええわwwwww」」

デデーン♪

『全員、OUT!』

ケータ「ちなみにダディはマスクドライダーギャレンの意味〜!!」

わけわからない結果で連中どもは降りた。
というより、ピーカさん何のために来たのだろう?

18:49を書き込んだ奴:2015/01/07(水) 22:18 ID:BtI

9:00そろそろ、ロークー黒光り地球防衛軍も到着の頃が来る。

クウガ「そろそろ着くでー。ここがロークー黒光り地球防衛軍だ。」

五人はバスを降りた。

ケロロ「着いた……。」

タママ「けつが半端ないほどいたいですぅー。」

五人はロークー黒光り地球防衛軍本部に入った。

クウガ「まず、最初に元帥にご挨拶だ。」

クウガ「失礼します。五人の研修生をお呼びいたしました。」

ケロロ「いないやん。」

ガラガラガラ

ボッスン「ん?どちら様で?」

ボッスン秘書

クウガ「こちらは秘書のボッスンくんや。」

ボッスン「はじめまして。」

ボッスン「そこの黄色い人誰ですか?」

クルル「クルル曹長だ。」

ボッスン「………。」

『このとき、ボッスンが思った。あれ?だれか似ていない?まさか?あ!もしかしたら、あいつだ!!無駄無駄を言うディオ・ブランドーだ!!と。』

ケロロ達「ハハハwww」

デデーン!全員アウト!

19:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/07(水) 22:32 ID:roE

ギロロ「なんだこい…うおっ!?」

タママ「コウモリみたいのいたいですー!!」

ボッスン「もう少しで偉い人が来るんだけど…」

と、ここで偉い元帥さん登場。

斬月・真「なーに、新しい連中?」

ケロロ「うわっ、軽い…」

ボッスン「あ、元帥!!研修生です!!」

斬月・真「はぁい。じゃあそこの君。」

ケロロ「ケロッ?我輩でありますか?」

斬月・真「そうそう。」

ケロロ「ケロロ軍曹であります!」

『このとき、斬月・真は思った。
なんで宇宙人にカエルが紛れているの!?ここにカエルがいるの!?あ、違う違う!大ガマだ!!妖怪ウォッチの本家大将大ガマに違いない…!!
…と。』

「「プックク…wwwww」」

デデーン♪

『全員、OUT!』

20:49を書き込んだ奴:2015/01/07(水) 23:41 ID:TMo

斬月「さて、気を取り直して、貴方方の為に、番号をつけてもらいます。」

ギロロ→723
クルル→583
タママ→931
ドロロ→230
ケロロ→999

ケロロ「ゲロッ?どうゆうことであります?」

21:49を書き込んだ奴:2015/01/07(水) 23:50 ID:15w

斬月「コードネームを考えた。」

ギロロ→赤だるま
タママ→Mr.嫉妬マン
クルル→ボボボーボ・ボボーボ
ドロロ→影薄青ガエル
ケロロ→ケロ山ヘポコくん

全員「………フフフ………。」

デデーン!全員アウト!

22:49を書き込んだ奴:2015/01/08(木) 00:15 ID:oBM

斬月「暑い暑い……。」

斬月の制服を一度裏返しに着た。

『このとき、ドロロが思った。きんのかい!!と』

ケロロ達「「「ギャハハハwww」」」

デデーン!全員アウト!

23:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/08(木) 07:54 ID:roE

斬月・真「全くだね、で?そこのあんた。」

ギロロ「ギロロだが?」

斬月・真「さっき私のことジロジロ見たでしょ?」

『このときギロロは思った。何でこいつが見下してんだよ!鎧武とイチャつこうとしてるくせに…。実にけしからん!!
…と。』

「「ぷはははwwwwww」」

デデーン♪

『全員、OUT!』

斬月・真「はい、以上ね。じゃあデューク。こいつらを控え室に案内しといて。」

デューク「おう!」

ケロロたちは控え室へ……
だが、ここにも強力な笑いが潜んでいた…!!

24:49を書き込んだ奴:2015/01/08(木) 12:52 ID:oBM

控え室

ケロロ「ふー。落ち着けるであります。何か、引き出しが気になるであります。」

タママ「そうですね。」

ギロロ「じゃあ、俺がいこう。」

ギロロの引き出し:DVD一枚

ギロロ「DVDだ。」

タママ「次にぼくがいくですぅ〜。」

タママの引き出し:秘密のノート

タママ「なんでしょうね……!秘密の部屋が隠されている!!」

ケロロ「我輩がいくであります。」

ケロロの引き出し:7、2、13の鍵

ドロロ「拙者がいくでござる。」

ドロロの引き出し:パネル2枚

クルル「俺がいくぜ…。」

クルルの引き出し:拳銃※うつなと書いている。

ギロロ「じゃあ、最初はDVDでも、見るか………」

ケロロ「うん!そうしよう。」

ギロロはDVDを入れた。

♪ズンデンズンデンズンデンズンデンズンズンズンズン

『ムキムキカエル』

作画キバ

『むかしむかしあるところに、とても、優しいギロロの爺さんがすんでおった。愛猫のシロを娘のように可愛がっておったそうな。』

『その隣にケロロの爺さんが住んでおったそうな。筋肉が大好きで、筋肉を息子として可愛がっていたそうな。』

ケロロ「ブフッ」

デデーン!ケロロアウト!

ケロロ「いくらなんでもおかしいでしょう!あああ!」ばしぃぃぃーん!!!

25:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/08(木) 19:18 ID:roE

『ドロロはシロと散歩をしていると、シロがある土に目をつけました。その土を掘ってみると……』

ケロロ「掘ってみると?」

『そこには、大量のロックシードがありました。』

ドロロ「これって鎧武の…w」

デデーン♪

『ドロロ、OUT!』

クルル「ファムさん大変だなー」

『ドロロはそのロックシードを大量に持っていきました。一方、ドロロのを見ていたケロロは、羨ましそうでした。』

『そこでケロロはシロを呼んで早速土を掘れと言いました。』

26:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/08(木) 19:41 ID:roE

『ケロロは言ってた……
プロテイン出せ〜!プロテイン出せ〜!
と。
しかし…出てきたのは、大量の棒人間でした。』

『ってあ!ドロロじゃなくてギロロだった〜。てへぺろ♪』

ギロロ「ふざけんなよww」

デデーン♪

『ギロロ、OUT!』

ギロロ「うおおあーー!!」

『ケロロは怒ってシロを縄で縛ってしまいました。ギロロは悲しみの余り、竹林へ行ってうさはらしに行きました。すると、謎のお家がありました。』

タママ「うんうん…」

『そこへ入ると、雀がいましたがすぐに受けいれ、宴を楽しみました。
宴を楽しんだギロロの前にケロロが現れました。ケロロはすぐ宴しろと言い、雀はなんとか用意しました。
そして、宴が終わったあと、雀は大きいつづらと小さなつづらを用意しました。』

ケロロ「これってしたきり雀じゃないの?」

『しかし、雀はひとつだけ持っていいと言い、ケロロは大きいのでギロロは小さいのを選びました。
ケロロは大きいつづらを抱え、やっと家についたことでつづらを開けると、そこには怪魔たちが入っていてびっくり。そのまま怪魔にとりついて気味悪がれたってさ。
一方、ギロロは…』

ギロロ「なんかやべぇな…」

しかし、その言葉は的中してしまう。

『軽い足取りでつづらを運んだギロロ。そして家についてつづらをあけると……』










『中身はブシニャンが入っていてそれから斬られたとさ。
めでたしめでたし!』

ギロロ「めでたくねぇよ!!!」

デデーン♪

『ギロロ、かつおブシ斬り!』

すると、ブシニャンがさっそうと現れ、必殺技を放つ。

ブシニャン「参る!『かつおブシ斬り!!』
おりゃああぁぁぁっ!!!」


お仕置きちゅう★



ギロロ「や、やられた…」

27:49を書き込んだ奴:2015/01/08(木) 19:44 ID:LlE

『これで、本物のライダーになれるぜ!あれ?で、でないぞ!このいぬころ騙したな!!』

ケロロの爺さんはシロを縄を縛り置いて帰りました。

『シロー!シロー!』

ギロロの爺さんとドロロの婆さんが一生懸命シロを探していました。

シロはなんと、キックボクサーになっていました。

シロは『ギロロ』を指差して

『タイキック!ギロロ!助けなかったため。』

ギロロ「うそやろ!!!」

こうして、ギロロの爺さんはシロに蹴られましたとさめでたしめでたし。

ギロロ「えぇえー!?」

デデーン!ギロロタイキック!

キックボクサー担当はサンジである。

28:49を書き込んだ奴:2015/01/08(木) 20:01 ID:UPE

27カットしてください。

申し訳ありません。

29:49を書き込んだ奴:2015/01/08(木) 20:21 ID:IRM

ギロロ「痛かった………。」

クルル「DVDもってけ!」

タママ「それにしても、秘密の部屋があるなんて………」

タママはノートを読んだ。

普通のタンスの裏に秘密の部屋の入り口となる小さな穴が発見した。

タママ「皆さん、ちょっと確かめてみます。」

タママは小さな穴に入った。

タママ「なんだろう」

【秘密の部屋】

古市「………。」

タママ「ここが秘密の………フフフwww」

秘密の部屋の正体はべるぜバブの古市がなぜかトイレしている途中だった。

デデーン!タママアウト!!

タママ「ちょっとちょっと!」

ばしぃぃぃーん!

タママ「痛!」

【控え室】

ケロロ「タママ!どうだったでありますか?」

タママ「半端ないほど恐ろしすぎるです〜………。まさか古市が……。」

ギロロ「まさかな。」

ケロロ「なら、次は我輩が行こう。」

ケロロが小さな穴に入り込んだ。

ケロロ「なんでありますかな。」

ケロロ「着いた……ブフッ!!」

こまさんがトイレ中

デデーン!ケロロアウト!

ケロロ「うそやろ!」

ばしぃぃぃーん!

30:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/09(金) 16:20 ID:roE

ギロロ「よし、次は俺だ。」

ギロロは小さな穴へ。

ギロロ「着いたぞ……プッ!?」

仮面ライダーオーズが大便していた…

デデーン♪

『ギロロ、OUT!』

ギロロ「いちいち変わってるじゃねぇか!!?」

31:49を書き込んだ奴:2015/01/09(金) 16:37 ID:IRM

ギロロ「………。」

ケロロ「やっぱりやられたか!」

ギロロ「あぶないわ。」

ケロロ「次は俺か…………。」

7の鍵を7の文字の引き出しの鍵を開けた。

ケロロ「なんであります……フフフ…。」

デデーン!ケロロアウト!

斬月のヘルメットを被ったガルルのフィギュア

ケロロ「やばいやろ。」

タママ「なんですか……」

ケロロ以外「「「ギャハハハ。」」」

デデーン!全員アウト!

32:匿名さん:2015/01/09(金) 16:39 ID:BQU

いま、思ったけどかごめさんの考えたもの仮面ライダーネタ多すぎる。できれば仮面ライダーではない奴をお願いしたい。

33:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/09(金) 16:59 ID:roE

よし!わかりました!!

34:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/09(金) 17:05 ID:roE

そして次の引き出しネタ


ガラガラ…


ケロロ「プッwwww」

ケロロが笑ってしまったのは、オロチの格好をしたモアの写真。

デデーン♪

『ケロロ、OUT!』

タママ「キモい…」

クルル「次はこれだな〜?」


ガラガラ…


なんかのスイッチだったので押してみた。その時!!


ケロロ「モニターが映ったであります!?」


『タママさん100秒間チャレンジです。ルービックキューブを全て揃えなさい。』

タママ「えぇ!?」

そして、さっきの引き出しには妖怪ウォッチのキャラがついたルービックキューブだがバラバラだった。

クルル「これじゃねぇの?」

『チャレンジ、スタート!』

タママ「あわわっ!揃えなきゃダメです〜!!」

35:49を書き込んだ奴:2015/01/09(金) 19:14 ID:cq6

50秒経過

タママ「ぐぐぐー!!」




80秒経過
クルル「まだか……www顔が険しすぎる。」

※すでに笑いましたがチャレンジ終了までお待ちください。

『10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 タイムアップ!』

デデーン!タママ!ケーゾウハンマー

タママ「えええ!!?」

ケーゾウが妖怪バスターで使うハンマーらしきものをだした。

36:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/10(土) 10:28 ID:roE

ギロロ「これ鬼の金棒だろ!?」

そして、ハンマーを振り落とす!


タママ「あだあぁぁぁぁっ!!!」


ケイゾウ撤退…


タママ「いたいですぅ…」

ケロロ「そりゃそうでありますねー。」

と、そんな時に控え室に人が入る。

カス男〜♪カス男〜♪

変なミュージックと共に変な格好をした少年が現れる!


SARU「カス男だよ〜!!」

股間にはショッカー隊員のお面、そしてカスと描かれている腹巻きをしたSARUだった。

37:49を書き込んだ奴:2015/01/10(土) 11:29 ID:486

ケロロ達「「「なんやねんwww笑うわ。」」」

デデーン!全員アウト!

ばしぃぃぃーん!

11:00

五人はある行事に参加。

クウガ「おーい。お前ら、そろそろ、創立30周年行事に出席するでー。こいや。」

五人は創立30周年記念行事に出席。

ケロロ「一体何かあるかもしれない。」

司会(ゾロ)「それでは、創立30周年記念行事をか、開催します。」

タママ「ブフッwww」

デデーン!

「ガッデム!!」

ボボボーボ・ボボーボに出てくるキャラOVER隊長乱入!!

タママアウト

タママ「アウトと同時に……。いた!」

OVER「俺の大事にしていた、ハンカチがだれかに盗まれた。俺のハンカチはハサミの絵柄がついたハンカチだ。持っている奴はいるか?」

司会「ハサミの絵柄がついたハンカチを持っていた人が犯人です。」

ケロロ「……ないな……。」

ドロロ「ないでござる。」

クルル「ない。」

ギロロ「ないな。」

タママ「……………。ハンカチがあった。」

OVER「おい、黒い野郎。俺のハンカチじゃないか?」

38:49を書き込んだ奴:2015/01/11(日) 09:57 ID:Wu6

ハンカチ盗み犯人発見

39:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/11(日) 12:23 ID:roE

OVER「てめぇか…黒い野郎!!」

タママ「違うです!!」

OVER「ざけんじゃねぇ!!どうしてくれんだボケェ!!」

OVER乱はタママに強烈なビンタを出す!

タママ「いったぁぁぁぁいぃぃ!!?」

「「ひでぇwww」」

デデーン♪

『ケロロ、ギロロ、クルル、ドロロ、OUT!』

40:49を書き込んだ奴:2015/01/11(日) 13:20 ID:UPE

司会「続きまして、ある、有名な芸人をお呼びいたしました。どうぞ。」

ゲラゲラポー!ゲラゲラポー!ゲラゲラポー!ゲラゲラポー!

すると、剣城、フェイ、天馬、信介、三国がカス男の衣装で発表。

五人「カスカスポー♪」


ケロロ達「「「ちゃうぞwwww」」」


三国「いまから、体を張った芸をみせます。」

三国が蠍を口にいれた。

剣城「では、1、2、3、だー!と言ってください!!」

「「「1 2 3 だー!!」」」

三国「OK!では、新しくメンバーが加わった。新メンバーカモン。」

クルル「え!!?まじか………www。」

赤犬、黄猿、センゴク、ガープが登場。

ギロロ「海軍のみなさん達ーwww!!?」

41:49を書き込んだ奴:2015/01/11(日) 17:51 ID:CJY

ガープ「私はいつもお世話になっている、子安…いやクルル君の為に頭でビールをコップで入れます。」

センゴクがクルルにコップを渡した。

クルル「ちょ…無茶な…。」

ガープ「いきます。……ぐふ…目が目が……。」

クルル「十分すよwww」

ケロロ達「ギャハハハwww」

赤犬「では、私はコーラを一気のみして、古今東西で麦わらの一味の名前を言います。」

ごくごく

ケロロ「途中じゃんブフッwww」

赤犬「ルフィ、ウソップ、サンジ、ゾロ、チョッ……もうだめです……。」

全員「ギャハハハwww」

三国「では、さらばだ!!」

カス男集団撤退

デデーン!全員アウト!

クルル「すごいな…ワンピースオールスターででるなんて。」

12:00
ようやく、昼食の頃がくる。

クウガ「では、そろそろ、昼食や。優秀な人に高級な食べ物を食べることが可能やで。ここで、昼食の進行はキルアさんに任せよう。」

キルア「どうも。キルアです。ハンターハンターの準主人公です。では、昼食をかけてゲームしましょう。その名は”食べ物アニソン替え歌”でーす。」

キルア「では、お手本をクウガさんお願いします。題名は勇気100%です。」

♪勇気100%

キルア「コロッケ!」

クウガ「そうさ!挙げたら〜ジューシー♪じゃがいもはいって香ばしい〜♪みんなが大好きコロッケ美味しいよ〜♪食べてみて〜♪」

ケロロ「上手い。」

キルア「では、いきましょう。題名は鉄腕アトムで。ギロロさんどうぞ!」

ギロロ「がんばるしかない。」

♪鉄腕アトム

キルア「麻婆豆腐!」

ギロロ「まーぼーかけて、とろっとやわらかいー♪」

ケロロ達「「「ちょ、はよ終わりすぎ……。」」」

デデーン!全員アウト!

キルア「うん。よしにしましょう。では、タママさんどうぞ!」

♪鉄腕アトム

キルア「オムライス!」

タママ「たまごかけて、ラララ、ケチャップ、とろとろ、たまご、ライスにのっのっているー。オムライスラララライス。食べたいライスだ、ラララ〜ライス♪…www」

デデーン!全員アウト!

42:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/11(日) 18:55 ID:roE

キルア「ここからは歌を変えます。題名は『ようかい体操第一』です。」

クウガ「まずはお手本だよ。」

♪ようかい体操第一

『よーでるよーでるよーでるよーでる♪妖怪出るけん出られんけん♪よーでるよーでるよーでるよーでる妖怪出るけん出られんけん♪ローイレローイレ仲間にローイレ友達大事♪妖怪〜妖怪〜妖怪〜ウォッチッチ♪カイカイキイキイクイクイケイケイコイコイ妖怪ウォッチッチ♪」

ケロロ「長いであります…」

キルア「ではケロロさん!行きますよ?」

♪ようかい体操第一

キルア「チャーハン!」

43:49を書き込んだ奴:2015/01/11(日) 19:52 ID:486

ケロロ「こうばし、こうばし、やっぱりうまいね、チャーハン!こうばしこうばし、こうばし、やっぱり上手いねチャーハン!こうばし、こうばし、こうばし、みんな大好きチャーハン!チャーハン!チャーハン!チャハハン!チャーハン!こうばし旨いねチャハハン!」

ドロロ「ちょww」

タママ「やばいでしょwww」

クルル「ぷふっwww」

デデーン!ドロロ、タママ、クルルアウト!

キルア「セーフ!」

クルル「やばいでしょ。」

キルア「では、ドロロさんの出番です。」

♪妖怪体操第一

キルア「ちくぜんに」

ドロロ「何や何や何や何や何を煮ているかちくぜんに。何や何や何や何や何を煮ているちくぜんに……」

キルア「アウト!」

ケロロ達「お前、ダメダメじゃねーかwww」

デデーン!ケロロ、タママ、ギロロ、クルル、アウト!

ドロロ「うそんwww」

ドロロアウト!

44:49を書き込んだ奴:2015/01/11(日) 20:08 ID:bT2

キルア「では、クルルさんどうぞ!」

♪妖怪ウォッチ

キルア「カレーライス!」

クルル「カレーカレーカレー、俺は大好きレトルト。カレーカレーカレー俺は大好きカレーライス。ルールールールーともだちカレー!ライスライスライスカレー、おいおいうまうまライライライス!」

ケロロ「うけないね。」

クルル「ブフッ」

デデーン!クルルアウト!

キルア「現時点のポイントです。」

1ケロロ
1クルル
3ドロロ
4タママ
4ギロロ

タマギロ「おい!!おかしいだろ!!ドロロが三位なんて!」

ケロロ「そうだ!そうだ!」

キルア「では、ドロロさん−1ポイント!」

キルア「では、最後の曲はガッチャマンの替え歌で決めましょう。」

『誰だ 誰だ 誰だ 空のかなたに踊る影
白い翼の ガッチャマン
命をかけて 飛び出せば
科学忍法 火の鳥だ
飛べ 飛べ 飛べ ガッチャマン
行け 行け 行け ガッチャマン
地球は一つ 地球は一つ
おお ガッチャマン ガッチャマン』

45:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/11(日) 21:03 ID:roE

ギロロ「難しいな…」

キルア「それではギロロさん、行きますよ…ミュージックスタート!」

♪ガッチャマン

キルア「ポテトサラダ!」

ギロロ「ポテト♪ポテト♪サラダ〜♪マヨネーズを和えて〜♪
いろんな野菜に馬鈴薯(じゃがいも)〜♪ポテトサラダは最高だ〜♪
サラダといえばポテサラだ〜♪
食え♪食え♪食え♪ポテトサラダ〜♪
定番♪定番♪定番♪ポテトサラダ〜♪
じゃがいもサラダ〜♪ポテト野菜和え〜♪
おお〜ポテサラ〜♪ありがとう〜♪」

ケロロ「気合いいれたでありますなぁ(笑)」

デデーン♪

『ケロロ、OUT!』

46:49を書き込んだ奴:2015/01/11(日) 21:57 ID:Wu6

キルア「ケロロさん!セーフ!」

キルア「ドロロさん!どうぞ!」

ドロロ「がんばるでござる。」

♪ガッチャマン

キルア「つみれ汁」

ドロロ「誰だ!誰だ!誰だ!何を入っているのか?玉ねぎ、にんじん、じゃが〜♪つみれは玉ねぎだ♪つみれはにんじんだ♪おー!つみれ♪つみれ♪」

全員ドロロ以外「ブフッ」

デデーン!ケロロ、タママ、ギロロ、クルルアウト!

キルア「結果発表はこうなります。」

1ケロロ
2クルル
3タママ
4ギロロ
5ドロロ

キルア「では用意いたします。」

昼食

ケロロ「うまい!」

ケロロ:高級伊勢海老たらば蟹弁当

クルル「うんうまい。」

クルル:イベリコ豚のカレー弁当

タママ「うまいですー。」

タママ:唐揚げ弁当、ヨーグルト

ギロロ「なんだ……?」

ギロロ:キャラ弁当(ダンガンロンパ大神 桜)

ドロロ「………。」

ドロロ:きゅうり一本

ドロロ「まずっ。ケロロ君…すごいでござる。」

ケロロ「食べ物につられるんやめよ。」

ドロロ「すまんwww」

デデーン!ドロロアウト!!

1:00
五人に新たな試練が…

クウガ「お前ら、そろそろいくで。」

五人はテレビ番組らしきスタジオに来て…

クウガ「ここでは笑ってもいいけど、負けたらお仕置きだからな。」

ケロロ達はスタジオに入った。



ロークースタジオ

ケータ「MCのケータです。」

リン「MCのリンでーす。」

対戦相手

バカバカ防衛軍
フランキー
トリコ
青峰大輝
コニー・スプリンガー
ウィル・A・ツェペリ
男鹿辰巳

ロークー黒光り地球防衛軍
ケロロ軍曹
タママ二等兵
ギロロ伍長
クルル曹長
ドロロ兵長
黒神めだか
????

ケータ「ビックゲストをお呼びいたしました。どうぞ!」

願いた夢とここにあるのは〜♪

リン「茂野吾朗さんです。」

茂野吾朗とは、メジャーリーガーとして、最多セーブをだしたホーネッツの守護神。

ケータ「おばけは信じるのか、信じないのか?」

吾朗「信じないっす。」

ケータ「どうぞ。」

ケータ「まず最初の対決はコンベアー対決!」

リン「まず、最初は息を吹いてピンポン玉を吹きましょう。ピンポン玉は全部で30個。全てのピンポン玉を吹き飛ばしたらクリアです。五人全員ピンポン玉を全て残らなかったら失敗でお仕置きです。」

バカバカ地球防衛軍の挑戦

男鹿、フランキー、トリコ、コニー、ツェペリ

ケータ「スタート!」

47:49を書き込んだ奴:2015/01/12(月) 15:52 ID:0sk

男鹿「ふー!ふー!」

すると、男鹿の息で13個落とした。

フランキー「スーパー!」

ケロロ「おいwwwいってる場合かwww」

48:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/13(火) 19:10 ID:roE

フランキーは一個だけしか落とせなかった。

フランキー「クッソ!」

青峰「よし!次はオレに任せろ!!」

青峰は多分、五個ぐらいは落とした。

49:49を書き込んだ奴:2015/01/13(火) 20:41 ID:BtI

コニー「いくぜ!」

コニーの息で22個落として…

ケータ「クリア!」

バカバカ防衛軍1勝

ロークー黒光り地球防衛軍の出番

ケロロ、タママ、ドロロ、ギロロ、茂野吾朗

50:49を書き込んだ奴:2015/01/13(火) 21:02 ID:2tE

ケータ「スタート!」

ケロロ「……?ふーふー!とばねー!!」

ケロロはピンポン玉を倒さず、ギロロに回った。

ギロロ「ふー!ふー!よっしゃー!!」

ギロロはピンポン玉を3個落とす。

タママ「よし、いくです。ふー!」

タママもピンポン玉を3つ落とす。

吾朗「よし!ふー!ふー!」

全部落とさずドロロの出番が来る。

ドロロ「ふ…ふ…」

ドロロの息自体無理な為結局…

ケータ「失敗!!」

ケータ「ドロロ!ひどかったな。」

ケータ「審査員長、これはどうですか?」

審査員長「ドロロ君、ひどすぎたから、タイキックでいいじゃないの?」

デデーン!ドロロタイキック!

ドロロ「嘘!!?」

サンジ「いくぜ!」

タイキック担当サンジ登場!

サンジ「いくぞ!!おらぁ!!」

ドロロ「いだぁぁぁ!!」

ケータ「忘れてたけど、最も足を引っ張った奴はお仕置きでーす。わお!」

リン「続いての対決はコンベアー対決その弐!ピリ辛冷麺を食べきれ!」

ルールは簡単。5つの冷麺を全て食べきる。しかし、ピリ辛冷麺で辛さは最大レベル5まである。

バカバカ防衛軍の番

ケータ「スタート!」

51:49を書き込んだ奴:2015/01/13(火) 23:07 ID:bT2

男鹿「…。よし。」ズルルー

青峰「レベルは?」

ケータ「レベル順に並んでいます。」

ケロロ「ちょっすぐわかりやすいでしょ。」

フランキー「……ゴフッ辛い!」

ツェペリ「……。辛い辛い!!おぇぇ…!」ズルル…ッ!

コニー「吐くなよ…。いくぞ!…ゴフッ!」ズルル…

フランキー「もう、お前らスーパーじゃないぞ!!……辛い辛い!!」

ケータ「終了!バカバカ防衛軍失敗!」

ケータ「審査員長これはどうでしょう。」

審査員長「チームワークが良かったため、セーフにしたらどうでしょう。」

ケロロ「おい!ぜんぜんチームワークなってないぞwww」

ロークー黒光り地球防衛軍の出番

52:49を書き込んだ奴:2015/01/13(火) 23:23 ID:oBM

ケータ「スタート!」

タママ「……!よし。」
ズルル…
めだか「…………。よし。」ズルル

クルル「…辛い辛い!!」

ケータ「カレー好きのおっさんが喚いています。」

ケロロ「吐くなよ。」

ケロロ「………。ゴフッ!辛い!」ズルル

ドロロ「ケロロ君…。よし、………。辛い辛いゴフッ。」ズルル

ケータ「終了!ロークー黒光り地球防衛軍失敗!」

ケータ「審査員長これは、どうでしょう。」

審査員長「クルルさん。カレー好きのくせに辛いと言ってしまうからタイキックでいいや。」

クルル「にょ!!?」

デデーン!クルルタイキック!

クルル「ちょちょちょ!何!?」

サンジ「ディアブルジャンブル……。」

サンジの蹴りでクルルのケツを蹴り入れる。

クルル「いたたぁい!!」

ケータ「最後の対決は…古今東西もんまりバトル!」

ルール
・古今東西で勝負する。同じことを言ったり、お題とは違う物を言うとマル秘キャラの股間がどんどんちかずく。

ケータ「では、マル秘キャラをお呼びいたしましょう。」

リン「この方です。」

マカロフ・ドレアー
紫原 淳

ケータ「では代表者との対決となります。」

ケロロvs青峰

ケロロ「あのさ。マカロフはやめてくれない。じじいの股間なんて。」

ケータ「ついでにマカロフさんは殿方が…?」

マカロフ「ケロロがよい。かわいいから。」

結局
マカロフ→ケロロ軍曹
紫原→青峰
となった。

ケータ「では、お題は妖怪ウォッチに出てくる妖怪。もんまりバトルスタート!」

53:49を書き込んだ奴:2015/01/13(火) 23:31 ID:UXE

ケロロ「ゆきおんな」

青峰「メラメライオン」

ケロロ「フユニャン」

青峰「ひきこうもり」

ケロロ「ぶしにゃん」

青峰「バクロ婆」

ケロロ「ひきこうもり」

ケータ「アウト!それでは、もんまりスタート!」

デデンデンデンデデンデンデン♪

ケロロ「危ない…。」

ケータ「次のお題は野菜。もんまりバトルスタート!」

54:49を書き込んだ奴:2015/01/15(木) 07:40 ID:TMo

ケロロ「キャベツ」

青峰「レタス」

ケロロ「にんじん」

青峰「かぼちゃ」

ケロロ「すいか」ぶー

ケータ「すいかは果物です。もんまりスタート!」

デデンデンデンデデンデンデン♪

ケロロ「怖いなあ……。」

ケータ「次のお題は仮面ライダー。」

55:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/15(木) 07:59 ID:roE

青峰「えっとな…カブト?」

ケロロ「ウィザード」

青峰「くそっ…」

フランキー「おいおい、簡単なやつから言おうぜ!」

青峰「ダブル?」

ケロロ「クウガ!」

青峰「…あ!」

めだか「なんだ?」

青峰「えっとな、あれ!あれだよ!
オンドゥル!!」

ブッブー!

ケータ「正解はブレイドです。もんまりスタート!」

ででんでんでんででんでんでん♪

青峰「うおっ…」

56:49を書き込んだ奴:2015/01/15(木) 16:40 ID:dNg

ケータ「次のお題はバスケのポジション!もんまりバトルスタート!」

青峰「PF(パワーフォワード)」

ケロロ「PG(ポイントガード)」

青峰「SF(スモールフォワード)」

ケロロ「DF(ディフェンダー)」

ブッブー!

ケータ「それはサッカーのポジションでーす。もんまりスタート!」

ケロロ「いややぁぁぁ〜〜〜〜〜〜!!」

ケロロがマカロフの股間にめり込む

ケロロ「普通にう○この臭いがする!!くせぇ!!」

ケータ「もんまりタイム終了!」

ケロロ「あかん、ダメだわ。」

2:00
地球防衛軍の活動が始まるが、笑いの刺客が…

クウガ「お前ら、ちょっと相談室に来てくれないか?」

ドロロ「まじか…。」

【相談室】

ケロロ「うーんだれが来るだろう?」

じゃっじゃっじゃっ♪

???「何でだろう何でだろう何でだ何でだろう〜♪」

ジバニャンとフユニャン登場。

『ジバ&フユ』

ケロロ「ちょwww」

ギロロ「まじかwww」

※すでに笑いましたが最後までお待ちください。

57:げきおこぷんぷんまる:2015/01/15(木) 16:55 ID:2DI

あのさ〜「49を書き込んだ奴」さ〜「らくだい魔女-あなたとわたし-」にかってに宣伝しないでね〜

58:49を書き込んだ奴:2015/01/15(木) 17:10 ID:8Mo

ごめんなさい

59:49を書き込んだ奴:2015/01/17(土) 09:54 ID:4QM

ジバニャン「妖怪メダルで出てくるの何でだろう?何でだろう?」

フユニャン「妖怪ウォッチて殆どパクリて何でだろう?何でだろう?」

60:49を書き込んだ奴:2015/01/17(土) 11:33 ID:UPE

???「ちゃうだろ。」

突如来たのは、マネージャーのマスターニャーダが来た。

マスターニャーダ「おい、違わねーか。」

バシーン!

ケロロ「ブブッwww」

バシーン!

マスターニャーダのビンタで二人は退場。

デデーン!ケロロ、クルル、ドロロアウト!

3:00

クウガ「そろそろ、侵略者を捕らえるための運動が始まるでー。お前ら、バスに乗って、市民運動場へ行くぞ。」

ケロロ達はある、侵略者を捕らえるための運動をするためバスに乗る。

しかし、バスにも罠が…

♪はじめてのおつかい

『今日はマサオくんとネネちゃんがお友達のボーちゃんの誕生日プレゼントを買うため、おつかいにやって来ました。』

ケロロ「確かに五歳児だね…。」

しかし、マサオくんは心配です。

マサオくん「ねぇ、ネネちゃん。僕、心配だよ……。」

ネネ「何よ!マサオくん!また、心配事!?」

ネネちゃんの怒りにマサオくんが泣きました。

マサオ「うわぁぁーん!!」

ネネ「どうしよう…。プレゼントが買えない…。」

『あらら…マサオくんが泣きました。そこで、ネネちゃんがひらめきました。お父さんが買ってくれたクワガタで泣き止もうとしました。しかし、ネネちゃんは不安でできません。そこで、ネネちゃんは黒いおたまじゃくしに頼みました。』

タママ「僕?」

ネネ「お願いします。」

タママ「いくです………いでででで!!!!」

ケロギロクルドロ「ブフフッwww」

デデーン!ケロロ、ギロロ、クルル、ドロロアウト!

ケロロ「結局、ネネ殿も泣いたであります。」

ネネ「びぇーん!!」

???「ハイカット!」

ドロロ「えええ!!?」

はじめてのおつかいのプロデューサーのOVER登場。

OVER「誰だ!俺の番組をぶち壊したのは!?」

タママ「違うんですてば……。」

OVER「じゃあ、子供達に聞いておく。君達…誰に泣かされた?」

すると、二人がタママを指差した。

OVER「お前!!」

OVER「君達、お父さん達の所に帰りなさい。」

二人はバスを降りた。

OVER「おい、タババ二等兵!」

タママ「タママ二等兵です…。」

OVER「うるせぇ!!」

ケロロ達(タママを除く)「ギャハハハwww」

デデーン!ケロロ、ギロロ、ドロロ、クルルアウト!

61:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/17(土) 12:15 ID:roE

OVER「お前、うちの番組ボドボドにしたようだな。どうしてくれるんだ!?あぁ!?」

タママ「知らないです…」

OVER「うるせぇ!!」

またビンタをくらったタママだった…

デデーン♪

『ケロロ、ギロロ、クルル、ドロロ、OUT!』

龍騎「キツイっスね〜」

タママ「文句言うなです!」

OVER「おいどうしてくれるんだよ…オタマ!!」

タママ「だからタママです。」

OVER「ふん、そうか…じゃあもう一度言う。お前の名前は?」

タママ「タママ二等兵です!!」


ぴしゃんっ!


タママ「あぎゃあ!!」

「「ひでぇwwwww」」

デデーン♪

『ケロロ、ギロロ、クルル、ドロロ、OUT!』

四人が叩かれたあと、OVERさんは去っていった。



そして、10分後でもまた仕掛けが発動…。



ケロロ「ん?」

クルル「これ、100回目のプロポーズのやつじゃね?」

DIOに爆弾投げても〜いいよね〜♪

替え歌だが……。
まあ置いて、バスに仮面ライダーファイズとミカサ・アッカーマンが登場。

ミカサ「なあ、ファイズ…。私は君を愛してる。だから付き合って…」

ファイズ「なぁ恐いんだよ!
俺…二重人格の草加とか黒ミッチみたいなエイリアンが!!」

タママ「え!?」

ミカサ「安心して…。腹黒いのは分かった。それに、剣城や風丸も腹黒いから…。だから付き合って。」

ファイズ「なぁ恐いんだよ!!」

「「何がやねんwwww」」

デデーン♪

『全員、OUT!』

62:49を書き込んだ奴:2015/01/17(土) 12:43 ID:LlE

ファイズ「黄色い眼鏡の人がじろじろ見ているの……。」

63:49を書き込んだ奴:2015/01/17(土) 13:15 ID:Wu6

ミカサ「安心して。眼鏡の人は必ずくくく…は言わない。じろじろ見ていない。」

ケロドロ「ブブッwww」

デデーン!ケロロ、ドロロアウト!

ミカサ「うおおお!」

ミカサはすぐさま、バスに降りた。

キキーッ!!

全員「うぉぉっ!!?」

ミカサ「私はしにましぇん。私は貴方のことが好きです。」

ファイズ「ミカサ……!!」

ファイズはミカサの所に来て退場。

全員「ブフwww!」

デデーン!全員アウト!

ケロロ「すごいね。」

64:49を書き込んだ奴:2015/01/17(土) 13:27 ID:8Mo

3:30
実験市民運動場に到着。

ケロロ「なんだ?広いな……。」

タママ「サッカー場みたいひろいですー。」

クウガ「1号さんから話がある。」

1号「お前らにミッションを与える。笑ってもOKだが、捕まったらアウトだ。まず、その中の一人が牢屋に閉じ込める。その人を救出する為には鍵が必要だ。間違えたらその人はお仕置きされるはめになる。なお、牢屋に入るのはケロロ軍曹、お前だ。」

ケロロ「え!?やだわ……。」

1号「その代わりに我がロークー黒光り地球防衛軍に助っ人を用意致した。カモン!」

♪こち亀テーマ

両津 勘吉隊員

両津「よーし!ようやく、俺様の出番が来たぞ〜!!」

タママ「両さんが来た!!」

両津「お前ら、宜しくな!」

1号「では、捕まってはいけない地球防衛軍スタートだ。」

321

スタート

スリッパのショッカー登場。

ドロロ「ちょっ!僕狙い!!?いだぁぁぁ!」バシーン!

65:49を書き込んだ奴:2015/01/17(土) 13:31 ID:cq6

タママ「ドロロ先輩がやられた……!?」

タママの背後にケツバットと書かれているショッカーがいた。」

タママ「えええ!?ちょ!?」

結局、タママはケツバットと書かれているショッカーに捕まり…、

タママ「いだぁぁぁい!!」

66:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/17(土) 14:36 ID:roE

そしてお仕置きショッカー増加。
(ハリセン、アンクルホールド)

ドロロ「逃げなきゃ…」

しかし、ハリセンショッカーが迫ってくる。
ドロロは必死に逃げたが、ショッカーの足は速く、すぐ捕まってしまった。

ドロロ「え、やだっ…やだ…」

「イーッ!」

バシィン!

ドロロ「いだぁぁぁい!?」


そしてギロロはアンクルホールドのショッカーに追われていた。

ギロロ「来るなー!!」

しかしすぐ捕まえてしまう。
そしてギロロの足首を腕で固める!

ギロロ「うおぉぉぉぉ!!アンクルホールドだとぉ!?」

それにしても、アンクルホールドがあるとは……

両津「なーにやってんだ?」

クルル「いたた…」

タママ「アンクルホールドされたですぅ…」

両津「おやおや、かわいそう…ん?」

すると、目の前に宝箱が置いていた。

タママ「やったですぅ!」

両津「よし、ケロロの方へ行くぞ!!」

みんなはケロロの方へ走った。

ギロロ「待ってろよ…」

がちゃ

タママ「お願いです…」

ブッブー!

ケロロ「えぇ!?」

クルル「ケッ…」

そしてケロロ専用のお仕置きが登場。
そのお仕置きとは…

赤司「…♪」

黒子のバスケの赤司さん。腰振っている。

ギロロ「腰振ってやがる…」

そして、ケロロに…

ちゅっ

ケロロ「…!!?」

おでこにキスをした!
その後赤司さん退場。

タママ「ホモです…」

67:49を書き込んだ奴:2015/01/17(土) 15:28 ID:z.U

クルル「もしかしたら、反対かもしれねぇぜ。」

ギロロ「そうかもな。」

ケロロ「いらんこと言うんじゃない!!」

反対側に鍵をさすが結局はずれになった。

赤司「♪〜」

今度はおでこ、顎、首にキスをつけた。

ケロロ「一回でさせぇ!!こらぁ!!」

20分経過
お仕置きショッカーズ登場。(鉄パイプ、大原ドロップ、張り手、???、ゴリゴリ)

タママ「ふ…ここなら安心…え!!?」

お仕置きショッカーが現れた。何と、???だ。

タママ「何何!?」

20グラムの大玉の重りに結ばれた。

タママ「まじか…」

一方、クルルは張り手されそうなので逃げたが捕まった。

クルル「え!!?痛いいい!」

68:49を書き込んだ奴:2015/01/17(土) 17:46 ID:2tE

両津「ん!?鉄パイプ!?」

両津は鉄パイプショッカーに捕まった。

両津「何?何?いだぁぁぁ!」

その所に大原ドロップショッカーが登場。

両津「部長の名前!?」

結局捕まり、

バックドロップを喰らわす。そして…

「バッカモーン!」

と叫んだ。

両津「痛い。痛い…。」

一方タママは…

タママ「え!?ゴリゴリ?」

その正体は日向夏美がよくケロロをお仕置きする技である。

タママ「痛い痛い痛い痛い痛い!!」

一方ドロロはギロロ、クルルと再開。

ギロロ「鬼やばいな……。」

ドロロ「そうでござる……。」

クルル「やべえ。」

運動場の入場ゲートに行くとタママと再開。とすると、

ギロロ「嘘やろ!?ハリセンと、スリッパ!?」

クルル「やばいやばい!!」

すると、タママが大玉を利用して、道を塞ごうとする。

ドロロ「おい!やめろぉぉ!?タママ殿ぉぉっ!!!」

ギロロ「塞がるとお前のせいでこうなるぞぉぉっ!!」

クルル「通してよっ!!!」

タママ「やだやだやだぁぁぁ〜〜!!!」

ドロロの背後にハリセンとスリッパが来て結局捕まった。

バシーン!カン!

ドロロ「ダブルはきついな……。」

タママはすぐさま逃げるが…結局…ハリセンに捕まった。

タママ「あああああ〜〜っ!!!」バシーン!

69:49を書き込んだ奴:2015/01/17(土) 18:05 ID:z.U

30分経過
鬼追加(海軍大将ズ☆、麿、パイ、ち○こマシーン、ジャイアンDE妖怪体操第一)

70:49を書き込んだ奴:2015/01/17(土) 19:47 ID:15w

両津「ん?何だ?ジャイアンDE妖怪体操第一?」

ジャイアンDE妖怪体操第一のショッカーに捕まれた両津勘吉だが…悪夢を迎えるのであった。

何と、ドラえもんのジャイアンがニャーKBの衣装に着替えた。

ジャイアン「妖怪体操第一!ウィス!」

てれってれれれ〜♪

ジャイアン「ヨーデルヨーデルヨーデル妖怪出るけん出られんけん〜♪」

ジャイアンの音痴と共に耳が腐ってしまう。

両津「ぎゃあああああ!!」

一方、ギロロ達は両津の声に気づいた。

ギロロ「この声は両さんの声か!!?誰かにやられてる!!」

ギロロ「ん!!?海軍のみなさん!!?」

赤犬「ギロロ君、ギロロ君。きてくれたまえ。」

ギロロは海軍大将ズ☆に捕まり、小部屋に連れていかれた。

黄猿「いつも、青雉…いや、クルルさんお世話になっています。」

藤虎「ギロロさんは彼とどんな関係で…?」

ギロロ「そうですね…。クルルはカレーが好きでしゃべり方が変ですけども……。」

すると、

♪プロレスのテーマ

ギロロ「んんんん!???」

ギロロは海軍三大将の連携プロレス技に喰らった!!

赤犬「ギブアップか!?」

ギロロ「ギブアップ……。」

カンカンカーン!

海軍三大将「「「ビクトリー!!!」」」

71:49を書き込んだ奴:2015/01/17(土) 22:32 ID:fXs

正しくは喰らわれたでした。

すみません。

72:49を書き込んだ奴:2015/01/17(土) 23:19 ID:IRM

ギロロ「やばいなぁ……。」

両津はギロロ、クルル、タママ、ドロロと再開。

両津「ヤバかった。まさか、あいつが歌うとは……。」

タママ「そうですね……。」

クルル「ギロロ先輩どうしたんだ疲れて…。」

ギロロ「いやなんでもない…。」

ドロロ「何だろうな。!!」

ドロロが海軍大将ズ☆に捕まった。

クルル「海軍大将ズ☆!!?赤犬さん!!?」

赤犬「ドロロさん、ドロロさんどうぞ、どうぞ。」

ドロロは海軍大将ズ☆に小部屋へ連れていかれた。

黄猿「いつも、クルル君がお世話になっています。」

ドロロ「どうも…。」

と、すると、プロレス技炸裂!!

♪プロレスのテーマ

ドロロ「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッッ!!?」

藤虎「どうだ、降参か?」

ドロロ「降参降参!」

カンカンカーン!

海軍三大将「「「ビクトリー!!!」」」



ギロロ「どうだったか?」

ドロロ「クルル殿の関係者がいたぞ……。」

クルル「まさか来るとは思えなかった。」

タママ「海軍ですよね。」

両津「あっ!鍵を見つけたぞ!!」

両津が鍵を見つけた。

ギロロがさっそく、ケロロの牢屋に開こうとした瞬間

麿のショッカー「イッーーー!!」

ギロロの顔に磨呂の絵を書いた。

ギロロ「………。とにかくさすぞ。」

ブッブー!

73:49を書き込んだ奴:2015/01/18(日) 12:14 ID:2tE

赤司「…♪」

またまた赤司さん登場。

今度は鼻、頬にキスし、何と、ケロロの口を舐めた……!!

ケロロ「おぇぇ……」

ギロロ「大丈夫か……?」

ケロロ「大丈夫じゃねー!!!」

40分経過鬼追加。(ウィザード、花火パチパチDEゴーゴー!、危険ドライブ、二刀流スリッパ

74:49を書き込んだ奴:2015/01/18(日) 17:45 ID:xxE

タママ「……。疲れる……。えぇ!?二刀流スリッパは…!」

タママは二刀流スリッパに捕まり…

バシンバシン

タママ「あだぁぁぁい!!!」

すると、大玉、解除。

タママ「やったぁぁぁ〜〜!!いい奴ですぅ〜〜!!」

75:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/19(月) 19:28 ID:roE

一方…


ギロロ「…うわぁ!?」

ギロロも二刀流スリッパに捕まった。

バシン!バシン!

ギロロ「ぐっ!!」


ケロロは待っていた。…キスマークの跡をつけて。

ケロロ「多分、ウィザードは仮面ライダーの方でありますかな…?」

76:49を書き込んだ奴:2015/01/19(月) 20:02 ID:UPE

クルル「ええ!!?」

クルルはウィザードと書かれているショッカーに捕まれた。

すると、ウィザードと言うのはいったい?

その時、ウィザードが来た。ハリセンを持っている……!?

バシーン!

クルル「いだぁぁぁ!!……ウィザードの技、関係ないわぁぁぁ!!」

両津は花火DEゴーゴー!に捕まれた。

両津「何何?」

タママ「これってまさか?」

クルル「……まさかな…。」

ドロロ「パチパチ花火が沢山ついているぞ!!」

ギロロ「おおきなアルミの帽子を持って…あれ?ライター…?えぇえぇ!!?」

パチパチパチパチ!

両津「うああああああ!!!助けてぇぇ!!」

77:49を書き込んだ奴:2015/01/19(月) 20:14 ID:UXE

四人は両津の悲鳴で驚く。

パチパチパチパチ!

両津「やめてぇぇぇ!!!」

パチパチパチパチ!

パチパチ花火が消えた。

両津「死ぬかと思ったわ!!!」

ギロロ「ん!?え?」

ギロロは危険ドライブに捕まった。まさか…?

その正体は仮面ライダードライブの車に乗っているショッカーだ。

ギロロはドライブの車の窓ガラスに鎖で縛りついた。

ギロロ「まさか?やめてぇ!」

発車!

♪仮面ライダードライブ主題歌

ギロロ「ぎゃあああああ!やめてぇぇぇ!!あああああ!!」

急な速度で号泣するギロロ。

そして…爆破

78:49を書き込んだ奴:2015/01/20(火) 21:53 ID:yRA

タマドロクル両津「おおお!!?」

停車。

ギロロ「うああああああ…」

泣いているギロロだった。

タママ「大丈夫すか?」

ギロロ「大丈夫じゃねーよ。」

五人は鍵を探している途中、1号が来て、

1号「あ!本物の鍵、ポケットの中にあっちゃた。てへぺろ。」

ギロクルタマドロ「「「「ふざけんじゃねーよ!!!!」」」」

両津「結局なんやったんだ。」

無事にケロロを救出し、捕まってはいけない地球防衛軍は終わった。

しかし、五人の笑ってはいけないはまだ、終わらない。

79:49を書き込んだ奴:2015/01/20(火) 22:25 ID:TMo

ロークー黒光り地球防衛軍本部に戻り控え室に行った五人。更なる笑いのトラップが…

ケロロ「引き出しあけてみようであります。」

ギロロ「では、オレいこう。」

ギロロの引き出し:妖怪ウォッチ、お仕置き手加減妖怪テカゲーンの妖怪メダル、DVD

ギロロ「また、DVDか……。」

タママ「次は僕が…。」

タママの引き出し:タメ口妖怪タメカメクチ、秘密のノートその弐

ケロロ「我輩が…。」

ケロロの引き出し:鍵、笑って許可妖怪キョカワラシ

ドロロ「拙者が行くでござる。」

ドロロの引き出し:セクシー百鬼姫登場カード

ドロロ「なんでやねん…www」

デデーン!ドロロアウト!

クルル「では、俺いくか。」

クルルの引き出し:DIOとクルルの合成写真

クルドロ「ブブッwww」

デデーン!クルル、ドロロアウト!

ケロロ「何?ブブッwww」
デデーン!ケロロアウト!

ケロロ「やばいでしょ。」

ギロロ「もしかしたら妖怪メダルは便利なのかもしれないので、先にDVDやってみますか?前回はぶしにゃんにやられた為。」

クルル「やってみよう。」

『世界中で有名な行事、冷水が入っているバケツをかける健康的なやり方があります。その中で、最近はまる行事はふぶきタイキックチャレンジ。その名の通り、ふぶき姫に頬っぺたにキスしたあとに蹴られ、服が濡れる行事であります。そして、遂に日本に…』

ケロロ「ゲロ?冬樹殿?」

『ほわああ、いたああ!』チュ、バキッ!

『次、ダレシメイスル?』

『え…?じゃあ、軍曹。』

ギロロ「ええ!!?」

タママ「嘘やろ!!?」

ケロロ「いやややぁぁぁ!!」

デデーン!ケロロふぶきキックチャレンジ!

ドロロ「ケロロ君が来るとは…。」

ケロロ「いやよ、いやよ。」

ふぶき姫「か・く・ご☆」チュ

ケロロ「ほわああ…」

ふぶき姫「おらぁぁ!!!」

ケロロ「いだぁぁぁ!!」バキッ!

彼女は雪女の為、強烈な蹴りで、服が濡れた。

ふぶき姫「次、ダレシメイスル?」

ケロロ「ドロロ!!」

デデーン!ドロロ、ふぶきキックチャレンジ

ドロロ「えぇえ!!?」

しかし、頬っぺたにキスは行わず…

ドロロ「あ!!ああああ!!!」

タママ「やばいやばいwww」

クルル「ちょ、やばいでしょwww」

ギロロ「顔がwww」

デデーン!タママ、クルル、ギロロアウト!

80:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/20(火) 22:28 ID:roE

しかもそれだけではない。

ケロロ「…なんかカボチャがあるであります。ん?」

カボチャをひっくり返すとそこにはードロロのさっきの顔が彫っていたのだ。

ケロロ「プッwwww」

デデーン♪

『ケロロ、OUT!』

81:49を書き込んだ奴:2015/01/20(火) 22:31 ID:15w

ドロロは何とか服が濡れずすんだ。

ケロロ「あかん。室温でよかったけど…。」

タママ「結局、必要ないですね。では、タメカメクチ召喚やってみましょうかな?きっと、その名の通りのカードだと思う。」

タママ「でてこい!タメカメクチ!」

タメ口召喚

『タママタママ笑ったら、アイスアイスタイキックくらっちまうぜベイベー!』

妖怪現れず

タママが笑う限りはタメ口OKとなった。

82:49を書き込んだ奴:2015/01/20(火) 23:08 ID:z.U

タママ「えぇえぇ!!?じゃあ、笑わずにいこう。秘密のノートとは何だ?」

タママが持っているノートは前回と同じルート。

タママは秘密の穴に入った。

すると、

【秘密の部屋】

タママ「…!?大変です〜〜!!!」

何と、秘密の部屋に桃華似の赤子がいたのだった。

タママは控え室に戻った。

タママ「やばいでしょ。赤ちゃんが…赤ちゃんが…!!」

ギロロ「どれどれ?」

ギロロは赤子を抱くと…

赤子「うぇ〜ん…。」

ケロロ「泣いた?我輩が…」

しかし、ケロロも、

赤子「うぇ〜ん…。」

ドロロ「拙者は…?」

ドロロも、

赤子「うぇ〜ん…。」

赤子が泣く。

クルル「俺は…?」

クルルも、同じく、

赤子「うぇ〜ん…。」

タママ「じゃあ、僕は…?」

タママは赤子を抱くと…

赤子「キャハハハ!」

赤子が大笑い

ギロロ「まじでだなブフフwww」

デデーン!ギロロアウト!

ガラガラガラ

クウガ「タママ、赤子どうやらこの手紙赤子の赤ちゃんからや。」

『私は獄中出産でこの子を生みました。タママ様、どうか、お預かりいただけませんか?名前は決めていません。名前をつけてください。母親より。』

クウガ「と言う訳だ。」

タママ「なら、ももっちに似ているから、ももかにしますかなwww」

アナウンス『笑いましたので、タメ口終了。アイスタイキック執行。』

タママ「しまったぁぁぁ!!!」

大量のアイスが入ったバケツを持ったタイキックボクサーが現れた。

そして、

タママ「あああ!!うっ!」ばしゃー!バキッ!

アイスタイキックボクサー退場

クウガ「それより、ケロロ、タママびしょびしょだな。なら、替え用意しておるよ。」

ケロロ、タママはお隣の更衣室に着替えた。しかし、笑いのトラップが…?

【控え室】

ガラガラガラ

ケロロ、タママは変態仮面に着替えていたのだった。

なお、ケロロの下着にぬ〜ベ〜と書かれたパンツを被っている。

83:49を書き込んだ奴:2015/01/21(水) 15:14 ID:4QM

ギロロ「ちょwww」

ドロロ「やばいwww」

デデーン!ギロロ、ドロロアウト!

ケロロ「なんや。ちょ、クルル、被ってみろよ。」

クルル「了解。」

クルルは変態仮面の下着を被った…。

ケロロ「ブブッ」

デデーン!ケロロアウト!

ケロロ「いだぁぁぁ!」

タママ「そうか、肌だからか…痛そう……。」

するとモニターが出た。

『我がロークー黒光り地球防衛軍には、商売を売りこなす、エリート隊員がいる。今回、協力してくれたのは、童守区の鵺野 鳴介さんだ。』

『鵺野さんは服を作りこなす、最強の隊員。特に、オススメは?と聞くと、変態仮面の衣装だ。」

ケロロ「え?」

『作り方は鵺野さんのお漏らしの染みついた下着を三枚を変態仮面風に着ると完成だ。』

タママ「えええ!!?」

クルル「まじかwww」

ドロロ「まさかwww」

デデーン!クルル、ドロロアウト!

クルル「おぇぇ…キモい…。」

ガラガラガラ

クウガ「ケロロ、お前の服乾いたよ。」

ケロロは更衣室に来て、元の地球防衛軍の服に戻る。

タママ「僕のはまだですか…。」

クルル「なあ、ギロロの妖怪メダル、使用しようぜ…。テカゲーンやったかな?」

タママ「そうですね。それを使ったら、笑います。」

ギロロ「俺のは効果がなかったけども。」

ケロロ「やってみたらどう?」

タママ「いきます。でてこい、お仕置き手加減妖怪テカゲーン!」

お仕置き手加減召喚!

召喚の後の音鳴らず。

タママ「ん?まあ、いっか!やってみますか、ハハハハ!」

デデーン!タママアウト!

タママ「来たよ来たよ!アアアアアア!!!!」バシーン!

ギロロ「そうか、各々の引き出しの人効果だったのか……。」

午後6:00

地球防衛軍の活動が始まる。

クウガ「では、我が、地球防衛軍の囚人達を監視するで〜。囚人作業室についてこい。」

【囚人作業室】

クウガ「みておくのだぞ。」

最初の笑いの刺客…

看守「おい!サボるんじゃない!!」

フェイ「はい!!!」

フェイ・ルーン囚人登場。

看守は看守室に戻った。

フェイ(気づいてない!喉乾いたな……。)

フェイはユリを取り、花瓶の水を飲んだ。

タママ「え?」

フェイ「オエエエ…」

フェイは飲んだ、水吐いてしまう。

全員「ギャハハハ!」

デデーン!全員アウト!

84:49を書き込んだ奴:2015/01/21(水) 17:55 ID:bT2

フェイがまた、飲んだ。

しかし、

フェイ「オエエエ…」

全員「「「ギャハハハwwww」」」

デデーン!全員アウト!

85:49を書き込んだ奴:2015/01/21(水) 19:31 ID:5Go

結局、フェイは看守に見つかり、すぐさま逃げた。

次の笑いの刺客。

ガチャ!

ケロロ「?」

脱獄を目論む、仮面ライダーブレイド登場

ブレイド「………。見つからない見つからない。」

すると、壁に激突

ブレイド「いだぁぁぁ!」

ケロギロクル「「「やばいwww」」」

デデーン!ケロロ、ギロロ、クルルアウト!

五人は囚人作業室をあとにし、控え室に戻る。

ケロロ「ケツやばいであります。」

タママ「そうですね…。」

すると、放送がなった。

クウガ『おい、お前ら、そろそろ、人気ドラマの時間やで!見てな!』

3年B組は今日も元気一杯だ。

丞太郎『はーい!授業始めるぞ〜!』

ケロロ「えええ!?空条丞太郎さんwww?」

デデーン!ケロロアウト!

丞太郎『教科書24ページ…』

夏美『空条先生!!大変です!加藤が!!』

丞太郎『何ぃ!!?』

『3年B組〜空条先生〜!!』

丞太郎『暮れなずむ町の 光と影の中〜』

ドロロ「本人が歌ってるwww」

デデーン!ドロロアウト!

丞太郎『去りゆくあなたへ 贈る言葉〜♪  悲しみこらえて 微笑むよりも
  涙かれるまで 泣くほうがいい  人は悲しみが 多いほど〜♪』

ケロロ「なんやオープニングwww」

デデーン!ケロロアウト!

86:49を書き込んだ奴:2015/01/21(水) 19:37 ID:2tE

丞太郎「加藤!加藤!やめろ!」

加藤(緑間)等は放送室にいた。

87:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/22(木) 22:34 ID:roE

丞太郎「ならば…あれしかない。」

加藤「なんなのだよ?」

丞太郎「いくぞ…うおおおおお!!」

なんと丞太郎はスタンドを出したのだ!

タママ「ありえないですw」

デデーン♪

『タママ、OUT!』

88:49を書き込んだ奴:2015/01/22(木) 22:50 ID:Wu6

丞太郎「加藤ー!!」

バシン!

ギロロ「フフッ」

デデーン!ギロロアウト!

加藤「先生ー!」

3年B組空条先生 完

ケロロ「意味わからんなwww」

クルル「フッwww」

デデーン!ケロロ、クルルアウト!

89:49を書き込んだ奴:2015/01/22(木) 23:19 ID:BtI

午後7:00
あの騒動が勃発!

クウガ「大変やで、喧嘩が起きてしまった!ちょっとお前ら、仲直りさせようか!ちょっとこい!」

ケロロ達は喧嘩を止めるため、室に移動した。


「おい!なんや!俺の組が勝つんだよ!!」

首領パッチ組と、円堂組が勃発!

■首領パッチ組メンバー■
首領パッチ組長
東城歩参謀
カカシ隊員
グレイ・フルバスター隊員
鉄角 鈍
■円堂組■
円堂 守組長
ジャン・キッシュ・シュタイン参謀
火神 大我隊員
仮面ライダーカブト隊員
ヤムチャ隊員

タママ「うわ、とんでもない奴ばかりです……。」

クウガ「ちょっと、貴方達、喧嘩はお止めください。」

首領パッチ「はぁ?うるせぇよ!!今の獲物はこっちなんだよ!!」

円堂「お前らなんて、ここで見物しとけよ!こらぁ!!」

クウガ「仕方がない。お前ら、あとでむかいにくるから、見物しとくように。」

クウガは室からでた。

首領パッチ「おい!!なんだよ?一番は首領パッチ組や!!」

円堂「はあ?円堂組や!!そこは?体を張って決着をつこうではないか?」

首領パッチ「やってやろうじゃねーか!!!お前ら準備につけ!!」

交渉は決裂!!体を張って決着を着ける!

首領パッチ組と円堂組はふんどし一丁脱ぐ。

ケロロ「戦闘服関係ないやん。」

ジャン「おい!お前ら見とけ!!」

ケツバットDE股間マシーン

ジャン「迫り来るケツバットでどれだけ股間を耐えれるかだ!!それでは、火神ぃ!!一丁やれ!」

火神「おおしっ!!!」

ジャン「では、スタート!」

火神「痛い、痛い、痛い、痛い、痛い、痛い、痛い、痛い、痛い、ああ!ああ!ああ!」バシン!バシン!バシン!バシン!バシン!バシン!

全員「「「ひどいwww」」」

デデーン!全員アウト!

90:49を書き込んだ奴:2015/01/23(金) 01:05 ID:5Go

ヤムチャ「火神〜!ナイスファイト!」

火神「あざーす。」

東城「なら、持ってこい。」

今度はロケット花火を持ってきた。

東城「この股間でロケット花火をキャッチができるぜ。鉄角!一丁やっておしまい!」

鉄角「おう!」

グレイ「よし、準備OKだ。」

ロケット花火の線から火をつけて…

ピューーー!!パン!

鉄角「イイイイ!!?!」

ケロロ達「「「ギャハハハ」」」

デデーン!全員アウト!

91:49を書き込んだ奴:2015/01/23(金) 16:14 ID:0sk

ジャン「なら、今度はあれをもってこい!!」

今度はバットと洗濯ばさみ

ジャン「これをな、洗濯ばさみで乳首を挟む。そして、バットで洗濯ばさみを取る!なら、カブト、お前の出番だ!!」

カブト「らしゃー!!」

ヤムチャ「いくぞ!!」

ブン!

カブト「いだぁぁぁいいいい!!!!」

全員「「「ギャハハハwww」」」

デデーン!全員アウト!

92:49を書き込んだ奴:2015/01/23(金) 16:17 ID:UXE

ケロロ「洗濯ばさみとれてねーぞ。」

ヤムチャ「よし、いくぞ!」

ブン!

カブト「ギャアアアアア!!いだぁぁぁ!!」

見事に洗濯ばさみを取れた。

全員「ブブッwww」

デデーン!全員アウト!

93:49を書き込んだ奴:2015/01/23(金) 21:15 ID:fXs

円堂「カブトナイス!」

東城「こんなりゃあ、俺だってまけらねーぜ。もってこい!!」

ギザギザの芝生のシート

東城「30秒以内にギザギザの芝生を背中で引きずり、ゴールを目指すんや。」

94:獣神・フェルマータ◆7M hoge:2015/01/23(金) 21:44 ID:RZw

唐突ですみませんが49を書き込んだ奴さん、誤字がありますよ。

>>52
×紫原淳
◯紫原敦

>>85->>88
×空条丞太郎
◯空条承太郎

>>89
×鉄角 鈍
◯鉄角 真

鉄角鈍とか誰やねんwww
あと、俺と友達になってちょ。

95:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 09:38 ID:z.U

間違えました。すんません。つーか、鉄角は、忘れてました。

96:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 11:18 ID:dNg

東城「ここは、カカシ!出番だ!!」

カカシ「お、おう。」

クルル「なんで、こいつだけ、元気ねーの?」

東城「スタート!」

ズガガガガ

カカシ「イイイダアアア!!」

全員「「「ひでぇwww」」」

デデーン!全員アウト!

結局、30秒越えでゴールした。

円堂「おかしいやろ!!」

ジャン「こうなれば、俺らも負けてらねーぜ。60秒で背中で引きずるぜ!ギザギザ芝生を通ってな。更に長くなったぜ。ヤムチャ!やってやろうじゃねーか!」

ヤムチャ「しゃあ!!」

カブト「いくぞ!!」

ズガガガガ

ヤムチャ「いいでぇっ!!アアアアアア!!!!」

全員「「「ひでぇwww」」」

デデーン!全員アウト!

結局、60秒越えでゴールした。

東城「今度はあれをもってこい!!」

ツルツルの滑り台と、熱々の甘酒を用意。

東城「我々、首領パッチ組はな、甘酒を持ちながら滑り台に乗って、渡すのだよ。グレイ!出番だ!!」

グレイ「しゃああ!」

渡す役 首領パッチ

届け役 グレイ

グレイ「いきます。」

ツルツルバシャーン

グレイ「あああづづぃぃいぃいぅぃ!!?」

全員「「「アカンwww」」」

デデーン!全員アウト!

97:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/24(土) 11:25 ID:roE

>>94
フェルさん来てくれたんですね!それと私の新ガキ使シリーズを見てくれましたか?ぜひありがたきコメントを!!

98:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 12:05 ID:4QM

ありがたい……

フェルっ!!?

99:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/24(土) 12:11 ID:roE

>>98
フェルマータさんのことですよ!
ついでに私のほうはもうすぐ会議ですよ!

100:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 12:25 ID:4RM

東城「あれを持ってこい!」

アームレスリングみたいなテーブルと、酸素ガス

東城「ケツの中に酸素ガスを入れて、腕相撲する。ただし、”へーこいたほうが”負けだ。」

ケロロ「意味ねwww」

ドロロ「確かにwww」

ギロロ「フフッwww」

デデーン!ケロロ、ドロロ、ギロロアウト!

首領パッチvs円堂守
組長対決!

火神「いけー!大将!」

カカシ「負けるなー!!」

グレイ「準備OKです。」

鉄角「OKす。」

首領パッチ「いくぞ!!」

腕相撲スタート!

円堂「ぐぐぐ!」

首領パッチ「ぐぐぐ!」

そして…

首領パッチ「あかん、あかん」ぶっ

全員「あかんやろwww。」

デデーン!全員アウト!

円堂「まあ、首領パッチ組もよかったじゃねーか。」

首領パッチ「お前らもすごかったよ。悪かったな。」

両者和解した。

円堂「あ…あかん屁が屁が…。」ブブブ…

全員「「「フフッ…www」」」」

デデーン!全員アウト!

101:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 12:31 ID:cq6

午後8:00
あの会議がいよいよ…

クウガ「お前ら、そろそろ、キャラ報告会議に出席するで。」

五人は会議室に移動。

そこには…

フェル「今から、キャラ報告会議を始める。」

フェルマータ会議長
仮面ライダーミライ参謀
ウルトラマンメビウス
なのは
ベジータ
ケンシロウ
ラオウ
シン
ジャギ
ブルック
ナルト
ゴン
が報告会に出席。

102:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 12:35 ID:xxE

ケロロ「豪華人気キャラ集合だな〜。」

ベジータ「ケロロさんですが、ケロン人なのに、ガンプラを作っているんです。侵略ぐらいわすれているのでは?あっただの妖怪ウォッチの大がまですかね?」

ケロタマ「「ブッ」」

デデーン!ケロロ、タママアウト!

103:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/24(土) 12:47 ID:roE

キャーミライくんが!ありがとうございます!

ミライ「俺が会議に出るって恥ずかしいな…」(^_^;)

104:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 13:02 ID:LlE

メビウス「まだ、あります。実はタママさんの件ですが、最近、妖怪ウォッチのジバニャン呼ばわりばかりですけど実はキモニャンと言う、二重人格猫が判明しました。そもそもEDにでたからすねー。」

全員「「ブブッ確かにwww」」

デデーン!全員アウト!

105:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 13:06 ID:oBM

ミライ「ギロロさんですけど、最近、ある女性に惚れていますけども、そもそも日向夏美さんのことですが、なぜか、夏美にやられると、ギロロさんはドMな感じですね。気持ち良さそうなギロロっすねー。」

ギロロ「ちょwww」

デデーン!ギロロアウト!

106:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 13:16 ID:2tE

ケンシロウ「あ!そういえば、クルルさんですけど、ジョナサンさんと、付き合いが長いと言われています。居酒屋に行っているとき、そこに、店員のツェペリが「ツェッペリン☆」と言う波紋でクルルのビールが台無しになりました。ジョナサンは「なにをする!ゆるちゃん☆」と酔っぱらっていいました。」

クルル「www。」

デデーン!クルルアウト!

107:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 13:20 ID:2tE

なのは「それだけどさぁ〜、ドロロてさ、最近、仮面ライダーを見ててな、「なんで戦隊はでるのに忍者がないの?」と強くワケわからないクレームをだしてさー。そりゃー、妖怪のせいなのね。」

ドロロ「意味わからんなwww」

デデーン!ドロロアウト

108:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 13:25 ID:xxE

ミライ「そんなかで、フェル・マータですけど、実はフェルマータが知らん人間が仰山いました。股間にキノコが生えたかな?生えてない?」

ケロドロ「フフッwww」

デデーン!ケロロ、ドロロアウト!

フェル「ミライ、あとでしばいたろーかぁぁぁ?あ?」

フェル「いけない、こんな時間だった。会議はこれにて、終了。」

クウガ「お前ら、そろそろ行くで。」

109:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 13:35 ID:2ms

午後10:00
笑いの刺客が、

【控え室】

アナウンス『脱獄犯発見。直ちに体育館に集合せよ。繰り返す、脱獄犯発見。直ちに体育館に集合せよ。』

ケロロ「なんや?」

タママ「まさかね〜。」

クウガ「お前ら、大変やで。急いで体育館に集合や。」

【体育館】
ウィスパー「静粛に、静粛に、だ、脱獄犯は全部で16名。」

タママ「フフッ」

デデーン!

「ガッデム!!!」

OVER3回目の乱入!

タママアウト。

OVER「この中に獄中出産した奴がいる。おい、もってこい。」

桃華似の赤子を持ってきた。

OVER「この子の名前は、”ももか”だ。親を抱くと、笑う。それを手引きした夫を探したい。」

タママ「またか…。」

110:獣神・フェルマータ◆7M hoge:2015/01/24(土) 13:49 ID:RZw

このまま順調に会議は続いていく…

と誰もが思ってたその時!

「ぎゃああああああああああああああッ!!こっちくんなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

突如、会議室の外から叫び声が聞こえた。

ケロロ「ゲロ?なんでありますか?」

ケロロ達は、会議室のドアを開けた。

するとそこには、白い前髪が生えた赤い二足歩行の獣が取り乱していた。

そして後からヒーローバンクの主人公、豪勝カイトが現れた。

彼の手には、カミキリムシが掴まれていた。

ビクトリア「ハァッ、ハァッ、いやもうやめて!虫とかマジで無理だから!」

ケロロ「あれってビクトリアじゃんwww」

ドロロ「カイト殿もいるでござるwww」

★説明しよう!ビクトリアとは私、フェルマータが考えたオリケモである!
自慢の前髪を貶されようなら烈火のごとく怒るぞ。ちなみに男のような喋り方だが、女の子である。

カイト「なんだよ。お前虫嫌いなのか?」

ビクトリア「それ前にも言っただろうがっ!オレは虫はダメなんだよぉぉっ!」

虫嫌いだとは、ビクトリアも女の子らしい。

カイト「そうか?でもこれおもちゃだぜ?飛んだりしねーよ。」

カイトはおもちゃのカミキリムシを投げ捨てた。

カイト「いらねーし、もうwww」

ケロロ「ひどいwww」

デデーン♪
ケロロ、ドロロアウト!

111:獣神・フェルマータ◆7M hoge:2015/01/24(土) 13:53 ID:RZw

>>110
あああああああああああっ!
しまったああああああああ!
今の内容は、>>106>>107の間にあったことだと思って下さい…。

112:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 13:54 ID:oBM

おい!飛ばすな。
面白いとこなのに。

113:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 13:55 ID:0sk

わかったよ。

次からは気を付けてな

114:獣神・フェルマータ◆7M hoge:2015/01/24(土) 13:57 ID:RZw

>>113
はい。すみません。

115:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 14:22 ID:xxE

OVER「最初はお前だ。」

ギロロ「……。」

ももか「うわぁ〜ん。」

OVER「抱きかたが悪いではないか!!違う。」

OVER「次はお前だ。」

クルル「……。」

ももか「うわぁ〜ん」

OVER「違う。」

OVER「女性か…なら、抱いてみろ。」

ドロロ「……。」

ももか「うわぁ〜ん。」

OVER「違う。」

OVER「次はお前だ。」

ケロロ「……。」

ももか「うわぁ〜ん。」

OVER「違う。」

OVER「次は…お前だ。」

タママ「………。」

OVER「どうした、抱かないのか?」

タママ「……。」

OVER「抱け!」

タママがももかを抱くと…

ももか「キャハハハ」

全員「フフフフwww」

デデーン!全員アウト!

116:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 14:22 ID:6BA

獣神さん出番だ。

117:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/24(土) 18:10 ID:roE

タママ「な、なんで分かるんディス!?」

ケロロ「オンドゥルwwww」

デデーン♪

『ケロロ、OUT!』

OVER「お前を見たら笑ったからだろ!!」

タママ「す、すいませんです〜!!」

OVER「うるせぇ、黙ってろクズ!!」

ピシャンッ!!

OVER隊長は強烈なビンタを放つ!

タママ「いだぁぁっ!?」

118:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 19:05 ID:15w

OVER「最後に言う、覚悟はいいな?いくぞ!!」

タママ「あああ!!」

バシーン

強烈なビンタを喰らう

タママ「ももか…ビンタされたよ……。」

ももか「キャハハハ」

全員(タママ除く)「「「「ひでぇwww」」」

デデーン!ケロロ、ギロロ、ドロロ、クルルアウト!

119:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 19:23 ID:TMo

午前0:00
またもや、笑いの刺客が……。

クウガ「特別に牢屋に入る許可を得た。行くで。」

五人は牢屋に移動

【牢屋】

神童「やっぱ、ケーキは最高だな。」

伊吹「俺にも寄越せよ。」

神童「断るな。ケーキは俺のだ。」

伊吹「なんだと?」

喧嘩が勃発。

「なんだ?なんだ?この騒ぎはぁぁ?」

全身裸の556がでた。

ケロロ「556殿!!?」

556「ケーキをぼっしゅうだぁぁ!!」

神童「何ぃぃ!!?」

556はケーキを没収した。ケーキは警官に渡された。

神童「よくも、よくも!!」

伊吹「許せん!!」

かかる二人だが…

556「いくぞ!」

556は暴れ、神童のズボンをビリビリに破いて、下半身裸になった。そして、施与いなげで、KOした。伊吹もかかろうとしたが、囚人服の上半身をビリビリに破いて、足カックンして、KOした。

全員「「「ギャハハハwww」」」

デデーン!全員アウト!

556「二度と騒ぎを起こすんじゃねーぞこらぁぁ!!!」

クルル「556が悪役ぽかったわ。」

120:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 19:40 ID:2ms

午前1:00
最後の試練が来る。

ケロロ「いたかったなぁ…。」

タママ「そうですね…。」

ドロロ「本当でござる。」

ギロロ「やばいなぁ。」

クルル「そうだな。」

すると、悪の組織ワルワル団のしたっぱが来た。

タママ「何?」

ギロロ「ちょ!」

クルル「え?」

ドロロ「ええ?」

四人はワルワル団にさらわれた。

ケロロ「みんなー!!」

すると、モニターがなった。

ミライ「フフフ…四人は我々ワルワル団に拉致された。助けたいなら、四人を救い、メダルを揃うのだ。ただし、笑ってもOKだが、驚いたらアウトだ。楽しみしておくぞ。フハハハハ。」

ケロロ「まさか、仮面ライダーミライさんがワルワル団のボス?取り合えず、助けなければ。」

驚いてはいけない地球防衛軍スタート

控え室を出た瞬間…

プシュー!

酸素ガスが出た。

ケロロ「うあ!」

ケロロ「やばいなぁ…」

階段のところに行くと…何かの看板があった。

1仮面ライダーアギト→偽仮面ライダーアギト

ケロロ「フフッ」

2孫悟空→偽孫悟空

ケロロ「やばいなあ…」

3ポルナレフ→偽ポルナレフ

ケロロ「へぇ…。」

4松風天馬→偽松風天馬

ケロロ「……。」

「まーもるものがー何もないより、まーもるべきものがあるほどが強い〜♪」

風丸が松風天馬の格好で打ち砕ーくの歌っていた。

ケロロ「おおお!!?」

風丸「まーもるものがー何もないより、まーもるべきものがあるほどが強い〜♪」

ケロロ「……。」

風丸「まーもるものがー何もないより、まーもるべきものがあるほどが強…オゴッ!」

突如、大玉にぶつかり、風丸気絶。

ケロロ「大丈夫か…。」

バリバリ!

121:49を書き込んだ奴:2015/01/24(土) 19:57 ID:486

バイクに乗ったバルトロメオが壁を打ち破った。

バルトロメオ「ルフィ先輩ぃぃ〜〜!!!」

ケロロ「おおお!!?」

ケロロは慌てて逃げた。

ケロロ「ん?ドロロ殿?」

ドロロ「助けてでござる……。」

すぐさま、ドロロを救出した。

ケロロ「ん?電話?」

ドロロ「ここは、拙者が…。」

ドロロは電話をかけた。

ドロロ「もしもし…。」

『問題です。最下位の英語でなんて言う?』

ドロロ「ビリ?」

パチッ!

ドロロ「へぁぁ!!?」

正体はビリビリの電話だった。

ドロロ「びっくりしたー。」

ケロロ「あ!メダルのかけらが!!」

メダルの一欠片ゲット。

モニターがなった。

ミライ『すごいよ、ケロロ。メダルは一欠片にねむっている。さあ、見つけられるのかな?』

ケロロ「急ぐのであります。」

ドロロ「ん?何か書いている。」

二人は看板を見た。

「ギロロを救いたかったら、認識チェックせよ。」

ケロロ「認識チェック?」

ドロロ「手をおけと?」

ケロロ「まず、我輩が…。」

認識中

『認識完了。貴方はケロロ軍曹さんですね。』

ケロロ「よし!」

ドロロ「次は拙者が……。」

認識中

『認識完了。貴方はトランクスさんですね。』

ドロロ「え?」

『認識チェックを失敗しました。もう一度、手を置いてください。』

ドロロ「う…。」

認識中…すると、

CO2ガス発射!

ケロドロ「おおお!!?」

『認識完了。トランクスさんですね。トランクスと認識しました。』

ドア解放。

ギロロ「怖かった……。」

二人はギロロを救出した。

すると、メダルの一欠片を発見。

122:49を書き込んだ奴:2015/01/25(日) 10:12 ID:4QM

ケロロ「とにかく急ぐぞ。」

ケロロ、ドロロ、ギロロは二階の階段に降りると、りんごがあった。

ケロロ「りんご?」

三人は階段を降りると…

ドロロ「ゴリラ?」

ゴリラのぬいぐるみがあった。

次に…

ギロロ「ラッパ?」

ラッパがあった。

ケロロ「しりとりだ。これは!!」

と、気づくと

SARU「パ〜ラダイス!」

三人「うおおお!!?」

三人は今さっきのカスカスのSARUの登場で驚いた。

しりとり終了。

カスカスのSARUは退場した。

ケロロ「びっくりした……。」

ドロロ「ん?この声は?」

クルル「フガガ(助けてー!!)」

タママ「助けてー!!」

ギロロ「タママと、クルル!!急ぐぞ!!」

ケロロ「ん?何か書いている?」

『二人をたすけたければ、ケロロとギロロの頬っぺたでペットボトルを運べ。ドロロは椅子に座れ。』

ケロロ「なんだと〜!!?」

ギロロ「いくしかない!!」

教室に入った。

クルル「フガガ…(おねがいします…)」

ケロロ「いくぞ!!」

ケロギロ「わっせわっせわっせ!」

なお、このペットボトルは2リットルのペットボトルである。

ケロロ「無理だろ!!」

ケロロとギロロはなんとか、ペットボトルを入れた。

タママ「助かった〜。」

クルル「ふー。」

てってれー

ドロロが座っている椅子にCO2ガス発射

ドロロ「おおぬぅぅ??」

ケロロ「ドロロ殿!救出完了であります〜。」

ドロロ「CO2ガス発射後、椅子メダルの一欠片が…。」

ドロロはメダルの一欠片を見つけた。

残り2つ

123:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/25(日) 10:36 ID:roE

次の場所へ……



ケロロ「ここでありますな?」

クルル「間違いないねぇ。」

『アクセルラボ』と書いてある部屋のようだ。

ドロロ「大丈夫かな?」

ケロロ「大丈夫だ、問題ないであります!」

そしてアクセルラボへ入る。


もちろんそこには。


アクセル「振り切るぜ!!」

ケロロ「アクセルであります。」

ギロロ「行くぞ。」

しかし、アクセルが行き先を拒む。

アクセル「何しに来た。」

ケロロ「いや、その…なんであんたがそこにいるんでありますか?」

だが、アクセルは質問が嫌いであることに知らず…

アクセル「俺に質問するな!!」

ケロロ「ぎゃーー!?攻撃しないでよーー!!?」

ギロロ「あぶねぇぇぇ!!?」

タママ「今です〜!!」

タママはなんとか机にあったメダルの欠片を拾った。


これであとひとつ。果たしてどうなるか?

124:49を書き込んだ奴:2015/01/25(日) 14:15 ID:bT2

外に出た。

すると、

ミライ「ハハハハ…。とうとう、来やがったな。我輩はワルワル団のリーダー、仮面ライダーミライ様だ。」

ケロロ「は?何言っているの?怖くないし。」

クルル「しかも、なんで、獅子舞なの?」

ミライ「そりゃあ、たむけんアレンジでやってみたからだ。」

五人+ミライは謎の公衆電話のところまで来た。

ケロロ「これはね…。」

クルル「まさかな…。」

ドロロ「ここはミライ殿が。」

ミライ「え?」

ギロロ「とにかくいけ。」

ミライ「わかったよ。」

ミライは公衆電話に入った。

ミライ「……もしもし」

『問題です。80年代ブームしたことを○○○経済?』

ミライ「バブル?」

すると、大量の泡が出た。

ミライ「おおお!!?」

ケロロ「さあ、いくか。」

五人はミライを置いて、次の場所に来た。

ケロロ「ん?顔岩?」

”口のところに、手を入れよ”

125:49を書き込んだ奴:2015/01/25(日) 14:22 ID:6BA

ケロロ「では、いくであります。」

ケロロは顔岩の口に手を入れると、

ケロロ「のの!!?あああ!!」ベロッ

タママ「どうしたですぅ!!?」

クルル「なんだぁ!!?」

ギロロ「何々?」

ドロロ「ええ?」

ケロロ「誰かに舐められた……。ちょっと、ドロロ殿、頼む……。」

ドロロ「わかったでござる。」

すると、

ドロロ「おおおん!!?」ベロッ

ドロロ「舐めたー!!!(怒)臭っ!!!」

その正体はパンツ一丁のクリリンの舌であった。

クリリン「ベロッ。」

タママ「ちょ、僕が………。」

ギュイン

メダルの一欠片を手に入れた。

こうして、全部揃ったことになる。

126:49を書き込んだ奴:2015/01/25(日) 14:31 ID:Wu6

ケロロ「よし、いくぞ!!」

ケロロ達は急いで、グランドに行った。

ケロロ「たしかな、メダルをここに置いたら、ここで終了かな?」

タママ「そうですね。」

ギロロ「よし、揃った!」

と、すると、

バリバリ

暴走族フミちゃん組が登場!

パラリラパラリラ

フミちゃん「おらおら!」

■フミちゃん組メンバー■

フミちゃん総長
ふぶき姫副総長
百鬼姫
サクラ
その他199名

ケロロ「のああ!!?」

タママ「やめてぇぇ!!?逃げろぉぉ!!!」

全員「うあああああ!!!」

こうして、驚いてはいけない地球防衛軍は幕を閉じた。

127:49を書き込んだ奴:2015/01/25(日) 14:45 ID:yRA

午前3:00

とうとう、五人の疲れが溜まった…。とうとう、終わりの時が来る…。

クウガ「お前ら、とうとう、ロークー黒光り地球防衛軍は卒業や。お前ら良かったな!」

ケロロ「よーやく終わったー。」

クウガ「それじゃあ、ケロロ!感想を!」

ケロロ「笑いの刺客が一杯いたけど、五人の力で乗り越えて、終わらせることができました。」

クウガ「そろそろ、外にでるでー。」

五人はロークー黒光り地球防衛軍の門前に行くと…

「いやーどうも、どうも。」

ケロロ「まさか!!?エルヴィンさん!?」

エルヴィン「伝説の隊長のエルヴィンです。みなさん。ご苦労様でした。」

五人「こちらこそ、ご苦労様でした。」

エルヴィン「ケロロ軍曹連載してから、約15年もかかり、多くのファンを支えてくれた人も、アニメ化させた人も感謝をいただけます。」

エルヴィン「それでは、ディオの明言を言います。」

エルヴィン「お前が今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」

エルヴィンがDIO似顔で明言出した。

全員「「「ギャハハハ!」」」

デデーン!全員アウト!

エルヴィン「では、お疲れさん。ネクストタイム!」

ケロロ「痛い!」バシーン!

タママ「う!」バシーン!

ギロロ「ご!」バシーン!

ドロロ「痛い」バシーン!

クルル「……。」バシーン!

128:49を書き込んだ奴:2015/01/25(日) 14:49 ID:486

ケロロ「終わった……。」

タママ「家に帰るですぅ……。」

しばかれた回数※未公開を含む

ケロロ軍曹…299回
タママ二等兵…241回
ドロロ兵長…239回
ギロロ伍長…227回
クルル曹長…220回

129:49を書き込んだ奴:2015/01/25(日) 15:10 ID:Wu6

「それが一番大事」

また今年も、五人は笑うこと、笑いの刺客にわらうこと、ケツを叩かれ、ライダーに叩かれる〜♪

さんざん、パクリに疲れた♪銀さんとフェイトも疲れた、結局、黄名子のネタもパクリ

さんざん、わお!で叫ぶケータ、キレるバロン、ピーカは何のためにきてしまったか〜♪

ここに〜斬月が、心の中で、やばくて〜♪ぶしにゃんに切られるギロロが寂しい〜ウォウォウ!

タママはケーゾウにハンマーで叩かれ、そして、ひどい悲鳴、だから、ビンタされる、ガッデムOVER〜♪

130:49を書き込んだ奴:2015/01/25(日) 15:22 ID:Wu6

ウォウウォウウォウォウォウウォウウォウウォ〜♪

海軍軍団、体張って、歌って、ひどい歌を披露ドロロ♪マカロフの股間がケロロに♪マスターニャーダのビンタ、OVERの2発目だ♪ミカサがファイズに説得し、結局、バス止まること、両さん出会ってよかった。だけど、鉄パイプで叩かれる〜♪ここで〜ケロロが〜♪赤司にキスされ〜♪両さんの〜パチパチ花火危ない〜♪ウォウォウ〜♪

ケロロはタイキック、ふぶき姫に蹴られてく、君に似ているよ、ドロロの顔だよね〜♪

ウォウウォウウォーウォーウォウォウォウウォウ!

131:49を書き込んだ奴:2015/01/25(日) 15:31 ID:4RM

タママが赤子をひろったら、笑って、アイスタイキック、ぬ〜ベ〜のパンツに被され、最悪に♪さんざん、フェイが、花瓶の水飲むよ、首領パッチと円堂が体張って、屁をこいてしまうよ〜♪

ここに〜暴露がでたことがわらってしまう〜♪ここに、カミキリムシが怖いことじゃ〜ない〜♪ウォウウォウ!

OVERのビンタを喰らって、ももか、ビンタ叩かれたよ♪そして、556が暴れ、二人は気絶〜♪

また今年も、驚いてはいけないことしまった♪ミライはバブルで、フミちゃん組暴走♪

笑っても怪我はなかったよ、ケツはかなりやばい。だから、帰ろうよ、家に帰ろうよ。

うぉーうぉー!!

132:49を書き込んだ奴:2015/01/25(日) 15:38 ID:xxE

終わっても、まだ、未公開があります。

まだ、続きます。

133:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/25(日) 16:09 ID:roE

未公開エピソード1『フォーゼと愉快な仲間たち』


バスのネタはもうひとつあった……

それがこれである!!

フォーゼをはじめとする愉快な仲間たちとは!?

134:かごめ◆qc takukoma2209@yahoo.ne.jp:2015/01/25(日) 16:17 ID:roE

それはケータたちが去ったその次のことでした。


ぴー!

ケロロ「なんでありますか?今度は。」

バスへ乗ってきたのは…

フォーゼ「よーし!お前こい!!」

タママ「仮面ライダーフォーゼですぅ。」

フォーゼ「お前ら早く!!」

クルル「多分愉快な仲間たちじゃねーの?」

もちろん的中。その愉快な仲間たちのことだが………

ケロロたちは笑わずにはいられなかった。

「「ぷはははははは!!」」

その愉快な仲間たちとは
・ひょっとこのお面をかぶったワンピースのチョッパー
・顔面にお札を貼ったエレン
・女豹の格好をしたナルトのサイ
・そしてなぜかシヴァヴァ(ケロロに出たはず…?)
・変なおじさんのピッコロ

そりゃもう…

デデーン♪

『全員、OUT!』

135:49を書き込んだ奴:2015/01/25(日) 16:55 ID:yRA

「「「みんな揃って、宇宙戦隊ファーイブマン!!」」」

ケロロ「ファイブマンのパロディーじゃんwww」

ギロロ「フフッwww」

ドロロ「フフッwww」

デデーン!ケロロ、ギロロ、ドロロアウト!

136:49を書き込んだ奴:2015/01/25(日) 16:58 ID:IRM

フォーゼ「そして、私が宇宙の帝王、フォーゼだぁ!!!」

全員「「「だからパロディーだってwww」」」

デデーン!全員アウト!

137:49を書き込んだ奴:2015/01/27(火) 17:36 ID:Wu6

未公開その2「女子高生ヴィヴィオ」

元帥との挨拶が終わって、控え室に行く。様々な笑いのトラップがたくさん出た。

引き出しネタを全て終わらしたあと、とんでもない笑いの刺客が来る。

138:49を書き込んだ奴:2015/02/01(日) 10:19 ID:dNg

その1ちゃぶ台

すると、謎の一家が登場した。

ヴィヴィオ(親父役)

ケロロ「え?」

139:獣神・フェルマータ◆7M hoge:2015/02/01(日) 11:50 ID:RZw

いや〜面白いね!
またこういうリレー小説やろうよ!

140:49を書き込んだ奴:2015/02/01(日) 17:12 ID:CJY

たけし「はー。だる。今日は彼女と約束してんだー。」

ヴィヴィオ「!!?」

母「ちょっ!たけし!!」

ヴィヴィオ「なんて言ったか?」

たけし「彼女と約束してんだ!!」

ヴィヴィオ「なんだとー!!おらぁ!!!」

ヴィヴィオが暴れだした。

母「あ…。」

すると、たけしの祖母がケロロに頼んだ。

祖母「おねがいします。」

ケロロ「なんやなんや?」

ヴィヴィオ「いいか!!?たけし!キスはこうやるんだよ!!!」

ブチュー!

ケロロ「…………!!!(臭っ!!)」

ケロロ以外「「「ギャハハハwww」」」

デデーン!タママ、ギロロ、クルル、ドロロアウト!

141:49を書き込んだ奴:2015/02/07(土) 14:30 ID:5Go

>>9999


書き込む 最新10 サイトマップ