フェアリーテイルナツルーグレルー恋愛小説5

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:Aki:2015/03/30(月) 11:41 ID:lbw

いよいよ5です!前いた人も、初めての人も、
どんどん来てね!
ルール
1、あらしにこないで!
2、ちゃんとスレ主の許可を取って
入ってください!
〜自己紹介〜
年 12さい
名前 アキ(あだなはなんでもいいです)
以上!ではではスタート!

2:Aki:2015/03/30(月) 11:43 ID:lbw

皆さん、じゃんじゃん語っていってね!

3:Aki:2015/03/30(月) 11:49 ID:lbw

ルール付け加えます!
4、 ナツルー、グレルー小説を書いてね!
5、 楽しく小説を書きましょう!

4:わしわし cuc:2015/03/30(月) 11:49 ID:zsM

Aki

5:わしわし cuc:2015/03/30(月) 11:50 ID:zsM

わしわしだよヨロ〜

6:Aki:2015/03/30(月) 11:51 ID:lbw

わしわし、ヨロシク!

7:Aki:2015/03/30(月) 11:52 ID:lbw

初めて作ったからぐだぐだかもしれない。。

8:わしわし cuc:2015/03/30(月) 11:52 ID:zsM

自己紹介≫4年10才タブレット投稿のわしわしだよタメ口呼び捨てokだよ!?恋バナ大好きーグレルー大好きです!!

9:わしわし cuc:2015/03/30(月) 11:53 ID:zsM

大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫Aki大丈夫

10:わしわし cuc:2015/03/30(月) 11:53 ID:zsM

Akiは、あらためてよろしくだね!!

11:Aki:2015/03/30(月) 11:53 ID:lbw

ありがとー!

12:Aki:2015/03/30(月) 11:54 ID:lbw

うん!

13:わしわし cuc:2015/03/30(月) 11:56 ID:zsM

Akiしばらく来れないかもだけど今日中には、来るよ(夕方頃)落ちます…(今)

14:Aki:2015/03/30(月) 11:57 ID:lbw

オッケー!バイバイ

15:わしわし cuc:2015/03/30(月) 11:57 ID:zsM

ぜったい夕方にくるからーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〜ーーーーーーー

16:Aki:2015/03/30(月) 11:58 ID:lbw

わかったぁーーーーー!

17:るー:2015/03/30(月) 12:19 ID:HNE

遊びから帰ってきたら1000こえてた!午後も遊びに行くのでしばらくこれないかも・・・

18:Aki:2015/03/30(月) 12:19 ID:lbw

4での小説の続き書きます!
グ「えっと。この50万Jのにしようぜ。」
ル「う、うん。じゃあ、用意してくるね。」
よしっ!第2作戦もクリア!
グ「じゃあ、行くか。」
ル「うんっ!」
ガラガラガラガラ
ル「ナツだったら即アウトだね。この馬車」
グ「お、おう。」
ちっ。仕事に行くにしてもナツか。もっと
俺を見てくれよ。


こんな感じ〜で進みます。。

19:Aki:2015/03/30(月) 12:20 ID:lbw

るー、そーなの?

20:るー:2015/03/30(月) 12:37 ID:HNE

うーん 5時くらいには戻って来れると思う(^v^)/

21:るー:2015/03/30(月) 12:40 ID:HNE

Aki 私のフレンド登録した?

22:るー:2015/03/30(月) 12:47 ID:HNE

上の間違えた ほんとは(フレンド登録お願いします!)

23:Aki:2015/03/30(月) 12:52 ID:lbw

オッケー!

24:Aki:2015/03/30(月) 12:58 ID:lbw

なんか、私の3DS壊れているみたいで、
登録出来なくなってた。。。。
ごめん。。。

25:Aki:2015/03/30(月) 13:00 ID:lbw

ルールもう1つ加えます!

26:るー:2015/03/30(月) 13:01 ID:HNE

大丈夫だよ気にしないでいいよ(^v^)/

27:Aki:2015/03/30(月) 13:02 ID:lbw

ありがと!
ルール3 ため口&呼び捨てオッケーです!

28:Aki:2015/03/30(月) 13:28 ID:lbw

あ。先に言っておきます!
私、4時30分〜7時30分位の間、
塾なのでここに居ません!以上!

29:わしわし cuc:2015/03/30(月) 13:40 ID:zsM

Aki前のやつで書いてた小説後で書くから……見てね!!

30:わしわし cuc:2015/03/30(月) 13:44 ID:zsM

メッサ進んでるーー私も、3時まで来れなーい
る〜あったら3DSに話して!!(フレンド)で
バイバイ3時に…小説書きます!!バイバイ

31:わしわし cuc:2015/03/30(月) 13:44 ID:zsM

落ちます…バイバイ

32:Aki:2015/03/30(月) 15:23 ID:lbw

来ました!誰かいる?

33:Aki:2015/03/30(月) 15:27 ID:lbw

いない?。。。いないね。じゃあ落ちます。

34:るー:2015/03/30(月) 17:15 ID:HNE

帰ってきたー

35:ミサ:2015/03/30(月) 18:34 ID:IRo

あ〜、やっと見つけた…。
ありがとうるー!

36:るー:2015/03/30(月) 18:39 ID:HNE

いえいえ(^v^)

37:わしわし cuc:2015/03/30(月) 19:41 ID:zsM

だれかーいません?3時に…戻ってくる言ってたけど……これんかったーーごめん

38:わしわし cuc:2015/03/30(月) 19:41 ID:zsM

だれかーいません?3時に…戻ってくる言ってたけど……これんかったーーごめん小説書きますよ?

39:わしわし cuc:2015/03/30(月) 19:43 ID:zsM

Akiいる?ほかのひとも?いる?

40:わしわし cuc:2015/03/30(月) 19:47 ID:zsM

小説書きますよ?4で書いてたやつの、つづきです!!(Aki以外は、4を見てね!!)

41:ミサ:2015/03/30(月) 19:52 ID:IRo

わしわし、私もやっと来れたよ!

42:わしわし cuc:2015/03/30(月) 19:55 ID:zsM

ミサ!

43:わしわし cuc:2015/03/30(月) 19:56 ID:zsM

来たからには……小説を読んでもらうよフッフッフ

44:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:14 ID:zsM

つづきです!!
 ーあらすじー
ルーシィは、告白の勇気がでる薬をミラに飲まされてしまった
ミラとルーシィが会話をしているけど………グレイが会話をきいてしまった………
  ーールーシィ目線ーー
ル(どうしよう……グレイに告白をさせるためにへんな薬飲まされた……)
ルーシィは、何を着ればいいか?何をすればいいか?と悩んでいた
ル「あぁーーーーーーーーーーーーーーど〜すればいいのー」と
言っていると…エルザが「その悩み私がかいけつしよう」と言ってきた
ル「えっ…ありがとうエルザ」
エ「うむなやみとは?」ル「はぁ…えっと…グレイに告白をするんだ
だからねどうしようかなって」
エ「うむわかった」
  ーールーシィの家ーー
エ「これと、これで、こうすれば」
ル「ありがとう」
エ「ルーシィのためだ、しっかり言いたいことをつたえればいい」
ル「うん!!行ってきます」
エ「あぁ」
ーールーシィは、告白をしにいったーー

45:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:14 ID:zsM

つづきます!!

46:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:16 ID:zsM

だれかーいませんか?さみし(泣)

47:Aki:2015/03/30(月) 20:17 ID:lbw

アキ参上!

48:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:18 ID:zsM

あっ…Akiいないんださみしー(泣)
落ちるかも…

49:Aki:2015/03/30(月) 20:19 ID:lbw

落ちないで〜!

50:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:19 ID:zsM

Akiきたの?

51:Aki:2015/03/30(月) 20:19 ID:lbw

来たよー!

52:るー:2015/03/30(月) 20:19 ID:HNE

眠いー

53:るー:2015/03/30(月) 20:20 ID:HNE

落ちまーす

54:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:20 ID:zsM

やた〜ーAkiがいるなら…もう少しいるーー

55:Aki:2015/03/30(月) 20:20 ID:lbw

もう、8時だからかな?

56:Aki:2015/03/30(月) 20:21 ID:lbw

るー、またね!

57:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:21 ID:zsM

なにもいわなくなったらおちたゆうことで

58:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:22 ID:zsM

る〜バイバイー

59:Aki:2015/03/30(月) 20:22 ID:lbw

オッケー!

60:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:23 ID:zsM

Akiってフレンドなれないの?

61:Aki:2015/03/30(月) 20:24 ID:lbw

わしわし、小説上手い!続き気になる。。

62:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:25 ID:zsM

わーい

63:Aki:2015/03/30(月) 20:25 ID:lbw

あ。うん。なんか、3DS壊れているみたいで。
何か1回踏んだからかな?

64:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:25 ID:zsM

明日書くね(続き)

65:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:25 ID:zsM

踏んだの!!

66:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:26 ID:zsM

3DS壊れたん?なおさないの?

67:Aki:2015/03/30(月) 20:26 ID:lbw

そうなのよ。。
歩いてたらバキッて。。。

68:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:27 ID:zsM

うふふ

69:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:27 ID:zsM

やば!!

70:Aki:2015/03/30(月) 20:28 ID:lbw

いや、一応動くし、直すとすごいお金かかるからだめって。

71:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:28 ID:zsM

マジか!!

72:Aki:2015/03/30(月) 20:28 ID:lbw

でしょ!踏んだときびっくりしたわ。。

73:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:29 ID:zsM

動くんだww

74:Aki:2015/03/30(月) 20:29 ID:lbw

ぎりね。。

75:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:30 ID:zsM

そりゃあびっくりするよ

76:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:30 ID:zsM

ぎりww

77:Aki:2015/03/30(月) 20:30 ID:lbw

あはは。

78:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:31 ID:zsM

ざんねん😭

79:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:31 ID:zsM

あはは

80:Aki:2015/03/30(月) 20:31 ID:lbw

うん。(´Д`|||)

81:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:31 ID:zsM

ざんねん

82:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:33 ID:zsM

私前DSおろしたけどこわれんかた

83:Aki:2015/03/30(月) 20:33 ID:lbw

いーなー。

84:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:33 ID:zsM

落ちるーかも…

85:Aki:2015/03/30(月) 20:34 ID:lbw

眠い?

86:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:34 ID:zsM

お母さんにいったら…怒られた

87:Aki:2015/03/30(月) 20:35 ID:lbw

あらら。

88:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:35 ID:zsM

眠くは、ないお母さんに怒られるから…

89:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:35 ID:zsM

またあした😭😘

90:わしわし cuc:2015/03/30(月) 20:36 ID:zsM

バイバイ

91:Aki:2015/03/30(月) 20:36 ID:lbw

またあした!

92:Aki:2015/03/30(月) 20:36 ID:lbw

おやすみー

93:Aki:2015/03/30(月) 20:37 ID:lbw

今、誰かいる?

94:ミサ:2015/03/30(月) 20:38 ID:IRo

今晩わ♪

95:Aki:2015/03/30(月) 20:40 ID:lbw

お!ミサ!こんばんわ!

96:Aki:2015/03/30(月) 20:44 ID:lbw

あ、すいません。。スマホかせと弟に
さいそくされてるので落ちます!

97:Aki:2015/03/30(月) 20:45 ID:lbw

11時位には、もどって来れそうかな?

98:ミサ:2015/03/30(月) 21:12 ID:IRo

あ、うんじゃあねAki!
…。書こう。


グレイ目線


あぁ、気まずい。
ついさっきナツの話しちまった。
俺がルーシィが好きでも、ルーシィはナツが好きだと思っていったんだが…。

ルーシィ「グレイ」
グレイ「お、おうなんだ?!」

あ、やべぇ、自分の世界に入ってた。

ルーシィ「ジュビアと来なくてよかったね」
グレイ「え?」

うぅ、ルーシィの口からジュビアの名前が聞こえると心がチクッとする…。
何で…だろう。

ルーシィ「……!」
グレイ「ぇ?」
ルーシィ「グレイ!」
グレイ「あ、ああ、どうしたか?」

するとルーシィは少しほっとした顔になってため息をついた。
だが、すぐもとの顔に戻る。
今の顔、本当に見たか疑いてぇ…。

ルーシィ「だーかーらー。ジュビアだったらこの間にも『グレイ様、グレイ様。頭遺体でしょうから、膝枕してあげます』ていいそうでしょ?」
グレイ「ククク…」

ルーシィ、似てる。
あ、笑っちゃった…。
そっとルーシィの顔を見てみる。

ルーシィ「フフフ♪」

良かった。
怒ってねーや。
でも、二人なんだからジュビアの名前を出さなくてもいいのにな…。


ルーシィ目線


グレイに意地悪しちゃった♪
でも…グレイが悪いんだよ!
私グレイが好きなのにナツの話するから。
でも、私のこと好きじゃないんだよね。
だから…。

グレイ「ククク」

あ、私がさっきジュビアの真似したから笑ってる。

ルーシィ「フフフ」

嬉しいな♪
嬉しい…のかな。
笑ったのはジュビアが出たからかな…。

ルーシィ「ねぇ、グレイ」
グレイ「ん?何だ?」
ルーシィ「……!!」

ちゃんと伝えようとしたのに…。
こんな時にアナウンスが流れるって。

運転手「パルシア、パルシアです」

グレイ「…。ごめん、何だ?」
ルーシィ「ううん。もうすぐかなって」
グレイ「そうか…。よし、今日は泊まろう、明日は仕事だ!」

そうだよ。
グレイはジュビアが好きだから…。
私の気持ちは伝えちゃ駄目だよ。

私。

続く。

アドバイスください!

99:るー:2015/03/30(月) 21:29 ID:HNE

感想 ルーシィのジュビアのまねめっちゃ笑った(^v^)/ あれ感想になってないよー(自分)

100:ミサ:2015/03/30(月) 21:33 ID:IRo

あ、るー!
いろいろとありがとう♪
私も書きながら吹いてた(笑

101:ミサ:2015/03/30(月) 21:35 ID:IRo

次に宿出すんだけど、るー名前何がいいと思う?(sorryです

102:ミサ:2015/03/30(月) 21:38 ID:IRo

え?あ、待ってw
頭痛いだろうから
のジュビアの台詞が
頭遺体だろうから
になってる〜。
もしかしてるー、これ笑ってた?

103:ミサ:2015/03/30(月) 22:06 ID:IRo

誰もいnothing系?
ボッチ…。

104:るー:2015/03/30(月) 22:08 ID:HNE

それもちょっとあるけどジュビアがいってることの方がオモシロかった(^v^)/

105:るー:2015/03/30(月) 22:09 ID:HNE

落ちまーす

106:Aki:2015/03/30(月) 22:10 ID:lbw

アキ来ちゃいました!

107:Aki:2015/03/30(月) 22:11 ID:lbw

るー、バイバイ。。

108:Aki:2015/03/30(月) 22:14 ID:lbw

ミサ、小説読んだよ!確かにルーシィがジュビア
真似したの面白い!てか、じれったい!

109:さおりん:2015/03/30(月) 22:23 ID:lJs

ここが新しいとこ?…ですか?

110:さおりん:2015/03/30(月) 22:25 ID:lJs

小説リクエスト下さい!何でもいいです!(ナツルーかグレルーの二択で!

111:Aki:2015/03/30(月) 22:27 ID:lbw

そうだよ!私、グレルー!

112:Aki:2015/03/30(月) 22:32 ID:lbw

あれ?さおりん?いる?

113:Aki:2015/03/30(月) 22:37 ID:lbw

いない???

114:Aki:2015/03/30(月) 22:40 ID:lbw

寂しい。。。誰かいない?

115:さおりん:2015/03/30(月) 22:44 ID:lJs

ごめん…落ちる(T^T)また朝来ます

116:Aki:2015/03/30(月) 22:45 ID:lbw

落ち、ます。。。。

117:Aki:2015/03/30(月) 22:45 ID:lbw

オッケー!

118:Aki:2015/03/30(月) 22:46 ID:lbw

バイバイ

119:めいびす:2015/03/31(火) 07:31 ID:lis

え…!こんにちは…。早くないですか…?
私ここに居てもいいですか…?

続… グレイ目線

グレイ「あ、そうだルーシィ。」
ルーシィ「え?何?」

本が大方片付いた頃。俺はルーシィにあいにきた理由を思い出した。
なので今から言う。

グレイ「あのさ、明日空いてるか?」
ルーシィ「明日…?多分空いてる…と、思うけど。」
グレイ「なら、仕事手伝ってくれ。どうせ暇になっちまうだろ?」
ルーシィ「うぐ…その通りです…。いいけど、何の仕事?」
グレイ「雪国のしごとだぜ?」
ルーシィ「えー…。グレイ1人で大丈夫そうな国だなぁ」
グレイ「まぁまぁ、そう言わず。内容は雪露草ってのを探すやつだ。白と薄い青の氷みたいな花の草なんだとよ」
ルーシィ「ほぇ。それ見てみたい」
グレイ「報酬内容がなぁ、何と!」
ルーシィ「何と?」
グレイ「お前の好きそうなペアネックレスだ。」
ルーシィ「!」
グレイ「名前も掘られるみたいだし…まぁ形までは載ってないけどな」

ルーシィ「…え、それって」
グレイ「俺からのちょっとしたプレゼントになるかな?」
ルーシィ「…!((ぱあぁ」

そういうとルーシィはとても明るい笑顔を見せて「行く!」と言っていた。

グレイ「あ、そうだ。探索が長引くようだったら泊まる形になるっぽいからな」
ルーシィ「りょーかい」

ギルドー酒屋部分ー((酒屋部分っていうのかわかんないけど))

ジュビア「グレイ様、お元気になられたんですね!」
グレイ「あ?あ、あぁ」
ジュビア「ならよかった!あ、ではまた」

最近ジュビアの様子がおかしい。
前みたいに俺にしつこく話しかけなくなった。
それはどうでもいいんだが…








ー何かを、隠している気がするー。








120:ミサ:2015/03/31(火) 07:43 ID:IRo

確かにジュビアの真似ヤバイ。
めいびすさんうまい\(οдο)/
いいな〜、才能欲しい…。

121:るー:2015/03/31(火) 08:01 ID:HNE

めいびすさん小説うますぎ(^V^)/すごい

122:ミサ:2015/03/31(火) 08:03 ID:IRo

書きまーす!


グレイ目線


あのときルーシィは何か言おうとした。
でもそれはルーシィがさっきいったことではないことに違いないな。
でもなんなんだろうな…。

グレイ「痛!」

今俺がぶつかった?
あぶね〜。
ルーシィだと思って、大丈夫か、って言うところだった〜…。
俺が俺にいってることになるし。

ルーシィ「プププ、グ、グレイ…。だだだ、大じょ、ぶぶぶ?ククク」
グレイ「…」

…。
ウゼー!
何こいつ!

ルーシィ「ふぅー」

ルーシィが深呼吸して俺を見たと思ったらまた始まった。

ルーシィ「う、クククww」
グレイ「………(ゴニョゴニョ」
ルーシィ「え?ど、どう。キャー」

ルーシィは俺の殺気に気付く。

ルーシィ「ごめんなさい。一応できることは気が向いたらやるから許して」

う!
今のルーシィ…可愛い//
クッソォ!!

グレイ「チッ、さっさと宿いくぞ」
ルーシィ「え?(パァー)うん!」

俺が歩き始めたら、ルーシィが子犬のようにじゃれついた。
クッソォ!!ナツはいつも…。

ルーシィ「ここだよ!」
グレイ「お、ここか」

 “いつ泊まるの?今でしょ!旅館”

グレイ「…」
ルーシィ「…」

沈黙が流れる。

ルーシィ「ここの人に他の旅館聞こう」
グレイ「無駄だ」

俺はほぼいろんな意味で泣いているルーシィの意見を、ばっさり斬る。

ルーシィ「え、ど、どういうこと?」
グレイ「その紙見てみろ裏側…」

ルーシィは表しか見てなく気づかなかったらしい。
“旅館名が書いていた”ことを…。

ルーシィ「…」

ガラ。
無言で扉を開ける。

女将「いらっしゃいませ。えーと…。あ!グレイ様とルーシィ様ですね、ようこそ、いつ来るの?今かな旅館へ」

笑顔が憎いぜ女将。
しかも間違えてるよ、旅館名。

続く

スイマセン。
茶番劇が入ってしまいました。
アドバイスください。
あと、女将の名前募集中です!

123:わしわし cuc:2015/03/31(火) 08:32 ID:zsM

だれもきてないの?います?

124:わしわし cuc:2015/03/31(火) 08:36 ID:zsM

ミサは?る〜?いる?

125:わしわし cuc:2015/03/31(火) 08:37 ID:zsM

みんなしょうせつえまいっ٩(๑òωó๑)۶

126:わしわし cuc:2015/03/31(火) 08:37 ID:zsM

あっえまいになってたーーーー

127:ミサ:2015/03/31(火) 08:41 ID:IRo

いるよ〜わしわし!
「えまい」か…。
ありがとう!

128:わしわし cuc:2015/03/31(火) 08:42 ID:zsM

小説書こうかな……どうしよう……

129:わしわし cuc:2015/03/31(火) 08:42 ID:zsM

ごめんミサうまいだよ〜ごめんね!!

130:わしわし cuc:2015/03/31(火) 08:43 ID:zsM

小説書くから〜!!

131:わしわし cuc:2015/03/31(火) 08:44 ID:zsM

ルーシィがこくはくにいったとこから

132:わしわし cuc:2015/03/31(火) 08:57 ID:zsM

ーーグレイ目線ーー
ミ「グレイーちょっとさ〜3時に…いつもの公園に、来てー」
グ「なんで?ミラちゃん…」
ミ「なんでって用事があるから…」
グ「わかった、」
ミ「でも、私が行くわけでは、ないからさ…」
グ「わかったから、3時に…行けばいいんだよな」
ミ「そうよ。おくれないようにー」
グ「はいはい」
      ーー3時ーー
ル「グレイーこっちこっちー」
グ「ルーシィ!」
グ(クソ…めっちゃ可愛いな…)
ル「ッレイ…グレイーーぼーっとすんなーー」
グ「うぉ」
ル「ちょっと場所かえよう?」
グ「…あぁ」
次回!!ついに告白!!

133:わしわし cuc:2015/03/31(火) 08:59 ID:zsM

あんまりうまくかけなかったーーー(泣)

134:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:00 ID:zsM

ミサは?いる?

135:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:01 ID:zsM

だれかーいる?落ちた?

136:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:02 ID:zsM

だれかーなんかお話しよーよー

137:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:03 ID:zsM

(泣)((泣)(泣)(泣)

138:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:05 ID:zsM

はぁ…だれもいないのなら落ちるーー(泣)

139:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:08 ID:zsM

ほんとにいない………

140:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:13 ID:zsM

朝食食べるので落ちるから…すぐ来るから…

141:ミサ:2015/03/31(火) 09:20 ID:IRo

ごめんわしわしいるよ!
親のせいでSTOPだった(`・3・)
わしわしいるから落ちないで!
わしわし、うまい!!
はやく続きかいてほしい!

142:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:33 ID:zsM

きたよ!

143:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:34 ID:zsM

遅くなってごめんね

144:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:34 ID:zsM

七つの大罪を見てたんすよーー

145:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:37 ID:zsM

落ちてません!!

146:ミサ:2015/03/31(火) 09:37 ID:IRo

私も少しはずす

147:ミサ:2015/03/31(火) 09:38 ID:IRo

すぐ戻るから待っててわしわし!

148:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:41 ID:zsM

小説書くから〜!!いい?

149:わしわし cuc:2015/03/31(火) 09:41 ID:zsM

okだよ!?

150:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:22 ID:zsM

小説続き書くから〜!!
ル「ちょっと場所かえよう?」グ「あぁ」
ル「ここでいいか…人いないし」
グ「なんかいったか?」
ル「ぅうんんなんでもない」
ル、グ「あの」
ル「えっ」
グ「ルーシィから…」
ル「ぅうん」
ル「えっと…グレイあたしは、グレイのこと………」グ(何だ…俺がなんかしたのか…?)
ル「好きなの……」
グ「えっ!本当に?」
ル「ぅうん」
グ「えっと…俺もルーシィのことが好きだよ…」
ジュ「えっグレイ様ルーシィがすきだったんですか」
グ「まっまぁ」
ジュ「………わかりました」
   ーーつづくーー

151:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:23 ID:zsM

時間がかかった

152:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:26 ID:zsM

ミサは?まだ来ないの?

153:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:26 ID:zsM

てかむしろ誰もいない

154:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:30 ID:zsM

落ちるかもーー誰も来ないしーー

155:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:30 ID:zsM

また来まーすバイバイ\(^o^)/٩(๑´0`๑)۶

156:ミサ:2015/03/31(火) 10:31 ID:IRo

戻ってきたよ〜!
いる誰か!?

157:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:39 ID:zsM

ミサ!きたの?

158:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:40 ID:zsM

あれ?

159:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:40 ID:zsM

いるー

160:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:42 ID:zsM

また落ちたー?

161:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:45 ID:zsM

本当に落ちた?

162:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:45 ID:zsM

Akiって今日来てへんの?

163:ミサ:2015/03/31(火) 10:47 ID:IRo

ごめんいるいる!!
私も書こっかな〜…。

164:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:48 ID:zsM

私また後で来るから…落ちてもいい?

165:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:49 ID:zsM

やっぱり落ちない

166:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:50 ID:zsM

ミサ!なんか書いてー

167:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:52 ID:zsM

あと…3DSのコメント書いてね

168:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:53 ID:zsM

やっぱり落ちてもいい?

169:わしわし cuc:2015/03/31(火) 10:58 ID:zsM

あと…用事があったら…3DSのコメントに…書いてね!!3DSは、見れるからまたあとで来るから!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーぜったい!!3DSで、会いましょうバイバイ

170:ミサ:2015/03/31(火) 11:02 ID:IRo

わかったわしわし!
また来る?…。

171:るー:2015/03/31(火) 11:59 ID:HNE

みんな小説うまいなぁ 午後も遊びに行ってきます!

172:ミサ:2015/03/31(火) 12:09 ID:IRo

書きます!



ルーシィ目線


まさかここでこれを入れるなんて…。

ルーシィ「はぁー」
グレイ「!大丈夫か…」

なぜ私たちがこんなに疲れているか。
ここは
“いつ泊まるの?今…何とか旅館”
らしい。
色々と痛いのよね〜。

女将「入ってもよろしいでしょうか?」
グレイ「は、はい」

う、女将来た。

女将「夕食を持ってきました」

すると速やかにテーブルの上に置く。

女将「では…」

そう言うと帰ってしまった。

グレイ「ふー。よかった」

グレイが安心するのもわかる。
さっきお風呂行ったときも色々とあったからだ。まぁ色々あって言えないが。

ルーシィ「じゃあ、食べよっか」

私が元気を取り戻し笑顔で言う。

グレイ「お、おう。食おうぜ//」

何か、赤くなってる?
お風呂入ったばかりだから暑いのかな?


グレイ目線


急に笑顔で言うなんて反則だろ//
しかもこっちを見てる顔可愛い!


ルーシィ「美味しかったねぇ♪」
グレイ「そうだな、そろそろ寝るか」

俺はそういうとそそくさと寝る準備に取りかかる。

グレイ「よし、ひきおわった」
ルーシィ「じゃあこれをおいて寝よう」
グレイ「それなんだ?」

ルーシィが手に持っていたのはしきり。

ルーシィ「まぁ、まぁ。一応、ね☆」
グレイ「おう」

電気が消える。

ルーシィ「スースー」

寝息が聞こえる。

グレイ「よし、寝よう」

寝返りをうち寝ようとする。
……。

グレイ「襲って良いのかーーー!!!」
ルーシィ「うーるっせーーー!!」

ということになって殴られた。
魔法警察になんのに殴っていいのか…。
まぁ、赤い顔も可愛かった…って俺は何考えてんだ//
あいつが好きなのはナツ、なのに…。

続く

すいませーん!
感想くださーい!

173:めいびす:2015/03/31(火) 13:21 ID:lis

感想までいただいて感謝感激あられです…!

前回までは!

グレイ「どうせ暇なら、仕事手伝ってくれねぇ?」
ルーシィ「うぐ…まぁいいけど。」
グレイ「報酬がペアネックレスで、名前も掘れるんだとよ。俺からのちょっとしたプレゼントだ。」
ルーシィ「((ぱあぁ))行く!」

二人で仕事に行くことになりました。果たして長引いて泊りにな…無事クリアするのでしょうか。

その一方でグレイは。

ジュビア「グレイ様、お元気になられたのですね!よかった。あ、急ぎの用があるので失礼します」
グレイ「あ、あぁ…?」
グレイ「(いつもと違う。それはいいけど、…何か隠してやがる…?」

ジュビアの異変を感じ取っていました。


続…ルーシィ目線

174:めいびす:2015/03/31(火) 13:40 ID:lis

続…ルーシィ目線

雪国だし…厚着ものいるよね
うーん、こんなもんでいいかな


翌日

ルーシィ「あれ、ちょっと予定より早く来ちゃったかなぁ…」

駅に着いてから。
結構早めに着いてしまった事に気づく。

ルーシィ「予定より…15分ぐらい早く着いたかな…?とかいって、もうグレイがいたりしてね((クス」
グレイ「お前の予想通り、早く来たぜ」
ルーシィ「ひゃあ!?」
グレイ「うおっ、びびったぁ」
ルーシィ「こっちのセリフ!」

びっくりした…。まさか、本当にあたしより早く着いてるなんて。

ルーシィ「…妙に早いじゃない?」
グレイ「楽しみだったからな。」
ルーシィ「そういうこと言わない。照れる」
グレイ「おー、かわいいな?」
ルーシィ「…。」

朝からテンション乱れる…。
…あ、そういえば。

ルーシィ「ねぇグレイ、そのクエスト、公式に受注したよね?」
グレイ「ったりめーだろ。ミラちゃんにルーシィと行くっていったらニヤニヤしてたぞ」
ルーシィ「後でいじられるパターンじゃない…」
グレイ「…俺もだ。」

そういう他愛もない会話をしながら汽車に乗り込む。
今は早朝。5時くらいだろうか…

汽車の中で朝焼けが見えた。空が徐々に綺麗な緋色に染まる。

ルーシィ「うわぁ…」
グレイ「おい、ルーシィ見ろよ」
ルーシィ「…?」

ルーシィ「…!!」

グレイが作り出したダイヤモンドの形の氷は朝日を受け綺麗な赤色、いや橙色、様々な赤に染まっている。

ルーシィ「すごーい…」
グレイ「氷でも光の当たり具合でダイヤモンド以上の輝きが出る…ってな?」
ルーシィ「そうなの…?」
グレイ「さぁ、な。見た人の感じ方次第じゃねぇの?こおりだけじやなくてさ。」
ルーシィ「…?」
グレイ「つまりはダイヤモンドよりも親の形見が大事、とかよ。あ、今の例え輝き関係ねぇな。えっとー、つまりだな」
ルーシィ「アハハッ、なんとなく分かるよ?」

そらはやがて緋色から、青空へ変わっていった。




間違えて前回までは!と本編を切り離しました。ごめんなさい!

175:ミサ:2015/03/31(火) 13:47 ID:IRo

多分名前出ないので書きます。ミサです。
めいびすさんうまい!

176:わしわし cuc:2015/03/31(火) 14:15 ID:zsM

また来ました

177:わしわし cuc:2015/03/31(火) 14:17 ID:zsM

うまい!小説

178:わしわし cuc:2015/03/31(火) 14:17 ID:zsM

誰かいる?

179:わしわし cuc:2015/03/31(火) 14:21 ID:zsM

仙台市に…いた友達があそびに来るから行くかもです

180:わしわし cuc:2015/03/31(火) 14:23 ID:zsM

いる?

181:わしわし cuc:2015/03/31(火) 14:24 ID:zsM

やっとこれたと思うと……ボッチだ!!

182:わしわし cuc:2015/03/31(火) 14:24 ID:zsM

行ってきます!!バイバイ\(^o^)/

183:るー:2015/03/31(火) 17:04 ID:HNE

帰ってきたー

184:わしわし cuc:2015/03/31(火) 18:23 ID:zsM

ただいまーー

185:わしわし cuc:2015/03/31(火) 18:24 ID:zsM

今帰ってきましたーー

186:わしわし cuc:2015/03/31(火) 18:25 ID:zsM

だれかーー

187:わしわし cuc:2015/03/31(火) 18:28 ID:zsM

うふふ

188:わしわし cuc:2015/03/31(火) 18:29 ID:zsM

Aki来ないしー!

189:わしわし cuc:2015/03/31(火) 18:29 ID:zsM

落ちまーす

190:わしわし cuc:2015/03/31(火) 18:30 ID:zsM

なんかあったら…3DSに…バイバイ

191:Aki:2015/03/31(火) 18:39 ID:lbw

こんばんわ!今、来ました。。。

192:Aki:2015/03/31(火) 18:41 ID:lbw

誰か。。います?

193:Aki:2015/03/31(火) 18:44 ID:lbw

いない。。

194:Aki:2015/03/31(火) 18:45 ID:lbw

落ち、、ます。

195:ミサ:2015/03/31(火) 20:50 ID:IRo

こんばんわ♪
誰かいますか〜?

196:Aki:2015/03/31(火) 20:52 ID:lbw

小説書きます(^o^)
ル「依頼された場所って遠いんだね。もう6
時間も経ってるのにまだつく様子ないし。」
グ「そうだな。」
ここからルーシィ目線
実は私、グレイのことが好き。なのにグレイ
ったら全然気づいてくれない。そんなグレイ
と今日は2人だけで仕事へ。ああ。なんか考え
てたら緊張来てきた〜!ちゃんと普通にでき
てるかな?


ここで一旦切ります!

197:Aki:2015/03/31(火) 20:53 ID:lbw

あ、います!

198:Aki:2015/03/31(火) 20:57 ID:lbw

一旦落ちます!

199:わしわし cuc:2015/03/31(火) 20:57 ID:zsM

Aki〜〜〜〜やっと来たーーーーーーーーーー

200:わしわし cuc:2015/03/31(火) 20:57 ID:zsM

おちんの?

201:わしわし cuc:2015/03/31(火) 20:58 ID:zsM

うわ〜〜〜〜〜〜ん

202:わしわし cuc:2015/03/31(火) 20:59 ID:zsM

ミサ!Akiいない?

203:わしわし cuc:2015/03/31(火) 20:59 ID:zsM

僕が来るとみんないないーー

204:ミサ:2015/03/31(火) 21:01 ID:IRo

うまいAki\(одо)/
フレ交換してもいい?

FTの小説二冊買った〜♪

205:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:01 ID:zsM

僕さみしーよ〜〜〜〜〜〜

206:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:02 ID:zsM

ミサ!3DSのコメントの本は、それかぁ〜

207:Aki:2015/03/31(火) 21:02 ID:lbw

あ、戻ってきたよ!

208:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:03 ID:zsM

ミサ!Akiは、3DSを踏んだからフレできないって

209:Aki:2015/03/31(火) 21:04 ID:lbw

ごめん。私、3DS壊れてて、交換できないの。

210:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:04 ID:zsM

Aki〜〜〜〜〜〜〜〜

211:ミサ:2015/03/31(火) 21:05 ID:IRo

そんなことないよわしわし!

212:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:05 ID:zsM

僕がいっちゃった!!

213:Aki:2015/03/31(火) 21:05 ID:lbw

わしわしぃ〜!

214:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:05 ID:zsM

ミサ!ありがと!!

215:Aki:2015/03/31(火) 21:05 ID:lbw

あ、全然いいよ!

216:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:06 ID:zsM

Aki〜〜〜〜

217:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:07 ID:zsM

Akiもありがとーー

218:Aki:2015/03/31(火) 21:07 ID:lbw

いえいえ。。

219:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:08 ID:zsM

今、UTAGEってゆうテレビ見てたーー

220:Aki:2015/03/31(火) 21:10 ID:lbw

そーなの?私、芸能人格付けってやつ見てる

221:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:10 ID:zsM

TBCのだよ!!

222:Aki:2015/03/31(火) 21:11 ID:lbw

へぇ〜!

223:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:11 ID:zsM

何それ?なんちゃん?

224:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:12 ID:zsM

UTAGEは、歌番組

225:ミサ:2015/03/31(火) 21:12 ID:IRo

そっかぁ…残念。
FT以外に二冊買ったけどね♪
見つけたとき私嬉しくて跳ねてた!
1つは、本編で語られないやつらしい!
ちょーうれしい♪

226:Aki:2015/03/31(火) 21:12 ID:lbw

5チャンだよ!

227:Aki:2015/03/31(火) 21:13 ID:lbw

ミサ、それは、うれしーね!

228:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:14 ID:zsM

みさぁ〜それさぁ〜僕の姉持ってるーー

229:Aki:2015/03/31(火) 21:16 ID:lbw

わしわし、持ってるの?(お姉さん)

230:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:16 ID:zsM

5ちゃんか〜UTAGEに、8,6秒バズーカと、クマムシ出てるー

231:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:16 ID:zsM

姉持ってるよ!!

232:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:17 ID:zsM

まだ借りてないけど

233:Aki:2015/03/31(火) 21:17 ID:lbw

そーなの!?

234:ミサ:2015/03/31(火) 21:17 ID:IRo

マジかw
一回おちまーす!
電源つけるけど…。
二人ともじゃーねー!

235:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:18 ID:zsM

かしてくれない(泣)

236:Aki:2015/03/31(火) 21:18 ID:lbw

あ、バイバイ!

237:Aki:2015/03/31(火) 21:18 ID:lbw

そーなの。。。

238:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:18 ID:zsM

みさぁ〜バイバイ

239:めいびす:2015/03/31(火) 21:18 ID:lis

小説結構面白かったですよ( ´ ▽ ` )
グレルーがあってよかった…っ!(小説版に)
勝手に口だしてすみません(′・ω・)

240:Aki:2015/03/31(火) 21:19 ID:lbw

減るもんじゃないのにね!

241:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:19 ID:zsM

読みたい!!わ〜〜〜〜〜〜〜〜

242:Aki:2015/03/31(火) 21:19 ID:lbw

私も読みたい!(買う!)

243:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:19 ID:zsM

もっとよみたくなったーーー

244:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:20 ID:zsM

Aki買うんだ〜

245:Aki:2015/03/31(火) 21:21 ID:lbw

見つけたら!

246:Aki:2015/03/31(火) 21:22 ID:lbw

あ、ごめん。落ちます!(11時くらいにまた帰ってくる)

247:るー:2015/03/31(火) 21:23 ID:HNE

小説すごし!(oCo)/落ちます

248:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:26 ID:zsM

普通に売ってるよ?!僕の住んでるとこ田舎だけど〜売ってた〜

249:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:34 ID:zsM

だれかいないのかい?

250:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:34 ID:zsM

あれ!?いなくねー

251:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:36 ID:zsM

うわ〜〜〜〜〜〜ん?!

252:わしわし cuc:2015/03/31(火) 21:38 ID:zsM

僕も落ちまーすバイバイ🙋🙌

253:GUMI ミサ:2015/03/31(火) 21:51 ID:R/g

コンバンハ〜(≧∇≦)

254:GUMI ミサ:2015/03/31(火) 21:52 ID:R/g

GUMIでーす!
久しぶりです〜!

255:めいびす:2015/03/31(火) 22:01 ID:lis

お久しぶりです( ´ ▽ ` )ノ

256:わしわし cuc:2015/03/31(火) 22:43 ID:zsM

Gumiおひさ!!僕だよ!?わしわしだよ!!

257:わしわし cuc:2015/03/31(火) 22:44 ID:zsM

またあした

258:Aki:2015/03/31(火) 22:48 ID:lbw

あ、ごめ。嘘ついてた。明日まで落ちます!
(日本語間違ってるかも)

259:GUMI ミサ:2015/04/01(水) 06:16 ID:Wqs

( ´∀`)vおはよぉ
GUMIです!
皆さん!お久しぶりです!

260:GUMI ミサ:2015/04/01(水) 07:03 ID:Wqs

誰かいるー?

261:GUMI ミサ:2015/04/01(水) 08:02 ID:Wqs

ミサー?
居る???

262:わしわし cuc:2015/04/01(水) 08:25 ID:zsM

おはぁ〜〜

263:わしわし cuc:2015/04/01(水) 08:26 ID:zsM

僕だよ!?わしわしだよ!!

264:わしわし cuc:2015/04/01(水) 08:26 ID:zsM

誰もいないの?

265:わしわし cuc:2015/04/01(水) 08:29 ID:zsM

(=_=)眠い

266:るー:2015/04/01(水) 08:46 ID:HNE

おはようー

267:ミサ:2015/04/01(水) 08:49 ID:IRo

おはようございまーす!
GUMI〜いる?

268:わしわし cuc:2015/04/01(水) 09:00 ID:zsM

みさぁ〜遅いよ!!おはぁ〜〜Gumiも、おはぁ〜〜

269:わしわし cuc:2015/04/01(水) 09:01 ID:zsM

間違った

270:わしわし cuc:2015/04/01(水) 09:02 ID:zsM

る〜!!おはぁ★*★*

271:わしわし cuc:2015/04/01(水) 09:02 ID:zsM

だれかいないのかい???

272:わしわし cuc:2015/04/01(水) 09:03 ID:zsM

だれかぁ〜きてぇ〜

273:キキララ cuc:2015/04/01(水) 09:04 ID:zsM

だれかぁ

274:キキララ cuc:2015/04/01(水) 09:05 ID:zsM

僕は、4年生です

275:キキララ cuc:2015/04/01(水) 09:05 ID:zsM

わしわしだお!!

276:やっぱりわしわし cuc:2015/04/01(水) 09:06 ID:zsM

やっぱり名前わしわしにするぅ!

277:ミサ:2015/04/01(水) 09:07 ID:IRo

あ、おはるー♪
GUMI!私が今書いてるの終わったら、GUMIみたいに小説にそって書いてもいい?

278:やっぱりわしわし cuc:2015/04/01(水) 09:07 ID:zsM

みさぁ〜るぅ〜3DSのコメント書いてね

279:やっぱりわしわし cuc:2015/04/01(水) 09:07 ID:zsM

みさぁ!!

280:やっぱりわしわし cuc:2015/04/01(水) 09:08 ID:zsM

Gumiいるん?

281:わしわし cuc:2015/04/01(水) 09:09 ID:zsM

みさぁおはるーって何?

282:ミサ:2015/04/01(水) 09:10 ID:IRo

どうしたのわしわし?

283:わしわし cuc:2015/04/01(水) 09:12 ID:zsM

眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)眠い(=_=)

284:わしわし cuc:2015/04/01(水) 09:13 ID:zsM

みさぁ

285:わしわし cuc:2015/04/01(水) 09:13 ID:zsM

こわいくらい押しちゃった

286:わしわし cuc:2015/04/01(水) 09:14 ID:zsM

誰もいなくてつまらなぁ〜い

287:わしわし cuc:2015/04/01(水) 09:14 ID:zsM

288:わしわし cuc:2015/04/01(水) 09:15 ID:zsM

Akiがいんとつまらんよ〜

289:ミサ:2015/04/01(水) 09:44 ID:IRo

ああ、それね…。
おは、るー♪にしようと思ったら“、”を入れ忘れて、なっちゃった!

290:るー:2015/04/01(水) 09:46 ID:HNE

わしわし 僕?(o×o)おどろきです!

291:ミサ:2015/04/01(水) 10:27 ID:IRo

少し書きます。


ルーシィ目線


はぁ、なんか寝不足…。
昨日グレイが大きい声で変なこと言うからよ…トホホ。
何ていってたかな…。
え〜と…お葬式行ってもいいのか〜!だったかな。

グレイ「どうしたんだ、ルーシィ」

目の下に隈をつくったグレイが聞いてくる。

ルーシィ「えぇ、ちょっと寝不足」
グレイ「俺もだ。大変だよな…」
「…」

…。

ルーシィ「お前のせいだろ〜〜〜!!」

何こいつ!!お前のせいだ!!
被害者ずらして…。

ルーシィ「あぁ!思い出した!」
グレイ「(ビクッ)何をだ?」

そうだこいつ昨日、襲ってもいいのか、何ていってたんだ!
あ…。夢でジュビア見たのかな。
そう思ったら怒りが消えてくよ…。
私のわけ…ないもんね…。

ルーシィ「……(ゴニョゴニョ」


グレイ目線


あいつ急に思い出したって…。
まさか、襲ってもいいのか〜〜!!、のやつか。

グレイ「お…!?」

なんだ急にしゅんとしやがって…。
ま、まぁ、かわいいけどな//
もしかして夢でナツ見てて、言ったのがナツだと思ったら俺だったからか…。



グレイ「俺な…」
ルーシィ「?何?」
グレイ「俺今日好きなやつの夢見て、プールで遊んでたんだ…」

ルーシィは、ジュビアが水が好きだからプールの夢を見たと思った。

ルーシィ「私はね、好きな人と料理してる夢を見たんだ…」

グレイは、ナツが食べるのが好きだから、料理の夢を見たと思った。


ルーシィ「そろそろ仕事行こっか」
グレイ「おう」
ルーシィ「どこだっけ」
グレイ「わかんねぇ」

そんなたわいもない話をしている間に、いつのまにか着いていた。

「ああ!フェアリーテアルの方ですか?やぁ、よくいらしてくれました」
ルーシィ「あなたは…?」
「あぁ、私は依頼人のポート、といいます」


続く


感想ください!

292:ミサ:2015/04/01(水) 10:48 ID:IRo

ねー、今日エイプリルフールだから、誰か組まない?

293:るー:2015/04/01(水) 12:50 ID:HNE

ミサ組むって?

294:わしわし cuc:2015/04/01(水) 13:44 ID:zsM

る〜!僕ってゆうのは、学校では、いつも僕っていってるから女だけど!!

295:わしわし cuc:2015/04/01(水) 13:45 ID:zsM

みさぁ組むって?

296:わしわし cuc:2015/04/01(水) 13:45 ID:zsM

なんだかわからないけど面白そー

297:わしわし cuc:2015/04/01(水) 13:47 ID:zsM

だれかぁいないんすか?

298:わしわし cuc:2015/04/01(水) 13:48 ID:zsM

もしかして、みさと組んで嘘をつく的なかんじ?

299:わしわし cuc:2015/04/01(水) 13:51 ID:zsM

エイプリルフールエイプリルフールエイプリルフールエイプリルフールエイプリルフールエイプリルフールエイプリルフールエイプリルフールエイプリルフールエイプリルフールエイプリルフールエイプリルフールエイプいっぱい書いたー!

300:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:23 ID:zsM

小説書くからエイプリルフールの、  
  〜キミと、ぼくのエイプリルフール〜
キミは、だれとすごすのだろうか…特別な日は…
ミ「エイプリルフール〜お菓子くれなきゃいたずらするぞ〜」
グ「ミラちゃんそれさぁハロィンでしょ」
ミ「そっかじゃあ今日は、なんの日?」
グ「エイプリルフールだよっ嘘をついてもいい日」
ミ「そうでも嘘は、ついちゃダメよね〜」
グ「嘘をつく日なんだよっ」
ル「何話してんのっ?」
ミ「ルーシィエイプリルフールの話よ!!」
ル「そうだー!エイプリルフールだ!」
グ「なんだよっルーシィまでわすれんなよっチッ」
ル「ごめん」………
グ「なっ」
グ(クソ…めっちゃ可愛い………)
グ「なんだよっしゅんとすんなよっ」
ル「あんだよね…あんたがいったんでしょ」フン
ミ「うふふ」
ル「なんですか?ミラさんまで〜」
ナ「ルーシィ家で3人でいわおうぜー」
ル「嫌よ」
ナ「なんでだよっ」
ル「家を汚くされるだけだし」
ナ「チェッハッピー俺たちの家で2人でいわおうぜー」
ハ「あい」
ル「はぁ」
グ(ホッε-(´∀`*))
グ「ルーシィ明日さ暇か?」
ル「ぅうん」
グ「なら…明日さいつものとこに来てくれ」
ル「えっほんとにいくの?」
グ「なんで?」
ル「だってエイプリルフールだよ!!グレイがいったんでしょ」
グ「そっか…てかほんとだけど」
ル「じゃあ行かないから」
グ「えっ?」
ル「嘘だよ!!行くってあはは何その顔」
グ「なんでもないって/////」
ル「じゃあね小説かかなきゃいけないから」
グ「おぉじゃあな」
   ーーつづくーー

301:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:26 ID:zsM

つづくのまえに↓
たのしいたのしいエイプリルフールでした…が!!
を入れてみてください

302:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:26 ID:zsM

感想まってます!!

303:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:31 ID:zsM

ミサの小説おもしろーーい

304:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:33 ID:zsM

るー僕が僕って言うのにおどろかないでね!!

305:るー:2015/04/01(水) 14:34 ID:HNE

エイプリルフール ルーシィわすれてたんだ(^v^)グレイのいつものばしょ気になるー

306:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:37 ID:zsM

いつもの場所の場所じつは、まだ決めてないんだぁ

307:るー:2015/04/01(水) 14:37 ID:HNE

わしわしおどろかないよ!

308:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:38 ID:zsM

えへへ(*´σー`)エヘヘ僕さぁ〜直前まで、考えないの

309:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:38 ID:zsM

ありがと!!

310:るー:2015/04/01(水) 14:39 ID:HNE

決めてないんだぁ 続きがもっと楽しみになった(^T^)

311:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:39 ID:zsM

小説もさぁ〜何も考えないで題名だけきまったらかくんだぁ〜!

312:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:40 ID:zsM

今日中に、かくからぁ〜

313:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:41 ID:zsM

つづきを!!

314:るー:2015/04/01(水) 14:41 ID:HNE

落ちまーす3DSやってきます!

315:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:43 ID:zsM

私は、おばかなミラちゃんを書くのが好きだよ!!

316:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:43 ID:zsM

okです

317:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:43 ID:zsM

3DSね!!

318:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:44 ID:zsM

バイバイ僕も落ちまーす

319:わしわし cuc:2015/04/01(水) 14:57 ID:zsM

落ちたはずなのに…気になって戻ってきてしまう………今度こそ落ちまーすバイバイ🙋👋

320:ミサ:2015/04/01(水) 18:38 ID:IRo

誰かいるーー?
いないか…。
そうだ!(ニヤニヤ
誰かに嘘つこっと!

321:Aki:2015/04/01(水) 18:45 ID:lbw

こんばんわ〜!誰かいる?

322:Aki:2015/04/01(水) 19:17 ID:lbw

小説書くよ!
ルーシィ目線
グ「そろそろ着きそうだな。雪が見えて来た
し。」
ル「そうだね!依頼書に雪山って書いてあっ
たけどこんなに山奥なんだね。」
馬車の運転手「もうここからは、暗いので
行けれません。なので今日はどこかに泊ま
って、明日また馬車で行ってください。」
そう言うと、運転手は帰ってしまった。
ル「え。ちょ。待ってぇ〜!」
グ「どうする?ここから。」
ル「どこかに泊まろうよ。どこにする?」
グ「ここの近くなら知ってる所あるけど
どうする?」
ル「そこにする!」
グ「じゃあ、行こうか。」
うわ〜!グレイの知ってる所ってどんな所
なんだろ。楽しみだなぁ〜!



まだ続くよ!

323:Aki:2015/04/01(水) 19:22 ID:lbw

誰かーーいない?

324:Aki:2015/04/01(水) 19:27 ID:lbw

いないね。落ちます!

325:GUMI ミサ:2015/04/01(水) 19:33 ID:Vps

誰かいるー?

326:ミサ:2015/04/01(水) 19:39 ID:IRo

ん〜…。
誰も来なさそうだし、続き書くか。


ルーシィ目線


「依頼人ポートです」

やっぱり警察だし、かっこいいな〜…。
…。でも、“ポート”より、ぽ、“ポーク”のほうがにあうかも…。

ポート「では早速着替えてもらいます」

急に歩き出したから、私たちもついていったら、またまた急に止まった。

ポート「ああ!忘れていました…」
グレイ「あぁん。なんだよ」

うわ〜、グレイ明らかに機嫌悪!

ルーシィ「あ、あはは…。で、何ですか?それって」
ポート「あぁ、単純なことですよ!」
グレイ「だから、それが何か聞いているんだよ!」
ポート「ぅ…。ただの魔力検査です」

あ、何か蛇に睨まれた蛙だっけ?
そんな感じになってる。

ポート「これで〜す」パンパカパ〜ン、パンパンパンパンパカパ〜ン!

グレイ「あ、これって大魔闘演舞の…」

そこにあったのは、魔力をはかるラクリマ。

ポート「はい、さきそこの…」
グレイ「グレイ、グレイ・フルバスターだ」
ルーシィ「あ、私はルーシィ・ハートフィリアといいます!」
ポート「はいありがとうございます、じゃあ先グレイさんどうぞ」

グレイが前に出て構える。

グレイ「アイスキャノン!」

バン!

ポート「えー、ふむふむ。じゃあ次ルーシィさんどうぞ」
ルーシィ「え!」

ど、どうしよう…。
どの精霊出せばいいのかな…。
まぁここはロキ出しておこう。

ルーシィ「開けし…」
ロキ「やぁ、ルーシィ。やっと僕と愛を育む気になっ…うん?」
(あ、グレイ僕のことすごい睨んでる!そんな睨まないでグレイ☆)

ポート「はい、じゃあお願いします」

ガン!

ポート「魔力検査終わりました。じゃあ着替えてください」

あ、検査の結果どうだろう…。
でも、聞かない方がいいかも…。

続く

恋愛系じゃなくなっちゃった…。
感想ください!

327:ミサ:2015/04/01(水) 19:40 ID:IRo

あ、GUMI!

328:Aki:2015/04/01(水) 19:47 ID:lbw

また帰ってきた。
ミサさん、小説上手い!

329:Aki:2015/04/01(水) 19:52 ID:lbw

特にグレイがにらむ?とこ!面白い!

330:ミサ:2015/04/01(水) 19:58 ID:IRo

あ、Aki!ありがとう。
さんづけしなくていーよ!

331:Aki:2015/04/01(水) 20:12 ID:lbw

オッケー!次からそーする!

332:Aki:2015/04/01(水) 20:13 ID:lbw

風呂落ちします!

333:Aki:2015/04/01(水) 20:25 ID:lbw

帰って来たよー!ポカポカ(*´ω`*)

334:Aki:2015/04/01(水) 20:27 ID:lbw

今誰かいる?

335:ミサ:2015/04/01(水) 20:48 ID:IRo

…。
Aki行っちゃった…。
誰かいますか〜。
…。変なの書くね!


ジュビアの夢

グレイ様、グレイ様。頭が痛いでしょうからひがまうらします!

おお!ジュビア!
君にしてもらえるなんて…嬉しいよ。


エヘヘ〜グレイ様。
はっ!夢!
でもきっとグレイ様なら!

「グレイ様膝枕します!」
「あ、もう間に合ってるぜ」

ジュビーン!

という夢でした。

はっ!これもゆめ?

終わり

これは、本編と関係無いです!

336:ミサ:2015/04/01(水) 20:49 ID:IRo

ポッかカポカ♪

337:Aki:2015/04/01(水) 20:55 ID:lbw

小説の続き書きます。(ルーシィ目線)
ル「や、やっと着いた。疲れた〜!」
グ「さっさと部屋取るぞ。」
うわ!グレイ態度つめた!疲れてるから
かなぁ〜?ま、いいや。お風呂入りたーい!
グ「部屋取ったから鍵渡しとくな。203号室
だってよ。俺は風呂行ってから入るわ。」
ル「うん。分かった。私もそうするね。」
〜お風呂に入ったあとの部屋〜
ル「あ〜。いい湯だった。」
グ「そうだな。」
うわ〜!グレイの浴衣姿新鮮!ヤバ。
カッコイイ。
グ「ん?俺の顔に何か付いてるのか?」
ル「ううん。何も付いてないよ。」
ヤッバ。見つめすぎた〜。
グレイ目線
ルーシィの浴衣姿可愛いな。ん?俺を
見つめてる?いやいや。そんなわけないか。
グ「ん?俺の顔に何か付いてるのか?」
ル「ううん。何も付いてないよ。」
じゃあ、今のは何だったんだ?まぁ、いいか。
てか、ルーシィと2人だけってやば。これで
告白なんて、まじ死にそうだわ。ミラちゃん。



続くよ〜!

338:ミサ:2015/04/01(水) 20:55 ID:IRo

Akiいる〜?

339:Aki:2015/04/01(水) 20:56 ID:lbw

いるよー!

340:ミサ:2015/04/01(水) 20:57 ID:IRo

Akiすご〜い!!
二人…やばい!!
グレイの浴衣見てみたいかも…。

341:Aki:2015/04/01(水) 20:58 ID:lbw

あ〜そう言われると見てみたい!

342:ミサ:2015/04/01(水) 20:59 ID:IRo

でもグレイ折角似合うのにすぐ脱ぎそう…。

343:Aki:2015/04/01(水) 20:59 ID:lbw

ミサの小説もすごい!ジュビーンってとこが
面白い!

344:Aki:2015/04/01(水) 21:00 ID:lbw

確かに。。

345:ミサ:2015/04/01(水) 21:00 ID:IRo

ジュビアって面白いよね〜

346:ミサ:2015/04/01(水) 21:01 ID:IRo

私さ時々、あぁこの世界入ってみたい!て思うんだよね…。
変かな(´・ω・`)

347:Aki:2015/04/01(水) 21:01 ID:lbw

うんうん。

348:Aki:2015/04/01(水) 21:02 ID:lbw

変じゃないよ! 私もそう言うときある!

349:ミサ:2015/04/01(水) 21:04 ID:IRo

よかった…。
こんなのクラスの人に言っても、変なやつ、で終わるし…。

350:Aki:2015/04/01(水) 21:06 ID:lbw

そうなんだよね〜。

351:Aki:2015/04/01(水) 21:08 ID:lbw

ハッ!いつの間に350!

352:ミサ:2015/04/01(水) 21:09 ID:IRo

しかも私グレルー派だから、好きって言う人がいても、何で!て感じになると思うし…。

353:Aki:2015/04/01(水) 21:10 ID:lbw

あぁ〜。

354:Aki:2015/04/01(水) 21:11 ID:lbw

でもそんなことないよ!

355:ミサ:2015/04/01(水) 21:11 ID:IRo

うわ!35Oピッタ!いいな〜…。
今少しFT読んでた。
てかこの前のFT見んの忘れた〜

356:Aki:2015/04/01(水) 21:13 ID:lbw

小説?

357:ミサ:2015/04/01(水) 21:14 ID:IRo

タブレットで3回再生に挑んだのに、私へのいじめか反応なし(´・ω・`)

358:Aki:2015/04/01(水) 21:14 ID:lbw

今読んでたのって?

359:Aki:2015/04/01(水) 21:14 ID:lbw

ありゃりゃ。。

360:ミサ:2015/04/01(水) 21:15 ID:IRo

そう、この前言った(と思う)本屋で嬉しすぎて跳ねてたやつ!

361:Aki:2015/04/01(水) 21:15 ID:lbw

あ、ごめ。落ちる!

362:ミサ:2015/04/01(水) 21:16 ID:IRo

親帰ってきた!!(одо)

363:ミサ:2015/04/01(水) 21:16 ID:IRo

私も少し落ちる…かも。

364:ミサ:2015/04/01(水) 21:24 ID:IRo

なんとか戻ってこれた…。

365:ミサ:2015/04/01(水) 21:25 ID:IRo

誰かいる〜…。
…。(´・ω・`)

366:めいびす:2015/04/01(水) 21:26 ID:lis

こんにちは( ´ ▽ ` )

367:わしわし cuc:2015/04/01(水) 21:26 ID:zsM

みんなー!こんばんわ〜ってみんな今落ちちゃった係?←漢字違う?

368:わしわし cuc:2015/04/01(水) 21:27 ID:zsM

いた!!\(^o^)/

369:わしわし cuc:2015/04/01(水) 21:28 ID:zsM

めいびすさん!!こんばんわですよ?

370:わしわし cuc:2015/04/01(水) 21:28 ID:zsM

みっさ〜こんばんわ〜ヤホー

371:わしわし cuc:2015/04/01(水) 21:31 ID:zsM

Aki〜っていないのか……

372:わしわし cuc:2015/04/01(水) 21:32 ID:zsM

あれ?こんばんわだっけ?こんばんはだっけ?

373:わしわし cuc:2015/04/01(水) 21:33 ID:zsM

だれかぁいたら↑の質問答えてー

374:わしわし cuc:2015/04/01(水) 21:38 ID:zsM

300ぴたりの小説のつづきを書きます
わからない人は、300を見てね!!
時間がかかるよ!!

375:GUMI ミサ:2015/04/01(水) 21:55 ID:brM

コンバンハ〜(≧∇≦)
明日、小説書きます!

376:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:01 ID:zsM

楽しいエイプリルフールだったが…
ル「っていつもの場所いっぱいありすぎてわかんな〜〜いよ〜」
ル「えっと…いつもの公園に、いつもの体育館、いつものとしょ…そうだー!
グレイは、本を持ってたし図書館ね!!」
ーーその頃ーー
グ「くっそよりによって俺は…エイプリルフールという嘘をつく日にいってしまっ
たんだ…」
グ「きてくれっかな?」グレイは、悩んでいた
ーーールーシィ家ーーー
ル「何を着ればいいのぉーーー……………はぁどうしよう……」
バ「姫」
ル「バッバルゴびっくりしたぁーー」
バ「姫、そんなに落ち込んでいたら姫らしくありません」
ル「バルゴありがとっ」
バ「星霊界から服をお持ちしました」
ル「ありがとっバルゴ」
バ「姫おしおきですか?」
ル「ほめてんのよっ」
バ「姫待ち合わせに遅れますよ」
ル「あぁ〜〜〜やばいー」
バ「姫では、私は、これで」
キャ「ルーシィさん髪は、まかせてくれエビ」
ル「キャンサー!ありがとっ」
キャ「ルーシィさんのおやくにたててうれしいですエビ」
カチャカチャさっさっ
キャ「おわりですエビ」
ル「キャンサーありがとっ」
シャン
ル「さっ二人ともいったし私も行くかぁ〜」

ーーつづくーー

377:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:04 ID:zsM

こんばんは小説感想まってるよぉ〜
今回は星霊をいれましたぁ〜(*´ω`*)
つづきますからこれからも読んでね!!

378:めいびす:2015/04/01(水) 22:05 ID:lis

とりあえず続きを書きます…

前回までは

列車の中で朝日を見ました。

少しまた距離が近づいた…かも?

続…グレイ目線

ルーシィ「寒ッ!!」
グレイ「これくらい普通だろ」
ルーシィ「グレイは、氷の造形魔道士だからね…((ガチガチ」
グレイ「…む、無理すんなよ?」

しばらく汽車に揺れること3時間。
朝日を眺めて青空に変わり、やがて雪景色へ。

グレイ「しっかし結構経済成長してる街だな」
ルーシィ「それね…。雪に閉ざされてるから独立してるかとおもったけど…」
グレイ「まぁ、依頼主んとこいくか」

歩くこと数分。やがて街の中心部へ。

グレイ「結構な館だぜ、こりゃ…」
ルーシィ「…すごい」

目の前には純白に黄金の線が光る五階建てぐらいの館。
右側と左側の屋根には小さめな塔があり、真ん中には大きな塔…?
いや、ドームといった方がいいか。
そんなつくりの豪邸だ。


ーコンコン。

???「誰だ」
グレイ「フェアリーテイルの者だ。以来を受けてここにきた。」
???「心得た。入れ」

目の前の3mはあろうか門がひとりでにギギギ…と音を立てて開く。

ルーシィ「うわぁ、敷地面積はうちより狭いけど…こんな門始めて。」
グレイ「他の豪邸とかは?」

歩きながら話をする。ここは薔薇園だろうか。
なんか豪邸にはお決まりだな、薔薇園…。

ルーシィ「うーん、手動だったよwこんな風に魔力じゃなくて」
グレイ「手動てw」
ルーシィ「まぁもうあたしには、そのおっきな敷地も、何処かの貴族の門も、縁はなくなったけどね」
グレイ「…何か、わるいな」
ルーシィ「あたしが始めた話だよ?グレイが気にする必要ない」

そういってルーシィはぱっと明るく笑顔を見せる。
本当、すげえよなこいつは。


ー豪邸、大広間ー

???「もうすぐアーテ様がいらっしゃる。その目の前の扉のソファに座っていてください」
ルーシィ「はーい…」

ガチャ。

グレイ「うわ…まさに豪邸だな」

暖炉がついている…。花瓶と風景画、豪華なソファにテーブル。
家具はほとんど白を基調している


ー数分後ー


???「またせた。よく来たな」
ルーシィ「…あ。どうも。えっt…」
グレイ「…?おいおぼっちゃん。部屋間違えてねぇか?」

そう。数分経って部屋に入って来たのは八歳ぐらいの子供だった。

???「はぁ…。何を言うか。私こそアーテだ。」
ルーシィ「…依頼主、さん…?」
グレイ「子供がギルドに依頼出すなよ…。」
ルーシィ「ちょっとグレイ」
アーテ「俺は、ここの、主だ!!!わかったか魔道士」
ルーシィ「あ、あたしはルーシィ。ルーシィ・ハートフェリア。」
グレイ「…俺はグレイ。グレイ・フルバスターだ」
アーテ「グレイにルーシィか。まぁいい。さて、依頼したのは他でもない。僕だ。」
ルーシィ「何故、雪露草を?」
アーテ「…雪露草は、練り潰すと薬草として扱われる。それは病を治したり、完治を早める効果がある。」
グレイ「お前は今、病から救い出したい人がいるのか。でもそれぐらい金でどうにかなったんじゃねぇの?」
アーテ「まぁ、そうだが。雪露草は探し出すのか困難だ。それに、強力な守護者もいるという。私ら並みでは無理だ。」
グレイ「ふーん…」
アーテ「僕の両親は今、病にふせっている。親戚の医者が見てくれているし、治癒魔道士も力を貸してくれている。それでも…病は最低でも完治十年だそうだ。」
ルーシィ「…わかりました。雪露草でその完治を早めようとしてるのですね?」
グレイ「その草、本当なのか?」
アーテ「僕は、可能性があるなら賭けたい。例え1%だろうが。絶対、掴み取ってみせる。」
ルーシィ「グレイ。アーテさんってさ、何かフェアリーテイルの皆と気持ちが似てない?((コソ」
グレイ「どんなことでも諦めずに掴み取るところか?」
ルーシィ「うん。こんな人は仲間みたいだし、h…」
グレイ「放っておけない、だろ?」
ルーシィ「…うん!」
アーテ「?どうした」
ルーシィ「いいえ!喜んで手を貸させて頂きます!」
アーテ「…そうか!!」

アーテは、無邪気な笑顔を見せ、ハッとした後顔を伏せた。
これでも、やっぱり子供なんだな、と思うと可哀想に思える。
両親に変わってこの館の主をやり、この館の仕事をあの年でやり抜き。

グレイ「大変だったな。」
アーテ「…!」

頭をポン、と叩いてやると、アーテはやめろと言いながらも嬉しそうだった。

379:めいびす:2015/04/01(水) 22:08 ID:lis

あっそうか!こんばんはだった(; ´ ▽ ` )

わしわしさん、すごい上手です!精霊が2人も出て来て身支度をしてくれる…
いいなぁ(´・Д・)」じゃないですねw

380:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:09 ID:zsM

めいびすさん!!✨小説めっちゃ面白いです✨

381:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:10 ID:zsM

めいびすさん!!呼び捨てタメ口okですめいびすさん!!は、okですか?

382:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:13 ID:zsM

僕もルーシィになりたーいと思う…たまに
あっ!僕って言ってるけど…4年生の女の子ですよ!!一応

383:めいびす:2015/04/01(水) 22:13 ID:lis

おkだよー!タメ口も呼び捨ても( ̄^ ̄)ゞ

384:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:13 ID:zsM

ありがとー✨

385:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:16 ID:zsM

このスレって楽しいよね!!

386:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:17 ID:zsM

るーとみさと、さおりんとは、フレンドなったよ!!

387:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:17 ID:zsM

めいびす?いるー?

388:るー:2015/04/01(水) 22:17 ID:HNE

小説すごかったよー二人とも ミサ ジュビアのまた笑っちゃた(^v^)Aki読んでて二人の浴衣すがたみたくなった!

389:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:18 ID:zsM

あれ!?る〜が来た…

390:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:19 ID:zsM

Akiと…ずっと話してない…

391:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:20 ID:zsM

うわーん(泣)(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

392:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:21 ID:zsM

あれ!?だれかぁいないの?

393:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:21 ID:zsM

うわーん(泣)(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)






うわーん(泣)

394:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:21 ID:zsM

いないの?!

395:るー:2015/04/01(水) 22:23 ID:HNE

さすが小説うまい私もかこうかなー うーん

396:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:23 ID:zsM

落ちます…バイバイるーとかは、フレンドの方にいるから来てね!!バイバイ✨

397:わしわし cuc:2015/04/01(水) 22:23 ID:zsM

る〜バイバイ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

398:めいびす:2015/04/01(水) 22:25 ID:lis

ちょっと外してました(汗)わしわし、またねー!

399:るー:2015/04/01(水) 23:31 ID:HNE

めいびすさん呼び捨てタメ口OKですか?私はOKです!

400:ミサ:2015/04/01(水) 23:32 ID:IRo

誰かいる?

401:ミサ:2015/04/01(水) 23:34 ID:IRo

あ!400だ!
嬉しいな、良いことあるかな♪

402:みさ:2015/04/01(水) 23:41 ID:IRo

なんか“ミサ”だったけど、時々“みさ”にする人がいるので平仮名の“みさ”するので、あまり気にしないでね!

403:めいびす:2015/04/02(木) 00:04 ID:lis

るーさん、呼び捨てもタメ口も、全然構いませんよ(`・ω・)ゞ

404:めいびす:2015/04/02(木) 00:04 ID:lis

ミサ≫りょーかいと!

405:みさ:2015/04/02(木) 07:25 ID:IRo

めいびすさんありがとう(`・∀・´)ゞ
めいびすさん何部ですか?

406:みさ:2015/04/02(木) 07:42 ID:IRo

続きを少し書きます!


グレイ目線


グレイ「ちっ、かわんねーじゃん」

なんだよ!
服を着替えさせて同じか…。
ガラ(カーテンの音

ルーシィ「うう…恥ずかしいよ」
グレイ「お、やっと着替えおわ…グハッ!」

やばい…ちょーやばい。
かわいい。かわいすぎる//
ミニスカートヤバいです。

グレイ「ポートさんありがとう(ウルウル」
ルーシィ「なんでこんな短いの〜!」

そしてそのまま俺の横を通りすぎる。
あ!ナツに本当は見せたかったんだよな…。


ルーシィ目線


うわ!何このスカートの短さ!

ルーシィ「うう、いや(ウルウル」

でも、覚悟を決めるか…。
ガラ(カーテンの音

グレイ「グハッ!」
ルーシィ「大丈夫?」

そしたらグレイはすぐこっちを見て上を見てなんか“ありがとう”とウルウルしながらいってる…。
なんだろう。
あ!そっか…。
グレイはジュビアが好きだから私のなんて見たくなかったるだろうな…。
グレイに見て欲しいのにな…。

グレイ「……//(ボソッ」
ルーシィ「ん?グレイなんか言った?」

そう聞くと走ってしまった。
そこまでジュビアが好きだからって…。
わかっているけど、結構辛いんだよ。


グレイ目線


かわいい姿をみたい!
でも、ナツが好きだから…。
いないから、余計に辛いんだぜ…。


続く

感想ください!

407:るー:2015/04/02(木) 08:07 ID:HNE

めいびすありがとう私も呼び捨てタメ口OKだよ(^v^)/ ミサ小説グレイがルーシィを見て「グハッ」って言ったとこオモシロかった!

408:みさ:2015/04/02(木) 08:08 ID:IRo

ありがとう!
あとここは、ルーシィが可愛すぎて自滅の場面w

409:みさ:2015/04/02(木) 08:09 ID:IRo

るー、わしわし見た?

410:るー:2015/04/02(木) 08:50 ID:HNE

ミサそういう場面か笑えるww

411:わしわし cuc:2015/04/02(木) 10:44 ID:zsM

みさ小説めっちゃ面白い!!グレイと…ルーシィすれちがい恋愛…悲しいね!?

412:わしわし cuc:2015/04/02(木) 10:46 ID:zsM

だれかぁ

413:わしわし cuc:2015/04/02(木) 10:47 ID:zsM

いませんかぁ

414:Aki:2015/04/02(木) 11:08 ID:lbw

こんにちわー!

415:Aki:2015/04/02(木) 11:16 ID:lbw

あれ?誰もいない?

416:GUMI ミサ:2015/04/02(木) 11:19 ID:Wqs

ハ━━━ヾ(。´囗`)ノ━━━イ
GUMIが、今ーす

417:Aki:2015/04/02(木) 11:26 ID:lbw

小説の続き書きます!(ルーシィ目線)
ル「あ〜!今度は、お腹すいたぁ〜!」
グ「もうすぐ来るだろうから我慢だな。」
女将「お食事をお持ちしました。」
ル「やっときたぁ〜!ってゆうかめっちゃ
豪華!」
グ「美味しそうだな。」
ル「いただきまぁ〜す!」
う〜ん!美味しい!幸せ〜!
グ「ははっ!そんなに美味しいのか。ここに
して良かったな。」
はっ!独り言聞かれてた!恥ずかしい〜!
でも美味しいからいいや。ってゆうかグレイ
浴衣脱ぐのはやっ!似合ってたのになぁ〜。



続く

418:Aki:2015/04/02(木) 11:27 ID:lbw

オー!Gumi!

419:Aki:2015/04/02(木) 11:28 ID:lbw

小説書いてたから読むの遅れた!ごめん!

420:るー:2015/04/02(木) 11:37 ID:HNE

Aki小説うま!

421:Aki:2015/04/02(木) 11:37 ID:lbw

ありがと!

422:Aki:2015/04/02(木) 11:49 ID:lbw

あれ?誰もいない?

423:Aki:2015/04/02(木) 11:52 ID:lbw

。。。
落ちます!

424:みさ:2015/04/02(木) 14:45 ID:IRo

こーんにーちわー!
疲れた…。
誰かいますか?

425:みさ:2015/04/02(木) 15:38 ID:IRo

続き書きます!


ルーシィ目線


ガヤガヤザワザワ。
うう、人たくさんいるよ〜。

ポート「わかりましたか?」
グレイ「おうよ、大体だが…」
ポート「(ウンウン)ルーシィさんは?」
ルーシィ「へ?」
グレイ「まさか聞いてなかったか?」

周りを気にしすぎて話が頭に入らなかった、っていって信じてくれるかな?

ポート「外がガヤガヤしていたからでしょう。もう1回いいますね…」
ルーシィ「ありがとうございます…」



ポート「みなさーんこんにちわ」
子供「こんにちわーー!!」

うう、ちょー元気じゃん…。

ポート「今日はあの有名なギルド、“フェアリーテイル”から強い魔道師さんが来ています!!」
子供「やったー!!」

うわ!地味にハードルあげてる…。

ポート「ではどうぞ!」

覚悟を決めなくちゃ!

グレイ「どうも」
ルーシィ「こんにちわ…」
ポート「では挨拶お願い致します」

うわ!時間稼ぎ?!

グレイ「俺は氷の造形魔道師だ」
ルーシィ「わ、私は精霊魔道師です!」
ポート「今日は魔法警察として働いてくれるよ!」
グレイ「よろしく」
ルーシィ「よ、よろしくお願いします」

どうだ!これでどうだ!
子供たちよ!
でも、“あ!負けた奴”とか言われたら死ぬかも。

続く

中途半端でごめんなさい…。
良ければ感想ください…。

426:ユキ:2015/04/02(木) 16:56 ID:IRo

こんにちは!初めまして。
ユキです。
私も入っていいですか?
あと私、ごくたまにしか来れないです

427:みさ:2015/04/02(木) 16:57 ID:IRo

疲れたよー。
誰かいる?

428:ユキ:2015/04/02(木) 16:58 ID:IRo

初めましてみささん!
私ユキです。
皆さん小説すごい上手いです。

429:ユキ:2015/04/02(木) 17:00 ID:IRo

タメ語でいいですか?
私いいです!

430:みさ:2015/04/02(木) 17:01 ID:IRo

はじめましてユキさん♪
本当に皆上手いからあとで自分のを見ると悲しくなります…。

431:ユキ:2015/04/02(木) 17:03 ID:IRo

私中学2になります!

432:ユキ:2015/04/02(木) 17:03 ID:IRo

いえ!みささんもすごい上手いです!

433:みさ:2015/04/02(木) 17:04 ID:IRo

私も中2になるよ!
あとさんなくていいよ!
私もなくていい?

434:ユキ:2015/04/02(木) 17:05 ID:IRo

あ、わかりました!次からそうします。
うんみさ、私もいいよ!

435:ユキ:2015/04/02(木) 17:06 ID:IRo

何県に住んでる?
私神奈川県に住んでるよ!

436:みさ:2015/04/02(木) 17:07 ID:IRo

ありがとう!
フレある?

437:みさ:2015/04/02(木) 17:07 ID:IRo

え!ユキ神奈川県!
私もだよ!

438:ユキ:2015/04/02(木) 17:08 ID:IRo

ごめん3DSないの

439:ユキ:2015/04/02(木) 17:09 ID:IRo

みさも神奈川県!
何部?

440:みさ:2015/04/02(木) 17:10 ID:IRo

何市にすんでるの?

441:ユキ:2015/04/02(木) 17:10 ID:IRo

私は、横浜の近くかな。

442:みさ:2015/04/02(木) 17:11 ID:IRo

私鎌倉市かな?
なんか卓球部…。

443:ユキ:2015/04/02(木) 17:12 ID:IRo

私は帰宅部!
親が勉強ってうるさい

444:るー:2015/04/02(木) 17:12 ID:HNE

きましたー

445:ユキ:2015/04/02(木) 17:16 ID:IRo

ちょっと書いてみる!

グ「ルーシィ仕事行こうぜ!」
ル「え!うん行く」
グ「やったー」
ル「いくら?」
グ「50万J!」
ル「明日から行こう!」

続く


みさどう?

446:みさ:2015/04/02(木) 17:17 ID:IRo

るー、HAIIO!
ユキうまいと思う!

447:ユキ:2015/04/02(木) 17:18 ID:IRo

あ!初めましてるーさん
よろしくお願いします!
あとさっき言ったのは訂正でほぼ毎日来ます!

448:みさ:2015/04/02(木) 17:19 ID:IRo

ユキさっき言ったことと違う!(одо)

449:ユキ:2015/04/02(木) 17:20 ID:IRo

ごめん、間違えた

450:ユキ:2015/04/02(木) 17:22 ID:IRo

ごめんなさい。
勉強があるので終わります。
バイバイみさ!

451:るー:2015/04/02(木) 17:31 ID:HNE

ユキさんよろしくです!私は呼び捨てタメOKです!ユキさんはOKですか?

452:ユキ:2015/04/02(木) 17:31 ID:IRo

やったぁ!
親が勉強今日はいいって言ってくれた!
みさいる?

453:みさ:2015/04/02(木) 17:32 ID:IRo

今までの最低点数何?
ユキ何?

454:ユキ:2015/04/02(木) 17:33 ID:IRo

最低点数?
本当にやばいよ。
79点。

455:ユキ:2015/04/02(木) 17:34 ID:IRo

みさは?

456:ユキ:2015/04/02(木) 17:36 ID:IRo

あ、るーさんよろしくです!
私もタメ口呼び捨て大丈夫です!

457:ユキ:2015/04/02(木) 17:38 ID:IRo

あ、すいません。
さっきの最低点数押し間違えました。
正しくは89です!

458:ユキ:2015/04/02(木) 17:40 ID:IRo

あ、すいません。
今度は本当に終わりです。
じゃあめみさ!るー

459:匿名さん:2015/04/02(木) 17:40 ID:IRo

じゃあねでした!

460:るー:2015/04/02(木) 17:41 ID:HNE

ユキさん小説うまいなぁ

461:るー:2015/04/02(木) 17:46 ID:HNE

まちがえたユキだった・・・

462:みさ:2015/04/02(木) 17:48 ID:IRo

ユキ上手い…。
それよりもユキの最低点数89点が…。

463:ユキ:2015/04/02(木) 17:50 ID:IRo

すいません。
また来ちゃいました。
て、点数低いのであまり言わないでください。

464:ユキ:2015/04/02(木) 17:52 ID:IRo

るー、みさありがとう!
るーやみさの方が上手いよ!

465:るー:2015/04/02(木) 17:53 ID:HNE

ミサいるー?

466:みさ:2015/04/02(木) 17:53 ID:IRo

ユキはいつも何点取ってるの?

467:みさ:2015/04/02(木) 17:54 ID:IRo

みさいるー

468:ユキ:2015/04/02(木) 17:54 ID:IRo

な、何で点数の話ばっかり?
普通に95点は行くよ?

469:るー:2015/04/02(木) 17:55 ID:HNE

89点すごい!

470:みさ:2015/04/02(木) 17:55 ID:IRo

るーさんるーさん聞きました?
毎回95、普通に、っていってます。。

471:るー:2015/04/02(木) 17:56 ID:HNE

95点ヤ・ヤバい

472:ユキ:2015/04/02(木) 17:56 ID:IRo

るー、全く凄くないよ!!

473:みさ:2015/04/02(木) 17:57 ID:IRo

るーさんるーさん聞きました?
全く95がすごくないらしいです!

474:るー:2015/04/02(木) 17:57 ID:HNE

しかもふつうに・・・

475:ユキ:2015/04/02(木) 17:58 ID:IRo

だってみさやるーだって、これぐらい簡単に取れるよ!

476:みさ:2015/04/02(木) 17:58 ID:IRo

るーさんるーさんききました?!
簡単にとれるらしいです!!

477:るー:2015/04/02(木) 17:59 ID:HNE

すごいよ 頭おかしくなってきたー

478:ユキ:2015/04/02(木) 17:59 ID:IRo

なんか私悪者になってない?

479:るー:2015/04/02(木) 17:59 ID:HNE

かんたんヤバいよ

480:みさ:2015/04/02(木) 17:59 ID:IRo

るー、何中かきく?

481:るー:2015/04/02(木) 18:00 ID:HNE

きく!

482:ユキ:2015/04/02(木) 18:00 ID:IRo

ちょっとそこのみさ!
私を悪者にしない!

483:みさ:2015/04/02(木) 18:00 ID:IRo

はーい!
ユキ…何中?

484:ユキ:2015/04/02(木) 18:01 ID:IRo

何で深刻そうに言うのよ!
学校名は言わなくてもいい?

485:るー:2015/04/02(木) 18:01 ID:HNE

ユキおもしろい

486:みさ:2015/04/02(木) 18:02 ID:IRo

まぁ、名前はいいか?るー?

487:るー:2015/04/02(木) 18:02 ID:HNE

そうだね

488:ユキ:2015/04/02(木) 18:04 ID:IRo

中高一貫校。
800人中50位以内で抜けたけど。
本当に頭悪いからやめて!

489:みさ:2015/04/02(木) 18:05 ID:IRo

るーさんるーさん聞きました?
800人中50位いないで抜けて頭が悪いらしいよ!

490:るー:2015/04/02(木) 18:05 ID:HNE

800人中50・・・

491:ユキ:2015/04/02(木) 18:05 ID:IRo

みさ、なんか魂胆でもあるの?

492:みさ:2015/04/02(木) 18:06 ID:IRo

怖いよー怖いよー!
るー、どう思う?

493:るー:2015/04/02(木) 18:06 ID:HNE

ヤバいー(@u@)

494:ユキ:2015/04/02(木) 18:06 ID:IRo

みさはそんなに私を悪者にしたいの!?

495:るー:2015/04/02(木) 18:07 ID:HNE

意味分かんなくなってきたー(@u@)/

496:みさ:2015/04/02(木) 18:08 ID:IRo

なんか怒り始めたから一応謝る?

497:るー:2015/04/02(木) 18:08 ID:HNE

謝る!

498:ユキ:2015/04/02(木) 18:08 ID:IRo

みさ!一応って何!?一応って!

499:みさ:2015/04/02(木) 18:09 ID:IRo

では、代表として…。
あなたにとても不愉快な思いをさせてすいませんでした…☆

500:るー:2015/04/02(木) 18:09 ID:HNE

ユキごめんなさい(#v#)

501:ユキ:2015/04/02(木) 18:10 ID:IRo

なんか最後嫌な所もあったけど、いいよ

502:ユキ:2015/04/02(木) 18:10 ID:IRo

るー、
全然いいよ!

503:みさ:2015/04/02(木) 18:11 ID:IRo

なんで、るーはいいのに私は…。
るー、なんか聞いてみたら?(頭系で

504:るー:2015/04/02(木) 18:11 ID:HNE

ミサと同時だったw

505:ユキ:2015/04/02(木) 18:12 ID:IRo

頭系って何?

506:みさ:2015/04/02(木) 18:12 ID:IRo

やったね、るー(☆∀★)

507:ユキ:2015/04/02(木) 18:13 ID:IRo

一応言えるものは言うけど、、、。

508:るー:2015/04/02(木) 18:13 ID:HNE

wwやったよ

509:ユキ:2015/04/02(木) 18:14 ID:IRo

なにが?

510:るー:2015/04/02(木) 18:15 ID:HNE

ユキは勉強でなにが一番好き?

511:みさ:2015/04/02(木) 18:15 ID:IRo

なにを?

512:るー:2015/04/02(木) 18:16 ID:HNE

なにか!(#v#)/

513:ユキ:2015/04/02(木) 18:16 ID:IRo

えー、1番はない、、、全部好き。

514:みさ:2015/04/02(木) 18:16 ID:IRo

一番嫌いなもの!

515:ユキ:2015/04/02(木) 18:17 ID:IRo

嫌いなのは、、、あ!保健とか!

516:ユキ:2015/04/02(木) 18:18 ID:IRo

あ、ごめんねこういうの1時間30までだから。

517:ユキ:2015/04/02(木) 18:18 ID:IRo

じゃあね、みさ、るー!

518:るー:2015/04/02(木) 18:19 ID:HNE

大変だねー

519:めいびす:2015/04/02(木) 19:15 ID:lis

ミサ≫何と!剣道部ですwしょぼくて暑い部活…防具が…(笑)

前回までは!

依頼主アーテが八歳ぐらいの子供で、フェアリーテイルの皆のような気持ちを持っていました。

アーテ「僕の両親を助けるため、いざ雪露草を探しに!!」
グレイ・ルーシィ「え?」

続…ルーシィ目線

アーテ「あぁ、言い忘れていたな。探しに行くのは僕も行くから用心しておけ」
グレイ「はぁっ!?」
ルーシィ「危険ですよ!それに、お屋敷は…!?」
アーテ「ふん。これでも僕は魔法を使える。それに、屋敷には僕の叔母もいる。大丈夫だ!」
ルーシィ「…心配だなぁ」
グレイ「ちなみに、何の魔法だ?」
アーテ「ふっふっふ。聞いて驚け!」
グレイ・ルーシィ「うわぁ凄い」
アーテ「まだ言ってない!!ったく…。僕の魔法はな、樹の造形魔道士だ!」
グレイ・ルーシィ「!?」
アーテ「とはいっても規模が小さいがな…((しゅん」
ルーシィ「グレイと同じ魔法!?」
アーテ「なんだ?グレイも樹の造形魔道士なのか?」
グレイ「いや、氷の造形魔道士だ。」
アーテ「同じか!!!…!!ごっほん。」
アーテ「というわけだ。最低限でも、自分は自分で守れるように努力する。だから…」
グレイ「ったりめーだ。でも無理はすんなよ?」
アーテ「…!」

影でガッツポーズやってるアーテ様。
本当に可愛いなぁ…。あ、そういえば

ルーシィ「私達、伸びた時宿とかとってないのですが…」
アーテ「うちに止まるか?…この生活になれないのなら宿をとらせるが…」
グレイ「あ、じゃあ遠慮なく宿の方を」
アーテ「………」
グレイ「ほら、俺配慮とか嫌だし」
ルーシィ「…贅沢は言いませんから…。手頃な値段で良い宿があれば自分達でとって来ますよ…?」
アーテ「いや、予約させよう。僕が知ってる中で一番の宿にさせよう。」
グレイ「お、悪りぃな!助かるわ」
ルーシィ「…でも、お金は…?」
アーテ「それぐらい僕が出そう。依頼を受けてもらってるのだからな。…それに…((ごにょごにょ」
グレイ「………?」
ルーシィ「友達、ですもんね!」
アーテ「!な、何故そうなる」
グレイ「ハッ、なってやってもいいぜ!アーテさんよぉ」
アーテ「グレイ!お前は度が過ぎるぞ…っ!………でもまぁ、なってやっても、いい」
ルーシィ「あれ?アーテ様が言い出し…」
アーテ「おい!シュウ。」
シュウ「なんでございましょう,おぼっちゃま」
アーテ「今はアーテでいい…。一番いい宿をとらせてやってくれ。2人分だ」
シュウ「申し訳ありません…!承知しました、アーテ様」

途中で遮られた…。
グレイを横目でみてみる。
平喘とした顔でまっすぐアーテを見つめてる。
グレイってアーテ様をもう普通の友達として…。
いや、仲間としてみてるのかもしれない。

そしたらいつの間にかガン見してたみたいで。
グレイと目があった。
気づいたグレイは、フッと笑った。

…急に笑わないで…。反則…。///。

シュウ「アーテ様…。」
アーテ「ふむ…。グレイ、ルーシィ。宿は空いていたんだが。2人分の一部屋しか空きがないようだ。」
ルーシィ「…え。じゃあ別n」
アーテ「2人はかっぷるだろうしべつにいいか。じゃあ、それで予約を取っておいてくれ」
シュウ「はっ。」
グレイ・ルーシィ「………………………………………………え?」

続。


おまけ

○アーテ・ クレッシェル ○8歳。 ○魔法:樹の造形魔法(威力は弱。)

ある雪国のクレッシェル家貴族の息子。今両親がともに病にふせっており、現在はアーテが主をやっている。
金髪に青い目、少しツンツンしている。だが本当は甘えた『うるさい黙れ』…。家が白い家具ばかりで、たまに目が眩む。
☆名前は神様、アテナから拝借。苗字は楽譜などで音を跳ねたりする時に使われる記号、クレッシェンドから。

○シュウ・リッタ・ネンプーチュ ○17歳 魔法:魔法というよりナイフなどを使って戦闘。

アーテが一番信用している執事。アーテ初のお友達。
ネンプーチュ家は代々優秀な執事を派遣しており、シュウはその家の次男。
冷たい雰囲気を放っているが信頼しているものには優しい。黒髪に青い目。雪露草探しについてくる…らしい。
☆シュウはあるアプリのフレンドさんから←。リッタは何と無く浮かんだ。ネンプーチュは海の神ネプチューンを拝借して並び替えたもの。


オリキャラ設定を付け加えてみました…。ネンプーチュって…。ベタすぎるというか…。
これに絵も載せることができたらなぁ…。絵書くの好きなので。

520:GUMI ミサ:2015/04/02(木) 19:44 ID:iEk

コンバンハ〜(≧∇≦)

521:GUMI ミサ:2015/04/02(木) 20:29 ID:iEk

なんか、凄いですね!
初めての人( ゚▽゚)/コンニチハ

522:るー:2015/04/02(木) 21:02 ID:HNE

めいびす小説すごいです!グレイ・ルーシィいきピッタリ!(@u@)

523:るー:2015/04/02(木) 21:02 ID:HNE

GUMIおひさ!

524:みさ:2015/04/02(木) 21:47 ID:IRo

いまこっそりやっていて時間がないです…。
明日午後たまたまあくので空いている方がいらっしゃったら来ていただけると嬉しいです。

525:みさ:2015/04/02(木) 21:48 ID:IRo

ユキ!明日いく!

526:みさ:2015/04/02(木) 21:49 ID:IRo

すいません。
前の見てたらユキかと思った…。

527:みさ:2015/04/02(木) 21:51 ID:IRo

なんか矛盾してる!!
気にしないで!

528:ユキ:2015/04/02(木) 21:55 ID:IRo

こんばんは。
だれかいますか?

529:みさ:2015/04/02(木) 21:56 ID:IRo

あ!!ユキ♪
あれ?時間平気?
明日これる?

530:ユキ:2015/04/02(木) 21:57 ID:IRo

あ、ミサ!
時間は危険…。
みさ明日来れる?

531:みさ:2015/04/02(木) 21:58 ID:IRo

うん!大丈夫!
午後3時行けると思うよ!

532:ユキ:2015/04/02(木) 21:59 ID:IRo

わかりました!
明日3時過ぎるかもしれないですが、いきます!
そろそろ時間だから、じゃあねみさ!

533:GUMI ミサ:2015/04/03(金) 07:51 ID:brM

おはようございます(^O^)

534:るー:2015/04/03(金) 08:59 ID:HNE

おはようでーす

535:ユキ:2015/04/03(金) 15:02 ID:IRo

こんにちわー。
誰かいますか?

536:みさ:2015/04/03(金) 15:03 ID:IRo

ユキー!
いるよ!私いるよ!!

537:ユキ:2015/04/03(金) 15:05 ID:IRo

あ、みさ。
みさって名前何?

538:みさ:2015/04/03(金) 15:07 ID:IRo

本名?
漢字じゃなくて、平仮名でいい?
私は…みさき!だよ〜。ユキは?

539:ユキ:2015/04/03(金) 15:09 ID:IRo

みさきですか〜…。
私も平仮名で…。ゆき…そのままです。

540:ユキ:2015/04/03(金) 15:13 ID:IRo

すいません。一回やめます。
また来ると思うので、、、。
じゃあね、みさ!

541:みさ:2015/04/03(金) 15:15 ID:IRo

遅くなってゴメン!ユ…?
あ、じゃあね!

542:みさ:2015/04/03(金) 15:15 ID:IRo

誰かいるー?

543:るー:2015/04/03(金) 15:16 ID:HNE

来ました!

544:みさ:2015/04/03(金) 15:18 ID:IRo

あ、るー!
ユキ今帰っちゃった…。(´・ω・`)

545:るー:2015/04/03(金) 15:20 ID:HNE

ガーン(o#o)

546:みさ:2015/04/03(金) 15:22 ID:IRo

落ち着いて、るー(アワアワ
で、でもまた来るって!!
あっちにする?

547:みさ:2015/04/03(金) 15:24 ID:IRo

さっきはごめんなさい。
戻ってきました。

548:るー:2015/04/03(金) 15:24 ID:HNE

よかったー!あっちに行ってきます!

549:ユキ:2015/04/03(金) 15:25 ID:IRo

戻って来ました。
あれ、みさどうしたの?

550:みさ:2015/04/03(金) 15:26 ID:IRo

あっ来てくれた!!
ちょっと待ってて!

551:るー:2015/04/03(金) 15:28 ID:HNE

また来ましたー!

552:ゆき:2015/04/03(金) 15:29 ID:IRo

遅い。
あ、るーさんこんにちわ!

553:るー:2015/04/03(金) 15:30 ID:HNE

るーでいいよータメもOKです

554:ゆき:2015/04/03(金) 15:34 ID:IRo

あ、はいるーさ…。
できるだけ頑張ります!

555:みさ:2015/04/03(金) 15:35 ID:IRo

親に捕まって、時間が…。
またしてごめん、ユキ!

556:ユキ:2015/04/03(金) 15:36 ID:IRo

あ、みさ遅かったよ!
待ったです。

557:るー:2015/04/03(金) 15:38 ID:HNE

私ユキの一つ年下だよー あっ呼び捨てタメすいません

558:るー:2015/04/03(金) 15:46 ID:HNE

一回落ちます

559:ユキ:2015/04/03(金) 15:49 ID:IRo

いえ、るー全然大丈夫です。

560:るー:2015/04/03(金) 16:19 ID:HNE

るー登場!

561:ユキ:2015/04/03(金) 16:19 ID:IRo

…。
まっても誰も来ません…。
しびれを切らし書きましたが…。
いなかったらやめようかな。

562:みさ:2015/04/03(金) 16:20 ID:IRo

みさ登場!

563:ユキ:2015/04/03(金) 16:21 ID:IRo

あ!誰か登場してきた!

564:るー:2015/04/03(金) 16:21 ID:HNE

ww

565:みさ:2015/04/03(金) 16:22 ID:IRo

ふぅー…。
登場は言うのは簡単だが、年が…w

566:ユキ:2015/04/03(金) 16:23 ID:IRo

私3DS買ってもらいました!

567:るー:2015/04/03(金) 16:24 ID:HNE

みさ年ってw

568:ユキ:2015/04/03(金) 16:24 ID:IRo

エイプリルフールです!!

569:みさ:2015/04/03(金) 16:25 ID:IRo

いや、あのね。
小学六年生になったら友達と、「小6をもっと大事にしてほしいよ」って話してたしw

570:るー:2015/04/03(金) 16:26 ID:HNE

エイプリルフール?w

571:ユキ:2015/04/03(金) 16:27 ID:IRo

うん!エイプリルフール!

572:るー:2015/04/03(金) 16:27 ID:HNE

みさ そういうことか!w

573:みさ:2015/04/03(金) 16:27 ID:IRo

るー、本当のことは言わないであげよう

574:るー:2015/04/03(金) 16:28 ID:HNE

4月1日?

575:るー:2015/04/03(金) 16:28 ID:HNE

あっ・・・

576:みさ:2015/04/03(金) 16:28 ID:IRo

あ、るー。
前に話したときユキが告白されたか聞くんじゃなかったっけ?

577:みさ:2015/04/03(金) 16:29 ID:IRo

あ…w

578:ユキ:2015/04/03(金) 16:29 ID:IRo

え?

579:るー:2015/04/03(金) 16:30 ID:HNE

そうだった

580:ユキ:2015/04/03(金) 16:30 ID:IRo

今日エイプリルフールじゃ?

581:みさ:2015/04/03(金) 16:31 ID:IRo

るー、代表で聞いてください

582:みさ:2015/04/03(金) 16:32 ID:IRo

ユキ…。
エイプリルフールのことは気にするんじゃない!w

583:るー:2015/04/03(金) 16:33 ID:HNE

わかりました!ユキ今まで何人に告白された?

584:みさ:2015/04/03(金) 16:35 ID:IRo

ジュビアの夢2

グレイ様、お疲れでしょうから寝てください!

おお!私のジュビア!寝てしまったら君を見れなくなる!

グレイ様!わたくしジュビア!グレイ様の掛け布団をします!

おお!ジュビア!


は!グレイ様!


グレイ様!掛け布団になります!

もう間に合ってる

ジュビーン!

585:ユキ:2015/04/03(金) 16:36 ID:IRo

えっと…。
ナンノコトカヨクワカラナイデス。

586:るー:2015/04/03(金) 16:37 ID:HNE

何かへんになった

587:みさ:2015/04/03(金) 16:37 ID:IRo

ちなみに誰がグレイの掛け布団かって?
もちろんルーシィ!

588:るー:2015/04/03(金) 16:38 ID:HNE

みさにまかせた!

589:るー:2015/04/03(金) 16:40 ID:HNE

みさ また笑ったw

590:みさ:2015/04/03(金) 16:40 ID:IRo

何を!
…。
ユキ、人数は言わなくていいから“Yes”“No”かいって…。
いい?るー。

591:るー:2015/04/03(金) 16:41 ID:HNE

落ちます

592:みさ:2015/04/03(金) 16:41 ID:IRo

ジュビア?w

593:るー:2015/04/03(金) 16:41 ID:HNE

ジュビアw

594:みさ:2015/04/03(金) 16:42 ID:IRo

え!!に、人数言わなくていいんだね。
答えはYから始まる単語

595:ユキ:2015/04/03(金) 16:43 ID:IRo

ちょいみさ!
私が言うかわからないからって勝手に書かないで!

596:みさ:2015/04/03(金) 16:45 ID:IRo

チェッ…。
でも私が言ったこと答えと同じでしょ!?(ニヤニヤ

597:ユキ:2015/04/03(金) 16:46 ID:IRo

うう…。
私の答えはYです〜!

598:ユキ:2015/04/03(金) 16:48 ID:IRo

もういい!!帰る!
やめます。

599:めいびす:2015/04/03(金) 16:57 ID:lis

前回はちょっと内容が多すぎて引っかかったぐらいなので今回は控えめにしようと思います…

前回までは

シュウっていう執事さん登場。オリキャラ設定長すぎワロタ((すみません))
グレイとルーシィがアーテに「かっぷる」認識

続…グレイ目線

ルーシィ「ちょっと待ってちょっと待ってアーテ様!」
アーテ「今なんか出てる8.6秒「ピーーー」か?」
シュウ「何かピーーー入った…?」
ルーシィ「そーじゃなくてですね」
グレイ「え、でも実際俺ら付き合ってるしそうじゃね?」
ルーシィ「堂々と言うな堂々と!!///」
シュウ「((リア充滅せ))」

なんか今シュウとやらの執事の目線が冷たく…。
いや、怖かったような。気のせいか?

アーテ「まぁどうせ付き合ってるもかっぷるも同じだろう?別にいいじゃん」
ルーシィ「…」
グレイ「…。まぁいいじゃねぇか。とっとと探しに行こうぜ」
シュウ「行くに当たってこちらを着てください。雪露草のある場所はこことは程遠い寒さですから。」
ルーシィ「…嘘でしょ」


ジェミ「着替え中だよ」ミニー「ちょっと待っててね」
ジェミ・ミニー(ジェミニ)「ピッキーリ!」


ルーシィ「暑…」
グレイ「こんなぼふぼふしてられるかよ。あーあ、脱ぎてぇ。」
シュウ・アーテ「((何かさらっと問題発言してるよ…))」

しかもこれ、歩くのも一苦労だし。どんだけ寒いんだよ。
…っていっても俺には寒さなんて平気だけどな。あっちいって平気そうなら脱げばいいか。
…てか

グレイ「お前も、来るの?」
シュウ「はい。…何か問題でも?」
グレイ「戦えんのかよ、あんた」
シュウ「刃物の扱いなら」

刃物ってさり気なく恐ろしいこといってんぞこいつ。
物理で人ころせるパターンじゃねぇか。


…色々と心配になってきた…。





雪国の街より少し離れた雪山にて

アーテ「この洞窟を抜けてでたところが雪露草があると言われているところだ。」
ルーシィ「…薄暗いなぁ…。ハコベアイスの時みたいに何日も洞窟生活なんてもうこりごりよ?」
グレイ「?はこべあいす?」
ルーシィ「気にしなくていいから。」
シュウ「この洞窟にはいくつか出口があります。そして…最も困難な道の出口が雪露草のありか、といわれています。」
アーテ「だが、どの道も困難と言われていてなぁ…。それに、入った時のひとつひとつの行動で道が決定されるんだよ…」
ルーシィ「…へ?それって」
アーテ「一歩間違えれば違うところに出る。」
グレイ「…。そこからまたこの入り口には戻れるのか?」
シュウ「戻れはします。何回でも挑戦はできる。ただ、その道が何個あるか、ですかね」
アーテ「今んとこ確認できてるのは11個だ。でもそのどれも雪露草ではなかった。ただ…その道に行ってしまう方法が明白じゃないんだ。」
シュウ「それに、困難な道、といってもモンスターがわんさかいたり罠が死ぬほどしかけてあったり自然現象で襲われたり」
ルーシィ「…行きたくなくなってきた…」
グレイ「どんだけかかるんだ…」
アーテ「当たって砕けろ、だな。」
シュウ「まぁ私達も手伝いますし」

どうやらかなり難解なクエストを受注したようだ。
まぁ、受注したからには、全力でくりあしてみせるけどな。



短めにしたつもり、です。うん。最近文章長くてごめんなさい!
あと台詞も長くてごめんなさい!

600:めいびす:2015/04/03(金) 17:00 ID:lis

…あれ、ガールズトークの邪魔した感じになっちゃいました。ごめんない…

601:るー:2015/04/03(金) 17:05 ID:HNE

いんだよー

602:ユキ:2015/04/03(金) 17:08 ID:IRo

ああ…帰っちゃったので続き書きます。


グレイ目線


ルーシィやっぱりビクビクしてる。
子供は何言うかわからないしな…。

子供「わー!星霊魔道師だ!」

ルーシィ…良かった。
てか、ルーシィばっかりか…。
まぁ、ルーシィは可愛いし、美人だからな…。
でもこれ以上言っちゃ駄目だ…。


ルーシィ目線


良かった。何も言われない。

子供「おー星霊魔道師だ!」

さっきから私ばっかり言われてる?
あ、グレイは元々強いから今ごろ騒ぐ必要がないのか。
それにかっこいいから、目が合うの…駄目だ。
これ以上言ったらダメになる。


ポート「では、始めにお願いしたいのは悪者を捕まえる仕事です」

あれ?簡単?

ポート「ああ!すいません。これだけでした」
グレイ「ええ!何でだよ」
ルーシィ「そうですよ!」

明らかに嫌そうな顔してるグレイ♪

ポート「これは、誰一人遂行できなかった任務だからです。」
ルーシィ「え?!誰一人?」
グレイ「…」

誰一人って…どういうこと?
相手は人間、魔物でもないし…。

ポート「まぁ、お願いします。あ、明日の朝からで。では」

あ、もういっちゃった…。
わしゃわしゃ。

ルーシィ「え?」

グレイが私の頭に手を置く。
すると笑みで私に話してくれる。

グレイ「心配か?でも大丈夫だ…俺がいるから」

ジュビアが好きなのにこんなこと言わせてごめんね!
ありがとうよりこの言葉しか頭に浮かばないよ…。


グレイ目線


ルーシィ「う、う」
グレイ「え?」

や、やばい泣いちゃった!
こういうことされるのナツだけがいいか。

グレイ「行くか?」

反応はないが通じる。
歩き出すと、ルーシィが半歩下がってついてくる…。

ルーシィ「ごめんね…」
グレイ「…!!」

ルーシィを見てみるがさっきと変わらない…。
ルーシィ、あいつだったらお前も泣かなかったか?

グレイ「ごめんな…」
ルーシィ「……」

反応はない、なくていいんだ。
今、誰もいない、邪魔をされない二人の時間。たのしむんだ…。
もう一回頭に手をのせ撫でるとくすぐったそうに笑っていた。

グレイ「…ありがとう」


ルーシィが気づいたかわからない。
でも、いいんだ。
伝わらなくても、いいんだ…。


続く

感想ください!

603:みさ:2015/04/03(金) 17:08 ID:IRo

あ!めいびすさんお久しぶり!

604:みさ:2015/04/03(金) 17:12 ID:IRo

めいびすさん小説うまい!
始めの8.6……がなんかすごい!!

605:みさ:2015/04/03(金) 17:17 ID:IRo

う!
さっきユキの嘘の“Y”やっちゃってみさに戻すの忘れてた…

606:ユキ:2015/04/03(金) 17:18 ID:IRo

戻ってみてみたら…みさ私がYの答えを出さないと思ってかいたの?
こたえはYです!!
もうやめてねみさ

607:みさ:2015/04/03(金) 17:19 ID:IRo

本当にすいません

608:ユキノ:2015/04/03(金) 17:20 ID:IRo

まぁいいや…。
ユキ→ユキノにします!!
帰ります!
(本当にたまたま来て良かった、、、)

609:めいびす:2015/04/03(金) 17:23 ID:lis

ユキさんすごい切ない…。ハッピーエンドなるといいな…
8.6秒バズ○カね…w

みんな凄い乙女な話してるね(′・ω・)<女子力の差が

610:みさ:2015/04/03(金) 17:25 ID:IRo

本当にめいびすさん申し訳ありません!
色々やってあれ書いたの私です…。
本当にすいません!!

611:みさ:2015/04/03(金) 17:25 ID:IRo

ユキノ本当にごめんなさい…。

612:みさ:2015/04/03(金) 17:29 ID:IRo

めいびすさん本当にすいません…。

613:めいびす:2015/04/03(金) 17:32 ID:lis

え?みさ、どうしたの?な、何故謝ってるのかな??(汗)

よければ教えてくれないかな?(汗)

614:みさ:2015/04/03(金) 17:58 ID:IRo

私、いろいろあってユキノの名前使ってしまい、それに気づかず602を書いてしまいました。

615:ミラ ミラ:2015/04/03(金) 20:39 ID:FHA

こんばんはー
久しぶりの人とはじめましての人いるよね?
はじめましての人へ
いちごですよろです
呼びタメOKっす

616:いちご いちご:2015/04/03(金) 20:42 ID:FHA

あらら?
名前変わってたわ

617:みさ:2015/04/03(金) 21:28 ID:IRo

いちご!!
お久しぶり!
“ミサ”を“みさ”にする人が多いので最後は“みさ”になった“みさ”だよ!

618:Aki:2015/04/03(金) 21:29 ID:lbw

こんばんわ。

619:Aki:2015/04/03(金) 21:30 ID:lbw

いちごさん。よろしくお願いします。

620:るー:2015/04/03(金) 21:35 ID:HNE

いちごさんよろしくです!

621:みさ:2015/04/03(金) 21:42 ID:IRo

こんばんわーー!!

622:めいびす:2015/04/03(金) 21:42 ID:lis

私は始めまして…かな?((間違ってたらごめんなさい
よろしくお願いします!私も呼びタメおkです

みさ≫そういうことか!大丈夫、気にしないで!私は大丈夫ー!

623:るー:2015/04/03(金) 21:44 ID:HNE

またきました

624:GUMI ミサ:2015/04/03(金) 21:47 ID:Sp6

コンバンハ〜(≧∇≦)

625:みさ:2015/04/03(金) 21:50 ID:IRo

めいびすありがとう!感謝感激雨あ…。
GUMI〜!久しぶり!!

626:みさ:2015/04/03(金) 21:52 ID:IRo

GUMI!
私もGUMIみたいに小説参考にして書もいてもいい?

627:るー:2015/04/03(金) 21:56 ID:HNE

GUMIおひさ(^v^)

628:みさ:2015/04/03(金) 21:59 ID:IRo

GUMIいるー?

629:GUMI ミサ:2015/04/03(金) 22:03 ID:Sp6

ミサー!
久しぶり〜♥
('ω'◎)イイヨー小説参考してねー
最近入学式が、近づいて余り来れないの・・・

630:みさ:2015/04/03(金) 22:06 ID:IRo

GUMIありがとう!о(>ω<)о
そっかぁー、あんまり来れないのか…\(одо)/
なぜかフレが登録されない…

631:みさ:2015/04/03(金) 22:09 ID:IRo

落ちまーす!

632:わしわしのかわり(るー):2015/04/03(金) 22:12 ID:HNE

わしわしは、もうこれないので、もし、またくる機会があればきます!急にごめんなさい・・・あと、AKi恋の話楽しかったよ!もしなにか言いたいことがあればるーにいってね!今までありがとうバイバイ!!

633:GUMI ミサ:2015/04/03(金) 22:20 ID:Sp6

バイバイー!
わしわしさん!

634:GUMI ミサ:2015/04/03(金) 22:24 ID:Sp6

明日カラオケ行きマース

635:匿名さん:2015/04/03(金) 22:27 ID:IRo

なぜか戻ってきますた!
いいな、カラオケいきたい!!

636:みさ:2015/04/03(金) 22:28 ID:IRo

もう↑は私に対するいじめか何かか?

637:GUMI ミサ:2015/04/03(金) 23:04 ID:Sp6

(*´﹃`*)寝ます〜
*^ω^)ノ" おやすみー

638:いちご いちご:2015/04/03(金) 23:23 ID:FHA

ちょいとちがうスレいってきますわ
めいびす、前のスレであってるよ(泣)

639:ミラ ミラ:2015/04/03(金) 23:46 ID:FHA

来たよーって皆居ないな
名前、戻すかもだけど変える
ミラでよろしく

640:ミラ ミラ:2015/04/03(金) 23:47 ID:FHA

元いちご

641:みさ:2015/04/04(土) 06:32 ID:IRo

おっはよーございまーす!!
誰かいますか〜?

642:GUMI ミサ:2015/04/04(土) 06:54 ID:1Q2

おはようございます(^O^)

643:みさ:2015/04/04(土) 07:18 ID:IRo

小説書いて書き込み押したら、書き込まれてないのに消えてた!!(T^T)

644:るー:2015/04/04(土) 07:49 ID:HNE

おはようです!

645:GUMI ミサ:2015/04/04(土) 08:54 ID:1Q2

るー!
おはー(((o(*゚▽゚*)o)))

646:Aki:2015/04/04(土) 11:21 ID:lbw

突然来てなんだけど、私は、今年中学生になり
ます。だから忙しくなり、ここにこれなくなり
ます。たまぁ〜に来ると思うんですが、今まで
ありがとうございました!

647:GUMI ミサ:2015/04/04(土) 16:23 ID:Uoo

コンニチハー((((o´ω`o)ノ

648:みさ:2015/04/04(土) 16:37 ID:ot6

こんにちわ!

649:るー:2015/04/04(土) 16:38 ID:HNE

きましたー

650:みさ:2015/04/04(土) 16:50 ID:ot6

続きかきます


ルーシィ目線


泣いちゃったよ…。
グレイはそんな私を気遣ったのか、どこか行っちゃった…。
面倒くさい女って思われてないかな…。

ルーシィ「グレイ好きだよ…」

ダメだよ!
グレイにはジュビアがいるんだ…。
涙をからしたはずなのに、まだまだあふれでてくるよ…。
明日、仕事なのに…。

ルーシィ「好き、大好き…」

ダメ!ダメダメダメ…。
もうこれで私がグレイのことが好きと言う気持ちを…

ルーシィ「捨てよう」


グレイ目線


泣かした…。俺が。
ナツが好きなルーシィは嫌だった…。

グレイ「好き、だ」

ダメだ!
ルーシィにはナツという最高の奴がいるんだよ…。

グレイ「でも、でも…好き、なんだ…」

ダメなんだよ!
あいつのことは諦めるんだ…。
こんな気持ちじゃ話せねーよ。
明日、顔を合わせられる気がしねー…。
もうこんな気持ち…

グレイ「気持ちを伝え終わらせよう」

どんな結果でもいいんだ。
ルーシィ好きだから、どんな答えでもいいんだ…。
彼女の幸せが一番だから…。


続く

感想ください!

651:ユキノ:2015/04/04(土) 16:58 ID:ot6

これから2週間ほど外国へ行くのでできません!

652:るー:2015/04/04(土) 17:01 ID:HNE

(o#o)

653:みさ:2015/04/04(土) 17:17 ID:ot6

またまた続き書きまーす!


ルーシィ目線


ルーシィ「ここだよ」

私はなんとか立ち直ることが出来た。
そして今ある場所に向かっている…。

グレイ「ついに奴等のアジトだな…」

そう、今悪者のアジトに着いたの!

ルーシィ「入りましょう…」
グレイ「待て」
ルーシィ「何?」

入ろうとする私の腕をグレイが掴む。
あんなことがあったから、目を直視出来ない…。

グレイ「あいつらは危険だ。だから、危険なときはこのボタンを押せ」

言うだけ言うと、いってしまった。


グレイ目線


わざと明るくしてるのがわかる。
俺が腕を掴んだときも目を見なかったな…。

グレイ「ハァ」

ルーシィ…あいつがいないから今俺が守る。だから危険なめにあわせたくない。

ルーシィ「待って!」
グレイ「何だ」
ルーシィ「う…」

ルーシィと一緒に居たい、だがナツがいるからダメ…なんだ。

ルーシィ「2手に別れましょ!」
グレイ「…」
ルーシィ「な、何よ」
グレイ「いや…別に」

一緒に居たいが理由が見つからない。
なのに口は自然に動いていく。

グレイ「危ないやつだから一緒の方が安全だ、だが早く捕まえる必要がある」
ルーシィ「…」
グレイ「俺はここ、お前はあっち、な」
ルーシィ「……(コクコク」

俺は後ろを振り返らずに歩き出す。
ルーシィ、何であんな顔をしてたのだろう…。
あんな悲しそうな顔を。

グレイ「伝える…」
グレイ「ルーシィに気持ちを…」

俺は前を見て歩き続ける。すると後ろからもコツコツという音が聞こえる。
少しずつ距離は離れていく。
でも、俺の気持ちは離れない…。


続く

なんか最後気持ち悪いですね…。
感想ください!

654:みさ:2015/04/04(土) 17:18 ID:ot6

え!ユキノ行くの!?
また来てよね!!

655:ちはや:2015/04/04(土) 17:33 ID:xPU

ちはやです。10さいで小5だよ。よろしく

656:ちはや:2015/04/04(土) 17:35 ID:xPU

皆さんよろしくお願いします

657:GUMI ミサ:2015/04/04(土) 18:29 ID:Uoo

ちはやさん!
コンバンハ〜(≧∇≦)

658:めいびす:2015/04/04(土) 19:38 ID:lis

え!?ごごごごめんねミラ!!(>人<;)

前回までは

雪山がすごく困難で、一個一個の行動で出口が変わると言われました

アーテ「当たって砕けろ、だな」
ルーシィ「…行きたくなくなってきた…」
グレイ「凄いクエスト受注したなぁ…」


続…アーテ目線

凄いクエスト…か。
お父様、お母様、待っててください。まど…友達のグレイとルーシィとシュウと必ず、雪露草を探し出して救って見せます。

シュウ「アーテ様。心配するな。」

シュウが肩にぽん、と手を置く。少しだけど、恐れと緊張がほぐれた。
そして好奇心も、少しばかり…湧いた。

アーテ「そういえば…シュウ、お前はグレイとルーシィにはその口調ではないのか?」
シュウ「…一応、俺はアーテの執事だし。執事っぽいほうがいいんじゃないか?」
アーテ「そんな口調の執事もありだと僕は思うぞ?」
シュウ「…。ありがとう。でも、まだ俺はあいつらを信用仕切ってない…から。」
アーテ「ゆっくり信用すればいいさ。僕の友達なんだ、悪い人はいない((ドヤッ」
シュウ「…ハイ。((クス」
アーテ「…毎度思うが何がおかしいのだ?」
シュウ「…ククッ」
アーテ「………」

そうこう話しているうちに目の前にいくつかの道が現れた。

アーテ「今までの行いで道が決まったか。この先はきっと困難な道と化すだろうな」
ルーシィ「じゃあとりあえず皆でいっせーので指差してみましょうか」
全員「いっせーのーで」


アーテ:左から2番目
シュウ:左から2番目
ルーシィ:左から2番目
グレイ:左から2番目と一番目の間

ルーシィ「…何で壁を指してるのよ」
グレイ「いや、目つぶってやったから。」
シュウ「ほぼ皆左から2番目ということですね。その道へ行きましょうか」
アーテ「うむ。これからの道、皆警戒して歩くように。しんだらおしまいだからな」
ルーシィ「そうだけどさらっと怖いこと言わないで〜…」

僕が先陣を切って歩き出した。

…と思った矢先。

…ロ…………ゴ……ロ

アーテ「…!?皆!!!この道を下がってさっきの大広間へ!!この道の入り口の前の両側の壁に戻れ!」
グレイ「どうした!?」
ルーシィ「い、いいからとりあえず戻りましょう?!」


シュウ「ど、どうなされました?アーテ様?」
アーテ「しっ………来る。」

ロ…………………ゴ……ロ…

グレイ・ルーシィ・シュウ「…?」

ロ……ゴ……ロ……………ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ


その音はだんだん大きくなっていく。
周りをちら、と見ると皆して息を飲んでいた。

そう。何かが転がってきたのだ。
音からして大きな何か。一般的に考えれば石とか岩とかだろう。
けど…わからない。大きなモンスターが丸まって転がってるのかもしれない。


やがて、その道から大きな黒い物体が出てきた。
それは白いような、少し青いような。だが…

アーテ「なんだ、岩だったか…」
ルーシィ「岩…じゃないわよね?ま、まさか」
グレイ「ラクリマジロクラッドだろう。こりゃあきついな…」
シュウ「ラクリマジロクラッドだと!?いやまさか、だが初めて見る…」
ルーシィ「あたし達はいいとして、アーテ様は…」
シュウ「私めがお守りしますのでご安心を。」
グレイ「いっとくけどあいつ、背中の鱗側は刃物なんて無意味だからな?」
シュウ「っ…。身体能力でどうにかします。」
ルーシィ「身体能力って…」
アーテ「くるぞ!」

らくりまじろくらっどとやらがこちらを向き…
僕らに気づいた。と同時に背中の真ん中あたりにある石が赤く、光だした。





うーん?今回あんまり面白くなくっかなぁ
ラクリマジロクラッドは、PSPのフェアリーテイルのやつをやってる方なら知っていると思います!

659:みさ:2015/04/04(土) 20:27 ID:IRo

めいびすさんすごい続きが気になる!
ラクリマジロク、、、わかんないです。
ちはるさん初めまして、よろしくです!

660:みさ:2015/04/04(土) 20:28 ID:IRo

すいません!ちはやさんでした

661:るー:2015/04/04(土) 21:08 ID:HNE

ちはやさんよろしくです!小説すごいのだ!((o#o))

662:みさ:2015/04/04(土) 21:28 ID:IRo

またまた書きま〜す!


ルーシィ目線


否定してほしかったよ…。
何で、怖いよ…。
自分からいったくせに、て言うかもしれないけど怖いよ。

ルーシィ「うう!てか寒!」

はぁー。
怖いのと寒いのが混ざって、もうだめ。

「おうおう、そこのねーちゃん」
ルーシィ「え!?だ、誰?!」

ついに出たのね。

ルーシィ「いい!覚悟しな…」シュー
「まぁまぁ、いい子は寝る時間だヨ!」

意識が、ボタン押さなきゃ…。
ポチ…。
あれ…?何で音がしない…の?
助けてよ…。

ルーシィ「グ…レイ」


グレイ目線


何であんなこといっちまったんだろう。
俺、また一人…か。

グレイ「てか暗いな」

寒いのは気にならない。
まぁ、氷の造形魔道師だから…な。

ピピピ!!

グレイ「ボタンが押された!?」

このボタンは押した相手はわからない。

グレイ「クソッ!何でルーシィなんだよ!!」

急いでラクリマを取り出す。
こっそりルーシィにGPSをつけたのである。

ピピピ!!

グレイ「この階!?奥…右曲がったところじゃねーか!!」

コツコツコツ。カンカンカン。
靴の音が響く。ルーシィではない…。

「おいどうする?この女」
「んー…まぁ可愛いしな」

すると始めにしゃべった男…仮にAとする。もう一人の男はB。

A「お!こいつすげー奴じゃん!w」
B「え?w誰々?」
A「聞いて驚くな!ハートフィリア財閥のルーシィ嬢だぜ!」

ルーシィ!?
ガタン!

A「誰だ!」

バッ!

銃を出している。
足をぶつけるなんて…。

B「おい?どうしたんだ?」
A「いや…気のせいだ」
B「なら行こうぜ!」
A「そうだな…。……様に報告だな」
ハハハッ!

嘘…だろ。
今なんて、いったんだ…。

“ポート”って言ったのか?
まさか、始めの紙じたいからか…。
ルーシィ、待ってろ!絶対守る!


続く

感想ください!
はい、まさかの“ポート”が黒幕ですw

663:るー:2015/04/04(土) 21:40 ID:HNE

ポート悪者だったー!(((o#o)))

664:めいびす:2015/04/04(土) 21:49 ID:lis

ポート!金目当て?ルーシィ目当て?
凄い展開の作り方ですね!見習いたい…

665:みさ:2015/04/04(土) 21:59 ID:IRo

めいびすさん、るー、ありがとうございます!!
理由は次かその次ぐらいに説明かく…カナ。
私、こういう変な展開が多くてごめんなさい!

666:みさ:2015/04/04(土) 22:55 ID:IRo

ルーシィ目線


いったー…。
何が…起きたんだっけ。
私、捕まえに来て…。そうだ!
逆に私が捕まったんだ。

ポート「ハハハッ!」

え!?何でポートさんが??

ポート「ん?」チラッ
ルーシィ「んん!!」

うう、近づいてきた。

ポート「やぁ、ルーシィさん。ククク」
ルーシィ「んんん?んんんんんんんんん」(何で?何でポートさんが)
ポート「ククク…。ちゃんと話してくださいよ」

そういうと、わたしの頭の後ろに手をやり、何かをほどいている。
スルッ。
口元がすっきりする。

ポート「いや〜。楽しみですねw」
ルーシィ「何するの!離し…んぐ!」

ポートは私の口を手で止める。

ポート「口元だけが空いただけなのに、うるさいな〜w」

怖い。
さっきとは違う怖さ。

ポート「あ?何でこんなことしたか気になります?」
ルーシィ「…(コクッ」

喋る力が残っておらず、首だけを上下に動かす。

ポート「じゃあ、教えてあげますよ」


グレイ目線


ポート…。
何で、だ?

グレイ「ごめんな」

俺が最初に気づいてたら…。

ルーシィ「何するの!」

ルーシィの声が聞こえた。
そうだ、諦めちゃダメだ。

グレイ「今、待ってろ」
ポート「じゃあ、教えてあげますよ」

ポートの声!
何かを言う…のか?
これを聞いたらにしよう。

グレイ「すぐ、助けに行く」
ポート「そう、ことの始まりは…」


続く

感想ください!

667:めいびす:2015/04/04(土) 23:55 ID:lis

いいところで切りますね…更新楽しみにしてます!

668:みさ:2015/04/05(日) 00:07 ID:IRo

ありがとう!
めいびすさん!!

669:みさ:2015/04/05(日) 00:15 ID:IRo

毎回続き考えてない…。
リフレッシュで違うの書こ!


グレイの生活

シャー。
シャワーの音がする。
俺は今ルーシィの家にいる。

ルーシィ「キャーー」

ルーシィの悲鳴!

グレイ「今いくぜ!」

またこの前みたいにG出現か?
ちなみこの前は窓からだ!
え?今回?玄関だった場所…。
も、もしかしたらルーシィのはだゲフンゲフン。

ガラッ!

グレイ「大丈夫か!?」

ルーシィ「ちょっと!何でいるのナツ!」
ナツ「いやー、それほどでも」
ルーシィ「誉めてない!」

バン!
なぜ…だ。


終わり

本編とは関係ないよ!

670:るー:2015/04/05(日) 07:52 ID:HNE

ナツの[それほどでも]おもろい(^v^)

671:GUMI ミサ:2015/04/05(日) 08:59 ID:QTs

おはー(((o(*゚▽゚*)o)))

672:みさ:2015/04/05(日) 12:39 ID:IRo

るーありがとう(*>∀<*)!
続きかけるかな…。


ポート「教えてやるよ!俺の妻と子は警察官に撃たれたんだ!」
ルーシィ「え?!」
ポート「こうやって魔道師がくるんだ!」
ルーシィ「な、なんのため…に?」
ポート「ククク…。女だけだと怪しまれる。ペアにすれば着々と増える!」
ルーシィ「わ、私はどうなるの?」
ポート「たくさん遊んであげるよ♪使い終わったら…」

ポートはルーシィに近づき銃をおでこに押し付ける。

ポート「バーン!ってね♪ククク」
ルーシィ「あ、あ、」

ルーシィは大きく目を開けている。
改めて思う。
ポートは私たちが来た瞬間…いやそれ以前から騙していたと。

ポート「さぁ、た〜くさん遊ぼ…」
グレイ「避けろ、ルーシィ!!」
ポート「何?!」
グレイ「アイスメークアロー!」

ビュンビュン!

ポート「この小僧が!」

銃を構える。

ルーシィ「あ!エイ!!」

それに気づいたルーシィが足を狙いムチをうつ。

グレイ「ナイス!ルーシィ!!」
ルーシィ「うん!!グレイもね♪」

捕まえたときには他のやつらは散っていた。

グレイ「…帰るか」
ルーシィ「うん!」

帰るときは、並んで歩いていた。

グレイ「あのさルーシィ…」


続く

ポートの期待はずれになりすいません!
ちなみに、次、グレルー、ナツルー、どちらの方がいいですか?
あと感想くださーい!

673:るー:2015/04/05(日) 12:47 ID:HNE

グレイ ルーシィいきピッタリ!(^v^)/グレルーがいいと思います!

674:ちはや:2015/04/05(日) 13:07 ID:xPU

よろよろ

675:みさ:2015/04/05(日) 14:53 ID:IRo

こんにちはー!
るーありがとう!
でもなぁ…最近ナツルー書いてないし…でも折角るーが言ってくれたににな…。
ほかの人も言ってもらえると嬉しいです!

676:みさ:2015/04/05(日) 15:58 ID:IRo

書きまーす!


ルーシィ目線


良かった、ポートさんも無事捕まったし、、、。
でも、なんでだろう。少しポートさんが可哀想に見える。
、、、。

ルーシィ「グレイ遅い!」

自分から誘っておいて、、、。

グレイ「ハァハァ」
ルーシィ「あ!ここ」

タッタッタッ。

ルーシィ「ひどいよグレイ!(ウルウル」
グレイ「うっ//…ごめん」


グレイ目線


うわ!時間ヤベー…。

グレイ「ハァハァ」
ルーシィ「あ!ここ」

ル、ルーシィいた。

ルーシィ「ひどいよグレイ!(ウルウル」
グレイ「うっ//…ごめん」

その目反則だ…。

ルーシィ「で、用は何?」

ずっと中途半端な気持ちを抱くのは嫌だ。
いっそここで自分の気持ちに正直になろう。
フラれてもいい、はっきりさせよう…。

グレイ「俺さお前が好きなんだ…。「え!」お前が!お前が好きなやつがナツなのも知ってる。でも俺はルーシィが、好きだ!」
ルーシィ「え、え…。何が何だかわからないよ…。私ナツのこと好きじゃないし。それに、グレイが好きなのはジュビアじゃないの?」
グレイ「ナツが好きなんじゃないのか?俺もジュビアが好きじゃない…。じゃあ…」

じゃあルーシィの好きな人は…?ま、まさか…。

ルーシィ「ありがとうグレイ…。わ、私もす、好きだよ。グレイのことが…」

「ありがとう」


電車の中


ルーシィ「でも、なんで思い違いしたんだろうね」

そういってこっちを見るルーシィの目は赤い。

グレイ「さあな…」

そういって手を握ってみた。
はじめはビクビクしていたが、強く握ると握り返してくれる。
それがとても嬉しかった。

グレイ「今度、皆で、仕事行くか?」
ルーシィ「うん!」


   〜 HAPPY END 〜

疲れた…。
感想ください!
次グレルー、ナツルー…どうしよう。

677:みさ:2015/04/05(日) 17:20 ID:IRo

だ、誰かいますか(。´・ω・)?

678:みさ:2015/04/05(日) 17:56 ID:IRo

ボッチは嫌だよ〜…。

679:みさ:2015/04/05(日) 18:02 ID:IRo

まぁいいや…。
皆さん「初音ミクの消失」に、沿って書くのですが…。
知ってる人いますか?

680:みさ:2015/04/05(日) 18:43 ID:IRo

少し書きます。



エルザ「うむ…。まだここが落ち着かない。息が詰まるような…そう思わぬか?」

赤色の髪を腰まで伸ばした隣の女子が小声で話しかける。
この部屋は陽の光が見えない部屋。

グレイ「最初はエルザさんと同じだったが、最低二年通うと思うと気にならなくなる」
エルザ「なるほどな。気にするのは無駄。慣れるのは、早いほうがいいということか。意外に合理的なんだな」

意外という目で見る。
だが、それほどのことではない。空気と光が人工的に管理されてることを忘れれば、それほどすとれすは受けない。

ジュビア「グレイ様、口を動かすのもいいけど、手のほうも動かしてください」

背後から先輩の声。

グレイ「すいません。もう終わるので」
ジュビア「そう、ならいいわ」

また実験を始める。

エルザ「いいぞ、次だ。今みたいな簡単なのは、やはりいい数字が出る」
グレイ「いい数字を出すのが目的じゃねーぞ」

違うのをやる。

エルザ「…やはり数字が下がるな」


続く


すいません中途半端で…。
しかも恋愛入ってなくて、Wですいません(-_-;)

681:めいびす:2015/04/05(日) 20:42 ID:lis

グレルーが好きです(′・ω・)

前回までは

ラクリマジロクラッド((読み方はラクリマジロ、クラッド))に遭遇してしまいました。

シュウ「そんな、何でここに…」
グレイ「何が起きても普通じゃないんだろ!?この状況はきつい!」
ルーシィ「と、とりあえずやれるだけやってみましょう!」

続…シュウ目線←

ラクリマジロクラッドの背中の硬質な鱗。その真ん中に位置するのは、ラクリマだと聞いたことがある。
その真ん中の石…つまりはラクリマだろう。それが赤く光り始めた。
…もしかして

グレイ「攻撃してくっぞ!警戒しろ!」

ヴオォォン、ヴオォォン

警告音みたいな音が鳴り響き、そして

ドオォォォン!

シュウ「!?アーテ様!!」

衝撃波が現れた。
必死にアーテ様をかばう。けど。

シュウ「がはっ…!?」
グレイ「耐えろ…衝撃波は数回…そのあと連続では来ない…ぐっ!、」

グレイとやらが言った通り、衝撃波は数回で収まった。けれどこれだけでこのダメージ。

アーテ「なんて、攻撃力だ…!」
シュウ「ラクリマの大きさがだてじゃない、ってことか…?」
グレイ「それだけじゃねぇ、だろ!」
ルーシィ「でも、あの衝撃波の場合、地面だけだから空中、または何mか離れれば回避はできる」
アーテ「ラクリマが赤く光ったら離れればいいというわけか…がっ、は…!」
シュウ「アーテ様!流石にそのお身体では…ここはあの2人に任せて…!」
グレイ「確かに8歳の身体じゃあもう、次攻撃受けたらアウトだな。今でも瀕死状態なのに」
アーテ「いや、だ。せめて…遠距離攻撃で、援助する…!」
ルーシィ「駄目よ、しんだらどうするの!?」
アーテ「っ…。それは、そうだが…援護だけでもさせてくれ。」
グレイ「……………………」
ルーシィ「…でも…。どうする、グレイ…」
グレイ「いいんじゃねぇの?やりたいこと、やらせてやれば」
ルーシィ「ぅえ!?で、でも」
シュウ「私は反対です。…と言いたいですが、グレイ様に賛成です。アーテ様のやりたい事を、僻む理由がありませんから」
ルーシィ「〜…。アーテ様、無理はしない、でね?」
アーテ「おう!もちろんだ!」

アーテは嬉しそうな顔をする。
こんな顔、俺でもあまり出せない。
本当に心を許しておられるのか…?

グレイ「シュウ…。さんはアーテの援護に…」
シュウ「シュウで、いいですよ」
グレイ「…お、おう。」
ルーシィ「…あ、そうだ。あのラクリマが赤く光る時、さっきみたいに衝撃波の攻撃もあります。けれど、もう一パターンあるそうなんです。」
グレイ「本知識か?」
ルーシィ「ゔ、うん。…それで、そのもう一パターンは、口から炎を出すそうなので。遠距離でもラクリマが光った時は要注意です」
シュウ「心得た」
ルーシィ「じゃあ、行こう、グレイ」
グレイ「おうよ。シュウ、アーテ。大人しく、お前らにあいつの注意がいかないように援護しろよ?」
アーテ「あぁ」

魔導師たちは走り出した。

シュウ「ところで、アーテ。」
アーテ「どうした?」
シュウ「お前は、本当にあの2人に心を許しているのだな」
アーテ「まぁな。とりあえずは信用していいだろう。それに、お前ならもうすでにわかってるんじゃないのか?」
シュウ「…」
アーテ「シュウだって、裏表がある人間、何か隠してる人間、何か企んでる人間は黒ずんで見える、という魔法が使えるだろう?」
シュウ「…まぁ、そうですけど。確かにあの2人は黒ずんでなんかない。綺麗な心だ」
アーテ「魔法が使えることも隠しおって。まぁ、この旅のうちに心を開くことは目に見えているけどな」
シュウ「…」

アーテにもよわみがあるんだか強いんだか。
…どっちもか。

アーテ「さぁ、僕らも戦闘の援護に回るじゅ…ぞ」
シュウ「ぶっw))はい」
アーテ「…お前給料減らすぞ」
シュウ「やめてくださいお願いします刃物集めができない」
アーテ「相変わらず集めるコレクションが怖いな」
シュウ「まぁ、コレクションも戦闘に使ってますし」



今回あんまり面白くなかったですね!
ラクリマジロクラッドもPSPの方だと一回の衝撃で4分の1くらいHPが減り…
ごめんなさい熱が入ったみたいです

682:めいびす:2015/04/05(日) 20:42 ID:lis

初音ミクの消失、知ってますよ!

683:みさ:2015/04/05(日) 21:23 ID:IRo

本当ですかめいびすさん!
うう、小説版を参考にしましたがダメでした、、、。
すいません、、、。

684:みさ:2015/04/05(日) 21:28 ID:IRo

めいびすさんうまいです!
全然面白くなくないです!
そういう魔法あるんですね…(知らなかった

685:めいびす:2015/04/05(日) 23:04 ID:lis

…空想です。ごめんなさい…(;ω;)
でもでも!思いつく限りの数の魔法があるんじゃないでしょうか!
ほら、ルーファスのメモリーメイク((記憶造形))とかグリモアハート((悪魔の心臓))のあのなんとかローズの思ったものが具現化されるやつみたいな!

686:みさ:2015/04/06(月) 12:26 ID:IRo

こんにちは(^^♪
いえいえめいびすさん、思いついたのはすごいと思います!
星霊魔法使えたらいいなーと、思います!
今日から2年生☆後輩ができます(*'▽')
めいびすさん!今の心境はどうですか(ニヤニヤ

687:みさ:2015/04/06(月) 13:07 ID:IRo

「初音ミクの消失」の続きかきまーす!


実験が終わった時に背後から声をかけられる。

ジュビア「グレイ様、あとエルザさんも帰っていいですよ」
エルザ「うむ…ではお言葉に甘えて帰らせてもらう」

エルザさんはそそくさと準備をしてでる。

グレイ「じゃあ俺も…では」

少し歩いて着いたのは学食。

エルザ「ここは遅くまであいていて、本当に助かる」

そういいながらパスタを食べる。

エルザ「しかし、お前が食べているのは本当に美味いのか?」
グレイ「当たり前だろ!この冷や冷や定食にねぎをたくさんかけるからいいんだ!」


続く

688:めいびす:2015/04/06(月) 19:28 ID:lis

今の心境は部活行きたくないです(′・ω・)←オイ

前回までは

ラクリマジロクラッドに魔道士たちが突っ込んで…戦いに走っていきました

アーテ「素直じゃないな、お前は」
シュウ「お前が素直すぎるんだよ」

続…グレイ目線

シュウs…シュウの態度が最初と大分変わった気がする。
…気のせいか?

ルーシィ「グレイ?大丈夫?ボーッとしてるよ?」
グレイ「あ、あぁすまねぇ」

やっべ、今はあいつに集中しねぇと…
走ってる足にブレーキをかける。じゃりぃ、と音がする

グレイ「アイスメイク、牢獄!」
ルーシィ「開け、金牛宮の扉!タウロス!」
タウロス「MO!」

ダアァンッと斧を地面に叩く激しい音。

グレイ「せっかく作ったんだから壊すなよ?」
ルーシィ「わかってるって。開け、天蠍宮の扉!スコーピオン!」
スコーピオン「ウィーアー!」
ルーシィ「タウロス、スコーピオン!あれ…やるわよ。スコーピオンの砂を!」
タウロス「吸収!砂塵斧アルデバラン!」

器用に檻の中だけで発生させている。
すげぇな…。ダメージは言ってるっぽい

ラクリマジロクラッド「ヴヴヴ…!!」
ルーシィ「…!赤く光り出した!」
グレイ「クソ、走っても間に合わねぇ…!!シールドでかわすぞ!俺の後ろ来い、ルーシィ!」
ルーシィ「う、うん!」

ルーシィが俺の後ろに着くのを確認する。

グレイ「…裾、掴まないでくれるか」
ルーシィ「…ゔ…」

だけど離さない。いいけどさ…
理性たもてるかな…

グレイ「おい、アーテ、シュウ!気をつけろよ!!」
シュウ「承知!」
アーテ「任せろ!」
グレイ「アイスメイク、盾!!」

盾ができたと同時にあいつが火を口から吐き出した。

ルーシィ「グレイ…っ、大…丈夫…!?」
グレイ「こんな、炎…。クソ炎と比べたら、へでもねぇぜ…!シュウ!無事か!」
シュウ「こちらに炎は来ていません!大丈夫ですか!?」
グレイ「俺らは、平気だ…っ!!」

やがて炎が終わる。さぁて。
さっきはルーシィばっかり張り切ってたし、俺もそろそろでるか…!

グレイ「氷刃・七連舞!」
ルーシィ「それじゃ、牢も壊しちゃうんじゃ…」
グレイ「いや、さっきの炎で壊れてるはずだ。なら。」
ルーシィ「そっか、じゃあ…」

俺の予想通り、牢は壊れ、あいつが倒れていた。
っしゃあ!これでだいぶ大人しく…

グレイ「…まだ立つか。しぶといや…」

立つと同時にまた赤く光り出す。奴が向いているのはアーテとシュウの方向だ。
動きからしてさっきと同じ炎だと思う。けどー…
最初に見つけたのがあいつらだったようだ。

グレイ「クソ…っ!アーテ!シュウ!避けろ!!」

俺の位置が悪いらしく聞こえていない。

ルーシィ「アーテ!!シュウさん!!炎吐くから!!避けて!!速く!」

代わりにルーシィが言ってくれた。ありがとう…でも、あいつは、時間は待ってくれなかった。
その声が伝わったのは、あいつの赤い光と警告音みたいな鳴き声がやんだあとだったー



やっとあいつ((ラクリマジロクラッド))が次回倒されそうです

689:みさ:2015/04/07(火) 18:46 ID:IRo

お久しぶり?でーす!
めいびすさん面白いです!!
明日学校行きたくないお…。
少し書きまーす!


エルザ「ああ、それなら良いが…。まぁところでグレイ…」
グレイ「ああん?なんだよ」
エルザ「ジュビア先輩はお前が好きなんじゃないか?」
グレイ「ん…そんなわ…」
エルザ「お前は様付け、だが私はどうだ?さんだぞ!さん」

反論しようとする。

グレイ「だからそん」
ナツ「グレイ!バイト行こーぜ!」
グレイ「今食って…ってもうこんな時間か!やっべ!」

大急ぎで冷や冷や定食を食べる。

ナツ「よし!じゃあ行くか」
グレイ「おう」


バイト先


ナツ「やっぱり混むなぁ」
グレイ「おい!さっさとやれよ」


次の日


エルザ「おお、グレイおはよう!疲れた顔をしているな…。やはり昨日は混んだのか」
グレイ「まあな…でも違う理由で疲れてる気が…」
エルザ「はは、では始めるか」

実験を始めようとした、その時だった。

「グレイ君」
グレイ「え?あ、は、はい!」
ジュビア「教授!この時間は講義では?」
教授「ああ、グレイ君に話したいことがあって、休講にした」

辺りをぐるっと見回すと口を開いた。

教授「グレイ君来てくれ」
グレイ「は、はい!」


教授の部屋


先に先客が来ていた。

グレイ「教授、この方は?」

続く

そ、そろそろ恋愛系はじまるですよ!
も、もうすぐ、もうす、ぐ…。
一年生来た〜🎶
ううー、風邪気味…。

690:みさ:2015/04/07(火) 18:49 ID:IRo

あれまぁ!
お久しぶりじゃなかったw

691:るー:2015/04/07(火) 19:51 ID:HNE

久しぶりにきましたー!今日入学式でした(^u^)/

692:めいびす:2015/04/07(火) 22:18 ID:lis

みささん面白い!

前回までは

ラクリマジロクラッドが、シュウとアーテの元へ炎を放った。
俺が走ってもルーシィが走っても間に合わない。
こいつを凍らせることが出来たら…!

…いや、出来たらじゃない。やるんだ。


続…アーテ目線

気づいたのは、ラクリマジロクラッドがもう口を開けた時だった。
炎が、放たれる。
全てがスローモーションに見えた。

シュウ「アーテ!!」

僕をだいてかばう、シュウの姿。声。
スローモーションに見える。

だけど、僕は冷静でいられた。
僕だって。僕だって、ちゃんと、れっきとしたー

アーテ「魔導士だっ!!!」

そう叫んでやった。そしてすぐ行動に移す。
ほぼ目の前まで炎は迫っている。ここで今僕がやるべきこと。
それはもちろん。
















ーーー………ドクン。









アーテ「ウッドメイク、三重盾!!」
シュウ「アーテ!?」
ルーシィ・グレイ「!?」

木でできた三つの盾が出現し、炎を阻む。
このまま、炎もろとも押しつぶしてやる………っ!!

アーテ「う お お お お お お お お お お お ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ お お」
グレイななんつー魔力だよ…俺らとおなじくらいの魔力じゃねぇか…」
ルーシィ「アーテも、仲間とかへの思いで強さを増すのかな…」
シュウ「…。アーテ…」

あともう少し。あともう少しで押し返して…


…今だっ!!

ルーシィ「うわ、眩し…っ!」

ドオォォォォォォォォォォン

洞窟なので音が反響する。

…やったか…な…?
まだ煙が立っていてよくわからない。
…大きな黒い影が、震えながらも起き上がろうとしている…?

グレイ「まだ立つのかよ!クソッタレ!」
シュウ「…、ハァーー。皆さん、ラクリマジロから離れて」
ルーシィ「え?で、でも」
グレイ「うおぉお!?何だコレ!!ラクリマジロの上に何か巨大な変なもんが…」
アーテ「シュウ?もしかして、魔法剣のあれ?大きいやつと小さいやつを一緒に、小さいやつだけ連続に打つやつ?」
シュウ「そんな細かく覚えてるなら技名考えてくれよ」
アーテ「嫌だよ」

打つ前にシュウは一言ぼそっと、「魔法剣じゃない、俺はナイフしか扱わない」といって、その大きなk、ナイフを降ろした。




最近恋愛要素0でごめんなさい!つまんないよね…

693:みさ:2015/04/09(木) 19:32 ID:IRo

こんばんわ!
めいびすさん面白いです!
中1部活見に来た!結構多くてちょ〜ヤバいΣ(・□・;)

694:るー:2015/04/10(金) 17:55 ID:HNE

めいびすさんすごい!

695:みさ:2015/04/12(日) 07:08 ID:IRo

こんに…おはよーございます!
なんかいつも久しぶりに感じる…。

696:杏菜 cuc:2015/04/12(日) 12:00 ID:wk2

こんにちわ

697:杏菜 cuc:2015/04/12(日) 12:00 ID:wk2

わしわしです!!

698:杏菜 cuc:2015/04/12(日) 12:01 ID:wk2

おひさ〜(*´ω`*)

699:杏菜 cuc:2015/04/12(日) 12:04 ID:wk2

はじめましてのかたよろしく!タメ口呼び捨てok

700:杏菜 cuc:2015/04/12(日) 12:13 ID:wk2

元わしわしです!!

701:杏菜 cuc:2015/04/12(日) 12:14 ID:wk2

10歳小5です!!

702:るー:2015/04/12(日) 13:00 ID:HNE

きたよー

703:めいびす:2015/04/12(日) 22:35 ID:lis

小説かいたのに消えた…!もう一回書く気失せちゃった…(′・ω・)
明日書こうかな…

704:グレルー&◆jE:2015/04/13(月) 15:51 ID:kfk

皆さん小説上手ですね(^O^)
わたしは中2の大阪府に住んでいます(^O^)
好きなキャラはグレイ
好きなカップルはグレルー♡です*\(^o^)/*
私も参加していいですか?
ためでOKです*\(^o^)/*

705:みさ:2015/04/13(月) 21:04 ID:IRo

こんばんわ!グレルーさん!
私もグレルーカップルが好きです!
わしわし!どっちで呼べばいいの…かな?
めいびすさん!私もこの前消えました!!
少し書きます。


俺の前に先客がいた。
綺麗な脚、腕。ブロンドの綺麗な宝石のような髪。
肌はとても白い。
まるで、どこかの違う世界の住人のようだ
恐る恐る目の前に座る。
目を奪われる。

グレイ「教授、どうすれば?」
教授「前を見よ…」

目の前の少女がゆっくりと顔を上げる。

「は、はじめ…ま、して」
グレイ「!!??」
教授「挨拶したまえ」

静かに言う。

グレイ「俺の名前は、グレイ・フルバスター。よ、よろしく」

困惑しながらも言う。

「グレイ・フ、フルバスターさん。よろしく、お願い、します」

続く
ごめんなさい

706:みさ:2015/04/13(月) 21:37 ID:IRo

この前のFT面白かったー!
ちなみに私も2年生です!

707:グレルー&◆jE:2015/04/13(月) 21:57 ID:kfk

みささんこんばんは〜(^O^)
みさって呼んでいい?グレルー最高だよね♡
私も小説説書きます(^O^)
グレルーです*\(^o^)/*学パロね)ovaに似てるかも
ルーシィ目線です。

ル『私ルーシィ(^O^)妖精学園に通って早4ヶ月
私は友達もいっぱい出来ました(^O^)そして恋もしました...』
ナ『よぉ〜ルイージー』
ル『ルーシィよ💢』
ナ『からかっただけだ。』
ル『もー』
「この子はナツ私が妖精学園に入って初めて出来た友達
ちょっとバカだけど、いや結構バカな奴だけどとても
友達思いで優しい」
レ『おはよルーちゃん(^O^)』
ル『おはよレビィちゃん(^O^)』
この子はレビィちゃん私の親友
グ『よぉ〜』
ル『あっ、グレイおはよ』
この人は、グレイ私の友達で私の思いの人////

紹介はここまで
次から本題に入るよ
ということで
続く。

708:めいびす:2015/04/13(月) 22:41 ID:lis

よし、前回消えちゃったやつを…!
私も呼びタメおkです中2ッス

前回までは

シュウが魔法剣(ナイフ?)を使ってとどめを指した

グレイ「てか魔法使えたのかよ」
ルーシィ「んー…まぁ、刃物を扱う、だから…間違っては無い…(苦笑)」

続…ルーシィ目線

…少し残酷…。

シュウ「…誤解してるようだから言っておくがあれは切るようじゃなく叩くようのナイフだからな」
ルーシィ「あ、そうなんだ…よかった…」

これでグロテスクは間逃れた。

アーテ「…あれ?通路、一つになってないか?」
グレイ「あ?……本当だ、生きてるみたいに変わるな、ここ。」
ルーシィ「やめてよ…また遭難とか困る…」
シュウ「?」

とりあえず他に道がない為に、その通路を進むことになった。

ー通路、中広間ー

ルーシィ「…広いところにでたわね…」
シュウ「こういうところほど何かあるだろうな…」
ルーシィ「…やめてよ…」

とりあえず探索。とは言ってもそんなに広くはないので何かあったら気づくはず…

グレイ「…お、これみろよ」
アーテ「…古代文字、か?」

そこには地面に掘られた文字。すぐには読めないから古代文字で合ってるだろう。
にしても…じゃあここは古代文明なの…?じゃあ何の為に?

ルーシィ「読んでみる …えーっと、雪…草この通路の最深部に咲…誇る。だが…。」
アーテ「何でそんなスラスラ読めるんだ…。…?どうした?」
ルーシィ「ここから先…どの本にも載ってなかった。読めない…」
シュウ「…見せてください。………だが辿り着くにはそれなりの知…が必要。失敗=亡き者」
ルーシィ「え、なんで読めるの…?」
アーテ「シュウは古代本とかすきだったからかなぁ…」
グレイ「失敗=亡き者って…これ、一歩間違えばここでみんな終わるのか…」

グレイの言う通りだ。亡き者は“し“だろうから…。

ここは安全地帯らしいので覚悟というか勇気というか…決める為に5分を過ごすこととなった。

グレイ「うし、行くか」
ルーシィ「うぇ〜…」
アーテ「しぬ時は一緒だ!」
シュウ「さらっと大変なこと言いましたよこいつ…」

ー通路最終広間ー

アーテ「っ…な、何だ、コレ…」
ルーシィ「時計が、いっぱい…!?」

ここもそんなに広くはないのだが、その壁全てにぎっっっっしりと時計が埋め込まれている。
そして真ん中の奥にドアと思える扉。そこにはまた時計がはめこまれている。

シュウ「ドアに文字が浮かんでるぞ…?なになに。『このドアにはめこまっている時計と同じ時刻の時計をここにはめろ。制限時間は1:30。』…うわっ、時間が浮かび上が…」
ルーシィ「残り1:29、28、27、26…やばいやばい!!探さないと!その時計今何時!?」
シュウ「えっと…AM.8:25.30!でもこの時計動いてるから…!」
グレイ「んなこと言ったって埋め込まれてる時計も全部動いてるけどな!!」
アーテ「あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっ!!!クソ!!」

制限時間 残り、1:20。

続。

この先まで書くと入らなくなりそうなので…中途半端だけど

709:グレルー&◆jE:2015/04/14(火) 00:10 ID:kfk

めいびすよろしく*\(^o^)/*
中2同じだね)^o^(
とっても小説うまいね

小説の続き書きます(^O^)
と言いたいとこなんだけど
先に設定つけとく(登場人物)

ナツ・ドラグニル
性格→バカで後先考えずに行動するやつ、以外と優しい
好きな人→ルーシィ、リサーナ
testランキング→いつも、最下位
考案→以外とモテモテ

ルーシィハートフィリア
性格→口うるさい、優しい
好きな人→グレイ
testランキング→2位
考案→すごいモテモテ
元お嬢様学校

グレイフルバスター
性格→すごい脱ぎ癖
好きな人→ルーシィ
testランキング→ワースト2位
考案→すごいモテモテ(変な奴にモテることが多い

エルザスカーレット
性格→怖い
好きな人→ジェラール
testランキング→1位
考案→生徒会長

最後に
先生→ギルダーツ
性格→女たらし
教科→体育
好きな人→娘のカナ

他の人は話の間に挟みます(^O^)

あと落ちる
明日又ねー

710:みさ:2015/04/14(火) 07:48 ID:IRo

グレルーさんタメ、呼び捨てokですか?
私はちなみにokですd(^_^o)
帰ってきたら書きます!

711:グレルー&◆jE:2015/04/14(火) 17:02 ID:kfk

みささんこんにちは〜
あっみさって呼ぶね)^o^(
ためでおけ*\(^o^)/*
呼び捨ておけ*\(^o^)/*

712:杏菜 cuc:2015/04/14(火) 18:04 ID:wk2

こんばんわ!みさ、わしわしでも、杏菜でもどっちでもいいよ!
グレルーさんタメ口呼び捨てokですか?私はokです!!
よろしく!٩(๑´3`๑)۶٩(๑´3`๑)۶

713:杏菜 cuc:2015/04/14(火) 18:09 ID:wk2

では、また!٩(๑´0`๑)۶

714:杏菜 cuc:2015/04/14(火) 20:48 ID:wk2

誰も来ない…いいや…落ちっかな……落ちます!

715:みさ:2015/04/14(火) 21:16 ID:IRo

ok(^^)じゃあわしわしでw
グレルーって呼ぶね!
明日3時くらいに来るのでこれたら誰かきてね🎶
続きを…。


この少女は誰だろう。
その疑問をぶつけてみる。

グレイ「こ…これは?」
教授「私の傑作だ」
グレイ「え!?」

何を言ったのかわからずまた聞く。

グレイ「え、えっと…」
教授「私が開発した最高の傑作。人工人間だ」

どうみても、人間だ。
そしたら今まで見ていたあの手はなんだ?
確かに目の前の少女は不思議だ。

「わたしの なまえは ルーシィ です。 グレイさん はじめ まして」

彼女ーいや、人工知能が名前を名乗る、がどう接するのかわからない。

教授「君に、彼女のフィールドテストを行ってもらう」

有無を言わせない圧力で教授は言った。


続く

ごめんなさい。
明日3時来てね!
多分いくから!

716:グレルー&◆jE:2015/04/14(火) 21:56 ID:kfk

わしわしって呼ぶね(^_−)−☆
グレルーでOK
呼んで呼んで
明日小説書きます(^O^)

717:みさ:2015/04/15(水) 14:14 ID:IRo

少し遅れるけど来ます!
そして書きます!

718:杏菜 cuc:2015/04/15(水) 16:54 ID:wk2

こんにちわ!今まで学校で遊んでた!グレルーok!わしわしで(・∀・)イイヨ!
よろしく!出来る限り来ます!(毎日)来れる人は、来てね!

719:めいびす:2015/04/15(水) 19:01 ID:lis

うん、よろしくー
みさ、展開すごい気になる!

前回までは

失敗したらジ・エンドの四人。扉の時計と同じ時刻を指す時計を壁のいくつもの時計からさがしだせるのか
しかし、その時計は全て正常に動いていて、時間だけが違う。さぁ、どうする

ルーシィ「…字幕、答え教えて…」

続…グレイ目線

制限時間、残り 1:20。

全員がバラバラになり、扉の時計と同じ時刻を探す。けど。
同じってことは秒針まで一緒じゃ無いとダメなんだろうな。
…マジなんなんだよ…

グレイ「なぁ!これさ、普通に探すんじゃなくて全てが問題なんじゃねぇの!?」
ルーシィ「全てが…問題…」
アーテ「だとしたらこのまま探しても見つからない…」
ルーシィ「一応探してて。謎解きはやってみる!!」

残り、1:10

シュウ「どの時計も動いてる…。無理ゲーだろ、これ」
アーテ「シュウ、それいったら終わりだよ…」

残り1:00

グレイ「1分きった…」
アーテ「こんなことなら一度教会にいって天国いけますようにって言っとけば良かった」
シュウ「違うだろ」

45秒

グレイ「ルーシィ!30秒になっちまうぞ!」
ルーシィ「あともう少しで届きそうなの!!」

35秒

シュウ「あと5秒で残り30秒」
アーテ「そういうカウントダウンいらないから!」

30秒

ルーシィ「あーーーーーーっ!!!」
グレイ「うわ!びびった!」
ルーシィ「わかった!グレイ、その辺の時計適当に持って来て!!」
グレイ「え?あ?おう」

25秒

ルーシィ「早く!」
グレイ「んなこと言ったって近くても10mあるだろうが!」

17秒

ルーシィ「はめて!」
グレイ「こうか?!」

ぱちっ







グレイ「何も起きないじゃねぇか!!!」
シュウ・アーテ「オワタ」
ルーシィ「その時計壊して!」
グレイ「は!?」
ルーシィ「早くっ!!」

5秒

グレイ「アイスメイク…」

4秒

グレイ「バトルアックス!」

3秒

ルーシィ「((間に合え…))」

2秒


バリィィィィィィンッ!!!


1秒










0。


ルーシィ「…え?今の音って時計壊れた音?グレイの魔法が壊れた音?」
アーテ「カウントダウン、終わって無かった…」
シュウ「まさか…」

グレイ「いいや、時計は壊れたぜ。見ろ。」

砂煙を払って見せてやる。確かに時計は壊れていた。

ルーシィ「じゃあなんでカウントダウン…」
グレイ「さぁな。どっちにせよ最後までカウントするやつだったんじゃねぇの?」
アーテ「び、びっくりした…」
シュウ「…!と、とりあえずでましょう!」

通路出口ー氷野原

グレイ「てかなんでお前さっき焦ってたんだ?」
シュウ「…みなさん気づかなかったでしょうけど向こうの方から無音で針が降ってマグマが流れて来てましたよ」
グレイ・ルーシィ・アーテ「!?!?」
シュウ「でもあの状況で言うとテンパって誰も助からないかもしれないと思って言いませんでしたが」
ルーシィ「シュウ、それ正しい判断だったわテ」

にしても、雪山にこんなところがあったとはな。
確かに野原だが、全てが凍っている。しかもここは氷山だ。洞窟を通って来たが、山にこんな平地があるなんて、と思ってしまう。

アーテ「そういえばルーシィ。何であれで正解だったんだ?」
グレイ「あ、それ俺も気になる」
ルーシィ「…何て説明したらいいかな。…壊れている時計って、時間は進まないでしょ?でも、正常な時計はいつも動いてる。」
ルーシィ「例えば、壊れている時計が3:00だとする。その時計は3:00のまま動かない。そして、扉の時計はいつも動いてるから、待ってればいつかは必ず同じ3:00になる。ぴったり秒数まで同じ数になるのよ」
シュウ「つまり、時計は全部動いていたからダメだったと?」
ルーシィ「詳しくいわずにざっくり言うとそんな感じ」
アーテ「わからないようなわかるような…でもやっぱりわからない」



真実は、いつも一つ!←言ってみたかった
というわけで今回は謎解き回でした全くわからなかった人は言ってください。
わかるような説明をつくります。努力します。

720:杏菜 cuc:2015/04/16(木) 18:54 ID:wk2

まだ続くの…メイビス!マジで…
面白いからもっと続いてーーって思った!
グレルー好きなんで…(*ノω・*)テヘ

721:杏菜 cuc:2015/04/16(木) 18:56 ID:wk2

がんば!めいびす!
応援中(๑•̀ㅂ•́)و✧

722:めいびす:2015/04/16(木) 23:41 ID:lis

ありがとうわしわし…!!でもこれももう少ししたら終わりにしようかなって…
でも続けてコールがあればもう少し長くしようかなって…。
このシリーズもこの小説版3の頃から続いちゃってるからね…(笑)

前回までは!

ギリギリ ジ・エンドにはならなかったルーシィ達。
謎解きをした果てに氷野原にたどり着いた。氷露草はあるのだろうか

アーテ「なきゃ困るなぁ…流石に二回以上これはきついとわかったよ…」

続…アーテ目線

シュウ「でもここ、いかにもありそうな氷野だよな」

シュウの言う通り、雪露草がいかにもありそうな氷野だ。
だけど、本当にあるかはわからない。

アーテ「長居は禁物だ…。速く探そう!」

すぐにみんなで探し出す。
だけれど周りは凍った草木ばかり。花も咲いてはいるけれど凍っている。
雪露草は氷のような花弁だから凍っていてもわかるはず。
ずっと湿っているんだっけか?

…それ、持って帰れるのかな

グレイ「おーい、これじゃねぇか?」
アーテ「あったのか!?」
グレイ「わかんねーけどそれらしき花が一面に咲いてるぜ」

グレイの言った通り、そこにいってみると。

ルーシィ「わあぁ…すごい綺麗…」
シュウ「この世のものとは思えませんね」

2人の言った通り、すごい綺麗だった。
雪のような白く、透明?とも言えるくらいの花弁がきらきらと光っている。
湿っているのもあり、更に輝いているように見える。

アーテ「きっとこれだ…やっと見つけた!」
ルーシィ「1日で見つかるとか、私たち超ラッキーだね!」
シュウ「さて、一つ問題がありますね」
グレイ「どうやってこの凍ったやつの中から一輪切り取り持って帰るか、だな」
アーテ「…シュウ、できないの?」
シュウ「私のナイフでは無理でしょう。グレイは?」
グレイ「氷に氷もなぁ…ルーシィは?」
ルーシィ「あたしっ!?ま、まぁキャンサーなら切れるかも、しれないけど…アーテは?」
アーテ「なんで僕なんだよ!樹で根ごと掘り返せとでも?」
シュウ「うん、今んとこ希望があるのはアーテとルーシィだな」

何でだよ…根っこからやってでてくるとはとても思えないんだが。

ルーシィ「じゃあまずはあたしから…。開け、巨蟹宮の扉!キャンサー!!」
キャンサー「エビ!!今日はどんな感じにセットするエb」
ルーシィ「この凍ってる花、一輪だけ切り取れる?」
キャンサー「…やってみるエビ」

スパパパパパパパパパ!!

キャンサー「こんな感じで…どうエビ?」
グレイ「おおー!割れてるな、一輪だけ」
シュウ「でも根っこの方までカットできなかったようだな。よし、アーテ。」
アーテ「…嘘だろ…。…………ウッドメイク、大樹!!」

もこもこもこもこもこ!にょきっ!」

雪露草の一輪だけの根っこの方がパキン!とわれて、一輪取ることができた。



























アーテ「………………………あれ?」
グレイ「ここって街だよな?」
シュウ「俺たちさっきまで雪山に…。!、雪露草は!?」
ルーシィ「アーテが持ってるよ?」
グレイ「目的達成したら自動で戻ってくるのか…」
アーテ「まぁいいだろう!2人とも、本当にありがとう!とりあえず今日はゆっくり休んでくれ、宿もとってあることだしな」
ルーシィ「え?あたしたち今日帰っても…」
アーテ「友達だし、もう少し一緒にいられたらなーとか…」
ルーシィ「((くそ可愛い))」
アーテ「だから、また明日、ゆっくり話しながら報酬を出そう!とりあえず休んでくれ。宿はこの通りの一番奥、"宿屋 花の都"だからな!また明日!」
グレイ「あ、おい!」

そういって僕ら(シュウとアーテ)は自分たちの家に帰っていった。
グレイとルーシィ、ちゃんと宿につけるかな?また明日って、いい言葉だな。
友達って、いいな。初めてだ、こんな感覚。とっても嬉しくて、明日がもどかしい。



次回はやっと宿編グレルーですぜ!!
頑張ります…

723:杏菜 cuc:2015/04/17(金) 17:10 ID:Zrk

ただいま〜ルンルン♪
疲れた
めいびす頑張れ…
あした…
一関なんで…
夜…
来ます…

724:杏菜 cuc:2015/04/17(金) 17:12 ID:Zrk

今日も…夜に来ます…
タブレット11時までしかできんから…
…最悪…

725:るー:2015/04/17(金) 19:24 ID:HNE

きたよ めいびすさんすご!

726:みさ:2015/04/17(金) 21:33 ID:IRo

こんばんわ!
めいびすさんす、凄すぎる!!
めいびすさんが…やばい。
つ、続き書きます。


え?何言ってんだ?
フィ、フィーなんちゃらテストだって?!
なんか視線!?
ルーシィ上目遣い!!



今日から始まった。

ルーシィ「グレイさん 私は何を すれば いいの ですか?」
グレイ「え?ああ、あの人が話し終わるまで、聞けばいいよ」
ルーシィ「わかりました」

優しく微笑む。
本当にロボットなのだろうか…。

いろいろな妄そ…空想を膨らます。

「これでおわり」

いつのまにか終わっていた。

ルーシィ「グレイさん グレイさん!」
グレイ「!え、何だ?」
ルーシィ「終わりですか?」
グレイ「おう、これから飯食いに…昼食べるか…」
「おいおい、上品な言葉遣いを使うなら、ランチをいただきに参ります、でいいだろ!」

背後から声がしたと思ったらナツがいた。

ナツ「おい…グレイ」

続く

本当にごめんなさい!
明後日試合だ…。
ぼ、ボロボロ…。

727:Aki:2015/04/17(金) 22:52 ID:lbw

はぁ、やっとこれたぁ〜!って言うか、ミサの小説ウマッ!

728:Aki:2015/04/17(金) 22:54 ID:lbw

誰か今、いる?

729:Aki:2015/04/17(金) 22:56 ID:lbw

まぁ、こんな遅くにいないよね。。。

730:Aki:2015/04/17(金) 23:08 ID:lbw

前の続き書きまーす。(ルーシィ目線)
ル「はぁ〜お腹一杯。うごけなーい。」
グ「ははっ。食べ過ぎだろ。」
ル「いや、冗談だし。」
グ「そうか。。。」
うっ。楽しい会話を止めてしまった。グレイと
一緒にいるとなんだか話題が思い浮かばないだよねー。
何か会話を続けるいい方法は無いものか。う〜ん。
あ、そうだ!あれがあったか。
グ「もう、遅いし寝るか?」
ええ〜!寝るのはやっ!まだって言うか、11時だし。
ル「私は、まだ寝ないけどグレイはもう、寝たら?」
グ「おう、そうするか。」
あ〜。結局別々に寝るよね。できれば一緒に、とか
考えてたんだけどなぁ。



続く

731:Aki:2015/04/17(金) 23:09 ID:lbw

もう寝ますね。(遅いし)明日、極力来ます!

732:杏菜 cuc:2015/04/18(土) 08:28 ID:Zrk

今日9時頃これる人来てね!!

733:Aki:2015/04/18(土) 09:10 ID:lbw

来ました。。。

734:Aki:2015/04/18(土) 09:12 ID:lbw

今、誰かいる?

735:Aki:2015/04/18(土) 09:27 ID:lbw

小説書くよ!(グレイ目線)
グ「あ、あのさルーシィ」
ル「何?どうしたの?」
グ「いきなりだけどさ、俺、お前のこと好きなんだ」
ル「えっ!ええ?!グレイってジュビアのことが好きなんだと思ってた」
グ「えっと。その、付き合って、くれないか?」
ヤバイその場の空気に乗ってつい、告白してしまった!結局どうなんだ?
ル「えっと。じ、実は私、グレイのこと好きなの。だ、だからいいよ。」
グ「そうだったのか。てっきりナツの事が好きだと思ってたから、嬉しい。」
ル「じゃ、じゃあ改めて、これからもよろしくね。」
グ「お、おう。そ、それで、仕事っていうのは嘘なんだ。」
ル「ええっ!じゃあ、金欠ってことも?」
グ「ああ。その、ルーシィを誘おうと思ったんだけどこの方法しか思い浮かばなくて。」
ル「そ、そうだったんだ。びっくりした〜!」
グ「じゃ、じゃあもう寝るな。」
ル「うん。お休み。」




終わり。いやー思ったより長くなってしまった。

736:Aki:2015/04/18(土) 09:28 ID:lbw

最後らへんが、めっさ雑になってしまいました。。。

737:Aki:2015/04/18(土) 09:29 ID:lbw

寂しいっす。誰かぁー!来てー!

738:るー:2015/04/18(土) 12:47 ID:HNE

Aki小説すごい!(^v^)

739:Aki:2015/04/18(土) 13:46 ID:lbw

るー、ありがと!

740:Aki:2015/04/18(土) 14:17 ID:lbw

小説書くよ!
俺は、グレイ。同じギルドのルーシィのことが好きだ。
まだ、告白はしていないけど、最近あることに気づいた。
そう。ルーシィは、ナツの事が好きだということ。
薄々気づいていたけど、まさか本当だなんて。まぁ、仕方ないか。
ナツとはほぼ一緒にいるしな。はぁ、よりによってアイツがライバルか。
ル「あ、グレイ。ここにいたんだ。エルザがあっちで探してたよ。」
グ「そうか。分かった。」
すたすたと俺は、エルザの元へ歩いていった。
(ルーシィ目線)
私は、グレイのこと好きなの。だけどグレイは、ジュビアの事が好きみたい。
どうしたら振り向いてくれるのかな。
エ「ルーシィ。ここら辺でグレイを見なかったか?」
ル「ううん。見てないけど、どうしたの?」
エ「いや、グレイ宛に依頼が来ているらしい。だからマスターに探して欲しいと言われたのだが。」
ル「そうなの。見つけたら、伝えとくね。」
エ「すまない。グレイに会ったら伝えてくれ。」
どこにいるんだろ。グレイのよく行く場所と言えば、どこだっけ?
あ、あれ、グレイっぽいな。行ってみよ。近くに行くと、グレイがいた。
ル「あ、グレイ。ここにいたんだ。あっちでエルザが探してたよ。」
グ「そうか、分かった。」
そう言って、グレイはすたすたと歩いていった。
あれ?私、避けられてる?んー。気のせいかな。




続く

741:Aki:2015/04/18(土) 17:43 ID:lbw

来たよ〜!

742:Aki:2015/04/18(土) 20:00 ID:lbw

今、誰かいる?

743:杏菜 cuc:2015/04/18(土) 21:07 ID:Zrk

Akiごめん…9時頃って夜のことでした…やっぱ、夜10時に来てね!!(誰か)

744:杏菜 cuc:2015/04/18(土) 21:08 ID:Zrk

今来たけど10時に!!

745:杏:2015/04/18(土) 22:34 ID:736

あのー

ここに入れてもらえませんか??

746:Aki◆is:2015/04/18(土) 23:19 ID:lbw

いーよー!新人さん大歓迎です!

747:Aki◆is:2015/04/18(土) 23:24 ID:lbw

杏菜、ごめん。10時にいけれんかった。

748:めいびす:2015/04/19(日) 07:53 ID:lis

おおー!みんなが結構復帰して来た、よかったー
杏さん、いいと思いますよ?

前回までは

いきなり街に戻ってました

グレイ「その説明雑すぎんだろ!」

続…ルーシィ目線

…いっちゃった。アーテすごいかわいい。
ど、どうしよう。エルザとナツとハッピーとみんなで泊まったことはあったけど…
ふ、2人きりとか。しかも、付き合い始めて初の。
いろいろテンパっていると…

グレイ「ルーシィ?大丈夫か?」
ルーシィ「は、はひ!」

うわ、声裏がった上に変な声でた…。恥ずかし…

グレイ「ククッ。何?今更緊張でもしてんのか?」
ルーシィ「…意地悪。」
グレイ「どうやら、好きなやつだけいじりたい、みたいな?」
ルーシィ「…」

うつむいて顔もあげられない。でも悔しいから、すこしちら、とみてみる。
…あれ、グレイの耳が赤い気がする。
もしかして、グレイも緊張…してる、のかな。
そうだとしたらほっとする。だって、あたしだけってなんだか悔しい。

宿屋 花の都前

グレイ「こりゃまたすげぇ豪華…。さすがお坊ちゃんのアーテだな」
ルーシィ「仲良くなったからかお坊ちゃんってこと忘れてた」
グレイ「お前も姫だったろ?今でも俺の姫だけど」
ルーシィ「…もう、はやくチェックインしよう」

ここで顔を赤らめるとか絶対いやだから、ぱちん、と頬を叩く。
…いったぁ〜…
笑い声がする方を向くとグレイが笑を堪えてる。
でもやっぱり耳が赤い気がする

女将「いらっしゃいませ。ようこそおいでくださいました。本日368号室2人部屋に泊まられる方ですね?グレイさんとルーシィさん。」
ルーシィ「は、はい…」
女将「はい。チェックイン完了です。あ、お二方がお泊まりになるお部屋の方、離れとなっております」
ルーシィ「は、離れぇ?」
女将「はい。360〜370号室まで離れとなっております。では、ここからは係りのものが案内いたしますので。良い一日を。」

顔を見合わせる。わざわざ空いたところが離れなんて。
いろいろと怖いというかなんと言うか…

男性店員「いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました!ここからは私、クロウが案内をさせていただきます。」
グレイ・ルーシィ「よろしくお願いします…」
クロウ「お二方、ここに泊まられるのは初めてですか?」
ルーシィ「ええ、まぁ…」
クロウ「離れの場合、専用のお風呂が付いています!露天風呂まで付いています!…勿論、大浴場よりは狭いですけど。」
グレイ「まさにセレブのための部屋ってこったぁ…」
クロウ「食事も係りのものがもって来てくれます!」

圧倒されながらも説明を受けて地図をもらってなんとか館内を把握。
ひっろ…

クロウ「さぁ、つきましたよ!!」

それはもうまさに何処かの玄関だ。樹の板に"離れ 桜"とかいてある。

クロウ「それでは私は失礼いたします。良い一日を!」

そういうと立ち去ってしまった。
グレイとあたしは顔をまた見合わせる。

ルーシィ「とんでもないところ予約してくれたなぁ…」
グレイ「まぁ、滅多に無い機会だし。楽しむだけ楽しんどこうぜ」
ルーシィ「…まぁ、それもそうね」

続。

ちょい次回に向けて少なめにしました。このあとどうしよう…

749:杏菜 cuc:2015/04/19(日) 09:56 ID:Zrk

杏さんこんにちわ……名前が似てるような……
それより、呼び捨てタメ口okあんさんは?ok?
あと、自己紹介お願い!!します…
私は、10歳グレルー大好きな小5です!
えっと…ラブライブも好きです…
知りたければ調べて!!

750:杏菜      わしわし cuc:2015/04/19(日) 09:58 ID:Zrk

小説かきたいけどめんど〜

751:杏菜      わしわし cuc:2015/04/19(日) 10:00 ID:Zrk

Akiえっと…わしわしでもいいよ!!

752:わしわし cuc:2015/04/19(日) 10:04 ID:Zrk

みんなわしわしなんで……わしわしにするよ!!

えっと…ラブライブのゲームしてきます…!

753:グレルー&◆jE:2015/04/19(日) 11:01 ID:kfk

ただいまっー^_−☆
ごめんずっと忙しくてこれなかったけどきたよ
後で小説書くね笑笑😁

754:グレルー&◆jE:2015/04/19(日) 11:07 ID:kfk

杏さんこんにちは〜
私もグレルー大好き💕
中2だよ。ためおけ

755:わしわし cuc:2015/04/19(日) 14:25 ID:Zrk

グレルー頑張って!!
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
    小説

756:GUMI ミサ:2015/04/19(日) 14:33 ID:URY

久しぶりですね!
GUMIです!
覚えていますか!?

757:わしわし cuc:2015/04/19(日) 15:03 ID:Zrk

GUMI!!覚えてるよ!!

758:わしわし cuc:2015/04/19(日) 15:04 ID:Zrk

こっちこそ覚えてる?わしわし
だよぉ〜!

759:わしわし cuc:2015/04/19(日) 15:26 ID:Zrk

小説……書くか、かかないかまよってる…
みなさんは書いてほしい?
書いてほしくない?
あと、書くとしたら
グレルー?
ナツルー?

760:わしわし cuc:2015/04/19(日) 15:50 ID:Zrk

フェアリーテイル好きのみなさんにお知らせです!!!紅茶花伝のフェアリーテイルパッケージが出るそうです!!
4月27日から全国販売だって!!
都内はもう売ってるかも!!
探してみてね!!

761:わしわし cuc:2015/04/19(日) 15:50 ID:Zrk

落ちる…

762:わしわし cuc:2015/04/19(日) 15:56 ID:Zrk

あっと…一つ言い忘れロイヤルミルクティーだよ!!

763:わしわし cuc:2015/04/19(日) 16:43 ID:Zrk

誰かいない?

764:Aki◆is:2015/04/19(日) 17:35 ID:lbw

きたよー!

765:匿名:2015/04/19(日) 17:47 ID:cbA

>>765

766:Aki:2015/04/19(日) 18:08 ID:lbw

>>765

767:Aki:2015/04/19(日) 18:23 ID:lbw

わしわし、マジ!?紅茶花伝早く買いたい!

768:Aki:2015/04/19(日) 18:53 ID:lbw

小説の続き、書くよー!
(ルーシィ目線)
はぁ、やることないなぁ〜。今は、家賃の心配しなくていいし、グレイは、行っちゃったし。
あ!そういえば、ナツとハッピーどこいったんだろ。今日は、見かけてないから、仕事でもいったのかなぁ。
ミ「ええ。ナツとハッピーなら、確か、仕事に行ったはずよ。」
や、やばっ!心の中の言葉、思わず出ちゃった。
ル「そ、そうだったんだ。あの2人だけだと、ちょっと心配だけど。」
いよいよやることが無くなったなぁ〜。早くナツとハッピー帰ってこないかなぁ。
(グレイ目線)
俺に依頼って、なんなんだ?獣とかを倒すとかだったらナツだと思うんだけどな。
マ「おお。グレイ。待っていたぞ。今回は、雪山に行って獣を倒して欲しいとの依頼じゃ。」
グ「分かった。」
今回は、ナツじゃないのか?いつもならナツのばすだが。
マ「今回は、ナツが出掛けていて、お前しか代役を頼めないからな。」
うおっ!独り言、聞かれてた!
グ「は、はぁ。」
人使い荒いなぁ。






続く(グレイがちょっとキャラが違うかも。)

769:Aki:2015/04/19(日) 18:54 ID:lbw

今日は、落ちます!

770:杏:2015/04/19(日) 20:06 ID:736

返事が遅くなってスミマセン

皆さん、よろしくお願いします♪

杏のプロヒィール

学年・・・中2
部活・・・バレー部
好きなマンガ・アニメ・・・ヘェアリーテイル、七つの大罪、シュガー*ソルジャー、神様はじめました、名探偵コナン、マジック快斗、エヴァバンゲリオン、ハイキュー、進撃の巨人 などなど

771:ゾロ:2015/04/19(日) 20:51 ID:jKI

はじめまして ゾロです
フェアリーテイル ワンピース好きです

772:ゾロ:2015/04/19(日) 20:55 ID:jKI

小説書きます。

773:るー:2015/04/19(日) 21:37 ID:HNE

ゾロさん杏さんよろしくです

774:Aki:2015/04/20(月) 14:20 ID:lbw

ゾロさん、よろしく!

775:わしわし cuc:2015/04/20(月) 16:25 ID:Zrk

ゾロさん本当に来たんですね!!
Akiほんとーー!!調べたら出た!
パッケージの表がナツルーぽい…最悪…
裏は、誰かの名言!!いろんな人いる!
グレイがほしー!!

776:わしわし cuc:2015/04/20(月) 16:29 ID:Zrk

杏さん…もしかして…リボン読んでる?
シュガーソルジャー書いてたし…


みんなーーー!小説書くんだけどナツルー、グレルーどっちがいい?
答えて!

777:わしわし cuc:2015/04/20(月) 16:30 ID:Zrk

また後で来ます!!

778:わしわし cuc:2015/04/20(月) 16:35 ID:Zrk

あっ!!777だ!
いいことあるかな?あればいいな♪

779:ゾロ:2015/04/20(月) 17:02 ID:jKI

ある日ルーシィがミラと話しているとマスターがきてルーシィと話しに行った
数分たってルーシィが戻って来たら
グレイ 「 遅かったじゃねか」
ナツ 「そうだぞルーシィ」
ルーシィ 「あっ いいところに」
グレイ・ナツ 「?」
ルーシィ 「明日から空いてる?」
グレイ 「俺は、空いてるけど どうしたんだ」
ルーシィ 「明日から 私の家にいくのよ」
グレイ 「ルーシィの家にいくのか?」
ルーシィ 「私の家っていうか…別荘にいくの…」
グレイ 「マジか❗ 俺いくぜ」
ルーシィ 「本当にいいの? いつ 帰れるかわかんないけど…」
ナツ 「ルーシィの家にいくのか? そこうまいものあるのか?」
ルーシィ 「えぇ ナツの好きな食べ物とか、探険できるようなところもあるわよ」
ナツ 「ルーシィ 俺そこいくぞ❗」
ルーシィ 「グレイは?」
グレイ 「俺も行く」
ルーシィ 「明日から行くけどいい?」
グレイ・ナツ 「おう❗」
次の日
ルーシィは駅前で待っていた
グレイ 「ルーシィ おはよう!」
ルーシィ 「グレイ おはよう」
ナツ 「ルーシィ おはよう」
ルーシィ 「おはよう ナツ❗」
グレイ 「早く行こう」
電車に乗って数時間
ルーシィ 「ナツって本当にすぐ元気になるのね 」
グレイ 「本当だょ」
歩いて数分
ルーシィが急に立ち止まった。
グレイ 「ルーシィ急に立ち止まんな!」
ルーシィ 「ここよ…」
グレイ 「マジか❗」
ナツ 「でっけ〜なあ」
ルーシィ 「ふつうよ❗ それより中にはいるわよ❗」
ナツ 「ルーシィ待て中に誰かいる」
ルーシィ 「?」
ナツ 「スティングとリオンだ」
ルーシィ 「えっなんで どうして入っているの?」

780:ゾロ:2015/04/20(月) 17:03 ID:jKI

明日 続き書きます。

781:ゾロ:2015/04/20(月) 17:03 ID:jKI

小説書きます。

782:Aki:2015/04/20(月) 17:04 ID:lbw

ゾロさんって小説上手いですね!続きがめっちゃ気になるよー!

783:Aki:2015/04/20(月) 17:05 ID:lbw

続き、楽しみにしてマス。

784:わしわし cuc:2015/04/20(月) 17:42 ID:Zrk

ゾロさんうまい……私へただし…
上手くかけないと
思う…

急に思いついて
ノートに書いてた
やつで
いい?グレルー
だよ!
いつも
グレジュビを
見て
ムカついて
自分の
すきな
展開に
して
気を
まぎらわす
わけです

785:わしわし cuc:2015/04/20(月) 17:48 ID:Zrk

いつ書こう…
ナツルーグレルー…
ナツルーも書けるけど
グレイと
くっつけよ
って
ムカついて
書けないの…
でも
人の書いた
ナツルーは、
読める!WWWww
頑張る!
ナツルーを
書けと
言われたら
ナツルーも
書くよ!
ナツルーの
リクエスト

あれば、
言ってね!
上手く書けるように
がんばります!

786:Aki:2015/04/20(月) 17:49 ID:lbw

小説の続き、書くよー!(グレイ目線)
はぁ。よりによって俺があいつの代わりかよ。もっとましなやついるだろ。
って言うか、ルーシィってどこにいるんだ?一緒に仕事行こうって誘おうと思ったんだが。
あー。今日はもう遅いから、家か。よし。行ってみるか。
〜ルーシィの家〜
(ルーシィ目線)
はぁ。結局、今日はやること無しでほんっとに暇だったぁ。
ピーンポーン ん?誰か来たのかな? はーい。 ガチャ
グ「ちょっと用があって来たんだけど。」
ル「いいよ。入って。それより、用って?」
グ「ああ。その、用って言うのは、なぁ、、、」
ドゴォン え?今、何て言った?爆発音で聞こえなかったんだけど。 え。爆発音!?
グ「おい。ちょっと行ってみようぜ。」
ル「うん。」
急いでドアを開けて外に出ると、、
ナ「わりぃ。わりぃ。思わず壊しちまった。アハハ」
ハ「ナツゥ〜!」
ル「ナツ!?また壊しちゃったの?!はぁ。1日でも物を壊さない日何てあったかしら。」
グ「おい。てめぇに依頼来てたぞ。早く行けよ!」





続く(続きはまた、明日にでも書きます。)

787:Aki:2015/04/20(月) 17:51 ID:lbw

わしわし、ファイト!頑張って!上手くないことはない!

788:わしわし cuc:2015/04/20(月) 17:52 ID:Zrk

だれかぁいる?
だれか来てぇ〜〜〜!😲
(●^o^●)夜に来ます

789:わしわし cuc:2015/04/20(月) 17:53 ID:Zrk

あっ…A…Aki〜

790:わしわし cuc:2015/04/20(月) 17:53 ID:Zrk

あんがと(●^o^●)

791:わしわし cuc:2015/04/20(月) 17:55 ID:Zrk

(≧∇≦)b❤(ӦvӦ。)

792:わしわし cuc:2015/04/20(月) 17:58 ID:Zrk

グレルー…ナツルーどうしよー…
グレルー!!でいいや!

793:わしわし cuc:2015/04/20(月) 18:02 ID:Zrk

おなかすいた…
嫌なの思い出した…39巻だっけ?
グレイが…

794:わしわし cuc:2015/04/20(月) 18:09 ID:Zrk

死んじゃうの……










最近は、フェアリーテイルのネタバレ見てる
グレイがーーどんどん変わってく

795:わしわし cuc:2015/04/20(月) 18:10 ID:Zrk

グレイじゃなくなってる

796:わしわし cuc:2015/04/20(月) 18:10 ID:Zrk

誰かいる?

797:Aki:2015/04/20(月) 18:17 ID:lbw

いるよー!って言うか、グレイ、死んじゃうの?そんなの嫌!

798:Aki:2015/04/20(月) 18:18 ID:lbw

グレイのいないフェアリーテイルは、フェアリーテイルじゃない!

799:わしわし cuc:2015/04/20(月) 18:18 ID:Zrk

…  つまらない…何もすることない

800:Aki:2015/04/20(月) 18:19 ID:lbw

800(*´∀`)

801:Aki:2015/04/20(月) 18:20 ID:lbw

ごめん!これから塾行くから落ちます!(すまん。)

802:わしわし cuc:2015/04/20(月) 18:21 ID:Zrk

あ…いや…死んじゃったけど…生きてるよ…うん…時がもどったとかなんとか

803:わしわし cuc:2015/04/20(月) 18:21 ID:Zrk

バイバイ👋がんばって!

804:るー:2015/04/20(月) 18:47 ID:HNE

改めて言います!グレルーさん 杏さん ゾロさんよろしくです!タメ&呼び捨てokです!

805:るー:2015/04/20(月) 20:44 ID:HNE

誰かいますか?

806:めいびす:2015/04/20(月) 21:01 ID:lis

フェアリーテイル漫画全巻もってるので大体展開はわかります。
ウルティアのおかげで時が戻って生き返った大魔闘演武ドラゴン編のやつですよね!
ネタバレしちゃうとグレイはこの後デビルスレイヤーになります…お父さんのおかげで…
アニメとかではグレジュビが基本です。…真島先生のばかぁーー!グレルーもいれてくれよぉぉ

前回までは

泊まるところが離れの"桜"というところでした。なんかすごくセレブが泊まるところっぽい

ルーシィ「館内も広すぎて困るわ…」

続…グレイ目線

ルーシィ「すごい、ゲームセンター?とかからおけ?とか何か…遊ぶところ結構あるよ」
グレイ「でも何気に夕方だよな。今。どうする?大浴場行くか?ここの風呂入るか?」
ルーシィ「あー…どうしようかな。」

もう俺としてはそれより理性が保つかどうかの問題なんだが。


ルーシィ「じゃあ今日は離れの方使って、明日早朝大浴場行こうかな。」
グレイ「うし、先入っていいぞ」
ルーシィ「うぇ?グレイもそうするの?」
グレイ「考えんのめんどくせぇし」

本当はすこしでも一緒に居たかったりしてな?
何てことは俺には軽く言えない。

ルーシィ「…そ、そう?じゃあ入るけど…の、覗かないでよ?」
グレイ「ハハッ、ナツじゃあるまいしw」


……
………
…………
……………
………………ハァ。
は、入ったか?せ、セーフ。どさっと後ろに倒れこむ。
何気に疲れたな…それもそうか?ラクリマジロクラッドを倒して時間制限のある謎解きの部屋で命危なくて。
……!これ結構危険な旅だな…!全然気にしなかった

やがて、今日を思い返しているうちにシャーーーっていうシャワー音が聞こえてきた。
やばい。外でようかな。うん、散歩しよう。ここ広いし外だし頭冷やせるだろ。

花の都、庭園

まさに庭園だな。こりゃ。
湖にアーチ型の橋がかかって夕焼けがうつっている。
雪は一時的に止んでいるようで雲の隙間から茜色が見えている。
ウルと修行してたから寒さは平気だけど少し肌寒いか…。
お、ベンチがある。少しここで時間潰すか。

















…あれ?日がくれてる…
やば、ぼけっとしすぎたか寝たかしちまったか。
そろそろ戻んないと心配するかな。

離れ 桜 室内

ルーシィ「グレイ!よかった消えちゃったかと思った…」
グレイ「こんな短時間で消えるかよ」
ルーシィ「お風呂から上がって来たのが10分前くらいでいないから心配しちゃって」

嬉しい。けど髪がまだびしょびしょだ。

グレイ「ちゃんと髪乾かせよ?」

そういってルーシィの肩にかけてたタオルを頭に戻してぽん、と頭を叩く。

ルーシィ「あ、うん…あ、ありがと」
グレイ「ん。」

そして風呂場の前の部屋まで行く。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!
ルーシィはもうちょっと警戒心を持てっっての!!!
まじ危なかった…。とっとと入ろ。



キャラ崩壊注意です…_| ̄|○スミマセン

807:めいびす:2015/04/20(月) 21:03 ID:lis

最初の方で愚痴が出てしまった…ごめんなさい

るーいるよーっておちちゃったかな?

808:わしわし cuc:2015/04/20(月) 21:07 ID:Zrk

めいびす≫真島先生への気持ち!同感٩(๑´0`๑)۶
20巻のカバーグレイと、ルーシィのツーショット?
ぽい…

809:わしわし cuc:2015/04/20(月) 21:08 ID:Zrk

る〜は…3DSのゲームしてる!

810:わしわし cuc:2015/04/20(月) 21:10 ID:Zrk

小説は…明日にしよっと!
٩(๑´3`๑)۶

811:わしわし cuc:2015/04/20(月) 21:12 ID:Zrk

る〜、ねた…

812:わしわし cuc:2015/04/20(月) 21:13 ID:Zrk

めいびす小説書き?
てか…いる?

813:わしわし cuc:2015/04/20(月) 21:18 ID:Zrk

る〜、きたー

814:わしわし cuc:2015/04/20(月) 21:18 ID:Zrk

私は寝る!また明日!バイバイ👋

815:杏:2015/04/20(月) 21:38 ID:736

わしわし寝るのはやっ

816:るー:2015/04/21(火) 06:03 ID:HNE

めいびすさんはすごいなぁ

817:GUMI ミサ:2015/04/21(火) 07:23 ID:/w2

ハニョ━ヾ(゚ω゚ございます!
GUMIです!

818:Aki:2015/04/21(火) 16:43 ID:lbw

Gumi、おはよ!&こんにちは!&来たよ〜!

819:Aki:2015/04/21(火) 16:46 ID:lbw

めいびすさんは、やっぱり上手い!(小説)

820:るー:2015/04/21(火) 18:03 ID:HNE

きたのだ(ovo)\

821:るー:2015/04/21(火) 18:54 ID:HNE

だれかいる?

822:Aki:2015/04/21(火) 19:33 ID:lbw

来たよ〜!

823:るー:2015/04/21(火) 19:38 ID:HNE

Aki!

824:わしわし cuc:2015/04/21(火) 19:40 ID:W3E

Akiいるー?

杏…昨日はごめんm(_ _)m

825:わしわし cuc:2015/04/21(火) 19:40 ID:W3E

ルーもいた〜!

826:わしわし cuc:2015/04/21(火) 19:43 ID:W3E

えっと…(゜-゜)また後で来ます8〜9時の間あたり!

827:るー:2015/04/21(火) 19:43 ID:HNE

わしわし来てたー!

828:わしわし cuc:2015/04/21(火) 19:44 ID:W3E

るー、フレにはいるよ!

829:るー:2015/04/21(火) 19:45 ID:HNE

わかった!

830:わしわし cuc:2015/04/21(火) 19:45 ID:W3E

来れる人来てね!さっき言った時間に!
るー、来れたらフレに来て!

831:わしわし cuc:2015/04/21(火) 19:46 ID:W3E

じゃあ、さっきの時間に!!

832:るー:2015/04/21(火) 19:47 ID:HNE

okてかフレにも今いるよー

833:るー:2015/04/21(火) 19:50 ID:HNE

落ちますー

834:Aki:2015/04/21(火) 19:53 ID:lbw

小説書きます。
(ルーシィ目線)
ナ「お!依頼来てたのか?早速いこうぜ!ルーシィ、ハッピー!」
ハ「あいさー!」
ル「うん!今、ちょうど暇だったの!すぐ用意するね!」
グ「え。あ、ああ。俺も行く!チームだしさ。」
ナ「なんだよ。お前も行くのかよ。」
グ「いーだろ。人の勝手だ。」
ル「じゃあ、エルザとウェンディも誘おうよ!」
グ「いや、エルザとウェンディは、2人で仕事に行った。」
ル「2人で大丈夫なの?」
グ「劇の代役だとよ。」
ル「それなら安心だね。」
グ「ああ。」
今回の依頼内容は、山に行ってモンスターを倒して欲しいと言う物だった。
そこまでは、馬車で3時間だが、
ナ「うえー。馬車に乗るなんて知らねえよ。」
ル「あんたってホントに乗り物弱いのね。」
ハ「あい。いつもの事です。」






続く

835:るー:2015/04/21(火) 20:01 ID:HNE

Aki小説すごし!(ovo)/

836:Aki:2015/04/21(火) 20:04 ID:lbw

るー、ありがと!

837:るー:2015/04/21(火) 20:08 ID:HNE

(^v^)

838:Aki:2015/04/21(火) 20:19 ID:lbw

わしわし、まだかなぁ?

839:るー:2015/04/21(火) 20:33 ID:HNE

わしわし宿題&3DSやってるよ!

840:るー:2015/04/21(火) 21:11 ID:HNE

きました

841:るー:2015/04/21(火) 21:14 ID:HNE

だれかいる?

842:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:17 ID:W3E

…るー、Aki遅れてごめんm(_ _)m
宿題が…おわらなくて…

843:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:17 ID:W3E

るー、来たよ!(いるよ!)

844:るー:2015/04/21(火) 21:18 ID:HNE

宿題大変だよね.

845:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:19 ID:W3E

たいへん…終わったけど!((๑•̀ㅁ•́๑)✧

846:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:20 ID:W3E

Akiは?

847:るー:2015/04/21(火) 21:20 ID:HNE

848:るー:2015/04/21(火) 21:21 ID:HNE

Akiは分かんない.

849:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:21 ID:W3E

るー?どうした?

850:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:21 ID:W3E

847≫?

851:るー:2015/04/21(火) 21:23 ID:HNE

847は間違えて書いた

852:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:24 ID:W3E

そっか!


Aki来てーーーー

853:杏:2015/04/21(火) 21:24 ID:736

わしわし)いいよ

ところで、フレってなんのこと???

854:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:25 ID:W3E

3DSのブレンド!

855:るー:2015/04/21(火) 21:25 ID:HNE

Akiー!ww

856:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:25 ID:W3E

だよ!!

857:るー:2015/04/21(火) 21:26 ID:HNE

杏さんよろしくです!

858:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:26 ID:W3E

Aki〜〜〜〜〜〜〜!WWW

859:るー:2015/04/21(火) 21:27 ID:HNE

わしわしww

860:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:29 ID:W3E

WWW

861:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:29 ID:W3E

杏わかった?

862:るー:2015/04/21(火) 21:29 ID:HNE

ww

863:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:30 ID:W3E

フレの意味!

864:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:30 ID:W3E

てか…杏いるー?

865:るー:2015/04/21(火) 21:34 ID:HNE

眠いー

866:わしわし cuc:2015/04/21(火) 21:34 ID:W3E

すこし、アプリしてくるね!!

867:めいびす:2015/04/21(火) 21:35 ID:lis

みなさん感想ありがとうです…勇気が;_;ブワッ
小説書き?ってどゆこと?ごめん私馬鹿だからw
こうなったらグレルーのイラストを真島先生に送りつけて…!!
お母さんが風呂入れうるさい…

前回までは

2人して心臓がうるさいというてます。

エルザ「おっ?おっ?…ハッ!み、皆、久々だな…。す、すまない。美味しそうなケーキをミラが作っていたものでつい…」
ミラ「小説のことでお?って言ってたんじゃないのね。あ、みんな、久しぶり」

続…ルーシィ目戦

心臓がうるさい。ただ、宿で一緒になっただけ。それだけ。
でもナツ、エルザ、ハッピーはいない。
グレイと一緒に来ただけ…。
恋人じゃない。それぐらいあったって…
あったって。

ルーシィ「んあーーーーーー!もう!」

だめ。もやもやする。いや、ていうか。
さっきの頭ぽん、もいつもしてくるのに。
何故か、胸がきゅう、ってなる。



頭をタオルでわしゃわしゃしながら窓側の椅子に座る。
この部屋は離れだ。大きめの窓には庭園が見える。
ここは和室が基本みたい。ベッドもあるけどまだ引かれていない。
ご飯の後に引かれるのかな?あ、そうだ。エルザたちにお土産買おうかな。
滅多に雪国の首都なんて来ないもんね、エルザには珍しいスイーツかなぁ…。
ナツには何がいいだろう。ハッピーは…。魚の何かでいいよね。
まぁ、いいのがあったらみんなにも。いいのがあれば、ね。

やがて、シャーー、という音が止んで、グレイがでて来た。

ルーシィ「ね、ここのお風呂すごいよね、普通に露天風呂あるもんね」
グレイ「そうだな。でも、お前の場合寒かったんじゃねぇ?」
ルーシィ「うぐ、その通りです…」

この宿は浴衣が選べるらしく、グレイの浴衣は水面に波紋が広がって、金魚が泳いでるやつだ。
白と青、水色に紺色。模様は端っこに描かれてる浴衣。
私はと言うと蓮の花が描かれていて、所々花びらが散っているやつだ。
蓮の花はピンクと白で、それ以外は水色と黄緑を混ぜたエメラルドブルーみたいな色っぽい。
何か気に入ったから選んだんだけど。
グレイは適当にとってたけど結構似合っててかっこいい。
なんて口にするはずもない。

グレイ「夜って6時くらいに運ばれてくるんだろ?」
ルーシィ「うん。…今は5時55分だからもう少しかな」
グレイ「そか。」
ルーシィ「………あ。グレイだって髪吹いてないでしょー、水滴り落ちてる」
グレイ「は?え?おわ、やめろ…」

そういうとグレイの髪をわしゃわしゃタオルでやる。
嫌がってる…けど、何気に大人しくしてくれてる。
…何か、嬉しい。

グレイ「…満足したか?
ルーシィ「あ、うん。…ねぇ。ご飯食べ終わったらお土産見に行かない?」
グレイ「は?何で」
ルーシィ「エルザとかに買って行った方が良くない?」
グレイ「…それは。」
ルーシィ「じゃあ、決まりね♪」

そういった刹那、トントンと玄関…って言っていいのかな?
から音がする。

女将「失礼します、ご夕食をお持ちしました」
ルーシィ「は、はいっ」

ガラガラと戸が開いて、料理が運ばれてくる。
何か北の国ならではの料理って感じがする…。
しかもすごい豪華。

ルーシィ「…あ、グレイ((こそ」
グレイ「あ?どうした?((こそ」
ルーシィ「いくら何でもあたし以外の人の前で脱がないでね?さすがにここで変態扱いはきついし。それに今のグレイ、かっこいいから((こそ」
グレイ「おu…((かっこいいっていった?今?かっこいいって?))」

これでとりあえず安心…だといいけど。
せっかくだから料理もちゃんと味わっとこうっと。

はむっ。


あ。

ルーシィ「おいひい…」
女将「当店自慢でございますよー((にこにこ」
グレイ「お、本当だ、うめぇ」

マグノリアではあんまり食べたことのない味だった。
だから新鮮というか。こんな食べ物あったんだ的な…。
いや、さすがに週刊ソーサラーとかでみたことあるよ?
あの、ざっくりいうと、だから。









ルーシィ「美味しかったです!」
女将「ご満足頂けて何よりです!」

食べ終わる頃には6時45分くらいだった。
女将さんは一通り器を片付けると、『ごゆっくり』といって帰って行った。
グレイが満腹で動けねぇっていうから仕方なく7時にここをでて、土産物をみにいくことにした。

続。

何か食事のところ面倒臭くなっちゃって…

868:るー:2015/04/21(火) 21:37 ID:HNE

めいびす すごっ!(ovo)"

869:るー:2015/04/21(火) 21:41 ID:HNE

おちます

870:わしわし cuc:2015/04/21(火) 22:04 ID:W3E

明日来ます!(落ちる)
バイバイ

871:るー:2015/04/22(水) 06:22 ID:HNE

おはー(+u+)

872:Aki:2015/04/22(水) 06:47 ID:lbw

おはよー

873:Aki:2015/04/22(水) 06:49 ID:lbw

ごめん!昨日は何か、弟にスマホ取られてできんかった。。、

874:Aki:2015/04/22(水) 06:55 ID:lbw

来たけど早速落ち。(学校が。。。)

875:杏:2015/04/22(水) 07:17 ID:736

返事が遅くなってごめん

わしわし)わかったよ。ありがとう♪

るー)よろしくね♪

876:Aki:2015/04/22(水) 17:40 ID:lbw

来たよ〜!&小説書きます。
ル「森って書いてあったけど、どんな所なんだろう?」
ナ「大自然じゃねぇのか?うえぇー。」
ル「気持ち悪いんだったら喋らないほうがいいんじゃない?」

続く

877:Aki:2015/04/22(水) 17:40 ID:lbw

短くて、ごめん!

878:るー:2015/04/22(水) 17:52 ID:HNE

杏よろしく! Akiすごし!

879:Aki:2015/04/22(水) 17:58 ID:lbw

小説の続き!
何だかんだと喋っていたら、あっという間にその森についた。
ナ「馬車が止まったぁぁぁ!よし!これで動けるぞぉー!」
ル「あんたってホントに不思議ね。」
ハ「あい。」
ナ「うおおおお!」
グ「おい。間違っても一人になんなよ。ってもう聞いてねぇし!」
ル「もぉ。ナツぅ〜!戻って来なさい!って言っても聞かないよね。はぁ。また探すの?」
グ「仕方ねぇじゃねぇかよ。はぁ。また、めんどくせぇことしやがって。」
ジュ「ジュビアも手伝います!」
グ「おお。って!お前どこから出てきたんだよ!」
ジュ「ジュビアはいつでもグレイ様のそばにいます。」
グ「気持ちわりぃんだよ!」
ル「取り敢えず、ナツを探そう!」
グ「おお。そうだな。」
ハ「あい。空の上から探すよー!」



続く

880:Aki:2015/04/22(水) 17:59 ID:lbw

るー、いつも感想ありがと!あと、杏、よろしく!

881:Aki:2015/04/22(水) 18:06 ID:lbw

落ち

882:杏:2015/04/22(水) 18:31 ID:736

Akiよろしくね♪

883:杏:2015/04/22(水) 18:33 ID:736

Aki小説うまっ!!

Akiの小説ほんまに面白いな♪(スレ1から全部見ました)

884:わしわし cuc:2015/04/22(水) 19:41 ID:rDQ

Aki小説うまいね〜…
私…昨日書くって言ったのに…
ま、いいや!
夜に来ます!

885:るー:2015/04/22(水) 19:51 ID:HNE

また後できます

886:Aki:2015/04/23(木) 07:30 ID:lbw

杏、わしわし、ありがと!

887:Aki:2015/04/23(木) 07:30 ID:lbw

学校へ行ってくる!

888:杏:2015/04/23(木) 07:48 ID:736

Aki)いいえ!いいえ!本当のことを言っただけだから

では、杏も学校に行ってきまーす

889:Aki:2015/04/23(木) 16:19 ID:lbw

↑888!!(関係なかったけど)&来たよ〜!

890:わしわし cuc:2015/04/23(木) 17:50 ID:rDQ

昨日…夜に来ますとか…言っておいて寝てた…
今日は、ぜったいに来ます!

891:わしわし cuc:2015/04/23(木) 17:50 ID:rDQ

それでは、落ちますね

892:るー:2015/04/23(木) 18:20 ID:HNE

美術部で絵書いたー

893:Aki:2015/04/23(木) 18:25 ID:lbw

るーの中学校はもう部活始まってるの?(中2、3だったらごめん。)

894:Aki:2015/04/23(木) 18:37 ID:lbw

小説の続き書くよー!
ル「はぁ。ナツってば、どこに行ったんだろ。居なくなるの、なるべくやめてほしいんだけど。」
グ「仕方ねぇだろ。あいつの場合、本能でしか動かねぇからな。」
ル「親がドラゴンだからなおさらだしね。」
ハ「ルーシィ、グレイ!ナツあっちの森の奥にいたよ!」
グ「よし!ハッピーは、ジュビアに伝えてこい!」
ジュ「悲しいですわ!グレイ様。ジュビアは、いつでもグレイ様のお側にいますよ。」
グ「うわ!いつの間にいたんだよ。」
ル「とにかく、ナツが移動する前に行こう!」
グ「おう!」
ハ「あいさー!」
ジュ「ジュビア、グレイ様にどこまでも付いていきます!」
(ルーシィ目線)
はぁ、森ってこんなに広いの?って言うか、ナツはどこにいるのよ!もう。





続く

895:Aki:2015/04/23(木) 18:39 ID:lbw

落ち

896:わしわし cuc:2015/04/23(木) 19:01 ID:rDQ

Aki、るーは…中1だよ!

897:わしわし cuc:2015/04/23(木) 19:04 ID:rDQ

5月21日…学校で、パフェ作る!ラッキー♪(≧∇≦)b

898:わしわし cuc:2015/04/23(木) 19:05 ID:rDQ

また後で来ます!

899:るー:2015/04/23(木) 19:17 ID:HNE

体験入部で今日行ったけど確実に美術部だよー

900:るー:2015/04/23(木) 19:18 ID:HNE

中1だからね

901:Aki:2015/04/23(木) 19:23 ID:lbw

ふぅん。私は、家庭部って言うのに入るよ!

902:Aki:2015/04/23(木) 19:25 ID:lbw

わしわし、学校でパフェ作るの!?いーなー。

903:Aki:2015/04/23(木) 19:38 ID:lbw

落ち。

904:るー:2015/04/23(木) 20:08 ID:HNE

家庭部あるの!いいなー

905:わしわし cuc:2015/04/23(木) 20:47 ID:rDQ

家庭科クラブでだよ!!パフェ作るよ!

906:わしわし cuc:2015/04/23(木) 21:52 ID:rDQ

落ちますね!また明日٩(๑òωó๑)۶

907:Aki:2015/04/24(金) 17:29 ID:lbw

来たよ!

908:Aki:2015/04/24(金) 17:47 ID:lbw

小説の続き
森をさまよって1時間後
ル「ここもいない。はぁ、はぁ、てかここどこぉぉ!?」
その時のグレイ
グ「くそっ。あいつどこにいんだよ!」ぅぉぉぉ!
グ「!?今、誰かの声がした!確か、こっちだ!」
戻ってその時のルーシィ
ル「ナツゥ〜!どこにいるのぉー!いたら返事して〜!」
…。って!誰も返事しないし! ドゴォォォォン
ル「!?今、何か、音した?」
ドスン ドスン ドスン ドスン
(心の声)ぎゃあー!こっちに向かってきてるしぃ〜!な、なんとか逃げなきゃ!
ドスン ドスン ドスン ドスン音はどんどん近づいてくる
ル「いーやぁー!誰かぁー!助けてぇ〜!」
ウオオオオオ!
(心の声)だめ!もう、やられる! 目を閉じたと同時に…
グ「アイスメイク…」
ガンっ! あれ? 痛くない? そっと目を開けると…
ル「グレイ!?」







続く

909:Aki:2015/04/24(金) 17:48 ID:lbw

落ち。

910:るー:2015/04/24(金) 18:19 ID:HNE

Akiマジ、ルーシィとグレイ!リアルだぁーすごい

911:めいびす:2015/04/24(金) 19:54 ID:lis

家庭科クラブでスイーツといえばフルーツポンチを作りました…

前回までは

グレイが満腹になり7時に本館へ向かうことになりました。

ウェンディ「私たちもだいぶ出番ないよね、シャルル…」
シャルル「まぁ、しょうがないわよ。あ、あらかじめ言っておくわ。キャラ崩壊警報だそうよ。…何それ」

続…グレイ目線

満腹で動けねぇ、ってのは口実かもしれない。
色々心…気持ちが追いつかないので時間をくれって話だ。

ルーシィの浴衣は可愛いけど、さっき。
かっこいいって俺に言ってたよな?あれ、聞き間違いじゃないよな?
いや、すっっげー嬉しいんだけど。
あぁ、気持ちがまた高ぶってしまった。
只今7時55分。あと5分で7時だ。
毎回思うけど時間って流れが早ぇよな。特に楽しい時。

ルーシィ「…ねぇグレイ、本当食べ過ぎたんじゃない?」
グレイ「大丈夫だって。少し休んだら平気だから」

でも俺ははっきり言ってこんな豪華なところでおかわりをしまくるほど能天気ではない。
つまり、ルーシィとほぼ同じ量を食べたのだ。
ルーシィより胃袋が小さいとかありえねぇ。だから冷静に考えればあり得ない話だ。
ルーシィも、緊張してんのかな…。

ルーシィ「あ、7時だよ。動ける?」
グレイ「あぁ…行こうぜ」

そういって自然を"装って"手を差し出してみる。
自然に見えなかった…かな。そう思ったけど、手を取って握ってくれた。
本当可愛い。

本館ーロビー

ロビーにはちゃーーーーん。とお土産スペースってのがあった。
ご丁寧なことで。

ルーシィ「あ、ねぇコレエルザ好きそう。あ、魚。これハッピーでいいよね。熱湯風呂《熱い上にスライム風呂!》になる湯…?これナツにためしてみようかなぁw」
グレイ「ひとりできめられんじゃ…」
ルーシィ「ううん、無理。あたし決めるの遅いからね。」
グレイ「はぁ…」
グレイ「…とかいってただ一緒にいたいだけだったりし((ボソッ」
ルーシィ「!?」

え?嘘だろ図星かよ?
すげぇ嬉しいんだけど…。え、夢じゃねえよな。
ただ驚いてルーシィを見たまま棒立ちしていると

ルーシィ「!や、ち、違うのただ部屋にいるのも気まずいかなぁっ………て。」
グレイ「あ、おう…」

この反応って図星だよな。確信した俺は心の中でガッツポーズと神様ありがとうと叫んだ。

その後は俺も加わってぱっぱぱっぱと決めて買うことができた。
今日はとても大事な思い出になりそうだ。



あぁぁ。

912:るー:2015/04/24(金) 20:12 ID:HNE

めいびす すごすぎヤバ・・・

913:わしわし cuc:2015/04/24(金) 21:10 ID:rDQ

めいびす小説うまいね…
あの…言いたくないんだけど…
えっと…
7時なの?
8時なの?
………
いや…
あの…
7時55分て
書いてあったからさ!

914:わしわし cuc:2015/04/24(金) 21:12 ID:rDQ

じゃあまたあした!

915:Aki:2015/04/24(金) 21:58 ID:lbw

めいびす、すごい!本当に会話しているみたいだからそうなる方法が知りたい!

916:Aki:2015/04/24(金) 21:58 ID:lbw

落ち。

917:Aki:2015/04/25(土) 07:37 ID:lbw

おはー!学校行ってきます!(土曜日なのに…いきたくなーい)

918:るー:2015/04/25(土) 08:58 ID:HNE

Aki学校がんば!

919:ピチカ:2015/04/25(土) 10:47 ID:HmE

えーっと、大体皆さんはじめまして!
3〜4の初めくらいにいたピチカって言う者っす♪中3っすよ!

めいびすさんとGUMIさんはおひさっすね!全然来れなくて申し訳ない…

あてんしょん;俺のキャラは不安定←どうでもいいけど


ということで(どういうこと?)久しぶりついでにお話投下っすよ!!


『こういうのはどう?リサーナによく似合いそうじゃない?』

「いいな!でもそっちの色はリサーナ幾つか持ってるからこっちとか?」

『いいじゃない!』

俺はナツ。フェアリーテイルの魔導士だ。
今日はもうすぐ誕生日を迎えるリサーナへのプレゼント選びにルーシィを連れて来ている。

『ねぇナツ、さっきのとは別でペアリングとかあげれば?ナツとお揃い、リサーナ喜ぶと思うわよ?』

ペアリングか……

「いいな!それ。そうするわ!
えーっと、リングはどこに……」

『まったくもう…あっちよ!』

「わりぃわりぃww」



「ルーシィ!……と、ナツ?」

その時、俺らは声をかけられた。



to be continued…


頑張って続けるっす(`・ω・´)9

920:るー:2015/04/25(土) 13:08 ID:HNE

ピチカさんよろしくです!呼び捨て&タメokです

921:Aki:2015/04/25(土) 15:06 ID:lbw

ピチカさん、よろしくお願いします!あ、ため口とか、してもいいですか?

922:みさ:2015/04/25(土) 18:07 ID:IRo

こんにちは(^o^)
お久しぶりです!
覚えてる人いるかな…。

923:Aki:2015/04/25(土) 19:06 ID:lbw

みさ!お久です!

924:みさ:2015/04/25(土) 19:08 ID:IRo

Akiひさ〜!
もう900超えたんだ…。

925:みさ:2015/04/25(土) 19:09 ID:IRo

今日のFT見た?

926:ユキノ:2015/04/25(土) 19:10 ID:IRo

久しぶりに帰ってきた…。

927:ユキノ:2015/04/25(土) 19:10 ID:IRo

みさ久しぶり!

928:みさ:2015/04/25(土) 19:11 ID:IRo

ユキノ?!久しぶり〜!

929:ユキノ:2015/04/25(土) 19:12 ID:IRo

うわ〜ん(T ^ T)
没収されてたの…。

930:るー:2015/04/25(土) 19:13 ID:HNE

みさ、ユキノおひさー

931:みさ:2015/04/25(土) 19:13 ID:IRo

私も!
もう3dsは使えないし…。
あれ?没収ってユキノ持ってた?

932:みさ:2015/04/25(土) 19:14 ID:IRo

あ!
るーお久しぶり!

933:Aki:2015/04/25(土) 19:14 ID:lbw

ユキノさん!お久(はじめましてかな?)です!

934:ユキノ:2015/04/25(土) 19:14 ID:IRo

いや、タブレット。
テストが…ちよっとね

935:Aki:2015/04/25(土) 19:15 ID:lbw

皆さん、最近忙しいんですね。

936:ユキノ:2015/04/25(土) 19:16 ID:IRo

るーさんお久しぶりです!
えっとAkiさん初めまして。
身長はヤバイけど中2です!

937:るー:2015/04/25(土) 19:16 ID:HNE

おぉAki!

938:みさ:2015/04/25(土) 19:16 ID:IRo

1年の世話係やって部活サボりたい

939:Aki:2015/04/25(土) 19:17 ID:lbw

るー、お久!

940:るー:2015/04/25(土) 19:17 ID:HNE

ユキノ!るーでいいよー

941:ユキノ:2015/04/25(土) 19:17 ID:IRo

1年の世話係?
何それ…。

942:ユキノ:2015/04/25(土) 19:18 ID:IRo

わかった!るーで呼ぶね!

943:みさ:2015/04/25(土) 19:18 ID:IRo

部活にきた1年の世話係!

944:るー:2015/04/25(土) 19:18 ID:HNE

みさ世話係とかあるの!

945:ユキノ:2015/04/25(土) 19:19 ID:IRo

私部活に入ってないの…

946:Aki:2015/04/25(土) 19:19 ID:lbw

たいへんだねー!

947:るー:2015/04/25(土) 19:20 ID:HNE

ユキノok  みさそうなんだ

948:みさ:2015/04/25(土) 19:20 ID:IRo

そうなんだよるー!
でもそれで練習時間潰せるし(ニヤニヤ

949:Aki:2015/04/25(土) 19:20 ID:lbw

ごめん。何か喜んでるみたいになった…。(!つけんほうがよかった)

950:るー:2015/04/25(土) 19:20 ID:HNE

部活入ってないの!

951:ユキノ:2015/04/25(土) 19:20 ID:IRo

楽しそう…

952:みさ:2015/04/25(土) 19:21 ID:IRo

え、いいよ。
てか逆にやりたい!
筋トレ外周素振りを見るだけ!

953:るー:2015/04/25(土) 19:22 ID:HNE

みさ 時間つぶせていいねー

954:みさ:2015/04/25(土) 19:22 ID:IRo

でも女子少ないから今できないの

955:みさ:2015/04/25(土) 19:22 ID:IRo

やりターーーイ

956:ユキノ:2015/04/25(土) 19:23 ID:IRo

部活って楽しい?

957:Aki:2015/04/25(土) 19:23 ID:lbw

それなら女子にぜひ来てほしいね!

958:るー:2015/04/25(土) 19:23 ID:HNE

部活 美術部入る・・・

959:みさ:2015/04/25(土) 19:24 ID:IRo

楽しい!
でも、1年の女子敬語してなくてイライラ…。

960:Aki:2015/04/25(土) 19:24 ID:lbw

私は、家庭部

961:ユキノ:2015/04/25(土) 19:24 ID:IRo

そうなの!?

962:Aki:2015/04/25(土) 19:24 ID:lbw

それはだめだよ!(1年)

963:みさ:2015/04/25(土) 19:25 ID:IRo

私の学校、箏とか華道部とかある

964:るー:2015/04/25(土) 19:25 ID:HNE

一年敬語してないの!?

965:ユキノ:2015/04/25(土) 19:25 ID:IRo

ちゃんと使わないとね

966:みさ:2015/04/25(土) 19:26 ID:IRo

ありえなくない!?

967:Aki:2015/04/25(土) 19:26 ID:lbw

ありえん!

968:ユキノ:2015/04/25(土) 19:26 ID:IRo

ありえないね

969:るー:2015/04/25(土) 19:26 ID:HNE

うちの学校茶道部あるー

970:みさ:2015/04/25(土) 19:26 ID:IRo

友達と愚痴ってる

971:Aki:2015/04/25(土) 19:26 ID:lbw

何か偉そうだし!(教えてもらう側なのに!)

972:ユキノ:2015/04/25(土) 19:27 ID:IRo

私の学校は「常に人を敬うことを忘れるな」って言う

973:るー:2015/04/25(土) 19:28 ID:HNE

こっちは先輩が悪グチを大声でいってくるー

974:みさ:2015/04/25(土) 19:28 ID:IRo

しかもね、なんかその…ここでは言いづらい…。

975:Aki:2015/04/25(土) 19:29 ID:lbw

ホントにそれだよ!

976:ユキノ:2015/04/25(土) 19:29 ID:IRo

本人に?

977:Aki:2015/04/25(土) 19:29 ID:lbw

あ、ごめん!

978:みさ:2015/04/25(土) 19:30 ID:IRo

フゥ〜…。
皆さんありがとうございました。
スッキリ!

979:Aki:2015/04/25(土) 19:30 ID:lbw

間違えた

980:ユキノ:2015/04/25(土) 19:30 ID:IRo

スッキリはいいこと🎶

981:Aki:2015/04/25(土) 19:30 ID:lbw

(*´∀`)

982:るー:2015/04/25(土) 19:30 ID:HNE

スクールバスの中でいってくる(本人いる)

983:みさ:2015/04/25(土) 19:31 ID:IRo

あと20だお!

984:みさ:2015/04/25(土) 19:31 ID:IRo

うわ!
るーそれムカつかない?💢

985:Aki:2015/04/25(土) 19:32 ID:lbw

ほんとだ!

986:みユキノ:2015/04/25(土) 19:32 ID:IRo

きゃー!
あと20切った!

987:Aki:2015/04/25(土) 19:32 ID:lbw

はやい!

988:ユキノ:2015/04/25(土) 19:33 ID:IRo

なんか目をつぶってキーを叩いたら一個消すの忘れてた…。

989:Aki:2015/04/25(土) 19:33 ID:lbw

次誰がスレ作るの?

990:みさ:2015/04/25(土) 19:33 ID:IRo

どうする?!

991:みさ:2015/04/25(土) 19:34 ID:IRo

どうって作るの?

992:Aki:2015/04/25(土) 19:34 ID:lbw

私、作ろうか?

993:るー:2015/04/25(土) 19:34 ID:HNE

ムカつく! しかも私には兄が学校にいてその人の先輩だから私にだけ言ってこない!

994:Aki:2015/04/25(土) 19:34 ID:lbw

作り方しってるし、

995:ユキノ:2015/04/25(土) 19:34 ID:IRo

誰かできる?

996:Aki:2015/04/25(土) 19:35 ID:lbw

それはムカつく!

997:Aki:2015/04/25(土) 19:35 ID:lbw

私、します!

998:みさ:2015/04/25(土) 19:35 ID:IRo

Aki作ってもらえる?
なんか厄介ごと頼んでごめん

999:Aki:2015/04/25(土) 19:36 ID:lbw

わかった!作ってきます!

1000:るー:2015/04/25(土) 19:36 ID:HNE

Akiごめんねよろしくです!

1001:1001:Over 1000 Thread

このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててください。


書き込む 最新10 サイトマップ