ーカゲロウデイズーカノキド、セトマリ小説

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:花火:2015/06/26(金) 06:21 ID:Pas

如月あてんしょん!

*荒 ら し は 厳 禁 で す

*投稿された小説には必ず感想をお願い致します

*カノキド、セトマリ限定です

誰でも大歓迎!!

2:ノノ:2015/06/26(金) 23:19 ID:M.s

入ってもいいですか?

3:花火:2015/06/28(日) 07:31 ID:Pas

ノノさん)遅くなってごめんなさいっ
まだ見てくれてますかね…
ぜひ入って下さい‼

4:杏:2015/07/04(土) 20:27 ID:736

花火だ!!

5:めり〜 sage:2015/07/05(日) 16:53 ID:hKo

>>4

Waht!?

6:杏:2015/07/05(日) 18:07 ID:736

めり〜さん)花火とはちがうスレで友達の杏です☆

4はたしかに皆からしたら意味不ですもいね♪

7:花火:2015/07/06(月) 23:29 ID:Pas

な!!杏にバレた!!

8:花火:2015/07/07(火) 00:09 ID:Pas

人まだ少ないけど小説投下〜

カノキドです

彼女は激しく後悔した

その隣で彼女の様子を見る彼はクスクスと笑う

何故、こうなったか…

それはほんの数分前



「キドぉ」

彼はへなっと笑い、彼女に背後から腕をまわす

「何だよ?」

彼女はあからさまに不機嫌そうに彼を振り払う

「今さ、TVにキサラギちゃんが出てるんだけど見よーよー」

キサラギちゃんこと如月桃はメカクシ団団員No,5であり、アイドルでもある

その彼女が今、TVに出演中だと言うのだ

「キサラギ?んー…折角だから見るか」

少し、迷いながらも彼女は腰を下ろした

そして、冒頭に戻る

画面いっぱいに映るのは不気味な薄暗い場所

右上には『心霊特集』の文字

「なぁ…」

震える声で彼女は彼に話しかけた

「ん〜?」

彼はヘラヘラと笑いながら返事をする

「もう、チャンネルを変えないか?」

一瞬キョトンとした表情を浮かべた彼はしばらくするとニヤッと笑った

「キド…もしかして怖い?」

彼は知っててやっている

「そ、そんな訳ないだろ?」

ああ言えば彼女が強がることを

「じゃあ、良いじゃん。折角キサラギちゃん出てるんだから見よっ」

ぶっきらぼうにポケットに手を突っ込み、イヤホンをすると彼女はフードを目深に被り、目線を下に落とした

それを確認すると彼はクスクスと笑う

「…最高ww」

その時、デデーン!!

大きな音と共に画面いっぱいに血塗れの女の子の顔が映る

「ひぃあ…!!」

隣で小さな悲鳴が上がった

彼女はもう既に涙目になっている

「つぼみ…?大丈夫?」

予想以上の反応に彼は彼女の顔を除き込んだ

「…大丈夫じゃない」

当然の返事に彼は困ったように笑う

そして、何かを思いついた風にニヤッとすると両手を広げた

「つぼみ〜おいでっ」

彼女は最初は渋っていたが、あまりの怖さに正直に従う他ない

彼の膝の間にチョコンと座る

後ろからまわされた手に体温を感じ彼女は安堵した

「次は第一位!!どうぞっ」

画面の中のアイドルが両手を差し出せば、映像が再生される

あまりに可哀想な彼女に彼は笑いかけた

「つぼみ〜」

彼女が首を捻り、後ろを向いたところですかさず唇に噛みつく

「んんっ…」

横目で映像を確認し、終わると唇を離す

「怖くなかった?」

ニヤリと笑う彼

この直後に起こる悲劇も知らないで

彼女は彼を睨み付けると手を上げた

「死ね」

この後彼がどうなったかは知るまでもない

END

9:杏:2015/07/07(火) 07:36 ID:736

花火)途中まではすっごくラブラブなのに、最後あんなことをしたからカノ終わったね...♪

10:花火:2015/07/07(火) 22:34 ID:Pas

七夕無視してシリアスなの書きます


「お前が出ていった時点でメカクシ団は解散だ」

何で…だろう?

何で何も言わなかったんだろう?

「そっか…。じゃあ、行くね」

「ああ」

何で引き留めなかったんだろう?

淋しいって言えば、アイツは優しいからきっと側に居てくれた

行かないでって言えば、きっとアイツは笑って抱き締めてくれた

迷って迷って迷って迷って

出てきた言葉は

「じゃあ…な」

馬鹿か…

自分でも呆れた

素直じゃないにも程がある

今でも目を瞑れば

あの色素の薄い猫っ毛が

あのニヤニヤした気色の悪い顔が

あの優しく微笑んだときの顔が

あのたまに見せる哀しそうな顔が

あのペラペラとよく動く口元が

大好きだったあの

顔が、声が、髪が、目が、全部が

思い出せる

まだ耳に残る

「さよなら。つぼみ」

の声は俺の後悔を掻き立てた

失ってからじゃ遅い

…失ってから気づく愛しい人

END

11:杏:2015/07/07(火) 22:58 ID:736

花火)どうして!!どうして!
なんでキドも引き留めなかったの?なんでカノも出ていったの?
キドの素直じゃないのが表に出たね(悪い意味で)


書き込む 最新10 サイトマップ