リレー小説『絶対絶望勇士ダンガンロンパ』

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:かごめ◆qc takukoma@yahoo.ne.jp:2015/07/16(木) 21:31 ID:roE

ダンロンパロのリレー作りました!かごめです!
ついでにこれはウルダンが終わったあとですが…実はなぜかウルダンの方は終わってません!!
まあ気にせずに、このお話はリレー小説です。ダンロンパロ外伝です。ライダーと世界のトクサツキャラばっかです。あ、モノクマは出ますよ一応。
もちろんダンロンでお馴染みのキャラやカオダンでお世話になった子も出たりそうでなかったり。

あ、ついでに新キャラ↓


仮面ライダーツクヨミ
性別男 6月30日生まれ O型
かつてセーラームーンだった少年。仮面ライダーに改造されたものの、記憶は改造されてない。けど不安定なため、隠している。温厚で泣き虫だが心優しい慈愛の持ち主である。
実は隠れた人格、ジェノサイダー零というものを持つ。なぜか性格はどこかのウルトラ戦士の息子に似ているみたい
普通「えっと、ボクはどうすれば…」
零化「おいてめーら、俺様のチドロミフィーバーを最後まで見ていやがれよ!!」

2:かごめ◆qc takukoma@yahoo.ne.jp:2015/07/16(木) 21:59 ID:roE

登場人物紹介



ツルギ
CV:広瀬すず
改造人間の女の子で主人公。かつて超高校級の悪魔と呼ばれた剣城京介だったのだが、その悪を封印するために女の子として改造された。そのため記憶は消えたままである。改造人間を閉じ込めるトラックに監禁されたが、無事脱出。そしてモノクマ率いる超高校ならぬ超大学軍団に歯向かう。
強気で前向きな性格だがどこかナイーブな面を見せることも

仮面ライダーエターナル
CV:垣松あゆみ
どういうわけか、性別は男だが宿っている魂は女である謎の人物。つかみどころのない変人である。クリスタル聖教防衛隊に入ってるエリートで、トラックに閉じ込められたツルギとツクヨミを助ける。その後、二人と共にモノクマ軍団を止めるべく戦う。
しかしこの中身の人物、どっかの女性を思い出すみたいだ

地場衛
CV:野島健児
かつてエンディミオンという前世だった青年。20歳。実はツクヨミことセーラームーンを生き返らせようと改造したが、うっかりミスで魔法少年ライダーに改造してしまった。しかし復活したツクヨミに満足している様子。
真面目でしっかり者のお兄さんな存在で、同じく監禁された。力こそ無いが影で彼女たちを支援する

モノクマ
CV:大山のぶ代
希望ヶ峰学園…ではなく絶望ヶ丘大学の学園長。今度は超大学四天王を引き連れ、世界に絶望を撒き散らすつもりだ

3:かごめ◆qc takukoma@yahoo.ne.jp:2015/07/16(木) 22:20 ID:roE

登場人物紹介2



鎧甲勇士 ラヴァ
CV:違坂良太
『超大学級のミカエル』の称号を持つ大学生四天王のリーダー。前向きでリーダー気質がり、面倒見の良い性格だが個性すぎる仲間たちにひたすら苦労する。火を操る能力を持ち、これまでありとあらゆるものを燃やし尽くしたという

鎧甲勇士 トルネード
CV:花江夏樹
『超大学級のラファエル』という称号を持つ大学生四天王のひとり。物静かな雰囲気だが中身は残酷で発狂している。なのでいつも静かな声で冷たい言葉を呟く。実は二重人格で裏は完璧主義でないと落ち着かず、仲間であろうと邪魔するものは容赦しない。なお、彼は風を操るがより強力な台風も起こすほどらしい

鎧甲勇士 ツナミ
CV:保志総一朗
『超大学級のガブリエル』の称号の所持者である大学生四天王。いつも飄々しているムードメーカーで最後までやり抜き通すタイプの好青年。かなりのロリコンでもあり、巨乳よりつるぺたの方が良いとのこと。
水や冷気を操る程度の能力を持ち、これまで凍死させたり水没事故を起こしたり、さらにはえぐいのを我慢して冷凍解剖までやった

鎧甲勇士 クリフ
CV:代永翼
『超高校級のウリエル』の称号を持つ大学生四天王で最年少。見た目とは裏腹の子供でわがままな性格で気持ちが安定になったり不安定になったりする。口癖は『〜です』が特徴で実はヲタクキャラである。巨乳のキャラを嫌い、イケメンキャラを愛する変態でもある。
地を操れる能力で地震や植物を操ったが、宝石まで作れる

4:かごめ◆qc takukoma@yahoo.ne.jp:2015/07/17(金) 11:07 ID:roE

プロローグ『超大学級の死角』



それはそれは、波瀾万丈過ぎたお話である。

希望ヶ峰学園に入学を果たした少年は、突然目眩に襲われ、気がつくと学園の中にいました。

体育館に行くと、知らない顔の生徒たちがいた模様。

と、舞台の方にモノクマというクマみたいな生き物が現れました。

モノクマは学園長であり、彼は期限のない共同生活を生徒たちに与えました。

その学園から出る条件は以外にも殺すこと。

殺すことにたいしては問わなかったのです。

あれから次々と殺され、裁判まで行われ、クロが決まった生徒を処刑する…

もう絶望だらけの共同生活でした。

しかし、ついに黒幕を見つけた五人の生徒たちはついに黒幕を倒し、無事学園から出ることが出来ましたとさ。


めでたし、めでたし…






モノクマ「と思ったでしょ?

実はまだ終わってないんだよ。

村でコロシアイ生活をして絶望させてね、生徒の連中どもをゾクゾクさせたんだ。

ま、四人は脱出しちゃったんだけど。

はあ…切り札のビクトリー君もいなくなって退屈だよ…

でーも!

ボクにはまだあれがあるんだからね?

そう!ボクは今、絶望ヶ丘大学の学園長です!

そんなボクは大学四天王を率いり、絶望を全世界に撒き散らしにいきます!

こんなの…もう…

ドッキドキのワックワクだよ!!」

5:かごめ◆qc takukoma@yahoo.ne.jp:2015/07/17(金) 11:25 ID:roE

これは、コロシアイ村生活が終わった物語である…

ある一人の少女が目を覚ましていた。
冷たくて暗い場所にあるベッドで。

「うーん、ここは…」

彼女はツルギ。あの超高校級の悪魔と呼ばれた剣城京介の改造人間だった。が、それは悪夢を封印するために行われたことで記憶喪失なのだ。
ついでにだが、改造されてから二日も経っている。

ツルギ(私何してたんだろ…?というか、何この服?)

なぜかツルギは白いワンピースを着ている。誰が着せたのかわからなかった。

ツルギ「というか、何よここ…」

ツルギはベッドを降りて床に足をつけた。感覚は冷たくて少しべっとりしている。慣れのない動きでゆっくり出ようとした、その時。

「ひぃっ!?」

ツルギ「いたっ!」

何者かにぶつかってしまった。二人は顔を合わせたとたん…

「お、女…?」

ツルギ「ロボット…??」


「「な、なんじゃあんたはーーーー!!?」」

大きな声で同時に叫んだ。

「ひっ、ひぃぃ!?人間がなんでここにぃ!?」

ツルギ「わ、私は改造人間よ!…多分。」

「改造人間!?女の癖に…?」

ツルギ「女で何が悪いのよ。あたしはツルギ。というか、あなた誰?」

彼は緊張するような声で喋る。

「ぼ、僕は…セーラー…じゃなかった!
ツクヨミ、仮面ライダーツクヨミ…」

ツルギ「仮面ライダー?どっかで聞いたものね。」

ツクヨミ「あ、あんた…なんか悪魔のオーラが……」

悪魔のオーラを放ってると言うが、ツルギは覚えもなかった。なのでこう返す。

ツルギ「悪魔?何言ってるのよ。私はそんなんじゃないわ。」

ツクヨミ「げぇっ…!?違う…の、かよ…」

ツルギ「それより、なんであたし達がこんなところに…」

「君たちは改造されたものだからだ。」

ツクヨミ「ま、まもちゃん…!!」

と、背後から格好いい端正な顔立ちの男性が現れた。

ツルギ「まもちゃん?」

「ツクヨミはそう言ってるけどな。俺は地場衛。改造人間と共にここへ送られた。」

ツクヨミ「あ、ああ…ってどこだっけここ?」

衛「大型トラックの中だ。どうやら監禁されたな…」

ツクヨミ「か、監禁〜〜!!?」

6:かごめ◆qc takukoma@yahoo.ne.jp:2015/07/18(土) 10:52 ID:roE

その言葉にショックを受けるツクヨミ。ツルギも驚かざるもえなかった。

ツルギ「ウソでしょ!?」

衛「いや、本当だ。俺まで巻き込まれて監禁されてしまった。」

ツルギ「え、じゃあまだ改造人間はいるの?」

衛「さあな。わからない。」

ツクヨミ「ど、どうすんのよ〜!まもちゃん!僕たちどうすることも出来ないし!!」

衛「ツクヨミ…大丈夫だ。」

ツルギ「そ、そうよ!」

7:かごめ◆qc takukoma@yahoo.ne.jp:2015/07/18(土) 22:00 ID:roE

フェルさんきてー

8:獣神・フェルマータ◆5I hoge:2015/07/19(日) 15:58 ID:Y9Q

「おい、お前たちもここに監禁されたのか?」

ツクヨミ「?」

ツクヨミたちが振り返ると、そこには黒い髪に青いメッシュを入れた青年がいた。

ツルギ(わぁっ…、かっこいい…。)

青年は口を開く。

「俺たちが監禁された事には、何かしらの理由がある。まずはそれを突き止めるのが先だな。」

ツクヨミ「そ、そうだね…。」

衛「それより、お前の名前を教えてくれないか?」

「俺は竜神智夫だ。そこの二人と同じ改造人間でな。」

ツルギ「竜神智夫ね。覚えておくわ!」

智夫「俺は元々は竜神智子という女だった。だが改造されてこのトラックに監禁されてしまったのさ。言っておくが、お前達と馴れ合うつもりはないからな。」

衛「そうか…。」

9:かごめ◆qc takukoma@yahoo.ne.jp:2015/07/19(日) 18:22 ID:roE

その時だった。


ゴゴゴゴゴッ!!


トラックの外から突如衝撃音が鳴った。

ツルギ「きゃっ!何!?」

智夫「くっ…!」

ツクヨミ「ひ、ひえぇ!?なんかこわいよ!!」

ツクヨミは恐怖のあまり、衛に抱きつく。

衛「大丈夫だ!ツクヨミ!!」




一方、外では…



「Badgravry…ね、けど!!」

女性の声だろうか、白いライダーが謎の集団と戦っていた。

「この魔王バスター・仮面ライダーエターナルを甘くみちゃ困るわよ!!」

と、エターナルは専用のナイフを振り回しつつ、攻撃を繰り出す。

「何者か知らないが潰してやる!!」

エターナル「させないわ!ブラッディヘル!!」

と、技を出すエターナルに集団はあっというまにやられる。

エターナル「ネバーエンディングヘル!!」

強力な必殺技を放ち、フィニッシュ。集団は一瞬にして力尽きた。
そして、音だけしか気づけなかったツルギたちは…

ツルギ「な、なんかスゴい…」

智夫「一体なんなんだ…!?」

ツクヨミ「か、仮面ライダーエターナル…だよね?確か風都っていう街を支配しようとした…」

と、その時。トラックの壁を開ける音が耳に伝わった!

ツクヨミ「ひぃぃ〜!殺される〜!!」

衛「落ち着け。」

壁に大きな穴を開けた瞬間、エターナルが顔を出す。

エターナル「大丈夫かしら?」

ツルギ「あ、はい…」

ツクヨミ「ぎゃーっ!!殺さないで殺さないで殺さないでぇぇぇ!!」

エターナル「ちょっと、私は殺すつもりなんてないわよ!」

ツルギ「でも、何しに来たの?」

ツクヨミ「た、助けに来たとか…?」

エターナル「godgravry!もちろんよ!」

ツクヨミ「ぐっどぐれいぶりー?何言ってんのあんた…」

そう言われたエターナルは、自己紹介をする。

エターナル「私は仮面ライダーエターナル。魔王バスターよ!」

ツルギ「魔王バスター?」

エターナル「ええ、まずは重要なことを話さないとね!」

エターナルは改めて話をする。

10:かごめ◆qc takukoma@yahoo.ne.jp:2015/07/20(月) 11:41 ID:roE

話によるところ、彼女と肉体は別々のものだった。
そして、改造人間になったものは絶望ヶ丘大学の生き物として…
改造人間同士が殺し合いながら生活していこうとした。
それを操っているのが…

エターナル「絶望ヶ丘大学の学園長、モノクマよ。」

モノクマはかつて生徒たちを絶望へ墜とし、学園へ閉じ込めて殺し合いさせた最強最悪の生き物である。
陽気で楽しそうな言動を取るが、実際は残酷で非道な性格をしている。絶望させるのが好きで本人いわくドッキドキのワックワクであるということだ。

エターナル「ということよ。」

ツルギ「へぇ…なんか複雑ねぇ…」

ツクヨミ「モ、モノクマって怖いやつなの!?」

エターナル「もちろんよ。これまで生徒たちを弄んでやったわ。」

智夫「酷いな…」

エターナル「それより、ここは危険よ。まずは出ましょう。」

ツルギたちはトラックから飛び降りた。
外は少し明るく、夜も終わりが近い頃だった。

ツルギ「もう朝の五時ぐらいかしら。」

エターナル「そうみたいね。」

ツクヨミ「そそ、そんなことより…」

衛「急いで出るぞ!」

ツルギたちはその場を急いで離れていった。

11:かごめ◆qc takukoma@yahoo.ne.jp:2015/07/20(月) 19:50 ID:roE

登場人物紹介その3



竜神智夫
CV:神谷浩二
竜神智子が改造された姿。竜の力を使う能力を持つ

東郷夢々希
CV:木村良平
どこかの勇者の息子。無愛想でクールだが勇者に変身できるみたいだ

鹿目來夢
CV:山田和臣
マイペースで天然な循環の魔法少女の息子。かなりオヤジ臭い発言をする

葛葉ルナ
CV:小清水亜美
現役イラストレーターの不良少女。実は鎧武の娘だが本人は恥ずかしいと思っているとか

氷川アキラ
CV:入野自由
亡きキュアフォーチュンの息子であり、母親の仇を打つために戦う

鎧甲勇士 アトラス
CV:豊口めぐみ
超大学級という称号はない。なんか知らないがどこかの絶望のギャルを思わせる口調と性格をしているが本人いわく性別は無いとのこと。

12:匿名さん:2015/08/06(木) 12:43 ID:Fmg

またゴミ見つけた

13:匿名希望 sage:2015/08/06(木) 12:52 ID:29Q

フェラ股さんとのレズセックスマダー?


書き込む 最新10 サイトマップ