まぁーなんでもいいよね。

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 13:58 ID:WNs


うん.二次創作ならなんでもいいよね.
はい、てことでhola!知名度が低すぎるびじ(仮)です.

文才力ないですw更新おそっ

皆様みたいに甘くてキュンキュンする小説が書けないんですよ(裏なら書けるんだと思うけどなー)

よきかな、よきかな。
   

2:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 14:11 ID:WNs


独り言板での

ここはPCの世界。
僕、鏡音レンとリンはここに住み着いてるんだ。

『レェ〜ン』
リンの白くて大きなリボンがブァッサブァッサと揺らいだ。

『なんだい?リン』
『あのね、レンはリンのこと好き?』



『///!!!』
突然の彼女の問いに僕は顔を凍らせた…。
だって彼女は彼女ではなく彼だから、そう彼はリンではなくkaitoだった…。

『ねぇーねぇー!レンどうなのぉ〜?』

(ここから文才力の無さに注目してほしい)

どうやらバkaitoは、僕がお前のことをリンじゃないとわかっていることに気がついていないらしい。

終わり

3:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 14:28 ID:WNs

続いたよ

僕は多分死んだ魚の目をしているとおもう。

『レン〜、どうなのさぁぁ♡』
kaitoはしつこく聞いてくる。
しょうがない…、言ってやるよ。

『好きだよ。』

kaitoは今にも目玉が飛び出しそうなほど目を大きく見開いた。

『レンきゅん! likeのほう?それともlove?!もちloveだよね?きゃー!』 
『ううんlike。』

『え』
kaitoの顔が一瞬だけsadだった…のは見なかったことにしよう、と僕はおもった。

『どーして?ねぇ?どーして!リン(kaito)のことloveじゃないの!うわぁぁ〜ん!』

彼女(彼)は泣いた。泣き顔が男だ。汚い。

   

4:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 14:42 ID:WNs

まだ続いた

イヤだ…きもい…ナニコレ、完全にBL状態じゃね?と僕は怒りらしいナニかがこみ上げてきた。

ふぅ…。

『リン(kaito)よく聞いて?』
僕はリン(kaito)の頭を優しく撫でた。
本当は頭を鷲掴みにしたい、顔面を地面にぶっつけたい…。

『ふぇ?』
リン(kaito)は可愛らしい返事をした。

『僕はね好きな人がいるんだ…それもloveのやつ』

『えっぇっ〜誰!』
リン(kaito)は失望に満ちた顔をした。

『だっ誰ょ、誰なのよ!はっやく答えなさいよぉぉぉ゛!!!』
リン(kaito)が僕の両腕を力いっぱいに掴んできた。痛い。

『バナナ』
僕は答えた。

『あっそうですか』
リン(kaito)は唖然とした顔でそう答えた。

終わり

5:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 14:54 ID:WNs

短い続き
ボカロが得意かもしれない…!
と僕は思った。

6:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 15:01 ID:WNs

鏡音で小説書くの楽しい

「「私(僕)たちはact1 ! 」」

「「僕(私)たちはact2!」」

「「「「4人合わせてact12(トゥエルブ)!」」」」

7:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 15:08 ID:WNs


kaito「わっあぁー!同じ男の顔2人と同じ女の顔2人ー!いる」

初音ミク「きもっっっ」 

巡音ルカ「fuck of dude.」

meika「まぁまぁ、同じ顔がいっぱいあっていいじゃないの〜」

なーんだこれ

8:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 15:10 ID:WNs

>>7
凡ミス
meiko○
meika×

9:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 15:11 ID:WNs


baby

10:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 15:13 ID:WNs



恋愛小説書けないのが現状。

11:ゆもん♪:2015/12/28(月) 15:18 ID:F8M

頑張って!

12:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 15:27 ID:WNs


>>11
わわわわたしにいってるんでですか?ありがとう…ございやす

(thank you.!…いやここはthanks!)

13:ゆもん♪ :2015/12/28(月) 15:32 ID:F8M

びじ
ファイト!応援してるよ!

14:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 15:33 ID:WNs



どうでもいいけど>>2のやつ本当は恋愛小説にしようとしたけど難しいから諦めてあーなった

15:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 15:34 ID:WNs

>>13
ありがとう(`・ω・)

16:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 16:02 ID:WNs

学パロ
gumi→宮実。14歳設定
がくぽ→学歩

ぐっさん、恋する


ナレーター:ある日のこと、一人の少女がパンをくわえながら走っていた。

「あーん、遅刻、遅刻ぅ!」
わっわたし宮実(ぐみ)、14歳!思春期真っ直中よ!
えっ?うん?うん、なんで急いでるかって?
そりゃ遅刻したからに決まってるでしょ☆

「ああ゛-やばいよぉぉぉ、どうしよぉ!運動場10周走らなきゃだよ〜><」

ナレーター:彼女が焦っていたそのとき…。

ドンッ

「きゃっ」

ナレーター:人がぶつかってきた。

「ヒヒーン!(すまん!)」

ナレーター:ぶつかってきたのは人ではなく馬だった。

「う?馬、馬だ…」
(馬だぁぁぁ?!!)

ナレーター:宮実は心の中で叫んだ。

「あああ、ごめんなさいでござる!」

ナレーター:一人の男性の声が聞こえた。

「?」

17:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 16:11 ID:WNs

続き

「怪我はないでござるか?」

「あっはっはい…」
なにこの人イケメン…付き合いたい。

ナレーター:宮実は馬男に恋した…らしい。

よしっとりま名前でも聞くか!
「あのー、あなた様の名前を教えていただけたら私嬉しいです。」

ナレーター:宮実は緊張のあまり日本語がおかしくなった。

「学ぶに歩くで学歩(がくぽ)でござる」

「がっがっくぽさんですね!はい!私、宮実!よろしくさん!」

「…よろしくでごさる?」

ナレーター:学歩は変な人だなぁとおもいながら宜しくの言葉を交わした。

18:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 16:21 ID:WNs

続いた

私リア充可能じゃね?

ナレーター:宮実は頭がおかしくなった。そのとき…

「がっくぅ〜ん♡」

ナレーター:可愛らしい声が遠くから聞こえてきた。

「初音殿!」

ナレーター:彼の顔が明るくなったのを宮実は見逃さなかった。

「もーがっくん、探したんだから!」

「すまぬ、初音殿…その財布を家に忘れてな」

ナレーター:宮実は二人の会話のやり取りを呆然と見つめていた。

誰?この人めっちゃ可愛い…。
「学歩さんこの方は…?」

「嗚呼、紹介するでござる この方は初音 美紅でござる」

「がっくんの“かのじょ”よ♡フフフ、ヨロシク☆」

「初音殿ぉ///」

19:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 16:32 ID:WNs

続いてる

ナレーター:宮実は美紅の“かのじょ”という言葉になにかが…終わりの鐘を告げた…ような気がした。

「では、宮実殿 拙者達はそろそろ…「あっはいsee you again!」

ナレーター:宮実は学歩の話を遮った。

「では、シーユーアゲインでござる」

ナレーター:学歩カップルは帰った。一方宮実は一人でアホ面で歩いていた。

「はっ…そーいえば学校…」

ナレーター:宮実の恋はわずか数分で終わった。

(何故こうなった)

20:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 16:39 ID:WNs



恋しないと恋愛ものは書けないね

21:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 16:45 ID:WNs



今更だけどミクの性格が悪っ
もっと可愛くしないと

22:びじ◆Vio:2015/12/28(月) 17:14 ID:WNs

キャラ台詞の前に名前書く
今剣「みなさんでかくれんぼしましょうよ!」
↑な感じ↑


書き込む 最新10 サイトマップ