【 黒子のバスケ + ハイキュー + カゲプロ + a 】〜 恋愛あり小説 〜 <3L>

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:憂◆uw:2015/12/31(木) 08:57 ID:SJ6


コメント&感想ください!

題名にあるアニメを好きな人!是非話しましょう!

“+a”はもしかしたら書くかもと言うことでのせておきました。

ではでは!スタートします!!

2:憂◆uw:2015/12/31(木) 18:34 ID:SJ6

早速ですが、+aを入れて書きます!
せっかくなので名前つけましょう。
…【相生 葵(aoi aioi)】と言う女の子でいきます!
変な感じになるかもしれないけど、『全員が同じ学校に通っている』って設定にします!
年齢に合わせて中等部とか高等部とかつけるので多分いけるかな…
頑張ります!ではスタート!!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

4月。桜が満開を迎え、散り始める頃。今日!入学式を迎える!!
中学の過程をクリアし高校へと上がる。この学校は私立だ。所謂エスカレーターと呼ばれるものもある。だから、初等部、中等部、高等部、そして大学。
私は途中参加だから知ってる子はいない。

葵『………友達出来るかな…。』

内心結構ヤバかった。

大きい建物。すべてがキラキラ輝いているように見えた。
朝の教室。私は10組あるうちの9番目。8.9は特進クラス。10は英語科。

正直勉強についていけるか心配していた。
誰もいない教室で私は本を開く。静かで心が休まる。
すると静かに扉が開いた。
赤司『…おはようございます。』
葵『…あ、お…はようございます…』
挨拶を返すとそのままスタスタと歩いていき、自分の席に座った。
葵(…美形の人…落ち着いているし、モテるんだろうなぁ…)
なんて考えていたら時間は8:00を過ぎていた。8:00を過ぎると人がだんだん集まってきた。

朝の会。出席番号順に2人ずつ日直。まさかの一番…そして二番は___

赤司『よろしくお願いします。相生さん。』
葵『よ、よろしくお願いします…赤司君…』
…赤司征十郎君だった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
続きます!

3:憂◆aU:2015/12/31(木) 19:53 ID:SJ6

トリップ違うけど私です!
続き書きます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

赤司『見ない顔だな。中等部卒業か?』
葵『え!?あ、えぇと…ここの中等部卒業じゃないです…』
赤司『そうか。俺は__』
葵『赤司征十郎君、ですよね。初めて見たときびっくりしました。噂で聞いていますよ。』
赤司『そうか…改めてよろしく。』
葵『相生葵です。よろしくお願いします』

初日にして。早くも友達が出来ました!


__お昼休み____

赤司『せっかくだ。僕の友達を紹介するよ。』
赤司君はそういうと屋上に向かって歩き始めた。私はそのあとをついていった。
そこにいたのは、カラフルな人達だった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
短いですが、ちょっと休憩入ります!続きます!

4:憂◆aU:2015/12/31(木) 21:16 ID:SJ6

ちょっと気持ち悪かったのが落ち着いたので書きます!

あと、諸事情により、灰崎君は多分登場しないと思われます。すみません。多分です、登場するかもしれませんが…
では続きスタート!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

目の前にいた人達はカラフルな人達。
右から青い人、水色の人、緑の人、黄色の人、紫色の人。
赤司『じゃあ、右から。青峰、黒子緑間、黄瀬、紫原だ。』
青峰『よろしく』
黒子『よろしくお願いします』
緑間『よろしくなのだよ』
黄瀬『よろしくっス!』
紫原『よろしくね〜』
葵『よ、よろしくお願いします…』

みんな大きくて怖かった← でも優しいそうな人もいた。仲良くなれるといいな。

__部活の時間_____

葵『何部に入ろうかなぁ…』

実はまだ、何部に入るか決めていない。この学校は掛け持ちOKらしいからできるならたくさんやりたいよね。
黒子『あの、相生さん。』
葵『…え…うわぁぁっ!?』
いきなり姿を現すもんだから驚いた。
葵『い、いつから…?』
黒子『部活の時間になってからずっとです。』
影薄過ぎ!!気づかなかった。
黒子『…言おうと思ってたんです。掛け持ちOKならバスケ部のマネージャーしませんか?』
ここのバスケ部は強豪で有名な部だ。この学校だけで少なくとも6チームは出場している。どれも上位を争っている。
葵(そんな強いバスケ部のマネージャーになんかなっていいのかな…?)
そんな風に思っていたら黒子君が口を開いた。
黒子『大丈夫ですよ。相生さんは絶対に何か持っていると思いますから。』

優しく微笑むと私の腕を引っ張った

黒子『行きましょう。きっと楽しいですよ。』

私はその言葉を信じることにした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

続きます!

5:憂◆aU:2016/01/01(金) 00:44 ID:SJ6

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
m(-_-)m
では!新年が始まって初の小説!書きます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

黒子君が走るから私はもう体力がない。ハァハァと息切れしながらも第一体育館についた。そこにはなんと大きい人達がたくさんいた。
赤司『どうしたんだい?相生。』
葵『あ、え…と………』
黒子『バスケ部のマネージャーやりたいそうです。』
言いにくそうにしていると、さらっと隣で黒子君が言った。
赤司『そうか。いろいろ大変でやめる人多いけど、頑張れるかい?』
葵『あ、が…頑張りますっ…!』
出来るだけ大きな声で言った(つもり)。
赤司『よし。じゃあこれを。』
赤司君が渡したものは入部届け。白い紙。私はその紙に名前と部活名を書くと早速仕事ができた。
赤司『早速だが、ここにいるやつの分の飲み物を作ってきてくれ。わからないことがあったら桃井に聞け。』

飲み物…どうやって?いや、全員!?
まず、作り方がわからない。教えてもらおうと桃井さんのところへ駆け寄った。(※そのうちに男子は集められ、新しいマネージャーのことは話された。)
葵『あ、あの!ここのマネージャーをすることになりました!相生葵ですっ!よ、よろしくお願いします!!』
と全力で言い頭を下げると桃井さんはすごく嬉しそうな顔になった。
桃井『え!本当に!?ありがとう!人数少ないと大変でね、』
ニコッと笑って話しかけてくれた。とても親切な人だった。
桃井『じゃあ、早速ドリンク作ろっか!』
葵『は、はいっ!』

思っていたより作り方は簡単だった。ただボトルに水を入れて、粉を入れて振るだけ…。なんともあっさりしていた。
桃井『じゃあ、これ。あっちのチームに渡して来てもらえる?』
葵『あ、わかりました…!』
ドリンクを持って全力ダッシュ!結構重かった。
葵『ド、ドリンクですっ…!』
と言って声をかけたチームは【陽泉】。
氷室『あ、君が新しいマネージャーさんだね!』
紫原『うわぁ〜、ちっさい〜←』
福井『ありがとな、その辺置いといて!』
葵『あ、はいっ…!』
ドリンクおいてまた貰いにいき、配って貰いにいきを繰り返してやっと全員に配り終えた。疲れた。
桃井『今日はこのくらいでいいよ。また明日お願いね!』
そういって今日の部活の時間は終わった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

続きます!

6:憂◆aU:2016/01/01(金) 20:09 ID:SJ6

眠い〜…でも頑張って書く!いきまーす!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

___翌日_

葵『……ふぁぁ…眠い…』

昨日は課題が多すぎてほとんど眠れなかった。おかげで寝不足…トホホ…。
やっぱ特進クラスは大変だ…。
赤司『…大丈夫か?相生。』
葵『…大丈夫です……赤司君…。』
赤司『全然大丈夫そうに見えないね』
あぁ、なんかクラクラしてきた。視界が暗く…暗く…___。


…キーンコーンカーンコーン♪
チャイムの音で目を覚ます。今は何時だろう。
赤司『起きたか。もう昼食の時間だぞ。』
葵『…赤司君……なんでここに…?』
赤司『昼休みに様子を見に来たんだ。随分疲れていたんだな。』
約5時間寝てしまったらしい。私としたことが、まさか入学後2日目でいきなりバテるとか。ありえない。このままじゃついていけない…。
赤司『相生。勉強は得意か?』
葵『出来ない訳じゃないですけど、得意じゃないですね。効率悪いので人の何十倍も勉強しないと出来ないので…』
赤司『無理はよくない。せっかくだから僕達の勉強会に参加するといいよ。』
バスケ部では、赤点をとったら試合に参加出来ないらしく、テスト前だけでなく、休日に集まって勉強しているらしい。
葵『…参加してもいいのなら…』
赤司『と言うか、絶対に赤点を取らない自信のある者しか参加拒否をさせないからね。』
にっこりと笑うその笑顔は悪魔が宿っているように見えた。
葵『参加させていただきます…』

___部活__

赤司『明日は連休に入る。そのため1年生は勉強会を開く。赤点を取らない自信があるやつは、参加しなくても良い。
僕の家で行う。時間は8:00からだ。せっかくの連休だから泊まるといい。着替えなど必要な物は各自持ってくるように。    以上。』

意外と楽しそうになりそうです!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

変な感じ…!でも、頑張って書きますね!
続きます!

7:憂◆aU:2016/01/01(金) 21:02 ID:SJ6

では!勉強会編を書きます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

葵『こ、ここ?』

今、あまりにも大きすぎる建物を目の当たりにして固まっている。
葵( みんな来てるのかな…? )
そんなことを考えながらとりあえずインターホンを鳴らす。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

音がなると扉が開いた。どこからか声も聞こえてくる。
赤司『やぁ、よく来たね。みんなもう来ているよ。』
そう言われるもんだから少し早足で中へと急いだ。途中迷ったけど…←

葵『お、おはようございます…』
赤司『おはよう。』
目の前にはとても広い部屋と大きなテレビ。ソファーに山積みの…お菓子?
紫原『赤ちん、お菓子食べたい…』
赤司『まだだ。勉強が先。』
その言葉にピシッとなり、みんな気が引き締まった。

そして始まった。……しかし、全く勉強せず絵を描き始める者、スラスラと解いていく者、わからず嘆いている者。人それぞれだが、私は嘆いている。
特進クラスの勉強は難し過ぎる。全然わからない。
赤司『…相生。全くペンが動いていないようだが…?』
葵『…さ、サボってる訳じゃないよっ!?ただ、わからなくて…』
赤司『…どれがわからないんだ?』
すると私の隣に来て問題を覗き込んできた。すごく近い。近い。近い!!!
赤司『あぁ、これか。応用は少し難しいよな。』
葵『…え?これ、応用なの?』
赤司『………え?』
応用と言うことすら全く気がつかなかった。どうりで難しいわけだ。
赤司『…これはな、こうやって……』
スラスラとペンを動かしてわかりやすく説明してくれた。
葵『…あ、あぁ…あぁっ!』
とてもすんなり入ってきた。よくわかった。他のわからない問題も教えてもらえて、とてもいい4時間が過ぎ、昼食の時間。
赤司『さぁ、好きなだけ食べてくれ』
目の前には豪華な手料理。すごく美味しそう。
みんなパクパクと箸が進み、昼食の時間は終わった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

続きます!

8:黒崎憂◆aU:2016/01/02(土) 08:07 ID:SJ6

なんかカゲプロとハイキュー全然出てないですね。勉強会編が終わったら書きます!
では、続き書きますっ!!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

午後。眠そうにしている人や携帯をいじるもの、さらに食べ物を食べるもの。みんな自由だと思う。
赤司『午後の時間は勉強しても遊んでも自由にする。』
全-赤司『うぉぉっ!!!!』
みんなが叫ぶと私はビクッとした。私的には勉強会をしに来たんだから勉強しないと。(真面目w)
葵『…ん〜………』
相変わらず悩んでいた。
葵(国語意味わかんないよ… )
そんなことを考えながらもとりあえず解く。答えあわせをすると見事に全問不正解。
葵『…はぁ……』
思わずため息をついた。するど青峰君と黄瀬君が近づいてきた。
青峰『なぁ、勉強してねぇで遊ぼうぜ。』
黄瀬『大丈夫ッスよ!勉強してるのあの二人だけっスから。』
チラッと見ると赤司君と緑間君しか勉強をしていなかった。なら、いいかな。
葵『…何して遊ぶ?』
青峰『バスケ』←
黄瀬『あ、鬼ごっこでもいいっスよ』
葵『遊びが決まったら呼んでね』
そういうと二人は他の男子達のところに行き、何をするか相談していた。
高尾『女子もできるゲームっつったら鬼ごっこしかなくね?wバスケ無理っしょww』
黒子『でも、足遅い人。どうするんですか?』
紫原『ケイドロみたいな感じで捕まっても復活可能にすればいいじゃん〜』
火神『そうだな、それならいけるだろ。』
決まったようで、青峰が伝えにくる。
青峰『ケイドロするってよ。』
葵『わかった。』
青峰『赤司!ケイドロしてもいい場所ってあるか?』
赤司『僕の家の敷地内全部にすればいいんじゃないか?家の中でも、外でも』
それを聞くとみんなは青峰に近づいてきた。グループはこうなった。 
  
泥棒      警察
黒子      火神
青峰      黄瀬
紫原      高尾
降旗(←漢字違うかも)

桃井

インターホンが鳴る。そしてまさかの高尾が先輩達も呼んだのかみんないた。先輩達のグループ。

泥棒       警察
森山       笠松
早川       小堀(←漢字〃)
中村       氷室
福井       劉
日向       伊月(←〃)
木吉(〃)     水戸部

(まぁ、あとは適当に♪)

そしてゲームが始まった。

9:キド◆uw:2016/01/03(日) 23:06 ID:SJ6

短いですが書きます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

今現在。逃走中。警察から逃げている。近くには誰もいない。恐怖と追われる恐怖の二重連鎖。最悪。
ブルブル震えていると後ろからポンと肩を叩かれた。
葵『…ひゃっ…!?』
ビクッとして後ろを振り返ると片目の隠れたお兄さんがニコッとしていた。
氷室『捕まえた♪』
葵『あ…警察の……』
牢屋に連行されているときも腕をつかんでいた。
氷室『ケイドロって捕まえたら掴んだまま連れていかなきゃ駄目なんだって』
心を読んだかのようにスラスラと説明をしてくれた。その説明の返答は
葵『…そうなんですか…』
しか返せなかった。
牢屋にはまだ誰もいなかった。氷室さんと二人きり。恐怖でも二人きりでもドキドキしていた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

続きます!


書き込む 最新10 サイトマップ