ボカロ一家 小説

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:moka:2016/02/12(金) 20:47 ID:zj2

初めましてこんにちは、mokaです(=゚ω゚)ノ
ボカロの小説かきます!

はじめてなので、いろいろと可笑しいところがあるかも。
ボカロ達が家族っていう設定になってます(-_-メ)
アドバイスとかくれるとありがたいです

それでは、始めます!

2:moka:2016/02/12(金) 20:53 ID:zj2

☆登場人物☆
初音ミク 16歳
鏡音レン 14歳
鏡音リン 14歳
メイコ 20歳
カイト 18歳


これはゲキド市に住んでる、とあるボカロ一家の話−−・・・

3:moka:2016/02/16(火) 23:25 ID:nrg

私、初音ミク
電子の歌姫と呼ばれているけど
正直リンちゃんや、メイコさんの方が“歌姫”にふさわしいと思う
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーー
....

「ミク姉ぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」
とリンちゃんが言いながら、だきしめてきた
「ひゃっっ」
あまりに突然だつたので、変な声になってしう///
もー、リンちゃんったら〜!
「ミク姉どうしたの?ボーっとして」

なんだか私最近ボーっとしてる時が多い気がする•••
どうしたんだろ、疲れてるのかな?

4:moka:2016/02/17(水) 00:19 ID:nrg

「まあまあ、ミク今日はネギ料理だから、シャキッとしな!」
と、メイコさんが言う
「ほ、本当〜!!やったああああ」
ネギは私の大好物。
でも、ネギ臭くなるからってあまり作ってくれないのに!今日は運がいいな

カイト「ミクは単純だなぁ〜」プププ
メイコ「あ、今日のデザートアイスだけどカイトはたべないの?」
カイト「え!?本当!食べる〜!」
リン「ミク姉より、カイ兄の方が単純じゃん!ww」

にぎやかなボカロ家、さっき考えてたことが、どうでもよくなってしまう

そんななか、レン君が帰ってきた。
「ただいま〜」

5:moka:2016/02/17(水) 19:09 ID:Vlg

「お帰りレン!」
と、リンちゃんはレン君に飛び込んだ
「リン止めろよ。冬なのに暑苦しいだろ」
なんて言ってるレン君だけど、顔は赤い
照れてるんだと思う。

 (・・・・・・・・)

なんだろう、またこの気持ちだ
もやもやしていて、少しチクっとする。

分からないまま、リンちゃんとレン君の所にかけよった。

「レン君お疲れさま。レン君の大好きなバナナアイス買ってきたから、後で食べようね」
そう、さっきみんなのためにアイスを買っておいたんだ!
「ありがと」
レン君は、笑って言った。
そう言われると、やっぱりうれしい

「さあ、ご飯だよ!!」
メイコさんの手作りネギ料理!!
お、おいしそう


『『いただきます!』』


書き込む 最新10 サイトマップ