探偵チームkz事件ノート  好きな人は、きてねー!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:みやこ:2016/02/20(土) 14:51 ID:QUg

ここは、探偵チームkz事件ノートが好きな人が集まる場所です!
恋やファンタジーなどなど・・・どんなジャンルでもokです!雑談もokですよ!


「ルール」
・荒らしが来たら無視をしてくださいね。
・なりすましが来たらIDをチェックします。IDが、違った時点でなりすましと思いますのでご了承ください。
・皆が楽しめるようにしましょう!

 一応スレ主ですが、1週間に1回くらいしか来れないので、来てくれた皆さんは、勝手入ってくれていいです!
 
 それでわ、スタート!

2:みやこ:2016/02/20(土) 15:18 ID:QUg

自己紹介を忘れていました・・・・
京都に在住のみやこです!
中学1年生で吹奏楽部に入っています!楽器は、トロンボーンです。
お姉ちゃんが1人と妹が1人弟が1人この妹と弟は、双子ちゃんで超かわいいんです!お姉ちゃんも美人で自慢の兄弟です!

3:みやこ:2016/02/20(土) 15:36 ID:QUg

皆さんが来てくれても、いまからお返事が書けなくなります・・・また来れるときにきます!またね!

4:さくら:2016/02/20(土) 16:34 ID:QUg

ちょっと打ち間違えがあったので、訂正します・・・京都じゃなくて岡山県です!すいません!

5:ドロップ:2016/02/23(火) 19:26 ID:Jr.

ドロップ 小6です
はいってもいいですか?

6:さくら:2016/02/27(土) 13:22 ID:QUg

返信ができずすいません・・・
ドッロプさん、どうぞおはいりください!
私は、ため口と呼び捨てオッケーです。

7:ミカン◆rE:2016/03/06(日) 23:13 ID:IRo


初めまして、ミカンです。
他の人より知識は少ないですが、アニメを見て、好きになりました!
こんなミカンですが、入っていいですか?

*プロフィール*

神奈川県に住む中2の女です!
ため、呼び捨て、全然OKです!時々、名前が「みさ」に変わったりするかもしれませんが、私です!
あと、時々出かけてて親のスマホからインターネットつないでIDが変わるかもしれませんが、ドロップで私だとわかると思います!

よろしくおねがいします!

8:ミカン◆rE:2016/03/07(月) 14:55 ID:IRo


私的には、上杉君が好きです!

9:ミカン◆rE:2016/03/07(月) 19:20 ID:IRo



私今頑張って小説書いてます!
人に見せられるようなものが完成したら、ぜひ見てね。

10:ゆい:2016/04/07(木) 09:04 ID:HeM

こんにちは。ゆいと言います!
入れさせてもらってもいいでしょうか?

11:ゆい:2016/04/07(木) 10:20 ID:HeM

明日入学式のピカピカの中1です。

12:みやこ:2016/04/09(土) 14:14 ID:QUg

返信遅くなってすみません!
ゆいさんどうぞどうぞお入りくださいませ!
一応スレ主ですが、あまりこれません・・・・次来るときは小説書きますね!

13:ミカン◆rE GRAY:2016/04/10(日) 01:21 ID:IRo


ゆいさんはじめまして!

ミカン(またはみさ)と言います!

よろしくお願いしますね!!

14:ゆい:2016/04/10(日) 09:33 ID:HeM

みやこさん、ミカンさん、よろしくお願いします!
私は上杉くんおしです❤

15:みさ◆gQ GRAY:2016/04/10(日) 18:54 ID:IRo


わかります!

でも、小塚君もいいなーって感じです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

16:みやこ:2016/04/16(土) 14:11 ID:QUg

お久でーす!ミカンさん!ごあいさつを忘れていました! 
ようこそですっ!じゃんじゃん小説を書いてください!

17:みやこ:2016/04/16(土) 14:19 ID:QUg

〜やきもちは知っている〜
 私、立花彩。中学2年。通称アーヤは、今イライラしている。
「……若武、だれその子……」
私は指をさして言った。
「ああ、こいつは…」
「初めましてっ!若武の彼女さんっ!」
イラッ…
「なんでデートなのに他の女の子いるの〜〜〜!!」
私の大絶叫が響き渡った。

18:みやこ:2016/04/16(土) 14:21 ID:QUg

今回の小説はアーヤと若武が付き合ってる設定でっす!
オリキャラが出てきます!ひまがあればまた書きますっ!

19:みやこ:2016/04/16(土) 14:38 ID:QUg

ちなみに私はリクエストをもらわないがぎり、恋愛ネタを書きます!
恋に飢えてるので……(笑)
ちなみに、2・5次元では、Hey!Say!Junpの伊野尾慧君が好きです!メレンゲの気持ちとか、めざましテレビの木曜日のレギュラーになるなど、最近すごく話題のアイドルです!ちなみにファンになったのは、5年前からです!

20:みさ◆gQ GRAY:2016/04/17(日) 19:26 ID:IRo


みやこさん、改めて、初めまして、よろしくお願いします。

面白いですね!!

私も暇があったら書いていいですか?

ちなみに設定は、『若武、上杉、黒木、小塚がみんなアーヤに恋してるっていう設定です!

21:ミカン◆rE GRAY:2016/04/17(日) 19:38 ID:IRo


ごめんなさい、今の私です。

22:みやこ:2016/04/23(土) 13:36 ID:QUg

〜やきもちは知っている〜
「えっとぉ、私、松岡ちなみって言いますっ!」
別にあなたの自己紹介なんて聞きたくないしっ!
「そうかっかするな。アーヤだって前のデートの時、美門がついてきただろ。」
「そうだけど……あれは翼がかってについてきただけって言ったでしょ!」
「若武の彼女さん…浮気ですかぁ?さいてーですね…」
あなたには関係ないしっ!
「もう今日は帰る!じゃあねっ!」
最っ低!バカ武!

23:みやこ:2016/04/23(土) 13:39 ID:QUg

動でしょうか…
あ、あと関係ない話なんですけど、吹奏楽部に1年生が12人入りましたっ!いぇーい!
以上報告でした!

24:みさ◆gQ GRAY:2016/04/24(日) 20:55 ID:IRo


私も関係ない話をします。

昨日団体で準優勝、今日個人で、三位になりました。


私も書きます。


〜星空は知っている〜


【立花side】


中学に入ってからの夏休みのことでした。


「あーあ、つまんないなぁ」

もう、皆からも連絡がこないし…用済みなのかな…。

…プルルルルル

「はい、立花です」

誰からだろ、面倒くさいな。

「あ、アーヤ?」

この声…。

「俺!若武だけど!今度の土曜日開いてるか?」

「え、ちょっと待って…」

そういって、一度受話器を置いて、カレンダーを見るように装う。

だってわかってるもん。

「うん、あのさ…」

開いてるって。

だからわざとトーンを低くするの。

するとね…。

「駄目か?」

しゅんとした声が返ってくるの。

「私ダメなんて言った?もちろん開いてるよ!」

「本当か?じゃあ、後でまた詳しいことは連絡する」

受話器をもとの位置へ戻す。

…。

わーいわーい!!

やったぁ、皆でまた遊べるんだ!!

何しようかな…。


そう、つまんないはずの夏休みを変えたのは、夏休みに入ってすぐの一本の電話からでした。


続く

25:ゆい:2016/04/27(水) 18:49 ID:HeM

みささんのおもしろいです!
続きがたのしみですね🎵

26:みさ◆gQ GRAY:2016/04/28(木) 19:55 ID:IRo


ゆいさん、ありがとうございます!!

でも、いろんな人に比べたら、まだまだ全然…。

27:みさ◆gQ GRAY:2016/05/08(日) 23:47 ID:IRo


〜星空は知っている〜

【小塚side】


「はぁ、ハァ…」

や、やっぱりもっと早く出ればよかった…。

でも、若武が…。



今朝

『小塚?』

「うん、僕だけどどうしたの若武?」

『実は今度Kzで、出かける!!』

「うん忙しいから…」

『アーヤも来るぜ?』

「うん、何時から?」

『ハハハハ!!』

「何がおかしいんだよ」

『みんなアーヤの名前ダスト、来るんだ!!』

「そーゆうお前だって、アーヤに最初電話したりして、来なかったらやらなかったんだろう」

『…』

図星か…。

「と、とにかく2時からだぜ!アーヤも来るから!!』

それだけ言うと、切れた。

2時ね、2時。今何時かな?

振り返ると、そこには1時50分ほどをさした時計が待ち構えていた。

…。

「ちょっと出かけてくる!!」




はぁー。

若武、もうちょっと人のこと考えてくれよ…。

「ハァ、ハァ…。着いた」

でも、いつ見ても大きいな…。


アーヤもうついてるのかな?

コンコン

ドアをたたくと、若武の声が聞こえた。

ドアを開けると、いつも見る顔にそろって、一番見たかった顔を見つけた。

「久しぶり、アーヤ」

「小塚君久ぶり!」

そういって、アーヤはにっこり微笑んだ。

28:夜空北斗星◆ls:2016/05/22(日) 13:10 ID:AAc

夜空北斗星です!入っていいですか?
タメ、呼び捨てOKです!
上杉君大好きな中学2年生です

時々、ID変わります。トリップをつけているので、そっちで本物かどうか確認して下さい。

29:なつき:2016/05/23(月) 19:59 ID:Q6o

すみません、入っていいですか?
探偵チームカッズ事件ノートがすごく好きで自分で描いてみたくなったので来ちゃいました。タメOKですかね?

30:なつき:2016/05/23(月) 20:07 ID:maA

入っていいですか?
タメOKですかね?
小学6年です。
みなさんは何歳ですか?

31:ちづる◆sc:2016/05/23(月) 20:49 ID:U3w

入っていいですかー?
タメOKです!
中学1年生です

32:なつき:2016/05/23(月) 22:04 ID:Q6o

ちづるちゃんまたあったね(´・∀・`)

33:ミカン◆rE:2016/05/23(月) 23:11 ID:IRo

あ、たぶん入っていいと思いますよ?

私も、『みさ』とか『ミカン』でくるんで、その辺よろしくお願いします!

34:なつき:2016/05/24(火) 07:14 ID:Q6o

よろしくお願いします!
もうすぐ学校の時間なので終わります。
私、応援団になりましたー〜
最後の運動会楽しみたいと思います。
あ、運動会は二十八日です。
開校記念日と運動会重なってるんですよねー
(´。・д人)シクシク…

35:ちづる◆sc:2016/05/24(火) 16:05 ID:U3w

ヨロシクねー(^o^)

36:ゆい:2016/05/24(火) 21:33 ID:HeM

お久しぶりでごさいます〜!
夜空北斗星さん、なつきさん、ちづるさんよろしくっ!
ん、ちづる©、ゆい分かる?

37:ゆい:2016/05/24(火) 21:34 ID:HeM

なつきさん≫私は中1です🎵

えっと、皆呼び捨て&タメ口おっけーです!よろ〜

38:ちづる◆sc:2016/05/24(火) 22:13 ID:U3w

ゆい
分かるよ!
ヨロシクねー*\(^o^)/*

39:なつき:2016/05/25(水) 07:23 ID:Q6o

ゆい
よろしくー

40:なつき:2016/05/25(水) 07:23 ID:Q6o

なんか小説書いて無くて(´;ω;`) ごめんネェ…ぅぅ

41:なつき:2016/05/25(水) 18:10 ID:Q6o

オリキャラの設定です。
大前美空
誕生日...1月28日
歳...11歳(小6)アーヤと同じ
性格...乱暴で口が悪い。でも,いざとなったらアーヤを助けてくれる。
アーヤとの関係...幼なじみで家が隣どうしいつもアーヤをおこしに来たり窓から入ってきたりする。
立花五月
誕生日...アーヤと同じでも,時間が少し遅くアーヤの弟
歳...11歳(小6)アーヤと同じ
性格...口が悪いがやさしい1面も,アーヤのこととなったら
まわりが見えなくなる
アーヤとの関係...弟,でも血がつながってない、アーヤのことがすごく好き。
立花紺
誕生日...5月10日
歳...10歳(小5)
性格...無口あまり人としゃべらないでもアーヤのことが好き?
アーヤとの関係...弟,血が繋がってないアーヤのこと好き?
とまぁこんな感じ〜
後で小説書くねー❕

42:なつき:2016/05/26(木) 17:28 ID:Q6o

お泊り会は知っている
《彩 》
私立花彩です。今回はkzのみんなとのお泊り会のお話です。
若(明日俺んちに11時にに集合な)
彩(分かった、楽しみにしてるね)
若(あぁ明日な)
やった〜。夏休みになってお父さんとお母さんは、二週間家族旅行,お兄ちゃんは、三週間友達んちに泊まったり合宿,
(奈子はいない設定だよ)
お手伝いさんにはお休みしてもらってて家には、私と、五月と,紺しかいないんだ。だから集合かけてくれて良かった!
楽しい夏休みになりそ❕
〜翌日〜
彩(さっくん、友達のお家行ってくるからお留守番してて)
五(なっ、子供じゃないんだぜお留守番いうな)
彩(はいはいごめんね)
五(うむ、許す)
彩(ありがと❕)ニコッ
五『なっ、その笑顔反則だろ』
五(そっそういえば紺は?)
彩(多分ジョギングかな?帰ってきたらよろしくねお弁当机の上に置いてあるからお腹空いたら食べてね!)
五(分かったいてら〜)
彩(行ってきます!)
ガチャ...バタン
ふぅー1日何してすごそ...

43:なつき:2016/05/26(木) 17:29 ID:Q6o

どう?
続くよー

44:なつき:2016/05/26(木) 17:57 ID:Q6o

あっ最後のふぅー1日何してすごそっていうとこ五月の言葉ね

45:なつき:2016/05/26(木) 19:01 ID:Q6o

みんないないの〜

46:ちづる◆sc:2016/05/26(木) 20:33 ID:U3w

すごい遅れたけどいるよー

47:ちづる◆sc:2016/05/26(木) 20:33 ID:U3w

すごい遅れたけどいるよー

48:ちづる◆sc:2016/05/26(木) 20:34 ID:U3w

間違えて2回書き込んだ

49:みさ◆gQ:2016/05/26(木) 21:02 ID:IRo


【アーヤside】


「今度の土曜日なにするの?」

小塚君が集まったところで、本題を切り出す。

「ああ、それなんだが…」

何だろう…わくわく!!

「星を見に行こうと思う」

「星…」

場所を明確に答えないってことは、若武の急な思い付きかぁー。

でも、星か。

「綺麗だろうなー」

黒木君がこっちを向いた。

どうしよう。なんだかんだ言っても楽しみで、声に出ちゃった…。

「アーヤの方がきれいだと思うよ」

キャー!!

「あ、ありがとう///」

く、黒木君は何の恥じらいもなく言ってるから、きっと何とも思ってないんだよね!!

うん、きっとそうだ。

(あー、やっぱり恥ずかしいな。アーヤは違う意味で取ったっぽいし)

「一日で星を見に行くのは、難しくないか?」

「あぁ、じゃあ…。土日で!」

「え!!」

土日。

「無理か?」

その瞬間皆が私を凄い顔で見る。

「大丈夫!!」

顔の筋肉が和らぎ、ほっと溜息をついた。

ふふふーん。

土日が無理なわけないじゃない!むしろwelcome!!

あー、何着ていこうかなー♪

「じゃあ、詳しいことはまた電話する。今日は解散!!」

そして、今日は終わった。

50:なつき:2016/05/26(木) 21:19 ID:Q6o

みさ
すごい面白いよ
次が楽しみ♪

51:なつき:2016/05/27(金) 17:38 ID:Q6o

誰かーいるー?

52:ちづる◆sc:2016/05/27(金) 17:59 ID:U3w

いるよー

53:なつき:2016/05/27(金) 18:51 ID:Q6o

遅れてごめん(´。0ω<。`)

54:ちづる◆sc こじらせちゃってパンパカパッパーン:2016/05/27(金) 19:08 ID:U3w

いえいえ〜
まだいるよー♪

55:なつき:2016/05/27(金) 19:16 ID:Q6o

明日運動会〜
最後の運動会だから一生懸命やんなきゃ
ε-(`・ω・´)フンッ

56:なつき:2016/05/27(金) 19:17 ID:Q6o

個人の小説あした書くねー❕

57:ちづる◆sc こじらせちゃってパンパカパッパーン:2016/05/27(金) 19:33 ID:U3w

>>55
運動会ガンバー

58:みさ◆gQ:2016/05/27(金) 22:56 ID:IRo


ありがとう、なつき! (←いきなりため、呼び捨てごめんなさい

運動会頑張ってねー!!

59:なつき:2016/05/28(土) 21:40 ID:Q6o

みさ&ちづる
応援ありがとー♥
お陰様で勝った❕
それと
ごめん今日バタバタしてて小説書くことが出来ない
ほんとにごめんね(。>_<。)

60:ちづる◆sc 暇ー:2016/05/28(土) 21:50 ID:U3w

>>59
大丈夫だよー
無理しなくていいからね

61:なつき:2016/05/29(日) 12:19 ID:Q6o

ちづるありがとー♥
後で小説書けたら書くねー❕

62:ちづる◆sc 糖分が欲しい:2016/05/29(日) 16:52 ID:G4w

小説楽しみにしてるよ〜(^o^)

63:なつき:2016/05/29(日) 19:50 ID:Q6o

話してる時のカッコ()〜『』これにするね!
《 五月》
二十分後
五『いつ帰ってくるんだろ紺...おせーな』
ガチャ
紺『...ただいま』
五『紺やっと帰ってきたか!』
紺『帰ってきたけどなんで?それより姉貴は?』
五『あ、ああ友達ん家だって』
紺『ふーん...風呂行く』
五『早くでろよ』
紺『なんで?』
五『腹減ったから』
紺『?先食ってればいいじゃん』
五『ひとりだと美味しくないだろ!』
紺ニヤッ『わかったよ...寂しがり屋さん!』
五『なっ❕俺の方が兄貴なんだぞ!なんだその言い方』
紺『はいはいじゃ早く出るよう心掛けます』
〜その頃〜
彩『ごめんおくれて!』
若『遅いぞアーヤ』
小『大丈夫だよアーヤ僕達も今ついたとこだから』
彩『ありがと小塚君❕』
若『まぁいい、良し全員揃ったな!では今回の議題はお泊り会だ』
えっお、お泊り会❕やばいた、楽しそう。そう目を輝かせていたら
黒『お、お姫様がやる気満々だ❕』
若『おお、アーヤよしこれで2票だ他にやりたいやつはいるか?あ、言っておくが勉強会もかねてるぞ!』
上『なら、俺も賛成』
若『よしこれで三票だ』
砂『俺も賛成〜』(立花がいるなら...)
若『おお、すなーらもか』
黒、小、美『『『俺/僕も』』』
若『よし全員参加だな』
若『じゃ次に場所だくじ作ったから赤を引いたやつんちなよしいくぞせーの』
彩『あっ私だ』
若『よしじゃアーヤの家な』
全員(よっしゃー立花/アーヤの家だ)
ここでやめマース
何時に集合したか忘れたから1回みまーす。また数分後に書きマース(´。0ω<。`)

64:なつき:2016/05/29(日) 20:16 ID:Q6o

《彩》
若『よしじゃ今12時だから飯食ったらバラバラに集合でいいか』
彩『うんいいよ...あっお昼ご飯なら私が作るから泊まる準備したらそのままでもいいけど...』
全員『じゃそのままで❕』
若『じゃ解散』
彩『その前に期間は?私はいつでもいいけど...』
若『1週間はどうだ?』
全員『いいよ』
若『じゃ解散』
10分後
ピーンポーン
彩『はーい』
若『よっ』
彩『わかたけ早いねみんなまだだよ!』
若(よっしゃー電光石火できたかいあった)←電光石火は言い過ぎました
若『それより...お前んちでけーな』
彩『そうかな〜私はあんま思わないかな』
彩『まぁ立ち話もなんだからお家入ってはいって』
若『あ、ああ』
若『うわー天上高っ広っすげー』
彩『キャッ』
若『えっ!』
彩『さ、さっくんそのカッコでうろつかないでって言ったじゃない』
五『あ?あぁ悪かったってん?その人は?』
彩『あぁ探偵チームカッズのわかたけ和臣君❕』
五『ふーん』
彩『あっこの子は立花五月❕私の弟だよ』
若『はじめまして五月君』
五『こちらそはじめまして』
ピーンポーン
彩『あっ誰かきた出てくるね❕はーい』
五『ねぇわかたけさんあんたアーヤのこと好きなの』
若カァ『な、なんで』
五『別に好きなら潰すしかないから』
若『...っ』

ここで切りまーす。まだまだ続くよー

65:ちづる◆sc 暇ー!!!!!:2016/05/29(日) 20:21 ID:U3w

続きが楽しみ〜♪

66:リンリン ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/05/29(日) 20:25 ID:tlE

あのリンリンって言います!呼びタメOKです!入ってもいいですか?ちなみに私は小五です!多分最年少だと思います!

67:ちづる◆sc 暇ー!!!!!:2016/05/29(日) 20:26 ID:U3w

>>66
いいと思うよー
りんりん
ヨロシクー*\(^o^)/*
私も呼びタメOKだよー!

68:みさ◆gQ:2016/05/30(月) 19:26 ID:IRo



〜星空は知っている〜

【若武side】


「じゃあ、解散な」

そういうと、皆が立ち上がった。

口々に何かを言ったり、伸びたりあくびしたりしている。

「じゃあね!」

アーヤが、扉の前まで行き、こちらを振り返り言った。

「って、あれ?みんな帰らないの??」

「ああ、ちょっと俺たちは若武に問い詰めたいことがあってな」

え?ちょ、なにそれ。

「だから、アーヤ帰っていいよ」

こ、小塚も?!

俺、きれられるようなことしたっけか?

「そっか」

こっちをちらっと見た。

『ぷぷ。若武ざまぁ』

「はっ!!」

今、なんか聞こえたような気が…。

「わかった。じゃあね。なんかあったらまた電話して!」

スキップで出ていく。

あいつ…転ぶな。

「きゃぁ!!」

すぐに、ドン!!という音が聞こえてくる。

「はぁ」

顔を見合わせため息をつく。

「おっちょこちょいだな」

小塚が額に手を当て言う。

「ドジだ」

上杉がかぶせてくる。

「でもそこが」

黒木が言って、皆が心の中でつぶやく。


(可愛いんだよなぁ)


続く

りんりんさん、はじめまして!!


誰か、フレ交換できる人いますか?

69:ちづる◆sc:2016/05/30(月) 19:38 ID:U3w

フレ交換ってなに?

70:なつき:2016/05/30(月) 20:02 ID:REs

みさ
すごく面白いよ❕
私なんかと大違い
早く続き読みたーい♥
あと私もフレ交換って何?

71:リンリン (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/05/31(火) 19:06 ID:tlE

>>67ちづる?もしかして恋&絶叫のほうにもいる?あ、人違いだったらごめんなさい!m(__)mよろしくお願いします!
>>68みささん、リンリンって言います!これからよろしくお願いします!呼びタメOKですか?私は全然OKです!あとフレ交換ってなんですか?それと(←こそあど言葉をよく使いますか気にしないでください!)小説、とても面白いです!続きが楽しみです!
>>70なつきさん、呼びタメOKですか?私はOKです!これからよろしくお願いします!

72:リンリン (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/05/31(火) 19:08 ID:tlE

あっ!下から八行目、間違いがありました!使いますか、と書かれていますが本当は使いますが、です!ごめんなさい!

73:ちづる◆sc:2016/05/31(火) 19:19 ID:U3w

>>71
恋&絶叫の方にもいるよ!
リンリンここでもヨロシクー(・ω・)ノ

74:みさ◆gQ:2016/05/31(火) 19:44 ID:IRo


りんりんさんありがとう!!

みなさん、その…あの言葉は聞かなかったことに!!



明日ついに修学旅行!!

京都&奈良です!!

75:なつき:2016/06/01(水) 07:39 ID:Q6o

みさ
そうなんだ〜
私は夏休みに日光❕学校で行くんだ〜
楽しんできてね。
私も日光楽しみ(´。0ω<。`)

76:なつき:2016/06/02(木) 19:37 ID:Q6o

みんな〜何のスレにいる?

77:なつき:2016/06/02(木) 19:38 ID:Q6o

探偵チームkz好きな人集まれーにいるよ!良かったら来てね!

78:リンリン (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/06/02(木) 20:30 ID:tlE

>>73あ、やっぱり!ここでもよろしく~!(^-^)/
>>74みささん、私は呼びタメOKです!みささんはOKですか?あと修学旅行楽しんできてください!
>>76私は怪盗レッドのオリジナル小説書いてみます!と探偵チームKZ恋&絶叫小説の方にもいます!あとなつきさんは呼びタメOKですか?私はOKなのですが。

79:なつき:2016/06/02(木) 22:31 ID:Q6o

呼びタメOKだよ〜

80:リンリン (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/06/03(金) 18:45 ID:tlE

>>79OK!なつき、よろしくね!(^-^)/あとなつきって恋&絶叫小説の方にも来た?もしそうだったらあっちでもよろしく!:->

81:なつき:2016/06/03(金) 18:51 ID:Q6o

恋&絶叫系来たよ〜
これからも恋&絶叫系でもよろー❕

82:リンリン (;`・ω・)つdice3:2016/06/04(土) 08:47 ID:tlE

>>あっやっぱり!恋&絶叫でもよろぴく!(^^ゞ

83:みさ◆gQ:2016/06/04(土) 15:32 ID:IRo


じゃあ、リンリンで!!私もOKだよ!

私は、フェアリーテイル関係にちょこちょこいます!!

84:リンリン (;`・ω・)つdice3:2016/06/04(土) 22:12 ID:tlE

OK!私もみさって呼ぶね!

85:みさ◆gQ:2016/06/06(月) 16:43 ID:IRo


よろしくリンリン!

86:みさ◆gQ:2016/06/07(火) 21:24 ID:IRo


〜星空は知っている〜

【上杉side】


立花は帰り、家に静けさが戻る。

「で、若武。俺たちを呼び出すということは、何かあるってことだよね…」

黒木が単刀直入に聞く。

「実はさ…俺、いけないかもしれないんだ」

「「「「はぁ?!」」」」

何言ってるんだこいつ…。ふざけてる。

でも、別に立花がいてもいいんじゃ。

「確かにアーヤ優しいから。なんか言って、行かない、ってことになりそうだね」

でも、立花って。

「若武のこと好きじゃないよな…?」

やべ、つい口が滑って行ってしまった。

若武、凄い形相でこっち見てくんだけど。

「まぁ、落ち着いて」




「で、結局何なんだよ」

確かに。

「お前ら、どうやって行くんだよ」

「え?電車」

普通に答えると、固まった。

こうして、若武が話そうとした議題は三十秒で片付いてしまったのだった。


続く

87:なつき:2016/06/08(水) 21:07 ID:Q6o

みさ
面白いよ❕
続き早く読みたい♪

88:リンリン:2016/06/08(水) 21:16 ID:tlE

>>85うん!よろぴく!
>>86面白い!続きが楽しみ!

89:ちづる◆sc 暇なう!:2016/06/08(水) 21:23 ID:O/U

みささん小説面白いよー!

90:みさ◆gQ:2016/06/09(木) 16:14 ID:IRo


なつき、リンリン、ちづるさんありがとう!!

ちづるさんタメ、呼び捨ておkですか?

91:ちづる◆sc:2016/06/09(木) 16:20 ID:jEI

>>90
呼びタメOKだよ♪
私もタメにするね!

92:みさ◆gQ:2016/06/09(木) 16:27 ID:IRo


〜星空は知っている〜


【立花side】


「ハァ―…」

一度出てきたけど…。

「やっぱり気になるなぁ」

そういって後ろを向く。

何よ、私だけ抜きってヽ(`Д´)ノ!!

よーし、こうなったら…。

「…(ニヤ」

見に行ってやる!!

若武の家まで猛ダッシュした。





「えー!あ…」

急いで、口を閉じる。

来たんだけど…。

中で、若武が来るとか来ないとか話してるけど…。

まぁ、わたしは若武がこなくてもぜーんぜんオッケイなんだけどね!!

「…はい?!」

あ、読んでる皆様は、聞こえないかもですが、今私ばれないように窓ガラスに耳をぴったりつけて中の様子を聞いています。

って、何言ってんだ私??

というかそれより、上杉君が私は若武が好きじゃないでしょ、って真顔で言った!!

確かに好きじゃないけど…。

まぁ、今私がいいた情報によると、若武来ないかも!!ぐらいかな…。

「ハァ―…。行くか」

よろよろと立ち上がった瞬間誰かに肩を掴まれる。

目を動かし、窓を見て、皆がいることを確認する。

「やぁ、立花」

「あ!……君!!」

不安だった心が一気に解放されるのを感じた。


続く

一応設定


これから出る男子は、みんなアーヤ好き

オリキャラは(今のところは)出さない

レギュラーの男子は主に5人!!

でーす!

93:なつき:2016/06/10(金) 19:46 ID:Q6o

みさ
うわ、続きが気になる終わり方だ
早く読みたいー❕

94:咲花◆tw:2016/06/11(土) 20:55 ID:IRo


こんにちわ、みさの妹の咲花です!

あんまりKzについては詳しくないけど、面白いと思ったので、入っていいですか?

あと、呼び捨てためは大丈夫です!!

95:咲花◆tw:2016/06/11(土) 20:58 ID:IRo


小説は、全然書けないですが、私もお姉ちゃんも本読むの好きなんで、皆の小説を読みたいな、と。

で、あの、お願いします!

96:ちづる◆sc:2016/06/11(土) 21:14 ID:AMI

咲花さんヨロシクね♪
入っていいと思うよ!

97:リンリン:2016/06/12(日) 08:49 ID:tlE

>>92面白い!やっぱりアーヤのことが好きなんだ…(。-∀-)
>>94全然いいよ!入って!みさの妹なんだ!私も呼びタメOKだよ!よろしくね!(*^^*)

98:みさ◆gQ:2016/06/12(日) 09:30 ID:IRo


リンリンありがとう!!

そうなんだ!みんなアーヤが好きなの、だからたくさんの修羅場作りたいなーって。

99:みさ◆gQ:2016/06/12(日) 09:32 ID:IRo


あと急に来た、咲花は私の妹なんだけど、同じので使ってると思うから、名前時々間違えるかもしれないけど、もし小説を書いてたら、みさだよー!

雑談率が高かったら、咲花!


これ読まれたら、後で面倒くさそう(;´・ω・)

100:みさ◆gQ:2016/06/12(日) 09:33 ID:IRo


遂に100だよ!

101:ちづる◆sc:2016/06/12(日) 09:59 ID:RX6

100おめ!

102:なつき:2016/06/12(日) 10:05 ID:Q6o

100おめー🍀

103:みさ◆gQ:2016/06/12(日) 11:31 ID:IRo

目指すは、新スレ!!

てか、さっき少し長いのかいてて、消えたので、今日はもう私来ないかも…。

104:咲花◆tw:2016/06/12(日) 20:44 ID:IRo


こんにちは、100おめでとうございます!

誰かいらっしゃいますか?

105:咲花◆tw:2016/06/12(日) 20:45 ID:IRo


こんにちは、100おめでとうございます!

誰かいらっしゃいますか?

106:リンリン:2016/06/12(日) 20:49 ID:tlE

100おめ!
>>99OK!
>>104いるよ!

107:みさ◆gQ:2016/06/16(木) 13:42 ID:IRo


〜星空は知っている〜


【??side】


「疲れたー」

久しぶりにこの街に戻ってきて、最初の俺の仕事は、立花に会うことだ。

さっき、あいさつしに行くときたまたま通ったけど、いる気配ゼロだしな。

どこだろ…。

でも、祖然と足は動いていた。


ん?てかここどこだ?

確か、立花に会いに行こうと思って…。

そこは大きな家の前だった。

でもなぁ。なんか見たことあんだよなー。

視界に表札が入り、見てみるとすぐに納得した。

ここん家、若武か。

前立花が、言ってたからここに来ちまったのかな…。

「ん?」

立花だ…。草に隠れて何してんだ…。

あ、いいこと考えた!


そっと近づく。

と、その瞬間たち、歩こうとした瞬間俺は、肩を掴んでいた。

硬直するのがわかる。

立花はゆっくりこちらを向く。

俺の顔を見た瞬間、驚きの顔になったがすぐ嬉しそうな顔になった。

「砂原!!」

その声に俺は、「よっ!」と右手を軽く上げた。

108:リンリン◆D.:2016/06/16(木) 20:10 ID:tlE

>>107面白い!まさかの砂原だったんだ!続きが楽しみ!

109:みさ◆gQ:2016/06/19(日) 21:17 ID:IRo

 リンリンありがとう!

110:リンリン◆D.:2016/06/21(火) 22:12

>>109いやいや!( 〃▽〃)

111:リンリン◆Jc トリップ変えました:2016/07/02(土) 22:20

誰かいないー?

112:みさ きたよー:2016/07/03(日) 17:26


〜星空は知っている〜

【立花side】

「よっ!」

そう言って、私の目の前に立っていたのは砂原。
意外すぎて驚きすぎてもう頭がぱんぱんだよー!!

とにかく、私砂原に会ったら言いたいことがあったんだよね…。

「おかえり、砂原!」

砂原は少し驚いて、照れながらいった。


「ただいま」


何か、気配を感じる…。
そう言えばここ、若武の家の敷地で、私は窓からこっそり見てたわけだから…。

「あっ…」
「ん?」

私が窓を見ると、砂原も窓を見る。
もちろんそこには、4人がいて、ムスッとしていた。

「えへへ」

何がなんだかわからない私は立ってるしか出来なかったけどね。


続く

あんまり長くないや…。

113:リンリン◆Jc トリップ変えました:2016/07/03(日) 18:54

>>112みさー!(ToT)会いたかったよーそして小説面白い❗若武たちムスっとしてたんだ…(*´ー`*)

114:みさ◆gQ 誰かいるー?:2016/07/04(月) 18:59


リンリーン!私も会いたかった(´・ω・`)

そうなんだ!なんでかは、今度書くから楽しみにしててね!

115:リンリン◆Jc (笑) :2016/07/04(月) 21:11

>>114みさー!大好きー!!あと小説めっちゃ楽しみー!!!😆

116:リンリン◆Jc:2016/07/04(月) 21:11

あ、メモのところは気にしないでね❗ランダムにしてるから!

117:みさ◆gQ:2016/07/04(月) 21:47


いーや、私の方が大好きだもん<(`^´)>

私も、頑張って小説書くよ(`・ω・´)

ちなみに今書いてるのとは違って、もう一つのお話を書いているのだ!

今はまだ書かないけど、かけたらもちろん伝えるよ♪

118:リンリン◆Jc:2016/07/05(火) 21:50

>>117いやいや!私の方が大大大好きだもん!(*≧∀≦*)あと小説頑張ってね❗応援してるよ!

119:みさ◆gQ:2016/07/08(金) 22:59


あー、もうリンリンありがと(*'ω'*)

やる気出たよ!

でも、今度テストあるからそのあと書くね!!

120:りお:2016/07/09(土) 11:26

初めまして〜
私は、りおです♪
私も入っていいですか?

121:リンリン◆Jc:2016/07/09(土) 21:38

>>119いやいや!私もみさの一言で元気もらってるから!あとテスト、頑張ってね❗応援してるよ!o(*⌒―⌒*)o
>>120いいいよ!あと私の間違いだったらごめんね❗もしかして恋&絶叫小説にも入ってる?

122:ちづる◆Xw:2016/07/09(土) 22:33

>>120
いいと思うよ!ヨロシクね♪

123:みさ◆gQ:2016/07/09(土) 23:20


りおさんはじめまして―!

私はタメ呼び捨ておKです!

124:りお:2016/07/10(日) 08:44

リンリンさん恋&絶叫小説はいってますよー♪

125:リンリン◆Jc:2016/07/10(日) 15:03

あ!今、気づいた❗121のいいいよ!は間違いです!本当はいいよ!です!すみません!
>>124あ!やっぱり!じゃありお、ここでもよろしくね❗(o`・∀・´)ノ

126:りお:2016/07/10(日) 15:52

うん!

127:みさ◆gQ:2016/07/11(月) 17:27


小説書くとき、皆を巻き込んでもいい?

前そういう風に書いてる人を見て、皆楽しそうでいいなって思ったから…。

128:リンリン◆Jc:2016/07/11(月) 22:01

>>127私はいいよ!たしかに楽しそう!

129:りんりん:2016/07/12(火) 16:16

私もKZが好きで、イチ押しのキャラは、
黒木君です‼ あっタメokですか?
ダメだったらごめんなさい

りんりん 5年2組

です。 よろしくお願いします。

130:りんか:2016/07/12(火) 16:21

はいって良い?

131:みう◆Jc:2016/07/12(火) 21:06

>>129りんりんさん、タメOKだよ!よろしくね!あと名前が同じだとちょっとまちがえたりするから私、名前変えるね!ってことでリンリンからみうに変えます!
>>130全然いいよ!りんかさんはタメ&よびすておけOK?私はOKだよ!よろしくね!

132:みう◆Jc リンリンから名前変えました:2016/07/14(木) 21:30

あー!なんか今、気づいた❗よびすておけOK?ってなってるけど間違えました❗すみません!

133:みさ:2016/07/14(木) 22:11


えっと、りんりんさんに、りんかさん?
よろしくね!!

ため、呼び捨ておKですか?
わたしは平気でーす!

134:みさ:2016/07/16(土) 23:01

中では…



若武が来る、来ないで中の空気は険悪モードに。
もちろん、他のみんなにとって若武いない方がアーヤへのライバルが減る。
だが、その一方でこれを計画したやつ、準備してくれたやつを残していいのか悪いのかを考えていた。

「あ、あれ!!」
「どうした?」

急に小塚が声をあらげる。滅多にないことで驚いてしまう。
とりあえず、指を指している方向へ目にやる。

するとそこには(»135)。


続く


えっと、»135に、どうなったか、どうなってほしいか書いてください!
その通りに進めていきます!

でも、次が雑談だったら、私が勝手に決めるので、あり得ない方向になります!!


ちなみに例としては



アーヤが砂原に頭ぽんぽんされていた!!

とかで…。
でも、前回のと変えすぎると全く違うのになるので、書きたい人いたら気を付けてください!

135:美羽◆Jc リンリンでーす:2016/07/17(日) 18:52

名前を漢字にしました!呼び方はひらがなでも漢字でもどっちでいいよー!
>>134わー!えっと…どうしっよかな?んとじゃあ砂原がアーヤほっぺにキスしていた!(はいこれは飛ばしてください‼頭、ポンポンでお願いします!)あと小説面白い❗頑張ってね!ヾ(o≧∀≦o)ノ゙

136:みさ◆gQ:2016/07/17(日) 19:30

え、みう?本当にそっちでいいの??(・∀・)ニヤニヤ
前者でもいいんだよ(・∀・)ニヤニヤ

お姉さん優しいから、次で決定してあげるよ?

137:美羽◆Jc リンリンでーす:2016/07/17(日) 20:00

>>136え!?そ、それでいいの?いいんだったら前者の方で…お願いします!あと( ・∀・)ニヤニヤがうけたww

138:みさ◆gQ:2016/07/19(火) 22:53

いいんだよ(・∀・)ニヤニヤ

あまりにも話が変わらなければ…(・∀・)ニヤニヤ

ちょっと構成考えるから(・∀・)ニヤニヤ

今日は書けないや(・∀・)ニヤニヤ

ってことで(・∀・)ニヤニヤ

(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ…

139:ノッチ 初めまして!!y:2016/07/22(金) 00:13

みなさんこんばんは〜
ノッチって書いてるけど名前は海音です(≧∇≦)
よロピクピクー
私はタメ口で書くので、みなさんもタメ口でお願いしまーす

140:ノッチ 初めまして!!:2016/07/22(金) 00:15

こんばんはみなさん
ノッチって書いてるけど名前は海音です(≧∇≦)
私はタメ口で書くのでみなさんもタメ口でお願いしまーす!!
ってことでよロピクピクー(^_−)−☆

141:ノッチ 初めまして!!:2016/07/22(金) 00:17

こんばんはみなさん
ノッチって書いてるけど名前は海音です(≧∇≦)
私はタメ口で書くのでみなさんもタメ口でお願いしまーす!!
よロピクピクー(^_−)−☆です!!

142:ノッチ:2016/07/22(金) 00:20

すみません!!
3回も送ってしまって
か、勘違いしたのかな…(; ̄ェ ̄)

143:ノッチ:2016/07/22(金) 00:27

自己紹介するね☆
小学6年生
兵庫県に住んでる
性格
・おとなしそうに見える
・実は性格悪いww
・誰とでも仲良くできる
眼鏡かけてる
背はふつー
髪は長い

144:ノッチ:2016/07/22(金) 00:32

好きなキャラは、
1位 アーヤ
2位 翼
3位 黒木君
4位 砂原
5位 上杉君
だヨー

145:伊織*:2016/07/22(金) 02:16


初めまして!伊織(いおり)と申します( ˊᵕˋ )

私もKZが大好きで、
3年ほど前まで某サイトで小説を書いてました!

良かったら入れて下さい*

146:みさ◆gQ:2016/07/22(金) 15:26


ノッチさん、伊織さんはじめまして!

ノッチさんは、ためでいいんだよね?わたしもおKだよ!

伊織さんはおKですか?

二人とも、呼び捨ておK?

147:美羽◆Jc:2016/07/22(金) 20:40

>>138めっちゃうけたwwww( ・∀・)ニヤニヤ
>>139ノッチ、よろしくね❗あとこれは余計なお世話かもしれないけどあんまり個人情報出さない方がいいと思うよ。それで私、ちょっと大変なことになったから…(本当にごめん!上から目線で)
>>145伊織さん、呼びためOKですか?私はOKです!よろしくね❗

148:伊織*:2016/07/23(土) 00:32


〒.みささん


初めまして〜!よろしくお願いします*
伊織って呼び捨てで大丈夫ですよ♪
タメ口で気軽に話して下さい!


〒.美羽さん


初めまして〜!よろしくお願いします*
呼びタメOKなので、
気軽に伊織って呼んで下さると嬉しいです!

149:美羽◆Jc:2016/07/23(土) 08:30

>>148OK!じゃあ伊織!よろしくね❗ヾ(o≧∀≦o)ノ゙

150:みさ◆gQ:2016/07/23(土) 20:00


じゃあ伊織で!!

続き(?)↓


えっと、この状況を、簡単に説明するとね…。

私が外に出たら、砂原にあった!!わかりやすい?

あ、国語のエキスパートだろ?とかの不満は受け付けませーん!!

「お、おい立花」

「何?」

急に名前を呼ばれ、振り向く。

「誰に…話してんの?」

「え…?……出て、た?」

「結構…思いっきり…」

うそーーー!!

今、意識しないで間違えて口に出しちゃったってこと?!

恥ずかしい…穴があったら入りたい。


「アハハハハ!」

「す、砂原笑わないで!…恥ずかしいから」

また急に笑い始めた砂原。

「もうひどい」

そういって顔をそっぽ向ける。

チュッ

「え…?」

軽いリップ音が響く。

左側の頬に手を当てた瞬間、急速に顔全体が熱く感じた。

「す、砂原?!」

でも、私は少し顔を赤くして笑っている砂原をなかなか怒ることができなかった。


続く

151:美羽◆Jc:2016/07/23(土) 20:22

>>150きゃああああああああああああああああ!!!めっちゃ萌えるー!!!!!!!!!!!!いええええええええええーいいい!(いまこの人は壊れているので気にしないでください)

152:みさ◆gQ:2016/07/23(土) 21:24

美羽ありがと!

また、ああいうイベントやるからね!

153:咲花◆gQ:2016/07/25(月) 17:28


こんにちわ、咲花です

姉が今勉強をしているすきを見計らってきました

誰かいますか?

154:咲花◆A6:2016/07/25(月) 17:30


失礼しました

姉とトリップが混ざると面倒くさいです…

誰かいますか?

まぁ、後五分で消えてしまいますが…

155:美羽◆Jc:2016/07/25(月) 19:19

>>152やったああああああ!
>>153-154?トリップが同じってことは…もしかしてみさの妹かな?私呼びためOKかな?私はOKだよ!よろしくね❗(`・ω・´)ゞ

156:美羽◆Jc:2016/07/25(月) 19:19

あ、間違いがありました❗私呼びためOKかn?ってなってるけど間違いです!すみません!

157:咲花◆Dw:2016/07/25(月) 22:49


美羽さんは、もともとはリンリンさんということでよろしいのですね?

えっと、もし覚えてないなら、 >>94 >>97 を参照に

これで、最後のトリップ決めです

えっと、私と、みさのことはあまり…ね?

ここでは、友達なので

158:咲花◆Dw:2016/07/25(月) 22:51


あと、 >>99 なども参照していただければ…

159:みさ◆gQ:2016/07/25(月) 23:13


〜星空は知っている〜


「おい、立花!」
「は、はい!…て、あ…」

アーヤに声をかけたのは、さっきの砂原の行動を見てみるに見かねて窓を開けて話しかけてきた上杉だった。
つまりはもちろん、さっきのも見ていたのである。
そしてその後ろにも、むすっと立っているKzのみんなが…怖い。

「な、なんでそんなに怒ってるの?」

微妙に、窓から出る顔と二人の顔の高さは違っており、立花が上目遣いをしているような感じだった。
もちろん、本人には、そんなことをしているとは全く思ってもいない。

(なんで、見られて恥ずかしいのはこっちなのにあっちが起こってるの?!)

逆にこんなことを思っていて、半分不満、半分恐怖。

まぁ、そんなことも知らずに、立花の上目遣いを攻撃を直に受けてしまった上杉。
もちろん、破壊力は半端なくて…。

「………//」

ただただ、赤面するばかり。そして、へなへなと座り選手交代。

次に挑んだのは黒木。
いつもと同じ力を発揮できるのか…?

「アーヤ、怒ってるんじゃないんだよ」
「本当?」

上杉が赤面して、完璧に怒ったと悟ったアーヤは気が重くなっていた。
だから、余計にうれしそうな顔で言う。
黒木は、表面上はさわやか笑顔を向けている。

(アーヤ…笑顔とか反則過ぎ)

そんなことを思っている。
黒木の気持ちなんかも知らず、キラキラ笑顔の立花。
ノックするまであと5秒。……………アウト―!!

「アーヤ、僕たちはね砂原に話があるんだよ」
「そうなの?小塚君が言うなら、信ぴょう性あり…。砂原、話があるってよ!」
「ん???」

黒木がノックしたぐらいから、飽きてきて花壇の花を見ていた砂原に声をかける。
「ん???」っと振り向きながら見えた手には、ちゃっかり雑草抜きまでされている形跡が…。

「砂原!!」

手をパンパンと軽くはたきながら窓のそばによる。途中で振り向き立花に、「その赤い花さわんなよ!」と注意した。
その目先には、いまにも立花が赤い花を触ろうとしていたのが分かった。
「え!う、うん」答えながら出していた右手をさっと戻した。

「何?」
「どうして戻ってきたんだ?」

いろいろないざこざがあったけど、今は関係良好だ、と思いたい。

「また引っ越してきたんだ。夏休み中は絶対にいる。てか、俺がいちゃダメな理由あるの?」
「ないんだけどな…。今度皆で星を見に…」

「おい!」途中から割って入ってきた若武にみんなが着れ、肩をすくめる。
久しぶりに見たな、と懐かしそうにしていた顔から、考える顔になった。

そして何かを決めたように頭をガバッと上げ、言った。

>>160


続く

160:みさ◆gQ:2016/07/26(火) 16:17


私がここ書いちゃダメだった…ま、いいや。

ここで、砂原が言う言葉を>>161さん言ってください!

あんまり、つながらないと次に書いた人にしまーす!

161:美羽◆Jc:2016/07/26(火) 17:32

>>157-158ああああ!そうだった!すみません、咲花さん!本当にすみません!(_ _(--;(_ _(--;あとみさとのことOKです。触れないようにしますね。あとさんはつけなくていいですよ!私もこれからタメ口でいくので!それと私は元リンリンです!
>>159上杉くーん?( ・∀・)黒木くーん?( ・∀・)どうしちゃったのかなあ?( ・∀・)あと>>160OK!変になったらごめん!私のは飛ばしてみさが考えたやつにして!
では行きます!↓↓
「もうわかってると思うが俺は立花が好きだ!」
…はい、私のは飛ばしてください。

162:咲花◆Dw:2016/07/26(火) 17:43


>>161

思い出してくれてのでいいです

いえ、えっと、美羽?

私も大丈夫です

私はもともとこんな話し方だから気にしないでください

163:みさ◆gQ:2016/07/26(火) 17:55


「もうわかってると思うけど、立花が好きだ、だから…」

後ろを振り向いて、アーヤに聞こえてないことを確認する。
ふぅーと息をついてにかっと笑う。

「俺もついてく!」

え・・・?

男子たちはフリーズ状態。
何を言ってるのかはわからないが、何かがあったのだろうと歩み寄る。

「まじで?」
「まじまじ、時間あるし」

「どうしたの?」と青い花を持って現れた。
「それが…」と若武が言う前に、笑顔をキープしてアーヤに言った。

「ねぇ、俺がその旅行について行ってもいい?」

>>163

164:みさ◆gQ:2016/07/26(火) 17:59

>>164間違いって言ってもこれが164になるから…

>>165の間違い!!

165:美羽◆Jc:2016/07/26(火) 18:27

>>162そうなんだ。OK!私も呼びすてでいくね!
>>163ま、また私のが採用されてる… ゚ ゚ ( Д  )あ、あとまた私がやっちゃうね、順番的に。アーヤの台詞でいいんだよね?↓↓
「もちろん!砂原がいたらもっと旅行が楽しくなるしね!(о^∇^о)ニコッ」

166:みさ◆gQ:2016/07/26(火) 23:33


〜星空は知っている〜

【立花side】

砂原が…一緒に星を見に…。

「もちろん!砂原がいたらもっと旅行が楽しくなるしね!(о^∇^о)ニコッ」
「ありがとな」

私に近づき、頭をポンポンされる。
私は、嬉しさ恥ずかしさでもう顔真っ赤っか!ゆでだこって感じ…//

「別にいいんじゃない?」
「小塚君!!」

そういって、他のKzのみんなをなだめる。
さすがだなぁ、こういうきめ細やかな気配りができるって…。

「ありがと、いつ行くの?てかどこに…?」
「若武!」

そう聞くと、若武を呼んだ。
…てか私も知らないし!!

「明日…俺んち集合…」
「行先は?」

待ってましたと言わんばかりににかっとして、言った。

>>167県」


続く

あと、関東地方か中部地方でお願いします!

167:咲花◆A6:2016/07/26(火) 23:43


さっき、ここだと思っていたところと間違えて違うスレに書き込んでしまいました…

恥ずかしい…


いつも美羽なので先取りで私が

長野県です!

あまり騒がしくなさそうなところはネオンが少ないと前にみさが言ってたので

168:美羽◆Jc 元リンリンです:2016/07/27(水) 09:14

>>166砂原かっこいいいいいい!(*≧д≦)(*≧д≦)(*≧д≦)(*≧з≦)(*≧з≦)みさ、小説書くの頑張ってね!
>>167大丈夫だよ!間違いは誰にでもあるし!( ^▽^)あと長野県かあ!理由もレベルたか!

169:みさ◆gQ:2016/07/27(水) 09:26

あんたかい!!

ま、いいや

* * * * * * * * * * * * * * * *

〜星空は知っている〜

【立花side】

「長野県だ!!」
「長野?」

なぜ長野?しかも、日帰りなのに…。
ま、ここは若武なんかに聞くよりも、小塚君に聞いた方がいいよね。

「小塚君、なんで長野なの?」
「え、あー、また明日教えてあげるよ!」

明日か―…。忘れてるかも。
「じゃかいさーん」という若武の言葉で皆が散らばっていく。
残ったのは、私と、この家に住んでる若武だけになった。

「明日若武来ないの?」

そういえば、さっき…砂原が来る前にそんなことを言ってた気がして。
「どうしようかなー」と言いながら全く考えるそぶりを見せない。
でも、よし!といって、グーにして見せた。

「俺も行くよ!」

私も笑い返す。
家に帰ろうかな。その時声をかけられる。

「楽しみだな!」

「うん!!」

小走りで帰らないわけがないよ!
遂に明日だもん!
楽しみだなぁー♪


未だだれも予想しなかっただろう…あんなことが起きるなんて。


続く

170:みさ◆gQ:2016/07/27(水) 09:49


>>167 ありがとう!頑張るよ!!

なんか、ネオンの光で星があんまりきれいに見えないんだって! 

だから、東京とか、凄く明るいところはネオンがすごくて見えにくいんじゃないかな…?

171:美羽◆Jc:2016/07/27(水) 21:46

>>169あんなことって何だろう?!楽しみー!o(*゚∀゚*)o
>>170へえ!そうなのか!みさって物知りなんだね!

172:みさ◆gQ:2016/07/28(木) 00:12


えっへん<(`^´)>

173:美羽◆Jc:2016/07/28(木) 13:47

>>172笑笑みさ、可愛い❤(○´∀`○)

174:みさ◆gQ:2016/07/28(木) 13:48


ありがとう(⋈◍>◡<◍)。✧♡

175:美羽◆Jc:2016/07/28(木) 18:37

>>174いやいや!♪(/ω\*)やっぱりみさ、可愛い!💗(ノ≧▽≦)ノ

176:みさ◆gQ:2016/07/29(金) 09:36

ありがとう!

でも私よりも美羽の方が女の子っぽいよ!!

177:美羽◆Jc:2016/07/29(金) 21:46

>>176!Σ( ̄□ ̄;)いやいや!みさのほうが女の子っぽいし可愛いよ!(*≧д≦)

178:みさ◆gQ:2016/07/30(土) 00:35


ないないない、美羽の方が可愛い!!…って何してんのわたしたち…(笑)

この子も可愛い(⋈◍>◡<◍)。✧♡

http://livedoor.blogimg.jp/mohumohuch/imgs/8/5/850388ea-s.jpg

179:美羽◆Jc:2016/07/30(土) 18:59

>>178そだねwwでもこれだけは言える!( ・`ω・´)ぜっっっったいにみさのほうが可愛いよ!!!!!((ヾ(≧皿≦メ)ノ))あとその猫も超可愛いいいいいい‼♪o((〃∇〃o))((o〃∇〃))o♪どこで見つけたの!?それともみさの家で飼ってるの!?(´・ω・`)?

180:みさ◆gQ:2016/07/30(土) 21:47


>>179 もう私は騙されないぞ(`・ω・´)

なんか、人がとったやつとかじゃなくて、雑誌っぽい感じの写真

181:美羽◆Jc:2016/07/31(日) 19:24

>>180私こそ騙されないぞ😤…ってまた何やってたんだろうwwあと猫、そうなんだ!めっちゃ可愛い‼(●´ω`●)

182:みさ◆gQ:2016/08/04(木) 09:17


可愛いよねー(⋈◍>◡<◍)。✧♡

えへへー(笑)

183:美羽◆Jc:2016/08/04(木) 10:10

>>182うんうん!(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)可愛い!゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚

184:美羽◆Jc:2016/08/06(土) 20:51

誰かいないー?(´・ω・`)?

185:みさ◆gQ:2016/08/13(土) 13:45 ID:ka6


久しぶりに来た〜(笑)
最近塾で…察してね(*´з`)
では久しぶりに…。

* * * * * * * * * * * * * * * * 

〜星空は知っている〜

【立花side】


今は夏休みに突入。その毎日の私の睡眠時間はすごかったの…。
あ…悪い方にね。
でも、今日は、6時になる予定だった目覚ましより早く起きちゃって、目覚ましの仕事を奪っちゃったぐらい!
お母さんには、友達と勉強合宿してくるって、あながち嘘じゃないことを言っていた。
言い忘れてたんだけど、昨日黒木君から少し夜遅くに電話がかかってきたんだ。
ママはちょっと機嫌悪そうだったけど、今日はお兄ちゃんが珍しくいいことをしたらしくて、あまり言われなかったの。
で、その内容は、「あの時は、日帰りで行くって言ってたんだけど、知り合いが、星がきれいに見える位置に別荘あるから、それを泊りがけで使わせてくれたんだ。だから、アーヤは明日、泊りで行く、ってことと荷物を忘れないでね」って感じだったかな。
ママは、初めはやっぱりやめといたほうがいいって言ってたけど、勉強って言葉を連呼してたら、最後は折れてくれた。

ま、そんなこともあって私は若武の家に進んでいるの。
もう、楽しみで!ただ不安が何個か…。
砂原が来れるかどうか。
別に、その…あんまり深い意味はないんだけど…。でも、やっぱりみんなで一緒に行った方がいいし…。
あと…私女子1人だからいろいろ大変だなーって。

「アーヤ、おはよう」
「おはよう黒木君。あれ?荷物少なくない?」

そう、黒木君が持ってたのは、リュックサック1つ。しかも、それほど大きくない…。
それに比べて私は、ちょっと大きいリュック。荷物は最低限のしか持って行ってない。
黒木君のは、自分のリュックを見てふっと笑う。
こういうところって、黒木君はすごい似合うんだよな…。

「まぁ、俺は昨日いろいろあって先に荷物を入れさせてもらったんだ」

え。ずるい…。
そんな他愛も会い会話をしていたら、若武の家まであっという間についてしまった。


to be continued

186:みさ◆gQ:2016/08/13(土) 21:59 ID:ka6


うわー、短くてごめんね…。

読みにくくてごめんね…。

あんまり今回は発展してなくてごめんねー!!!

187:◆tw 咲花です:2016/08/14(日) 18:39 ID:ka6


大丈夫だよ、みさ

あなたはいつもそんな感じだから

188:美羽◆Jc:2016/08/15(月) 20:41 ID:4q2

みさー、咲花ー!!!!・゜・(つД`)・゜・久しぶりー!寂しかったよ!(ToT)あとみさ、小説読みにくくないよ!ダイジョブ❗(o^∀^o)

189:みさ◆gQ:2016/08/19(金) 23:43 ID:ka6


美羽、ありがとー!!

最近は私も忙しくてこれなかったから、寂しかったんだぞ!

190:美羽◆Jc:2016/08/21(日) 16:53 ID:4q2

>>189いえいえ!(*^O^*)私も寂しかったよ!( ;∀;)

191:みさ◆gQ:2016/08/22(月) 08:25 ID:ka6


美羽台風大丈夫???

192:美羽◆Jc:2016/08/22(月) 13:43 ID:4q2

>>191私の方は大丈夫だよ。北海道だし。でも雨がすごい降ってる😅みさの方はひどいの?大丈夫?(´・ω・`)?

193:みさ◆gQ:2016/08/22(月) 19:47 ID:ka6

美羽>>よかったε-(´∀`*)ホッ

私は、神奈川だから、たぶんほぼ直撃(笑)

でも、塾は休みじゃなくて、行きました…(´Д`)ハァ…

テレビで傘が使い物にならないって言えたんだけど、確かにさしたのにズボンが結構濡れたよ…。

194:美羽◆Jc:2016/08/23(火) 19:29 ID:4q2

>>193Σ(・Д・)エッ大丈夫!?

195:みさ◆gQ やるねぇ :2016/08/23(火) 20:57 ID:ka6


大丈夫だよ☆
一応帰るころにはやんだし、ていうか晴れてたし(笑)

196:美羽◆Jc:2016/08/23(火) 22:15 ID:4q2

>>195😌安心したー!晴れてたんだねw

197:ハルちゃん:2016/08/23(火) 22:55 ID:S..

北海道の栗山町に住んでるタメ口呼び捨てOKです

198:ハルちゃん:2016/08/23(火) 23:04 ID:S..

自分は今日吹奏楽部に入部しました。ホルンです
多分最年少の3年生です。
7月2日の誕生日で初恋はしっているをかってもらいました
自分は面白い方だと思うけど文章力がありません
今日はお母さんが夜勤(看護し)なので夜更かしをしています

199:みさ◆gQ (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/08/24(水) 07:45 ID:ka6

ハルちゃんさんさん初めまして  ←おい(笑)
3年生というのは、中学ですか?小学生ですか?

美羽>>だ丈夫だよ(笑)
不死身だから(笑)あ、嘘ですすんません

200:みさ◆gQ (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/08/24(水) 08:46 ID:ka6


〜星空は知っている〜

【若武side】

(みんなが帰ったあと…)

どうしよう、勢いで行ってやるって言っちゃったけど俺いけるかな…。
まぁ、無理にでも行くけど。

それより問題は、星が見える場所を探さなきゃいけねぇ。
長野県って言ったって一応広い。
だから決めとかなきゃいけね。

そして、パンフレットやらパソコンやらいろんなもので探しはじめる。

「ん?あ、これテレビで見たなぁ。これで決まりだ」

そういって、背もたれに背中を預ける。
ギシッと軋む音がした。

やべ、あと島崎さんに運転してもらえるかお願いしてこなきゃ。
 

「島崎さん、あの…」
「あ、申し訳ありません。言い忘れていたのですが有休取らせてもらいます」


…。どうしよう。どうやって行こう…。
まぁ、これは最低朝でも平気だ。
とにかく、場所だけでも知らせておきたい。

どこをはじめに連絡した方がいいかなぁ。
できれば黒木の家にかけたいんだけどあいつでねーし。

電話の前でうろうろしていたら、突如電話がかかってきた。
クッソ、今悩んでたのに誰だよかけてきたやつ。

「はい、若武です」
『黒木だ。若武いい場所見つかったぜ』

黒木!ナイスタイミングだ。

『といっても、若武先生も見つけてあるんだろ?』

こいつの考察力スゲーな。
これでたくさんの女子を…なんてどーでもいいんだ。

「ああ、俺的には阿智村ってところがいいなーって。お前は?」
『俺も同意見だ。それでな、そこに知り合いの別荘があるんだ。だからそこで一泊二日にしようぜ』
「いや、それなら二泊三日にしようぜ!Kzの活躍ができるかもしれねーし」

そんなことは、はっきり言ってそういうわけでもないんだが。
今回は、たぶんいろんな意味で重要なんだ。

『わかった。若武先生が本当はどう思ってんのかわかんないけどいいよ。あと、行くときのバスも知り合いがいるから。ま、俺に任せろ』

そういって一方的に切られた…ような気がする。
あー、このなんかまた活躍を奪われた虚しい感じって一方的に振られた彼女と同じ気持ちだな…。
いや、付き合ってないけど。

黒木は多分回さないな。
そう思いながら、みんなの家に電話した。

あ、最後アーヤだ。なんか緊張すんな。
いつもは事件があるからなー。

そして、電話に手をかけアーヤの家を呼び出す。

プルルルルプルルルル・・・

『この電話はつながっていないか、ほかの人と話している可能性があります。ピーという音が鳴ったら用件を…』

ッチ、つながんなかった。
たぶん、いつも出てるから、誰かと話している可能性が高い。
つまり、Kzの四人の中の誰かとだ。

「やられたなー」

そう声に出すと、なんかもっと悔しくなった。
もう、寝よう。


朝、チャイムの音で目が覚めた。
大抵は島崎さんがとってくれるから、行かない。
でも、有休をとったらしいから、行くしかない。

「はい」

ドアを開けると、細身の爽やかそうな男の人が立っていた。
いあ、これ一回思考停止すんだよ。

「ここ、若武さんの家?俺、黒木に頼まれてここに来たんだけど」
「あ、はい俺です」

「そっか。じゃあみんな揃ったら起こして。あんまり寝てないんだ」と言い残し戻っていく。
急いで服を着替えあらかじめ準備しいた荷物をとってみてみると、車が俺の家に泊まていた。

201:みさ◆gQ ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/08/24(水) 08:48 ID:ka6

いえい!
200おめっとさん!

202:美羽◆Jc:2016/08/25(木) 21:04 ID:4q2

>>197-198えっとハルいいのかな?よろしくね!( `・∀・´)ノ ヨロシクーあとあんまり個人情報は出さない方が…私、それで前にちょっとひどい目に…あ、上から目線ごめん❗m(。_。)m
>>199不死身!?Σ(・ω・ノ)ノあ、嘘だった…ww
>>200面白い!o(*゚∀゚*)o続き、楽しみー!
あと200おめでとう❗(*^▽^)/★*☆♪

203:みさ◆gQ ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/08/25(木) 22:04 ID:ka6

(人''▽`)ありがとう☆美羽!!
君のその言葉が、私の活力だよ☆

なんちって(笑)

でも本当にうれしいよ、ありがとう♪

204:美羽◆Jc:2016/08/26(金) 18:10 ID:4q2

>>203(@ ̄□ ̄@;)!!そ、そんなことないよ!!私もみさの小説が楽しみでここに来てるんだよ!(о^∇^о)

205:みさ (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/08/31(水) 13:19 ID:ka6

(人''▽`)ありがとう☆

書くにあたって質問なんだけど、上杉くんって、結局アーヤのことなんて呼んでるのかな???

206:みさ◆gQ ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/08/31(水) 16:24 ID:ka6

あと、小塚君の一人称も微妙になってきたので、「僕or俺」どっちかちょっと教えて―――!!

207:美羽◆Jc:2016/08/31(水) 19:57 ID:4q2

>>205う〜ん…みさの好きな方でいいんじゃないかな?(・_・?)私はアーヤの方がいいかな♪
>>206僕じゃない?

208:みさ ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/08/31(水) 21:04 ID:ka6

(人''▽`)ありがとう☆
なんか、アニメと小説を見るとこんがらがっちゃうんだよね…。

209:みさ◆gQ (;`・ω・)つdice3:2016/08/31(水) 21:04 ID:ka6

トリップ付け忘れたけど、私だよ今の!!

210:美羽◆Jc:2016/09/02(金) 18:45 ID:4q2

>>208いえいえ❗♪(/ω\*)あとそれなーw
>>209大丈夫!IDで分かるから。

211:美羽◆Jc:2016/09/12(月) 20:04 ID:4q2

誰か居ませんか?( ´△`)

212:みさ◆gQ ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/09/16(金) 18:06 ID:ka6

ええーい!!
疲れたのでもう長野です(o^―^o)ニコ

* * * * * * * * * * * * * * *

〜星空は知っている〜

【立花side】


疲れたー…。
筆者が手抜きをしたように感じたけど…気のせいよね。


長野県って空気がおいしいかも。
自然がたくさんあるからかな…?あとで小塚君に聞いてみなきゃ!

「アーヤ、こっちこいよ」
「あ、ごめん若武」

建物の前にはもうみんなが来ていた。
ただ一人砂原を除いて…。来ないのかな?


その時、背中に、何か刺激を感じた。

「助…けて……」

皆は違うところを見ていて気付いていない。
少しずつ意識が遠ざかっていった。

213:美羽◆Jc:2016/09/16(金) 20:04 ID:4q2

>>212みさー!゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚ワーイ小説面白い!アーヤー!!(つд;*)皆気付けー( ・`ω・´)

214:みさ◆gQ (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/09/17(土) 12:28 ID:ka6

美羽!
そうだ!!お前らアーヤ好きなら気付け!!  ←作者です
砂原はどうしちゃったんだろうね…(笑)(笑)  ←作者です
アーヤはどうなっちゃうんだろうね…助かれ  ←作者です

楽しみにしててね(o^―^o)ニコ

あとね、葉っぱじゃない違う場所に、kzの作ったんだ(笑)
良ければ来てね(笑)

215:美羽◆Jc:2016/09/17(土) 12:53 ID:4q2

>>214(;´Д`)´д`);´Д`)´д`)ウンウンあとOK❗どこに作ったの?(´・ω・`)?

216:みさ◆gQ ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/09/17(土) 14:38 ID:ka6


場所違うけどここです
まだ全然かけてないけど、よければ感想アドバイスくださいね(o^―^o)

http://www.kakiko.cc/novel/novel3a/index.cgi?mode=view&no=16676

です

217:美羽◆Jc:2016/09/17(土) 20:05 ID:4q2

>>216行ってきたよ!すっごく面白かった❗頑張って!(*・ω・*)ファイト!

218:みさ◆gQ ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/09/17(土) 20:44 ID:ka6

ありがとう!!
あっちではthe恋愛で行くから(o^―^o)ニコ
こっちでは、頑張っていろいろするよ(笑)
また読みに来てねー(*´∀`*)

219:美羽◆Jc:2016/09/18(日) 08:35 ID:4q2

>>218勿論❗(o・ω・o)ぜひ行かせてもらうね❗ε=┌(;・∀・)┘

220:みさ◆gQ (;`・ω・)つdice3:2016/09/18(日) 19:05 ID:ka6

>>219 ありがとう!!
頑張るぜ☆

* * * * * * * * * * * * * * *

〜星空は知っている〜

【上杉side】


今助けてって声がした気が…。
なんとなく振り返ってみると、誰もいない。
気のせいか…と思いまたロッジを向く。

何かが引っ掛かった。冷や汗が出る。
何かが違う、違和感がある…。

「若武!」
「なんだ?」

突然名前を呼ばれてびっくりしたのかしゃきっとしている。
いつもあんなことしないでこうならいいものを。

「黒木!」
「おい!無視かよ」

急に名前を呼んだのに違う奴の名前を呼んでむくれている。
まぁ、俺には関係ないけど。
黒木はなだめている。

「小塚!」
「どうしたの?」

ってか、隣にいたから呼ばなくてよかった…。
そして最後にもう一人の名前を呼ぶ。

「立花!!」

声が聞こえない。
皆は不思議そうな顔で俺を見る。

でも、やっと気づいたんだろう。
皆がキョロキョロし始める。だが立花の姿は見えない。
さっきの声は立花…?
もしかしてそんな…。
俺は口に出してしまった。

「誘拐?」

皆ははっとしてこっちを向いた。
若武は震える唇でかろうじて言った。

「緊急会議だ…」


立花がいない。
あいつのことだから、何かを見るんだったらいうだろうし、実際に声も聴いた。
背筋が凍った。

もしkzから立花が消えたら?

そんなことを考えることなんてできなかった。
早く見つけないと…。

「じゃあ、まず上杉、なんか気づいたんだろ?教えてくれ」

いつもなら上から目線の態度にイライラしていたが、そんな場合じゃない。
さっと報告をする。

「俺たちがロッジに見入ってた時後ろからたぶん立花の声がした。「助けて」って…。でもはじめは聞き間違いかと思って気に知なかった、でも嫌な感じがして点呼をとった。すると、案の定いなかった、って訳」

静まり返る。

「よし、これはれっきとした事件だ。アーヤきろ、く…」

普段通りに、若武は言おうとしたが、そこに立花はいない。
顔はどんどん曇ってく。
はやく何か見つけて士気を上げないと…。

「現場で何か見つけようぜ、なんかあるかも知んねーし」

皆は立ち上がって、現場に戻る。
出ようとしたとき、若武が中にいることに気づき呼びに行こうとした。

でも、近くに行ってみると、若武がうつむいて俺に気づかない様子でつぶやいた。

「犯人ぜってー許さねー。アーヤを、アーヤを…」

聞こえないふりをして俺はそっとロッジを出た。

221:美優◆Jc 名前変えました:2016/09/19(月) 11:47 ID:4q2

>>220面白い!上杉が早く気づいたねwアーヤ、頑張って❗そしてみさも頑張って❗

あと私、名前変えたよ!元美羽!みゆうってよむよ!

222:うさぎちゃん:2016/09/19(月) 17:42 ID:c72

初めましてうさぎといいます!
コメントする気なかったんですけど、読んでたらかきこっていうサイトでコメしたミカンさん(今はみささんですね。)がいてびっくりしました!皆さん上手です!頑張ってくださいね☆彡
また更新されてたら見に来ます!絶対!!

223:みさ◆gQ (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/09/21(水) 16:16 ID:ka6

うさぎさん!!
あの時はありがとうございました!!
いつでもここはwelcomeです!

美優>>名前変えたんだね、おk!でも、美羽って呼んじゃダメかな?
そうだよ、なんか上杉君が一番早く見つけそうじゃん!

224:美優◆Jc:2016/09/21(水) 19:30 ID:4q2

>>223全然いいよ!美羽でも美優でどっちでも!

225:みさ◆gQ:2016/09/24(土) 20:07 ID:ka6

じゃあ美羽で!

あと、投票来てくれてありがとう(o^―^o)ニコ

* * * * * * * * * * * * * * *

〜星空は知っている〜

【黒木side】


まさか、アーヤがいなくなるとは思わなかった。
しかも、誘拐だなんて…。
これは、kzの失敗でもあるが、アーヤを愛する者の失敗でもある。
でも、どんなことがあっても俺たちはアーヤを救い出す。
誰も見ていなかったがその時俺は、久しぶりに感情を出してしまった。


「どうだ?」

俺より先に出た小塚は家の前でみんなを待っている感じだったが、なんとなく聞いてみた。
横に首を振り「まだ見てないや」と答える。

後から、上杉が出てきて、最後に若武が出てくる。
またリーダーだから俺は最後だ!とかいうのか?
この重い空気を軽く緩めた方がいいかもしれないし、なんか言っとくか?
そう考えて、若武のことでからかおうとしたが、表情があまりにも真剣で、珍しく言葉が少なくなっていたためやめておく。

「どうやって探す?」

周りを見渡しても、自然が多くて視界はあまり開けない。
でも、視界が開けないということは。

「車とか隠したのかな?」
「多分な、歩きでだったら、目立っちまう」

車で来たとしたら、どこに置くのか。
多分俺たちの死角…。ってことは…。
上杉と目が合い、頷きあう。

「おい、ついた時俺たちはどこを見てた?」
「どこって、この家だろ?」
「お前が犯人だったら、その時車をどこに置く?」
「そりゃあ、見えないところ…」

若武がそこまで言うと、「あ!」と言い、捜索範囲を指さす。
俺たちから、アーヤを奪ったから早く見つけなければならない。

「いこう」


木々がうっそうと生えていて、手がかりを見つけるのは困難だった。
そういえば…。

「小塚は?」
「なんか必要になるかもって、荷物取りに戻った」

「ああ!!」若武の大きな声が聞こえた。
何かあったのか?

「どこだ若武!」
「ここだ!」

その声を頼りに行くと、気は生えているものの、少し広い空間があった。
その真ん中らへんで、若武はしゃがんでいた。

「どうしたんだ?」

あとからやってきた上杉は、軽く走ったのか息切れしながら聞いた。
「ああ…」といった、こちらを振り返った若武は目をキラキラさせていた。
もしかして…。

「証拠が見つかった!」

226:美優◆Jc:2016/09/25(日) 10:57 ID:4q2

>>225いえいえ!(o^O^o)小説面白い❗頑張ってアーヤを見つけ出してー!!

227:みさ◆gQ:2016/09/25(日) 11:43 ID:ka6

でも、こーゆ―ミステリー書く人の脳みそって本当にすごいな…。

228:美優◆Jc:2016/09/25(日) 20:36 ID:4q2

>>227ねー!金田一少年を書いた人とか本当にすごいと思う!

229:みさ◆gQ:2016/09/28(水) 21:33 ID:ka6


ほんとほんと!コナンとか(笑)

230:美優◆Jc:2016/09/29(木) 18:44 ID:4q2

>>229(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン!なんでああいう素晴らしいものが書けるんだろう?

231:みさ◆gQ:2016/10/08(土) 22:46 ID:ka6

ねー。本当に頭の中が不思議…。

232:美優◆Jc:2016/10/08(土) 22:48 ID:4q2

>>231やっぱ本沢山読んでんのかなあ?(・_・?)

233:みさ◆gQ:2016/10/08(土) 22:57 ID:ka6


〜星空は知っている〜


若武がキラキラさせて目を戻す。
「証拠が見つかった!」ということだが、本当かはわからない。
それに、大げさに言ってる可能性も否定できない…。

黒木は近づいて肩越しに見る。
すると、表情は一転して、まじめな顔になって小塚を呼んだ。

そこには、はっきりとしたタイヤ痕が残っていた。

「タイヤ痕って、ブレーキをかけたときにできるよな」

上杉は切れ長の目を切らりと輝かせて言う。

「それより、誘拐犯って計画的なのかな…?」

分析の手を止めて、小塚は言った。
それに答えたのは、黒木だった。

「いや、俺の予想では間抜けな犯人だったんじゃないかな?
まず、計画的な犯行だったら緻密に計画するだろうから、あんまり急がなくて済む。
でも、タイヤ痕ができていたってことは精神的にも、急いでたし、慌ただしかったんだろう。
それに、もう一個ある…」

そして、土を指さす。
上杉と小塚はなるほどというかをしたが、若武はわからず考えていた。
最後は諦めるが…。

「で、どういうことなんだ?」
「計画犯なら、たぶん天候も確認する」
「天候…あ、あめか?!」

黒木はヒューっと口笛をして「正解」と答える。

「この辺の土は、年度っぽい位から、水を吸収しても水はけが悪くて、靴の後とかは形になる。
そんなの、普通だったらニュースを見ればわかる。
あ、あともう一個あった」

今度こそは上杉も小塚もわからずになんだ?という顔をする。

234:みさ◆gQ:2016/10/08(土) 22:58 ID:ka6

>>232 かもねー

私も結構読んでる方だとは思うんだけどなぁ

235:美優◆Jc:2016/10/09(日) 16:09 ID:4q2

>>233面白い❗犯人、すごいマヌケっww
>>234私は…あんまり読んでないかな…(だからバカなんだな! by若武)煩い、バカ武!

236:みさ◆tw:2016/10/23(日) 20:36 ID:ka6


〜星空は知っている〜


「これは大したものじゃないんだけど…。すぐに犯人はわかると思うよ」

「おい黒木!なんでだよ」

若武が、目をらんらんと光らせて聞いてくる。

どんなスリルが待っているのか楽しみ、って感じとアーヤが心配で心配でしょうがないって感じだな…。

軽く笑って聞いてみる。

「お前らさ、ここってちなみにどこ?」

「森の中って感じだけど…」

小塚が、戸惑ったように答える。

上杉が、「早くしろよ」とイライラする。

本当に、アーヤが関わると性格変わっちまうんだなぁ。

まぁ、俺もかなりイラっとしてるけど…。

「そう、ここは森の中なんだ。ちなみに、こんなところまでわざわざ誘拐なんて遠くからするようなバカも少ない。

ここに来るまで何があった?」

若武は寝てたからわかんないだろうなー。

上杉なら分かったかな?

「上杉、覚えてるか」

「ああ、でもただの小さな村…」

「わかった!!」

いきなり、気力を取り戻す。

面倒くさいとは思うけど、アーヤのことを考えると、そんなことは言ってられない。

「つまり、犯人は、村の中!そして、そういう小さな村の移動手段は主に自転車とかある気が多い!

そしたら、車をもってる方が、珍しい!」

「ヒュー」と口笛を吹く。

「そうとなったらさっそく下りるぞ!」

「おお!」

そういって、村の方まで全速力でかけていく。

ただ一つの笑顔を守るために…。

237:美優◆Jc:2016/10/24(月) 20:47 ID:4q2

>>236面白い!よし、私もアーヤを助けn((((((殴る

すんませんw

238:みさ◆tw:2016/10/25(火) 15:06 ID:ka6

よし、私もアーヤをt((殴

239:美優◆Jc:2016/10/25(火) 18:22 ID:4q2

>>238じゃあ二人で助けにいk(°o°C=(_ _;ヤメイ

240:みさ◆tw:2016/10/28(金) 04:31 ID:ka6

行ったら、確実に4人の迷惑(笑)

241:蒼空◆Jc 名前また変えました!美優です!:2016/10/28(金) 21:37 ID:4q2

>>240そうだねwwやめとこうww(ってか最初から行くな)

みさ、私名前変えたからー!呼び方は何でもいいよー!美優でも蒼空でも!

242:みさ◆tw OKでーす!でも美羽で(笑):2016/10/30(日) 08:38 ID:ka6


く、アーヤ…。

私は助けにけないけど、いつも心はひt…((殴

ちなみにハロウィン編少し書いたからよければ来てね(o^―^o)ニコ

243:みやこ:2016/11/05(土) 07:10 ID:.1s

皆さん、お久しぶりです!!!
パソコンが違うのでIDが違いますけど一応スレ主のみやこです!!!!全然来れないですいませんでしたぁ!!!!!
もう、半年ぐらい来てないのかな?うん、そーだ。なんか、知らない間にいっぱい人がいるのでビックリしました。






これから、たまーにですが、ぜーんぜん書いてなかった小説の続きを書こうと思ってます。





よろしくねー!!!!

244:蒼空◆Jc:2016/11/05(土) 18:46 ID:4q2

>>242OK❗ごめんね、また忙しくなって…今見てくるね❗ε=┌(;・∀・)┘
>>243スレ主Σ(・ω・ノ)ノ初めまして!!!新しく入った蒼空です!!よろしくおねがいします!!!呼びタメOKですか?私はOKです!

245:みさ◆tw:2016/11/09(水) 23:15 ID:ka6


スレ主様こんにちわー

みさです。あれ?出会ってましたっけ?

小説楽しみに待っております(o^―^o)ニコ

美羽>>コメントありがとう!

赤い仮面は知っているの、スーツを意識したwww

ちなみに、今クリスマス編に取り掛かり中www


* * * * * * * * * * * * * * *

〜星空は知っている〜


村は、あまり人も多くなく、老人が多めに見受けられた。

だから、車を使っている人も少ないし、老人だと運べないから外される。
だから必然的に若いやつらに絞られた。

それでも、何人か候補がいるから、一人一人の家には行けない…。

「もういいだろ?!回っていけばよ!どーせ、候補は3つだ」
「それじゃあだめだ。アーヤを連れ去ったってことは俺たちに喧嘩を売ったんだ。確実な方法で行こう」

いつものような黒木でもなく、目の中に静かな火を燃やしているように見えた。

「でも、どうやって探すんだ。手遅れになったら…」

いつにもなく弱々しい声を出しながらつぶやく若武。

「…僕は…」

静かな声が皆の中に響く。

「僕は、話し合うことよりも先に、行動に移した方がいいと思う…。アーヤが今どうなってるかわからないんだ。
今大切なのは、早く犯人を突き止めることだよ」

「そうだ」と、小塚の肩に腕を回し若武も賛同する。

「黒木と上杉は、あの三人のことについて聞きに行ってくれ。で、小塚はタイヤ痕わかるか?そしたら俺と、一つでも候補を絞るようにする」



【上杉side】

今の候補は、川樹、野河、山野井の三人。

黒木と俺は、スーパーの近くに行くことに決めた。
黒木の意見だと、女たちはそこでいったん集まると気が済むまで話して帰らないらしいし。

こんな村でも平気かと思ったけど、どこの女も同じでやはり話してる人はいた。

「いくぞ上杉」

って、黒木に連れられたけど、面倒くせーし、人から話聞きだせっかな。

「こんにちわ、皆さんここに住んでるんですか?」
「ええ、そうよ。観光?」
「いえ、祖母に会いに来たんです。あの、川樹さんにあいさつ行ったんですけど、出なくて…どんな方かわかりますか?
あったときにあいさつできるといいので…」

と、黒木が川樹やらについて聞き終わった後、続きを聞こうとすると、黒木が首を振ってとめた。

だから、三つとも聞くのに場所を変えたから結構時間がたった。

でも、その分結構いい情報もちらほらあった。
だから、集合場所に行くときも、早歩きになってしまった。


to be continued

246:蒼空◆Jc:2016/11/11(金) 20:36 ID:U5Q

>>245やっぱり面白い❗アーヤを早く助け出してー!!

247:みさ◆tw:2016/11/13(日) 18:32 ID:ka6


(人''▽`)ありがとう☆

でも、やっぱり文章量が少ないなー…。

248:みさ◆tw:2016/11/15(火) 16:50 ID:ka6


〜星空は知っている〜

「どうだった?」

若武は、上杉と黒木が帰ってくるとすぐ口を開いた。
二人は、聞き込みでの結果を話し始めた。

「まず、川樹。そいつは、先週から出張に行ってるらしい」
「そうか、じゃあ川樹は除外だな」

若武は、腕を組みうんうんと頷く。
その様子に上杉は、ケッと言いたそうな顔をしている。

「野河は、80歳の老人。介護がないと動けないし食べれないらしい。でも今はちょうどそいつの息子が来てるらしいぜ」
「じゃあ、野川さんの息子が憂さ晴らしにアーヤをさらたってことは?」

小塚の意見にいち早く反応したのは上杉だった。
首をゆっくり振って否定する。

「それはないな。立花を拉致ったら、その爺さんにばれる。黒木に調べてもらったら、そこは部屋数が一つしかねーらしい」
「じゃあ爺さんがいなかったらそうなんだ?」

疑問を口に出した若武をキッとにらむ。
立花が見つからないストレスや、なっかな化調査が進まないためか。

「いいか、今小塚は憂さ晴らしって言ったんだよ!その爺さんは介護がなきゃだめで徘徊なんてとても無理だ。
それにとっくに死んでたら憂さ晴らしにもなんねーだろ」

あまりの迫力に、若武は、驚く。
小塚はポカーンとして、黒木はクスッとする。

「そうカッカすんなよ。で、最後の山野(>>245は山野井→山野)だけど、定年退職したおっさん。
小塚、そいつの車見たなら何か気づかなかったか?」
「ああ。大したことじゃないけど、タイヤに土がついてて、あそこと同じものだった」

胸ポケットから、砂が入ってるビニール手袋を出してみせる。
そして、判断した内容が一気に話した。

「この辺の土はね、土っていうより砂利なんだ。でも僕たちがいたところは、きめが細かい土。
その土は多分上らないと付かないから、その車は僕たちのところにいたんだ」

「やっぱりだ」と、黒木が長い指をパチンとならした。
若武の目が、さっさと教えろ!といっていて、苦笑する。

「そいつは、土日ではよくライブに行ってた。それも、小さい子のね」
「それってつまり…」

皆が顔を合わせる。
その瞬間、顔が真っ青になった。

「ロリコンだろ!いや、アーヤ可愛いからしょうがねーけど!でも許さねー!!」
「ああ、許せないのは俺も同じだ。だから、取り返しに行こう」

最後までの言葉を聞かず、若武は山野の家に向かおうとした。
その腕を上杉が引っ張り連れ戻す。

「おい、何すんだよ!アーヤを助けに…」
「俺はな、結構切れてんだよ」

目がキラッと光るのを見逃さなかった。
と同時に寒気もする。

「な、何をするんだ上杉…?」
「簡単だよ、俺たちから立花を奪ったらどうなるか知らせてや「どうした?」ろうゼ…」

上杉が語る途中で声が入る。
でも、若武でも黒木でも小塚でもない。
ゆっくり振り返ってみると、背の高い人影が最初に瞳に映った。

249:みさ◆tw:2016/12/02(金) 20:21 ID:ka6


イエイ!久しぶりイエイ!

これからも頑張ろうかなイエイ!

250:蒼空◆Jc:2016/12/03(土) 08:31 ID:4q2

>>248ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァあ、あ、あ、アーヤは可愛いから誘拐されたのか!!!
>>249みさ(*´ω`)人(´ω`*)オヒサー♪これからも頑張って👊😆🎵応援してるよ!(*ゝω・*)

251:みさ◆tw:2016/12/03(土) 13:25 ID:ka6

ありがとう美羽―!!
会いたかったよ(o^―^o)ニコ

久しぶりだねー(笑)

* * * * * * * * * * * * * * *

〜星空は知っている〜


「誰だよ…」

上杉が自分が話しているときに急に割り込まれたため、機嫌が悪そうだ。
皆も振り返ってみると、予想外の人物であって、でもそうだったな…という人物でもあった。

「おせーよ」

上杉が、軽く笑う。
影は、「あはは」と笑いながら言った。

「ごめん、遅くなっちまって。

砂原翔、参上仕った」

砂原が立っていた。
今の状況を知らないから軽くおどけて見せて。
でも、それは空気を軽くした気がした。

「それより、さっきなんて言ってたんだ。立花を奪ったとか…」

砂原は、笑いながら腰に手をかけて言った。
でも、みんなは、その目には怒りが隠れてることを知っている。

「アーヤがさらわれた…」
「ロリコンにな」
「なっ…」

たじろいだ。
まぁ、ロリコンだと聞いたらみんなもおかしくなるだろう。
砂原はそのまま続けた。

「た、確かに立花は可愛いからしょうがないかもしれないが、ロリコンだとぉ!」

黒木がそっと歩み手をのせた。

「それ、若武も言ってた…」
「そ、そうか…ってそういう場合じゃないだろ?ロリコンに捕まってるだなんて…どうなるかわかんねーぞ」

皆は目を合わせる。
上杉が、一歩前に出て砂原に言った。

「俺たちは、誰が犯人なのかはわかってる。でも、立花をさらったってことを後悔させてやるんだ…」

目にモノを見せてやる…と目が物語っていた。
砂原は考えた後も一度口を開く。

「でも、先ず立花の安全が第一だろ」
「大丈夫だ、脅せばいい」
「お、脅す?」

砂原は展開についていけていない…。

(た、立花もこんなことをいつもしてるのか…?)

「つまり、電話をかけて、お前のことを知ってる。何かしてもすぐわかる、みたいに言えばいいんだ」

砂原はため息をつき、あたりを見回す。
「この案に賛成のやつはどれぐらいいるんだよ」と聞くと、小塚はおずおずと手を上げたがそれ以外は普通に手を上げた。

「…ばれたらサツとなかよくおねんねだぜ」
「へっ、俺たちじゃなくておねんねすんのはあっちだね」

「いいだろう、乗った」

そうして、計画は動き出した。

252:蒼空◆Jc ID違うけど気にしないで&:2016/12/03(土) 14:18 ID:ZwE

>>251砂原キタ━(゚∀゚)━!たしかに脅した方がいいね!よし、私も一緒にいko( ̄ー ̄)○☆ヤメロッテ

253:凛☆:2016/12/03(土) 18:06 ID:ZdA

あの、入ってもいいですか?
いつも、小説見ています!

254:みさ◆tw:2016/12/03(土) 19:30 ID:ka6


美羽>>ついに砂原きたぁ――!!
そうだね、私達で脅した方が((殴

凛さん>>もちろんですよぉー(o^―^o)ニコ
みさでおkです!!ためもおkです!!

255:蒼空◆Jc:2016/12/03(土) 22:59 ID:4q2

>>253もちろん❗よろしくねー!ヾ(☆ゝ∀・)ノ
>>254だよね!(oゝД・)bよし、私達でいko(⌒‐⌒)○☆ダカラヤメロ

256:みさ◆tw:2016/12/03(土) 23:36 ID:ka6


>>255

行ったら・・・○される!!

257:凛☆:2016/12/05(月) 08:29 ID:afo

254,255≫

みさs、蒼空s、ありがとうございます!
私もタメOkです♪

258:みさ◆tw:2016/12/05(月) 15:00 ID:ka6


よろしくね凛さん(o^―^o)ニコ
呼び捨ておk?私はおkだけど…?

ねー、ねー!誰かリレーやらない?
私やったことないからよくわかんないけど…。

やってくれる人は、名乗りを上げよ!!

259:蒼空◆Jc:2016/12/05(月) 16:10 ID:4q2

>>256( ゚д゚)ハッ!た、たしかに…((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
>>257OK❗よろしくね、凛!(で、いいかな?)
>>258いいね、私やるー!蒼空、リレーに参加しまーす!(@^▽゜@)ゞ

260:みさ◆tw:2016/12/05(月) 16:21 ID:ka6


「…エントリー1の『美羽』か…」

「は、はい(;・∀・)」

バサッ

「合格だ」

「…え( ゚Д゚)」

「探偵チームkz事件ノートリレー小説特攻部部長の『みさ』だ。よろしくな(手をさし伸ばす」

「ガシッ)はい!!」

…以上です(笑)

261:みさ◆tw (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/12/05(月) 18:48 ID:ka6


イエイ!
オリキャラ募集するかも!
イエイ!

262:みさ◆tw (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/12/05(月) 18:58 ID:ka6


連続レスごめんなさい(。-人-。) ゴメンネ

アメーバ私やり始めたんだけど、もしやってる人いたら話さないですか?

263:蒼空◆Jc:2016/12/05(月) 21:34 ID:4q2

>>260ちょwwうけるからwwあ、
「これからよろしくお願いします!m(__)mペコリ
>>261そうだねー…う〜ん…名前は『森下 圭太』(もりしたけいた)なんてどう(-ω- ?)んでアーヤは『ケイくん』って呼んでる。
どうかな?
>>262アメーバか…昔はやってたけど今は出来るかどうか分かんないな…ごめん!

264:みさ◆tw (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/12/06(火) 14:08 ID:ka6


「うむ、君は探偵チームkzリレー小説特攻部隊班長としてこれからやってもらおう」

はいはいいはーい(笑)!
ごめんね、オリキャラ募集は、もう少し今度で、女の子でちょっと軽い設定があるから(笑)
それに、たぶんこっちでは使わないかも…。

いやいや、大丈夫大丈夫ー(o^―^o)ニコ
もしできたら、もっと話せたから少し残念だけど…。
でも、もしよかったらログインだけでもできるか試してほしかったりする…。

265:凛☆:2016/12/06(火) 16:22 ID:afo

253≫

普通に呼び捨てでいいですよ?

258≫

リレー参加したいです!

266:すず梅抹◆jE:2016/12/06(火) 16:24 ID:lbc

私も入って良いですか?
全巻読んで、アイドル王子は知っている早く読みたいです!!

267:みさ◆tw (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/12/06(火) 16:25 ID:ka6


よろしくね凛(o^―^o)ニコ

よし、じゃあみんなリレー参加だね(笑)

探偵チームkzリレー小説特攻部隊隊長みさからお願いがある。

塾あるから誰か順番決めてね!

268:みさ◆tw (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/12/06(火) 16:26 ID:ka6

すず梅抹さんはじめましてー!
よろしくお願いしますね(o^―^o)ニコ

あと、三日ですねー。

リレー部隊募集中です(笑)

269:未九九:2016/12/06(火) 19:02 ID:lSA

みささん
こんにちは
私もリレーに入れてもらっていいですか(・・?
とても楽しみです!

270:みさ◆tw (;`・ω・)つdice3:2016/12/06(火) 22:11 ID:ka6


こんにちは!
もちろんですよ未九九さん(o^―^o)ニコ

探偵チームkzリレー小説特攻部隊隊長のみさです(笑)
読み方は何と読むのか教えてもらっていいですか?


ただいま参加希望の人って、
私、美羽、凛、すず梅抹さん、未九九さんでおk?

271:紗良◆js:2016/12/06(火) 22:19 ID:4q2

>>264私が!?Σ(・ω・ノ)ノむりむり!

オリキャラ、了解❗(。ゝω・)ゞたしかにまだ早すぎたもんね。
>>266-269( `・∀・´)ノ ヨロシクーね
>>267そだね。それじゃあ自分は何番がいい!と、いうのとか要望はある(・_・?)なかったら適当に決めたいな、って思ってるんだけど。
>>270みくくじゃない?

272:蒼空◆Jc:2016/12/06(火) 22:20 ID:4q2

あ、ごめん!上の私!

273:みさ◆tw (;`・ω・)つdice3:2016/12/06(火) 22:22 ID:ka6


>>271 そうだよね、無理言ってごめんね(笑)

そうだねー、私は何番でもいいよー

274:みさ◆tw (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/12/06(火) 22:54 ID:ka6

>>270 やっぱりみくくさんかなぁ?

275:未九九:2016/12/07(水) 13:51 ID:lSA

遅れてすいません
読み方は みくくで(●`・ω・)ゞ<ok!
私は3番目ぐらいが、いいな〜

276:みさ◆tw:2016/12/07(水) 14:52 ID:ka6


みくくさんねおkァィ(。・Д・)ゞ

うーん、じゃあ私がくじつくろうか?
今そういうのあるけど…。

277:みさ◆tw (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/12/07(水) 15:28 ID:ka6


最近は、kzの活動がないからつまらないなぁー。
みんなはどうしてるんだろう?
若武とか、黒木君とか上杉君や翼はサッカーのkzで忙しいんだろうし…。
小塚君も、研究とかしてて忙しいのかな。

って、そしたら私何もすることないじゃん!
家に帰って、復習して予習して…をまたずっと繰り返さないといけないのかな?

「彩!電話よ」

電話?!
誰からだろう?
小塚君から、kzが集合するって話かな?
でも、違ったらショックだし、考えないようにしておこ!

ママから受話器を受け取って、耳に当てた。

「はい、彩です」


* * * * * * * * * * * * * * *

もういいや!!ってことで、書いちゃった(笑)
次書いてくれる人いたらよろしくねぇー。
一周回ったらその順番で行くよぉー!

278:未九九:2016/12/07(水) 20:33 ID:lSA

今日、本屋さんに行ったら
アイドル王子は知っている
発売されていました
パチパチパチパチ〜
皆様の近くの本屋には、発売されていましたか❔

279:みさ◆tw ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/12/07(水) 20:38 ID:ka6

わー、出たんだね。
まだ見に行ってないなぁー。

280:みさ◆tw (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/12/07(水) 20:45 ID:ka6


実のことを言うと、まだ全部読み終わってないんです。
なんかを見て「( ゚д゚)ハッ!」として衝動的に借りてはまったって感じで…。
怒らないでね(-_-;)

あと、おねがいー!誰か、誰か>>277の続き書いて―!!
下手だから全く続けられないのはわかるけれども!!
でも、誰か適当にでも続けてくれないとリレーにならないよぉー!!

281:未九九:2016/12/07(水) 21:05 ID:lSA

明日リレーやります!!!!

282:凛☆:2016/12/08(木) 07:50 ID:afo

みさs、私書きます!

それは、どこか聞き覚えのある声だった
?「アーヤ、久しぶり」
ア「砂原君!」
砂「アーヤ、今日暇か?」
ア「うん」
砂「じゃあ、今日、2人でどっか行こうぜ」
ア「いいよっ!」
砂「今そっちに行くからちょっとまってくれるか?」
ア「わかった、まってる」
〜5分後〜
ピンポーン
あ、砂原君が来た!?
急いでドアを開けると砂原君がいた
砂「行こうぜ」
ア「うんっ!!」

――――――――――――――――
書いてみましたが…どうでしょうか…?

283:みさ◆tw (;`・ω・)つdice3:2016/12/08(木) 16:17 ID:ka6


おkおk!!!

じゃあ みさ → 凛 → ? だね

284:未九九:2016/12/08(木) 17:48 ID:lSA


みささん
リレーです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私たちは、近くの商店街のカフェでお喋りをしていた
「砂原、この頃どう?」
「どうって、なんだよ.....」
「あー。。。砂原今どこに住んでいるの?」
「俺は、今、マスク・ルージュの仕事で、オランダのアムステルダムって所に住んでいるんだ」
「へー、オランダかー」
そんな、遠いい所に.....
砂原とは、もうそんなに会えなくなるなぁ…
私は、悲しくなってうつむいた
そしたら
「コンコンコン」
窓をたたく音がした、窓のほうを
見ると
何と、若武たちがいた
「わ、若武!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私のリレーは、ここまでです。
下手くそで、文章短くてごめんなさい🙇
次の人お願いします

285:蒼空◆Jc:2016/12/08(木) 21:30 ID:4q2

私もリレー書くね!

私が驚いてる間に若武達は、カフェの中に入ってきた。

あちゃー、絶対このあと面倒な事になる…

「おい、アーヤ!!俺達に内緒で、何話してたんだ!?」

ほら、やっぱり…で、でも別に隠すことはないよね。

「別に。普通の話しをしてただけだよ。砂原は今、何処に住んでるのかとか。」

「…ほんとか?」

若武がそういったので私はちょっと頭にきた。

だって、ほんとの事を話したのにこんなに疑われる必要なくない?

それにもう会えないかもしれない砂原と話す、貴重な時間なのに。

ムッとした私はつい大きな声で

「ほんとだよ!」

と、言ってしまった。

すると、他のお客さんに変な目で見られてしまった。

う…やっちゃった!

次の人、お願いします!

286:みさ◆tw ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/12/08(木) 23:03 ID:ka6


いいですいいです(≧◇≦)

えっと、 みさ(私) → 凛 → 未九九 → 美羽(蒼空)

で、きてるよー!
もし、明日まですず梅抹さん来なかったら私続き書いてもい?

287:未九九:2016/12/09(金) 07:22 ID:lSA

ok
ですよ!

288:凛☆:2016/12/09(金) 15:30 ID:jJs

了解です!

289:蒼空◆Jc:2016/12/09(金) 19:18 ID:4q2

>>286いいよ!🙆

290:みさ◆tw ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/12/09(金) 22:41 ID:ka6

ありがとうねー、ではでは…

>>286 未九九さん呼び捨て(。-人-。) ゴメンネ

* * * * * * * * * * * * * * *

「ま、とにかく落ち着けよお前ら」

砂原が冷静に対処する。
あれ?この状況おかしくない?
ま、いいか。

「ごめん、そんなつもりはなかったんだけどさ…」

いつになく若武が素直で、ちょっと怖いかも。
その時、扉が開く音がして数人の足音がこっちに向かってきていた。

「おい、若武おせーよ。なんか急に消えやがってよ」
「どうせ若武のことだし、一目ぼれしたとか?」
「あ、それありうるよね」

わ…。
若武に続けて、上杉君、黒木君、翼が入ってきた。
小塚君がいないし、ジャージっぽいの着てるから試合帰りかな。
これ、私と砂原のこと気付いてるのかな?
それよりも…。

「あの子たちかっこよくない(ヒソヒソ」
「ね、でも一緒にいるあの子誰だろ(ヒソヒソ」
「さぁ、てかあれどこ中だろ(ヒソヒソ」

視線が痛いよぉ。
だって、ここにいるみんなすごいかっこいいんだもん。
そりゃ、注目するよね。

「で、若武先生は誰を口説き落としたのかな?」

黒木君たちが笑いながら私たちを見た。


next → 凛

短くてごめんね!

291:未九九:2016/12/09(金) 23:32 ID:lSA

アイドル王子は知っている読みましたか?
私は、今日買って読み終えました!
(お母さんにバレないように買いました(笑))
今回の話の舞台は、芸能界です。
読み終わったら、感想が、聞きたいです。

292:みさ◆tw ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/12/10(土) 07:40 ID:ka6

今は金欠だから、一回図書館で借りるつもり…。
一番を取るぜー!

293:凛☆:2016/12/10(土) 08:16 ID:jJs

よしっ!書くっ!

☆★☆★☆★☆★☆★

すると黒木君達はサッと笑顔を消し、背中に…くっ黒いオーラが…
黒「あれ、アーヤと…砂原?2人でこんな所に?」
黒木君笑っているけど目が笑ってない…
異変に気づいたのか、周りの人は静かになり視線がなくなった
どっどうしよう…超気まずいんだけど…
すると砂原君が私の手を取り走って店から抜け出した
ア「すっ砂原君!?」
砂「ごめんアーヤ、なんかこのままじゃあいつらにデートの邪魔されるかと思ってさ。」
ふぇっ!?

☆★☆★☆★☆★☆★

短すぎた…ごめんなさい未九九s、次、お願いします

294:未九九:2016/12/10(土) 10:41 ID:lSA

はあはあはぁ
着いたところは、近くの公園だった。
「砂原、若武たちのこと嫌いなの?」
「アーヤ黙って聞いてくれ、俺ずっとお前のことが.....」
「アーーーーーヤーーーー」
びくっとして、後ろを向いて見ると、若竹たちが追いかけて来ていた
黒木クンが
「砂原、アーヤに変な事したら殴るからな」
と、言って指をボキッと鳴らした...
上杉君が、黒木クンをなだめながら
「なぜ、俺たちから逃げたんだ、わけを言えよ!!!」
静かな言い方だったが、怒りも混じっていた。。。
小塚君は、なぜか、泣きそうな顔で、皆の、顔色を
伺っている…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短くて、ごめんなさい
次の方お願いします。

295:みさ◆tw ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/12/10(土) 12:37 ID:ka6


キャー!!(≧∇≦)

ちなみに質問なんだけど、砂原は「アーヤ」って呼ぶ設定かな?

あの、本編では「立花」だからさ…?

296:凛☆:2016/12/10(土) 12:42 ID:jJs

ほんとっ!?
ちょっと本見なきゃ!

297:蒼空◆Jc:2016/12/10(土) 21:39 ID:4q2

>>295アーヤでいいんじゃないかな?その方がなんか距離が縮まった気がするし!(☆∀☆)

リレー小説は明日ぐらいに書くね!

298:みさ◆tw (;`・ω・)つdice3:2016/12/11(日) 06:48 ID:ka6

>>297おkです。

じゃあ、砂原は「アーヤ」ね。

美羽待ってるよ(o^―^o)ニコ

299:蒼空◆Jc:2016/12/11(日) 08:53 ID:4q2

>>298OK❗それじゃあ書くね!

み、皆怖いよ…

少しの沈黙の後、砂原君が言った。

「分かった。ちゃんと説明するよ。実は俺、仕事でオランダに住んでいるんだ。オランダって遠いだろ?だから、もうアーヤと会えなくなるかもしれない。そんでこの貴重な時間を誰にも邪魔されたくなかったわけ。以上!」

短くてごめん!このあと出掛けるため、次の人お願いします!

300:みさ◆tw ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/12/11(日) 08:59 ID:ka6

だいじょうぶだよー!!
次って…私?

そして、無事に300レス回収(笑)

301:凛☆:2016/12/11(日) 15:50 ID:jJs

あっ!取られた!

302:みさ◆tw:2016/12/11(日) 17:06 ID:ka6


「本当なのか?!これが嘘だったりしねーよな!!」

若武の怒りが混ざった声が響く。
もう、砂原と会えないの…?

「…そうなの?」

アーヤの声で、一瞬場が静かになる。
もう、私は砂原と会えないの…?
いやだよ、嫌だよ…友達でしょ?

「ああ、ごめんなアーヤ…」

アーヤがこんな声を出すと、みんなもけんかをする気力もなくなってしまう。
それに。

「そっか…元気でね」

泣いちゃダメなんだ。
きっと、砂原も苦しんで決意したことなんだもん!
砂原はアーヤの顔を凝視して何も言わない。
変化といえば、目が動揺している。

「俺さ、好きな女に泣きながら元気でねって言われても余裕でいられるほどの男じゃねーんだけど…」

え?な、涙?
急いで目元をぬぐうと、光る水滴が手についたのが分かった。

「ア、アーヤを泣かせやが…」

若武が最後まで言おうとしたとき黒木君が肩をポン、と触ってなだめてこっちを見る。
そして、口を開いた。

「もう帰ってこれないなら、お別れパーティーでもやるか?」


next → 凛

>>301そうです、私がとりました<(`^´)>
下手でごめんねー(´;ω;`)

303:みさ◆tw:2016/12/11(日) 17:25 ID:ka6

これはリレーじゃないよぉ!
最後の続きは、>>251

* * * * * * * * * * * * * * *

〜星空は知っている〜

【砂原side】


俺は途中から来てからよくわかんねーけど、どうやら立花が誘拐されたっぽい。
し、しかもロリコンに…。

「俺さ、まだ理解できてねーから話を簡単に説明してくれるか?」
「おぅ、記録がか…」

若武が話を振ろうとしたときに、動きが止まる。
でも、記録係って、誰だろ?
そんなことを思っていると、若武が頭をくしゃくしゃにかき混ぜながら言った。

「おい、誰かこの状況をアーヤみたいにうまく説明できるやつはいねーのか?」

立花が記録係か…。
で、こういう状況なわけね。
「ハァ」と一つため息をついて、口を開く。

「じゃ、俺が聞くからお前ら答えて」

というわけで聞いたんだが…こいつらよくこんな事判断できたな。
ま、上杉と黒木が情報収集って言ってもな…上杉できなさそうだけど。
えーっと、つまり今山野ってやつに拉致られたっつーわけね。

「で、どうやって脅すの?」
「そこはさ、やっぱり…」

皆の目線が若武に集中する。
へー、こいつそんな能力あったのか。

「ま、詐欺師若武の出番ってとこだろ」

詐欺師若武、というところに思わずぷっと噴き出す。
でも、こんなことをしてる間に、立花がもし…そんなことを考えてたらきりがなくなるけど。

「よし、いいこと考え付いたぞ!!」
「へー、なんだよ」

上杉が、いまにもかみつきそうな勢いで聞く。
それに対して若武は挑発に乗るような態度だ。

「俺たちは、kzでいつもリサーチをしてる。でも、いつも金は俺たちの財布から消えてくだろ?
だから、今回は今までの分の金も、その山井ってやつに負担させようぜ!」

なるほどな。
てかこいつらいつも自分の金で捜査してんのかー。
ま、いろんなところを省いたら少し尊敬する、かも。

「名付けて、アーヤを取り戻そう大作戦だ!!」
「・・・(シーン」

さっきのは前言撤回だ。
なんだよ、「アーヤ取り戻そう大作戦」って。
そこで上杉が、「だせぇ」とつぶやく。

「んだと、じゃあお前考えてみろ!ま、いつもアーヤが考えてるから無理だろうけどな!!」
「なぁ、若武…」

少し同情の目を向けながらそっと聞いた。

「それ、自分で言ってて悲しくなんねーのか?」
「…よし、作戦はこうだぁー…」

あ、無視しやがったこいつ。
でも、明らかにテンション低くんなったなこいつ。
てか、立花いないからって…。

「いいか。俺たちは善良な市民役だ」
「それでどうやって脅すんだよ」

若武はニヤッとする。

304:加枝◆Jc:2016/12/11(日) 21:58 ID:4q2

>>300Σ(゚Д゚)トラレタ!
>>302繋げづらいのに書いてくれてありがとう!やっぱみさは上手いね!
>>303おお、詐欺師の才能発揮したねww

305:蒼空、◆Jc:2016/12/11(日) 21:58 ID:4q2

ごめん、上私!

306:みさ◆tw:2016/12/11(日) 22:01 ID:ka6

>>304うまくないよー、この世界、私よりたくさんうまい人が…(-_-;)
そうだよ、これから若武劇場が開幕しまーす

307:みさ◆tw:2016/12/11(日) 23:27 ID:ka6

い、今なら書けそうな気がする!!(笑)

* * * * * * * * * * * * * * *

〜星空は知っている〜

【上杉side】

ピーンポーン

中から足音が聞こえる。
ドアが開いたかと思うと、腹が出てる中年が現れた。
騙すってわかってても、こいつがアーヤを、アーヤを…。
自分で方が震えてるのはわかるけどおさめられない。

「落ち着け上杉」
「…黒木。お前は落ち着いてられんのか?」

黒木は首を横に振る。
でも、顔は笑っていた。

「許せないから、今から俺たちが脅すんだろ?」
「そうだな」

肩の震えが止まる。
ここでいかっちゃだめだ、アーヤを見つけるまでは冷静に、冷静に…。

「何なんだね、君たち」


『作戦はこうだ』

あの後、若武は胸を張りながら言った。
噛みついてやりてーって思ったけど、こういうのを考えるのは詐欺師の方が似合ってるって考えたら自然に治った。

『俺たちは善良な市民、子供になりすます。で、ボランティア活動をするんだ』
『じゃあ、そのポジションはまず若武だろあと…』
『俺やる』

砂原が手を上げた。
確かにここは、俺と若武の相性は最悪だし、黒木はサポートの方がいい。
小塚は、ビビったら言葉でねーし…。

『俺賛成』

この言葉が合図のように次々とみんなも賛成をした。

『うん、まず募金をお願いするんだ。無理だっていったら、ドアの隙間に足を入れて一気に奴落とす』


こんな感じだったかな?

「あの、俺たち今募金活動やってるんです」

若武劇場の開幕か?

「へー、それはえらいな。だが、俺もあんまり金がないもんでなー」

髪をかきながら笑って答える。
アーヤ…大丈夫か、こんなやつのところにいて。

「そ、そこは何とかお願いできませんか?」
「そういわれてもねー…」

若武が気弱な学生っぽいのを演じている。
さ、砂原はどう出るんだ。

「そのお金は、子供のために使われるんです。彼とかその例です」

そう言って砂原をさす。
二人きりで打ち合わせしてたのはこういうことか。

「…彼は親がもう死んでいて、一人なんです。こういう子供がたくさんいる施設にお金を送るんです」
「お願いします!!」

二人が説得をしようとする。
だが山井は「ごめんね」と言ってドアを閉めようとした瞬間その隙間に若武が足を入れ、砂原がドアを強引に開けた。

「な、なんなんだね君たちは?!警察を呼ばせてもらうぞ」
「いいんですか?」
「なんだと…?」

「今、警察が来たらこの家を捜索しますよ?」

その瞬間明らかに空気が変わった。
動揺している。
俺たちも加わって中に入った。

「ま、別に俺たちはいい子ちゃんじゃないんで、警察に突き出そうなんて思ってないんです」
「な、なんだ」

「フェアな取引をしましょうよ」

308:凛☆:2016/12/13(火) 16:11 ID:jJs

≫302続き書きます☆

若「もう帰ってこられないなら、お別れパーティーでもやるか?」
すると、予想もしていなかった人が…
上「いいじゃん、やろうぜ」
えっ!?
私は目を真ん丸にした
うっ上杉君!?
若「んじゃあ!!今からすっか!!」
ノリノリだけど若武、なにか忘れているような気がする…?
黒「おい若武、小塚を忘れてはないよな。」
あっそうだった
ノリノリだった若武は、思いだした、みたいな顔をして小塚君に電話をした

次は誰だっけ…?

309:みさ◆tw ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/12/13(火) 16:50 ID:ka6

若武切り替え早い!!
まさかの上杉君の許可が下りるとは…。」

次は、未九九さんだよ

310:蒼空◆Jc:2016/12/14(水) 19:09 ID:4q2

>>306-307何言ってんの!(*`Д')みさは超超超超面白いよ!

311:みさ◆tw (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/12/14(水) 19:33 ID:ka6

>>310ありがとう美羽!!

* * * * * * * * * * * * * * *

〜星空は知っている〜

「フェアな取引、だと?」
「ええ。俺たち知ってるんですよ。この奥に何があるのか、とか」

山野が、明らかに怖がっているのが見て取れた。
そして、懇願するように口を開いた。

「た、助けてくれ!警察には、警察には…」

「だから…」と言って若武が、山野と同じ視線までしゃがむ。
まるで、どこかのやくざみたいだ。

「まず、女の子を返してください。で、俺たちに募金お願いします」

ニコッとさわやかな笑顔で言った。
でも、山野は諦めない。

「そ、そんなことをしてもいいのか?!」
「こっちだって、駒はそろってるんですよ」

後ろを向いて、黒木に軽く手招きする。
隣に来たことを確認すると、指をさしていった。

「こいつですね、警察にすごい知り合いがいるんですよ」
「そんな子供だましが通用するとでも?」
「そうですよねおじさん。なら俺一回かけてみましょうか?」

ポケットからスマホを出す。
さっきまで強気だった山野の顔がまた変わった。

「しかも、俺らの友達を拉致ったんで…」
「わ、わかった。いいだろう、それで…」
「じゃあ、山野井さん。女の子を返してください。あと募金も」

逃げるように一つの部屋に入って行く。
戻ってきたときの手には財布が握られていた。

「い、いくらだ!」
「募金なので、これぐらいかな?って量です」

少ない金で通報されるのを怖がってか、財布から一万円札を五枚出して、箱に入れる。
若武は、得意顔だ。

「さ、女の子は?」

若武は腰に手を当てて言った。
山野の顔が曇る。

「あ、あの子は可愛かったよね。まだ若くて…青々しいよ」
「何言ってんだこいつ…」

さっきまで静かだった上杉がいらいらした口調で言った。
山野の顔は、まるで麻薬中毒者のようにうっとりしたものを見るような目だった。

「俺は確かにあれぐらいの子供が好きなんだけどね。売るんだよ」
「え?…」

「あの子はねちょうど今さっき売ったところなんだ」

312:凛☆:2016/12/15(木) 07:38 ID:EKA

309≫
未九九sだったのか…次からおぼえなくちゃっ!

311≫
アーヤを売っただとぉぉぉぉぉぉぉ!!!!
山野ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!
許さんっっ!!!

313:みさ◆tw (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/12/15(木) 15:57 ID:ka6

明日、「アイドル王子は知っている」を借りる!

314:未九九:2016/12/15(木) 17:31 ID:lSA

[小塚ー今暇?」

「えっ、僕なら暇だけど。。」

「じゃーさ、今から砂原のお別れ会するから俺ん家来て」

「(●`・ω・)ゞ<ok!今から行くね!」
そして、皆が若武ん家にあつまった
若武が、墨で横断幕を、書いている
さっきから、墨が飛び散って掃除するのが
大変だった。
忍が
「家から、何か持ってきたほうがいいか?」
と言ってくれた。
すると、若武が
「お前ん家の骸骨に頼んで作って来てもらいたいのが
あるんだけど」
^^^〜〜〜^^^^^^^^^^^^^^^^
次の方お願いします

315:みさ◆tw ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/12/16(金) 15:57 ID:ka6

今日、借りに行きますー!
もしds持ってる人よかったら、フレ交換しませんか?
もちろん、ダメな人の方が多いはずですが…(笑)

ちなみに、あの場に私もいてアーヤが売られたなんて知ったら、その人多分みじん切りにする(笑)

316:みさ◆tw (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/12/16(金) 19:31 ID:ka6

>>未九九さん 
やばいです!!読みました…やばいです!!!!!!!
本当に小説書いてるのか?って感じな書き方ですが…チョーーーやばいです!!!!!
特に私は上杉押しだから、P158とか…泣きそうです…(´;ω;`)

317:蒼空◆Jc:2016/12/16(金) 21:59 ID:4q2

>>311…アーヤを…売っただと…?てんめええ、ゴラァ!!!!ミンチにしてやるわあ!!(それぐらい怒ってる!)
>>314ごめん!しばらくリレー小説は書けないかも…実は最近忙しくなっちゃって、たまにしかこれないんだ!だからリレー小説は私を抜かしてていいです!そして戻ってきたら、その時はまた入れてください❗自分勝手でごめんなさい!

318:みさ◆tw ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/12/18(日) 21:55 ID:ka6

>>314わかったよ(o^―^o)ニコ

あとで、リレー書きます

319:みさ◆tw (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/12/19(月) 21:57 ID:ka6

遅くなってごめんねー(。-人-。) ゴメンネ
久だから、かけるかな?

* * * * * * * * * * * * * * * 

「何を作ればいいんだ?」

忍が若武に不思議そうに聞く。
若武は周りをきょろきょろ見回して、忍の耳に「実はな…」と囁いた。

「いいよ、持ってくる」
「オウ、頼んだぜ」

忍は若武の家から出て行った。
で、私はというと…。
何かをやろうとすると、「大丈夫、僕がやるよ」とか「お前は何もしなくていい」とか言われて…。
ちょっとショックかも。

「アーヤ」
「ん?なに、砂原」
「あのさ、俺…」

どうしたんだろう?
急に声に力がなくなった。

「立花、あのさ」
「アーヤ、それ取ってもらっていい?」

もう、急に何なの?
あ、砂原今何か言ってたよね?

「ごめん、もう一回言ってもらっていい?」
「…いや、あとでまたいうよ」

320:みさ◆tw:2016/12/21(水) 16:52 ID:ka6

こんにちは、お久しぶりですね(*ノωノ)

一月一日から、二月十五日までこれませんので、よろしくね(''◇'')ゞ

その日までには、無理にでもできるだけ行くようにする!…多分。

321:みさ◆tw:2017/01/01(日) 09:07 ID:zs6

皆様、あけましておめでとうございます!

それでは、>>320の通りに…

322:みさ◆tw:2017/01/03(火) 16:29 ID:r7M

来ないと言ってたのに、一つやり忘れたことを思い出して結局来てしまった!!

キャラ募集してます。
よければやってください!


【名前】例) 田中太郎、など

【性別】 男 (決定事項)

【容姿】例) 背が高い、髪が茶色い、など

【性格】例) 優しい、男っぽい、など

【設定】 東京に住む男の子。 (決定事項)
     (プラスで何か書いてもおk)

よければよろしくねー!
じゃ、今度こそまじめにチャオ!

323:みさ◆tw:2017/01/05(木) 09:30 ID:r7M

来ないと言ったのに来てしまった…(´;ω;`)
そんな自分が嫌いです。
でも、諦めて開き直りました。

「別に勉強すりゃあいいんだろ?!(`・∀・´)エッヘン!!」

というわけで書きます(笑)。
最後は>>311

* * * * * * * * * * * * * * *

【若武side】

アーヤを売った??
聞き間違いか?聞き間違いであってくれ!
オレタチハアーヤヲタスケラレルノカ?

「おい若武!」
「いてっ!」

上杉に急にたたかれる。

「お前何ぼーっと突っ立ってんだ!立花を探しに行かねーのか?!」

そうだ!
まずは、アーヤを助けないと。

「小塚と黒木はここに残れ!黒きはそいつの監視、変なことしようとしたら警察に言え。その間に小塚は中を見てくれ」

くるっと振り返り、山野の方を向いた。

「おい、どこに売ったんだ」
「隣町のN市だ」

今度は上杉を振り返る。

「車のルート大体わかるか?!」
「それなら…」

黒木が声を上げた。

「俺のほうが多分わかる。上杉と交代させてくれ」

確かに、上杉の方が容赦なさそうだしな。

「わかった、案内してくれ!」
「こっちだ」

走り始めると、いつもより早く感じる。
あれ?すなーらは?

「若武、俺…」
「お前はアーヤが好きなんだろ!その気持ちはもうねーのか?!」

そういったとき、隣で風が起きた。
さっすがすなーら。
やっぱりはえーよ。

「こっちだ」

黒木が、車が通れない歩道者の道を歩いた。

「ん?なんだこんな時に…」

こんなときに電話してくるやつとかホント意味わかんねー!
携帯を出すと、上杉からだった。
あいつ、今の状況わかってんのか?!

『お前はバカか?!車の形状も知らないでどうやって行くんだ』

え?!いきなり馬鹿かよ…。
でも、確かに知らねー。

『いいか、軽トラックで逃走中。今はしかも、今日は幸運なことに休みの始めだから渋滞に巻き込まれてる可能性あり』
「ホントか?!で、色は…」
『一瞬で見たら怪しいってわかるっぽいぜ。じゃな』

一瞬で見たら怪しいって…?
なんだ?

「若武!!」

先を走っていた二人が車道側を向いて立っていた。
なんだ?あいつらも上杉から電話貰ったのか?

「どうした」
「これ…」

ん?
え…。
えっと、軽トラックだな。
で、あの色がその―…これかぁ。

「多分これで、上杉からさっき連絡が来たとき軽トラックで色は一瞬で怪しいってわかるっぽい」

それを聞いての感想が…。

「こいつら、もうちょっと人攫うんなら、自分の趣味をおさえた方がいいぜ」

が黒木。

「お前ら、こんなやつに立花攫われたの?」

がすなーら。

「ま、渋滞だったのも運だよなぁ。で、どうやって下す?」

そうだな、ここで渋滞してるし…よし。

「乗ろうぜ後ろに。アーヤもいるかもしれないし」
「じゃあ、ばれないように忍び込もうぜ」

324:みさ◆tw (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2017/01/06(金) 09:53 ID:r7M

誰も来ないから泣いちゃいそう(´;ω;`)
これで終わりかも?
と思って投稿しようとしたらまさかの投稿量が多い?!
って訳で二つに…。

* * * * * * * * * * * * * * *

【立花side】

怖いよ…。
ここどこ?
助けて…。
誰か…!

結ばれた両手で結ばれた両足を抱え体育座りをする。

私売られちゃうの?
どこに連れてかれるの?
皆とまだたくさんの話をしてたくさんの謎を解いてたくさんの…。

目から涙がこぼれるが、それをぬぐうこともできない無力な私。

立花彩、中学一年生。
今日で私は…。

「……………かも…」

今、若武の声が聞こえた?
気のせいなのかな…頭から何か被せられてるからわかんないよ…。

「じゃ……………よ……ぜ」

黒木君の、声?
もしかして、来てくれたのかな?

足音が聞こえる、何人かわからないけど…。
も、もしかして、今止まってるようだし、ここが私が売られる場所?!

「助けて…」

足音が目の前でやんだ。

「これ…袋…しくね?(この麻袋怪しくね?)」
「…武……み…ば?(若武とってみれば?)」
「…も、……の…ヤじゃ……ら……だろ(でも、本物のアーヤじゃなかったらどこにいるんだろ)」

だれ?誰なの?

「まぁ…ったら、それで…せばいいよ…(まぁ、違ったらそれで探せばいいよな)」

音が、鮮明に拾えた?
近い?子の声は若武?
カサッと何かに手を触れる音がした。
一気に明かりがさしこんでくる。

「アーヤ!!」

長い間光を受けなかった目はなかなか慣れない。
ぼんやりしてるけど、ここは…。
あの声は…。

「若……武…?」

後ろに、黒木君と砂原が見えた。
砂原いつ来たのかな?ぼやけた頭でそんなことを考えていた。

「おい、この縄どうやってほどこう」
「そりゃ、若武先生の馬鹿力でちぎればいいんじゃない?」
「誰か、はさみとか持ってないのかよ」

三人が三人とも違うことを言ってる…。
相性がいいのか悪いのか…。

「俺、カッターナイフとかリュックにある」
「持ってたけど、上杉に渡した」
「じゃ、しょうがない、最後の方法だ」

砂原が、大きくうなずいた。
え?な、何するの?
あの二人もきょとんとした顔してるし…?!

「立花。ま、今があんあり動いてないからチャンスだ。だからしょうがねぇってことで」

す、砂原の端正な顔が私の前で。
どうしよう、久しぶりに笑顔見た気がする。
かっこ…いい。

「じゃ、行くぜ」
「待って、何を?」

砂原が、しゃがみこんだ。
からだが一瞬で軽くなる。
あれ、もしかしてこれって…?!

「す、すなーら。お前ずりーぞ!」
「若武、お前も背が高くなったらやることだな」

そ、そんなこと言ってる場合じゃない!
い、今私お姫様抱っこされてる?!

「ま、待っておろして砂原!」
「こんなところでおろしたら帰れないぜ」
「…?!」

う―…何も言えない。
トラックの荷台だったんだ、ここ。
あれ?じゃあ、どうやって降りる。の?

「立花、ちょっと振動強いかもしれないけど、頑張れ」

耳元でささやかれたら、そうするしかないよ〜…。
ってことは、まさかジャンプ?!

そう思った瞬間、変な浮遊感を感じた。
嘘…私死ぬ…。

325:みさ◆tw (ノ>_<)ノ ≡dice5:2017/01/06(金) 09:53 ID:r7M

「……ーヤ……」

あれ?私呼ばれてる?
でも、瞼が開かない。

「アー………ヤ」

この声…誰だろ。

「アーヤ、アーヤ!」

えっと、目を開けるってこうだっけ?
さっきみたいにまたたくさんの光が入ってくる。

「あ、大丈夫かアーヤ」
「おい、立花お前名前言えるか?」

若武の声にかぶせるようにして上杉君の声が聞こえた。

「立花、彩」
「学校は?」
「浜田中学校…」

よく見ると、回りにみんながいた。
よかった、戻ってこれたんだー。

「何でお前ニヤニヤしてるんだ?」
「えっとね、また戻れてよかったなって…」

(((((その笑顔は反則だろ!)))))

「そういえばここは?」

急に見慣れない天井が目に入ってきてびっくりしたんだよね。
どこだろここ。

「そっか、アーヤはまだみてないんだね。ここはね星がよく見れる小屋」

ここに来たの星見るためだったね…。
すっかり忘れてた…。
ゆっくりと上半身を起こした。

「大丈夫か、アーヤ?」
「うん、みんなありがと」

そういうと、みんなは顔をほのかに赤く染めた。
どうしたんだろ、熱でもあるのかな?

「あ!」

今そこの窓から見えたんだよ。

「流れ星!」
「え!(若武)」
「おい、ちょっと見に行こうぜ(上杉)」
「じゃ、俺は立花を…(砂原)」
「アーヤ、外まで行けそう?(黒木)」
「あ、また流れた!でもあれって…(小塚)」

外に出ると、真っ暗な空にたくさんの星があった。
たくさんの流れ星が流れている。
なんか、星がまるで落ちてきたみたい。

「おい!諸君願い事だ!」

その瞬間みんなが手を合わせて何かつぶやき始めた。

皆、子供みたい。
でも私も…。

「…kzが永遠でありますように(ボソッ」

「なんてお願いした?」

その質問に私は笑って答えた。

「内緒!!」


END

* * * * * * * * * * * * * * *

おわったぁー!
意味不だけど、終わらせたぞぉ!

326:みさ◆tw ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2017/01/06(金) 10:18 ID:r7M

実は次書きたいの決めてある!!
でも、書き終えないといけない話もある!!
でも、今書いてたの終わったから、ちょくちょく書きたい!!


オリキャラ

【名前】 立花 瀧 ―たちばな たき―

【性別】 男

【容姿】 身長は、黒木より高い。
     髪は癖がなく、真っ黒。
     目は、明るい茶色をしている。

【性格】 明るく、元気。
     彩の前では面白いし優しいが、時々黒い一面も…。
     彩のことが好きで、彩の身に何か起きると周りが見えなくなる。

【概要】 彩のいとこで、同じ中学一年生。
     最近まで、遠くにいたため、連絡ができなかった。 
     運動が良くでき、頭もそこそこいい。
     

ぐらいかなぁ。
ちょっと矛盾したら、ま読む人はいないだろうからいいか(笑)

327:蒼空◆Jc:2017/01/06(金) 11:27 ID:LuE

やーっと戻ってこれたあ!みさ(*´ω`)人(´ω`*)オヒサー♪やっぱり小説面白いね!アーヤ無事に助け出せてよかったあ!
みさの新しい小説楽しみ❗

328:みさ◆tw:2017/01/06(金) 17:38 ID:WMk

>>美羽 ありがとー!
でも、前に書いたように来れる日は少ないよ(笑)

329:みさ◆tw:2017/01/06(金) 20:59 ID:FoE

パソコン投稿じゃないからマジ勘弁で、勉強合間に小説投下。

* * * * * * * * * * * * * * *

〜滝は知っている〜
【若武side】

「若武君おはよ!」
「おはよう!」

いやー、この前の星見に行ったの楽しかったなぁ。
ま、アーヤとは違う学校だから余計にかな?

教室に入るとざわざわしていた。
なんかあったのか?
転校生とか?
…ないな。
自分の席に腰を下ろすと、男子が来た。

「なぁ、若武知ってるか?」
「あ?転校生か?」

ありえねー。
ま、違うなら違うで…。

「なんだよ、若武も知ってんの?」

…マジ?
いやいやいや…ねぇ?
ま、これがアーヤとかだったらいいのになー。

そんなことはないと思いつつ、朝の先生の話を聞いていた。

「で、最後に知らせがある。ま、皆知ってるっぽいが。入ってくれ!」
「はい」

ドアがガラッと開いた。
スラッとした男が入ってきた。
あれ?なんだろ、イラってする…。
あ、背が高いからか。

「京都から来ました」

ふーん。
あ、今度皆で京都行こうか提案しよ。

「えっと、名前は」

これで、アーヤと同じ名前だったら笑えるのに。

「立花瀧です」

…え?
い、今立花って?

「立つ花って書きます」

立花違いかよぉ!

* * * * * * * * * * * * * * *

誤字脱字意味不は許してね。

330:みさ◆tw:2017/01/07(土) 12:55 ID:xeU

続きどうしようかな。
やっぱり、ミステリーっぽいの入れた方がいいのかな…(;´Д`)

331:みさ◆tw ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2017/01/07(土) 22:24 ID:r7M

昨日は模試で、明日も模試…。
小説を書いて、悲しい心を紛らせます(´;ω;`)
誰か同じ受験生でkz好きがこれを読んで少しでも和みますように。
という願いをかけて小説投下

* * * * * * * * * * * * * * *

〜滝は知っている〜

【若武side】

ま、まじかよ…立花違いとか。
でも、案外あったりする名前なのか?
うーん…。
ただ、俺より地味ぃー、な奴ならいいが目立つ奴は許さん!!


「若武、俺のこと瀧って呼んでくれ」
「瀧な。俺は何て呼んでくれてもいいぜ」
「若武は、若武って感じがするからいいよ」

―― 放課後 ――

今日一緒に授業受けて分かったことが一つある。
こいつめちゃくちゃいいやつだ!
体育でも、ミスをいちいち怒んないし心が寛大!
頭は、まぁ俺よりは悪いがそこを隠そうとしないで学ぼうとする姿はいい!!
だから、俺より少し背が高くても許す!

「お前頭いいよな、運動神経もめちゃくちゃいいし」
「ま、一応塾行って私立狙ってたんだけど落ちたんだよ。お前体育のときのあれナイスアシストだったよな」

んん?周りの女子がキャァキャァ言ってる…。
でもな、アーヤに言われてぇ!

「見てあの若武君と、立花君が話してる!(ボソッ」
「うーん!二人ともかっこいいよね(ボソッ」

何話してるのか気になるけど、まぁいいか。
あ、俺今日秀明あるんだった。帰んねーと!

「俺今日塾あるから!じゃな、瀧」
「あ、若武最後に一つ聞きたいことあんだけど」

うわ、あいつの茶色の目ってだれかに似てる…。
俺の心をつかんで離さないみたいな…?

「この辺でいい塾ってどこ?」
「んー、俺は秀明ってところ通ってるぜ」
「ふーん。サンキュッ!呼び止めて悪かった、じゃな」

廊下を走る。
瀧って、誰かに似てる気がすんだよなー。
誰だろ…?


―― 秀明への道 ――

俺はずっと誰に似てるか考えてたんだけど…わかんなかった。
誰だ?
しかも結構身近な気が…。

「あれ若武じゃね」
「ホントだ、おーい若武!」

ん?誰だ?
声がした方向を見る。
黒木と上杉と小塚が開成の制服を着て歩いていた。
…俺も本当はあれ着たかったんだけどな。
ま、今はあそこもいいけどな。

「おい若武、顔に似合わねー深刻な表情してどうしたんだよ」
「いや、考え事」

近づいてくるなり上杉に言われる。
いつもならすぐに突っかかるとこなんだが…今は何にも感じねぇ。
黒木がパチンと指を鳴らした。

「若武先生、恋煩いか?」
「ちげーよ、俺はアーヤ一本だ」

三人が立ち止まる。
あ、やべ。口からつい言葉が…。
上杉の表情は、なんかびっくりしてる。
黒木は、フツーの顔で、小塚は顔が赤い。

「お前よくこんな道で言えんな」
「ここ今人通ってないじゃん」
「若武それアーヤの前でも言えるの?」
「…まぁ、言おうと思えば」

黒木がじっと考えた様子でこちらをうかがっている。

「若武、あとでその悩み聞いてやるよ。だから談話室に来い。じゃ、俺先行くから」

黒木がすたすたと行ってしまった。
黒木って、何でも見透かしてるようで怖いんだよな。
でも、なんか解決してくれるかも?
そんな思いで秀明に入った。

332:みさ◆tw (;`・ω・)つdice3:2017/01/07(土) 22:54 ID:r7M

連続でのレスは、許してちょんまげ。
とにかく、書けるうちに書いておこうという姿勢が伝わると嬉しい。
やっぱり、パソコンで書くのが一番落ち着くぜ…。
初めは3DSで書いてたんだけどねー、なんかね(笑)
というわけで、長くなるかもだが、まぁいいさ(笑)
小説投下

* * * * * * * * * * * * * * *

〜滝は知っている〜

【若武side】

うーん、黒木何わかったんだろ。
てか、別にこれ謎じゃ無くね?
でも、気になるんだよなぁー…だから授業全然集中できなかった。

「おい若武、談話室行こうぜ」

あ、やべ…すっかり忘れてた。
やっぱり、こういう時に持つべきものは友だろ。

「どうせ若武のことだから忘れてるだろうし」

上杉こういうの本当にうぜー。
これぐらいアーヤにも素直になれっつーの。

「ま、僕たちも気になるってことだよ。早くいこ」

小塚はいいやつだよなぁー。
そういえば、黒木いなかった気がする…。
どうしたんだあいつ?

談話室に入ると、黒木はすでに来ていた。
あれ?授業出てたっけ?
座ると、黒木は腕を組んで離し始めた。

「俺がさっきの授業をふけったのは、これとは全く関係ない。で、若武先生は何を考えているんだ?」
「いや、考えてるっつーか…」

瀧のことで気になってるって感じなんだよなー。
ん?これが悩みなのか?

「さっさと言えよ」
「俺のクラスに今日転校生が来たんだ。で、名前がさぁ」
「立花、とか?」

小塚が口をはさんだ。
上杉と黒木がカル口を交わしながら笑って否定した。
ま、実際そうだから俺は否定しない出ると、二人の顔も、少し硬くなった。

「え、マジ…?」
「立花って、結構いそうだけどね」
「まぁ、俺もその可能性考えたんだけどな。立花瀧っていうんだ」

「え…」という声が聞こえた。
あれ?この声、まさか…。

「お、よかったアーヤ。来れたんだね」
「うん、黒木君教えてくれてありがと」

アーヤを連れてきた?!
これ事件でもないし、特に関係がない…話?
アーヤは近くの空いてる席に腰を下ろすと、すぐさま言った。

「今、立花瀧って言った?」
「そう、俺のところに転校してきた」

あれ、なんか顔固まってる?
もしかして、まじで知り合いとか?
アーヤは少し言葉を震わせながら続けた。

「その子って、運動神経良くて、身長は…黒木君ぐらいで、髪がさらっさらの黒色の子?」
「うん。お前よく知ってんなー」

いや、若武。
俺気付いてるだろ?
さっき、心の中で何か解決しただろ?

「その瀧って…


私のいとこ、かも」

…予想してた通り、って感じか?
確かに、目がそっくりだ…。
俺が言った、目から離せないような目、っていうおは俺がアーヤから目が離せないってことかぁ!

「でも、最近連絡も取れなくて…どこにいるんだろうって心配してたの。でも、来るなら浜田に来て惜しかったなー」

いやいや、だめだ!
だって、幼馴染が同じ学校だったら、俺たちが付け入る隙間ねーじゃん!
一瞬談話室のドアに人影が写る。
ん?あれって…。
ドアから入ってきたのは、さっきまで話をしてた瀧だった。

「お、若武じゃん!それと…彩?!」

あ、彩だとぉ?!
い、いとこだとアーヤを飛び越えて彩に一直線かよ!
瀧はそのままこっちに歩いてきた。

333:加枝◆Jc:2017/01/08(日) 18:28 ID:LuE

>>329-332面白い❗瀧はアーヤのいとこだったのかあ!
>>330別に入れなくてもいいと思うよ!

334:みさ◆tw:2017/01/08(日) 20:33 ID:r7M

>>333美羽ありがと!
でも、やっぱり入れたかったりなんだったり…まぁ行き当たりばったりでいっかぁ。

* * * * * * * * * * * * * * *

〜瀧は知っている〜

【立花side】

瀧…?
何でここにいるんだろう…。
会えてうれしいんだけど…やっぱり複雑。
だって、引っ越したら全然連絡くれないんだもん。

「彩、連絡できなくてごめんな…」

え、いきなり?!
でも、そういう素直なところ、変わってないな。

「うん、連絡できなくて寂しかったけど、また瀧にあえてよかった!」

若武の方で「なっ?!…」という声が聞こえた。
どうしたん……え?!
み、みんな固まってる?!顔面蒼白?!

(アーヤ/立花が、男子を下の名前で呼び捨てにした?!)

どうしたんだろう?

「彩」

瀧に呼ばれて振り向く。
すると、目の前にた、瀧の端正なお顔が!!

「もう一回言って、寂しかったって」
「ム…いや」

瀧は、思いっきり心外そうな顔をした。

「残念だね、昔はあったら飛びついてきたのに…」
「うん、瀧がね」
「そしてぎゅーってしたのに」
「うん、瀧がね」
「で、ほっぺにキスしてくれたのに…」
「うん、瀧が…ってしてない!!」

ち、違うよ!
皆に弁解しないと…。
そこにあったのは…すでにもの抜けのからの皆でした。
なんか、口から魂みたいのが出てくるのが見えそうです。

「…嘘だよ、嘘!」

瀧が、笑い飛ばした。
当り前だよ、そんなことしたことないもん。
その瞬間若武が少し生き返る。

「えっと、アーヤさん、いろいろ説明お願いします…」
「う、うん。瀧は私のいとこでお父さんの兄弟の息子。で、昔は家が近かったからよく遊んだよ。それぐらいかな」

うん、これぐらいしか説明することないよね。
瀧が口をはさんだ。

「俺と彩は小さいころ結婚するって約束したもんな」

えぇぇぇ?!
へ、変な話を持ち込まないでよ!
皆また気絶して…あ、黒木君は生きてる?!
みたいな、抜け殻だったぁ?!
と、とにかく生き返らせなくちゃ!

「みんな、昔の話だから!!」

「「「「否定しろよ!」」」」


―― 三分後 ――

「みんな、落ち着いた?」

口々にため息交じりに「大丈夫」と言っていく。
瀧は、本当は悪い子じゃないんだけど…人をからかうんだよな…。
じっと見つめていると。

「ん?彩俺の顔になんかついてる?」
「ううん、何でもないよ」

で、もう一度瀧について話した。
そのあと、瀧とも一応意気投合してくれててよかった。
でも、時々こっちをチラッてみるたびに瀧の笑顔に影が落ちてたのは…気のせいかな?

で、問題が一つ。
上杉君が、名前を呼んだの。

「あ、立花」
「なに?」
「どうしたの?」

そう。
上杉君は苗字呼びだから、そんなことが起きた。
でも、瀧って呼ぶことにして、ひとまず落ち着いたんだけどね。
私は、瀧が好きだから、ここでずっといられるといいな…。
それに、秀明でのクラスは、私より一個上だから近いし。
翼とも仲良くなってほしいな…。  

335:匿名さん 若彩:2017/01/08(日) 21:28 ID:TWk

初めましてですm(。_。)m
私は、探偵チームKz と妹のGシリーズを買ってますけど……カッズは全巻揃って買われないって事に残念です早く誕生日になって買おうかな?
でも,妖精チームも中々良い感じですね、彩と若武がなんとなく複雑ですし、若武と上杉もなんとなく複雑な関係ですしね。
彩は妖精チームでは、もう好きな人決まってそうですね💗
私は若武推しなので、彩が最初の時見たいにまた若武の事好きになってもらいたいって思うし若武は彩の事どう想っているんですかね😓

336:美玲:2017/01/09(月) 12:10 ID:YIw

私も好きですよ〜
いろいろ話すの好きなのでよろしくです。

337:若彩:2017/01/09(月) 12:36 ID:oeM

>>335は私です。

アニメまたしてほしいよね

338:凛☆:2017/01/09(月) 16:38 ID:YsQ

…久しぶりに来た凛☆です…
最悪なことにあることでパソコンがぶっ壊れ
修理するのに時間がかかってしまいました

すみませんでした

339:みさ◆tw:2017/01/09(月) 21:42 ID:F5I

皆さん初めまして!
みさです、よろしく

340:美玲:2017/01/09(月) 23:42 ID:YIw

よろしくです

341:若彩:2017/01/10(火) 20:50 ID:99I

Kz の小説書きます《*≧∀≦》
彩✖若武

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今日は若武達と花火大会に来ています。
ちょうど着いた私に若武達は呆然としていた。

「皆どうしたの?」
私は首を横に傾けた。
「「あ、いやなんでもない///」」
若武と上杉君が仰ぐように私の視線を反らす。
なんでなのか分からない?

そしたら、小塚君は無言で赤くなっている。
あとの二人は笑いを堪えてる黒木君と、爆笑している翼だけど……なに、なんか私を見てる皆の反応が分からないけどなんなの?

笑いが止まった黒木君が涙目で言う。
「ゴメンゴメン、アーヤが変じゃあないから安心して(^ω^)」
でも、顔は笑ってる黒木君。
そして若武と上杉君と小塚君も、今は赤くなってない。
「なんだよ、黒木笑って。 そして、おいお前まで大笑いするな―」
「はぁ、本当にだ。 若武と同感だぜ」
ため息を吐いた上杉君は呆れ果ててる感じ?

そういう小塚君は花火が見える目的地を指しながら私達に言う。
「皆早くしないと,場所が取られるよ?」
私は,はっとした。
そうだった、花火鑑賞する場所取りだ。

「おい急ぐぞ🏃➰💦」
って若武が言ったら皆が、走る。
ちょっと待て、私着物姿なんだけど(・・;)
「ちょっ,ちょっと待て皆」
私の声は皆には聞こえてない。

私はもう少し早く走る下駄で走りにくいけど、私は走った。
若武達が見えた時若武が立ち止まったけど、あとの皆は場所取りの方に走り続けた。
(若武どうしたのかな?、屋台で好きな食べ物とかあったのかな?)
そう思っていたら、若武は後ろ向き私の方に走って来た。

「アーヤ、どこだ。」
若武は大きな声で私を探していた。
「若武,若武」
私は走ったし大声で若武を呼んだ。
若武は私を見つけて私の方に駆け寄った。
「アーヤゴメン、走ったりして追い付かなかったよな……」
「…うん、でも若武が気づいてくれなかったら1人きりだった」
私は謝る若武に笑顔で笑って微笑んだ時、若武はあの綺麗な瞳で良い笑顔を見せたから思わずドキッとした。

若武は私の手を繋いで引っ張った、皆の方に向かう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜まずは、ここまでにします。
意外な二人の彩武が見れて嬉しいと私でも思いました。

342:密:2017/01/10(火) 21:18 ID:fVA

入ってもいいですか?

343:若彩:2017/01/10(火) 21:46 ID:/6k

密さん入っても良いですよ🎵

密さんはKZで誰推しですか?
私は勿論、若武です。
特にカップルコンビだったらアーヤ✖若武です。
仲が良いのか悪いんたが、結局はこの二人性格はとてつもなく似ている感じですよね。
この二人くついてくれないかな?

344:蒼空◆Jc:2017/01/10(火) 22:46 ID:LuE

お、結構新しい人が❗Σ(・ω・ノ)ノ皆さん( `・∀・´)ノ ヨロシクーね

345:若彩:2017/01/10(火) 22:56 ID:/6k

>>344よろしくね。

346:若彩:2017/01/11(水) 14:56 ID:Ai2

彩✖若武
続きを書きます《*≧∀≦》

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜若武は、私の手をずっと握り歩いた。
「わ、若武」
「なんだ、アーヤ?」
私は、皆の事を聞いた。
「黒木君達は、私が若武といる事知っているの?」
「あっ!?,言ってない電話してみるからアーヤ待っててな。」

私は、こくんっと頷いた。
若武は黒木君達に電話しているから,私はその間屋台をちらほら見たりした。

若武は,誰にかけたのかな?
「あっ、黒木か。 俺俺。」
(黒木君か)
「黒木君?」私は、若武に小声で言った。
「ああ。」
若武は、私に言った。
すぐに、黒木君に今いる場所を言った。

「なんだけどな」
『分かった、じゃあ若武アーヤを任せた』
「ああ」
若武は電話を切って、私に顔を向ける。

「アーヤなんか食べたいのがあったのか?」
「別にないけど?」
だって私今月ピンチだからね……我慢するんだ。
「まぁ、とりあえず歩こうぜ」
「あっ、うん人混みの所にいたら危ないからね」
私達はまた歩き続けた時、屋台で美味しそうなリンゴ飴が売ってあった。

若武は、リンゴ飴の向かい側の射的を見ていた。
「若武,もしかして射的がやりたいの?」
私から見た若武はウズウズしているような感じでクスリって笑ってしまうほどだった。
「若武射的やったら?」
若武は私を見て大きな目で良いのって言っている顔だ。

「マジで😆⤴⤴」
私は、頷いた良いよって言ったら若武は私を引っ張って射的の屋台に行く。
「若武速い、ゆっくり走ってよ」
私は,はしゃぐ若武が何だか可愛いって思っている。

「おじさん、二回やらせてください」
「おっ!、少年やるのか?」
おじさんは、ニヤニヤ笑顔で言う。
「それに可愛い彼女も連れて良いね(^O^)」 
「「えっ!?((((;゜Д゜)))」」
おじさんは、今度はニヤニヤ笑顔が更に増して私達の事を恋人同士だと思っている。
若武は早口で言う。

「ち,違います/// 俺達はただの友達だι(`ロ´)ノ」
チクリっと胸の傷みがした。
「そ、そうですよ///……」
「そうなのか、勘違いしてゴメンよ。」
おじさんは私達に謝って射的を貰った。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あぁ、アーヤと若武が恋人同士に見まれたよ。
楽しい〜(^O^)

347:みさ◆tw:2017/01/11(水) 17:30 ID:r7M

>>凛久しぶり!!

>>密さん初めまして、みさです。

>>若彩さん、私は上杉ですね。
でも、本編では絶対にくっつかないと分かってるけど、頑張ってる姿がかわいいですねぇ(o^―^o)ニコ

最後は>>334

* * * * * * * * * * * * * * *

〜滝は知っている〜

【上杉side】

はぁ、立花のいとこかー。
もう絶対無理だわ…。
二人とも呼び捨てだろ…?
俺は、まだ立花呼び出し、アーヤなんてぜってー言えねー…。


…あ、授業終わった。
やべぇ、全然授業聞いてなかった…。
ま、数学だし、家に帰ってみればいいか。

家に帰ろうと、鞄に荷物を入れていた。
「おい上杉、ちょっといいか。談話室に集合」と若武に肩をたたかれた。
は?面倒くせぇ、早く帰りて―のに…でも、あいつ顔真剣だったな…。


―― 談話室 ――


「お、来たぜ」

なんだ、立花いないのか。

「今日は、美門も呼んだ」
「美門も?でも、今日は事件じゃないんでしょう?アーヤ呼んでないっぽいし」

確かに、小塚の言うとおりだ。
美門を呼ぶけど、立花を呼ばないってことは…さっきの立…瀧のことか。

「ああ、そうなんだ」
「よ、みんな。どうしたんだ」

美門が入ってくる。
ってか、塾あった後にわざわざここに来たのか?

「てか、アーヤの話って聞いたんだけど、何?」

ああ、立花のことか。
だから、本人や瀧は呼ばなかったってわけか。

「おい美門、お前アーヤにいとこがいるって知ってるか」
「いや、聞いてない」
「黒木ってアーヤのこと調べたとき、そのいとこが引っ掛かったりしたか?」
「俺は、アーヤのことは調べないつもりだから。だって、調べるより聞いた方が信憑性だってあるだろ」

ま、どうせ若武のことだから、立花がとられたらいやとかだろ。
ま、俺は別にいいけど。

「上杉先生は興味ないっぽいけど」
「まぁ、俺はな。誰かのことを詮索するってさ」
「そうか、じゃあ上杉は帰っていいぜ」

こいつ…立花のこといなるととにかく敵を減らそうとするな…。

「どうせ、アーヤのこと知るの怖いんじゃねーの?自分が選ばれないのかもって思ってんじゃねーの?
自分に自信がねーんだろ。それなら聞いたって意味ねーだろ、帰っていいだろ」
「んだとぉ!お前だって、選ばれねーだろ、だってあいつと瀧は結婚するとか言ってたんだろ!」

あ、やべ、口滑らせた。
さっきそれ聞いてた俺たちはいいけど…美門は?

「ちょっとその話…詳しく聞いていいかな?」

ご立腹でいらっしゃる!!
ま、美門には勝てんだろ…でもあいつら一応昔からの知り合いらしいし…。

「ま、聞いてくれよ…」

そして、結局俺は残った。
 

―― 五分後 ――

「ふーん、立花、ね…」

美門の目が光った。
あれ、若武とか黒木も?てか、小塚も顔こわばってる?!
…ま、俺も鏡がないから自分の顔見えないけど…。

マジになってるかもしんね。

348:若彩:2017/01/11(水) 21:06 ID:oeM

カッズの続き。
アーヤ✖若武
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜若武が「アーヤもやるか?」って言うから私は断った。
「アーヤ本当にやらないのか、勿体無い」
「……じゃあ、若武の次に1回だけなら良いけど」
「そっか、じゃあ俺が最初にやるぜ(☆∀☆)」
若武は射的を持ってターゲットを決めつけていた。

「おっ!,あのサッカーのキーホルダー良いやつじゃん」
「若武あのキーホルダーを狙うの?」
私は、ターゲットのキーホルダーを見たらアレって端っこじゃん。

「ねぇ、若武アレってだいぶん端っこだけど……」
若武は少し怒った。
「俺が取れんとでも言うのか(*`Д´)ノ」
(はぁ、なんでそこで怒るのよι(`ロ´)ノ)
私は、アドバイスに言っているのに無理とか言っていないのに💢

でも、若武は私を見ながらこういったです
「アーヤ黙って見てろよ」
私は飽きれながら、若武はこういう奴だってつくづく思い感じた。
だって、いつも正義ヒーローなんだもん。
(やっぱり、やること決めたらやるのか若武だもんね)
私は、少しだけがんばっての気持ちでいた。

若武が配置に立って決めて、ターゲットに当てた。
「「あっ、当たった!?」」
若武は見事にキーホルダーを命中したことに,私は凄いって思った。

「若武端っこにあったキーホルダー命中して本当に凄い」
「だろ、俺は決めたらやる男だ///」
「?」
若武は少し照れながら鼻を指で啜りながら言った。

若武は、私に向かってやるって聞いてきた。
「お前も、アレ欲しいんだろう?」
「えっ!,なんで分かったの?」
若武は首筋をかきながら言う。

「さあな///」
「やってもいいの?」
私は、訪ねる。
若武はツンツンしながらだけれど「ああ」って言った。
若武が私に射的を渡しながら言う。

「あと、1回だ。 慎重に狙いを定めろ。」
「うん」
私は射的を持って構えながら若武の支持を待ったいつも通りに待つ。
「若武あのヘアゴムとピン止めのセットを狙いたいの?」
若武は分かったのか、私の手を支えた。

私は、ビックリした。
(えっ!?,何これ私もしかして若武に体支えられているの(・д・ = ・д・)!?)
「アーヤちゃんとターゲットを見て狙えよ」
私は、ビクリっと身体が反応した。
つい耳に囁く若武に私はたぶん赤面だ///

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

若武がサッカーのキーホルダーを命中して、今度はアーヤのヘアアクセをターゲットにしてる。
私も若武に囁いて欲しいとか何とか……妄想だけれどね(^O^)

349:若彩:2017/01/11(水) 22:33 ID:n3A

今さっきの続き。
アーヤ✖若武

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜若武から囁く声で、私の身体が反応をする同時に若武が大声で言う。
「アーヤあそこを狙え!」
「えっ、あ彼処?」
私は支えてもらっているから身体が震えていて,ほとんど集中してれない状況。
 
そして、私は息を吸い込み狙いを定めてターゲットのヘアアクセセットを落とした。
「やった!!,若武ありがとー🎵」
「おう!」
若武は,また私の手を繋いで引っ張った。
 
「アーヤはリンゴ飴向かい側だけど買う?」
私は、食べたかったから頷く(..)
リンゴ飴を2つ買って、皆の方に向かって歩いた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〔上杉視点〕

あいつら遅い(#`皿´)
何やってんだ。
「おい、黒木またあいつに着信しろ💢」  
「上杉って、本当に立花の事心配しているんじゃないの?」 
美門に立花を取られた風に、言われてまた頭に血がのぼった。

「ねぇ、喧嘩はよそうよ」
小塚が止めに入るが、黒木も小塚のあとに言う。
「あぁ、小塚の言うとおり今は止めて若武達が来るんだから。 今メッセージを入れた」
黒木が意味ありげに笑った事に、俺はまだ若武にどんなメッセージを入れたのか知らなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〔若武視点〕

俺宛に、受信メールがきた。
(おっ!,黒木からだ)
黒木のメール内容には、こう書いてあった。

『若武早くコッチに到着しろ、上杉教授が怒ってらしゃる。
アーヤと急いで来てくれ、上杉と美門が大喧嘩しそうだ。
早く来い。』

黒木のメール内容には、からかうような内容だったが上杉が怒っているのには間違いないって思ったけど……
この人混みで花火大会の場所にたどり着くかが問題だ。

そしたらアーヤが、俺を見てたからどうしたって言うから俺は答えた。
「いや、黒木が早く来いって言うメールがきた。」
「あと、もうすぐだから花火大会が?」
俺は、鈍感アーヤに爆笑しそうになった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、アーヤ&若武&上杉視点を書きました。

上杉ファンの人のためにもKZの誰かをアーヤとの取り合い見たいな感じも欲しいので,一応翼も入れておきました。
 

350:みさ◆tw:2017/01/11(水) 23:05 ID:JC.

今書いてるのとはまた違う短編。
まずは、皆がおしてるアーヤ&若武

* * * * * * * * * * * * * * *

【若武&立花】

若武は、特別教室に向かって走っていた。

「俺たちが帰るときアーヤまだいたけど…」

着けている腕時計を見る。
もしかしたらまだ…という淡い期待もあった。
時間を確認し、ため息をついた。

「帰ったか…」

でも、実際はまだ教室の鍵が閉められてないか心配だった。

ドアの前にたち、荒い呼吸を整えながら、若武はドアノブを回した。
途中で突っかかる感覚もなく、すんなり開く。

「あれ?」

中で人の気配がした。
先生が見回ってるのかわからないが開ける。

辺りを見回したとき、ひとつ隅の席に人が突っ伏していた。
あの、さらさらしてて、あの髪色は…。

「ア、ーヤ?」

アーヤは顔を上げて目を丸くした。
その時の目が赤かったのを見落とさなかった。

「わ、若武?どうしたの?」
「ちょっと忘れ物してさ…」
「そっか、じゃ、私帰るね」

椅子から立とうとした瞬間、アーヤに近付いてた若武はアーヤの肩を抱いた。

「わ、若武?!」
「俺は何があったか知らねぇ。でも、泣きたいなら今だけ俺の胸を貸してやる…」
「………」

抵抗をやめた。
同時に腕の力を弱めた。
次第にアーヤの肩が震え、服を握る手も強くなる。
若武は、その手を見たとき、男子と女子の違いを改めて思い、背中を撫でた。

「辛いときは貸してやる。だから、一人で抱えるな」

その言葉に小さくだが頷いた。

351:若彩:2017/01/11(水) 23:23 ID:n3A

>>350短編小説での若武&アーヤ良い、とてもいいので続編御願いします

352:加枝◆Jc:2017/01/12(木) 12:26 ID:LuE

みさも若彩も小説面白い❗

353:みさ◆tw:2017/01/12(木) 22:09 ID:5jU

若彩さん>>ありがとうございます!
でも、一応短編なので続きは書くかはわからないです…。

美羽>>ありがとありがと!
美羽も書けー!(笑)

354:みさ◆tw:2017/01/14(土) 11:39 ID:r7M

今書いてるのとはまた違う短編。
次は、私が好きなアーヤ&上杉

* * * * * * * * * * * * * * *

【上杉&立花】

上杉は、ある公園へ向かっていた。
今日は大事な火だったから、遅れないように…。

だが、ついた時には、もう自分より先に待ってる人影がいた。
どんなに人込みで見えなかろうが、探し出すことができる彼女の姿を。

先に気づいたのは、彼女だった。
屈託のない笑顔を向けた。

「上杉君おはよう!」
「立花、おはよ」

今回、この公園では気球に乗れるらしくやってきた。
プライベートでか、いや違う。
事件の調査でこの割り振りになったのだ。
もしかしたら、今回の件で何か状況が変わるかもしれないと思ったからだ。

「上杉君気球乗ったことある?」
「いや、俺はないな。立花は?」
「私も初めてだから、すごく楽しみ」

その笑顔を見て、心が和む。
思わず、微笑んだ。
すると、立花は顔を赤くして、そっぽを向いた。

「大丈夫か、もしかして高所恐怖症?」
「ううん、何でもない。さ、のろっか!」

今度は自分が赤面する番だった。


思ったより乗るところは広かった。
足場も安定している。
来てよかったと、改めて思った。

「すごい、飛んでるみたい」
「飛ぶっていうより…上がる?成仏?」
「上杉君、私に成仏をしろと…?」
「そんなこと言ってないだろ?あんまりそっち行くと落ちるぞ…」

その瞬間、一瞬立花の足が浮いた。
バカ!心で叫びながら、手を握った。
無我夢中での行動だった。

「おい、危ねーだろ!」
「ご、ごめん…」
「手をつかんだからよかったものの!!」

ものの…?
右手に視線を落とす。
自分の手は確かに、立花の手とつながっていた。

「ご、ごめん!」
「ううん…」
「でも、また落ちないように、つないだままにするから。立花は危なっかしすぎるから」

時間は過ぎていく。
降りたときは何も覚えてなかった。
右手に体をすべて乗っ取られた気分で…。
気球でも何もしゃべれなかったし。
帰るときも、無言だった。

でも、そんな言葉はいらないとでもいうように、自分の右手は隣にいる君とまだつながっていた。

叶うはずのない恋をのせて。

END

好きなんです、好きなんです!
キャラ崩壊ごめんなさい、でも好きなんです!

355:若彩:2017/01/14(土) 11:42 ID:oVU

>>352ありがとー😆💕✨
そして、やっぱりアーヤ&若武推してるんだって若武ファンの私はつくづく思う。
この二人が本当に両想いにならないかって思った。

これから、鈍感アーヤとカッズリーダー若武のストーリ小説を書きます《*≧∀≦》
>>349の続きです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜私は、いきなり爆笑してる若武になんで笑っているのか聞いた。
「ねぇ,いきなり何?」
若武は、少し私の顔を見て言う。
「アーヤって、本当に天然で鈍感だなあって(笑)」

私は、若武の言葉で私より妹の奈子の方だと思う。
だって天然でトロいし、それに私は鈍感じゃあ無いって思うけど?
「言っておくけど、私は鈍感じゃあ無いからね<(`^´)>」
若武は分かった素振りを見せているかのようにみせて、「ハイハイ、分かったよ。 とにもかくにも黒木のところに行こう」って私の話をスルーして歩きながら、若武が言う。

そして,花火がドォーンと打ち上がった時につい見とれてしまって口からこぼれた。(* ̄◇)=3
「花火綺麗(〃´o`)=3」
私は見とれてため息が出たら、若武は私が見とれていたのを見逃さずに歩くのを止めたけどなんで止めたの?

若武も見たいのかもしれないって私の予想されていたから最初はそう思った。
「本当に綺麗で見とれるなあ」
「うん、若武もうココで花火を観る?」
私の言葉で、賛成して黒木君達に電話して終わった時に若武若武が真剣な顔つきになり私も真剣についなる。

「……若武、どうしたの? 真剣な表情になって…?」
若武は少し顔が赤いのは気のせいかな?
「……アーヤ、ちょっと店から離れても良いか…?」
「えっー?,花火観るんじゃあないの?」
「良いから俺について来いって…///」
私は言われるがまま着いていく。

私達は、鐘がある階段に座った。
「なあ、ココは俺しか知らない場所で花火がよく見えるならココって思ったんだ」
「えっ、なんで私にその秘密な場所を教えてくれたの?」
私は不思議で胸から沸き上がる期待してる何かを待ってるかのようにいた。
胸がドキドキ鳴り響いてきた。

「…若武、ココ花火よく見えるよ……」
「あぁ、本当に良く見えるし綺麗だ」
また、綺麗って言う若武に私は頷くのが限界でいた。

だって、前に綺麗だっとか、似合ってるって言われているからドキドキするよ。
「俺、アーヤの事が好きだ。 俺は真剣に好きだ」
私は、予想以外でいたし多少期待していたけどこんな感じに告るとはいえドキドキが鳴り止まない(*/ω\*)

若武も真っ赤だって感じだった。
「……アーヤ返事はすぐにしろって言わない、アーヤが俺にとって何なのか分からないけど返事を待ってる」
「……!?、だってなんとも今は本当に言えないけど若武の事を真剣に考えるよ…///。 わっ、私は……!」
私は戸惑い動揺して、言葉も震えていてすでに真っ赤って思う。

「…アーヤ今は本当に言わないでもいいから,まずは考えてみて…」
「う,うん……」
そうして、私と若武は皆のところに行きました。
上杉君達の声がする方向に歩く🚶
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ついに若武がアーヤに告る場面です。
少し花火風景で告るシーンはロマンチックな感じですしアーヤが期待しているところに以外でたまらないって書いた私でも思いました。

356:蒼空◆Jc:2017/01/15(日) 09:21 ID:LuE

>>353!Σ( ̄□ ̄;)無理無理❗(ヾノ・∀・`)私なんかが小説を書けるわけがない❗
>>354-355二人ともやっぱり面白い❗若武も上杉もやるなあ…(。-∀-)

357:若彩:2017/01/20(金) 16:45 ID:7V.

久々の更新です。
こないだの花火大会の若武✖アーヤの続きを書きます《*≧∀≦》

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私は、今さっきの告白で心臓の音が鳴り止まないぐらいにドキドキしてた。

上杉君と黒木君と小塚君と翼の四人が見えて若武が皆の方向に手を振った。
「おーい、黒木」 
黒木君が若武の声で分かったかのように上杉君達も気づいて私達に駆け寄った。

「おい若武、立花に変な事してないだろうな😠✴」
上杉君のメガネが一瞬光った感じがして怒っているっぽい?
「おい😡💢,俺がアーヤに変な事するとでも言うのか🙎💢💢」
「「「「うん(..)」」」」
若武はカチンときて、火山の噴火している真っ赤な顔になった。
「………///」
ともかく私は、告白の事を悩む😔

ー五分後ー
若武は怒りがおさまり花火を見つめて、皆は後半の花火を眺めて、そして私も勿論皆と一緒に花火を見た。
「……若武、私言われなかったんだけど……私も若武が好きだから彼女にしてください///」
私は小声で言ったから聞こえてないって思ったからつい声が漏れて、その一言で若武が気づいて真っ赤になり輝く瞳が私を映しながら言った。

若武がすぐ隣にいるのに,もっと近づき耳元で囁いた。
「アーヤありがとーな,俺はお前を大事に守るから」
若武が優しい吐息と小さな声で大きめな花火が特別に上がって私と若武の二人を照らすかのように、私は今日若武の彼女になって初めてのキスを若武としました。

皆が見えない場所で,甘くって酸っぱいキスの味は私は一生忘れない初恋で初彼です。
(完結)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

二人の甘酸っぱい恋でした😆💝
でも、この二人の今後も描きたいって思うので続編が完成したら恋人のようなイチャラブを書きます《*≧∀≦》

358:匿名さん:2017/01/21(土) 22:54 ID:c22

甘い、甘い、甘すぎる!

不リアには甘すぎるp(´⌒`q)

359:みさ◆tw:2017/01/21(土) 22:56 ID:TkQ

短編でリクエストあったら書くよー!
ま、無かったら暇なときに書くけん。

360:みさ◆tw:2017/01/21(土) 22:57 ID:WMk

>>358私!

361:若彩:2017/01/22(日) 15:15 ID:UK6

>>358私も不リアなんですけど、こういうのは漫画&ドラマ&恋愛小説ですかね(笑)
私って、少しだけ恋愛に関する事だったら攻略してみる感じに妄想するんですよ(*´∀`)

若武は俺様系のツンデレ系が入ったのかな? 

黒木は謎に見えるミステリー系で大人っぽい😊

上杉はとにかくツンデレなのか良くわからんが頭脳明晰?

小塚はとっても可愛い系で癒し系?

砂原は……何だかものすごく頑張り屋で真っ直ぐ系な王子様系に見えるか見えないぐらい?

翼は……うん、完璧なドS系ですからね小悪魔系のドS👿

あー、なんかねカッズの個性ってアレだよね何系に例えると凄く驚く感じですね(笑)

362:みさ◆tw:2017/01/30(月) 02:00 ID:r7M

いいですよね、妄想…(∀`*ゞ)

若武は時々焼きもちを焼く感じがいいです

黒木君は大人で、かっこいい!

上杉君も、私的にはツンデレ…

小塚君は、おっとり優しい癒し系

砂原は、一途で、曲がらない

翼は、時たま拗ねてると可愛いと思う

363:若彩:2017/01/30(月) 14:41 ID:hiU

>>362あっ分かる。
砂原ってあーみえてアーヤを一途に想っているのが良いって思う

364:みさ◆tw:2017/01/30(月) 19:36 ID:r7M

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
そんな人も多いはず(o^―^o)ニコ

そして、バカなのに勉強しない私は、こちらに短編小説を投下…

* * * * * * * * * * * * * * *

【黒木&立花】

きょ、きょきょきょ今日は黒木君とお出かけ!
どこに行くかって言うと…映画館!!
私友達と映画館とかそういうの行ったことないからなぁ…なんか新鮮かも。
でも、黒木君とは、友達以上って考えてるんだけどね。

「アーヤどうしたの?にやけてるよ」

黒木君って他のメンバーより身長も高いし、心もなんか全部大人って感じ。
やっぱり若武みたいなガキとは違…。

急に、黒木君が私の目を覗き込む。
わわわわ!!ち、近い!でも、ちょっと嬉しかったり…。

「今、違う人のこと考えてたでしょ」
「ううん、考えてないよ」
「若武、とか」
「ないですないです!」

黒木君は、私の頭をなでて、また映画館へ足を進めた。
 


「アーヤ、どれみたい?」
「えっと、私良くわかんないし、黒木君選んでもらってもいいかな?」
「じゃあ、お姫様好みの選ばないと」

…お姫さまって私?
普通にスルーしてたよ…。

黒木君はさっそうとチケット売り場へ…?
黒木君女の人と話してる、楽しそう。
でも黒木君は普通に知り合い多いからなぁー。
なんでわかってるのに胸がもやっとするんだろう?

「アーヤ行こう」

いつの間にか黒木君は私の隣に立っていた。
急いで「うん」と返事を返す。

(アーヤの機嫌あんまりよくない?もしかして俺が他の女の人と話してたから…?)

急に黒木君が笑ったけど…何?!

「もしかして、さっきの女の人にヤキモチ妬いてる?」
「ヤキ?!ち、違うよ、だって黒木君知り合いたくさんいるし…」

私、ヤキモチ妬いてたの?
だから、あんなので胸が痛くなったの、かな?

「アーヤ、大丈夫俺のお姫様は一人だけだから」
「え…?」
「それに俺もさっきヤキモチ妬いたからおあいこってことで」

く、黒木君がヤキモチ?!
もしかして、私が違う人のこと考えてたから?

「いこっか、お姫様」

黒木君は、私の髪を数量取ってキスをした。
え?ええええ??
き、キスされたぁー!
か、顔が赤いかな、大丈夫かな???

「アーヤ、可愛いよ。さ、そろそろ始まっちゃうし行こう」

私は差し出された手を取って、俯きがちに歩いた。

数本の髪を握りながら。

END

かっこいい大人の黒木君!
kzの中でまた一味違う雰囲気を醸し出してくれてます(o^―^o)ニコ

365:若彩:2017/01/30(月) 21:03 ID:xII

>>357アーヤ✖若武の続編を書きます( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
わっ,私立花 彩はつい最近彼氏が出来て花火大会の日に若武が私に告白してきてビックリしたけど、嬉しかったんだよね😃

今日は、初デートでしかも遊園地🎠🎡🎢。
私は、集合場所が遊園地だから若武が来るのを待っていた。
「若武まだかな? もうアイツは約束事は絶対守るって思っていたけど、遅いι(`ロ´)ノ」
そうこうしていると若武の姿が見えた。

「悪いアーヤ遅れた、ゴメン🙏💦💦」
私は、初デートに遅れた若武の事を怒りたかったけどあんな言葉を言われると怒りたかった気持ちがぶっ飛んでしまった。
「今日のアーヤいつもより雰囲気が違って、可愛いなあ///」
「……えっ⁉,ありがとー///」
私は、照れながらも素直に慣れずに口を尖らせて言った😳

私と若武が遊園地の入場したら、若武がソッコーに言った。
「まず遊園地に入って一番に乗る乗り物は――」
私も一番に乗る乗り物を決めながら口を開けた瞬間ー。
「「ジェットコースター🎢」」
私と若武はお互いの目を見て笑ってジェットコースターの場所に行く。

「ジェットコースターの場所に着いたけど……多いなあ(-🔺-;)」
私は、長い列を見ながら頷いた。
「どうする?、若武」
「俺は、待つけどアーヤは?」
「えっ?、私…」
どうしよう……今日の私ヒールが高いブーツ👢を入って着ているからなぁ……(-Α-;)

「アーヤもしも足が痛くなったら言えよ😼」
「へっ!!、うっうん(..)」
私は、照れながらも頷いた。

〔若武視点〕
だいぶジェットコースター待ちが凄いからアーヤの足が今は靴擦れしていないから安心だけど、後もう少ししたらジェットコースターに乗れる。
「アーヤジェットコースターにもう少しで乗れるぜ!!」
「!?(若武の顔が近い///)」
「?、どうしたアーヤ?」
アーヤの顔がいつもより違うけど、どうしたんだ?
「……若武ちょっと顔が近い…よ(/-\*)///」
「あっ、悪い(((((((・Α・///;)」
俺は少し顔が熱くなっているかいないかだと良いなあって思う。
アーヤには、こんな赤い顔をしてる俺の顔を見られたら笑うって思うし男として恥ずかしいからだ‼

「お待たせしました。 次の乗る人はこちらに乗ってください」
スタッフの人が俺とアーヤを乗せてくれた。
「楽しみだね、若武o(^o^)o」
「ああ、ワクワクするぜ(σ≧▽≦)σ」
俺達は、ジェットコースターに乗りながら話して滑り落ちた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は、ここまでです。
アーヤ✖若武の二人の視点が入っているから楽しい。

366:みさ◆tw:2017/02/15(水) 19:35 ID:cwk

かえってきたぜーーー!!
よっし、これからたぶんかきこむぜぇぇぇぇーーい!!

若彩さん>>きゃはは!!
     そこでアーヤ怖がって抱き着いてくれると、チョー萌えますね!!

367:アーヤ◆TQ (///∇///)胸キュン:2017/02/22(水) 23:34 ID:uas

若彩から変更してアーヤになりました。

>>366ありがとーございます、今から少しの間小説が止まっていたけど書きます。
更新がいつになるか分からないけど今月末には書きたいって思うのでよろしくお願い見て欲しいって思う。

368:みさ◆tw:2017/03/03(金) 16:17 ID:nlg

私も受験がすべて終わったから舞い戻ってまいりましたーー!
久しぶりだから、短い、誤字脱字、文章意味不許してね(o^―^o)ニコ

最後は>>347

* * * * * * * * * * * * * * *

〜瀧は知っている〜

「でもさ、具体的に…対策出来ないよね」

小塚はため息を漏らしながらつぶやいた。

「ま、砂原ぐらい急にアタックされても引かれるだろうし」

みんな頭を抱える。
アーヤを渡した区がないために、賢い頭を使ってどうやって守るかを考えていた。

と、急に若武が立ち上がった。

「しょうがね、姑息な手だが、瀧の…」

皆はなんとなくわかった。

「陥れよう」
「馬鹿か」

上杉が、一瞬で突っ込みを入れた。
ここから、また若武と上杉が取っ組み合いのけんかを始める。

「しょうがない、引け目を感じるが何かたたけばほこりが出るかもしれない…」
「さっき黒木アーヤのこと調べたくないって言ってなかった?」
「俺が調べるのは立花瀧だ。関係ない」

こうして、瀧から何かを出してアーヤと決別させよう作戦が、裏で開始したのだった。


* * * * * * * * * * * * * * *

…無理ぃ

369: アーヤ◆TQ:2017/03/26(日) 10:49 ID:6N2

若武視点みたい

370:みさ◆tw:2017/03/26(日) 14:04 ID:nlg

お久しぶりです、アーヤさん。
その言葉はきっと私に向けられたんだろう!!っと思って若武視点で書きます。

* * * * * * * * * * * * * * * 

〜滝は知っている〜

【若武side】

俺は、アーヤの悲しむ姿は見たくない。
きっとあいつらだって同じだ。
でもな、あいつには渡さねー!!

「昔に結婚の約束をしたぁ?!知らん!
一緒にお風呂入ってたぁ?!気になるけどそんなことはどうでも…
キスしたぁ?!ふざけるなぁー!!」

「若武、落ち着け」
「そうだよ、しかも最後にキスしたとか言って武田、そんなこと二人とも言ってないし」

あ、確かに。
さっきの小さい頃の話とかを聞いて変なことを…。

「しかも若武、風呂に入ってたってところ最後まで言えてなかったな。
もしかしていってたのか?じゃあ、俺が聞こえなかっただけかもなー。
だから、若武もう一回言ってくれませんか?」

上杉め、むかつく。
何でこんなやつと好きな奴が同じなんだ!

「言ってやろう、俺はアーヤと瀧が同じ風呂に入ってようが、全く知らん!」

おお?言い切ったか。
さすが、俺。思ってないことでも、仲間に堂々と嘘をつけるようになってきたぜ。
…あれ?それって駄目か。

「若武、言い切ったと思ってる?」
「もちろんだ美門。俺に不可能はない」

おい、今不可能な言って言った瞬間「アーヤのことは諦めろ」って言った奴いただろ。

黒木は、自分の目をさす。
その指を俺に向けた。
俺の目?…がなんだっていうんだ?
そっと、目のふもとまで指を近づける。

「____?!」
「お前いづいてなかったのか」

指は冷たいものに触れていた。
そっと見てみると、水滴ということが分かる。

…つまり、俺が泣いただと!
授業を聞いてないからつまんないわけでもないし、今日は眠くない!
何で?!

「いやー、傑作だったな」
「うん、だってこぶし握って宣言してるけど、すごい涙出てたんだもん」
「じゃあ、ここまで若武先生が男を見してくれたから俺も情報収集してくる。
後若武、お前同じ学校で同じクラスなんだろう?ちょっと探り入れてこいよ」

そのあと何言か交わして解散になった。
はっきり言って、知り合いに探り入れるの嫌だけど、ま、しょうがないってことにしておこう。

瀧悪いな、でもそれだけ俺たちも本気ってことだから。


書き込む 最新10 サイトマップ