暗殺教室〜突然のピンチ〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:あやや◆dA:2016/03/30(水) 18:38 ID:eyU

またまたあややです!

このスレは千葉×速水の恋愛小説です!

この二人がくっついて欲しくない!
と、言う人は即退場ください♪

あてんしょん!

・荒らし、なりすまし、固くお断りします。
・感想やコメント、大歓迎です!
是非下さい!

次からスタート!

2:あやや◆dA:2016/03/30(水) 18:51 ID:eyU

速水side

パンッパンッ

……裏山から銃声が聞こえてくる。

誰かな…
ついでに私も暇だから練習しよう……

=========================

裏山まで行くと、銃の音の主がいた。

速水「千葉、あんただったんだ。」
千葉「あぁ、速水。なんか時間が空いてな。」
速水「ちょうどよかった。私も暇だったから。一緒にやろ。」

そう言って私は銃を取り出した。

千葉「今度の暗殺計画、どうなってるんだ?」
速水「暗殺計画?あぁ、あれね。
まだ詳しくはわからないけど、多分私達が中心になるだろうって。」
千葉「また責任重大だな……」
速水「夏のはもう終わったから。
次に繋げよう。」

パンッ

銃を撃ちながら話していると……

千葉「…………」
速水「…………」

千葉・速水((なんか視線を感じる…))

私達は後ろを向いた。
すると……

速水「……茅野さん達…何してるの?」

茅野「あはは……ばれちゃったかー」
矢田「さすが二人、勘がいいねー…」

3:橘 舞花☆赤髪の殺し屋:2016/03/30(水) 19:03 ID:p/I

きっ、来たーーーーーー!!!!!
ヤバイ!ヤバイ!千葉君と速水さん!
かわいい!かっこいい!ヤバイ!

4:あやや◆dA:2016/03/30(水) 20:18 ID:eyU

速水「どうしたの?二人して。」
茅野「いやー話かけようとしたら、二人のこの…緊張した雰囲気に入りづらくなって……」
速水「……私達って、どんな風に見えてるのかな……」
千葉「…射撃コンビ。」
速水「そのまんまじゃん。」

矢田「ふふっ、いいコンビだよね!
二人。」
速水「そう?ありがと。
……で?何か話があって来たんじゃないの?」
茅野「あぁ…そうそう!今度の暗殺の事なんだけど……」

=========================

«翌日»

速水「おはよう。」
千葉「あぁ、おはよう。」
速水「昨日の話、やっぱり私達がメインだったね。」
千葉「まぁ、普段通りやれば平気だろ。」

普段通り、ね……
不安だな……私もやっぱり、夏の事引きずってるのかな……

5:あやや◆dA:2016/03/30(水) 20:24 ID:eyU

旧校舎の床、大分痛んでるな……

すると私は何かにつまずいてしまった。

速水「うわぁっ!」
千葉「!?速水!!」

な、何!?
まさか転ぶなんて……
千葉が支えてくれてよかった……

あれ……?

前が見えない……?

!?!?何これ!?
前髪…………?
いや…私こんなに前髪長くないのに…

前髪の隙間から見えた光景に私は目を丸くした。
だってそこには………………














私、が、いたからだ。

6:凪海:2016/03/30(水) 20:43 ID:Xgw

!?
まさか…。

7:あやや◆dA:2016/03/30(水) 21:13 ID:eyU

私は狭い視界の中で辺りを見た。

皆は……まだ来てない!!

速水「ちょっとこっち来て。」
千葉「待て、速水」

=========================

速水「………」
千葉「………」

私達はお互いを見た。

やっぱり、目の前には私がいる。

千葉「……入れ替わった…?」
速水「まさか。そんな魔法みたいな事があるわけ……」
千葉「現に目の前にお互いの姿があるだろ。」
速水「う、」

た、確かに………
私達、これからどうすれば……

茅野「あれ?千葉君と速水さん、どうしたの?」
渚「おはよう、早いね。」

速水(千葉)「茅野さん!」
茅野「え!?ち、千葉君って、さん付けだったっけ?」

あ、しまった……

千葉(速水)「茅野、ちょっと落ち着いて聞いてくれ。」
茅野「は、速水さん!?」
渚「ど、どうなってるんだ?」

=========================

渚「つまり、体が入れ替わった……
って事?」
速水(千葉)「うん。そうみたい。」
茅野「そんな漫画みたいな事があるなんて……」
千葉(速水)「とりあえず、この事はこの四人だけの秘密で。」
渚「うん、わかった。」
茅野「私、演技なら上手いから大丈夫!」

そう言って、二人は教室に戻っていった。

速水(千葉)「今日はなんとか、自力で千葉の真似する。」
千葉(速水)「家に帰ってからは?」
速水(千葉)「…っ……」

確かに……
お風呂とかどうすんの……

速水(千葉)「……また考える。」

8:あやや◆dA:2016/03/30(水) 21:23 ID:eyU

速水(千葉)=見た目は千葉で、中身は速水ちゃん。
千葉(速水)=見た目は速水ちゃんで、中身は千葉。

9:あやや◆dA:2016/03/31(木) 23:11 ID:eyU

矢田「凛香!おはよう!」
千葉(速水)「あ、うん、おはよう。」
矢田「昨日の作戦、あれ平気?」
千葉(速水)「だ、大丈夫。」

……千葉が私っぽい……
私達って、似たようなところがあるから以外と平気なのかな?
……よし、私も……

杉野「よぉ、千葉。」

千葉らしく千葉らしく……!

速水(千葉)「あぁ、おはよう。」

こんなもんでいいのかな…?

=========================

千葉(速水)「……で?家に帰ってからはどうするんだ?」
速水(千葉)「お風呂とかはお互い目を瞑る。
親とはなるべく話さない。
私の家は基本親からは話かけて来ないから。」
千葉(速水)「あぁ、わかった。
前髪、邪魔じゃないか?」
速水(千葉)「慣れた。」

10:あやや◆dA:2016/04/03(日) 23:36 ID:eyU

速水(千葉)「で、家の場所だけど……
この信号渡ったら私の家だから。」
千葉(速水)「わかった。俺の家はここだ。」
速水(千葉)「OK。」
千葉(速水)「1日様子を見よう。
で、なおらなかったらまた考えよう。」
速水(千葉)「わかった。」

11:橘 舞花☆赤髪の殺し屋◆Us:2016/04/04(月) 09:51 ID:p/I

この2人の会話好き!
なんか一見穏やかにみえてそうじゃない!って感じが凄く好き!
あややに感謝、感謝だね!

12:メイリン nm:2016/04/04(月) 21:43 ID:4vg

暗殺教室〜茅野に恋する男子〜も見させていただいています!
めっちゃ面白いです!
原作のファンでもある私にとっては
ちょー気になります!
途中から入って長文ですいません。

13:あやや◆dA:2016/04/09(土) 11:34 ID:eyU

速水(千葉)「…ただいま。」

私は千葉の家に帰った。
…人はいないみたい。

私は千葉の部屋らしきところに入った

落ち着いた雰囲気で、片付いている。
男子の部屋だとは思えない。
一言で言うと……

……綺麗…。

何もする事がなく、私は勉強を始めた

14:魔女 ゆかにゃん:2016/04/09(土) 11:59 ID:21o

このあと、どうなるか気になります!

15:あやや◆dA:2016/04/10(日) 00:02 ID:eyU

勉強に取り掛かろうとして、教科書やら何やらを、机に広げた。

……落ち着かない……

でも、何でだろう…
今、すっごく千葉に会いたい…。

=========================
千葉side

……速水の家、本当に親話し掛けてこないな……
ま、こっちとしてはありがたい。

……視界が明るい…。
髪が少し窮屈だ。結んであるからか?

何でか今、速水に会いたいとか思ってる自分がいる……

=========================

速水side
«翌日»

……眠い…。
一晩経っても、戻らなかった。

今日も千葉の真似するのかー……

=========================

千葉side

女子って面倒くせー…

髪って、どうなってんだ!?

……このまま行こう…。

16:紗葵:2016/04/10(日) 01:20 ID:x5M

わくわくする〜♧続きが楽しみ〜♪( ´▽`)期待してます♪頑張ってください

17:あやや◆dA:2016/04/14(木) 00:22 ID:eyU

千葉side

今日も早めに学校に行った。

速水は…もう来てるみたいだ。

すると速水は何かを見るように俺の方へ向かってきた。

速水(千葉)「ちょ、千葉!!その髪…」

結べなくて、適当に溶いて来た髪だ。

速水……怒ってる…?

髪は女の命って言うからなぁ……

そう思った時、速水の口から以外な言葉が出た。

速水(千葉)「髪型、ビッチ先生と被るじゃない!!1つでもいいか結んでよ!!」

……そっちか?

18:凪海◆L6:2016/04/14(木) 00:28 ID:jc.

そういや速水さんが髪を束ねた理由ってそれだったねw

19:あやや◆dA:2016/04/14(木) 23:12 ID:eyU

速水side

千葉(速水)「とは言ってもな……
俺髪なんか結んだことねぇし…」

う、それもそうだ。

でもビッチ先生と被るの嫌だし……

速水(千葉)「……結ぼうか?」
千葉(速水)「え、速水がか?」

20:凪海◆L6:2016/04/14(木) 23:20 ID:T12

(ΦωΦ)ホホォ…

21:あやや◆dA:2016/04/15(金) 23:31 ID:eyU

結局、髪を結ぶ事に。

…それにしても……
変な感じ。自分が自分の髪を後から結ぶなんて……

私は私でも、今は千葉だ。
そう考えると、ちょっと緊張した。

はたから見ると、変な光景よね……

そこで私は、ある事に気付く。

速水(千葉)「ゴムがないわ…」
千葉(速水)「輪ゴムでいいだろ?」
速水(千葉)「バカ、輪ゴムって痛いわよ。」

22:橘 舞花☆赤髪の殺し屋◆Us:2016/04/16(土) 10:10 ID:p/I

速水さん親みたいだね!

23:あやや◆dA:2016/04/19(火) 23:58 ID:eyU

速水(千葉)「…仕方ないわね…」

私は結ぶのをやめ……たわけではなく、ある結び方をした。

ちょっと難しいけど、自分の髪を自分の髪で結ぶやつ。

速水(千葉)「…出来た。」

初めてやったにしては上手く出来たかな……

千葉(速水)「すげー…髪が髪で結んである……」

24:みゆき:2016/04/24(日) 21:51 ID:g/M

授業中とかほしいな(・ω・)

25:あやや◆dA:2016/04/24(日) 23:18 ID:eyU

速水(千葉)「もうそろそろ皆来るよね?
あたりまえだけど、今日もこの姿で授業受けるのよね?」
千葉(速水)「まぁ、そうなるな。
……迷惑してないか?」
速水(千葉)「迷惑?私のせいでこんな事になったんだし、むしろ千葉が迷惑してるんじゃ……」


もう少し先に授業書くよ!

26:あやや◆dA:2016/04/25(月) 18:10 ID:eyU

千葉(速水)「迷惑っていうか困る…?
あ、入れ替わった事じゃなくてな。
さっきみたいに、髪だとか……
そっちは?」
速水(千葉)「私は髪だとかは無いけど、1つ心配なのがある。」
千葉(速水)「何だ?」
速水(千葉)「今度の暗殺計画。」
千葉(速水)「俺達、入れ替わったままでやるのか?」
速水(千葉)「それまでに、元に戻す方法を探さなきゃって思って………」
千葉(速水)「わかった。俺も探してみる。」

そう言って私は席に戻った。

=========================

殺せんせー「ここは〜で……」

はぁ…授業も頭に入らないなぁ……

殺せんせー「にゅや?千葉君、どうしましたか?」

千葉…私かっ!!

速水(千葉)「あ…なんでもないです」

27:通りすがりの魔女 ゆかにゃん:2016/04/26(火) 21:53 ID:k/k

気になる気になる!

28:あやや◆dA:2016/04/28(木) 16:19 ID:eyU

気分で描いてみた千速

http://ha10.net/up/data/img/8838.jpg

29:橘 舞花☆赤髪の殺し屋◆Us:2016/04/28(木) 22:00 ID:p/I

千葉君も速水さんもいいね!
カッコいいし可愛い!
続き頑張ってね!


書き込む 最新10 サイトマップ