〜ゲルテナ展覧会〜悲劇の絵画…悲劇?

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:放浪:2016/04/17(日) 00:59 ID:2es

ドガァッ

「イヴ…逃走車両に追突されて行けなくなってしまった…」
「…大丈夫」
「また今度来たらまた行こうね?ゲルテ…パルテ…ゲゲゲのk」
「それ以上はダメ、ゼッタイ」

「こんなこぢんまりとした展覧会でいいのか!?」
「おーいそこのおじさん。今から私と遊ばなーい?」
「許してくれたまえ」
ここはゲル…ス、スライム?…あっゲルテナ美術館。とある兄妹が学校での課題に自腹で、<自腹>で見に行けと。
しかしあることに巻き込まれることは露知らず…
「なんなんだこの絵…」
「凄い絵よね…」
「どうみても一人で描ける絵の大きさじゃ…」ブゥ…ゥン

「何今の?」
「きにするな!!」
「さっさと帰ろう…長居は無用だ。」

2:放浪:2016/04/17(日) 01:20 ID:2es

ガタガタガタガタ
「なんてこったい」
なんと(予定通り、予定通り、予定通り!)ドアがしまっていた。
「しかも誰もいない…くそっはめられた!」
「もう…みんな死ぬしかないじゃない!」
「まだだ…まだ終わらんよ!」
と、書類を入れる箱を持ってきてぶつける。
「無理…か…」ヒビは全く入らない。
「オワタ、なんのためにここまで来た」
「とりあえず…館内を歩き回るか。」

オイデヨ ヒミツノバショヲオシエテアゲル
「…」
「…」
無言で骸骨みたいの絵に着く。
「これは…」
「誰かが…入った痕跡か。」
「…突入せよぉ!」
「昭和三十六万…いや一万二千年前だったか…まぁいい。我々はゲルテナ海沖に入った。日頃の訓練の結果が発揮出来ると思うと胸が高鳴る」
「さっさとこい!TA☆TA☆KI☆NO☆ME☆SU☆ZO」
完全なる洗脳【マインド・コントロール】だった。


書き込む 最新10 サイトマップ