名探偵コナンのオリジナル小説かきまーす!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:かき氷◆CY:2016/04/23(土) 16:14 ID:RDs

名探偵コナンのオリジナル小説かきまーす!

題名は『永遠の恋人』です!

荒らしさんは無視ー
コメントやアドバイスくれると嬉しいです!

>>2登場人物

2:かき氷◆CY:2016/04/23(土) 16:16 ID:RDs

〜登場人物〜
江戸川コナン 灰原哀 毛利蘭 鈴木園子 毛利小五郎 阿笠博士 少年探偵団

3:かき氷◆CY:2016/04/23(土) 16:27 ID:RDs

あ、オリキャラはまたあとで書きますー

4:葵◆F2A:2016/04/23(土) 18:05 ID:q8Y

読ませてもらいまーす!(^^)

5:かき氷◆CY:2016/04/23(土) 18:32 ID:RDs

はーいどぞー笑
オリキャラは夜に書くね!(←いまも夜だろ笑)

6:鈴原 杏莉◆jS.:2016/04/23(土) 18:46 ID:iFg

読ませてもらいますね。
あと、解答レッドの虹小説にもいますよね?

7:かき氷◆CY:2016/04/23(土) 18:47 ID:RDs

>>6いいですよー
あ、いますよー

8:氷姫:2016/04/23(土) 18:59 ID:hLA


かき氷さん
私も楽しみにしています!
頑張ってください!

9:ユリ◆e.:2016/04/23(土) 20:04 ID:3zQ

うわっ、楽しみー(*^^*)
早く読みたーい(〃ω〃)

10:ねこ◆c6:2016/04/23(土) 21:08 ID:fBw

楽しみー!!
これからヨロシク!!

11:かき氷◆GCY:2016/04/24(日) 09:18 ID:QGc

あ、ごめんなっさいww
親がいて夜かけなくて。。。今日書きます!

12:かき氷◆CY:2016/04/24(日) 10:08 ID:RDs

〜オリキャラ〜
金谷 正治 かねや せいじ
西村 美枝 にしむら よしえ
内田 望海 うちだ のぞみ
吉岡 共也 よしおか ともや

13:かき氷◆CY:2016/04/24(日) 10:24 ID:RDs

ーある日ー
コナンは朝早くから顔を洗っていた。
「なんであんな夢…」
コナンは蘭が誘拐された夢を見たのだ。
「正夢じゃなければいいんだがな…」
するとコナンのいた部屋の扉が開いた…「!?」コナンは目を丸くする。
「あ、コナンくん!どうしたの?」
そこには蘭が立っていた。
「蘭…」コナンはハッと我に返って
「怖い夢見ちゃって…」
思わず言い訳をする。
「そうだったの、怖かったね。」
「うん…」
2人は寝室からリビングに向かって歩いていた。
「そーいえば今日って園子姉ちゃんと美術館に行くんだったよね?」
「あぁ、そうね。」
「美術館ってどんなところなの?」
コナンが子供っぽくたずねる。
「えっとね、有名な物があるのよ。」
「へぇー!すごいねー!」
コナンは《ずいぶん簡単な説明だな…》と思いながらもあいづちを打つ。
蘭がふと時計をみる。
「あ、そろそろ準備しなきゃね、私は朝食作ってるね!」
「うん、じゃあボクはおじさんを起こしてくるよ!」
「分かった。ありがとう。」
コナンは寝室へ向かった。

14:かき氷◆CY:2016/04/24(日) 10:28 ID:RDs

「おじさん!おきて!」
小五郎は起きるどころか寝返りをして寝しまう。
するとリビングの方から悲鳴が聞こえた。
「蘭!?」コナンは急いでリビングの方へ戻った。
「蘭姉ちゃん大丈夫??」
コナンは心配そうに蘭を見つめる。
「ええ。大丈夫。」
「どうしたの??」
「お水…こぼしちゃって…」
「本当だ。ボクが片付けておくから蘭姉ちゃんは朝御飯作ってていいよ!」
「うん、ありがとう。」
蘭は険しい顔をした。「なんだろう、この胸騒ぎ…」

15:月咲:2016/04/24(日) 20:39 ID:Bv6

かき氷〜!読ませてもらってます!
続きが気になる!相変わらず上手いですなぁ〜(≧∇≦)

16:かき氷◆CY:2016/04/25(月) 17:38 ID:rZc

>>15そんなことないよー笑
でも嬉しい!これからも頑張るね!!

17:かき氷◆CY:2016/04/25(月) 18:15 ID:rZc

あっ!やばっ!!
>>2の付け足しで、
服部平次と遠山和葉もでます!!!

18:かき氷◆CY:2016/04/25(月) 18:22 ID:rZc

「らーん、迎えに来たわよー」
園子が扉をノックをする。
「はーい!今行くー!コナン君、行くよ!」
「うん!」
「おまたせ!園子!」
蘭達が出てきた。
「よし!行こっか!」
「感謝しなさいよ。我が鈴木財閥の建てた美術館で10周年のパーティーがあるからさそってやったのよ!」
「うん。園子ありがとー!」
「お前が誘ったくせに…」
「ガキンチョ、なんか言った?」
「ううん!なんでもない!ありがとう園子姉ちゃん。」
「あ!そろそろ着くわよー!」
園子が示した先には美術館とは思えないとても綺麗な建物があった。
「わぁー綺麗!」
蘭が思わず声をあげる。
「そういえばパーティーっていつからなの??」
コナンが聞く。
「えっと…夜の8時からじゃなかったかしら…」
「え!園子!そうだったの!!てっきり昼頃かと…」
「うん。あ、言ってなかったっけ??」
「うん。でもいいよ。お父さんの競馬が見れなくなるだけだし!💢」
蘭は怒りながら言った。

19:かき氷◆CY:2016/04/27(水) 17:32 ID:rZc

「さぁーあ!着いたわよ!我が鈴木財閥の美術館!」
「何回これ言うんだよ…」コナンはため息をつく。
「ガキンチョ、なんかいった??」
「あ、いや!なんでもない!」
「そう。ねぇ蘭。今夜のパーティ、イケメンもいるんだよー!」
「そう。良かったわね笑」蘭は苦笑いをしている。
「じゃーなーくーてー!」園子はクルリと振り向く。
「蘭さ、新しい男探しなよ。イケメンいるし、蘭ならすぐに馴染めると思うよ!」
「でもしんい…」
「蘭、あんたって人は…」
「だって…」
「あの万年不在推理オタク野郎はこんな可愛い彼女を置いてどこをほっつき歩いてんだか…」
「うるせーな」コナンは心の中で突っ込む。
「ちょっと園子ー!事件でいそがしいんだからさー。しかも彼女じゃないしー!」
蘭は顔が赤くなっている。
「そーかなー??もしかしたら他の女と…」
「園子ーもーいいよー笑」
「あれ?おじさんは??」コナンが尋ねる。
「そーいえばおじ様、どこにいるのかな?
」園子も不思議そうな顔をする。
「あ!いた!でも…」コナンが小五郎の姿を見つけた。
蘭はコナンが指した方向を見た。
「あー!!お父さんったらー💢」
小五郎は可愛い女の子達と話していた。
目がハートになっている。
「もぉー、おじ様はほっときましょ!」
「うん…そうだね笑」蘭は仕方なく笑った。
「よっし!それじゃ!入ろ!!」
園子が入り口を指した。

20:かき氷◆CY:2016/04/28(木) 20:20 ID:nzc

「わぁー!すご〜い!」
蘭が驚く。
「へへー!」園子は笑顔になる。
「これ本物なの??」
「うん!」
蘭達は美術館を回っていた。
時間はあっという間に過ぎ、8時をまわった。
ーーーーーーーーーーーー
「ここってバイキングなの??」
蘭がたずねる。
「うん!ケーキもあるよ!」
「本当!?やった!!」
「ガキンチョ喜べ!オレンジジュースもあるわよ!」
「本当?!やったぁ!」(高校生がオレンジジュースだと…おかしい訳ではないけど…)
「あれ?あのひと…あの眠りの小五郎じゃない?」
後ろの方から声がした。

21:かき氷◆CY:2016/05/02(月) 18:01 ID:2ig

明日書きますね!!

22:かき氷◆CY:2016/05/03(火) 18:55 ID:2ig

そして4人の男女がやってきた。
「あの…あなた方は…?」
小五郎がたずねる。
「あ、申し遅れました。私は西村美枝です。」ポニーテールで茶髪の女性が頭をさげる。
「そしてこちらが金谷正治。」
美枝が紹介をする。
「有名な毛利さんに会えて光栄です。」
眼鏡の男性が頭を下げる。
「いゃぁー有名だなんて…」
「そして隣が吉岡共也。」
「初めまして。」
金髪の男性が頭を下げる。
「最後に私の隣にいるのが内田望海。」
「内田です。よろしくお願いします。」
ショートヘアの女性が頭を下げる。

23:かき氷◆CY:2016/05/05(木) 07:46 ID:2ig

ちょっと最近忙しくて書けそうにないので、来週にかきます!!!

24:氷姫:2016/05/05(木) 08:20 ID:6Rw

>>かき氷さん
大丈夫ですよ!
楽しみに待っています(*^◯^*)

25:かき氷◆CY:2016/05/05(木) 15:40 ID:2ig

なんかいま暇なんで書きまーす!!

26:かき氷◆CY:2016/05/05(木) 15:49 ID:2ig

「毛利蘭です。」蘭が名乗る。
「ご紹介します。こちらが私の父、毛利小五郎。そして隣にいるのが鈴木園子。最後にこの子は江戸川コナンくんです。」
「おおー、鈴木お嬢様も、いるのですか!覚えてます!?こないだのパーティーでお食事した」
「ああ。あの人ねー。」
「本当ですか!ありがとうございます。」共也が笑顔になる。
「失礼ですが皆さんはおいくつで…?」
蘭が話しかける。
「28歳よ。同じ会社で働いていて、高校も同じだったのよ。」
美枝が答える。
「そうなんですかー。」
「それじゃあ、僕達はこの辺で。」
「あ、はい。ありがとうございました。」
蘭がお辞儀をする。
そして頭を上げて周りを見回す。
そこには園子と小五郎の姿はなく、コナンだけが立っていた。
「あ、おじさん達ならあそこだよ。」
コナンが指をさす。
「ああ…って二人ともぉー!!!怒」
そこには若い男性に話しかけている園子と可愛くて若い女性と話している小五郎の姿があった。
「相変わらず、こりねぇな…」コナンが白い目で二人をみる。
すると会場の電気が消え、ステージだけが明るくなった。

27:かき氷◆CY:2016/05/05(木) 17:11 ID:2ig

「はーい皆さんちゅーもーく!」
そこには見覚えのある4人が立っていた。
「あれ、吉岡さんたちじゃない?」
コナンが尋ねる。
「さぁて、本日司会の吉岡ともうしまーす!」
「そうみたいね。」
蘭もうなずく。
「あぁー。そういえばパパがそんなこと言ってたっけー。でも何であの3人も…?」
園子は再びステージをみた。
「きっと、吉岡さんがよんだのよ。」
「そうかもしれないわね。」
蘭もステージをみた。
「はーい、今から簡単な推理ゲームをしたいとおもいます!」
吉岡は説明をしていく。
「まず、どこかに鍵を隠してあるのでそれを探していただきます。その鍵でこのロッカーを開けられます。その中には賞品が入っています!なのでヒントを元に鍵のありかを求めて欲しいです。それでは第一のヒントを出します。一度しか言わないのでメモを取るかなんかしてくださいね!」
蘭「推理ゲーム!やったぁ!ね、お父さん!」
小五郎「推理ゲームなんてこの俺様にかかれば1分で…」
蘭「はいはい。それでいつも出来てないじゃないー」
コナンもハハハと笑う。
「それでは第一のヒントです。」
コナンは手帳とペンを取り出す。
吉岡「【もちみみみちのちみららかいほこなすなみらなすち】です。」
吉岡はゆっくりとこの言葉をよんだ。
コナンは急いでメモをとった。

28:かき氷◆CY:2016/05/05(木) 17:16 ID:2ig

「もちみみみちのちみららかいほこなすなみらなすち??」
小五郎は全く分からない。
「うーん、なんだろう…?」
蘭も首をかしげる。
「あ!」園子が声を上げる。
「園子、なんか分かったの?」
「ええ。」
「本当?園子姉ちゃん。」
「うん、聞いとけガキンチョ!」
「う、うん、笑」
「これは単語にするのよ!途中で点(、)をうつと…もち、みみ、みち…あれ?」
「園子、次は?」
「分からない…」
「おいおい…」コナンが心の中で突っ込む。

29:かき氷◆CY:2016/05/05(木) 17:20 ID:2ig

「うーん、[のち]って言葉があるのかな?」
蘭が首をかしげる
「よし、ノートパソコンで調べてみよう。」
小五郎がパソコンをだす。
カタカタカタ…
「あ、いまおじ様ひらがなで打ったー!」
「ああ。最近そうしてるんだ。」
「そういえばヨーコちゃんはひらがな打ちだったっけ…って、そこまで真似するのかよ、おっちゃん…」
コナンが突っ込む。
「あ!そうか!パソコン!キーボード!ひらがな!」
コナンの頭の中での情報が1つの答えに結びつく。

30:かき氷◆CY:2016/05/05(木) 20:16 ID:2ig

「何?ガキンチョなにか分かったの!?」
「うん、これは多分…」
「ちょっと待ったぁ!俺もわかったぞ。」
小五郎が立ち上がる。
「これは、図書館を示している!そしてここには本を立ち読みできる部屋がある」
「あー!、それで、どうして図書館になるの??」蘭が尋ねる。
「そりゃーなー、」
「おじさん、図書館じゃないよ、真ん中のテーブルのうら、だよ。」
「コナン君、どうしてそうなるの??」
蘭が尋ねる。
「おじさん、このひらがなをパソコンで、ひらがな打ちで打ってごらん、」
「あ、ああ。」
カタカタカタ…
「打ったぞ、」
「んじゃあこれを読んだら…?」
「あー!!コナンくんすごい!」
「私もわかったー!やるじゃんガキンチョ!」
「ん?どういう事だー??」
小五郎だけが分からないでいる。
おっちゃん…探偵だろ…コナンが思う。
「お父さん、これをローマ字読みしてみて!」
「mannnakanote_burunoura…か?これをローマ字読みすると…あー!!」
小五郎も分かったようだ。

31:かき氷◆CY:2016/05/05(木) 20:18 ID:2ig

「じゃあ、他の人達にばれないように、ボクがとってくるね!」
「うん、コナンくんありがとう。」
コナンが真ん中のテーブルに近づいていく。
そして裏を見ると紙の入った箱があった。[全部同じなので一枚持ってく事]と書いてある。

32:かき氷◆CY:2016/05/05(木) 20:33 ID:2ig

コナンは一枚とって蘭達の元へ持っていった。
「次の暗号はー??」蘭が尋ねる。
《メロン、あんこ、チョコ、カレー、やきそばの世界の看板の裏がわ》
と書いてあった。

33:かき氷◆CY:2016/05/06(金) 18:43 ID:2ig

「うーん…」
蘭達は考えていた。
英語にしたり、並べ替えたりしたが、何も出てこなかった。
「なにをどうすれば分かるのよ…」
園子は諦めていた。

34:かき氷◆CY:2016/05/06(金) 18:49 ID:2ig

「よし!」と小五郎が立ち上がる。
なにか甘い物でも頼むか。
頭の回転がどうも悪いみたいでな。
「それいつもだろ…」とコナンはつっこむ。
「おー!なにを食べようか…チョコにパンに和菓子もあるなぁ…」
「ん?パン…?まさか…!わかったぞ!これはあそこを示しているー!」コナンは答えが分かった。
「ねぇ、蘭ねぇちゃん、これってバイキングに出てる物と同じじゃない?」
「え…?」
「パンだよ!メロンパン、あんぱん、チョココロネ、カレーパン、焼きそばパン!」
「あ、そうね!コナン君すごい!」
「たまたまだよ…」
「ガキンチョよくやったー!」
コナン達は[パン]と書いた看板の裏を見た。するとーーーー
「鍵だわ!」
蘭が思わず叫ぶ。
すると周りの人達が集まってきた。

35:かき氷◆CY:2016/05/06(金) 18:51 ID:2ig

そして蘭達の元に吉岡たちがやってきた。
「蘭さん達!」
「みなさん!有名な毛利さんが見事に解読致しましたー!!」
[解いたの俺なんだけど…]コナンは不満そうな顔をする。
「でわ、その鍵で開けてください!」
小五郎が鍵を開けたーーーーーーーーー

36:かき氷◆CY:2016/05/06(金) 18:52 ID:2ig

あ、>>34最初の小五郎のセリフ、「」がなかった!!!
「なにか甘い物でも頼むか。 頭の回転がどうも悪いみたいでな。 」
です!!

37:かき氷◆CY:2016/05/07(土) 18:51 ID:2ig

小五郎が鍵をあけるとーーー
とある券が入っていた。
「なんだ…??」と小五郎は首をかしげる。
「はい!これはですね、大阪までの新幹線のチケットです!」
「4枚あるので是非行ってくださいね!」と美枝が笑顔になる。
すると「毛利さん、」と誰かから声をかけられた。小五郎が振り向くと吉岡が立っていた。
「出来れば私達もご一緒させていただきたいのですが…私達の分のチケットは用意するので…」
「ああ。いいですよ。」
「ありがとうございます!」
美枝がお辞儀をする。

38:かき氷◆CY:2016/05/07(土) 18:53 ID:2ig

「ああ。だからそっちに行くことになった。」
「ほんならお好み焼き食わしたるわ!美味しいお好み焼き屋さんあるんや。」
コナンは西の高校生探偵、服部平次と電話で話していた。
「ありがとな、服部。」
「ええって!ほんなら日曜日な。」
「ああ。」

39:かき氷◆CY:2016/05/07(土) 18:56 ID:2ig

「平次ー誰と話してたん?」
服部平次の幼なじみ、遠山和葉がきた。
「くど…いや、コナン君や。今度の日曜にこっち来るらしいで。」
思わず工藤と言おうとしたのをコナン君に言い直す。
「まじ!?ほんなら蘭ちゃんもくるん?」
「そうらしいでー。」
「私もいく!大阪駅やろ?」
「そうやけど…」
厄介なやつがくるんか…と平次は思う。

40:かき氷◆CY:2016/05/08(日) 19:24 ID:2ig

関西弁、少ししか分からないんで間違ってたらすいません!🙇

41:かき氷◆CY:2016/05/09(月) 19:48 ID:2ig

日曜日ーーーー
「あ!らんちゃーん!」
「あ!和葉ちゃん!」
「おう!くど…じゃなくてコナン君…」
「あれ?あんたら誰なん?」
和葉が西村達を指す。

42:かき氷◆CY:2016/05/09(月) 19:52 ID:2ig

「あ、私達とこっちに来たいって言ってたの。」
「そーなん?」
「うん。左から金谷さん、吉岡さん、西村さん、内田さんよ。」
蘭が紹介する。
「あ、私は遠山和葉。よろしくお願いします」
「ええ。よろしく。」
内田がお辞儀をする。
「ほんなら大阪案内したるわ!」
平次が言う。
そして和葉と平次に鋭い眼差しを向けていた人がいたーーーー
しかし平次達は気づかなかった。

43:かき氷◆CY (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/05/12(木) 18:47 ID:.sU

「うっわーぁ!キレーイ!」
蘭が思わず声をあげる。
「そうやろ?私、よくここくるねん!」
蘭たちは展望台から大阪の街並みを見ていた。
「ああー!あれ!」
蘭が驚く。
「蘭ちゃんどうしたん?」
「あれ!」
蘭が指した先をみるとーーーー
「ああー!!!スイーツ食べ放題や!蘭ちゃん、今からいかへん?」
「いいね!!いこいこ!」
「ちょいまちい!」
和葉達を平次が止める。
「他の人いるってのになんでお前だけいくんねん。そんなん…」
「そんなん?」
「俺たちも連れてけやー!!!」
「は?あんた頭おかしいんとちゃうん?日本語大丈夫?」
「頭おかしいんのはお前や。」
コナンはどっちもおかしいだろと心の中で突っ込む。
「ほんならいこか!」
和葉が走り出す。
その後にみんなも続く。
「え、あ、ちょ、まってえー!」
小五郎だけが遅れて追いかけていたーーーーーー

44:かき氷◆CY (;`・ω・)つdice3:2016/05/12(木) 20:05 ID:.sU

あ、下から9行目、
「頭おかしいんのはお前や。」
じゃなくて
「頭おかしいんはお前や。」です!!

45:かき氷◆GCY ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/05/14(土) 09:36 ID:kiY

出来れば今日書きます!

46:かき氷◆CY (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/05/14(土) 14:06 ID:.sU

〜その頃〜
探偵団のみんなは博士の家で遊んでいた。
「そういえばコナンのやつ、ずるいんだぜ!1人だけ大阪いってさ!」
「ぬけがけはコナン君の得意技ですから。」
「歩美も行きたかったなぁー…」
「なら博士、俺らも大阪連れてってよー」
「大阪じゃと!?遠いなぁ…」
「博士なら行けますよ!」
「そうだよ!歩美、大阪いきたい!」
「天才発明家だもんな!」
「うん…困ったのぉ…よし!」
博士がいきなり指を立てる。
「まさか…」「これって…」
「クイズで勝負じゃ!答えられたら連れてってやるぞ!」
「簡単なのにしときなさいよ。」
灰原はソファで雑誌を見ながら博士の方を向く。
「とほほ…では第1問!」
「まさか何問も出すんじゃ無いでしょうね。」
灰原が言う。
「では1問にしておこう…」「大阪には通天閣があるじゃろ?それを建てた人はだーれだ、1、古建(ふるだち)さん 2、府建(ふだち)さん 3、藤建(ふじたち)さんだーれじゃ!」
「えーっと…」
みんなが考えていると…
「みんなは1都1道2府42県ってしってる?」
灰原がヒントを出す。
「哀くんそれは…」
「でもわかりませんねぇ…」「哀ちゃん、もっとヒントない?」

47:かき氷◆CY (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/05/14(土) 14:12 ID:.sU

「3人の名前に大阪との共通点がある人は?」
灰原が大ヒントを出す。
「あっ!分かりました!」
「私も!」
「くっそー。俺だけ分からねー。」
元太はわからなかった。
光彦がヒントを出す。
「元太くん。大阪は都道府県のどれですか?」
「大阪府じゃねーのか?」
「だからそれで…」歩美が応援する。
「あー!分かった!答えは府建さんだ!」
「せ…正解じゃ…」
博士は仕方なく笑った。

48:かき氷◆CY ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/05/14(土) 14:43 ID:.sU

「でも哀くんがヒントを出すとは…反則じゃな。」
「えー。なんでー。歩美、哀ちゃんと仲良しだよ!?」
「同じ少年探偵団の仲間です!」
「仲間はずれはだめって母ちゃんに言われなかったのか?」
「いや…じゃから…」
「博士。連れてってあげなさい。」
「は…はい。」
灰原の怖い口調で博士は答えた。
「やった!!歩美、大阪いきたい!」
「せっかくだからコナン君に会いましょうよ。」
「いいぜ!あいつの驚いた顔…」
3人はコナンの驚いた顔を思い浮かべて「グフフ…」と笑ったーーーーーー

49:藍紗◆fg:2016/05/14(土) 18:36 ID:q8Y

かき氷
>>46の「1都1道2府42県」って「1都1道2府43県」じゃない?
関西弁いけてるで!
藍紗も大阪住んどるし。
博士のクイズ、特徴出とるなー。
これからも頑張ってな!

50:かき氷◆CY (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/05/14(土) 18:45 ID:.sU

あ、間違えた笑
43だね、笑

うん!頑張る!
関西弁できてた?よかったぁー

51:彩葉◆huA:2016/05/14(土) 20:51 ID:q8Y

小説、とてもお上手ですね。
これからも頑張って下さいね。
私もかき氷さんの小説、読ませて頂きますね。

52:かき氷◆CY (;`・ω・)つdice3:2016/05/15(日) 16:05 ID:rFY

>>51そうですか?ありがとうございます!!
はい!がんばりまぁーす!
是非是非!読んでくださいー笑

53:藍紗◆fg:2016/05/15(日) 16:32 ID:q8Y

お姉ちゃんだぁ!
かき氷、彩葉は藍紗のお姉ちゃんだよ!

54:かき氷◆CY (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/05/15(日) 20:00 ID:rFY

>>53まじ!?そーなんか!

55:かき氷◆CY (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/05/15(日) 20:20 ID:rFY

〜その頃〜
「ふー!食った食ったー!」
園子が腹をポンポンと叩く。
「園子ー食べ過ぎでしょー。」
蘭は苦笑いしている。
「あの、失礼ですが服部さんと和葉さんは恋人同士ですか?」
内田がふと顔をあげる。
「はぁ?だれがこんな…」「平次は恋人とちゃうで!」
二人同時に答える。
しかしコナンが「えー、平次にぃちゃーん、ふふふー」と言った。
そして西村達も「うふふ…」と笑う。
「このクソガキ…」と平次は思っていたー。

56:かき氷◆CY ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/05/15(日) 20:26 ID:rFY

〜夜〜
「うわぁ!綺麗!」
蘭が声をあげる。
蘭の視線先にはとても綺麗な夜景が広がっていたーーーーーー。
「ほんま、きれーやなー。」
和葉も声をあげる。
「せや!蘭ちゃん、写メ撮らへん?」
「いいね!なら外いこっか!」
「せやな!ほな!行こか!」
二人は外へ出て行ったーーーーーー。
そしてすぐに内田がトイレへ、西村が風呂へ、金谷は着替えに、吉岡は部屋へ戻ると言い、みんなバラバラな場所へ行ったーーーーーー

57:かき氷◆CY (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/05/15(日) 20:29 ID:rFY

〜夜の1:30〜
「おい、蘭達はどうした?」
小五郎が聞く。
「和葉達なら外行ったで。」
平次が答える。
「なら俺は二人を呼んでくる。学生はもう寝る時間だ。お前らも寝るんだぞ。」
「はーい。」とコナンが答える。
そして西村達も布団に入ったーーーーーー

58:かき氷◆CY (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/05/16(月) 20:07 ID:rFY

〜5分後〜
「おい!起きろ!」
小五郎の声が響いた。とても焦っていた。
「おじさーん…なに…こんな時間に…」
コナンが起きる。
「せやせや!学生は寝ろって言うたやんか!」
平次も続く。
「いいから!」
「どうしたんですか?」
西村も尋ねる。
「蘭達がいないんだ!!」
「え…」「ほんまか?それ?」
コナン達はビックリした。
「携帯にもつながらへん…」
平次は携帯を置いて下を向く。
「そんな…蘭…」コナンもただうつむいているしかなかったーーーーーー

59:かき氷◆CY ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/05/16(月) 20:09 ID:rFY

「一応警察には伝えたが…」
小五郎はうつむく。
「事故か事件に巻き込まれたんとちゃうん?」
「そうかも知れないわね…」内田も答える。
「蘭…」「和葉…」
二人は同時につぶやいていたーーーーーーー

60:かき氷◆CY ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/05/16(月) 20:23 ID:rFY

>>59
二行目、小五郎「も」うつむく。
です!!「は」じゃなくて「も」でした!!

61:藍紗◆fg:2016/05/16(月) 20:26 ID:q8Y

蘭ちゃーん、和葉ちゃーん、大丈夫かいな!?
めっちゃ続きが気になるー!

62:かき氷◆CY (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/05/17(火) 17:17 ID:rFY

>>61でしょー笑
ここから事件が発生ですね!!

63:かき氷◆CY ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/05/17(火) 17:46 ID:rFY

「とにかくっ、ここからは警察に任せるんだ、俺達は明日になってから捜査をしよう。」
小五郎が言う。
そして皆が布団に入った後、コナンはこっそり外へ出て行ったーーーーーー

64:かき氷◆CY (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/05/17(火) 17:54 ID:rFY

「蘭…どこにいるんだ?」
コナンが歩いていると
「おい!」
と肩を掴まれた。
コナンは麻酔銃を構え、後ろを振り向く。
そこには平次がいた。
「どや?驚いたか?」
「うっせぇ。」コナンは言う。
「それより服部…お前はどう思う?この事件…」
コナンはいきなりしゃがみ込む
「おい、工藤、なんで事件なんや?事故かもしれへんやんか!」
「服部、ここを見ろ。」
「…!これは…」
「そう。抵抗した跡。それも合気道と空手のな。」
そこには空手で壊れかけた石と、合気で砕かれた石が落ちていた。
「おそらく蘭達はここで犯人に襲われ、抵抗したが駄目だったーーーーーー。」
「そうゆうこっちゃな。」
「ああ。だが犯人はどうやって2人を…?」
コナンが歩いていると、何かを蹴った気がした。
「ん?」と下を向いて蹴った物を探す。
「これは…!服部!あったぞ!」
「ああ。スタンガンか。これなら合気や空手で攻撃されても意味ないねんな」
「よし服部、これを警察に届けて、指紋の解析をしてもらおう。」
「せやな!」そう言って服部は歩きだす。
コナンは慌てて後を追ったーーーーーー

65:藍紗◆fg:2016/05/17(火) 18:16 ID:q8Y

蘭ちゃん、和葉ちゃん、無事でおってー!!
そないしても、蘭ちゃんと和葉ちゃんを襲うとか身の程知らずやな〜。
あんなに強いのに・・・

66:かき氷◆CY (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/05/17(火) 20:11 ID:rFY

ねー…
まぁ、迷宮の十字路でも和葉さらわれたし、意外と襲われてもやっつけないのかな?笑

多少あれ?って思うことあるかもしれないけど、そこは、んま、ご理解を笑

67:藍紗◆fg:2016/05/17(火) 20:19 ID:q8Y

藍紗だったらまずは蹴り炸裂させるよー(←凶暴ww)
藍紗は読む側なんで楽しみです♪

68:彩葉◆huA:2016/05/17(火) 21:03 ID:q8Y

かき氷さん
和葉ちゃんと蘭ちゃんが誘拐されちゃうなんて、続きが気になります。
面白いので更新、頑張って下さいね。

69:かき氷◆CY (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/05/18(水) 18:24 ID:rFY

>>67まじか笑

>>68はーい!楽しみにしてて下さ〜い!

70:かき氷◆CY (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/05/19(木) 16:51 ID:rFY

〜次の日〜
「おお!毛利くん!」
どこからか声がする。
「警部殿!どうしてここに?」
「昨日ここで殺人があってな、被害者が東京にすんでいたから我々も捜査をしているのさ。」
「そうですか……」
「毛利さん、どうかしたんですか?」
高木がたずねる。
「実はな…」
小五郎は蘭達が行方不明になったことを知らせたー
「ええっ!?本当ですか?毛利さん、」
高木が思わず声をあげる。
「ああ…。」
「まさか、今回の殺人と関係が…?」
佐藤が考える。
「毛利くん、この件は我々警察に任せなさい。」
「いやです!娘がいなくなったんですよ?警部殿はこの気持ちが分からないんですか?」
小五郎は怒っていた。

71:かき氷◆CY (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/05/19(木) 16:56 ID:rFY

〜その頃〜
「う…ううっ…朝…か…ん?ここは…。」
「あれ?蘭ちゃん?」
「和葉ちゃん!…うわっ!」
「蘭ちゃん!?」
蘭は思わず立ち上がろうとした。だが手錠で繋がれていて動けなかった。
「ここ、どこや?」
「分からない…」
2人がいる部屋には、窓1つなく、外は見えなかった。
しかし音は聞こえてくる。でもそれがどこなのかはわからなかった。
「はよ脱出せな!」
「そうだね、でもどうしよう…」
蘭達が考えていると…
コツ…コツ…階段を上ってくる音がした。
「はっ、犯人とちゃう?」
蘭達は思わず目を閉じたーーーーーー

72:かき氷◆CY 電池がきれそう:2016/05/19(木) 20:08 ID:rFY

みうちゃんも書き込んでいいのよー笑

はい、皆様は気にせんでー笑

73:かき氷◆CY 眠いです!:2016/05/20(金) 16:38 ID:rFY

ガラガラ…
蘭達の前に犯人がきた。
しかし暗くて犯人の顔はよく見えなかった。
「あんた達のスマホにメッセージが届いてるよ。声が聞けるのも最後かもしれないからよーく聞きな。」
犯人は蘭のスマホの方からメッセージを流した。
『蘭か?』
「し、しんい…ち?」
『おっちゃんから詳しくは聞いた。なんだか大変なことになってるみたいだな。』
「大変どころじゃないよ…」
蘭はうつむく
『大丈夫。俺が必ず見つけてやるから。安心しろ。』
「どうして?なんでそんな事がいえるの?新一!!」
『今、大阪まで来てるんだ。』
「新一!来てるならいってよ!かっこいいこと言っちゃって!!」
しかしメッセージなので返事はこない。蘭だけの声が無意味に響いたーーーーーー

次に和葉のスマホのメッセージを再生した。
『おお。和葉か?お前どこうろついてたんねん!』
「こんなときにいつもの調子でー💢」
『でも、もう大丈夫や。俺が必ず見つけてみせる!』
「場所もわからないくせにのんきな男ね…」
『和葉…俺、お前の事助けたら…』
「え、なに?」
『まぁ、気にすんな!助けたら言ってやるてで!1番言いたかった一言をな…』
「え、ちょ、平次ーーー!!」
和葉の声もむなしく響いたーーーーーー

74:かき氷◆CY 眠いです!:2016/05/20(金) 16:41 ID:rFY

〜少し前〜
コナンは変声機を使って蘭に留守電を入れていた。
「……来てるんだ…。」
最後の言葉を言って、コナンは電話を切った。
「許さない…蘭に危害を与えるようなことをしたら…」
コナンは今まで以上に怒っていた。


そのころ平次も、コナンとは少し離れたところで留守電を入れていた。
「一言をな…」
そして平次も電話を切る。
「許さへんで!和葉に手ェだしたら!許さへん!」
平次もとても怒っていたーーーー

75:かき氷◆CY 眠いです!:2016/05/20(金) 17:33 ID:rFY

「おお!コナン君!」
目暮がコナンを見つけた。
「どうだった?スタンガンの指紋は!」
「それがね…」
高木がいう。
「それが、蘭さんと和葉さんの指紋しかついてなかったの。」
佐藤も続く。
「嘘…」
コナンはまだ、犯人につながる手がかりをつかめていなかったのだ…。

76:れもん:2016/05/20(金) 17:37 ID:hHs

手掛かりはどこにあるのかなー!?

77:かき氷◆CY 眠いです!:2016/05/20(金) 17:38 ID:rFY

〜そして〜
小五郎の元へ電話があった。
「はい。毛利です。」
「毛利小五郎か?」
変声機を通した不気味な声が小五郎の頭の中を彷徨う。
「いかにも。依頼ですか?」
「…お前の娘さん、可愛いじゃないか。」
「おい…まさかお前…」
「そうだ。お前の娘さん達を誘拐したのは私だ。」
「お前!蘭達に手出ししてねぇだろうな!」
「…さぁ…しかし今からいう暗号を解けば娘達のいる場所がわかる。タイムリミットは明日午後12時まで。」
「おい!お前誰だ!そんなことをして何がある!」
犯人は返事をしない。
「…暗号は…」
「おい!ちょっとまて!」
小五郎はメモ帳とペンを取り出す。

78:かき氷◆CY 眠いです!:2016/05/20(金) 17:39 ID:rFY

>>76ここかな!笑

79:れもん:2016/05/20(金) 17:42 ID:hHs

暗号きた笑
どんな暗号かな!?小五郎解けるかな!?

80:かき氷◆CY 眠いです!:2016/05/20(金) 17:44 ID:rFY

「暗号は…」
不気味な声が少し笑う。
「最初の暗号は15+14、3-1、2×3、20-4、1+1、12÷2、4×2だ。この場所に行けば次の暗号がわかる。では、健闘を祈る。」
「おい!まて!これだとわからねぇ!ヒントだ!ヒントをくれ!」
「…そう簡単に教えてしまったらつまらないのでね。では。」
「おっ!おい!」
ツーツー。
電話は切れてしまったーーーーーー

81:かき氷◆CY 眠いです!:2016/05/20(金) 17:45 ID:rFY

>>79解けるかなー!笑

れもんならわかるよね!笑←2つ目からは少し変えるけど

82:れもん:2016/05/20(金) 17:52 ID:hHs

お!わかったかも!小五郎よりは早く解けたかな笑

83:かき氷◆GCY ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/05/20(金) 18:18 ID:gD.

あ、暗号ミスったww

15+14、3-1、2×3、20-4、1+1、12÷2、4×2
じゃなくて
15+14゛、3-1、2×3、20-4゛、1+1、12÷2゛、4×2

です!濁点がぬけてましたぁぁぁーーーーーーーーー!!!

>>82すごい!

84:れもん:2016/05/20(金) 18:22 ID:hHs

はい解けた!
蘭たちを助けなきゃー!

85:藍紗◆fg:2016/05/20(金) 21:14 ID:q8Y

暗号分からーん!

>>73
×うろついてたんねん!
○うろついてんねん!

ちょっと気になったのはそこだよ。
小説面白い!!

86:かき氷◆CY 眠いです!:2016/05/21(土) 16:50 ID:rFY

>>85そーいわれればそーかも笑

暗号のヒントは…あいうえお!

明日かきます!

87:かき氷◆CY:2016/05/21(土) 18:28 ID:rFY

やっぱいまかきます!笑

88:かき氷◆CY:2016/05/21(土) 18:30 ID:rFY

「「なにこれ?」」
小五郎はコナンたちに暗号を知らせた。
「計算したらどうなるん?」「計算したんだが…なにがなんだか…」
「この゛も気になるよね。」
「これを濁らせるんとちゃうか?゛つけられるとこにつけるとか」
「それもやったんだが…」
「ほんならどうすればいいねん…」

〜〜〜〜〜〜〜
園子は一人、鈴木財閥の建てた[SONOKOホテル第2]にきていた。
フワァーア。大きくあくびをして起きあがる。
そして蘭にメールをする
<らーん。いまおきたわよ〜!今日はどこいくの?>と送った。
そのとき園子の携帯が震えた。着信だ。(おじさま…??)小五郎からの着信だ。
そして「もしもし…」と電話に出た。
「おい!!いまどこだ!」
「なんなの急に!!いまSONOKOホテル第2よ。」
「そうか!ちょうどいい!いまそこの目の前にいるんだ。」
「え、おじさま?蘭は?」
「いや…蘭達は……」
「何が起きたの!?すぐいく!!」
ツーツー。
電話は切れてしまった。
コナンは目の前にそびえ立つSONOKOホテル第2を見上げた。

89:かき氷◆GCY (;`・ω・)つdice3:2016/05/22(日) 13:24 ID:Up6

「おじさま〜!蘭がどうしたの??」
「じ・・実は・・・」
小五郎は蘭と和葉が誘拐され、暗号が来たということを教えた。
「ええーっ!?すぐに助けないと!らーん!」
「お!おい!どこいくの!?」
あてもなく走っていった園子を小五郎は呼び止めた。
が、園子は行ってしまった。

90:藍紗◆fg:2016/05/22(日) 18:03 ID:q8Y

園子〜、いったい何処に行くんだーい!

91:れもん:2016/05/22(日) 20:26 ID:hHs

園子!どこへ!?

92:かき氷◆CY:2016/05/23(月) 13:25 ID:mHI

園子ねー!笑

ほんっと、あてもないのにどこ行くのか…←自分で書いたくせに

93:かき氷◆CY:2016/05/23(月) 17:38 ID:mHI

「で、この15+14゛、3-1、2×3、20-4゛、1+1、12÷2゛、4×2 の暗号を解かないと次には進めないんじゃない?」
コナンは園子を無視して言った。
「せやな。それか犯人を突き止めるか…」
「でもっ。犯人につながる物がないじゃない。さっき警部からもスタンガンから犯人らしき指紋は出なかったって言われたし。」
「そ…それもそうやな…」
「とにかく!これは俺達と一緒にいた西村さん、吉岡さん、内田さん、金谷さんなんじゃねぇか?」
「え、どうしてそう思うの?おじさん、」
「それはだなー。探偵のカンってやつかな!ガハハ…」
「いや、探偵のカンって…」
コナンはハハハ…と笑う。
「そうや!おっちゃんの言ってること、正しいで。」
「おい、服部、これはカンって…」
「ちゃうちゃう!犯人があの4人の誰かっちゅうこっちゃ!」
「なんでそうなんだ?服部。」
「まず、和葉達が外に行ったのを知ってるのはこの4人と俺達のハズや。外に行ったの知ってへんと誘拐なんて出来ひんやろ。それにや、なんであの4人がついてきたん?別で行動すればいいやんか!」
服部は怒りのせいか声を張り上げていた。
「あのな、蘭達が外に行くとは限らないだろう。」
コナンは冷静に言う。
「夜景や。その日が晴れなら夜景が綺麗なはずや!そしたら学生は写真が撮りたくなるはず!そしてこの泊まるとこを夜景の写真を撮りづらい場所なら…。」
「うーん…」
コナンは手を顎に当てて考えた。
「ありえるかもな。しかしアリバイは…」
コナン達はあの時ーーー蘭達が外に行った後のみんなの動きを思い出したーーーーーー

94:かき氷◆j6:2016/05/23(月) 20:01 ID:mHI

上から13行め、
おじさん、

じゃなくて

おじさん。です!!

ま、そんなに気にしなくてもいー事だけどー

95:かき氷◆j6:2016/05/24(火) 13:54 ID:mHI

(確かあの時…内田がトイレへ、西村が風呂へ、金谷は着替えに、吉岡は部屋へ戻った…)
「なぁ服部。あの4人、アリバイがないぞ。」
「せやろ!あの4人の誰かが2人を…」
「てゆうかー。服部。先に暗号といたほうがいいんじゃないか?」
「せやな。でも分からんな…」

96:かき氷◆j6:2016/05/24(火) 20:14 ID:mHI

「あ!コナン君じゃないですか!」
「おーい!コナーン!」
「コナン君ーー!」
「おめーら…どうしてここに?」
コナンは目の前に立つ元太、光彦、歩美を見た。
「あら。来ているのは3人じゃないわよ。」
どこからか知ってる声がする。
「はっ、灰原!?それに博士も!」
「博士が連れてきてくれたんです!」
コナンは喜ぶ子供たちを見てははは…と笑った。

97:かき氷◆j6:2016/05/26(木) 18:48 ID:mHI

「あれ?蘭お姉さんがいないよ。」
「おお!探偵団の皆やないか!久しぶりやな!」
「探偵の師匠!お久しぶりです!」
「なんか事件なの?」
灰原はこっそり聞いてくる。
「まあな。」
「まさか…」
「ああ。蘭達が誘拐されてしまった。」
「えええっーー!ゆ、誘拐ー!?」
こっそり聞いていた光彦は思わず声をあげる。
「来て早々事件ですね!」
「よーし!こんな時はー!」
『少年探偵団出動だぁー!』
3人は声をあげる。
「おい、おめーらどこに出動するんだよ。」
コナンは呆れた声で言う。
「あ、そうだね。」
「そうでしたー。」
「コナン!どこ行くんだ!」
「とにかく。この暗号を解かないといけない。」
コナンは暗号を見せた。
「うーん、分かりませんねぇ。」
「こうさーん。」
「俺もわかんねぇ!」
「こうさんですね。」
「おい…」
コナンは降参するはやさに呆れていた。

98:かき氷◆j6:2016/05/28(土) 16:48 ID:mHI

「15+14゛、3-1、2×3、20-4゛、1+1、12÷2゛、4×2を計算すると29゛、2、6、16゛、2、6゛になる。」
「せやな。」
「あとはこれがなにを意味してるかだ…」
その時、服部の携帯がなった。
「もしもし。」
「服部平次か?」
変声機を通した声が聞こえる。
「なんや?」
「知ってるだろうが、遠山和葉を誘拐した。」
「ほんなんとっくに知ってるわ!ボケ!」
「その口調はなんなのかな?暗号がほしくないのか?」
「いや、ほしいです。ほしいです。」
「知ってるかもしれないが、15+14゛、3-1、2×3、20-4゛、1+1、12÷2゛、4×2だ。」
「ちょっと待ちい!ヒントくれや!」
「ふふ…毛利小五郎には教えてないがお前には教えてやろう。」
(なんで俺には…?)
「ヒントは、小学1年国語だ。では、健闘をいのる。」

電話は切れてしまった。
「服部…?」
「工藤!いいことあんで!」
「あんだよ。」
「俺にだけヒントをくれたんや。暗号のなぁ!」
「ほんとか!服部!!」
「ああ。ヒントは『小学1年国語』や。」
「小学1年!??」
「せや!工藤、お前国語いまなにやっとるん?」
「えっと…ひらがなだらけの文章読んだりとか…ひらがなの勉強とか…簡単な漢字なら…」
『あ!!!』
2人は同時に叫んだ。
「って事は…」
「せやな!でも俺いけないな。工藤。1人で行ってこい!」
「今からか?服部、お前も来ればいいじゃないか、別に探偵事務所に泊まっても良いんだし。」
「ほんならそうするわ!」
「よし、まずは…」
コナンはみんなと合流し、急遽米花町に戻ることにした。

99:かき氷◆j6:2016/05/28(土) 18:56 ID:mHI

あれ?

100:かき氷◆j6:2016/05/28(土) 18:56 ID:mHI

あ、いや、なんでもないっす、笑

101:かき氷◆j6:2016/05/30(月) 18:06 ID:mHI

100おめ!

102:かき氷◆j6:2016/05/30(月) 18:14 ID:mHI

「コナン君分かったんですか?」
「ちがうだろ。解いたのは探偵の師匠だろ!なぁ?」
「せ、せやな…」(工藤がいないと解けへんかったけどな…)
コナン達は新幹線で帰っていた。
もちろん、博士達は園子がチケットを買ってくれた。
「それで?彼女さんたちはどこなの?」
灰原がこっそり聞いてくる。
「あ、ああ。暗号の数学を足した数字があいうえおかきくけこ……の番号を示しているって事だ。例えば…2だったら『い』5だったら『お』みたいにな。」
「え、それじゃあ…」
灰原もすぐに解けた。
「それで、どこなんですか?」
「哀ちゃん教えて〜。」
「なぁ、教えろよコナン!」
3人が聞いてきた。
「俺が教えたるわ!」
「師匠!ありがとうございます!」
「べいかだいがくや。」
「べっ、米花大学!?」
コナン、服部以外の皆は西村、吉岡、内田、金谷を見た。

103:藍紗◆fg:2016/05/31(火) 21:14 ID:q8Y

米花大学かー!!
藍紗、そぜいかだいがくになってたわ。
そりゃ、訳分からんわ(笑)

104:かき氷◆j6:2016/06/02(木) 20:16 ID:7/M



次の暗号はもっとむずい予定です!!

105:藍紗◆fg:2016/06/02(木) 21:03 ID:q8Y

そんなー!?
でも楽しみです☆

106:かき氷◆j6:2016/06/03(金) 19:13 ID:7/M

うん!楽しみにしててー笑

でも、最近忙しいから書けないかもー泣

107:かき氷◆j6:2016/06/04(土) 16:31 ID:7/M

あ、やべぇ、笑

あの、オリキャラの4人は米花大学出身って事で!笑

なんか書いてなかったことに今気づいた笑

108:かき氷◆0M:2016/06/06(月) 17:10 ID:w8M

最近忙しいのでしばらく書けないかも〜…

楽しみにしてくれてる方すいません!!

109:かき氷◆0M:2016/06/06(月) 17:11 ID:w8M

あっ、あの、スマホ変えたんで、トリップ違うけどきにしないでね!!

110:かき氷◆0M:2016/06/06(月) 17:46 ID:w8M

〜04:00am〜(タイムリミットまであと8時間)

小五郎達は米花大学行きのバスに乗った。
もちろん、皆で。でもこの中に犯人はいるのだろう。
「次はー。米花大学ー。」
ピーンポーン。
小五郎はチャイムを押す。
そして降りる。その後、西村達4人は走って何処かへ行ってしまった。
「らーん!今行くからな!」
「おじさん、これ…。」
コナンは門の前に貼ってある張り紙をみた。

111:かき氷◆0M:2016/06/08(水) 19:01 ID:z62

あの、次の暗号を文書でできないんで、写真載せますね!(いまは無理っす!笑)

112:藍紗◆fg (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/06/11(土) 16:41 ID:q8Y

楽しみに待ってま〜す

113:かき氷◆0M:2016/06/12(日) 10:43 ID:wGs

はーい!
でも今日は無理だわ笑笑

114:美海◆0M:2016/06/17(金) 19:01 ID:hH6


「ひたふいみいよくいかむん?」
探偵団のみんなは読み上げた。
「ヒントがあるね。」
コナンがヒントに目を移す。

http://ha10.net/up/index.php?mode=article&id=11386

「分かったぞ!」
小五郎が立ち上がる。
「これはな。遺産だ。」
「えっ…?」
「ここには「い」という字が3つある。いがさんこーーーい、さん、いさん!だから遺産だ。」
「そんなわけないじゃないですか!」
「そうだぞ!博士じゃあるめーし!」
「そしたらこの暗号、博士が作ったものになっちゃうもーん。」
探偵団のみんなは否定した。
ハハハ…と博士は笑う。
「おい、くど…コナン君ちょっと…」
平次がコナンを呼んだ。

115:美海◆0M:2016/06/18(土) 16:51 ID:uM.

〜5:00〜(タイムリミットまであと7時間)

「工藤…ええこと教えたる。いまな。西村と内田は体育館に、金谷は職員室に。吉岡は家庭科室前の廊下にいるで。」

「じゃあ西村さんと内田さんはシロだな。」
「共犯かもしれへん。」
「ああ。そうか…」
(なんなんだこの暗号は…)

コナン達は暗号の紙を見つめた。

116:美海◆GCY ひま:2016/06/19(日) 10:46 ID:23U

あ、美海はかき氷でーす

117:藍紗◆fg:2016/06/19(日) 11:29 ID:q8Y

暗号分っからーん!!笑
字キレー!

118:美海◆0M:2016/06/19(日) 16:44 ID:6Ng

字、綺麗じゃないよぉ〜

ヒントは…昔の人の方がわかるかも!

119:美海◆0M:2016/06/21(火) 17:29

>>115で、平次のセリフ、「さん」が全部抜けてた笑笑
呼び捨てになってた笑笑

120:かき氷◆0M:2016/06/21(火) 18:05

「あ!コナン君!服部くんも!探したんだからぁー!」

「あ、蘭ねぇちゃん…」

「お父さんが犯人が分かったから入り口に集合だって。」

「ははは…まさかおっちゃん…」

「工藤…」

「ああ…。」

平次とコナンはある程度予想して、ため息をつきながら小五郎のいる入り口に向かった。

121:美海◆0M:2016/06/24(金) 17:36

>>120あ、間違えたー!きたのは蘭じゃなくて園子だ笑笑
蘭はいないんだった笑笑

122:美海◆0M:2016/06/24(金) 17:43

「おじさま、犯人が分かったって本当なの?」
「ああ。犯人は…。あなただ!」
小五郎は前に立っている人物に指をさした。
「えっ…。」
一同はざわめく。
「西村さん!??」
「私!?証拠はなんなのよ!?」
「西村さんはまず、あなたは蘭たちがいなくなる前、お風呂に行った。しかし貴方はお風呂に行ったんじゃない!外に出て蘭達を誘拐したんだ。」
「嘘よ!そんなのただの想像だわ!」
「ああ。まだこれだけだと分からない。しかしあんたが風呂に入った後、外のバスタオルが濡れていなかった!それが証拠だろ!」
「それは、洗濯機で洗ったの!そんないい加減な事言わないで!」
「おじさん、ボクもそう思う。だって西村さんが戻ってきた時、少し髪が濡れていたじゃない。」
「せやせや。おかしいと思うで。」
「いや、でも、だから…。」
小五郎は黙ってしまった。

123:美海◆0M:2016/06/25(土) 17:23

「ほんなら。俺らはもう行くわ。」
「おじさん、なんかわかっても言わなくていいから。」
コナンと平次は立て続けに言う。
「ほら。おじさま。私達もいくよ。」
「…。」
小五郎は園子に引きづられて何処かへ行ってしまった。

124:美海◆CY:2016/06/26(日) 15:54

〜8:00〜(タイムリミットまであと4時間)

「うーん・・」
皆は近くの教室に行って座っていた。
「123456を言い換えてみたら?」
吉岡が言う。
「わん、つー、すりー・・・・?」
小五郎は英語で言った。だかなにも出てこなかった。
「いろはにほへと・・・だと7つか・・・」
「あいうえおか・・・?でもない。。。」
「言い換えは違うようね・」
西村がいう。
「いや!もうひとつあるで!」
平次は立ち上がった。

125:美海◆RQ:2016/06/27(月) 18:00

「え?」
一同は驚いた顔で平次をみた。
「それに。答えも出る魔法の数え方や。知ってる人は少ないと思うけどなぁ!」
「それで?なんなの?平次兄ちゃん。」
「ひ、ふ、み、よ、い、む…や!」
「それじゃあ…!」
コナンも答えに結びつく。
「そうや。ひふみよいむや、の間の文字を順によむと…。」
「体育館!!」
探偵団達は叫んだ。
「よし!はっと…平次兄ちゃん、体育館いこう!」
コナンはおもわず服部、と言いそうになってしまったが、すぐに呼び直した。
「せやな!ほな!いこか!」
みんなは教室を出て、体育館へと向かった。

126:美海◆RQ:2016/06/30(木) 18:18

「ここでええんか?」
「はい。そうです。」
平次達は西村に案内されながら、体育館についた。
「それで…。」「暗号はどこや?」
コナンと服部は言った。
「あ!これじゃないですか!」
「本当だー。コナン君。こっちきてー。」
「コナン!早くしろよ!」
「行くって…。」
コナン達は探偵団の指差す紙をみた。
「なんやこれ?暗号か?」
そこにはーーーーー


(写メにするんでまた今度ー。笑)

127:美海◆CY:2016/07/16(土) 11:51

写真がめんどい、、、ってか。。写メじゃないww
写真ねw

128:美海◆RQ:2016/07/19(火) 14:03

よし!久しぶりに書きます!
写真はULR貼ります!

129:美海◆RQ:2016/07/19(火) 14:08

http://ha10.net/up/data/img/11865.jpg
「なんなんですかね。これは。」
「コナン君は分かる?」
「探偵の師匠ならわかるよな!」
探偵団達は聞く。
「急に言われても…」
「もうちょっと考えさせてな。」
コナンと服部は暗号の写真を取った

130:美海◆RQ:2016/07/19(火) 14:11

2人は校舎内を歩いていた。
「服部…この絵は…学校か?」
「ほんならここやな。他のところなら時間ないからなぁ。」
「時計は6時を指してるね。」
「ああ。でも12時半って事もあるんやないか?」
「いや。12時半だったら短針がもう少し斜めっているはずだ。」
「せやな…それよりこの文字はなんだ…?」
「王、禾、水、人…?これが変なのか…?」
2人は全くわからなかった

131:美海◆RQ:2016/07/19(火) 15:18

2人は校舎全体を回り、旧校舎へと続く渡り廊下を歩いていた。
「こっちはもう使ってないんやな。」
「ここなら叫んでも気づかれないし、隠れるところも沢山あるな」
「せやな。いるとしたここなんだが…暗号を解いた方が早そうやな。」
「そうだな…。」

132:美海◆RQ:2016/07/19(火) 15:20

〜10:00〜(タイムリミットまであと2時間)

「やばいぞ服部。もう10時だ。」
「せやな…はやくこの暗号を解かないと…!」
「うん…?」
「どうした工藤?」
コナンはとある壁の前で立ち止まった。

133:美海◆RQ:2016/07/19(火) 15:29

やば。さっきのやつ。下書きを載せちゃった笑笑
まいっか笑笑

134:藍紗◆zE:2016/07/19(火) 20:30

暗号???
全く分かりませーん←少しは考えろや!w

135:美海◆CY:2016/07/20(水) 14:54

>>134wwヒントはねぇ〜。。。。どっかの映画で似たようなネタが。。。(←真似してるんかいw)結構最近の。。。かなwでも存在感うすi.....(←それ言ったらだめw)

136:藍紗◆zE:2016/07/21(木) 12:22

映画?
存在感うすi…のは知らない…
結構、映画とか見てるけど…

137:美海◆CY:2016/07/21(木) 17:51

>>136うーん。。。えっと。。。最近っちゃあ最近かも。。。wでもそこまで最近じゃないかも。。。ww

138:藍紗◆zE:2016/07/22(金) 10:42

うーん…(′ーωー`)

139:美海◆CY:2016/07/24(日) 13:02

>>138あははw頑張ってね!w

140:美海◆CY:2016/07/24(日) 20:58

なんかスマホ規制かかって写真乗せらんないんで、、、、しばらくかけないかもです。。。。

141:美海◆CY:2016/08/01(月) 11:42

規制解除されないんで〜。。。
なんか続けます!w

142:美海◆CY:2016/08/01(月) 11:50

ーそのころー

「蘭ちゃん、今、犯人いなくない?」
「あ。そうかも。よし。今のうちに。。。」
蘭は近くに置いてある携帯を見た。
「あの携帯で誰かに電話したいけど。。。」
「ロープほどいてからじゃないとできないと思わへん?」
「そうだね、、、」
蘭たちは手首にまかれたロープを睨んだ。

143:美海◆5Y:2016/08/03(水) 14:40

「か、和葉ちゃん…なんか変な匂いしない?」
「せやせや!さっきから気になってるん。」
2人は部屋から変な匂いがしていることに気付いた。

…ガタッ…

そして物音も聞こえた。

「犯人戻ってきたんとちゃう?」
「そうだね…」
蘭たちは話すのを止めた

144:美海◆CY:2016/08/03(水) 14:41

トリップ違うけど美海です!

145:美海◆CY:2016/08/08(月) 17:50 ID:Qk2

規制解除されないんで話変えちゃう。。。ww

146:美海◆CY:2016/08/08(月) 17:56 ID:Qk2

〜10:30〜(タイムリミットまであと1時間半)

「おい服部。ここに地図があるぞ」
「せやな。破られてるけど。。旧校舎の地図やな。。」
「1階が。。。理科室、理科準備室、家庭科室、調理室、職員室、放送室か。。。」
「2階は。。。1−1から1−6。。。1年生の階やな。。でもここで切れてるやん!」
コナンたちは地図を読み上げた。
すると鋭い視線を感じた。
「誰だっ!?」
コナンは後ろを振り返った。。。が階段があるだけで誰も居ない。
(気のせいか。。。)
コナンは再び地図を見た

147:未海◆5Y:2016/08/17(水) 10:34 ID:fMI

〜10:45〜

?「コナン君!抜け駆けはいけませんよ?」
後から声がした。
「おい。おめぇら!ついてきたのかよ」
「だって〜平次お兄さんをコナン君が独り占めしてたから。歩美たちもこっそり尾行してたの」
―――さっきの視線はこいつらだったのか。
コナンはため息をついた
「おめぇらはこの暗号分かったのかよ。」
「ええ!分かりましたよ?」
「驚いた?」
「すげーだろっ?」
「で?なんなんだよ。暗号の答え。」
コナンは驚きながら聞いた

148:未海◆5Y:2016/08/22(月) 12:23 ID:WK2

しばらくかけませんorz

149:未海◆5Y:2016/08/26(金) 16:45 ID:zmM

できれば明日書きます!

150:未海◆5Y:2016/08/27(土) 16:28 ID:U2o

やっぱり今日書きます!

151:未海◆5Y:2016/08/27(土) 16:31 ID:U2o

「それはですねー。コナンくん。」
「王、禾、水、人って書いてあるだろ?」
「だから。犯人は王様で!木の下で水を飲んでいるのよ!」
「…はい?んなわけねーだろ。」
コナンは呆れた顔をして言った

152:未海◆5Y:2016/08/27(土) 16:38 ID:U2o

(…まてよ?これって…)
コナンは一瞬険しい顔をして言った
「光彦!お前電子辞書もってたよな?貸してくれ。」
「ええ…いいですけど…あれ?」
「どうした?」
「いえ…何か紙が挟まっていて…」
「ちょっと見せて。」
「ええ…」
コナンと服部はその紙を見た。

【やっと暗号の答えが分かったようだね。
お祝いとして良いことを教えてやろう。
2人のいる所には爆弾が仕掛けてある。12時ジャストに爆発する仕掛けだ。】

「…タイムリミットはそう言う訳やったんか…」
「そうだな…あと1時間半を切ってるぞ。」
「でもくど…コナンくん。暗号分かったんやろ?」
「ああ…」
「え!コナン君答えわかったの?」
「教えろよ!」
「教えてください!」
「分かったよ…」
コナンは暗号の紙を開いた。

153:未海◆5Y:2016/08/27(土) 18:14 ID:Bl6

最近かけてなくってスイマセン!
でもこれからじゃんじゃん更新する予定です!

154:未海◆5Y:2016/08/30(火) 17:48 ID:3j.

・・・・って言ったんだけどしばらくかけないですorz orz orz orz......

155:未海◆5Y:2016/09/04(日) 11:03 ID:VMg

〜11:00〜

「とにかく!時間がない。答えを先に言おう。理科準備室。だ。」
「なんでですか?」
「説明は後だ。まずはそこに行こう。」
「くど。。。。コナン君。犯人は分かったんか?」
「いや。。。まだだ・・・」
(そういや犯人は誰なんだ・・・)
コナンは考えていた。

ふと、顔をあげると掲示板のような物があった。新聞が張ってある。

(あれ・・・・この人・・・・・でもなんで蘭たちを誘拐。。。。)

コナンはとある人の記事を見つけた。そして隣の写真に目を移す。

(もしかしたら。。。!)
「服部、彼女の写真持ってるか?」
「彼女?ああ。。和葉か。あるぞ。ほれ。」
平次は携帯をコナンに渡した。

(この人と。。。。。和葉ねーちゃんと。。蘭。。。って事は!。)

コナンは走り出した。

「おい!工藤!?」

皆は急いで追いかけた。

156:未海◆5Y:2016/09/04(日) 11:04 ID:VMg

文章意味わかんなくってすいません!w

157:未海◆5Y:2016/09/07(水) 05:46 ID:kT6

出来れば明日書きます!

158:未海◆1M:2016/09/17(土) 20:36 ID:NMU

って言ったのに書いてなかった・・・
今書くね!w


書き込む 最新10 サイトマップ