エリートジャック! 二次小説・雑談板

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:鈴原 杏莉◆jS. ☆*:.。. (^O^☆♪:2016/06/22(水) 20:12

はいまた性懲りも無く新スレ立てました杏莉です!
ネタが思いついたので書こうと思います!あ、わかってるとは思いますがメンタル柔いんで、小説に対する誤字脱字以外の指摘はお控え下さい。
もちろん、荒らしもやめてください。

2:鈴原 杏莉◆jS. ☆*:.。. (^O^☆♪:2016/06/22(水) 20:54

では早速!
【プロローグ】
野口side
生徒会室の前に見知らぬ女生徒がいる…相川ユリアと同じ緑髪だが知り合いか?
「あの、生徒会室に何かご用ですか?」
「あ、相川ユリアと江原シュリはいらっしゃいますか?」
相川ユリア⁉やはり知り合いか。江原にも用があるのか。
「その2人なら、今1–2の教室にいると思いますよ。」
「ありがとうございます。」
そう言ってニコッと笑った。
「あれー??リユナ?何でここにいるのー?」
相川ユリア…
「ユリア!久し振り、シュリ君も1回だけあったことあるけど覚えてる?」
「うん、覚えてるよ。」
「やはりお前ら知り合いか?」
「あ、紹介が遅れました。私、相川リユナです。」
「ユリアの二卵性の双子で、頭はユリアと同じかそれ以上なんだよ!てかなんでここにいるの?」
「んーとね…なんか会社経営って退屈だなーって思ったから、ユリアのとこ来ようかなって。と、いうことで、私今日からここの生徒になったよ!」
「えええ⁉」
「リユナ、すでにハーバード飛び級で卒業してるじゃん!」
「ん、ゆずき君に頼んだらいいよって言ってくれたよ」
「え、福沢君と知り合いだったの?」
「うん、ゆずき君と結構前から知り合いだよ?」
「マジで」
理事長の知り合いで相川ユリアの双子でハーバードを飛び級卒業した⁉
「ま、詳しい話とかしたいし生徒会室入る?」
「いいの?じゃあお邪魔します」
「どうぞどうぞ」

3:鈴原 杏莉◆jS. ☆*:.。. (^O^☆♪:2016/06/22(水) 20:56

あ、オリキャラ設定です!

相川 リユナ
ユリアの双子
ハーバード大学を飛び級で卒業していて、会社経営をしている。
美少女で、女子力が高い
福沢君の知り合い

また追加があれば書きます!

4:鈴原 杏莉◆jS. ☆*:.。. (^O^☆♪:2016/06/23(木) 23:52

1話

ユリアside
少し時間が経つと、芥川君と石川君が入って来た。
「えーっと…そっちの女子って誰?」
石川君が最初に口を開いた。
「ユリアの双子だよ!可愛いでしょ♪」
「相川リユナです。よろしく」
「た、確かに可愛い。本当に相川さんと血の繋がりあるの?って疑いたくなるほどだね」
「ありがとう。えーっと貴方達は?」
「3年の石川タクト」
「同じく3年の芥川龍一」
「あれ?もしかして龍一君とタクト君?覚えてないかな?私、リユだよ」
「え、リユ⁉」
「何々知り合い?」
「いや私さ、小学校の時とか2年上の教室で授業受けてたじゃん?その時の同級生だよ」
「あー…そんなこともあったねー」
「天才すぎ…」
「なんの騒ぎ?うるさいんだけど」
次に来たのは生徒会会計のひかるん
「おっひかるんちょうどいいところに。紹介するよ、ユリアの双子!」
「相川リユナです」
「可愛い…相川さんと双子とは思えないわ…」
「そりゃユリア達2卵生だもん。顔は似てないよ。でもリユナは天才だよ、次のテストでわかることだけど」
「予想はしてたけど天才なのね…」
「俺らは小学生のときから知っていることだよね」
「ああ。最初にあったの俺達が3年でリユ1年だったよな。いきなり教室来て誰も解けずに悩んでた問題をさらっと解いてたから驚いた」
「天才って怖い…」
「それにリユナは、家にある一通りの本を平均約五千回読んでるんだよね」
「それはユリアも同じでしょ。それに私テレビジャックはしたことないし」
「いや、そんなことしたことある高校生いたら異常だろ」
「副会長、今自分が異常だって認めましたよ」
「あ、そういえば俺達一回間宮の件でやったのか…だが異常なのはそれを考えた相川ユリアだ!」
「なんだか賑やかですね、生徒会って」
「主にバカ(相川ユリア)のせいでな」
「楽しそうだし、今度のテストがんばろうかなー。あ、ゆずき君に頼んでユリアと同じクラスになったから、明日から私は正式にここに通うことになったから」
「おお〜やったぁ!待ってるよ!」
「ん!私も楽しみ!」


書き込む 最新10 サイトマップ