オンライン!×怪盗レッド〜悪魔のゲームを攻略せよ!〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:AKARI◆R.:2016/08/04(木) 09:05

こんにちは!ここでは怪盗レッドとオンラインのコラボ小説を書いていきまーす!このコラボなら、どんな小説でも良いです。
荒しはお控えください。
守って頂ける方はどうぞ!

2:岡子◆qw (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/08/04(木) 10:01

あ、雑談スレで言ってたのって、これ?
よろしくね✨

3:美羽◆Jc:2016/08/04(木) 10:25

あかり、来たよー!ここでもよろしくね!(* ´ ▽ ` *)ノ岡子もよろしくね!(* ´ ▽ ` *)ノ

4:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ:2016/08/04(木) 10:44

ここでもよろしくだZE!

5:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ:2016/08/04(木) 11:05

じゃあ早速書いてみる!そして、これはオリキャラ祭りなのは気にするな!(気にしろ!)

ある日・・・・・・チュンチュン

アスカ「ふぁ〜・・・・眠い〜」

アスカは、ポストを開けると、二つのゲーム機を見つけた。

アスカ「なにこれ?」

しかもご丁寧に二つも。
とりあえず、ケイに渡してみた。
すると、ゲーム機から謎の声が。

ゲーム機「紅月飛鳥様、紅月圭様。このゲームに参加をしてください。参加をしなければ、大切な人が、一人いなくなりますよ?」

アスカ「冗談?そんな事いうなら、壊すわよ!」

ケイ「アスカ、落ち着け。仮に本当なら、皆が消える。」

アスカは、下唇を噛み、仕方なく、YESを押した。

ゲーム機「最初に選ぶ神経機能をお選びください」

ケイ「心臓は絶対に選ばないほうがいい。なにか裏がある。」

ケイはそういうと、左手を選択。
アスカも、ケイに言われたとおり、左手を選択。
そこからいきなりメールが。

八城 舞という人物からだった。

八城 舞

とうとう、ゲームに参加してしまったんですね。
あの、私は、ナイトメア攻略部の、八城舞というものです。
よかったら、この住所に来てください。
そして、戦闘はしないでください。

添付100CP

アスカとケイのゲーム機に、オート脂肪システム解除!とテロップがデカデカと書かれた。

翌日、

アスカとケイは、その住所に。
看板には、ナイトメア攻略部と書かれていた。

アスカ「・・・・・・・」

ケイ「・・・・・・・」

杉浦「ん、お前らが舞の言ってた奴らか。で、中学生か。授業は受けれねえか・・・・・」

ケイ「僕は、高校レベルの授業は受ける必要はありません。」

アスカ「あ、ケイはIQが200もあるので、高校生レベルはどうにかなるって言ってました。」

朝霧「ん?舞さんの言ってた人か・・・・・・」

太一「zzzzzzzzzzzzzz」

もちろん、太一の頭に杉浦の拳が落ちたのは言うまでもない。

杉浦「俺は、ナイトメア攻略班、ナイトメア攻略部の部長権、リーダーの、杉浦慎二だ。」

朝霧「僕は、朝霧退助。よろしく!」

太一「僕は、反後太一っす!よろしくっす!」

舞「あ、どうもこんにちは、昨日メールを送った、八城舞です!」

全員は、挨拶を終え、ケイはレスキューに、アスカは主力に所属。
そして、杉浦が、ケイとアスカに設備などを教えた。

陽子「あたしが、主力のリーダーの、寺西陽子!よろしくね!え〜と・・・・・・・アスカちゃん?」

アスカ「はい!」

レスキューでは・・・・・・

与一「僕が、ここのリーダー、反後与一。よろしく。」

ケイ、アスカは、それぞれのグループの仕事に。

アスカは、まず、戦闘を知るために、京介(自分から行くと言い出した)と、初心者マップへ。

アスカ「職業って決めたほうがいいんですか?」

京介「決めなきゃな。まぁ、ランダム選択でもなんでもいいとおもうが。」

アスカは、ランダム選択で、盗賊という職業に。

アスカ「(怪盗レッドだからってそれはないよ〜・・・・・・・・)」

京介が、盗賊に見合う装備を購入し、アスカに添付。

アスカの装備。

遠距離武器:拳銃

近距離武器:コンバットナイフ

服:自衛隊服

アクセサリー:みかわしの指輪

京介「とりあえず、ヤバくなったら俺が一撃で敵を倒すから問題はない。」

まずは、遠距離攻撃を当てる方法を、学び、次に、通常戦に。

人魂Aが現れた!人魂Bが現れた!人魂Cが現れた!人魂Dが現れた!

攻撃順京介/人魂ABCD/アスカ

京介の攻撃!

ブレードで敵を斬りつけた!

人魂Aの生命活動を停止させた!

人魂B、人魂C、人魂Dは、皆アスカを狙い、アスカのHPは、5000から2000まで。

京介「落ち着け。俺がどうにかするからよ。」

アスカ「・・・・・・・・」

アスカのスキル

「盗み」「借りパク」「追いはぎ」

アスカは、追いはぎを使用した。

アスカの追いはぎ!人魂の持っているアイテムをすべて盗んだ!人魂は逃げた!

京介「多分、それは、アイテムだけもらって、経験地をCPをとれないスキルだな。」

続く(長くてゴメン!)

6:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ:2016/08/04(木) 11:07

ちなみに、蒼太はデナイヨ。
アスカとケイだけがナイトメアをやるおっーдーでも、実咲たちも登場するカモ?
京介と奈流は、俺のオリキャラだけど。

7:岡子◆qw (;`・ω・)つdice3:2016/08/04(木) 12:45

経験地ってなってるけど、経験値よね?

8:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ:2016/08/04(木) 13:52

もがああああああああああああああああああ字ミスったあああああああああああ

9:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ:2016/08/04(木) 13:55

ケイの職業も言うぞ。
ケイ=薬物科学者

遠距離武器:薬発射銃

近距離武器:ナイフ

服:血だらけの白衣

アクセサリー:メガネ

こんな感じじゃ

まだ二人ともLVは引くいけど、アスカとケイはどんどん伸びてくぞ

10:AKARI◆R.:2016/08/04(木) 16:01

みんな、ここでもよろしく!

11:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ:2016/08/04(木) 16:15

続き書くぞ(:・д・)つ旦チャノメヤ

アスカ「?あの・・・・・なんか、前に、デカいバケモノがいるんですけど。」

京介「アスカ・・・・・・逃げろ!これ死神だ!SSランク!」

アスカ「じゃあ逃げないと!」

京介が、下がりながら、遠距離攻撃を、死神に当てながら、アスカを上手く誘導。

京介「どうすんだよ・・・・・」

と、そのマップに、運悪く、与一とケイが。

京介「与一さん、とりあえず、この新人二人逃がしてくれ。俺がソロで死神をやるからさ。」

与一「わかりました。」

与一と、アスカとケイは、出口へ向かった。

京介は、死神と通常戦に。
京介は、自然と、顔に笑みがこぼれていた。

京介「ぶった斬ってやる・・・・・」

アスカは、京介を、心配しながら、与一の指示に従いながら逃げる。

通常戦

攻撃順 死神/京介

死神の攻撃!
死神は、京介を鎌で突き刺した!
京介に1000のダメージ!
京介4000/5000

京介「やっぱ強いな。」

京介の踏み込み斬り!
京介は踏み込んで死神を斬りつけた!
死神に3000のダメージ!
死神8000/11000

京介「舞か陽子連れてくるべきだったな・・・・・」

二ターン目

死神は、鎌を振り上げ、仲間を召喚した!

人魂Aが現れた!
人魂Bが現れた!

京介「お、ラッキー。」

京介は、メテオスラッシュを選択。

京介のメテオスラッシュ!
京介に3000のダメージ!
京介1000/5000
死神、人魂A、人魂に10000ずつのダメージ!

死神0/11000(-2000)
人魂A1000(-9000)
人魂B1000(-9000)

京介「ま、こんなもんかねぇ・・・・・・」

京介は、すぐに、出口へ向かった。

アスカ「一体さっきの死神はなんで出たんですか?もしかして、強い人がいると出るんですか?」

ケイ「ここのマップの敵は、Eランク〜Dランクしかでない。SSランク敵が出るのはおかしいはずだ。」

京介「多分、俺の装備、闇のブラックコートが原因だ。」

与一「何故に?」

京介「この装備は、Sランク以上のモンスターが、自分に対して攻撃をしやすくなるってデメリットもあるんだ。だから、それで死神が、偶然、誰かに呼ばれたんだが、俺の存在を知って追っかけてきたんだと思うぜ。」

4人は、杉浦に報告。
もちろん、京介はほめられたが、同時に怒られた。

陽子「とりあえず、アスカちゃんは、増田さんと、あたしと、奈流ちゃんが行くから、それでレベル上げしようか。」

増田「あ、すみません。これから、赤石さんのレベル上げを・・・・・」

京介「俺が赤石のレベル上げをするから、三人はアスカのレベル上げをしてくれ。」

増田、陽子、奈流、アスカは、レベルの少し高めのマップでレベル上げを。
京介と、赤石は、赤石のレベルより少し高いマップへ。
ケイは、与一と、金田が来たので、三人で、レベル上げに。

一週間後・・・・・・・

ケイは、レベルが200に。
アスカも、レベルが200に。

何故、短期間で二人のレベルが上がったのか。
それは、ケイの、メリット薬というスキルを使ったら、一週間の間、二人の経験値獲得量が、10倍になるため。

アスカ「結構レベル上がったから、これなら、安心して戦えるね。」

京介「調子乗ったら死ぬぞ。」

ケイ「でも、この職業は、レスキューよりも・・・・・・・」

朝霧「ナイトメア攻略班に向いてるね。二人とも、いっそナイトメア攻略班に来る?杉浦さんは、どうですか?」

杉浦「アスカは身体能力と盗賊のスキル、ケイはチートレベルの職業・・・・・・よし、テメエら二人はナイトメア攻略班に来い。」

というわけで、二人はナイトメア攻略班に。

舞「はぁ・・・・ケイくんがいると私の出番がなぁ・・・・・・」

朝霧「ま、舞さんだって、いいところあるから!大丈夫だよ!」

超頭脳派ケイが入ったため、舞は、シューンと落ち込む。

太一「まぁ、ナイトメア攻略班のパーティの組み方は、舞と朝霧がアスカかケイのどっちかと組めばいいっす!」

杉浦「とりあえず、テメエらは、ビシバシ鍛えるから、覚悟しとけよ。」

アスカ「はいっ!」

ケイ「はい。」

続く(わーいわーい)

12:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ:2016/08/04(木) 16:17

長くなってスマンの・・・・・・・あ、いまさらだが、一巻を読み返すと、翼と田中の二人が黒のイベントをゲームオーバーになったのは何故か今でもわかんないな・・・・・・特に翼ならクリアできるはず・・・・・いや待て待て。
スキルチップの問題か。

13:岡子◆qw (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/08/04(木) 17:13

>>9
引くい?

14:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ:2016/08/04(木) 17:14

びゃあああああああああああああまた間違えたああああ!もう恥ずかしくて目から手が出てきそうだ・・・・

15:美羽◆Jc:2016/08/04(木) 17:26

お!もう小説が!面白い❗飛鳥が盗賊ww
>>8-14大丈夫だよ、ジョン!私なんか間違えることが日常茶飯事だから!(おい!ヾ(・・;))

16:AKARI◆R.:2016/08/04(木) 18:08

そーいえばへるなに、>>5の小説で、オート死亡システムが、
オート脂肪システムになってるよ?

17:AKARI◆R.:2016/08/04(木) 18:09

あ、私も16で、べるなにがへるなにになってた・・・ww

18:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ:2016/08/04(木) 19:07

>>16もう泣いていいか?

19:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ:2016/08/04(木) 19:08

オート脂肪システムってなんだよ・・・・・・・・自動で肉の脂肪でも送られてくるのか?

20:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ:2016/08/04(木) 19:08

オート脂肪システムってなんだよ・・・・・・・・自動で肉の脂肪でも送られてくるのか?
小説カキコなら修正できるのになぁ・・・・・・・

21:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/04(木) 19:19

やっべ二つ書いてしまった

22:岡子◆qw (;`・ω・)つdice3:2016/08/04(木) 19:36

>>18
泣いたアカ〜ン!

>>19 20
若干違うからセーフや!

23:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/04(木) 19:49

京介「主は、小説の字を間違えると、ガクッってなる。つまり、小説に関するメンタルが弱い。」

奈流「実際、間違えを指摘されると、モニターの前でもがあああああああああああって言ってるからね。」

24:美羽◆Jc:2016/08/04(木) 20:08

>>16ごめん、私、笑ってしまった。本当にごめん❗
>>18泣いちゃだめー!(;>_<;
>>19-20ジョン、ほんとにごめん。私、笑いをこらえるのに苦労した。
>>22そだね。セーフ!
>>23だ、大丈夫?

25:黄緑 星音◆veI ここかな(・・?:2016/08/04(木) 20:23

正義の味方\( ̄^ ̄)/黄緑参上
…ふざけましたごめんなさいm(*- -*)m

26:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/04(木) 21:00

京介は、なんか黒コート着てる。
奈流は、なんか、よさこいで使う・・・・羽織?見たいなのを、着物の上から着ているアバターだおっ(^д^)ノ
で、奈流の装備紹介だぜ

遠距離武器:天鹿児弓

近距離武器:フレアナイフ

服:着物

アクセサリー:鳴子型のネックレス

こんなもん。
ちなみに、いつでも使えるスキル、よさこいは、敵を見とれさせる効果がある。
ただ、ボスには効かない。oh.no・・・・・

27:AKARI◆R.:2016/08/04(木) 21:43

>>18 なんかごめん・・・。

28:AKARI◆R.:2016/08/04(木) 21:47

>>25ここであってるよー!
黄緑ここでもよろよろ〜☆

29:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/04(木) 21:58

謝る必要などない!そして、今は俺のメンタルは、傷つかないぞ!なぜなら、今、俺には、人としてのプライドが、一切ない!

結果:捕まった

京介「ご苦労様です」

主「NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!」

30:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/04(木) 22:16

続き〜

舞「じゃあ、まずは、オート死亡システムを解除しに行こうか。」

アスカ「はい!」

パーティは・・・・・

朝霧、舞、アスカ

太一、杉浦、ケイ

太一「朝霧はハーレムっすね〜」

太一の頭に、杉浦の拳が落ちた。

朝霧たちの選んだマップ:「悪魔の館」

朝霧「舞さん、大丈夫だよ。このマップは、名前だけで、実際は怖くないよ。」

アスカ「推称レベルが200かぁ・・・・・・・このパーティで大丈夫かな・・・・・」

アスカは、不安そうに言う。

朝霧「じゃあ、京介さんとか呼んでこようか。」

朝霧「京介さん、良かったら・・・・・」

京介「ん、いいけど。」

京介は、舞たちのパーティに参加。

主力のブースでは・・・・・・

赤石「京介が抜けたから僕も入れるかな〜」

陽子「わー推称レベル300だーきゃー怖いー」

陽子が棒読みで、さらっと推称レベルを伝え、赤石は絶句。

攻略班では・・・・・

京介「なにが出るかわからんからな。このマップ。」

敵の、定規ーズが現れた!
その、定規ーズは、定規、三角定規二つ、分度器がくっついたお化けのような敵だった。

京介が、遠距離攻撃で、定規ーズにダメージを与えていく。

が、寄り切られて通常戦へ。

定規ーズが現れた!

攻撃順京介/定規ーズ/朝霧/舞/アスカ

1ターン目

京介の踏み込み斬り!

ミス!定規ーズにダメージを与えられなかった!

京介「ちょっ・・・・・」

定規ーズ6000/9000(京介が遠距離攻撃で減らした)

定規ーズの攻撃!
定規ーズは、京介に体当たりをした!
京介に500のダメージ!
京介4500/5000

朝霧の攻撃!
朝霧は、剣で定規ーズを斬り付けた!
定規ーズに1000のダメージ!
定規ーズ5000/9000

舞の攻撃!
舞は、聖なる杖で定規ーズを叩いた!
定規ーズに500のダメージ!
定規ーズ4500/9000

アスカの攻撃!
アスカは、剣で定規ーズを斬り付けた!
定規−ズに1000のダメージ!
定規ーズ3500/9000

舞「アスカちゃんはそんなにダメージでていいなぁ。」

アスカ「攻撃系の職業ですからね・・・・・・」

2ターン目

京介の踏み込み斬り!
定規ーズに4000のダメージ!
定規ーズ0/9000(-500)

京介たちは、50CPと、30000の経験値を獲得。

杉浦たちは、推称レベル300の、バケモノ街に。

杉浦と太一の二人が、遠距離攻撃で、バッタバッタと敵を倒していく。

杉浦「ケイ、テメエのほうは、後ろからなにか来たりしねえか?」

ケイ「なにもありません。」

続く(ネタキツいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい)

31:美羽◆Jc:2016/08/04(木) 22:19

>>25黄緑、ここでもよろしくね!( `・ω・´)ノ ヨロシクーね
>>29ほんと?よかった❗

32:黄緑 星音◆veI:2016/08/04(木) 22:48

はーい、みんなよろー(((o(*゚▽゚*)o)))
なんか、この怪盗レッドのところの誰かがスレ作ったらみんな集まるねw(*'▽')

33:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/04(木) 22:58

>>31え?俺が逮捕されたから?俺に人としてのプレイドないから?

↑ちげーよアホ

34:AKARI◆R.:2016/08/05(金) 07:35

自分でスレ立てといてネタがない・・。

35:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 08:33

>>34単発とかでもいいんじゃないのか?

36:美羽◆Jc:2016/08/05(金) 12:51

>>32たしかにね!
>>33違うよーwwジョンが間違えて書いちゃったときが合ったでしょ?>>5とか。それで私が笑っちゃって。んでごめんって言ったときにジョンが謝る必要はない!って言ってくれたから。それでありがとうって!
>>34が、頑張れ❗(無責任だな)あ、ごめん!( ノ;_ _)ノドゲザ

37:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 13:49

>>36俺はわかってて言ったのさ!(じゃ書くなアホォ!)

38:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 13:51

う〜ん・・・・・・いま俺が立てたほうのオンラインの小説で、ヴァーチャル空間編+イベントなんだが、あれをこっちで使うのはありかねぇ。

39:岡子◆qw ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/08/05(金) 14:10

>>32
まあ、宣伝あるし

40:AKARI◆R.:2016/08/05(金) 14:24

>>39あ、だからかー!納得納得!←黒大(宣伝したのお前だろ)

41:AKARI◆R.:2016/08/05(金) 14:26

あ、40に黒大気使っちゃったけど、ここではでない!ただのクセでーす!

42:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 15:04

>>41オリキャラにツッコませる癖は俺にもあるから、気にしないのが普通なのだ!ズビシ

43:AKARI◆R.:2016/08/05(金) 16:41

>>38ありあり!何でも良いよ!(適当だなオイ!)

44:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:15

ちょっと京介と、奈流の経由を書く。
スレが大きすぎますの原因になるかも知れないけどな・・・・・

45:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:16

これは角川つばさ文庫の小説、「オンライン!」の二次創作小説です。では早速。

ある日、八城 舞は日課のナイトメアをいじり、100CPを稼ぐためにMAPに来たら・・・・・・

舞「すごっ!」

思わず声をあげた。

朝霧「舞さん?どうしたの?」

舞「朝霧さん、この人武器で遠距離攻撃してました。」

朝霧「え!?増田さんと田中さんしか出来なかったアレを!?」

舞は、そのプレイヤーのステータスに行ってみた。
 
名前 左門 京介(サモンキョウスケ)

LV530 ランキング11位

職業 召喚魔法剣士

武器 衝撃波剣/狼生

防具 闇のブラックコート

アクセサリー ソロモンの指輪

靴 超軽量ブーツ

スキル/踏み込み斬り、薙ぎ払い斬り、悪魔召喚、メテオスラッシュ

通常スキル/交渉上手

復活代償 左手

舞は、驚いた。ランキング11位、そしてデメリットの無いスキル。が、体の神経機能がすでに2つ取られていた。足、鼻の神経機能を、エンドドラゴンというものに取られていた。

舞は、メールを送った。

『あの、よかったら話をしませんか?私のことは知ってると思うのですが・・・・・・エンドドラゴンについても教えてくれませんか?』

メールはすぐに帰ってきた。

『俺の神経機能うばったあのエンドドラゴンは、俺の友達の神経まで持っている。そして、通常戦で戦ったら絶対に勝てねえ。一撃必殺の技が強すぎる。しかもSSランクだ。』

舞「・・・・・・・」

舞はメールを送った。

『じゃあ、頭脳戦はどうですか?』

メールはすぐに帰ってきた。

『俺は考え無しに通常戦で二度も戦わない。頭脳戦でやってもまた負けた。』

舞はすぐに杉浦や朝霧に報告した。

杉浦「ソイツをここに持って来れればいいんだがな・・・・ランキング11位って所は戦力にはなるはずだ。」

舞「そうじゃなくて、エンドドラゴンのことです。」

杉浦「エンドドラゴンか・・・・・どっかで聞いたな・・・・・・!」

杉浦は陽子のナイトメアをチェックした。

杉浦「陽子も取られてるな。」

舞「・・・・・・・」

舞「杉浦さん、私に戦わせてください。一回負けたら諦めます。」

杉浦「一回だけだぞ。」

舞は、すぐに頭脳戦交渉をした。

そして、頭脳戦に観戦希望者が現れた。舞は、観戦許可をおすと、現れたのは、左門だった。

左門「舞・・・・だったけ?俺の神経機能は売ろうがなにしてもかまわんが、寺西陽子の神経機能は絶対に本人に返せ。いいな?」

舞「全員分返しますよ!」

舞は、ためるのコマンドを実行した。

舞はオーラをためた。

エンドドラゴン「我にかなうとでも思うのか・・・・小娘よ・・・・」

エンドドラゴンは上段攻撃をした。

舞の体力が1減り、残り2になった。

舞は、ためるを選択した。

エンドドラゴンはためるを選択した。

舞はためるを選択した。

エンドドラゴンはためるを選択した。

舞「あら、あなたは攻撃に血走ったせいで私はもうクリティカル攻撃が出来るわよ。」

エンドドラゴン「フッ、お前がクリティカル攻撃をしてこようと我はクリティカル防御をすれば良い話だ。」

エンドドラゴンは上段攻撃をした。

舞はしゃがむを実行した。

エンドドラゴン「チッ!」

エンドドラゴンは舌打ちをした。

舞「あら。上段攻撃しか出来ないのかしら。呆れるわ。」

エンドドラゴン「お前の攻撃など見切れるわっ!」

舞「そう。でもアナタは負けるわ。私のレールの上でね。」

エンドドラゴン「はぁ?何を言って・・・・」

舞はクリティカル攻撃を選択した。

舞「あなたは頭脳戦も強いようだけど、そこまでは頭が回らなかったようね。」

エンドドラゴン「なにっ!?」

エンドドラゴンを撃破!

ドロップアイテム左門京介の鼻の神経機能、左門京介の足の神経機能、寺西陽子の左腕の神経機能。

舞は神経機能を全員に添付し、そして100CPを手に入れ寮に戻った。

続く(長い!)

46:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:17

続き!

舞「あ、あの!京介さん!」

京介「なんだ?」

舞「お気に入り登録していいですか!?」

京介「いいぞ。俺は、明日からナイトメア攻略の寮に行く。主力に入るつもりだ。」

舞は、目をさましてから陽子になきながらお礼を言われた。そして、杉浦に京介のことを詳しく伝えた。

杉浦「主力か・・・・・悪くねえが俺敵にはソイツはナイトメア攻略班に入るべきだな。」

舞「なんでですか?」

杉浦「俺も持ってない激レア武器に、そして見たこともねえスキルと職業だから期待できるんだよ。」

舞「でも本人は主力が良いって・・・・」

杉浦「まだ来てないやつに勝手に所属を決められるか!」

舞「ヒッ!」

朝霧「杉浦さん・・・・・・言いすぎですよ・・・・」

杉浦「ケッ」

杉浦は自分の部屋に戻っていった。

朝霧は舞と一緒に散歩に行こうとした。そのとき・・・・

男「ここであってるよな・・・・・・・・・・・・・・」

舞「どうかしたんですか?」

男「舞、ナイトメア攻略部ってここだよな?」

舞「え?まさか・・・・」

男「京介だが?」


京介「ここに入りたいんだが・・・・・・良いか?」

舞「あ・・・・杉浦さんに聞いてみます。」

朝霧「舞さん・・・・・一体誰なんですか?(小声)」

舞「私が頭脳戦でこの人の神経機能取り戻したんですよ。(小声)」

京介「?」





杉浦に聞くことに。

杉浦「別にかまわねえぞ。だが、所属は主力か?」

京介「主力でお願いします。ただ、余裕があればイベントも付き合いますし、そっちのほうにも参加する。それはOKですか?」

杉浦「別にかまわねえ。」

陽子「京介、舞ちゃんといつ知り合ったの?」

京介「昨日頭脳戦で俺の神経機能を取り戻してくれたんだよ。」

陽子「マジ!?」

京介「マジ。」

赤石「陽子さ〜ん」

京介「なんだこのいかにもストーカーみたいなチャラ男は。」

陽子「主力に入ったチャラ男。本当酷いよ。」

赤石「新人か。よーし僕が教えt」

京介「ランキングが低いやつに教えられたら俺もうここにはいねえぞつか俺のステータス見てから言っとけよ・・・・・・・・・・・」

赤石は京介のステータスを見て絶句した。

京介「陽子、CP稼ぎか?」

陽子「さっさと行こうか。」

陽子、増田、京介、この三人で推称LV300の闇の病院へ。

陽子「増田さん、よろしくお願いします。」

京介「増田さん。俺はこのなかで一番LV低いんでお願いします。」

増田「わかりました。俺が盾になります。」

京介「(この人結構背負い込むタイプだ。)」

京介「?」

京介が気づかぬうちになんとすでに通常戦に入っていた。

京介「いけね。見逃しちまった。」

現れたのは黒の獅子。HP20000/20000。

攻撃順 増田、獅子、陽子、京介。

増田の攻撃!獅子に10のダメージ!

京介「通常攻撃は通らねえのか?」

増田「・・・・・・・・・・・・」

黒の獅子は京介めがけて爪を振り下ろした!京介に1000のダメージ!

京介「痛てえな・・・・・」

陽子の攻撃!獅子に10のダメージ!

京介「全然効かねえ・・・・・・」

京介の踏み込み斬り!黒の獅子に18000のダメージ!

京介「!?」

陽子「!?」

増田「これは特技が効いたり・・・・・」

京介「なら俺が活躍どころだったり?」

47:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:17

京介「これならゴリ押しでいけるな。」

増田は防御した。

黒の獅子は京介めがけて爪をふりおろした!京介に3000のダメージ!

京介「なんで俺に!?」

陽子のライトヒール!京介のHP3000/5000

京介の薙ぎ払い斬り!

黒の獅子の生命活動を停止させた!

経験値5000入手。90CP獲得。

京介「結構強いのにこれだけかよ。」

陽子「まぁ、いいでしょ。」

増田「・・・・・・(なんだろう、なにか嫌な予感がする。)」

京介「ま、CPさっさと入手して・・・・」

ドン!

激レアボスのパクリンゴが出現!

京介「弱そうだな・・・・・」

陽子「なにこのリンゴ・・・・・」

増田「これが激レアボス・・・・・・・・?」

京介がぶつかり通常戦へ。

攻撃順、増田、陽子、京介、パクリンゴ

京介「拍子抜けだな・・・・・・・・・・」

パクリンゴ
HP30000/30000

京介「即効で倒そう。」

増田の攻撃!パクリンゴに5000のダメージ!

京介「これは集中砲火で勝てるな。」

陽子のライトヒール!京介のHP5000/5000

京介の踏み込み斬り!

パクリンゴに3000のダメージ!

京介「やっぱ特技がいいか・・・・・・」

パクリンゴは京介にバケた!

パクリンゴは、京介のアバターに姿を変えた。

京介「杉浦さんだったらこれでブチギレてるな・・・・・」

陽子「確かにwwww」

増田「なんかマズい気がするんですが・・・・・・・・・・」

増田の攻撃!パクリンゴ(京介)に1000のダメージ!

京介「ダメージ落ちてないか?」

陽子「確かに。」

陽子の攻撃!

パクリンゴ(京介)に1000のダメージ!

陽子「もしかして固定ダメージ?」

京介「だったらいいんだが・・・・・」

京介の踏み込み斬り!

パクリンゴ(京介)に3000のダメージ!

京介「これ特技はちゃんと効くんだな。」

パクリンゴ(京介)の踏み込み斬り!京介に4900のダメージ!京介の意識ははるか彼方にブッ飛んだ!

京介「復活代償左手か・・・・・・別に問題ないか・・・・・」

京介はあきらめモードに。

増田の攻撃!パクリンゴ(京介)の弱点に当たった!10000のダメージ!パクリンゴのHP7000/30000

陽子のライトヒール!京介のHP2100/5000

パクリンゴ(京介)は悔しがっている!

増田の攻撃!5000のダメージ!

陽子の攻撃!1000のダメージ!

京介の攻撃!1000のダメージ!

パクリンゴを倒した!獲得経験値 500000 CP10000

京介「・・・・・・・・・・」

陽子「・・・・・・・・・・」

増田「・・・・・・・・・・」

三人の声「すごっ!」

陽子、増田、京介は、LVが10ずつあがった。

京介「とりあえず、帰るか。」

陽子「確かに。増田さんや京介でもここまで苦戦する相手はなかなか・・・・・・・別のマップにしようか〜」

京介と陽子と増田は、中級者向けのマップに行き、赤石も(連れてってとうるさいから)連れて行った。

割愛(なんでやねん)

京介「これで30億は稼いだな。」

陽子「キツかった〜」

増田「飲み物買ってきますね。」

赤石「陽子さん!何飲む?」

陽子「なにもいらないからアンタがどっか行くこととかな。」

赤石「石化」

京介「名前にピッタリな状態だな。」

陽子「wwwww」

増田が、飲み物を買い終わって戻ってきた。

京介「あざーす=▽=」

赤石「石化」

陽子「増田さん、ありがとうございます!」

増田「赤石さんはなんでこんな状態に?」

京介「さあ。」

京介は笑いをこらえながらしらばっくれた。

48:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:18

そして、京介、陽子、増田は、激レアモンスターのことを報告した。

杉浦「コイツは手柄だ。報酬として俺とLVあげに行かせてやる。」

増田「ありがとうございます。」

京介「ア、チョットヨウジガアッタンダッタ」

陽子「あ、わ・・・・・私は尚美ちゃんとお菓子作りの予定が・・・・」

杉浦「んなもんあとにしろ。」

杉浦はギロッと強い視線で陽子と京介を睨む。

舞「見物していいですか?」

杉浦「好きにしろ。」

朝霧「じゃあ僕も・・・・・」

蛸島「じゃあ俺も・・・・」

赤石「あ、あれ?これじゃあ4人だよね?僕の席は・・・・」

杉浦「ねえよ」

赤石「石化」

赤石は相当ショックだったのか石化した。

そして杉浦は闇の病院を選んでいた。

京介「(なんで選んだんだよ!)」

陽子「(帰りたい・・・・・・)」

杉浦「(コイツらは鍛えてやらねえとな・・・・・・ククク・・・・・・・)」

増田「(リーダーと組めるなんてチャンスはない!これは貴重な時間だ・・・・)」

二人は乗り気どころかむしろ帰りたがっていた。

そして杉浦は、わざと通常戦にもちこむように。

内臓がでている患者が四体現れた!

陽子「気持ち悪い・・・・・」

京介「速く倒そう・・・・・・・」

杉浦「さっさとやるぞ。」

増田「・・・・・こんなグロテスクなものはさっさと処理しましょう。」

増田の攻撃!内臓の出ている患者Aに5000のダメージ!内臓の出ている患者A1000/6000

杉浦の攻撃!内臓の出ている患者Bに5000のダメージ!内臓の出ている患者B1000/6000

陽子の攻撃!内臓の出ている患者Cに5000のダメージ!内臓の出ている患者C1000/6000

京介の悪魔召喚!召喚する悪魔を選んでください。『ベルゼブブ、リリス、スルト、ウリエル、サタン、メタトロン』

京介はメタトロンを召喚した。

メタトロンは光でマップ全体を包んだ!患者や医者の霊が成仏して行く。戦闘が終了した。

杉浦「金が多くねえか?」

京介「あ、どうやらこのマップは全体を光で包めばクリアみたいですね。」

杉浦「どんなマップだよ・・・・・・・・・・・」

獲得CP1000000経験値100000

虹色のイベント参加券をゲットした。

杉浦「これは四人参加か。つまり朝霧と舞と俺と・・・・・・京介か翼だな。」

太一「ちょっ杉浦さん!俺はどうするんすか!?」

杉浦「五人になったら連れて行ってやるよ。」

太一「く〜!タオールの気持ちがうんざりするほどわかるっすよ!」

49:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:18

舞たちは、京介のサキュバスを見せてもらい、ヒューモンかつ、使い魔のモンスターだけでないと入れないダンジョンにいどむことに。(使い魔でPTが組めるのはべるなにが考えたことです。)

アメリー「舞!アメリー、頑張る!」

ザルバドス「太一、我も頑張ってくるぞ。」

タオール「杉浦さん、俺も暴れてくるぜぇ!」

サキュバス「アタシも一暴れしちゃおうかしら。」

ステータス↓

サキュバス

HP5000/5000

武器 剣

特技 魅惑のダンス、投げキッス、癒し、庇う

ランク A


アメリー(口裂け女)

HP5000/5000

武器 なし

特技 噛み付く、パンチ、庇う

ランク B


タオール(ゾウキーン、死神)

HP8000/8000

武器 大鎌

特技 薙ぎ払い、突き刺し、庇う

ランク S


ザルバドス(死神)

HP120/120

武器 棒切れ

特技 小石投げ、ひっぱたく、庇う

ランク E(死神は普通SSランクだけどザルバドスだから)

ダンジョンが始まった。

タオール「どうやって進むんだ?」

杉浦「コイツ頭悪すぎだろ・・・・・・・・・・」

アメリー「タオちゃん、こうやって進むんだよ。」

タオール「おお!なるほど〜」

アメリーたちはトロッコで進み、次の扉をあけたら・・・・・・・

通常戦に移行!

鬼ライオンが二体出現!

攻撃順

タオール、鬼ライオンA、鬼ライオンB、サキュバス、アメリー、ザルバドス

タオールの薙ぎ払い!

鬼ライオンAに1000のダメージ!

鬼ライオンBに1000のダメージ!

鬼ライオンA 4000/5000

鬼ライオンB 4000/5000

鬼ライオンAはタオールに噛み付いた!

タオールに500のダメージ!

タオール 7500/8000

鬼ライオンBはタオールに噛み付いた!

タオールに500のダメージ!

タオール 7000/8000

サキュバスの庇う!

サキュバスはザルバドスを庇った!(3ターン間持続)

アメリーの噛み付く!

鬼ライオンAに1000のダメージ!

鬼ライオンA 3000/5000

ザルバドスのひっぱたく!

鬼ライオンAに50のダメージ!

鬼ライオンA2950/5000

杉浦「タオールはなかなかやるが、ザルバドスは・・・・・・・」

太一「やっぱ弱いっすね・・・・・・・」

ザルバドス「すまん。」

タオール「だろ!?杉浦さぁん!」

舞「アメリーもいいね!」

アメリー「アメリー、頑張った!」

京介「サキュバスは・・・・・・・・」

サキュバス「庇ったんだけど・・・・・・・・・・」

50:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:18

そして、タオールとアメリーのおかげで、ボスまで進めた。(サキュバスはザルバドスの援護&皆の回復。)

神沢「よくボスまで来れましたね。ですが、ここからはあなた方で戦ってもらいますよ。八城舞さん、杉浦慎二さん、反後太一さん、左門京介さん。」

京介「邪魔立てするんだってんなら斬るだけだが?」

杉浦「なんだコイツ、俺らに喧嘩売るとはいい度胸じゃねえか。」

太一「ボッコボコにしてやるっす!」

舞「でも気をぬいたら死にますよ!」

四人は戦闘態勢をとった。(ナイトメアで)

通常戦が始まった!(8人使用)

攻撃順→杉浦、京介、太一、舞、神沢(の分身)、タオール、サキュバス、アメリー、ザルバドス

1ターン目杉浦のめった刺し!10回刺した!10回ヒット!5000のダメージ!

神沢105000/110000

京介の踏み込み斬り!

1000のダメージ!

神沢104000/110000

太一の攻撃!500のダメージ!

神沢103500/110000

舞のデストロイ!

全員(神沢以外の全員に)の1000の体力を吸収し、黒いモヤは黒いブレスを吐いた!

6000のダメージ!

神沢97500/110000

神沢の攻撃!

杉浦に3000のダメージ!

杉浦1000/5000

杉浦「チッ、」

タオールの突き刺し!

1000のダメージ!

神沢96500/110000

タオール「硬てえな!」

サキュバスの癒し!

杉浦の体力を1000回復!

杉浦2000/5000

アメリーの噛み付く!

500のダメージ!

96000/110000

ザルバドスは身を守っている。

神沢「ほお、いくら私が分身と言えど、さすがに強いですね。」

京介「お前が汚い手を使うんなら俺らもそれを超えるだけだ。」

京介は神沢に挑戦的な目を向けた。

51:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:19

神沢「これは、少々手荒ですが、こうしましょう。」

神沢は、呪文のようなものを唱え、その瞬間・・・・・・・・

全員のHPが1になった!

京介「テメえ・・・・・・・・」

杉浦「このクソ野郎・・・・・・・・・」

神沢「ふふふ・・・・・・・・私は権利者なので権利者権限でアナタがたに負けることは一切ありません・・・・・フハハハハハハハハハハハハハ!」

神沢は腹を押さえながら笑い続ける。

神沢「ああ。そこの使い魔さんたちはヒューモンですから私の命令を聞かないのでしたっけ。では、私が直々にてを下しましょう。」

舞「そんなっ!やめてっ!」

京介「システム変更。権利者権限変更。権利者名、左門京介。ネーム;神沢の攻撃、コマンド無効に設定。」

神沢「フ・・・・・なに・・・・・・を・・・・・・?あ・・・・・・・体の動きが・・・・・・・お・・・・・か・・・・・・し・・・・・い?」

京介「おいコラ兄貴・・・・・・お前は、いつも正道で戦って、それで満足する達成感を得るのが大切だとか抜かしてたよな!それなのにお前は・・・・・・・・こんな邪道で戦うのか!?」

杉浦「兄・・・・・・・貴?」

舞「え・・・・・・・・・・・・」

太一は目を皿にして、ポカーーーーーンとしている。

京介「システムコマンド、ネーム;神沢の口、心臓以外の神経機能を停止!」

神沢「な・・・・・この神である私がっ!京介!いますぐこの神経を戻せ!」

京介「新たなシステムを追加。プレイヤーバトル。プレイヤー同士の勝負が可能。そして、これは頭脳戦のように意識を失う。その中で通常戦で戦っている武器、防具を装備し戦う。この勝負は勝てば相手から30億円をもらうことが可。そして、この勝負はお互いの合意が無い限り勝負は不成立。観戦者は手助けをした場合手助けをしたものと手助けをされたものの神経機能が停止。以上だ。兄貴、俺はお前に勝負を挑む!」

京介が一瞬で倒れ、気絶した。

舞、太一、杉浦、そして新システムが出たことを聞いた朝霧、陽子、増田、そして赤石、蛸島やいろんなナイトメア攻略部の人たちが観戦に。

京介「神沢、お前の武器は、エクスキャリバーα&βだ。そして、防具はアイギス、(盾)アキレウスの鎧だ!ハンデとしてお前には神話から受け継がれた武器をくれてやるよ!権利者権限、ネーム;杉浦慎二変更!杉浦さん、これは兄弟の勝負だから手を出すなっ!」

京介「さあ、こい!兄貴、いや、神沢!」

神沢「く・・・・・・・・・・フッ!」

神沢は京介に向けて剣を振り下ろした。

京介「んなもんかよ。」

京介は、一瞬でエクスキャリバーを叩き落し、腕を斬り落としたのだ。

神沢「なっ!い・・・・・・・・・いt」

京介「痛い?お前が舞、朝霧、太一、杉浦さん、増田さん、陽子、蛸島、尚美、いや、全世界のナイトメプレイヤーに与えた苦しみや痛み、辛さ、孤独、悲しさは、こんなんじゃあねえぜ!」

京介は剣を使わず拳で腹を殴り、そして顔面を殴り、腕を掴んで地面に思いっきりたたきつけた。

バシーーーーン!

舞「・・・・・・・・・・凄い。」

京介「兄貴の責任は俺が償う!だからこそアンタが分身でも俺はアンタを許さん!お前のせいで俺の弟は死に、そして俺の友達も死にかけた!だから何をしてでも倒す!」

京介は剣で下半身を切り落とした。

神沢「ぐ・・・・・・・・・あ・・・・・・・・・・・・」

京介は剣で突き刺そうとしたが、神沢がアイギスで防ぎ、

京介「なにビビってんだよ!」

京介は神沢の首を斬り落とし、そして首を放り投げた。

京介「フッ!」

京介は神沢を斬り、そして終わらせた。

そして・・・・・・・・・・

京介「ふぁ・・・・・・・・・・眠い・・・・・・・・・・」

そのあと、杉浦たちから事情を聞かれ、神沢の事を話した。

京介「まぁ、正直コマンドはもう使えないと思うんですけど、とりあえず寝ます。」

杉浦「寝かさねーよ」

ガシッ

京介「はいはい。」

そして京介は神沢について知っていることをすべて話した。

そして、ナイトメアにメールが届いた。(京介の)

京介「んあ?」

メールの内容

「京介・・・・・・・お前は見逃そうと思ったのに!なのにお前は私を裏切った!お前を、コマンドなしで消す!コマンドなしで無残にやられている姿を拝んでやる!」

京介「かなり焦ってんなこりゃ。」

52:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:20

そのとき、ナイトメアからメールが来た。

「しばらくの間、ナイトメアに生き残るために稼ぐ100CPですが、稼ぐCPを200CPに変更します。しばらくの間ですがね。」

京介「めんどくさっ!」

杉浦「チッ、クソ野郎が・・・・・・・」

杉浦はガムをかんだ。

京介「パーティのバランスとって、200CPを稼ぐように。」

パーティの編成

金田、蛸島、赤石、杉浦

陽子、増田

京介、翼

田中、舞、朝霧

尚美、太一、与一、平田。

エトセトラ〜

金田パーティ。

金田「うう・・・・・・怖いよ〜・・・・・・(推称LV100以上のため)」

杉浦「心配すんな、俺が一人で倒すからよ。」

蛸島「く〜っ!杉浦さんマジ尊敬しちまうぜ!」

赤石「増田・・・・・・・ブツブツ・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

金田の目の前に、呪いばあさんが現れた!

杉浦「気をつけろ!コイツの遠距離攻撃にあたると、コイツを倒さないと30秒以内に死ぬ!」

蛸島「なら通常戦だ!」

蛸島は呪いばあさんにぶつかり、通常戦がスタートした。


陽子パーティ

陽子「増田さん、私達は火力あるので、なるべく推称LVが高いところに行きませんか?」

増田「いいですね。そうしましょう。」

増田の前に鬼ライオンが現れた。

増田「ここは通常戦で戦いましょう。2対2です。」

増田は鬼ライオンにぶつかり、そして通常戦がスタートした。

京介パーティ

京介「なあ、翼、ひとつつかぬことをおうかがいするが・・・・・・・・」

京介はチャットで聞いた。

翼「ん?なにさ。」

京介「なんでお前の推称LV満たせてねーのになんで妖怪地獄なんて選んだんだよ・・・・・・・」

翼は妖怪地獄というマップの推称LVより10下だった。

京介「あ〜・・・・・・・・・・・気持ち悪い・・・・・・・・・・この河童すっごい気持ち悪い・・」

京介はノックバック効果のある遠距離攻撃で河童を壁にぶつけ、河童に何もさせないで河童を倒したのだ。

そして翼がチャットで、

翼「ふ〜ん。やるじゃん。」

京介「いやお前が死ぬ確率だらけだからだろーが。」

田中パーティ

田中「眼鏡神様、八城さま、ここはワシにお任せください。」

田中は朝霧と舞を狙ってくる敵をソウルソードで手当たり次第に斬り続けた。

舞「これが、」

朝霧「ランキング1位・・・・・」

尚美パーティ

与一「尚美さん、心配しないでって、俺と兄さんで倒すから。」

平田「自分は直美さんの防御になるという口実で戦闘を僕と太一さんに任せる・・・・・か。」

与一「璃人お前えええええええええええ!」

尚美はひいている。(物理的に)

金田パーティ

攻撃順

杉浦、蛸島、金田、呪いばあさん、赤石

蛸島「あれ?赤石が最後か。」

赤石「うるさい・・・・・・」

赤石は顔を真っ赤にしながら言う。

1ターン目

杉浦の攻撃。

呪いばあさんに5000のダメージ。

呪いばあさん0/3000(−2000)

蛸島「すっげー!」

金田パーティは杉浦と蛸島でCPと経験値を稼いで行った。(経験値はもっと推称LVが高いところへ)

陽子パーティ

増田の攻撃。

鬼ライオンに10000のダメージ。鬼ライオン0/5000(−5000)

陽子のメティオ!

鬼ライオンに6000のダメージ。鬼ライオン0/5000(−1000)

陽子パーティは増田と陽子の高火力でCPと経験値を淡々と稼いでいく。

京介パーティ

京介「翼、お前も戦ってくれ・・・・・・・・・・」

翼「いや〜京介が一人で妖怪どもを壁ハメで倒すからね〜w」

京介「コイツ・・・・・・・・・」

京介の体力 1000/5000

翼の体力 4900/5000

京介が戦う分、翼も負担が減るのだが京介はボロボロに。

田中パーティ

田中「これで200CPは稼げましたぞ。では、帰還しましょう。眼鏡神様、八城様。」

朝霧「いや・・・・・・だから僕は眼鏡神様ってやつじゃあないんですが・・・・・」

舞「(朝霧さんは眼鏡職人なだけなのに・・・・・・・プッ・・・・・・・クスクス・・・・・・)」

田中パーティはもう200CPを稼いだ。

尚美パーティ

尚美「やったぁ。」

尚美たちは200CPを稼いだ。

53:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:20

京介パーティ

舞「京介さんたちは無事かな?」

京介はチャットで、「翼!お前人見捨てる気か!?俺通常戦でも結構頑張ってるんだけど!」

京介は遠距離攻撃をかわしながら遠距離攻撃を当てるというヒットアンドアウェイ戦法の結果・・・・・・・・・

京介10/5000

京介は、チャットで、「翼・・・・・・・・・・俺HPが残り10なんだが?そして傷薬ないんだが・・・・・・・・・・」

翼(チャット)「あっそ。」

京介「翼・・・・・・・・・・・今度アイツにプレイヤーバトル申し込んで金搾り取ったる・・・・・・・・・・」

と京介はカンカンに。

田中が、妖怪地獄に来て、京介に傷薬を分けた。

田中(チャット)「眼鏡神様のお友達ならばお助けしますっ!」

京介(チャット)「いや、うれしいのだが朝霧はただの人間で眼鏡職人なんだが・・・・・・・・・・」

京介は傷薬でHPを全開まで上げた。

京介「さて、あとは10CPか。サキュバスに頼むとするk」

京介がそう思った瞬間、メールが来た。

京介「んあ?」

メール内容

「はいこれ。」

添付200CP

翼は、PTを組む前に200CPを稼いでいたのだ。つまり、オート死亡システムを解除していたのに戦った。=京介をボロボロにしたかっただけ

京介「ぬあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!」

京介はキレたのか机を思いっきりバン!と叩いた。(死にかけたらそりゃそうなるわな。)

杉浦「おい京介落ち着k」

京介「SHUT UP!」

杉浦「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

朝霧「あの、落ち着いてくd」

京介「黙れプリンメガネ!」

朝霧「ショボーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン」

朝霧は部室の隅でショボーンと体育座りをしている。

京介「・・・・・・・・・・・少々取り乱したようだ。ゴメン。」

京介はプレイヤーバトルを翼に申し込んだ。

翼はOKと返し、京介は意識を失った。

京介「さっきの分の返しは払ってもらうぜ・・・・・・・・・」

翼「あっそう。アンタが主力で稼いだ30億は俺がもらうね。」

翼と京介はにらみ合い、翼が剣をふった!

京介「よっ。」

京介は超軽量ブーツで軽々とよけた。

翼と京介は紙一重の攻防戦を繰り広げている。

54:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:20

翼が剣を振るうも、京介にはギリギリでかわされ、逆に京介の剣も翼にギリギリで届かない。そして、京介が剣で遠距離攻撃を放った。

翼「危なっ!」

翼がギリギリで衝撃波をかわし、翼は弓で京介を攻撃したが、剣の衝撃波で相殺されてしまう。

舞「いつも弱音をはかない翼くんが危ないなんて言葉を・・・・・・・」

朝霧「京介さんがそれだけ強いんだね・・・・・・・・・・・・」

その時、京介が手を開き、腕を前に突き出した。その人差し指にはめられている黒の指輪の紫色の宝石が光り、悪魔を呼び出した!

京介「来い!スルト!」

その時、炎をまとった剣を持った70m程の巨人が現れた。

京介「俺は召喚剣士だからな。召喚術は助けのうちにはならないぜ?」

翼「へえ。2対1でも俺はかまわないよ。」

翼は虚勢を張る。

京介「はっ、2対1?1対1だぜ。」

京介は超軽量ブーツの脚力で後ろに下がった。

京介「さて、スルト、俺の時間と焦りと虚しさを晴らすために翼を倒せ!」

舞「朝霧さん、これ本当にCPの問題でからかわれたからこうなったんですよね?」

朝霧「うん・・・・・・・・確かそうだよ。」

スルトが翼めがけて拳を振り下ろした!

翼「はっ、遅いね!」

翼はギリギリでかわしながらスルトを挑発する。

スルトは剣、いや、レーヴァテインの炎を翼に向けて飛ばした。

翼はスルトの攻撃をギリギリでかわしながら弓(スターライトアロー)でスルトを攻撃し続ける。(遠距離武器も近距離武器も使用可。防具の性能もね。)

スルト「む・・・・・・・・・・・・・・」

スルトは崩れ去った。

京介「へえ。スルト相手にここまでやるとは、たいしたもんだぜ。翼。ま、俺が勝つんだがな。」

京介は剣を翼に振り下ろした。

ザシュッ!

京介が勝利しました。翼から所持金が30億円−された。

京介「イベントでコンティニュー申請できる分稼ぎたいからなるべく、LV高いやつに勝負吹っかけるのもありかな。」

京介たちは目を覚ました。

55:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:20

京介「お、30億溜まってるな。これなら神経機能やイベントで役立つな。よ〜し。」

京介はプレイヤーバトル以外の方法でも。と考えソロで自分のLVよりも高い推称LVのMAPへ。

京介「さて・・・・・・・・」

京介は傷薬を大量に購入し、そしてMAPで戦い続けた。が、時には死にかけたり、眠くなったり。もしたが、CP、金、経験値を大量に稼ぎ、一人で60億も稼いだが目が真っ赤になったりクマだらけになったりで、大変だったけど、なんとか踏ん張り主力の活動で陽子以上の活躍をしていた。が、陽子と増田も負けじとゲームマネーを自前の火力で稼いだ。(赤石も協力という名の邪魔をしてますます陽子に嫌われた。)

陽子「京介、働きすぎじゃない?」

京介「ええ?そうくぁ〜?おらぁそんなにはたるぁいてんぇんだが・・・・・・」

京介は眠すぎてロレツが回ってない。そして、とうとう京介も寝てしまった。

京介「zzzzzzzzzzzzzzzzzz」

陽子「ありゃー。」

杉浦「そのまま寝かしとけ。”太一とは違って”活躍したからな。」

太一「う”っ・・・・・・・・・酷いっすよ〜!」

太一は頬を膨らます。

舞はアハハと笑う。

朝霧は一人でLVあげに夢中。(舞を守りたいから〜と。)

杉浦「今日はもうアイツをむかえに行って来る。」

舞「?」

杉浦「転校生だ。しかもランキング12位のな。」

舞「ら、ランキング12位!?」

太一「どんなやつなんすかね〜。」

翌日・・・・・・・・・・・・・・・・・

転校生がやってきた。


           サクラ ナル   
転校生「て、転校生の 桜 奈流です。」←女子

奈流「ナイトメアプレイヤーで、職業はよさこい学生です!」

舞「(朝霧さんといい奈流さんもすごい職業・・・・・・・・うふふ・・・・・w)」

奈流「???」

京介「奈流じゃねえか。久しぶりだな。」

奈流は、京介の顔を見て、クエスチョンマークを浮かべた後、ハッ、とした顔になり、

奈流「京ちゃん!久しぶり〜!」

京介「その呼び方はやめろ。」

続く(奈流のステータス↓)

名前 桜 奈流

職業 よさこい学生(学生・・・・・w)

ランキング12位

通り名 鳴子の天使

LV500

↓京介のステータス(修正版)

名前 左門 京介

職業 召喚魔法剣士

ランキング11位

通り名 闇のブレード使い(厨二病!w)

LV550

以上!w

56:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:21

授業が終わったあと、京介と奈流は、中学時代のことなどを話しながら昼食を食べていた。が、京介は、奈流の鼻の神経機能がとられていることに気づき、通常戦で、奈流の鼻の神経機能をうばった。「ハンター」と通常戦で戦うことに。

京介「さて、ハンターとやらはSランクか。死神よりはマシかな。」

攻撃順ハンター、京介

ハンターの攻撃!

京介に1000のダメージ!

京介4000/5000

京介「4ターン以内に倒せってことか。」

京介の踏み込み斬り!

ハンターに3000のダメージ!

ハンター5000/8000

ハンターは力を溜めた!

京介のメテオスラッシュ!

京介に3000のダメージ!

京介1000/5000

ハンターに10000のダメージ!

奈流「きょ、京ちゃんのスキルってすごい!」

京介「そうか?メテオスラッシュはあんまし使えないスキルだぜ?見方のHPを3000ずつ吸い取った後、敵全体に10000しかダメージを与えられないからな。そんなには使わないな。」

奈流「へ〜。」

京介は神経機能を奈流に返した。

京介「一体なんだったんだ?」

奈流「実は、力を溜めた!ってのがあったでしょ?あれは、その力を溜めた1ターン後に、首狩りってスキルで、一撃で倒されちゃうの。」

京介「マジかお・・・・・・・」

京介は驚いた顔をしながら、杉浦に報告。

杉浦「それは本当か?」

京介「はい。ハンターってのは、フェイクとか死者の番人と同じMAPだそうです。増田さんから聞いたんっすよ。まぁ、グリーントライアの報告前に取られたらしんすけど。」

杉浦「そうか。なら、俺は、桜のチームを聞く。桜、お前はどのチームに入る?」

奈流「火力があるので、主力に行きます。」

奈流は、主力に所属し、そして、奈流、増田、京介、陽子で、レベルの高いマップへ。

妖怪地獄(推称LV500。あ、訂正します。京介のLVは、550です。奈流が500。誤字ですみません。)

京介と増田が、遠距離攻撃でバッサバッサと敵を斬って行く。

陽子「やっぱ増田さん凄い・・・・・」

奈流「京ちゃんもすごいよ〜。」

でも、さすがに寄り切られ、通常戦に。

赤鬼、青鬼、黄色鬼が現れた!

赤鬼5000/6000

青鬼6000/7000

黄色鬼7000/8000

京介「行くぞ。」

攻撃順増田、黄色鬼、青鬼、陽子、京介、赤鬼、奈流。

増田の攻撃。

赤鬼に3000のダメージ!ソウルブレイク(5%で敵を即死させる。)発動!赤鬼は消滅した!

黄色鬼の攻撃。

京介に500のダメージ。

青鬼は死の呪文を唱えた。京介の命がカウントを始めた。(あと3ターン)

陽子のメティオ!

青鬼、黄色鬼に3000のダメージ!

青鬼3000/7000

黄色鬼4000/8000

京介の踏み込み斬り!

青鬼に2000のダメージ。

青鬼1000/7000

奈流の隕石鳴子!

鳴子の形をした隕石が降り注ぐ!

青鬼に5000のダメージ!

青鬼0/7000(ー4000)

黄色鬼に5000のダメージ!

0/8000(ー1000)

陽子「あたしのメティオより強力!?」

奈流「あはは・・・・・・・・・・・この魔法、ちょっと鳴子が降り注ぐのが面白くて。私はリアルのよさこいも好きだけどねっ。」

57:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:21

奈流「さあ、行きましょう。」

京介たちは、どんどんマップの奥へ。

京介「しかし増田、なんで妖怪地獄なんて選んだんだ?魔の領域でも俺ら四人がかりなら一体ずつ倒せたんじゃないか?まぁ、エンドドラゴンは即死ゲーだが。」

増田は質問にすぐに答えた。

増田「魔の領域は、俺でもまったく歯がたちませんし、それに、ここの怪しい部分がある。と杉浦さんから聞きましたから。」

京介たちは「そうか。」と納得したように答える。

陽子「また敵が来ましたよ!」

奈流「私に任せてください!」

奈流は通常スキル、(通常戦でなくとも使えるスキル)「よさこい」を使った。

鳴子の音がMAP全体に響き渡る。

敵たちはそれの虜になり、奈流に走ってきた!

京介「無茶しやがって!」

京介は悪魔召喚で、「イフリート」を呼んだ。

イフリートは拳を地面に放ち、敵を一掃した。

京介「ったく、一人で敵を集めんなよ。」

陽子「そ、それがあれば魔の領域いけるんじゃない!?」

京介「いや、これ以前死者の番人に使ってもHP全然削れなかったぞ?」

京介は即答で返す。

増田「つきました。ここです。以前のメンテナンスでは、ここの扉に穴なんて開いていなかったんですが、今はアバターが入れるくらいのスキマがあるんですよ。でも、これじゃあ入れないんですよ。ヒビがあるんですが。俺の遠距離攻撃もまったく意味なしです。」

増田は的確に説明を全員にした。

京介「なら、これだ。」

京介はイフリートを召喚し、そして、イフリートに扉を殴らせ、扉は粉みじんになった。

京介「こんくらいの威力なら大丈夫だろ。」

京介はあっけからんと言い放つ。

そして、妖怪地獄に一匹の鬼と、大柄な男(人間の五倍くらい)がいた。

鬼「どうも。私はこの妖怪地獄の第一補佐官、鬼灯です。閻魔大王の魂が取られたのですが、ソイツらを見つけて倒してくれませんか?あいにく、私は閻魔大王の代わりとして戦わないといけないので。」

陽子「ヒュ、ヒューモン?」

増田「とにかく、そいつを倒しましょう。」

京介「だな。」

京介たちは閻魔大王の座っているイスの奥にある扉を開け、そしてトンネルをくぐった。

京介「ん?」

京介たちの目に止まったのは、箱。札で縛られた箱だった。

箱を調べますか?YES/NO

京介はYESを押した。

58:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:21

その瞬間、増田、陽子、奈流、京介の偽者が勢い良く飛び出し、ぶつかり通常戦となった。

攻撃順 増田、増田クローン、陽子、陽子クローン、京介、京介クローン、奈流、奈流クローン

増田「こいつらは・・・・・」

京介「クローンか。ま、ぶった斬ってやる・・・・・」

京介は完全に悪役モード。

増田のソウルブレイカーでの攻撃!京介クローンに1000のダメージ!ソウルブレイク(5%で敵を即死させる)は相手がボスなので効かない!

京介クローン4000/5000

増田クローンの攻撃!奈流に1000のダメージ!

奈流4000/5000

増田「武器の特性は再現できないんですね。」

増田は意外、という顔をして言った。

京介「そりゃ再現できてたら奈流死んでるかもだろ。」

陽子のフレアビーム!(主が考えた)

京介クローンに1000のダメージ!

京介クローン4000/5000

陽子クローンの攻撃!京介に1000のダメージ!

京介4000/5000

京介「やり返してきたんかい・・・・」

京介は半分笑いながら言う。

京介の踏み込み斬り!

奈流クローンに1000のダメージ!

奈流クローン4000/5000

京介クローンの薙ぎ払い斬り!

全員に1000のダメージ!

奈流3000/5000

増田4000/5000

京介3000/5000

陽子4000/5000

奈流の攻撃!

京介クローンに1000のダメージ!

京介クローン3000/5000

二ターン目に突入。

京介は陽子に耳打ちした。

増田の攻撃!陽子クローンに1000のダメージ!

陽子クローン3000/5000

増田クローンの攻撃!

陽子に1000のダメージ!

陽子3000/5000

陽子「増田さんに攻撃されるなんて辛いよ〜!」

増田「俺も京介さんに攻撃されるのは辛いですね。仲間ですから。」

陽子はうえええええええええええといいながらコマンドを実行させた。

陽子のエリアライトヒール!全員のHPを1000ずつ回復!

奈流4000/5000

増田5000/5000

京介4000/5000

陽子4000/5000

陽子クローンのフレアビーム!

増田に1000のダメージ!

増田4000/5000

京介のメテオスラッシュ!

奈流1000/5000

増田1000/5000

京介1000/5000

陽子1000/5000

増田クローン、陽子クローン、京介クローン、奈流クローンに10000のダメージ!

京介「しゃっ!」

クローンたちを倒した!

奈流「京ちゃんすご〜い!」

京介「そうか?」

増田「すごいです。あのスキルを使うのにはそうとうな賭けだと思いますよ。俺は。」

陽子「エリアライトヒールが強かったらまだ良かったかも・・・・・・・・・・」

京介「ハハ。」

全員は閻魔大王の魂を取り戻し、閻魔大王にささげた。

閻魔大王「よくぞ、ワシを助けてくれた。お前達に褒美じゃ!」

閻魔大王は全員にイベント参加券(赤)を渡した。

京介「イベント参加券・・・・・しかも枠に朝霧と舞の名前が無い!」

イベント参加券には、舞と朝霧の名前が乗っていない。むしろ、増田、陽子、京介、奈流の名前が登録されている。

京介たちは、杉浦に報告をした。

杉浦「チッ、イベントが同時に二つか・・・・・・・」

京介「主力でなんとかゲームマネーを稼ぐんで、皆さんも協力してくれませんか?」

杉浦「わかった。攻略班も協力する。」

59:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:21

京介「杉浦さん、俺は、一ヶ月、主力全員で推称LV高めのマップで戦ってゲームマネーを稼ぎます。杉浦さんたちも協力を。スカウトの人たちは主力の手伝いを。レスキューは主力の人たちが失った神経機能を取り戻してください。余裕があればゲームマネー稼ぎも!」

京介の指示で、全員が動いた。

陽子「よーし!あたしたちは妖怪地獄でもっとかせぐよ!」

攻略班、主力、スカウト、レスキューが一丸となってゲームマネーを稼ぐ。

京介「今回は主力で300億円、攻略班で30億円、レスキューで10億円、スカウトで20億円か。となると12回コンティニュー申請可。よし、平田さんか与一さん、どっちかが金持っててください。俺たちはもう行きます。」

京介たちは、名前の入力をし、そしてイベントへ。

京介チーム、赤のイベント。

神沢「さて、今回のイベントは初参加の方もいますね。今回はプレイヤーバトルと同じように、全員通常戦で使ってる装備でしょう?」

京介「よっぽど余裕があるんだな。」

神沢「それはもう。なにせ、フロアボスが、こんなにいますから。」

京介たちの目の前に、魂こもる鎧が現れた。

京介「ここは俺が戦う。あんたらで行け!」

京介は、ソロモンの指輪で、巨獣、フェンリルを召喚した。

京介「たのむぜ・・・・・・・フェンリル!」

フェンリルに京介は乗った。そして京介は魂こもる鎧と斬りあった。

陽子「気、気をつけてね!」

増田「生きて合流するのを祈ります!」

増田、陽子、奈流は先に行った。

京介「悪魔召喚!」

京介は、悪魔召喚でケルベロス、オルトロス、ガルムを召喚し、陽子たちを追わせた。

魂こもる鎧の剣が京介めがけて振り下ろされた!が、京介はブレードで受け太刀をし、剣をはじき、一気に切り刻む。

60:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:22

魂こもる鎧は魔法の盾により攻撃がまったく通らない、がフェンリルの炎は、魔法の盾を破壊し、そして鎧の足を溶かし、バランスを不安定にさせた。

京介「ナイス!」

京介はブレードで鎧を斬った。

一方、陽子たちは・・・・・・・・・・・・・・・

陽子「なにこれ・・・・・・・・全然攻撃が通らない!」

増田「・・・・・・・・俺が引き受けます。二人は先に行ってください!もしくは京介さんのところへ!」

奈流「で、でも!増田さんは!」

増田「問題ないです!」

増田は、ソウルブレイカーの遠距離攻撃を当てているが、プシュドプにはまったく聞かない。

プシュドプ「フハハハハハハハハハハハ!我にはそのようなものは聞かぬわ!」

陽子「あれ・・・・・・・・・・・・・?なんでスキルチップが?しかもたくさん。」

奈流「プチフレア、ビクトリーフレア、終幕を与えし滅びの剣、リトライ、ボコド。」

増田「・・・・・・・!陽子さん!プチフレアをプシュドプに!」

陽子「?」

増田はなにかひらめいたのか、いきなり叫んだ。

陽子「わ、わかりました!」

陽子はプチフレアを使用。

ボッ!

このモンスターの名前はアウセボになりました。

奈流「次は!?」

増田「ボコドです!」

奈流はボコドを使用した。

このモンスターの名前はドールスネークになりました。

増田「リトライを使ってください!」

陽子は、すぐにリトライを。

このモンスターの名前はアビに変換されました。

陽子「つ、次は何ですか!?」

増田「ビクトリーフレアです!」

奈流はいそいでビクトリーフレアを使用。

増田「あとは、もう、分かりますね。」

このモンスターの名前は、アシナシになりました。

陽子は、終幕を与えし滅びの剣を、アシナシに当てた。

増田「ありがとうございます。」

陽子「いえ、増田さんがいなかったら出来ませんでしたよ!」

京介が陽子たちの下へ走ってきた。

京介「おーい!」

陽子「あ!京介!」

奈流「もう終わったの!?」

京介「なんとかな。それより、ケルベロスたちは?」

陽子「増田さんが倒しちゃったけど?あれもしかして京介が呼んだの?」

京介「俺が応援に悪魔を送ったんだよ!」

陽子「ごめーん=〜=」

陽子は照れくさそうに笑う。

京介「ゲームオーバーにされてえかこんにゃろう・・・・・・・・・・・・」

増田「とにかく、先に進みましょう。」

増田たちは、追跡ドール、水魔人デロリをなんとか倒した。

陽子「そのフェンリル有能だね。」

京介「おみゃーらに送った悪魔も同性能だよ!」

増田「俺が勝手に倒してしまって、すみませんでした。」

61:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:22

増田「確か杉浦さんの話によると次は・・・・・・・・・・・・・」

陽子の顔が青ざめていく。

増田「俺たちの偽者ですね。」

京介「ん、「前回とは違って誰でもダメージを与えられます」って書いてあるな。」

増田「俺の偽者は、多分ソウルブレイクと遠距離を使ってくるでしょう・・・・・・・・・」

京介「俺の偽者も、前回のクローンより厄介そうだな。」

陽子「で、でも、私のライトヒールがあるから・・・・・・・」

奈流「じゃあ陽子さんの偽者を全員で倒しちゃえばいいんだ!」

陽子「・・・・・・・(え!?いくら偽者の私でも増田さんに攻撃されるところ見るなんて嫌だよ・・・・・)」

陽子の顔はもっと青ざめていく。

京介「いや、俺が一人で奈流と俺の偽者を倒すから、奈流は増田のほうに協力しろ。俺の動きを良く知ってるのは俺だ。」

そして、全員はワープさせられた。

京介「!?」

全員は通信で、ポスターに、HP5000/5000で、偽者のアバターが張られていることを伝えた。

増田が相手する偽者=陽子

京介が相手する偽者=増田

陽子が相手する偽者=奈流

奈流が相手する偽者=京介

奈流は顔が真っ青になり、京介は、ニヤリと笑った。

増田は、陽子の偽者とは、あまり戦わず、合流地点に来た。

京介は、HPをかなり削られ、そして増田の体力を出来るだけ減らしながら、合流地点に到着した。

京介「増田の・・・・・・・偽者強すぎ・・・・・・・・ハァ・・・・・・ハァ・・・・・・」

京介1056/5000

増田4900/5000

陽子4600/5000

奈流0/5000

京介は、驚愕した。奈流は、ナイトメアランキング12位。それが、HPを0にさせられ、ゲームオーバーになっていた。しかも、このイベントは、通常戦で使っている装備で戦えるイベントだ。それなのに奈流が負けたのだ。

京介「俺の偽者は・・・・・・・・・・俺が倒す!」

京介は、キッ、とした表情で、偽者たちのもとへ向かった。(陽子にHPを全開にしてもらって)

京介(偽者)「はっ、こいよ。本物さ」

ザシュッ!

京介「奈流をゲームオーバーにさせたことは・・・・・・・・・・許さねえぞ!」

京介は、奈流の偽者、京介自身の偽者を、一人で圧倒していた。京介は、悪魔召喚で、バハムート、イフリートを召喚し、偽者を圧倒している。

京介「こんなもんか。」

京介は、偽者を完全に倒し、増田、陽子も偽者を倒した。

京介「さて、次行く前に休憩をとっとくか。」

陽子たちは、休憩をとり、HPを全開させ、奈流を待った。

奈流「お待たせ!ごめん!ゲームオーバーになっちゃって・・・・・・」

京介「大丈夫だ。お前は頑張った。怖くても、諦めずに俺の偽者のHPを削ってくれた。それに感謝するぜ。」

京介は笑顔でそう答えた。

62:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:22

全員のナイトメアに、「フロアボス接近中!」と出た。

京介「どうやらまた戦わなきゃいけないらしいな。」

増田は、剣を構えた。

陽子、奈流も戦闘態勢に入った。

そこから出てきたのは、二本の剣をもち、一本は黒い剣、もう一本は水色の剣。そして、黒いコートを着て、高校生くらいの男だった。

京介「・・・・・・・・・厄介そうだな。」

京介は、ソロモンの指輪でイフリートを召喚した。

イフリートが男に殴りかかった。

ナイトメアの戦闘結果。

イフリートは拳でキラーボーイを殴りつけた!キラーボーイは剣でイフリートの拳を受け止めた!

京介「イフリートの攻撃が効かない!?」

増田「これは厄介になりそうですね。」

キラーボーイは、スキルでも使ったような、超連激の剣の連打で、イフリートを倒した。

ナイトメアではこう表示されていた。

キラーボーイのストリームスラッシュ!イフリートを100回斬りつけた!イフリートに10000のダメージ!

イフリート0/5000(-5000)

京介は、遠距離攻撃をキラーボーイに放った。

ナイトメアの戦闘結果。

京介の遠距離攻撃!

キラーボーイに1000のダメージ!

キラーボーイ10000/11000

増田、陽子、奈流も、京介に続いて、四人がかりで攻撃を仕掛けた。

が、キラーボーイは、奈流を一瞬でふっ飛ばし、増田を壁においやり、増田に止めをさそう。そう考えて剣を振り上げ、振り下ろした瞬間!

陽子「そんなのダメええええええええええええええええええええええええええ!」

ザシュッ!

陽子が、増田を庇い、HPが0になった。

増田「陽子さん!」

陽子「ごめんなさい・・・・・・・・・主力のリーダーなのに・・・・・・」

陽子の体が光に包まれた瞬間、一瞬で消えた。

増田は、いままで誰も見たことがないような顔になり、遠距離攻撃をキラーボーイに放ち続けた。

ナイトメアの戦闘結果

増田の遠距離攻撃!

遠距離攻撃はキラーボーイに4回当たった!

キラーボーイに7000のダメージ!

キラーボーイ1000/11000

キラーボーイは、剣を放り投げ、鎌に切り替え、コート脱ぎ、投げた!

キラーボーイの正体は、なんと死神だった。

死神は、増田めがけて鎌を振り下ろした。

ギィィィィィン!

京介「ぐ・・・・・・・・・あ・・・・・・・・・・・・重てえ・・・・・・・・」

京介が、ブレードで鎌を受け止めている。

京介「増田・・・・・・・はやくコイツを倒せ・・・・・・・・・っ!」

京介も、鎌の重量に押しつぶされ、鎌で背中を突き刺された。

京介「ぐっ!・・・・・・・」

増田は、ソウルブレイカーで、一気に死神の頭を斬った。

京介は、HPが1になっていた。

ナイトメアの戦闘結果。

増田の攻撃!死神に3000のダメージ!

死神0/11000(-2000)

そして、クリア申請の水晶が出た。

増田は、クリア申請をした。

クリア。

京介HP50/5000

持ち物:なし

増田HP1000/5000

持ち物:なし

奈流HP3000/5000

持ち物:なし

現実世界に戻った。

陽子「増田さん、ごめんなさい。あたし、リーダーなのにゲームオーバーになっちゃって・・・・・」

増田「そんなことはありませんよ。陽子さんは、俺を庇ってくれた。それがうれしいです。だから、ゲームオーバーになったのは、俺の力不足だった結果です。すみません。」

増田は陽子の手を握手するように両手で片手を握った。

陽子「いっ、いえ!あたしもですから!」

陽子の顔が真っ赤になる。

63:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:22

一方舞たちは・・・・・・・・・・・

舞「あれ?なんで朝霧さんとだけ一緒なんですかね。」

朝霧「舞さん、君は僕が守るから、安心して。」

朝霧は、力強いまなざしで舞を見つめる。

舞「あ、朝霧さん?」

朝霧「え?あ、ごめん。」

朝霧はすぐにあやまる。

舞は、ナイトメアの通信機能で杉浦に連絡を取ってみた。

杉浦「舞か。お前のほうはどうだ?」

舞「私ですか?私は朝霧さんと一緒ですけど。」

杉浦「そうか。俺は一人だ。」

杉浦は、耳に軽く手を触れていた。

舞は、通信を切った。

朝霧「舞さん、大量のスキルチップが見つかったよ。」

スキルチップが大量に入っていた。

「ダークヒール」

1/1

使用件LV200以上。

対象のHPをマックスにする。

「デストロイ」

1/1

使用条件LV200以上

使用者の味方のHP1000減少させた後、敵に大ダメージを与える。

「デスルーレット」

1/1

使用条件LV200以上

使用する際に、復活代償を仮差押状態にする。そしてルーレットで選ばれたものは即死亡する。そして次の復活代償は選ぶことは出来る。

舞「これ、私が通常戦で使えるスキルですよ。」

朝霧「このスキルチップは・・・・・・・」

「眼鏡メティオ」

使用条件LV200以上

1/1

炎の眼鏡が敵に降り注ぐ。

「眼鏡バリアー」

1/1

使用条件LV200以上

眼鏡が使用者5分間をガードしてくれる。

朝霧「こんなスキルチップ用意するなんて・・・・・・・・・」

すべて朝霧や舞が持っているスキルだった。(朝霧のはオリジナル)

一方・・・・・・杉浦は・・・・・

杉浦「チッ、なんで俺の持ってるスキルがあんだよ・・・・・・・・」

「槍召喚」

∞/∞

使用条件なし

槍を召喚できる。コマンドでしまったり出したりできる。

「めった刺し」

1/1

使用条件LV300以上

相手を10回めった刺しにする。当たる確立は20%。

「槍投げ」

1/1

使用条件LV300以上

相手に槍を投げる。射程距離は70m。

杉浦「チッ、面倒くせえな。」

64:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:23

一方・・・・・・・・・太一は。

太一「うひゃー、僕のとこ、スキルチップ大量っすね!」

太一の拾ったスキルチップ↓

剣召喚

∞/∞

使用条件LV200
効果 剣召喚

マックスヒーリング

5/5

使用条件LV130
効果対象のHPをマックスに。

弓召喚

∞/∞

使用条件LV200
効果弓を召喚する。矢は無限。

太一は、通信機能で朝霧、舞と会話をした。

舞たちは・・・・・・・・

舞「朝霧さん、なんかスキルチップで、衣装変えってのがあったんですが・・・・・」

朝霧「とりあえず、僕が使ってみるよ。」

朝霧が使った瞬間・・・・・・・・・

パッ!

朝霧の服がサッカー選手のユニフォームになった。

舞「危険がないなら私も使ってみます!」

舞が使ったら・・・・・・・・・

パッ!

舞は、何故かメイドの服になっていた。

舞「ふ、ふぇ!?」

朝霧も同様に、「え!?」と叫んだ。

仕方ないので二人は探索を続けた。(ちなみに舞は衣装変えをもう一回使ったら朝霧と同じ服になった。)

そして、全員はフロアの真ん中と思われる場所に合流した。

65:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:23

杉浦「お前らなんでサッカーのユフォーム着てるんだ?」

太一「ペアで着ようって提案したの多分朝霧っすよ!やっぱ朝霧はスk」

舞「私が使おうって提案したら・・・・・・・・・・」

杉浦は、元に戻っとけ。
と、言って朝霧と舞はすぐに戻り、そして杉浦は太一と、朝霧は舞と、それぞれ物を探すことに。

そしてもう一度合流し、全員のアイテム。

舞=デストロイ、ダークヒール×5、杖召喚。

朝霧=メガネメティオ、メガネバリアー、刀召喚。

太一=剣召喚、マックスヒーリング、(5回使用可)弓召喚、スキル強制交換。

杉浦=槍召喚、槍投げ、めった刺し、呪いの鎧、呪いのお面。

舞は、ナイトメアを見て、フロアボス接近中!と出た。

フロアボス デストロイヤー・α&β

デストロイヤーは、鎌を持ち、そして死神のような見た目である。

デストロイヤーは鎌を振り上げ、杉浦めがけて振り下ろし、朝霧が庇った!

ナイトメアの戦闘結果

デストロイヤーα&βは朝霧に即死鎌を放った!朝霧にヒット!(当たった部分が足なので即死は免れられる)即死鎌 4/5

朝霧3000/5000

舞は、この数字とスキルを見てハッ!と思いつき、太一にすぐに声をかけた。

舞「太一さん!太一さんのスキルチップに、スキル強制交換って言うのがありましたよね!?」

太一「あるっすよ。」

舞「なら、あのデストロイヤーに使って、即死鎌と、剣召喚を交換してください!」

太一は言われたとおりに即死鎌と剣召喚を交換し、そして、太一が即死鎌をデストロイヤー・α&βに放った!

ナイトメアの戦闘結果

太一は即死鎌を放った!デストロイヤー・α&βに10000000000000000000000のダメージ!デストロイヤー・α&βを倒した!

杉浦「問題は、どこにクリア申請の水晶があるかだな。」

と思ったら!

朝霧「ありましたよ。」

杉浦「(はええよ!)」

杉浦は左耳を触っている。

そして、四人ともクリア申請をし、そして帰還。

しばらくメンテナンスに。

現実世界では・・・・・・・・・・

陽子「舞ちゃん!おめでとう!」

舞「あ、あの、陽子さんたちのお話を聞かせてもらえますか・・・・・・・・?」

京介は、コクリとうなずき、増田、そして奈流もうなずき、陽子が舞の話も!ということで8人は情報交換を。

赤石「増田・・・・・・・・お前!陽子さんを守りきれなかったのか!」

赤石は絶叫にも似た声で叫び、そして増田を、キッ、とにらんだが、すぐに陽子が。

陽子「何言ってるの?増田さんはあたしを守ってくれて、それで、あたしが勝手にゲームオーバーになっただけだから!だから増田さんのせいにしないであげて!」

京介「俺も同感だ。増田は、陽子を全力で守っていた。だから、余計な口出しはやめろ。」

赤石「・・・・・・・わかったよ。」

赤石は、めずらしく折れた。

66:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:23

攻略部の全員は、イベントクリアのパーティが終わってから翌日・・・・・・・・・・・・

京介「あ・・・・・・・メンテナンス中だったっけ・・・・・・」

京介は朝早くに起きて、プレイヤーバトルで稼ごうと思ったが断念。

そして京介は、一人で、主力の席に行き、そこでヒマだったので勉強の復習を。

杉浦も、起きてはいるが書類の整理。

陽子「ふぁ〜・・・・・・・今日は結構早かったかな・・・・・・」

陽子も起きては来たが、まだあくびをするほど。

京介「ん、陽子か。増田は?」

京介は尋ねる。

陽子「増田さんはまだ寝てるかな・・・・・・・・先に食堂いこ・・・・」

陽子はなにやら眠そうな顔で食堂に。

京介「(イベントの恐怖で眠れなかったあまりに早起きしたのか・・・・・・・・)」

京介は、後ろから陽子の背中をビシッ、と叩いた。

陽子「痛っ!」

京介「目覚めたか?」

陽子「もう!痛みで起こす意味ある!?」

陽子は、頬を膨らまして、頭から煙を出している。

そして、他の部員達も起きて来た。

そのときには陽子と京介は食堂でもうメニューをどれにしようかと考えている。

京介「・・・・・・・・・・・・・・・鮭定食でいいか。」

陽子「サンドイッチにしよ・・・・・・」

二人はメニューを決め、注文し、食べた。

京介「あ、陽子、言いたいことががある。」

陽子「ん?」

京介は、重要な事を言う様子。

京介「陽子、お前はプレイヤーバトルに無理に参加をするな。」

陽子「なんで?」

京介「プレイヤーバトルは、負けたらゲームマネーを支払う。つまり、ゲームマネーを持ってかれるからな。俺や増田は激レア装備があるからいいが、お前や奈流はあまり戦うな。実際ダメージを食らっても痛みはある。」

陽子「ええ!?それ作ったの京介なのに!?」

京介「神沢のヤローが勝手に変えやがったんだよ。」

陽子「はぁ〜・・・・・・・・・・・まぁ、でもプレイヤーバトルは京介と増田さんね。わかった。」

67:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:23

ナイトメア攻略部の皆は、メンテナンスの間、息抜きをし、そして一週間後・・・・・・・・・・

杉浦「!」

杉浦はナイトメアのランプが点滅していることに気づき、すぐに部員に声をかけた。
「各自のチームで200CPを稼げ。」と。
ちなみに、200CPの理由は、以前、京介が神沢の怒りを買ったため、CPの数が倍に。

京介「増田、お前は陽子と組んで二人で行ってくれ。俺はソロで行く。奈流は赤石とかそーゆー初心者を手伝え。」

京介は指示を出す。
もちろん陽子も指示を出す。

京介の選んだマップは、メンテナンスで新しく配布されたマップ、「亡霊食堂」に。

京介「さて、推称LVは随分高いが・・・・」

京介のLVは570。推称LVは500。

京介は遠距離攻撃を当ててもあまり倒せないので、寄り切られて通常戦に。

一つ目コックが現れた!

一つ目コック5000/8000

攻撃順 京介、一つ目コック

京介の踏み込み斬り!

一つ目コックに3000のダメージ!

一つ目コック2000/8000

一つ目コックはフライパンで京介を殴った!

京介に1000のダメージ!

京介4000/5000

二ターン目

京介の踏み込み斬り!

一つ目コックに3000のダメージ!一つ目コックの生命活動を停止させた!

一つ目コック0/8000(-1000)

京介「さて、イベント参加券があればいいんだが・・・・・・・・」

京介は新マップでソロでやっていた。
なにせ、推称LVが500なので、人が少ない。

京介はチャットで、「ランキング1位がこんなとこにいるのかよ。」

田中(チャット)「杉浦さんから頼まれてのお〜゜−゜」

京介と田中はパーティをくみ、高火力でCPを稼いで、初心者の人には添付。

激レアボス出現!

京介「ヤバそうだな・・・・・・・・」

京介は逃げ、もちろん田中も逃げ、マップから逃げようとしたが、マップから出られない。

田中「およ!?」

近くにいた赤石に、京介は、こう言った。

京介「赤石、舞か陽子をつれてこられるか!?出来るだけ早く!」

激レアボス、「食魔人」が現れ、通常戦に。

そこに、杉浦、そして舞が乱入。

京介「さて、コイツは攻撃しなかったらいいんだが・・・・・・・・」

攻撃順
田中、杉浦、食魔人、京介、舞

京介「・・・・・・」

田中のソウルソードでの攻撃!

食魔人に3000のダメージ!

田中はHPが900回復した!

食魔人

907000/1000000

舞「きゅ・・・・・・90万!?」

京介「・・・・舞、今すぐ逃げろ。そして陽子を連れて来い。そして、増田も連れて来い。そのほうがよさそうだ。」

杉浦「その必要はねえ。俺と田中だけで倒す自信もあるぜ。」

京介「やれやれ。」

杉浦のめった刺し!

食魔人を10回刺した!

7回ヒット!

食魔人に1000のダメージ!

906000/1000000

食魔人は醤油を舞の目にかけた!

舞に1のダメージ!

舞4999/5000

舞は攻撃が命中しづらくなった!

杉浦「俺や田中だったら勝算が減ってたな。」

京介の踏み込み斬り!

食魔人に250のダメージ!

食魔人905750/1000000

京介「踏み込み斬りで250なんて初めて見たぜ。」

舞の攻撃!

舞は杖で食魔人を叩いた!

しかし攻撃は当たらなかった!

舞「あちゃ〜・・・・・・・」

68:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:23

二ターン目

田中の攻撃!

食魔人をソウルソードで斬りつけた!

田中はHPが900回復!

食魔人に3000のダメージ!

食魔人902750/1000000

杉浦のめった刺し!

食魔人を10回刺した!

5回ヒット!

食魔人に700のダメージ!

食魔人902050/1000000

杉浦「めった刺しじゃあ効率が悪いか・・・・・・・・?」

食魔人は、激辛ソースを飲んで、炎を吐ける様にした!

次のターンから、食魔人は炎を吐く攻撃が使えます。

京介の攻撃!

京介は衝撃波剣/狼星で、食魔人を斬りつけた!

食魔人に50のダメージ!

食魔人902000/1000000

京介「やっぱりか。」

京介は、なにか閃いたように言った。

舞「何がですか?」

京介「陽子か朝霧連れてこれるか?こいつ多分魔法が弱いと思う。」

京介の指示通り、急いで部員が、陽子と朝霧を連れてきた。

杉浦「舞、テメエと俺が戦闘から抜けるべきだ。」

杉浦と舞は、逃げるのコマンドで、戦闘から脱出し、朝霧、陽子が入った。

食魔人は、舞が逃げる前の行動は、フシギな踊り。だったが効果はない。ちなみに、田中と京介はガード。

四ターン目

田中はソウルソードで食魔人を斬りつけた!

田中はHPが900回復した!

食魔人に1000のダメージ!

食魔人901000/1000000

食魔人はフシギな踊りを踊った!

京介は気味悪がって食魔人を殴りつけた!

食魔人に1000のダメージ!

京介「なんでや!」

京介は自分のターンをすっ飛ばされたが、結果的に1000ダメージを与えられた。

食魔人900000/1000000

陽子と、朝霧は、メティオと眼鏡メティオを連射しまくった。

そして、戦闘が終わると、イベント参加券が。

イベント参加券(灰)

名前は舞と朝霧がすでに登録されていた。

そしてそこに、あと四人名前が入れられるようだ。

杉浦「あとは俺と太一と・・・・・」

京介「杉浦さん、出来たら、陽子と増田を連れて行ってもらえませんか?まぁ、無理ならいいんですが・・・・・・」

杉浦「まぁ、翼もいねえしいいか。」

ナイトメアを見ると、田中が騒ぎまくって朝霧を追っかけまわす。

田中「毛不9g不9th部8gふ9jうgcヴふvwgy8vbふいgvるghvるhvるvgる8vぐy8vgy8!」

朝霧「マジで来ないでください!」

朝霧は、本当に困った様子。

69:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:24

そして、ホッとしたののもつかの間、主力もCPを稼ごうとするためにマップから出ようとしたら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スリーセブンマン「ハロー。またあったな!ってことでワシを使い魔にしてくれ〜」

増田「では、俺が使い魔にしましょう。」

増田がさわやかな笑顔で言ったら・・・・・

陽子「ま、増田さん!こんな変態仲間にするんですか?!」

増田は、ヒューモンだし、行動制限をかけたいという理由で。

スリーセブンマン「えー。ワシはかわいい女のがいいんじゃがなー。お前らみたいな男は失格j」

杉浦と京介が遠距離攻撃を打ちまくってオーバーキル。

スリーセブンマン「ぎゃー。」

そして、気を取り直して皆、イベントのための資金稼ぎ、そしてイベントの対策など、色々考えて一ヶ月。

イベント参加者


朝霧
杉浦
太一
京介
増田

陽子「あたしは遠慮しておくよ・・・・・・・・」

と、陽子は辞退。

そしてイベントに。

全員はいきなり絶句した。

スリーセブンマンが実体でいた。

スリーセブンマン「じゃー使い魔にしてk」

杉浦と京介がなんかボッコボッコにしている。

70:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:24

なんか、ヒマなんで〜番外(京介に質問)

京介がナイトメア攻略部に入る前はどうやってレベル上げをしていたのか

京介「ん?そりゃアップデートで追加されたマップをずっと。」

衝撃波剣/狼星はどうやって手に入れたのか

京介「ダンジョンの最深部で」

京介は元から召喚魔法剣士だったのか

京介「最初はゲーマーだったから嫌だーって思って頑張って変えた。」

京介の見た目はどんな感じか

まず、髪は、一般の人みたいな、おろした髪で黒い。

そこに、スラッとした体型、運動神経と勉強は出来る。

闇のブラックコートってなんなん?

京介「光とか闇の属性攻撃が無効。」

サキュバスとはどうやって出会った?

京介「たしか誰かの神経機能持ったから、なんとなく戦って、それで、頭脳戦は初めてだったから使い魔にした。そしたらヒューモンだった。」

陽子とはどうやってであった?

京介「ネトゲやってて、実際に、待ち合わせしてみたら、出会った。」

ナイトメアがメンテナンス中のときどうしてた?

京介「陽子とネトゲ」

翼が神経機能オークションやってたのどう思った?

京介「斬り刻みたいと思った。」

神沢「さぁ、皆さんに、二つの選択肢を渡します。」

京介「お、なんだぁ?」

神沢「選択肢は、一つは、通常戦などで装備している装備で戦う。もう一つは、スキルチップで戦う。ですよ。」

増田は、考えこむように、う〜ん・・・・・・・と考え、神沢に言った。

増田「もしかして、通常戦の装備で戦うとデメリットがあるんですか?」

神沢は、やれやれ。
という顔をして、増田に言った。

神沢「通常戦の装備なら、HPが半減しますよ。まぁ、最大値は変わりませんが。」

全員「通常戦の装備で!」

神沢は、はい。
といい、指を、パチン!と鳴らすと、全員の装備が通常戦の装備に。

神沢「では。失礼します。」

神沢は消えていった。

全員のナイトメアに、フロアボス接近中!と出た。

京介「ろ・・・・六体!?」

フロアボス名は、「リーパー」

リーパー×6は、鎌を持ち、そして、肌の色は茶色、そして、腹部をガパッ、とあけると、コアのようなものが見える。

京介「増田、俺と連携して一体ずつ斬る。杉浦さんたちは、一体を四人がかりで倒してください。」

京介と、増田は遠距離攻撃を、リーパーに当て続ける。

リーパーは舞に急接近し、舞を鎌で刺そうと、鎌を振り上げ、一気に振り下ろした!

キンッ!

朝霧「お・・・・・・・重い・・・・・・・・っ!」

杉浦は、スキルから、めった刺し発動し、朝霧の剣で鎌を防がれているリーパーのコア?を刺し続けた。

ナイトメアの戦闘結果

杉浦はめった刺しでリーパーのコアを10回刺した!10回ヒット!

リーパーに10000のダメージ!

リーパー 0/5000(-5000)

リーパーを一体倒した。

朝霧も、眼鏡メティオを発動し、全体にメガネを降り注がせたが、リーパーは、コアを閉じ、ノーダメージだった。

朝霧「・・・・・コアに当たらないとダメなんですかね・・・・・」

舞は、ダークヒールで一人ずつ回復。

太一と朝霧は、二人がかりでリーパーを攻撃。

杉浦は一対一で。

増田も一対一。

京介は、二対一。
京介は、二体のリーパーの一人で相手をしている。

71:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:24

皆は、リーパーを一体ずつ倒していく。
杉浦、朝霧、太一、増田、京介、舞。
この六人は、リーパーを倒し終わったあと・・・・・・・水晶を探した。

舞「どこかな・・・・・・・って、うわぁっ!」

舞が見て驚いたのは、鍵が集まって鬼の顔になっているからだ。

朝霧が「大丈夫?」と言いながら来たが、杉浦が、早くしろ。と
急かすので、急いで鍵を探したら、もちろん見つかった。

京介「さっさと、帰って、寝るか。」

京介は、クリア申請をし、そして、現実世界へ帰還した。

京介「ふ〜・・・・・・・・・」

京介たちは、イベントをクリアしたあと、パーティをして、寝ました。

翌日・・・・・・

ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン!

舞「今行きますって!」

舞は、ドアを開けたら、朝霧、京介、杉浦、尚美、太一、増田、平田、与一、陽子、翼、田中の、皆が、黒いヘルメットのようなものを持って、舞の部屋の前にいた。

田中「八城さん、これは、ナイトメアを使うためのヘルメットみたいだぞ。」

翼「イベント参加者が使と思うよ。それに、ここの穴はナイトメアを差し込むみたいだし。」

黒いヘルメットを持った皆は、取扱説明書通りに、起動し、最後は頭に被った。

そしたら、ヴァーチャル世界なのか、皆が通常戦の装備をつけていた。

京介「S●Oかよ・・・・・・」

舞「メニューは開けますね。」

朝霧「このログアウトっていうのは、多分ヘルメットをはずすものなのかな?」

杉浦「とりあえず俺はログアウトして、攻略部の奴らに言ってくる。」

杉浦は、そういうと、すぐにログウトし、攻略部の皆に言ったのか、戻ってきた。

そうすると、神沢の声が。

神沢「これは、ナイトメアを使わなくても出来る設計です。スキル名を叫べば使えますよ。」

京介「踏み込み斬り。」

そうすると京介が、いきなり踏み込み、そして剣を降った。

杉浦「手間がはぶけるな。つまり、プレイヤーバトルを、ナイトメアのステージに当てはめただけか。」

72:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:25

舞「でも、このヴァーチャル世界でもなにか分かると思いますよ。そうでなければ、なんのために作ったかわかりません。」

いつの間に来たのか、奈流も。

奈流「でも、それって私達にしか出来ないんだよね?ってことはナイトメアヴァーチャル世界にこれる人を増やしたらいいんじゃないかな?」

京介は、首をふって、「他の人を巻き込まないで、俺らが代表で戦ったほうがいい。」と、正論を。
杉浦も、そうだな、と便乗。

そして、レベルあげのためにパーティを組んだが、通常戦ではないので、結局、それぞれのレベルに合わせたマップで。
(女性陣は男性が一人組んでいる。)

舞は、朝霧、杉浦、太一と一緒にいる。

陽子は、増田、そして京介、奈流と組んでいる。

尚美は、平田、与一、田中と組んでいる。

翼はもちろんソロ。
と思ったが、京介が、翼に、陽子のところに行ってくれ。
と、耳打ちし、翼が陽子のところに行き、京介がソロに。

京介の選んだマップは、妖怪地獄。

京介は、柔軟な動きが出来るおかげで、ナイトメアを使うよりも簡単に操作が出来る。

そして、皆200CPを稼ぎ+レベル上げが終わったら、ログアウトし、そして、食堂で夕食を済ませ、消灯。

京介「ログイン。」

京介、杉浦だけは、ログイン。

杉浦「は?」

京介「え?」

杉浦&京介「なんで!?」

そう驚きながらも、二人は、パーティを組み、そしてガンガンレベル上げ&謎解き&金稼ぎ。

京介「杉浦さん、大丈夫すか?」

杉浦「俺を誰だと思ってやがる。」

二人は、連携で、レアボスであろうと倒し続け、倒しまくったら・・・・・・・・・・朝になって寝坊に。

太一「杉浦さんが寝坊すか〜ww人のこと言えないっすね〜w」

ゴドン!

すっごい重い音が太一の頭の上から聞こえ、そして太一は、痛い〜・・・・・・・と言いながら頭を抑える。

京介「・・・・・・・・すまん。」

赤石「寝坊wwww寝坊wwwwランキング11位が寝坊wwwwwwwww」

ゲシッ!

赤石「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」

京介は赤石の急所を思いっきり蹴った。
赤石は股間を押さえながらもだえる。

杉浦は、ミーティングで、あることを発表。

杉浦「これから、俺らは黒いヘルメットを使った、ナイトメアのヴァーチャルマップで戦う。そんなかには、主力、レスキュー、スカウトのリーダーがいる。だから、そんなかで一番レベルの高いやつがリーダー代理をやれ。そして、黒いヘルメットを持っているヤツは、今すぐログインだ。」

黒いヘルメットもちはログイン、そして、リーダー代理もすぐに決まった。

ヴァーチャル世界・・・・・・・・・・

杉浦「さて、200CP稼ぐぞ。」

京介「じゃあ、翼と、田中さんがいないので、パーティを組むとしても、ナイトメア攻略班と、主力と、スカウトとレスキューの連合で良いと思うのですが。」

増田「いい案ですね。でも、主力に火力が偏っていると思うので、俺と誰か組んで、そこでCPを稼ぎませんか?」

陽子「じゃっ、じゃあ、私と増田さんが組んで、京介と奈流ちゃんが。」

全員は、納得したように、レベル上げを。

以外にも、普通のプレイヤーはいた。
もちろん、チャットで会話なのだが、自分達は普通に喋るだけでチャットに出来る。

そして、全員の結果は・・・・・・・・・・・・(200CPはオート死亡システム解除のため-される)

主力  3000CP

レスキュー&スカウト 80CP

ナイトメア攻略班 500CP

杉浦「まぁ、こんなもんか。」

京介「ん、翼たちが。」

翼は、あらかじめオート死亡システムを解除してからきたようだ。

翼「レベル上げいこ」

田中「よっ。田中だよ。」

京介「杉浦さん、増田さん、田中さん、陽子、奈流、翼、俺らで魔の領域に行ってみるか?」

増田「な、なにを言ってるんですか!魔の領域は、危ないマップですよ!?」

京介「パーティに制限がないってことは俺らも超強化されてる証拠でしょう。」

そして、杉浦が結局止めたので、魔の領域には行かないことに。(行ったら面白かったんだけどなー。)

73:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:25

京介たちは、イベント参加券をさがすために、ヴァーチャル空間で、探すことに。

舞「通常戦じゃないから運動神経が心配だなぁ・・・・・・・・・」

京介「朝霧さんと杉浦さんが盾・・・・・おっと、守ってくれるから大丈夫だと思うんだが・・・・・」

黒いヘルメット持ち主軍は、まず、お化け屋敷系のマップに。

杉浦「メンテナンス後のマップは難易度が高い。俺からはなれるな。」

パーティ一覧

京介、杉浦、舞、朝霧、尚美。

平田、与一、太一、田中、翼。

増田、陽子、奈流、イフリート(京介が召喚した)

この11人と1体で、「お化け館」という、推称レベル300のところへ。

京介「舞と尚美さんは、俺や増田の影に隠れてください。」

京介は、ブレードを、構え、そして、罠がありげな場所に、遠距離攻撃をはなって、罠を感知したり。

そして、敵が。

舞「し・・・・・・・・」

朝霧「死神・・・・・・」

陽子「嘘っ!」

増田「俺と杉浦さんでどうにかします。皆さんは、逃げてくだs」

京介「アホか。二対二で勝てるわけないだろう。」

尚美は、腰が抜けたようで、歩けないようだった。

イフリートが死神に殴りかかった!

ナイトメアの戦闘結果

イフリートが死神に、炎の拳で殴りつけた!

死神に、1000のダメージ!

死神HP10000/11000

死神は、鎌を、尚美めがけて振り下ろしたが、奈流がガード。

ナイトメアの戦闘結果

死神は尚美に鎌を振り下ろした!しかし奈流が鉄扇でガード!

杉浦「俺は、HPが多いほうをやる。朝霧は支援しろ!」

太一「僕は増田さんと組んでHPの少ないほうをやるっす!」

太一と増田が、勢いよく、HPの少ない死神に、斬り付けた。

74:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:25

京介は、舞と尚美を、一人で担ぎ、超軽量ブーツの速度で、入り口付近に座らせ、すぐに戻った。

太一「ぐっ!」

太一は、死神の攻撃を喰らって大きくのけぞる。

杉浦は、めった刺しを使用。

杉浦「めった刺し!」

杉浦は、槍で死神を突き刺す。

京介「薙ぎ払い斬り!」

京介は、剣を大きく薙ぎ払い、死神に攻撃をしかけた。

ギィン!

死神は、どちらの攻撃もはじく。

死神は、鎌で竜巻を起こし、杉浦と、増田を壁までふっ飛ばした。

ドゴッ!

杉浦「ぐっ・・・・イベントと違って、回復しねえとダメージが体に入りやがる・・・・・」

陽子は、ライトヒールで、1000になった二人のHPを、3000まで回復させた。

奈流「鳴子隕石!」

隕石の鳴子が、死神に降り注ぐも、竜巻のせいで、ダメージがあまり入らない。

ナイトメアの戦闘結果

奈流の鳴子隕石!死神に1000のダメージ!

死神A7000/11000

死神B8000/11000

京介「悪魔召喚、ミノタウロス!」

京介に召喚されたミノタウロスは、斧を構え、死神に飛び掛ったが、鎌でいとも簡単に切り裂かれ、消えてしまった。

陽子「メティオ!」

陽子の魔法、メティオを死神に浴びせた。

ナイトメアの戦闘結果

陽子のメティオ!死神に1000のダメージ!

死神A6000/11000

死神B7000/11000

太一「こっちも武器必殺技を使うっす!」

太一の刀の武器必殺技、居合い一刀両断。を使用。

太一は、猛スピードで、走り、一閃のごとく死神を斬り付けた。

太一の居合い一刀両断!死神Bに1000のダメージ!

死神B6000/11000

杉浦は、槍を持って、死神に向かって、めった刺しを発動するも、ひらりひらりと避けられる。

杉浦「クソッ!」

朝霧「メガネメティオ!」

朝霧が、追撃をするように、メガネメティオを発動。

死神は、ひらりひらりとかわし、そして、死神の後ろから、また新たな敵が。

翼「こいつらは俺とおっさんで引き受けるからさっさとしたら?あとスカウトとレスキューの人もね。」

75:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:26

翼、田中、平田、与一は、死神の後ろからやってきたモンスター「クローンマン」二体を、翼と田中が、滅多撃ちに。
平田、与一の二人は、田中と翼の援護。

一方死神討伐組は・・・・・

死神は、杉浦めがけて鎌を振り下ろした!

杉浦のHPは1000。
喰らえばゲームオーバーに。

朝霧「杉浦さん!」

朝霧は、杉浦を庇い、自分が、2000ダメージを。

杉浦「バカ野郎!なにしてんだよ!」

朝霧のHPは、もう500になってしまった。

朝霧「杉浦さんの、神経機能が取られたら、皆、困りますから!」

京介「話してる暇があったら、奈流と陽子を守っている増田のほうを、援護したらどうですかねっ!」

奈流は、武器スキル、回復技、「ハッピーヒール」を使用。

杉浦のHPは3000に回復。
朝霧のHPは2500に回復。

翼「はぁ・・・・・・なんでクローンマンは、おっさんになったんだか。」

クローンマンは、田中に化け、翼たちが、片方を三人で戦っているが、もう一体は、田中が一対一で戦っている。

陽子「ライトヒール!」

陽子は、ライトヒールで、増田を回復。

増田「ありがとうございます。」

増田のHPは、1000から3000に回復。

死神の現在のHPは二体とも4000ずつ。

京介「皆HPは3001以上あるか!?ないなら、全員回復しろ!」

全員は、回復薬を使用し、HPを、3500まで高めた。

朝霧「あの技ですか!?」

京介は、スキル「メテオスラッシュを使用。」

京介「メテオスラッシュ!」

全員に、隕石が降り注ぎ、3000ダメージを負ってしまったが、もちろんゲームーオーバーにならず、死神を切り裂いた。

死神は経験地、CP落としていかなかったが、イベント参加券、(白)を落としていった。

杉浦「女性枠、ベテラン枠、初心者枠、・・・・・・・参加人数は、9人。じゃあ、女性枠ってのには誰が行く?桜か?それとも陽子か?」

陽子「私は、行きます!」

陽子は、覚悟を決めたようだ。

京介「ベテラン枠には杉浦さんか。で、俺と太一さんは留守。初心者枠は、聞いてみるか。」

一度、ログアウトし、黒いヘルメットから、ナイトメアをはずし、部員の皆にイベント参加者を聞く。

杉浦「初心者枠、まだ一回もイベントに参加してねえやつだ。誰が行く?」

金田「あ、あの・・・・・・・僕・・・・・行っていいですか?」

杉浦「いいぞ。ただ、ビシバシ行くぞ。」

赤石「はい!僕行きます!」

陽子「げっ・・・・・・・・・」

陽子は、ガーンとなり、赤石は、杉浦に、OKをもらい、ヒャッハーと、ピョンピョン跳ねている。

杉浦「あとは誰が行く?」

蛸島「はい!俺行きます!ボスが行くなら絶対に行きます!」

杉浦「じゃあ、お前らのレベルが、170を超えるまで、通常戦で稼ぐぞ。」

イベント参加に向けて、全員は、レベル上げ、ゲームマネー稼ぎを続けた。

陽子「今回は、ゲームマネーを、360億かせいだから、12回は復活出来るよ!」

京介「陽子、俺はお前になにも出来ないが、でも、頑張れ。」

増田「俺からも、応援しています。」

陽子「はい!」

全員は、名前を入力し、イベントに参加。

76:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:26

イベント内では・・・・・

赤石「凄いな・・・・・・・ここ現実世界じゃないのか?」

金田「うぅ・・・・・」

金田は、ガクガクと震えている。

蛸島「・・・・・・なんか出たらぶっ飛ばしてやるぜ!」

神沢「では、今回は、ベテラン枠と初心者枠の人が、女性枠の人を助けるようにしてくださいね。」

赤石「陽子さんは意地でも守るぞ〜・・・・・・・・・」

舞と、陽子は、ワープさせられて、魔法陣の上に立っていた。

舞は、剣と盾を持っていた。

陽子は、杖を持っていた。

舞「制服のままですけど、剣と盾がありますね・・・・」

陽子「あたしまた賢者ー?」

舞と、陽子は、探索を。

一方、ベテラン枠と、初心者枠は、フロアボス、「ワニギリ」に、大苦戦。

杉浦「クソッ!おい金田!スキルチップはねえのか!?」

金田「どこにも、ないです・・・・・」

蛸島「赤石!本当にないんだろうな!?」

赤石「当たり前だよ!僕は嘘つかないって!」

杉浦と、蛸島と、朝霧が、ワニギリをとめるが、朝霧は、蛸島や杉浦を庇い、ダメージを少しずつ受けていく。

杉浦「この、クソ野郎が!」

金田「杉浦さん!剣召喚がありました!二つ!」

赤石「こっちは、グローブ召喚があった!」

朝霧は、剣召喚を。
蛸島は、グローブ召喚を。
杉浦は、剣召喚を。

蛸島は、がむしゃらに、ワニギリを殴り続ける。

杉浦と、朝霧は、剣召喚で、ワニギリを斬り続けるが、ワニギリのHPは、100000。

舞たちは、杉浦たちと合流するために、探索中。

77:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/05(金) 22:27

なんかすげー書き込んですまん。
本当にすまん。
これが京介たちの現在進行中のところなんだが。

78:岡子◆qw ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/08/06(土) 10:47

>>46
俺敵には→俺的には

>>55
変な句点が入ってる

あー‼
もう読むの諦める‼

79:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/06(土) 12:24

>>78ゲフゥ!それ本編でも間違ってた・・・・・・俺はそれをキッチリ修正して書き込むはずなのにぃ〜・・・・・

80:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/06(土) 12:33

なんかすげえ長文になってゴメン!

81:岡子◆qw (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/08/06(土) 14:20

ってか、一気に書き込むのやめてよね

82:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/06(土) 15:29

>>81ごめん・・・・・今度からは気を着け・・・・・・いや、今度はないか。
まぁ、とにかく、ごめん。
本当にごめん。
いま、モニターの前で土下座してるので・・・・・

83:岡子◆qw (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/08/06(土) 16:45

>>82
気をつけるのつけるは、付けるやと思うかな
これからも、ばんばん間違い指摘してやる‼
ふざけたね、はい

84:AKARI◆R.:2016/08/06(土) 16:51

>>82あー大丈夫大丈夫!まぁそういう時は、何回かに分けた方が良いね。

85:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/06(土) 16:54

>>83ほぎゃあああああああああまた間違えた!

86:岡子◆qw (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/08/06(土) 17:31

>>85
ジョン、面白すぎwww

87:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/06(土) 17:52

>>30の続き

その日は、イベントの手がかりの情報をなにも見つけられず。
朝霧はフルップリンを。
太一は団子を。
杉浦はコーヒーを。
三人は、好物を飲食し、リラックス。

京介「俺がなにか買ってくる。」

京介は、お茶、コーヒー、リンゴジュース、コーラを、ケイ、アスカ、舞に渡して、京介はお茶を飲んだ。
ケイはコーヒーを。
アスカはコーラを。
舞はリンゴジュースを。

そして一時間後・・・・・・・・

杉浦「京介。テメエは主力だろ?なら陽子のところに戻ったらどうだ?」

京介「俺は、とにかく推称レベルが高い場所を片っ端から調べます。それに、言ったでしょう。余裕があればそっちも手伝いますよ。と」

杉浦「チッ、なら、お前は紅月二人の面倒を見ろ。」

アスカ「京介さんとかぁ。」

ケイ「お願いします。」

京介、アスカ、ケイは、「妖界」へ。

妖界は、推称レベル300。
アスカとケイのレベルは、250。

京介「ちょっと待ってろ。」

京介は、スマホを取り出し、電話で、誰かを呼んだ。
そして、ナイトメア攻略部に、結構太った男が走ってきた。
その男とは、田中県一だった。

田中「京介さん!本当かね!?協力したら牛丼10杯奢るって!」

京介「一回のイベント参加券探すごとに、毎日牛丼奢りますよ。」

田中は、急いで京介のパーティに参加。

アスカ「田中さんはナイトメアランキング何位ですか?」

京介が、アスカに耳打ちで教える。
アスカは、当然のごとく驚く。

京介「ここにいる田中さんを含めりゃ、ランキング上位は多いぞ。俺、杉浦さん、陽子、奈流、増田は、15位以内だしな。」

ケイ「金の権力でも使ったんですか?」

京介は、ケイの頭をベシッと叩く。

妖界。
マップでは、妖精と、妖怪がドンドン出てくるが、京介と田中の遠距離攻撃のゴリ押しですぐに倒されていく。

田中「牛丼〜牛丼〜」

田中は、牛丼のために、どんどん敵を倒していくが、バッタリ翼と遭遇。

翼(チャット)「おっさんいきなり抜けたと思ったら・・・・・どうせ牛丼で釣られたんだろ。」

田中(チャット)「もちろん!」

翼(チャット)「帰ったらしばらく牛丼じゃなくてゴ○○○丼でもだそうか?」

翼は既に半ギレ。

田中「せ・・・・・・殺生だなぁ〜・・・・」

田中は、ガックリとなる。

京介「あ」

敵とぶつかり通常戦へ。

妖精リビーが現れた!

田中県一が戦闘に参加した!
左門京介が戦闘に参加した!
紅月飛鳥が戦闘に参加した!
紅月圭が戦闘に参加した!

攻撃順 田中/京介/妖精リビー/アスカ/ケイ

田中の攻撃!
田中はソウルソードで敵を斬り付けた!
妖精リビーに5000のダメージ!
田中はHPを900回復した!

妖精リビー15000/15000→10000/15000

京介の踏み込み斬り!
京介は踏み込んで妖精リビーを斬り付けた!
妖精リビーに3000のダメージ!

妖精リビー10000/15000→7000/15000

アスカ「ランキングが高いのにこんなにしか与えられないのかぁ。」

続く(ちょっとキリが悪いけどな。)

88:岡子◆qw (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/08/06(土) 19:04

食べ物につられるって、典型的なデブやね
あ、デブって言ってゴメン

89:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ  ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/06(土) 19:35

田中「ワシは牛丼様に引き寄せられただけじゃ!」

↑説得力がねえよ

90:岡子◆qw ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/08/06(土) 19:38

田中に対して
それを食べ物に釣られたって言うんだよ‼(;>_<;)
って言いたい

91:美羽◆Jc:2016/08/06(土) 20:46

おお!!Σ( ̄□ ̄;)結構進んでる!
>>80-82全然大丈夫だよ!(о^∇^о)

92:黄緑 星音◆veI:2016/08/06(土) 20:50

……………………………Σ(゚Д゚)
す、すごい進んでますのぉ…(;´∀`)

ヨムノオイツキマセーンw

93:AKARI◆R.:2016/08/07(日) 15:23 ID:sQg

もーすぐ100だー!

94:美羽◆Jc:2016/08/07(日) 17:12 ID:4q2

>>93ほんとだー!゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚ワーイ

95:岡子◆qw ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/08/07(日) 19:18 ID:nTY

どんどん進め〜‼

96:黄緑 星音◆veI !?:2016/08/07(日) 19:25 ID:ANE

ちょちょちょちょーっと待ったー( ゚Д゚)
↑待たなくていい

ス、スゴイススンデマスネー( ゚∀゚)
ヨミキレマセン、アラフシギw(=゚ω゚)ノ

97:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/07(日) 19:38 ID:WeE

京介のモデルが、のびハザにいたなんて言えねえ・・・・(もう言ってる)
奈流のモデルが、名前ごとハナヤマタのなるなんて言えねえ・・・・(もう言ってるだろアホ)

98:AKARI◆R.:2016/08/07(日) 19:44 ID:sQg

よーしっ!!ネタがやーーっと出てきたから、書くぞぉーーー!
第1話  飛鳥目線
ア「んー暇だぁー。」
今日はトレーニングも無いし、遊ぶ予定も無い。・・・ケイは何かの研究?をしに行っていていない。
・・・そうだ!久しぶりに出かけよう!
そう思ってカバンをだし、中に財布を入れようとカバンを開くと、黒い箱が入っていた。気になって開けてみると中に入っていたのはゲーム機。
すると勝手に電源がついたのだ。
ア「・・・!」
驚くのも無理はない。

【このゲームを始めますか?】

[YAS] NO
私はおそるおそるYASを押した。
ー1話endー

99:美羽◆Jc:2016/08/07(日) 19:52 ID:4q2

>>96だ、大丈夫?
>>97ww
>>98飛鳥ついにゲームを…大丈夫かな?飛鳥、ばk(°o°C=(_ _チーン(はい、飛鳥に殴られました。)

100:美羽◆Jc:2016/08/07(日) 19:52 ID:4q2

100もーらい!100おめー!

101:ジョン・スミス◆M72 (:`・д・)つ旦チャノメヤ ~~旦(・−・:)ドモドモ:2016/08/07(日) 19:59 ID:WeE

>>100取られたあああああああああああああああああああっ!
アスカ!今すぐ八城舞って検索して、それで呼べ!もしくは頼りない朝霧でもいいから!あと、杉浦さんには話しかけるなy

ドゴシャッ!

杉浦「俺がどうしたって?」

朝霧「僕がどうしたって?」

あ、悪魔ェ・・・・・・・・

102:黄緑 星音◆veI:2016/08/07(日) 20:48 ID:ANE

>>100
ヒャクヲトラレタオ(゚Д゚)ノ
このメンバーだといつもキリのいい数を盗る争いをしている気が…( ゚∀゚)

103:岡子◆qw (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/08/07(日) 20:52 ID:nTY

100おめでとう🎉✨😆✨🎊

>>98
イエスのつづりはYESだぞ〜!

やぁ〜いやぁ〜い、間違えてやがんの(黒岡子)

うるさーい!黒い私はだまっとけ‼2度と出てくんな‼(`Δ´)プンプン

104:美羽◆Jc:2016/08/07(日) 21:20 ID:4q2

>>101いつも私、取られる側だからね!今度は取った❗
>>102サ、サア。ナ、ナンノコトカナ?(-ω- ?)(何故、カタカナ)
>>103く、黒岡子が!!!(゜ロ゜ノ)ノ

105:AKARi:2016/08/08(月) 13:42 ID:sQg

>>103あ、本当だΣ(゚д゚lll)英語ぉー‼

106:AKARi:2016/08/08(月) 13:45 ID:sQg

なんか自分が作ったスレが100いくって嬉しいな(≧∇≦)

107:岡子◆qw 緋弾のアリア…:2016/08/09(火) 22:34 ID:nTY

>>106
そーなんだ

108:ジョン・スミス◆M72:2016/08/11(木) 22:51 ID:WeE

続き

妖精リビーの、イベントボス召喚!

京介「はい?」

妖精リビーの命令により、偽京介の出現!

京介「俺の姿パクった敵が登場すんのいい加減にしろよ・・・・」

過去に京介は、自分そっくりの敵と戦っている。(パクリンゴ、クローン、偽者。)
アスカは、ありゃ〜。
と言っている。

ケイ「これは厄介そうですね・・・・・・・・」

アスカは、既にコマンドを決めていた。

アスカの攻撃!
アスカは、盗賊の剣で妖精リビーを斬りつけた!
妖精リビーに1000のダメージ!

妖精リビー7000/15000→6000/15000

ケイも、すぐにコマンドを決めた。

ケイのドーピング!
ケイは、力が10倍になる薬を京介に打ち込んだ!
三ターンの間、京介の攻撃力が10倍に。

京介「ありがとよ。」

ケイ「いえ。」

二ターン目

田中の攻撃!
田中はソウルソードで妖精リビーを斬りつけた!
田中はHPが900回復した!
妖精リビーに3000のダメージ!

妖精リビー6000/15000→3000/15000

京介の、薙ぎ払い斬り!
京介は、剣で妖精リビーと、偽京介を斬りつけた!
二人に30000ずつのダメージ!(ドーピングのため10倍)

妖精リビー3000/15000→0/15000(-27000)
偽京介5000/5000→0/5000(-25000)

京介「ケイよ、お前、チートか?」

ケイ「実際僕自身は強化出来ませんし、それに、僕は弱いですよ。」

京介「じゃあ、俺と田中さんは、黒いヘルメットでログインするから、いったんパーティから外れるぞ。」

京介と田中が消えた後、二人のアバターが既に来ていた。

京介『じゃあ、本格的に行くか。』

田中『二人とも無茶せんようになぁ〜』

続く(スマンの。)

109:岡子◆qw ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/08/12(金) 13:39 ID:nTY

お?
今回は間違いないっぽいぞ?

110:ジョン・スミス◆M72:2016/08/12(金) 15:21 ID:WeE

>>109よっしゃ

補足説明。
黒いヘルメットってのは、ナイトメアを差し込んで、実際にナイトメアの世界にいける道具。
まぁ、簡単に言えば、アバターになれるってこと。
だから、柔軟な動きが出来るし、それに、運動神経も作用される。
実際、遠距離武器使わなくても戦える。

111:ジョン・スミス◆M72:2016/08/12(金) 15:52 ID:WeE

続き
あ、黒いヘルメットでもメニュー画面は開けるぞ。


京介、田中、ケイ、アスカの四人は、(黒いヘルメットとナイトメアじゃパーティは組めない)迷宮神殿に来ていた。(推称レベル300)

京介「じゃあ、迷宮神殿の、最深部に行くぞ。」

田中「了解!」

迷宮神殿は、まっすぐ進むだけで、最深部にたどり着くことが可能。
道中、モンスターが出たが、京介と田中なら、通常戦にならずに済む。

アスカ「でも、何でここに?」

京介「ここなら、存分に経験値が稼げる。」

田中「ワシと京介くんには物足らんがなあ。」

ケイ「とりあえずどうぞ。」

ケイは、ムキム菌を使用。(選択したプレイヤーの攻撃力を1.5倍に)
最深部に到達し、宝箱を開ける。
その中身は、鎧と剣だった。

「ソウルアーマー」
毒、麻痺、睡眠、マインドコントロールなどの、状態異常系の攻撃を無効化。
時々相手の攻撃を跳ね返す。(50%)
自分よりレベルの低い敵のダメージを半減。

全員「チートアイテム!?」

京介「これは田中さん行きだな。」

アスカ「ランキング一位の人にはもってこいじゃないですか!」

もう一つの剣は・・・・・・・・・

「ソウルカッター」
回数無限の遠距離攻撃可。
攻撃が相手に当たった場合、自分の素早さが上がる。

京介「これは、俺が使っていいか?」

アスカ「でも、同じような武器を持ってるじゃないですか。」

ケイ「じゃあそのブレードを他の人に譲るんですか?」

京介「この間のメンテナンスでな。黒いヘルメットの持ち主は、同じ長さの剣を持つと、双剣士を超えた、二刀流になれるのさ。」

アスカ「え!?」

京介は、ソウルカッターと、衝撃波剣/狼星を背中に背負い、二刀流になった。

京介「といっても、俺、二刀流だから、防御力が、とてつもなく低い。多分ケイより低いな。だから、二刀流は下手に使えない。」

京介は、ソウルカッターをメニュー画面でしまった。

四人は、新しい武器と防具を手に入れたことを杉浦に報告。

杉浦「京介、お前、二刀流か。なら、お前も、ナイトメア攻略班に入れ!」

京介「はい????????????????」

杉浦「二刀流をやるなら、強烈な回復魔法をもってるやつがいい。舞ならな。」

京介は、やれやれ。
と言いながら、ナイトメア攻略班に。

増田「主力のメンバーがまた一人減ってしまいましたが、クリアには近づけるはずです。」

京介「増田。陽子と奈流が酷い目に遭わないように、守ってやってくれよ。」

京介は、そういい残すと、ナイトメア攻略班の席に座る。

朝霧「じゃあ、まずは、イベント参加券を探すために、二チームに分かれよう。」

パーティ一覧

京介、舞、朝霧、杉浦。

太一、アスカ、ケイ、田中。

この二パーティで、杉浦が怪しいと踏んだマップ、「伝説の塔」へ。(舞、京介、杉浦、朝霧は、黒いヘルメットで。)
伝説の塔は、メンテナンスで追加されたマップである。
そして、その塔の最上階には、赤い剣士という敵がいるが、大半のプレイヤーが負けている。
そして、不思議なのが、HPを1だけ残して、そこで、戦闘から逃げるを実行するというところ。

杉浦「舞、テメエは、回復魔法で、俺たちを回復しろ。そして、朝霧は、舞を庇え。俺と京介であの剣士を倒すぞ。」

アスカたちは、チャットで、来たプレイヤーに事情を説明し、そして、稀に出てくる敵、剣士のゾンビを倒していく。

続く(疲れた・・・・・・・・・)

112:美羽◆Jc:2016/08/12(金) 15:58 ID:4q2

>>106そうなんだ❗おめでとう❗(o^∀^o)
>>109そうだねw

113:ジョン・スミス◆M72:2016/08/12(金) 17:06 ID:WeE

はぁ・・・・・黒コートで二刀流とか、どこの黒の剣士だよ・・・・・・

114:ジョン・スミス◆M72:2016/08/12(金) 17:33 ID:WeE

京介と、杉浦は、赤い剣士に、特攻。
杉浦は、いきなり全力刺しを使用。

杉浦「おおおおおおっ!」

杉浦は、爆炎槍に全力で力を込めて、赤い剣士に突き刺した。
赤い剣士のHPは、5000減った。

赤い剣士50000/50000→45000/50000
しかし、杉浦は、全力刺しを使ったため、硬直してしまった。
赤い剣士は、剣から、衝撃波を放ち、杉浦に当てた。
すると、杉浦は麻痺状態になり、動けなくなった。

杉浦「何・・・・・・・!?」

京介「朝霧さん!杉浦さんを安全なところまで!」

京介は、二刀流の遠距離攻撃を、赤い剣士に放ち続けた。
赤い剣士に合計27連撃叩き込み、HPを27000も減らすことが出来た。

赤い剣士45000/50000→18000/50000

赤い剣士も、すぐに、剣で反撃を。
その剣は、京介の頬を掠めた。
京介は、800のダメージを覆った。
京介5000/5000→4200/5000

京介「ああああああっ!」

京介は、二刀流の剣で、乱舞のように、高速で剣をふり、赤い剣士を攻撃するが、すべて盾ではじかれる。
そして、赤い剣士の後ろに、黒い竜が。
その黒い竜は、腐食ブレスを吐いた。
京介は、慌ててブレスをかわした。
赤い剣士は、間に合わず、大ダメージをを追う。

ナイトメアの戦闘履歴・・・・・・・

舞のデストロイ!黒いモヤが、舞たちのHPを1000ずつ吸収!黒いモヤは、黒いドラゴンに姿を変え、腐食ブレスを吐いた!赤い剣士に30000のダメージ!

赤い剣士27000/50000→0/50000(-3000)

京介「やっぱり、アンタか。舞。」

続く(びゃああああああああああああああああああああああああああああああ!←ただ叫びたかっただけ)

115:岡子◆qw (;`・ω・)つdice3:2016/08/12(金) 21:15 ID:nTY

なんか、SAOみたいな感じ

強いてゆーならキr(黒岡子)

ちょっと待った!
なにキャラ名出そうとしてんの!
あと、なにしれっと出てきてんの‼

116:ジョン・スミス◆M72:2016/08/13(土) 00:24 ID:WeE

キriトさんの剣は、確か黒と金だったよな。
ってか、岡子SAO知ってるのか!

117:AKARI◆R.:2016/08/13(土) 16:47 ID:wjw

>>116べるなに〜。もうそれじゃ普通に○リトって読めちゃうよ?

118:AKARI◆R.:2016/08/13(土) 16:50 ID:wjw

あ、そうそう、私もSAO知ってるよ!
(誰もお前には聞いてねーよw) また誰かの声が・・・。

119:ジョン・スミス◆M72:2016/08/13(土) 19:27 ID:WeE

実際に出してなきゃいいのさw
kiriトって、メンタル弱かったっけ?
あと、ニシdaさんとか、kibaオウとかってどうなったっけ?あ、そうそう。
俺、SAOの二次創作書いてるぜw
http://ha10.net/ss/1468802364.html

話がそれたけど、京介がメインになってるのはゴメン。
でもトドメ舞だからね!?いいよね!?(大焦り)

120:AKARI◆R.:2016/08/13(土) 21:33 ID:wjw

>>119大丈夫大丈夫!良いよ〜!

121:ジョン・スミス◆M72:2016/08/13(土) 23:16 ID:WeE

続き書いてくぞ

赤い剣士を倒した京介たちは、一度現実世界に戻り、あるアイテムを確認した。
そのアイテムは、イベント参加券、「水色」だった。

杉浦「今回は、朝霧と舞を含めて7人か。」

朝霧「じゃあ、ナイトメア攻略班全員で行くのは?」

アスカ「イベントか〜。一回行ってみようと気になってたんだよね〜」

ケイ「いいですね。」

そして、舞に、クッエリからのメールが。

クッエリ『今回は、運動神経と頭のキレる人を、二人以上連れて行ってください。』

舞「じゃあ、尚更ナイトメア攻略班で行くのがいいですかね?」

京介「体力には自信があるからな。だからいいと思うぜ」

太一「僕がどっちでもないのは・・・・」

朝霧「太一、それは僕もだから。」

そして、ナイトメア攻略部の皆は、ゲームマネーを稼ぐことに専念。
参加者は、レベル上げを徹底的に。
黒いヘルメットの持ち主は皆、経験値が高い場所へ特攻。

三週間後・・・・・

陽子「今回は、10回復活できるからね〜。」

舞「や、やっとレベルが330に・・・・・」

全員のレベル

杉浦=750

京介=590

朝霧=450

太一=445

舞=330

アスカ=350

ケイ=350

舞「はぁ。始めてまだ少しのアスカちゃんに抜かれるのはちょっと恥ずかしいなぁ・・・・・・・」

ケイ「僕のスキルでここまで行っただけですから、実際アスカじゃすぐにゲームオーバーになってるt」

ドゴン

アスカが、ケイの腹部を殴った。
朝霧は、苦笑い、太一は、ケラケラと笑っていて、杉浦は、すぐにイベント参加券に、名前を入れた。

杉浦「ほら、テメエらもさっさとしろ!」

舞「は、はい!」

太一「鬼を怒らせるのは怖いっすね〜w」

太一の頭に杉浦の拳が落ちたのは説明するまでもなかった。

アスカ「ここに名前を入れるんですね・・・・・・」

ケイ「・・・・・とにかく、クッエリさんの情報通りなら、僕と八城さん、京介さん、アスカ、杉浦さんがキーなんでしたよね。」

太一「僕はどっちのキーでもないっす!w」

朝霧「太一、それ自慢できないから!」

全員は、イヤホンを装着し、ナイトメア世界へ。






神沢「ようこそ。皆さん、今回は、あなた方も通常戦の装備で戦えますよ。」

京介「随分と余裕じゃあねえか。」

神沢「まぁ、今回は、死神が道中にいるので、ボスの部屋にたどり着くのは困難ですがね。」

舞「そういうことね・・・・・・」

杉浦「お前みてーなクソ野郎に俺らは倒せねーよ。」

神沢「では。せいぜいあがいてください。」

神沢は、言い終わると、全員をワープさせた。
そして、通信機能で全員の位置を確認。
そして、何人かと組んでいるところも。

ケイ、杉浦、太一。
アスカ、舞、朝霧。
京介。

京介は、一人だが、他の六人は三人で組んでいた。

京介の道には、死神が三体。

京介は、ナイトメアを、カチカチッと操作し、二刀流に。

京介「全員斬ってやるか。」

杉浦の通路には、死神が6体。

杉浦「チッ、太一!俺と組んで始末するぞ!」

太一「了解っす!」

アスカたちの通路は、死神は一体。

アスカ「全員で組めば問題はないよ!」

舞「うん!」

その時、アスカは知ることはなかった。
親友二人の、神経機能が奪われていることに・・・・・・・・・・・・

続く(ヒャッハー)

122:ジョン・スミス◆M72:2016/08/14(日) 00:43 ID:WeE

ちょっと単発になるけど・・・・・・・

舞は、体重計に乗った。
陽子も、体重計に乗った。
二人は、いる場所が違っても、悟った。
体重が増えている!と。

舞「(このままじゃイベントとか、ナイトメア攻略が出来ないし、杉浦さんに・・・・)」

回想ー

杉浦「んなあまったれてんだったら、俺が鍛えなおしてやる!」ガオー

現実ー

舞は、悩んだ結果、陽子に相談することに。

陽子は・・・・・・

陽子「(このままじゃ増田さんに・・・・・!)」

回想ー

増田「陽子さん、俺はアナタに一言言います。幻滅しました。」

現実ー

陽子「(そうなったらもうナイトメアの復活代償心臓にしてゲームオーバーになったほうがマシだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!)」

陽子は、舞に相談することに。

舞「え!?陽子さんもそうなんですか!?」

陽子「うんうん!そうなの!」

尚美「実は私も・・・・」

三人「もしも杉浦さんに相談したら・・・・・・」

回想ー(尚美の)

杉浦「なにい!?んなことなら俺が特訓してやる!まずは腕立て100回からだ!」

結果→死ぬ

現実ー

舞「じゃ、じゃあ、朝霧さんなら・・・・・」

回想ー(陽子の)

朝霧「舞さんはそのままでも大丈夫だよ!」

結果→悪化する

現実ー

陽子「ってなっちゃうよ!」

尚美「じゃ、じゃあ、太一さんなら・・・・」

回想ー(舞の)

太一「そんなこと気にしなくっていいっすよ!別にすぐどうにかなるっす!だから団子でも食べるっす!」

結果→悪化する

現実ー

陽子「どうする?!」

京介「さっきから何の話してんだ?」

奈流「何の話?」

三人「じ、実は・・・・」

京介「なら、スキマ時間見つけて、ランニングでもすればいいだろう。メンテナンスの間なら、その量を倍にするとかよ。」

奈流「他にも、腕立てをしたり!」

三人は、早速実行し、痩せることに成功。
舞は、体力がついたので、皆から驚かれた。

終わり(ナンダッタンダコレ)

123:ジョン・スミス◆M72:2016/08/14(日) 10:21 ID:WeE

続きじゃ(本編の)

死神は、京介に気づいたようで、追いかけていく。
京介は、自分から壁に行き、壁を走り、死神の後ろに立ち、二刀流での踏み込み斬りを放った。
ナイトメアの戦闘結果
京介の踏み込み斬り!
京介は、二本の剣で死神を踏み込んで斬った!
死神に6000のダメージ!
死神13000/13000→7000/13000

京介は、また距離をとった。
死神は、鎌で遠距離攻撃を放った。
京介は、遠距離攻撃を喰らいながらも、踏み込み斬りで死神のHPを1000まで減らし、通常攻撃で死神を斬りつけ、死神を一体倒した。
京介4000/5000

京介「あと2体・・・・なんとかなるか・・・・・」

京介は、HPを落とす覚悟で、メテオスラッシュで、死神2体のHPを3000まで落とし、薙ぎ払い斬りで、死神を2体倒したが、HPが1000まで落ちた。

京介「メールで・・・・」

京介は、メールで、杉浦と舞に、俺の通路の死神はもう倒した。
と連絡した。

杉浦たちは・・・・・・

太一「杉浦さん!大丈夫っすか!?」

杉浦「太一こそ自分の心配をしやがれ!」

ケイ「大丈夫ですか・・」

ケイは、毒銃で、死神を攻撃。
全員のHP
杉浦2500/5000
太一1500/5000
ケイ3000/5000

現在、杉浦たちの通路の死神は一体。
しかし、その死神のHPはマックス。

杉浦「クソ野郎がっ!」

杉浦は、全力刺しを使用。

ナイトメアの戦闘結果
慎二の全力刺し!(攻撃力2.2倍)
慎二は全力で死神を突き刺した!
死神に10000のダメージ!
死神13000/13000→死神3000/13000
慎二は全力を出し疲れ果てている!
(1分間行動不可)

太一「これで終わりっす!」

太一は、特技、居合い斬りを使用。
ナイトメアの戦闘結果
太一の居合い斬り!
太一は、居合いの構えをとり、死神を斬りつけた!
死神に3000のダメージ!
死神3000/13000→0/13000

杉浦「これで後はボスだけか・・・・・・」

杉浦たちは、ボスの部屋の手前まで行った。
そこに、京介がいた。

京介「ハァ・・・・ハァ・・・・杉浦さんか・・・・」

舞たちは・・・・

アスカの泥棒!
アスカは、死神の鎌を奪った!
アスカは、そのまま鎌で死神を斬りつける。
朝霧も、協力。

舞「あんまりダメージを受けなかったので助かりましたね!」

朝霧「杉浦さんたちが心配だなぁ・・・・・」

アスカ「とにかくボスのところまで行かないと!」

舞たちも、ボス部屋手前まで来た。

京介「舞、俺らのHPを回復してくれ・・・」

舞は、ダークヒールで、京介たちのHPを回復。

そして、ボスの部屋まで到達。
そこには、神沢ロボが。
神沢ロボは、赤いグローブをつけていた。

神沢ロボ「よく来ましたね。では、早速戦いましょうか。」

神沢ロボは、いきなり舞に殴りかかってきた。
間一髪で、朝霧が庇い、朝霧が殴られた。

ナイトメアの戦闘結果に目をやると・・・・
神沢ロボのパンチ!
退助に4000のダメージ!
退助5000/5000→1000/5000

朝霧「ぐぶっ・・・・う、動けない・・・・?」

神沢ロボ「ふふ、これは豪腕ズルイゾーのグローブと、私の攻撃力を合わせたものです。」

京介「ふざけてんじゃあ・・・・・ねえ!」

京介は、二刀の踏み込み斬りを放ったが、神沢ロボのカウンターを受け、京介は防御力が低かったため、一撃でゲームオーバーに。

京介「なん・・・・だと・・・・」

京介の体が、一瞬で光に包まれ、泡のように消えた。
舞は、豪腕ズルイゾーというキーワードで、あることを思い出した。
「豪腕ズルイゾーの力は赤。それをなくせ」
舞は、置いてあったペンキ缶を神沢ロボのグローブにかけた。

神沢ロボ「!!!!!!!!」

杉浦が、めった刺しで、神沢ロボに攻撃。
神沢ロボに、9000のダメージを与えた。
神沢ロボ50000/50000→41000/50000

杉浦「チッ・・・・」

神沢ロボは、すぐに、杉浦を殴ったが、1000のダメージだった。
舞は、ダークヒールで朝霧を回復。
アスカは、スキル、泥棒により、グローブを盗み、太一に投げた。

太一「これで、赤色に戻してもおあずけっす!」

太一は、刀でグローブを斬った。

神沢「なかなかやりますね。ですが、一人一人倒していきましょうか・・・・」

京介の復活まで、あと50分!

続く(親友さんの話は、イベントが終わってからだお^д^つ旦~~チャノメヤ)

124:ジョン・スミス◆M72:2016/08/14(日) 10:22 ID:WeE

連レスゴメン

125:岡子◆qw (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/08/14(日) 12:03 ID:nTY

>>116
知ってるよ!

>>119
行ってみる!

今回も間違いがないっぽいぞ?
ジョンのくせに!(逆ギレ的なの)

126:ジョン・スミス◆M72:2016/08/14(日) 13:35 ID:WeE

>>125逆ギレ?なんでや!(キバou風に)

127:岡子◆qw ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2016/08/14(日) 19:14 ID:nTY

あいつ、うざいキャラやのに大阪弁使ってるからキライ‼

128:ジョン・スミス◆M72:2016/08/14(日) 19:59 ID:WeE

ど、ど、ど、どうした?(困惑)

129:岡子◆qw はーい全員ちゅーもーく!:2016/08/14(日) 21:08 ID:nTY

とりあえず、あのキャラはキライやねん

130:ジョン・スミス◆M72:2016/08/14(日) 22:41 ID:WeE

>>129訳がわかんないっ!ズビシ
とにかく、何かあったら俺たちに相談してくれないか?掲示板の中だけど、と、友達だし。

131:岡子◆qw これからいろんなフレーズを書いていきまーす!:2016/08/15(月) 09:47 ID:nTY

>>130
私は掲示板の中でも、勝手に友だちやと思ってる!
リア友少ないし……あ、あはははは……( ̄▽ ̄;)ヒキツッタエミ

132:ジョン・スミス◆M72:2016/08/16(火) 21:46 ID:WeE

続き

朝霧「眼鏡メティオ!」

大量の熱された眼鏡が神沢ロボに降り注ぐ。
神沢ロボは、6000のダメージを受け、HPが35000に。

神沢ロボ「やりますね。ではこれではどうでしょう。」

神沢ロボは、邪魔ジシャンを召喚し、邪魔ジシャンのトランプ攻撃!のはずだが、ケイが、薬銃で、発火剤を撃ち、トランプを燃やす。

ケイ「発火剤なら紙の攻撃は防げる。」

邪魔ジシャン「なら、アナタを幻想世界にいざなって差し上げましょ」

アスカ「これはお預けね〜」

アスカは、ステッキを素早く奪い取り、それを邪魔ジシャンに使用。
邪魔ジシャンは、ハッ!としたような顔になり、一瞬で気絶した。
その無防備状態を、太一が叩き続ける。

神沢ロボ「なら、私も魔法を使いましょうか。「デストロ」」

神沢ロボがデストロイという瞬間!
杉浦が、槍で神沢ロボの顔を串刺しに!

神沢ロボ「!」

神沢ロボ35000/50000→25000/50000

神沢ロボは、HPが半分になった。
そして、地面から、京介の偽者を召喚した。

朝霧「僕が食い止める!皆は神沢ロボを攻撃して!」

杉浦「バカ野郎!京介を食い止めんのは俺だ!」

ケイ「アスカと僕でやるのでいいです。」

舞「仕方ない!デストロイっ!」

舞のデストロイにより、全員のHPが1000ずつ取られ、腐食ブレスにより、京介の偽者は消滅。
しかし、神沢ロボは避けていた。

京介の復活まで、あと25分!

続く(いや早くね?)

133:岡子◆qw 第2問!思い出した声の温もりに:2016/08/16(火) 22:21 ID:nTY

もう全員が京介の偽者を倒せば良いのに……(´・ω・`)

134:ジョン・スミス◆M72:2016/08/16(火) 22:52 ID:WeE

>>133それだと神沢に殴られるし、京介の攻撃力は相当高いからケイが喰らったらすぐやられる。
だからデストロイになったし、後イベントならデストロイ使っても問題はないと思うw

135:美羽◆Jc:2016/08/17(水) 11:37 ID:4q2

久しぶりに来た!でも読むの大変…

136:岡子◆qw 第3問!握りしめた手が何か言う:2016/08/18(木) 12:50 ID:nTY

あはは…

137:ジョン・スミス◆M72:2016/08/25(木) 15:22 ID:WeE

続き

神沢ロボ「さて、ここで謎魔法です。」

舞「え”!?」

問題
このなかで一番強いのは死神です。
では、二番目に強いのは?
@口裂け女
A人面消しゴム
Bスネークブックロ

アスカ「問題にならない!」

アスカの一言で、全員、問題にならないと答えた。

神沢ロボ「ほう。これは凄い。よく当てられましたね。」

ケイ「頭脳戦と通常戦の二つがあるから問題にならないか。」

杉浦「アスカ、よくやったな。」

神沢ロボ「なら、これはどうでしょう。水魔人デロリ!」

水魔人デロリが地面から現れ、杉浦を包み込もうとしたが、杉浦は爆炎槍のため、水魔人デロリを一気に焼き払った。
神沢ロボは、スネークブックロを呼び出した。

朝霧「眼鏡メティオ!」

朝霧の魔法、眼鏡メティオと、杉浦のめった刺しで、スネークブックロは消え去った。
神沢ロボは、今度はスリーセブンマンを呼び出した。

杉浦「・・・・・・・・・・」

杉浦は一気に顔が真っ青に。
朝霧が、落ち着いて倒した。
神沢ロボは、自分で戦いたくなくなったのか、キツネ面の女の子を。
杉浦が、全力刺しで削り、舞のダークヒール。
カウンター効果を見破りキツネ面の女の子も倒し、さらに現れたのはゾンビマン。

ゾンビマンは、杉浦の槍を盗んだが、アスカのスキルにより取り返され、ケイの攻撃で消えた。

太一「自分で戦うのが嫌になったすか?もしかして神沢ロボも神沢も弱いんじゃないんすか?本当はモンスターに頼りたいだけっすね!」

神沢ロボ「そうですか。では、ジスト!」

ジストが出てきて、舞を攻撃しようとしたが、太一に鎌をはじかれ、朝霧が胴体を突き刺し、アスカが鎌を奪い、ジストに突き刺した。

そこから、コンティニューした京介が出てきて、二刀流で神沢ロボを一気に切り裂いた。
ケイのドーピングにより、攻撃力が格段に上がった京介は、どんどん斬っていく。

神沢ロボ「出てきなs」

太一「居合い、一刀両断っす!」

太一が居合いをかまし、杉浦が、全力刺しを。
そこに舞が攻撃。
朝霧も舞に続き、眼鏡メティオ。
そこにアスカとケイの攻撃。
京介が、踏み込みを放ち、神沢ロボのHPを格段に削れた。
神沢ロボのHPはもう30に。
しかし、杉浦、太一、朝霧、京介は特技の放ちすぎで硬直に。

舞は、ダークヒールで回復。
アスカとケイが、一気に走り、神沢ロボを攻撃し、神沢ロボを倒した。
神沢ロボを倒したら、クリア申請用の水晶が。
全員クリア申請し、現実世界に帰って来た。

杉浦「やっと終わったな・・・・・・・」

朝霧「フ、フルップリン飲まないと・・・・・・」

太一「僕もボロボロっす〜・・・・・」

京介「死ぬかと思ったな・・・・・」

舞「もう理不尽すぎだよ〜」

アスカ「もうこりごり・・・・・・」

ケイ「ゼーハーゼーハーゼーハー」

続く(疲れた!眠い!)

138:ジョン・スミス◆M72:2016/09/22(木) 13:39 ID:WeE

このスレ全然書き込まれてないッ!
ちなみにオンライン!の二次創作はもうこれとかで三本かぁ。

@オンライン!に京介と奈流が入った二次創作だったな。レベルが明らかにおかしかったけど。
Aここで書いたね。京介も奈流も登場したけど、レベルが明らかにおかしかったなw
B何でもコラボさせてね!というスレでキリトがナイトメアをやるという小説だったなぁ。

139:岡子◆qw (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/09/22(木) 14:59 ID:hl2

おっと、ここを忘れてた……

140:AKARi◆e4I スマホから〜(^^):2016/10/09(日) 10:04 ID:wjw

私も忘れてた!(-.-;)y-~~~(いちおースレ主)

141:美優◆Jc:2016/10/09(日) 16:06 ID:4q2

私も久しぶりに来たなー…

142:岡子◆qw:2016/10/09(日) 17:18 ID:hl2

>>140
スレ主が忘れてんの⁉

143:AKARi◆e4I:2016/10/09(日) 17:38 ID:wjw

>>142あ、あはは…。(ー ー;;;

144:AKARi◆e4I:2016/10/10(月) 08:58 ID:wjw

すっかり忘れてました☆

145:岡子◆qw:2016/10/10(月) 14:55 ID:hl2

私はたとえ誰も来てくれへんくても、自分のスレのことは忘れへん!

146:AKARi◆e4I:2016/10/10(月) 19:42 ID:wjw

>>145おお〜!スレ主の鑑(*☻-☻*)
私の残念過ぎる記憶力…。・゜・(ノД`)・゜・。

147:美優◆Jc:2016/10/11(火) 19:09 ID:4q2

>>145おおー!Σ(*´◯`ノ)ノかっこいい❗
>>147そんなことないよ!

148:紅漓◆e4I 元AKARiでーす!:2016/10/15(土) 11:32 ID:wjw

ネタ無いけどとりまあげる^ - ^

149:岡子◆qw (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/10/15(土) 14:21 ID:hl2

>>146
鏡のところの絵文字可愛い( ☆∀☆)

>>148
やはりここもあげてたか

150:美優◆Jc:2016/10/15(土) 15:35 ID:4q2

>>148あ、ここもあげてたんだw

151:紅漓◆sp2:2016/11/09(水) 18:19 ID:wjw

このスレがめっちゃ下に…w

152:蒼空◆Jc:2016/11/09(水) 21:35 ID:4q2

>>151あはは…


書き込む 最新10 サイトマップ