カノキド小説+@ 2〜!!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:IA :2016/10/12(水) 19:14 ID:c2.

そもそもカノキド中心のカゲプロ小説を書いていきまっす!

「カノキド小説+@」にいた人は来てね〜!
新しい人もバンバン来てね〜!

2:パピッピー:2016/10/12(水) 21:11 ID:Udo

あ!来れましたーーーー!

3:IA :2016/10/12(水) 21:17 ID:c2.

わあぁ〜〜〜〜!!
来たぁぁぁ!!ハロー!

4:パピッピー:2016/10/12(水) 21:38 ID:Udo

向こうの私が寂しいです!

5:桜:2016/10/12(水) 22:46 ID:WuY

私も来れました!!

6:柚菜:2016/10/12(水) 23:50 ID:92k

きゃっふぅー!きたぜ!こっちでもよろー

7:フィンスターニス:2016/10/12(水) 23:55 ID:4E.

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
こっちでもよろしくっ(*`・ω・)ゞ

8:ミナズキ:2016/10/13(木) 00:00 ID:4E.

ごめんなさい、名前こっちから変えます!
ちなみにフィンスターニスです!

9:柚菜:2016/10/13(木) 00:03 ID:92k

じゃあ、ミナでいいかな?

10:ミナズキ:2016/10/13(木) 00:08 ID:4E.

ハイ!
全然OKですよ!

11:柚菜:2016/10/13(木) 07:02 ID:92k

ありがと!

12:パピッピー:2016/10/13(木) 07:34 ID:Udo

みんな来たんですね!あの、私も『ミナ』さんでいいでしょうか?

13:ミナズキ:2016/10/13(木) 16:38 ID:4E.

返信遅くなってごめんなさい 学校行ってました

はぃ!皆さんなんとでもお呼びください!

14:IA :2016/10/13(木) 18:57 ID:c2.

ミナちゃん❤❤←カノ風笑笑

15:柚菜:2016/10/13(木) 19:34 ID:92k

み、ミナっ!←マリーちゃん風?w

16:IA :2016/10/13(木) 19:53 ID:c2.

ミナ。(キリッ←キドさん笑笑

17:柚菜:2016/10/13(木) 20:05 ID:92k

え、えーとじゃあ

ミナさんっすか?(セト風!www

18:パピッピー:2016/10/13(木) 20:36 ID:Udo

ミナさんよろしくです!(モモ風!www

ところで、皆さんは『ヒビヒヨ』と、『ヒビモモ』どっちが好きですか?

19:パピッピー:2016/10/13(木) 20:38 ID:Udo

私の周りは、『ヒビヒヨ』派ばっかです

20:IA :2016/10/13(木) 20:55 ID:c2.

ヒビヒヨかなぁ……
ヒビヤとモモだったら、モモヒビの方が好きかも笑笑

21:桜:2016/10/13(木) 20:58 ID:WuY

私もヒビヒヨが良いです。
IAさんと同じでヒビヤとモモだったらモモヒビが良いです!!

22:柚菜:2016/10/13(木) 21:17 ID:92k

断然ヒビヒヨ!でも、ももちゃんがフリーになっちゃうから超「どしよ…」ってなるwww

23:みゆき◆zc:2016/10/13(木) 21:36 ID:9Rw

久しぶりです!
そしてミナヅキさんはじめまして
姉のせいでインターネットが繋がらなくて、これてませんでした(><)

24:柚菜:2016/10/13(木) 22:48 ID:92k

みゆきー!!!おひさだね!

25:みゆき◆zc:2016/10/13(木) 23:02 ID:9Rw

ひさしぶり!
バカな姉が3DS蹴飛ばしちゃって、インターネットが繋がらなくなってさwww
もちろん私が姉の手をおもいっきり踏んだだけで終わったんだけどねw
明日小説更新するね!
下書き?というかネームみたいなの私書かない人だから、文がすごく変だけど、お許しください<○>

26:IA :2016/10/13(木) 23:46 ID:c2.

大丈夫!
私もいっつもそうだから笑笑
楽しみにしてるよ〜〜〜〜!!!!

27:桜:2016/10/14(金) 01:08 ID:WuY

私も楽しみにしてます!!

28:みゆき◆zc:2016/10/14(金) 23:30 ID:9Rw

続きです





キド視点
肩を強く揺さぶられる感覚で目が覚めた
目の前にはカノがいた
カノがふざけた口調で俺に質問をしてきた
(この辺何て書いてたか忘れたので、あやふやです(><)すみません<○>)
あ、やだ
お姉ちゃんのこと…
思い出したくない
あぁ…
なんで?
なんで?
なんで皆死んでしまったんだよ
なんで?
ねぇなんで?
なんで俺だけ生き残ってしまったんだよ
なんで…
「なんで…
 なんでなんでなんでなんでなんで
 あぁ…
 あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
苦しい
辛い
頭がガンガンする
薄れていたうしろめたさがよみがえる
「ち、ちょっとキド?大丈夫?ねぇ、
 キド?キド?」
あ、ぁぁぁぁぁぁぁ
「カノ…カノ…」
俺はもう、不安定な状態だった
苦しい
苦しい苦しい苦しい苦しい苦しい苦しい
助けて






夜遅くに駄作をすみません<○>
すみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみまs((

29:桜:2016/10/14(金) 23:49 ID:WuY

み、みゆきさん!!
謝らなくて良いですよ!!
後、続きが気になります!!

30:IA :2016/10/15(土) 12:26 ID:MMs

うわあああああ!!!!!
みゆき、小説素晴らしすぎる!
続き早くカモーン!

31:みゆき◆0a6 スマホが治ったのでスマホから来てます:2016/10/15(土) 17:02 ID:9Rw

えっと、みゆきです!
スマホが治ったのでスマホから来てます!
トリップ?はテストなんで違いますけど…
家では3DS、外ではスマホから来ようと思ってるんで、たまにID違っても私なので、安心してください!

32:みゆき◆0vc スマホが治ったのでスマホから来てます:2016/10/15(土) 17:08 ID:9Rw

テストです

33:みゆき◆kzc スマホが治ったのでスマホから来てます:2016/10/15(土) 17:09 ID:9Rw

テストです(ФωФ)

34:みゆき◆kzc 外なのでスマホから来てます:2016/10/15(土) 17:45 ID:9Rw

続きです










カノ視点
「なんで…
 なんでなんでなんでなんでなんで
 あぁ…
 あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

なに?え?なに?
キドは頭を押さえながら叫ぶ
なんなの?え?
「ち、ちょっとキド?大丈夫?ねぇ、
 キド?キド?」
なになになんなのさ
もしかして僕があんな質問したから?
どうしよう
どうしよう
「カノ…カノ…」
キドが涙目で見つめてくる
あぁ、もうどうしたらいいんだよ!
一度髪をぐしゃぐしゃと乱しながら目を一度とじ、もう一度目を開く
そして、開いた僕の目に写ったのは












姿の透けたキドだった

35:桜:2016/10/15(土) 18:12 ID:WuY

続きがそても気になる!!

36:桜:2016/10/15(土) 18:14 ID:WuY

「とても」が「そても」になっていました、すいません!!

37:IA :2016/10/15(土) 19:51 ID:MMs

大丈夫だよ!素晴らしすぎ!!
続き早くカモーン!(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

今日、アニメイトっていうところにいってきて、
カゲプロのクリアファイルとキーホルダーを買ったよ!
カゲプロコーナーが少なくなったなぁ……( ´△`)

38:ミナズキ:2016/10/16(日) 01:05 ID:4E.

でも、またカゲプロコーナー出来ると思う
今年の11月4日あたりに映画あるらしいから

39:IA :2016/10/16(日) 09:31 ID:MMs




ええええええええええええええええええええええ!!!!???



映画あああああああ!!?

40:みゆき◆kzc 外なのでスマホから来てます:2016/10/16(日) 09:36 ID:.ag

映画楽しみですよね!

41:IA :2016/10/16(日) 10:25 ID:MMs

はじめて知った!
いかなきゃ!!

42:柚菜:2016/10/16(日) 11:09 ID:92k

1000とったでー!

43:ミナズキ:2016/10/16(日) 13:28 ID:4E.

1000行きましたね〜

そういえば皆さんゲームとかします?もしやってたら何のゲームか教えてください!

44:IA :2016/10/16(日) 17:34 ID:MMs

柚菜1000おめでとおおおお!!!

ゲームは、デジタルの方だと、太鼓の達人とか好きだよ!
カゲプロ曲やりまくるぜ!

アナログだと、鬼ごっことかかなー……

45:IA :2016/10/16(日) 17:39 ID:MMs

あ、今日、メカクシティアクターズの、6話みたさ!
最終回のやつね! あああああああ!めっちゃ凄かった!
中二臭かったけど、キドさんカノさんがあああああああ!
今、幸せ過ぎて死にそうだわ!
でも、カゲプロ曲って、サマータイムレコードで終わっちゃったのかな?

46:ミナズキ:2016/10/17(月) 00:22 ID:4E.

┓(゚〜゚)┏さぁ 私もよく分かりません(´・ω・`)

ゲームは特にスマブラ、太鼓の達人、レイトン教授、ファイアーエムブレム、SAO、キングダムハーツ、その他色々です!

47:柚菜:2016/10/17(月) 19:25 ID:92k

>>45
どーなんだろ〜ねー…あ、あと小説はあと一巻で終わりらしいよ!

48:ミナズキ:2016/10/17(月) 19:58 ID:4E.

らしいですね というかゲームの自慢みたいになってしまってごめんなさい!(。>ㅅ<。)💦sorry…

49:IA :2016/10/17(月) 20:03 ID:Ohc

小説の方はチェックしてないなー…
でもあと一回で終わりか…
小説の方チェックしてる人どんな結末か教えて〜!

50:柚菜:2016/10/17(月) 20:14 ID:92k

おーけ!

51:IA :2016/10/17(月) 20:59 ID:Ohc

あああああああ
めっちゃ、映画見に行きたいけど、
4Dって高そうだし、親に言いにくいし、見に行くとしてもDVD出たら、どっち道買うし、でも、新曲とかしづさんとか言われたら見に行きたいしあああああああああああああああああああああっ

52:IA :2016/10/17(月) 21:45 ID:Ohc

と思ったら、北海道では見れないらしい……ガックリ

小説って8巻で終わり?

53:ミナズキ:2016/10/17(月) 23:31 ID:4E.

多分8巻で終わりだと思います!

54:IA :2016/10/18(火) 19:22 ID:Ohc

ありがとー!
明日小説続き書く!

55:柚菜:2016/10/18(火) 19:29 ID:92k

ほんとかなしぃ!

56:桜:2016/10/18(火) 19:30 ID:WuY

明日が楽しみです!!

57:柚菜:2016/10/18(火) 19:42 ID:92k

>>56
それな!

58:IA :2016/10/18(火) 19:51 ID:Ohc

期待しないでぇぇ!!

今日、てかついさっき、カゲプロトークってアプリをダウンロードした!
カゲプロトーク、やってる人いない?

59:ミナズキ:2016/10/18(火) 23:47 ID:4E.

いやいや、期待しちゃうよ 上手なんだからさ!

カゲプロトークはやってないなぁ なんかごめん

60:桜:2016/10/19(水) 19:08 ID:WuY

誰かいませんか……?

61:IA :2016/10/19(水) 19:45 ID:J8w

いるよ〜!
カゲプロトーク、興味あったらやってみて!

62:桜:2016/10/19(水) 20:09 ID:WuY

IAさん!!
はい!今度やってみます!!

63:IA :2016/10/19(水) 22:43 ID:J8w

オッケー!始めたら教えてー!
あと、小説は、今日時間なくて無理だわ…
本当ごめん!←スライディングドゲザ
明日絶対書く!本当ごめんなさい!

64:桜:2016/10/19(水) 23:31 ID:WuY

はい!初めたら言います!!
後、大丈夫ですよ、IAさん!!
明日が楽しみです♪♪

65:柚菜:2016/10/20(木) 07:12 ID:92k

>>63おーけい!今日だね!

66:IA :2016/10/20(木) 08:39 ID:J8w

遅くなってごめんね!
続き!

「キド。

僕はもう 欺かない。

だから…… 僕の本当の気持ち聞いてくれない?」


カノの顔は真っ赤だったが、俺から目を離さず、
まっすぐこちらを見つめていた。





「君の事が好きだ。



付き合ってほしい。」






「………………はい。」



とたんに抱き締められた。

大好きなカノの匂い。

自分とはすこし違う感触。

胸がはち切れそうなくらい心臓がなっているのに、
それすらも気づかないくらい、
カノを感じていた。


「大好きだよ。キド。」

いつもの人を喰ったような笑顔ではなく、
優しい、優しい、本当の笑顔。


「わ……私もだ………」


カノは、強く強く、でも、
柔らかく、抱き締めてくれた。





あはははははは…妄想乙とはこの事だな……はは…
駄文マジで失礼しました。
続きちょっとだけあるぜー
私の駄文なんて読みたくねーよとか
言わないでねー笑

67:桜:2016/10/20(木) 13:39 ID:WuY

IAさん……すいません…。
カゲプロトーク…できませんでした…
親「そんなのやって何のためになるの
と言われまして…すいません!!
できませんでしたぁぁぁ!!ドゲザorz

68:IA :2016/10/20(木) 14:28 ID:J8w

わあああああああ!
桜ちゃんごめんね!!
私のせいで怒られちゃって!
ごめん!本当ごめん!!

69:桜:2016/10/20(木) 14:48 ID:WuY

IAさん大丈夫です!
怒られるのは慣れてますから!!

70:IA :2016/10/20(木) 15:42 ID:J8w

ごめんね!本当ごめんね!!!
怒られたら私のせいにしていいから!
本当ごめんね!!!

71:柚菜:2016/10/20(木) 16:29 ID:92k

>>66さいこー!!むっちゃやばい!

72:IA :2016/10/20(木) 17:58 ID:9Ns

柚菜ありがとー!

73:IA :2016/10/20(木) 18:56 ID:9Ns

誰かいないー?
クッソ暇い!

74:桜:2016/10/20(木) 19:32 ID:WuY

います!!私も暇です!

75:IA :2016/10/20(木) 19:59 ID:9Ns

今日ね、何故か学校休みで、
やることなくて暇だったんだよねー!

76:桜:2016/10/20(木) 20:13 ID:WuY

休みだったんですか!!ウラヤマシイ
私は学校ありました……。シクシク

77:匿名さん:2016/10/21(金) 18:05 ID:WuY

……あの〜…誰かいませんか?

78:桜:2016/10/21(金) 18:07 ID:WuY

↑↑
あっ名前を出すの忘れました!!

79:IA :2016/10/21(金) 18:28 ID:9Ns

でも、学校いかないはいかないで暇だよー笑

80:柚菜:2016/10/21(金) 18:30 ID:92k

wwwあ、もしかしたら小説更新…がんばる!

81:IA :2016/10/21(金) 19:02 ID:9Ns

ガンバ!!

82:ミナズキ:2016/10/21(金) 19:46 ID:4E.

なんか放置してしまってごめん!
私も学生だから昼の間は書き込めないんだよね〜

83:IA :2016/10/21(金) 22:09 ID:9Ns

私もだよー!
部活あるから朝から7時の間は来れないわ、
北海道って冬日ぃ沈むの早いのに7時まで部活とか終わってるわ笑笑

84:パピッピー:2016/10/22(土) 09:29 ID:Udo

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…!
まったくこれませんでした〜……T^T

85:パピッピー:2016/10/22(土) 09:39 ID:Udo

続きカノキド小説+@の方で終わっちゃったんですがこっちで書いていいですか?

86:IA :2016/10/22(土) 10:56 ID:lP.

いいよ!!書いて書いて!!

87:パピッピー:2016/10/22(土) 13:24 ID:Udo

小説 170あたりだったと思います!バッドエンドでーす
続きです


キド視点

よし、もうそろそろ帰るか…

「じゃあ、俺帰るな」

カ「ん?あぁ、そうだねじゃあ!」

_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:数日後:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:


今日は、なんだか家の中で使用人達がバタバタしてた。
今日も誰か知らない人が来るのか…

「嫌だな…」

なんなんだよ…全く…こんな家に、引き取られるなんて…

「はあ…まぁ仕方ないといえば、仕方ない…か」

なんか、焦げ臭い匂いがしないか…?

〈ガチャ…

お姉ちゃん?

姉(凛)「つ、つぼみ!ゴホッ…こっちだ!」

「え?」

何が起こって…

姉「早く…!」

「え、あ!うん」

姉「あっちに…」

ど、どうしよう…
お姉ちゃんが苦しそう…

姉「さっさと行け!つぼみ!」

「でも…!」

姉「早く」

行かなくちゃ…

〈タッタッタッタ…

「ハー…ハー…お、お姉ちゃん…」

〈ピーポー…ピーポー…

救急車…
…お姉ちゃん!

「お姉ちゃん!」

急「妹さんですか?では、ご一緒に来てください」

「は、は…い」

生きてるよな…いや絶対生きてるって…
大丈夫…大丈夫…
俺は、自分に言い聞かせるように、何度も心の中で言い続けた。


切ります!

88:パピッピー:2016/10/22(土) 13:26 ID:Udo

なんか、駄作の予感がしてきました…

89:IA :2016/10/22(土) 19:40 ID:lP.

やばやばやば!パピッピー小説ヤバすぎ!
めっちゃ面白い!早く続き!

90:IA :2016/10/23(日) 11:47 ID:lP.

部活から帰ってきた!
今日はこれからPTA企画、ボウリングに行きまーす!
ってどうでもいいッスね、はい

91:パピッピー:2016/10/23(日) 11:51 ID:Udo

続きです〜


カノ視点

僕は、キドと初めて会った石の上に座っていた。
キド…どうしたんだろう?
最近キドが来なくなった。
毎日来ていたのに…いきなりこなくなっちゃった…
病気?それとも…結婚…とか

「ウッ…」

いやいやいや、そんな素振り一度も見せなかったし違うよね。
そしたら…風邪かな?
キドの家見に行ったら、迷惑かな…
でも心配だし…行こうかな?

〈パコンッ…パコンッ…

「え…?これ…どうなって…」

僕の目の前にあったのは、黒く焦げた瓦礫たちだった。
僕は最悪な状況の絵が浮かんだ。

「まさか…キドは、死……違う…!大丈夫…大丈夫…生きてるって」

僕はずっと、「大丈夫」を言い続けていた。

キド視点

〈ピッ…ピッ…

無機質な機械の音がお姉ちゃんの鼓動と共に鳴っている

「起きて…起きてよ…お姉ちゃん…」

俺は、もう3日近くこうしている。
カノ心配してるかな…

エ「あの…お嬢様…一度きちんと寝ていただかなくては…お姉様もきっと、そう言うはずです。」

そうだ…これで、お姉ちゃんが起きてもきちんと、お迎えできない。

「う、ん…」

エ「そこで、私に一つ提案が…」

「提案?」

エ「はい。~…~、~~…~.」


切るよー!

92:IA :2016/10/23(日) 12:52 ID:lP.

うわあああ!何ナニ!?
うわああああめっちゃ気になる!!

93:パピッピー:2016/10/23(日) 13:48 ID:Udo

親のキャラは、適当に作っちゃってます。
続きだよね


「カノの…家に?」

エ「はい。知り合いの家ならお嬢様も安心できるかと」

「でも、お姉ちゃんは?」

エ「私が毎日連絡いたします」

なら大丈夫…て、それよりお父さんとお母さんの許可とカノの方の許可はどうなって…

エ「ちなみに、ご両親の許可は出ております。あと、鹿野家の方も…」

「ぇっ…」

エ「お嬢様の支度が整い次第出発いたします。」

どうしよう…
どうしよう、お姉ちゃん
行っていい?行かないほうがいい?

〈ピクッ…

お姉ちゃんの手が動いた。自分の手を押すように…

「行ってきます…」

俺は、支度を始めた。
と言っても、持っていた服は焼けてしまったので、日用品しか持たなかった。
出る前にと、お父さんがお金はいくらかもらったので、服の心配も無いだろう。

「行くか…」

玄関を出ると、馬車が停まっていた。

エ「お嬢様、お気をつけて。いってらっしゃい」

「行って…きます」

〈ガタッ…ガラガラ…

カノ視点

家に帰ろう…
このままじゃ、自分がおかしくなりそうだ…

母「あ!修哉‼ちょっと話があるの」

あんなわざわざ外に出て、大声出してどうしたのさ一体

「どうしたの?」

母「さっき、お電話があって何処何処のお嬢さんが来るんですって」

「どこの…」

僕は今それどころじゃない。
他の女の子なんt…

〈ガシャン…

母「あら、もう来ちゃったみたい」

〈カチャ…トコッ

この子…

?「これから…」

もしかして…

?「木戸つぼみです。」

「キ、キド⁉」

良かった…良かった良かった良かった!

「あぁ…良かった〜…」

キド視点

うわ!カノ⁉大丈夫か…?
とゆうか、親から聞いてなかったのかよ

母「ちょっ!修哉⁉…っていうかお知り合いだったの!」

このノリ…やっぱり親子なんだな

「あ、えっはい…何度かお会いしていました。」

母「えぇえ!まあ!修也にそんな子がいたなんて…んまぁ、でもそっちの方が好都合ね〜」

好都合?どういうことだ?

母「じゃあ、どうぞ入って〜…ほら!修哉立って!」

カ「あい〜…」

大丈夫なのか…?

「お、お邪魔します…」


切りましゅ!←シンタロー風

94:パピッピー:2016/10/23(日) 13:50 ID:Udo

あ、お父さんからお金をです。すみません

95:パピッピー:2016/10/23(日) 14:28 ID:Udo

続きです


カノの家…見るのも、入るのも初めて。
き、緊張するな…

カ「キド?大丈夫?」

「うわぁ!だ、大丈夫だ!多分…」

カ「フフッ…そんな緊張しなくても、母さんはあんな感じだし、敬語じゃなくても気にしないと思うよ」

いやいやいやそんな…

「いやいや、いきなり初対面の女が、「俺」だとか言ったら、引かれるどころじゃ済まないぞ…」

カ「まぁ、そうだねー。それよりキド?荷物少なくない?」

「あっいや…家が、」

カ「あぁー…うん分かった。」

わかった?
どうして…まぁ…気にしなくてもいいか…

カノ視点

焼けちゃって服がないのか…
ん?でも…一晩だけって、あれ?キドっていつまでいるんだ?

「キドっていつまで、ここに泊まるの?」

キ「いや…それが、よく分かってなくて…いきなり、『行きます』ってなって、『こっちにいる時は』って言われただけで…いつ帰るだとか…家がどうとかは全然言われてなくて…」

「へ、へぇ…」

キドも大変なんだな…

母「ああぁ!キドさんのお部屋どこがいいかしら」

「えっ決めてなかったの?」

母「んまぁ…いきなりだったし…」

キ「す、すみません」

母「いいのいいの!でもどうしましょう…」

キドの部屋ねぇ…
うちは空き部屋多いし、どこでもいいと思うけど…

母「あ!そうだ♡修哉の隣の部屋にしたら♡」

「「隣⁉」」

母「あら、嫌だった?」

僕は全然いいけど、キドは…

キ「い、いやじゃ…ない、です」

よっしゃ!って、おいおい馬鹿か僕は

母「ンフフッ…じゃあ、決まりね!」


切ります⁈

96:IA :2016/10/23(日) 16:51 ID:lP.

わああああああ!!!!!!!
最ツ高のシュチュじゃないッスかあああ!!
キドのお姉さん、カノのお母さん、よくやった……!
あああ!ヤバい!パピッピーの小説凄すぎて爆発しそうだ!
文才ありすぎだし!!
早く続き〜〜〜〜〜〜

97:パピッピー:2016/10/23(日) 17:19 ID:Udo

わああああああ!!!!!!!
ありがとうございます!がんばります!

98:パピッピー:2016/10/23(日) 17:26 ID:Udo

あの…>>38辺りで映画の話が出たと思うんですが、あの新キャラなんか危ない感じしません?

99:IA :2016/10/23(日) 17:33 ID:lP.

新キャラ出んの!?ちょっと調べて来る!

100:IA :2016/10/23(日) 17:40 ID:lP.

調べてきた!
女の子のやつだよね?

101:パピッピー:2016/10/23(日) 18:49 ID:Udo

お、女の子?あれ?男だったような…

102:パピッピー:2016/10/23(日) 18:51 ID:Udo

なんか、「作戦開始か〜良いねぇそれ」とか言ってたはずなんですが。

103:パピッピー:2016/10/23(日) 18:55 ID:Udo

調べてきました!えっと、キドが予告やってるやつに、新キャラの声が出ます!

104:パピッピー:2016/10/23(日) 21:12 ID:Udo

続きデイズ


キド視点

カノの隣の部屋か…俺的には安心できる位置ではあるけど…
カノはどうなんだか…
というか、カノって言っていいのか?ここカノの家なわけだし…

「カノ」

カ「ん?」

こういう時なんて言ったらいいんだ?
ん〜まぁ、ここは単刀直入に

「修哉って呼んだほうがいいのか?」

カ「な、ど…どうして?」

「いや、だってここはカノの家な訳で…その…えっと」

カ「ん〜…キドが呼びやすいようにしたら?」

「でも、そしたらカノのお母さんとかはどう呼べばいいんだよ…」

カ「母さんの呼び方ねぇ…」

カノのお母さんとは、少し言いにくい…

カノ母「ん?読んだ?」

カ「あ〜いや〜なんかキドが母さんをどう呼べばいいかって」
↑カカカカって並んでるw

どうしよう…好きにしてとか言われたら余計に悩むんだけど…

カノ母「それじゃあ…そうねぇ、『お母さん』って呼んでもらってもいいかしら」

「は、はい!」

勢いで、まあまあ大きい声がでちゃった…


切ります

105:IA :2016/10/23(日) 21:13 ID:lP.

あ、そうなの?
今日時間ないし、多分明日見れる!

106:パピッピー:2016/10/23(日) 21:13 ID:Udo

あの〜誰か…いませんか……

107:パピッピー:2016/10/23(日) 21:13 ID:Udo

同時…

108:IA :2016/10/23(日) 21:16 ID:lP.

いるぜー!
パピッピーの小説ヤバい!
1つ屋根のした&母さん呼びとかヤバすぎ!

109:パピッピー:2016/10/23(日) 21:17 ID:Udo

ありがとうございます!

110:パピッピー:2016/10/23(日) 22:52 ID:Udo

続きでーす


カノ母視点

この子少し目つきが悪いけれど、美人ね…あと、スタイルも良い。
礼儀正しいしあとは、家事が出来るかね…家事も完璧にできたら、何が何であろうと修哉とくっ付ける…!
それに♡あの感じからして、修哉の事気になっているようだし、難しくはなさそうね。
自然に自分達でくっついてくれたらいいのだけど…修哉シャイだし…私が構成してみせる…!
そして、もう私の作戦は、始まっているわ!

作戦1
修哉の隣の部屋にする

作戦2
「お母さん」と呼ばせる

作戦3
部屋を掃除させる。

ひとまずこれ位は慣れといてもらわなくちゃ…
フフッ…あぁ!私の未来に大きな輝きが…!

「さぁ!着いたわよ!ここがあなたの部屋。そういえば随分と掃除してなかったんだったわ…どうしましょうか…」

キ「あっ…お気になさらず。自分で掃除いたします。」

作戦どうり!

「あら、大丈夫?使用人に掃除させたっていいのだけれど」

きっとこの子は断るのが下手…
こう言えばきっと断れないはず

キ「いえ…大丈夫です。道具さえ用意していただければ、自分で」

修「母さん、お客に掃除さs…」

修哉は黙っててね〜…
作戦だもの♡


短いですが切ります

111:ミナズキ:2016/10/24(月) 00:32 ID:4E.

あの、しばらく来なくてごめんなさい!ちょっとこっちで色々あって・・・
そして100超えましたね!オメ━( ´∀`)━!!!!

112:ミナズキ:2016/10/24(月) 00:32 ID:4E.

あの、しばらく来なくてごめんなさい!ちょっとこっちで色々あって・・・
そして100超えましたね!オメ━( ´∀`)━!!!!

113:IA :2016/10/24(月) 07:34 ID:lP.

パピッピー小説サイコー!
ハハハハ!くっ付けくっ付け!!
そして100オメー( ´∀`)ー!!

114:柚菜:2016/10/24(月) 16:15 ID:92k

100おめー!そろそろ小説あげないとね…(忘れてる人、もう知らねーよって人さーせん…!)

115:IA :2016/10/24(月) 19:34 ID:lP.

覚えてるよ!
楽しみだ!柚菜の小説!
ワクワク(о´∀`о)

116:桜:2016/10/24(月) 21:02 ID:WuY

私も柚菜さんの小説楽しみです!!

117:みゆき◆zc お久しぶりです!and100おめでとうございます!:2016/10/24(月) 21:45 ID:9Rw

続きです!










キド視点
なんで?
なんでこんな風にならなくちゃいけないんだよ!
あぁ…
カノの顔を見ると、真っ青になってこちらを見ていた。
何か俺の顔についているのか?
そ、それともお、お化けとか!?
い、いや、怖くなどない!ま、まったく怖くなどないぞ!
で、でも確かめないとな
ぐ、具合でも悪いか、からかっているだけだろう
「お、おいカノ!どうした?か、顔が
 青いぞ?」
「ふぇ!?あ、うん、えと、な、なんでもないよ!」
俺が質問したとたんに肩をびくつかせ、不安そうな顔…というより、不思議そうな顔になった
なんなんだ?
俺になにか憑い…ついていると考えよう。うん。
とりあえず腕から見てみるかな




え?




なんだよこれ




体が…




透けてる?

118:IA :2016/10/25(火) 07:51 ID:lP.

お化け怖がるキドちゃんかわいい!
焦ってふぇ!?とか言っちゃうカノちゃんかわいい!
やっぱみゆきちゃんの小説面白いよ!!

119:パピッピー:2016/10/25(火) 14:15 ID:Udo

みゆき、柚菜
小説楽しみにしてます‼二人ともとても面白いので!(いい方)

120:パピッピー:2016/10/25(火) 14:57 ID:Udo

続きです


カノ視点

今母さんから、凄い睨まれたんだけど……怖っ!
これあんまり口出ししないほうがいいかも…後で何言われるか…
でも、今までのお客さんにこんな振る舞いしなかったし…
僕と同い年だから?それとも、キドの事気に入ったのかな?あるいは気にくわないのか…
母さんの考えてることってたまに分からなくなるんだよな〜

母「じゃあ、私も一緒に掃除するわ!修哉、道具取ってきて」

めんどくさ〜
まぁ、なんだかんだ言って取りに行くんだけど…
確かこの辺りに…

「あった…」

これから、キドと暮らすのか…
なんか、ちょっと楽しみ

「はい、持ってきたよ」

母「お疲れ!さあ、やるわよ〜!」

キ「あ、はいっ」

333333333833333333333333333333383333333333333

カノ母視点

なかなかね…
手つきも器用だし、隅々までしっかり掃除してるわ
でもまぁ、それぐらい出来て当然よ!
さてさて…掃除しながら聞き込み調査よ!

「ねぇ、キドちゃんはお料理は出来るの?」

キ「はい。料理は好きで、味に自信はないですが、よく作ります。」

料理はできるっと

「あらぁ、そうなの?じゃあ、今度うちで作ってもらえないかしら?」

肝心なんは味よ、味!
修哉にまずいものはとても食べさせられない

キ「ぇ…は、はい!ありがとうございます…」

「フフフ…そういえば、嫌いな食べ物ってあるかしら?」

嫌いな食べ物が多い女は、作る料理のレパートリーが少ない。
つまり、栄養バランスが偏る可能性がある…
さて、どう返す

キ「嫌いな食べ物…に、人参があまり得意ではないです…食べようと思えば食べれますが…」

「人参…」

人参…まぁ嫌いな人は多いけれど、食べれないわけではないならギリギリセーフね


切ります

121:パピッピー:2016/10/25(火) 18:59 ID:Udo

あの〜…誰かいませんかぁ?

122:桜:2016/10/25(火) 19:15 ID:WuY

い、います!!

123:胡桃◆2o:2016/10/25(火) 19:32 ID:c9.

い、入れてくださいっ!
カノキド大好きです!!

124:IA :2016/10/25(火) 19:34 ID:lP.

ヤッホーパピッピー!桜ちゃん!
いやーパピッピーの小説ヤバい!
最近さ、パピッピーの小説読むことが凄い楽しみになってる!
学校から帰る途中、パピッピーの小説、更新されてないかなー♪
って、凄い楽しみにしてるんだよ!

125:パピッピー:2016/10/25(火) 19:34 ID:Udo

続き〜で〜す



キド視点

怖…カノのお母さん何考えてるかわかんなくて凄い怖いんだが…
もしかしてこれ、「嫌いな食べ物なんてないです(^-^)キラッ」って気な感じで言ったほうがよかったのか⁈
うぅ…
ん?あのドアなんだ?トイレではないし…クローゼットはそこにある。
だとしたらこのドアは?

「あの…ちょっと聞いていいですか?」

カノ母「何かしら?」

「そこのドアって何ですか?」
__________________________________________
さあ!問題です!
このドアは一体なんでしょう!

やりたかっただけです。短い!

126:柚菜:2016/10/25(火) 19:35 ID:92k

どうぞどうぞ〜(*´ω`*)あ、かるーく自己紹介してもらったがいいのかなぁ?えっと、じゃあ小説は書く専門か読む専門かだけでもよろしく!

127:IA :2016/10/25(火) 19:35 ID:lP.

あ、新入りさん!
よろしくお願いいたします!

、、、で、えと、、、
名前なんて読むの?(^_^;)ゴメン

128:パピッピー:2016/10/25(火) 19:36 ID:Udo

ええええええぇぇぇえええぇぇえぇーーーーーーーーーー!
あ、あああああああありがとうございます!!!!!!!
すごい嬉しいです‼‼ありがとうございます!

129:柚菜:2016/10/25(火) 19:36 ID:92k

>>125え、うぅーん…秘密の物が置いてある扉!!www

130:柚菜:2016/10/25(火) 19:37 ID:92k

>>128お、おおおおちつけけけけけ!!!(さっきまで普通だっただろ)

131:IA :2016/10/25(火) 19:37 ID:lP.

パピッピー!小説サイコーだよ!
ドア、、、ドア、、、
あっ!どこでもドア〜!←キチガイ

132:パピッピー:2016/10/25(火) 19:39 ID:Udo

胡桃(こもも)さんであってますか?
柚菜
ちゃいます!
まじかよってなる感じのドアです

133:IA :2016/10/25(火) 19:43 ID:lP.

い、異世界への入り口、、、((最近中二病

134:とも猫:2016/10/25(火) 19:46 ID:UHE

いきなりすいません!私も入れてもらえませんか?orz 
名前:とも猫
性別:女
年齢:11才6年
誕生日:3月14日←ホワイトd(スイマセン)
好きなもの:カノキドhshs←
住みか:神奈川県
カゲプロは何でも好きです!=雑種

135:とも猫:2016/10/25(火) 19:51 ID:UHE

小説は書いたことないので書けないかもです!すいません

136:柚菜:2016/10/25(火) 19:52 ID:92k

えー?まじかよ…まじかよ…んー…わ、わからん…

137:柚菜:2016/10/25(火) 19:53 ID:92k

>>134.135どうぞ〜(^ω^)小説はかけても書けなくても大丈夫!!

138:桜:2016/10/25(火) 19:55 ID:WuY

えっと…
私は、桜と言います。
よろしくお願いします、とも猫さん!!

139:パピッピー:2016/10/25(火) 19:55 ID:Udo

正解含めて続きです!


〈ガチャ…

開いた…?
向こう側に人が?

カ「母さん?まだ終わんないの?あのさ〜これ、僕の部屋から手できたんだけど」

え?

カノ母「あぁ!なくしたと思ってたネックレス!」

カノがなんで向こうから出てくるんだ?
え…?まさか…まじかよ…

「え…」

カ「ん?キドどうかした?」

「そ、そそ、そっちの部屋って…」

カ「僕の部屋だよ」

カノ母「そう!ここの部屋と修哉の部屋は繋がってるの」

「えぇへぇぇ……」

驚きを通り越して変な声が出てしまった。

かの母「それじゃあ、ベットとかテーブルとか置いていきましょう」

カ「僕手伝うよ」

使用人「運んできました〜」

カノ母「ハァイ!お疲れ様〜」

:……:……:……:……:……:……:……:……:……:……:……:……:
「かわいい…」

カノ母「うん、いい感じね」


切ります

140:パピッピー:2016/10/25(火) 19:57 ID:Udo

とも猫さんこんにちは!こんばんは?
同い年ですね!よろしくお願いします!

141:パピッピー:2016/10/25(火) 20:17 ID:Udo

そういえば、私が今書いてるの「意味わかんねぇよ!」って人いましたら、カノキド+@の方の後半みればわかります!(適当)

142:IA :2016/10/25(火) 20:18 ID:lP.

わー!とも猫ちゃんもよろしくお願いします!
やべー!人増えてうれしい!

パピッピー小説サイコー!
部屋繋がっちゃってるとか、サイコーでしょ!

143:とも猫:2016/10/25(火) 21:01 ID:UHE

皆さんありがとうございます!実は私掲示板初めてで、今話せてるだけでもテンションが...
と、とりあえずほんの少ししかこれないかもだけどよろしくです。
あとできればタメがいいんですけど、おまえなんかにタメなんか...と思う人は言って下さい!

144:パピッピー:2016/10/25(火) 21:02 ID:Udo

9時だよ!続きやるぞ〜


次の日

『お姉様は、昨日と変わらない様子です』

お姉ちゃん…いつ起きるんだろうか…

「はぁ…」

しかし、今日はよく寝たなぁ
今は…6:30か…まぁ起きる時間としては丁度いいだろう
起きるか

〈ガチャ…

静か…まだ誰も起きてないのか?
いや、そんな筈は…
カノに聞くか……

〈コンコン…

…返事はない…か
というか、今6月っていうのに寒い…一旦部屋に戻ろう…

〈ボフッ…

あ…でも、この部屋からでも行けるのか…
ノック…いや、さっき返事をしなかったんだから、同じだろう…
入る…か

〈ガチャ…

「カ、カノ入るぞ…」

心臓がうるさいぐらいになってる…
この部屋やけに黒が多い。黒色好きなのか?
そ、それより…

「カ、カノ…」

カ「んん〜んぅう」

起きない。

「カノ〜」

カ「んみゃ、キドぉ〜?…………キ、キド⁉」

「うわっお、おはよう…」

カ「お、おはよう…えっと…これは夢?」

「違う。現実だよ」

カ「今何時…」

今…起きてからまぁまぁ経ってるし

「6:40位だ」

カ「まだ早いよ…」

「朝ごはんっていつなんだ?」

カ「ん〜…?んん〜…………」

「おい!」

カ「7:10位かなあ…」

7:10…結構遅いな…
着替えるか…確か、借りたのがあったはず…

「良し…」

〈ガチャ…

取りあえずリビングに…
えっと…こ、こっちだったはず…

〈カチャカチャ…ジャー…

あっ…ここだ。あってた…
今日の料理ってなんだろう

「お、おはようございます…」

?「ん?あぁ、おはよう。キドさんだよね」

「はい」

?「挨拶したほうがいいかな?えっと…僕は、九ノ瀬 遥コノハって読んでね」

「よろしくお願いします」

九ノ瀬 遥からなぜコノハになるのかよくわからないが、エネと似たようなものだろう。

コ「へへ…今日はね、トースト、コーンスープ、スクランブルエッグとかかな」


キリが悪いですが切ります

145:とも猫:2016/10/25(火) 21:06 ID:UHE


文章力が壊滅的なので許してやって下さいorz

146:とも猫:2016/10/25(火) 21:09 ID:UHE

うわあ〜↑の方向まちがえた〜すいません

147:パピッピー:2016/10/25(火) 21:52 ID:Udo

気にしてないので全然いいです!

148:ミナズキ:2016/10/25(火) 23:35 ID:4E.

\( 'ω')/ウオオオオオオアアアアアアアアアアアアアーーーーーッッッッ!!!スライディング土下座ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
ホント、マジで遅れてスイマセン!

149:ミナズキ:2016/10/25(火) 23:37 ID:4E.

新入りさん これからお願いします!
小5 11歳 ミナズキです!
そういえば皆さん住んでる所ってどこなんですか?
ちょっと気になります 良かったら教えてください!

150:パピッピー:2016/10/26(水) 14:42 ID:Udo

「No.0アヤノです。続きやる事になりました。見てくれると嬉しいです」←アニメの予告風


「おいしそうですね」

お腹も減ってきた。

コ「ありがとう。」

「あの…カノとか、カノのお母さんやお父さんなどは、いつ起きるんですか?」

コ「うーん…ご飯できて運んだらいる感じなんだよね〜。作っている時はいないのにいつの間にか」

「はあ…」

いい匂い…余計に食欲をそそる

コ「よし!出来た。キドさん運ぶの手伝ってくれないかな?」

「はい」

本当だ…さっきまでいなかったのに居る
カノのお父さん初めて見た

「えっと…おはようございます。」

カノ父「あぁ…おはよう」

お母さんとは反対に基本無口の人だな…

カノ母「はぁ〜あら…おはよう…早いわね…」

「おはようございます」

カ「ふぅぁ〜…おはようごひゃいひゃふ…」

「おはよう」

コ「どうぞ」

「「『いただきます」」」

カノ母「今日予定はあるの?」

「えっと…」

今日は…そうだ、服を買いに行くんだ

「服を買いに行こうかと」

カノ母「そう」

カノ母視点

食べ方も綺麗ね
ん〜…でも、昨日から気になって


短いですがキリマンジャロ

151:パピッピー:2016/10/26(水) 14:42 ID:Udo

私ば東京です。埼玉に近いところ

152:とも猫:2016/10/26(水) 16:12 ID:UHE

私は、書いたと思うけど神奈川県です!と言ってもけっこう田舎ですよ。

153:ミナズキ:2016/10/26(水) 16:16 ID:4E.

私は大分の方に住んでます!
東京(´。・v・。`)イイナァ 行きたい!

154:とも猫:2016/10/26(水) 17:18 ID:UHE

ミナズキさんとか、年下だけど関係なくタメ口でいいよ!
あと私もタメ口でいくね!←二回目
(勝手にすいません)

155:とも猫:2016/10/26(水) 17:22 ID:UHE

PS、できればともって呼んでほしい。
  (わがままですいません!)  

156:とも猫:2016/10/26(水) 18:47 ID:UHE

ひ、ひま... 
誰かいない?

157:IA :2016/10/26(水) 19:19 ID:jvo

ふおおおおおおおおおお!!
パピッピー小説サイコー!!
いいね!この疲れて学校帰ってきたら、小説が、更新されているという!
疲れ吹っ飛ぶわー

158:IA :2016/10/26(水) 19:23 ID:jvo

やー、みんな本州のほうかー!
北海道はなんもないからつまらんわー!
そして『とも』!
タメぉkだよー

159:とも猫:2016/10/26(水) 20:25 ID:UHE

IAありがとう〜
すごいさびしかった!

160:とも猫:2016/10/26(水) 20:31 ID:UHE

IA北海道...
いいな〜私なんて何にもない神奈川だよ。ツマラナイ

161:胡桃◆2o:2016/10/26(水) 22:34 ID:c9.

あ、そうですね、自己紹介させていただきます!

名前 胡桃(くるみ)
年齢 16歳
好きなキャラ キド
書いてもOK、読んでもOKです!書くと駄作になりますが…

よろしくお願いします!

162:みゆき◆zc:2016/10/26(水) 22:34 ID:9Rw

はじめましてのかたははじめまして!
みゆきと申します
中1 12歳
福岡に住んでいます!
よろしくお願いします!

163:ミナズキ:2016/10/26(水) 23:01 ID:4E.

福岡に住んでるんですか!?意外と近いかも・・・
大分に住んでるミナズキです!
ミナって呼んでください!

164:ミナズキ:2016/10/27(木) 14:09 ID:4E.

誰か居ませんか〜?

165:パピッピー:2016/10/27(木) 14:56 ID:Udo

ミナさーんいます!暇人がここに!

166:パピッピー:2016/10/27(木) 16:02 ID:Udo

「No.1キドだ。続きをやることになった。つまらない内容になるかもしれないが、どうなんだろうな」



昨日から気になっていたけど、どうもキドちゃんって敬語がぎこちないのよね〜…
普段はどういう喋り方なのかしら?

修「それじゃあ、僕と一緒に行こうよ。ここら辺わかんないだろうから」

キ「ありがとう」

チャンス!
修哉とは前からあっているみたいだから、きっとタメ語よね
でもどうしましょう?
後を追うっていう手もあるけど…バレるかも…
修哉の持ち物に、盗聴器つけちゃおうかしら

「ごちそうさま」

キド視点

カノのお父さんって本当に、必要なこと以外喋らないんだな…
こういう時って話を持ちかけたほうがいいのか?
わからん…
まだ、16歳で人生経験も浅いんだから当たり前だ!俺を責めるな〜…!

「ご、ごちそうさまでした…」

あっ…コノハさん

「美味しかったです。ごちそうさまでした」

コ「持ってきてくれたんだ!ありがとう。お昼も楽しみにしててね」

「はい。楽しみにしています」

出かける準備しなきゃ…
えっと…まず財布だろ?あとカバン…携帯それくらいか…あっイヤホン持って行こう

カノ視点

キ「ごちそうさまでした…」

うわ…気まずい。
父さんと二人きりだなんてたまったもんじゃない…

父「修哉…」

最悪

「なに…」

父「お前は、あの子の事をどう思っている」

「別に…僕がキドのことをどう思ったって父さんには関係ないじゃん。ごちそうさま」

僕は父さんの顔も見ずに自分の部屋へ向かった。
全くなんなのさ…僕はキドのことなんて何とも思ってない。

『本当に?』

キドはキドで僕は僕…関係ないさ…

『嘘だろう?』

嘘なわk…

キ「カノ…!準備できたぞ」

キドもう準備できたんだ

「うん。僕も準備してくるよ」

キ「早くしろよ」

「はーい」

キ「ほらほら」

キドの笑顔…

《 ドゥクン…

なん…だよ今の…
僕は…もしかして……ち、違う…!
僕はそんな事…!初めての友達だから、だから違う‼

『それも嘘だろ?』

カノ母視点

よし!
修哉の携帯のカバーの中にセット完了!←いろんな時代が混ざってます。
じゃあさよなら〜

〈ガチャ…

これリアルタイムで聞けるんだからたいしたもんよね
さてさて…


切ります

167:パピッピー:2016/10/27(木) 16:50 ID:Udo

空白ってどうやったら使えるんですか?あと、細いカタカナのやり方もよく分かんなくて…
カタカナ←✖

168:とも猫:2016/10/27(木) 17:16 ID:UHE

細いカタカナは私もわかんない。
私はPS3からやってるから空白はできるけど...

169:パピッピー:2016/10/27(木) 19:15 ID:Udo

いや〜…[空白]って押す場所はあって、 押しても書き込むとなくなってるんですよ。

170:パピッピー:2016/10/27(木) 19:16 ID:Udo

私は、タブレットから来てます。(親の)

171:とも猫:2016/10/27(木) 19:23 ID:UHE

いいな〜私なんてリビング固定のテレビからだよ

172:パピッピー:2016/10/27(木) 19:24 ID:Udo

でも、テレビって大画面でいいじゃないですか

173:とも猫:2016/10/27(木) 19:28 ID:UHE

でも親とか兄に言ってないから、バレないようにするの大変だよ。

174:とも猫:2016/10/27(木) 19:32 ID:UHE

はっ兄が沖縄から帰ってきた!
修学旅行で4日間いなくてヒャッホーだったのに...

175:パピスピー:2016/10/27(木) 19:32 ID:Udo

あー…って!お兄さんがいるんですか⁉一緒です!何才年上ですか?

176:パピッピー:2016/10/27(木) 19:33 ID:Udo

パピスピーって誰だよ……(T_T)

177:とも猫:2016/10/27(木) 19:35 ID:UHE

5才上で、高2!
そして...双子!!

178:とも猫:2016/10/27(木) 19:37 ID:UHE

といっても似てないよ
二卵性だから
みんなは似てるって言うけど

179:とも猫:2016/10/27(木) 19:42 ID:UHE

修学旅行にいってたのは、いちばん上の兄
双子の弟の方は10月の始めにやっぱり沖縄w

180:とも猫:2016/10/27(木) 19:54 ID:UHE

パピッピーのお兄さんは何才年上?

181:パピッピー:2016/10/27(木) 20:21 ID:Udo

「No.2セトっす!へ?続き…?そんなことよりみてくださいよ!この大自然‼」



玄関に向かってるわね…んん⁈

『おま…のお父さん…て無口…人なんだな…』

ちょっと途切れててよく聞こえないわ…
ん〜…コレでいくかしら?
よし!OK!

『僕は父さんのこと嫌いだよ…あんな人…』

『な…!何があったか知らないが、元気出せよ…』

『そうだね』

《ガチャ…

『まぁ…俺もお前の気持ちわかる気がする』

お、俺‼ま、まさかあんな子が…!
世の中見た目だけじゃ何もわからないわね…改めて思い知らされたわ……

『俺…お父さんの不倫相手の子供…なんだよ…』



『え?』

『それで…まあ、もちろん不倫相手の子供なんて愛されなくて…親なんて嫌いだった。』

『こっちに来た理由だが…それから、ついこないだ姉が結婚して…それで、俺も結婚しろって騒がれてな…嫌になって、家飛び出したら、カノに会って。しばらく経って姉が相手の家に行く前の時に火事があって…こっちに来たって感じだな』

『キドも大変だね』

キドちゃんにそんなことが…

カノ視点

まあ、僕が他人事のようにも言えないけど…

「あっ…!そこの店だよ」

キ「以外と近いな」

?「あそこにいるの王子じゃない⁉」

?「え⁉どこどこ⁉」

?「王子ってあの修哉様⁉」

うわ…ヤダヤダ関わりたくない…

?「ちょっと誰?アイツ」

?「あの隣にいる奴?」

?「誰なの⁉何様のつもりよ」

キドを嫌ってるのか…

キ「カ、カノ…帰っていいぞ?ほ、ほら店の位置もわk…」

?「「「はぁーーーー‼」」」

うるさ…

?「何馴れ馴れしく話してるの?」

?「ね〜…いこいこ!」

キ「ヒッ…じ、じゃあな!」

ちょっと置いてかないでー!

「ちょっと!ダメダメ!ほら、キドの似合う服選んであげるから!」

?達視点←これ以降出てこないと思います。

A「ねえ、今の聞いた?」

B「今の『似合う服選んであげる』って奴でしょ」

A「そうそれ」

C「でも、この間のパーティーでは決まってなかったし、ニュースにも流れてないよね」

A「意味わかんない」



切りまする

182:パピッピー:2016/10/27(木) 20:22 ID:Udo

5歳です!5歳上です‼高2!一人ですが

183:IA :2016/10/27(木) 20:47 ID:jvo

うわあああ!いいなああああああああ!
お兄ちゃんほしいわー!
あと小説ヤバい!
毎度毎度素晴らしすぎるよ!
学校での疲れが吹っ飛ぶわー笑

>>197
こーゆーやつ?→オハヨウ みたいな笑

184:パピッピー:2016/10/27(木) 20:51 ID:Udo

そう!それです!ヤリカタワカリマセン

185:胡桃◆2o:2016/10/27(木) 20:57 ID:c9.

パピッピーさんの小説、読みやすくて楽しくていいですね!
更新期待してます!

186:パピッピー:2016/10/27(木) 21:33 ID:Udo

「No.3カッノでぇーっす!え?続き?そんなのやんないよ?なんてウッソウッソー」



キド視点

これカノっぽい…

カ「これチョーキドッぽい!この紫のパーカーww」

ん?なに騒いでんだあいつ…

「あっかっこいい…」

紫の生地に、白で円が書いてある。きっとこれは、iPodの操作ボタンに見立てたんだと思う。フードにも、模様が書いてあった。

カ「キド買ったら?」

「ああ、買おうかな」

カ「その前に試着したら?」

「あ…試着…そういえば、これカノっぽいと思ったんだが」

カ「お〜…なにこれ…」

「気に入らないなら良いんだ別に」

そうだよ、俺センス無いし…

カ「うんん、ちょー良い!黒好きだし」

黒好き

「やっぱり…」

カ「お互い試着しよ!サイズがちっちゃかったらあれだし」

…〜着替え中〜…

「できた…ぴったり!」

カ「キド〜?入った?」

「あぁ、ピッタリだった。ほら!」

カ「うん似合ってる」

「カノも似合ってるぞ」

カ「じゃあ買おうか」

脱いでっと…

〈カシャ…←カーテン開けた音

カ「あっ…でも、寝間着とかも買わなきゃね」

店員「お客様、寝間着をペアルックにしてみてはいかがでしょう?最近カップルでお揃いにするのが流行っているんです」

「カ、カップル…って…」

まあ、そうか…周りから見たらカップルなのか…

カ「はい、お願いします」

えぇ!カノは気にしてないのか…?

カノ視点

な…な、なな…なななななに言ってんだーーーーーー!
口が滑ったっていうか、なんていうか!

『それが君の中の本心(僕)さ』

え…?

店「こちらになります。色のバリエーションも豊富でいいですよ」

「ありがとうございます」

キ「これか…」

「キドの好きな色って?」

キ「ん?紫が好きだな」

あっそっか…そういえば、初めて会った時も紫のドレスだったような

「じゃあ、これとこれでいいね」

キ「そうだな」

カノ母視点

ふーん…紫ねぇ…
というより、修哉ってば服を女の子に買ってもらう訳?
全く、女の子には優しくしろってあれだけ言っt…

『キド良いよ?僕払うから』

オォ!さすが!おっとこまえ〜‼
私の修哉ー!良いわよ!好感度をバンバン上げちゃいなさ〜い!


切ります!

187:パピッピー:2016/10/27(木) 21:34 ID:Udo

胡桃さんありがとうございます‼バンバン更新します‼

188:IA :2016/10/27(木) 21:53 ID:jvo

やばやばやば!小説サイコー!
2828と笑いが止まらん笑笑
カノかっこいい( ´∀`)

えっと、縦長の文字ねー笑
書きたい文字を打つ→
左下らへんの記号ってのが英数カナってのに変わるから
そこおす→
そしたら出て来ると思う!

まぁ、みんなのと端末違うかもだからできないかもだけどね笑
あと、打ったら変換がいっぱい出て来るじゃん?
それの一番下らへんにも出てくる!

189:IA :2016/10/27(木) 21:54 ID:jvo

長文失礼笑

190:パピッピー:2016/10/27(木) 22:26 ID:Udo

アァAんー…やっぱできないっぽいです

191:パピッピー:2016/10/27(木) 23:02 ID:Udo

「No.4マリーです。今から続きやるみたいです。私って出てくるのかな?」



キド視点

「いや、そういうわけにいかないだろう。それに、お父さんからいくらかもらっているし…」

カ「それは、僕がいないときに使いなよ。僕と一緒に買い物するときは僕が払うから」

「で、でも…」

その条件ってカノにとって結構不利な話じゃないか…そんなの…

カ「キドはお父さんからいくら貰ったの?」

ん?こいつ遠回しに「くれ」と言ってるのか?

カ「ちょうだいとかの意味じゃないよ?ただ、あんまり貰ってなかったら、キドも好きなもの買えないかもな〜って思ってさ」

そういうことか…というか、こいつはどこまでも相手のことを考えるんだな…
まあ、それがカノの良いところか

「ああ…えっと……ざっと〜7,8万程度」

カ「ん!それじゃあ、心配しなくても良いかな」

「どこをどう心配すんだよ」

カ「た、確かにそうだけどw」

.....:.....:.....:.....:.....:.....:.....:.....:.....:.....:.....:.....:.....:.....:.....:.....:.....:....:

店「ありがとうございました〜」

「結構買っちゃったな…なんか…荷物持たせてすまん」

カ「いいのいいの!これ位やらしてくれなきゃ、男として情けないよ」

これ位って…

カ「家見えてきたよー」

デカいな〜本当

カノ視点

ん〜♡楽しかったなー買い物
また機会があれば一緒に行きたいな

『気づいてきたかな…?本心(僕)に』

「ただいま〜」

キ「た、ただいま帰りました…」

キド敬語辛そうだな〜…
でも、僕にできることないし…


切ります!続きは明日!

192:とも猫:2016/10/27(木) 23:56 ID:UHE

明日、小説楽しみ♪

193:パピッピー:2016/10/28(金) 18:35 ID:Udo

「No.5キサラギモモ!アイドルをやっています‼今から続きをやります!よろしくお願いしまーす!」


カノ母

帰ってきたわ!

「おかえりなさい!もうそろそろお昼ご飯ができるから、荷物の整理したらいらっしゃい」

キ「はい。ありがとうございます」

〈トコトコ…

あの子がねぇ…俺っ子とは…
トホホ…完全無欠な女の子はいないのね…
でも!私は諦めないわ‼
たとえ俺っ子だとしても、私が見極めたあの子の性格は変わらない!
そ、それに、もしかしたら将来一人称が「私」になる可能性だってあるわ!

「木戸つぼみが鹿野つぼみになる時はいつなのかしら…」

キド視点

支度して早めに向かおう。

カ「アレ?キド、ピアスどうしたの?」

「へ?ピアス」

ん?ってあれ⁉ない…どっかに落としたのか…?

カ「落としちゃったんじゃない?僕、服片づけとくからキド探して来なよ。家の前の時までは付いてたんだから」

「あぁ、ありがとう」

俺は、玄関へ戻った。
ん?カノのお母さん何でまだ突っ立ってんだ?

カノ母「…木戸つぼみが鹿野つぼみになる時はいつなのかしら…」

「なっ…!」

何言ってんだ⁈カノのお母さん!
か、鹿野つぼみって…まさか、結婚を想定して…⁉

〈トコ、トコ…

あ、行っちゃった…
それより、ピアスピアス…

「あった!これだ」

見つかって良かった…
ふぅ…部屋に戻ろう

カ「キド見つかった?」

「あ、ああ…ほら」

カ「よかった。じゃあ、行こうか」

行く?あぁ、食事の事か…

「 ぅん…」

あぁ、もう…
「うん」という簡単な言葉が言えない。
というより、自分にそんな似合わないじゃないか…
はぁ…


切りますよー

194:IA :2016/10/28(金) 19:49 ID:xlg

やっぱパピッピー神だわ!
文才ありすぎでしょ!
部活の疲れが、、、、、、( ´∀`)

195:IA :2016/10/28(金) 19:54 ID:xlg

あー小説続きますって言ってたけど
続きが書けんので、前ので終わりますわ笑笑
ごめんねー!てか小説書く暇がない、、、( ;∀;)

196:匿名さん:2016/10/28(金) 20:44 ID:Udo

IAさんも大変ですね〜…
そこで、私はバンバン小説を更新して、IAさんの部活の疲れをとろうと意気込んだんですが、明日の午後1時~5時辺りまで書けないかもです!

197:パピッピー:2016/10/28(金) 20:44 ID:Udo

家の私です

198:パピッピー:2016/10/28(金) 20:45 ID:Udo

上の私です。(家って何でだよ‼)

199:とも猫:2016/10/28(金) 22:25 ID:UHE

パピッピー小説サイコー
文才が...すごい
私小説書いたことないからたぶん歴史上最大級の駄作ができると思う

200:パピッピー:2016/10/28(金) 22:38 ID:Udo

れ、歴史上最大級…
で、でも!一発短いの描いてみたらどうですか?
もしかしたら、今まで隠れていた才能が出てくるかもしれないじゃないですか⁉

201:パピッピー:2016/10/28(金) 22:38 ID:Udo

200おめです

202:ミナズキ:2016/10/28(金) 22:47 ID:4E.

200オメ━( ´∀`)━!!!!
200行くの早いですね〜
パピッピー小説サイコー!!これからもジャンジャン書いてください!

203:とも猫:2016/10/28(金) 23:07 ID:UHE

ふぅお風呂からあがってきた
髪長いから洗うのもかわかすのも大変(汗)
あっ関係ない話しちゃいましたスイマセン
えっと、200おめ〜!

204:とも猫:2016/10/28(金) 23:11 ID:UHE

あ、あと小説短編書いてみようかな?
自信ないから書いてほしかったら言ってね!
言ってくれたら書きます・・・たぶん

205:パピッピー:2016/10/29(土) 11:50 ID:Udo

はい!書いて欲しいです

206:IA :2016/10/29(土) 12:42 ID:12M

部活から帰って来ますた

>>196
パピッピーありがと!めっちゃ嬉しくて泣けてくるわ笑
>>294
書いて書いてー!!


部活走りすぎて口ン中血の味する、、( ;∀;)

207:IA :2016/10/29(土) 12:43 ID:12M

間違った笑
>>204ですね、ハイ

あと400おめ!←

208:とも猫:2016/10/29(土) 18:00 ID:UHE

みんなありがとう〜
思いついたらかくね!←スイマセン

209:パピッピー:2016/10/29(土) 21:59 ID:Udo

カノの母親の名前適当に決めました→鹿野祐美(かの ゆみ)
エネはまた今度「No.7シ、シンタローです。今から、つじゅ…続きやります。…おいお前らそこで笑うな!」


/_/_/_/_/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/_/_/_/_/
「ごちそうさまでした」

〈ガチャガチャ…

「美味しかったです」

コ「ありがとう。あのさ、今度一緒に料理作ろうよ。」

「一緒に…」

料理を作る。
そういえば、昨日カノのお母さんにも、そんなようなこと言われたな…

コノハ(遥)視点

なぜ僕が、キドさんを誘ったかと言うと、ついさっき…

〜回想〜

祐美さん(カノ母)「ねぇ、コノハ…」

「わぁ、祐美さんどうかしましたか?」

祐美「あなたに頼みがあるの」

「頼み?」

祐美「キドちゃん…わかるわよね」

「はい」

祐美「あの子、料理できるみたいなの。」

「料理…を、作らそう…と?」

祐美「そう。そのとうり。貴方も気になるでしょ?だから、お願い。」

「わ、わかりました」

っていうことなんだけど…どういうことだろう?
でもいつ作ろう?明日のお昼でいいかな?材料も沢山あるし…

「明日のお昼に作らない?」

キ「はい。わかりました。じゃあ…」


一回全部無くなった…切ります!

210:パピッピー:2016/10/29(土) 22:43 ID:Udo

誰か……ダレカァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!
イーマァセェンカァーーーーーーーーー!

211:パピッピー:2016/10/30(日) 14:04 ID:Udo

昨日の夜からぼっちなんですが…誰か……

212:零乃:2016/10/30(日) 14:31 ID:JOA

入っても良いですか?
文才は科学者に爆破されましたが....

213:胡桃◆2o:2016/10/30(日) 16:03 ID:c9.

続き気になります!
更新に期待してます!

214:パピッピー:2016/10/30(日) 17:42 ID:Udo

新入りさんよろしくお願いします!な、なんて読むんでしょうか…
胡桃さんありがとうございます〜……>∇<…嬉しいです!!頑張ります!

215:零乃◆XA:2016/10/30(日) 18:44 ID:JOA

れいの、です!!
宜しくお願いします!

216:胡桃◆2o:2016/10/30(日) 19:13 ID:c9.

パピッピーさんの小説、面白くて興味深いです!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
才能ですね!羨ましいです…
私も書けたら書きますね!

217:零乃◆XA:2016/10/30(日) 19:19 ID:JOA

私も小説書いて良いですかね? 
最初に言った様に文才は科学者に爆破されましたが...

218:パピッピー:2016/10/30(日) 19:26 ID:Udo

いいと思います!というか、私はみなさんの小説読みたいです!

219:零乃◆XA:2016/10/30(日) 20:08 ID:JOA

有り難うございます!
カノキドか......
小説は明日かな?

220:パピッピー:2016/10/30(日) 20:36 ID:Udo

「No.8ヒビヤです。No.8ヒビヤです…って、えぇ!もうやるの⁉え、えっと!漫画始まります!」←小説です


………….………….夜.………….………….

カノ視点

もう夜か…早いなぁ……
ん〜…………することない。
あー!なんか暇…キドの様子でも見に…うっ…僕にはまだ勇気が足りない…
いやいや、別にキドだって朝僕の部屋に入って来たんだし、僕がためらう必要もないでしょ…
一応ノックして入ろう

〈コンコン…

キ「ん?」

「キド?入っていい?」

キ「別にいいぞ」

「失礼しまーす」

キドの部屋の様子
_____________________廊下側ドア___________
クローゼット タンス 鏡



ノ [ 机 ]

ド [ ベット ]

___________________________________________
北側に廊下ドア
東側にカノ側ドア
部屋真ん中に机
南西側にベッド
うわ!
なんか、僕の部屋と全然違う匂い…まあ…当たり前といったら当たり前か…

キ「何か用か?」

「いやぁ…用って訳じゃないけど暇で」

キ「ひ、暇ぁ?」

「そう、暇で来た」

僕は、キドの座っている側と向かい合わせに座った
もう風呂に入ったのかパジャマ姿だった

「今日買ったの着てくれたんだ」

キ「ん?あぁそう、これぴったりだ。ほら」

「うん本当にぴったりだね〜」

サイズもそうだけど、色もキドにぴったり
僕も後で着よ〜

キ「あっ…でも少し袖が余るな」

ん?あの感じどっかで見たな…雑誌かなんかだったような
えーっと……

「あっそうそう、それ最近人気のファッションで…名前はなんだっけな」

キ「人気のファッション?何が…この服のことか?」

「いや、うーんそうなんだけど…」

キ「どっちだよ…」

その手首がすっぽり入っちゃってて、指先しか出てない奴なんだっけ…



カノは思い出せるのでしょうか?↑これの正体みなさんはわかりましたか?切ります

221:パピッピー:2016/10/30(日) 20:37 ID:Udo

あああああああああ
やっぱり空白が使えない…

222:パピッピー:2016/10/30(日) 20:39 ID:Udo

鏡の位置は、廊下側ドアの右のほうです!
あとカノ側ドアの『側ド』の辺りにドアがあるイメージです

223:とも猫:2016/10/31(月) 17:40 ID:UHE

久しぶり...かな?
最近ずっとPS3にインターネットがつながってなくてこれなかった

224:零乃◆XA:2016/10/31(月) 18:54 ID:JOA

どうもー!
小説...出来たらやります

225:とも猫:2016/10/31(月) 21:20 ID:UHE

小説書きます!
10月31日
モ「みなさん!今日が何の日かわかりますよね?」
キ・シ以外「ハロウィン!」
モ「そう!なのでみんなでハロウィンパーティーしません?」
エ「ハロウィンパーティー!楽しそうじゃないですかご主人!やりましょうよ!」
シ「俺はやらない」
エ「じゃあ、ご主人の秘蔵フォルダーをみんなのケータイに...」
シ「うわぁー!やめろ!やるからそれだけはやめて!」
カ「おもしろそうだね!キドやろうよ」
キ「いや俺はいい」
マ「えっキドやらないの?」ウルッ
キ「うっ...しかたないやるよ」
モ「じゃあまず、買い出しに行ってセッティングしましょう!」
役割分担
料理
キド・マリー・ヒヨリ

買い物
カノ・コノハ・セト・シンタロー

飾り付け
モモ・ヒビヤ・エネ
/////
キドサイド
キ「ふぅできた。」
マ「お菓子づくりって難しい〜」
ヒヨ「料理って初めてしました」
ぷすぷす
失敗作が山のようになってるな。どうしよう
カ「キド〜そろそろできた?」
キ「ああ」
モ「じゃあ、そろそろ始めましょう!」
マ「キド始めよう!」キラキラ
キ「ああ」
全員「ハッピーハロウィン!」
/////
マ「ねぇねぇセト!」
セ「ん、なんスかマリー」

ヒ「ねぇヒヨリ」
ヒヨ「なによヒビヤ」

コ「エネ」
エ「なんですかニセモノさん」

モ「お兄ちゃん!」
シ「なんだよ」

みんな楽しそうだな。



−−−−−−−
中途半端だけどきります

226:とも猫:2016/10/31(月) 22:39 ID:UHE

中途半端すぎててすいません!
兄が二階から降りてきちゃったから...
短編にするつもりだったのに

227:とも猫:2016/10/31(月) 22:45 ID:UHE

そして...文才なさすぎてヤバい!
パピッピーマジ尊敬!
とりあえず悪い点をガンガン言ってくれ〜

228:パピッピー:2016/11/01(火) 20:09 ID:Udo

いやいやいやいやいやいやいやいやいやいや
ゼンッゼン問題ないとおもいます!(なんか上から目線ですみませんm(._.)m)
続き気になります!

あと、更新がちょっと遅れちゃってごめんなさい!

229:パピッピー:2016/11/01(火) 20:12 ID:Udo

あと、みなさんカノが悩んでいるものの答えわかりましたか?

230:匿名さん:2016/11/01(火) 20:20 ID:txI

パピッピーもともちゃんも小説ヤバい!
めっちゃウマイ!うまうまですよー!

あれだな!カノの悩んでるやつ!
萌袖❤

231:IA :2016/11/01(火) 20:21 ID:txI

上の、IAです。すんません(;・∀・)

232:とも猫:2016/11/01(火) 20:23 ID:UHE


も、萌え袖...?

233:とも猫:2016/11/01(火) 20:25 ID:UHE

あ〜あれか!
わかんなかった...ド忘れ

234:とも猫:2016/11/01(火) 20:31 ID:UHE

あと、私なんかとパピッピーを同類にしちゃだめだよ!
天と地の差よりもっと大きい差があるんだから...

235:パピッピー:2016/11/01(火) 22:11 ID:Udo

余計なことを入れたがるパピッピーの小説始まります〜…



ん〜…

キ「俺そうゆうのよくわかんないな…」

まあ僕も、母さんの雑誌からチラッと見ただけだったんだけど
『大流行⁉』みたいな感じで載ってて…
なんとか袖とか言って…

「あ…!あれだも、『萌え袖』とかって言ってたと思う」

キ「『萌え袖』?なんだよそれ…そんなのしてる奴なんていたか…?」

「どうだろ…いたような〜いなかったような〜…」

キド視点

萌え袖?なんだよそれ
こんな、だらしない格好に萌えるとか、どういうことだよ…
じゃあ、カノはどうなんだ…って、着てないし
そうかまだ風呂にも入ってないのか…入んないのか?

「おい、カノ。それより風呂は」

カ「へ?風呂…?風呂がどうした…って、ああ‼僕まだ入ってなかった…」

「お前風呂の事忘れるってどういうことだよ」

カ「い、いや〜…ハハ…入ってきまーす」

「全く…」

あいつは、どっかしら抜けてるんだよ…

〈ボス…

は〜…
ん?あ…このパジャマよく見たら猫柄だ…かわいい
……
俺…いつまでここに住むことになるんだろう…
燃えた後の瓦礫の片付けとかが住んで、家が建ったらか…?
それだったらまだまだ…
お姉ちゃんは…あの人の家に行くんだろう…
…寂しくなるな……
カノだって、俺をいつまでもここにいさせるつもりはないだろうし…そうだよ…
カノは、きっといつかいい相手を見つけて、結婚して…

今まで…
お母さんも、お姉ちゃんも…カノも…俺のそばから離れていって…
俺は…これからも、いつまでも…一人ぼっちなんだな……

俺はそのまま眠りについた

カノ視点

〈ガチャ…

はー!すっきりした!
コレ着てみるか…

お〜ぴったり
キドに見せにいこーと!

〈トコトコ…

〈コンコン


あれ?

「キド?入るよ〜」

〈ガチャ…

「寝てるし…」

布団もかけずに寝ちゃって…
ん?水…?
え…?な、涙?キドが?

キ「お…母……ん」

お母さん?
どういうこと…

キ「おねぇ…ちゃ…」

今度はお姉ちゃん?
あっでも、この間お姉ちゃんが倒れててって言ってたような…そのことかな?

キ「カ……n」

今なんて?カ?
どういうことだろう

キ「置いて行かないで…一人ぼっちに……ないで」

え…?
置いて行かないで?一人ぼっちにしないで?
一人ぼっちじゃないよ…

「キドは…一人ぼっちなんかじゃないよ…?大丈夫だから…」

キドの手を僕はつよう優しく握った


なんだろう……うん…はい。切ります

236:パピッピー:2016/11/01(火) 22:12 ID:Udo

IAだーいせーかーい‼でーすぅ!

237:パピッピー:2016/11/01(火) 22:20 ID:Udo

そういえば、今日は11/1キド×3ですね〜←どうでもいい

238:パピッピー:2016/11/01(火) 22:46 ID:Udo

間違えました。
片付けとかが住んで✖済んで◯
つよう✖強く◯

239:ミナズキ:2016/11/02(水) 01:34 ID:4E.

ホント、マジで、ありがとうございます!!!
誤字なんか別にいいですよ!これからも書いてください!

240:パピッピー:2016/11/02(水) 14:08 ID:Udo

こちらこそありがとうございます‼
それからも書きます!

241:IA :2016/11/02(水) 19:45 ID:txI

ふおおおおおおおおおお!
あってたー!
パピッピー小説ヤバいヤバいヤバい!!!!
キドかわいいかわいいかわいいかわいい

242:パピッピー:2016/11/02(水) 21:10 ID:Udo

そうそう、萌え袖でなんとなく思ったんですが、キドのどんな行動、言葉に萌えますか?(できればカノも!)

243:IA :2016/11/02(水) 22:09 ID:txI

キドは、何しててもかわいいけど、
やっぱギャップかなー
意外な一面みたいなのが見えると、鼻血が出るほど萌える笑

カノは、いつもはヘラヘラしてんのに、
赤面したり、照れたりみたいなしてたら、クッソ萌える(///∇///)

244:パピッピー:2016/11/02(水) 22:27 ID:Udo

「No.9コノハです……続き…やります…見てくれると嬉しいです……」



キド視点

「ん…んん〜…」

あ…さ……か
ん?手に違和感が…って!

「カ、カノ!」

カ「あ…キド!お、おはよう…!」

なんでこいつは俺の部屋で寝てるんだ?し、しかもでを握りながら…
でも…すごく心地良い夢を見ていたような気がする…何かから救い出されたような……
んー?…でも肝心な夢が思い出せない…まあいいか…
それより、

「なんでお前は俺の部屋で寝てるんだ…?」

カ「ヒィ!え、といや………寝ぼけて?」


すみません!どうしても切らなくちゃいけなくて…!ごめんなさい‼

245:パピッピー:2016/11/02(水) 22:28 ID:Udo

IAさんありがとうございます!参考にします

246:パピッピー:2016/11/03(木) 11:45 ID:Udo

続きである


カノ視点

「昨日の夜キドが泣いていたから」なんて、口が裂けても言えないよ…
寝ぼけてたっていう事にしておけば…ギリギリ大丈夫でしょ…

キ「寝ぼけてて、俺の部屋に入った上に手を握る。ってどういうことだよ」

「あはは…まあまあ……」

キ「まあいい…今何時だ?」

「ん?」

今、何時だろ?
えーっと…

「7:00…朝ごはんもうそろそろだよ」

キ「7:00か…そうだな急がないと」

~朝ごはん~

母「あなた達今日の予定は?」

キ「私はお昼にコノハさんと一緒に料理を作る予定が…」

キドそんな約束してたんだ
僕の予定は…なんかあったかな?
ないよね

「僕はないよ〜」

母「それじゃあ、お昼の後ついこの間できたショップにでも行って来たら?」

母さんがそんなこと言うなんてめずらしいな

「誰か来るの?」

母「いや?そういうことじゃないけれどね…新しくできたし、どうかな?って思っただけよ」

ふーん…

祐美視点

ふふふ…今のはほんの手前だけれど、いい作戦だわ…!
昨日のじゃあ情報が少ないと思ったのよね…

キ「カノはどうする…?」

修「僕は別にいいと思うよ?行こうよ」

キ「わかった…」

小声の会話が丸聞こえ…

「どうする?行く?」

キ「あ…はい」

「そう、いってらっしゃい」

盗聴器もまだ付けっ放しだし…



切りマスク

247:ミナズキ:2016/11/03(木) 19:24 ID:4E.

アザース!
いつも書いてくださってありがとうございます( ^ω^ )
サイコーデスヨ!

248:IA :2016/11/03(木) 20:05 ID:roE

ミナちゃんそれな(σ≧▽≦)σ
パピッピーの小説、ほんとヤバい! 
神レベル!!
ってかパピッピーが神!!

249:とも猫:2016/11/03(木) 21:12 ID:UHE

本当にそう思う!
私なんかハロウィンネタなのにまだ終わってない....
めんどくs...すいません

250:とも猫:2016/11/03(木) 21:14 ID:UHE

とりあえず今は書けないけど早めに書きます!

251:ミナズキ:2016/11/04(金) 09:13 ID:4E.

お願いします!皆さん小説書くの上手いので早く読みたいです!

252:パピッピー:2016/11/04(金) 17:24 ID:Udo

みなさん本当に本当にありがとうございます‼超嬉しいですT^T
>>250私からもも願いします!楽しみにしてます

253:パピッピー:2016/11/04(金) 17:26 ID:Udo

「続きっすねー(棒)」

254:パピッピー:2016/11/04(金) 17:27 ID:Udo

間違えたー

255:パピッピー:2016/11/04(金) 17:52 ID:Udo

やばいくらい長くなるかもしれません…!
続木矢理間巣(つづきやります)


…〜お昼〜…

キド視点

今俺はキッチンでメニューを考えていた。
俺は、もともと決められた料理をコノハさんと作ると思っていたのだがどうやら違うようで…
ついさっき…

〜回想〜

コ「じゃあ、何作ろうか?」

俺はこの時気を使わしてしまっていると思った

「いえ…別にどんな料理でも構いません」

コ「そっか〜…じゃあ、料理考えておいて」

「え、あ…はい」

っていうことがあったんだが…早く決めないとな…
オムレツなんてどうだろう?あとサラダにスープ…パン……朝ごはんみたいだ…
ダメだダメ!もっと昼っぽくないと………昼っぽいってなんだ…
アアァー…
もう朝ご飯みたいなのでもよくないか…?
別にいいだろう

「あの…」

コ「ん?決まった?」

「はい…えっと…オムレツにサラダ、スープ…あとはパン…とか…どうでしょうか…?」

やっぱり朝ごはんっぽい…

コ「うん!すごくいいと思うよ!あと…スープはなにスープにしようか?」

「スープは…何ができますか?」

コ「クラムチャウダーとか、コーンスープとコンソメスープと…かかな」

それじゃあコンソメスープで」

あんまりねっとりしたスープじゃあ少しきついからな…


一旦切ります

256:パピッピー:2016/11/04(金) 17:54 ID:Udo

「入れるの忘れました

257:IA :2016/11/04(金) 19:40 ID:roE

目茶水場乱死言!!(めちゃ素晴らしい笑)

258:パピッピー:2016/11/04(金) 20:03 ID:Udo

阿理画等後座胃間酢

259:パピッピー:2016/11/04(金) 20:03 ID:Udo

(ありがとうございます)なんか中国人みたいですね

260:パピッピー:2016/11/04(金) 20:51 ID:Udo

そういえば、書くの忘れちゃいましたが、キドとエネで連絡とってます。
続きの巻


〈ジュー…

コ「へぇ…料理上手だね」

「そうですか?ありがとうございます」

なんて答えたらいいのかわからないのが辛い
従業員も含めて、10人分も作らなきゃいけないコノハさんも大変だよな〜…
よし出来た。これで四人分か…

コ「あっ…四人分出来た?それじゃあ、コンソメスープをマグカップに入れて持ってくれる?」

まだ、オムレツが四人分しか出来ていないのに良いのか?

「はい…でもいいんですか?」

コ「あとの6人分は任せて」

「はい」

〈カチャン…

カノ母「あらぁ!あなたが作ったの?」

「はい…オムレツとコンソメスープは私が」

カノ母「フフッ…美味しそうにできてるわ」

カノ父「ん?このオムレツは君が作ったのか?」

「はい…」

カノ父「うまく出来ているな」

「あ、ありがとうございます」

ここは、「ありがとうございます」であってたのか?「いえいえ、そんな大したものでは…」とか言ったほうがよかったのか?敬語ってよくわからないな…
というか、カノのお父さんってあんな感じで笑うのか…
カノのお父さんとカノって似ても似つかないのに、どことなく似てるんだよな〜…

カノ視点

ん〜……あ〜…
暇だなぁ…あれ?もうすぐ12:00だ
昼ごはんなんだろ
そう言えば、今日はキドが作るんだった
楽しみだなぁ

『「楽しみ」ねぇ…』

〈トコトコ…

おーもう準備されてる
美味しそう…

キ「カノいたのか」

「うん、今来た。キドこれ作ったの?すっごい美味しそう!」

キ「あ、ありがとう…」

母「それじゃあ、食べましょうか」

「「「「いただきます」」」」

祐美視点

「美味しい!」

キ「それは良かったです」

このオムレツキドちゃんが作ったのよね
下手すると私より、料理が上手いかも…いや、それは考えすぎよ
これは確かキドちゃんが自分でメニューを考えて作ったもの…もしかしたら、得意料理かも…それに、オムレツは作るのが簡単…
だから他の料理がダメな可能性が…他の料理を食べる方法はないのかしら?
うーん…そうねぇ…「毎日一食でいいから作ってくれない?」とか言えば…いけるはず

修「うん!キドの作ったのおいしいよ」

キ「お世辞は要らないぞ」

修「お世辞なんか言わないよ」

キ「ならよかった」

なんか…あの二人時々夫婦、あるいはカップルに見えるわ…
盗聴してた時もカップルか!ってツッコミたいくらいだったわ
ああ!危ない危ない話がそれるわ…言わなくちゃね


霧間巣

261:パピッピー:2016/11/04(金) 20:56 ID:Udo

気づいた人がいるかもしれませんが10人って大変だよな〜とかキドが言ってますが、よく考えると団員9人分の食事を作ってますよね。「自分で書いといて何言ってんだよテメェ…!」的な人いたらごめんなさい

262:パピッピー:2016/11/04(金) 22:18 ID:Udo

誰か〜……?

263:パピッピー:2016/11/05(土) 09:12 ID:Udo

ツヅキデス


「ねえ、キドちゃん!毎日一食でいいから作ってくれないかしら?」

キ「え…えと…」

修「うん!作ってよ」

キ「ぇ…じゃあ…一食頑張って作ります」

よっしゃ!
修哉に弱いわねこの子

「よろしくね♡」

キド視点

どうしよう…毎日一食やることになってしまった…
でも今日はもういいだろう…

「ごちそうさまでした」

コノハさんにこのことを言おう

「あの…コノハさん」

コ「ん?どうかした?」

「なんか…その…さっき、お母さんから…毎日一食作れないかって言われて…」

コ「毎日一食?わかったいいよ、作ろうよ」

「あ、ありがとうございます」

よかった…言いづらかったな…
部屋に戻って、準備しよう

〈トコトコ…カチャ

ん〜…
よし!
昨日行ったばかりで結構早く準備ができた
カノ…呼びに行くか

〈トントン…

カ「なぁに?」

「カノー…開けるぞ〜」

カ「どうかした?」

「どうかしたじゃないだろ…行かないのか?」

こいつ忘れてるな…
忘れやすいな全く昨日の風呂といい

カ「行く?ああ!ショップね」

「そうだよ…行かないならいいが…」

カ「いやいやいや行こうよ」

「だったらさっさと準備しろ」

カノ視点

あらら〜
完全に忘れてた…
キド怒らしちゃったかな…後で謝ればいっか
準備準備っと…OK!

〈トントン…

「キドー準備出来たよ〜」

キ「わかった」

謝んなくちゃ

「キドさっきはごめんね?」

キ「別にいい」

「なら良かった」

新しくできたショップってまあまあ遠かったような…
馬で行くか…馬車…いや、馬車を使うにはまず父さんに言わなきゃいけないから、馬で行こう…

「キドって馬乗れる?」

キ「い、いや…正直に言うと…昨日…初めて自分で買い物した…」

わあ…キドが箱入り娘だったとは…
それじゃあ、初めて会ったときみたいな形に…いや、後ろに乗ってもらおう

「じゃあ、キドは僕の後ろに乗ってよ」

キ「わかった…」


キリマス

264:パピッピー:2016/11/05(土) 17:04 ID:Udo

誰かさんへ
続きです


〈パコン…パコン…

二人で乗ったのは結構きつかったかな…

「キド?大丈夫?」

キ「ああ、大丈夫だ…。それより…」

「ん?」

それより?
何か気になったお店でもあったのかな

「気になるお店でもあった?」

キ「いや…そうじゃなくて……」

「どうかした?」

キ「お前さぁ…この町の…その〜…お、王子…だろ」

「ん〜…まあ、そうなるね」

それがどうしたんだろ

キ「なのに…俺とこんな感じで、いたら勘違いされないか…」

勘違いねえ…別に僕は勘違いされても…いやいや!ダメでしょ

『はぁー…全く…そろそろ気づいてくれてもいいんじゃない?僕の中の本心(僕)に』

「嫌なら僕歩くよ?」

さすがに馬を連れて二人で歩くっていうのも変だし、だからって僕だけ乗るわけにもいかないから…キドに乗って貰えば
うわ…凄い不服そうな顔……
さっさと降りろってこと?それなら降りよう

キ「降りるな!俺が降りる」

そう言ってキドは馬を降りた
え…え!

「いやいやいや…だめだよ、女の子を歩かせる訳には…!」

そうだよ…キドが降りちゃったら、色々とまずい
僕も降りよう…!

キ「いやいやいや…だって、俺が馬乗ってたら、カノをこき使ってるように見えるだろ!」

「別にいいよ!こき使われてるように見えたって!」

キ「こっちが嫌なんだよ!」

「なんでよ!」

「「あぁ!」」

祐美視点

全く仲がいいわね…この二人は…
そんなことより、修哉…女の子を歩かせなんてしたら承知しないわ…
あれだけ、「女の子はデリケートな生き物よ」って言っているのに…男してできてないわ!

カノ視点

ん〜…喧嘩にならずに済む方法…方法…
ここは、やっぱり平等に二人で乗った方が一番いいじゃん…

キド視点

あ〜…変に見られずに済む方法…方法…

「ここは、やっぱりカノの町って言ってもいいわけだから…カノを立たせたほうがいいと思う…」

カ「立たせなくていいよ…逆に、キドを歩かせたら僕が母さんに怒られちゃう…『男として情けない』とか言って…」

二人一緒の方が喧嘩にならないか

「もう、馬置いていって、二人で歩かないか?」

カ「え…?あ、そう…だね」



カマキリます

265:パピッピー:2016/11/05(土) 17:08 ID:Udo

誰かあぁぁぁぁ〜〜〜〜〜!

266:IA :2016/11/05(土) 19:15 ID:AHE

パピッピー!小説最高だよ!

267:パピッピー:2016/11/05(土) 19:18 ID:Udo

ヌァァァァァァァアァァアアアアァァァァァァーーーーーーーーーーーーーー!

268:パピッピー:2016/11/05(土) 19:19 ID:Udo

IAさぁーん…誰も来なくて、終わったかと思いました〜…

269:パピッピー:2016/11/05(土) 21:32 ID:Udo

あ……終わった…………

270:零乃◆3Y:2016/11/06(日) 11:20 ID:JOA

すみません!最近来てなくて....
パピッピーさん
小説上手すぎですよ!
その文才を百分の一でも良いから下さいー

271:零乃◆XA:2016/11/06(日) 11:22 ID:JOA

すいません!
上のはトリップ違うけど私です!

272:パピッピー:2016/11/06(日) 16:09 ID:Udo

わぁぁ………あり…が…10匹…ありがとう

273:パピッピー:2016/11/06(日) 18:01 ID:Udo

続きで安く!ポイントカードでさらにお得に!


カノ視点

歩くことになったのはいいけど、遠いんだよなぁ
まいっかぁ…話すことないな〜

キ「な、なぁ…カノ…」

「どうかした?」

よかった木戸から話題を持ってきてくれれば楽だな〜

キ「いや…ち、違ってたら別にいいんだが……お父さんの事みんな嫌ってるのか?」

「え?父さん?」

僕の父さん…そりぁ嫌いに決まってる…けど…
み、みんな…ねぇ…

キ「カノのお父さんだよ…いや…その、確信はないんだ…だけど口数が少ないなって思ったんだ」

「うーん合ってるっちゃ合ってるけど…口数が少ない理由は、父さんがもともとゼンッゼン喋らないから、喋んないだけで、嫌ってはないと思うけど……まぁ…僕は……ねぇ」

このまま言ったら、完全に僕『嫌な奴』的な感じになっちゃうよね…
でも、あんな人嫌いだし……第一、僕を…

『それ思い出しちゃダメ…やめよう?』

止めよう…

キ「いや、いいよ…この話は…別のことにしよう。…ほら!」

キド視点

やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい…
どうしよう…重い話を振っちゃったー!
怒ってるのか?悲しんでるのか?うぁぁあ…

「カ、カノォ…?」

カ「ん…?」

怖い…どうしよう…

「え…あの…えっと……」

何か…何か言わなきゃ…

カ「キド?どうしたの?」

「な、なんでもない…」

とりあえず謝まろう他に何すればいいのかわからん

「ごめん…」

カ「なんで謝るのさ。別に気にしないで」


切りまみむめも

274:パピッピー:2016/11/06(日) 18:28 ID:Udo

キドが木戸になってましたすみません

275:とも猫:2016/11/07(月) 15:38 ID:UHE

みんなあぁぁぁ!
久しぶり〜(泣)

はい、すいませんでした
ちょっと久しぶり過ぎておかしくなってるとも猫です
なんで土日いなかったかというとこれにはちゃんとした理由が...
毎月第一日曜日は滋賀県にいっておりまして掲示板が見れなかったからです!
ってことでどうでもいいとも猫の謝罪でした

276:パピッピー:2016/11/07(月) 17:01 ID:Udo

とも猫さんお久しぶりです!

277:とも猫:2016/11/07(月) 17:32 ID:UHE

続き書きま〜す
(キャラ崩壊注意)

カノサイド
なんかみんな自分達の世界に入っててつまんないな〜
キドヒマかな?
カ「ねぇキド」
キ「ん、カノなんだ?」
カ「みんな自分達の世界に入っててつまんない」
キ「つまんないって...」
え〜........あっ!いいこと思いついた♪
僕はそこに置いてあったクッキーを口にくわえた
カ「キド」
キ「なんdふぇ?!」
僕はクッキーをキドの口に押し込んだ
キ「//////モグモグ......ごくん.....カノ!」
カ「なに〜」
キ「なにじゃな...../////」
僕はまたクッキーをキドの口に入れた
キ「//////っっっカノ!」
カ「だってキド反応がかわいいから」
キ「/////バカノ/////」
ほんとかわいい
キ「カノ」
カ「ん〜なnふぁ?」
ヤバい変な声でちゃった
でも今のは反則
だってキドが僕と同じことしてきたんだよ
キ「//////仕返し」
カ「////ズルい////」

          END


------------------------------------
はい、とりあえず終わりました!やっぱり史上最大級の駄作ができた....
あと今回とにかく赤面する回になってしまった....
ので、こんな駄作でも読みたければ言ってね〜←なんかうざい

278:とも猫:2016/11/07(月) 17:35 ID:UHE

あっ!パピッピー久しぶり〜

279:とも猫:2016/11/07(月) 18:05 ID:UHE

そういえばパピッピーって小説かくとき紙にかいたりしてからこっちにかいてるの?
ちなみに私はそのまま書いてるから兄がリビングに来たら消さなきゃいけない+保存できない=書き直し
なのでそろそろ下書きしてからかこうと思う

280:IA :2016/11/07(月) 19:08 ID:1zE

ふおおおおおおおおおお!!
パピッピー小説やばやばやばやば!
アリが10匹と、ポイントカードにめちゃ笑った笑笑笑

あと、ともちゃん、めちゃ小説上手すぎ!
あーゆー、めっちゃ赤面する感じの小説、キュンキュンしてめちゃ好き!!
同意件って人いない?( ̄▽ ̄= ̄▽ ̄)

281:IA :2016/11/07(月) 19:25 ID:1zE

クッソ暇いから小説書く感じ
でも明後日テストー笑←ベンキョウシロヨ



一足早いポッキーの日


今日は11月11日。
そう!ポッキーの日!!
さて!今日の任務は、

『キドとポッキーゲームをすることーーーーーー!←』

よーし頑張るぞぉ〜!
って、さっきから僕誰と喋ってるんだろう、、、、
(一人ぼっちの作戦だ〜♪←)

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪


「キードッ♪」

「ん」

「これからどっか行くのー?」

「いや、いつもと同じように、買い物だが?」

よっしゃキター!グッ

「ねーえー!僕も行きたい!」

「は?何でだ?
言っとくが、お菓子は買わんぞ


特に、ポッキーと・か・な」ニヤ




ウッ、、、、

バレてたか、、、、


「ホラ、行くぞ。準備しろ。
今日は一杯仕事してもらうからな。

荷物持ち係。」ニヤ




ううううううううう〜、、、、、、泣



一端切る!

282:IA :2016/11/07(月) 19:42 ID:1zE

続きー!


「え〜と、それ入れろ、白い方な。
あー、牛乳が切れていたな。入れてくれ。
、、、、ムッ、安いな。」

「あのー、キドぉー、、、、
こんなに買うの、、、?
いくら僕がいるからって、この量はないでしょー、、、、」

「ん?いつもの量だぞ。」


マジでー?いつも、こんな量をあんなほっそい腕で持ってるの、、、、?

「さて、帰るぞ。」


ううううううううう〜、、、、、重いいいいい、、、、

結局ポッキーも買って貰えなかったし、
荷物持ちだし、いい事1つもないよ、、、、


、、、、でも、

「今日、、、、は、、、あり、、、、が、、、とな、、、、、/////」ニコッ

「、、、、、

うんっ!」

こんな、かわいい笑顔見せられちゃったら、
それだけで、いい一日だったなぁ、、、、

なんて思っちゃうなんてね。




おしまい!

クッソ駄文クッソ駄文クッソ駄文だああああああああ!!

めっちゃ恥ずかしいわ笑笑

ごめんなさいごめんなさいm(__)

283:IA :2016/11/07(月) 20:55 ID:1zE

誰か…ーー!
居ませんかあああああああ

284:パピッピー:2016/11/07(月) 21:41 ID:Udo

IAさあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん

285:IA :2016/11/07(月) 21:43 ID:1zE

パピッピーいいいいいいいいいいいい!!!!!

286:パピッピー:2016/11/07(月) 21:46 ID:Udo

はいはーい!私IAさんと同意見です!
>>279
私は、学校の暇な時間に思いついたらささっと書いて〜…っとやって、あと他は大体そのままですね

287:パピッピー:2016/11/07(月) 21:49 ID:Udo

すみません!言い忘れましたがとも猫さんも、IAさんも小説すばらしいです!駄作なんかじゃありませんよ!

288:IA :2016/11/07(月) 21:51 ID:1zE

ともちゃんとパピッピーの小説は神だが、、、、
私のは、、、私のは、、、
うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああ

289:ミナズキ:2016/11/07(月) 23:05 ID:4E.

(〃´・ω)ノ コンバンハ♪
明日、テストだお めんどくさいお (´・ω・`)
でも小説読んで自信ついた!
パピッピーとかともちゃんとかIAの小説サイコー!!
いつもありがとうございます( ^ω^ )

290:IA :2016/11/08(火) 00:37 ID:1zE

私明後日テストおおおおお!
ヤバいヤバいヤバい!かなりヤバいわ笑
ヤバすぎて勉強する気も起きんわ笑

ミナちゃん、、、、!なんて嬉しい事を言ってくれるんだ、、、!
ありがとおおおおおお!

291:パピッピー:2016/11/08(火) 07:30 ID:Udo

私は今日テストデイズ

292:IA :2016/11/08(火) 07:47 ID:1zE

みんながんばれー!

293:とも猫:2016/11/08(火) 16:16 ID:UHE

うわあぁぁみんなありがとう〜!
私の駄作をいっぱいほめてもらえてマジで嬉しい!
なので書けたらまた書きます!
(たぶん亀更新)←

294:とも猫:2016/11/08(火) 16:48 ID:UHE

みんなテストとか大変だね
私は算数と社会と家庭科と漢字(国語のテストだったら裏のこと)はできるけど、
理科とか国語の読み取り(テストの表のこと)が.....
しかも中学に行ったらもっと難しく...うわあぁぁ
別におこられたりしないけど高校に行けるかが心配...
国語平均点:85点
理科平均点:80点
中学だったらいいほうかもだけど小学生なので95点位はとらないと...
関係ない話を長文ですいませんでした!

295:ミナズキ:2016/11/08(火) 18:16 ID:4E.

ともちゃん小学生なんですか!?私も小学生ですよ!
関係ないけど皆さんおいくつですか?
よろしければお願いします!

ともちゃん国語とか算数出来て凄い!私は漢字しかなかなか100点取れない!(なかなかというより100点しか取ったことない?かな?)
これからも頑張りましょう!

296:とも猫:2016/11/08(火) 18:46 ID:UHE

うわあぁぁ!ずっと掲示板開いてあったのにクッキー作ってて気づかなかった!
ミナちゃんごめんね!

297:とも猫:2016/11/08(火) 18:48 ID:UHE

ちなみに私は11才で6年だよ!

298:IA :2016/11/08(火) 19:08 ID:1zE

ねぇ!ちょっと!!
みんな頭良すぎない!?
私、学テで50点以上取ったことないよ!?
学年、40人いて、30位だから!!フフ…

ちなみに、13歳の中一でっす!
中学入ったら、勉強マジで難くなるから!
覚悟しといた方がいいよ笑笑

299:とも猫:2016/11/08(火) 19:14 ID:UHE

兄も中学のときはヤバかった!
だから私は小学生の間からがんばってる

300:とも猫:2016/11/08(火) 19:17 ID:UHE

あと私も中学入ったら同じ位になると思う
IAは中学生だから私達より難しいんだよ!

301:とも猫:2016/11/08(火) 19:41 ID:UHE

そういえばIAとかミナちゃんって誕生日いつなの?

302:IA :2016/11/08(火) 19:56 ID:1zE

>>300
いや、、、、私は、授業中落書きばっかしてるからなぁ、、、笑笑

私は、9月11日誕!!

303:IA :2016/11/08(火) 19:56 ID:1zE

あ、いつの間にか300オメー!

304:とも猫:2016/11/08(火) 21:08 ID:UHE

あ、ほんとだ300おめ〜

305:ミナズキ:2016/11/08(火) 23:41 ID:4E.

ォォオオー!!ヽ(゚ω゚ヽ)(ノ゚ω゚)ノ オオォォー!!
私は11歳の5年生! 誕生日は6月5日!カノとかと誕生日が一番近いかな?

306:ミナズキ:2016/11/08(火) 23:44 ID:4E.

テストは、80点以上しか取ったことないかなぁ・・・あ!でも算数は大っ嫌い!家族全員理数系なのに!
くそおおおおお!!

307:ミナズキ:2016/11/08(火) 23:45 ID:4E.

なぜか先生に期待されてる俺氏www

308:とも猫:2016/11/09(水) 13:47 ID:UHE

今日4時間授業だった〜( ^)o(^ )

309:ミナズキ:2016/11/09(水) 13:56 ID:4E.

今日学校休んだ!声でない!どうしよう!

310:とも猫:2016/11/09(水) 16:22 ID:UHE


何があった!

311:とも猫:2016/11/09(水) 16:39 ID:UHE

ミナちゃんテスト80点以上...頭いい!
私こないだ国語で今まで(一年生から)で一番低い点数の65点だしたよ(泣)
しかも私算数得意なのに理科できないし
漢字得意だけど読み取りできないから理数系でもないし、文系でもない中途半端な学力...

312:IA :2016/11/09(水) 19:52 ID:1zE

今日テストだった!
英語が10点台!あはは!笑うしかない笑笑

みんなこんな、中学生になっちゃダメだぞー笑笑

313:IA :2016/11/10(木) 21:59 ID:1zE

誰かああああああああああああああああああ

314:IA :2016/11/10(木) 22:54 ID:1zE

みんな、、、、
生きてるかい、、、、?
誰かぁ、、、、、

315:桜:2016/11/10(木) 23:53 ID:WuY

あ…あの〜お久しぶりです……。
私の事、覚えていますか?
来れなかった理由は…
ゲームを没収されていまして
その……来れませんでした……スイマセン。

316:IA :2016/11/11(金) 07:28 ID:1zE

さーーーーーくーーーーーーらーーーーーーちゃーーーーーーんーーーーーー!!
久しぶりーーーーーー!!
めっちゃ嬉しい笑笑

317:IA :2016/11/11(金) 07:28 ID:1zE

さーーーーーくーーーーーーらーーーーーーちゃーーーーーーんーーーーーー!!
久しぶりーーーーーー!!
めっちゃ嬉しい笑笑

318:IA :2016/11/11(金) 07:29 ID:1zE

2回も、、、、
スイマセン笑

319:とも猫:2016/11/11(金) 19:32 ID:UHE

こんばんは〜
昨日、今日はちょっと忙しくて....
ここ最近なんか忙しいんだよね〜

320:とも猫:2016/11/11(金) 19:38 ID:UHE

習い事とかしてないんだけど、昨日と今日はひいおばあちゃんのお通夜とお葬式があったから....
あと、最近兄の帰りが早いからあんまり見れないんだよね

321:匿名さん:2016/11/11(金) 19:42 ID:1zE

あーそかそか
なんかごめんね笑
しつこいよね笑

322:IA :2016/11/11(金) 19:58 ID:1zE

あ、上の私笑笑
ごめんなさい笑笑

323:零乃◆XA:2016/11/11(金) 21:33 ID:JOA

お久ー

324:IA :2016/11/11(金) 22:09 ID:1zE

おっひさああああああ!

325:桜:2016/11/11(金) 22:24 ID:WuY

パピッピーさんは
最近来てないんですか?

326:IA :2016/11/11(金) 23:36 ID:1zE

そうだねー…最近来てないわー…
小説楽しみなのになぁ…

327:桜:2016/11/12(土) 00:08 ID:WuY

私もパピッピーさんの…
小説楽しみです…………。

328:ミナズキ:2016/11/12(土) 00:37 ID:4E.

なんかお久しぶりです!
パピッピー最近来ないけどまぁ、大丈夫でしょう!
明日も書き込めるか分かりません
ごめんなさい(。>_<。)

329:とも猫:2016/11/12(土) 10:08 ID:UHE

確かにパピッピー最近来ないね〜
でもたぶん忙しくて来れてないんだと思う......

330:パピッピー 違うもので、来てます…:2016/11/12(土) 13:33 ID:Udo

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい

331:パピッピー 違うもので、来てます…:2016/11/12(土) 13:35 ID:Udo

最近色々あって…
小説書かなくちゃですね…ごめんなさい

332:パピッピー 違うもので、来てます…:2016/11/12(土) 14:48 ID:Udo

続きです…ごめんなさい


「おぉ…!」

カ「何かあった?」

さっき、色々誤魔化してやっと、いつもの感じに戻った…
それも良かったが…このうさぎのぬいぐるみ…か、かわいい
いや、待てよ…あのカノの事…「この、うさぎのぬいぐるみが可愛い」何て言ったら…からかうに決まってる!

「いや、何でもない」

カ「え〜教えてよ〜!僕が買ってあげるから♪」

「余計に嫌だ」

カ「キドって本当に、そういうの断るよね」

「なんだ、悪いか?」

カ「いや〜…悪くはないんだけどね〜」

どういう事だよ…

カノ視点

まぁ、キドが言うわけないか
「この、ぬいぐるみが可愛い」な〜んて、言ってくれたらおもしろかったのにな〜
買って行っておこう

「キド、ちょっと僕用があるから、そこらへん見て待ってて」

キ「ん?あぁ、わかった」

「うん、待ってて」

店「有り難うございましたー」

よし…!
なんかさっき店員さんにすっごいニコニコしてたけど

「お待たせ」

キ「ん…なに買ったんだ?」

「フフン…秘密」

キ「なんだよ」

家に買えったら渡そう


切ります

333:ミナズキ:2016/11/12(土) 16:34 ID:4E.

謝んないでください!
全然大丈夫です!(体調以外)

334:パピッピー:2016/11/12(土) 20:28 ID:Udo

ありがとうございます

335:ミナズキ:2016/11/14(月) 01:25 ID:4E.

誰か居ませんか〜?

336:桜:2016/11/14(月) 01:36 ID:WuY

居ます!

337:桜:2016/11/14(月) 01:37 ID:WuY

なんか…日曜日話して無い……。

338:ミナズキ:2016/11/14(月) 07:14 ID:4E.

体\(^o^)/オワタまじ\(^o^)/オワタ

339:IA :2016/11/14(月) 07:19 ID:LBw

パピッピーキタアアアアアア!
小説もキタアアアアアア!
カノ優しい!キドかわいい!( ´∀`)
早く続きプリーズ!

ミナちゃん大丈夫?体調、、、、

340:とも猫:2016/11/14(月) 15:25 ID:UHE

ミナちゃん体調大丈夫?.....
とか言ってる私もゴホゴホしてる
昨日、喉痛くて熱計ったら
平熱:35,8→昨日:37,9に.....
今日はちゃんと学校行ったけどこれってヤバいかな?

341:とも猫:2016/11/14(月) 15:35 ID:UHE

あ、でも体調はヤバかったけどパピッピーの小説はちゃんと読んだ!
やっぱり文才がすごい!!!
私にその文才を少しでもいいから分けてくれ_(._.)_

342:IA :2016/11/14(月) 19:21 ID:LBw

>>341
それな!本当頂戴!!

てかみんな、体調大丈夫かい?
私は、体調は大丈夫だけど、鼻水ズルズルだわ笑笑笑
学校にティッシュ、箱で持ってってる笑笑笑

343:IA :2016/11/14(月) 19:21 ID:LBw

5分後くらいに、小説書くわー

344:IA :2016/11/14(月) 20:19 ID:LBw

小説!((駄文とも言う

カノキドと言うより、キドカノ……
学パロっす!



「くっそおおおおおおおおおお!!」

 保健室から、そんな声が聞こえてきた。



*☆♪*☆♪*☆♪*☆♪*☆♪*☆♪*☆♪*☆♪*☆♪*


「残念だったな、カノ。
お前は一生、俺に勝てるわけないんだよ。ニヤ」

「あははは!これからっすよ!カノ!
頑張って牛乳飲むっす!」 

「あれ?もうちょっとで、私、抜かせません?笑」




「小さいね、おじさん」

「うるさああああああああああああああああああああああああああああああああああああい!!!」

今日は、身体測定。
今日と言う日を、ずっと待っていたカノである。
 それは、キドの身長を抜かすため。
 幼馴染みの、女子に負けているんだから、悔しいのも、当たり前である。

 だが、結果と言うと、負けだ。

 ――――そんな訳で、今、カノは、頬を膨らませて、キドと帰っている。

「まぁ、大丈夫さ。成長期は、きっとこれから来ると思うぞ……フフ…」

「笑ってんじゃん!みんな僕の事チビチビチビチビ………
ヒビヤ君にまで言われたし!
僕の方が大きいのに!」

「何小学生相手にムキになってるんだよ………
ただまぁ………


――――俺は、その身長のカノも好きだけどな。」


「……え………?
身長、高い方がいいんじゃないの?」

「馬鹿。そんなこと一言も言ってないよ、

――――それにな―――」





 ちゅっ……………




「……………!!!/////」

「キス…………しやすいしな。」

 言った後、ニッと笑う顔に、キスで赤面していた顔が、更に赤くなる。

「そっそこは男がキスするのが普通でしょ!?///」

「だけど、お前の身長だと、背伸びしないと届かないだろ?」

照れ隠しに、怒ってみたら、最もな事を言われた。

けど、悔しくて、

「い…いつかは僕の方からキ…キスするからね!」

強がってみたら、

「うん、楽しみにしてるぞ。」

と、少し赤い顔で言われた。


よし!今日から、毎日牛乳飲むぞ…………!!







クソ駄文クソ駄文クソ駄文クソ駄文クソ駄文クソ駄文クソ駄文クソ駄文クソ駄文クソ駄文クソ駄文………

345:IA :2016/11/14(月) 20:20 ID:LBw

5分後どころじゃないっすね、スイマセン

346:とも猫:2016/11/14(月) 22:34 ID:UHE

ふあぁぁ!!
IAの小説最高!
断然カノキド派だったけどキドカノもいいね
全然駄文じゃないよ!私の方が10倍以上駄文だよ

347:とも猫:2016/11/15(火) 16:16 ID:UHE

パピッピーもIAも文才が....すごい!
私なんて.....私なんて.....うわあぁぁぁぁぁぁぁ
駄文どころじゃないよ(泣)

348:IA :2016/11/15(火) 18:56 ID:LBw

いやいやいやいや、
とも猫ちゃんの小説の方が上手いから!
よければまた書いて欲しいなー|_-)ナンテ

349:IA :2016/11/15(火) 19:08 ID:LBw

あ…の…ね…?



カラダ掲示板やってる人いるかな…?



いたら教えて?

350:とも猫:2016/11/15(火) 22:28 ID:UHE


カラダ掲示板とは?

351:IA :2016/11/15(火) 23:01 ID:LBw

何でもないです何でもないです何でもないです何でもないです何でもないです!!!!!!

本当気にしないで下さい!本当何でもないです!!

352:ミナズキ:2016/11/16(水) 00:59 ID:4E.

体大丈夫です!38.9出ただけなんで!まぁ、治ったけど・・・
とりあえず小説┏○)) アザ━━━━━━━━ス!
マジでサイコー!!!
(>・ω・)>オーマイ(/・ω・)/ダーティー!

↑小説が(>・ω・)>オーマイ(/・ω・)/ダーティー!じゃないから!
後、ちゃんずけで呼ばないで!(/-\*) ハジュカチ…

353:IA :2016/11/16(水) 19:18 ID:LBw

あ、熱直ったんだ!
おめでとー!

小説、感想ありがとね!

でわ!これから、ミナって呼ぶわー( *・ω・)ノ

354:とも猫:2016/11/16(水) 22:05 ID:UHE

うわあぁぁ!
ごめんね〜!!
これからはミナって呼ぶよ

355:零乃◆XA:2016/11/17(木) 16:31 ID:JOA

お久ー!(私これしか書いてねぇ...)
みんなの文才が凄い!凄い凄い凄い凄い((殴 ウザいよ?w byカノ
今日こそ小説を!書く!(文才無いけど)

356:IA :2016/11/17(木) 19:57 ID:W8E

おーーーーーーーーーー!!!
超楽しみー!!

357:パピッピー:2016/11/17(木) 20:23 ID:Udo

すみません!これから、小説の更新が遅くなると思います…これからまだまだあるのに…

358:パピッピー:2016/11/17(木) 20:24 ID:Udo

ど、どうしよう…ごめんなさい

359:桜:2016/11/17(木) 20:51 ID:WuY

パピッピーさん、大丈夫ですよ!!

360:零乃◆XA:2016/11/17(木) 21:30 ID:JOA

>>357 全然大丈夫だよ!

さて小説ー(カゲロウデイズ攻略後)
キド目線

今日、唐突にカノに呼び出しを食らった。
今日は暇だし、一日有意義に過ごそうと思ったのにな
ああ、俺は木戸つぼみだ。

「何で、呼んだ?」

今も能力が有るから彼奴の考えている事何て解る訳が無い
能力無くても分かり辛いのにな。

「いや、ちょっと彼女の振りしてくれない?」

.......意味が解らない。しかも何で俺なんだ?マリーとかモモとかの方が女子っぽいのにな........

「............説明してくれ」

「うん、まずね.......」

長かったのでまとめた。
1、勤めている会社の社長の娘がカノに一目惚れ(?)した
2、結婚してくれと言われて困っている
という事らしい。何故、結婚しないのか聞いたら「好きな人いるから」と返ってきた
カノの好きな人って誰だろうな.....っ!べ、別にかかか、カノの事が好きな訳じゃ無いからな!

「何で、俺何だ?」

「マリーとか、キサラギちゃんに掛けても繋がらなくてね」

ー切りまーすー続く!

おまけ!(書きたかったから書いた!後悔はしていない!)
カノ目線

「マリーとか、キサラギちゃんに掛けても繋がらなくてね」

と、僕は言った。でも、これは嘘だ。僕は彼女の振りをして貰うならキドしかいないと思ったからね

361:とも猫:2016/11/17(木) 22:01 ID:UHE

零乃ちゃんの小説初めて読んだ!
零乃ちゃんも文才がすごい....
うわあぁぁ!私だけだよ文才ないの

362:零乃◆XA:2016/11/17(木) 23:07 ID:JOA

>>360 上から8行目の所訂正します!
モモ→キサラギ
>>361
そんなこと無い無い!!
私の文才は科学者に爆破されたから!
とも猫ちゃんの方が上手いよ!

363:桜:2016/11/17(木) 23:07 ID:WuY

イエイエ、私のが文才がありませんよ…。
(ワタシショウセツカケナイシ…

364:桜:2016/11/17(木) 23:09 ID:WuY

>>361
  とも猫さんにです。

365:零乃◆XA:2016/11/17(木) 23:15 ID:JOA

あ、桜さん今晩はー!
零乃(れいの)です!
一応駄作書かさせて頂いています!

366:桜:2016/11/18(金) 15:54 ID:WuY

挨拶遅れました!!
零乃さんよろしくです!
(ホントウ オクレテ スイマセンデシタ…。

367:とも猫:2016/11/18(金) 16:09 ID:UHE

零乃ちゃん!爆破された文才はもう元に戻ったんだよ!!
なので零乃ちゃんは文才があるってことだよ

368:とも猫:2016/11/18(金) 16:12 ID:UHE

そういえば桜ちゃんと話したことあんまりないかも.....?

369:零乃◆XA:2016/11/18(金) 18:39 ID:JOA

>>366
良いですよ!宜しくです!
>>367
そんな事無いよ!木っ端微塵に文才と言うものは吹き飛んだから元に戻っていないよ!
(吹き飛ぶ前から文才無かったけどね!ww)

370:IA :2016/11/19(土) 09:43 ID:ZUI

>>358大丈夫だよ!
零乃ちゃん!めっちゃ小説上手ッ!
こーゆー、偽彼氏みたいなのスゲー好き!
続き期待( *・ω・)ノ

371:パピッピー:2016/11/19(土) 14:00 ID:Udo

零乃さんすっごい小説上手ですね!続き楽しみにしてます!!

372:パピッピー:2016/11/19(土) 16:23 ID:Udo

続きです


ん〜…キド恥ずかしいのかな?全然欲しいものとか言ってくれないな〜
今日も、ほぼ日用品
あ〜あ…もう少し甘えてくれたって良いのに…

キド視点

あのうさぎ可愛かったな…
まぁ、仕方ない…!諦めよう…
今日も日用品しか買わなかったが、良いだろう

玄関に向かっていると、アクセサリーショップがあった。
あ…綺麗なネックレス……
俺の目に留まったのは、綺麗な紫色をしたアメジストのネックレス
いや、あんな綺麗なネックレス俺に似合う訳がない

カ「あ、このネックレス、キドつけてみてよ」

「嫌だ」

カ「え〜、なんで?」

「そんなの俺に似合う訳がない…!」

全く…どこが似合うっていうんだ

カ「あ〜…つまり、もっと綺麗でお高いものが良いと…」

「違う!その逆だそんな綺麗で高いネックレスは俺に似合わない!」

カ「ん〜…なんでそう、遠慮するのさ」

「遠慮なんて…!」

カ「もう、つべこべ言わずつけてよ。ほら」

「わっ…!」

カノに無理やりネックレスを付けられた
やっぱり、綺麗…
いや!ダメだダメだ…!
こういうものはもっと似合う人がいる

カ「あ〜♪似合うよ」

「どこが…!」

カ「欲しくないの?」

「ほ、欲しいなんて、一言も言ってない!」

カ「まぁ、もうキドのものだけどねw」

「は?」

俺のもの?どういう事だ…
ん?

〈ピラッ…

タグ…?

カ「もう、お会計済みでーす!」

「一体いつ…」

カ「ん?あぁ、えっとねキドが「欲しいけど、絶対似合わない!」的な顔してるとき」

「な…!」


どうしよう駄作の予感♪切ります

373:パピッピー:2016/11/19(土) 19:12 ID:Udo

続でーーす


カノ視点

うん、キドは紫色が似合うな〜♪
今、ドレスだし凄い…綺麗…だな

キ「と、とりあえず…これ」

「ん…?お金?いいよ、僕からのプレゼントってことで」

キ「いや、そういうわけにも…」

「それじゃ、後で貰うよ」

まぁ、もらったらこっそり返すか
帰っている間にキドが忘れるかな〜…
僕たちは、家に向かった。


〜…帰宅…〜

「「ただいま」」

母「あら、おかえりなさい!何か買えたかしら?」

キ「お陰さまで、色々買えました」

母「それなら良かったわ」

ハァ…やっと家についたー
部屋に戻ったらキドにぬいぐるみを渡そう
あ…でも、ちょっとしたサプライズしても良いかも…

母「それで、修哉〜…?」

「ん?」

母「馬はどうしたのかしら…」

「「あ…」」

おいてきたままだった…!

「と、取りに行ってきまーす!!」

キド視点

あ!行っちゃた…

母「全く…修哉ったら…ごめんね、キドちゃん」

「え、あ…いえ、こちらこそごめんなさい…」

俺も、気付かなかったし

〈パカラッ…

母「帰って来たわね」

カ「フー…ただいまー」

母「お疲れ様。それじゃあ、お夕飯ができるまで、お部屋でゆっくりしててね」


切ります…

374:IA :2016/11/19(土) 21:20 ID:how

きゃああああああああああああ!!!!
パピッピー久しぶりー!
嗚呼……久しぶりにパピッピーの小説読めて幸せ…(o ̄∇ ̄o)♪

375:パピッピー:2016/11/19(土) 21:25 ID:Udo

IAさーん!お久しぶりです!なんとか、小説を更新できましたー!

376:とも猫:2016/11/20(日) 10:00 ID:UHE

パピッピー久しぶりいいいいい!
やっぱりパピッピーの小説神!!
カノかっこいいし
キドかわいいし
マジ最高〜

377:パピッピー:2016/11/20(日) 10:49 ID:Udo

続きよ!


カノ視点

〜…カノの部屋…〜

ん〜…タイミングがつかめないな〜
もう少ししたら夕飯の時間になっちゃうし…
そしたら、キドが風呂に入っている時しかないか…
でも、どういう風に渡したら良いだろう…?
ベットの上に置いておいて…メッセージカードでも、付けておけば…

─………─………─………─………─………─………─………─………─………─………─
今、キドは風呂に入ってる
チャンスは今しかない…!

「おじゃましまーす…」

〜セット中〜

よし!なかなか可愛いんじゃない?
キド、どういう反応するかな
それじゃ、キドが部屋に戻ってくる前に…

「失礼しました〜」

キド視点

ハァ…なんだか、風呂に入ったら眠くなってきた…
まだ、9:00…少し早い気がするが、部屋に戻ったらすぐに寝よう…

〈ガチャ…

「え…?うさぎ?」

俺が部屋に入ると、うさぎのぬいぐるみがベットの上に座っていた。
なんで、あのうさぎが…?
か、可愛い…
懐かしいな…小さい頃に貰ったうさぎのぬいぐるみ
あれは、確かお姉ちゃんに貰ったんだよな
ん…?メッセージカード…
┌───────────────────────┐
│木戸つぼみちゃんへ

│はじめまして♪
│見てのとおり僕はうさぎのぬいぐるみ
│僕まだ、名前がないの
│だから、つぼみちゃんに名前決めて欲しいんだ
│これからよろしくね!

│ うさぎより
└───────────────────────┘
カノの奴こったことやりやがって…

「カノ!!」

〈ガチャ!

カ「うわぁぁ…!」

カノが買ってくれたんだとしたら…

「え…と、その…ありがとう」

カ「どういたしまして」

ん…このぬいぐるみ、抱いてると温かい

カ「気に入ってくれて嬉しいよ。それで名前は?決めた?」

名前…考えてなかったな

「今度決める」


切りますね〜

378:IA :2016/11/20(日) 12:56 ID:how

ふぉおおおおおおおおおお!!!
キドさんかわいいかわいいかわいい!!!
ツンデレキターーーーーーーーー!!!!
カノ君超優しい………( ;∀;)

ヤベェ続き気になる!早く続き続き!!

379:とも猫:2016/11/20(日) 17:22 ID:UHE

続きが....気になる!
パピッピー小説プリーズ!!

380:とも猫:2016/11/20(日) 17:41 ID:UHE

あ、そういえばみんなって身長何センチ?
いやほんと聞く必要全くないんだけど
私ちょっと身長高め(?)で、嫌だからみんなの中に同じ位の身長の人いないかな…
と思って....
(私の我がままです!スイマセンorz)
ちなみに私の身長は157cmです(大して高くねーよ‘σ(`´メ∂テヤッ)

381:とも猫:2016/11/20(日) 17:42 ID:UHE

私ムダな話多いよね…
ほんとスイマセン!!!

382:ミナズキ:2016/11/20(日) 19:10 ID:4E.

大丈夫ですよ!こんなふうに生活面の話するのも楽しいじゃないですか!
私の身長は、143.7です

皆さん小説上手ですよね〜
その文才ください!

383:IA :2016/11/20(日) 19:21 ID:how

聞いて驚け!!
中1で141.4だぁ!!
保育園の頃から、今まで、学年で1番小さいって記録しかないぞ!!
アッハッハッハッハッ( ;∀;)

384:パピッピー:2016/11/20(日) 20:06 ID:Udo

続きです

カ「じゃあ、僕も風呂に入ろっと」

「あぁ、わかった」

〈ガチャン…

名前…か
何にしよう…?
うさぎのうさ?
いやいやいや、そんな名前ダメだ
カノがくれたから…カnって

「恥ずかしすぎるだろ!!」

あ〜!
名前どうしよう

カノ視点

ハァ…もう、10:30か…
まだ、起きててもいいけど
眠いし、寝ようかな

〜夢〜

『気……てよ』



『ねぇってば!なんで気付いてくれないのさ!』

だれ…?

『やっと気付いてくれたんだね!』

え…?
だれ…

『だれとは酷いな〜…』

酷いって言われたって…
君のこと知らないし

『え〜!それじゃあ、説明するよ…あーでも、難しい咄になっちゃうけどいい?』

うん

『じゃあ、ちょっと話そうか…僕は君で君は僕なんだ』

はい?

『僕は僕つまり君の〜…あのさ、修哉って呼んでいい?』

呼び方は好きなようにしていいよ

『僕は修哉の『本心』が形になって現れた様なものなんだ。意味わかるかな?』

ん〜…君は僕の心の中の人見たいな?
でも、そんな人本当に…

『ん〜まぁ、僕もよくわかんないけどね〜いるよ』

へぇ…

『あ、そうそうなんで僕が修哉の意識の中にいるかわかる?』

いや…なんで?

『修哉はさ小さい頃から『本心』を欺くのが得意でしょ?』

はあ…?

『例えば…修哉はさ、父さんの機嫌を損なわないために、本心を欺くでしょ?』

本心を欺く?
あんまりよくわかんない…

『まぁ、無意識にやってるしね』

無意識…に…
で、それが、どうかした?

『あぁ、ちょっと、遠回しに言い過ぎたかな…それじゃ、本題。』



疲れた…切ります

385:パピッピー:2016/11/20(日) 20:10 ID:Udo

私は、小6150cm位です

386:零乃◆XA:2016/11/20(日) 21:04 ID:JOA

お久ー
パピちゃん凄い!(呼び名すいません)
いやいや、パピちゃんが神なら(神だけど)私は、道路の空き缶......いや、道路のホコリぐらいだよ!?
あ、身長?
小六、146cmだ!アハハハハハハハハハハハハ((

387:零乃◆XA:2016/11/20(日) 21:23 ID:JOA

小説!(キド目線)

「マリーとかキサラギちゃんに掛けても繋がらなくてね」

......そうだよな、俺なんてマリーとかが繋がらなきゃお呼びになんてなら無いもんな....
って、なんで悲しんでいるんだ?関係無いのに.....

「............キド!行くよ!」

「あっ、お、おお」

「.......どしたの?そんな慌てちゃってさ」

カノは相変わらずケラケラ笑っている。
彼奴、なんで笑ってるんだ?自分の人生に関わるのに.....

「おーい?」

「.....っ!....ああ、悪いな」

「良いよ?行こうー」


ー切りまーすー

駄作だ駄作だ駄作だ駄作だ駄作だぁぁぁああああ!!
しかも短いし!嫌だ、もう死にたい............
御免なさいすいませんでしたぁぁぁああ!!!!!

388:IA :2016/11/20(日) 21:31 ID:how

::|__
::|  \
::| 、_ \ パピッピーも零乃ちゃんも
::| (●) \ 小説上手すぎ……文才くれ………
::|人_)⌒:: |
::|⌒´  / そしてみんな身長高い……
(⌒ー―′ ) 小説くれ………
::|

389:パピッピー:2016/11/20(日) 21:32 ID:Udo

いえいえ!零乃さんの小説、全っ然駄作なんかじゃありませんよ!!続きスッゴク気になります!!
(私の方が皆さんよりレベルが低いんじゃ…)

390:IA :2016/11/20(日) 21:46 ID:how

>>388
間違えたー!身長くれの間違いです、スイマセン

391:桜:2016/11/20(日) 21:56 ID:WuY

>>380
私は、小6で152cmです。

392:桜:2016/11/20(日) 21:58 ID:WuY

パピッピーさんの
      小説上手すぎです!!
              (ウラヤマシイ

393:パピッピー:2016/11/20(日) 23:15 ID:Udo

あ〜!桜さん!!ひさしぶりです!
いやいや…私なんてまだまだです…

394:とも猫:2016/11/21(月) 08:35 ID:UHE

うわあぁぁ!
パピッピーも零乃ちゃんも小説うますぎ!
続きがめっちゃ気になる

395:とも猫:2016/11/21(月) 08:53 ID:UHE

そういえば今日は学校休みだったヾ(^v^)k
でも平日だから兄も父も母も家にいない…
普通の一軒家だから一人はちょっと寂しい
しかも昼ご飯考えて作るのめんどくさい…
心のつぶやき(ただでさえ土日の昼と夜は私がご飯作ってるのに…)

396:とも猫:2016/11/21(月) 09:16 ID:UHE

そして…みんな!聞く必要のない私の我がままにこたえてくれてありがとう!ヾ(^v^)k
IA…聞いて驚いた!でも大丈夫(?)中3までが身長を大きく変える期間だから!
あと2年あるよ!(^^)!

なんか上から目線でスイマセン!<(_)>

397:IA :2016/11/21(月) 19:39 ID:how

そうだよね!!
これからが成長期だよね!!
きっとこれから伸びるぜ!!うん!!

……と言い続けて、もう何年もたった………( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

398:とも猫:2016/11/21(月) 21:01 ID:UHE

いやほんと大丈夫!...うん
だって兄の友達(女)も中二まで身長145cm位だったけど
高校生になって久しぶりにあったら156cm位になってたから!
私が言うとほんとにイヤミにしか聞こえないから…スイマセン!<(_)>

399:IA :2016/11/21(月) 21:09 ID:how

いやいや、大丈夫だよー!
うんうん!これからきっと伸びる!!
そう信じよう……

400:とも猫:2016/11/21(月) 22:27 ID:UHE

そう!信じてれば大丈夫…たぶん…うん

401:白雪 400おめ:2016/11/22(火) 18:00 ID:gkY

今日アヤノの誕生日ーー!!

はい。久しぶりなのにこんなのですみません!!!!!
あ、皆さんの小説見てましたよ?毎回楽しみです!コメしなかっただけです……。

402:IA :2016/11/22(火) 19:31 ID:tsg

白雪ちゃんーーーーーーーー!!!
久しぶりいいいいいい!!!!会いたかったよ―!!
そして400&アヤノの誕生日おめでとー!!

403:とも猫:2016/11/23(水) 16:05 ID:UHE

あれ?私白雪さんとは初めまして…かな?
たぶんそうだと思うから自己紹介します!
えっと、11才で小6のとも猫です!
一応小説は書いたけど史上最大級の駄作なので…
と、とにかくよろです(*^^*)

404:IA :2016/11/23(水) 17:18 ID:vJU

駄作じゃないべ笑笑

405:パピッピー:2016/11/23(水) 19:55 ID:Udo

400おめでとうございます!!
一日遅れですが、アヤノのお誕生日おめでとうございます!

406:パピッピー:2016/11/23(水) 20:03 ID:Udo

あ、あの〜…うさぎのぬいぐるみの名前…みなさんが考えてもらえませんか?

407:IA :2016/11/23(水) 21:09 ID:Atc

悩んだあげくカノにする!

408:パピッピー:2016/11/23(水) 21:41 ID:Udo

カノですか。他のかたは何かありまさすか?
まぁ、これが、このあと小説に何か関係があるわけじゃないんですが…

409:桜:2016/11/23(水) 23:06 ID:WuY

カノ しゅうや のしゅうをとって
     しゅうちゃん……とか…。

410:桜:2016/11/24(木) 02:04 ID:WuY

私…名前のセンス
無いですね………。
             (スイマセン

411:ミナズキ:2016/11/24(木) 02:55 ID:4E.

遅れてスイマセン…

名前かぁ・・・ なんとなくリスラとかどう?

412:ミナズキ:2016/11/24(木) 02:56 ID:4E.

そしてアヤノ誕生日オメ━( ´∀`)━!!!!

413:パピッピー:2016/11/24(木) 07:32 ID:Udo

桜さん、ミナズキさんありがとうございます!
しゅうとリスラですか…
あ!えっと…報告ですが、昨日小説に関係ないっって言いましたが、ハッピーエンドの方で出てくるかも…

414:白雪 ツッコミ募集中。:2016/11/24(木) 14:15 ID:gkY

>>403
小説凄いじゃないですか!あれを駄作と言うのなら私が他の所で描いてる小説は駄作どころかゴミですぞ。

415:ミナズキ 破壊神だぉ:2016/11/24(木) 16:16 ID:4E.

ゴミじゃないですよ!私からしたら神レベルですよ!
私は破壊の神だけど!(/・ω・)/破壊ッ!行動ッ!だね

416:とも猫:2016/11/24(木) 16:48 ID:UHE

ちょっ!白雪さん私の小説は駄作を凝縮して固めたものだから…\(^o^)/
ってことで白雪さんも小説書いて下さい!_(._.)_

417:パピッピー:2016/11/24(木) 18:02 ID:Udo

うぁぁぁぁあ!
白雪さーん!お久しぶりですぅ!!
なんか…ごめんなさい…
>>416に同意です♪

418:パピッピー:2016/11/24(木) 18:06 ID:Udo

あ…間違えてますね…≫416
こうかな…やり方を忘れた

419:パピッピー:2016/11/24(木) 18:33 ID:Udo

〉〉148こうか…!

420:パピッピー:2016/11/24(木) 20:43 ID:Udo

だれか…
>>418どうだ!!

421:とも猫:2016/11/25(金) 19:33 ID:UHE

そういえば私↑の青いやつできないんだよね…
どうやるんだろ…

422:IA :2016/11/25(金) 20:46 ID:huk

>>420
パピッピーかわいい笑笑

>>421
半角の、>←こういうやつを、2個出して、
後ろに、飛びたいコメントを打ったら、出るよー!

423:IA :2016/11/25(金) 20:47 ID:huk

コメントじゃなくて、コメントの番号ですね……スイマセン

424:とも猫:2016/11/25(金) 21:52 ID:UHE

やってみる!
<<423こう?

425:パピッピー:2016/11/25(金) 21:53 ID:Udo

続きーです!



『…も、もう一回確認するけど、僕は、修哉の『本心』であって、僕がいうことは修哉の本当の気持ちだからね?』

あー…うん

『僕さ…!』

い、いきなりテンション上がるね…

『んんっ…僕さ、最近キドの事が気になるんだよね…』

気になる?キドの事を?

『そう、具体的に言うとすk…』

待った待った!
ぼ、僕があのキドを!?
いや、ないないない…

『全く…こうなると思って先に忠告したのに……じゃあさ………よいしょ!…どう?』

え…キ、ド

『フフン…似てるでしょ?』

う、うん…

〈ドクン…

『ほら!ほらほらほら!!気付いた?修哉は『キドの事が好き』なんだって!』

でも、キドなんて
自分勝手で、すぐ殴ってくるし
一人称が[俺]で、男っぽいし…
一人で抱え込む癖があるし
頼りにしてくれないし
素直にならないし…

『最初の3つは置いといて、抱え込む癖と、頼りにしてくれない、素直にならない。て、いうところで、キドの気を惹き付けたい。って事が、『好き』になったんだよ』

僕が………そんな事…
僕に…好きな人が…?

『一生ない。なぁんて思わないで』

あ、りが、とう

『自分の気持ち…わかった?』

うん…

『それなら良かった!それじゃ、バイバィ…』


「んん…」

朝…?
なんか、凄い夢をみた気がするけど…覚えてないや


切るッス!!

426:とも猫:2016/11/25(金) 21:54 ID:UHE

あれ〜?もしかしたらPS3では出来ないのかも…(泣)

427:パピッピー:2016/11/25(金) 21:54 ID:Udo

>>424
逆じゃないですか?

428:とも猫:2016/11/25(金) 21:57 ID:UHE

そ、そうか!
やってみる!
>>427
これで出来なかったらPS3では出来ない…

429:とも猫:2016/11/25(金) 22:00 ID:UHE

やった〜!できた(*^^*)
パピッピー、IAありがとう!

430:とも猫:2016/11/25(金) 22:01 ID:UHE

あと久しぶりの小説!最高〜!

431:パピッピー:2016/11/25(金) 22:17 ID:Udo

お役に立てて良かったです!

432:IA :2016/11/25(金) 22:30 ID:huk

>>428
おー!おめでとう!

パピッピー!小説最高だよ!
本当文才ありすぎでしょ!
くらさい(´・ω・`)

433:パピッピー:2016/11/26(土) 07:36 ID:Udo

上げましゅ(*´ω`*)

434:パピッピー:2016/11/26(土) 08:04 ID:Udo

そういえば、カノの夢に出てきた人は、目を欺く能力が、あると思ってください(0_0)→(@_@)カッ…

435:パピッピー:2016/11/26(土) 09:06 ID:Udo

続きですが何か?(私の苦手なタイプ…)


キド視点

今日もよく寝られたな…
6:50か…起きるにはいい時間だろう
起きたばかりでだるい身体を持ち上げると、昨日のうさぎのぬいぐるみが目にはいった。
名前…どうしよう

〈ブブッ…

ん…メール
エネからだ…

お嬢様へ

日に日に、お姉さまの体調もよくなり、あと一週間もすれば、完全に回復するでしょう。
回復し次第、お姉さまのご結婚相手のお家へ向かいます。
家の工事も徐々に進んでおり、あと二ヶ月で完成予定です。
お嬢様も体調にお気を付けて

エネより

二ヶ月…
二ヶ月立ったら大体9月上旬位か
そしたら、カノとも…会えなくなるな…って、おいおい!!
なに考えてるんだ…俺は
さっさと、起きよう…

〈ガチャガチャ…

コノハさんだ…

「おはようございます」

コ「あぁ、キドちゃんおはよう」

今日は、お味噌汁があるから、和食か…

コ「今日は和食なんだけどどうかな?」

「凄く美味しそうです」

コ「ありがとう」

キッチンを見渡すと、一枚の写真が貼ってあるのに気がついた
近づいて見ると、その写真の人物…それは、エネだった。

「エネ…?」

コ「ん?その写真の子ね、僕の同級生なんだ。僕の『コノハ』って言うのは、その子がつけてくれて…嬉しかったな〜…」

エネがつけたのか…だからどこかしら似てると思った

コ「それより、何でエネの事知ってるの?」

「あぁ、えっと…うちの方で働いていて」

コ「へぇ!それじゃ、エネの本名はわかる?教えてもらった?」

「いえ…」

コ「あの子の名前は、榎本貴音だよ」

「榎本貴音…」



短いですが切ります

436:とも猫:2016/11/26(土) 09:31 ID:UHE

ふおおおお!
パピッピー小説すごすぎ!
私にも文才を分けてくれ!m(._.)m

437:GUMI:2016/11/26(土) 14:41 ID:ZGs

本当それな!

なんか、本編のカゲプロと会ってて、すごい!
さらに小説上手すぎ!
パピッピー神だ!!

438:IA:2016/11/26(土) 14:42 ID:ZGs

間違えました……上の私です笑笑笑

439:パピッピー:2016/11/26(土) 16:35 ID:Udo

暇デイズ

440:パピッピー:2016/11/26(土) 16:46 ID:Udo

あの〜…そういえば、バットエンド、ハッピーエンド…ってありますが、トゥルーエンドって書きますか?
(余りいいエンドとは言えない)

441:みるく:2016/11/26(土) 16:51 ID:6gU

あの、こちらに入っても大丈夫でしょうか?

442:パピッピー:2016/11/26(土) 16:54 ID:Udo

良いと思いますよ…!

443:みるく:2016/11/26(土) 17:43 ID:6gU

あ、ありがとうございます(>_<)

444:パピッピー:2016/11/26(土) 17:49 ID:Udo

続きです



ちゃんと名前があるのに、どうして…家主に教えないんだ?

コ「貴音はね…なんか、色々あるの!って言って本名を教えないんだ」

「色々…」

コ「まあ、そこは深く聞かないであげて」

「は…い」

.:-:.....:-:.....:-:夜:-:.....:-:.....:-:.一気に飛びまーす


カノ視点

あー…暇だなぁ…
今日一日何処にもいかなかったし…
唯一あったとしたら…キドが作った昼飯がおいしかった位
キドの様子でも見に行こうかな〜…

〈コンコン…

「もっしもーし…」

キ「なんだ…何かようか」

「いや〜?用っていう用はないんだけど…入っていい?」

キ「あぁ、いいぞ」

「しっつれいしまーす…」

僕が部屋に入ると、キドは真剣に何かを悩んでいるようだった

「なーにしてるの?」

キ「いや…」

「もう…話してくれたって良いじゃない」

キ「嫌だ」

「何でさ?」

キ「しつこいぞ」

キドが見てるのって…うさぎ?

「うさぎの名前考えてるの?」

キ〈ビクッ…!

うわ…分かりやす

キ「いや別に…ぅ、うさぎの名前なんて考えてないぞ!!」

あんな真剣に考えるなんて…ww
今さら否定したって遅いよw

「ブファ!ククク…あ、いやフフ…ごめ…」

おもしろ!

キ「な、なに笑って…!」

「グハッ…」

いったー…キドにみぞおちを…殺られた…

「いてて…っ、それで?決まった?」

キ「ぅ…き、決まってない…」



本当に名前どうしよう!!
切ります

445:パピッピー:2016/11/26(土) 17:52 ID:Udo

みるくさんでいいですか?

446:みるく:2016/11/26(土) 18:17 ID:6gU

はい。みるくでもみるでもいいです。

447:パピッピー:2016/11/26(土) 18:38 ID:Udo

( ´∀`)

448:みるく:2016/11/26(土) 19:01 ID:6gU

自己紹介したほうがいいですか?

449:みるく:2016/11/26(土) 19:01 ID:6gU

自己紹介したほうがいいですか?

450:みるく:2016/11/26(土) 19:03 ID:6gU

重複してしまいました。
すみません…

451:零乃◆XA:2016/11/26(土) 19:37 ID:JOA

お久ー!
コメ返しなし!(キッパリ)
>>444 カ、カノ....殺られたってwww
文才下さい......って言いたいけど文才貰っても、面白くならないんで良いです(何が言いたい? byキド)

452:零乃◆XA:2016/11/26(土) 19:43 ID:JOA

あ、みるくさん!初めまして!
零乃(れいの)です!
一応、駄作書かせて頂いてます!宜しくお願いします!

453:パピッピー:2016/11/26(土) 19:54 ID:Udo

ヌグアァァァアアァアアアァァアァァァァアアーーーーーーーーーーー!

454:みるく:2016/11/26(土) 20:31 ID:6gU

パピッピーさんテンションすごいですね〜(^◇^)

455:みるく:2016/11/26(土) 20:34 ID:6gU

パピッピーさんテンションすごいですね〜(^◇^)

456:みるく:2016/11/26(土) 20:35 ID:6gU

すっすみません…重複してしまって…

457:みるく:2016/11/26(土) 20:36 ID:6gU

何故か重複してしまいます…

458:パピッピー:2016/11/26(土) 20:41 ID:Udo

ヌグアァァァアアァアアアァァアァァァァアアーーーーーーーーーーー!
ヌグアァァァアアァアアアァァアァァァァアアーーーーーーーーーーー!

459:パピッピー:2016/11/26(土) 21:47 ID:Udo

明日特になにもないので、バンバン更新する予定です!!

460:パピッピー:2016/11/26(土) 22:12 ID:Udo

続きです


決まってないのか…
!そうだ、キドを軽くいじめてやろう…

「へー…決まってないんだー僕が買って上げたのに、まーだ決まってないんだ…うさぎちゃんもかわいそーだねー…」

461:パピッピー:2016/11/26(土) 22:12 ID:Udo

あ…

462:パピッピー:2016/11/26(土) 22:13 ID:Udo

まあいいや…

463:零乃◆XA:2016/11/27(日) 00:34 ID:JOA

>>453
パピちゃん、大丈夫!?

みるくさんs
気を付けて下さいねっ!

>>459
ウェェェェェーーーーーーーーーーーイ!
やったね!パピちゃんの神作がたくさん見られるよ!

464:みるく:2016/11/27(日) 09:43 ID:6gU

零乃さん、これからよろしくお願いします。
パピッピーさんの神作、楽しみです❗

465:零乃◆XA:2016/11/27(日) 09:55 ID:JOA

>>464
うん、宜しくです!
あ、そういえば呼びタメおk?

466:パピッピー:2016/11/27(日) 10:11 ID:Udo

>>460は忘れてください
続けた?


決まってないんだ…つまんないな〜…
まぁ、そこまで真剣に悩むまでもないことだけど…

「それじゃあ、好きなものの名前とかは?」

キ「好きなものっつったって…」

「いや〜…キドもなかなかピュアですね〜ww」

キ「はぁ!?るっせ…もう一発殴るぞ」

口悪いなー…全く…

「ほらほら…だーめでーすよー?【女の子】なんだから」

キ「おい…ナゼ女の子だけ強調したんだ」

「ん〜?なぁに〜?」

キ「俺の事を冷やかしに来たんなら帰れ…!」

キドは僕の背中を押して部屋に戻そうとする
けど、暇だから帰りたくない…!

「いや…だ…!!」

キ「おとなしく…帰れ」

「いーやーだー…」

裕美視点

はぁ…私ったら、だんだん二人を盗聴するのが、日課になってる気がするわ…
それにしても…この二人はいつなったら素直にくっついてくれるのかしら…
キドちゃんは…修哉の事をそろそろ気になったても、いいんじゃない?
修哉も修哉で、もうどんどん攻めちゃってもいいと思うのに…

『なんだよ…!』

『いいじゃん…別に…!』

あら、喧嘩?

『出てけ…!』

『やだぁ!』

まさか修哉がキドちゃんに何かしたのかしら…
ん〜…でも、楽しそうだしほっときまし
しっかし、なかなか粘るわね…

『『ハァ…ハァ…』』

あら…疲れちゃった?

『そもそも…何で…きた』

『別に…いいんじゃん…』

『意味もなしに…来るな…よ』

言い争いが続くわね…
ん〜…なんだか眠くなってきちゃった…



切ります

467:パピッピー:2016/11/27(日) 10:16 ID:Udo

神作って…
お世辞にしても、ほどがありますよ

468:みるく:2016/11/27(日) 12:00 ID:FBA

お世話じゃないですって❗

469:パピッピー:2016/11/27(日) 12:45 ID:Udo

( ´∀`)

470:とも猫:2016/11/27(日) 14:04 ID:UHE

わぁ〜新入りさんよろです!
小説のことはちょっと…駄作すぎて(泣)

471:とも猫:2016/11/27(日) 14:07 ID:UHE

私はタメOKだけどみるくさんは大丈夫ですか?

472:みるく:2016/11/27(日) 14:55 ID:sZw

ぜんぜんOKです。
とも猫さん、これからよろしくお願いします。

473:パピッピー:2016/11/27(日) 15:05 ID:Udo

バットエンド入りました〜!!
続き書くで〜



キド視点

カ「い、今…何時」

時計どこだ…

「10:56…だな」

カ「寝ようか…」

「あぁ」

カ「おやすみ…なさい」

眠い…

「おやすみ…」

―>〉数日後〈<―

最近、カノの部屋と俺の部屋の行き来が多い気がする…
俺も俺だが、カノもカノだ
俺が、外を見ると、空は茜色に染まっていた。
もうそろそろ本格的な夏が来る…
夏が秋に変わる頃には、俺は元の生活に戻る。…のか

〈コンコン…

カ「キド?何してるの…入っていい」

「ん…いいぞ」

カノ視点

最近、気付いた。
毎日見たようで見ていなくて、見ていた夢
あれは、僕の本心が誰にたいしてどう思っているか。を毎日伝えていた。


僕は…








僕の[ ]に対する[ ]という気持ち


常々呆れちゃうよね…
ここにいる間に…伝えなきゃ…

「ねぇ、 」

?「-~-」

あぁ、そうだ、急ぐ必要もないんだ…
ゆっくりしよう…
君は…まだ、気付かない。

それじゃ、ゆっくり思いだそう

........・...........

「キド」

キ「なんだ?」

「いきなり…聞いてごめんね?あのさ…」

気付いたんだよ
僕さ…キドの事が…

言えない。喉まで来てるのに

キ「どうした?」

また、後でいいか

「ううん!何でもないよ?」

キド視点

笑顔…じゃない…何でそんな顔をするんだよ
言いたい事があるなら言えばいいのに、なんだよ
これで、二回目だ…全く

「なんなんだ…」

カ「いや…ごめんね?」

「今度はちゃんと言えよ」

カ「うん」



切ります

474:みるく:2016/11/27(日) 15:12 ID:sZw

すっごく、気になります❗
さすが、パピッピーさん。面白いです‼

475:パピッピー:2016/11/27(日) 16:16 ID:Udo

続けてきたんだよ…!アイツが…



カ「それじゃ、ごめんね?」

「何回謝るんだよ」

〈ガチャン…

なんなんだ…
もうそろそろ夕飯だ…

〈カチャ…

〈トコトコ…

カノのあの変な態度…
俺…カノに何かしたか?
いや…わからん…
ただただ、いつも通り過ごしていた。…はず
…ん?
カノのお父さんと…お母さん
今、行ったらまずそうだな…

カノ母「せ、戦争…?!」

戦争…

カノ父「あぁ、そうだ」

母「えっ…まさか…?」

お母さんの顔が青ざめる
大丈夫か…?

父「お前の予想は当たってるだろうな…援助に来てほしいそうだ…あいつは…まぁ、一応鍛えてはいるし…大丈夫…だろう……私も…反対したい気持ちは山々だ…だが…」

母「そんな…そ、その話いつ、あの子にいつ伝えるの…」

あの子?

父「今中には…言うつもりだ」

母「そう…出発は…?」

父「…明後日だ」

母「ああぁ…そ、んな…」

あの子って…カ、カノ?
ちょっと、待て…
カノが戦場へ?
なに言って…カノが……

「ぅ…」

胸が痛い…苦しい
カノ…
結局…一人ぼっち……
いやいや!!な、なに考えてるんだよ俺は!
バカは死なないって…言わないな
それは…風邪か
まぁ、気にすることもないな
大丈夫…大丈夫大丈夫
大丈夫…大丈夫…大丈夫

カノ視点

あ〜ぁ…だっめだなー
夕飯…だ

「ん〜…っ」

僕は大きく伸びをして、食卓へ向かった。

〈ガチャ…

…ん?
キド…何してんだろ

「キド?」

キ「ぁ…カノ…」

「だ、大丈夫…!?」

キ「ぁあ…」

キドの元気がない…何かあったのかな…

「なにk…」

母「修哉、キドちゃんご飯よ」

母さんもいつものテンションじゃないし…

「ねぇ!皆どうしたのさ!!」



切ります

476:みるく:2016/11/27(日) 16:41 ID:zFk

い、意外な展開。発想が違う…す、すごいです
パピッピーさん

477:パピッピー:2016/11/27(日) 17:42 ID:Udo

まだ5時!
バンバン書きます!!
( ・∇・)<イィ〜〜〜ーーーーーーッヒャッフー〜ーーーーーー!

478:とも猫 親のスマホから来てます:2016/11/27(日) 18:06 ID:UHE

パピッピーの小説めっちゃ気になる!
バットエンドの次はハッピーエンド?q(^-^q)ワクワク

479:IA:2016/11/27(日) 19:20 ID:ZGs

やばーいやばいやばいやばいやばいやばい!!!!!
パピッピー小説やばい!まさかの展開!!
(*・ω・*)wkwk ワクワクが止まらん!
あああああもうパピッピー様様だね!続き早くっ!!

480:パピッピー:2016/11/27(日) 19:42 ID:Udo

あ〜あ…

481:パピッピー:2016/11/27(日) 19:43 ID:Udo

超長くかいたのが消えた

482:みるく:2016/11/27(日) 20:36 ID:6gU

だ、大丈夫ですか?パピッピーさん⁉

483:パピッピー:2016/11/27(日) 21:00 ID:Udo

続きです…あぁ



母「だっt!…いいえ、なーんでーもないの♪ほらほら!食べましょ食べましょ♪」

キ「うわっ…」

「ちょっ…!」

母さんは僕たちを急かすように席に座らした。
なんだよ?

「「「頂きます」」」

父「修哉…」

キ、母〈ビクッ…

「なに…」

父「後で、話があるんだ…」

え〜…

父「私の部屋に来なさい」

めんどくさいな…
まぁ、行くしかないんだけど…

キ「ご、ごちそうさまでした…」

母「私も、ごちそうさま」

僕も、早く食べよう…

「ごちそうさま!!」

まぁ、そこまで早くいく必要もないか…

「ふぅ…」

謎の疲労感が…
あー…

いくか…

あ〜あ…めんどくさいな〜めんどくさいな〜
めんどくさいな〜めんどくさいな〜めんどくさいな〜
めんどくさいな〜めんどくさいな〜めんどくさいな〜
めんどくさいな〜めんどくさいな〜

〈コンコン…

「父さん…来たよ」

父「入れ…」

「で、話ってなんですか…?」

あ〜あ、めんどくさいな〜めんどくさいな〜
めんどくさいな〜めんどくさいな〜めんどくさいな〜
めんどくさいな〜めんどくさいな〜めんどくさいな〜

父「よく聞いてくれ…」

嫌です〜

父「今、カゲロウタウンで戦争が起きていてな…15才以上の男子は、援助に来てほしいそうだ…」

え?戦争…僕が?

「そんなの無理だよ!!」

父「しょうがないんだ!」

「そんな…」

父「向かってくれ…」

「…わ……か…」

嫌だ…
いつ…いく

「いつ行くの…」

父「明後日だ…」

明後日…
そんなの…僕が役に立てるわけない…
でも…行くしか…選択肢がない
キドと母さんは知ってたの?

「わかったよ…いくよ僕…」



切ります…

484:IA:2016/11/27(日) 21:04 ID:ZGs

カノ君〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
行っちゃだめだよおおおおおおおおおおおおおお!!!!

めんどくさいな〜のところといやでーすのところ爆笑った笑笑

485:パピッピー:2016/11/27(日) 21:13 ID:Udo

IAさん最近来てなかったように思ったんですけど、大丈夫ですか?

486:パピッピー:2016/11/27(日) 21:17 ID:Udo

疲れた…( ´△`)バタッ…(__)死…

487:IA:2016/11/27(日) 21:18 ID:ZGs

ああ、携帯の充電器が壊れちゃって、充電切れたまま、使えなくなってたんだよね!ごめんね!!

488:IA:2016/11/27(日) 21:19 ID:ZGs

てかパピッピー死なないでえーーーーー!!
パピッピー死んだらまじで生きてけないから私!!!

489:パピッピー:2016/11/27(日) 21:57 ID:Udo

テッテレッテレー♪(ゝω・´★)復活!!

490:みるく:2016/11/28(月) 07:34 ID:6gU

パピッピーさん、復活してくれて良かったです❗

491:みるく:2016/11/28(月) 07:37 ID:6gU

IAさん、これからよろしくお願いします!

492:とも猫:2016/11/28(月) 15:27 ID:UHE

そういえばずっと思ってたけどみんなが朝にコメントしてる時間帯(7時30分位)
私もう家出てるから朝にコメント出来ない…

493:みるく:2016/11/28(月) 16:20 ID:6gU

私は、学校へ行くのに5分なので…

494:みるく:2016/11/28(月) 16:22 ID:6gU

あ、上のコメント日本語おかしいですよね。
すみません…

495:パピッピー:2016/11/28(月) 16:57 ID:Udo

私は、十分位ですね…

496:みるく:2016/11/28(月) 17:38 ID:6gU

へーパピッピーさん結構家から学校まで、
近いんですね〜

497:パピッピー:2016/11/28(月) 18:50 ID:Udo

微妙ですけど…ね

498:パピッピー:2016/11/28(月) 19:16 ID:Udo

ちょっと…明日更新します

499:GUMI:2016/11/28(月) 19:39 ID:ZGs

>>493
大丈夫だよ!

>>498
よっしゃ!楽しみ!!

500:IA:2016/11/28(月) 19:41 ID:ZGs

上の私です……
最近多いですね……すいません笑

501:桜:2016/11/28(月) 19:44 ID:WuY

IAさん
大丈夫ですよ!

502:みるく:2016/11/28(月) 20:08 ID:6gU

うあぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私、パピッピーさんの気に触ること言ってしまいましたか?すみません。ごめんなさい、ごめんなさい…

503:みるく:2016/11/28(月) 20:10 ID:6gU

IAさん、ぜんぜん大丈夫ですから…
あっ私上から目線みたいですね…すみません…

504:IA:2016/11/28(月) 20:15 ID:ZGs

>>503
そんなことないよ笑笑
大丈夫大丈夫っ!!!

505:パピッピー:2016/11/28(月) 21:00 ID:Udo

いやいや?別に?気に触ったわけではないんですけど〜
はい。うざいですね…すみません

506:パピッピー:2016/11/28(月) 21:01 ID:Udo

あ…500行きましたね!おめでとうございます

507:IA:2016/11/28(月) 21:16 ID:ZGs

あ、ホントだ!!
おめでとー…って!
500取ってんの私じゃん!!
良いの!?私何かが!!

508:パピッピー:2016/11/28(月) 21:44 ID:Udo

このスレ立てたのはIAさんですよ!!
半分を飾るのに、最もふさわしいと思います!!

509:IA:2016/11/28(月) 23:10 ID:ZGs

うぅぅ………
ありがとうパピッピー………(´;ω;`)

510:みるく:2016/11/29(火) 07:02 ID:6gU

500おめでとうございます🎉

511:パピッピー:2016/11/29(火) 07:30 ID:Udo

ん?私そんな絵文字ないです…

512:パピッピー:2016/11/29(火) 07:31 ID:Udo

今日、学校から帰ったら書きます!!(多分)

513:とも猫:2016/11/29(火) 18:22 ID:UHE

やった〜!パピッピーの小説が読める!
あとみんな学校近くていいな〜
私歩くの速めだから25分位で着くけど普通に歩いたら35分はかかるよ(Q_Q)

514:とも猫:2016/11/29(火) 18:24 ID:UHE

そして…遅くなったけど500おめ〜!

515:とも猫:2016/11/29(火) 18:25 ID:UHE

いつの間にやら半分…早いね

516:とも猫:2016/11/29(火) 18:34 ID:UHE

あ、そういえばみるくさんって何才なんだろ…
知らない…よね?
出来れば教えてほしい_(._.)_

517:零乃◆XA:2016/11/29(火) 18:45 ID:aJw

お、>>500おめでとー!
>>512
期待してるねっ!
>>513
大変だね!
私は、10分以内にはつくよ!
>>516
確かに!気になる!
私は、小六11歳!

518:みるく:2016/11/29(火) 19:10 ID:0/U

私は、小6の12歳ですよー
みなさんは、何才ですか❓

519:パピッピー:2016/11/29(火) 19:29 ID:Udo

続きなのですなのです


父さんにはああ言ったけど、やっぱり自信がない。
僕が役に立てるわけない。
こんなことを言っている僕は臆病なのかな…
キドに言った方がいいのかな…

〈コ…

ダメだ…入る自信もない。
キドにどんな顔でどんな感じで伝えればいいのかが分からない。
まだ、あの事だってまともに伝えてないのに…
さっき父さんから聞いた。「この戦争は、きっと2年近くは続くだろう」
2年…それを聞いたとき僕は、この世の終わりの様に愕然とした。
まぁ、でも…人の役に立って死ぬんならいいかな…
いや…人の役にも立てないかもな
戦争…か
キドは、この事を聞いてどう言ってくるだろう
「あぁ、そうか」かなぁ…
いや…そうだろうな
だって、キドには…僕なんて一緒に住んでる人みたいなもんだろう…
僕なんて…

〈ポタ…ポタッ

あ〜あ…情けないな〜僕…
なんで…泣いてんだろう……
あの時だって…

『修哉…自信……もって…!』

いや…いつまでも、くよくよしてたらダメだよね
自信持たなきゃ…
僕は涙を拭き取ってドアをノックした

「キド」

キ「カ、カノ……」

心なしか、目元が赤いけど気のせいだろう
言わなきゃ…笑顔で

「キド…僕ね…戦争に行くとことになったよ…」

キド視点

カノ…カノは……今、お父さんと話し合っているのだろうか…
戦争…今まで、俺には無縁だと思っていた。
でも…カノが関わる事になるなんて…な
カノは…行くのかな…
行かないでほしい…
いや…行くのか…行ってしまうのか……
泣いてどうすんだ…
俺は…私はっ……

〈コンコン…

カ「キド」

カノ…!

「ぅ……!」

俺は急いで涙を拭き取ってドアを開けた。

「カ、カノ……」

……嫌だ

カ「キド…僕ね…戦争に行くとことになったよ」

そんな!

「んな…!」

『行かないで』そんな言葉が…出てこない。
だって…俺らしくないから……言えない。


宿題やんなきゃ…
切ります

520:パピッピー:2016/11/29(火) 19:32 ID:Udo

知ってる人もいると思いますが、私は小6の12才デイズ

521:IA:2016/11/29(火) 19:46 ID:ZGs

私は中1の13歳です!!
パピッピー小説やばい!!
行かないでぇぇぇぇ!!

522:みるく:2016/11/29(火) 20:30 ID:0/U

パピッピーさんの小説、キドのピュアさが鮮明に描かれていてすごい❗

523:とも:2016/11/29(火) 20:31 ID:UHE

私は小6の11才!遅生まれだから…

524:とも猫:2016/11/29(火) 20:35 ID:UHE

>>523
猫を入れ忘れた…
私の場合、本名に近いから…危ない危ない

525:とも猫:2016/11/29(火) 20:38 ID:UHE

みるくさんって学年同じだったんだ!
あ、あと私も(?)タメでいい?

526:とも猫:2016/11/29(火) 20:45 ID:UHE

そろそろ小説書こうと思うんだけど
みんなは何パロがいい?
あと何か意見あったらガンガンいってね!(投げやり)

527:パピッピー:2016/11/29(火) 20:50 ID:Udo

もうそろそろ、クリスマスシーズンに入りますし、クリスマス系とか?
他には…ふつうにアジトとか?

528:とも猫:2016/11/29(火) 20:58 ID:UHE

うーんやっぱり…迷う

529:とも猫:2016/11/29(火) 21:00 ID:UHE

あ、全然関係ないし前にも聞いた気がするけど
みんなの誕生日っていつ?

530:みるく:2016/11/29(火) 21:26 ID:6gU

私は、駄作を学校で考えています…

531:みるく:2016/11/29(火) 21:28 ID:6gU

あ、それはクリスマス系なんですけれど🎄

532:みるく:2016/11/29(火) 21:30 ID:6gU

ちなみに、タメOKですー♪(v^_^)v
私、5月生まれです🎂

533:パピッピー:2016/11/29(火) 21:40 ID:Udo

なんか上から目線ですみません…

534:パピッピー:2016/11/29(火) 21:41 ID:Udo

私も5月です〜

535:パピッピー:2016/11/29(火) 21:43 ID:Udo

>>531>>532それだったら、みるくさん小説書いてみたらどうですか?

536:パピッピー:2016/11/29(火) 21:44 ID:Udo

行返忘れた

537:みるく:2016/11/29(火) 21:52 ID:6gU

わ、私がこんな神作を描いているみなさまの前で⁈
そんなこと、して良いのですか❓

538:とも猫:2016/11/29(火) 21:55 ID:UHE

みるくの小説読んでみたい!
大丈夫だよ!
だって私の駄作でもほめてくれたんだから!

539:パピッピー:2016/11/29(火) 21:56 ID:Udo

いいんじゃないですか?私みるくさんの小説読みたいですし

540:みるく:2016/11/29(火) 22:30 ID:6gU

みなさんが言うなら… やってみよかな❓

541:IA:2016/11/29(火) 22:50 ID:ZGs

みるくの小説楽しみぃぃぃぃ!!!

パロは………恋人パロとか?
でも、最近ボカロパロも結構好きだなぁ…

あと、誕生日は9月11日だよ!!

542:みるく:2016/11/29(火) 22:58 ID:6gU

えぇっと、考えているのは
クリスマスカノキドのデート的な感じです❗

543:とも猫:2016/11/29(火) 23:04 ID:UHE

やった!みるくの小説楽しみ

544:とも猫:2016/11/30(水) 20:00 ID:UHE

ここ数時間ずっとヒマだよぉ〜(Q_Q)↓
誰か……

545:IA:2016/11/30(水) 20:02 ID:ZGs

はろー!!

546:とも猫:2016/11/30(水) 20:13 ID:UHE

わぁぁぁIA〜!

547:とも猫:2016/11/30(水) 20:18 ID:UHE

あ、そういえば私みんなに誕生日聞いたのに自分の誕生日言ってない…
ってことでどうでもいいと思うけど私の誕生日は
3月14日です(*^^*)

548:とも猫:2016/11/30(水) 20:25 ID:UHE

今日、全国学力調査テスト返ってきた…
全部平均より正答数多いけど平均が低いだけだから…

549:パピッピー:2016/11/30(水) 20:37 ID:Udo

続きだお


カノ視点

予想外だった。言わなければ良かった。
本当に言わなければ良かったの?分からない。
でも……でも…キドがそんな悲しい顔をするんだもん…
やめてよ…

「そんな顔しないで?笑って?ねぇ、キド」

キ「ああぁ………」

キドは本当に優しいね…ごめんね…ごめん

ちょっと早いかなキド視点

予想が当たってしまった。知らなければ良かった。
本当に知らなければ良かった?分からない。
でも…でも!嫌だ…嫌だよ!!
苦しいよ…悲しいよ…行かないで…!
俺は、溢れる涙を拭きもせず、ただただなき続けていた
俺が泣いたって…なんにもならないのに…
カノの方が辛いはずなのに…

カ「ほら…大丈夫だから…ね?」

「ヵ…!カ……ィヵ」

カノ…行かないで
ダメだ…

カ「キド…一回落ち着こう…?」

「ぅ…」

__…__…__…__…__…__…__…__

カ「落ち着いた?」

「ぁ…あぁ…なんか、すまん…」

カ「いいんだ…。でも…なんか…ありがとう」

ありがとう?

カ「ははっ…なんか、僕の分まで泣いてくれて……ちょっと…励まされたってゆうかさ…」

励まされた…?

「でもまぁ、良かった」



切ります

550:IA:2016/11/30(水) 21:26 ID:ZGs

>>547
おっ!ホワイトデー!?
>>548
Σ(゚Д゚)スゲェ!!私、平均点より上の教科、美術だけだよ笑笑

>>549
カノぉぉぉぉ!!
行ったらだめだよぉぉぉぉ!!!

そしてパピッピーの文才がやばい笑笑
絶対小説書く才能あるよ!
小説家なれるよまじで!!

551:パピッピー:2016/11/30(水) 22:33 ID:Udo

しょ、小説家!?いや…そんな小説家なんて…遠い夢です

552:ミナズキ:2016/12/01(木) 07:16 ID:4E.

はろ(*^∀^*)/ しばらく空けてすみませんo(_ _)o ペコリ
こっちでなんか色々あって来てなかったけどみんな私の事覚えてる? 覚えてたら嬉しいです!((o(*>ω<*)o))

553:IA:2016/12/01(木) 07:39 ID:ZGs

ミナ!!覚えてる覚えてる!!
久しぶり〜〜〜!

554:パピッピー:2016/12/01(木) 07:53 ID:Udo

もちろん覚えてますよ!

555:パピッピー:2016/12/01(木) 17:44 ID:Udo

あーれー…誰かいませんか…?

556:IA:2016/12/01(木) 20:06 ID:ZGs

はろー!!
部活で、足が死にそうIAでーす☆

557:パピッピー:2016/12/01(木) 20:29 ID:Udo

心が折れそうだったパピッピーでーす☆

558:エナ 初めまして:2016/12/01(木) 20:50 ID:pCk

初めまして。エナと言います。
凄い今更と思うかもしれませんが、入れていただけませんでしょうか。

<一応プロフィールです>
【名前】エナ
【年齢】13歳
【学年】色々訳ありの中一
【溺愛カップリング】カノキド、セトモモ、シンマリ、
ヒビキド、クロキド(黒コノキド)、エネキド、貴キドです。
(時々セトシンが見たくなったり)
え?関係が見えないものが多いって?
ま、マイナーが意外と好きなんです・・・((((;゜Д゜)))
けど基本王道(カノキド、セトマリ、ヒビモモ、コノエネ、シンアヤ)は見れます。←自分からはあまり見ない。
(見ての通りキドさん大好き)
【その他の好物←】ボカロと甘味が好きです。

あ、嫌でしたら堂々と仰ってください。

559:IA:2016/12/01(木) 21:12 ID:ZGs

エナちゃんはじめまして!!
よろしくです!タメ、OKですか?

私もGL、BL行けるんで、気が合いそうです(* >ω<)

560:エナ:2016/12/01(木) 22:14 ID:O5g

初めまして、IAさん!よ、宜しくお願いします!
タメ口OKです!
あ、い、行けるかたですか!嬉しいです!(ただし、エナの好き嫌いは激しい)
リアルのほうでカノキドの前にカゲプロの話いないんで気があう人がいると凄い嬉しいです!あ、違う。凄い嬉しい!

あと、小説の方ですが・・・その、著作権の方に問題が無ければ書きたいです。←著作権で色々怖がってる

561:パピッピー:2016/12/01(木) 22:34 ID:Udo

こんにちわ!!エナさん!
ちょっと私は…GL、BLが苦手ですが、仲良くしてくれたら嬉しいです…!

562:パピッピー:2016/12/01(木) 22:35 ID:Udo

書いてほしいです!エナさんの小説読みたいです

563:エナ 世界一駄作の投下:2016/12/01(木) 23:16 ID:O5g

パピッピーさん!初めまして!
あ、苦手なかたですか。けど大丈夫です!私も苦手なカップリングありますので←どこが大丈夫だ
あ、こ、こちらも仲良くしてくれると嬉しいです((((;゜Д゜)))

あ、小説・・・。はい、世界一駄作の投下を勝手にいたします。覚悟をしてからお願いします。空気を読んでカノキドを。←読んだつもり






・カゲロウデイズ攻略後
・個人的凛さん(キドさんのお姉さん)が好きなんで出てくる
・覚悟はいい?←

sideキド

最近、自分がおかしいと思う。

やけに意識してしまう。

自分に話かけてくれると嬉しくて、

他の奴と話してるとモヤモヤして、

自分に笑顔を向けるとこっちまで笑顔になって、

他の奴に笑ってると変な気分になる。


と、自分がおかしいため、姉の凛に相談した。




「ふーん、つぼみもそういうお年頃かぁ。」


「ど、どういうことだ?お姉ちゃん。」


すると姉はニヤニヤして、嬉しそうな顔で言った。


「つぼみ、お前は恋してるんじゃないか?」



こい・・・こい・・・恋・・・?


「ふえ!?」


こっ、恋ってあれ!?

少女漫画のテーマにされてるあれ!?

お、俺も少女漫画のようなシチュエーションに遭遇するのか?
あの、壁に追い詰められて、横に手をつかれて・・・(壁ドンです)



「う、嘘だろ・・・?」


「いや、きっとそうだ。今まで気付かなかったとはつぼみは鈍感だねぇ」


ウンウンと頷く姉だが俺は若干の混乱状態。


これが・・・恋?

嬉しかったり、恥ずかしかったり、悲しかったり、辛かったりって、色々な感情が混ざったような感じになって、
団員相手だけど、嫌な気分になったり・・・するのが・・・。



「そう、なのか・・・」


「ああ、きっとそうだ。いやぁ、つぼみを落とすなんてなかなかやるね、あいつ。結婚のときのドレスはお姉ちゃんが良いのをデザインしてやるよ」


「は、話が早い!お姉ちゃん!」

笑いながら自分の頭を撫でる姉の手の温度は昔から変わらず、安心するのだった。





次の日。




ガタガタ震えながらベッドに座り、‘‘あいつ‘‘を待つ。

姉いわく「早く告白しないと取られる」とのこと。

けど確かにそうかも。

皆に好かれる奴だからな・・・中学のときも女子に人気だったし。



ガチャ
とドアが開く。

き、きた・・・。


「キド、話って?」


「ああ、えっと、」


━━━━━俺が恋したのは、






━━━━━━━━━━━━━━━━━━カノだ。





「その、な、




小さい頃から一緒にいて、


能力が暴走したときは安心させてくれて、


いっぱい喧嘩したり、いっぱい遊んだり、いっぱい慰めてくれた。


側に居すぎて、気付かなかったけど、


俺はずっと、カノの事が・・・


・・・・す、




好きだった」


い、言った。

最後の方は小さくなったけど、言った。



「キド・・・」


そうして、暖かい温もりに包まれた。


・・・・抱き締められてる!?


「あ・・・あぇ!?」




「反則」


え?

反則?何が?


「可愛すぎ。キド、可愛すぎ。嬉しすぎて死にそう」



「つまり、それって・・・」




カノの顔を見つめる。


目が合い、どきっとした。

それに、カノは真っ赤だった。




「ああ!もう!僕もキドが好きなの!めっちゃ好きなの!死にそうなほど好きなの!」


叫ばれた。愛を叫ばれた。


びっくりしたけど、・・・これって・・・


「両思い?」


「うん。」




嬉しさと恥ずかしさのあまりにカノに抱きついた。


愛しい人の体温は優しく、温かいものだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

すみませんでした。

皆様の神作を汚すようなことをして。


そして、遅れてごめんなさい。(特にパピッピーさん)

564:桜:2016/12/02(金) 01:06 ID:WuY

エナさん初めまして
エナさんの小説上手すぎですよ!!
とても、うらやましいです!!(”´∀`”)

565:エナ 寝落ちしたーw:2016/12/02(金) 06:54 ID:m9o

桜さん初めまして!

ふぁ!?い、いえいえ!私の小説なんて小説といえるものではありませんよ!?
け、けどあ、ありがとうございます。

566:エナ 駄作その二:2016/12/02(金) 15:30 ID:O5g

暇だし、寂しいので書いてみた。キスの話。(カノキドだよ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ちゅ、


狭い部屋に響くリップ音。

震える手を優しく握る。

名残惜しく、唇を離すと真っ赤な顔をした少女。

いつも強気な彼女だが、今は一人の男に溺れている彼女だ。

彼女の唇に指先を軽くあてて問い掛けた。

「キド、どうだった?ファーストキスは」

彼女は虚ろな瞳をして、今にも消えそうな小声で言った。

「恥ずかしくて、けど、気持ち良かった。」

正直、彼女を襲いたいけど押さえ、少し顔を近付ける。

「もっと、する?」

彼女が頷いた為、更に顔を近付ける。

ちゅ、と再び口付けをする。

離すと、今度は角度を変え、再び口付け。

こうして何回も彼女と口付けを交わす。

数十回後。

「も、・・・苦し、・・・」

「あ、ごめんね」

流石に苦しかったか。

僕は彼女の頭を撫でる。

「ごめんね。けど、キスできて嬉しかったよ」

彼女はボフッと効果音が付きそうなほどに顔を赤くした。

そして小さい声で「わたしも」と言った。

あぁ、約束、守ってるんだね。

【約束】と言うのは恋仲になってから作ったもの。

┌──────────────────┐
│・二人のときは女の子口調にする。・━│
│・二人のときは一人称をわたしにする。│
│・隠し事はしない。 │
│・二人のときは能力を使わない。 │
└──────────────────┘

ざっとこれくらい。

【約束】と言っても最初の二つは自由でいいと言った。

だから直さないと思ったけど律儀に利くなんて。

「・・・可愛すぎでしょ」

服の裾が捕まれ、見ると彼女が掴んでいた。

「・・・その、もっかい、キスしよ?」

「うん。」

あぁ、彼女には勝てない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
申し訳ありませんでした。

567:エナ ごめんなさい:2016/12/02(金) 15:31 ID:O5g

すみません、約束のところは目を瞑ってください。
そして、連投すみませんでした。

568:IA:2016/12/02(金) 16:33 ID:ZGs

わあああああああああああ!!!!
やばいやばいやばいやばい!!!
エナちゃんの文才もやばいし、話がピッタリ私の好み!!
あーゆー甘々の話めっちゃ好きだし、凛さんめっちゃ好きだし、ああああああああああっエナちゃんの小説ヤバすぎて鼻血出てきたああああああ止まらないいいいいいい!!!!!

569:パピッピー:2016/12/02(金) 16:34 ID:Udo

エナさんの小説スッゴク面白いです!!

570:パピッピー:2016/12/02(金) 16:37 ID:Udo

文才やばい





…ですね(涙)(´;ω;`)
バットエンド早く終わらせないと…

571:エナ:2016/12/02(金) 16:55 ID:O5g

あああああああ適当に別のことやってたら返信来たああああ!
遅くてごめんなさい!私これから用事あるから手短に済ませます。

( ・Д・)/[ティッシュ]

皆様の作品を楽しみにしています。

572:零乃◆XA:2016/12/02(金) 17:17 ID:aJw

おおー、皆さん小説上手すぎっ!

573:パピッピー:2016/12/02(金) 17:22 ID:Udo

続きです



カ「それじゃ…僕行くね」

「ん…」

カ「今日、行く訳じゃないから」

「ん…」

カ「じゃあね」

〈ガチャン…

涙は枯れ果てたのに、気持ちは一向に晴れなかった。
…先の未来で、俺も…カノも、もうこの世にいなくなってしまった時は…この気持ちも変わらず…幼馴染みとして…





一緒にいたい



カノ視点

準備しなくちゃ…
戦争なんて、もう終わったと思っていたのに

〜〜〜〜〜〜〜〜カノ出発日〜〜〜〜〜〜〜〜

「それじゃあ、いってきます」

キド、母さん、父さんが玄関で、僕を見送ってくれた。

母「修哉…気を付けて」

ごめん…母さん、心配かけて…ごめんなさい

父「無事に帰ってくる事を祈っているぞ…」

「うん…ありがとう…ございます」

キ「…」

キドは黙って俯いていた
あぁ、出る時くらい…笑顔が見たかったかな…

「それじゃ…さようなら…母さん、父さん……キド…」

キ「カノ!!」

「…!」

ど、どうしたんだろう…
凄いひっどい事言われないよね…

キ「カノ…行って、らっしゃぃ…」

キドには笑っていてほしい…

「キド…笑って?」

キドは僕の言葉通り、苦笑いであっても笑ってくれた。
そう、それでいいんだ
安心できるから

「行ってきます…」



短かった…切ります

574:IA:2016/12/02(金) 18:29 ID:ZGs

カノぉぉぉぉぉぉぉぉあああああああああああああああ

575:エナ:2016/12/02(金) 18:32 ID:yTc

あああああああパピッピーさん本当お上手です羨ましいです!
文才ください((((;゜Д゜)))

零乃さん(誤字でしたらすみません)、おそらく始めてですよね。エナと申します。宜しくお願いします。


以上、←
最近禁恋パロが見たいエナでした←訳ワカメ

576:零乃◆XA 小説.......更新!:2016/12/02(金) 18:46 ID:aJw

小説更新!(((遅い
キドside

「ああ、行くか」

ー会社到着(面倒くなった)ー

大幅カットで、会社に着いた
流石カノ、いい会社勤めてんな.......

「隣に居てくれるだけでいいからねっ」

相変わらず笑顔だ。ここまで来ると正直不気味に思える
.....まあ嘘だが。

「婚約の件断らせて頂きます」

カ、カノが、敬語?有り得ない。
まあ、色々あるんだろうが.....

「何でだ?いい話だと思うんだが?」

「いいえ、好きな人がいるんで」

「あ、あの人が鹿野さんの好きな人?有り得ない!」

婚約してくれって言った人だろう。
まあ、有り得ないのは分かるが、ちょっと傷つくな.....

「何でです?貴女よりはよっぽど美人だと思いますがね」

そんなこと言っていいのか!?
言い訳ない!と言うか美人じゃない。(←嫌、美人だよ? by糞作者)

「何でよ!私の方がいいに決まってるじゃない!」

あ、カノ切れたな。確実に怒ってる。何故かは分からないが....

「ふざけないでよ?少しルックスが良いからって調子乗らないで?」

「鹿野君!君はクビだ!」

「そりゃどうも。こんな所クビって言われなくても辞めてましたけどね」

何か.....大変だ。っ!てか会社辞めて良いのか?

ー切りまーすー

糞小説ですみません!
あんなに更新遅かったのに.........
後、婚約申し込んだ奴、殺る。

577:零乃◆XA:2016/12/02(金) 18:49 ID:aJw

>>573
カノぉぉぉぉぉぉ!!!!!!((パクりましたすいません)
行かないでええええええええええ!!!!!!!!

>>575
エナさん宜しくですっ!
字、バッチリです!
糞作者の、零乃ですが宜しくですっ!((二度目

578:エナ 最高だああああ:2016/12/02(金) 18:51 ID:yTc

婚約者あああああああ!!!うん。私決めた!零乃さん!!
私も連れていってください!!!
そしてキドさん可愛すぎだああああ(褒め言葉)!!!!!!
カノがクビになっちゃったああああああああああああ!!!
カノ悪くないのにいいいいいいいいいいい!!!!!!!!

(五月蝿くてすみません)

579:IA:2016/12/02(金) 20:53 ID:ZGs

ちょっと零乃ちゃんもめっちゃ小説上手いんだけど!!
まじで文才щ(☆▽☆щ )チョーダイ
婚約者とかやばい!!

580:パピッピー:2016/12/02(金) 21:11 ID:Udo

魚おおぉぉぉぉ〜ーーー!(魚?魚だ!)ピチピチピチピチ…
すみません
零乃さんの小説本当に凄いです!

私は一体なんと言う駄作を…あぁ…エナさんも零乃さんも小説上手だし…うぅ…

581:エナ:2016/12/02(金) 23:08 ID:KMI

別のスレ覗いてたらなんか、書かれてた。

>>580
パピッピーさんよ、俺の小説が上手いってのは、幻覚だぜ←

明日にでも禁恋パロを書きたいと思ってるエナでした!おやすみ!←え

582:零乃◆XA 糞作者ですっ☆!:2016/12/03(土) 00:27 ID:aJw

>>578
構いません!
一緒に行きましょうn((蹴 ふざけるな by絶賛、怒り中のキド様
うん、自分で書いたけど、違和感あるな......((←え))
>>579
はい!文才なら全てあげます!どぞ(つД`)ノ文才
>>580
駄作じゃないよ!パピちゃんのが駄作なら私のは、糞小説だよ!
>>581
お休みー!(←)

私のプロフィール(そういや書いてなかった)

名前 零乃
好きなCP カノキド、カノ総受け、クロハ総受け。
好きなキャラ キド、カノ、シンタロー、ヒビヤ、コノハ、クロハ、
好きな歌 カゲロウデイズ、アウターサイエンス、夜咄ディセイブ、メカクシコード、
サマータイムレコード。
年齢 小六11歳

あ、.......私、酷い

583:パピッピー:2016/12/03(土) 07:58 ID:Udo

>>581
幻覚…だと…!

584:エナ おっはよおおおおおおおおおお(((:2016/12/03(土) 08:10 ID:Dk6

>>582
よぉし、レッツg((なにやってんすかby第三者のセト

あ、細かいプロフィールまでありがとうございます!

>>583
あぁ、無様なせいm(((パクるなby第三者のクロハ

実は禁恋、全く考えていなかったエナでした←

585:とも猫 親のスマホから来てます:2016/12/03(土) 08:46 ID:UHE

うわああああ〜!
みんな久しぶりいいいい!ここ最近
インターネットがつながってなくて…

586:とも猫 親のスマホから来てます:2016/12/03(土) 08:49 ID:UHE

>>558よろです
エナさん

587:とも猫 親のスマホから来てます:2016/12/03(土) 08:50 ID:UHE

なんか変なことしちゃった!

588:とも猫 親のスマホから来てます:2016/12/03(土) 08:55 ID:UHE

えっと…みんなの小説がすごすぎる!
誰でもいいから私に文才を分けてくれ!(T^T)

589:エナ 禁恋設定とプロフィール:2016/12/03(土) 09:01 ID:Dk6

禁恋パロの設定みたいなの。
私が書きたいのが先生×生徒のやつだから年齢設定有り。

カノ→
・20歳(適当)の中学数学(中学は真面目だが←?数学は適当)
・生徒と仲が良い
・精神年齢が若干幼いby中学一年設定のキド
・やる時はやる男
・忘れてたけど顔も結構良いい
・キドに一目惚れ

キド→
・美少女転校生
・木戸財閥(また適当)のお嬢様
・デレがないツンデレ
・国語、英語、家庭科は得意だが理科、数学、体育がダメ
(体育はやってなかった&こっちでも体育はやらない)
・カノの第一印象は微妙
・貧血気味で油断したら倒れる←体育しない理由

エネちゃんだしたい→
・キド専用(?)のメイドさん
・他のメイドとの関係はともかくキドと仲良し
・メイドモードとちゃんエネモードがある(ちゃんエネモードが皆の知ってるエネ)
・貧血気味なキドによく付き添ってる
・キドのボディーガードみたいなのかな?←え

大丈夫かな?


>>586
とも猫さん、初めまして!エナと申します。
ざっとしたプロフィール↓
【名前】エナ
【好きなキャラ】カノ、キド、エネ、マリー、ヒビヤ、ヒヨリ(ふえてる?減ってる?気にすんな←)
【溺愛カップリング】カノキド、セトモモ、シンマリ、ヒビキド、クロキド(黒コノキド)、エネキド、貴キド、マリモモ、
(時々セトシンが見たくなったり)
【カゲプロ曲で好きなの】人造エネミー、エネの電脳紀行、マリーの架空世界(え?ふえてる?減ってる?気にすんな←)
【その他】ボカロと甘味が好物

以上!(キリッ←

590:エナ 禁恋設定追加:2016/12/03(土) 09:19 ID:Dk6

追加あああああああああああああああああああああああ((((((

キドさんは中一の13歳です←原作から変わりすぎ
エネちゃんは16歳です。高校行ってません。
エネちゃんはキドさんは「年の近い女の子が居たら良い」という呟きをきいたお父さんが雇った子です。
あくまでバイトです(毎日泊まり込みの)。エネちゃん楽しんでます。

凛さんだしたい。ほぼ原作通り、キドさんのお姉ちゃんで年は中三ってことで(出るか解らん←)。

クラスメイトでセト、モモ、後輩にヒビヤ、ヒヨリ、
先輩にシンタロー、アヤノ、マリーをだしたいと思ってます。
部活は・・・・・・何が良いかな?←考えてない

591:エナ 禁恋カノキドスタート(*´∀`):2016/12/03(土) 10:37 ID:Dk6

「はぁ」

車の中で小さくため息をついた。

592:ミナズキ:2016/12/03(土) 10:47 ID:4E.

またまた遅くなってすいません!

私から提案があるんですが、いいですか?あ、後これからも家庭環境とか、学校とかでなかなか書き込めないと思うけど嫌いになったとかじゃないからね!

593:ミナズキ:2016/12/03(土) 10:48 ID:4E.

提案は、皆さんの返事をもらってからにします!

594:エナ ごめんなさい。:2016/12/03(土) 10:53 ID:Dk6

ごめんなさい。591はミスです。すみません。

「大丈夫ですよ、お嬢様。エネがついています。」

「ああ、だな」

励ますメイドのエネに安心する。唯一メイドの中で信頼できる子だから。
けど不安は不安で消えない。大丈夫だろうかと考えてしまう。

「転校生先の方はきっと優しいですよ。お父様が見学で行った時に仰ってましたし」

「皆父さんには優しいんだよ。その分俺を嫌う。こっちだって望んで生まれたんじゃねぇよ」

「・・・・お嬢様・・・」

俺の家は結構な金持ちで前まで通っていたのは世に言うお嬢様学校。挨拶が「ごきげんよう」なのは非常にめんどくさかった。それに自分は原因不明に虐められた。
だから前の学校は物凄く嫌いだった。
まあ、こっちの方ではエネがずっと付き添ってくれるから良いかな。

「着きましたよ。お嬢様、エネさん」

「ありがとう」

ドアを開けてもらい、エネと共に車から降りる。

目の前の学校はいかにも普通の学校だ。

「担任の方は教室前で待ってるらしいです。行きましょう、お嬢様」

「解った」

俺は担任とクラスメイトが良いやつなのを願ってエネに着いていった。


━━━━━━━━━今はここまで。さっきはごめんなさい。

595:エナ:2016/12/03(土) 10:55 ID:Dk6

>>592,>>593
ごめんなさい遅くなって!提案とは・・・一体・・・。

596:とも猫 兄のスマホから来てます:2016/12/03(土) 11:25 ID:UHE

エナちゃん(勝手にちゃん付け)の禁恋パロ
めっちゃ楽しみ!((o(´∀`)o))ワクワク

597:とも猫 兄のスマホから来てます:2016/12/03(土) 11:31 ID:UHE

>>596
改行がおかしい…
スマホで文字打つの慣れてないから
難しい…

598:エナ Toとも猫←:2016/12/03(土) 12:21 ID:Dk6

>>596
ともちゃん←勝手に
エナでもHでも何でも良いよ。エネはやめて欲しいけど・・・。いや、エネ好きだよ。けど混乱するから((((;゜Д゜)))

あ、期待ありがとう。
けどエナは馬鹿だから下書きとかしてないし、駄作だから覚悟し〜ててよね〜←歌うな

599:パピッピー:2016/12/03(土) 15:40 ID:Udo

エネをいれたい気持ちスッゴク分かります!!
私もエネを、召し使いとしていれてます!(もう少しいい言い方あったと思うけど…まぁ、いいや!)
小説の続き超楽しみです!

600:パピッピー:2016/12/03(土) 15:42 ID:Udo

>>600だ〜!おめでとうございます!!

601:エナ:2016/12/03(土) 16:18 ID:pCk

書いたのにミスって消えた((((;゜Д゜)))

>>599
ウンウン(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)
私なんか、最近エネすき

602:パピッピー:2016/12/03(土) 16:47 ID:Udo

続きです


キド視点

カノは安心した様な顔をしていたが…
本当は、不安でいっぱいだったんだろうな

〈ジジィーージジジジィーー
〈ミーーンミー…ミーーンミンミンミー…

カノの乗った馬の走る音を蝉が掻き消していく
まだ夏は始まったばかり…
カノは無事に帰って来られるのか…
いや…俺が不安になっても、待つことしかできないんだ…
とりあえず…部屋に戻ろう

母「はい…えぇ…お願いします…ここにいても、不安でしょうから…はい」

カノのお母さんは一体誰と電話してるんだ?

母「あ、はい、はい…それでは」

まぁ、いいや
行こう…

母「キドちゃん…」

俺?

「はい…?」

母「あなたは…もとの家に帰ってほしいの」

「え?」

元の家に…?なんで?
いや…なんでってそりゃあ、他人を理由もなくなったのに泊めておく方がおかしいのかもな

母「追い出したい。っていう事じゃなくて…ここにいても、辛いと思って」

「分かりました」

母「馬車を手配してもいいかしら…?」

「は、い」

仕度しよう…

〈ブブッ…

ん?
エネからだ…

┌────────────────────┐
│お嬢様へ

│お家へ帰ってくるとのことで、メールさせ
│ていただきました。
│私は、いつでもお嬢様の見方です。
│何かあったら、いつでも言ってください。

│               エネより
└────────────────────┘

何かあったら…って…
大有りだっての…

「はあぁ…」



切りますから!許してくd…!

603:IA:2016/12/03(土) 16:49 ID:ZGs

エナちゃんの小説最高〜〜〜〜!!!!
禁恋楽しみ楽しみ!!!
キドが私と同い年………!!

>>592
いいよいいよ!!
何でも言って!!

604:IA:2016/12/03(土) 16:52 ID:ZGs

パピッピー小説ああああああああああああああああああ!!
帰っちゃうの!!?
カノが……カノがああああああああああああああああああ

パピッピーの小説は、なんか、引き込まれる何かがあると思う!要するにパピッピー天才!!

605:エナ 返事?と続き:2016/12/03(土) 19:26 ID:CkA

>>603
じゃあ、私と同い年じゃないかあああ!!!
禁恋っつーか、学パロが書きたかったのか・・・わかんないw

>>602
カノおおおおおおおおおおおおおお!!!!!
キドおおおおおおおおおおおおおお!!!!!
母さあああああああああああああん!!!!!

パピッピーさん天さあああああああああああああい!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TUDUKI←UZAI
エネと車から降り、校舎内に入る。

「・・・・」

「お嬢様、ご安心下さい!エネがお嬢様のお側に居ます!
何があってもエネはお嬢様の味方です!!」

「ありがとう、安心するよ」

エネの声を聴くだけで結構安心する。エネは人を励ます力があるのかもしれない。

━━━━━━━━
教室へ歩いていくと男がドアに寄り掛かっていた。

「おはようございます!」

エネが男に声をかけた。そうだ。ごきげんようじゃなくて良いんだ。楽だな一般人。

「えっと、おはようございます・・・?」

男に向かって軽く頭を下げる。
ただ男は目を見開いて俺を見ている。

え?何か間違えた!?おはようございますじゃダメだったのか!?どうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしよう(混乱しているつぼみちゃん)

「可愛い(ボソッ」

「「え?」」

なんて言ったんだ?よく聴こえなかったんだが・・・。

「い、いえ。何でもありません」

そう言って男は俺に手を差し出した。

「初めまして、木戸つぼみさん。僕は担任の鹿野修哉。よろしくね!」

「木戸、つぼみです。よろしくお願い・・・します」

俺は男、鹿野先生の手に自分の手を重ねた。
何故かその手は安心する温もりだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━
はい。駄作っ!ごめんなさい。

606:パピッピー:2016/12/03(土) 19:47 ID:Udo

駄作なんかじゃなーーーーーーーい!
続き早く読みたいです!!

607:IA:2016/12/03(土) 19:56 ID:ZGs

可愛いって!!可愛いって言ったああああああああああああああああああ!!!!

608:エナ:2016/12/03(土) 20:00 ID:CkA

>>606
けど投稿した自分が恥ずかしい・・・ごめんなさいっす

>>607
言ったっすただし、キドとエネには聴こえていない←
あと、ここでカノがキドに惚れてます。一目惚れです。

609:とも猫:2016/12/03(土) 20:26 ID:UHE

ヤバい!エナちゃんの小説がしょっぱなからドキドキする!

610:とも猫:2016/12/03(土) 20:30 ID:UHE

>>606
>>607
全力で同意させていただきます!←ガチで

611:とも猫:2016/12/03(土) 22:36 ID:UHE

そうだ!前から思ってたけどIAって何部なの?
走ったりしてるからたぶん運動系だと思ってるんだけど...
勝手な予測だからわかんないけど…

612:ミナズキ:2016/12/03(土) 22:48 ID:4E.

提案ってやってもいいですか?

613:エナ 休憩:2016/12/03(土) 23:41 ID:dVo

>>609
そ、そうですか?ありがとうございます。

>>611
私も気になる1ω・)チラッ
ついでに私は読書部です。本読むだけだから楽だし楽しい!←訊いてない

>>612
はい!どうぞです。
━━━━━━━━━━━━━━
禁恋休憩←早い。やってみたかった嫉妬ネタ。

sideカノ

「ねえ!団長!聴いて!」

「どうしたんだ?ヒビヤ」

どうも。カノです。[キドの彼氏のカノ]です。
只今絶賛嫉妬中です。

「僕、テストで学年一位になったんだよ!団長が教えてくれたお陰で!本当にありがとう!」

そう言ってキドに抱きつくヒビヤ君。そう言えばキド、ヒビヤ君に勉強教えてたね。
良いねぇショタは。何しても怒られないしちょっとしたことで誉めてもらえて。まじでそこ変われ。

それにキドもキド。僕以外の人物に抱きつかれるって。僕のキドなのに。僕のキドなのに。


「キド」

「うわ!」

「わあ!おじさん!?」

キドの後ろから抱きつく。要するにキドは二人に抱きつかれてる。ハーレムってやつ?

「ヒビヤ君離れて」

「え?どうして?」

「キドは僕のだから」

そう言ったとたんキドの顔が赤くなる。くそう、可愛い。

ヒビヤ君がため息つくと離れた。そして言った。

「そのうち団長貰うから。」

そしてリビングから出ていった。

どういうこと?ヒビヤ君はキドが好きなの!?

絶対・・・絶対・・・

「絶対キドは渡さないから!」

キドはずっと僕のだから!

そう叫んでやった。絶対にずっとキドは僕のだ。

「耳元で大声だすな」

「ご、ごめん。キド。

でも、僕から離れないで。」

抱きつく力を強くした。だがキドによってほどかれた。

え?どうして?キドは僕のこと嫌いに・・・・?
と思ったらキドはお気に入りのパーカーとジャージを脱いだ。キドさあああん!?何をしてるの!?キャミソールが眩しい!

「自分のものでいて欲しいならキスマークでもつけてみろ」

キスマーク?確かキスする場所には意味があってそこにキスマークつけるとウンタラカンタラ・・・。じゃあ・・・。

僕は首筋と喉にキスマークを着けた。
マークはつけなかったが胸元にキスをした。

「お前らしいな。」

「キドは誰にも渡さない」

キドは少し笑って口付けした。これだけなのはキドらしいな。

「嫉妬してくれてありがとう。正直、嬉しかったよ」

微笑む彼女は可愛すぎる。そしてキドは僕のだ。これ大事。

首筋→執着
喉→要求
胸→所有

唇→愛情
━━━━━━━━━━━
はい。禁恋やらなきゃなのにやっちゃいまた。ごめんなさい。

614:パピッピー:2016/12/03(土) 23:52 ID:Udo

続きってゆうかさ〜…続きです


よし…
……はぁ…

〈コンコン…

母「キドちゃん?準備…できた?」

「はい…」

母「馬車も来ているわ」

もう、来てるのか…!
急がないと…

「い、今行きます」

母「急がなくていいわよ?」

「いえ…もう準備出来るので」

〈ガチャ…

母「忘れ物、ないかしら?」

さっき隅々までチェックしたし、大丈夫だろう

「はい」

母「そう…それじゃあ、行きましょう」

〈トコトコ…

気まずい…
そりゃあそうだ…お互い大切な…大切な人が、戦争に行ってしまった。
家に帰れば…この悲しい気持ちも、カノも…忘れるのだろうか…でも、忘れちゃ…ダメだと思う。おぼえてなくちゃ…絶対

母「それじゃね…キドちゃん」

「さようなら」



切ります

615:パピッピー:2016/12/03(土) 23:57 ID:Udo

タイミングが悪かったですね…すみません

616:IA:2016/12/04(日) 08:27 ID:ZGs

>>611
バトミントン部だよ!!
超大変だよ笑笑

>>612
どぞどぞ!!

>>613
来たーーーー!!甘々来たああああああ!!
こういう話めっちゃ好き!!やばい!!

>>614
行っちゃうの!?キドさん行っちゃうの!!?
ああああああああああああああああああもう泣きそう笑笑
カノ!!カノぉぉぉぉ!!!!!


長文失礼笑笑笑

617:エナ ご協力お願いします。:2016/12/04(日) 09:03 ID:1Xw

>>614
あああああああああああああパピッピーさん凄い!
もう変なところで変なの投稿してすみませんでした!

>>616
エネキドエネとられたwwww
バドミントン!?凄いね!運動嫌いだお(`・ω・´)

━━━━━━━━━━━━━━━━━続き
握手(というか、手に触れただけ)をしたあと先生が思い切り教室のドアを開けた。
し、視線が一気にこっち来たんだけどおおおおおおお!?!?
ど、どうしよう・・・俺結構人前苦手なんだけど・・・。

「さあ、皆が期待していた転校生だよ」

期待するなあああああああああああああ!!!!!!
皆がっかりするだけだから!!!!
先生が大丈夫と口パクで伝えたが全然大丈夫じゃない。今にも貧血とかで倒れそう。助けてエネ。

「お嬢様、エネが隣に居ます。皆怖くありません!」

「・・・・・・・うん。」

うつむきながら教室の中に入った。あぁ、ざわざわしてる。
皆なんて言ってるのかな。

「じゃあ、出来る限りでいいから自己紹介お願い」

うえええええええええええ!!!???
先生が軽く紹介するんじゃないのか!?
うっそおおおおおおおおおおお!!??
え、待って、何言えばいいの?全く考えてなかった!
否、名前は言う。あと特徴として料理が得意と言っておこう。
もう一個くらいあったほうが良いよな。

「私の自己紹介で時間埋めします。それに料理が得意って言うので結構好印象ですよ!」

「あ、ありがとう」

エネは何なんだ?エスパーでも使えるのか?
あああああああああ教室ざわめいていく。早く終わらせよう。

「え、えっと、木戸つぼみです。・・・特技は料理です。・・・宜しくお願いします!」

バッと効果音がつきそうなほどの勢いで頭を下げる。だって怖い。

「料理得意なんだー!良いなぁ」

誰かがそう呟いた。そこから生徒達が話始める。

「料理が得意な子って最近あまり居ないもんね」

「あたし料理ド下手だからうらやましい!」

「外形からして料理うまそう!」

「木戸さんの髪触ったら気持ち良さそう!」

あれ?意外と好印象?エネがこっそり囁く。

「最近料理をしない若者が多いんです。だから料理が得意と言うと好印象なんですよ」

そうなのか・・・・・。

「それじゃあ次は私の紹介です!」

元気な声でエネが一歩前に、俺が後ろに下がる。

「私はつぼみお嬢様のメイドのエネと申します。お嬢様の付き添いをしています。お嬢様と違い料理は下手だし、勉強も自信ありませんが元気はある16歳です!宜しくお願いしまーす!
名字、本名は企業秘密ですのでエネとお呼びください!」

こういう自己紹介が出来る子が人気者になるんだろうな・・・と思った。明るい声に元気のある自己紹介・・・。

「それじゃあ木戸さんとエネさんは前の空いてる席で良いよね」

先生が指したのは教卓の目の前。まぁ、別に良いか。
そう思い、座った途端にチャイムがなる。
『キーンコーンカーンコーン』
どこも同じチャイムだなぁ。

「ねぇねぇ木戸さん!エネさん!」

声をかけたのは自己紹介の時に生徒の会話の第一声のオレンジ髪の女の子。きっとクラスのアイドル的な子だろう。

「わたしは如月桃って言うの!宜しく!」

「あ、えっと、宜しく」

「宜しくです!モモさん!」

モモの横からヒョコッと黒髪のヘアピン男が顔をだす。

「オレは瀬戸幸助っす!宜しくっす!」

変わった喋り方だなぁ。こいつ。

「宜しくです!変わった喋り方ですね」

「直球!?」

漫画のようにはならず、皆ちょっとずつ俺に馴れていこうとしているのか休み時間に来たのは瀬戸と桃だけだった。まぁ、いろんな意味で有り難かった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セトモモ入れたいけどセトマリ派が多そうだから迷ってる。

三選択
1→セトモモ、シンマリ
2→セトマリ、シンアヤ
3→どれもなし

ご協力お願いします。
(出るかわかりませんが多かったのを出したい)

618:パピッピー:2016/12/04(日) 10:58 ID:Udo

私は2です

619:パピッピー:2016/12/04(日) 11:01 ID:Udo

エナさんは、全然悪くないです
私も、私ですし!
続き楽しみです!!

620:パピッピー:2016/12/04(日) 12:22 ID:Udo

「No.6エネです!なんと言っても一番の見どころはこの私スーパープリティ電脳ガールエネちゃんの大活躍!!他にも笑いあり、涙あり、ポロリもありの・・・え!?時間がない!?なに言ってるんですかここかr」



〈パコン、パコン…

窓から吹く風が、俺の髪を揺らす
カノは……カノは、もう、戦場に着いているのか…

運転手(シンタロー)「お嬢さん?着きましたよ」

「え…ぁ、すみません。今おります」

〈カチャ…

「ありがとうございました」

運転手に軽く会釈し家の方向に向き直ると
運転手が俺に声をかけてきた。

運転手「お嬢さん、随分思い悩んでる様だか、誰かに相談でもして元気だせよ。まぁ、なにも知らない俺が言える立場じゃあねぇんだがな」

「っ…!ありがとう…ございます」

俺が不安になってもなにもならないから。と、自分の中で、仕舞い込んでいた扉の鍵を見つけてくれた様な気がした。

運転手「じゃあな」


…・……・……・……・……・……・……・…

〈キーンボー…ン←屋敷のチャイムって音が重そう

多少見た目が変わっているが、俺の家と一発で分かる物だった

エ「お嬢様!お久しぶりです」

「ひさしぶり」

エ「何か…ありました?」

「え…?」

エ「暗い顔をしているので…」

心配させてしまったのか…

「いや…なにも…ないです」

エ「んーー?」

「本当だっt…です」

エ「んんんんんーー?」

「うぅ…」

エ「んまぁ…なにもないっていう事にしておきましょう」

ふぅ…
まぁ、隠さなくてもいいって言えばいいんだけれど



切ります

621:IA:2016/12/04(日) 12:35 ID:ZGs

エナちゃんもパピッピーもめっちゃ小説上手すぎ!!
文才まじでч(゜д゜ч)クレ〜

>>617
2で!!

622:とも猫:2016/12/04(日) 12:39 ID:UHE

>>617
私も2で!

623:とも猫:2016/12/04(日) 12:44 ID:UHE

>>616
IAってバトミントン部なの!?
私の兄(双子の弟の方)もだよ!
↑どうでもいい↓
私は小学生だからクラブだけど、サッカークラブだよ〜

624:とも猫:2016/12/04(日) 12:46 ID:UHE

前はダンスクラブがあったのに…

625:パピッピー:2016/12/04(日) 12:51 ID:Udo

私もクラブですが、アートクラブです
委員会は図書です


書き込む 最新10 サイトマップ