少年陰陽師 〜幻絵巻・其の弐〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1:咲夜◆.M:2016/12/18(日) 18:56 ID:k2g

ついに始まりました、其の弐ですっ!

では改めて。

ここは、少年陰陽師が大好きな人が集まるところです!
内容としては、お話を書くのが主となりますが、絵を載せる・雑談などももちろん歓迎しております!
始めましての方も、大歓迎です!

それでは、『幻絵巻・其の弐』開幕です!

2:貴璃◆5s:2016/12/18(日) 20:21 ID:taE

咲夜ー!!
貴璃だよ!
こっちでもよろしくね!

3:咲夜◆.M:2016/12/18(日) 20:27 ID:k2g

貴璃っ!来てくれて嬉しいよー!!
こっちこそ!ここでもよろしく!

4:霈瑠:2016/12/18(日) 20:43 ID:kr6

久しぶり!いろいろあって最近見れなかった…ごめんね♪

5:貴璃◆5s:2016/12/18(日) 20:59 ID:taE

霈瑠!よろしくね〜!

6:咲夜◆.M:2016/12/18(日) 21:10 ID:k2g

霈瑠、よろしく〜!
…あれ?私、霈瑠とちゃんと初めましてしたっけ…?
記憶力が………汗

7:咲夜◆.M:2016/12/18(日) 21:11 ID:k2g

>>1の「初めまして」、違うね…
間違えてる、私…!

8:貴璃◆5s:2016/12/18(日) 21:42 ID:taE

まぁまぁ、気にしないっ!
大丈夫だよ、少しの間違いくらいなら!ね!

9:貴璃◆5s:2016/12/18(日) 21:43 ID:taE

>>6してたよ、多分。ほら、私のとこで

10:咲夜◆.M:2016/12/18(日) 21:44 ID:k2g

>>8
ありがとう…!
なんて心が広いんだ…っ!

>>9
あ、そっちでやったのか〜!
そろそろ私の頭も寿命だね!

11:貴璃◆5s:2016/12/18(日) 21:45 ID:taE

そんな事はない!!
咲夜の頭が寿命とかいったら私の頭は腐ってることになるよ!?

12:咲夜◆.M:2016/12/18(日) 22:23 ID:k2g

ええ!?
やめて!貴璃、腐らないでっ!
私の頭はポンコツだけど(笑)、貴璃のは無事なはずだよ!

13:貴璃◆5s:2016/12/18(日) 22:38 ID:taE

そんなっ…咲夜の頭の方が素晴らしいのにぃっ!
私のはただの空っぽだよ…!残りカスみたいなものだよ!

14:貴璃◆5s:2016/12/19(月) 15:51 ID:taE

http://ha10.net/up/data/img/15258.jpg

國輝!
申し訳ないのだけど、追加要素有りの六花を描きました!
こんな感じの子です…可愛がってあげてね………

15:霈瑠:2016/12/19(月) 16:34 ID:kr6

勝手に見させてもらいました!あと咲夜とははじめましてしたと思うぞ?

16:貴璃◆5s:2016/12/19(月) 16:50 ID:taE

だよね!

あ、全然みても構わないものだから気にしないでね!
よく絵を載っけるけど、それも気にしないで!日常茶飯事だから!

17:紅漓◆e4I:2016/12/19(月) 17:47 ID:wjw

おー!二が出来てる☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
ココでもよろしく‼

18:貴璃◆5s:2016/12/19(月) 18:02 ID:taE

おー、紅漓!
よろしくー!

19:貴璃◆5s:2016/12/20(火) 23:00 ID:taE

貴璃は明日から冬休みでーす!!
のんびりするぞっ!

…え?宿題?………ナ、ナンノコトヤラー

20:國輝:2016/12/21(水) 18:04 ID:plo

咲夜、了解です!どう書こう?

明日終業式なんだ〜!…通知表…

21:貴璃◆5s:2016/12/21(水) 20:53 ID:62Y

咲夜?何か咲夜言ってたっけ…?
私は六花のことお願いした気がする…けど………

通知表なんて、下がるためにあるものだよ⁽˙³˙⁾◟( ˘•ω•˘ )◞⁽˙³˙⁾

22:國輝:2016/12/22(木) 00:14 ID:plo

ごめんなさぁぁい!!!(スライディング土下座)完璧間違えましたぁぁぁぁぁぁ
ごめんなさぁぁぁぁぁぁい!!!
貴璃宮大御神様ぁぁぁぁぁ!!!!

23:貴璃◆5s:2016/12/22(木) 10:38 ID:62Y

あ、やっぱり私で合ってた?

気にする事はないですよ、國之輝大御神様っ♪
生きてるものは皆間違いくらい犯すものですから!

24:貴璃◆5s:2016/12/22(木) 11:14 ID:62Y

咲夜ぁぁぁあああ!!
なんか恥ずかしいーーー!!

「少年陰陽師 彰子 微笑み」で調べたら、私とか咲夜がここで載せた絵が画像のところでやたら出てくるの!
貴璃宮大御神のイラストもあったよ!!
…私の昌浩と彰子の痴話喧嘩とか、風音ハロウィンbarとかも…っ!!

25:國輝:2016/12/22(木) 11:58 ID:3cs

貴璃宮大御神様はなんてお優しいのだ…!!
ありがとう!ごめんね。


確かに、載ってたね!しかも最初らへんに結構いっぱい(苦笑)

26:貴璃◆5s:2016/12/22(木) 15:00 ID:62Y

調べたのっ!?え!?
…また、一つ増えるかもよ…。

季節の方必見ね、それは
これから、載せてくるから

27:國輝:2016/12/22(木) 16:39 ID:Rn6

見ましたよー!しかとこの目でww

28:貴璃◆5s:2016/12/22(木) 16:49 ID:62Y

見られましたねー、貴女のその目で。

29:咲夜◆.M:2016/12/22(木) 17:46 ID:k2g

見てきたよぉぉおおお!!

全部!季節の方のも、検索するのも!
なんかすごいね!?
貴璃のは相変わらず風音が可愛いぃぃ!し、検索して出てくるとか恥ずかしいけどなんか嬉しいし!

…そして、私も明日から冬休みです!
受験生の冬休みは大きいよぉ……!
でも、小説の方も忘れませんからねっ!

30:貴璃◆5s:2016/12/22(木) 19:08 ID:62Y

おお…!
無理しない程度に頑張れ、咲夜!!
そろそろ追い込みだもんねぇ…。うちの弟も毎日のように塾行ってるよ。塾って書けないバカだけど…

31:國輝:2016/12/22(木) 20:37 ID:3cs

頑張って!うちも来年だから冬期講習行ってる(苦笑)受験後ちょっと!私の先輩みたくだらけないでラストスパート頑張って!

32:貴璃◆5s:2016/12/23(金) 17:48 ID:62Y

頑張って…!(っ´;ω;))ω;)ギュッ♡

33:咲夜◆.M:2016/12/24(土) 02:13 ID:k2g

なかなか寝れない咲夜さん…

みんなありがとうっ!頑張ります…!


そしてね、私の小説続き書こうと思ったんだけど、作者自身が忘れかけていたので、前回のを貼っちゃいます!


ーーー

「昌、浩……?」

見間違えるはずがない。
あの子は、生きていたのだ。

「昌浩っ!お前今まで何処に…」
「騰蛇、待て!」

勾陣の鋭い静止に、はっとする。
頭のどこかで警鐘が鳴り響いた。

何故、ここにいる?
何故、あの女のそばにいる?
何故、あの女を守る結界を張った?

ーーー何故、そんなに冥い瞳で、俺を睨むようにして見つめている?

掠れた声が、唇から零れ落ちた。

「昌浩、だろう…?」

それは、懇願の言葉。

頼む、いつものように笑顔で返してくれ。
あの笑顔で。なに言ってるのさ、紅蓮、と。

だがそれは、静かに口端を吊り上げている氷雨とその前に佇む少年の言葉により、脆くも崩れ去る。

「昌浩…?俺はそんな名前じゃない。俺の名前は、Y陽《ゆうひ》だ」

「ゆう、ひ……」

Y陽と名乗るその少年は、氷雨を降り仰ぐ。

「こいつらが十二神将?」
「ああ、そうだ。人の想いを具現化した神。そして……」

紅蓮、六合、勾陣へと目線を巡らせ、最後にY陽に微笑みかける。

「お前が倒すべき、相手さ」

何も言えずにいた神将達の瞳が、驚愕に彩られた。



ーーー
これでよし、っと!

34:咲夜◆.M:2016/12/24(土) 02:55 ID:k2g

氷雨の言葉を聞いたY陽は、ぱっと顔を輝かせたが、すぐに困ったように眉を寄せた。

「でも…。今回はやめておいた方がいいね。あいつがいたら、厄介だ」

あいつ、と視線を流した先は、紅蓮。

「確かに邪魔なものは早いうちに消しておくのがいいんだけどなあ…。闘将が三人いる上に、その内の一人は十二神将において最強で最凶の騰蛇。勝ち目がないよ」

だから、もう帰ろう?
氷雨に向けられたY陽の笑顔は、昌浩のそれと酷似していた。

ーーー

あいつ、と。
あの少年は言った。

氷雨の元に現れたのはY陽。それはわかっている。
そしてあれは、昌浩だったのだということも。

霊気が。声が。眼差しが。
全てが昌浩を示しているのに、全てが昌浩とは違う。

あの霊気は、自分達に刃を向ける。
あの声の冷たさは、深くこの心を抉る。
あの眼差しは、暗く鋭く、己を貫いた。

もう、あれは『昌浩』ではないと、頭では理解しているのに。

《だから、もう帰ろう?》

その言葉に、心と記憶が昌浩を見出してしまうのだ。

最強、最凶、そして…騰蛇。

お前の声で言われるとな。
何故か他の奴に言われたときよりも、もっと心が軋む音がするんだよ。

なあ、どうしたらいい?
俺はどうすればいいんだ、『昌浩』ーーーー


ーーー

なんかすっごいシリアス…?
話が滅茶苦茶なのは、流してあげてねっ!

35:貴璃◆5s:2016/12/24(土) 06:04 ID:62Y

咲夜ぁ…なんかもう泣きそうだよぉ…!
素敵すぎて、シリアスで、涙が出てくるの…

本当に咲夜は私を殺す天才だね!

36:貴璃◆5s:2016/12/24(土) 07:38 ID:62Y

もうなんか、昌浩、昌浩ぉぉぉお…!!
そこにいるのは君の大好きな絶対失いたくない人、紅蓮だよ………!!紅蓮なんだよぉ…!!!
紅蓮おとうさんだよ…君に教育を施した、大好きな相棒ですよ…!?私、泣いてるけど、泣くよ…!?

37:咲夜◆.M:2016/12/24(土) 13:32 ID:k2g

泣かないで下さいぃぃい!!

そして、ありがとう〜!
その感想で、私はまた次も頑張れる!!

38:貴璃◆5s:2016/12/24(土) 13:58 ID:62Y

咲夜っ!
本当に咲夜の小説大好き…。
次も楽しみにしてるね!

39:咲夜◆.M:2016/12/24(土) 20:18 ID:k2g

うん、待っててね!

あ、あのね、聞いて!
なんと明日、京都に行くのです!
受験生がなにやってんだ、て思うかもしれないけど、その分今日頑張ったし(笑)、許してあげて…!

40:霈瑠:2016/12/24(土) 21:03 ID:kr6

京都ーーーーーっ!!我も行きたいぞ…連れて行って〜(無理なことはわかっとります)

41:霈瑠:2016/12/24(土) 21:03 ID:kr6

あ、あとどうやったら皆みたいに上手に小説が書けるのやら…コツとかあるの?

42:咲夜◆.M:2016/12/25(日) 03:07 ID:k2g

あ、私は上手くないよ!?
私は貴璃を見習ってるだけだから…

…では!
京の都に行って参ります!

43:國輝:2016/12/25(日) 13:48 ID:ML2

京都行ってらっしゃい!

うちは、咲夜とか貴璃の小説を参考にしてるよ!あとは、頭に浮かんだテーマをまとめて、書いてる感じ!だから文は変だけど(苦笑)

44:貴璃◆5s:2016/12/25(日) 15:26 ID:62Y

私は咲夜を見習ってるよ〜?
咲夜ほんとに上手だもん!!

京都!いいなぁ!私も行きたい…高龗神とじい様にご挨拶したい…

45:咲夜◆.M:2016/12/25(日) 21:06 ID:k2g

ただいま〜っ!

やっぱり京都って素敵だねえ…!
綺麗だし、尊いし、美しいし、清いし、美味しいし…!←!?
御朱印もちゃんと貰ってきましたよ♪

高龗神にはね、春にご挨拶しに行ったのです!
じい様にはまだだけど…
また行きたいっ!←帰ってきたばっかり

46:霈瑠:2016/12/25(日) 21:30 ID:kr6

おかえり〜今年はどこにも行く予定ないな…

47:貴璃◆5s:2016/12/25(日) 22:01 ID:62Y

おかえりなさいっ!
楽しかったようで何よりだよ〜(*⌒▽⌒*)
私も京都行きたいなぁ〜。じい様〜、高淤の神〜!!

48:紅漓◆e4I リア充爆発しろぉぉお!!:2016/12/25(日) 22:41 ID:wjw

メリークリスマス!
突然だけど、小説のプロローグ書いて見るね〜。下手だし、続かないと思うけど…(ー ー;)

無知は、罪だ。大罪だ。
何も知らないからこそ傷つける。

だが本人に非がある訳ではない。
何故なら何も知らないからだ。

無邪気、純粋。聞こえは良い言葉だが、白は、簡単に黒に染まる。
非常に不安定で危険な状態である。

これは、無知のまま人ならざる者となった、
幼き双子の魂のお話。


文才?知らないなぁ〜。

49:貴璃◆5s:2016/12/25(日) 22:54 ID:62Y

双子ちゃんかぁ!楽しみ(*´`*)
昌浩でる?ちゃんと、出てくれるかな…?

あと、紅漓ぃ!
紅漓に「リア充爆発しろ」はまだ早いよぉぉお!!
やめてぇぇ!

50:紅漓◆e4I:2016/12/26(月) 07:40 ID:wjw

>>49 分かった〜。止める。ちょっとね?友達が目の前でいちゃいちゃしてね?イライラしてたんだよ(ー ー;)もう落ち着いたから大丈夫だよー!
昌浩もちゃんと出るよ〜(*^^*)

51:咲夜◆.M:2016/12/26(月) 18:43 ID:k2g

ちょっとね…
描いてみましたっ!

http://ha10.net/up/data/img/15428.jpg

バランスが悪いのは気にしないでね!汗

52:貴璃◆5s:2016/12/26(月) 20:09 ID:62Y

ふぅぉわぁっ!?
可愛い…!!!はぅぅ、やっぱり咲夜は小説も絵も上手だねぇ…。思わず変な声でちゃったもん…素晴らしく可愛くて!!

彰子可愛いよ!咲夜も可愛いよ!大好きっ!

53:貴璃◆5s:2016/12/27(火) 17:27 ID:62Y

小説書かなきゃだけど、天一の方と、月苹の方、どっちがいいかなぁ?
みんなー、どっちがいい〜?

54:貴璃◆5s:2016/12/28(水) 12:03 ID:62Y

http://ha10.net/up/data/img/15471.jpg
だいぶ遅れてしまったけど、天一でクリスマスを描いてみました!
…どうだろう…?

55:咲夜◆.M:2016/12/29(木) 13:44 ID:k2g

天貴〜〜〜っ!!
会いたい……!
絶対癒されるよね!

あとね、咲夜が私だってこと、お友達にばれちゃいました!笑
文才が、私の文才がばれた……!

56:貴璃◆5s:2016/12/29(木) 16:20 ID:JXs

え、バレた!?
…え、もしかして名前変える…?え…?

57:霈瑠:2016/12/29(木) 16:53 ID:kr6

ば、ばれることってあるんだ…自分は大丈夫かな…

58:咲夜◆.M:2016/12/29(木) 17:24 ID:k2g

変えないよ!
『名前は一番短い呪』だからねっ!
大切だし、何よりこの名前好きなのです。

ただ、その友達は頭良いし絵上手いし何でも出来るから、恥ずかしい///

59:貴璃◆5s:2016/12/29(木) 19:06 ID:cw2

そんな…咲夜だって文才あるし、絵上手いし、優しい、いい子なのにっ!!

変えないか、よかったぁ…。
私はそもそもリア友が全然いないし、こういうところは友達あんまり来なさそうだし、大丈夫かな…?

60:咲夜◆.M:2016/12/29(木) 19:47 ID:k2g

だといいねっ!

なんだろ……友達に見られると分かると、途端に恥ずかしくなってくるのです…笑

61:貴璃◆5s:2016/12/29(木) 20:15 ID:cw2

…私も咲夜の友達だよっ!!
あったことはないけど、多分リア友さんにも負けないくらい大好きだから!!

私相手みたいな感覚で書けばいいんじゃないかな?
わかんないけど…

62:貴璃◆5s:2016/12/30(金) 22:35 ID:cw2

…友達って思われてなかったら恥ずかしいし割とショックだけど…どうしよ…?

63:咲夜◆.M:2016/12/31(土) 00:13 ID:k2g

なっ!?
貴璃、何を仰る!?

確かに返事が遅れて誤解しそうなことになっちゃったかもだけど、間違っても貴璃が私の友達じゃないなんてことないからねっ!
↑ややこしい…!

むしろ押し付けがましいけど友達じゃなくてそれを通り越して親友とか…だったらいいなって思ってるもん!

友達に見られて恥ずかしいっていうのは、学校とかで顔を合わせることがあるからって意味で……
友達じゃないなんてことはないのです!!

64:貴璃◆5s:2016/12/31(土) 06:18 ID:cw2

ふぁっ!?はわ、親友…!!
私には縁遠すぎたお言葉を賜るとは…!!
咲夜ありがとう…本当大好き!

…リア友さんとは…うまく頑張れ…!

65:咲夜◆.M:2016/12/31(土) 13:27 ID:k2g

いや、ちょっと図々しかったかなって思ったから、そう言ってもらえて私も嬉しい…!!

そうだね!私なりの頑張りを見て貰うって感じで!(?)

66:貴璃◆5s:2016/12/31(土) 13:53 ID:cw2

そんなこんなで結局殆ど小説書かずに65を過ぎてしまった…。
なんてことだ。
今夜書きます…

67:咲夜◆.M:2016/12/31(土) 14:11 ID:k2g

か、書きます!私も書きますっ!

親戚の家行ったりとかがあるから忙しいけど、合間を縫って私は書くぞ…!!
↑拳を振り上げ高らかに宣言。

68:貴璃◆5s:2016/12/31(土) 14:42 ID:cw2

わぁい!楽しみ!
私も頑張ろっと!!

69:貴璃◆5s:2016/12/31(土) 21:47 ID:cw2

よし、そろそろ終わりが見えてきた天一の方を書くね!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「昌浩の気配がしない?」

晴明に命じられると同時に駆け出した勾陣は、並走している紅蓮の言葉に胡乱げに返した。

「このあたり、どこにも?」
「ああ。因みに白虎に頼んで更に遠くも見てきてもらったが、姿も気配もなかったそうだ」
「まさか」

紅蓮は舌打ちをして、険しい顔で周囲を見回した。

「…しかし、まぁ」
「なんだ、勾」
「仮にも、神将の天一を攫ったなら、異世界などに連れていくのは簡単なんじゃないか?」
「…成程な」
「それに、…お迎えが来たようだ」

勾陣のその言葉と同時に、何も無かった場所に一人の少女が現れた。
銀の髪と銀の眼を持った人外の少女。

「あらあら…気付いていたのね?なら話は早いわ。私と来て?」
「断る。昌浩を返せ」
「駄目よ。昌浩は、私にとって大事な存在なのよ?」

余裕の笑を崩さず、軽く首を傾げながら少女はもう一度言った。

「私と一緒に来て?来てくれたら、昌浩と会えるかもしれないわよ?」
「…何っ…!?」
「あの子が余計なことをしなければ、だけど。どうする?…別の世界、行く?」

…もう、選択肢はない。
昌浩に会えるなら、助けてあげられるかもしれないなら、…行くしかない。

「…騰蛇」
「…ああ。わかった、行こう」
「ふふっ、そうこなくちゃ!聞き分けいい子は好きよ!」

少女はーーー琉月は、嬉しそうに微笑んで手を2人に向かって伸ばした。


「さぁ、行きましょう?ふふっ…」

70:貴璃◆5s:2017/01/01(日) 01:29 ID:cw2

あけましておめでとう!!
今年の4月にここに来て、あっという間に時間が経ったよ…!
ここを見つけてからは毎日楽しくて、メンバー(?)もどんどん増えて、咲夜と2人でやってた頃、咲夜が1人でやってた頃が懐かしいと思えるくらい、充実してました!
来月から滅多に来れなくなる可能性がありますが、よろしくお願いします。
時々現れたら暖かく迎え入れて、普通に来てたらツッコンでください!今月はまだいるよ!!

71:咲夜◆.M:2017/01/01(日) 01:55 ID:8g6

明けましておめでとうございます!

忙しかったしいろいろあったけど、充実した一年だったな〜!
今年も、そんな一年が過ごせたらいいな〜と、思っております。
まずは、受験ですけどね!笑

貴璃!大丈夫です!待ってます!貴女のことは、いつでも、いつまでも!
私こそ、勉強しなくちゃいけないし、なかなか来れない時もあるかと……
それ以前に、お話書くところなのに全然進んでない私ですが、どうぞ、これからもよろしくお願い致しします!
催促してもらって、構いませんので。笑

72:貴璃◆5s:2017/01/01(日) 07:28 ID:cw2

ありがとう、咲夜!
私もちゃんと、待ってるからね!咲夜のペースで頑張ってね!!

73:紅漓◆e4I:2017/01/01(日) 11:29 ID:JSk

あけましておめでとうございます!
去年は、このスレにも入れて貰ったり、
葉っぱ天国を知ったのも去年です。
ココで友達も沢山出来ました!
年下の私にも優しくしてくれてありがとう!
良いお姉さんが沢山出来て嬉しいです(*^^*)
今年もよろしくお願いします!!

74:貴璃◆5s:2017/01/01(日) 11:49 ID:cw2

紅漓可愛いから٩(*´︶`*)۶
私も可愛い妹みたいな存在の、仲のいい友達がたくさん出来てすごく嬉しいよ!
今後も仲良くしてね♪

75:咲夜◆.M:2017/01/01(日) 14:46 ID:8g6

紅漓〜〜〜!
私が言っていいのかわかんないけど、紅漓は可愛い〜〜妹みたいなお友達なのでっ!
大好きだし、これからも仲良くしたいよ!
よろしくお願いしますっ!

76:紅漓◆4I:2017/01/01(日) 15:31 ID:JSk

>>74-75 三人ともとっても優しい、頼りになるお姉さんだよー!
これからもよろしくね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

77:咲夜◆.M:2017/01/01(日) 16:30 ID:8ow

書かなくちゃいけないのに、描いてしまった咲夜さん。汗

でもなんか描きたかったのです!
…色も塗ってみた、よ…

貴璃宮大御神
http://ha10.net/up/data/img/15606.jpg

78:貴璃◆5s:2017/01/01(日) 16:49 ID:2.o

月夜咲夜神様ぁぁぁあああ!!
なんてっ…なんて美しく描いてくださったのっ…!!

一生ついて行かせてください!愛してます!!

79:咲夜◆.M:2017/01/01(日) 17:07 ID:8ow

貴璃宮大御神様ーーーっ!!

だって貴璃は内面から綺麗で美しいじゃないかあぁぁああ!!
でも、そんなに喜んで貰えるなんて…!
私も嬉しい…!そして愛してます…!

80:貴璃◆5s:2017/01/01(日) 20:27 ID:2.o

ほんと、咲夜の事大好きだよ!愛してるよぉ!!

…こんな事言って受け入れてもらえて同じノリで会話できるの、咲夜だけなんだもん…。楽しいなぁ!

81:霈瑠:2017/01/02(月) 21:50 ID:Qj.

明けましておめでとうございます!みんなとはまだ知り合ったばかりだけど今年もよろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ

82:貴璃◆5s:2017/01/02(月) 22:52 ID:bbU

霈瑠!割とお久だねぇ!
今年もよろしくね♪

83:咲夜◆.M:2017/01/05(木) 22:24 ID:8ow

やばいですよ全然来てないですよ!
このままだとどんどん下がっちゃうから上げておくね〜!

…そろそろ氷雨の我慢が限界に…!?汗

84:貴璃◆5s:2017/01/05(木) 23:21 ID:xeE

ねむねむさんです…。
疲れましたので…今日は…寝ます…。
(ρ_‐)。oOおやすみなさい …zZZ

85:貴璃◆5s:2017/01/06(金) 17:07 ID:xeE

うわぁぁぁん!
明日から学校だよぉぉぉおおお!!
土曜日なのに!土曜日なのにぃぃっっ!!

86:國輝:2017/01/07(土) 00:37 ID:/4o

なかなか来れなくてごめんなさぁぁぁぁぁぁぁぁぁいいいいいい!!!!!!
あけましておめでとう!葉っぱ天国でみんなに会えて、それにも感謝してるし、みんなをつなぐ少年陰陽師に感謝してる!みんなともっともっとつながりたい!なかなか来れないけど頑張って来るし、止まってる小説もどんどん書いていきます!今年は受験生だから迷惑かかるかもしれないけど、これからもよろしく!!(長くなってごめん(苦笑))

87:貴璃◆5s:2017/01/09(月) 14:47 ID:zNc

國輝っ…!
なかなか反応できなくてごめんね!!
今年もよろしく!

どうなるかわかんないけど、親次第で今年も今まで通りここにこれそうかも…。…かも、だけど。

いやでも、部活は片方副部長で2年生で引退だし、片方頻度は少ないものの中身が濃くって常に気を張ってるし、2年になるから受験とか大学とか進路とか色々色々考えなきゃだし、調べることもやることも責任も山ほど増えそう。怖い…((;゚Д゚)ガクガクブルブル
ああそれに習い事もあるし土曜も学校だし部活も無い曜日は月木だけだし…恐ろしい…。宿題もあるし…高校生怖い…高校生だけど…。楽しいけど恐怖が先に立つ…。

88:貴璃◆5s:2017/01/12(木) 16:36 ID:W5w

最近誰も来ないね…。
やっぱこの時期だし忙しいかな?
特に咲夜と霈瑠ね…頑張って…

89:霈瑠:2017/01/12(木) 22:19 ID:Qj.

久しぶり!最近テストやら受験勉強やらたくさん続いてあんまり来れなかったよ…あと少しで一応一息つく…ただでさえ勉強嫌いだからもう自分が壊れそう

90:貴璃◆5s:2017/01/12(木) 22:33 ID:W5w

ええっ…。
無理はしないでね…?高校入ったら、ほんとに時間なくなるし、始まる前に燃え尽きちゃうのが1番辛いと思うから…

何も2人に、無理に、「絶対いい知らせをして!」とは言わないから!
受験なんて「自分なりに頑張った結果」だし、人生のすべてじゃないし、縁起でもなくて申し訳ないけど、たとえ落ちても「あの学校行けなくて良かったかも」って私みたいに思う人もいるかもだし。

体壊さないように、調節してね?
自分の体調が1番大事なはずだから!!

偉そうに長々ごめんねぇ…。
取り敢えずっ、貴璃は2人のこと、応援してるから!
ちゃんと待ってるね!!

91:霈瑠:2017/01/14(土) 20:01 ID:Qj.

貴璃優しすぎる°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°軽く感動してます😭勉強やる気が出たよ!ありがと♪

92:貴璃◆5s:2017/01/14(土) 22:12 ID:x6I

ほんと?ちょっとでも役に立てたなら良かった!

本当に無理しないで頑張ってね…

93:咲夜◆.M:2017/01/15(日) 16:51 ID:8ow

貴璃〜…っ!!
ありがとう!貴璃のお蔭で頑張れそうだって思えたよ!
そうやって優しい気遣いが出来るところとか、もう貴璃の全部が大好き!

で、ちょっとひと段落ついたので、何か書かなくては!と思った訳です!
まずは前回のを貼る!忘れてるから!笑





氷雨の言葉を聞いたY陽は、ぱっと顔を輝かせたが、すぐに困ったように眉を寄せた。

「でも…。今回はやめておいた方がいいね。あいつがいたら、厄介だ」

あいつ、と視線を流した先は、紅蓮。

「確かに邪魔なものは早いうちに消しておくのがいいんだけどなあ…。闘将が三人いる上に、その内の一人は十二神将において最強で最凶の騰蛇。勝ち目がないよ」

だから、もう帰ろう?
氷雨に向けられたY陽の笑顔は、昌浩のそれと酷似していた。

ーーー

あいつ、と。
あの少年は言った。

氷雨の元に現れたのはY陽。それはわかっている。
そしてあれは、昌浩だったのだということも。

霊気が。声が。眼差しが。
全てが昌浩を示しているのに、全てが昌浩とは違う。

あの霊気は、自分達に刃を向ける。
あの声の冷たさは、深くこの心を抉る。
あの眼差しは、暗く鋭く、己を貫いた。

もう、あれは『昌浩』ではないと、頭では理解しているのに。

《だから、もう帰ろう?》

その言葉に、心と記憶が昌浩を見出してしまうのだ。

最強、最凶、そして…騰蛇。

お前の声で言われるとな。
何故か他の奴に言われたときよりも、もっと心が軋む音がするんだよ。

なあ、どうしたらいい?
俺はどうすればいいんだ、『昌浩』ーーー


ーーーーー

94:咲夜◆.M:2017/01/15(日) 17:42 ID:8ow


ふう、と一息ついた勾陣は、先ほど騰蛇と晴明が消えていった方角をちらりと見やった。

今は安倍の邸にいるのだ。

Y陽が氷雨と消えたあと、それきり黙り込んでしまった騰蛇を無理矢理言いくるめて物の怪にし、その首元を掴んで邸に連れ戻った。

六合は暫く考えこんでいたようだったが、晴明に話すのが一番だというところに行き着き、素直に着いて来た。

勾陣は、瞼を伏せる。

昌浩を自分の命より大切にしていた騰蛇だったから、その衝撃は大きいものだろう。
いや、衝撃などという簡単な言葉では、その心を表せないのかもしれない。
…しかし。

『闘将』と、少年は言った。
氷のような眼差しで、自分達を見て。
それは、己を含めた四人の総称だ。それ以外の、なにものでもないのに。

眼は開けぬまま、静かに笑う。

名前を呼ばれないというのは、どうしてこんなに悲しいものなのだろう。
いつのまにか、あの子に名前を呼ばれることに、喜びを感じていたようだ。


誓おう。
自分でも何故そんなことを考えだしたのかはわからない。
従うのは、気を配るのは、誓うのは。その相手は、いつも晴明なのに。

それでも、誓おう。
全ては、あの笑顔をもう一度取り戻すため。
晴明やその家族、そして同胞のためにも。


『昌浩』……お前を、取り戻すと。


ーーーーー
今回は勾陣目線だよっ!
「勾陣にだって昌浩は大切な存在なんだっ!」ということを再確認!

そして彼女は、奪われると燃えるひとなのだということも、同時に再確認。笑

短いけど、また書くからね〜っ
ちょくちょく来るようにしまーす!

95:貴璃◆5s:2017/01/15(日) 22:14 ID:x6I

咲夜ぁぁぁぁあああ!!
最近あまり皆が来なくて寂しかったよぅ…!
特に…咲夜が…1番長く話してるから…無理はしないで欲しいけど…寂しいものは寂しくて…うぅ〜…。

兎に角、来てくれて嬉しい!
そして相変わらずの素敵な文才だね!分けて欲しいよ…!
頑張れ、勾陣!紅蓮!…勾陣!!←

96:貴璃◆5s:2017/01/17(火) 21:16 ID:x6I

私もどっちか書かなきゃねぇ…。
どうしよっか…月苹か天一の方か…

97:咲夜◆.M:2017/01/18(水) 16:53 ID:8ow

…月苹、みたいなあ……
可愛い月苹様…!!

98:貴璃◆5s:2017/01/18(水) 18:35 ID:x6I

おっけぇ!
じゃあ、書くね!
…夜…かな?

99:貴璃◆5s:2017/01/18(水) 22:19 ID:x6I

ごめんね、咲夜…眠くて書けないから、明日書くね…絶対…。約束する!月夜咲夜神に誓って!!

100:貴璃◆5s:2017/01/19(木) 17:38 ID:x6I

…熱出たので、暫く小説お休みする…治るまで…

101:國輝:2017/01/19(木) 19:03 ID:84M

ごめん!携帯でやってたんだけど、最後の更新から規制中って出て、出来なかった!なので更新遅れるかも!でも、ちゃんと小説書くので!本当にすんません!

102:貴璃◆5s:2017/01/19(木) 20:08 ID:x6I

今更だけど、おめでたい100が私のあんなのでごめんね!!
100おめでとう!!
そして國輝久しぶり!楽しみにしてるよ♪

103:霈瑠:2017/01/19(木) 21:59 ID:Qj.

お久しぶりです|´-`)チラッ

104:咲夜◆.M:2017/01/20(金) 17:16 ID:8ow

ええっ、貴璃、大丈夫!?
ゆっくり休んで、早く元気になってね!!

>>103、久しぶりー!!

105:貴璃◆5s:2017/01/20(金) 17:40 ID:x6I

>>103久しぶり、霈瑠!

大丈夫だよー!
物凄く元気ではあるの。でも今日病院行ったらA型インフルエンザだった…。
皆も気を付けてね〜?

106:國輝:2017/01/21(土) 12:49 ID:84M

急に小説

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
六花目線

あぁ、私は六花です!天城六花。澄華さん達と普通に学校へ行っていたはずなんですが・・・ここはどこでしょう⁈と、とりあえず澄華さん達を起こさなければ・・・

「澄華さん、咲夜さん起きてください!!」

あ、起きました!・・・そういえば、私は誰に話してるのでしょうか?・・・ま、いっか!

澄「ん・・・!!六花、咲夜大丈夫⁈」
咲「ん・・・。ここはどこ?」

六「よかったです!起きてくれて!私は大丈夫です。ここがどこだかはわかりません。すいません・・・。」

澄「そっか・・・。大丈夫大丈夫!!生きてるだけでも良しとしよう!」
咲「そうだね。とりあえず、ここがどこだかと寝るとこ探そう。」


?「あれ?君達・・・誰?」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
?でてきました!つか、短くてすんません!小説は久しぶりなんで変だけど許して!そして・・・やっと進めます、、、!
まぁ、?が誰だかは、流れ的にわかるかも(汗)
トリップも彰浩も謎の男も頑張ります・・・!!

107:國輝:2017/01/21(土) 13:21 ID:84M

連続頑張る!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
我が声に応えよ。力を備えし、三人の陰陽師よ。

その力を使い、我が声に応えよ。早く、早く、出なければ・・・

かの神が目覚めてしまうーーーーー
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
昌樹目線

「・・・という事です。晴昌様、来てもらえませんでしょうか?」

俺は安倍昌樹。今、じい様のところに天御貴璃宮?というところから使いがやってきて、何か話してるんだよな〜。あ、俺のじい様は表はあれだけど、裏は凄腕の陰陽師なんだ。ま、俺もそうだけど。

晴「うーむ、なんせこの歳ですからな〜。」「そこをなんとか!」

嘘つけ、まだまだピンピンしてる癖に

晴「そうじゃ、近々当主の座を譲ろうと思っておったのですよ。なので・・・次期当主の昌樹をお連れください。」

え、、、俺⁈なんでだ⁈

「しかし・・・晴「心配には及びません。あいつには「力」がありますから」!!・・・わかりました・・・。」

え⁈なにそれ⁈なんか訳わかんねぇ・・・

晴「昌樹、入って来い、そこにいるんだろ?」『う、、、どういうことですか?』

晴「貴璃宮大御神が我が家の当主を呼んでいる。『!!』現在の当主は儂だが、近々譲るからのぉ〜。というわけでお前行ってこい。」
『・・・はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!???』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さぁ、時は満ちた。我が力に応え、血に彩られしかの神の目覚めを・・・

止めるのだーーーーー

108:紅漓◆4I:2017/01/22(日) 05:45 ID:T3Q

久しぶりです(*^^*)

109:貴璃◆5s:2017/01/22(日) 12:33 ID:x6I

>>107うん!昌樹おいで!ここの子達のキャラなら皆大歓迎だy((お前じゃない

>>108紅漓も久しぶり^^*だんだん揃ってきたな〜♪

110:貴璃◆5s:2017/01/22(日) 20:20 ID:x6I

http://ha10.net/up/data/img/17228.png
完全にアカウント晒しちゃったけども。
とっしーの扱いが酷かった

111:咲夜◆.M:2017/01/22(日) 23:57 ID:8ow

ん?なにそれなにそれっ!?

…とっしぃぃいい!!!←

112:貴璃◆5s:2017/01/23(月) 07:09 ID:x6I

>>111この後フォロワーさんと物の怪と孫のなりきりやり取りでめちゃくちゃ盛り上がった。

私も本名で遊んでみたんだけどね?

湯婆婆「ふん、〇〇というのかい?贅沢な名だねぇ。今からあんたの名前はシュゴスだ。いいかい、シュゴスだよ。分かったら返事をするんだ、シュゴス!」

と、言われた。何故にシュゴス

113:咲夜◆.M:2017/01/23(月) 16:25 ID:8ow

な、何故にシュゴス…!!
恐るべし湯婆婆…っ!

114:貴璃◆5s:2017/01/23(月) 16:31 ID:x6I

因みにうちの弟は「虫」って命名されたよ!

あとね…?…咲夜でやってみたのね…?そしたら…
湯婆婆「ふん、咲夜というのかい?贅沢な名だねぇ。今からあんたの名前はゴミだ。いいかい、ゴミだよ。分かったら返事をするんだ、ゴミ!」
とか、ほざきやがってっ…!!
私達の偉大なる月夜咲夜神に向かって、こんな失礼な名を与えて!酷すぎる!!!( º言º)

115:咲夜◆.M:2017/01/23(月) 16:55 ID:8ow

虫っ!?
弟さん、複雑だよね…

ご、ゴミ…
いや、偉大じゃないよっ!?
あれでしょ!?ほら、
「はははっ!咲夜がゴミのようだ!!」
ってやつだよ!…あれ、違う映画混ざってる…?

116:貴璃◆5s:2017/01/23(月) 17:14 ID:x6I

ゴミはむしろ私だよぉぉぉぉ!!

ムス〇「貴璃がまるでゴミのようだ!!」
シ〇タ「貴璃は元々ゴミよ」

117:咲夜◆.M:2017/01/23(月) 17:31 ID:8ow

し、シ○タぁぁぁああ!!!
何を言っているの!?
貴璃はゴミじゃないでしょうっ!
ム○カもだよ!駄目でしょうっ!?

そんな悪い子達は
「バ☆ス…!!」なんてことに…

118:貴璃◆5s:2017/01/23(月) 17:52 ID:x6I

昌浩・咲夜っ!人間を攻撃しちゃだめだ!(結界張りつつ)


バルスより全世界規模で勝てそうなの、「巨神兵!」な気がしてきた…!!

119:咲夜◆.M:2017/01/23(月) 18:43 ID:8ow

…はっ!私はなんてことを!

おおっ、確かに…!
「薙ぎ払え!」って言ったら嘆きの雨まで払ってくれそうな気がするよ!!

120:貴璃◆5s:2017/01/23(月) 18:47 ID:x6I

巨神兵強い…!

121:咲夜◆.M:2017/01/23(月) 20:03 ID:8ow

恐るべし巨神兵…!!
強すぎる…!

前から思ってたんだけど、「嘆きの雨を薙ぎ払え」で、表紙めくったところに先生のプロフィールと一緒に載ってる、「それにしても、『薙ぎ払え』と聞くと……」ってやつ、巨神兵、だよね…?多分…

あ、違ったらどうしよう、恥ずかしい…

122:貴璃◆5s:2017/01/23(月) 20:49 ID:x6I

え、多分そうだよ…!
私もそれ思ってたもん…「え、巨神兵…だよね…?」って…

123:咲夜◆.M:2017/01/23(月) 21:11 ID:8ow

そうだよね!よかった〜!
なんか友達に聞けなくて、ずっと1人でもやもやしてたから…

あー、すっきりしたよ!!笑

124:貴璃◆5s:2017/01/23(月) 21:46 ID:x6I

良かった!

そういえばね、私「あんさんぶるスターズ!」ってゲームにハマっててね?
最近はもっぱらその推しキャラばっかり描いてるんだけど…そのゲームが沼すぎて。
抜け出せなくてしかもまだ堕ちてるから怖い怖い…。
でも楽しいの…でも推しのカードでないから苦しいの…でもあの子達の笑顔見てると幸せなの…本編のストーリー万歳、イベントストーリー万歳、状態で…。

まぁ、何が言いたいかって言うと、少年陰陽師じゃないけど何かはまったら危険だからよく考えて気を付けてゲームは選んでねってことです。
ほら、スマホにしたって言ってたし。
おすすめしてるだけともいふ

125:咲夜◆.M:2017/01/23(月) 22:55 ID:8ow

あ…、どうしよう…
ちょっと調べてみたけど、す、素敵…!
興味が今、むくむくと限度を知らずに溢れてきている…
とてもすごくめちゃくちゃやってみたいんだけど、今ハマったらやばい!てことに気づいてしまった…!
そして、今までゲームとかアプリとか、そういうのやってなかったから、なんかどきどき。笑

よし!卒業して、受験終わったらやってやる!そして沼に堕ちないように頑張る…!
↑多分無理。
待ってて、『あんさんぶるスターズ!』!笑

126:貴璃◆5s:2017/01/24(火) 11:06 ID:4R.

咲夜…!!
こっちに…くるのね。この沼は深いわよ………!!

先に推しを教えておくと、「2wink」っていう「ユニット」の1年生の双子が好き。可愛い。天使。癒し。尊い。愛しい。もう駄目、幸せ、なんなのあの2人、寧ろ私を殺して…
あと「knights」っていう「ユニット」のリーダー、月永レオ様が2番目に好きかな。王さまぁぁぁぁあ

個性的な人好きだったりかっこいいの好きだったりするなら「knights」オススメだよ!

取り敢えず受験頑張れっ!
沼で待ってるね!!

127:咲夜◆.M:2017/01/24(火) 18:43 ID:8ow

おお!
詳しい情報が…!!
愛しいのは分かるけど、貴璃死なないでー!

もうね、テンションが上がっておるよ、私は…!
ありがとう貴璃!待っててーー!!

128:貴璃◆5s:2017/01/24(火) 19:14 ID:4R.

待ってるよ!!

私やっとインフルエンザ治って、明日から学校復帰!
でも数学2時間で憂鬱なんだよねぇ…。
あー、行きたくないぃ…

129:咲夜◆.M:2017/01/24(火) 22:26 ID:8ow

治ったの!?よかった〜!
え!?私は今日が数学2時間だったよ!?
2時間目と5時間目!

130:貴璃◆5s:2017/01/24(火) 22:49 ID:4R.

一、二時間目なのー…二日連続で…木曜日も。。。
まぁ、今週の木曜日は合コン…もとい合唱コンクールがあるからいいんだけどね!

131:貴璃◆5s:2017/01/25(水) 00:08 ID:4R.

色々と驚きの連続だった祭祀が終わり、さて、自分達も帰ろうと晴明が昌浩を促そうとした時、彼らを呼び止める声があった。

「お待ちください、晴明殿。それに昌浩様と、そちらの化粧殿も。お話がございます」

呼び止めたのは、巫女自身である月苹。
不思議に思いながらも、晴明はもう驚くことはなかろうと、静かに振り返った。

「はい、なんでしょうか、巫女殿」
「あ…ご挨拶が遅れて申し訳ありませんでした。巫女の座に就いたときに、晴明殿には言っておこうと思ったのですが、神官達に反対されて…」
「ああ、いえ、お気になさらず。して、お話とは?」
「ええ…少し込み入った話になります故、中でしたいと思います。よろしいでしょうか?」
「構いません。………昌浩もですか?」
「はい。昌浩様に関わることになりますので」

同い年なのに自分よりもうんと大人びた少女と、孫ほど離れた相手に丁寧に接する祖父。
この二人の間でどんどん話は進み、昌浩は先に帰ると言えなくなっていた。

「…ま、がんばれ。どうもお前に関係するみたいだしなぁ」
「もっくん、逃げるなよ」
「逃げても責めるなよ」
「わかった、責める」
「待て、お前は一体今何を聞いていた、晴明の孫」
「孫言うな!」

そこまでいって、ふと、視線に気付いた。
月苹が、こちらを見ている。そして、晴明は軽く昌浩を睨むようにしていた。

「あ………」
「我が孫が、申し訳御座いませんでした、巫女殿。どうか、ご無礼をお許しいただけますよう」
「ふふっ、気になさらないでください。私達くらいの歳は、このくらいが普通だと思いますもの。さぁ、中へ」

………拍子抜けするほど心が広かった。
いや、神官がいちいち煩いだけかもしれないが。

「………よかったなぁ、昌浩や」
「………うん」

そんなことを言いながら、静かに付いて行く。
やがて、ひとつの部屋へ通された。

「………さて。急ではありますが、お願いがございます」

自身と晴明達が座ると、すぐに話を切り出してきた。
はっきりした性格のようだ。

「実は先日、神勅にて、『安倍昌浩という少年をここへ連れてくるように』と言われたのです。そんなに長くなることはありませんから、恐らくひと月かふた月になると思いますが、昌浩様をここで預からせていただいても良いでしょうか」

すらすらと淀みなく告げられた言葉は、俄かには信じ難く、咄嗟に返事ができなかった。
そんな中、無意識なのか、追い打ちをかけてくる。

「あと、なるべく早めがいいので…できれば、すぐにお返事をいただけると嬉しいです。あ、衣などは私どもがすでに用意しておりますから、気に病む必要はございません」
「………」

あの晴明も黙り込んでいる。
昌浩は、そぅっと月苹の様子を伺った。
まっすぐな瞳で、嘘をついている様子はない。
つまり、良くも悪くも素直な性格なのだろう。

「えっと…必要なら、俺はいいですけど…」

静けさと月苹のまっすぐな視線に耐え切れず、昌浩はそう言っていた。
晴明も、諦めたように息を吐く。

「…わかりました。では、ひと月の間、巫女殿にお預けしようと思います」
「はい。ありがとうございます、晴明殿、昌浩様」

にっこりと、本当に嬉しそうに微笑む。

「神も、きっとお喜びになることでしょう。では、これから暫くよろしくお願いしますね、昌浩様」
「あ、はい!よろしくお願いします」

ーーーーこうして、昌浩は『月の神殿』に居候することになった。





取り敢えず今は前に書いたの置いとく

132:咲夜◆.M:2017/01/25(水) 16:47 ID:8ow

>>130
合コン…
一瞬勘違いしてしまった自分が恥ずかしい…
頑張ってね!

あー、氷雨も書かなきゃな〜…
その名前の如く冷たい目線が私に刺さる…汗

133:貴璃◆5s:2017/01/25(水) 19:49 ID:4R.

でも大丈夫!
私は生暖かい目でいつまでも見守りつつ待ってるから!だって、私も遅いもーん…

134:貴璃◆5s:2017/01/26(木) 21:13 ID:4R.

合唱コンね、うちのクラスの伴奏の子が学年の伴奏者賞を取ったの!!
友達だし、手痛めてたのに頑張ってたから私も嬉しいんだ♪

135:霈瑠:2017/01/27(金) 16:28 ID:Qj.

久ぶり!w

136:咲夜◆.M:2017/01/27(金) 16:42 ID:8ow

>>134
おめでとう!
そのお友達すごい…!

>>135
久しぶりー!

137:貴璃◆5s:2017/01/27(金) 19:28 ID:ld6

霈瑠さんじゃないですかー♪
お久しぶり!! ←
∨ ←


>>136そうなの、その友達凄いの!絵もうまいしリーダーもできるし、凄いのー!!





物凄い唐突だけどさ…時々皆に会ってみたいと思ってしまうんだよね…うーん…無理だけど…むぅ…

138:咲夜◆.M:2017/01/27(金) 23:25 ID:8ow

絵も上手いの!?リーダーまで…!
すごいですね、先輩…!!



あ、わかるよ、その気持ち!
無理なんだけどねえ…会ってみたい…!
けどできないから、もやもやする…

139:貴璃◆5s:2017/01/27(金) 23:58 ID:ld6

皆スマホになったら…私は静かに皆をTwitterへと誘うから…。
そうしたら、いつか、オフ会の計画とか練ろう…。

皆が高校生…悪くても中2くらいになるまで、私が、オフ会に参加させるの許せないけども!
だってまだまだ子供じゃないすか!!

140:咲夜◆.M:2017/01/27(金) 23:59 ID:8ow

氷雨のやつの続きです!

ーーーー

安倍の邸で六合から報告を受けた晴明は、言葉を発することができないでいた。

ついに、見つけた。
だがそれは、『昌浩』ではない、と?


そして、氷雨。彼女は一体何者だ。
彼女の狙いは十二神将と安倍の一族なのだという。

神将だけなら分かる。今までも、その強大な力を求めて彼等を奪おうと試みた術者などはいた。
何故、安倍の一族をも狙うのか。
どこかで恨みを買ったのかとも考えたが、覚えがない。

どうしたものか。

複雑な思いを吐き出すように、晴明は溜息をついた。


ーーーー



氷雨の隣を歩いていたY陽は、ふと彼女の横顔を見て立ち止まった。

「ねえ、氷雨」

声を掛ければ、長い髪を揺らし、僅かにこちらに顔を傾ける。

「さっき十二神将に、『大切なものを失くした』『諦めきれない』って言ってたよね。神将達の大切なものって、なに?」

暫しの沈黙が降りた。Y陽の斜め上を見つめて、氷雨は口を開く。

「…さあ、な」

「あー、またはぐらかす!俺にはなんにも教えてくれないもんなー、氷雨は。…じゃあさ。氷雨にとって大切なものってある?」

楽しげに話していたが、聞いた瞬間に彼女の纏う雰囲気が変わったことに気がつき、Y陽は少し瞠目する。

漆黒と銀。二つの視線が交わった。

氷雨の瞳に捉えられ、動けなくなったY陽。
そんな少年に、彼女は僅かに目を細めた。



「……ああ、あったよ」


冷たい風が、二人の間をすり抜けた。


ーーーーー
久しぶり、氷雨……!
あ、あんまりしっかり読んじゃ駄目だよ、よくわかんないことになってるかもだから!

141:咲夜◆.M:2017/01/28(土) 00:02 ID:8ow

>>139
素敵…!!
なんか今からテンションが上がってきてしまった…笑
いつかやってくるその日が楽しみ!!

142:貴璃◆5s:2017/01/28(土) 00:28 ID:ld6

>>140ふふ、うふふふ…♪
やっぱり咲夜は最高だね!氷雨様ぁぁぁぁあ、って軽く叫びながらニヤニヤが止まらず読んでた!なんか嬉しくて!!

私もぼちぼち頑張るねぇ…。
なんか来れなくなることがあるかもだけど…

143:貴璃◆5s:2017/01/29(日) 22:27 ID:ld6

咲夜さぁん…ついったやりません…?
腐る可能性ありますが…同志がめっちゃくちゃいますよー…?
結城先生の事フォローしてみたりとか。
新刊発売日をいち早く知ることが出来たりとか。
同志の皆々様とお話してみたりとか。
楽しいよ♪
お絵かき載せてみたりとかね、イベントも色々あるしね♪

長いお話したかったらこっち来ればいいしね♪

受験終わったらご検討頼みまーす!!

144:咲夜◆.M:2017/01/30(月) 19:40 ID:8ow

やりたい、です…!!
腐ってもいいです、もう!←
お仲間に入らせて貰いたい…!

あと約3ヶ月だから、本気で頑張ります!
っていうかその前に私立あるけど!汗

145:貴璃◆5s:2017/01/30(月) 21:20 ID:ld6

ああ、咲夜…!!
頑張ってねっ!貴璃は、味方だから!いつでも応援してるよ!!


まぁ、頑張りなさい
     ∧,,_∧
   ⊂(´・ω・)つ-
  ///   /::/
  |::|/⊂ヽノ|::|」
/ ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/|

146:霈瑠:2017/02/01(水) 21:20 ID:OQg

どうしよう…この時期にある漫画にハマってしまった…誰か目を覚まさせて!wあとTwitterって何(._.?) ン?

147:霈瑠:2017/02/01(水) 21:45 ID:OQg

あ、嘘wTwitterはわかるよ…うん…やってる(入れてるだけ)からwさっきのは気にしないで。

148:咲夜◆.M:2017/02/03(金) 15:37 ID:e26

霈瑠!久しぶり〜!
Twitter、霈瑠もやってるんだ〜!

149:霈瑠:2017/02/03(金) 15:44 ID:OQg

咲夜久しぶり〜やってるっていっても使い方がわからないw

150:咲夜◆.M:2017/02/05(日) 21:25 ID:e26

>>149
そうなんだ!
機械とかネットとかって難しいよね…!


来週私立で時間がなーい!
どうしよう、行きたいのは公立だけどやっぱり怖い…

151:霈瑠:2017/02/06(月) 22:23 ID:OQg

咲夜も来週私立なんだ!そうだよね、やっぱり公立の方が行きたいよね。それでも緊張する気持ちすごくわかるよ…

152:霈瑠:2017/02/11(土) 19:19 ID:OQg

とりあえず私立終了!

153:咲夜◆.M:2017/02/11(土) 19:35 ID:e26

私も終わったよ!
次は公立…!

氷雨ーーーっ!待っててーー…!!
(多分)書くからーーっ!←

154:貴璃◆5s:2017/02/11(土) 21:16 ID:I/k

お久しぶりです!!
貴璃さんだよー♪

Wi-Fiがなくなってしまって…極々希にしか来れなくなってしまったの…!!

だから、明日にはまた来れなくなる…(´・_・`)

咲夜ー!
國輝がTwitterで私のことフォローしてくれたの♪
咲夜の事も待ってるねぇ♪

155:貴璃◆5s:2017/02/12(日) 00:23 ID:I/k

受験、頑張ってね!

前日の夜と当日の朝はうどんだよっ!前も言ったけど!!

156:咲夜◆.M:2017/02/12(日) 00:38 ID:e26

あ、あのね!
貴璃が教えてくれたから昨日は夕餉がうどんだったんだよ!
朝は無理だったけど…

雪が降ってたから鳥もいなかったし!←
アドバイスくれてありがとう〜〜っ!!

157:貴璃◆5s:2017/02/12(日) 00:50 ID:I/k

覚えててくれてありがとうっ!!

うどんは消化にいいし、そのおかげで一番テストに集中したい時間に栄養が回って頭が働くらしいよ!

おめでとうを言うために、待ってるね!無理しない程度に、頑張れ!

158:咲夜◆.M:2017/02/12(日) 00:58 ID:e26

ありがとう、頑張る!頑張れる!!
無理しない、程度に…

なんと私はストレスとプレッシャーと緊張に極端に弱かったことが発覚…!
死ぬんじゃないかと思うくらい、テストの前胃が痛かった…汗

159:霈瑠:2017/02/13(月) 16:07 ID:OQg

咲夜と逆だけど自分が意外と緊張に強いことがわかった!私立だからかな?でも公立は同じようにいかないんだろうな〜

160:霈瑠:2017/02/13(月) 16:08 ID:OQg

そして貴璃久しぶり!

161:咲夜◆.M:2017/02/16(木) 17:33 ID:e26

なんか懐かしくさえ感じてきたよ、ここ…!
みんな久しぶりっ!

えっとね、私立は一応合格致しました!
問題は公立なんだけどね〜…
気が抜けない…!

てことで、氷雨とかちょっと書けたらいいなって思ってます!
思っては、います……!←

162:霈瑠:2017/02/17(金) 22:20 ID:OQg

咲夜おめでとう!

163:霈瑠:2017/02/17(金) 22:28 ID:OQg

あ、後ほんと今更なんだけど霈瑠は男って知ってた?言ったことなかった気がするから一応ね…

164:咲夜◆.M:2017/02/18(土) 10:40 ID:e26

えと…
軽い衝撃が来た、気がした。

…てことは、霈瑠くんなんだ!
でも私みんなのこと大好きだし、そのことに変わりはないし!

ほら、もしかしたら私も人間だと思ってたら宇宙人だったかもしれないじゃない?

165:霈瑠:2017/02/18(土) 22:23 ID:OQg

あ〜、やっぱ言ってなかったかw隠してるつもりはなかったんだけどね。ってえっ!?咲夜宇宙人なの!?

166:咲夜◆.M:2017/02/18(土) 23:30 ID:e26

ううん。私が勝手に誤解してただけだから!
なんかごめんんん!!


…あまりにも頭がおかしすぎて、火星人って呼ばれてるよ、友達に…
前は土星人だったから、ちょっと地球に近くなったんだよ!昇格したんです…!!笑

167:霈瑠:2017/02/19(日) 21:47 ID:OQg

おぉ…咲夜にはそんな過去が…今火星なら地球まであと少し!頑張って!w

168:咲夜◆.M:2017/02/20(月) 17:01 ID:e26

そうだ、あとちょっとじゃないか!!
ありがとう、頑張る!笑

169:霈瑠:2017/02/22(水) 23:19 ID:OQg

最近みんないないね…どうしたのかな…

170:咲夜◆.M:2017/02/24(金) 16:45 ID:e26

私達は受験があったり、貴璃も暫く来れなかったりするからね〜…

ちょっと寂しいね…
でも私、受験終わったらうざいくらい来てやるしっ!
待ってろ受験、待ってろ葉っぱ…!!

171:霈瑠:2017/02/26(日) 22:06 ID:OQg

久しぶり♪受験終わったらみんなでTwitterとかで集まってみたいね!そっちの方がたくさん会話出来ると思うし!

172:咲夜◆.M:2017/02/28(火) 17:44 ID:e26

そうだね〜!そして久しぶりです(・ω・)ノ

受験終わったら、私はついったーを始めるんだ…!
だから、それまで頑張らなくちゃ…!笑

173:霈瑠:2017/02/28(火) 17:56 ID:OQg

咲夜も始めるんだ!楽しみにしてるね!

174:國輝 ほんと来れなくてごめん!:2017/03/02(木) 16:53 ID:HdA

本当にお久です!結局うちの携帯は使えないので、iPadからまたやります。そのせいで遅れるかもだけど、ごめんね!

とりあえず、咲夜!霈瑠!受験お疲れ様!合格発表とかまでつらいか…(汗)次はうちの番なんで頑張ります(汗)

うちもTwitterやってるからみんながつながるの楽しみにしてるね!

175:國輝 ほんと来れなくてごめん!:2017/03/02(木) 16:54 ID:HdA

今度お詫びの小説書くね!

176:霈瑠:2017/03/02(木) 21:43 ID:EyQ

國輝久しぶり!私立が終わっただけで本命の公立はまだだよ!あと1週間本気で頑張りますw

177:貴璃◆5s:2017/03/07(火) 22:25 ID:jaI

み、皆…!!
久しぶりっ!貴璃だけど…覚えてるかな…??

とりあえず、咲夜!!私立合格おめでとう!!
頑張ったもんね、偉いよ〜!!

は、霈瑠…男の子だったの…!?
衝撃が…皆女の子だからてっきり霈瑠もそうかと…ごめん!!
私のストライクゾーンは5才以上下の子だよ…同年代や年上は怖くてね…うぅ…

178:貴璃◆5s:2017/03/07(火) 22:38 ID:jaI

来れるよ…ここに来れるんだっ、私…!!
最早どこまで小説書いたか分かんないけど!
月苹の方はわかんいようなわかるような。
天一の方は適当に紅蓮たちに来てもらえば終わる気がする。

179:貴璃◆5s:2017/03/08(水) 17:49 ID:TUM

今日も来れたっっ!!
今テスト期間だから小説更新できないけど、終わったら、そして来れたら書くね!!絶対!!

180:霈瑠:2017/03/08(水) 19:42 ID:EyQ

はい!俺男ですw貴璃より年下だから怖くないよ(*^^*)

181:貴璃◆5s:2017/03/08(水) 22:39 ID:TUM

そうだよね、私が1番お姉さんだもんね?

でも年下の男子に馬鹿にされたことあるしなー|´-`)チラッ

182:貴璃◆5s:2017/03/08(水) 22:42 ID:TUM

http://ha10.net/up/data/img/18280.jpg

1番新しいお絵かき

183:咲夜◆.M:2017/03/08(水) 22:51 ID:/12

昨日卒業式で、ボロ泣きしちゃいました…
しかも貴璃が来てくれてもう涙腺が…笑

明日は公立!!
貴璃に教えて貰った通りうどんはばっちりだし、鳥にも気をつけるし!
霈瑠が男の子なのももうばっちりだから、これで完璧だね!!笑

じゃあ明日、頑張ってきます!
それから暫くは学校の友達とはしゃいでくるので、落ち着いたら小説書くね!!

184:咲夜◆.M:2017/03/08(水) 22:53 ID:/12

>>182
あうっ……!
太陰が、可愛い…!(いつもだけど)
貴璃の絵、素敵…!(いつもだけど)

明日のエネルギー、倍増されましたよ…!

185:貴璃◆5s:2017/03/08(水) 22:57 ID:TUM

>>184 明日受験なんだ?頑張ってね!!
私などの拙い絵で満足して頂けるならば、いくらでも描きますとも!!

186:貴璃◆5s:2017/03/09(木) 07:17 ID:TUM

http://ha10.net/up/data/img/18282.jpg
最近太陰描くのハマってるものでして。

187:咲夜◆.M:2017/03/09(木) 17:03 ID:/12

終わったよぉぉぉおおお……!!
皆のお蔭で頑張れました!
あとは合格発表を待つだけっ!

そして太陰んんんんっ!!
ちょっとツンとした感じとか手をかざしてるとことか、もう限界なくらい可愛い!!
相変わらず貴璃の絵は秀麗だよね…
私も描きたくなってきたよ…!!

188:霈瑠:2017/03/10(金) 00:51 ID:EyQ

受験おわったぁぁぁ…咲夜もお疲れ様!ところで近々スマホを買いに行くんだけどみんな的にはiPhoneかXperiaどっちがいいと思う?こっちの方がかっこいいとかこっち自分つかってるとかほんとなんでもいいから教えてw

189:咲夜◆.M:2017/03/10(金) 13:40 ID:/12

霈瑠、お疲れ!!
んー、私のはGALAXYだから…
でも、私の周りの子はみんなiPhone使ってる!
機械のことはよくわかんないのでパス!(*ノ▽ノ)

190:貴璃◆5s:2017/03/10(金) 19:01 ID:veo

2人ともお疲れ!!
私はiPhoneだよ!

191:貴璃◆5s:2017/03/10(金) 19:03 ID:veo

あ、書き込めた…
昨日の夜から今日の午前にかけて書き込めなかったの…

咲夜!
アイビスペイントっていうアプリがあるよ!
私が愛用してる、お絵かきアプリ!!
写真に撮ったお絵かきも色つけられるし、お互い色つけあったりとかも楽しそえかなーって思った…

192:國輝:2017/03/10(金) 19:13 ID:HdA

うちもiPhoneだよ!私は使いやすいよ。Googleplayストアだって使えるし、・・・使ったことないけど。

193:貴璃◆5s:2017/03/10(金) 19:25 ID:veo

131:貴璃◆5s:2017/01/25(水) 00:08 ID:4R.

194:貴璃◆5s:2017/03/10(金) 19:26 ID:veo

何したかったんだ、私…

195:國輝:2017/03/10(金) 19:27 ID:HdA

早くTwitterで会いたいなぁ。まぁ、貴璃のところからでも、普通に探しても出てくるけどね。

196:貴璃◆5s:2017/03/10(金) 19:39 ID:veo

月苹の方の続きを書こう!
テスト終わったし!!!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あの話し合いから半刻後。
昌浩は、物の怪とともに充てがわれた部屋にいた。

「…それにしてもさー」
「なんだ?」
「広いよね。ここ。建物や敷地もすごく広かったけど、部屋も一個一個が大きくない?」
「まぁなー。でも確か、この広さは神官共が巫女に合う建物を、ってことで何代か前に立て直したんじゃなかったっけか」
「え、そうなの?」
「おー。それで今の広さだ」
「へぇ…」

呆れ半分、感心半分といった様子で昌浩はほぅと息を吐いた。
なんだか無駄な気もするが、今日見てきた神官達の巫女への態度を見る限り、やりかねないとも思えた。

「まぁ、色々あるよね、うん」

1人納得してしきりに頷いている。
物の怪は面白そうにそれを眺めていたが、不意に耳をそよがせて入口の方を見た。
それと同時に戸を叩く音がした。

「昌浩様?少しよろしいでしょうか?」
「あ、巫女殿!どうぞ!」

月苹の声がして、慌てて昌浩は応えた。
月苹は、律儀に「失礼します」と言うと、静かに戸を開けて入ってきた。

「少しお時間よろしいでしょうか?大したことではないのですけど、私達同い年ですし、色々話せたらなぁっ…て思いまして…」

おずおず、という表現が合うだろうか。
上目遣いで、先程の凛とした大人な様子が隠れて、そこにはただの少女がいた。

「いいですよ。俺ももっくんも暇してましたし…」
「ありがとうございます!えっと、では敷地を案内しながらでも?」
「はい!是非!」

有難い申し出だ。
この広い敷地はずっと見てみたかったのだ。
昌浩は立ち上がった月苹に合わせて物の怪の首根っこを掴み、勢いよく立ち上がった。

「じゃあ、行きましょうか」
「はい!宜しくお願いします!!わぁー、楽しみだねぇ、もっくん」
「もっくん言うなっ!」

197:貴璃◆5s:2017/03/10(金) 19:41 ID:veo

文が久しぶりすぎて変だけど、大目に見てください!

198:咲夜◆.M:2017/03/11(土) 02:44 ID:/12

受験終わって夜更かししちゃっている
咲夜さん…

昌浩羨ましい!月苹様とほんわか…!!
ちょっと躊躇いがちな月苹様可愛すぎる…!

そしてね!
アイビスペイント?をインストール?してみたんだよっ!
使い方がまだ全くわからないけど、これでお絵描きの幅も広がるかな?
貴璃とお互いに(?)描けたら素敵…!

…いろいろと語彙力が足りなかった汗

199:貴璃◆5s:2017/03/11(土) 07:30 ID:PDc

おー!やったぁ!
使い方はわかんないとこあったら言ってね?
私のわかる範囲で教えるから!

アイビスは初心者向けのやつだから、ほかのよりは使いやすいんだよ〜(最初どれがいいのかわからず手当り次第に試した人)←

200:霈瑠:2017/03/11(土) 19:53 ID:EyQ

自分も入れてみます

201:貴璃◆5s:2017/03/11(土) 19:59 ID:PDc

うえーい!
あと、心配が消えた!!
200おめでとー!!!

202:咲夜◆.M:2017/03/12(日) 01:15 ID:/12

おおー!!
200おめでとーう!!!

203:咲夜◆.M:2017/03/13(月) 18:37 ID:/12

いろいろだけど、お疲れ!おめでとう!ありがとう!っていう思いで…

…昌浩を描いてしまいました!(・ω・)ノ


http://ha10.net/up/data/img/18410.jpg

204:貴璃◆5s:2017/03/13(月) 21:11 ID:CjA

>>203 はぁー…なんて麗しくて素敵なの…。
( ゚д゚)ハッ!貴女が天才か…!?

205:貴璃◆5s:2017/03/13(月) 21:13 ID:CjA

時々書き込みたくても「てめぇは書き込むな」ってこいつに言われるので(ただのエラー)見てるけど返事してあげられない時があります!
ご了承下さいませー

206:咲夜◆.M:2017/03/13(月) 22:57 ID:/12

>>205
!?
わ、わかった!
書き込めるタイミングで来てね!

ついったー、もうちょっとで始められそうですよ!いやっほー!!

207:貴璃◆5s:2017/03/13(月) 23:25 ID:CjA

まーじか!やったぁ!
貴璃はいつでも待ってるからね!…アカウント教え困るとく?ここの子達には知られて困る…ことは、極端にはないはずだから

208:貴璃◆5s:2017/03/13(月) 23:25 ID:CjA

何言ってんの、私…ごめん!
寝ぼけてる…

209:咲夜◆.M:2017/03/14(火) 12:32 ID:/12

貴璃、なんかよくわからないけど可愛い……(o^^o)

210:貴璃◆5s:2017/03/14(火) 14:03 ID:CjA

何言ってるの、咲夜…?
この世はね、私以外の人類が可愛い世界なんだよ!

211:咲夜◆.M:2017/03/14(火) 14:34 ID:/12

え…!
でも本当に貴璃は可愛いし、なにより人類だから大丈夫だよ!
私なんか火星人……!!!

212:貴璃◆5s:2017/03/14(火) 15:22 ID:CjA

大丈夫、咲夜は人類っ!
私なんてね、セロリ星の住人なんだよ?
ピーマン&ブロッコリー株式会社のマネージャー(という設定)をやってます!!

213:咲夜◆.M:2017/03/14(火) 21:34 ID:/12

せ、セロリ星…!?
すごい…!!
そしてピーマン&ブロッコリー株式会社で働きたい…!!

214:貴璃◆5s:2017/03/14(火) 23:20 ID:CjA

社長はブロッコリーです!w
常にセロリ(私)を笑わせてくる、やり手の方。
その後輩、ピーマン。別名ラピュタだけど、ブロッコリー先輩には力が全く及ばない。
そして、マネージャーのセロリ。会社の経営やら2人の舵をとったりやらてんやわんやですな!!
もう1人、卵もいます!ゆで卵の販売を始めたもので…( *´艸`)

新入社員は大歓迎でーす!!









………何言ってんの私っ…!?!?
事実だけど!何言ってんのっ!?

215:貴璃◆5s:2017/03/15(水) 13:42 ID:CjA

http://ha10.net/up/data/img/18455.jpg

落書き〜

216:咲夜◆.M:2017/03/15(水) 16:11 ID:/12

ピーマン&ブロッコリー株式会社、就職させて下さい…!!

そして、落書きがもう落書きの枠を超えているよ、貴璃…!!!

217:貴璃◆5s:2017/03/15(水) 16:44 ID:CjA

>>216採用!!

そうかなー?咲夜もあれくらいのイラストはちょちょいのちょいだと私は思ってる(`・ω・´)キリッ

218:咲夜◆.M:2017/03/15(水) 18:32 ID:/12

やった!
よろしくお願いしますっ!!

えぇ!?
駄目です、思わないで!
それは誤解ですすすすす!!!

219:貴璃◆5s:2017/03/15(水) 18:54 ID:CjA

ではでは、嫌いな野菜を述べてください!
それが貴女の名前になります!私はだからセロリ。

誤解?えー?

220:咲夜◆.M:2017/03/15(水) 19:38 ID:/12

えっと、トマトです!
セロリ嫌いだったんだ…!

えー?じゃありません!誤解ですすすす!

221:貴璃◆5s:2017/03/15(水) 20:05 ID:CjA

では貴女は会社ではトマトだね!((意味不明

誤解じゃないよぉ、私は咲夜の絵が上手なの知ってるもん!

222:咲夜◆.M:2017/03/15(水) 20:34 ID:/12

よろしくお願いします、セロリ先輩っ!!
((意味不明

そのお言葉で私の回りに花が飛びましたよ、貴璃。
これで思い残すことなく天国へ行ける…かも

223:貴璃◆5s:2017/03/15(水) 20:42 ID:CjA

駄目ーーーっ!!咲夜っ!!私より先に天国へ行くなんて許さないっ!!!
だって、氷雨様の小説完結してない!!!!!

224:咲夜◆.M:2017/03/15(水) 21:29 ID:/12

あうっ!!
そうだった…氷雨、まだだった……!
なにより、貴璃を置いていくなんて、私はなんて馬鹿なことを………

…じゃなくて!いやそうだけど!
氷雨ずいぶん待たせてるし、明日発表なのである意味絶対絶命…!
でももう死なないよっ!多分!!!

225:貴璃◆5s:2017/03/15(水) 21:31 ID:CjA

明日発表なんだ!
受かってるといいね!お祈りしてます♪

226:霈瑠:2017/03/15(水) 22:37 ID:EyQ

久しぶり!僕もピーマン&ブロッコリー株式会社に就職したいです!wちなみに嫌いな野菜はコリアンダー(パクチー)です!

227:貴璃◆5s:2017/03/15(水) 23:02 ID:CjA

うむ、マネージャー兼、営業兼、新入社員教育係兼、販売兼、社長と幹部のお守り兼、その他もろもろを務めるセロリが採用いたそう!(!?)

霈瑠くん、そなたは今から会社ではパクチーだっ!!

主な販売物はピーマン(百万円)。
取引は我のセロリ星のセロリ(十万円)10個。
なかなか良い品だよーʬʬʬ

228:霈瑠:2017/03/16(木) 13:33 ID:gnc

無事合格しました!ところでピーマンとセロリの値段が高すぎないかい?w

229:貴璃◆5s:2017/03/16(木) 16:06 ID:fDY

そういう会社なんだよ〜

ゆで卵も中中の値段するよ?

230:貴璃◆5s:2017/03/16(木) 16:42 ID:fDY

>>228おめでとう!!!

231:霈瑠:2017/03/16(木) 21:36 ID:EyQ

ありがとう😊

232:咲夜◆.M:2017/03/16(木) 22:34 ID:/12

私も合格しましたっ!!!
霈瑠も合格しててよかったー!

これでピーマン&ブロッコリー株式会社の仕事に専念できますね、私っ!

233:貴璃◆5s:2017/03/16(木) 22:57 ID:CjA

2人ともおめでとう〜!!
直接何かあげることは出来ないから、抱きしめて撫でてあげるね!
(っ´>ω<))ω<`)ギュッ♥
ヽ(・∀・*)ナデナデ

234:咲夜◆.M:2017/03/17(金) 16:23 ID:/12

今嬉しくて私の周りに花が飛んでる気がする…
貴璃〜!ありがとーーーう!(≧∇≦)

235:貴璃◆5s:2017/03/17(金) 21:09 ID:IVc

You're welcome (*´︶`*)

高校生活も頑張ろうね、咲夜!

236:霈瑠:2017/03/17(金) 21:39 ID:EyQ

咲夜おめでと〜!ところで僕のTwitterのID載せといた方がいいかい?

237:貴璃◆5s:2017/03/17(金) 21:46 ID:IVc

んー、フォローしたいし、知りたいかも…

238:貴璃◆5s:2017/03/19(日) 21:44 ID:IVc

霈瑠、杏のことフォローしてくれた?
天一がアイコンの人。まぁ、私だけど。

239:貴璃◆5s:2017/03/21(火) 07:46 ID:eZM

最近、誰も居ない気がする…

240:咲夜◆.M:2017/03/21(火) 14:35 ID:/12

わ、私が居ますよっ!書いてないけどっ!
母上からツイッターの許可下りずに、むしろ友達に聞いて秘密裏にやってしまおうかとか考えている咲夜さんがいますっ!( ̄^ ̄)ゞ

241:霈瑠:2017/03/22(水) 08:58 ID:EyQ

やぁ!久しぶり!

242:貴璃◆5s:2017/03/22(水) 17:30 ID:su6

さ、咲夜〜!!
霈瑠〜!!

そんなっ、お母様っっ!!お許しを!許可をくださいませ!!!

243:貴璃◆5s:2017/03/24(金) 12:10 ID:su6

貴璃、短編のほうで、がんばってきた…。
暫く戦闘不能…

244:霈瑠:2017/03/24(金) 12:36 ID:EyQ

お疲れさまです (*´∀`)♪

245:貴璃◆5s:2017/03/24(金) 17:56 ID:su6

その所為か、酷く狂ってます…

246:貴璃◆5s:2017/03/24(金) 20:34 ID:su6

(っ'ヮ'c)ファァァァァァァァァァァwwwwww

月苹と天一の方、どっちを読みたい…?

247:貴璃◆5s:2017/03/24(金) 20:34 ID:su6

書くならね…

248:貴璃◆5s:2017/03/25(土) 13:17 ID:su6

ただ今長野なりー!

スキーしたよー、疲れたー、もうやんなぁいー

249:貴璃◆5s:2017/03/25(土) 20:21 ID:su6

ENISHIあるでしょ?
あれの音を探して、弾けるようになったよー!
伴奏とかはもちろん無理だけど、メロディーは、合ってるかどうかはさておき似ている音は見つけたの!!

250:霈瑠:2017/03/26(日) 16:35 ID:EyQ

へ〜スキー行ったんだね!スキー楽しいけど1回スノボにも乗ってみたいな♪ところでENISHIとは?

251:貴璃◆5s:2017/03/26(日) 17:59 ID:su6

少年陰陽師の昔出たゲームの主題歌だよ!

良い曲だから、1度聴いてみて♪

252:貴璃◆5s:2017/03/26(日) 18:00 ID:su6

スキーは初心者でも割とすぐできるようになると思うんだよね…
スノボはね、両足固定だから転んだら起きるの大変だし、慣れるまでに大分かかると思う…

253:咲夜◆.M:2017/03/26(日) 23:31 ID:/12

ENISHI!『翼よいま…』のやつだよね!
音探したとか、凄い…!!
あれは好きだよ!
あと、アニメの歌達も好き…!!

254:咲夜◆.M:2017/03/26(日) 23:32 ID:/12

そして私、スキー経験皆無なのです…!!
スノボ経験も、皆無なのです…!!

255:貴璃◆5s:2017/03/27(月) 00:44 ID:su6

>>253 合ってるかどうかは分かんないけどね〜…

>>254 私は3歳の時からスキーやってるから、人並みには滑れるよ〜!!
お父さんが教えてくれたから、習ってるとかでは無いんだけどね

256:霈瑠:2017/03/27(月) 08:36 ID:EyQ

スキー小さい頃からやってるんだね!俺は小6くらいに始めたからまだあんまり経ってないんだよね…でも習ったりはしてないよ。

257:貴璃◆5s:2017/03/27(月) 08:38 ID:lFQ

>>256そうなんだ!私は長野に親戚みたいな人がいて、その人がゲレンデのすぐ横でホテルを営業してたから、そこに泊まらせてもらって、スキーもそのゲレンデでやってたの

258:匿名さん:2017/03/27(月) 23:20 ID:EyQ

ほ、ほほぉ…なんかいろいろと凄い…

259:貴璃◆5s:2017/03/28(火) 07:14 ID:lFQ

霈瑠、匿名さんになっとるよ!?

どうしたー!

260:咲夜◆.M:2017/03/30(木) 22:51 ID:/12

霈瑠が……匿名さんに…っ!!
名は一番短い呪だからねっ!
大切にしなければーーー!!

261:貴璃◆5s:2017/03/30(木) 22:54 ID:rog

そう、そうなんだ!

ていうか、こっちも小説書かなきゃなんだけどね…どうしよ、やる気ぷりーず!!

262:霈瑠:2017/03/31(金) 08:21 ID:EyQ

あれ!?本当だ…匿名になってる…でも匿名だったのによくわかったね笑 もうこんなミスはしないようにします(極力)結構おっちょこちょいなんで( ̄▽ ̄;)

263:貴璃◆5s:2017/03/31(金) 09:38 ID:rog

会話の流れとID的に霈瑠だった!o(`・ω´・+o) ドヤァ!

大丈夫、ここにいる子は大体皆おっちょこちょいだから😌

264:貴璃◆5s:2017/03/31(金) 11:24 ID:rog

(フォローになってないことに気付いた)

265:貴璃◆5s:2017/03/31(金) 21:41 ID:rog

皆ーーー!!
少年陰陽師の!発売が!されましたよ!!(本当は明日だけど…)
買いましたよ!!みんなも読んでね…!!

266:貴璃◆5s:2017/04/03(月) 22:57 ID:YLk

Twitterで國輝に壁ドンレクチャーしてきたよ!
(`・ω・´)キリッ
( ・ω・)و|壁ドン

267:\(0M0)/ ブレイド~キングフォーム ピピッ キック hoge:2017/04/03(月) 23:03 ID:kx2

あの…なるべく雑談は控えて下さい

268:貴璃◆5s:2017/04/03(月) 23:19 ID:YLk

>>267え、あ、ごめんなさい…?
あの、でも、この幻絵巻の主さんが、雑談もOKにしてると思うのですが…

傍から見ていて迷惑になっているなら控えます。ごめんなさい。
でも、関係ないところからここのことを知らずに自分の意見を言ってらっしゃるだけなら、そちらにも控えてもらえたらな、と思います。

偉そうにすみません、御注意ありがとうございました

269:\(0M0)/ ブレイド~キングフォーム ピピッ キック hoge:2017/04/03(月) 23:20 ID:kx2

>>268
こちらもどうもすいません。雑談するさいはhoge進行でお願いします。
上がってしまうと、他の迷惑になってしまいますので。
本当に申し訳御座いません

270:貴璃◆5s:2017/04/03(月) 23:27 ID:YLk

>>269御注意、御指摘ありがとうございました。
成程、発言すると上がってしまうんですね…。今初めて知りました。
これからは、なるべく気を付けますね。
皆様のご迷惑になっていたこと気付けずに申し訳ありません、ありがとうございました

271:貴璃◆5s:2017/04/04(火) 00:29 ID:YLk

さっき、雑談ばっかなの、良くないって言われたから、それについての議論スレ?のURLを載せておくね。
私、他の皆様の迷惑になってるの知らなかったから、ちょっとショック受けてるんだけどね、今後はなるべく気をつけようと思う…です。

皆もちょっと覗くだけ覗いてみてほしいかな…。
読むだけでも。

暫くは多分大人しくしてると思うので、宜しくです。
基本Twitterにはいますので。

http://ha10.net/debate/1491124818.html
↑雑談についての議論スレ

そんなわけで、暫くおしゃべり我慢して頑張ります!
いきなり長々とごめんね!

272:咲夜◆.M:2017/04/04(火) 01:20 ID:hUI

>>267>>269
ご指摘いただき、本当にありがとうございました。
二次創作に関わる話なら多少はいいかな、と考えていましたが、話が脱線してしまうことが多々、さらにそれを訂正できなかったというのもあり、迷惑をかけてしまっていたと知って申し訳なく思っています。
今後はスレの仲間と一緒に心がけ、控えていこうと思います。

>>271
貴璃、URL載せてくれてありがとう!
私も、頑張って小説の方を進めていきたいと思います!
Twitterも始められるように頑張る…

かなりの長文ごめんね!
切り替えて氷雨いきまーす!

273:咲夜◆.M:2017/04/04(火) 01:29 ID:hUI


ーーーー

安倍の邸で六合から報告を受けた晴明は、言葉を発することができないでいた。

ついに、見つけた。
だがそれは、『昌浩』ではない、と?


そして、氷雨。彼女は一体何者だ。
彼女の狙いは十二神将と安倍の一族なのだという。

神将だけなら分かる。今までも、その強大な力を求めて彼等を奪おうと試みた術者などはいた。
何故、安倍の一族をも狙うのか。
どこかで恨みを買ったのかとも考えたが、覚えがない。

どうしたものか。

複雑な思いを吐き出すように、晴明は溜息をついた。


ーーーー



氷雨の隣を歩いていたY陽は、ふと彼女の横顔を見て立ち止まった。

「ねえ、氷雨」

声を掛ければ、長い髪を揺らし、僅かにこちらに顔を傾ける。

「さっき十二神将に、『大切なものを失くした』『諦めきれない』って言ってたよね。神将達の大切なものって、なに?」

暫しの沈黙が降りた。Y陽の斜め上を見つめて、氷雨は口を開く。

「…さあ、な」

「あー、またはぐらかす!俺にはなんにも教えてくれないもんなー、氷雨は。…じゃあさ。氷雨にとって大切なものってある?」

楽しげに話していたが、聞いた瞬間に彼女の纏う雰囲気が変わったことに気がつき、Y陽は少し瞠目する。

漆黒と銀。二つの視線が交わった。

氷雨の瞳に捉えられ、動けなくなったY陽。
そんな少年に、彼女は僅かに目を細めた。



「……ああ、あったよ」


冷たい風が、二人の間をすり抜けた。


ーーーーー


これが前回の!自分自身この後どうしようと考えてたのか有耶無耶である……

274:咲夜◆.M:2017/04/04(火) 02:22 ID:hUI


陽が昇って暫く経ってからだろうか。
稀代の大陰陽師である父が、息子と孫、十二神将を自らの部屋へと招いた。

かなりの人数だったが、今回は仕方がない。
何人かが廂や簀子に移ることで妥協した。
騰蛇は物の怪姿となり、晴明の膝の上に乗っている。

「昌親とも話していたんですが、本当に見つかっていないんですか。その……昌浩、は」

「ああ。父上からなにも聞いていないから、恐らくは」

悔しそうに眉根を寄せた長兄、成親。
歳の離れた末っ子を、彼は心から大切にしていた。
その向こうを見やれば、昌親が。
唇を噛み、力なく視線を落としている。

あの子が消えてから、この家は、この家族は変わってしまった。
何も伝えられていない露樹だが、彼女は勘が良い。気持ちを察するのも上手いから、きっとなにかがあることに気づいてはいるのだろう。

重苦しい空気の中、晴明が口を開いた。

「……見つかった」

その途端、部屋がざわめく。

「父上、今なんと…!?
「それは本当なの!?晴明!」
「太陰、落ち着け。だが、確かに…」
「本当に見つかったのですか!?ならば、あの子は今どこに…!」

次々に上がる声を、晴明は左手で制した。
ふと冷静になれば、やけに静かな物の怪と、その傍に立っている六合、勾陣の様子が気になる。
胸騒ぎがする。嫌な予感しかしない。

そして、晴明の口から衝撃の事実が告げられた。

「しかし、『あれ』は最早、昌浩ではない」



___________

これなに!?
成親さんの口調分からん…!
吉昌さんの口調分からん…!
そして彰子と氷雨おらず…!
とてつもなく文章おかしい…!

いや、なにこれ!?

275:貴璃◆5s:2017/04/04(火) 08:18 ID:YLk

流石咲夜…。
私はシリアス書くのそんなに上手じゃないから、こんな風に魅力的な文を書けるの凄いと思う!

じい様も皆に言うの覚悟必要だったろうにね…。

276:霈瑠:2017/04/06(木) 22:46 ID:qB2

この霈瑠めに文才を分けてくださいませ(*・ω・)*_ _)ペコリ

277:貴璃◆5s hoge:2017/04/16(日) 16:25 ID:.IM

前に書いたの載っけとく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あの話し合いから半刻後。
昌浩は、物の怪とともに充てがわれた部屋にいた。

「…それにしてもさー」
「なんだ?」
「広いよね。ここ。建物や敷地もすごく広かったけど、部屋も一個一個が大きくない?」
「まぁなー。でも確か、この広さは神官共が巫女に合う建物を、ってことで何代か前に立て直したんじゃなかったっけか」
「え、そうなの?」
「おー。それで今の広さだ」
「へぇ…」

呆れ半分、感心半分といった様子で昌浩はほぅと息を吐いた。
なんだか無駄な気もするが、今日見てきた神官達の巫女への態度を見る限り、やりかねないとも思えた。

「まぁ、色々あるよね、うん」

1人納得してしきりに頷いている。
物の怪は面白そうにそれを眺めていたが、不意に耳をそよがせて入口の方を見た。
それと同時に戸を叩く音がした。

「昌浩様?少しよろしいでしょうか?」
「あ、巫女殿!どうぞ!」

月苹の声がして、慌てて昌浩は応えた。
月苹は、律儀に「失礼します」と言うと、静かに戸を開けて入ってきた。

「少しお時間よろしいでしょうか?大したことではないのですけど、私達同い年ですし、色々話せたらなぁっ…て思いまして…」

おずおず、という表現が合うだろうか。
上目遣いで、先程の凛とした大人な様子が隠れて、そこにはただの少女がいた。

「いいですよ。俺ももっくんも暇してましたし…」
「ありがとうございます!えっと、では敷地を案内しながらでも?」
「はい!是非!」

有難い申し出だ。
この広い敷地はずっと見てみたかったのだ。
昌浩は立ち上がった月苹に合わせて物の怪の首根っこを掴み、勢いよく立ち上がった。

「じゃあ、行きましょうか」
「はい!宜しくお願いします!!わぁー、楽しみだねぇ、もっくん」
「もっくん言うなっ!」

278:貴璃◆5s hoge:2017/04/16(日) 16:40 ID:.IM

「あ、そうだ」

ふと、昌浩が声を上げた。
それに対し、怪訝そうな顔で月苹が振り向く。

「どうなさいましたか、昌浩様?」
「同い年ですし、敬語はやめませんか!?」
「ふぇ?」

勢い込んで提案する昌浩に、きょとんとする月苹。
昌浩は、慌てて言い直した。

「あ、えっと、ほら、同い年ですから、敬語使うのなんか変だなぁって思いますし、俺も巫女殿と、友達になれたら嬉しいかなぁって…」

その言葉に、月苹は嬉しそうな笑顔を見せた。

「い、いいのっ!?」
「うわっ?」

目を輝かせて、年相応の、少女らしい笑顔を浮かべている。
何だか微笑ましい気持ちになって、昌浩も笑った。

「うん。だって、そっちの方が話しやすいし、友達になれたら、その方が楽しいでしょ?」
「…そ、そうねっ!わぁ…初めてのお友達だわ…!」

本当に幸せそうに、笑う。
もう、ただの『おんなのこ』にしか見えないくらい、幸せそうに。

「じゃあ私の事は、呼び捨てでね。私は、昌浩様の事はなんて呼べばいいの?」
「俺も呼び捨てでいいよ!宜しくね、月苹。一月だけだけど」
「ううん、とっても嬉しい!ありがとう、昌浩。宜しくね」

胸の前で両手を組んで、月苹は今日一番の笑顔を見せた。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだまだ続くよ…

279:咲夜◆.M:2017/04/27(木) 18:26 ID:hUI

取り敢えず。

月苹可愛いです純粋です愛してます!!
そして貴璃も愛してます!!

なかなか来れなくてごめんね!
高校生活、最初はやっぱり難しい…!
時間あったら氷雨書くので、待ってて下さい…!!

280:霈瑠:2017/04/27(木) 19:40 ID:qB2

久しぶり!俺も今小説考えてるので待っててください!

281:もふもふ狐:2017/04/28(金) 00:32 ID:HmA

スーパー戻ってきたぜっ!

282:國輝:2017/04/28(金) 00:36 ID:HmA

もふもふ狐は國輝だよー!やっと来れた…!携帯も復活したし、今、修学旅行シーズンだから、忙しいけど(委員会とかもね)ちょくちょく来るので頑張れりますっ!あと、ごめんね。もう疲れすぎて、テンションおかしいんだ!!

283:咲夜◆.M:2017/05/01(月) 20:03 ID:kF2

ようやくついったー始められましたー!!
まだ使い方わかんないんだけどね!←

取り敢えず、やったー!ということで、お話書きますっ!

284:咲夜◆.M:2017/05/01(月) 21:28 ID:kF2


「昌浩じゃないって、どういうことなの!?」

張りつめた空気の中、沈黙を破ったのは太陰だった。
その声を筆頭に、息をつめていた者たちが次々と口を開こうとする。
そんな中、全ての声を遮るようにして言葉を発したのは、物の怪だった。

「あいつはっ!…あいつは、術者に操られてる。俺たちのことも覚えてないし、自分のことは〈曄陽〉だと思ってる。だからもう____昌浩じゃ、ない……っ!」

苦しげな物の怪のあとを、静かな声が続ける。

「どうやら、あいつ___曄陽を操っている術者の狙いは、私たち十二神将と安倍一族のようだ。それに関しては、私と騰蛇、六合が本人の口から聞いている」

今回優先すべきは、術者である氷雨を倒すことではなく、〈昌浩〉を取り戻すことだ。

だから、まずはあの子を奪還せねばならぬのだと。
たとえ闇に操られ、自分たちの命を狙っていようと。
あの真っ直ぐな命に、澄んだ魂に、変わりはないと信じて。

なぜなら。

「あいつは、俺の………」

光、だからだ。

まだ衝撃の余韻は残っている。頭が追いついていない。
それでも。
ただ1人の少年に、抱く思いこそ違えども。
各々の心は、決まっていた。

「待ってろ_______昌浩」


__________________

心の声を、聞いている。
苦しい叫びを、聞いている。
揺るがぬ決意を、聞いている。

口端が、ゆるりと上がった。

今のうちだ。
大切なものを取り戻すと言っていられるのも、今だけ。
最後には絶望を見て、息絶えることとなる。

操ってなど、いない。
要らぬ記憶を、消しただけ。
もとの曄陽に戻れるようにしただけだ。

自分の肩にもたれるようにして眠っている少年の頭を、ふわりとやさしく撫でる。

長い年月を経て、ようやく還ってきたのだ。

「もう二度と、貴様らに渡してなるものか____」


__________________


うーん、久しぶりすぎてなんか違う。おかしい。
ていうか、ゆうひの『ゆう』の漢字出てこないっ!!
あれ大事なのにっ!なにゆえ…!!

なかなか書くタイミングなくて辛い……(・д・`;)

285:貴璃◆5s hoge:2017/05/08(月) 20:56 ID:/Ww

書き込みテスト

286:貴璃◆5s hoge:2017/05/08(月) 20:59 ID:/Ww

巫山戯るな…今までどれだけ書き込めなくて泣いたと思ってる…。

今更だけど、月苹の方の小説は暫くお休みする。
天一の方を先に完結させて、その後は…他の書くかも…。

そして、咲夜っ!
Twitter出来るんだね!
私のアカウントは、「孫は孫だよ」という言葉を小文字のアルファベットに変換したものだよ!

287:咲夜◆.M:2017/05/11(木) 21:17 ID:ibM

はあ〜〜っ!!
貴璃、久しぶり……!なのに、気づかなかった私ってなんなの……!?

来れる時に来て、書きたいもの書いてねっ!
(書いてない私が言えることじゃない…)

そうなのです!
Twitter、母上には秘密なんだけどね( *´艸`)

288:貴璃◆5s hoge:2017/05/26(金) 22:54 ID:8B6

適当に話を飛ばして…紅蓮と勾陣が昌浩と天一を見つけたところにする。
話を忘れたとも言う…けど、許してください!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ぐれ…ん?」

大好きな神将が、目の前にいる。
自分を、この、どことも知れない異世界にいる自分を見付けてくれた。
「昌浩っ…!」
呼んでくれる。紅蓮が。勾陣が。昌浩の、大事な者達が。
「紅蓮…、勾陣…!」
気が付いたら、昌浩の瞳からは大粒の涙が零れ落ちていた。
「てんいつ…よかっ…!もう、大丈夫だよ…!紅蓮たちが、きて、くれたから…」
「昌浩様…。はい…、はい…!」
天一も、ぽろぽろと透明な雫を地面に落としている。
しかし、暫くすると、はっと気がついたようにして、言った。
「あの…騰蛇、勾陣。朱雀は…?朱雀は、どうなったのでしょう…?」
彼は許されないことをした。それは、分かっている。

ーーーいくら私を助けるためとはいえ、昌浩様を敵に差し出すなんて…絶対に、いけないことだわ…

ーーーでも、私は、私だけは、あの人が傷つきやすいのを知っている

ーーー私をどれだけ大切にしてくれているか、知っている

だから、赦すのだ。
自分だけは。何があっても、味方でいなくてはならない。だって、そうしなければ、朱雀が何のためにここまでしたのか分からなくなる。彼が責められるだけで終わるのは、絶対に嫌なのだ。

「元はと言えば、私が油断していたのが悪いのです。彰子姫の護衛でありながら、まんまと攫われて…。だから、どうか、責めるなら、私にしてください…!」


両手を胸の前でぎゅっと握り締めて、懇願する。
勿論、2人の凶将達も、天一の気持ちは痛いほど分かっている。しかし、自分たちは何も言えない。なぜならーーーー。
「決める…のは、我らが主、晴明だよ…天一」
静かに、しかし俯き加減に勾陣は言った。
「…昌浩を攫ったのは許されない。晴明が、どれほど心を痛めたか、お前もわかるだろう?あまつさえ、朱雀は晴明に刃を向けたんだ。…それだけは、唯一、私も許せない…」
その言葉に、天一は絶望した。
きっと、晴明は許すだろう。しかし、彼もまた、今回の事件で酷く心を傷つけられたのだ。
朱雀は、たった1人の主さえも、傷つけたのだ。

いつしか涙は枯れ、胸には深い虚無感だけが巣くっていた。










「…大丈夫…じゃないかな」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一旦終わり。
久々で文が変かも…

289:咲夜◆.M:2017/05/27(土) 10:47 ID:xAc

はあああっ!!
久しぶりの、久しぶりのっ!←言葉にならない
やっぱり好きだよ、貴璃の書き方、お話…!

私も書かなくちゃね、うん……!

290:貴璃◆5s hoge:2017/05/29(月) 06:19 ID:VTc

ありがとう、咲夜…!
私も咲夜の小説と咲夜が大好きだよ!

291:貴璃◆5s hoge:2017/06/02(金) 22:23 ID:a46

続き→
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「大丈夫…じゃないかな」

ぽつりと昌浩が呟くようにして言った。
「昌浩…様…?」
「昌浩?大丈夫とは、何がだ?」
天一は不安げな瞳で昌浩を見詰め、紅蓮は怪訝そうにしながら問い返した。
「だって、…大丈夫だよ。俺何ともないし、天一も無事だったし、何より俺が、今でも朱雀の事信頼してるし大切だよ」
真っ直ぐな瞳で、3人の神将達をゆっくりと見回す。
「じい様だって、神将の事……朱雀の事、大事に思ってるよ。俺だって、そのくらい知ってる」

「だから、大丈夫。安心して?俺が、何があってもお前達を守るし、じい様が仮にすごく怒ってても、ちゃんと宥めるよ。約束する」

にっこりと、皆を安心させるような、太陽のような笑顔を見せた。
それによって、不思議と力が湧いてくる。

「そう…ですね。ありがとうございます、昌浩様…。私も、信じます。我が主と、朱雀の事を」


ーーーその時。



「ーーー楽しそうね。皆で集まって、なんのお話してるのかしら?」


突然、声がした。その瞬間、全員の血の気が一気に下がる。
穏やかでありながら、氷点下のような冷たさを孕んだ声が、昌浩のすぐ後ろから響いてきた。
慌てて飛び退きつつ、驚きに目を見開きながらその名を叫ぶ。
「琉月…!」
「昌浩。約束の時間はとっくに過ぎたわよ?どうしていつまでもこんな所で油を売っているの、早く戻ってこなきゃ駄目じゃない」
「い、嫌だ…戻らないっ!俺は、天一と、紅蓮達と、家に帰るんだっ!」
きっと睨みつける。
しかし少女の姿をした人ならざる鬼は、全く臆することもなく、軽く睨み返した。
「聞き分けの無い子は嫌いよ」
それだけで、昌浩の足はすくんでしまう。
今更ながら、漸くこの妖が恐ろしく強いことを認識した。
「…おい。お前、何者だ。昌浩に関わるな」
「五月蝿い…五月蝿いわ、神将騰蛇。私が欲しいのは昌浩だけよ?天一も朱雀も結局はただの囮だったのに…昌浩ったら、自分で見つけてしまうんだもの。困った子ね?」
心底困ったような声音で頬に手を添えて言う。
その仕草は実に自然で、先程までの威圧感が嘘であるかのようだった。
「仕方が無いから、最初の質問だけ答えてあげる。私は琉月。私が触れたものの力を模写して使えるようになる能力があるわ。うっかり触れない事ね」
艶やかに、毒々しい笑みを浮かべ、琉月は無言でその場の全員の体を強ばらせた。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続く。

292:咲夜◆.M:2017/06/07(水) 20:14 ID:wL.

琉月さま、恐ろしい力をお持ちですね…!?
紅蓮とか触れちゃったら…!もうアウトじゃないですか…!

書くよ、氷雨。うん、書くってば←

293:貴璃◆5s hoge:2017/06/08(木) 23:03 ID:L6w

>>292 そうなんだよー、実はー。琉月姐さんは心根も正直冷たい、根っからの「鬼」だしねぇ…。妹もいるけど、妹より強いんだよ。攻撃力は。
はてさて皆さんどうするのかしらね…?

294:咲夜◆.M:2017/06/25(日) 22:28 ID:3OQ

お、鬼…!姐さん強い…!
私も書くよ!でもお久しぶりすぎて取り敢えず前のを張りますはい!






 「昌浩じゃないって、どういうことなの!?」

張りつめた空気の中、沈黙を破ったのは太陰だった。
その声を筆頭に、息をつめていた者たちが次々と口を開こうとする。
そんな中、全ての声を遮るようにして言葉を発したのは、物の怪だった。

「あいつはっ!…あいつは、術者に操られてる。俺たちのことも覚えてないし、自分のことは〈曄陽〉だと思ってる。だからもう____昌浩じゃ、ない……っ!」

苦しげな物の怪のあとを、静かな声が続ける。

「どうやら、あいつ___曄陽を操っている術者の狙いは、私たち十二神将と安倍一族のようだ。それに関しては、私と騰蛇、六合が本人の口から聞いている」

今回優先すべきは、術者である氷雨を倒すことではなく、〈昌浩〉を取り戻すことだ。

だから、まずはあの子を奪還せねばならぬのだと。
たとえ闇に操られ、自分たちの命を狙っていようと。
あの真っ直ぐな命に、澄んだ魂に、変わりはないと信じて。

なぜなら。

「あいつは、俺の………」

光、だからだ。

まだ衝撃の余韻は残っている。頭が追いついていない。
それでも。
ただ1人の少年に、抱く思いこそ違えども。
各々の心は、決まっていた。

「待ってろ_______昌浩」


__________________

心の声を、聞いている。
苦しい叫びを、聞いている。
揺るがぬ決意を、聞いている。

口端が、ゆるりと上がった。

今のうちだ。
大切なものを取り戻すと言っていられるのも、今だけ。
最後には絶望を見て、息絶えることとなる。

操ってなど、いない。
要らぬ記憶を、消しただけ。
もとの曄陽に戻れるようにしただけだ。

自分の肩にもたれるようにして眠っている少年の頭を、ふわりとやさしく撫でる。

長い年月を経て、ようやく還ってきたのだ。

「もう二度と、貴様らに渡してなるものか____」


__________________


さてと!続きを書きますね!咲夜さん頑張る…!!

295:咲夜◆.M:2017/06/25(日) 23:38 ID:3OQ

記憶があった。
思い出、というべきなのかもしれない。

あの頃は、いつも二人で。
直接陽の光を浴びることが出来ないからと、山にある、岩で囲まれた洞窟で暮らしていた。

黄昏が夜を呼び、太陽が沈んだそのあと。
二人で手を握りあいながら、どこまでも出掛けたのだ。
月が映される湖に、蕾となり花弁を閉じている花。
風に揺れる木々の枝に並んで座って、小さな村を見下ろして。
毎日新しいものを発見しては、互いに目を輝かせながら喜んでいた。
遠出をしすぎたせいで夜のうちに帰れず、朝陽が空を照らすぎりぎりのところで、慌てて走って洞窟に戻った日もあった。
あのあとは転げるようにして岩の陰に入り、二人してお腹を抱えながらずっと笑っていた覚えがある。

あの時が来るまでは。
そのささやかな日常が、崩れることはなかったのに。

白い腕が伸ばされて、頬に触れて。
置いていくなというこの叫びは、もうその耳には聞こえていなかったのか。
浅くなっていく意識と呼吸の中で、震える声が呼んだのは己の名で。
温もりが消えていくのを認めたくなくて、強く強く、抱きしめた。

ぱたりと手が落ちるその直前、それはこの耳に届いた。


____ねえ、俺、絶対また生まれ変わって会いにくるから。
____それまでちゃんと待っててよ。
____俺の分まで生きて、氷雨_________


滑り落ちた雫とともに残されたのは、仄かに浮かんだ笑みだった。




遠い、記憶。
取り戻した、過去。

すべては、約束のために。


___________________

氷雨ちゃんの思い出。
ちゃんと回想的な感じになってたら嬉しい…

けど思い出とか回想とかばっか書いて、全然戦闘シーン来ないのよ!
晴明さまも神将たちも、全然動いてないのよ!
ああ、先が思いやられる…
終わりが遠い…

296:咲夜◆.M:2017/06/25(日) 23:41 ID:3OQ

なんかいろいろ別の作業挟みつつ書いてたけど、それにしてもこの短い文章書くまでにどれだけ時間かかってるの、私…!?(驚愕)

297:貴璃◆5s hoge:2017/06/26(月) 05:33 ID:sEI

アアアァァ( °∀°)ァァアアア
咲夜ァァァ!!
貴女はもうっ、本当にっ!!
なんて素晴らしいものを書くの…!!
文才わけろー!!(笑)

298:咲夜◆.M:2017/06/26(月) 07:28 ID:3OQ

ぶ、文才…!
貴璃にそう言って貰えるのが本当に嬉しい…
咲夜さんが生きる糧になっているんです、もはや!

299:貴璃◆5s:2017/06/29(木) 22:00 ID:tUo

続き


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーくらやみはきらい。
おねえちゃん…
ーーーぬくもりがほしい。
…悠月、もういやだな…
ーーーでもむりなの。
ひとりは、やだな…
ーーーじぶんひとりじゃ、あたためられないもの。
はやく…かえってきてよ…琉月おねえちゃん…
ーーー……まぶしい
…ああ…むり…なんだ。…ごめんね、おねえちゃん…
ーーーおわりのひかり
さようなら…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

微笑みながら、琉月は言う。
「私は、力が欲しいだけ」
歌うように。
「だから、昌浩がいればそれでいいわ。陰陽師は、下手をすれば神にも勝るもの」
言の葉を、紡ぐ。
「私、知ってるのよ?可愛い妹。昔、むかぁし、貴方達が殺したでしょ?」
微笑む。
「だから、殺してあげるわね。私も、みぃんな」
幸せそうに、
「みんな、みんなね」
微笑みながら。


「なんの…ことだ」
琉月の放つ威圧感に負けないようぎりり、と強く奥歯を噛みながら紅蓮が言葉を発した。
「悠月」
それに対して、琉月はまるで相手が小さな赤ん坊ででもあるかのように、慈愛に満ちた瞳で穏やかに答えた。
「私の妹。たった1人の。両親が少し、奈良の都で暴れすぎて殺されてしまって。私は妹を、守るために隠した。そして、もっといい隠れ場所を探しに妹をおいて出かけたの」

「でもね、10日ほどで妹の元へ帰った私が見たのは、なんだと思う?」

途端、今まで見せたことのない憎悪の光をその瞳に宿して、吐き捨てた。

「死んだ妹よ」
「!!」

昌浩が息を呑み、天一は口元を押さえ、闘将2人は黙って目を見開いた。

「あの場にね、神将の神気が残ってたわ。誰かまでは特定できなかったけれど、覚えてるもの。私、陰で両親が貴方達に殺されたところ、見ていたもの。その時に、貴方達の気配は覚えたわ」

「貴方達は人間が大好きだから。きっと、暴れすぎた両親を止めたかったのよね。それは別にいいわ。私もアレらは嫌いだったもの」

「でも、妹にまで手を出すなんて、許されない。あの子が報われないわ、たったの10年しか生きていない、生まれたばかりの子だったのに!!私の、唯一の心を許せる子だったのに!」

ふ、と荒れた空気が鎮まり、代わりに訪れたのは痛いほどの静寂だった。

「…琉月……。俺…おれ…は…」
「…なぁに?昌浩。ごめんね、怖い思いさせて。もう大丈夫よ、こちらにいらっしゃい?」
「だめ…。だめだよ、琉月」
昌浩は、ふるふると首を横に振る。
小さな子供がいやいやをするように。
「だめ…。それは、だめ」
「なぜ?」
「琉月にとって妹が大切だったのと同じように、俺にとっても神将達は何にも変えられないくらい大切だから」
「知らないわ、そんなの。…昌浩、貴方は妹に似ている。好奇心旺盛で、無知の、愛しい子」
「でもだめ」
「貴方は守ってあげる」
「俺も護りたい人がいる」
「貴方だけは、私が守る」
「俺だって、絶対に失いたくない」
「二度と失わないように、大切に」
「「まもる」」

再び、静寂。

「やっぱり、駄目だね。琉月とは、戦わないと駄目なんだね…」
「そうね、でもありがとう、昌浩。貴方みたいに素敵な子には、久しぶりに出会えた…」

微笑み、そして、一時は本気で共に過ごすことを考えた相手と琉月は完全に決裂した。

昌浩は、決意を秘めた瞳で琉月を見上げ、印を組む。

「これで、終わる。妹に、会わせてあげるから、琉月」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
意味がわからない…。
そろそろ終わる。

300:貴璃◆5s hoge:2017/06/29(木) 22:05 ID:tUo

咲夜に触発されてちょっと過去ぶち込んだ。
妹ちゃんは初期の設定ではもっと冷酷非道なシスコンだったんだけど、琉月さんが冷酷非道なシスコンになってしまった…。
妹ちゃん可愛くなった…。
「ゆうげつ」です。

301:咲夜◆.M:2017/07/01(土) 16:54 ID:qxU

琉月さま、そんな過去が…!?
妹ちゃん…可愛い…悲しい……。

302:貴璃◆5s hoge:2017/07/03(月) 17:32 ID:Na.

「ふふっ…昌浩は、優しいのね…」

銀色の少女が微笑む。

「こんなに暖かいのは、久しぶり」

幸せそうに。

「嗚呼…悠月が、待ってるわ…」

銀色の少女は涙を零す。

「…行かなきゃ」

満ち足りた表情で。





そして、銀色の少女はーーー


「悠月…」


ーーーそれきり二度と目を覚まさない。

303:貴璃◆5s hoge:2017/07/03(月) 17:33 ID:Na.

短い!!
戦闘シーンとか分かんないし、割愛したよ〜!
琉月って単語を出さなかった…(意図的)
幸せな眠りについたんだよ、これでも…昌浩のおかげだ…

304:貴璃◆5s hoge:2017/07/03(月) 21:05 ID:Na.

あれから、10日ほど経った。
昌浩は時々琉月のことを思い出すようだったが、後悔はなく、清々しい気持ちでいるようだった。

気になって、物の怪が何故平気なのかを問うたことがある。
答えはこうだった。
「だってさ、もっくん。琉月は、やっと妹に会えたんだよ?本当に、幸せになれたんだよ?…最期に微笑ってくれたから、あれが証拠」
「…そうか」
冷酷な鬼ではあったが、家族を想う気持ちは本物であったと、今や誰もが理解していた。

ふと、昌浩が逆に物の怪に問うた。
「…朱雀は?じい様はなんて?」
実は晴明に口出し無用と厳しく言い渡されていた昌浩は、朱雀がなんと言われたのか何も知らないままなのだ。
「…怒られてたら、やだなぁ」
まだ幼さの残る顔を曇らせて呟く。
物の怪は苦笑すると、尻尾を揺らしながら言った。
「大丈夫だったぞ。…お前の言う通りだったな」
「ほんとっ!?怒られてない?天一も?」
途端に目を輝かせて物の怪に詰め寄る。
「当然だ。むしろ彰子に泣いて謝られて、逆に謝り返したりして、混沌としてたくらいだな」
「そっか…よかった」
ほっとしたように笑う。







(ーーー…昌浩……ありがとう)


風に乗って、“音”が届く。

昌浩の気持ちと同じ、清々しい声が。
幸せそうな声が。

空耳かもしれない。それでもいい。
銀色の少女が、やっと“幸せ”を見つけられたなら、それで。


「…もっくん、俺ね、琉月のこと、本当は好きだったよ」

語りかけるようでいて、返事は求めていない。
物の怪は丸まって、そっと耳を傾けた。

「怖いけど、優しかった。…鬼で、在ろうとしてたのかな」

昌浩はこちらを向かない。

「強くて、…すっごく弱い、おんなのこだったんだね」

向いたら、見られてしまうのを分かっているから。

「…幸せにしてあげられたなら、本当に、良かったんだよ…」

あの少女の瞳の色とよく似た、透き通った涙を見られてしまうのを。

「…そうか」
「うん」







銀色の少女は、ちいさな妹の手を引き、彼方へ旅立つ。
幸せを、胸いっぱいに抱えて。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
終わり!!
やっと終わった!!
最後意味わかんない…。いや最初から分かんないけど!
琉月は幸せになりましたとさ!
さっきのが短かったし、これは丁度いい長さかも?

305:貴璃◆5s hoge:2017/07/03(月) 21:06 ID:Na.

微笑って→わらって
と読みます

306:咲夜◆.M:2017/07/08(土) 17:38 ID:f/w

ああぁぁあ…!
貴璃すてき、素敵…。
琉月さまついに完結だね!
私も書かねば…

このしっとりエンド好き。表現の仕方好き。書き方好き。貴璃好き!
ていうか私なんで5日間も気づかなかったの、ごめんね…

307:貴璃◆5s hoge:2017/07/08(土) 18:29 ID:VmY

大丈夫だよ〜

私もね、咲夜の書き方、シリアスストーリー、物語の構成の仕方、咲夜のこと、凄く好き!

褒めてくれてありがとう、大好きだよ〜!!

308:咲夜◆.M:2017/07/08(土) 22:50 ID:f/w

貴璃に大好きって言ってもらえた!!
から氷雨の続き頑張って書く!
…ってなりたかったけど、明日4時半起きだから今日は早く寝るね…

たまにはシリアスから抜けたいよ、思いっきり弾けて楽しいお話書きたい。

309:貴璃◆5s hoge:2017/07/08(土) 23:12 ID:DhM

あああ、何かは分かんないけど頑張れ…!

咲夜のフレッシュなお話も愛してるよ♪

310:咲夜◆.M:2017/07/09(日) 06:23 ID:f/w

貴璃ありがとう!

新鮮フレッシュなお話も書くよ、今度!←

311:貴璃◆5s hoge:2017/07/13(木) 10:19 ID:iyc

何か新しく書こうかな…

312:貴璃◆5s hoge:2017/07/23(日) 18:52 ID:44Q

ーーー寒いな…

とても、とても寒い。

ーーーいつまで、このままなんだろう

きっと、ずっとこのままだ。

ーーー…なんで、そばにいないの

自分が、手放したから。

ーーーなんで…ボクは、手放したんだろう…

自分に、温もりを与えてくれる、存在を。

ーーー今度こそ…ずっと…この手で…

護る。あの子を。自分を認め、愛しみ、温めてくれた、あの子を。

ーーー水珮…

.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚

夏にしては、涼しい夜だった。

昌浩は今日も今日とて、晴明の「ちょっとお前退治てこい」の一言であちこち駆け回ることになっていた。
「まったく、あのたぬきっ!!」
苛立ちをぶつける相手がいないので、何も無い空間を睨みながら叫ぶ。
それを見ながら物の怪が呆れたように言った。
「お前は何に怒っとるんだ。こんなのいつもの事だろう」
「だから腹たってるんじゃないかっ!!」
この苛立ちをぶつける相手が出来たと言わんばかりに、物の怪の言葉に噛み付いてくる。
はぁーと溜息をつくと、物の怪は二足歩行で走りながら、器用に指を一本立ててみせた。
「それこそ、今更だろう。お前だってそんなに文句言ってるけどな、これを放置して、市に行った彰子とかに被害が出たらどうするよ」
「うっ…。…でもっ、だったらその前にじい様が退治れば…」
「一応、あいつも老人だぞ。それにあいつは妖退治に赴く時は離魂術を使うからな。寿命が減るぞ、いいのか?」
「よ…よくない、けど…!」
「けど?」
「俺の睡眠時間削るのもよくないと思う!!」
「…まぁ、なぁ」
もっともだ。
何気に気にしていたのか、不満爆発と言った様子で一気にまくしたてる。
「いつもいつもいつもいつも、俺の睡眠時間削って!仕事に集中しなきゃいけない時にも、夜寝れないから眠気が襲ってくるし!!それで敏次殿に叱られるし!!一度で退治れない時もあるから連日連夜都を駆け回って疲れも溜まるし!!」
「そうだなぁ…」
「でも彰子とか母上に心配かけたくないから日中はちゃんと起きて元気でいた方が絶対いいし!…それに、あのたぬき、絶対退治た後にあのうざったい式文送ってくるし!!」
「…うん」
最早、何も言えない。
その後もぎゃんぎゃん叫び続ける昌浩を物の怪は放置することにした。
吐き出させた方が、後で落ち着く。確実に。
そんな物の怪を、呆れたような視線で六合が見やるが、物の怪は気にしない。

そこに、ふと、冷気が満ちた。

昌浩が叫ぶのをピタリとやめ、足を止める。
背筋に冷塊が滑り落ちるような、嫌な感覚がした。
物の怪も警戒して辺りを見回し、六合も顕現する。

「水珮…」

声が、響いた。
それと同時に辺りに妖気が満ち、周囲と隔絶されたことを否応なく認識させられる。

「…っ、お前は…!?」
昌浩が叫ぶようにして問うた。
それに対し、妖は悲しげな瞳をして呟く。
「水珮は…何処…?…いないの…?」
「は…?」
「水珮…。何処に、行ったの…?どうして、ボクの前に出てきてくれないの…?」
ふと、妖の視線が、昌浩を捉えた。
びくりと、昌浩は動きを止めてしまう。
「水珮…そこに、いるの?お前の中に、水珮が、…お前が、水珮を、連れて行ったの!?」
瞬間、今までと比にならない程の妖気が爆発し、動けない昌浩を襲った。
「うわっ…!!」
「昌浩!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続く。
まぁーた何か書き始めましたよ、貴璃さん。
ちなみに、妖くんが読んでる名前は「みずは」と読みます!

…そして、更にどうでもいいけど、Twitterとかでみんなに接してる私はちゃんと「貴璃」の人格だからね!
貴璃が1番素だったりする!
リア垢の私は友達相手に若干気を使うから…。

皆愛してるよ…最近ちょい寂しいけど、まぁ、待ってるんで!ここで!

また近いうちに暇があれば続き書きます。

313:貴璃◆5s hoge:2017/07/25(火) 08:00 ID:44Q

「お前がっ…!水珮…水珮…!待ってて、今、出してあげる…!そこから、出してあげる…!!」

何も聞こえない。
目の前にいる人間が、何か叫んでいるようだけど、正直うっとおしい。
ボクは、水珮を助けたいだけなんだから。

「…だからっ!俺は水珮なんて子、知らないってば!!」
「!?」

少年が叫ぶと同時にいきなり目の前に炎蛇が現れて、慌てて後ろに下がった。
そして、ふと、視界が開けた。
そこには何も無い。
水珮もいない。
いるのは、…どこか雰囲気が水珮に似てる少年と、人外のもの2人。

「…水珮じゃ…ないの…か…」

落ち込んで、呟く。

「水珮…」

涙が出そうになるけど、堪える。
そうしていると、あの少年が恐る恐るといった様子で近付いてきた。

「ねぇ…水珮って、何?お前は、誰?」
「…ボクは…辰月(たつき)。水珮はボクの大事なこ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一旦終わり。
中途半端だけど

314:貴璃◆5s hoge:2017/07/25(火) 17:36 ID:44Q

「大事なこ?兄妹とか、友達とか?」

少年が、聞いてくる。
…いいこ、なのかな。ボクは、よくみんなに変だって言われるし、人間にも怖がられるし。

「ううん。大事なこ。家族でも友達でもないけど、すっごく大事」
「ふぅん…。えっと…辰月は、そのこを探してるの?」
「うん。水珮、1人は嫌いだから。見つけて、護らなきゃ。そう、約束したから。ボクが護るって」
「!」

少年が大きく目を見開いて、そして、少しだけ笑った。
やっぱり、笑顔も水珮に似てる。

「…多分、ここには水珮って子、いないんじゃないかな。それに辰月、妖力強い妖怪でしょ。都人とか、怖がっちゃうから、あまり動き回らない方がいいよ」
「そんな…!水珮は今もここで彷徨ってるのに!?駄目…水珮のこと、見つけなきゃ!助けなきゃ!」
「うん。でも辰月は目立つから、代わりに俺が探してやる。水珮って子の特徴を教えてくれ」

今度はボクが目を見開く番だった。
驚いて、どうすればいいのか一瞬分からなくなったけど、こういう時にいう言葉は水珮が教えてくれたから知っている。

「…ありがとう」

.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚
辰月と名乗った妖は、案外素直だった。
見た目はただの人で、巫女装束の簡易版みたいなのを纏っているので一見女の子のようだが、昌浩よりも高い背と、女の子にしては低い声がそれを裏切って男だと教えていた。そして恐らく黙ってても溢れ出てる妖気とか、普通の人とは違う、翡翠色の眼とかが人間から恐れを招いているようだった。が、昌浩はその眼や辰月自身を嫌いにはなれなかった。

「えっとね、ボクの水珮は、髪の綺麗な女の子だよ」

だから、あんな提案をしてしまった。
後ろから紅蓮が睨んできているのを感じたが、時すでに遅し。
辰月は嬉しそうに笑い、自分も先程の言葉を取り消そうとは思えなかった。

「背は、えっと、君と同じくらい。ボクよりちっちゃいね。眼はすっごく綺麗な碧色だよ。あ、あとね、髪の長さは腰より少し長いくらい」
「わかった。他には何かあるか?」
「うん。えっと、すっごく綺麗なこだよ。本当に。あと人見知りだから、気を付けてね。泣かせないでよ、水珮を泣かせたら許さない」
「わかった、気を付けるよ。見付けたら知らせたいからなるべく、そうだな…羅城門を出たあたりに居てくれ」
「うん。わかった、宜しくお願いします」

ぺこーと頭を下げて、辰月は昌浩に向かって手を振る。

「待ってるね!え〜っと…」
「昌浩。安倍昌浩だ」
「昌浩!待ってるからね!」

そしてくるりと背を向けて、走り去ってゆく。
こうして見ていると、ただの人にしか見えなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はい、続く〜。
やっと辰月の容姿と水珮の容姿を出した。無理矢理。

315:貴璃◆5s hoge:2017/08/03(木) 09:32 ID:tTQ

「辰月…なんか、変わってたね」
「まぁな…。というか、昌浩っ!!」
「ん?なに、もっくん」
「なに、じゃない!あんな無謀な提案して、失敗してあいつが暴れ回ったらどうする!!」
「見つければいいんだもん、平気だろー。多分辰月も羅城門よりも外…都から出たところを探すだろうし?」

辰月と別れてから少し後。
物の怪姿に戻った紅蓮を肩に乗せながら昌浩は呑気に喋っていた。

「あんまり遅くなるのも可哀想だし、今日から探すつもりでいるけど、六合はいい?」
「おいっ、俺は問答無用で参加ってことか!?」
「…構わない」
「ありがとう、六合!ほら、もっくん、早く行くよ!」
「くっ…この…!」

ふるふると物の怪が体を震わせるが、気にしない。
昌浩は元気よく夜の都を駆け出した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はぁー…ここ落ち着く…。

316:咲夜◆.M:2017/08/03(木) 16:01 ID:FAw

待って待っていつの間にか新しいの始まってるじゃないですか!
気づくの遅くなっちゃってごめんなさい!
新たなお二人もいらっしゃるしこまめに覗くようにせねば…!

ひ、氷雨の方は少々お待ちを…

317:貴璃◆5s hoge:2017/08/04(金) 18:37 ID:eag

さっ……


咲夜だぁぁあ!!

咲夜っ!久しぶり、咲夜っ!!
勝手にまた始めてたよー

大丈夫、氷雨様のやつ、ゆっくり待ってるから!

はぁー、咲夜だぁ…(咲夜がいて嬉しくてめちゃくちゃテンション上がってる人←)

よしっ、私もがんばろっ!

318:咲夜◆.M:2017/08/05(土) 13:31 ID:mjk

うん、咲夜だよ!!
こっちで見たのは久し振りかもだね…!

あの、季節の方ですごい久々に書いてみた、ので!
めちゃくちゃふざけてるけど、良かったら見てやって下さい←

貴璃のお話読み直して私もがんばるっ!

319:貴璃◆5s hoge:2017/08/05(土) 13:45 ID:eag

読んだよ!
本当に咲夜は神かな??

あの小説で元気でた、ネタ考えよ!

320:貴璃◆5s hoge:2017/08/08(火) 22:57 ID:eag

「お〜ま〜え〜ら〜……!」

昌浩の唸り声が聞こえる。
…雑鬼の山の下から。
「うぅっ、毎度毎度いつものようにいつもの如く、なんと不憫な…」
「毎度毎度いつものようにいつもの如くっ、そう思うなら助けろよなぁ!!」
物の怪の泣き真似に噛み付くも、雑鬼が多すぎて自力では抜け出せない。なんとか抜け出そうと足掻いてみるも、時々山が揺れるだけで何も変化は怒らなかった。
見かねて、嘆息しながら六合が雑鬼の山に手を突っ込み、昌浩をつまみ出す。
据わった目でお礼を言うと、昌浩は雑鬼達に向かって叫んだ。
「毎晩、毎晩っ!!本当にお前らは俺をなんだと思ってるんだ!?」
「それは勿論、晴明の孫!!」
元気に大合唱である。
ふるふると怒りに肩を震わせながらもその波を超えると、溜息をついて本題に入った。
「…まぁ、いい。お前ら、水珮ってこ知らないか?辰月って妖に頼まれて探してるんだけど」
「水珮ぁ?辰月ぃ??」
皆一斉に首を傾げながら、ひそひそと話し始める。
「…知ってるか?」「いや、おれは知らない」「俺も」「私も存じ上げませんね」「いや、待って、どっかで聞いたことあるような…?」「辰月なら知ってる」「俺も!」「あのぉ…俺、水珮ってこ昔会ったことある…」「「えっ」」
…結論が出たのか、1匹の妖が少し前に出てきた。
「あのぅ、水珮さんだけど…」
「知ってるのか!?」
「し、知ってるは知ってるけど、彼女、今はいないよ!」
「…え?」
昌浩の動きが止まる。
それもそのはず、生きている、もしくは妖である前提で探していたのだから。
「水珮は人間なんだよ…。辰月って妖と仲のいい、人間」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短い、続く!

321:咲夜◆.M:2017/08/15(火) 00:17 ID:2kY

みずはちゃんの漢字が出てこない…!
みずはちゃん人間だったのね!びっくりですよ!好きですよ!
辰月は「ボクのみずは」とか言っちゃってる時点で好きだし、みずはは碧い瞳って聞いてもうなんか好きだし!
つまりは貴璃が登場させる方々はみんな好きになるのです…

322:貴璃◆5s hoge:2017/08/15(火) 11:27 ID:bvU

ありがとう、咲夜!私も咲夜の登場させた方、大好きだよ…!!

水珮はね、水と珮を別々に打った方がいいかも…。

続きも頑張るね!


書き込む 最新10 サイトマップ