かわたのポケモン、プリキュア、ベイブレード、アイカツ!(無印)コラボ小説

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1:かわた◆P2:2017/07/28(金) 20:04 ID:Xrc

僕がポケモン、プリキュア、ベイブレード、アイカツ!(星宮いちご、大空あかり時代)をコラボさせた小説を書くスレです。

感想くれると嬉しいです。

2:かわた◆P2:2017/07/29(土) 10:18 ID:kIA

ある日、星宮いちご、霧矢あおい、紫吹蘭は、特訓をしていた。

星宮いちご:「アイ.カツ」

星宮いちご達が特訓を終えてスターライト学園に戻ると何と大変な事態になっていた。

スターライト学園ではゼツボーグが暴れ悪者のバトルブレーダーがベイブレードでスターライト学園の物を壊しまくり、悪者のポケモントレーナーがポケモンを使って暴れていたのだ。

霧矢あおい:「なんて酷いことを」

星宮いちごは悪者達の前に立ちはだかる。

星宮いちご:「ちょっと貴方達、私達のアイカツ!の場所を壊すのやめて」

紫吹蘭:「いちご、危ないわよ」

悪者:「何だと

そこの生意気な女も倒すわ」

??:「そうはさせない」

3:かわた◆P2:2017/07/31(月) 17:01 ID:kIA

何と星宮いちご達の目の前にキュアフローラ、蒼井バルト、サトシ(ポケモンアニメ)が現れた。

キュアフローラ:「咲き誇る花のプリンセス
キュアフローラ」

バルト:「ベイブレードを悪用するなんて許せねぇ」

サトシ:「ポケモンを悪用するなんて許せない」

キュアフローラ:「いちごちゃん
ゼツボーグは私に任せて」

蒼井バルト:「いちご
ベイブレードを悪用する奴は俺に任せろ」

サトシ:「いちごさん
ポケモンを悪用する奴は私に任せてください」

星宮いちご:「皆、ありがとう」

そして、キュアフローラはゼツボーグをバルトは悪のバトルブレーダーをサトシは悪のポケモントレーナーを相手にすることになった。

紫吹蘭:「ベイブレードの審判は私がやるわ」

バルト:「サンキュー、蘭」

紫吹蘭:「3、2、1」

バルト、悪ブレーダー:「ゴーシュート」

4:かわた◆P2:2017/08/07(月) 17:15 ID:bss

蒼井バルトの放ったヴァルキリーが悪ブレーダーのベイとぶつかる。

バルト:「頑張れヴァルキリー」

悪ブレーダー:「天高くとべ」

バルト:「こちらも天高くとべ」

悪ブレーダーのベイとバルトのヴァルキリーが天高くジャンプする。

ガシャーン

悪ブレーダーのベイは壊れた。

紫吹蘭:「オーバーフィニッシュ

よって勝者蒼井バルト」

蒼井バルト:「よっしゃー」

悪ブレーダー:「くっそー
ゼツボーグあの青髪の小僧を襲え」

ゼツボーグはバルトを襲おうとする

そこへキュアフローラがゼツボーグにキックをかます。

キュアフローラ:「そうはさせない」

5:かわた◆wA:2017/08/15(火) 10:01 ID:Gu2

キュアフローラ:「ベイブレードを悪用して大切なアイカツ!ステージを壊すなんて許せないよ」

キュアフローラはゼツボーグにキックをかます。

しかしゼツボーグはかわしキュアフローラにパンチをかます。

キュアフローラ:「きゃああ」

悪トレーナー:「よし、俺のバルジーナでプリキュアにとどめをさしてやる」

悪トレーナーはモンスターボールからバルジーナを召喚する。

悪トレーナー:「いけ、バルジーナあくのはどうだ」

悪トレーナーのバルジーナはキュアフローラに技を放つ。

ピカチュウ:「ピーカ」

そこへサトシのピカチュウが悪トレーナーのバルジーナに技を放つ。

悪トレーナー:「何?」

サトシ:「そうはさせるか」

6:かわた◆wA:2017/09/06(水) 18:14 ID:G5w

悪トレーナー:「何だお前」

サトシ:「ポケモンとかを悪用する奴は俺が許せないぜ」

サトシ:「ピカチュウ、10万ボルト」

サトシのピカチュウはバルジーナに技を放つ。

悪トレーナー:「バルジーナ、かわしてつばめがえし」

悪トレーナーのバルジーナはピカチュウに技を放つ。

ピカチュウ:「ピーカ」

ピカチュウはくらう。

サトシ:「ピカチュウ、もう1度10万ボルトだ」

サトシのピカチュウはバルジーナに10万ボルトを放つ。

バルジーナはもろにくらう。

バルジーナは倒れた。

悪トレーナー:「くっ、覚えてろ」

悪トレーナーは逃げて行った。

その頃、キュアフローラは

キュアフローラ:「ゼツボーグ強い

でも私は負けない」


書き込む 最新10 サイトマップ