クローバープリキュア!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1:フルーツカクテル:2018/03/02(金) 20:50 ID:BDs

【STORY】
この物語は、オリジナルプリキュアです。
テーマは、春夏秋冬をモチーフした和風コスチュームをしたキャラクターです。
初期の4人は四季のプリキュアで、
幼少時代からの幼馴染の同学年。

2:フルーツカクテル:2018/03/02(金) 21:42 ID:BDs


1.小鳥遊桜。たかなしさくら。
キュアスプリング。カラー。ピンク。
町立四季の里中学校に通う中学2年生。
性格は、おっとりほわほわとしたマイペースキャラで常に温厚的で穏やかなのんびりやさんで甘いものと可愛いものが大好きなでしかも天然ドジっ子で癒しゆるふわ系。人懐こく大好きな人には抱きつく癖がある小動物のような女の子でここの主人公である。
勉強は平均並みで普通らしいが運動は苦手で
ちなみに実は、漫画家になることが夢である。ちなみに両親が共働きなためか、
祖父母の家で過ごしている。
3姉妹の真ん中っ子で姉と妹がいる。

3:フルーツカクテル:2018/03/02(金) 21:51 ID:BDs


私の名前は、小鳥遊桜。
誕生日は春に生まれたから
名前は「さくら」
親は共働きで、祖父母の家で過ごしている。

今日から、二年生かあ?

「桜、行くよ」

「うん、わかった」

3月9日生まれのうお座,

部活。漫画倶楽部。美術部兼任。

四季の里中学校。にて。
漫画倶楽部は、全員で5人とわずか少ない人数から、やってます。

「お、小鳥遊の絵は萌えキャラだよな〜」

「可愛い、あ、この男の子かっこいい。」
うちの部活メンバーは、まるで、
家族ぐるみな日常を過ごしているので、
とても、楽しいです。

……第一話
「春のプリキュア!
キュアスプリング!誕生であります!」

4:フルーツカクテル:2018/03/03(土) 18:37 ID:BDs


2年1組。

「やっほー、桜ー!」

「あ、唯ちゃん!」
明るくて、元気一杯な夏生まれの女の子!
明日香唯ちゃん。(あすかゆい)

「いいよな、桜は、可愛いのをもっているって…」

「唯ちゃんも可愛いよ、」

「似合わないよ、あたし、スカート嫌いだな?あたしはさあ、バスケ部だったから、
楽チンな格好が好きなんだよ!」

ボーイシュでスポーツが大好きな女の子です。

5:フルーツカクテル:2018/03/03(土) 18:48 ID:BDs


2明日香唯、あすかゆい。
キュアサマー。カラー。黄色。
向日葵のような元気一杯な女の子で、
ショートカットのボーイシュ。
スポーツが抜群で身体能力が高い。
バスケ部に所属するリーダーシップと
皆のエース!女の子のような可愛らしいのは
苦手って言っているが、恥ずかしがって、
ちょっぴり照れがちな所がある。
普段は、お調子者で、いたずら好きでちょっかい出されるぐらいムードメーカーのような
まさに太陽のような存在である。
かなりフレンドリーで社交的!
勉強は嫌いで、かなり赤点がちでめんどく下がりや。桜とは、幼馴染!

6:フルーツカクテル:2018/03/03(土) 19:44 ID:BDs


「じゃあな!あたし!部活にいってくるからな!」タアタアタアタアタア。

帰り途中。

「あ、綺麗な夕空!」

『あ、あの人。』

『間違いない!彼女だ!』

『本当に、間違いないないの?ハルリン!」



【綺麗な町….くだらん!】

《桜が綺麗!》《お花見パーティ!》

「お花見してるね、ほわーん、眠くなっちゃった〜。ネムネム。」

【ゔん?】

《ちぇー、なんだ、どこも、場所ねぇーや!》イライラ!

《ビールが台無しになる。なにが、花見だ!
特に、親子連れなんて、イライラする!
子供なんて、花見のよさ、知らないだろう!
イライラ!》

【あいつにするか】



《!》(じゃあ、台無しにしちゃえばいいんだよ!》
《いでよ!コワヤスナー!》

《ゔわあ!》



「あ、なに?」

「やめて!」

「ほらあ、よこせよ!」

「やめて!」
中年のサラリーマンが、子供連れの母親に
髪を引っ張りながら乱暴をしてる。

(…くさぁ!)
サラリーマンは、酒臭かった。

「子供なんて、花見のよさ、しらねーだろ?


「ゔぁ、痛い、髪が痛い!」

「ママ〜うぇーん〜」

「どげぇー!」どーん。

「!!」

ゔ!

マナーの悪い人。
よくいるよ。

だけど、これは、酷い。

『あれはー、』

『うん、あいつらの仕業だ!』

【….綺麗な大自然を、汚れてしまえー!
くだらない!.こんな、花のグズなんか!
こわしてしまーえ!】

《ゔを!》

ドカンドカン
空は曇りよりも汚れている。

ドカンドカン。

ドカンドカン。

「ひ…酷い!」

【幻のシーズンストーンを、見つけ、
あの、我が!世界を、宇宙を、
我々が思う世界にしたい!そして!】

『あれは、ブラックリンクス帝国の第一者!
リタ二世!』

タアタアタアタアタア。



「なんか、体が軽い…」



桜の心から、何かが飛びたした。

「!…なにこれ?」

『あれは!』

『ハルリンのカラーストーン!』

タアタアタアタアタア

『ちょ…ちょっとこそ?』

「な、なに?」
猫がしゃべってる!しかもピンク色?

「私は、ハルリン、プリキュアの妖精!」

「プ…プリキュア?、」

「やっと、見つけた!私のパートナー!、」

「ぱ、パートナー?」
体力のない私に、戦えるのかな?

「むっ、無理無理!」

【なんだ、この女ー、いかにも、弱そうーな!女!】

「えっ?」

「早く、変身してください!あなたは、選ばれたプリキュア!」

「え?」

「プリキュア!シーズン・クローバー・ストーンっというの!」

「….まあ、よくわからないけど…!
プリキュア!シーズン・クローバー・ストーン!」

7:リカ:2018/03/04(日) 23:04 ID:WHA

面白いです!
四季をテーマにしたというところに、惹かれました。
私もプリキュアの二次創作を描いているので、読んで下さったら嬉しいです(*´ω`*)

8:フルーツカクテル:2018/03/05(月) 20:44 ID:BDs


【自然など、邪魔だ!いけぇー!】

ヴオヴオ。ドカドカン。

「プリキュア!シーズン クローバー ストーン!」

「だぁ、誰だあ?」

「春の嵐!希望の季節!キュアスプリング!」

【ぷ、プリキュア?】

ドカドカン、ドカドカン。

(うわあ、やっぱり怖いな?)

ドカドカ、ドカドカン。

「はあ、はあ、やっぱり、体力のない私には、無理だよ…」

「スプリング?」

「私はね、体力がないからずっと漫画ばかり描いていったんだよ。それに、私は体力がないただ勉強は当たり前にできるのに、親には、姉と妹にしか相手にしない。
姉は長女だし、妹は末っ子だし、可愛いし
モデルだし。私なんかより可愛いよ?」

「でも、スプリングは?可愛いよ?」

「…地味だから」

ドカドカン。ドカドカン。

「……」

あぁ、私は、何を考えてるのかな?

【なんだ、この弱々しいプリキュアは?】

【!】

なんか、ムカつく?
私はなんか苛立ち。

「!」



「プリキュア!スプリング フラワー ナイトメア!」

ドカドカン。ドーン。

「あ、できた?」

なんか自信が湧いて来た?

ドカドカン。ドーン。

【なんだ?】

…コワレマシタ… ドカーン!

スプリングにより黒い化け物は消えた。

……

9:フルーツカクテル:2018/03/07(水) 18:54 ID:BDs


数日後、学校。

「ふわあ、疲れた〜」

「今日は、体育がハードだからな?」

「唯ちゃんは平気だったよね?」

「まあね?へっちゃら!」



「?」


書き込む 最新10 サイトマップ