ただ暇人が小説を書いていくスレ

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1:リト*´・ω・:2018/05/27(日) 08:38 ID:AH2

ワーイ妄想が激しい暇人がどんどん小説を書いていくぞい(
二次創作なので注意()まぁただ書きたいから出したスレなんですけどね…(
書く内容としては[とうらぶ][東方][カゲプロ]ですかねぇ…まぁ黒歴史になるな()

2:リト*´・ω・:2018/05/27(日) 08:53 ID:AH2

[とうらぶ]小説
注意
自分は未プレイです。なのでキャラクターの性格が崩壊する可能性があります。誤字などもあります
プロフィール
審神者
設定
前の姿は加州 清光の女バージョンだったがある出来事で審神者になってしまった
性格
あまりお洒落には興味がないという、人が困っていると助けてあげたい。
加州 清光
審神者の初期刀、審神者の秘密を知り恋心を抱く

では注意して進みましょう

3:リト*´・ω・:2018/05/27(日) 09:24 ID:AH2

???『お前なんかもう折れてしまえ!』
加州『なっなんで…?私可愛くない……?可愛くないんだったらどこでも直すからさ…捨てないで……』
???『やっぱりお前は使い物にならんな』
そう言いあの人は自分で持っていた刀を振りかざす。生憎手入れもされていない私は痛みが多く、そのばから動けなかった。
嗚呼 
私はもう死んでしまうのかな……
そうして意識は飛んでいった







ここは何処だろう。黒い空間?私はあのとき死んでしまったの?てか私神だから死んでしまうとか関係なかったのだ…まぁ別にいい。今は私は何処にいるのか分からない現状、いや?動けない?ていうかさっきから何かが上に乗っているような…とても柔らかい…これって布団?
???「………さ……………さに………………審神者様!!」
私はその声が聞こえると目をゆっくりと開けた
???「審神者様!私はこんのすけですよ!!体は痛くありませんか?]
んっ?何でこんのすけがいるの?てかここ何処?
審神者「てかさ何で私、審神者って呼ばれてるの?」
それが一番の悩みだ
こんのすけ「これから説明をします。まず審神者様は[加州 清光]ですよね?そして審神者様はとても珍しい刀剣女子なんで
      す。なのであのとき政府の人が来て審神者様が助かりました、そして政府は考えたんです。こうして戦っても
      らうのはいつか折れてしまう、それなら審神者にしてしまおう!と、「いやちょと待て!」
審神者「えっ何?政府は何考えてるの??[それなら審神者にしてしまおう!]ってただの考えが悪い子供じゃん!!!」
こんのすけ「落ち着いて下さい審神者様」
審神者「落ち着けるか!」
こんのすけ「まぁとりあえず審神者様は[加州]ではなくこれからは[審神者]として歴史を守って下さいませ」
何でこんな事になったんだろ。私は主に捨てられた、そして審神者になる。でもまたこうして生きることが出来るなら…
審神者「……分かった私はこれから[審神者]として生きることにするよ」
それから私の新たな生活が始まる…

4:リト*´・ω・:2018/05/27(日) 09:39 ID:AH2

続くよ(

5:れみみみみ:2018/05/27(日) 10:55 ID:0H.

途中乱入←
文字構成がリトっぽいwすぐわかっちゃった(

6:リト*´・ω・:2018/05/29(火) 22:24 ID:AH2

おっまお前…!もうやだタヒにたい…()

7:リト*´・ω・:2018/06/13(水) 23:22 ID:8zU

こんのすけ「とりあえずこの5振りの中からお選び下さい」
目の前に出されたのはとても見覚えのある5振りだ。
すべてに目線を合わせて深呼吸をした。そして選ぶ1振り、初期刀は………
こんのすけ「やはりそれを選ぶのですね…」
私の手には真っ黒な刀、少し赤が混ざっている刀だ。私はにこりと笑い、
主「まぁ私がこれ以外を選ぶ選択はないからね」
そしてまた深呼吸をして、目を閉じこう唱える・・・・・・
「加州 清光様 おいでませ そして私に勝利を捧げて下さいませ」
その瞬間とてつもない桜吹雪が舞った
加州「……あーー。俺、加州清光。川の下の子、河原の子ってね。扱いにくいが性能はピカイチ、いつでも使いこなせて可    愛がってくれて、あと着飾ってくれる人大募集してるよ」
これが【加州 清光】………やっぱり私と服違うんだな……それにとても背が高い。うらやましい。私は女だからなのか背が少しばかり小さかったんだよねぇ……
加州「おーい大丈夫?」
!?ぼーっとしてた……?てかなんか背が高すぎない?こんなに高かったっけ…あれ?なんか目線が低い……
加州「君が主だね?小さくて可愛いー!」
んっ?小さい?
加州「うーん大体7、8歳位?何歳なの?」
んー?ちょいまて、私そんなに若くないし100歳もう越えてるし……
そしてチラッと横に置いてある鏡を見た
その瞬間に一気に熱が去っていくような感触がした
主「なっなにこれ…………」
体が縮んでいたのだ、弾力がありそうな頬っぺた、とても長い髪の毛……
主「こんのすけ、少しばかり質問していいかな???」

8:リト*´・ω・:2018/06/18(月) 22:14 ID:8zU

主「何故私は小さくなっている??」
こ「政府は主様に審神者になってもらうために神様という路線から外れていただきました、そのため人間になってしまって   体が小さくなったのでしょう」
主「ふぅ~ん」
この部屋の中の空気は最悪の状態なのかずっと置いてきぼりの加州はおどおどとしている
主「もう1つ質問していい?前の私の体で体力や素早さもなくなったの?」
こ「いいえ、主様の刀があるでしょう、その刀を抜刀していただければ神の力により元の姿になる事ができます」
主「へぇ~それはいいこと聞いたな~、ねぇこんのすけ、美味しい狐の調理法ってあるかな?」
加「あっ主!?」
私は刀を手にとり抜刀してこんのすけに突き立てた
こ「ひぃ!すっすみません!!この事を伝えるのを忘れていました!」
主「………まぁいいけど、次はないとおもってね」
そういえばなんか抜刀した時に花弁が散ったよね……
加「………主、その格好は………俺の格好……?」


書き込む 最新10 サイトマップ