小説 http://ha10.net/novel/ あの日の物語(86) http://ha10.net/test/read.cgi/novel/1486362818/86 「…で、何ジュースにする?」

雫は、首をかしげて私と結に話しかけた。

「私はりんごジュースにする!」

結はボタンを押した。ところが、結が押したのはりんごジュースじゃない。野菜ジュースだ。

「あああ!!りんごジュースが……」

結は泣き目になっていった。

「はぁ。結、それちょうだい。」

私は、仕方なく結に声をかけた。

「え?!何で?!」

結はびっくりして私に言った。ちょうど、私は、野菜ジュースが飲みたかったのだ。

「私、ちょうど野菜ジュース飲みたかったし」

「夢ぇ〜!ありがとぉ〜!」

結は私に抱きついてきた。なんか、妹見たい。

「ほらほら、夢動けなくなってるから行こう。朝食食べる時間過ぎるよ」

雫は、結をおして席へ戻った。

7:45

私達は、大きなホールへ行った。

by みかぜ◆63Y:2017/03/26(日) 15:57]]>