君の独り言

葉っぱ天国 > 独り言・奇声 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401-キーワード▼下へ
1:桜餅◆zo:2018/10/08(月) 20:24




「もう良いかい」




「御免なさい」






「もう良いよ」




君が呟いた

419:雪兎◆dA sage:2018/12/03(月) 16:31

はなうたうたっておどりくるって

420:雪兎◆dA hoge:2018/12/03(月) 16:31

sageはいみないのね

421:雪兎◆dA hoge:2018/12/03(月) 16:36

ぴい

422:雪兎◆dA hoge:2018/12/03(月) 16:49

ルールも分からん小学生はこういう掲示板こない方がいいと思う()

423:雪兎◆dA hoge:2018/12/03(月) 16:50

ゆっきうっさぎー

424:雪兎◆dA:2018/12/03(月) 19:30

( ◜௰◝ )

425:雪兎◆dA hoge:2018/12/03(月) 23:28

つかれ

426:雪兎◆dA hoge:2018/12/04(火) 21:58

「…っ、あぐっ…!!」

投げ飛ばされ、壁に勢い良くぶつかり。打ち付けられた背中がじんじんと痛む。距離が中々あった為に、痛みも倍増したらしい。…もう、こんな痛みを感じるのならば、死んだ方がマシだ…と思う程に。
投げ飛ばした相手はと言えば、にやにやと嫌な笑みを浮かべて、手を差し伸べようともせず、立ち尽くしている。しかし痛みで動けないまま、ずっと壁にもたれかかる事しか出来なかった。




違うんです、喘ぎ声を表現したかっただけなんです。痛みに悶える声を書きたかっただけなんです…

427:雪兎◆dA hoge:2018/12/04(火) 23:15

おつかれさまだわたし

428:雪兎◆dA hoge:2018/12/05(水) 16:42

Nemuikaraneru

429:雪兎◆dA hoge:2018/12/05(水) 16:53

「あら、こんにちは。…良い天気だね、太陽が顔を出していて、雲が一つも無い青空。…私はこれが見たいだけなのに、どうして人は戦うんだろうね」

「…そう、言うんだね。私の事は侮辱して貰って構わない、その為に心を捨てたようなものだから。でも、私の友人、家族を侮辱するのには耐えられない。ごめんね、初めから本気で行かさせてもらうから…!」



我が鍵よ、我が水流よ。我が命令によりて、此場所に姿を現せ。我が怒りは皆の怒り、全ての力を出し尽くせ。Explosion of water…!

430:雪兎◆dA:2018/12/05(水) 21:48

「ううん、いえ、良いの。…まだ、我慢出来るから」

悲哀を込めた表情でそう言う彼女には、説得力なんてものが全く無くて。俯いたまま、身体の横に添えている手に力を込めて握る。
何も、言葉が返せない。このままでは、彼女を待たせているだけでは無いか。そう思うと、途端に胸の辺りが苦しくなった。まるで心臓を直に掴まれているかの様だ、呼吸すらもし辛い。…こんな想いを、彼女は毎日抱いていると言うのか?…苦しい、辛い、悲しい。でももう、僕は帰れない。僕の自己中心的な性格によって、見落としによって。…ごめんね、としか返す言葉は無い、いや、それすらも言えない。
透明な涙の粒が、僕の頬を伝ってコンクリートに染みを…作らない。そのまま地底の奥底へと通り抜けて、見えなくなって。…御免なさい、御免なさい。謝罪すらも伝えられないのに、心の中で言ってもどうにもならないのに。…嗚呼、なんて僕は、臆病者なんだろう。御免なさい、御免なさい__…。

431:雪兎◆dA hoge:2018/12/05(水) 22:51

「おはよう」
「…おはよ」

僕が1階へ降り、先に朝の挨拶を伝えると、彼女は素っ気ないながらも、ちゃんと挨拶を返してくれて、思わず顔が緩み、笑顔になってしまった。…いつもの事だけれども、彼女と会うまでは独り暮らしをしていたから、挨拶を返してくれる存在が心の底から有難かった。…それも、愛している人なのだから。まあ、彼女が振り向き、僕の笑顔を見て、少し引いた様な顔をしたが、それでも良かった。…彼女の本当を、僕は知っていたから。

「今日は仕事お休みだけど…何処か行く?」

僕がそう問いかけると、彼女はテレビから目を離し振り向いて、階段から降りて来た僕の事を見つめ、目をキラキラとさせる。…嗚呼、この顔が堪らなく可愛いと言っても過言では無い。この様な子供っぽい所も可愛いのだ。…まあ、他にも可愛い所は沢山あるのだが。
しかし、彼女はまたテレビの方へと顔を移した。僕がテレビ近くのソファに近付き、そして彼女の隣に座る。…どうやら、旅行番組を見ていたらしい。電子機械には自然、と言う感じが強い、迫力満点の滝の様子が映し出されていた。彼女の目は、滝に釘付けとなっていた。…まあ、恐らく此処に行きたいと言う意味だろう。画面右上のテロップを見ると、『○○山の中の迫力のある絶景!』と書いてある。○○山は同じ地方、隣の県にある1番大きな山だ。

「…此処、行きたい…」

彼女が口を開く。期待の輝きの眼差しが送られて来た。…僕は、この目に弱いんだよなあ、と自分でも思いながらも、しかしそれは断れないし、断る理由も無いし。僕も口を開いた。

「良いよ。じゃあ、登山の準備、始めよっか」






ただのあまあま小説じゃないぞ…私の誇りにかけて…

432:雪兎◆dA hoge:2018/12/05(水) 22:51

ねむくなってきたぽや

433:雪兎◆dA hoge:2018/12/05(水) 22:51

でも宿題があるポや

434:雪兎◆dA hoge:2018/12/05(水) 22:51

宿題なんて知らん、スマホいじりつづけてやるわ

435:雪兎◆dA hoge:2018/12/06(木) 17:31

だから説明を見ろと言ってるだろうがああああああああ

436:雪兎◆dA hoge:2018/12/06(木) 22:34

うああああぼくじょうものがたりやりたああああああああい

437:雪兎◆dA hoge:2018/12/09(日) 12:45

姉まじ好き有難う

438:雪兎◆dA hoge:2018/12/09(日) 16:39

ひいいぴくしぶたのしいいいいいい

439:雪兎◆dA hoge:2018/12/09(日) 17:52

「…っ…はっ…っぐぅッ……うぅっ…どうして…ッ…かあ、様っ……!」

隣の部屋からか細い、涙が含まれた声が聞こえる。助けを求めている様だが、俺に助ける事なんて出来ない、出来る訳がなかった。罪悪感からか、胸がズキズキと痛む。眠たかった筈の目も、もうシャットダウンしていた筈の意識もいつの間にやらその涙声ではっきりとしていた。…嗚呼、何故こう言う所で俺は臆病で、…運命は彼を拒むのだろうか。ただ一言「大丈夫」と言って側に居てやって、彼が元々此処の家の子供だったなら、彼が苦しむ事なんて無かったのに。

440:雪兎◆dA hoge:2018/12/09(日) 17:55

腐?豆腐ですか?

441:雪兎◆dA hoge:2018/12/09(日) 17:58

2次創作板で書けと??!!
やだね、僕はそんなとこでは書きたない…

しかもこれは!!!2次創作じゃなくて!!!2.5次創作なんや!!!!ふぁっきゅー!!!

442:雪兎◆dA hoge:2018/12/09(日) 18:04

拝啓、さらっとBLを描いていた親友へ
お前はそこに居るべきではありません。何故ならお前はまだ子供だからです。
進展してしまうとお前は、やがて腐の沼へ落ちて行ってしまう事でしょう。私は嵌って欲しくはないのです。
今はまだ、触ってみた程度だと私は思います。だから、まだお前は正常に戻れます。戻れるのです。
何が言いたいかと言うと、BLの腐の沼に嵌るなと言う事です。私は私の母親の様に、コミケに行って成人向け2次創作(♂×♂)の本を買って来て、「絵が好みだったから」「好きな絵師さんの本だったから」と言い訳をして欲しくはありません。
お前が成人を迎える前に、やましい想像は捨てて下さい。お願いします。

追記
NLに来い。GLも成人向けは緩和されると思うぞ^_^

443:雪兎◆dA hoge:2018/12/09(日) 18:52

ぬーん

444:雪兎◆dA hoge:2018/12/09(日) 19:15

独り言スレで小説書いてんの私ぐらいじゃね(鼻ほじ)

445:みるくるみ◆12 hoge:2018/12/09(日) 20:56

わしのことか?

446:みるくるみ◆12 hoge:2018/12/09(日) 20:57

あ、恋愛なりきり作ろうと思ったんだけど、文書いてそのまんま。
書いておくから見てね。

447:鶫◆dA:2018/12/11(火) 16:24

おらあ名前漢字で書いたったんねん!!読み方は、だとぅ?!!お前漢検あるんやから分かるやろ!!

448:周◆w.1DvdM4z1g12 hoge:2018/12/11(火) 16:26

...はと? それに僕、5級しか持ってないよ?

449:周◆w.1DvdM4z1g12:2018/12/11(火) 16:36

こっちどうすんだよ...

450:鶫◆dA hoge:2018/12/11(火) 16:40

ほげ進行な???

ハトは鳩、これは鶫



ここ?…ふっつうに乱入禁止の独り言スレだけどもなにか

451:周◆w.1DvdM4z1g12 hoge:2018/12/11(火) 16:42

上げたの誰だよ

452:鶫◆plvAb2dlhuBQI hoge:2018/12/11(火) 16:44

おまえだろ(困惑)

453:周◆z1g12 hoge:2018/12/11(火) 16:45

最初にあげたのは君。

454:周◆z1g12 hoge:2018/12/11(火) 16:45

あ...でも僕もあげてたか...

455:鶫◆plvAb2dlhuBQI hoge:2018/12/11(火) 16:46

そうだよ…

456:周◆z1g12 hoge:2018/12/11(火) 16:47

で?答えは?

457:鶫◆plvAb2dlhuBQI hoge:2018/12/11(火) 16:59

…ん???

458:鶫◆plvAb2dlhuBQI hoge:2018/12/12(水) 22:38

「…こっ…こっち、来んなッ…!!」

大型生物に睨まれた兎の様に隅っこで固まり、せめてもの抵抗なのだろう、此方を睨み返してくる。…こんな中で、まだ抵抗出来るとは。彼は精神が強いのだろう。ふむ、と俺は顎に手を当てた。

459:周◆z1g12 hoge:2018/12/15(土) 13:47

桜ぁぁぁ恋なりレス禁解除したぞぉぉぉぉ

460:鶫◆plvAb2dlhuBQI hoge:2018/12/15(土) 18:41

うあああああせっていきえたああああああ

461:鶫◆plvAb2dlhuBQI hoge:2018/12/15(土) 18:41

容姿の半分までかいたのにいいいいいいやるきなくしたあああああああ

462:鶫◆plvAb2dlhuBQI hoge:2018/12/15(土) 18:41

うああああななああああああ

463:鶫◆plvAb2dlhuBQI hoge:2018/12/15(土) 18:45

ものをはかいしたいしょうどうにかられる

464:鶫◆plvAb2dlhuBQI hoge:2018/12/15(土) 18:50

FGOやらんとなあ

465:鶫◆plvAb2dlhuBQI hoge:2018/12/15(土) 18:52

セイバーランサーアーチャーはセリフ出るのね(Simeji)

466:鶫◆plvAb2dlhuBQI:2018/12/16(日) 21:55

「…止めてよっ…!何でそんな事するの…っ?」

静かな、冷たいコンクリートに囲まれた部屋。一人のただの布切れに身体を包んだ少年が、涙を抑え切れず、滝の様に冷たい雫を流し続けている。その身体には幾つもの青い痣や大きな切り傷が出来ており、暴力を振るわれていたのだとは分かる。





この文だけで気力がお亡くなりになりました

467:鶫◆plvAb2dlhuBQI hoge:2018/12/16(日) 21:55

ほげ、お前は一旦死んだ方がいい

468:鶯◆9g4k hoge:2018/12/16(日) 22:02


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS