読書日記

葉っぱ天国 > 読書 > スレ一覧 ▼下へ
1:美杏:2017/01/13(金) 21:38

ミステリーやファンタジー、ホラー系が大好きな美杏です。
私が読んだ本を記録して行くスレです。
もし、気があったら気軽に入ってください。

2:美杏:2017/01/13(金) 21:56


1,二つ、三ついいわすれたこと ジョイス・キャロル・オーツ 岩崎書店

あらすじ
元子役という華やかなキャリアをもち、小生意気で目を離せない魅力のあった友人ティンクが、謎の死をとげた。仲良くしていたメリッサやナディアはなかなか立ち直れず、それぞれが学校や家庭で抱える生きづらさに向き合って行くことになる……。

感想
とても共感できることが沢山ありました。些細なことで死んでしまったティンクのことを思い出す2人。誰かに話したいけど、その話が広がるのを恐れ、ずっと溜め込んでしまう所に共感できました。最後、メリッサとナディアが協力して、大人と戦う(?)所が、心に残りました。

メモ
私だけではなく、あなたの読書記録もぜひ書き込んでください。オススメの本がありましたら、教えてください。

3:美杏:2017/01/14(土) 14:19


2,題名 ミステリアス・クリスマス7つの怖い夜ばなし
作者 ジリアン・クロス ジョーン・エイキン スーザン・プライス 他著
出版社 ロクソン社

本の内容
クリスマスに限ったミステリアスで怖い夜の短編集

感想
とても不思議で怖かったです。1番心に残り怖かった言葉は、「切ってやろうか?」という言葉。和解したはずなのに、、、、、、

メモ
書式を変えました。この本には、あらすじが載っていないので本の内容を書きました。よく、そういう本があるので、これからもこうして行きます。

4:美杏 ごめんなさい。:2017/01/14(土) 14:32

ごめんなさい。一つ間違えていました。
2冊目の本の出版社の名前を間違えていました。
ロクソン社→ロクリン社でした。
ごめんなさい。次から気をつけます。

5:美杏:2017/01/14(土) 19:27


3,題名 ダリの繭
作者 有栖川有栖
出版社 角川書店

あらすじ
幻想を愛し、奇行で知られたシュールレアリズムの巨人ーサルバドール・ダリ。宝飾デザインも手掛けたこの天才に心酔してやまない宝石チェーン店社長が、神戸の別邸で殺された。現代の繭とも言うべきフロートカプセルの中で発見されたその死体は、彼のトレードマークであったダリの髭がない。そして他にも多くの不可解な点が………。

感想
三角関係から始まった殺人事件。不思議に満ちたこの事件は、被害者によって不思議になった事を知って、すっごくビックリしました。

6:美杏:2017/01/16(月) 16:18


4,題名 大中小探偵クラブ 猫又家埋蔵金の謎
作者 はやみねかおる
出版社 講談社

あらすじ
大中小探偵クラブが今回とりくむのは、かつての大名だった猫又家に伝わる埋蔵金伝説!お家お取りつぶしのときに隠されたといわれる埋蔵金は本当にあるのか?隠された場所は? そして、それを受け継ぐ資格のあるものとは ー。新たにクラスの「エリート」こと北岡恵理人が加わり、ますますパワーアップした探偵クラブが、「猫又家埋蔵金」の謎にせまる!

感想
それぞれのキャラを生かして、埋蔵金のありかや謎にせまるところが面白かったです。新しいメンバーが増えたことで、もっと面白くなっていました。

7:美杏:2017/01/16(月) 16:57


5,題名 怪談収集家山岸良介と学校の怪談
作者 緑川聖司
出版社 ポプラ社

あらすじ
強烈な霊媒体質の浩介がいよいよ学校へ!通い始めた小学校には思いもかけない怪談の黒幕がいた ー。閉じられた空間で語られることで力をつける「学校の怪談」。クラスメイトの園田さんにも危機が迫る!?浩介は彼女を救えるのか!?

感想
いよいよ浩介が学校へ!多々良小の怪談の黒幕が誰なのか気になる!今回も、怖い話が大集合。とっても面白かったです。そして、山岸良介は何者?

8:美杏:2017/01/18(水) 17:06


6,題名 わたしはイザベル
作者 エイミー・ウィッティング
出版社 岩波書店

あらすじ
イザベルは姉とちがって誕生日プレゼントをもらえない。
母親からいつも「うそつき」だと言われ、成長しても自分が正しく振舞っているのかわからない。
だが読書を心のよすがに自活をはじめ、生きるための苦闘を続けるうちに、自らの言葉の才能を見出していく。

感想
少しだけ性に関する描写もあったけど、ほんの少しだったから気にすることはなかったです。
イザベルの心がとてもわたしに似ていて、イザベルの考え方はとても参考になりました。
自分が嫌いでイヤでたまらない人には、ちょっと共感できたり、ちょっと元気付けられたり出来るはずです。

メモ
1冊目の出版社を間違えていました。
岩崎書店→岩波書店です。
本当にごめんなさい。🙇

9:美杏:2017/01/19(木) 20:48


7,題名 探偵・日暮旅人の探し物
作者 山口 幸三郎
出版社 KADOGAWA社

あらすじ
保育士の山川陽子はある日、保護者の迎えが遅い園児・百代灯衣を自宅まで送り届ける。
灯衣の自宅は治安の悪い繁華街にあり、日暮旅人と名乗る灯衣の父親は物探し専門の奇妙な探偵事務所を営んでいた。
澄んだ目をした旅人と、人形のように美しい灯衣。
苗字の違う不思議な親子に興味を惹かれた陽子はたびたび事務所を訪れ、旅人が持つ能力を知ることになる。
音、匂い、味、感触、温度、重さ、痛み。
旅人は、目に見えないものをW視るWことで探し物をしているというのだが ー?

感想
旅人のお人好しさを気にするユキジの気持ちがよくわかります。私も、灯衣のようになりたいです。

10:美杏 また、ごめんなさい。:2017/01/20(金) 17:35

訂正です。
7冊目の出版社を間違えていました。
KADOGAWA社→KADOKAWA社です。
本当にごめんなさい。🙇

11:美豆凛:2017/03/29(水) 09:19

美杏、改めて、美豆凛です。
久しぶりです。
長編の本をたくさん読んでいたものですから、忘れていました。

12:美豆凛:2017/03/29(水) 09:40

8
題名 死神うどんカフェ1号店 一杯目
作者 石川宏千花
出版社 講談社

あらすじ
命を落としかけ、心を閉ざした高1の希子の前に、突如あらわれた《死神うどんカフェ1号店》。そこにほ、世慣れない店長と店員たち、そして三田亜吉良 ー 自分を助けるために川に飛びこみ、意識不明の重体のまま眠りつづける元クラスメイト ー の姿があった。

感想
死神について新しい考え方ができたような気がしました。希子の成長も見られるので、面白かったです。


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS