オリキャラ作ろうぜ【東方編】

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- ▼下へ
1:フワッフー:2015/01/03(土) 19:55

オリキャラ作ろうぜ。
種族とか能力とか言ってくれれば嬉しいのですが…
沢山の意見が出たらまとめますのでよろしくお願いします

834:結月◆VM:2017/02/23(木) 18:19

【名前】響奇 綺斗
【読み】ひびき あやと
【性別】女
【種族】?
【能力】タネも仕掛けも無い程度の能力
【二つ名】世界を脅かす手品師
【危険度】高
【友好度】極高
【容姿】
髪:薄い水色から緑のグラデーションで腰より長いロング
左前にみつあみを垂らしている
頭の左側には薔薇とレースの髪飾りを付けている
目:紫色でぱっちりした目
服:舞台に出るときには顔に目の周りだけを隠せる赤と青のラインストーンが付いたマスクを付けている
胸元には緑のリボンを付けていて,背中には黒と金のマントを羽織っている
服は紫のベストの下に白と水色のブラウスを着ている
スカートは灰色と黒のチェック柄
靴は紫と黒のブーツ
全体:全体的にマジシャンのような格好
身長も高い
【性格】
気まぐれで掴み所が無い性格
独特な世界を持っていて奇抜。
【詳細】
「美麗魔歌集団」の元団長
担当はマジックと舞台
昔この集団のリーダーだった。
何故変わったかと言うと,昔舞台をしていたとき何者かのせいで音響を止められ舞台をめちゃくちゃにされた挙げ句,何人かの仲間が亡くなった
そのお陰で人格が変わり,昔の真面目な彼女はこの世から消えてしまった
手に終えないため,新しいリーダーに変えられた
昔のことを忘れたかのように今は明るく振る舞っている
能力のタネも仕掛けもないというのはマジックのこと
仕掛けをせずに移動させたり消したりできる
このマジックに不可能は無い
演技力もかなりあり,舞台でも万能
【スペルカード】
愛驚「亡き団長の生まれ変わり」
愛驚「貴方も手品に使いましょう」
愛驚「驚きと狂った手品師」

闇師「Amazing Night!!」
闇師「終麓天歌−闇手品」

手品「封印されしMagic」
手品「夜に響く悲鳴」

「亡き団長と今の手品」

【テーマ】
愛と驚きの手品師 〜Amazing Magic!〜

【セリフ】
「今日も幻想郷に愛と驚きを…
タネも仕掛けもないですよ!
不思議でAmazing!なマジックをその目に焼き付けて見せましょう!
貴方の暗い顔を明るく変えてあげますよ」

「亡き友よ…懐かしき青春と驚きの日々よ…
また会えたら…いや,また会える日まで
さようなら」

835:ランドランド:2017/02/24(金) 08:06

【名前】萬末 榎戸淑(よろずまち えとしと)
【性別】女
【種族】人間
【能力】守る人の数だけ強くなる程度の能力
【二つ名】正義気取りの最強護衛
【危険度】低
【友好度】高
【容姿】髪:淡いピンクのボブカット。
    目:赤。サングラス着用。
    服:黒のスーツ、中は白のYシャツ。
【詳細】
「西行傀儡団」護衛係。普段は人里で寺小屋のアルバイトをこなしている。
護衛としての技術は一流であり、頼られる姐御気質な性格なのもあり、
組織内での人気度はかなり高い。「悪」というものが許せないらしい。
正義の味方にあこがれていた時期もあった、ふつうの女の子。
【能力説明】
読んで字のごとく、守る人の数だけ自身の身体能力が上がっていく能力。
サーカスの観客は毎回割と入りがいいので、この能力を活かせる
絶好の場ではある。この能力を最大限強化できるよう、日々鍛錬に励んでいるらしい。
【スペル】
守護「人類の安寧を」
守護「攻撃は最大の防御」
守護「攻める事は攻めさせない事だ」

攻守「永遠を誓う赤い花びら」
攻守「明日を笑う白い鬼」
攻守「希望を食らう黒い涙」

砕鉱「希望の文字をひねりつぶす」
砕鉱「絶望そのものを祭り上げる」
砕鉱「永遠を誓い突きささる」
【テーマ曲】
「最強無敵のボディーガード」

836:ランドランド:2017/02/24(金) 19:16

>>835 セリフ
「何時だってそうだ。人間だって、妖怪だって、悪は決して
 滅びる事が無い。だから私は諦めた。勝手にあっちが消えてくれれば
 いいんだとね。無責任?そうだろう、正義なんてそんなもんさ。」

【名前】蘗 蒼莱(はく そうらい)
【性別】女
【種族】人形
【能力】ブリキに変える程度の能力
【危険度】高
【友好度】中
【容姿】髪:ロシア軍帽のような高帽子。黒のストレートロング。
    目:茶色。
    服:日本将校の軍服を白に染めたもの。
【詳細】
「西行傀儡団」護衛係兼裏方。普段は人里の中心街で玩具屋を営んでいる。
護衛としての仕事は大体萬末に任せているが、裏方の仕事はちゃんとやっている。
小道具の提供も行っていて、そのせいもあってか彼女の店は本日も大盛況。
ちなみに一人称は「俺」。
【能力説明】
触れたものと、そのものに連結しているものを一つずつブリキとする事が
できる。ブリキとされたものは生命の行動を一時的に失い、能力が解かれた
時からまた活動が始まる。危険な能力のため、普段は本人が手袋をはめている。
【スぺル】
偽装「嘘つきドッペルゲンガー」
偽装「災難なドロップシューター」
偽装「ブリキの将軍頭を無くす」

玩具「際限無しの植物状態」
玩具「玩具探しの大冒険」
玩具「冷たい体に涙は無し」

児戯「願望を闇で覆う」
児戯「雷雲さえも恐れをなす」
児戯「遊びという名の虐殺」
【テーマ曲】
「何時も気だるげなボディーガード」

「いやさ、俺思うんだけどさぁ、何で守る奴が人間で、守られるのが
 妖怪とか人形とか機械なの?普通逆じゃん、言うなら機械適任じゃん。」

「静かに、どちらにしろ、私たちの仕事は中にいる皆様の安全を守る事です。」

「いや、俺裏方の仕事あるからもうすぐ抜けるんだけど・・・。」

「ああ、それなら大丈夫だそうです、なんでも桜田さんがやってくれるそうですよ。」

「・・・じゃあ、俺は今日一日ずっとここ担当?」

「えぇ。頑張りましょうね。」

「うえぇ、マジかよ・・・、今度団長に転職願いでも出しておこうかな・・・。」
                        護衛二人の雑談より

837:ランドランド:2017/02/25(土) 07:44

【名前】西東 見高(さいとう みだか)
【性別】男
【種族】?
【能力】命が無い物を操る程度の能力
【危険度】中 
【友好度】高
【容姿】髪:白のショート、癖っ毛あり。青と赤のニットキャップ着用
    目:緑。メガネ着用。
    服:丈の長めの風車模様の浴衣。靴は下駄。
【詳細】
「西行傀儡団」三代目団長。団長の仕事に就くまではサーカスにも出演していたが、
団長となって仕事に追われるようになり、とてもじゃないがサーカスをやってられ
無くなったため、現在はせいぜい司会役が精一杯。今日も執務室にこもりっきり。
性格は優しく、器の大きい男。と言っても丁寧で、団長の器と言ったらそう。
【能力説明】
「命の無いもの」とは、機械や人形はもちろんのこと、妖怪も含まれる。
傀儡団内に妖怪や機械、人形が多いのもそのせいかもしれない。
ちなみに元々の団長の能力は「興味を操る程度の能力」だった。
【スぺル】
傀儡「マッドナイト人形劇」
傀儡「僕らは刃となり得ない」
傀儡「人形となっても心を持てるか」

命無「裁縫上手の人形の心」
命無「光学迷彩の機械の心」
命無「姉妹妖怪の心」

操作「明日の希望をひねりつぶす」
操作「昨日の絶望を弄ぶ」
操作「今日の切望を嘯く」
【テーマ曲】
「明日は今日の繰り返し」

838:ランドランド:2017/02/25(土) 21:25

>>837 セリフ
「団長か・・・、結局はこんな物は偶像にすぎないのにね。それでも
 人間はこんな虚像を手に入れるために他者を蹴落とそうとする。
 ほんと、人間はなんて馬鹿で阿呆で愚図なんだろうか。命を投げ捨てる
 様な事はしない癖に、他人の命は平気で捨てるなんて、ね。僕はこれだから
 人間から興味がなくならないんだよ。」
                        三代目の人間観察

839:結月◆VM:2017/02/25(土) 21:39

【名前】緋黎 惷
【読み】ひれい しゅん
【性別】女
【種族】?
【能力】どんな物でも創造する程度の能力
【二つ名】完璧主義な冷酷少女
【危険度】高
【友好度】低
【容姿】
髪:綺麗な黒髪のロング
青い鳥の羽のついた帽子をかぶっている
目:若干つり目の青
服:青と黒の半袖のジャケットを羽織っている
下は白のTシャツで首にはキラキラした鍵のネックレスをつけている
スカートはジャケットに合った青と黒のチェックのミニスカート
靴は青と白のスニーカー
全体:服は全て自作らしい
身長は相方よりは高い
【性格】
冷静で責任感が強い
一見クールで冷酷に見えるが実は天然ボケ
何故か一人称が俺
【詳細】
「美麗魔歌集団」の団員
担当は衣装作り,舞台
真面目で神経質なので不真面目な人や言うことを聞かずに勝手なことをする人に厳しく見える
しかし本人もたまに天然ボケですこしダメなところもある
相方とはしょっちゅうギャーギャー言っている
エビフライ食べられたりお菓子を盗まれたりするだけで喧嘩になる
でも本人は相方を好いているらしい
面倒見が良い所もあってダメなやつの面倒を見たりしている
能力のどんなものでも創造するのは主に衣装や舞台設備のこと。
完璧主義の為自分の気に入らない物は嫌だから自作するらしい
【スペルカード】
創極「完璧な継ぎ接ぎ人形」
創極「死んだ生物の復活祭」
創極「舞台設備は整った」

闇造「Blue Doll」
闇造「蠢獣創造−創作術」

「完璧な舞台の始まり始まり」

【テーマ】
全てを創造する完璧人形 〜Cool the Girl〜

【セリフ】
「リーダーだって美しさを求めているだろう
完璧でなければ許されないぞ
お前は美しくも何ともない。
穢らわしい者達は繋ぎ合わせて1つの塊にしてやろう
それでも駄目か…結局同じだ」

「おい,お前。
また俺のお菓子食べただろ…
次食べたらぱっちん(ゴム鉄砲)の刑だからな」

840:ランドランド:2017/02/26(日) 10:50

【名前】雛祢 享利(ひなない きょうり)
【性別】女
【種族】人間
【能力】心をつかむ程度の能力
【危険度】低
【友好度】高
【容姿】髪:薄緑のツインテール。
    目:垂れ目気味の黒。
    服:鈴蘭の描かれた浴衣。靴は黒のブーツ。
【詳細】
「西行傀儡団」二代目団長にして、現団長補佐。団に入るまでは人里で
大道芸をしていたが、一代目団長の勧誘により入団。人間とは思えないほど
の技術を誇り、表舞台から足を引いた今現在も団員達の小道具等を修復している。
性格は母親気質で、お節介焼きなところがある。それでもしっかり頼られる人柄。
【能力説明】
人間はもちろん、妖怪や機械などの心が無い物に対しても能力は発動する。
虜にするなどの意味での心をつかむではなく、物理的な意味で心、すなわち
脳を掌握する事が出来る。見える範囲に居る物に対してしか使えない。
【スペル】
握心「ナイトメアの逆襲」
握心「ファンキーでダークな夜を」
握心「クレイジーな夜をと届けましょう」

握脳「エンターブレインキープ」
握脳「雲の中のワンダーワーパー」
握脳「逃げられない恐怖空間」

傀儡「人形は踊り続ける」
傀儡「機械は壊れず進むのか」
傀儡「夢物語の数珠つなぎ」

心脳「グラスプアンドグリッパ―」
心脳「抜け出せない世界」
心脳「消えない幻想は夢となる」
【テーマ曲】
「二つの長は杯かわす」

「はいはい、早く準備してねー。三代目さん?」

「うるさいな・・・何でそんな現役で退職するんですか、僕もまだステージ
 に立っていてかったのに・・・。」

「君たちみたいな化け物どもと一緒にしないでくれるかな。私にだって
 寿命はあるし、限界はあるんだよ?」

「そりゃ僕だって人間の事はいくらか分かっているつもりですけど、
 貴方はその知識の範疇に居ないんですよ。此方から見れば貴方のほうが
 化け物です。」

「化け物の定義付けはどうでもいいからさ、早くしないとステージ終わっちゃうよ?
 君のラストステージになるんだろうから、ちゃんとやった方がいいよ?」
                           二代目と三代目の会話より

841:匿名さん hoge:2017/02/26(日) 11:13

もうこれほど世界観の無視が酷いなら
東方とは関係ないところで小説とか漫画描けばいいのでは?

厨二団体生み出して会話のログをいちいち書くってソシャゲじみた何かになってるし……

842:インフルエンザ:2017/02/26(日) 11:30

【名前】上河戸 森緒
【読字】かみかわど もりお
【能力】作物を種から育てる程度の能力
【二名】人里の頼れるじいさん
【性別】男
【種族】人間
【詳細】里の組織『大惣』のリーダー。里の何の変哲のない者たちによって、構成されている。里の中でも長寿で、村の若者たちは頼れる親父と呼んでいる。娘や息子も大惣に入織している。緑色の鉢巻に坊主頭。白鬚を少し生やしている。服はエプロンの様な緑色の農業服で、少し泥や土で汚れている。片手には愛用の鍬を持っている。
【スペル】
農業『自然の恵みに感謝を…』
農業『食べ物を粗末にするな』
農業『人里の煩い親父さん』

長寿『その秘訣はのぉ』
長寿『食べ物を粗末にせんことじゃぁ』
長寿『それじゃあ栄養失調で死ぬぞ』
【テーマ曲】
頼老翁の喝と喝と喝

843:ランドランド:2017/02/26(日) 12:02

>>841 それは確かに妙案かもしれませんが、それを言ったらもうこの板
   オリキャラそのものがぐらついてしまいませんか?組織がなくても
   批判があるのであれば「キャラクター」を作る事すら禁じられるようなものです。
   それは少し酷ではありませんか。 
    

844:匿名さん hoge:2017/02/26(日) 13:35

オリキャラ自体を否定してるわけではないけどせめてスペカとかもうちょっと考えたほうがいいとは思う
作中でスペカ名がセリフになってるものとかあるか?

845:結月◆VM:2017/02/26(日) 14:34

【名前】柑逆 那覩
【読み】かんさか なつ
【性別】女
【種族】? (自称魔法使いだが違うらしい)
【能力】どんな物でも使う程度の能力
【二つ名】全てを遣う魔法少女
【危険度】高
【友好度】高
【容姿】
髪:赤髪のショート
まっすぐした髪で左側が胸まで長い
頭には赤い羽がついた黒の帽子をつけている
目:ぱっちりしたつり目で緑色
服:普段は黒と赤のベースに赤のレースがついている半袖のジャケットを羽織っていて中には白いTシャツ
胸には黒いリボンがついている
首には十字架のネックレスをつけている
スカートは赤のミニスカートで先にヒラヒラの黒いレースがついている
靴は赤と黒のスニーカー
全体:全体的に細身。いつもニコニコしている
身長は相方より低い
【性格】
自分勝手で悪戯好き。人に指示されるのが嫌い
少々ひねくれていて生意気
【詳細】
「美麗魔歌集団」の団員
担当は客入れ,舞台,マジック
容姿が美しいとリーダーに認められ入れられた
客のほとんどは彼女に引き付けられて来るらしいので舞台やマジックをするときは客入れの役割を歌姫と一緒にやっている
演技もできて魔法のようなものもできるのでマジックに使われるときもある
相方の惷とは一番仲が良く,彼女を弄るのが好き
喧嘩の原因は大体彼女が悪戯をしたりするから
相手とは真逆のことをする。
不真面目で自分勝手
良く迷惑をかけている
能力のどんなものでも使うというのは主に衣装製作や舞台製作での工作のこと
しかしあまりセンスが無いためこの能力は命が宿せなかった人形を操る時などに使う
【スペルカード】
遣魔「人形の魔法陣」
遣魔「イッツ ショータイム!」
遣魔「今宵咲く華のように」

術造「Temptation Lite」
術造「紅扇桃華―虹色魔法」

「舞台の始まる前夜祭」

【テーマ】
魔法少女の惑わすトリック 〜Temptation Magic〜

【セリフ】
「お姉さん達,今宵は私達のTrickで惑わされていってね
さぁ,一緒に魔と力を秘めた光の所へ行こうじゃないか
それとも貴様等を暗い暗い闇の底に突き落としてやろう。恐怖に怯えな」

「君がそこに置いてるのが悪いのさ
それじゃあ君が次そこにお菓子を置いてたらゴムマシンガンの刑だね。」

846:ランドランド:2017/02/26(日) 18:08

>>844 確かにそれはそうですね。そこは改善していこうと思います。 
    秘弾「そして誰もいなくなるか?」のようなのはぎりぎりモデルにしていけると
    思うのですが・・・、どうですか?

847:ランドランド:2017/02/26(日) 18:41

【名前】涼砺 古浦(すずら こうら)
【性別】女
【種族】人間
【能力】明日の天気を予知する程度の能力
【二つ名】百発百中の天気予報士
【危険度】中
【友好度】中
【容姿】髪:黒髪のショート。
    目:薄水色のつり目。
    服:黒のスーツ。中は灰のYシャツ。
【詳細】
人里の天気予報士。投げやりな態度だが必ず当たる予報により、信用される立ち位置
にいる。先祖は占い師らしく、家には亀の甲羅が置いてある。幼少期は少し不気味
がられており、あまり人とかかわる事をしなかったが、大人となり、もう吹っ切れて
しまったらしい。
【スぺル】
雨降「レインエキスポット」
雨降「心に振る五月雨」
雨降「儚く美し梅雨の夜」

晴天「サニートップラング」
晴天「心を照らす白い炎」
晴天「明るく活的な日本晴れ」

雷雨「サンダ―アンドレイン」
雷雨「勇まし怒りの雷」
雷雨「疼く煩い轟雷の天」

降雪「スノーフィンダルー」
降雪「清く刺さる冷たい雪」
降雪「冷える雪道銀世界」
【テーマ曲】
「明日の天気はなんでしょう」

848:結月◆VM:2017/02/27(月) 17:20

【組織名】美綺魔歌集団
【活動場所】どこでも
【危険度】高
【友好度】極高
【メンバー・役割】
(>>812)齋 鄒華 [リーダー,創作,人形劇担当]
(>>814)影夜 みか [劇,歌,人形担当]
(>>818)操花 菜鶴奈 [舞台,人形担当]
(>>823)覇風 奏瑪 [歌,客入れ担当]
(>>830)覇風 運夜 [舞台,劇,客入れ担当]
(>>834)響奇 綺斗 [劇,マジック,歌担当]
(>>839)緋黎 惷 [衣装作り,舞台,用意担当]
(>>845)柑逆 那覩 [客入れ,マジック,舞台担当]
【詳細】
幻想郷の人形劇,劇,舞台,マジック,歌などの全ての演劇や皆を楽しませることをしている謎の集団
全員種族も生い立ちも分からない
一部を覗くほとんどは非常に友好的で人を楽しませることが大好き
しかしオッドアイの少女金髪の人形はかなり暴力的で単独でいるときには死の危険がある
リーダーがいれば皆大人しい
色々な所に出張サービスをしている
昔は真面目で完璧な演出だったが,破壊され死者が出た為,元団長の心身が壊れ今のリーダーに変わった
今は昔より自由な演出となったがみんな操られているという感じに近い
何も知らない下等な生物は普通の楽しい劇団だと思ってしまうが,頭の良い神や妖怪は彼女達がどれだけ奇妙で恐ろしいかが分かっている
美しい物を愛し,穢らわしい完璧でない者は見るのも嫌らしい
いつもは猫をかぶって来てくれてありがとう等と言っている者もいるが本心で言ってる者は少ない
【他組織関係】
[幻想郷ヒーローs]
人間や妖怪を楽しませるのと守るのが似てると勘違いしたリーダー同士が何故か仲良し
この組織もほとんどが謎の種族なので友好的でない者も穢れていないから好きらしい
運夜は完全にこのヒーロー集団の遊び相手となっている
【所属条件】
穢れて汚い下等生物では絶対に入れない
美しく高貴な者でなければリーダーが許すわせが無い
むしろ穢れた妖怪や人間が入ると言えば老若男女問わず容赦無く消される
本人達が自分から入れと言うなら話は別だが,もう人手は足りているらしい
【テーマ】
美しき人形の魅惑劇 〜Beautiful the Doll Show〜

【セリフ】(誰がどれを言ってるか分かる?)

「さぁ,今宵我等の行う麗しく美しい舞台をその螺旋廻廊を昇り,迷い,巡り巡って来るがいい
月光の糸と,美しい操り人形達の舞台をとくと御覧あれ」

「皆さん!今夜は驚きと愛のTrickを見せてあげましょう!
不思議で奇抜なこのShowを素敵な思い出にして差し上げましょう」

「夜に来ると面白いものを見せてやるで
機会仕掛けの時計塔のその向こうにある劇場でな」

「神に背いた悲しき穢れた地上の塵よ…
恐ろしい人形の反逆をその目にとくと焼き付けるが良い」

「皆さん,楽しんでもらえてますでしょうか?
天鵞絨のような美しい夜と月明かりに照らされた純血を…私の歌声と共に…」

「星の雫のように美しいお嬢ちゃん達…
夜の遊び人の登場だよ
今宵をお嬢ちゃん達にとって特別で素敵な夜にしてあげよう」

「この夢のような舞台…
いや,お前らの夢はここで終わる
奇妙で恐ろしいこの劇場でな」

「恐れることを知らない君達に夢を見せてあげる
ここからが夢の始まりだよ
魔法のように美しい劇場でね」

849:ランドランド:2017/02/27(月) 20:00

【名前】久具羅 御園球(くぐら みそぐ)
【性別】女
【種族】妖怪
【能力】落下の衝撃を無くす程度の能力
【二つ名】落下のおてんば娘
【危険度】中
【友好度】中
【容姿】髪:赤髪のショート。金の髪留めで前髪を分けている。
    目:黒。スポーツゴーグル着用。普段は白縁メガネ。
    服:青と緑のロングジャケットと白のハーフパンツ。靴は茶色のブーツ。
【詳細】
「西行傀儡団」パフォーマー。サーカスの天空ブランコ役を務めている。
サバイバル気質で入団前は幻想郷をあちこち放浪していた。視力が悪く、メガネが
ないと芸が目も当てられないほどにひどくなる。そのため常に予備のメガネを
4つほど持ち歩いている。それと一緒にコンタクトレンズも持っているのだが、
コンタクトは好かないらしい。ちなみに入手元は不明。
【能力説明】
いかなる高さでも落下しているのであればそのダメージを零とする事が出来る。
何度かこの能力で遊んでみた事がある。その際妖怪の山の頂上よりスカイダイビングをして、
一時何かの狂人ではないかと恐れられていた事がある。
【スぺル】
頂点「トップオブダウナ―」
頂点「頂から落ちる者」
頂点「グラフィックデザイナー」

落下「絶叫のロマネスク」
落下「恐慌のトップサフィア」
落下「失神のトップオブワールド」

落潮「近づくまでは只の幻想」
落潮「落ちる緋と昇る蒼」
落潮「落下する天頂」
【テーマ曲】
「上昇する景色と落下する上空」

「楽しいかって?そりゃ楽しいさ。ここまでスリルのある物はそうそうないよ。
 誰かが言ったらしいが、心は熱く、思考はクールにってね。だけど違うね。
 本当に楽しい時は熱くなんてならないし、クールにもならない。何にも感じないよ」
                       

850:カイバー:2017/02/27(月) 20:40

【名前】平賀 九(ひらが いちじく)
【性別】女
【能力】転送する程度の能力
【種族】人間
【二つ名】引き籠もり事務職員
【容姿】服:いちじくが描かれた白着物に着崩した黒羽織 目:青色の垂れ目髪:灰の乱雑なベリーロング 
装飾:緑色の宝石が中心に埋め込まれた黒い大きな首輪
【詳細】
神饌組の末端団員の一人。働かずに家でゴロゴロしていたら親に神饌組に放り込まれた。
能力の性質により現場の仕事が出来ないために基本的には現場に赴く他の団員を転移させる「足」としての仕事と本署での事務を担当している。
組織では一番体躯が小さいため最年少と思われがちだがそれは単に栄養の偏りと夜更かしで発育が悪いせいであり実際は二十歳をこえているらしい。
性格は怠惰かつガサツ。特に事務の仕事はひたすら面倒くさがっており頻繁にサボって休憩室で昼寝していたり勝手に外出して遊んでいたりと
かなり好き勝手にやっている。そしてそのたびに外回りしている彩桜巴や同じく本署に居ることの多い癒璃歌などの真面目組から折檻を受けて
仕事場に引きずられていくのが日常風景である。特に癒璃歌には逆らえないらしい。端から見ると姉妹のようではあるが。
能力の源本となる首のリングについては本人曰く「道ばた落ちていたのを手に取ったら勝手にくっついて取れなくなった」らしい
彩桜巴曰く「どっかから盗んできたんじゃ…」
「転送する程度の能力」
装着している首輪による能力。物体を自在に転移させることの出来る基本機能の他、魔力・妖力を減退させる特殊な結界(バリア)の形成
、致命傷レベルの怪我も瞬時に再生させる装着者への生命保護機能など何かと多機能。しかし、装着者の命を最優先で守るようプログラム
されているのか、装着者が危機に陥ると自動的に装着者を安全な場所に転移させる。なので戦闘では戦力にならず宝の持ち腐れ状態。
おそらくは何かのマジックアイテムだと思われるが、並の魔法使いでは解析出来ないほど高度な作りをしているらしい。
【スペル】
転移「無恥厚顔な責任転換」
転移「さりげない話題逸らし」
転移「強制ポジションチェンジ」
怠惰「働きたくないでござる!」
怠惰「秩序のガーディアン」
怠惰「ヴィジランテストライク・『九』」
【テーマ曲】「人里のVigilante−行灯−」

「弁解は一応聞いてやるっスよ?」
「いやー、ちょっとてがすべってうっかりまちがえちゃったぜ。ざけんじゃねーよー」
「ざけんじゃねーよはこっちの台詞っスよ!今回の現場銭湯の前だって言ったじゃないっスか!なんで私だけ銭湯の中に飛ばしたんスか!
しかも盛況真っ只中の男湯のど真ん中に!」
「うるせーなー、いしのなかにいるじょうたいにならなくてよかったじゃんか。ぎりぎりだいさんじをふせいだわたしにかんしゃしなよ」
「恩着せがましいにもほどがあるんスけど…、前も私だけ転送ミスってたっスよね?もしかしてわざとって事はないっスよね。
ついイタズラ心が芽生えちゃうとかそんな事じゃないっスよね?」
「…………てへっ」
「ヤロウぶっ殺してやるぅぅぅぅぅぅぅ!!」
「じぶんをてんいでさらばだー!」
                     明くる日の本署での騒ぎ

851:ランドランド:2017/02/27(月) 20:44

【名前】崎螺子 詩洙(さきらし しず)
【性別】女
【種族】妖怪
【能力】物をとがらせる程度の能力
【危険度】極高
【友好度】高
【容姿】髪:白髪を後ろで短く結んでいる。
    目:緑色。若干右が薄目。
    服:灰色のジャケット。下は黒のジーンズ。靴は茶色のブーツ。
【詳細】
「西行傀儡団」パフォーマー。サーカスではナイフ投げを担当している。
よく言えば落ち着いた、悪く言えばオドオドとした内気な女性。
団員達とも話したりせず、本人は話しかけたいらしいが、どうも動揺してしまうんだとか。
二代目団長とはよく話していて、団長によると「此方から話題を提供してあげればいい」そう。
【能力説明】
自分の手に持てるサイズの物が対象。それ以外だと何も発動しない。逆に許容範囲の
物であれば、「自動的」に鋭利な刃物となってしまう。そのため普段は手袋を付け、
できれば人との握手も避けている。もちろん実際にやった訳ではないのだが、少し前に
とある技術者に「爆弾はどうなる?」と聞かれ、何も言わず立ち去ったという。
【スぺル】
鋭利「グローディングラッパー」
鋭利「ゴートゥーヘルアンドヘブン」
鋭利「ウェルカムヘルアンドヘブン」

刃物「刃は肉を断つ」
刃物「刃は骨を断つ」
刃物「刃は絆を断つ」

滅殺「英知と砲撃の刃」
滅殺「玉露と斬撃の剣」
滅殺「乖離と回帰の刀」
【テーマ曲】
「内気な通り魔後ろの正面」

「え、あ、あの・・・、別に人を刺したりはしませんよ。た、確かに
 刃物を作る能力ではありますけど・・・、でもだからと言って
 イコール刺すとは言いきれませんよね・・・。こんな能力、
 いらないのに・・・。」

852:カイバー:2017/02/27(月) 22:31

【組織名】神饌組
【主な活動場所】人里(実際は要請に応じて何処にでも)
【危険度】高
【友好度】高
【詳細】
人里で発足した自警団。仕事は主に異変として扱われない小〜中規模の人や妖怪によるトラブルの対処と異変発生中の人里の警備。
人間で構成される組織だが妖怪の息がかかっており秘密裏に里の外での仕事を押し付けられる事も多く妖怪側からは半ば便利屋扱いされている、
現場の団員が任務遂行の際に過剰な暴行や破壊行為で周辺に甚大な被害を出すため叩かれることも多く世間の目は極めて冷たい、
全体としては専守防衛を掲げているのだがしばしば現場の団員が誇大解釈して行動しているので理念としては形骸化してしまっている、
団員が出す周辺被害による予算不足やそこから来る悪評による人員不足に喘いでおり労働体制は真っ黒もいいところの火の車状態、
決して狭くない人里での通常任務と定期的に来る外の依頼を数十人足らずの人員でまわす必要があるため一部の幹部すら現場に駆り出される、
必然団員一人一人に求められる仕事量も多くなるため激務に追われ泊まり込み同然で実家に帰れないという者も多い、などなにかと世知辛い組織。
団員からは待遇改善や増員の申請の声が度々上がっているがこの組織の性質上規模を拡大しすぎる訳にもいかず上層部はこれらを全てシカトしている。
実は人の道を外れかけている所謂「人妖候補」たちを集め経過を監視するための、ある種の収容所というのがこの組織のもう一つの顔。
この事実は末端団員には秘匿されている。団長を初めとした幹部クラスには知らされており、古株の末端団員にもこれに気づいている者は存在している。
【外部関係】
【奔放紅蓮団】険悪。しかし神饌組側は人手不足を理由に雑務を奔放紅蓮団側にバイトの体で依頼したりメンバーを引き抜くことを目論んでそれとない
勧誘をしたりと実質自分たちの下部組織として扱っている。恐らく将来的に神饌組に吸収される
【所属キャラ】
畷 彩桜巴(>>764)山鳥 癒璃歌(>>768)焔硝 燦凪(>>774)四季条 爾余波(>>783)土御門 東雲(>>790)楝(>>800)風間 螺旋(>>820)平賀 九(>>850
他数十名
【所属条件】
志願者の中から適性を見いだされた者が入団するのが正式な手段。他の所では手に余るとされ放り込まれた荒くれ者や更正の余地有りと判断された
犯罪者を雇用する裏口もある。最近は悪評が広まってきたのか自ら入団志願するものは少なく、後者の方法が組織の増員の主流となりつつある。
そして顔ぶれのガラの悪さや個性の強さからますます悪評が広がり正式な志願者が少なくなっていくという悪循環にある。
【全体テーマ曲】「人里のVigilante」(曲イメージ:https://www.youtube.com/watch?v=PSZpvcmc3DQ 各団員のテーマはこれのアレンジ)

「世を脅かす悪とそれに立ち向かう英雄なんていまさら存在しないよ。おとぎ話さ」
「そうじゃの。今やそんなもの、小さい子供を寝かしつけるための絵本の中くらいにしかありやせんなぁ」
「今や此処に在るのは社会の硬直を防ぐという名目で定期的に行われる茶番(ひまつぶし)と、
秩序の守り手といいながら実のところお偉いさんにあごで使われてるだけの小間使い共だけときた」
「祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり…というがの。輝かしき日々よ、今いずこにありや…」
「……時代は……移り変わってゆくもの……いつだって……残酷に……」

「それでも困ったり悲しんだりしてる人たちはいつだっているじゃない。昔も…今も」

「来てたのかい…時代や世情なぞ知ったこっちゃないってか。若いねぇ」
「そうじゃのう。青臭くて、無知で、ロマンティストじゃ。源頼光や安倍晴明ではあるまいし」
「う、なんだよー。ボクたち『正義の味方』でしょ?」
「……でも……嫌いじゃない……」
「はは、私だってそうさ。…いや、うちにそういうのが嫌いな奴なんて居なかったね。そういえば」
「そうそう。ボクたちみんなヒーローって言葉が大好きな同じ穴の狢じゃない」
「はっはっは!確かにのう。いやはや全く、どいつもこいつも揃いもそろって…」
「……クスッ……本当に……ろくでなし……だね……」
                                 神社の宴会の片隅で

853:ランドランド:2017/02/28(火) 19:29

【組織名】西行傀儡団
【危険度】中
【友好度】高
【活動場所】不定
【詳細】
幻想郷のサーカス集団。仕事はもちろんサーカスだが、とある警備員のせいでちょくちょく戦闘沙汰になる事も。
団長の交代でメンバーの総入れ替えが行われた事例もあるが、現在の団長はしなかったらしい。
理由としてはその時まで勤めていたメンバーの大半が現団長の能力の範囲内に居る事と、
前団長が補佐をやっている今、もしそうやってしまってはキレられるなんてもんじゃあ無いからだそう。
主に公演は人里だが、依頼によって何処だろうと行く。人間も混じっているからか、人里での認知度と人気は
かなり高く、公演のチケットは即完売するらしい。もちろんサーカスの内容も好評で、とても妖怪や機械
、人形が主軸の芸とは思えないそう。人数はそこまで多くなく、誰か一人でも怪我でもすれば、
補欠のいないこのサーカスはたちまち休業となってしまうであろう。ちなみに団の名前は一代目団長の名より。
【メンバー紹介】
>>824 桜田 宇散 >>825 較月 摎佐 >>829 恒河沙 理央 >>831 髑髏神 連首
>>832 髑髏神 水莅戸 >>835 萬末 榎戸淑 >>836 蘗 蒼莱 >>837 西東 見高 >>840 雛祢 享利
>>849 久具羅 御園球 >>851 崎螺子 詩洙
【他組織関係】
【劇団】
特に何をするという訳ではないが、団長同士の仲はいい。
【全体テーマ】
「ファントムナイト〜忘れられない夜に〜」
(曲イメージはhttps://youtu.be/ivspAGvhA8E。一時の趣味だったフリー音源巡りが功をする時が来るとは・・・)

854:紫之◆w2:2017/03/01(水) 05:50

今頃ですいません>>848のテーマ曲のイメージです
https://m.youtube.com/watch?v=_8rS6hzI2rw&itct=CBEQpDAYACITCNnbhN_Us9ICFcmKWAodSkABFjIHcmVsYXRlZEjv3sS7ot_Esjw%3D
何の曲かはあまり分かりませんが,凄くイメージにピッタリでしかもマリオネットだったので…
曖昧で本当に申し訳ない…

855:結月◆VM:2017/03/01(水) 05:50

すいません!!名前間違えました

856:匿名さん hoge:2017/03/01(水) 12:42

>>675の書き直しと追加

名前…上田昌幸
種族…人間
二つ名…表裏比興の謀将
能力…表裏逆にする程度の能力
性格…何を考えているのかが分からなくなるほど行動が色々ぶっ飛んでいて、長男にすら「父上のお考えは私達にも理解できない時がある」と言われる程
その頭脳で何度もお家滅亡の危機をを乗り越えてきた為修羅場やプレッシャーに強い
容姿…長い黒髪を後ろで纏め、服装は黒い甲冑
瞳の色は灰色
備考…人間の里で人間に危害を加えすぎる妖怪を(主に必要以上に人間を殺したりする等)討伐する事を生業としている
基本スペルカードルールに則り戦うが、ごく稀に直接対決したりもする
(主に昌幸に負けた妖怪が負けを認めなかったりする事が多い)
妻は既に亡くなっている
スペルカード

逆転「時すでに遅し」
猛迫「我が術中である」
表裏「二枚舌の忠義心」
水計「神川の怒りを見届けよ」
謀略「真田の策、とくと味わえ」
表裏「二つの真田」
惨劇「八王子城の悲劇」
真田「アワノカミ」

テーマ曲
「謀略が蔓延る上田城」
(『空中に沈む輝針城』アレンジ)

857:ランドランド:2017/03/03(金) 18:40

>>853 セリフ追加で

「客を楽しませるのが仕事。そんなのは分かり切っている事だ。ただ私は作業をやめなければいい。」

「忘れられない夜だのやかましいな。ようは客さんがたぁ笑顔にさせりゃあいいんだろ?」

「その言い方ではやる気が感じられませんよ?それが『仕事』です」

「姉、行きましょう?お客さんが待っています。」

「あぁ。そうだね。さ、幻想と現実の儚さを教えてやろうじゃあないの。」

「皆さんは私の脚本通りに動いてくれればいいんです。」

「ご安心を、お客さま方と皆さんの身の安全は我々が保証しますので。」

「あ、右に同じく。ったく・・・、今日もオールで護衛かよ・・・。」

「飛ぶよぉ、飛ぶよぉ、超飛ぶよぉ!飛んで火に入る夏の虫だからね、私は!」

「あ、それは違う意味だと・・・思います。わ、私も頑張ります・・・!」

「フフッ、さ、行ってやりな、団長」

「よし、全員、今は客を楽しませる事だけ考えろ。俺たちは、サーカス集団だ。
 ・・・なぁ、やっぱこのセリフ止めない?・・・ま、とりあえず、行くぞ。」

『了解!』

858:タンギング:2017/03/03(金) 22:56

入って良いですか?
足利義昭(あしかがよしあき)
二つ名(最期の将軍
能力 同盟を組む程度の能力
性格 人を見下すため味方にさえ嫌われている。能力がなければとっくに裏切られている。足利将軍家の能力をもらっているから一応強い。妖怪退治をしているが退治されても誰も従わない。金持ち。


【幕府】開く室町
【幕府】終わる室町

【金閣】華やかなものはすぐに散る
【銀閣】穏やかなものもすぐに散る

【逆境】義輝の最期
【逆境】反信長同盟

【戦乱】南北統一
【戦乱】応任の乱
【戦乱】下剋上
【戦乱】戦国の世

859:インフルエンザ:2017/03/04(土) 07:59

【名前】穂流蘇 秘ノ遣
【読字】ほるす ひのつかい
【能力】燈を操る程度の能力
【二名】遠国の遣人
【性別】女
【種族】神
【詳細】遠国からやって来た神の使。幻想郷の者からはホルスと呼ばれている。幻想郷に来た目的は博麗神社を壊すことであり、友好的な存在ではない。赤いベストの上に弱そうな赤鎧を着用し、虹色の翼が生えている。因みに『埃及団』という組織に所属していて、その団長の遣いだとされている。
【スペル】
虹燈『エターナルズフレイム』
虹燈『エンドレスズフレイム』
虹燈『エタニティズフレイム』

焔鳥『ホルスサクリファイス』
焔鳥『不可思議に輝く何か』
焔鳥『焔魂永久不滅炎隼瞬』

太燿『死よも凌駕する剣呑焔』
【テーマ曲】
Extinction it Earth

860:インフルエンザ:2017/03/04(土) 08:21

【名前】薔寿輝徒 秘ノ遣
【読字】ばすてと ひのつかい
【能力】猫を従わせる程度の能力
【二名】魔冷なる猫の神
【性別】女
【種族】神
【詳細】遠国からきた神の遣い。穂流蘇と同じく、埃及団に所属している。猫耳と猫尾を持っているため、猫の神と言われる。穂流蘇とは裏腹に幻想郷の者と交流をとるために幻想郷にきている。エジプトっぽいカーディガンに黒い猫耳と猫尾がある。穂流蘇の上司。
【スペル】
猫主『キャットラブリー』
猫主『キャットキュート』
猫主『キャストビュート』

猫王『闇夜に吼える紅猫』
猫王『白夜に吼える白猫』
猫王『極夜に吼える虎猫』

白虎『剛夜に吼える猫王』
【テーマ曲】
森の嵐 Storm of Forest

861:ランドランド:2017/03/04(土) 08:52

>>858 よろしくお願いします!

【名前】久利櫛 歎(くりくし なげき)
【性別】女
【種族】妖怪
【能力】封を外す程度の能力
【危険度】中
【友好度】高
【容姿】髪:紫のセミショート。鍵の形をした髪飾りを着用。
    目:黒。割とつり眼気味。
    服:白のバ―サのワンピース。
【詳細】
生前はとある貴族の令嬢だった。しかしその頃から悪戯や冒険が大好きな活発な少女で、
家族の束縛から解放された今は、自分のやりたい事を最優先にして、人里で生活している。
その服で何故、と言えるほどによく動き、周りを驚かせているらしい。性格はわがまま気質
なところもあるが、根は優しい。
【能力説明】
正確に言うなら「封を解く」能力。どのようにすれば物体にかけられた封印や禁が外せるのか
分かるようになる。人の心にかけられた「封印」なら解く事が出来るが、大抵そういう人は
自分から心に枷をかけているので、あまり成功する事はないらしい。
【スペル】
解放「インフェルノゲート」
解放「エターナルゲート」
解放「インビンジブルブレイン」

開封「煉獄と解放の印」
開封「栄光と最古の宝」
開封「インビンジブルアビス」

禁封「敗者の戯言聞くに及ばず」
禁封「自由気ままに明日を探す」
禁封「勝者を挫き、弱気をほめたたえる」

【テーマ曲】
「神楽の怨霊鎖をはずす」

862:ランドランド:2017/03/04(土) 11:18

【名前】咬合 三虎伎(こうごう みとらぎ)
【性別】女
【種族】妖怪
【能力】共有する程度の能力
【危険度】中
【友好度】高
【容姿】髪:黒のナチュラルボブ。
    目:包帯をぐるぐる巻きにしている。
    服:殆ど肌が見えない位長めのパーカー、下は長めのジーンズ。
【詳細】
妖怪の山で暮らす下っ端の天狗。大した戦も無いが、一応は妖怪の山の監視係を務めている。
正直椛と仕事がかぶっている気もするが、本人同士はとても仲がいいらしい。理由として
あげられるのは椛の千里眼を「共有」することが出来るからだろうか。性格は温厚そのもの。
一応として、烏天狗で是害坊天狗の末裔だそう。
【能力説明】
自身の五感を他者と共有できる。また、他者の五感を自信と共有する事も出来る。
割と便利な能力で、監視役と言うのも頷ける。能力の発動範囲は「有機物」なので、
草や石と視野の共有など行え、妖怪の山だけでなく、幻想郷中を監視する事も出来る。
【スペル】
視覚「アウトゴーストテンペスト」
視覚「インザストリアルストレンジ」
視覚「センタークラウンブラインド」

共有「シンセサイズクラリネット」
共有「サイケデリックバズーカ―」
共有「スペルロウドライブ」

狂覚「狂おしい人形の宴」
狂覚「踊り狂う明日の夜明け」
狂覚「宝とともに身を殺す」

【テーマ曲】
「御郷の都の護衛役」

863:ランドランド:2017/03/06(月) 21:31

【名前】球磊 合歓(ぐらし ねむ)
【性別】女
【種族】妖怪
【能力】電気を通す程度の能力
【危険度】中
【友好度】中
【容姿】髪:茶色のセミロング。
    目:茶色。丸眼鏡着用。
    服:青色のつなぎの作業服。靴は白色の長靴。
【詳細】 
人里の修理員。もちろんちゃんと直してくれるのだが、妙な所に能力を使ってしまい、
たまに直す前よりもひどい物になる時がある。しかしその反面、思わない所が良くなり、
数世紀進んだ代物が出来上がる事もあり、ついたあだ名が「通電の博打打ち」。
性格は一言でいえば「変」で、いい言い方をしたとしても、奇抜なタイプ。
【能力説明】
例え絶対に電気を通さない物だとしても、電気を通せるようになる能力。
先述したとおり、この能力を変な方向に使ってしまうのがマイナス。
本人としてはこれほど面白い能力は無いらしい。
【スペル】
通電「ブックラインクラッカー」
通電「サンドライドジャッキー」
通電「アインクレインサクリファス」

轟電「アタッチメンティステント」
轟電「アパッチウラインバッデンダ―」
轟電「アーマノロイドインドラー」

作電「メイキングプラズメイション」
作電「バックドラフトサング」
作電「フリーダムエンドイン」
【テーマ曲】
「永遠の非電解心〜Forever Non-electrolyte〜」

「彼女の事を知りたいって?随分変な奴もいたもんだね。ああ、
 確かにうちに居た事もあったよ、何時だったかな、突然黙って出て行ったんだよね。
 彼女、なんかやったの?ああ、まだ生きているのかい?まあ、質問を考えるならそうなんだろうね。
 もし彼女に会う事があれば伝えてくれ、うちで故障させた機械の損害賠償、早く払えってね。」
                             河童の発言より

864:ランドランド:2017/03/07(火) 07:32

>>370書き直し
【名前】玉蟲 ほとり
【性別】女
【種族】蟲人
【能力】停止させる程度の能力
【危険度】中
【友好度】高
【容姿】髪:淡い緑色。前髪で右目を隠している。
    目:黒。少しつり目。
    服:黄緑と白のストライプのワンピース。
    装飾品:ウロボロスのピアスを右耳に着用。首には赤い宝石がついたネックレス。
【詳細】
人里の妖怪。種族としてはリグルと酷似しており、蟲好きなのは当然なのだろう。
髪で目が隠れているが、視力は左右どちらも2.0という驚異的な数字であり、不便な事は無いらしい。
妹がいて、おそろいのピアスを付けている。よく人里で救助活動などを行っていて、人里での
人気は割と高い。隠している右目は決して人に見せようとせず、何か事情があるのだろうが、
詳しい話は不明。
【能力説明】
「見た」物の一定の行動を停止させる事が出来る。生物に対しては両目で見る必要があるが、
生物じゃない物に対しては片目だけでいいため、大抵は生物ではない物に対して能力を使う。
その能力の限度は分かっておらず、以前に川でおぼれていた少年を助けるために川の水をすべて停止
させたらしい。
【スペル】
停止「ザ・クロックオブワールド」
停止「ストップライティリズム」
停止「サンダ―エンダ―バース」

硬直「永遠のバッドエンド」
硬直「指し示すは禁忌」
硬直「両の目で見るは未来」

停注「エンドオブタイマー」
停注「リセットワールドエンド」
停注「黒き瞳のサクリファス」
【テーマ曲】
「時計仕掛けのリセットボタン」

865:カイバー:2017/03/08(水) 10:31

【名前】黒場 間暮(くろば まぐれ)
【性別】女
【能力】結果的に生存する程度の能力
【種族】人間
【二つ名】自警団の貧乏クジ
【容姿】服:銀杏の葉が描かれた白着物、着崩した黒羽織 目:青い三白眼 髪:茶色の癖のある長めのローサイドポニー装飾:額に小さな十字傷
【詳細】
黒場間暮の三年後の姿(>>596>>670)。かつて人里に在った悪ガキ集団、「奔放紅蓮団」は時と共に自然消滅し、メンバーは
各々の道を歩み始めた。間暮はかつて反目しあっていた自警団、神饌組にスカウトされ、そこにその身を置いている者の内の一人である。
何かと厄介ごとに縁のある不幸体質は相も変わらずであり、最近では磁石のように修羅場に引き寄せられていく体質を買われて組織内では
「事件の香りがする所にはとりあえず間暮を一緒に連れて行く」という暗黙の了解が浸透しつつある。当然ながら本人は不満タラタラ。
おかげで性格の捻くれ具合や気難しっぷりにさらに拍車がかかってきているが、団長曰く「普段ぞんざいに扱われてる分優しくされるのに
慣れてなくておだてられるとすぐ軟化するから分かりやすい」とのこと。なんだかんだで可愛がられており他の団員との関係は悪くない。
戦闘能力は低いが場数は踏んでいるため危機察知能力が高く小手先の技術も豊富。(曰くいずれの技術も「必要に駆られて習得したもの」)
他の団員のサバイバリティを高める後方支援要員の立ち位置に納まっている。
「結果的に生存する程度の能力」
彼女には"原因と過程"が発生する前に「生き残った」という"結果"が常に在る。運命操作というより運命固定といった方が正しい。
妹紅や輝夜などの蓬莱人とはまた趣が異なる不死の形。操作範囲は限定的だが、それだけにその運命の固定は強固である。
最高神が振るう因果干渉すら容易に撥ね除けて彼女を生き延びさせる。…逆に言えば「生き残った」という結果があるなら「命を落としかねない
状況に陥る"原因と過程"が無ければ"結果"に矛盾が生じてしまう」ことになる。故にトラブルへと引き寄せられ、或いは引き寄せる。
それどころか自らそういう状況を「作り出している」可能性すらある。当人はこの力を自覚してない。むしろ無意識レベルでしたがらない。
【スペル】
薄命「勧悪懲善のリアリズム」
薄命「トレッキーテイルの嘲笑」
薄命「秩序のガーディアン」

僥倖「ゴドーを待ちながら」
僥倖「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
僥倖「ヒロイックファンタジーによろしく」
【テーマ曲】「三年後のvigilante」

866:カイバー:2017/03/08(水) 10:35


『信じてることを疑うね。少なくとも、確率の法則を』『また表が出た』
「自警団なのに最初の仕事が演劇の手伝いとか……、ホントになんでもやらされんのね。ここ」
『一つ、確率は自然の力の中で働く要因だ。二つ、確率は今要因として働いていない』
「にしても難解すぎるでしょこの劇……、私の脳細胞が悲鳴を上げてる……、誰よこの脚本選んだの、絶対万人受けしな…」
『三つ、俺達は捕らえられている、自然では無い理の中に。例えるなら六匹の猿を中に放り出せば平均の法則では……』
ドンッ!
『いざ、奇跡もこれまでだ』『表、七十八回目だ。きっと新記録だな』『新記録だと?。怖くないのか』『何が怖いって?七十九回目…』
「あっ、すいません。大丈夫でしたか?」
『毎回コインの表と裏は同じ確率で出るという原理の立証で表が出る度に驚く必要なんて無いだろ』『また表。こんなの始めてだ……』
「ああ、別にかまへんよ。今日はたまたま機嫌がいいんや、運が良かったな?あんさん。拾ったもんは大切にせぇよ」
『こんなことでいちいち騒ぐ必要は無いよ』『何を最初に覚えてる?』『最初に頭に浮かぶことか?』『違う。覚えてる最初の……』
「は?何言って……、あ、行っちゃった……、何なのよ一体……」
『お前は幸福か?満ち足りて安らかか?』『まあ一応……』
「……ま、いいか。さて仕事仕事」
『連続して百五十七回のコインが投げられ百五十七回とも表だったのに暢気に料理なんか……』
「あー、面倒くさい…、劇は退屈だし。今日も厄日だわ」
『待った、使者が来たぞ。召されたんだ』『ローゼンクランツ!ギルデンスターン!』
                                       黒場間暮は生き延びた

867:亜李 こんにちわ:2017/03/09(木) 20:55

感情を操る程度の能力
アースト・カーバンク
スペル
哀符「哀れみのコルセット」
髪型 ピンクのロング
瞳 紅
ドレス

868:匿名さん:2017/03/10(金) 17:33

>>867
感情を操る子はもう原作にこころちゃんがいるよ

869:匿名さん:2017/03/10(金) 21:26

と言うか、別に東方じゃなくてもいいじゃん?ってなるキャラが多いですね。
それを東方で、幻想郷でやる必要性ってあります?

870:匿名さん:2017/03/10(金) 21:27

あと、オリキャラを作るなら事前に全原作キャラの名前と能力と容姿を把握しておいてもらいたいですね。

871:ランドランド:2017/03/11(土) 09:19

>>869 裏を返すならそれは「東方でもいいじゃん?」ということでしょう。不快に思うなら出来ればあまり
    突っかかってきてほしくないものですね・・・。

872:匿名さん:2017/03/11(土) 14:27

この手の相手はスルー安定でしょう。まあ原作の知識は事前に持っておけというのだけは同意ですが基本ここは自己満晒すための場所ですし

873:ランドランド:2017/03/21(火) 21:11

【名前】烙鶴来 水母(らくつるぎ くらげ)
【性別】女
【種族】妖怪
【能力】アイデンティティを狂わせる程度の能力
【二つ名】千面好機の最低
【危険度】高
【友好度】低
【容姿】髪:金属質な灰色。アイアンメイデンの髪留めピンで長めの髪を結んでいる。
    目:金色。目のそばに天秤のタトゥーを掘っている。
    服:長めの藍色の紫陽花の着物。上から星が描かれた羽織を着用。
【詳細】
住所不定の妖怪。「関係」というものに目が無いらしく、人間同士、妖怪同士、人間と妖怪、
等の関係の変化をみるためなら何でもする、「最低」が最もふさわしい妖怪。手段を選ばず、
関係の中心を殺したり、端から傾けていったり、時には自身が中心になり済ましたりする。
妖怪、人間、どちらからも敵視されており、現在は逃亡生活を送っている。性格は螺子曲がりすぎて
千切れたくらいのレベルで破綻しているが、唯一小動物にだけはまともな愛情を持っている。
【能力説明】
アイデンティティは同一性や個性、集団への執着等の意味。彼女はそれらを狂わせること出来る。
例を挙げるなら、とある組織の一員の「その組織に尽くす」という思いを、「その組織を壊す」
という思いへと変える事が出来る。まともな人間が持ったら善行の役に立つ能力だろうが、
彼女のような狂った奴が持つと、ただの害悪にしかならない能力だろう。
【スペル】
帰属「社会と個性の檻」
帰属「ハッシュアップサザン」
帰属「集団主義と反乱主義」

同一「拡散ジャックポット」
同一「乖離的クラインジャック」
同一「開放的ロマノフホール」

害悪「エグルイトロメント」
害悪「バイリントドリグラッカ」
害悪「ホイントライントサクライト」
【テーマ曲】
「単純的な被害迷惑」

寂しくなっちゃいましたね。皆さんが復帰してくれる事を願って。

874:インフルエンザ:2017/03/22(水) 16:05

生存報告。
nowオリキャラ作ってるので、投稿したいと思います!

875:あっぷっぷぇ:2017/03/22(水) 16:30

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=62040807
お久しぶりです!あぷだよ〜
受験受かった〜〜〜!!!
それでなぜか一人だけ書いてなかった子を描いたので、あげとくぜいっ!!!
これでめちゃめちゃ遅くなったけど、2つのシリーズのキャラを描き終わったよ!!!

876:ランドランド:2017/03/22(水) 21:28

>>875 おめでとう!僕も受かりました〜〜!
【名前】喜久吊 霊宝(きくつ れいほう)
【性別】女
【種族】妖怪
【能力】人の夢を見る程度の能力
【二つ名】怠慢怠惰な夢喰い獏
【危険度】中
【友好度】中
【容姿】髪:黒髪のストレートロング。雲柄のナイトキャップ着用。
    目:黒眼。常に眠そうな目をしていて、眼の下には薄いクマがある。
    服:暗い紫の寝巻。星が描かれている。
【詳細】
人里の妖怪。常に枕を持ち歩いていて、十秒以上動かないでいると、その場に枕を置いて
眠りについてしまう。一週間に一度くらいのペースで一日中元気に、別人ではないかと思う程に
天真爛漫になる。本人によると、「そのほかの日にぐっすり眠れるように」らしいが、
くまが出来ているところを見るに、はしゃぎ過ぎなのではないのだろうか。
【能力説明】
眠っている時だけ、他人の夢を見る事が出来る。別にそれがどうしたという事も無いのだが、
どうも彼女はその見ている夢に登場する事が出来るらしく、たびたび他人に迷惑をかけているらしい。
彼女もあまり迷惑はかけたくないらしく、常にノンレム睡眠で寝ようと努力しているらしい。
【スペル】
夢喰「暴走するドリームジュエル」
夢喰「超動するロングドリーム」
夢喰「最終的自演夢想」

睡眠「ノンレムスリーパー」
睡眠「レムスリープヘルパー」
睡眠「スリープゴーゴンシャック」

熟睡「心酔異常気質」
熟睡「夢物語エスケープ」
熟睡「排他的サイケデリック」
【テーマ曲】
「再来のガーデンドリーミング」

「眠る事は止めることはできない。だから、私の能力は絶対に暴走する。
 人がいなくなればいい?そんな事が出来るならとっくにやってるわよ。
 結局は私が抑制しないといけないの。努力なんてしなくていいのよ、人間は」
                  

877:カイバー:2017/03/23(木) 17:53

生存報告。なぜかpcから書きこめない。
なんかヤバいことしたっけ...

878:カイバー:2017/03/23(木) 20:33

【名前】五和 鬼灯(いつわ ほおづき)
【性別】女
【能力】行方を晦ます程度の能力(推定)
【種族】不明
【二つ名】傍迷惑なハイドアンドシーク
【危険度】不明
【友好度】不明
【容姿】服:黒を基調とした着物 髪:両端がはねた赤ロング目:黒のジト眼(最後の目撃事例より推定)
【詳細】
かつて人里に在った悪ガキ集団「奔放紅蓮団」は時と共に自然消滅し、メンバーは各々の道を歩み始めた。その後一年と経たないうちに彼女…
五和鬼灯は突如として行方不明となった。彼女の私物や生活などの存在の痕跡もなぜか見つからず、彼女と交流が深かった奔放紅蓮団や神饌組
等の一部メンバーを除いて人々から彼女の記憶は急激に薄れていっている。現在では「実は妖怪で人の振りをして他人をからかっていた」
「五和鬼灯という同姓同名の人物が複数人存在していた」「そもそも人や妖怪ですらなく特定の人物のコミュニティ間で共有されていた集団幻覚だったのでは」
などといった根も葉もない推測や噂が飛び交い、真偽が分からない錯綜状態にある。仮にどれかが真実だとしても彼女の能力で真偽が攪乱されてしまう
実際の所人っ子一人が突然居なくなると言うことはこの幻想郷ではそう珍しいことでもない。そしてそのような者の末路は大抵碌なものではないということも。
しかし前述の一部の人物達は彼女の実在と生存を疑っておらず、2年近く経った今も未だに捜索を続けている。
「行方を晦ます程度の能力」
自身に関する情報や痕跡をでたらめなものに改ざんして雲隠れさせてしまう能力…であると推定されている。なぜ推定であるかは彼女の能力の性質上
はっきりと真偽を断定する材料に極端に乏しいためである。この記述自体彼女の能力の影響を受けてしまっている可能性が高い。
実際には全く別物の能力か、あるいはもっと強力な何かである可能性も決して捨てきれない。ただし過去に記載された彼女の情報は名前や容姿の大まかな
特徴の記述などに共通点が見られる。そこから察するに全ての情報を無差別に改ざんしてしまうわけではないようだ。
しかし半端に真実が混じっているせいで逆に彼女の情報を余計に不明瞭なものになってしまっている。
【スペル】
虚偽「真が隠れた嘘の中」
虚偽「頭巾の柄は血潮色」
虚偽「柱時計は開かない」

攪乱「うやむやアイデンティティー」
攪乱「アーミールック・スタイル」
攪乱「変動のアソートカラー」 

真相「独りぼっちのかくれんぼ」
真相「オブザーバー・エフェクト」
真相「私を見つけてください」 
【テーマ曲】
「hyde&seek〜鬼は未だ其処に非ず」

879:カイバー:2017/03/23(木) 20:36

「……ねぇ黎明。まだやる気なの?」
「当たり前ですわ。そのために姉上に無理を押し通してここに居るのです」
「私らが右往左往してんのを見て笑ってるだけだと思うけどね」
「単に迷子になっただけで泣きべそかきながら彷徨っているかもしれませんわ」
「どちらにしても迷惑な話よね」
「全くですわ。だから見つけたら開口一番勝ち誇った顔で言い捨ててやるのです」

「『鬼灯ちゃん見ーっけ!』……ってね」
                   かくれんぼは続く

自分なりにミステリアスさを出してみたつもりだけどどうだろう…
                   

880:ランドランド:2017/03/25(土) 17:20

【名前】サル―トラス=カシム
【性別】女
【種族】?
【能力】よみがえる程度の能力
【二つ名】万死万生の百面相
【危険度】中(変更有)
【友好度】中(変更有)
【容姿】髪:現在は黄髪のショートで、十字架の髪留め着用。少しぼさぼさ気味。
    目:現在は丸い人懐っこそうな黒眼。
    服:現在は淡い緑のポプラの木を描いた着物を着用。靴は雪駄。
【詳細】
人里在住の自称正体不明。実際にそれはおふざけでも冗談でもなく、ただ単に彼女の一生が
多すぎて、どれに特筆していいか本人も分かっていないだけなのだが、彼女はどの種族であった
ときも多いに一生を謳歌していたらしい。只一つ、彼女が心残りなのが、一度、幼子の時に惨殺された
一生で、もし生きていたなら自分がどのような一生を歩んでいたか気になる事だそう。時には妖怪、
時には神、そしてまたある時には人間と、種族が一生ごとに変わる彼女だが、現在は人里の少女として
その一生を謳歌している。
【能力説明】
命が尽きる瞬間に、その瞬間に別の生命に意思を移し替えられる能力。その能力に自制機能は無く、
ただただ無慈悲に、強制的に、彼女に人生リセットボタンを押させる。彼女も最初の方は、幾度となく
訪れる死の恐怖に怯えていたそうだが、現在は慣れたそう。
【スペル】
生死「無制限のタイムリミット」
生死「師に問う、死とは何か」
生死「師曰く、生を知らずに死を語らぬ」

万死「フォーエバーサテライト」
万死「値千金宝探し」
万死「デスエンアライブ」

転生「結ばれた赤い糸」
転生「解かれた黒い糸」
転生「巻付いた白い糸」
【テーマ曲】
「蘇生少女的転生テレポート」

「君のアイデンティティを狂わせてしまいたいが・・・それは意味のない事だろうな」
「おぉ、私の集団意識なんて狂わせてしまえばいいだろう、ひょっとしたら君の望んでいる
 人間の変化が見れるやも知れんぞ?」
「はっ、私の望んでいる変化は君の変化だ。他でもいいが、君の変化は格別と踏んでいる。」
「変な事を言うな、君は。君が僕のアイデンティティを狂わせた時点で、私は変化しているだろう?」
「変なのは君だよ。そもそもの話さ、君にアイデンティティなんてないってことだよ。ない物を狂わせても
 変化は生まれない。」
「カカッ!ひどい事を言う!それは私が個性も無く、集団意識も無く、同一性も無いと?」
「個性はあるな、だがそれ以外は無い。集団意識も、同一性も、同一する気も無い。
 ・・・ところで、今度の一生はその笑い方にしたのかい?」
「あぁ、そうだな。せめての個性は笑い方か。皮肉なもんよの」

881:匿名さん:2017/03/29(水) 11:44

名前…足利義輝(あしかがよしてる)
種族…亡霊
二つ名…戦国を興した室町の王
能力…剣を振るう程度の能力
性格…明るく、気概に満ち溢れた男性
人を許す優しさを持つ

備考…義昭は父親違いの兄弟

スペルカード

五月雨『露か涙か時鳥』

刀剣『鬼丸国綱』
刀剣『童子切安綱』

882:碧:2017/03/29(水) 21:23

精霊を操る程度
アランバーン・サントラスト
曲幻想の精霊たち

883:匿名さん hoge:2017/03/30(木) 08:02

>>881
追記と修正

スペルカード
五月雨『露か涙か時鳥』
(元ネタは義輝の辞世の句)

刀剣『数珠丸恒次』
刀剣『鬼丸国綱』
刀剣『童子切安綱』
刀剣『三日月宗近』
刀剣『大典太光世』
(元ネタは、『松永達に謀反された際に畳に足利家に伝来した数多の名刀を突き刺し雑兵を迎撃した』と言う逸話とその際に使われたと言われる日本刀)

創世『戦国ノ世』





テーマ曲
『剣豪将軍』(『聖徳伝説』アレンジ)


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS